北里大学病院看護部北里大学病院看護部

先輩からのメッセージ Messages

学生時代から就職までの道のり
2018年入職
天使大学出身

北里大学病院に興味を持ったきっかけ

学生時代から救命救急に興味があり、3次救急を担っている北海道外の病院に就職したいという希望がありました。合同就職説明会に参加する中で、北里大学病院は関東圏以外の出身者も多く働いていることを知りました。チーム医療を積極的に行っているという説明を受け、全国から集まる様々な職種の人と働ける環境であることに興味を持ちました。

就職活動で感じたこと

就職説明会やインターンシップに参加し、それぞれの病院の特徴や役割を知ることが大切だと感じました。自分の目指す看護師像を持ったうえで説明会等に参加すると、より具体的に働くイメージがつきやすいと思います。

就職を決断した決め手

インターンシップに参加した際に患者中心の看護を行うことができると感じ、就職を決意しました。見学させていただいた病棟の雰囲気がとても良く、自分がここで働いているイメージが想像できたことも決めてとなりました。また、研修内容が充実しており教育体制も整っているため、自分自身のキャリアを開発する場所に最適であると感じました。

仕事や職場の仲間との様子
2017年入職
福岡大学出身

看護師としての実際の仕事

様々な経験をさせていたただきながら、日々多くのことを学んでいます。小児では、自ら訴えることができない方が多いため、表情やバイタルサイン、家族の訴えなど様々な視点から患者さんを看るため、まだまだ学ぶことが多いです。先輩方に教わりながら、患者さんへの声かけを忘れずに、看護師の役割をしっかり果たしていきたいです。

辛かったことや嬉しかったこと

家族への支援が多い病棟で、対応に困ったことがありました。その時は先輩方に相談し、アドバイスをいただきながら丁寧に介入しました。
毎日患者さんと関わっていく中で、笑顔が見られたり、元気に退院していく姿を見ると、これからも頑張ろうと思えます。

職場の同期や先輩との関係性

私の病棟は同期が多いのですが、同じ休みになると食事や遊びに行ったりして、悩みを共有したり、励ましあったりしています。同期間の仲がいいことが自慢で、何でも相談できる心強い存在です。先輩方は、いつでも快く相談に乗ってくれますし、見守ってくれていることが伝わり、尊敬しています。新人教育もとてもしっかりしており、全員で新人を育ててくれるので安心して仕事ができます。

一人暮らし・寮の暮らし
2018年入職
東都医療大学(現・東都大学)出身

社会人としての一人暮らし

私は岩手県出身です。大学生時代は、埼玉で一人暮らしをしており、一人暮らしには慣れていました。しかし、初めて社会人として働き、生活することを考えると、仕事や知らない土地での生活など不安なことも多かったです。そのため病院からも近く通勤に便利で、すぐに仲間に相談できる寮生活を選択しました。寮には地方出身者など多くの人が集まるので、初めての一人暮らしの人にとって安心して生活できる環境だと思います。最寄駅から都心までのアクセスも良く、鎌倉や湘南、箱根などの自然も味わえるのが魅力です。

寮での生活・設備

部屋はとても広く、オートロック、IHコンロ、モニター付インターホン、独立洗面台があり、バス・トイレはもちろん別!です。よく同期とエントランスで集まるのがとても楽しかったです。駐車場もあるので皆でドライブ、買い物などできとても便利です。このように設備の整った、綺麗で大きな部屋に住むことができ、満足のいく寮生活を送ることができました。

お問い合わせ先
【受付時間:平日8:30~17:00】

北里大学病院 事務部人事課

〒252-0375 
神奈川県相模原市南区北里1-15-1

お問い合わせ内容によっては、ご回答に時間を要する場合もございます。
お急ぎの方は人事課までお電話でご連絡いただきますようお願い申し上げます。

ページの先頭へ