北里大学病院看護部北里大学病院看護部

Interview
チーム医療×助産師

患者さんと共に一緒に頑張る、
一番近くで応援する存在でありたい

助産師を目指した理由を教えてください。

初めは赤ちゃんかわいいなという漠然とした理由で助産師に興味を持ちました。学生時代の母性看護の実習を通して、産科病棟は笑顔が多い場所であると思い、助産師はとても素敵な職業だなと感じて本格的に目指すようになりました。出産という女性の人生における貴重な機会に立ち会い、その方にとって最高の思いの時となるようにお手伝いさせていただくことにやりがいを感じることも多くあり、助産師という職業を選びました。

チーム医療におけるあなたの役割について教えてください。

様々な職種のスタッフがいる中で、助産師は常に母児の近くにいる存在だと思います。助産師は患者さんを支える立場にあり、患者さんの状態を最も把握する役割を持つと考えます。常に患者さんの心に寄り添い、代弁者となれるように心がけています。また、患者さんにとっても医療者にとっても、安全な医療であることが最も重要です。そのためには、常に最善の医療が提供できるよう多職種との連携を図り、最新の知識を習得し続けることが求められます。外部研修の急変対応シミュレーションなどに積極的に参加し、獲得した知識や技術をシミュレーションや臨床実践を通して、後輩に伝えていく役割を担っています。

助産師として大切にしていること、心がけていることを教えてください。

出産は人生の中で何度もある経験ではありません。児にとっては人生の始まりの瞬間であり、産婦さんや新生児だけではなくご家族にとって大切な時間です。そこに携わる専門職として常に安全を守り、妊産婦さんや新生児、そしてご家族にとっても安心できる存在であることが必要だと思います。そのために向上心を持って、知識や技術を身に付け、また磨き続けたいと考えています。さらには、患者さんと共に一緒に頑張る、一番近くで応援する存在でありたいと思います。大変な時も楽しい時も一緒に乗り越えられるような存在となれるように心がけています。

チーム医療に関する印象的なエピソードを教えてください。

当院の周産母子成育医療センターは、ハイリスク分娩に対応する機会が多くあります。患者さんの急変や緊急帝王切開など迅速さや的確な対応を求められる場面に備えて、日頃から多職種との合同シミュレーションを行っています。定期的にシミュレーションを行うことで、それぞれの職種がお互いにどのように動いているかを共通認識し、実際にいざという場面で多職種との連携がスムーズに図れた経験があります。これは医療チームにとって達成感にもつながります。臨床実践の場面ならびにシミュレーション開催時には必ず振り返りを実施しています。各職種の役割や互いの連携を確認し、チームで患者さんやご家族の気持ちはどうだったのかについて考えることで、どの職種も第一に母児のために全力を尽くしていることを日々実感することができます。私自身も改めてチームの一員として、助産師としての役割を最大限に果たしたいという気持ちになります。

2020/12/04

ページの先頭へ