新着情報
  • トップ
  • 新着一覧
  • 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための注意喚起について
2021年7月1日
学生 各位
北里大学
学長 島 袋 香 子
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための注意喚起について
 学生の皆さんにおかれては、本学をはじめ、各所から発信される感染防止対策に関し、継続して対応されているところと思います。
 一方で、禁止されている飲み会に参加し陽性となるケース、濃厚接触者となり自宅待機で通学できなくなるケース等が、一時期に比べ増えています。
 また、公共交通機関である路線バス内で大声で飲み会やイベント参加の話をするなど、一般の方からの指摘も増えてきており、ここのところ一部の学生の気の緩んだ行動が目立っています。
 感染者が複数発生した場合には、感染状況により個人だけでなく、研究室・学年・学部の閉鎖やキャンパス休校等の感染予防対応を取ることとなり、教育・学習活動のみならず皆さんのキャンパスライフを含む学生生活全般にも影響が及びます。実際に休講や研究室閉鎖に至った例もあります。
 東京都の緊急事態宣言が解除されたことに伴い、課外活動が再開されるなど、学内でもこれまで以上に人流が活発になりつつあります。ここで今一度、学生の皆さんには感染拡大防止の観点から、改めて自分自身の行動を振り返り、今はまだ我慢の時期であると気持ちを引き締め直し、周囲への配慮を心掛ける行動に期待します。

徹底しましょう

  • 自分は大丈夫と思い込まない。
  • マスクを正しく着用、手指消毒、換気、日々の体調管理。
  • 食事中の会話は控える(黙食)。飲み会やカラオケには行かない。
  • 電車・バス車内では私語は控え、周囲への配慮を心掛ける。
 本学においてもワクチン接種が進みつつありますが、感染リスクがなくなるわけではありません。ワクチンを接種したから自分は大丈夫と思わず、ワクチン接種の有無に関わらず、引き続き、感染しない/させないという心構えを持ち、一刻も早くより充実したキャンパスライフを取り戻すために、学生の皆さんに注意を喚起いたします。
以 上