北里大学メディカルセンター 診療科・部門のご案内 診療部門 耳鼻咽喉科

北里大学メディカルセンター

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

睡眠呼吸障害について

トップ 診療科・部門のご案内 診療部門 耳鼻咽喉科睡眠呼吸障害について

終夜睡眠検査開始のお知らせです!!
〜いびき・睡眠時無呼吸症診断のための検査です〜

「睡眠呼吸障害」とは何でしょう?

  夜中に健康な睡眠がとれない病気の一つに睡眠呼吸障害(Sleep disordered breathing;SDB)があります。その原因としては、鼻から咽頭、扁桃、喉頭などの気道に狭い場所があり、睡眠中に筋肉のゆるみとともに呼吸ができなくなるものや、呼吸の中枢に障害を認めて呼吸を休んでしまうものなどがあります。

睡眠呼吸障害の原因となる場所
睡眠呼吸障害の原因となる主な場所

  このような状態が長く続くと寝ている間、体の様々な臓器に障害を及ぼします。特に心筋梗塞や脳梗塞の危険度が増すといわれます。また、睡眠障害のために、昼間眠くて仕事や勉強に身が入らないという状態に陥ります。最近、新聞やテレビで話題となっている居眠り事故もこのような睡眠呼吸障害が原因の一つだと言われます。

睡眠呼吸障害の主な症状

睡眠呼吸障害の主な症状

  そのため5月20日の改正道路交通法では、運転免許取得時および更新時に重度の睡眠障害のあるなしを自己申告しないと厳しく罰せられることになりました。

免許更新時の質問票

運転免許更新時の質問票

  従いまして、当院においても正しい睡眠呼吸障害の診断に取り組むことにより、皆様の健康に少しでもお役に立てれば幸いです。

「睡眠呼吸障害」の疑いがありませんか・・?

まず、耳鼻咽喉科外来を受診しましょう!

  いびきや睡眠中に呼吸が止まると周りから指摘されたことのあるかた、昼間眠くてどこでも寝られてしまう方はまず耳鼻咽喉科外来を受診して下さい。簡単な問診と診察(空気の通り道のどこが狭いかを見ることは後々診療方針を決めるための重要なステップです)を受けていただきます。

簡易睡眠検査を行います(自宅でOK!)

  睡眠呼吸障害が疑われた患者さんは、簡易睡眠モニターを貸し出します。ご自宅で気軽に呼吸状態と酸素の取り込み状態を調べます。鼻に呼吸センサーをあてることと指に血中酸素モニターをはめるだけなのでそれほどつらくありません。
  検査翌日に器械を返却していただき、呼吸状態を解析します。5〜7日後に医師より結果を説明いたします。費用は約3,000円※です。(※費用は3割負担での概算です。多少異なる場合があります。)

簡易睡眠検査

終夜睡眠検査が必要かもしれません

  簡易睡眠検査により睡眠中10秒以上の呼吸停止が1時間あたり5回以上(成人)の患者さんは睡眠時無呼吸症と診断されます。無呼吸症と診断された場合は、原因追究のため、脳波センサー、心電図などを装着する精密検査(終夜睡眠検査)が必要になります。1泊入院して検査を施行するため、入院の予約を取ります。
   入院は午後3時から、個室での検査とさせて頂きます。夕食後センサーを装着し、午後9時頃お休み頂きます。翌朝6時にセンサーをはずし、午前中に次回外来受診日を予約のうえ退院します。
  費用は約45,000円※です。10〜14日後外来にて検査結果を医師から説明いたします。(※費用は3割負担での概算です。多少異なる場合があります。)

終夜睡眠検査

いよいよ治療です

NCPAP(エヌシーパップ)について

  NCPAP・・・?「経鼻的持続陽圧呼吸療法(Nasal Continuous Positive Airway Pressure)」のことです。簡単に申し上げると、睡眠中に鼻から空気を補助的に送る治療法です。

