過去の病院内行事

トップ 病院のご案内 その他イベント過去の病院内行事

開催日時 テ ー マ 講師名
平成27年11月14日(土)

第5回整形外科公開市民講座 in 熊谷は大盛況でした!
「高齢者に多いひざの痛み 〜変形性ひざ関節症の治療について〜」をテーマに開催されました。
ひざに痛みがある中高年齢の方々を対象に変形性ひざ関節症のメカニズムと治療方法についてわかりやすく解説!熱気に包まれたひとときとなりました!
みなさまのお近くで講演する機会をこれからも作って参りますので、どうかご期待ください!!


 
整形外科
総務課
平成27年10月7日(水)

「体のスマート・エイジング in 川田谷」開講しました!
第3回目となる今回「体のスマート・エイジング」と名前を新たにし、北本市のお隣、桶川市は川田谷公民館で開催し、熱い議論が交わされました。
 

整形外科
総務課
平成27年6/7月

ついにこの日が来るとは・・!数々の難工事を経て、相模原と高尾山の圏央道未開通区間がついに開通しました!北本ってどこ?下りるインター間違えた!何て心配は無用。当分のあいだ桶川北本インターは終点です。

事務部他

平成27年6月

今年4月から当院と相模原地区を結ぶシャトル便が運行中であることはこの欄でご報告済み。では、何が新しいのか・・!?  じつは、この6月から専用シャトルバスが走り始めました。

事務部他

平成27年4月

当院と相模原地区の北里大学施設は隣どうし!? じつは、両キャンパスをつなぐシャトルバスが走り始めました。
職員専用なのですが、両キャンパスの長い道のりをベテランプロドライバーが担当。職員は余裕を持って業務に専念できるというわけです。

事務部他

平成27年3月14日(土)

市民公開講座「高齢者に多いひざの痛み」 in 加須が開催されました!!
「変形性ひざ関節症の治療」について講演がおこなわれ、多数のご参加をいただきました。
これからも、積極的に出張講演会を開催します!!何卒宜しくお願い申し上げます。
 

整形外科
総務課
平成27年3月7日(土)

「整形外科からみたアンチエイジング」講座 in 中丸公民館が開催されました!!
「骨と筋肉の重要性」、「アンチエイジングに効く簡単な運動」、「万が一、骨折してしまったら」をテーマに、2回目の出張講演でした。
今後、みなさまのお住まいの近くで開催されるかもしれません。これからも何卒宜しくお願い申し上げます。
 

整形外科
総務課
平成26年11月15日(土)
「糖尿病フェア」大盛況でした!
「糖尿病の正しい知識があなたを守る!」をテーマに講演を3題、医師や看護師等のメディカルスタッフによる相談・体験コーナーを行いました。100人以上の方にご来場頂きました!ありがとうございました!

内分泌・代謝内科
看護部
薬剤部
栄養科
リハビリセンター
検査部
平成26年11月13日(木)
総合防災訓練を実施しました。
つい先日の地震の記憶が蘇る今日この頃。いつ襲ってくるか分からない災害。本当に恐ろしい。だからこそ、普段の準備・訓練が肝要です。
大地震、その後火災が発生したとの想定で訓練を実施しました。北本消防署からも精鋭が駆けつけ、何と6階から患者さん(訓練なのでダミー!)を救助するという、臨場感あふれる訓練です。
被害状況を報告します! 情報班は被害状況をまとめます 病棟の患者さんの避難を急げ! 担架で避難 消防隊に引き継ぎです!

当院にDMAT(災害医療支援チーム)が備わっていることをお忘れなく。症状の重さによって患者さんの診療担当を振り分ける「トリアージ」という作業を行い、手当を実施。

気管挿管し、呼吸を維持せよ! 心肺蘇生開始!
地域の頼れる病院として、ますます磨きをかけてまいります。
(災害医療支援チーム「DMAT」のページはこちらをクリックしてください)

平成26年11月1日(土)
北本まつりが開催されました!
雨にもかかわらずとても「あつい」宵祭りでした。もし来年機会があったらいかがでしょう?
生憎の雨・・ いろいろな山車! 北本のねぷた いろいろな地区から 宴の後・・なかなかオツです


