北里大学メディカルセンター 診療科・部門のご案内 薬剤部門

北里大学メディカルセンター

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

薬剤部門 院内製剤業務

トップ 診療科・部門のご案内 薬剤部門薬剤部門 院内製剤業務

院内製剤業務

  院内製剤とは、薬剤師により病院内で調製され、その病院に限定して使用される薬のことを言います。医療を行う中で、医薬品医療機器等法(旧薬事法)で承認・販売されている医薬品だけでは、多様な疾病、病態をもつ患者さんに最適な薬物療法を実施できないことがあります。そのような場合に、薬剤師の専門性を活かし、薬学的・物理化学的な知識や技術を用いて行う重要な業務の一つが院内製剤業務です。
  院内製剤における医療ニーズは多種多様です。例えば、患者さんが経口摂取不可のため内服錠を坐薬にしたい、試薬(化合物)を原料に軟膏をつくってほしい、小児に使用するため点眼液を希釈してほしいなど様々です。
  このような依頼に対して、各種文献や学会発表等をもとに、安全性・有効性を検討した上で調製をします。無菌性が求められる注射薬、点眼薬、眼軟膏などを調製する場合にはクリーンベンチ内で作業するなど、製剤工程の品質管理も欠かせません。
  また、がん化学療法や放射線療法に伴う口内炎の予防や治療に用いる“フォイパン含嗽液”は、そのまま使用すると大変苦く、服薬アドヒアランス不良の原因となってしまいます。そこで、単シロップで甘味を加えて使用感・服用感を改善させるなど、服薬アドヒアランスの観点からも最適な治療が行える院内製剤の提供を心掛けています。
  院内製剤の安全性や質の確保を実現するためには、常日頃から医師や看護師と連携をとることが大切であり、担当薬剤師は調製行為だけにとどまらず、院内製剤の患者さんへの使用状況の把握にも努めています。
  薬剤師がその専門性を活かして院内製剤業務を行うことは、個々の患者さんへの最適な薬物療法の提供に貢献できるとともに、患者さんのQOL(quality of life)の向上にもつながるものと考えます。

混合軟膏を調製している様子 点眼薬を調製している様子
(クリーンベンチ内で作業)




  • ページトップへ