北里大学メディカルセンター 診療科・部門のご案内 薬剤部門

北里大学メディカルセンター

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

薬剤部門 調剤

トップ 診療科・部門のご案内 薬剤部門薬剤部門 調剤

調剤業務

 調剤室では主に、外来患者さん及び入院患者さんの薬を調剤しています。一日平均で、外来処方箋は約350枚、入院処方箋は約200枚を調剤しています。

(1) 処方箋監査

  調剤する前に、処方箋の内容について、薬の量や飲み方が合っているか?他の薬との飲み合わせに問題はないか?他の診療科から出ている薬と重複していないか?同じ薬で投与期間が重なっているものはないか?などを確認します。何か疑問があった場合には、医師に確認をしてから調剤を始めます。


調剤の様子

(2) 調剤

  薬を正しく取り揃えるために、リスク管理に最大の注意を払っています。例えば、規格が2種類以上ある薬や、名前の似た薬がある場合には、棚の配置や処方箋に記載される薬名に注意喚起の表示をし、取り違えをしないように工夫をしています。また、粉薬や水薬の調剤では、確実に正しい薬であることを確認するために、秤量する全ての薬をバーコード管理しています。


(3) 薬剤監査

  調剤者とは別の薬剤師が再度、量や飲み方、他の薬との飲み合わせなどを電子カルテやお薬手帳の情報を参照しながら最終確認を行います。


(4) 薬剤交付

  おくすり渡し口で薬を交付します。ご質問等がありましたら、お気軽に声をおかけ下さい。
  当院では、平成21年6月末から、患者さんのご要望に応じて院外処方せんを発行しています。平成22年1月からは7種類以上の多剤処方せんは原則的に、院外処方せんを発行することにしました。しかし、患者さんの大多数が、病院内での調剤を希望されるため、外来診療予約患者数が多い日は、「調剤待ち時間」が、患者さんが予想している以上に長くなる場合があります。薬剤師一同、速やかかつ正確な調剤を心がけていますが、院外処方箋を希望される場合は、主治医にお話しください。





  • ページトップへ