経鼻的持続陽圧呼吸療法

NCPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)の原理

  終夜睡眠検査にて1時間あたり20回以上の呼吸停止を認めた方で、鼻での呼吸に支障のない患者さんにおすすめします。この器械を用いることで、睡眠中に呼吸が止まることもなく、いびきも軽くなります。またモーターも静かです。
  ただし、無呼吸症のおき方により装着器械や条件が異なりますので、再度入院し条件設定と患者さんの装着体験をしていただくことをおすすめします。費用は終夜睡眠検査と同額です。不快無く眠ることが確認されましたら、患者さんごとに器械を調整します。
  この器械は在宅医療になるため取り扱い業者が設置場所(ご自宅)にお伺いして、使用方法など説明します。患者さんは毎月医師の診察を受け使用状況を報告しなければなりませんが、医療保険の適応ですので、費用は毎月約5,000円※となります。(※費用は3割負担での概算です。多少異なる場合があります。)
  この治療の目的は睡眠中の呼吸状態を改善することで、日頃の呼吸習慣を正常に戻す事にあります。達成には時間がかかりますが、希望を持って粘り強く治療を進めましょう!

外科手術について

  呼吸障害の場所が扁桃や咽頭と認められた患者さんには、扁桃の摘出術や咽頭を広げる手術をお薦めします。
  全身麻酔で施行します。約5〜7日の入院が必要となります。
  鼻で呼吸のできない患者さんは喉が狭くなる傾向にあります。鼻づまりでNCPAPが適用できない患者に対しても鼻の通りを改善する手術をお薦めします。無呼吸症の全快にはならないものの睡眠の質は向上しますので、鼻づまりを感じる患者さんはご検討いただければと思います。

扁桃摘出術・アデノイド切除術

手術例(扁桃摘出術・アデノイド切除術)

(日本橋循環器科クリニックのホームページより引用)

歯科装具(スリープスプリント)

  睡眠中の呼吸停止が比較的少ない患者さん、下あごが小さい患者さんには、睡眠中にマウスピースを装着して舌が喉の奥に下がらないようにし、鼻で呼吸できれば呼吸障害が改善される場合があります。歯科の先生と連携して効果をみさせていただきます。

スリープスプリント装着時

スリープスプリント(マウスピース)装着時

睡眠時無呼吸症候群チェックシート

  睡眠時無呼吸症候群は本人が自覚しにくい病気です。そこで、昼間の眠気を測定するために、「どのような状況でウトウトしたり、寝入ったりすることがあるか」調べます。
  もし、以下の状況になったとしたら、どのくらいウトウトする(数秒〜数分眠ってしまう)と思いますか?最近の日常生活を思いうかべてお答え下さい。
  以下の状況が実際になくても、その状況になればどうなるかを想像して1〜8の各項目全てにチェックを入れ「結果を見る」をクリックして下さい。 合計11点以上の方は是非、当院耳鼻咽喉科外来にご相談されることをお薦めします。

ウトウト(居眠り)する可能性 絶対無い 時々ある よくある いつもある
1 座って読書をしているとき
2 テレビを見ているとき
3 他人もいる公共の場所で動かずに座っているとき
(例:会議に出席したり、映画館にいるときなど)
4 他人の運転する車に1時間休憩なしで同乗しているとき
5 (用事がなく)午後、休息を取るため横になっているとき
6 座って人とおしゃべりしているとき
7 昼食(アルコール無し)後、静かに座っているとき
8 車中で渋滞や信号待ちで数分間止まっているとき

 点数は 点です。


もっと睡眠時無呼吸症候群に関する検査について知りたい!という方へ

  「いびきがうるさい!」と家族に言われる・・・「昼間、すごく眠い!」こんな経験ありませんか? 睡眠時無呼吸症候群(SAS)かもしれません・・・

「SAS検査」のページへをご覧ください。(クリックすると別ページが開きます)


担当スタッフについて

・終夜睡眠検査担当責任医師:大木 幹文


海外研修 トロント大学(カナダ)睡眠センター研修(1年半)
治療経験 睡眠呼吸障害治療(25年)
関連学会 日本耳鼻咽喉科学会
日本睡眠学会
日本鼻科学会
日本口腔咽頭学会
学会での活動 日本耳鼻咽喉科睡眠呼吸障害研究会世話人
日本スリープサージェリー研究会世話人
城南睡眠呼吸障害(SDB)フォーラム世話人
  • ページトップへ
閉じる