北里大学病院は、いつでもどんなときでも患者さんの安心と安全のお役に立てるよう活動を続けます。

北里大学病院

背景色
  • 白
  • 黄
  • 黒
文字サイズ
  • 標準
  • 大

English

消化器内科

科長写真

消化器疾患全般の診断治療に対応しており、高い評価をいただいております

科長草野 央

ウェブサイト

消化器内科は、上部消化管、下部消化管、肝臓、胆膵の4グループで構成されており、専門的かつ高度な診療を行っています。食道、胃、大腸癌に対する内視鏡切除、難治症例も含めた炎症性腸疾患に対する最適な治療選択、肝癌に対するラジオ波熱凝固療法・動脈塞栓術、良・悪性を問わない胆道・膵臓疾患に対する内視鏡治療、進行した悪性腫瘍に対する化学療法など、消化器領域疾患の全てに対応しています。また、消化器外科を始めとする他の診療科、看護部など他職種との緊密な連携により、患者さんにとって最良の医療を提供しております。

主な対象疾患

上部消化管疾患

胃癌、食道癌、十二指腸腫瘍などの消化管腫瘍、出血性胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの上部消化管出血、逆流性食道炎、ヘリコバクター感染胃炎、その他、診断・治療が困難な上部消化管疾患

下部消化管疾患

早期大腸癌、大腸ポリープ、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)、小腸疾患、下部消化管出血

肝臓疾患

急性肝炎(A型、B型、C型、E型)、劇症肝炎、慢性肝炎(B型肝炎、C型肝炎、PBC、AIH)、脂肪肝(NASHを含む)、肝硬変(食道静脈瘤、腹水、肝性脳症、脾腫)、肝癌(早期肝癌から進行性肝癌)

胆膵疾患

胆嚢炎・胆管炎、閉塞性黄疸、胆道結石(胆嚢、胆管、肝内結石)、十二指腸乳頭部腫瘍、胆道癌(胆嚢癌、胆管癌、肝内胆管癌)、急性・慢性膵炎、自己免疫性膵炎、膵腫瘍(膵癌、嚢胞性腫瘍、神経内分泌腫瘍など)

特徴・特色

当科では幅広い消化器疾患をすべてにおいて診療すべく、4つのグループ(上部消化管、下部消化管、胆膵、肝)に分けて、初診外来に担当者がおりますので、いつでも紹介、受診が可能です。

高度先進・特殊医療

上部消化管疾患

早期胃癌・食道癌・十二指腸腫瘍に対する内視鏡治療を積極的に行っております。特に内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は年間230例ほど行っております。また、進行胃癌・食道癌に対する抗癌剤治療も多数行っています。臨床試験(JCOGなど多施設共同研究)や治験なども積極的に行っております。

下部消化管疾患

  • 大型の大腸腫瘍に対して、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)を施行しています。
  • 炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)に対する血球成分除去療法や生物学的製剤、免疫調節剤などを使用した最先端の治療が可能で、新薬の治験等も行っています。
  • 小腸疾患に対するカプセル内視鏡やシングルバルーン小腸内視鏡検査も施行しており、内視鏡的止血術や腸管狭窄に対するバルーン拡張術も施行しています。

肝臓疾患

ウイルス性慢性肝炎に対する抗ウイルス療法(肝疾患連携拠点病院)、食道静脈瘤硬化療法・食道静脈瘤結紮術(門脈圧亢進症学会内視鏡認定施設)、腹部超音波関連:造影超音波施行件数(日本超音波学会指導医施設)、経皮的ラジオ波焼灼術、腹部血管造影検査:肝動脈塞栓術件数、バルーン閉塞下逆行性静脈瘤塞栓術(BRTO)

胆膵疾患

ERCP全般(内視鏡的胆道ドレナージや内視鏡的結石除去術、胆道下電気水圧衝撃波結石破砕術など)に加えて、High volume centerとして、他院での治療困難例の受け入れや、術後再建腸管に対するバルーン小腸鏡下ERCPも積極的に行っています。胆膵疾患に対するEUS診断のみならず、EUS-FNAによる病理検体の採取やEUS下瘻孔形成術による胆管・膵管ドレナージ、重症膵炎後の経消化管壊死物質除去術などのInterventional EUSも多数行っています。また、膵癌の高危険群を設定し、注意深く経過観察することによる膵癌の早期発見に取り組んでいます(北里大学病院および関連病院による膵がん早期診断プロジェクト、KPSP)。
化学療法では、進行胆膵癌に対する標準的治療だけでなく、JCOG参加医療施設の1つとして新規治療の提供や開発を積極的に行っています。

