北里大学病院は、いつでもどんなときでも患者さんの安心と安全のお役に立てるよう活動を続けます。

北里大学病院

背景色
  • 白
  • 黄
  • 黒
文字サイズ
  • 標準
  • 大

English

眼科

科長写真

豊富な症例数と高い治療水準を誇り、各専門外来が充実していることが最大の特徴です

科長庄司 信行

ウェブサイト

緑内障、白内障、角膜・屈折矯正、網膜・硝子体疾患、斜視・神経眼科等、眼に関する全疾患に対処いたします。各分野に熟練の術者を擁し、豊富な症例数と高い治療水準を誇り、各専門外来が充実していることが最大の特徴です。重症度や緊急性の高い患者さんの診断・治療を的確かつ円滑に、そして安全に行い、症状の落ちついた患者さん、治療方針の決定した患者さんは、地域医療機関で診ていただくよう病診連携にも力を入れ、患者さんの負担を減らすよう努めております。

主な対象疾患

  • 緑内障(原発開放隅角緑内障、正常眼圧緑内障、原発閉塞隅角緑内障、続発緑内障等)
  • 水晶体関連疾患(白内障、水晶体脱臼、眼内レンズ偏位・脱臼)
  • 角膜疾患全般、翼状片、結膜弛緩症
  • 網膜硝子体疾患(裂孔原性網膜剥離、増殖糖尿病網膜症、黄斑上膜、黄斑円孔、硝子体出血)
  • 視神経疾患、瞳孔関連疾患、眼球運動障害、複視、斜視、弱視、小児眼科疾患

特徴・特色

  • 緑内障の早期発見のため視神経解析や網膜神経線維層解析を導入し、新しい薬物療法を含め、各人に適した治療を提供
  • 薬物治療によって十分な眼圧下降が得られない緑内障に対するトラベクトーム手術をはじめとする低侵襲緑内障手術
  • 2泊3日の1回の入院による両眼の白内障手術に対応(片眼ずつの入院・外来手術にも対応)
  • トーリック(乱視矯正)、多焦点眼内レンズ(先進医療)を用いた白内障手術
  • 難治白内障に対する眼内レンズ縫着術などの白内障手術
  • 眼内コンタクトレンズ(有水晶体眼内レンズ)、フェムトセカンドレーザーによる屈折矯正手術
  • 角膜変性症や再発性角膜びらんに対するエキシマレーザーを用いた治療的角膜切除術
  • 角膜混濁に対する角膜移植手術(全層角膜移植、角膜パーツ移植)
  • 裂孔原性網膜剥離、増殖糖尿病網膜症、黄斑上膜、黄斑円孔、硝子体出血等に対する小切開硝子体手術手術
  • 小児・成人の斜視に対する斜視手術、小児の弱視治療
  • 視神経障害や眼球運動障害、瞳孔異常に対する原因精査や治療

高度先進・特殊医療

  • 緑内障に対するトラベクトーム手術をはじめとする低侵襲緑内障手術
  • 多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術(白内障手術、先進医療)
  • 眼内コンタクトレンズ(有水晶体眼内レンズ)、フェムトセカンドレーザーによる屈折矯正手術(自費診療)

診療実績

手術件数一覧

2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
水晶体再建術(白内障) 3,311 3,660 3,442 3,096 3,274 2,613
網膜硝子体手術 661 707 542 528 498 564
網膜・虹採光凝固術 367 406 312 281 292 267
緑内障手術 249 172 219 211 335 344
斜視手術 210 178 229 224 252 254
眼瞼下垂・内反症手術 65 83 61 32 33 46
屈折矯正手術 202 204 223 173 130 144
角膜移植術 17 25 42 56 45 30
総数 5,082 5,435 5,070 4,601 4,859 4,262

ご紹介時のお願い

  • 急性期治療が終了し症状の落ちついた患者さん、治療方針の決定した患者さんは、積極的に地域医療機関に逆紹介し診療を受けて頂くようお願いしております。
  • 来院当日に散瞳剤を用いた検査を行う場合がありますので、ご自分で車の運転などされずに受診されますようお願いいたします。
  • 現在、当院では加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症、糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF治療は行っておりません。
  • 疾患の内容および早急な治療を望まれる患者さんには関連病院での手術をおすすめすることもございます。

紹介用外来担当表(医療機関向け)

【紹介用】診療担当医一覧表(154KB)

眼科(小児・弱視斜視)初診紹介患者事前予約サービスについて(完全予約制)

