臨床研修センターからお知らせ

以下のタブで「初期研修」または「専攻医研修(後期)」を選択してください。

初期研修

病院長あいさつ

北里大学メディカルセンターは北里柴三郎先生の精神のもと、地域の皆様に安心安全な医療をご提供出来るよう、医師・看護師・メディカルスタッフそして事務が連携しチーム医療を実践しています。医学部の教育病院として卒前卒後教育を行い、社会に貢献できる医師を育成します。そのためにも地域医療支援病院の特性を活かし、プライマリケアから高度医療まで多岐に渡る医療の最前線を学べる場として技術習得だけでなく患者の目線に立った医療を提供できる医師の養成に努めます。「地域医療を追究し学べる病院」として、安心して研修出来る環境を整え、当院で学ぶ臨床研修が、将来、優れた医師となる基となるよう病院を挙げてサポートしていきます。躍動感みなぎる、弾けるような、エネルギッシュな若者を求めています。
病院長 佐藤 之俊

指導医よりひとこと

プライマリケアを学ぶ

大学病院か市中病院か、研修先を選ぶ時、まず誰もが最初に悩みます。大学病院は多数の専門医が最先端医療を実践する場として魅力がありますし、市中病院はプライマリケアを中心に多くの症例を経験できる場所です。しかし大学病院の研修医は何十人もいて、その中に埋没してしまう人もでるかもしれませんし、市中病院は習うより慣れろ、つまり野戦病院的で即戦力を要求され、必ずしもすべての研修医に合うとは限りません。当院は大学の付属病院ではありますが、地域の中核病院として総合診療やプライマリケアに力を入れています。また大学病院である利点を生かして後期研修医、専門医、医学博士号取得など医師として将来のキャリア形成を描きやすい病院でもあります。私たちは大学病院と市中病院の両方の良い部分を取り入れ、研修医一人一人のペースに合わせた高いレベルの臨床研修を目標にしています。病院見学は随時実施していますので、まずは是非一度見学に来て下さい。
臨床研修センター長(内科指導医) 長場 泰

先輩研修医の声

当院は埼玉県北本市に位置し、県央部の中核病院として機能しています。400床弱と病院としては中規模でありますが、研修医が習得すべき内科的・外科的手技をほぼ全て習得する機会がありますし、診断から治療までのプロセスを上級医の指導のもと自分で考えて実行することが可能で、より実践的な研修を行うことができます。

研修病院の選択においては、学生時代から不安や期待といった様々な思いを抱いていると思いますが、私が当院で初期研修を開始した当時、私には0歳の息子がおり「研修と育児の両立」が果たして可能なのかという少々特殊な悩みを抱えておりました。結果から言いますと、私は病院の理解とサポートのもと多くを学び、無理なく研修を修了することができました。当院の門は様々な背景を持つ研修医に開かれています。ぜひ一度当院を研修病院の候補として考えていただければと思います。
Y.Kさん 卒業校:名古屋大学

研修プログラム

教育体制


プログラム責任者 長場 泰 臨床研修センター長(腎臓内科部長)
図書室:あり
インターネット利用環境:あり
症例報告等の学会参加費費用の補助:あり
その他、各診療科症例検討会、研修医向け勉強会を適宜開催しております。

プログラムの特徴


(1)臨床研修医が2年間に習得する必要のある「臨床研修の到達目標」を満たすとともに、別に各診療科の臨床研修の到達目標を定め研修医による自己評価と指導医による評価を行い適切、かつ、良質な研修を提供できるよう配慮している。また、少人数制による密度の高い指導体制を敷いている。

(2)専門分化した医療技術を習得する前段階として、全人的な初期治療のできる臨床医を育成することを目標としている。特にプライマリ・ケアに重きを置くとともに、救急医療疾患に広く対処できるよう、また、法人の取り組みとしてのチーム医療教育にも配慮している。

(3)1年次の研修は、内科(外来研修を含む)、麻酔科、救急科及び必修科目(外科、産婦人科、小児科、精神科)の内、3科としている。
2年次の研修は、1年次に研修出来なかった必修科目の1科と地域研修を研修する他は、自由選択枠として研修を行う。自由選択枠は、将来の専攻等を考慮し診療科及び研修先を各自で組み立てることができる。

プログラムの概要

1年次

内科の各領域をローテーションする。基本的手技の取得と診断及び治療を研修する。外来研修は総合内科にて集中して研修を行う。
救急科においては、一次・二次救急患者の初期治療を学ぶ。(北里大学メディカルセンター又は、北里大学病院にて研修)
麻酔科においては、全身管理とチーム医療実践のためのコミュニケーション能力を養う。
外科、産婦人科、小児科、精神科の必修科目については、3科を選択し研修を行う。
精神科を選択した場合は、北里大学病院又は埼玉県済生会鴻巣病院で研修を行う。
臨床研修(加工済)

1598616740727

2年次

地域の病院・診療所などを後方支援するという域医療支援病院の設置趣旨に沿い、その役割を理解し地域の疾病動向を勘案しつつ研修する。また、災害拠点病院として初期救急医療と傷病者の受け入れ、搬出を行う広域搬送への対応等を研修する。

1598616739240

年次報告

【令和3年4月1日開始分】
2021年度プログラム
様式10(年次報告書)
様式10別表(病院群の構成)
様式10別紙1(研修管理委員会名簿と開催回数)
様式10別紙2(患者数・研修医数)
様式10別紙3(プログラム概要)
様式10別紙4(指導医名簿)

専攻医研修(後期)

 北里大学メディカルセンターでは専攻医(後期研修医)を募集しています。当院の初期研修プログラムから引き続き専門研修へ進むことはもちろん可能ですし、他院で初期研修を修了し専門医取得を目指す医師も大歓迎です。専門研修プログラムは希望する診療科によりプログラム内容、研修期間などが異なりますので、まずは自分の希望する診療科の専門医制度をよく調べたうえで、研修先を選んでください。
 当院に専攻医として勤務するには、
①北里大学メディカセンター各診療科の専攻医に応募する。
②北里大学病院などの専攻医となり連携施設である当院へ勤務する。
という2つの方法があります。2022年度、当院に勤務する専攻医(医師3-7年目)は計23名おり、4名が①の当院の専門研修プログラム。19名が②の北里大学病院、埼玉医大など連携プログラムの医師です。現在、当院独自の専攻医募集は4診療科(内科、整形外科、泌尿器科、麻酔科)にて行っていますが、他の診療科を希望する場合でも、連携プログラムを利用することで、ほぼ全ての診療科の専門研修が可能です。(連携プログラムの場合、当院での勤務は研修期間中6か月から2年)また、当院の専攻医となった場合でも、大学病院の分院である強みを生かし、学位(医学博士)取得や基本領域専門医取得後のサブスぺ取得へもスムーズにつなげることができます。
 当院の各診療科の専門研修プログラム詳細につきましては下のリンクからご覧ください。病院見学は、通年で特に制限なく行っておりますので、興味がある方はぜひ見学にお越しください。