北里大学メディカルセンター 診療科・部門のご案内 診療部門 内科

北里大学メディカルセンター

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

内科

トップ 診療科・部門のご案内 診療部門 内科

内科


神経内科

 神経内科とは、脳や脊髄、末梢神経、筋肉の病気を専門に診断・治療する科です。脳卒中(脳梗塞、脳出血)の急性期にはCT、MRI、脳血管撮影などの診断機器を駆使した診断・治療を行い、早期からのリハビリテーションにより家庭・社会復帰をめざし、さらに慢性期の再発予防、在宅医療への支援まで含めた一貫した治療、指導をいたします。無症候性脳梗塞の診断、基礎疾患の治療は痴呆の予防にもつながります。神経難病(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、多発性硬化症、筋萎縮性側索硬化症など)の診断、治療、在宅医療の支援、神経免疫疾患(ギラン・バレー症候群など)における特殊免疫療法も積極的に行っています。片頭痛、緊張型頭痛などの慢性頭痛、めまい、手足のしびれ、運動障害、てんかんなどの診断、治療を行います。

担当医

職位・称号 氏名 資格
病院長
臨床教授
部長
廣瀬 隆一
(ヒロセ リュウイチ)
日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本神経学会専門医・指導医
日本老年医学会認定専門医
日本脳卒中学会認定専門医
日本頭痛学会専門医・指導医
身体障害者福祉法指定医
部長
講師
滝山 容子
(タキヤマ ヨウコ)
日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医・指導医
医員
助教(研究員)
染小 英弘
(ソメコ ヒデヒロ)
日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定総合内科専門医
医師
助教(病棟医)
佐藤 悠
(サトウ ユウ)
日本内科学会認定内科医

  • ページトップへ



循環器内科

循環器内科

 循環器内科は心臓と血管の病気を診断して治療する科です。我々はハートセンター循環器内科として、狭心症・心筋梗塞などの虚血性心疾患を中心に、不整脈、心不全、高血圧症などの診療を行っております。入院診療では心臓カテーテル検査や経皮的冠動脈形成術、下肢血管形成術、ペースメーカー植え込み、心臓リハビリテーションなどを、他のメディカルスタッフと協力して積極的に行っております。
虚血性心疾患の原因は動脈硬化であり、生活習慣病です。動脈硬化は喫煙、高脂血症、高血圧症、糖尿病で促進され、適切な食事療法と運動療法で改善することが知られております。血管を直して心臓の薬を飲むだけでは生活習慣病を克服することはできません。かかりつけ医の先生方と協力して、心臓二次予防センターを設立して病診連携を行い、皆様のお役に立ちたいと考えております。
また、もうひとつの柱は心臓救急です。24時間、365日お断りしない医療の確立と、国内最高水準の循環器内科学の遂行が我々ハートセンター循環器内科の究極の目標です。

担当医

職位・称号 氏名 資格
中央診療系部長
講師
塩野 方明
(シオノ タカアキ)
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会循環器専門医
日本心血管インターベンション治療学会専門医
身体障害者福祉法指定医
副部長
助教(研究員)
佐藤 大輔
(サトウ ダイスケ)
日本内科学会認定内科医
日本循環器学会循環器専門医
医師
助教(病棟医)
朝倉 清史
(アサクラ キヨシ)
医師
助教(病棟医)
松浦 元
(マツウラ ゲン)

