北里大学病院は、いつでもどんなときでも患者さんの安心と安全のお役に立てるよう活動を続けます。

北里大学病院

背景色
  • 白
  • 黄
  • 黒
文字サイズ
  • 標準
  • 大

English

婦人科

科長写真

婦人科には腫瘍分野と生殖医学分野があります

科長加藤 一喜

産婦人科教室ウェブサイト

婦人科には腫瘍分野と生殖医学分野があります。腫瘍分野では子宮頸癌、体癌、卵巣癌などの婦人科悪性腫瘍に対する手術、化学療法、放射線療法を主に行っていますが、子宮筋腫、卵巣嚢腫など良性腫瘍に対する開腹手術や良性卵巣腫瘍、子宮前癌病変、子宮体癌に対する腹腔鏡下手術も行っています。生殖医学分野では、不妊症、婦人科内分泌異常の治療、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣嚢腫など良性疾患に対する保存的治療や腹腔鏡下手術、異所性妊娠に対する薬物療法などを行っています。

主な対象疾患

腫瘍分野

子宮頸癌、子宮頸部高度異形成、子宮体癌、子宮内膜増殖症、卵巣癌、卵巣境界悪性腫瘍、絨毛性疾患、外陰癌、腟癌、卵巣腫瘍、子宮筋腫、子宮腺筋症

生殖医学分野

不妊・不育症、更年期障害・月経異常、異所性妊娠、卵巣腫瘍、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症、先天性性分化異常

特徴・特色

腫瘍分野

子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなどの悪性腫瘍に対して、正確な診断を行い、手術療法、化学療法、放射線療法などの治療を行っています。子宮頸がん、子宮体がんに対する低侵襲手術(腹腔鏡下手術、ロボット支援下手術)に積極的に取り組んでおり、良性腫瘍に対するものも含めて低侵襲手術症例数が飛躍的に増加しています。婦人科良性・悪性腫瘍に罹患された患者さんに対して、適応を見極めた上で患者さんとご家族に腹腔鏡でもロボット支援手術でも開腹手術でも適切な術式を提案し、希望する術式をどれでも提供できる体制を整えています。進行卵巣がんであるIII期・IV期卵巣がんのほとんどが腹腔内全体に播種腫瘍が拡がる状態で発見されますが、この場合に初回手術において肉眼的残存腫瘍なしを達成することで予後が大きく改善されることが明らかになっています。腹膜播種病変を有する進行卵巣がん手術において、残存腫瘍なしを達成するためには、60~90%の症例で直腸など消化管の合併切除、肝臓や横隔膜などの切除が必要になります。当科では、これら消化管の合併切除、横隔膜などの切除を積極的に行い標準術式化しています。進行卵巣がんに対する残存腫瘍なしを目指した手術の質は、確実性・安全性の面から国内はもちろん国際的にも先進的であると自負しています。また、国内、海外施設も含めた国際的な多施設共同臨床試験に参加しており、より有効ながん治療の開発を目指しています。

生殖医学分野

生殖医療分野では、不妊症に対して体外受精・胚移植を含めた治療、不育症、婦人科内分泌異常、先天異常に基づく性機能障害等に対する診断・治療、子宮・卵巣などの良性腫瘍の低侵襲手術、子宮外妊娠に対する手術・薬物治療などを行っています。最近は、体外受精・胚移植を含めた不妊治療症例数が増加しています。

腫瘍医学分野と生殖医学分野はお互いに、また産科学分野とも密接に連携を取って、それぞれの患者さんに適した、最適な治療を目指して診療を行っています。是非、安心して北里大学医学部婦人科をご受診ください。

高度先進・特殊医療

現在該当なし。

診療実績

婦人科生殖医学分野の手術・手技件数

2019 2020 2021

体外受精・採卵術

37 58 81
胚移植 21 37 63
腹腔鏡下子宮筋腫核出術 28 27 25
腹腔鏡下卵巣腫瘍摘出術 72 101 87

子宮頸がんの治療数

子宮頸がん*治療数の推移
2019 2020 2021
36 69 61
子宮頸がん*に対する主治療
2019 2020 2021
手術      
 開腹手術 20 35 20
 腹腔鏡下手術 3 1 4
同時化学放射線療法 9 13 20
放射線単独療法 1 14 14
化学療法 3 6 3

