臨床研修 募集 後期研修 レジデント

北里大学メディカルセンター

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

臨床研修医募集

トップ 医療関係者の方へ 初期臨床研修医募集臨床研修医募集

病院長あいさつ

臨床研修医 募集について

 北里大学メディカルセンターは北里柴三郎先生の精神のもと、地域の皆様に安心安全な医療をご提供出来るよう、医師・看護師・メディカルスタッフそして事務が連携しチーム医療を実践しています。医学部の教育病院として卒前卒後教育を行い、社会に貢献できる医師を育成します。そのためにも地域医療支援病院の特性を活かし、プライマリケアから高度医療まで多岐に渡る医療の最前線を学べる場として技術習得だけでなく患者の目線に立った医療を提供できる医師の養成に努めます。「地域医療を追究し学べる病院」として、安心して研修出来る環境を整え、当院で学ぶ臨床研修が、将来、優れた医師となる基となるよう病院を挙げてサポートしていきます。躍動感みなぎる、弾けるような、エネルギッシュな若者を求めています。


病院長 廣瀬 隆一


  • ページトップへ

指導医よりひとこと

プライマリケアを学ぶ

 大学病院か市中病院か、研修先を選ぶ時、まず誰もが最初に悩みます。大学病院は多数の専門医が最先端医療を実践する場として魅力がありますし、市中病院はプライマリケアを中心に多くの症例を経験できる場所です。しかし大学病院の研修医は何十人もいて、その中に埋没してしまう人もでるかもしれませんし、市中病院は習うより慣れろ、つまり野戦病院的で即戦力を要求され、必ずしもすべての研修医に合うとは限りません。当院は大学の付属病院ではありますが、地域の中核病院として総合診療やプライマリケアに力を入れています。また大学病院である利点を生かして後期研修医、専門医、医学博士号取得など医師として将来のキャリア形成を描きやすい病院でもあります。私たちは大学病院と市中病院の両方の良い部分を取り入れ、研修医一人一人のペースに合わせた高いレベルの臨床研修を目標にしています。病院見学は随時実施していますので、まずは是非一度見学に来て下さい。


臨床研修指導医(内科) 長場 泰


  • ページトップへ

募集要項

病院概要

病院名 北里大学メディカルセンター
開設者 学校法人北里研究所 理事長 藤井 清孝
病院長 廣瀬 隆一
住 所 埼玉県北本市荒井6丁目100番地
電 話 048−593-1212
ファックス 048−593-1239
ホームページ http://www.kitasato-u.ac.jp/kmc-hp/
臨床研修指定
病院番号
031120
指定基準 基幹型臨床研修病院
(協力型相当大学病院:北里大学病院、北里大学東病院、北里大学北里研究所病院)
(協力型臨床研修病院:埼玉県済生会鴻巣病院 東京ベイ浦安市川医療センター)
(臨床研修協力施設:渡辺医院 サンビレッジクリニック鴻巣)

診療内容

  1. 病院理念

 「事を処してパイオニアたれ、人に交わって恩を思え、そして叡智をもって実学の人として、不撓不屈の精神を貫け」北里 柴三郎
この精神を尊び、常に研鑽に励み、診療・教育・研究等の諸活動に真摯に取り組み、真心をもって皆様に接します。

  1. 基本方針
  1. 地域医療の中核病院として、高度で良質、かつ、安全な医療の提供に努めるとともに、他の医療施設等と連携し地域医療の発展に寄与する。
  2. 医学教育機関として、個々の医療技術の向上、新しい医療技術の導入、研究活動を推進するとともに、次代を担う医療従事者の育成に努める。
  3. 患者の目線に立った療養環境の整備に努め、患者・家族等とのより良い信頼関係のもとで心のこもった診療、看護、チーム医療及び予防医学を実践する。
  4. 災害拠点病院として、組織的で迅速な災害医療支援に努める。
  5. 常に最適な医療を提供できる体制を整備していくための財政基盤の確立に努める。
  1. 診療科 29科

 内科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科、内分泌・代謝内科、膠原病・感染内科、腫瘍内科、精神科、小児科、外科、消化器外科、呼吸器外科、乳腺外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、放射線科、リハビリテーション科、麻酔科、内視鏡科、救急科、総合診療科

  1. 患者数(平成26年度実績)
外 来 入 院 救急外来
年間患者数 200,720人 87,015人 7,612人
1日平均患者数 750.4人 243.7人 20.9人