平成26年10月1日(水)
夜間防災訓練を実施しました
いつ襲ってくるか分からない災害。特に、夜に地震が襲おうものなら・・!
ビクビクばかりしていられません!夜間大地震が起こり、その後火災が発生したとの想定で平成26年10月1日に訓練を実施しました。夜間ですから、スタッフ人数は限られています。
まだ余裕の表情 自衛消防隊、出動! 患者さんの避難を急げ! 火を消せー! 担架で避難!焦らないで!
当院スタッフは瞬く間に担架を使って患者さんを搬送し、避難を完了。


平成26年9月23日(火・祝)
伊勢丹浦和店で「健康セミナー」を開催されました
埼玉県さいたま市の伊勢丹浦和店で健康セミナーが開催されました。認知症のケアや高齢者の膝の痛みについて、北里大学医学部教授でもある当院医師が分かりやすく解説。
また、同会場で9月29日(月)まで開催される「秋の大北海道展」にも出店し、北海道二海郡八雲町の北里大学獣医学部附属フィールドサイエンスセンター八雲牧場が生産した「北里八雲牛」の精肉、弁当、加工食品まで幅広く紹介されました。今後とも宜しくお願いします。


「八雲牛」とは?詳細はこちら八雲牧場ホームページへをご覧ください。
脳神経外科
整形外科
平成26年9月21日(日)

市民公開講座「変形性ひざ関節症と診断されたら」 in クレア鴻巣が開催されました!!
「病気の進行度と治療」について講演がおこなわれ、多数のご参加をいただきました。
今後、みなさまのお住まいの近くでの開催を鋭意企画中!!これからも何卒宜しくお願い申し上げます。
 

整形外科
総務課
平成26年9月6日(土)

「整形外科からみたアンチエイジング」講座 in 北本学習センターが開催されました!!
「骨と筋肉の重要性」、「アンチエイジングに効く簡単な運動」、「万が一、骨折してしまったら」をテーマに、病院を飛び出しての講演でした。
今後、みなさまのお住まいの近くで開催されるかもしれません。これからも何卒宜しくお願い申し上げます。
 

整形外科
総務課
平成26年8月

あのとんがり屋根の建物が・・新しくなりました!
先日リフォームを終えた「あすなろ」がついにお披露目となりました!
あいにくの天気でしたが、早くお知らせしたい一心で撮影を強行。いつまでも愛される、かわいらしい建物に変身です。
北里研究所広報某氏によると、法人4キャンパスにあるレストランの中でも「あすなろ」のおいしさはトップクラスとか・・ぜひご贔屓に!
あいにくの天気ですが・・ とんがり屋根
エントランスから

総務課
平成26年5月

看護の日にあわせ、新「ホトトギス」出現?!
看護の日俳壇は5/30まで公開中です
看護の日にあわせて俳句・短歌・川柳を募集したところ、多くの作品が寄せられました!明治の俳人・正岡子規らにより発刊された「ホトトギス」が復刻された!?、と言っても過言ではない力作の、ほんの一部をご紹介します。
【最優秀賞】毒舌の妻に支えられ今がある 通院生活はや十五年
【優秀賞】 通院の帰りの足の軽やかさ あの痛みはどこへやら先生のだいぶいいですよが良薬です
【しみる賞】 闘病に心のケアで道開く 我が病看護の心が身にしみる 闘病で傷ついた心に光り有り
  
5月12日は「看護の日」。実は、近年看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの誕生日(1820年5月12日)にちなんで制定されました。1965年から国際看護師協会(本部:ジュネーブ)は、この日を「国際看護師の日」に定めています。
21世紀の高齢社会を支えていくためには、看護の心、ケアの心、助け合いの心を、私たち一人一人が分かち合うことが必要です。こうした心を、老若男女を問わずだれもが育むきっかけとなるよう「看護の日」が1990年に制定されました。世界中で様々なイベントが行われています。

看護部
平成26年5月

病院内大移動!?いえいえ、リフレッシュ中なのです!
南館はオープンからしばらく経ち、汚れや傷みが隠せません・・ところが、「劇的ビ○○ーア○○ー」もビックリのリフォームが昨年から進行中です。今年は5B病棟がリフレッシュしました。
ぴかぴかの病室からの眺めには「なんということでしょう・・」と言わずにはいられません。
引越作業中のスタッフたち リフォームでピカピカ リフォームでピカピカ
麗しの眺め 麗しの眺め


平成26年3月22日(土)

「ひざ」市民公開講座 in 熊谷が開催されました!!
「高齢者に多いひざの痛み」をテーマに、またまた病院を飛び出しての講演でした(熊谷市商工会館)。
熱い議論が開催されました!これからも何卒宜しくお願い申し上げます。
 

                                 身体を動かして実践!

