診療科・部門

周産母子成育医療センター

ウェブサイト(このページは別ウィンドウで開きます。)

石井 正浩

センター長
石井 正浩

当院での分娩をお考えの患者さまへ

このたび、産科外来受診についての詳細や、分娩の流れなどを掲載いたしましたホームページを新設いたしました。無痛分娩や立会い出産についてのQ&Aも掲載しております。
当院での分娩をお考えの方、ご興味のある方はぜひご覧ください。

ページの先頭へ

周産母子成育医療センターとは

周産母子成育医療センター

周産母子成育医療センターはリハビリテーションセンターとともに新病院本館6階にあります。
産科病棟、母体胎児集中治療室(MFICU)、分娩室、新生児集中治療室(NICU)、小児集中治療室(PICU)、小児病棟、北里学級によって構成されています。センターには、総合周産期母子医療センターとして機能する周産母子部門(産科、MFICU、NICU、産科麻酔)、小児成育部門(小児科、小児外科、小児心臓血管外科、小児系診療部門、PICU)が設置され、妊娠・出産から新生児期、小児期を通じ、広範な疾患、病態に対応し、一貫した診療の展開を目指しています。必要なときには大学病院の診療能力を最大限に活用する一方、小児専門施設のきめ細かさと暖かさを併せ持った施設として、新東病院で平成27年度に設置される小児在宅支援病床(仮称)と密接に連携し、地域に根ざした家族中心の医療family-centered careを実践し、安全で安心な成育医療を提供してまいります。

組織図

組織図小児科小児外科小児心臓血管外科

前のページに戻るページの先頭へ