北里大学メディカルセンター PRPのご案内

北里大学メディカルセンター

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

自己血液成分を用いた再生医療での治療

トップ 診療科・部門のご案内 診療部門 整形外科自己血液成分を用いた再生医療での治療

多血小板血漿(PRP)を用いた変形性膝関節症に対する治療について

PRPとは何でしょうか?

  血液の中には、傷を治す働きを持つ「血小板」という成分があります。この血小板を高濃度に濃縮し活性化させたものが多血小板血漿(Platelet-Rich Plasma「以下、PRPと呼びます」)です。PRPにはたくさんの成長因子が含まれていて、細胞の成長を促進する力があります。このPRPの力が、人の本来持っている治癒能力や組織修復能力、再生能力を最大限に引き出し、傷んだ関節などの治癒を促すと考えられています。


PRP治療について

  あなた自身の血液から得られるPRPを疾患や傷がある部分(患部)に注射する治療です。
  PRPの抽出は、安全性が厚生労働省より認められた医療機器を使用します。あなたご自身の血液を用いるため、拒絶反応が起きる可能性は極めて低いと考えられており、採血と注射のみで終わりますので、あなたの体への負担は比較的少なく済みます。なお、対象となる疾患は、変形性膝関節症です。


提供される再生医療等の流れ

  (1) あなたの血液を30mL〜32mL採取します。
  (2) 遠心分離機に2回かけてPRPのみを取り出します。
  (3) 膝関節を触診し関節水症の有無を確認します。
  (4) 感染創がないことを確認の上、PRPを膝関節に注入します。
  (5) 注入後の注意点を説明します。
  (6) 体調に変化がないか確認後帰宅します。


PRP


他の治療法との比較について

  変形性関節症などにはヒアルロン酸注入がありますが、ヒアルロン酸は関節腔内から3日で消失します。この様な場合PRP治療は、おおむね1回の治療で、6〜12ヶ月効果が持続するとの報告がありますが、長期にわたる治療効果は確認されていません。


今までの治療法とこの治療法により予期される効果及び副作用等の比較について

  通常は薬で症状が改善しない場合は、より強い薬に変えることがあります。しかし強い薬は胃腸を悪くすることがあり、また他にも副作用や合併症が出て薬の投与を中止する場合があります。海外では、このPRP注射直後に機能の改善と痛みの減少がみられたとの報告もあります。当院でも治療のうえで効果的かつ安全な方法であると考えておりますが、治療効果や効果の持続期間は個人差がありますのでご了承ください。
  また、患者さんによっては、患部に痛みが出ることや、痛みが長引くことも考えられますが、ストレッチやリハビリテーション等を行っても問題ありません。なお、この再生医療での治療を受けることを拒否すること又は、同意を撤回することにより不利益は生じませんのでご安心ください。
  当院での再生医療等を受ける患者さんの個人情報の保護に関する事項は遵守いたします。


治療後の注意点

  ・注射後 3〜4 日後は、腫れ・かゆみ・赤み・痛みが認められることがありますが、自然に消失していきます。
  ・投与後、数日間は血流の良くなる活動(長時間の入浴、運動など)を行うことで、治療に伴う痛みが強くなることがありますが、治療効果に差はありません。治療直後よりストレッチやリハビリテーション等を継続して行ってください。
  ・関節は細菌に弱いので、清潔に保つよう心掛けてください。
※治療当日は飲酒や入浴をお控えください。


PRP治療に関するお問合せ及び予約

【電話番号】
  048−590−1551(整形外科外来直通)
  ※PRP治療の予約は電話のみです。
【受付時間】
  平日の13:30〜16:00(土曜日、日曜日、祝日を除く)
【お問合せ】

E-mail kmc-prp@kitasato-u.ac.jp

  ※問合せはメールのみの対応です(電話対応不可)。


  • ページトップへ
閉じる