整形外科
総務課
平成26年3月8日(土)

永久医師が日本内科学会関東地方会奨励賞を受賞されました!
永久 太一医師が、先般開催された第604回日本内科学会関東地方会(平成26年3月8日開催)において「日本内科学会関東地方会奨励賞」を受賞されました。
  受賞演題名は「脊椎カリエス、結核性腸腰筋膿瘍を呈した透析患者の1例」です。

詳細はこちら(日本内科学会の関東地方会奨励賞関連ホームページに飛びます)をクリックして下さい!

内科

平成26年3月1日(日)

大阪に引き続き、鴻巣でも快挙!
当院職員の野本亜紀子選手(北里大アスリートクラブ所属)が、平成26年3月1日開催の「第32回鴻巣パンジーマラソン」に出場し、一般女子39歳以下(高校生以上)の部で完走者221名のうち、なんと優勝しました!パンジーマラソンは「全国ランニング100選」に選ばれ、県内外から多くのランナーが参加する人気大会です。

 優勝した野本選手       これが優勝メダルだ!
             優勝台に立つ野本選手                      これが優勝メダルです!

  • レースの詳細はこちら(鴻巣パンジーマラソンの公式ホームページに飛びます)をクリックして下さい

北里大アスリートクラブ

平成26年2月21日(金)

パネルディスカッション(討論会)が開催されました!!
「各部署での卒前教育の工夫」をテーマに、診療部医学生、放射線部、薬剤部、医事課における実習の創意工夫紹介に始まり、次世代教育に対する悩みや困った学生の対応方法、よりよい実習に向けての取り組みについて、発表と討議を行いました。

 109名が参加し、他部署で「教育」について考えるよい機会になったのではないかと思います。

 
                                事前にポスターで概要を把握し、いざ議論へ!

  
     緊張の面持ちのパネリストたち・・       議論も熱を帯びてきました!!

教育委員会
教務課
平成26年1月26日(日)

第33回大阪国際女子マラソンで大活躍です!!
当院職員(薬剤部主任)の野本亜紀子選手(北里大アスリートクラブ所属)が、「第33回大阪国際女子マラソン」に出場し、なんと59位!(完走者410名)という、3時間を切る好成績を残すことが出来ました。

 じつは、この出場の陰にこんなエピソードがあります。以下の文章は野本さんのフェイスブックから引用しました。

 力走する野本選手
  大阪の街を駆け抜けて

『明日は大阪国際女子マラソン!今、大阪に向かう新幹線の中です。久々にゆっくりな時。想うことを記してみます。
  三年前の大阪国際女子マラソンでは3時間00分41秒。初めての国際マラソンでスペシャルドリンクが何たるものか分からず、今思えば勢いで挑んだマラソンでした。 父と仲間が沿道伴走してくれたにも関わらず目標のサブスリー(フルマラソンで3時間のタイムを切ること)が叶えられず、悔し泣きした大会。次の名古屋国際で、と再挑戦を決めた大会二日前に東日本大震災が起きました。
  私になにができるだろう。
  仕事をしながら、走りながら悩みました。 そんな時に担当の末期がん患者さんに言われた言葉、「自分は走れないけど、自分が知っている人がテレビの向こうで頑張っているとワクワクするし元気をもらっているんだよ、ありがとう。」「あなたに自分の治療で起こること話すから、それを他の患者さんたちに活かして。それくらいしか自分にはできないから。」
  まず私は目の前の人たちのためにできることを考えようと思いました。よりよいがんの治療を、最後までその人らしく生きられるための栄養と緩和治療を、いざという時に役に立てるようDMAT入りを。
  自分なりに一生懸命駆け抜けてみました。・・・(中略)・・・あの時言葉をくれた患者さんたちにはもう会えません。でも明日、また走れるのはその方たちを含め、みなさんのおかげです。
  感謝の想いを込めて走りたいと思います。サブスリーにチャレンジ!いってきまーす☆』

  • レースの詳細はこちら(大阪国際女子マラソンのホームページに飛びます)をクリックして下さい

北里大アスリートクラブ

平成25年11月23日(土)
「ひざ」市民公開講座が開催されました!!
「高齢者に多いひざの痛み」をテーマに、病院を飛び出しての講演でした(エルミこうのすアネックス)。
これからもみなさまに喜ばれる企画をいたしますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