医師
助教(病棟医)
白川 裕基
(シラカワ ユウキ)
日本内科学会認定内科医

  • ページトップへ


消化器内科

  消化器内科では肝胆膵系・消化管系の区別なく、多くの消化器疾患に対応できるようにしております。特に28年度からは木田光広が新部長として赴任し、8名の医師に増員されより多岐にわたるサービスをご提供できる環境が整いました。
  消化器一般検査として上部/下部の内視鏡および腹部超音波(造影)/消化管造影検査/CT/MRIなどを行っています。特殊処置としては内視鏡的ポリープ切除術、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、食道静脈瘤硬化療法(EIS)、食道静脈瘤結紮術(EVL)などを行っております。
  なお、腹部超音波検査は、絶食で来院されれば当日検査できる場合もございます。ただし、高血圧、虚血性心疾患等で服薬中の患者さんは少量の水で服薬してご来院ください(糖尿病の患者さんは低血糖を起こす可能性があるため、主治医と相談の上服薬を判断してください)。
  胆膵系では内視鏡的逆行性胆管・膵管造影 (ERCP)に加え超音波内視鏡検査(EUS)および超音波内視鏡下吸引細胞診・生検(EUS-FNA/B)を行っています。治療的処置では、乳頭筋切開(EST)、胆管結石除去・内視鏡的ドレナージ(EBD:プラスチック製あるいは金属製ステント)、経皮的な胆道ドレナージ(PTCDやPTGBD)を行っています。また、必要なら経口胆道鏡下に電気水圧式結石破砕療法(EHL)及び観察・生検等も行っております。更に、胃切後等の術後腸管患者に対する小腸鏡を用いた内視鏡的逆行性胆管・膵管造影 (ERCP)も行っています。
  また、 超音波内視鏡を用いた仮性嚢胞・膿瘍ドレナージ(EUS-CD)およびNecrosectomy、胆道ドレナージ(EUS-BD:CDS, HGS)、膵管ドレナージ(EUS-PD)、腹腔神経叢ブロック(EUS-CPN)等の処置も行っています。
  肝臓では、ウィルス性肝炎、肝硬変に対し積極的にインターフェロン療法、新しい肝炎治療薬(DAA等)を導入して治療を行っております。肝癌に対しては、放射線科との全面協力により肝動脈化学塞栓療法(TAE)・経皮的エタノール注入療法(PEIT)・ラジオ波焼灼療法(RFA)を施行しております。
  更に、消化器系の化学療法(胃:S-1+CDDP、XP+トラスツズマブ療法、SOXなど、食道:CF、CF+RT療法など、大腸(外科で主に行っています):FOLFOX、FOLFIRI、XELOX(±ベバシズマブ)療法など、膵臓:FOLFIRINOX、GEM+nab-PTX療法など、胆道:GC、GS、GCS療法など、消化器内分泌腫瘍NET:エベロリムス、スニチニブ、ストレプトゾシン、IP療法、EP療法など)も積極的に行っています。
   また、外科と連携し、消化器全般に応需できる態勢をとっております。

研究成果について

   臨床研修医の山崎先生の論文が、学術誌「肝臓」第57巻(2016)に掲載されました。詳しくは以下のタイトルをクリックしてください。

担当医

職位・称号 氏名 資格
教授
部長
木田 光広
(キダ ミツヒロ)
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本超音波医学会認定専門医・指導医
日本消化器病学会認定専門医・指導医
日本胆道学会専門医
身体障害者福祉法指定医
准教授
部長
渡邊 真彰
(ワタナベ マサアキ)
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本肝臓学会認定専門医・指導医
日本消化器病学会認定専門医
がん治療認定医機構認定医
身体障害者福祉法指定医
副部長
臨床講師
田原 久美子
(タハラ クミコ)
日本内科学会認定内科医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本消化器病学会専門医
副部長
助教(研究員)
大塚 俊和
(オオツカ トシカズ)
医員
助教(研究員)
川口 佑輔
(カワグチ ユウスケ)

医師
助教(病棟医)
金澤 潤
(カナザワ ジュン)
医師
助教(病棟医)
上原 一帆
(ウエハラ カズホ)


  • ページトップへ


腎臓内科

腎臓内科

 最近、慢性腎臓病(CKD)という言葉が一般的に使われるようになり、腎臓病に対する関心が高まっています。また糖尿病の合併症である糖尿病性腎症は透析導入の最も多い原因疾患となっており、全国で透析患者数は25万人を超えています。腎臓内科では、腎臓病の初期から透析期まで、全ての腎疾患に対し対応をしています。蛋白尿や血尿で発見されることが多い糸球体腎炎、ネフローゼ症候群に対しては腎生検を行い確実な診断に基づき治療を行います。腎不全については、食事療法、内服治療などの保存期の治療から、血液透析や腹膜透析などの進行した腎臓病に対する治療も行っています。また泌尿器科や他科専門医との協力の下に透析に関する様々な合併症の治療も行っています。腎センターにおいては、通常の血液透析以外にも血液濾過、LDL吸着療法、顆粒球除去療法、免疫吸着療法、血漿交換などほぼ全ての血液浄化療法に対応しています。

