北里大学メディカルセンター 診療科・部門のご案内 診療部門 眼科

北里大学メディカルセンター

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

眼科

トップ 診療科・部門のご案内 診療部門 眼科

眼科を受診する方へ

 視覚は五感の中でも大きな割合を占めています。視覚障害の原因となる眼科疾患を早期発見することで、大切な視機能を良好な状態で維持することを心がけています。
  当科では、白内障手術目的の患者様をはじめ多くの患者様をご紹介頂いております。今後も地域医療に貢献するとともに、病診連携への取り組みとして症状が安定した患者様や治療方針の決定した患者様は、地域医療機関で診て頂くようお願いしております。

白内障でお困りではないですか?

  白くかすむ、全体的にぼやける、光がまぶしいなどの症状がある場合、白内障の可能性があります。白内障は、年齢により必ず出てくる病気です。白内障に対する点眼治療は、白内障の進行スピードを遅らせることはできても治すことはできません。上記の症状を改善させたい場合は、手術治療が必要となります。

白内障手術について

  平成26年4月からの診療報酬改定に伴い、白内障手術を受けていただく際は片眼1泊2日入院、もう片眼の手術を行うには2週間以上期間を空けて再度入院していただくことになりました。

白内障手術の方法

  超音波乳化吸引術を行っております。患者様が安全に手術を受けていただけるよう努めており、点眼のみの麻酔や小切開手術といった最先端の技術により、患者様の負担が最小限となる手術を行っております。

1.角膜耳側・切開幅2.8mmと世界最小レベルの小切開にて手術を開始します。

世界最小レベルの小切開
切開創は1箇所のみですので、眼への負担は軽度です。

2.濁った水晶体を乳化・吸引します。超音波白内障手術装置には、Alcon社のインフィニティを用いております。この装置により、濁りが強くなった白内障でも処理が可能です。

超音波で濁った水晶体を乳化
濁った水晶体を取り除くため、超音波装置を使います。

3.眼内レンズを挿入します。プリセット眼内レンズシステムを用いた眼内レンズ挿入術を行うことで、より清潔・安全・確実な手技を行い、眼に優しい手術を実現しています。

レンズを挿入
プリセット眼内レンズシステムを用いた眼内レンズ挿入術。

担当医

職位・称号 氏名 資格
医長
助教(研究員)
佐藤 信之
(サトウ ノブユキ)
日本眼科学会専門医
医員
助教(研究員)
池内 梨絵
(イケウチ リエ)
日本眼科学会専門医

  • ページトップへ