2017年度 北里大学医学部・大学病院研究業績集(HTML版)


(注:原本で御確認下さい)



解剖学 (小川単位)

[学術論文]

110001. [原著] Confounding effects of microbiome on the susceptibility of TNFSF15 to Crohn's disease in the Ryukyu Islands. Nakagome S, Chinen H, Iraha A, Hokama A, Takeyama Y, Sakisaka S, Matsui T, Kidd JR, Kidd KK, Said HS, Suda W, Morita H, Hattori M, Hanihara T1, Kimura R, Ishida H, Fujita J, Kinjo F, Mano S, Oota H1: Hum Genet 2017/4; 136 (4): 387-97. (埴原恒彦1, 太田博樹1: 1解剖)

110002. [原著] An ancestral haplotype of the human PERIOD2 gene associates with reduced sensitivity to light-induced melatonin suppression. Akiyama T, Katsumura T1, Nakagome S, Lee SI, Joh K, Soejima H, Fujimoto K, Kimura R, Ishida H, Hanihara T1, Yasukouchi A, Satta Y, Higuchi S, Oota H1: PLoS One 2017/6; 12 (6): e0178373. (勝村啓史1, 埴原恒彦1, 太田博樹1: 1解剖)

110003. [原著] Experimental evidence reveals the UCP1 genotype changes the oxygen consumption attributed to non-shivering thermogenesis in humans. Nishimura T, Katsumura T1, Motoi M, Oota H2, Watanuki S: Sci Rep 2017/7; 7 (1): 5570. (勝村啓史1, 太田博樹1: 1解剖)

520001. [総説] ゲノム人類学から見たふたご研究. 太田博樹 (解剖): 日本生理人類学会誌 2017/5; 22 (2): 91-6.

520002. [総説]【2016年度大会共通論題報告: 基調報告】ゲノムデータから人類史を読み解く方法−何がわかって何はわからないか−. 太田博樹 (解剖):『西洋史研究』新輯 2017; 46: 105-20.

522001. [講座]【特集: 変貌する人類史】[遺伝子は何を語るか] 遺伝子が映し出す進化の地形図: 進化医学から捉えるルーツ探し. 太田博樹 (解剖): 現代思想 2017/6; 45 (12): 146-61.

[学会・研究会等]

713001. [学会 (国際)] (一般講演) Ukrainian Eneolithic (3500BCE) Trypillian agropastoralists and their genetic association with Neolithic farmers from Southern Europe and the Near East. Schmidt RW, Fernandes D, Wakabayashi K, Koganebuchi K, Gakuhari T, Karsten J, Kubehl K, Madden G, Sokhatsky M, Oota H1, Pinhasi R: SEB (The Society for Experimental Biology) Gothenburg 2017 (2017/7/3/-6), Gothenburg, Sweden. (太田博樹1: 1解剖)

713002. [学会 (国際)] (一般講演) Is it sex-biased migration/admixture or social selection in population genetic structure in East Asians? Oota H1: ""Cultural History of PaleoAsia"" International workshop (organized by B02) Theoretical Models of Cultural Evolution during Modern Human Dispersals (2017/11/27-29), Tokyo. (太田博樹1: 1解剖)

722001. [学会 (全国)] (シンポジウム)【比較ゲノムから幹細胞人類学へ: ヒト表現型進化のゲノム基盤解明に向けた新たな取り組み】古代ゲノム学の現状とキャッチアップに向けての試行. 太田博樹 (解剖): 日本進化学会第19回大会 (2017/8/24), 京都.

723001. [学会 (全国)] (ポスター) タイ少数民族と古人骨を対象とした生業形態とゲノム多様性に関する研究. 太田博樹1. 石田貴文 (1解剖): パレオアジア文化史学 第3回研究大会 (2017/5/13-14), 大阪.

723002. [学会 (全国)] (一般講演)【自由集会: 霊長類の中でのヒトの特徴−ゲノムや細胞でどこまでチャレンジできるか−】野生メダカをモデルとした消化管長多型をもたらす進化メカニズムの解明. 勝村啓史1, 太田博樹1 (1解剖): 第33回日本霊長類学会大会 (2017/7/15-17), 福島.

723003. [学会 (全国)] (ポスター) 小型魚類の全身組織切片作製とその活用法. 西槙俊之1,2, 勝村啓史2, 尾田正二, 小賀厚徳, 太田博樹2, 小川元之2 (1形態系, 2解剖): 日本理科教育学会第67回全国大会 (2017/8/5-6), 福岡.

723004. [学会 (全国)] (ポスター) 脊椎湾曲wyメダカを用いた整形外科的疾患解明へのアプローチ. 西槙俊之1,2, 内田健太郎3, 山田 稔, 勝村啓史2, 大貫裕子4, 尾田正二, 小賀厚徳, 太田博樹2, 高相晶士3, 小川元之2 (1形態系, 2解剖, 3整外, 4病態・診療系): 第51回日本側弯症学会学術集会 (2017/8/24-25), 札幌.

723005. [学会 (全国)] (ポスター) Rosette agent (Sphaerothecum destruens) infection in laboratory medaka. 西槙俊之1,2, 勝村啓史2, Nemoto N, 太田博樹2, Oga A, Okayasu I, Kent ML, Oda S, 小川元之2 (1形態系, 2解剖): 第23回小型魚類研究会 (2017/8/30/-31), 山梨.

723006. [学会 (全国)] (一般講演) 古代ゲノム解析から推定される北アジアの人類集団史. 佐藤丈寛, 安達 登, 木村亮介, 米田 穣, 太田博樹1, 田島 敦, 豊田 敦, 松前ひろみ, 小金渕佳江, 清水健太郎, 埴原恒彦1, ウェーバー・アンジェイ, 加藤博文, 石田 肇 (1解剖): 日本人類遺伝学会第 62回大会 (2017/11/15-18), 神戸.

