診療科・部門

小児外科

ウェブサイト(このページは別ウィンドウで開きます。)

田中 潔

科長
田中 潔

子どもは身体、精神とも発達過程にあり体格、生理機能も大人とは全く異なります。「小児は成人のミニチュアではない」といわれるゆえんです。また、小児外科疾患の多くは小児特有の疾患であり、小児外科特有の診断、治療を行います。さらに、その治療は患児のその後の数十年にわたるQOLを考慮したものでなくてはなりません。そこで小児の特性を熟知した小児外科医が診療に当たります。北里大学病院小児外科は、その医療圏において小児外科医が専従している唯一の施設として、すべての小児外科疾患に対応しています。これからも、子どもにやさしい外科をモットーに努力を続けていく所存です。

主な対象疾患

  • 頭頸部疾患:正中頸嚢胞,側頸嚢胞,梨状窩瘻
  • 呼吸器・胸壁・横隔膜疾患:嚢胞性肺疾患,肺分画症,漏斗胸,先天性横隔膜ヘルニア,横隔膜弛緩症,食道裂孔ヘルニア
  • 消化管疾患:先天性食道閉鎖症,先天性食道狭窄症,胃食道逆流症,胃軸捻転症,新生児胃破裂,肥厚性幽門狭窄症,先天性十二指腸閉鎖症,先天性小腸閉鎖症,腸回転異常症,胎便性腹膜炎,ヒルシュスプルング病,胎便関連腸閉塞症,壊死性腸炎,消化管穿孔,消化管重複症,メッケル憩室,臍腸管遺残,急性虫垂炎,腸重積症,炎症性腸疾患,内へルニア,直腸肛門奇形(鎖肛),消化管出血,消化管ポリープ,慢性便秘症,痔瘻
  • 肝・胆道・膵・脾臓疾患:胆道閉鎖症,先天性胆道拡張症,胆石症,門脈圧亢進症,膵形成異常
  • 腹壁疾患:鼠径ヘルニア,臍ヘルニア,陰嚢水腫,臍帯ヘルニア,腹壁破裂,総排泄腔外反症
  • 泌尿生殖器疾患:停留精巣,尿膜管遺残,卵巣嚢腫,総排泄腔遺残
  • 異物,外傷
  • 良性・悪性腫瘍:リンパ管腫,血管腫,神経芽腫,腎芽腫(ウイルムス腫瘍),肝芽腫,横紋筋肉腫,奇形腫群腫瘍

内視鏡手術を行っている疾患・手術

漏斗鏡(Nuss法),胃食道逆流症,胃軸捻転症,ヒルシュスプルング病,急性虫垂炎,直腸肛門奇形(高位型),胆嚢摘出術,脾臓摘出術 など

ページの先頭へ

外来担当表

  月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
(第1・3・5)
初診午前 武田 憲子   山本 裕輝   田中 潔  
午後 武田 憲子   山本 裕輝   田中 潔  

紹介用外来担当表(医療機関向け)

【紹介用】診療担当医一覧表PDFファイル

ページの先頭へ

特徴・特色

  • 日本小児外科学会認定施設に認定されています。日本小児外科学会指導医、小児外科専門医が診療に従事しています。
  • 周産母子成育医療センターの一部門として、小児科、産科などと密に連携を持ちながら診療しています。
  • 新生児集中治療室(NICU)、小児集中治療室(PICU)を有し、低出生体重児、重症新生児、重症患児の集中治療管理を行っています。
  • 小児外科疾患を持ちながら成人となった方まで幅広く診療しています。
  • 内視鏡手術や臍部小切開手術など、低侵襲で整容性に優れる手術を積極的に行っています。
  • 緊急疾患に対応しています。

ページの先頭へ

医師一覧

医師名 職位・役職 専門分野 認定・専門医
田中 潔 教授 小児外科 日本外科学会指導医・専門医
日本小児外科学会指導医・専門医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
小児がん認定外科医
PALS provider
武田 憲子 助教 小児外科 日本外科学会指導医・専門医
日本小児外科学会専門医
PALS provider
山本 裕輝 助教 小児外科 日本外科学会専門医
日本小児外科学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
小児がん認定外科医
PALS provider

ページの先頭へ

前のページに戻るページの先頭へ