北里大学病院は、いつでもどんなときでも患者さんの安心と安全のお役に立てるよう活動を続けます。

北里大学病院

背景色
  • 白
  • 黄
  • 黒
文字サイズ
  • 標準
  • 大

English

内分泌代謝内科

科長写真

高い専門性を必要とする幅広い領域の内分泌疾患に対応しています

科長宮塚 健

ウェブサイト

糖尿病をはじめとする⽣活習慣病全般に加え、以下にお示ししますような⾼い専⾨性を必要とする幅広い領域の内分泌疾患に対応しています。

主な対象疾患

  • 糖尿病(1型・2型糖尿病、妊娠中の糖代謝異常、その他)
  • 甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病、亜急性甲状腺炎、無痛性甲状腺炎、その他)
  • 副甲状腺疾患(原発性副甲状腺機能亢進症、特発性副甲状腺機能低下症、その他)
  • 副腎疾患(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、副腎不全、褐色細胞腫、その他)
  • 視床下部・下垂体疾患(先端巨大症、プロラクチノーマ、尿崩症、クッシング病、下垂体前葉機能低下症、その他)
  • 性腺疾患(性腺機能低下症、その他)
  • 高血圧症(2次性高血圧を含む)
  • 脂質異常症(家族性高コレステロール血症を含む)
  • 肥満症(重症肥満、症候性肥満症、その他)
  • 高尿酸血症(家族性疾患を含む)
  • 内分泌腫瘍(インスリノーマ、膵内分泌腫瘍)
  • その他の先天性を含む代謝異常

特徴・特色

  • 糖尿病急性代謝失調に伴う緊急対応
  • 2型糖尿病に対する糖尿病教育(外来糖尿病教室や糖尿病教育入院)・血糖管理入院(薬剤調整、インスリン導入など)、合併症精査・治療
  • 1型糖尿病に対する専門的治療介入(カーボカウント理論に基づく血糖管理、CSII、SAPによるインスリンポンプ治療)
  • 糖代謝異常合併妊娠症例に対する専門的管理
  • バセドウ病に対する抗甲状腺薬・手術・アイソトープ治療
  • 各種内分泌疾患の診断、及び専門的治療介入
  • 原発性アルドステロン症に対する各種負荷試験、および選択的副腎静脈サンプリング検査による治療方針の確定

高度先進・特殊医療

  • 糖尿病に対する持続血糖測定(CGM)、フラッシュグルコースモニタリング(FGM)を入院及び外来で行っております。
  • 適応があると判断した糖尿病患者にはインスリンポンプも行っております。

診療実績

1)外来診療実績(各年毎に集計)