723007. [学会 (全国)] (一般講演) ヴァティーバ洞窟遺跡出土人骨のDNA分析〜初期牧畜農耕民の集団構造推定に向けて. 若林 賢, ライアン・シュミット W, 覚張隆史, 小金渕佳江, ジョーダン・カーステン, ミハイオ・ソハトスキー, 小川元之1, 太田博樹1 (1解剖): 第71回日本人類学会大会 (2017/11/日-5), 東京.

723008. [学会 (全国)] (一般講演) 樺太先住民ニブフ民族の全ゲノムSNPアレイ解析にもとづく北東アジアの人類集団氏. 松前ひろみ, 佐藤丈寛, 小金渕佳江, 西田奈央, 田島敦, 清水健太郎, 太田博樹1 (1解剖): 第71回日本人類学会大会 (2017/11/日-5), 東京.

723009. [学会 (全国)] (一般講演) 古代ゲノム解析への応用に向けたBACダブルキャプチャー法の検討. 小金渕佳江, 覚張隆史, 竹島弘彦, 笠木 聡, 佐藤丈寛, 田島 敦, 柴田弘紀, 小川元之1, 太田博樹1 (1解剖): 第71回日本人類学会大会 (2017/11/日-5), 東京.

723010. [学会 (全国)] (一般講演) 東アジア人類集団の遺伝的多様性に与えた影響について. 太田博樹1, 石田貴文 (1解剖): パレオアジア文化史学 第4回研究大会 (2017/12/9-10), 東京.

723011. [学会 (全国)] (ポスター) アジア旧石器時代人類の形質, 遺伝子にみられる地理的変異. 澤藤りかい, 木村亮介, 太田博樹1, 石田 肇 (1解剖): パレオアジア文化史学 第4回研究大会 (2017/12/9-10), 東京.

723012. [学会 (全国)] (一般講演) 臨床解剖に使用するご遺体の固定法と保存法の検討. 甲斐陽介1, 石川理舜1, 石塚侑大1, 石原成美1, 上野倫平1, 金児康平1, 近藤光恵1, 齋藤 華1, 柴山理沙1, 清水七菜1, 鈴木 侑1, 松下愛実1, 新井雄太2, 三浦正明2, 玉木英明3, 太田博樹2, 小川元之2 (1北里大学・医学部3年生, 2解剖, 3臨床解剖教育): 第123回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2018/3/28), 東京.

723013. [学会 (全国)] (一般講演) 臨床解剖に使用するご遺体を未固定で腐敗防止する方法の検討. 三浦正明 (解剖): 第123回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2018/3/28), 東京.

733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) A Trend in recent ancientgenome research. 太田博樹 (解剖): パレオアジア B02 第4回班会議 (2017/6/19), 東京.


解剖学 (阪上単位)

[学術論文]

110004. [原著] BRAG2a, a Guanine Nucleotide Exchange Factor for Arf6, Is a Component of the Dystrophin-Associated Glycoprotein Complex at the Photoreceptor Termina1. Sakagami H1, Katsumata O1,2, Hara Y1, Sasaoka T, Fukaya M1: Invest Ophthalmol Vis Sci 2017/7; 58 (9): 3795-803. (阪上洋行1, 勝又 修1,2, 原 芳伸1, 深谷昌弘1: 1解剖, 2形態系)

110005. [原著] A glycine transporter 2-Cre knock-in mouse line for glycinergic neuron-specific gene manipulation. Kakizaki T, Sakagami H1, Sakimura K, Yanagawa Y: IBRO Rep 2017/8; 3: 9-16. (阪上洋行1: 1解剖)

110006. [原著] Co-localization of endogenous Arf6 and its activator EFA6D in the granular convoluted tubule cells of mouse submandibular glands under normal conditions and when stimulated by isoproterenol, noradrenaline and carbachol. Tachow A, Thoungseabyoun W, Phuapittayalert L, Petcharat K, Sakagami H1, Kondo H, Hipkaeo W: Arch Oral Biol 2017/10; 82: 153-9. (阪上洋行1: 1解剖)

110007. [原著] CDKL5 controls postsynaptic localization of GluN2B-containing NMDA receptors in the hippocampus and regulates seizure susceptibility. Okuda K, Kobayashi S, Fukaya M1, Watanabe A, Murakami T, Hagiwara M, Sato T, Ueno H, Ogonuki N, Komano-Inoue S, Manabe H, Yamaguchi M, Ogura A, Asahara H, Sakagami H1, Mizuguchi M, Manabe T, Tanaka T: Neurobiol Dis 2017/10; 106: 158-70. (深谷昌弘1, 阪上洋行1: 1解剖)

110008. [原著] Cellular and subcellular localization of ADP-ribosylation factor 6 in mouse peripheral tissues. Katsumata O1,2, Mori M, Sawane Y, Niimura T1,2, Ito A3, Okamoto H4, Fukaya M1, Sakagami H1: Histochem Cell Biol 2017/12; 148 (6): 577-96. (勝又 修1,2, 新村朋子1,2, 伊藤諭子3, 岡本浩嗣4, 深谷昌弘1, 阪上洋行1: 1解剖, 2形態系, 3大学院医療系研究科, 4麻酔)

110009. [原著] Reduced expression of Na+/Ca2+ exchangers is associated with cognitive deficits seen in Alzheimer's disease model mice. Moriguchi , Kita S, Fukaya M1, Osanai M, Inagaki R, Sasaki Y, Izumi H, Horie K, Takeda J, Saito T, Sakagami H1, Saido TC, Iwamoto T, Fukunaga K: Neuropharmacology 2018/3; 131: 291-303. (深谷昌弘1, 阪上洋行1: 1解剖)