整形外科
総務課
平成25年11月16日(土)
「糖尿病フェア」大盛況でした!
「糖尿病、いつ知るの?今でしょ!」をテーマに、講演、エクササイズ(実演)、体験相談が実施されました。

内分泌・代謝内科
看護部
薬剤部
栄養科
リハビリセンター
検査部
平成25年11月12日(火)
「ロコモ予防教室」開催!
「ロコモ予防(転倒予防)教室」が開催されました!ご参加を誠にありがとうございました。
タイトル:ロコモ予防教室〜いつまでも活き活きと、若い人に負けない体力作り〜
開催時間:13:00〜14:30
整形外科
看護部
リハビリセンター
平成25年11月9日(土)
可愛い盲導犬たちが当院にやってきました!
北里大学では、農医連携の一環として獣医学部をはじめとしたさまざまな学部と連携して動物介在療法・動物介在活動の病院での実践を目指しております。このたび開催したイベントでは、日本盲導犬協会の皆様のご協力の基、ご来院される皆様へより活動内容を理解いただけるよう盲導犬たちとの“ふれあい”を通じて、無事盛況の内に終了することができました。

ご参加された皆様からも好評なお言葉をいただき、盲導犬たちも喜んでおりました!
ハイクくんもたくさんの子供たちに囲まれて大喜びでした!

イベントにご参加された皆様をはじめ、日本盲導犬協会の皆様、北里大学獣医学部の学生の皆様、病院スタッフの方々、このたびは誠にありがとうございました!
平成25年11月7日(木)
総合防災訓練は無事終了いたしました!
全病院的に実施する「総合防災訓練」は平成25年11月7日(木)に無事終了いたしました!今年は災害時の強い味方となるDMAT(災害医療支援チーム)が誕生し、この訓練でも大活躍です。大地震や火災が発生しても安全に対処するため、みな真剣に取り組んでいました。ご来院中のみなさま、ご理解・ご協力を誠にありがとうございました。

平成25年10月31日(木)
第11回地域医療支援病院運営委員会が開催!
  北足立郡市医師会の先生方や行政機関、消防本部の方々と当院の病院長・副院長等により、委員会規程や診療体制などについて、活発な意見が交わされました。本日の貴重なご意見は、今後の地域医療支援病院として、より良い医療の提供や病院の運営に役立ててまいります。
地域医療福祉支援センター
平成25年10月31日(木)
ガス コージェネレーションシステム稼働!
  ガスコージェネ・・??。実は、病院で発電しているのです。環境・経済性・省スペースと三拍子そろった、いいとこ取りしたエコな発電機です。

厳かな竣工式で病院長が受け取るのはなんとエンジン模型! 写真右のようなエンジンが収まっています。圧縮率に比べて膨張率が高く(普通は圧縮率と膨張率が同じ)、いっぱい仕事をしてくれるおかげで燃費に優れています。

さて、いよいよ運転開始です。病院長が点火のスイッチを押すと・・

ついに発電開始!災害にも強い、実に頼もしい発電システムです。工事に携わったみなさま、本当にお疲れさまでした!

平成25年10月31日(木)
「ひざ教室」大盛況のうちに閉幕です!

整形外科

リハビリテーションセンター
平成25年9月5日(木)
北足立郡市医師会の先生方との懇親会が開催されました。
大村記念館で北足立郡市医師会の先生方と、北里大学メディカルセンターの医師との懇親会が開催されました。総勢70名の先生方が参加されました。

平成25年8月2日(金)
病院機能評価Ver6.0への更新完了です!!認定証到着しました!
平成25年7月
北里研究所ミニ資料室出現?
病院正面玄関の風除けが新しくなりました。特徴は「見える化」と「ミニ資料室(?)」です。



平成25年7月
院内の案内表示を更新!
2階外来受付への案内表示等、続々更新中です。

平成25年6月24日(月)〜27日(木)
DMAT(災害派遣医療チーム)発足直前です!
DMATとは「災害急性期に活動できる機動性を持った トレーニングを受けた医療チーム」と定義されており、災害派遣医療チーム”Disaster Medical Assistance Team”の頭文字をとって略してDMAT(ディーマット)と呼ばれています。
  医師、看護師、業務調整員(医師・看護師以外の医療職及び事務職員)で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。
  6/24〜6/27の4日間、研修会場にてカンヅメ状態で訓練に励みました。有事でも頼もしい我がスタッフの勇姿をご覧下さい!