初診外来患者数
  2018年 2019年 2020年
総人数 - 1,645 1,425
主な内分泌疾患
  2018年 2019年 2020年
下垂体疾患      
 先端巨大症 4 2 2
 クッシング病 2 1 1
 プロラクチノーマ 9 5 2
 TSH産生下垂体腺腫 - - 1
 下垂体腫瘍
 (非機能性・ラトケ嚢胞・頭蓋咽頭腫など)
7 7 8
 下垂体機能低下症
 (ACTH除く単独・複合型欠損症など)
19 22 7
 ACTH単独欠損症 7 4 2
 リンパ球性下垂体炎 1 1 1
 中枢性尿崩症 2 5 5
 ADH不適切分泌症候群 3 5 3
 異所性ACTH産生症候群 - 1 0
甲状腺疾患      
 バセドウ病 146 161 120
 無痛性甲状腺炎 24 32 18
 亜急性甲状腺炎 22 22 11
 中毒性結節性甲状腺腫 4 1 5
 妊娠性甲状腺機能亢進症 - 4 3
 橋本病 102 86 69
 原発性甲状腺機能低下症
 (甲状腺全摘出/アイソトープ治療後・薬剤性など)
40 31 45
 潜在性甲状腺機能異常 24 12 14
 甲状腺腫瘍
 (良性・悪性・のう胞・腺腫様腺腫)
120 105 95
 単純性甲状腺腫 2 3 0
副甲状腺疾患      
 原発性副甲状腺機能亢進症 25 28 23
 低カルシウム尿性高カルシウム血症 - 5 1
 副甲状腺機能低下症
 (特発性・偽性など)
3 2 5
 FGF23関連低リン血症性骨軟化症 - - 3
 ビタミンD欠乏症 6 3 0
副腎疾患      
 原発性アルドステロン症
 (高アルドステロン血症含む)
82 152 136
 クッシング症候群(サブクリニカル含む) 6 12 11
 両側副腎皮質過形成(AIMAH・PPNAD) 0 3 0
 褐色細胞腫 5 5 1
 副腎腫瘍(偶発腫含む) 29 33 35
 副腎皮質癌 1 1 0
 腎血管性高血圧症 1 0 0
 原発性副腎皮質機能低下症
 (アジソン病・先天性副腎過形成・医原性など)
12 12 6
性腺疾患      
 クラインフェルター症候群 0 - -
 ターナー症候群 1 0 0
 多嚢胞性卵巣症候群 2 0 0
膵・消化管神経内分泌腫瘍      
 インスリノーマ 2 2 1
 ガストリノーマ 0 0 0
 その他の消化管ホルモン産生腫瘍
 (グルカゴノーマ・VIPoma・ソマトスタチノーマ)
1 0 0
 多発性内分泌腫瘍症 1 0 0
 免疫チェックポイント阻害薬による内分泌障害 - - 11
主な代謝疾患
  2018年 2019年 2020年
1型糖尿病 36 44 22
2型糖尿病 505 622 450
その他の糖尿病 20 17 12
妊娠糖尿病 75 61 66
耐糖能障害 19 9 12
糖尿病性ケトーシス 39 34 24
反応性低血糖症 - - 7
脂質異常症 30 36 27
家族性高コレステロール血症 4 7 2
高尿酸血症 0 4 2
単純性肥満 5 7 1
先天性代謝異常症 1 0 1
糖尿病教室受講者数
  2018年 2019年 2020年
外来糖尿病教室受講 - 69 34
入院中糖尿病教育プログラム参加 - 119 97
インスリンポンプ治療実績
  2018年 2019年 2020年
取扱い症例数 - 44 47

2)入院診療実績(各年毎に集計)

入院患者数
  2018年 2019年 2020年
総人数 490 447 360
主病名上位3位
  2018年 2019年 2020年
内分泌疾患      
 原発性アルドステロン症 34 18 18
 バセドウ病 15 25 12
 急性副腎不全 6 18 10
代謝疾患      
 2型糖尿病 153 240 168
 1型糖尿病 28 37 33
 糖尿病性ケトアシドーシス 20 17 12
併診      
 他科(眼科除く) 739 847 794
 内科 200 468 424

ご紹介時のお願い

  • 検査が終了して今後の治療方針が確定した方、病状が改善・安定した方には、適宜逆紹介、または近隣の医療機関への紹介を行っております。万一、そのような方々の病状が悪化した場合には、かかりつけの先生方から当科にご紹介いただければ、迅速に対応させていただきます。
  • 当院眼科も大変混雑しているため、糖尿病患者さんをご紹介いただく際には、予め近隣の眼科での受診をお願いしております。当院紹介時に事前に近医眼科受診を勧めていただき、眼底検査の結果を当日持参していただくようお願い申し上げます。
  • 血糖自己測定を導入している患者さんをご紹介いただく場合は、導入した機種名を診療情報提供書にご記載ください。
  • 貴院での血液尿検査、画像検査があれば、検査結果を診療情報提供書と併せてご提供ください。
  • 甲状腺疾患を除く内分泌疾患の精査の目的でご紹介いただく場合には、できるだけ受診当日は空腹(糖分を含まない水またはお茶は飲用可)で受診していただきますようご指導ください。

紹介用外来担当表(医療機関向け)

【紹介用】診療担当医一覧表(154KB)

ご受診を希望の方へ

当院は特定機能病院の承認医療機関です。受診には診療所・病院からの紹介による受診を原則としております。当院の受診を希望される場合は原則として、他の医療機関(かかりつけ医)からの紹介状が必要となります。
紹介状をお持ちでない初診の場合は、医療費とは別に初診時保険外併用療養費(自費)として5,500円(税込)をご負担いただきますのでご了承ください。
詳細につきましては「診療を受けられる皆様へ」をご覧ください。

