新着情報
  • トップ
  • 新着一覧
  • 陸域からの過度のリン供給がサンゴの生育を妨げるメカニズムが明らかに

陸域からの過度のリン供給がサンゴの生育を妨げるメカニズムが明らかに

 北里大学海洋生命科学部安元 剛講師、産業技術総合研究所地質情報研究部門飯島真理子産総研特別研究員、井口 亮主任研究員、琉球大学農学部安元 純助教、同理学部中村 崇准教授、同熱帯生物圏研究センター酒井一彦教授らの研究グループは、市街地や農地に近い海域で採取した石灰質の砂と共に稚サンゴを飼育したところ、砂からリンが高い濃度で溶出し、稚サンゴが骨を作るのを妨げることを初めて明らかにしました。過度の栄養塩が海に流れ込むと、サンゴが減少することは知られていましたが、科学的なメカニズムはわかっておらず、本成果はサンゴ保全に役立つと期待されます。この成果は2021年3月17日に英国王立協会が刊行する “Royal Society Open Science”に掲載されます。

研究成果のポイント

  • 沖縄島南部地域の市街地や農地に近い沿岸域の石灰質の砂を採取し、砂と共にコユビミドリイシ Acropora digitiferaの稚サンゴを飼育したところ、砂から飼育海水に約20 µMと高濃度のリン酸塩が溶出し、稚サンゴの骨格形成を妨げることを明らかにしました。
  • リン酸塩は炭酸カルシウムに高い吸着性を有するため、石灰質の砂に蓄積し一部溶出したリン酸塩が、サンゴの炭酸カルシウム骨格の形成を妨げるというメカニズムが明らかになりました。
  • 過度の栄養塩が海に流れ込むと、その海域のサンゴが減少することは知られていましたが、科学的なメカニズムはわかっておらず、具体的な対策も取られていませんでした。本研究の成果は、世界規模で減少するサンゴ礁の保全に大きく貢献できると期待できます。

論文情報

論文名:Phosphate bound to calcareous sediments hamper skeletal development of juvenile coral.
邦題名:石灰質の底質に吸着しているリンは稚サンゴの骨格形成を阻害する
掲載紙:Royal Society Open Science
著 名:飯島真理子(産業技術総合研究所)、 安元 純(琉球大学)、 井口 亮(産業技術総合研究所)、 古磯稀代美(北里大学)、 牛込彩香(北里大学)、 中嶋夏紀(北里大学)、 國枝優子(北里大学)、 中村 崇(琉球大学)、 酒井一彦(琉球大学)、 廣瀬(安元)美奈(トロピカルテクノプラス)、 安元(森)加奈未(東京理科大学)、 水澤奈々美(北里大学)、 天野春菜(北里大学)、 鈴木 淳(産業技術総合研究所)、 神保 充(北里大学)、 渡部終五(北里大学)、 安元 剛(北里大学).

問い合わせ先

研究に関すること

北里大学海洋生命科学部
講師 安元 剛
E-mail: yasumoto“AT”kitasato-u.ac.jp

報道に関すること

学校法人北里研究所 
総務部広報課
〒108-8641 東京都港区白金5-9-1
TEL: 03-5791-6422
E-mail:kohoh“AT”kitasato-u.ac.jp
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。