新着情報
  • トップ
  • 新着一覧
  • ヒト胃からのヘリコバクター・スイスの培養に成功 -ピロリ菌だけでなく、ヘリコバクター・スイスもヒト胃における病原細菌であることを証明-

ヒト胃からのヘリコバクター・スイスの培養に成功
-ピロリ菌だけでなく、ヘリコバクター・スイスもヒト胃における病原細菌であることを証明-

 国立感染症研究所細菌第二部の林原絵美子主任研究官、柴山恵吾部長、同研究所薬剤耐性研究センターの鈴木仁人主任研究官、杏林大学の徳永健吾准教授、北里大学の松井英則講師らの研究グループは、ヒト胃からのヘリコバクター・スイスの培養に世界で初めて成功し、マウス感染実験によりヘリコバクター・スイスが胃の病原細菌であることを証明しました。
 本研究成果は、2021年3月23日にProceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America(オンライン版)に掲載されました。

研究成果のポイント

◆ヘリコバクター・スイスは豚を自然宿主とし、ヒト胃にも感染するが、ヒト胃からの分離培養の成功例はなく、その病原性には不明な点が多かった。
◆本研究では胃MALTリンパ腫患者を含む複数の胃疾患患者からのヘリコバクター・スイスを人工培地で分離培養することに世界で初めて成功した。
◆得られたヒト胃由来ヘリコバクター・スイスを用いたマウス感染実験により胃での病態発症を確認し、病態組織から菌の再分離にも成功したことから、コッホの原則に従い、ヘリコバクター・スイスがヒト胃における病原細菌であることが証明された。
◆今後、ヘリコバクター・スイスの病態発症機構の解明や診断法の開発などが期待される。

論文情報

掲載紙:Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America(オンライン版)
論文名:Isolation and characterization of Helicobacter suis from human stomach
著 名:Emiko Rimbara, Masato Suzuki, Hidenori Matsui, Masahiko Nakamura, Misako Morimoto, Chihiro Sasakawa, Hiroki Masuda, Sachiyo Nomura, Takako Osaki, Noriyo Nagata, Keigo Shibayama, Kengo Tokunaga
DOI:10.1073/pnas.2026337118

問い合わせ先

学校法人北里研究所 
総務部広報課
〒108-8641 東京都港区白金5-9-1
TEL: 03-5791-6422
E-mail:kohoh“AT”kitasato-u.ac.jp
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。