診療実績(2020年度)

内視鏡検査

上部内視鏡検査 9,260
下部内視鏡検査 4,131
ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影) 939
胆道鏡・膵管鏡 16
小腸鏡 72
カプセル内視鏡 24

超音波内視鏡検査

上部消化管・胆膵 768
下部消化管 80
IDUS(管腔内超音波内視鏡検査) 148
EUS-FNA(超音波内視鏡下穿刺吸引術) 296

内視鏡治療

上部消化管
ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術) 238
EMR(内視鏡的粘膜切除術) 19
APC(アルゴンプラズマ焼灼術) 26
PEG(経皮内視鏡的胃ろう造設術) 65
PTEG(経皮経食道胃管挿入術) 3
ブジー 177
ステント 56
胆膵
EBD/EMS
(内視鏡的胆管ドレナージ / メタリックステント留置術)
467
胆石除去 167
膵管ステント 106
ENBD(内視鏡的経鼻胆管ドレナージ) 136
経口胆道・膵管鏡 10
静脈瘤
EVL(内視鏡的静脈瘤結紮術) 57
EIS(内視鏡的静脈瘤硬化療法) 9
下部消化管
polypectomy(内視鏡的ポリープ切除術) 1,372
EMR(内視鏡的粘膜切除術) 468
ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術) 70
APC(アルゴンプラズマ焼灼術) 8
ブジー 31
ステント 17

止血術

上部消化管 162
下部消化管 57

肝疾患診断・治療

造影超音波検査 78
抗ウイルス療法 65
RFA(ラジオ波焼灼療法) 63
TACE(肝動脈塞栓化学療法) 139

化学療法

外来化学療法 4,387

ご紹介時のお願い

  • 来院当日に検査(採血・腹部超音波検査・CT検査・内視鏡検査等)を行う場合があります。朝食をとらずに空腹で来院して頂くようご案内ください。
  • 造影剤を用いた検査を行う場合がございますので、ヨードアレルギー、体内金属の有無、および肝・腎機能障害等の有無につき、ご教示ください。
  • 貴院で施行した画像所見や検査所見があれば、画像とレポート、検査結果を持参して頂いてください。
  • 内服薬について、処方内容がわかるように、薬手帳などご持参ください。

紹介用外来担当表(医療機関向け)

【紹介用】診療担当医一覧表(159KB)

北里大学病院および関連病院による膵がん早期診断プロジェクトについて

プロジェクトの趣旨について

膵がんは早期診断が難しく、発見時には外科手術が適応となる症例が約20%と少なく、残りの80%以上は化学療法を選択せざるを得ず、5年生存率は7~9%とされています。
今回の膵がん早期診断プロジェクトは、開業医さん等との地域連携を用いて膵がんリスクのある患者さんをご紹介頂き、紹介先病院で精密検査を行い、その結果に基づく診断、必要なフォローをさせて頂き、実施するものです。これにより地域の皆様に最適な膵がん診断・治療を提供し、ひいてはこの地域の膵癌の予後を改善出来ればと考えております。

膵がんのリスクファクター確認について

以下のリスクファクター(なりやすい要因)に該当する場合は、「膵がんリスクファクター確認票」にチェックのうえ、診療情報提供書と併せて消化器内科宛てにご紹介いただきますようお願いいたします。

1群:有症症状、臨床所見例
・膵癌が疑われる症状(腹痛、食欲不振、早期腹満感、黄疸、背部痛、体重減少など)
・腫瘍マーカー(CA19-9、DupanII、Span-Iなど)
・血中膵酵素(エラスターゼ、アミラーゼなど)
・検査所見
  膵管拡張(MPD≧3㎜)
  膵嚢胞
  膵腫瘍
  膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)膵癌リスク0.5~1.1%/年
 
