北里大学北里研究所メディカルセンター病院 診療科・部門のご案内 病理部門

北里大学メディカルセンター

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

病理部門

トップ 診療科・部門のご案内 病理部門

 病理部門は患者さんから採取された細胞や組織を顕微鏡で観察し、細胞の形状や組織の構造の変化を形態学的に分析し病理診断を行う部門です。病理部門の業務には、細胞を対象とする細胞診、組織を対象とする組織診、死後のご遺体に対する病理解剖(剖検)という大きな3つの柱があり、それらを通し患者さんの診断の確定や治療方針の決定および病院全体の医療水準の維持・向上に寄与しています。


病理部

病理部

  1. 細胞診には喀痰・尿・胆汁・胸水・腹水・乳汁などの細胞成分に対する剥離細胞診、子宮や各種病変部から拭い採った細胞に対する擦過細胞診、乳腺・甲状腺・リンパ節などの腫瘤や嚢胞性病変に対する穿刺吸引細胞診などがあります。組織診はより広く、胃カメラ・大腸鏡・気管支鏡・膀胱鏡などの内視鏡検査時に採取された生検組織やポリープ切除材料、肝臓・腎臓・前立腺などの実質臓器に対する針生検組織、子宮膣部のパンチ生検組織や子宮内膜の掻爬検体、皮膚や乳腺のなどの診断と治療を兼ねた腫瘍切除生検材料、および全身諸臓器の大小様々な外科的手術材料が対象となり、特殊な場合として手術中に術式や切除範囲の決定のために行われる術中迅速組織診もあります。
  2. 病理部門のスタッフは、病理専門医の常勤病理医1名に加え、北里大学医学部などから専門領域の異なる病理医計12名に、交替で週1日非常勤をお願いし、その両者で病理診断業務を担当しています。臨床検査技師は5名(うち細胞検査士4名、非常勤1名)で、次項に挙げる多様な病理標本を日常的に作製し、病理診断精度の向上に貢献しています。細胞検査士は現在4名ですが、スクリーニングを始めとする細胞診のみならず、病理業務の全般に精通しオールラウンドな病理技師として病理診断業務を支えています。他の技師も皆、順次細胞検査士の資格取得を目指し、知識と技術を磨くべく日々努力しています。
  3. 細胞診に関しては、主にパパニコロウ染色やギムザ染色、一部ではPAS染色を行い、症例により免疫細胞化学的染色を追加します。組織診ではヘマトキシリン・エオジン染色を基本とし、必要に応じEVG染色、Masson Trichrome染色、Azan染色、PAM染色、鍍銀法、PAS反応、Alcian blue染色、Ziehl-Neelsen染色、Grocott染色、Giemsa染色、Victoria blue染色、Grimelius染色、LFB染色、Berlin blue染色、アミロイド染色、脂肪染色などの特殊染色を行い、種々の特異抗体を用いた免疫組織化学的染色あるいは分子生物学的手法を用いた染色(in situ hybridization法)を加えます。それらの標本を顕微鏡で観察し、各所見を多角的に分析し、病変の良性・悪性を始め、細部にわたる質的な診断を行っています。稀有な疾患や難解な症例などは、専門家にコンサルテーションし助言を求めるシステムをとっており、より正確で質の高い病理診断を提供できるよう心掛けています。

担当医

職位・称号 氏名 資格
教授
部長
山ア 等
(ヤマザキ ヒトシ)
日本病理学会専門医
日本病理学会研修指導医

  • ページトップへ