新着情報
  • トップ
  • 新着一覧
  • 糖尿病や肥満など危険因子が多いほど新型コロナウイルスで重症化しやすいことが明らかに

糖尿病や肥満など危険因子が多いほど新型コロナウイルスで重症化しやすいことが明らかに

 北里大学薬学部 安藤 航助教、堀井 剛史助教、北里大学メディカルセンター研究部門 植松崇之室長補佐らの研究グループは、COVID-19対策北里プロジェクト(代表:北里大学大村智記念研究所感染制御研究センター花木秀明教授)の一環で、米国における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の大規模電子診療データを解析した結果、高齢、男性、2型糖尿病、肥満といった要因が重複するほど、入院治療や集中治療となる危険性が高まることを明らかにしました。
 本研究成果は、新型コロナウイルス感染症の重症化の予測や予防に繋がるものと期待され、その内容は2021年9月9日に英国総合科学雑誌「Scientific Reports」に掲載されました。

発表のポイント

◆米国全土の複数医療機関から収集された大規模電子医療記録データベースをもとに、新型コロナウイルスのワクチン接種開始前の期間を対象に、COVID-19と診断された患者28,095人を解析したところ、患者の背景因子のうち年齢が65歳以上、男性であること、2型糖尿病を有していること、BMIが30kg/m2以上の肥満であることを、それぞれ1点として加算したとき、点数が高い患者ほど、重篤化する危険性が高まることを明らかにしました。
◆これまでも小規模な調査によって高齢や肥満などがCOVID-19の重症化に関係するリスク因子であることは知られていましたが、複数のリスク因子が重積したときに、どのくらい危険性が高まるかは明らかではありませんでした。
◆今回の大規模データの解析結果は、糖尿病をコントロールし、肥満を解消するなど、複数のリスク因子を回避することで、COVID-19の重症化を防ぐことができる可能性を示唆しています。生活習慣病への意識を高めることや、危険性の高い患者に対して感染予防の重要性や理解を促すことで、感染後の重篤化や医療体制の負荷軽減に繋がることが期待されます。

論文情報

掲載誌:Scientific Reports
論文名:“Impact of overlapping risks of type 2 diabetes and obesity on coronavirus
disease severity in the United States”
(米国における2型糖尿病と肥満の重積リスクがコロナウイルス感染症の重症度に与える影響)
著 者:安藤航(薬学部)、堀井剛史(薬学部)、植松崇之(北里大学メディカルセンター)、花木秀明(大村智記念研究所)、厚田幸一郎(薬学部)、尾鳥勝也(薬学部)
DOI:10.1038/s41598-021-96720-x

問い合わせ先

研究に関すること

北里大学薬学部 臨床薬学研究・教育センター 薬物治療学IV
北里大学メディカルセンター 薬剤部
安藤 航(あんどう わたる)
E-mail:andow“AT”pharm.kitasato-u.ac.jp
TEL/FAX:048-593-3038

報道に関すること

学校法人北里研究所
総務部広報課
〒108-8641東京都港区白金 5-9-1
E-mail:kohoh“AT”kitasato-u.ac.jp
TEL:03-5791-6422
※E-mailは上記アドレス“AT”の部分を@に変えてください。