北里大学病院看護部北里大学病院看護部

Interview
新人看護師×プリセプター

プリセプターと看護の話をするのが好き。
教えていたようで、実はたくさん教えてもらった1年間。

  • 新人看護師
    2020年入職
    鹿児島県出身
  • プリセプター
    2015年入職
    長崎県出身

初めて会ったときの印象 First impression

新人

明るくて面倒みの良いお姉さん!と思いました。

プリセプター

とても明るい! 出身地も近く、親近感をもてました。

入職時の思い At the time of employment

新人

新しい環境に慣れるかなという不安はありましたが、看護師として早く色々な知識や技術を吸収したいという思いでした。入職してすぐは、業務を覚えることに必死で、できないことが多く落胆することもありました。毎日プリセプターと振り返りを行い、出来ることや自分の良さに気づかせていただきました。

プリセプター

新人本人の看護観を大切にしながら、1年間一緒に頑張りたいと思っていました。新しい生活環境の中でも仕事のON・OFFのバランスがしっかり取れるよう声をかけていました。

3ヶ月が経って 3 months later...

新人

独り立ちに向けて、部屋持ちを経験しました。複数の患者さんを持ちながら何を優先すべきか先輩と一緒に考え看護を行いました。プリセプターと振り返りを続けて自分の傾向や癖が分かってきたので、対策を一緒に考えていただきました。

プリセプター

業務に慣れてきて少しずつ任せることが増えていきました。表情や行動から、不安なときや困っているときがわかるようになりました。わからないまま実施しないよう、いつでも報連相できるような雰囲気を大切にして時には見守り、時には指導しました。

6ヶ月が経って 6 months later...

新人

独り立ちをし、プリセプターの助けをいただきながら実際に患者さんを受け持ち、看護展開を行いました。退院後に自己管理が必要な患者さんに、どのような関わりをすれば良いのか自分の考えたことに対して「やってみよう」と先輩に背中を押していただき患者さんに積極的に関わることができました。症例経験を通して達成感や自信に繋がりました。

プリセプター

患者さんとどのように関わっていきたいのか、少しずつ見えてくるようになりました。受け持ちの患者さんを通して、私の経験を活かしながら周りにスタッフや他部署にもアプローチして一緒に看護を考えるようになりました。

1年を終えて One year later...

新人

1年間通して、知識や技術が足りないと落ち込むこともありましたが、先輩方に優しく支えていただき看護師として成長できたと思います。プリセプターと看護の話をするのが好きでした。おかげで毎日楽しく働けています。今後は、患者さんとの関わりを大切にして看護師としてもっともっと成長したいです!

プリセプター

教えていたようで、実はたくさん教えてもらった1年間でした。今では病棟でも頼れるメンバーの一人に成長しています。これからも自分の看護観を大切にしながら、後輩につないでいけるように頑張ってほしいです。

2020/10/15

ページの先頭へ