530001. [その他 (短報)] Data on the effect of knockout of cytohesin-1 in myelination-related protein kinase signaling. Tsuneishi R, Matsumoto N, Itaoka M, Urai Y, Kaneko M, Watanabe N, Takashima S, Seki Y, Morimoto T, Sakagami H1, Miyamoto Y, Yamauchi J: Data Brief 2017/9; 15: 234-9. (阪上洋行1: 1解剖)


生理学 (川上単位)

[学会・研究会等]

713003. [学会 (国際)] (一般講演) "The Smoking Gun": Alpha-synuclein deposition within sympathetic neurons in Lewy Body disease. Isonaka R1: 2018 JSPS-NIH Forum (2018/3/9), NIH, Bethesda Campus, USA. (磯中理沙1: 1生理)

723014. [学会 (全国)] (一般講演) Analyses of rhythm in the song of budgerigars after acquisition of heterospecific sound. 渡辺愛子, Kitahara M, 藤原宏子, 佐藤亮平1, 宮本武典 (1生理): 第40回日本神経科学大会 (2017/7/20), 千葉.

723015. [学会 (全国)] (一般講演) Androgen-dependent synaptic plasticity in the brain area related to extinction memory acquisition after conditioned taste aversion in mice. 鮎川紫苑, 兵働美佳, 渡辺愛子, 鈴木惠雅, 棟朝亜理紗, 齋藤理佳, 藤原宏子, 佐藤亮平1, 恒岡洋右, 宮本武典 (1生理): 第40回日本神経科学大会 (2017/7/23), 千葉.

723016. [学会 (全国)] (一般講演) Synaptic plasticity induced by androgen in the brain area related to extinction memory acquisition after conditioned taste aversion in mice. 鮎川紫苑, 吉田彩乃, 渡辺愛子, 齋藤理佳, 藤原宏子, 佐藤亮平1, 恒岡洋右, 宮本武典 (1生理): 第95回日本生理学大会 (2018/3/28), 高松.

733002. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) セキセイインコのつがい内コミュニケーションにおける共有コールの機能. 鈴木沙彩, 渡辺愛子, 藤原宏子, 佐藤亮平1, 宮本武典 (1生理): 日本動物学会第70回関東支部大会 (2018/3/21), 東京.


生理学 (高橋単位)

[学術論文]

110010. [原著] TSS-Seq analysis of low pH-induced gene expression in intercalated cells in the renal collecting duct. Izumi Y, Inoue H, Nakayama Y, Eguchi K, Yasuoka Y1, Matsuo N, Nonoguchi H, Kakizoe Y, Kuwabara T, Mukoyama M: PLoS One 2017/8; 12 (8): e0184185. (安岡有紀子1: 1生理)

110011. [原著] Heterotypic endosomal fusion as an initial trigger for insulin-induced glucose transporter 4 (GLUT4) translocation in skeletal muscle. Hatakeyama H1, Kanzaki M: J Physiol 2017/8; 595 (16): 5603-21. (畠山裕康1: 1生理)

110012. [原著] Retained myogenic potency of human satellite cells from torn rotator cuff muscles despite fatty infiltration. Koide M, Hagiwara Y, Tsuchiya M, Kanzaki M, Hatakeyama H1, Tanaka Y, Minowa T,T akemura T, Ando A, Sekiguchi T, Yabe Y, Itoi E: Tohoku J Exp Med 2018/1; 244 (1): 15-24. (畠山裕康1: 1生理)

110013. [原著] Olfactory receptors are expressed in pancreatic β-cells and promote glucose-stimulated insulin secretion. Munakata Y, Yamada T, Imai J, Takahashi K, Tsukita S, Shirai Y, Kodama S, Asai Y, Sugisawa T, Chiba Y, Kaneko K, Uno K, Sawada S, Hatakeyama H1, Kanzaki M, Miyazaki JI, Oka Y, Katagiri H: Sci Rep 2018/1; 8 (1): 1499. (畠山裕康1: 1生理)

110014. [原著] Involvement of neutrophils and interleukin-18 in nociception in a mouse model of muscle pain. Yoshida S, Hagiwara Y, Tsuchiya M, Shinoda M, Koide M, Hatakeyama H1, Chaweewannakorn C, Yano T, Sogi Y, Itaya N, Sekiguchi T, Yabe Y, Sasaki K, Kanzaki M, Itoi E: Mol Pain 2018/1; 14: 1744806918757286. (畠山裕康1: 1生理)

540001. [その他 (トピックス)] 蛍光技術を活用した生理活性物質の放出機構の解明. 高橋倫子 (生理): 科研費News 2017/12; 2017年度Vol.3: 17.

[学会・研究会等]

713004. [学会 (国際)] (一般講演) Identification of heterotypic endosomal fusion as an initial trigger for insulin-induced GLUT4 translocation in skeletal muscle revealed by comprehensive imaging analyses of GLUT4 behavior. Hatakeyama H1, Kanzaki M: FASEB Summer Research Conference "Glucose Transport: Gateway to Metabolic Systems Biology" (2017/7/17), Snowmass Village, CO, USA. (畠山裕康1: 1生理)

713005. [学会 (国際)] (一般講演) Roles of IL-1α/β and Neutrophils in GLUT4 Translocation and Muscle Performance during Exercise. Chayanit Chaweewannakorn, Sekiai S, Tsuchiya M, Koide M, Hatakeyama H1, Sasaki K, Hagiwara Y, Kanzaki M: FASEB Summer Research Conference "Glucose Transport: Gateway to Metabolic Systems Biology" (2017/7/17), Snowmass Village, CO, USA. (畠山裕康1: 1生理)

