北里大学病院看護部北里大学病院看護部

Interview
チーム医療×ジェネラリスト

患者さんの思いに向き合い、
本来備わっている患者さんの
強みを引き出せるような支援を
心がけています

これまでのキャリアについて教えてください。

新人の頃からがん患者さんとの関わりが多い部署で勤務しており、外来・入院の様々な場面での臨床経験を重ね、自己の看護を振り返りながら、がん看護を学んできました。通院による抗がん剤治療を行う集学的がん診療センターへの配属時には、乳がん患者さんに関わる機会が多く、診断期から終末期のあらゆるステージで、多職種と連携して療養を支え、抗がん剤治療が完遂できるように支援する経験をしました。その後、乳がん患者さんを専門とする病棟へ配属され、終末期の症状コントロール、療養の場の選択や意思決定支援の大切さについて学びました。

チーム医療におけるあなたの役割について教えてください。

現在は、トータルサポートセンターに所属しています。当部署は、入院治療をする患者さんや外来通院をしている患者さんに対して、個々の状態に合わせて適切な時期に患者さんやご家族が必要とする支援へとつなげる役割を担っています。主治医の方針のもと、入院中であれば入院時より退院へ向けて病棟看護師や多部署と連携し、外来通院中であれば外来看護師と情報共有しながら、患者さんが希望する療養環境についてご家族と共に話し合い、住み慣れた地域で生活していくために必要な在宅サービス等を調整します。いずれも患者さんやご家族の意思決定支援が重要であり、生活していくために患者さんが大切にしている思いを地域の関係者と共有し、在宅療養など患者さんが思い描く退院後の在り方、希望が叶うよう支援しています。

看護師として大切にしていること、心がけていることを教えてください。

患者さんの思いを聞くこと、表情や患者さんの言葉から潜在的な思いを知ることを大切にしています。患者さんが何を大切にしてどう生きていきたいのかを共有することが重要です。時には、病気と付き合っていくこと、病状進行も考えなければいけないことなどを伝え、すぐに答えを出さずに一緒に話し合うことを心がけています。治療効果が得られたという良い経過ばかりではありません。病状が進行した時に最後をどう迎えたいのかを話し合うこともあります。患者さんは心身共に辛く感情的になることがありますが、今抱えている患者さんの思いに向き合い、本来備わっている患者さんの強みを引き出せるような支援を心がけています。またご家族の思いも聞き、患者さんとご家族が望む治療や療養の場を選択できるよう支援しています。

チーム医療に関する印象的なエピソードを教えてください。

補助人工心臓を植込み、在宅で心臓移植待機をしている患者さんが、訪問看護とリハビリを利用していました。補助人工心臓は些細なトラブルで合併症の発症や心停止に直結するリスクがあるため、自宅で安全な管理ができるよう医療職から指導を受ける必要があります。管理方法を習得した者はケアギバーとして補助人工心臓の管理を任せられる一方、24時間の管理責任も生じます。この患者さんは片麻痺があり日常生活の介護も必要でした。患者さんとご家族は移植後の生活を見据え、ADLが低下しないようリハビリの回数を増やすことを希望し、新たな訪問看護ステーションを探すことになりました。その後の療養が患者さんとご家族の望むような形に少しでも近づくよう、補助人工心臓チームと連携し、新たな訪問看護ステーションへ補助人工心臓の知識やリスクの共有がなされるよう調整しました。ケアマネジャーと役割分担しながら、チームが同じ方向で各々の役割を発揮したことで、患者さんは希望する新たな環境に移行することができました。協働していく大切さを改めて学ぶと共に、チーム医療による成果を感じることが出来ました。

2020/12/07

ページの先頭へ