北里大学病院 新病院プロジェクト

北里大学病院

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

新病院プロジェクト

トップ 病院のご案内 新病院プロジェクト

お知らせ

空から見る新病院建設の様子

毎月、航空写真で新病院建設の様子をアップします。新病院建設の遷り変りをご覧ください。

  • 平成23年8月 工事が始まる前の様子です。画面左下の駐車場のところが新病院の建設場所です。
  • 平成23年9月 工事が開始されました。
  • 平成23年10月 駐車場だったところが掘り起こされました。
  • 平成23年11月 大型クレーンが2基設置されました。
  • 平成23年12月 大型クレーンが2基追加され4基体制となりました。
  • 平成24年1月 工事を開始して初めての年を迎えました。
  • 平成24年2月 鉄筋が組まれています。
  • 平成24年3月 新たに移動式クレーンが設置されました。
  • 平成24年4月 一部1階の部分が立ち上がってきました。
  • 平成24年5月 工事周辺の木々の緑が濃くなってきました。
  • 平成24年6月 台風4号による被害はありませんでした。
  • 平成24年7月 3階部分の工事が進んでいます。
  • 平成24年8月 北側クレーンの操作室の近くまで立ち上がってきました。
  • 平成24年9月 北側クレーンの支柱が足されクレーンがさらに高くなりました。

こちらの画像をクリックすると大きな画像が表示されます。


新病院工事仮囲いアートを設置しました

アートストリート

新病院建築工事エリアの仮囲いに北里大学病院と女子美術大学とのコラボレーションにより、美大生の作品124点による空間演出を行いました。
次々と出会う作品とのふれあいをお楽しみ下さい。

アートストリートの紹介は、こちらから

新病院のイメージ動画をご覧いただけます

動画をご覧になるには、Microsoft Windows Media Playerが必要です。また、お使いのPC環境や回線状況によりご覧いただけない場合もありますので予めご了承ください。


新病院計画

 北里大学病院は、今後、急速に変化する医療制度の中で、先駆的な取り組みを行うため、チーム医療を中心とした新たな医療提供体制とともに、アメニティサービスの充実を図り、これからの時代をリードする新病院を計画しています。

また、北里大学東病院との医療提供体制の再編により、急性期医療の集約化を行い、新病院は、1,033床の“新大学病院”として生まれ変わります。


新病院プロジェクトの理念

 「患者中心の医療」 「共に創りだす医療」の原点に立ち返り、ハード、ソフト両面から再構築します。


診療体制

 新大学病院は、次世代に向けた高度先進医療を担う特定機能病院として、また地域の基幹病院として、以下の重点整備事業を掲げています。

 集学的がん治療センター、周産母子成育医療センター、救命救急センター


新病院建築コンセプト

  1. 成長する病院
  2. 患者・家族の視点に立った環境整備
  3. 職員の労働環境の向上
  4. 教育・研究施設の充実
  5. 災害拠点病院としての施設整備
  6. 安全性とフレキシビリティの高い病院づくり
  7. 環境にやさしい病院づくり

新病院イメージ図

着工 平成23年9月     竣工 平成25年12月

北里大学病院新病院計画図1
北里大学病院新病院計画図2
(イメージ図)


  • ページトップへ