北里大学メディカルセンター 診療科・部門のご案内 診療部門 泌尿器科

北里大学メディカルセンター

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

膀胱がん

トップ 診療科・部門のご案内 診療部門 泌尿器科膀胱がん

膀胱がんとは

  膀胱に発生する悪性腫瘍のことで、膀胱の壁は内側から「移行上皮粘膜、粘膜下層、筋層、漿膜」という層に区別されますが、膀胱がんの約90%は、膀胱の内腔をおおっている移行上皮粘膜から発生します。
   男女共に60歳以降に増加するがんの一種です。 特に男性は、50歳以降 になると増加傾向となるだけでなく、女性よりも3倍近い発症率があると言われています。
   治療法や予後との関連から、膀胱がんは深達度(病巣の深さ)により、がんが粘膜から粘膜下層にとどまっている「表在がん」と筋層や漿膜に及んでいる「浸潤がん」に大きく分けることができます。

症状

  初期症状として多くみられるのは血尿です。顕微鏡でわかる程度の血尿のこともあり、必ずしも肉眼的なものではありません。腫瘍が大きくなってくると、頻尿、排尿痛、残尿感などの症状も起こります。


診断方法

  血尿等の症状があり来院された患者様には、スクリーニング検査として尿細胞診、超音波検査などを試行してゆきます。
  その後、膀胱がんが疑わしい時は膀胱鏡検査を試行し膀胱内に腫瘍があるか確認します。膀胱内に腫瘍を認めた時は、がんの広がりや転移していないかどうかを調べるために全身検査を行います。
  膀胱がんの進行病期には表在がんと浸潤がんの2種類分かれます。一般的に膀胱の筋肉の層(筋層)まで進んでいないものは表在がん、筋層まで進んでいるものは浸潤がんと診断されます。表在がんと浸潤がんでは、治療方法が大きく違ってきます。
  表在がんか浸潤がんかの確定診断は、尿道から手術用の内視鏡をいれ腫瘍を削り取る手術(経尿道的膀胱腫瘍切除術)経尿道的膀胱腫瘍切除術ページへによりおこないます。削り取ったがん細胞を顕微鏡で調べ、がんの悪性度と膀胱の壁への深さ(進達度)を診断します。(表在がんの場合は、経尿道的膀胱腫瘍切除術で治療が完了する場合もあります。)
  このような検査、治療を経て病期がどの段階にあるかを最終的に判断して治療方針を決めます。

がんの治療について

がんの進行度(病期によって治療方法が異なります)

進行度 がんの状態
表在がん・Cis期 粘膜表層に広がる上皮内がん(Tis)
表在がん・0a期 移行上皮粘膜でがんの進行がとどまっている状態(Ta)
表在がん・I期 粘膜は超えているが、粘膜下層でがんの進行がとどまっている状態(T1)
浸潤がん・II期 粘膜下層を超えてしまい、筋層まで癌が浸潤している状態(T2)
浸潤がん・III期 筋深層まで達しているか、膀胱壁を超えているが、隣接臓器に及んでいない状態(T3)
浸潤がん・IV期 隣接臓器に浸潤している(T4)、もしくはリンパ節、肺などに転移がある

膀胱がんの進行度

治療について

治療方法は患者さんの病期、年齢、合併症の有無などを総合的に判断して方針を決めます。表在がんと浸潤がんでは治療法が大きく異なります。
<表在がんの治療>
  がんが粘膜〜粘膜下層にとどまっていて、経尿道的膀胱腫瘍切除術経尿道的膀胱腫瘍切除術ページへで完全に取り切れていれば治療は完了します。なお、表在性がんのなかでも上皮内がんと言われるタイプは、腫瘍の範囲が不明なことが多いため、膀胱内に薬剤を注入する治療(BCG療法)を行うことがあります。

<浸潤性がんの治療>
  病理検査の結果、浸潤性がんと判定された場合は、内視鏡的切除術では切除しきれず、がん細胞を取り残していることになります。CT、MRIなどで転移の有無を調べ、臨床病期を決定したのち治療計画が立てられますが、多臓器への転移がない場合は、膀胱を摘出する手術が標準的治療法膀胱を摘出する手術ページへとなります。その場合、膀胱周辺のリンパ組織も切除します。また、尿を体外に出す尿路変向術も併せて行われます。
(*転移があった場合、手術療法は適応外で、化学療法中心の治療となります)


病期別治療法(○印は適応となる治療法を表します)

病期別の治療 BCG 内視鏡切除 膀胱摘出 化学療法
放射線療法
Cis期 上皮内がん
0a期 移行上皮粘膜まで
I期 粘膜下層におよぶ
II期 筋層内にとどまる
III期 膀胱壁を越えているが、隣接臓器に及んでいない
IV期 隣接臓器に浸潤しているか、リンパ節、肺などに転移あり


  • ページトップへ