救急センターの取り組みについて

トップ 診療科・部門のご案内 中央診療部門救急センターの取り組みについて

 

埼玉県中央地域メディカルコントロール協議会に参加しています

メディカルコントロール協議会で取り組むこととは何でしょう?

  傷病者が救急現場から医療機関に搬送されるまでの間、救急救命士等が実施する医行為について医師が指示、指導・助言及び検証することにより、これらの医行為の質を保証する体制を維持するため「メディカルコントロール協議会」が設けられています。
  傷病者の救命率の向上や、合併症の発生率の低下等の予後の向上を目的として、救急救命士を含めた救急隊員による活動の質を保証し地域の救急医療体制を構築するため、メディカルコントロール協議会の役割は重要です。
詳しくは、こちら メディカルコントロール協議会要綱のページへをご覧ください。



北里大学メディカルセンターの取り組みについて

  当院は、メディカルコントロール協議会を通じて救急救命士に対する指示体制や救急隊員に対する指導・助言体制の調整や、救急活動の事後検証に必要な措置や研修等に関する調整など、いわゆる救急業務の高度化を図るための業務、救急搬送体制及び救急医療体制に係る調整などを行い、地域におけるメディカルコントロール体制の構築に取り組んでいます。



救急医療関連会議について

  「平成28年度第1回救急医療検討会」は下記のとおり開催します。
【開催日】
  2016年10月20日(木)15:00〜
【場 所】
  埼玉県央広域消防本部

  詳しくは、こちら(第1回救急医療検討会)をご覧ください。


  • ページトップへ