2群:糖尿病例膵癌リスク2倍
・2型糖尿病新規発症5.38倍(1年以内)
・糖尿病コントロール不良
 
3群:リスクファクター(50歳以上で以下に該当する方)
・膵癌家族歴あり膵癌リスク4.5倍(1人)、6.4倍(2人)
・慢性膵炎6.9倍
・遺伝性膵炎40~87倍
・乳癌卵巣癌症候群(乳癌、卵巣癌の既往歴ある方)4.1~5.7倍
・ポイツ・ジェガーズ症候群132倍
・家族性多発母斑黒色腫症候群13~22倍
・リンチ症候群(遺伝性非ポリポーシス性大腸癌)8.6倍
・大腸腺種ポリポーシス4.4倍
・BMI 30以上の肥満3.5倍
・喫煙1.68倍
・大量飲酒アルコール37.5g1.22倍
・塩素化炭化水素暴露に関わる職業2.21倍

プロジェクト運用(患者さん紹介の手順)について

  • 「診療情報提供書」と「膵がんリスクファクター確認票」を同封の上、当院の消化器内科にご紹介ください。専門医の診察を経て精密検査(EUS・CT・MRI等)を施行いたします。
  • 精密検査において問題がないと診断された患者さんはご紹介元の先生にご報告、逆紹介をいたします。
  • 精密検査において要経過観察と診断した患者さんには、次回の再診予約を行うとともに紹介元の先生に検査所見等のご報告をいたします。
    その後の経過観察、再診検査時に置きましても、その際の定期検査の結果を、紹介元の先生にご報告する予定です。

ご受診を希望の方へ

当院は特定機能病院の承認医療機関です。受診には診療所・病院からの紹介による受診を原則としております。当院の受診を希望される場合は原則として、他の医療機関(かかりつけ医)からの紹介状が必要となります。
紹介状をお持ちでない初診の場合は、医療費とは別に初診時保険外併用療養費(自費)として5,500円(税込)をご負担いただきますのでご了承ください。
詳細につきましては「診療を受けられる皆様へ」をご覧ください。

また、当院を初めて受診する方は「初めて受診する方(初診の方)へ」をご参照ください。
他科に通院中で当科のご受診をご希望の方、お久しぶりの受診をご希望の方は「通院中・再診の方へ」をご参照ください。

外来担当表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
(第1・3・5)
内科専門外来(再診)
午前
岩井 知久
渡邉 晃識
黒須 貴浩
渋谷 明隆
田邉 聡
(初診)
日高 央
川岸 加奈
村上 匡人
(第2・4週)
長谷川 力也
奥脇 興介
木田 光広
石戸 謙次
中澤 貴秀
古江 康明
草野 央
日高 央
堅田 親利
奥脇 興介
川岸 加奈
田邉 聡
和田 拓也
窪田 幸介
魚嶋 晴紀
小林 清典
(初診)
岩崎 秀一郎
 
内科専門外来
(再診)
午後
田邉 聡
久保田 美和
横山 薫
魚嶋 晴紀
堅田 親利
長谷川 力也
日高 央
和田 拓也
和田 尚久
渡邉 晃識
渡辺 真郁
古江 康明
小林 清典
久保田美和
横山 薫
窪田 幸介
黒須 貴浩
岩崎 秀一郎
小林 清典
岩井 知久
別當 朋広
渡辺 真郁
金澤 潤
石戸 謙次
魚嶋 晴紀
和田 尚久
久保田 陽
別當 朋広
金澤 潤
 

紹介用外来担当表(医療機関向け)

【紹介用】診療担当医一覧表(159KB)

