診療科・部門

救命救急・災害医療センター

ウェブサイト(このページは別ウィンドウで開きます。)

浅利 靖

センター長
浅利 靖
病院長補佐 (医療の質・安全、勤務環境改善担当)

天国への階段を登り始めた重篤な患者さんをこの世に引き戻すこと、これが救命救急センターの役割です。
1986年に開設した北里大学病院救命救急センターは、救急医と各診療科から派遣されている専門医、そして看護師、診療放射線技師、臨床工学技士、薬剤師、臨床検査技師などがチームを組んで診療にあたっています。さらにその後には高度先進医療を担う大学病院の全診療科が控えて常に連携しています。
この度の新病院開設では、従来の救命救急医療に加え、災害などでの多数の患者さんの発生にも対応できるよう屋上ヘリポートの設置、2台のドクターカーの運行などの機能を整備し、名称を「救命救急・災害医療センター」と変更しました。
地域の医師との強い連携のもと、救急医療の最後の砦の役割を担うため、北里大学病院救命救急・災害医療センターは総力をあげて努力していきます。

主な対象疾患

多発外傷、重症熱傷、重症中毒、心肺機能停止症例、各種ショック、くも膜下出血、急性心筋梗塞、切断指・肢、多臓器不全、特殊な疾患(低体温・潜水病・ガス中毒・など)

ページの先頭へ

特徴・特色

北里大学病院救命救急センター部は関連の救急医療機関および救急患者搬送機関などとの連携のもとに、上記に示しました対象疾患にありますように3次救急を主体とした重症患者様の医療を確保することを目的としています。そのために一刻を争う生命の危機にある患者様に対して専門のスタッフが365日24時間体制でホットラインでの要請に応じております。

ページの先頭へ

特記事項

救命救急センターの役割、対象疾患は、厚生労働省などの定義付けでは、重症で多科にわたる診療が必要な症例。単科では対応困難な症例とされています。

ページの先頭へ

病診連携行事

  • 症例検討会:水曜日13:00〜
  • Mortality conferenceならびに抄読会:金曜日13:00〜
  • NST(栄養サポートチーム)カンファレンス:火曜日13:30〜
  • 感染症カンファレンス:水曜日10:00〜

ページの先頭へ

病診連携への取り組み

当センターは地域の重症患者様の受け入れに全力をあげて取り組んでおります。そのためには初期、2次救急医療体制の充実がなくては重症患者様の病床確保は困難となります。また、救命救急センターでは急性期後の患者様の転院に難渋しており、在院日数の延長や、重症患者様の受け入れに支障を来しております。積極的なご協力とご理解をお願いする次第です。

ページの先頭へ

紹介して頂く時の留意事項

重症患者様のご紹介は原則として医師より3次救急ホットラインでご連絡下さい。

直ちに生命に関わらないと判断され、専門科領域の医師の診療が必要と判断される患者様のご依頼は3次救急ホットラインではなく、各診療科時間内であれば当該科受付へ、時間外は表記の救急センター部外来受け付け電話でのお問い合わせをお願い致します。

ページの先頭へ

前のページに戻るページの先頭へ