*上皮内癌を除く

子宮頸部上皮内癌・高度異形成数に対する円錐切除術数の推移

2019 2020 2021
27 27 38

子宮体がんの治療数

子宮体がん*治療数の推移
2019 2020 2021
61 79 80
子宮体がん*に対する主治療
2019 2020 2021
手術      
 開腹手術 37 56 46
 腹腔鏡下手術 19 15 11
 ロボット支援下手術 0 5 23
放射線単独療法 4 0 0
化学療法 1 3 0

*子宮内膜異型増殖症を除く

卵巣がんの治療数

卵巣癌*治療数の推移
2019 2020 2021
43 42 58

*卵管癌・腹膜癌を含む

卵巣境界悪性腫瘍 治療数の推移
2019 2020 2021
15 18 11

ご紹介時のお願い(婦人科初診患者事前予約サービス)

婦人科では先生方からご紹介いただく患者さんの事前予約サービスを実施しています。紹介患者さんを事前に予約することにより診察待ち時間を短縮させ、患者さんへのサービスと円滑な病診連携を目指すものです。
地域の先生方から当院の担当者に直接電話でご依頼をいただき、予約時間を設定させていただきます。
2020年4月1日より、婦人科の初診外来は、腫瘍部門・リプロダクション部門ともに、原則として、医療機関からの紹介による完全予約制とさせていただきますので、ご紹介の際には、下記の手順で医療機関よりご予約をお取りください。

予約対象の症例

  • 婦人科悪性腫瘍初回治療例、婦人科悪性腫瘍が疑われる症例
  • 子宮頚部高度異形成以上(ただし、経過が長い場合は中等度異形成でも可)
  • 子宮内膜異型増殖症以上の病変が疑われる症例
  • 治療を要する良性疾患(子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症、卵巣腫瘍等)
    ※良性病変や前癌病変の患者さんで、当院で診察の結果、手術などの治療適応がなく経過観察の方針となった場合には、経過観察を他院にお願いすることがございます。
  • 不妊症、不育症、内分泌疾患、生殖器の先天性異常等
  • 現在受診されている医療機関の診療結果のみではなく、他の医療機関での意見も参考として治療法を決定したい方へ向けた相談(セカンドオピニオン)をお受けしています。

予約方法

  • トータルサポートセンター病診連携担当までお電話(電話番号:042-778-9988(医療機関専用))でご連絡ください。担当者から予約の手順をご説明します。
  • 「事前予約申込書(婦人科共通)」、「診療情報提供書」、「検査データ」をトータルサポートセンター病診連携担当にファックス(ファックス番号:042-778-8235)でお送りください。
  • 当院医師が診療を応需できるか確認の上、応需可能な場合は患者さんに予約日時・注意事項をご連絡いたします。不応需の場合は、ご紹介いただいた医療機関に不応需となる症状である旨をご連絡いたします。
  • 患者さんに、「診療情報提供書(原本)」、「産婦人科外来予約票」をお渡しいただき、受診日当日にお持ちいただくよう、お伝えください。
  • 必要な書類は、下記の「書類のダウンロード」から出力してご利用ください。
書類のダウンロード

お問合わせ先

担当

トータルサポートセンター 病診連携担当

電話番号:042-778-9988(医療機関専用) ファックス番号:042-778-8235

※諸事情により、末尾「9599」の番号ではなく、本番号を継続使用することになりましたのでお知らせいたします。お手数をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

受付時間

月曜日~金曜日:8時30分~17時00分(予約受付は8時30分~16時30分)
土曜日:8時30分~12時00分(予約受付は8時30分~11時00分)

※日曜・祝日・年末年始(12月29日~1月3日)、第2・第4土曜日は、休診のため受付できません。

紹介用外来担当表(医療機関向け)

【紹介用】診療担当医一覧表(154KB)

ご受診を希望の方へ

当院は特定機能病院の承認医療機関です。受診には診療所・病院からの紹介による受診を原則としております。当院の受診を希望される場合は原則として、他の医療機関(かかりつけ医)からの紹介状が必要となります。
紹介状をお持ちでない初診の場合は、医療費とは別に初診時保険外併用療養費(自費)として7,700円(税込)をご負担いただきますのでご了承ください。
詳細につきましては「診療を受けられる皆様へ」をご覧ください。

