北里大学メディカルセンター 診療科・部門のご案内 薬剤部門

北里大学メディカルセンター

  • ホーム
  • 来院される皆様へ
  • 診療科・部門のご案内
  • 病院のご案内
  • 交通のご案内
  • 医療関係者の方へ

薬剤部門 褥瘡対策チーム

トップ 診療科・部門のご案内 薬剤部門薬剤部門 褥瘡対策チーム

褥瘡対策チーム

  褥瘡(じょくそう)とは、寝たきりなどによって、体重で圧迫されている場所の血流が悪くなったり滞ることで、皮膚の一部が赤い色味をおびたり、ただれたり、傷ができてしまうことです。一般的に「床ずれ」ともいわれています。
  当院では、医師、看護師、栄養士、理学療法士、薬剤師で褥瘡対策チームを構成し、週に1回の褥瘡対策チームラウンドを行っています。褥瘡ラウンドでは、褥瘡ができてしまった入院患者さんを対象に、多職種で情報を共有し、疾患、治療、栄養状態を考慮した全身管理をチームで行っています。
  褥瘡対策チームにおける薬剤師は、回診時に患者さんの褥瘡状態に適した薬の提案、使用方法や保管方法についての評価・助言、その他薬に関する情報提供などを行い、適切な褥瘡治療に努めています。また、褥瘡の発生予防や対策を行う褥瘡対策委員会に参加し、患者さんの生活の質(QOL)の向上を目指しています。

   


  • ページトップへ