北里大学

北里大学農医連携教育研究センター

第13回

第13回(平成29年度文部科学省選定 私立大学研究ブランディング事業キックオフシンポジウム)
農医連携研究拠点の創出
食を介した腸内環境制御による健康社会構築

第13回農医連携シンポジウム・平成29年度文部科学省選定 私立大学研究ブランディング事業キックオフシンポジウム「農医連携研究拠点の創出:食を介した腸内環境制御による健康社会構築」を下記のとおり開催いたします。どなたさまも奮ってご参加ください(参加費無料)。

開催日時

平成30年3月15日(木)14:00~17:45

開催場所

北里大学相模原キャンパスL1号館3階33講義室

参加申し込み

氏名・所属・連絡先をお書き添えの上、メール(noui@kitasato-u.ac.jp)または FAX(042-778-9463)にてお申し込みください。
【締切3月12日(月)】
※当日参加も受け付けますので、ぜひご参加ください。

講演プログラム

          
14:00~14:05開会挨拶伊藤 智夫
(北里大学 学長)
 
14:05~14:15北里大学私立大学研究ブランディング事業の概要向井 孝夫
(北里大学農医連携教育研究センター長)

基調講演
座長 向井 孝夫(北里大学農医連携教育研究センター長)
14:15~15:00神戸大学発ヒト腸内細菌叢モデルの
概要と利用例
大澤  朗
(神戸大学大学院農学研究科教授/食の安全・安心科学センター長)

第一部
座長 林 俊治(北里大学医学部教授)
15:10~16:10ビフィズス菌の宿主共生機構西山 啓太
(北里大学薬学部助教)
岡田 信彦
(北里大学薬学部教授)
便を対象としたプロテオーム解析法の開発と応用小寺 義男
(北里大学理学部准教授)
新規プロバイオティクスの探索と効率的な利用
   
山本 裕司
(北里大学獣医学部講師)
向井 孝夫
(北里大学獣医学部教授)
黒酢成分による脂質酸化依存的心筋突然死の予防効果の解析今井 浩孝
(北里大学薬学部教授)
食餌誘導性肥満進展におけるNKT 細胞の役割 ―特に腸内細菌叢との関連について岩渕 和也
(北里大学医学部教授)
佐藤  雅
(北里大学医学部助教)
大腸炎・がん自然発症モデルマウスを用いた病態形成における腸内細菌の役割  片桐 晃子
(北里大学理学部教授)

第二部
座長 佐藤  繁(北里大学海洋生命科学部教授)
16:30~17:40高脂肪食給餌が腸内環境と炎症発症に及ぼす影響  向井 孝夫
(北里大学獣医学部教授)
山本 裕司
(北里大学獣医学部講師)
高脂肪食給餌が妊娠~授乳期間中の母体および産子に及ぼす影響鈴木 喜博
(北里大学獣医学部助教)
急性肺障害モデルマウスにおける腸内細菌叢および水素ガス産生能の変化   小久保 謙一
(北里大学医療衛生学部准教授)
早期出生・低体重児の腸内細菌叢成立の機序 長期フォローアップによるコホートスタディ 坂東 由紀
(北里大学医学部准教授)
魚肉ペプチドの健康機能性とヒト腸内細菌叢への影響の調査渡部 終五
(北里大学海洋生命科学部特任教授)
池田 大介
(北里大学海洋生命科学部准教授)
食餌タンパク質源が老化促進マウスSAMP8 の寿命に及ぼす影響落合  優
(北里大学獣医学部講師)
向井 孝夫
(北里大学獣医学部教授)   
漢方医学と農医連携 
~腸内細菌に関する研究を含めて~
及川 哲郎
(北里大学東洋医学総合研究所副所長)
 
17:40~17:45閉会挨拶向井 孝夫
(北里大学農医連携教育研究センター長)
 
18:00~研究交流会〔L1号館2階食堂〕

お問い合わせ先

〒252-0373
神奈川県相模原市南区北里1丁目15番1号
北里大学農医連携教育研究センター事務室

Tel:042-778-9765
Fax:042-778-9463
E-mail:noui@kitasato-u.ac.jp

ポスター

第13回北里大学農医連携シンポジウム ポスター(740KB)

動画配信

第13回 2018/3/15
農医連携研究拠点の創出
食を介した腸内環境制御による健康社会構築