  


平成25年6月
駅の看板も続々更新です!
当院の最寄り駅であるJR北本駅のサインボード(看板)が新しくなりました!さらに、鴻巣駅にも!

平成25年5月
構内サインが完成です!
屋上南面と正面の各サインはLED照明化され、建植看板(案内看板)もリフレッシュ!圏央道からも見えるとか!?是非ご覧下さい。

 

平成25年4月23日(火)
「ひざ教室」大盛況のうちに閉幕です!

平成25年4月1日(月)
平成25年度 学校法人北里研究所 就任式が開催されました!
平成25年4月1日10時より相模原キャンパスにて学校法人北里研究所に入職する全キャンパスの職員よる就任式が開催されました。
今後、広報誌「百合の樹」等で紹介させていただきますが、式典には北本キャンパスに入職した看護職29名、医務職6名、事務1名が参加しました。

平成25年3月
退職者のみなさま、たいへんお疲れさまでした!
平成25年3月31日付定年退職者に対し感謝状が贈呈されました。
長らくお疲れさまでした。立場は変わっても、今後ともKMCのためにご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

平成25年2月
病院機能評価Ver6.0への更新に向けて邁進中です!!
当院はこのたび、今年6月に5年間の認定期限を迎えることとなり、これまで以上に患者の皆様が安心して受診できる医療機関となり、さらに地域における当院の信頼性を高める目的で「病院機能評価 Ver6.0」へ更新する準備を進めております。 更新審査には数ヶ月を要するため、途中経過をお知らせしていく予定です。
平成25年2月13日(水)
午後5:30〜午後7:00
第4回 院内パネルディスカッション
〜私たちの仕事(チーム紹介)〜
栄養管理チーム、緩和ケアチーム、褥瘡対策チーム
平成25年1月1日(火) 病院名が新しくなりました!!
当院は平成25年1月1日から「北里大学メディカルセンター」として、新たな病院名でスタートしました。病院名は変わっても、今後も地域の中核病院として近隣医療機関と連携を図り、地域医療の発展に努めるとともに大学附属病院として診療・教育・研究等の諸活動に一層力を注いで参る所存です。今後とも変わらぬご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

平成24年11月17日(土)
午後12:30〜午後4:00
「第4回糖尿病フェア」
症状が出にくい糖尿病。あなたは大丈夫ですか?

看護部、薬剤部、検査部、リハビリテーションセンター、栄養科
平成24年10月25日(木)
総合防災訓練は無事終了いたしました!
全病院的に実施する「総合防災訓練」は平成24年10月25日(木)に無事終了いたしました!大地震や火災が発生しても安全に対処するため、みな真剣に取り組んでいました。ご理解・ご協力を誠にありがとうございました。

平成24年10月19日(金)
MRI棟増築工事地鎮祭が行われました。当院は来年度にMRI装置を増設いたします。これに伴い、平成24年10月19日(金)に地鎮祭神事を挙行いたしました。
平成24年9月27日(木)
午後1:00〜午後3:30
「ひざ教室」
年齢を重ねるとともに、だんだんひざが痛くなってきていませんか?この「ひざ教室」ではそんな皆さんのご質問にお答えいたします。
整形外科、リハビリテーションセンター
平成24年2月15日(水)
午後5:30〜午後7:00
第3回 院内パネルディスカッション
〜私たちの仕事(自分の仕事自慢)、将来ビジョン(チーム医療の係わり方)〜
栄養科、バイオメディカルラボラトリー、放射線部、治験管理室、検査部
平成23年11月19日(土)
午後0:30(開場)〜午後4:00
第3回 糖尿病フェア
〜糖尿病患者さんは年々増えています。糖尿病について知っていますか?〜
鈴木 和男先生 (柏田診療所 糖尿病専門医)
大沢 涼子 (リハビリテーションセンター 主任)
平成22年11月20日(土)
午後0:30(開場)〜午後4:00
第2回 糖尿病フェア
〜40歳以上の4人に1人は糖尿病!あなたは大丈夫ですか?〜
坂本 辰蔵氏 ( (社)日本糖尿病協会 小児糖尿病対策副委員長)
鈴木 香織 (検査部 主任)
平成22年7月31日(土)
午後1:00〜2:30
第4回 ひざ関節教室
〜 いくつになっても自立した生活を楽しむために 〜
阿部 智行 (整形外科 医長)
繻エ 慶太 (リハビリテーションセンター 技師長補佐)

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)のAdobe Readerが必要です。


  • ページトップへ