病院のご案内

国際交流

国際交流の取り組みについて

北里大学病院・東病院では、国際学術交流の推進を目的として、1994年に国際学術交流委員会を発足させ、国際的視野に立ち、医療技術・医学研究に関わる国際学術交流の推進および医療技術の向上に貢献するための活動を行ってきました。

現在までに海外2大学と学術交流協定を締結し、学術交流団の派遣および研修生の受け入れを行っています。

また、年間を通じて、諸外国から数多くの研修生を受け入れており、海外研修生は北里大学病院・東病院にて目的に沿った研究・教育活動に従事しています。

海外との学術交流活動

北里大学病院・東病院では、中国・吉林大学(吉林省長春市)および復旦大学附属華山医院(上海市)の2校と学術交流協定を結んでおり、年間数名の海外研修生の受け入れおよび年に一度、学術交流団の派遣を行い、現地での講演・研修活動を行っています。吉林大学との学術交流については、2012年に交流三十周年を迎え、吉林省長春市にて記念式典を執り行いました。

また、両病院看護部では、年に1度、米国メイヨー・クリニックの看護師との看護交流を行っております。

過去に研修生の受け入れを行った海外大学・病院(一例)

中国
吉林大学
(外科、眼科、婦人科、呼吸器外科 他)
復旦大学附属華山医院
(消化器内科、看護部、栄養部)
新疆医科大学
(外科)
台湾
奇美医院
(東病院・内視鏡科)
台湾市立聯合医院
(東病院・内視鏡科)
インドネシア
ハサヌディン大学
(皮膚科)
タイ
タマサート大学
(眼科)
マヒドン大学
(東病院・内視鏡科)
米国
メイヨー・クリニック
(両病院看護部、泌尿器科)
ドイツ
ハインリヒ・ハイネ大学
(整形外科)
ハンブルク・応用科学大学
(看護部)

研修生の受け入れ

新医療技術海外研修制度

北里大学病院・東病院では、2000年より、高度先端医療の導入を目的に、海外研修施設での研修を希望する若手医師およびコ・メディカルを対象にした助成制度を設け、海外での先端医療技術の習得の推奨を行っています。

外国人医師による臨床修練制度の活用

北里大学病院・東病院では、現在25名の臨床修練指導医が在籍し、臨床修練制度を活用した外国人医師の指導を行っています。

ページの先頭へ