北里大学メディカルセンター 診療科・部門のご案内 薬剤部門

北里大学メディカルセンター

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

薬剤部門 医薬品情報業務

トップ 診療科・部門のご案内 薬剤部門薬剤部門 医薬品情報業務

医薬品情報業務

  医薬品情報室はDI(Drug Information)室とも言われ、医薬品に関しての情報を取り扱う部署です。医薬品情報室では、薬物療法が安全かつ有効、また適正に行われるように、医薬品情報を収集し、情報の加工と専門的評価を加えて医療従事者や患者さんへ情報提供しています。主な業務として、院内からの医薬品に関する問い合わせへの対応、薬剤部ニュース・各種お知らせ・院内採用薬リストの作成を行っています。他にも、薬事委員会、レジメン審査委員会の事務局も担っています。また、院内で起きた副作用の情報を集めて厚生労働省へ報告したり、製薬企業が実施する製造販売後調査の窓口として、販売後の医薬品の安全性の確保に努めています。

医薬品情報室

  医薬品には効能効果、投与方法、使用上の注意、相互作用、副作用など様々な情報があります。医薬品情報は日々更新されており、次々に新薬も発売されています。医薬品情報室では、入手した情報の重要度・緊急度により、その都度、適切に対応することが必要とされます。情報を配布するだけでなく、医師が処方オーダするシステム上に、注意喚起の情報を設定することで、処方入力時の医薬品の適正使用につなげています。紙面にて情報提供する際は、重要な項目を目立たせるなど、出来るだけ分かりやすいように記載方法を工夫し、問い合わせの回答をする際は、相手の状況を判断し、迅速かつ的確に、付随した必要な情報も提供できるよう心がけています。直接患者さんと関わることは少ないのですが、医薬品に関する情報を早く、正確に、分かりやすく、必要とする人へ情報提供することを使命とし、患者さんがより良い医療を受けられるよう努めています。



  • ページトップへ