北里大学病院看護部北里大学病院看護部

Interview
チーム医療×看護補助者

笑顔、挨拶、言葉遣い、声のトーンなど
患者さんが安心して話かけられるような
存在でありたい

看護補佐の業務内容について教えてください。

私は一般病棟で勤務しています。患者さんの入院生活全般のサポートや看護師の補助が主な業務です。具体的には下記のような業務があります。

  • 患者さんの検査・治療・手術へのご案内やお迎えのための車椅子やストレッチャーでの搬送
  • 食事の配膳・下膳、食事介助
  • 医療物品・寝具用品の請求・補充・管理
  • ベッドメーキング、環境整備
  • 身の回りのケア(排泄介助、入浴介助、洗髪等)

看護補佐が看護師や他の職種とどのように協働しているか教えてください。

チーム医療を行う上でコミュニケーションはとても大事になります。看護補佐は特に看護師との連携が重要です。看護師との申し送りで患者情報を共有し、看護師の指示に従ってタイムスケジュールを組み、常に「報告・連絡・相談」を行うようにしています。また、患者さんの検査出棟などでは、同じ時間に出棟が集中してしまうことも多いため、病棟クラークと調整して安全に患者さんの搬送ができるように打ち合わせを行っています。退院後のベットにはすぐに新たな入院患者さんが入られることも多いため、清掃員とも当日の退院予定の患者さんの情報提供や声掛けを行うことで、スムーズな入退院と、患者さんが気持ちよく入院できる環境を整えることに貢献しています。

仕事をしていて良かったことを教えてください。

この仕事をしていて良かったと感じるのは「ありがとう」や「あなたで良かった」と言ってもらえた時です。何より元気になって退院されるのが一番ですが、すべての患者さんがそうではありません。ですから、入院中に少しでも不安を取り除き、安心して安全な入院生活を送っていただけるよう、話を聞いて、患者さんの要望にできる限り寄り添えるようにしています。「北里のスタッフは素晴らしいですね!」とお褒めの言葉をいただき、名前を覚えていただいた時にはとても嬉しくなります。この仕事をしていなければ、健康がいかに幸せなことなのか気づかなかったかもしれません。介護に必要な知識や技術も新しく作成された「看護補佐クリニカルラダー(看護補佐がチーム医療の一員として役割を発揮するために、業務に必要な知識・技術・態度を獲得できるように支援する仕組み)」によって段階的に習得することができます。親の介護が必要になった時にも役に立つとても良い仕事だと思います。

仕事について大切にしていること、心がけていることを教えてください。

私たち看護補佐は、医療行為を行うことはできないので病気を治すことに直接携わることはできません。しかし、患者さんに寄り添い、心のケアができるように心がけています。笑顔、挨拶、言葉遣い、声のトーンなど患者さんが安心して話かけられるような存在でありたいと思います。そして、患者さんの思いや訴えを聞くだけでなく、その情報をタイムリーに看護師に伝えて対応してもらうことも、チーム医療を行う上で私たちの大切な仕事だと思います。その結果、患者さんにとって安心、安全な医療を提供できると考えます。

2020/12/18

ページの先頭へ