診療科・部門

精神神経科

ウェブサイト(このページは別ウィンドウで開きます。)

宮岡 等

科長
宮岡 等

北里大学病院精神神経科は、小児児童精神科と身体各科で治療を受けている患者さんの精神面の問題に対応するリエゾン精神科を担当しています。児童部門では、幼児から中学生までのお子さんの診察と治療をします。リエゾン部門では、内科や外科など身体科からの診療依頼を受け、入院・通院中の患者様の精神症状に対処するために診察と治療をします。それ以外の一般的な精神医療は、東病院精神神経科で行っています。

主な対象疾患

児童・思春期部門(15歳以下)

広汎性発達障害(自閉症・アスペルガー障害など)多動性障害、夜尿症、チック、トウレット症候群、不登校、学習障害、うつ状態、摂食障害(通院のみ)、強迫性障害、各種恐怖症、被虐待児などの患者さまが対象となります。

リエゾン・コンサルテーション部門(当院の各科に入院・通院中の方のみ)

他科入院・通院中に精神症状(抑うつ、不安、不眠、焦燥など)ないし心理的問題が出現した患者様、または精神障害の既往や向精神薬を服用中の患者様で当院他科へ入院・通院をされている方が対象となります。必要に応じて心理テスト、神経心理学的検査を行ないます。

ページの先頭へ

外来担当表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
(第1・3・5)
児童外来 生地 新 井上 勝夫※
神谷 俊介
  井上 勝夫
神谷 俊介
井上 勝夫 宮地 英雄
リエゾン外来 宮地 英雄 中村 元美 井上 朋子 三浦 祥子 轟 慶子

(第2・4)

 

医師名の後の※は、紹介担当医師です。

紹介用外来担当表(医療機関向け)

【紹介用】診療担当医一覧表PDFファイル

ページの先頭へ

特徴・特色

当科は主に児童・思春期の患者様と当院各科に入院または通院中の患者様で並行して精神科的な治療・相談などが必要な患者様を対象にしています。また、北里大学東病院精神神経疾患治療センターと連携する形で診療を行なっており、高校生以上で精神医学的な問題が中心の患者様は東病院で相談・診療を行う体制をとっています。

ページの先頭へ

病診連携行事

医師会との共催カンファレンス、東病院精神疾患治療センターで行なっている関係各所との共催研究会(精神神経科HPこのページは別ウィンドウで開きます。参照)など

ページの先頭へ

病診連携への取り組み

児童・思春期部門には県内外の精神科・小児科や児童青年期の各種相談所などからの紹介を積極的に受け入れ、検査・治療を行っています。また、転居される方には各地域の基準医療機関に逆紹介も可能です。

ページの先頭へ

紹介して頂く時の留意事項

北里大学病院精神神経科は小児のみで、完全予約制です。
上記の紹介用外来担当表(医療機関向け)をご覧ください。

児童・思春期部門:可能であれば母子手帳、家族構成、すでに服薬している薬物の詳細、各種療育センターや相談所での観察記録(ある場合のみ)などをご持参ください。すでに画像検査(CT、MRIなど)を行なっている場合には結果をご持参下さい。

ページの先頭へ

医師一覧

医師名 職位・役職 専門分野 認定・専門医
井上 勝夫 講師 児童精神医学 精神保健指定医
日本児童青年精神医学会認定医

前のページに戻るページの先頭へ