北里大学病院は、いつでもどんなときでも患者さんの安心と安全のお役に立てるよう活動を続けます。

北里大学病院

背景色
  • 白
  • 黄
  • 黒
文字サイズ
  • 標準
  • 大

English

精神神経疾患医療センター

センター長あいさつ

精神神経疾患医療センター長

2020年4月から北里大学病院、北里大学東病院それぞれにあった精神神経科が統合されました。これにより精神神経疾患医療センターは、それまでの成人の精神科救急を中心とするセンターから、あらゆる年齢の精神疾患のある人が、どこにいても良質な精神科医療にアクセスすることができ、住み慣れた場所で長く安心して暮らすことに寄与できるよう努めてまいります。

精神神経疾患医療センターは精神科救急医療部門、精神科社会参加支援部門、精神科訪問医療部門、精神科リエゾン医療部門で構成されます。精神科救急医療部門は神奈川県から指定されている精神科救急医療体制の基幹病院としての役割を果たしながら、入院前から退院後の暮らしを見据え、なるべく短期間のうちに、可能な限り行動制限を最小化し、再入院を防ぐことのできる精神科救急医療を目指します。精神科社会参加支援部門は通院による精神科医療を運営しながら、自治体、地域の医療・福祉機関と連携し、精神疾患のある人の地域生活、就学・就労支援を実践してまいります。また、神奈川県から指定されている依存症専門医療機関・依存症拠点治療機関の役割も果たして参ります。精神科訪問医療部門はトータルサポートセンター訪問看護、精神科社会支援部門、精神科作業療法室、臨床心理室、また自治体、地域包括支援センター等と協力し、様々な理由で精神科医療にアクセスできない人へ訪問による精神科医療を届けてまいります。精神科リエゾン医療部門は、精神科以外の診療科に通院、入院している人に、各科の医師や看護師への助言、あるいは必要に応じて直接診察、治療することによって、精神科医療を届けてまいります。

各部門のあらゆる職種は、部門を超えて協力しあい、精神疾患のある人の暮らしを中心に考えながら質の高い精神科医療を提供できるよう努力してまいりますので、どうかよろしくお願い申し上げます。

センター長 宮岡 等

ページの先頭へ

Copyright © 2019- 北里大学病院. All Rights Reserved.