北里大学病院看護部北里大学病院看護部

Interview
チーム医療×スペシャリスト

それぞれの専門性を発揮し、
よりよい感染予防・感染症治療を
目指しています

認定看護師を目指した理由を教えてください。

集中治療領域で感染リンクスタッフとして活動する中で、感染対策や感染予防について学び、考える楽しさを感じました。より専門的に感染管理について学びたいと考え、認定看護師を目指しました。

チーム医療におけるあなたの役割について教えてください。

病院全体を対象に、医師、薬剤師、臨床検査技師、事務と連携し感染管理を行っています。常に多職種で意見交換できる環境にあり、それぞれの専門性を発揮し、よりよい感染予防・感染症治療を目指しています。感染対策や感染予防の実践状況の確認は、感染管理認定看護師が中心となり、日々病院内をラウンドしています。また地域の病院とも定期的に相互ラウンドやカンファレンスを行い、連携を強化しています。特定行為研修を修了し、今後は感染予防だけでなく、感染症治療に関連した患者さんや職員に対する教育的な活動も実践していきたいと考えています。

他の看護師とどのように協働しているか教えてください。

活動の対象が病院全体であり組織横断的な活動が多いため、様々な専門看護師、認定看護師と協働して活動しています。また、より有効な感染対策を実践するため、ジェネラリスト看護師に現場の状況に応じた感染対策を考えてもらい、より良いものとなるようサポートしています。感染対策は効果が見えにくいものであり、継続していくことが必要です。ジェネラリスト看護師や専門看護師、認定看護師、他の職種との連携を密にし、感染管理に努めていきたいと考えています。

チーム医療に関する印象的なエピソードを教えてください。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対応を通して、当院のチーム医療の力を改めて実感しています。医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、診療放射線技師、臨床工学技士など実際の診断や治療に関わる職種だけでなく、事務職、看護補助者、清掃担当者、リネン担当者など病院業務に関わる全ての職員が欠けることなく、一丸となって対応しています。COVID-19の患者を担当している部署が中心となり、関係する職種が集まって毎週ミーティングを行っています。情報が日々変化する中でも、定期的にミーティングを行うことで、実際の現場の問題点を速やかに改善することに繋がっていると感じています。感染管理室はあらゆる「調整」を行っていますが、それぞれの職種がCOVID-19に対する不安を抱えながらも、感染対策を徹底している様子が伝わってきます。各部門の特性を把握しながら感染対策の指導などを行い、COVID-19の収束に向けて活動を強化していきたいと思います。

2020/12/14

ページの先頭へ