診療科・部門

放射線治療科

ウェブサイト(このページは別ウィンドウで開きます。)

早川 和重

科長
早川 和重
副院長(教育・研修統括担当)

放射線治療科では、各科の協力のもとに、多くの悪性腫瘍と一部の良性疾患に対して単独であるいは手術や化学療法との併用で、強度変調放射線治療や定位放射線照射などの高精度な放射線治療を行います。密封小線源療法,RI内用療法も関連各科との密接な連携体制で実施しています。治療方針の決定は,各科専門医との合同診察やカンファレンスを通じてEBM(Evidence Based Medicine:科学的根拠に基づく医療)の実践に心がけています。

主な対象疾患

脳神経腫瘍、頭頸部癌、呼吸器系悪性腫瘍(肺癌、縦隔腫瘍など)、消化器癌(食道、直腸、肝、膵)、乳癌、泌尿生殖器癌(前立腺癌、膀胱癌など)、婦人科癌(子宮頸癌、子宮体癌)、悪性リンパ腫など

ページの先頭へ

外来担当表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
午前 早川 和重
石山 博條
川上 正悟
野澤 茉莉花
早川 豊和
早田 格
川上 正悟
野澤 茉莉花
早川 和重
石山 博條
小森 承子
野澤 茉莉花
早川 豊和
早田 格
野澤 茉莉花
早川 豊和
早川 和重
早田 格
小森 承子
川上 正悟
野澤 茉莉花
午後 早川 和重
石山 博條
川上 正悟
野澤 茉莉花
早川 豊和
早田 格
野澤 茉莉花
早川 和重
石山 博條
小森 承子
野澤 茉莉花
早川 豊和
耳鼻科合同診察
(早川、小森・耳鼻科 宮本)
早川 和重
小森 承子
川上 正悟
野澤 茉莉花
特殊治療 子宮頸がん
腔内照射
早川、早田・
婦人科医
  • 密封小線源
    永久挿入
    石山・
    泌尿器科佐藤
  • 高線量率
    組織内照射
    石山・
    泌尿器科佐藤
    子宮頸がん
腔内照射
早川、早田・
婦人科医

紹介用外来担当表(医療機関向け)

【紹介用】診療担当医一覧表PDFファイル

ページの先頭へ

特徴・特色

北里大学病院は、病床数1033床の特定機能病院である。放射線治療科のスタッフは全員が日本医学放射線学会の専門医の資格を持っている。放射線治療科では、各科の協力のもとに、多くの悪性腫瘍と一部の良性疾患に対して単独であるいは手術や化学療法との併用で、高精度な放射線治療を行っている。また、医学物理士、放射線治療品質管理士を中心に線量の検証や位置精度の管理あるいは治療機器の定期点検など品質管理にも重点を置いている。

治療方針は、個々の症例の背景因子に応じて決定されるが、各科専門医との合同診察やカンファレンスを通じてEBM(Evidence Based Medicine:医学的根拠に基づく医療)の実践を心がけている。とくに、局所進行がんには治療効果を高めるために、症例に応じて抗癌剤の同時併用や多分割照射などを採用している。末梢発生の早期肺癌には動体追跡照射を用いた体幹部定位放射線照射を行い、70%以上の局所制御率がえられている。

臓器別では、肺癌は呼吸器内科・外科との合同カンファレンスで最適な治療方針が決定される。また、JCOG(Japan Clinical Oncology Group:厚生労働省科学研究助成金による臨床試験研究組織、ホームページ:http://www.jcog.jp/index.htmこのページは別ウィンドウで開きます。)やWJOG(West Japan Oncology Group:特定非営利活動法人・西日本がん研究機構、ホームページ:http://www.wjog.org/index.htmlこのページは別ウィンドウで開きます。)の臨床試験にも参加している。

頭頸部癌では、耳鼻科専門医との合同診察で治療方針決定から治療中、治療後の経過観察まで一緒に行い、救済手術を含めて機能温存を目指した治療を優先している。喉頭癌、下咽頭癌の喉頭機能温存率は進行期でも50%を越える。

脳動静脈奇形・聴神経腫瘍・転移性脳腫瘍などに対しては、脳外科専門医との共同作業で定位手術的照射を週1回実施しており、多くの症例で良好な経過がえられている。

前立腺癌では、泌尿器科との緊密な連携により、ホルモン療法など補助療法に関わる他施設との病診連携もスムーズに行われている。

婦人科癌では、北里婦人科腫瘍グループを組織し、子宮頸癌を主体として標準的集学治療の確立に取り組んでいる。

ページの先頭へ

特記事項

症例数・治療・成績

2007年度の放射線治療患者数は外部放射線治療949人、密封小線源治療は子宮腔内25人、前立腺癌に対しては、イリジウム192小線源を用いた高線量率組織内照射が82人、ヨウ素125線源による永久挿入療法が117人であった。放射線治療の対象疾患としては、肺癌、頭頸部癌、乳癌、前立腺癌、婦人科癌、食道癌、直腸癌が多く、いずれも各科との連携により良好な治療成績がえられている。

放射線治療設備

治療計画専用CT 1台、治療計画連動(診断兼用)PET/CT 1台、X線エネルギー可変型ライナック(動体追跡照射による体幹部の定位照射)、C-arm型ライナック(頭頸部に対する定位照射対応)、高線量率イリジウム密封小線源治療装置、ヨウ素125密封小線源永久刺入療法手術室。

ページの先頭へ

病診連携行事

北里腫瘍フォーラム 年2回(1月、7月)

ページの先頭へ

病診連携への取り組み

放射線治療の適応患者については、トータルサポートセンター 病診連携担当を通じて事前にFAXで情報をご提供いただき、外来受診日を調整させていただいている。これにより受診からスムーズに放射線治療を開始することが可能である。また、放射線治療は原則として外来診療を主体に行っている。地域の講演会や症例検討会には、積極的に講師として医師、技師、看護師の派遣を行っている。

ページの先頭へ

紹介して頂く時の留意事項

ご紹介は、上記の紹介用外来担当表(医療機関向け)をご覧ください。

放射線治療の依頼時には、事前にトータルサポートセンター 病診連携担当(電話:042-778-9988)にご連絡下さい。治療計画から実施までの準備が円滑に行えるように、外来受診日をこちらで調整させていただきます。なお、紹介状の他、過去の検査データ、画像データなど必要な情報をご提供いただくように御願いします。

ページの先頭へ

医師一覧

医師名 職位・役職 専門分野 認定・専門医
早川 和重 科長・教授 放射線腫瘍学 日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医
日本核医学会認定医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
石山 博條 講師(外来主任) 放射線腫瘍学 日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医
北野 雅史 非常勤講師 放射線腫瘍学 日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医
小森 承子 助教(診療講師) 放射線腫瘍学 日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医
早田 格 助教(診療講師) 放射線腫瘍学 日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医
関ロ 茜衣 助教(研究員) 放射線腫瘍学 日本医学放射線学会・日本放射線腫瘍学会放射線治療専門医
川上 正悟 助教(研究員) 放射線腫瘍学  
早川 豊和 助教(病棟医) 放射線腫瘍学  
野澤 茉莉花 助教(病棟医) 放射線腫瘍学  

ページの先頭へ

関連リンク

放射線診断科

前のページに戻るページの先頭へ