北里大学メディカルセンター 診療科・部門のご案内 診療部門 整形外科

北里大学メディカルセンター

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

整形外科

トップ 診療科・部門のご案内 診療部門 整形外科

整形外科

  整形外科は運動器、すなわち上肢、下肢、関節、脊椎といった器官の外傷や疾患による痛みや機能障害、変形による患者さんの苦痛や日常生活の不自由に対する治療を行っています。当科では一般外来とともに、ひざ関節センター、骨粗鬆症外来、股関節外来といった専門外来を開設しています。これらの専門外来では、それぞれの患者さんに最も適した治療法を選択し、患者さんがご自分の病気とその治療方法について十分理解できるように説明を行い、より良い医療が提供できるよう心がけています。

  治療は保存的治療(手術をしない治療)と手術的治療に大きく分けられます。ひざ関節センター、股関節外来では保存的治療について十分ご説明しますが、保存的治療を実際に続けていかれるのは患者さんのお近くの医療機関で行なうことをお勧めします。保存的治療には週に何度か通われたほうがよいような治療法もありますので、通いやすいところでの治療が有効です。

   ひざ関節センター、股関節外来では主に手術的治療とその後のリハビリテーションを行います。常に最新の知識と技術を取り入れて、一人一人の患者さんに適した手術的治療とリハビリテーションを提供することを目的にしています。手術は専門とする医師のチームが、最先端の技術を用いて最少侵襲で行っています。術後のリハビリテーションは患者さんの生活環境を考えて、患者さんの回復状況を見ながらリハビリテーションを行っています。自宅へ退院するまでにもう少しリハビリテーションが必要な患者さんには、当院内にある回復期リハビリテーション病棟に移っていただき、通院ではなく入院しながらリハビリテーションをしていただくこともできます。

   また骨粗鬆症外来では近隣の先生方と連携を取りながら、難治性骨粗鬆症に対するより専門性の高い治療を行っています。高齢者の運動器や筋力、栄養に関連するロコモ(運動器症候群)、サルコペニア、フレイルといった疾患に精通した医師が、最新の知識を応用し、患者さん一人一人に適した治療法を行っています。

担当医

職位・称号 氏名 資格
副院長
教授
部長
占部 憲
(ウラベ ケン)
日本整形外科学会専門医・指導医
日本組織移植学会認定医
身体障害者福祉法指定医
難病指定医
部長
講師
成瀬 康治
(ナルセ コウジ)
日本整形外科学会専門医・指導医
身体障害者福祉法指定医
難病指定医
小児慢性特定疾病指定医
日本整形外科学会運動器リハビリテーション専門医
医長
助教(研究員)
平川 紀子
(ヒラカワ ノリコ)
日本整形外科学会専門医
医師
助教(病棟医)
岡 純一
(タカオカ ジュンイチ)

非常勤医師
医学部名誉教授
糸満 盛憲
(イトマン モリトシ)
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
非常勤医師 匹田 貴雅
(ヒキダ タカマサ)
日本整形外科学会専門医

  • ページトップへ