713006. [学会 (国際)] (一般講演) Roles of Interleukin-1 in mediating the skeletal muscle activity. Chayanit Chaweewannakorn, Tsuchiya M, Kanzaki M, Hagiwara Y, Hatakeyama H1, Koide M, Yoshida S, Sasaki K: The 17th Asian Academy of Craniomandibular Disorders congress (2017/10/21), Jakarta, Indonesia. (畠山裕康1: 1生理)

713007. [学会 (国際)] (一般講演) Configuration of SNARE proteins and calcium-dependent exocytosis. Morimoto Y, Sawada W, Kasai H, Takahashi N1: 20th International Symposium on calcium binding proteins and calcium function in health and disease (CaBP2017) (2017/10/23), Awaji, Japan. (守本祐一, 澤田和可子, 河西春郎, 高橋倫子1: 1生理)

713008. [学会 (国際)] (一般講演) Fludrocortisone Time-Dependently Up-Regulates Erythropoietin (Epo) mRNA Expression via HIF2α Pathway in Rat Kidney. Nonoguchi H1, Yasuoka Y2, Izumi Y, Nakayama Y, Inoue H, Nagai T, Nanami M, Nakanishi T, Mukoyama M, Sato Y3, Kawahara K2: American Society of Nephrology (Kidney Week 2017) (2017/11/4), New Orleans, USA. (野々口博史1, 安岡有紀子2, 泉裕一郎, 中山裕史, 井上英樹, 永井孝則, 名波正義, 中西 健, 向山正志, 佐藤雄一3, 河原克雅2: 1北里大学メディカルセンター, 2生理, 3医療衛生学部)

713009. [学会 (国際)] (一般講演) Fludrocortisone-regulated production of erythropoietin (Epo) in mouse kidney nephron. Yasuoka Y1, Oshima T2, Sato Y3, Nonoguchi H4, Kawahara K1: American Society of Nephrology (Kidney Week 2017) (2017/11/4), New Orleans, USA. (安岡有紀子1, 大嶋友美2, 佐藤雄一3, 野々口博史4, 河原克雅1: 1生理, 2生物物理系, 3医療衛生学部, 4北里大学メディカルセンター)

713010. [学会 (国際)] (一般講演) Roles of Interleukin-1 in the regulation of myoblast fusion and actin dynamics. Chayanit Chaweewannakorn, Hatakeyama H1, Tsuchiya M, Hagiwara Y, Koide M, Yoshida S, Kanzaki M, Sasaki K: ASCB/EMBO 2017Meeting (2017/12/5), Philadelphia, USA. (畠山裕康1: 1生理)

722002. [学会 (全国)] (招待講演等) 基礎医学から広がる糖尿病学. 高橋倫子 (生理): 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 (2017/5/19), 名古屋.

722003. [学会 (全国)] (招待講演等) 画像化手法を用いた膵内分泌研究. 高橋倫子 (生理): 第44回日本神経内分泌学会学術集会 (2017/10/21), 相模原.

723017. [学会 (全国)] (一般講演) NH4Cl負荷マウスの尿酸性化にTALのアンモニア (NH3/NH4+) 輸送は必須である. 安岡有紀子1, 大嶋友美2, 佐藤雄一3, 野々口博史4, 河原克雅1 (1生理, 2生物物理系, 3医療衛生学部, 4北里大学メディカルセンター): 第60回日本腎臓学会学術総会 (2017/5/28), 仙台,日本腎臓学会誌 2017; 59 (3): 366.

723018. [学会 (全国)] (一般講演) 自尿を有する透析患者の水電解質・栄養指導. 河原克雅1, 佐々木裕子, 安岡有紀子1, 野々口博史2, 猪岡英二, 関野 慎 (1生理, 2北里大学メディカルセンター): 第8回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 (2018/3/17), 仙台.

723019. [学会 (全国)] (一般講演) Biphasic increase of fudrocortisone-induced plasma erythropoietin concentrations in mice. 安岡有紀子1, 大嶋友美2, 佐藤雄一3, 野々口博史4, 河原克雅1 (1生理, 2生物物理系, 3医療衛生学部, 4北里大学メディカルセンター): 第95回日本生理学会大会 (2018/3/30), 高松.

723020. [学会 (全国)] (一般講演) Exocytic mechanism analyzed with fluorescence and 2-photon microscopy. 守本祐一, 澤田和可子, 河西春郎, 高橋倫子1 (1生理): 第95回日本生理学会大会 (2018/3/30), 高松.

723021. [学会 (全国)] (一般講演) Physiological role of Ca-sensing receptor expressed in type B intercalated cells of the mouse kidney cortical collecting duct. 大嶋友美1, 安岡有紀子2, 福田英一2, 高橋倫子2, 河原克雅2 (1生物物理系, 2生理): 第95回日本生理学会大会 (2018/3/30), 高松.

732001. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 持続可能なキャリア形成の機会構築に向けて. 高橋倫子 (生理): 第55回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2018/1/20), 新潟.