また、当院を初めて受診する方は「初めて受診する方(初診の方)へ」をご参照ください。
他科に通院中で当科のご受診をご希望の方、お久しぶりの受診をご希望の方は「通院中・再診の方へ」をご参照ください。

外来担当表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
(第1・3・5)
内科専門外来(再診)
午前
  • 林 哲範
  • 土岐 卓也
  • 平井 法博
  • 鈴木 昴名
  • 星山 綾子
  • 松浦 里江
  • 清水 順也
  • 鈴木 陽彦
  • 小阪 満里絵
  • 高野 幸路
  • 守屋 達美
  • 藤嶋 伶
  • 川村 沙友希
  • 的場 健太
  • 市川 雷師
  • 鎌田 梨衣那
  • 下鑪 秀聡
  • 田口 朋
  • 正木 嗣人
  • 鎌田 裕二
 
内科専門外来(再診)
午後
  • 松原 まどか
  • 助川 知子
  • 土岐 卓也
  • 林 哲範
  • 清水 順也
  • 坂東 慧
  • 鈴木 陽彦
  • 星山 綾子
  • 高野 幸路
    (第1・2・3・5週)
  • 小田 慧
  • 高橋 倫子
  • 藤嶋 伶
  • 的場 健太
  • 市川 雷師
  • 宮塚 健
  • 伊東 しおり
  • 鎌田 裕二
  • 廣瀬 正俊
  • 田口 朋
  • 正木 嗣人
 

紹介用外来担当表(医療機関向け)

【紹介用】診療担当医一覧表(154KB)

医師一覧

医師名 職位・役職 専門分野 認定・専門医
医師 写真
宮塚 健
主任教授 内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医
高野 幸路 診療教授 内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
  • 日本内分泌学会専門医・指導医
医師 写真
鎌田 裕二
診療准教授
病棟主任
内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医
  • 日本内分泌学会専門医・指導医
医師 写真
市川 雷師
診療講師
外来主任
内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医
  • 日本内分泌学会専門医・指導医
医師 写真
林 哲範
診療講師
臨床検査医学
内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定医
  • 日本内分泌学会専門医・指導医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医
  • 日本病態栄養学会病態栄養専門医・指導医
医師 写真
土岐 卓也
助教(研究員)
総合診療部
内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
  • 日本内分泌学会専門医
正木 嗣人 助教(研究員) 内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本内分泌学会専門医・指導医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
医師 写真
鈴木 陽彦
助教(研究員) 内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
  • 日本内分泌学会専門医・指導医
星山 綾子 助教(病棟医) 内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本内分泌学会専門医・指導医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
田口 朋 助教(病棟医) 内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定医
  • 日本内分泌学会専門医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
的場 健太 助教(研究員)
臨床検査診断学
内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
小阪 満里絵 助教(研究員)
総合診療部
内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
松浦 里江 助教(病棟医)
総合診療部
内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
清水 順也 助教(病棟医) 内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定内科医
鈴木 昂名 助教(研究員) 内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定内科医
藤嶋  伶 助教(病棟医) 内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定内科医
小田  慧 助教(病棟医) 内分泌代謝内科全般
下鑪 秀聡 助教(病棟医) 内分泌代謝内科全般
広瀬 正俊 助教(病棟医) 内分泌代謝内科全般
伊東 しおり 助教(病棟医) 内分泌代謝内科全般
萩原 亘 助教(病棟医) 内分泌代謝内科全般
青木 汀 助教(病棟医) 内分泌代謝内科全般
守屋 達美 教授(健康管理センター) 内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医
  • 日本内分泌学会専門医・指導医
  • 日本腎臓学会腎臓専門医・指導医
  • 日本透析医学会専門医・指導医
  • 日本病態栄養学会病態栄養専門医
松原 まどか 助教(研究員)
(健康管理センター)
内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
平井 法博 非常勤 内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医・指導医
川村 沙友希 非常勤 内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
鎌田 梨衣那 非常勤 内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
  • 日本内分泌学会専門医
助川 知子 非常勤 内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本内分泌学会専門医
  • 日本糖尿病学会糖尿病専門医
坂東  慧 非常勤 内分泌代謝内科全般
  • 日本内科学会認定内科医

ページの先頭へ

Copyright © 2019- 北里大学病院. All Rights Reserved.