診療科・部門

呼吸器内科

呼吸器疾患は肺炎、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息、肺癌、睡眠時無呼吸症候群など年々増加傾向にある疾患が多数あります。呼吸器内科は、呼吸器外科、放射線科と一体となり、患者さん、ご家族の希望もふまえた上で、高度の医療を、科学的、実証的根拠に基づいて提供させて頂いています。また、全国的に人材の不足している呼吸器専門医の育成や、肺癌の化学療法など臨床試験を通じて医学の発展にも寄与しております。

主な対象疾患

  • 肺腫瘍(肺癌など)、縦隔腫瘍、急性肺障害、睡眠呼吸障害(睡眠時無呼吸症候群など)、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫、慢性気管支炎など)、間質性肺炎、気管支喘息、慢性呼吸不全、肺炎
  • その他、呼吸器疾患全般

ページの先頭へ

外来担当表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
(第1・3・5)
内科専門外来
午前
日吉 康弘
佐々木治一郎
三藤 久
片桐 真人
石原 未希子
福井 朋也
楠原 政一郎
井川 聡
久保田 勝
横場 正典
中原 善朗
片桐 真人
大谷 咲子
笠島 真志
 
内科専門外来
午後
日吉 康弘
佐々木治一郎
三藤 久
片桐 真人
石原 未希子
福井 朋也
小林 弘祐
楠原 政一郎
井川 聡
久保田 勝
横場 正典
中原 善朗
片桐 真人
大谷 咲子
笠島 真志
 

紹介用外来担当表(医療機関向け)

【紹介用】診療担当医一覧表PDFファイル

ページの先頭へ

特徴・特色

当院呼吸器センターは、呼吸器内科、呼吸器外科、放射線科一体となった診療を行なっており、現在、神奈川県有数の呼吸器(特に肺癌)専門施設となっております。例えば、肺癌の代表的検査の気管支鏡検査は全国でもトップクラスの検査件数を誇ります。また、科学的、実証的根拠に基づいた最も効果的な肺癌化学療法を行なっているほか、患者様御本人の御希望があれば最先端の臨床治験への参加も可能です。急性肺障害に対しては、高度先進医療であるNO吸入療法の日本における先駆け施設です。また、睡眠呼吸障害に関しても終夜脳波検査や外来でのアプノモニターを駆使し、高度の診断、治療が可能です。

ページの先頭へ

特記事項

1. 肺癌

肺癌の診断は問診、喀痰細胞診、血液検査、胸部X線写真、CT、MRI、骨シンチグラフィーなどの画像所見ならびに気管支鏡検査により総合的になされています。治療法には手術、放射線療法および化学療法があり、肺癌の病期により最適な治療法を選ぶ必要がありますが、化学療法+手術、放射線療法+化学療法などの合併療法を行う必要がある症例もあります。このため、当科では胸部外科や放射線科の専門医との密接な連携をもって最先端かつ最良の医療を常時提供できるようなシステム作りをしています。さらに、肺癌を治癒に導く新薬の臨床開発にも参加して、より幅の広い最新の医療が出来るようにも努力しています。 癌を扱っている以上「(病名)告知」は避けられません。
呼吸困難の軽減、疼痛のコントロールなどの患者様ご本人への身体的治療はもとより、疾患に対するご本人やご家族の不安やいらだち、ならびに告知によりショックを受けたであろうご本人やご家族の精神的なサポートも大切な仕事と考えて診療にあたっております。

2. 睡眠時無呼吸症候群

当科では肺癌や肺炎等以外の新しい医療にも積極的に取り組んでおり、その一つに睡眠時無呼吸症候群の治療があります。耳鼻咽喉科、脳波検査室、呼吸機能検査室と協力し、本症の診断、治療に積極的に取り組んでいます。検査機器の貸し出しによる在宅でのスクリーニング検査を経て、入院してのポリソムノグラフィー(睡眠ポリグラフィー)による確定診断および重症度評価を行います。治療方法については、耳鼻咽喉科専門医らとの合同カンファレンスで、nasal-CPAP(鼻マスクによる経鼻持続陽圧気道圧)、手術などの治療方法を決定しています。