H28年度以前分

[学術論文]

H27-110001. [原著] Two-photon fluorescence lifetime imaging of primed SNARE complexes in presynaptic terminals and β cells. Takahashi N1, Sawada W, Noguchi J, Watanabe S, Ucar H, Hayashi-Takagi A, Yagishita S, Ohno M, Tokumaru H, Kasai H: Nature Communications 2015/10; 6: Article number: 8531. doi:10.1038/ncomms9531. (高橋倫子1: 1生理)

H27-110002. [原著] Design and synthesis of a n` chromophore, 2-(4-nitrophenyl)benzofuran, for two-photon uncaging using near-IR light. Komori N, Jakkampudi S, Motoishi R, Abe M, Kamada K, Furukawa K, Katan C, Sawada W, Takahashi N1, Kasai H, Xue B, Kobayashi T: Chem Commun (Camb) 2016/1; 52 (2): 331-4. (高橋倫子1: 1生理)

H28-110001. [原著] Design and Synthesis of a 4-Nitrobromobenzene Derivative Bearing an Ethylene Glycol Tetraacetic Acid Unit for a New Generation of Caged Calcium Compounds with Two-Photon Absorption Properties in the Near-IR Region and Their Application in Vivo Jakkampudi S, Abe M, Komori N, Takagi R, Furukawa K, Katan C, Sawada W, Takahashi N1, Kasai H: ACS Omega 2016/8; 1 (2): 193-201. (高橋倫子1: 1生理)

H28-110002. [原著] State-dependent diffusion of actin-depolymerizing factor/cofilin underlies the enlargement and shrinkage of dendritic spines. Noguchi J, Hayama T, Watanabe S, Ucar H, Yagishita S, Takahashi N1, Kasai H: Scientific Reports 2016/9; 6: Article number: 32897. doi:10.1038/srep32897. (高橋倫子1: 1生理)

H28-110003. [原著] Opposing roles for SNAP23 in secretion in exocrine and endocrine pancreatic cells. Kunii M, Ohara-Imaizumi M, Takahashi N1, Kobayashi M, Kawakami R, Kondoh Y, Shimizu T, Simizu S, Lin B, Nunomura K, Aoyagi K, Ohno M, Ohmuraya M, Sato T, Yoshimura SI, Sato K, Harada R, Kim YJ8, Osada H, Nemoto T, Kasai H, Kitamura T, Nagamatsu S, Harada A: J Cell Biol 2016/10; 215 (1): 121-38. (高橋倫子1: 1生理)

H28-110004. [原著] Live-cell single-molecule labeling and analysis of myosin motors with quantum dots. Hatakeyama H1, Nakahata Y, Yarimizu H, Kanzaki M: Mol Biol Cell 2017/1; 28 (1): 173-81. (畠山裕康1: 1生理)

H28-110005. [原著] Munc18b Increases Insulin Granule Fusion, Restoring Deficient Insulin Secretion in Type-2 Diabetes Human and Goto-Kakizaki Rat Islets with Improvement in Glucose Homeostasis. Qin T, Liang T, Zhu D, Kang Y, Xie L, Dolai S, Sugita S, Takahashi N1, Ostenson CG, Banks K, Gaisano HY: EBioMedicine 2017/2; 16: 262-74. (高橋倫子1: 1生理)

[著 書]

H28-620001. [学術書 (分担執筆)]【糖尿病医療を志す 先達から若き人へ贈る言葉129】5. 研究や実験の醍醐味 生理学実習を担当して, p.138-9. 高橋倫子 (生理). 編:『プラクティス』編集委員会, 企画: 野田光彦, 吉岡成人, 三浦義孝, 医歯薬出版, 東京, 2017/2発行.

[学会・研究会等]

H26-722001. [学会 (全国)] (招待講演等) 2光子励起画像法による蛋白質複合化の評価. 高橋倫子1, 澤田和可子, 渡辺 惠, 河西春郎 (1生理): 第34回表面科学学術講演会 (2014/11/7), 島根.

H26-723001. [学会 (全国)] (一般講演) Function of a t-SNARE protein SNAP23 in exocrine and endocrine pancreas. 國井政孝, 高橋倫子1, 小林雅樹, 川上良介, 佐藤隆史,吉村信一郎, 佐藤 健, 根本知己, 河西春郎, 北村忠弘, 原田彰宏 (1生理): 第120回日本解剖学会総会・全国学術集会・第92回日本生理学会大会合同大会 (2015/3/21), 神戸.

H28-722001. [学会 (全国)] (招待講演等) Two-photon fluorescence lifetime imaging of primed SNARE complexes. 高橋倫子1, Sawada W, Noguchi J, Hasan U, Watanabe S, Kasai H (1生理): 第39回日本神経科学学会大会 (2016/7/22), 神奈川.

H28-723001. [学会 (全国)] (ポスター) Configuration of SNAP25 at the exocytic sites analyzed with 2-photon excitation FLIM. 高橋倫子1, Sawada W, Watanabe S, Kasai H (1生理): 第94回日本生理学会大会 (2017/3/29), 静岡.


生化学 (堺単位)

[学術論文]

110015. [原著] Novel small molecule inhibiting CDCP1-PKCδ pathway reduces tumor metastasis and proliferation. Nakashima K, Uekita T, Yano S, Kikuchi JI, Nakanishi R, Sakamoto N, Fukumoto K, Nomoto A, Kawamoto K, Shibahara T, Yamaguchi H, Sakai R1: Cancer Sci 2017/5; 108 (5): 1049-57. (堺 隆一1: 1生化)

110016. [原著] Actinin-1 and actinin-4 play essential but distinct roles in invadopodia formation by carcinoma cells. Yamaguchi H, Ito Y, Miura N, Nagamura Y, Nakabo A, Fukami K, Honda K, Sakai R1: Eur J Cell Biol 2017/10; 96 (7): 685-94. (堺 隆一1: 1生化)

110017. [原著] The number and distribution of AMPA receptor channels containing fast kinetic GluA3 and GluA4 subunits at auditory nerve synapses depend on the target cells. Rubio ME, Matsui K, Fukazawa Y, Kamasawa N, Harada H, Itakura M1, Molnr E, Abe M, Sakimura K, Shigemoto R: Brain Struct Funct 2017/11; 222 (8): 3375-93. (板倉 誠1: 1生化)

[学会・研究会等]

