北里大学メディカルセンター 診療科・部門のご案内 診療部門 泌尿器科

北里大学メディカルセンター

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

腎臓がん

トップ 診療科・部門のご案内 診療部門 泌尿器科腎臓がん

腎臓がんとは

  腎臓は背部に左右1つずつあり、長さ15cm、重さ150-200gのそら豆状の臓器です。主な働きは尿をつくり体内の不要物質を排泄することですが、その他に血圧や造血、骨の状態を調節する働きも担っています。腎がんは尿生成を行なう腎実質にできる腺がんです。腎悪性腫瘍(腎がん)の発生頻度は、人口10万人あたり2.5人程度です。男女比は2〜3:1で男性に多い傾向があります。泌尿器科系悪性腫瘍の中では、前立腺がん、膀胱がんに次いで多い腫瘍です。腎がんは手術が最も有効な治療法であるため、現在のところ手術が主な治療となります。

腎臓の位置と腎がん腎がん
腎臓の位置と腎がん

症状

  早期がんでは、自覚症状を認めず、検診や人間ドッグなどの超音波検査で偶然見つかることが多いです。腫瘍が大きくなってくると血尿、疼痛、腹部腫瘤などの症状が認められます。


診断方法

  超音波検査、CT検査、MRI検査などの画像検査により診断します。診断後、がんの広がりや転移していないかどうかを調べるために全身検査を行い、病期がどの段階にあるかを最終的に判断して治療方針を決めます。


がんの進行について

進行度(病期によって治療方法が異なります)

進行度 がんの状態 治療方法
ステージI、II期 ・早期がんの状態
・がん細胞が腎臓のなかにとどまっている状態
原則手術による根治手術(根治的腎摘出術、腎部分切除術)を行います
ステージIII期 ・腎臓の外側までがんが進行しているが、被膜を破っていない状態
・腎周囲のリンパ節に転移がある状態
・腎臓の血管に浸潤している状態
根治的腎摘出術を行い、状況に応じて分子標的薬の併用療法を行います
ステージIV期 ・腎臓の外側までがんが進行しており、被膜を破っている状態
・リンパ節に複数転移がある状態
・遠隔転移がある状態
根治的腎摘出術を行い、免疫療法、分子標的薬の併用療法を行います

治療について

  治療方法は患者さんの病期、年齢、合併症の有無などを総合的に判断して方針を決めます。おもな治療法には手術療法となります。病状に応じて免疫療法、分子標的薬療法を併用してゆきます。放射線療法は一般的には効果がありません、ただし骨転移病巣に対して、疼痛コントロール目的で行なう場合があります。

1.腎臓摘出手術
  腎がんの治療法として手術はもっとも有効と考えられています。手術には腫瘍のみを取り出す腎部分切除と、腎そのものを摘出する腎全摘除術があります。 腎摘出術は開腹手術と腹腔鏡手術を当院では行っておりますが、原則低侵襲手術として注目されている腹腔鏡手術を推奨しています。
*腹腔鏡下腎摘出手術とは
  皮膚にあけた5から6ヶ所の穴からカメラと細長い手術器具を使用してお腹の中に炭酸ガスを注入して膨らませて体の外から腎臓を周囲脂肪組織とを一塊して摘出する根治手術です。
腹腔鏡の利点は皮膚切開が少なく術後の痛みが少なく、回復も早いため入院期間が短くて済みます。また開腹手術に比べて出血量が少なく行えます。リスクとしては開腹手術と比べ手術時間がかかる事や、高い技術を要します。

2.免疫療法
  免疫担当細胞、サイトカイン、抗体等を活性化する物質を用いて免疫機能をがんの治療に導く治療法です。手術が不可能な症例、および転移を認める症例に対して免疫療法を行ないます。手術療法と併用する事もあります。

3.分子標的治療
  がん細胞に特有あるいは過剰に発現している特定の分子を狙い撃ちし、その機能を抑えることにより病気を治療する治療法です。腎臓がんに対しての分子標的薬は腫瘍細胞の増殖や血管内皮細胞の増殖にかかわる細胞内シグナル伝達を阻害することによって腫瘍の増殖を抑えます。
手術が不可能な症例、および転移を認める症例に対して行います。手術療法と併用する事もあります。

4.放射線療法
  通常、腎がんに対して効果は乏しく行っておりません。転移したがんによる痛みを除くことを目的として行うことがあります。



  • ページトップへ