新着情報
  • トップ
  • 新着一覧
  • 1型糖尿病患者・家族のNPO 北里大学へ循環型研究資金を提供 ―ダニの成分で免疫系を調整し1型糖尿病根治を目指す―

1型糖尿病患者・家族のNPO 北里大学へ循環型研究資金を提供
―ダニの成分で免疫系を調整し1型糖尿病根治を目指す―

 1型糖尿病患者・家族を支援する認定NPO法人日本IDDMネットワーク(理事長 井上龍夫、本部 佐賀市)は、北里大学 中村和市特任教授の「ダニ虫体抗原による1型糖尿病の根治治療」に100万円の研究資金を提供しました。
 今回の資金提供は、研究成果により北里大学が対価を得た場合、提供資金を上限に日本IDDMネットワークに還元されるという形態です。こうした患者・家族が中心になって研究資金の循環を創りだす取り組みは、日本IDDMネットワークが順天堂大学と契約を交わしたものが国内初の試みであり、徳島大学と名古屋大学に続いて4例目となります。
 循環型研究資金では、本件を含め、累計2,100万円の資金提供を行っています。

循環型研究資金の流れ

循環型研究資金の流れ

助成研究課題について

◯研究課題名:ダニ虫体抗原による1型糖尿病の根治治療
◯研究者:北里大学獣医学部 特任教授 中村和市
◯助成金額:300万円(2022年度までの3カ年計画)
◯研究概要:ダニ虫体成分によって、Th1細胞側に傾いている免疫状態をTh2細胞側に戻しTh1/Th2バランスを改善することで疾患の治療につながるのではないかとの作業仮説を立て本研究を開始しました。1型糖尿病を自然発症するモデル動物であるNOD/ShiJclマウスにダニ虫体からの抽出物(開発コード:KVT-1)を投与すると、1型糖尿病における特徴的な膵島へのリンパ球浸潤(膵島炎)が抑制されることを見出しました。 今回の研究では、ダニ虫体からの抽出物のうち薬効を示す部分を絞りこみたいと考えています。

問い合わせ先

学校法人北里研究所 総務部広報課
〒108-8641 東京都港区白金 5-9-1
TEL:03-5791-6422
E-mail:kohoh“AT”kitasato-u.ac.jp
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。