713011. [学会(国際)] (一般講演)The signaling complex of tyrosine phosphatase SHP2 and docking protein ShcC regulates oncogenicity of neuroblastoma cells in a tyrosine-phosphorylation dependent manner. Tomiyama A, Sakai R1: The 3rd Asia-Pacific International Symposium of Neuroblastoma (2017/10/6), Tokyo. (堺 隆一1: 1生化)

713012. [学会 (国際)] (一般講演) The effects of FGF signaling on TGF-beta-induced EMT. Shirakihara T1: The 8th International EMT Meeting (2017/12/8), Houston, Texas, USA. (白木原琢哉1: 1生化)

722004. [学会 (全国)] (招待講演等) VAMP7 regulates autophagy to maintain mitochondrial homeostasis and to control insulin secretion in pancreatic β- cells. Aoyagi K, 板倉 誠1, Nakamichi Y, Nishiwaki C, Torii S, Nagamatsu S, Ohara-Imaizumi M (1生化) 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 (2017/5/19), 愛知.

723022. [学会 (全国)] (一般講演) Short-term memory is dispensable for long-term memory formation in motor learning. Shigemoto R, Mingzhu ZhaiZhai Mingzhu, Wen Wang, Elena Hollergschwandtner, Fukazawa Y, 板倉 誠1, Aiba A, De Zeeuw Chris (1生化): 第40回日本神経科学大会 (2017/7/20), 千葉.

723023. [学会 (全国)] (一般講演) スキルス胃がんの悪性化に寄与する受容体型チロシンキナーゼ結合タンパク質の解析. 白木原琢哉1, 山口英樹, 堺 隆一1 (1生化): 第26回日本がん転移学会学術集会・総会 (2017/7/27), 大阪.

723024. [学会(全国)] (一般講演) スキルス胃癌細胞の増殖及び転移浸潤におけるSHP2の機能解析. 山口英樹, 堺 隆一1 (1生化): 第26回日本がん転移学会学術集会・総会 (2017/7/27), 大阪.

723025. [学会 (全国)] (一般講演) HTLV-1 Env由来ペプチドとニューロピリン1 b1ドメインの相互作用解析. 楠 英樹, 田中俊之, 河野俊之1, 松橋一彦, 森茂太郎, 細田和男, 若松 馨, 浜口 功 (1生化): 第4回日本HTLV-1学会学術集会 (2017/8/19), 枚方.

723026. [学会 (全国)] (一般講演) Photo cross-linking and MS analyses of the amyloid b-peptide oligomers. Kawashita M, Yoshida S, Yoshinaga S, Takeda M, Tanaka A, Hamaguchi T, Yamaguchi H, Iwamoto S, Saito T, Takinami Y, 河野俊之1, Saido T, Terasawa H (1生化): 第55回日本生物物理学会年会 (2017/9/19), 熊本.

723027. [学会 (全国)] (一般講演) スキルス胃がんの悪性化に関わる受容体型チロシンキナーゼ標的タンパク質の探索と機能解析. 白木原琢哉1, 堺 隆一1 (1生化): 第76回日本癌学会学術総会 (2017/9/29), 横浜.

723028. [学会(全国)] (一般講演) スキルス胃癌細胞におけるSHP2の機能解析. 山口英樹, 富山新太, 堺 隆一1 (1生化): 第76回日本癌学会学術総会 (2015/9/29), 横浜.

H28年度以前分

[学会・研究会等]

H28-723002. [学会 (全国)] (一般講演) 癌進展に関わる膜タンパク質CDCP1とPKCδとの相互作用を標的とした新規治療薬の開発. 中島克彦, 上北尚正, 堺 隆一1 (1生化): 第75回日本癌学会学術総会 (2016/10/7), 横浜.


生化学 (萬代単位)

[学術論文]

110018. [原著] SNAP-25 phosphorylation at Ser187 regulates synaptic facilitation and short-term plasticity in an age-dependent manner. Katayama N, Yamamori S1, Fukaya M2, Kobayashi S, Watanabe M, Takahashi M1, Manabe T: Sci Rep 2017/8; 7 (1): 7996. (山森早織1, 深谷昌弘2, 高橋正身1: 1生化, 2解剖)

110019. [原著] Comparison of methods to release mucin-type O-glycans for glycomic analysis. Goso Y1, Sugaya T2, Ishihara K3, Kurihara M: Anal Chem 2017/9; 89 (17): 8870-6. (五艘行信1, 菅谷津貴子2, 石原和彦3: 1生化, 2病態・診療系, 3保健衛生専門学院)

[学会・研究会等]

723029. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Phosphorylation of SNAP-25 induced by anesthesia in mice brain. 山森早織1, 菅谷津貴子2, 片岡正和3 (1生化, 2病態・診療系, 3信州大学工学部): 第60回日本神経化学会大会 (2017/9/7-9), 仙台.

723030. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 2色環状波長板を用いた3次元超解像顕微鏡による免疫染色チューブリン繊維の観察. 熊谷 寛1, 池滝慶記, 岡田大助2 (1医療衛生学部, 2生化): 第38回日本レーザー医学会総会 ( 2017/11/10), 横浜.

723031. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 蛍光タンパク質Akaneの性状解析. 神保 充1, 大竹真由美1, 岡田大助2, 石川春樹3, 熊谷 寛4 (1海洋生命学部, 2生化, 3理学部, 4医療衛生学部): 平成30年度日本水産学会春季大会 ( 2018/3/26), 東京.

H28年度以前分

[学術論文]

H28-120001. [原著] FT-IR スペクトルを使った糖の水和構造解析. 石井郁子1, 傘 孝之 (1生化): 日本歯科大学紀要 2017/3; 46: 6-11.