  1. 平成26年度の分娩数 522件
  1. 救急医療の提供実績
  1. 医療計画上の位置づけ 二次救急
  2. 救急専用診察室の有無 有り
  3. 救急医療を行う診療科 全科(但し、眼科、耳鼻咽喉科を除く)
  4. 救急車搬送患者数 3,329名(平成26年度延数)
  5. 1日平均 9.1名

研修医当直

  1. 回数  月平均 3〜4回(当直手当 有り)
  2. 当直時の勤務体制 当直医3名(研修医を含みません)

教育体制

  1. プログラム責任者 坂東 由紀 副院長(教育担当)
  1. プログラムの特徴

(1)臨床研修医が2年間に習得する必要のある「臨床研修の到達目標」を満たすとともに、別に各診療科の臨床研修の到達目標を定め研修医による自己評価と指導医による評価を行い適切、かつ、良質な研修を提供できるよう配慮している。また、少人数制による密度の高い指導体制を敷いている。

(2)専門分化した医療技術を習得する前段階として、全人的な初期治療のできる臨床医を育成することを目標としている。特にプライマリ・ケアに重きを置くとともに、救急医療疾患に広く対処できるよう、また、法人の取り組みとしてのチーム医療教育にも配慮している。

(3)1年次の研修は、内科、麻酔科、救急科及び選択必修科目(外科、産婦人科、小児科、精神科のうち1科目)としている。
  2年次の研修は、総合内科系コース及び外科系コースの2コースからの選択としており、両コースとも自由選択枠がある。自由選択枠は、将来の専攻等を考慮し診療科及び研修先を各自で組み立てることができる。


プログラムの概要

<1年次>
  総合内科から始まり各領域をローテーションする。基本的手技の取得と診断及び治療を研修する。
  救急科においては、一次・二次救急患者の初期治療を学ぶ。(北里大学メディカルセンター又は、北里大学病院にて研修)
  麻酔科においては、全身管理とチーム医療実践のためのコミュニケーション能力を養う。
  ※選択必修(外科、産婦人科、小児科、精神科のうち1科目)
  精神科を選択した場合は、北里大学東病院又は埼玉県済生会鴻巣病院で研修を行う。

内 科 救急科 麻酔科 選択必修
6ヶ月 3ヶ月 2ヶ月 1ヶ月

<2年次>
  地域の病院・診療所などを後方支援するという域医療支援病院の設置趣旨に沿い、その役割を理解し地域の疾病動向を勘案しつつ研修する。また、災害拠点病院として初期救急医療と傷病者の受け入れ、搬出を行う広域搬送への対応等を研修する。

<1>総合内科系コース

内 科 自由選択枠 地域医療
5ヶ月 6ヶ月 1ヶ月

<2>外科系コース

外 科 自由選択枠 救急科 地域医療
5ヶ月 5ヶ月 1ヶ月 1ヶ月

  ※1.外科コースの救急科については、東京ベイ浦安市川医療センターにて研修を行う。
  ※2.自由選択枠(5ヶ月)における研修については、当院を含め北里大学病院、北里大学東病院、北里大学北里研究所病院及び東京ベイ浦安市川医療センターの各診療科おいて原則として1ヶ月単位で選択することができる。

  1. 図書室

有り (国内図書:597冊 海外図書:33冊
国内雑誌:63種類 海外雑誌:8種類)

  1. インターネット利用環境 利用可 利用可能場所:各部署
  1. 学会、研究会への参加費用 支給 有り

病院見学

  1. 実施時期 常時
  1. 申込・問い合わせ先

北里大学メディカルセンター 教務課
電話:048−593-1212 FAX:048−593-1239


研修医募集人数

  1. 募集予定人数 5名
  1. 募集資格 平成27年度医師免許取得見込の者、又は取得者

処遇

  1. 給与

1年次 月額 29万円(基本給+手当、当直3回/月の場合) 賞与20万円/年 年収368万円
2年次 月額 34万円(基本給+手当、当直3回/月の場合) 賞与40万円/年 年収448万円

  1. 社会保険等 私学共済保険、私学共済年金、雇用保険、労災保険
  1. 医師自賠責 病院自体の加入:有り 個人加入:強制
  1. 住宅 有り(病院敷地内)

応募方法・試験概要


ご送付いただいた個人情報(履歴書等)に関する取扱い

 ご提出いただいた個人情報(履歴書等)については、合否判定までの連絡、合否判定の資料として使用させていただき、ご返却致しませんので予めご了承下さい。
  なお、個人情報に関して、当院では個人情報保護法を遵守し、適正な取扱いを行います。


  • ページトップへ