3. 気管支喘息

各年齢層に発症し、時に重積発作により致命的な状態にもなる気管支喘息は、正確な診断と治療で外来にて充分にコントロールすることが可能になってきています。問診、血液検査、呼吸機能検査等により、原因ならびに重症度を診断し、それに対し必要充分な治療を行います。最近は、優れた吸入ステロイド剤や吸入β刺激剤を適正に処方することで、内服薬に比較して副作用の発症を低く抑えつつ喘息発作を良好にコントロールすることができるようになってきています。

4. 慢性閉塞性肺疾患

当科では問診、胸部X線写真、CT、血液検査、呼吸機能検査等により診断ならびに病態を正確に判断し、疾患に対して必要充分な治療を行います。また、慢性閉塞性肺疾患は肺炎ならびにそれに伴う心不全を併発して入院されることも多く、総合的な治療が必要となります。また、患者様の病状によって在宅酸素療法(HOT: Home Oxygen Therapy)の導入も行います。

ページの先頭へ

病診連携行事

  • ステージングカンファレンス:毎週水曜日 7時45分から
  • チェストカンファレンス:毎週水曜日 17時00分から
  • 呼吸器腫瘍懇親会:年4回開催
  • 神奈川呼吸器研究会:年2回開催

ページの先頭へ

病診連携への取り組み

  • 近隣各市医師会胸部X線読影会への講師派遣
  • 近隣各市医師会講演会への講師派遣
  • できうる限りすみやかな、逆紹介の推進

ページの先頭へ

紹介して頂く時の留意事項

ご紹介を受ける窓口は、内科総合外来です。
上記の紹介用外来担当表(医療機関向け)をご覧ください。

ご紹介の際は、できるだけ過去からの胸部X線写真の添付を、また、地域唯一の特定機能病院であることから、入院が必要と考えられる患者様についてはあらかじめ電話にてご連絡頂くなどの御配慮いただければ幸いです。

ページの先頭へ

医師一覧

医師名 職位・役職 専門分野 認定・専門医
小林 弘祐 教授 呼吸器疾患全般 日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会指導医
片桐 真人 教授 呼吸器疾患全般 日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医
日本がん治療認定医
久保田 勝 准教授 呼吸器疾患全般 日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医
三藤 久 教授 呼吸器疾患全般 日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医
佐々木治一郎 教授 呼吸器疾患全般 日本内科学会総合内科専門医
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医
がん治療認定医暫定教育医
日本禁煙学会禁煙認定医指導医
横場 正典 准教授 呼吸器疾患全般 日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医
日本がん治療認定医
井川 聡 診療准教授 呼吸器疾患全般 日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本がん治療認定医
日本禁煙学会禁煙認定指導医
福井 朋也 講師 呼吸器疾患全般 日本内科学会認定内科医
日本呼吸器学会専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
大谷 咲子 診療講師 呼吸器疾患全般 日本内科学会認定内科医
日本呼吸器学会専門医
中原 善朗 診療講師 呼吸器疾患全般 日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本がん治療認定医
日吉 康弘 研究員 呼吸器疾患全般 日本内科学会認定内科医
笠島 真志 研究員 呼吸器疾患全般 日本内科学会認定内科医
石原 未希子 研究員 呼吸器疾患全般 日本内科学会認定内科医
原田 真也 病棟医 呼吸器疾患全般 日本内科学会認定内科医
楠原 政一郎 病棟医 呼吸器疾患全般 日本内科学会認定内科医
西成田 詔子 病棟医 呼吸器疾患全般  
白澤 昌之 病棟医 呼吸器疾患全般  
杉田 景佑 病棟医 呼吸器疾患全般  
大熊 友梨子 病棟医 呼吸器疾患全般  
曽根 英之 病棟医 呼吸器疾患全般  

前のページに戻るページの先頭へ