眼科では、患者さんの待ち時間の短縮等を目的に、紹介患者事前予約サービスを実施することになりました。
眼科(小児・弱視斜視)において、病診連携枠を設定し、紹介患者さんを事前に予約することにより診察待ち時間を短縮させ、患者さんへのサービスと円滑な病診連携を目指すものです。地域の先生方から当院の担当者に直接電話でご依頼をいただき、予約時間を設定させていただきます。
小児・弱視斜視は完全予約制となりますので、ご紹介の際には、下記の予約方法の手順で医療機関よりご予約をお取りください。

予約ができる要件(下記全てを満たしている方が対象となります)

  • 対象患者が10歳以下
  • 疾患が「弱視」および「斜視」
  • 紹介元医療機関から診療情報提供書が準備できる

予約方法

  • 下記の予約担当者:トータルサポートセンター(病診連携担当)までお電話で申し込みをお願いします。ご予約をお取りいたします。
  • その後、「眼科(小児・弱視斜視)紹介患者事前予約申込書」、「診療情報提供書」を予約担当者までFaxでご送付をお願いします。
  • 必要な書類は、下記から出力してご利用ください。
書類のダウンロード

運用開始時期

2018年7月2日(月曜)から

※予約受付は、2018年6月18日(月曜)から開始いたします

予約担当者

トータルサポートセンター(病診連携担当)

受付時間

月曜日~金曜日:8時30分~16時30分 土曜日:8時30分~11時00分

※日曜・祝日・年末年始(12/29~1/3)、第2・第4土曜日は、休診のため受付できません。

電話番号:042-778-9988(直通) ファックス番号:042-778-9599

ご受診を希望の方へ

眼科外来では、紹介患者さんを含む新規の患者さんや手術件数の増加に伴う外来の混雑により、待ち時間が非常に長くなるとともに、急性期医療における適切な診断・治療が困難な状況になっております。 そのため、2013(平成25)年5月1日より以下の場合につきましては、近医への受診を案内させて頂くこととなりました。

  • 紹介状のない初診の患者さん
  • 再診予約がなく、半年以上受診があいた患者さん

上記運用に際しまして事情をご理解のうえ、ご協力たまわりますようお願い申し上げます。

また、当院を初めて受診する方は「初めて受診する方(初診の方)へ」をご参照ください。
他科に通院中で当科のご受診をご希望の方、お久しぶりの受診をご希望の方は「通院中・再診の方へ」をご参照ください。

外来担当表

(2019年12月2日現在)

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
初診 後関 利明 柳田 智彦 庄司 信行 笠原 正行 飯田 嘉彦
専門外来
午前
  • 緑内障
    庄司 信行
  • 斜視・神経
    石川 均
  • 角膜・屈折
    神谷 和孝
  • 白内障
    飯田 嘉彦

  • 緑内障
    庄司 信行
  • 網膜・硝子体
    柳田 智彦
緑内障  
専門外来
午後
  • 緑内障
    庄司 信行
  • 斜視・神経
    石川 均
  • 角膜・屈折
    神谷 和孝
  • コンタクト
    熊埜御堂 隆
    (第1)
  • 宇津見 義一
    (奇数月第1)
  • 白内障
    飯田 嘉彦
  • 緑内障
    庄司 信行
  • 白内障
  • 網膜・硝子体
    柳田 智彦
  • 緑内障
  • 白内障
    飯田 嘉彦
    (偶数週)
白内障
飯田 嘉彦

紹介用外来担当表(医療機関向け)

【紹介用】診療担当医一覧表(154KB)

医師一覧

医師名 職位・役職 専門分野 認定・専門医
医師 写真
庄司 信行
教授 緑内障
  • 日本眼科学会専門医
医師 写真
石川 均
教授(医療衛生) 小児・神経眼科
  • 日本眼科学会専門医
医師 写真
神谷 和孝
教授(医療衛生) 角膜・屈折矯正
  • 日本眼科学会専門医
医師 写真
柳田 智彦
診療准教授 網膜・硝子体
  • 日本眼科学会専門医
医師 写真
飯田 嘉彦
講師 白内障
  • 日本眼科学会専門医
医師 写真
池田 哲也
診療講師 小児・神経眼科
  • 日本眼科学会専門医
医師 写真
笠原 正行
助教(研究員) 緑内障
  • 日本眼科学会専門医
医師 写真
江黒 友春
助教(研究員) 白内障・緑内障
  • 日本眼科学会専門医
医師 写真
飯島 敬
助教(研究員) 白内障
  • 日本眼科学会専門医
医師 写真
春木 崇宏
助教(研究員) 網膜
  • 日本眼科学会専門医

ページの先頭へ

Copyright © 2019- 北里大学病院. All Rights Reserved.