北里大学看護専門学校

北里大学看護専門学校

学校法人 北里研究所

  • トップ
  • 本校について
  • 主な学校行事
  • 学校施設
  • 実習病院
  • 就職状況

本校の歴史

トップ 本校について本校の歴史

学祖 北里柴三郎博士

北里大学看護専門学校は、学祖 北里柴三郎博士の「実学」の精神を建学の理念としています。そして豊かな人間性を備え、人格の尊重を基盤とし、多様化した社会構造と高度化した包括医療の中で、専門職として活躍しうる有能な看護師を養成することを目的に設立されました。

本校は、学校教育法及び保健師、助産師看護師法に基づき、看護師として必要な知識及び技術を習得させ、あわせて一般教養の向上を図り、社会に貢献し得る有能な人材の育成をすることを目的に、北里研究所創立75周年の記念事業の一貫として平成6年4月に開校されました。

また本校は、埼玉県のほぼ中央に位置し、JR高崎線と国道17号線が南北に平行して走る好立地条件にあります。本校の四方は豊かな緑に囲まれ、近くには「県立自然観察公園」もあり、四季折々の自然の恵みを満喫できます。また、実習施設として、北里大学メディカルセンターが隣接。充実した臨床実習を学ぶことができ、看護師を目指す学生にとっては恵まれた環境にあります。

北里研究所創始者 北里柴三郎博士略年譜

西暦 年齢 事 項
1853年 1月29日(旧暦嘉永5年12月20日)、父惟信・母貞の長男として現在の熊本県阿蘇郡小国町に生まれる。
1871年 18歳 熊本の古城医学所病院(明治5年熊本医学校と改称)に。入学、蘭医マンスフェルトに師事。
1875年 22歳 東京医学学校(明治10年東京大学医学部と改称)に入学。
1883年 30歳 東京大学医学部卒業、内務省衛生局に奉職。
1885年 32歳 ドイツ留学を命ぜられる。
1886年 33歳 ベルリン大学ローベルト・コッホ研究所に入り細菌学の研究を開始。
1889年 36歳 破傷風菌の純粋培養に成功。
1890年 37歳 破傷風菌抗毒素(免疫体)の発見。血清療法の確立。
1891年 38歳 医学博士(文部省)の学位を受ける。
1892年 39歳 5月、帰国、内務省衛生局に復職(11月)
5月、プロフェッソルの称号(ドイツ)を受ける。
10月、福澤諭吉、森村市左衛門の援助を受け、柴公園内に私立伝染病研究所を設立
11月30日、大日本私立衛生会の委嘱を受け伝染病研究所の所長に就任。
1893年 40歳 我が国最初の結核サナトリウム「土筆ヶ岡養生園」を開設。
1894年 41歳 ペストの原因調査のため流行地香港に派遣され、ペスト菌を発見。
1899年 46歳 伝染病研究所が国立(内務省)に移管され、4月に所長に就任。
1913年 60歳 日本結核予防協会を設立、副会頭に就任。
1914年 61歳 伝染病研究所が内務省から文部省に移管され所長を辞任。
即日私立北里研究所を設立。所長に就任。
1915年 62歳 恩賜財団済生会病院初代院長に就任。
1916年 63歳 生誕地熊本県小国町に「北里文庫」を寄贈。
1917年 64歳 慶應義塾大学医学科(大正8年医学部と改称)を創設、初代科長に就任。
1918年 65歳 10月、私立北里研究所の財産一切を寄付し、社団法人北里研究所を設立、所長に就任。
11月、社団法人大日本私立衛生会会頭。
1923年 70歳 医師会命令により日本医師会を創設、初代会長に就任。
1931年 78歳 6月13日、午前5時脳溢血により麻布自邸にて逝去。
従二位、勲一等旭日大綬章を賜る。