北里大学病院看護部北里大学病院看護部

Interview
チーム医療×診療看護師

患者さんの声を治療に反映できるよう、
医療チームの「架け橋役」として
他職種と連携・協働

診療看護師を目指した理由を教えてください。

日々の臨床で看護の楽しさややりがいを感じ、更に看護の可能性を広げたいという思いがありました。専門性を高める認定看護師や専門看護師の道も考えましたが、看護・医学の両方の視点を持ち医療的介入が出来る診療看護師(NP)の存在を知り、「これだ!」と魂が揺さぶられました。外来や手術で医師が不在時にもタイムリーで効率的な医療が提供でき、実践・教育者としても成長できる診療看護師(NP)を目指しました。

チーム医療におけるあなたの役割について教えてください。

脳神経外科の医師や病棟スタッフと協働し、患者さんに必要な治療と看護を提供しています。効果的・効率的な医療の提供のため、医師不在時には直接指示や手順書に基づき医行為を行います。また、個々の状態や治療方針など的確に把握し、適切なタイミングで各専門職に繋ぐチームのマネジメントをしています。診療看護師(NP)は患者さんに対して医療・看護の両側面から独自の包括的な介入を行い、チーム医療の質の向上に貢献できることが魅力だと感じています。医行為に注目されがちですが、「その人らしさ」を大切にしながら患者さんの声を治療に反映できるよう、医療チームの「架け橋役」として他職種と連携・協働することを心がけています。

他の看護師とどのように協働しているか教えてください。

皮膚・排泄ケア認定看護師と院内のラウンドを行い、褥瘡のデブリードマンを行っています。また、病棟の患者さんの処置やケアに関して、呼吸療法サポートチームや摂食・嚥下障害看護認定看護師、感染管理認定看護師等に相談し、それぞれの知識を基に患者さんにとっての最善のケアを考えています。そして、患者さんの個別性やニーズを日々の看護ケアに反映できるように、病棟スタッフとベットサイドで実践し、教育的な関わりも行っています。「あの人に相談してみよう」「相談してよかった」と思ってもらえるように自分の言動に責任を持ち、誠意を持って協働することを意識しています。今年度より、特定行為研修センターの教育にも携わっています。

チーム医療に関する印象的なエピソードを教えてください。

終末期の患者さんの希望をチームで実現させることができたことです。「最期は家族のそばで、地元の海を見て過ごしたい」という思いがあり、遠方にお住まいのご家族のもとに戻られることを希望されました。腫瘍の影響で呼吸の変調を来たしやすく、疼痛や嘔気もあり同一姿勢が困難な状態でしたが、「今が最期のチャンス!」とチーム一丸となり、安全・安楽に長距離搬送ができる方法を模索しました。医師や緩和ケアチームと連携して薬剤を調整し、病棟スタッフとは搬送の方法や所要時間を想定したケアの調整などを行いました。最大の問題は搬送手段で、飛行機では離着陸による嘔気の増強が懸念される、新幹線ではギャッジアップが必須となるなど、患者さんの状態を的確に判断して選択する必要がありました。MSW(医療ソーシャルワーカー)との密連携の結果、最終的に民間救急サービスを用いることを決め、半日かけて転院することができました。その後、「海を眺め、同級生に会うこともできた」という報告をいただき、みんなで喜びを共有することができ、チーム医療の可能性を実感しました。

2020/12/10

ページの先頭へ