北里大学メディカルセンター 診療科・部門のご案内 診療部門 形成外科

北里大学メディカルセンター

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

形成外科

トップ 診療科・部門のご案内 診療部門 形成外科

形成外科

形成外科とは?

  形成外科とは、主に体表や軟部組織の異常を治療する「外科系診療科(手術を行う科)」の専門分野の一つです。具体的には外傷(けが)の治療、皮膚の腫瘍(できもの)の手術、先天異常(生まれつきの異常)の修正、傷跡の治療などを行います。そして外傷や疾患を治すだけではなく、形態や機能障害を改善することを目指します。
  このように形成外科は治療をとおして患者さんの社会生活の質(QOL; quality of life)を向上させることも目的とします。“命を救うためなら、病気や怪我を治すためならどんな障害も我慢するべき”という時代から、“社会生活の質(QOL)の向上のためにより不自由を少なくして治そう”という高度な治療が求められる時代になってきました。形成外科はこのような需要に貢献しようと発展してきた科でもあります。


形成外科で扱う疾患は?

  当院の形成外科で対応が可能な具体例を挙げました。現在は保険診療を中心に行っています。

・ 擦り傷・切り傷・やけどなど
・ 顔面骨(頬骨・鼻骨)骨折および顔面の組織損傷
・ 生まれつきの眼瞼、耳、臍、手指・足趾等の変形、尿膜管遺残症(繰り返す臍の炎症)など
・ その他の変形;陥入爪(まき爪)、眼瞼下垂、顔面神経麻痺、臍の変形、陥没乳頭など
・ 皮膚や軟部組織の良性腫瘍(ホクロやシコリなど)の手術
・ 手術で治療が完結できる皮膚癌
・ 傷跡や傷跡のひきつれ、ケロイドなど
・ 手術で生じた変形や欠損の修正(再建);乳房再建・頭蓋骨変形の修正など
・ 褥瘡(床ずれ)や難治性潰瘍(皮膚の欠損)
・ 体表の機能障害 腋臭症など


受診希望の方へ

  受診は初診を含め基本的に予約制です。事前にお電話または来院にてご予約をお願いいたします。紹介状の持参をお勧めいたします。

予約の方法
  平日午後診療時間内(13時30分〜16時)にお電話または形成外科の窓口にて受け付けています。
   連絡先:北里大学メディカルセンター TEL: 048-593-1212(代表)

・ 治療歴がある場合は、処置や手術などの詳細がわかるように紹介状をご持参ください。
・ お子さんの診療も行っておりますが、全身麻酔手術は基本的に4歳以上のお子さんを対象とさせていただきます。
・ 血管腫や赤あざ・青あざ等に対するレーザー治療は対応していません。
・ 現在、美容診療は受け入れておりません。


外来について

        外来日
          月曜:午前9:00〜11:00(一般外来) 午後は手術のため外来はお休みします。
          水曜:午前9:00〜11:00(一般外来) 午後1:00〜4:00(専門外来・外来手術)
          金曜:午前9:00〜11:00(一般外来) 午後は手術のため外来はお休みします。
*手術・学会等で休診・変更があり得ますので初診の方は必ずお電話でご予約をお願いいたします。


医療上緊急を要する場合について

  “緊急”とはお怪我をした直後(当日)、我慢できない疼痛がある場合等を指します。可能な限り対応させていただきますが、医師一人体制での診療のため、必ず来院前にご連絡いただき対応できるかどうかをご確認ください。


パンフレットのダウンロード

  クリックすると拡大します。印刷してご利用ください。

テーマ (表紙をクリックしてください) テーマ (表紙をクリックしてください)
まぶたが上がりづらい
(眼瞼下垂)

ほくろが気になる
陥入爪(巻き爪)
おへその化膿
(尿膜管遺残)

咬まれた
(動物咬傷)

やけど
傷跡のケア
ケロイド・肥厚性瘢痕
手の手術を受けた
鼻を骨折した

担当医

職位・称号 氏名 資格
部長
講師
馬場 香子
(ババ キョウコ)

日本形成外科学会専門医
小児形成外科分野指導医
日本再生医療学会専門医
美容外科学会正会員
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 乳房再建用エキスパンダー/インプラント責任医師
日本形成外科学会 乳房増大用エキスパンダー/インプラント 責任医師
日本医師会認定産業医
臨床研修指導医

非常勤医師
柏木 慎也
(カシワギ シンヤ)
非常勤医師
内沼 栄樹
(ウチヌマ エイジュ)


  • ページトップへ