北里の教育

北里大学病院は、一人ひとりの看護職の成長をサポートすることが組織全体の活性化につながると考え、1996年からクリニカルラダーを導入しています。人材育成は、エンカレッジ(励ます・勇気付ける・承認する)することが基本であると考えています。クリニカルラダーによる教育支援は、このエンカレッジを基盤として構築しました。エンカレッジすることは、スタッフ一人ひとりの個性を認めることであり、多様性を認めることにより、相互信頼できる組織文化が培われています。

2015年度には、コンピテンシーを導入し、クリニカルラダーをバージョンアップしました。ジェネラリストはクリニカルラダー、スペシャリスト・教育者・管理者はキャリアパスとして作成し、それぞれの成果責任を明確にしました。コンピテンシーは、成果を生み出すための個人の行動特性です。それを強みととらえ、看護職それぞれが自身の強みとなるコンピテンシーを活用しながら、患者様への成果を上げ、それにより自身も成長していくことをコンセプトとしています。

「クリニカルラダー」を詳しく見る

教育体制 Education System

一人一人の看護職員が自身でキャリアを開発していくためのリソースが充実しています。

看護職員は、北里大学病院看護研修・教育センター、ならびに北里大学看護キャリア開発・研究センター、北里大学看護学部で教育を受ける機会があります。

また、多くのスペシャリストから直接学びを得る機会があります。

2020年4月には、特定行為研修を開講しました。

看護研修・教育センター Center for Nurse Training & Education

病院組織として研修統括部が設置されており、その中に看護研修・教育センターが設置されています。

看護研修・教育センターでは、次のような役割を担っています。

  • 集合研修(Off-JT)の企画・実施・教育効果測定を用いた評価
  • 教育委員会や研修などを通して各部署の新人看護職員、プリセプター、教育担当者を支援
  • 教育に関する調査・研究・開発

学習支援ツール Tool

eポートフォリオ

自分のキャリアに関わるデータ(看護技術チェックリスト、クリニカルラダー、コンピテンシー、ジャーナル等)をインターネット上の情報システムに集約させることで、いつでもどこでも活用できるシステムを導入しています。

また、本システム内で様々な学習コンテンツが公開されており、いつでも・どこでも学習可能な環境を整えています。

本システムは、第12回日本e-Learning大賞「厚生労働大臣賞」を受賞しました。

オンライン学習ツール

病院職員が、根拠に基づく最新の情報を常に得ることができるように、下記のようなオンライン学習ツールを施設契約しています。北里の職員であれば誰でも自由に活用することができます。

ナーシング・スキル日本版
看護技術を映像で確認できるオンラインツール。当院の看護手順として採用している。
今日の臨床サポート
疾患・症状に対する検査・処方・治療例等を掲載したデータベース。当院の看護計画と紐づけている。
プロシージャーズ・コンサルト
動画解説付きの臨床手技データベース。主に医師向けのツールであるが、診療の介助に有用な情報が得られる。
スキルスラボ

臨床教育研究棟にあるスキルスラボには、病院を想定したシミュレーションルームがあります。様々なシナリオを用いたシミュレーション研修を行っています。

キャリアカウンセリング

キャリアに関する悩みに対して、専門のキャリアカウンセラーによる個別相談、解決への支援を行っています。

ページの先頭へ