また、当院を初めて受診する方は「初めて受診する方(初診の方)へ」をご参照ください。
他科に通院中で当科のご受診をご希望の方、お久しぶりの受診をご希望の方は「通院中・再診の方へ」をご参照ください。

外来担当表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
(第1・3・5)
初診
午前
髙田 恭臣 古川 正義 遠藤 真一 加藤 一喜 北見 和久  
腫瘍
  • 古川 正義
  • 遠藤 真一
  • 小島  郁
  • 阿部 翠
  • 角田 新平
    (第1週)
  • 北見 和久
  • 髙田 恭臣
電話相談
家族計画
  • 本田 雅子
  • 古江 明子
  • 時任 泉湖
  • 板倉 彰子
  • 本田 雅子
  • 時任 泉湖
  • 岩端 俊輔
  • 本田 雅子
  • 岩端 俊輔
  • 石川 雅一
    (第2・4週)
  • 萩野 弓希子
  • 岩端 俊輔
  • 時任 泉湖
  • 板倉 彰子
  • 岩端 俊輔
  • 板倉 彰子
  • 時任 泉湖
電話相談

紹介用外来担当表(医療機関向け)

【紹介用】診療担当医一覧表(154KB)

医師一覧

医師名 職位・役職 専門分野 認定・専門医
加藤 一喜 教授 婦人科・腫瘍学
  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会技術認定医
  • 日本外科学会専門医
  • 日本臨床細胞学会専門医
  • 日本内視鏡外科学会産婦人科領域技術認定医
髙田 恭臣 講師 婦人科・腫瘍学
  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医・指導医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
  • 日本臨床細胞学会教育研修指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会婦人科腫瘍専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
本田 雅子 診療講師 生殖医学・内分泌学
  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医・指導医
  • 日本人類遺伝学会認定 臨床遺伝専門医
古川 正義 診療講師 婦人科・腫瘍学
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本婦人科腫瘍学会専門医
  • 日本女性医学学会認定 女性ヘルスケア専門医
  • 全日本病院協会認定 臨床研修指導医
北見 和久 診療講師 婦人科・腫瘍学
  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本内視鏡外科学会産婦人科領域技術認定医
  • 厚生労働省後援 新リンパ浮腫研修修了
板倉 彰子 診療講師 生殖医学・内分泌学
  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医
  • 日本生殖医学会生殖医療専門医
岩端 俊輔 助教 生殖医学・内分泌学
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医
遠藤 真一 助教 婦人科・腫瘍学
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医
中村 基寛 助教(出向中) 婦人科・腫瘍学
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本産科婦人科内視鏡学会腹腔鏡技術認定医
西島 純一 助教(出向中) 生殖医学・内分泌学
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医
    神奈川県医師会認定 母体保護法指定医師
阿部  翠 助教 婦人科・腫瘍学 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医
小島  郁 助教 婦人科・腫瘍学 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医
時任 泉湖 助教 生殖医学・内分泌学 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医
石川 雅一 非常勤 生殖医学・内分泌学
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医
  • 日本産婦人科内視鏡学会技術認定医
角田 新平 非常勤 婦人科・腫瘍学
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
  • 日本婦人科腫瘍学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
荻野 弓希子 非常勤 生殖医学・内分泌学
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医
  • マンモグラフィ読影認定医
田雑 有紀 非常勤 婦人科・腫瘍学
  • 医学博士
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医・指導医
  • 日本婦人科腫瘍学会専門医
  • 日本臨床細胞学会細胞診専門医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本女性医学学会認定 女性ヘルスケア専門医
下田 隆仁 非常勤 生殖医学・内分泌学
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医
  • 神奈川県医師会認定 母体保護法指定医師
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 日本スポーツ協会公認スポーツドクター
  • 日本女性医学学会認定 女性ヘルスケア専門医
古江 明子 非常勤 生殖医学・内分泌学
  • 日本産科婦人科学会認定 日本産科婦人科専門医
遠藤 奈緒美 病棟医
尾方 沙月 病棟医
平田 岳史 病棟医
伊藤 大毅 病棟医
濵田 奈美 病棟医
池之内 英利華 病棟医
内坪 花 病棟医
小倉 瑞季 病棟医
後藤 大 病棟医
鈴木 晶子 病棟医
高木 さやか 病棟医
髙橋 諒 病棟医
山崎 智子 病棟医

ページの先頭へ

Copyright © 2019- 北里大学病院. All Rights Reserved.