分子遺伝学

[学術論文]

110020. [原著] Brain morphology in children with nevoid basal cell carcinoma syndrome. Shiohama T, Fujii K, Miyashita T1, Mizuochi H, Uchikawa H, Shimojo N: Am J Med Genet A 2017/4; 173 (4): 946-52. (宮下俊之1: 1分子遺伝)

110021. [原著] The serine 106 residue within the N-terminal transactivation domain is crucial for Oct4 function in mice. Mitani A, Fukuda A, Miyashita T1, Umezawa A, Akutsu H: Zygote 2017/4; 25 (2): 197-204. (宮下俊之1: 1分子遺伝)

110022. [原著] Somatic mosaicism containing double mutations in PTCH1 revealed by generation of induced pluripotent stem cells from nevoid basal cell carcinoma syndrome. Ikemoto Y, Takayama Y1, Fujii K, Masuda M2, Kato C2, Hatsuse H, Fujitani K, Nagao K1, Kameyama K1, Ikehara H, Toyoda M, Umezawa A, Miyashita T1: J Med Genet 2017/8; 54 (8): 579-84. (高山吉永1, 増田木理2, 加藤千勢2, 長尾和右1, 亀山孝三1, 宮下俊之1: 1分子遺伝, 2大学院医療系研究科)

110023. [原著] L-leucine and SPNS1 coordinately ameliorate dysfunction of autophagy in mouse and human Niemann-Pick type C disease. Yanagisawa H, Ishii T, Endo K, Kawakami E, Nagao K1, Miyashita T1, Akiyama K, Watabe K, Komatsu M, Yamamoto D, Eto Y: Sci Rep 2017/11; 7 (1): 15944. (長尾和右1, 宮下俊之1: 1分子遺伝)

521001. [解説]【レクチャー】遺伝子バリアントの表記法 第1回. 宮下俊之 (分子遺伝): 家族性腫瘍 2017/10; 17 (1): 18-9.

521002. [解説]【レクチャー】遺伝子バリアントの表記法 第2回. 宮下俊之 (分子遺伝): 家族性腫瘍 2018/1; 17 (2): 44-5.

[学会・研究会等]

723032. [学会 (全国)] (一般口演) MicroRNA analysis in dermal fibroblasts derived from Gorlin syndrome patients. Shiohama T, Fujii K, Takatani T, Miyashita T1, Ikehara H, Fujita M, Fukuhara T, Shimojo N: 第59回小児神経学会学術集会 (2017/6/16), 大阪. (宮下俊之1: 1分子遺伝)

723033. [学会 (全国)] (ポスター) 疾患特異的iPS細胞の解析を契機に発見された母斑基底細胞癌症候群のモザイク症例. 宮下俊之1, 高山吉永1, 他 (1分子遺伝): 第23回日本家族性腫瘍学会学術集会 (2017/8/4), 札幌.

723034. [学会 (全国)] (一般講演) 母斑基底細胞癌症候群患者由来のiPS細胞に見いだされたPTCH1遺伝子の体細胞モザイク変異. 高山吉永1, 長尾和右1, 宮下俊之1, 藤井克則 (1分子遺伝): 第76回日本癌学会学術総会 (2017/9/30), 横浜.

723035. [学会 (全国)] (一般講演) Gorlin症候群責任遺伝子PTCH1のディープシークエンス解析. 増田木理, 兼友裕大, 高山吉永1, 初瀬洋美, 藤谷和子, 長尾和右1, 亀山孝三1, 藤井克則, 宮下俊之1 (1分子遺伝): 2017年度生命科学系学会合同年次大会 (第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会) (2017/12/6), 神戸.

723036. [学会 (全国)] (一般講演) CRISPR/Cas9システムを用いたNBCCS疾患モデルiPS細胞の作製. 荒井佑斗, 加藤千勢, 長尾和右1, 初瀬洋美, 高山吉永1, 亀山孝三1, 梅澤明弘, 藤井克則, 宮下俊之1 (1分子遺伝): 2017年度生命科学系学会合同年次大会 (第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会) (2017/12/7), 神戸.

733003. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Gorlin症候群におけるPTCH1遺伝子のモザイク変異検出. 高山吉永1, 兼友裕大, 増田木理, 初瀬洋美, 長尾和右1, 亀山孝三1, 宮下俊之1 (1分子遺伝): 第30回北里大学バイオサイエンスフォーラム・第20回北里微生物アカデミー (2017/8/25), 十和田.

733004. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 次世代シークエンサーを用いたGorlin症候群責任遺伝子PTCH1変異の網羅的解析. 高山吉永1, 兼友裕大, 増田木理, 初瀬洋美, 長尾和右1, 亀山孝三1, 宮下俊之1 (1分子遺伝): 第30回北里大学バイオサイエンスフォーラム・第20回北里微生物アカデミー (2017/8/25), 十和田.


薬理学

[学術論文]

110024. [原著] RAMP1 suppresses mucosal injury from dextran sodium sulfate-induced colitis in mice. Kawashima-Takeda N1, Ito Y2, Nishizawa N1, Kawashima R, Tanaka K3, Tsujikawa K, Watanabe M4, Majima M2: J Gastroenterol Hepatol 2017/4; 32 (4): 809-18. (武田憲子1, 伊藤義也2, 西澤伸恭1, 田中 潔3, 渡邊昌彦4, 馬嶋正隆2: 1一般・小児・肝胆膵外, 2薬理, 3新世紀医療・先端医療, 4下部消化管外)

