北里大学病院は、いつでもどんなときでも患者さんの安心と安全のお役に立てるよう活動を続けます。

北里大学病院

背景色
  • 白
  • 黄
  • 黒
文字サイズ
  • 標準
  • 大

English

IVRセンター

センター長あいさつ

IVRセンター長

IVRは「Intervetional Radiology」の略称で、日本語では画像下治療と呼んでいます。X線などを使った画像で体内を観察しながら、様々な病気の治療を行います。当院のIVRセンターは血管造影装置4台を有し、血管造影検査や血管造影を用いたIVRを実施しています。血管造影下IVRでは、血管にカテーテルと呼ばれる細長い管を挿入し、X線画像を観察しながら目的とする部位までカテーテルを進め、詰まった血管の通りをよくしたり、血管をふさいで腫瘍や出血を治したり、動脈にできたこぶ(動脈瘤)を治療したりします。外科手術と比べて体の負担が少ない、先進的な医療です。

IVRセンターでは、IVRに精通した様々な診療科の医師、看護師、診療放射線技師、臨床工学技士が協力して、効果的な医療を安全に届けるべく努めています。

IVRセンター長 井上 優介

IVRセンターの概要・特徴

IVRセンターには血管造影装置4台が設置されています。循環器内科、脳神経外科、放射線診断科、心臓血管外科、消化器内科、小児科、一般・消化器外科といった診療科が当センターで診療を行っています。看護師、診療放射線技師、臨床工学技士もIVR専門のスタッフが配属され、安全で質の高い診療を実現しています。定期的にIVR運営委員会という会合を開催し、診療科横断的な意思疎通を行い、一体的な診療体制を構築しています。

なお、北里大学病院にはこの他に救命救急・災害医療センターおよび総合手術センターに血管造影装置が設置されており、役割を分担して最適な医療提供を実現しています。

IVRセンター 業績(件数)

  2018年度 2019年度
循環器領域    
 診断 936 771
 冠動脈形成術 261 218
 アブレーション関係 388 442
 その他 64 96
脳血管領域    
 診断 181 164
 動脈瘤塞栓術 40 62
 血栓回収術 3 14
 頸動脈ステント留置術 26 16
 その他 16 4
体幹部・四肢領域    
 診断 39 24
 肝動脈塞栓術 154 134
 血管形成術 123 173
 血管塞栓術 53 86
 その他 86 116
合計 2,370 2,320

ページの先頭へ

Copyright © 2019- 北里大学病院. All Rights Reserved.