医師一覧

医師名 職位・役職 専門分野 認定・専門医
医師 写真
草野 央
主任教授 内視鏡治療(消化管腫瘍)
消化管疾患全般
  • 日本外科学会認定登録医
  • 日本消化器病学会指導医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本消化管学会指導医
  • 日本ヘリコバクター学会 H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
医師 写真
田邉 聡
教授(新世紀医療開発センタ―先端医療領域開発部門低侵襲光学治療学)
副院長(医療支援・渉外担当)
消化器センター長
消化器癌の内視鏡治療
消化管出血の内視鏡的治療
消化器癌化学療法
消化管運動機能
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会指導医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本消化管学会胃腸科指導医
  • 日本食道学会食道科認定医
  • 日本ヘリコバクター学会 H.pylori(ピロリ菌)感染症認定医
  • 日本医師会認定産業医
医師 写真
木田 光広
教授(北里メディカルセンター) 内視鏡治療(胆膵)
胆膵疾患治療
化学療法
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会指導医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本胆道学会指導医
  • 日本超音波学会指導医
  • 日本膵臓学会指導医
医師 写真
小林 清典
教授(新世紀医療開発センター横断的医療領域開発部門)
内視鏡センター長
大腸腫瘍と炎症性腸疾患の診断・治療
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会指導医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本大腸肛門病学会指導医
  • 人間ドック健診指導医
  • 日本医師会認定産業医
日高 央
日高 央
診療教授
消化器センター内科部門主任
門脈圧亢進症
肝画像診断
肝癌治療
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本肝臓学会指導医
  • 日本がん治療認定医機構指導医
  • 日本超音波医学会指導医
  • 日本門脈圧亢進症学会専門医
  • 日本医師会認定産業医
久保田 美和 診療准教授
臨床研修センター副センター長
内視鏡センター副センター長
大腸腫瘍と炎症性腸疾患の診断・治療
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会指導医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本大腸肛門病学会指導医
  • 日本医師会認定産業医
横山 薫 講師
外来主任
炎症性腸疾患の診断・治療
小腸疾患の診断・治療
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会指導医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本消化管学会胃腸科指導医
  • 日本大腸肛門病学会指導医
  • 日本医師会認定産業医
堅田 親利
堅田 親利
講師
病棟主任
食道癌
頭頸部癌
消化器癌一般
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本がん治療認定医機構指導医
  • 日本医師会認定産業医
岩井 知久 講師 内視鏡治療(胆膵)
胆膵疾患治療
化学療法
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本膵臓学会認定指導医
  • 日本胆道学会指導医
石戸 謙次 講師 内視鏡治療(胃・食道)
化学療法
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構認定医
  • 日本医師会認定産業医
奥脇 興介 講師 内視鏡治療(胆膵)
胆膵疾患治療
化学療法
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器内視鏡学会指導医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本膵臓学会認定指導医
  • 日本胆道学会指導医
  • 日本がん治療認定医機構認定医
魚嶋 晴紀 講師 肝癌及び肝硬変の治療
肝画像診断
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医
渡辺 晃識 診療講師 内視鏡治療(胃・食道)
化学療法
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
  • 日本医師会産業医
窪田 幸介 診療講師 肝癌及び肝硬変の治療、肝画像診断
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本肝臓学会専門医
長谷川 力也 診療講師 内視鏡治療(胆膵)
胆膵疾患治療
化学療法
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
別當 朋広 診療講師 小腸・大腸疾患の診断・治療
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本医師会産業医
川岸 加奈 助教/研究員 小腸・大腸疾患の診断・治療
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
和田 拓也 助教/研究員 内視鏡治療(胃・食道)、化学療法
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本ヘリコバクター学会H-Pylori感染症認定医
古江 康明 助教/研究員 内視鏡治療(胃・食道)
化学療法
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構認定医
和田 尚久 助教/研究員 肝癌及び肝硬変の治療
肝画像診断
  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本消化器病学会専門医
黒須 貴浩 助教/研究員 内視鏡治療(胆膵)
胆膵疾患治療
化学療法
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
渡辺 真郁 助教/研究員 内視鏡治療(胆膵)
胆膵疾患治療
化学療法
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本がん治療認定医機構認定医
岩﨑 秀一郎 助教/研究員 肝癌及び肝硬変の治療
肝画像診断
  • 日本内科学会認定医
金澤 潤 助教/研究員 小腸・大腸疾患の診断・治療
  • 日本内科学会認定医
久保田 陽 非常勤医師 内視鏡治療(胃・食道)
化学療法
  • 日本内科学会認定医
  • 日本消化器病学会専門医
  • 日本消化器内視鏡学会専門医

ページの先頭へ

Copyright © 2019- 北里大学病院. All Rights Reserved.