北里大学病院は、いつでもどんなときでも患者さんの安心と安全のお役に立てるよう活動を続けます。

北里大学病院

背景色
  • 白
  • 黄
  • 黒
文字サイズ
  • 標準
  • 大

English

診療情報管理室

診療情報管理室

診療情報管理室長

診療情報管理室は、以前は病歴室と呼ばれており、診療録管理が主な仕事でした。現在では、電子カルテも導入され、大きな様変わりをしました。病院には、診療情報に関するビッグデータがあります。これらを、診療情報管理室が、管理、提供(活用)して、より質の高い医療を提供するお手伝いをしています。
今後は、患者さんはもちろんのこと、医療者、医療を学ぶ方々も含めて全員が、利益、恩恵を受けることが出来る"医療の均てん化"を実現する診療情報管理室を目指します。

診療情報管理室長 佐藤 武郎

診療情報管理室長

患者さんへ、より安全で質の高い医療が提供できるように、情報管理の専門部門として、院内各部門と連携しながら様々な医療活動を支援しています。このため、診療情報の管理と活用を考究し続けて、それを適正に実践していくことに努めています。また、診療情報が厳正に保護されるべき個人情報であることを十分に踏まえながら、ICTを活用し、医療連携やチーム医療における情報共有の促進を図るとともに、医学・医療の発展にも貢献したいと考えております。

診療情報管理室 課長 荒井 康夫

診療情報管理室の構成・業務内容

スタッフ

診療情報管理士指導者、診療情報管理士、医療クオリティマネジャ、事務職 計17名

委員会事務局

診療情報管理委員会事務局、クリニカルパス委員会事務局

◎情報分析課

情報分析課は、診療情報を医療の質向上や医療安全の推進、経営の安定化などの活動のために役立てるべく、データの精度向上とその適正な利活用を進めています。また、各診療科・各部門と協働して、クリニカルパスを推進しています。

◎記録管理課

記録管理課は、医療の検証と評価の観点による記録の点検と、電子カルテの効果的・効率的な運用の促進にも取り組んでいます。また、安心で安全な医療の提供に貢献するために、説明・同意文書の整備を進めつつ、診療系の各門と協働により診療録のオーディットを実施しています。

◎院内がん登録課

院内がん登録課は、集学的がん診療センターがん登録室を兼ねています。院内および地域がん登録の推進を図るとともに、診療科や自治体と協力してそのデータを有効利用し、当院および地域のがん診療の発展に役立てています。

ページの先頭へ

Copyright © 2019- 北里大学病院. All Rights Reserved.