北里大学メディカルセンター 病院のご案内 沿革

北里大学メディカルセンター

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

病院の沿革

トップ 病院のご案内 病院の沿革

北里博士の「実学の精神」を生かし地域医療の中核を担う

北里柴三郎博士

 大正3年(1914)、北里柴三郎博士によって創立された北里研究所は、その定款に「各種疾病の原因及び治療方法の研究並びに治療施設及び教育施設の運営を行うことにより国民健康の向上に寄与する」と謳っています。破傷風菌の純粋培養の成功につづく破傷風免疫体の発見により一躍世界に盛名をはせた北里博士は孤高を嫌い在野を貫く優れた実学の思想家でした。

 研究所創立に先駆けること21年前の明治26年(1893)にわが国最初の結核サナトリウム「土筆ヶ岡養生園」を設立し、肺結核のツベルクリン療法をはじめ数多くの業績を残し、昭和6年(1931)、博士の没後、北里家より北里研究所に寄付され、すでに大正6年(1917)開設の付属病院に合併されました。この「土筆ヶ岡養生園」は、福沢諭吉が慶応義塾幼稚舎裏の私有地を北里博士に提供し設立されたものであり、開園とともに北里博士の名声を慕って全国から患者が集まりました。付属病院もまた、赤痢菌発見の志賀潔、サルバルサン発見の奏佐八郎、狂犬病予防液発明の梅野信吉、コレラの免疫血清療法に新知見を加えた北島太一など、多くの優れた医学者たちの臨床の場として各種伝染病の治療、予防、研究を通し広く社会に貢献し、北里博士の「実学の精神」が見事に生かされるところとなりました。

 付属病院は、昭和20年(1945)5月戦火の中に消失しましたが、昭和29年(1954)12月、北里博士生誕100年の記念事業として、各界のご支援により再建され、新生北里研究所付属病院として再スタートし、現在は北里研究所病院に病院名を変更し、近代的医療設備の完備した総合病院として、予防医学から臨床医学までの一貫した医療展開を展開しています。

 戦災により北里研究所本館を残し多くの建物を失ったものの、戦後の復興は目覚ましく、前述の付属病院の再建を皮切りに昭和32年(1957)には日本最初の衛生科学専門学院を開設、また昭和36年(1961)には、千葉県柏市に付属家畜衛生研究所を開設しました。さらに昭和37年(1962)、北里研究所創立50周年記念事業として研究所資産を投じ学校法人北里学園を創立しました。北里学園は、現在、衛生学部、薬学部、獣医畜産学部、医学部、水産学部、看護学部、2つの大学病院、専門学校等を擁する理科系総合学府として発展しています。昭和47年(1972)には研究所の付属施設としてわが国初の東洋医学総合研究所も設立されました。

北里柴三郎博士

 これらが縦横に連なり、北里博士の精神すなわち「事に処してパイオニアたれ、人に交わって恩を思え、そして叡知をもって実践する実学の人として不撓不屈の精神を貫け」のもとに北里グループが形成されています。なお、東洋医学総合研究所および肝臓病研究センターはWHOの協力センターの指定を受けています。また、北里研究所本館は昭和54年(1979)、創立65周年の記念に愛知県犬山市の博物館明治村に移築され、現在、北里医学館として保存されています。

 これらの伝統を背景に、平成元年(1989)創立75周年の佳節を迎えるにあたり、北里研究所の未来を託すにふさわしい、21世紀を視座に据えた「北里研究所メディカルセンター」事業が現研究所顧問、大村智博士により提案され、地域医療の中核として高度かつ先進的な医療を行うと同時に、地域文化の発信基地としての使命を受け持つべく、平成元年4月、埼玉県北本市に「社団法人北里研究所 北里研究所メディカルセンター病院」を開院しました。

 開院後、増床を重ね平成14年に救急センター、ICU、ヘリポートを含む新棟(北館)をオープンし、翌15年に地域医療支援病院、災害拠点病院及び臨床研修指定病院の指定も受け、地域医療の更なる発展に努めました。

 平成20年4月1日には、社団法人北里研究所と学校法人北里学園が統合し、「学校法人北里研究所」が誕生し、病院名も「北里大学北里研究所メディカルセンター病院」に改称し、大学の附属病院となりました。また、法人統合から5年目を迎え平成25年1月1日より新たに病院名を「北里大学メディカルセンター」と名称を変更し、さらに、平成27年1月には学校教育法に定める「医育機関」として医学教育を行う病院となり、「地域医療を追究し学べる病院」を目指しています。


沿革

明治 26年 (1893年) 北里柴三郎、我が国初の結核サナトリウム「土筆ヶ岡養生園」設立
大正  3年 (1914年) 北里柴三郎、北里研究所創立(11月 5日)
    7年 (1918年) 北里研究所、社団法人として認可
昭和 29年 (1954年) 北里柴三郎生誕100年記念事業として土筆ヶ岡養生園跡地に附属病院を再建
32年 (1957年) 日本最初の衛生検査技師養成のための北里衛生科学専門学院を開設
37年 (1962年) 創立50周年事業として、研究所の資産を投じ、学校法人北里学園を創立し、北里大学を設置(北里大学は現在、7学部、1付置研究所と大学院の7研究科、2つの大学病院、専門学校等を有する生命科学系総合学府として発展)
47年 (1972年) 我が国最初の漢方と鍼灸に関する研究と診療を行う施設として付属の東洋医学総合研究所を開設
平成 元年 (1989年) 創立75周年記念事業として北里研究所メディカルセンター(KMC)事業を埼玉県北本市で推進し、北里研究所メディカルセンター病院(KMC病院200床)を開設
 6年 (1994年) 北里看護専門学校をKMC事業地に開設
北里研究所メディカルセンター病院250床(50床増床)
 7年 (1995年) 北里研究所メディカルセンター病院300床(50床増床)
 9年 (1997年) 北里研究所メディカルセンター病院350床(50床増床)
11年 (1999年) 北里研究所創立85周年・KMC病院開院10周年を記念して、北里看護専門学校付属棟として講堂兼体育館を含む「王森然記念館」を開館
14年 (2002年) 北里研究所メディカルセンター病院北館(新棟)オープン440床 (90床増床)救急センター、ICU開設、ヘリポート設置
15年 (2003年) 地域医療支援病院
災害拠点病院
臨床研修指定病院 認定
16年 (2004年) 産科病棟(LDR 1室)開棟
20年 (2008年) 社団法人として解散、学校法人北里学園と統合し学校法人として認可
北里大学北里研究所メディカルセンター病院に改称
北里大学北里研究所メディカルセンター病院380床(60床返還)
21年 (2009年) 病院機能評価(Ver5.0)取得
DPC導入
22年 (2010年) 北里大学北里研究所メディカルセンター病院372床(8床返還)
25年 (2013年) 北里大学メディカルセンターに名称変更
病院機能評価(Ver6.0)へ更新

  • ページトップへ