担当医

職位・称号 氏名 資格
准教授
内科系部長
長場 泰
(ナガバ ヤスシ)
日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本腎臓学会専門医
日本高血圧学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
日本医師会認定産業医
身体障害者福祉法指定医
医師
助教(病棟医)
島田 芳隆
(シマダ ヨシタカ)


臨床教授
非常勤医師
島田 肇
(シマダ ハジメ)
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会専門医
日本透析医学会専門医
身体障害者福祉法指定医

  • ページトップへ


膠原病・感染内科

 関節リウマチ、膠原病および膠原病類縁疾患(全身性エリテマトーデス、全身性強皮症、多発性筋炎・皮膚筋炎など)の診断、治療をおこなっています。関節リウマチの治療は近年大きく進歩しており、今までの抗リウマチ薬に加え、有効性の高い生物学的製剤や治験を積極的に導入しています。膠原病では多彩な臨床症状を呈すため、患者さん一人ひとりに合わせた治療を考えていきます。病状が安定した場合、患者さんの自宅近くの診療所にご紹介させていただくことも可能です。
関節痛、抗核抗体陽性などの免疫異常を示す患者さんの受診をお待ちしています。関節リウマチ、膠原病診療では、1)治療歴とその効果、副作用の有無、2)レントゲン検査を含む検査結果の推移が重要になりますので、受診時に持参いただければ幸いです。

担当医

職位・称号 氏名 資格
医長
助教(研究員)
小川 英佑
(オガワ エイスケ)
日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医
医員
助教(研究員)
天野 雄一郎
(アマノ ユウイチロウ)
日本内科学会認定内科医
日本リウマチ学会リウマチ専門医

  • ページトップへ


内分泌・代謝内科

 当科で扱う疾患は、成人病(生活習慣病)と呼ばれる糖尿病、脂質異常症(高脂血症)、高血圧、肥満などの代謝疾患と甲状腺疾患などの内分泌疾患です。2007年の厚労省の調査では40歳以上の3人に1人が糖尿病または予備群という結果であり、年々増加傾向です。糖尿病は脳梗塞、心筋梗塞の原因になるだけでなく、合併症として網膜症(失明)、腎症(透析)、神経障害(足壊疽)などが起こってしまいます。 糖尿病は自己管理が非常に重要な疾患なので、当科では可能な限り糖尿病患者さんへ15日間の教育入院をお勧めしています。糖尿病専門医、糖尿病療養指導士、看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士が連携して糖尿病診療を行っています。病状が安定した場合、自宅近くの診療所へご紹介させていただいています。当科は日本糖尿病学会認定教育施設に認定されています。

担当医

職位・称号 氏名 資格
病院長補佐
臨床准教授
部長
診療講師
田 哲秀
(タカダ テッシュウ)
日本糖尿病学会専門医
日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本内分泌学会内分泌代謝科専門医・指導医
日本糖尿病学会研修指導医
医師
助教(病棟医)
白川 理永
(シラカワ アヤエ)
日本内科学会認定内科医
医師
助教(病棟医)
藤井 里江
(フジイ サトエ)

  • ページトップへ


総合内科

担当医

職位・称号 氏名 資格
教授
部長
横森 弘昭
(ヨコモリ ヒロアキ)

日本内科学会認定内科医
日本内科学会認定総合内科専門医
日本消化器病学会専門医
日本肝臓学会肝臓専門医
身体障害者福祉法指定医
米国内科学会上級会員(FACP)

部長 野々口 博史
(ノノグチ ヒロシ)
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会専門医・指導医
日本透析医学会専門医・指導医
日本高血圧学会専門医・指導医

  • ページトップへ


精神科

 お体の治療でご入院中の患者様に、専門的な精神面・心理面でのサポートが必要になる場面は少なくありません。当科では、ご入院されている科の医師と連携して精神科診療を行い、治療のお手伝いをさせていただいております。(一般の精神科通院、入院診療は行っておりません。)

担当医

職位・称号 氏名 資格
副部長
助教(研究員)
山本 宏明
(ヤマモト ヒロアキ)
精神保健指定医
日本精神神経学会専門医・指導医
日本医師会認定産業医
日本体育協会公認スポーツドクター

  山本医長監修の「Running Style(ランナー向け雑誌)」等、精神科のページについてはこちら精神科のページへをご覧ください。


  • ページトップへ