110025. [原著] Angiotensin II subtype 1a receptor signaling in resident hepatic macrophages induces liver metastasis formation. Shimizu Y1, Amano H2, Ito Y2, Betto T3, Yamane S3, Inoue T3, Nishizawa N4, Matsui Y5, Kamata M6, Nakamura M7, Kitasato H7, Koizumi W1, Majima M2: Cancer Sci 2017/9; 108 (9): 1757-68. (清水裕貴1, 天野英樹2, 伊藤義也2, 別當朋広3, 山根早紀子3, 井上智仁3, 西澤伸恭4, 松井啓夫5, 鎌田真理子6, 中村正樹7, 北里英郎7, 小泉和三郎1, 馬嶋正隆2: 1消化器内, 2薬理, 3大学院医療系研究科, 4一般・小児・肝胆膵外, 5呼吸器外, 6腎臓内, 7医療衛生学部)

110026. [原著] RAMP1 signaling improves lymphedema and promotes lymphangiogenesis in mice. Mishima T1, Ito Y2, Nishizawa N3, Amano H2, Tsujikawa K, Miyaji K1, Watanabe M4, Majima M2: J Surg Res 2017/11; 219: 50-60. (美島利昭1, 伊藤義也2, 西澤伸恭3, 天野英樹2, 宮地 鑑1, 渡邊昌彦4, 馬嶋正隆2: 1心臓血管外, 2薬理, 3一般・小児・肝胆膵外, 4下部消化管外)

120001. [原著] PGE2誘導膜型PG合成酵素 (mPGES-1) はPGE2/EP4受容体シグナルを介して肝温虚血再灌流障害を制御する. 西澤伸恭1, 伊藤義也2, 古城 憲3, 大久保博世4, 渡邊昌彦3, 馬嶋正隆2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2薬理, 3下部消化管外, 4心臓血管外): 日本Shock学会雑誌 2017/4; 31 (2): 22-7.

522002. [講座]【特集: 血管制御系と疾患】生理活性脂質と脈管新生. 馬嶋正隆1, 天野英樹1, 細野加奈子, 伊藤義也1 (1薬理): 生体の科学 2017/8; 68 (4): 304-8.

[学会・研究会等]

713013. [学会 (国際)] (一般講演) INHIBITION OF INDUCIBLE PROSTAGLANDIN E2 SYNTHASE PROMOTES LIVER REPAIR FOLLOWING HEPATIC ISCHEMIA/REPERFUSION. Kojo K1, Ito Y2, Nishizawa N3, Ohkubo H4, Inoue T5, Watanabe M1, Majima M2: 40th Annual Conference on Shock (2017/6/3), Fort Lauderdale, FL, USA. (古城 憲1, 伊藤義也2, 西澤伸恭3, 大久保博世4, 井上智仁5, 渡邊昌彦1, 馬嶋正隆2: 1下部消化管外, 2薬理, 3一般・小児・肝胆膵外, 4心臓血管外, 5大学院医療系研究科)

713014. [学会 (国際)] (一般講演) PGE2 Derived from Microsomal Prostaglandin E Synthase-1 (Mpges-1) Induces Hepatic Ischemia/Reperfusion Injury through EP4 Receptor Signaling. Nishizawa N1, Ito Y2, Kojo K3, Ohkubo H4, Watanabe M3, Majima M2: 40th Annual Conference on Shock (2017/6/3), Fort Lauderdale, FL, USA. (西澤伸恭1, 伊藤義也2, 古城 憲3, 大久保博世4, 渡邊昌彦3, 馬嶋正隆2: 1一般・小児・肝胆膵外, 2薬理, 3下部消化管外, 4心臓血管外)

722005. [学会 (全国)] (招待講演等) 病態時のリンパ管, リンパ組織の可塑性を制御する生理活性脂質の役割. 馬嶋正隆1, 天野英樹1, 細野加奈子, 伊藤義也1 (1薬理): 第38回日本炎症・再生医学会 (2017/7/18), 大阪.

723037. [学会 (全国)] (一般講演) デキストラン硫酸ナトリウム誘発腸炎におけるVEGF1型受容体の役割. 別當朋広1, 天野英樹2, 山根早紀子1, 井上智仁1, 清水裕貴1, 西澤伸恭3, 伊藤義也2, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3一般・小児・肝胆膵外): 第38回日本炎症・再生医学会 (2017/7/18), 大阪.

723038. [学会 (全国)] (一般講演) ブレオマイシン誘発肺線維症モデルにおけるVEGFR1TK signalingの役割. 天野英樹1, 松井哲夫, 伊藤義也1, 渋谷正史, 馬嶋正隆1 (1薬理): 第38回日本炎症・再生医学会 (2017/7/18), 大阪.

723039. [学会 (全国)] (一般講演) 膜結合型プロスタグランジン合成酵素-1により産生されたプロスタグランジンE2はEP4シグナルを介して肝虚血再灌流障害における肝修復を遅延させる. 西澤伸恭1, 伊藤義也2, 井上智仁3, 大久保博世4, 古城 憲5, 天野英樹3, 渡邊昌彦5, 馬嶋正隆2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2薬理, 3大学院医療系研究科, 4心臓血管外, 5下部消化管外): 第38回日本炎症・再生医学会 (2017/7/18), 大阪.

723040. [学会 (全国)] (一般講演) 肝虚血再潅流障害後の肝修復過程におけるプロスタグランジンE2の役割. 伊藤義也1, 西澤伸恭2, 大久保博世3, 古城 憲4, 井上智仁5, 中本修司5, 大高史聖5, 津留世里5, 天野英樹1, 馬嶋正隆1 (1薬理, 2一般・小児・肝胆膵外, 3心臓血管外, 4下部消化管外, 5大学院医療系研究科): 第31回肝類洞壁細胞研究会学術集会 (2017/11/24), 津.

733005. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) mPGES-1抑制による肝虚血再潅流後の肝修復促進作用. 伊藤義也1, 西澤伸恭2, 大久保博世3, 古城 憲4, 井上智仁5, 中本修司5, 大高史聖5, 津留世里5, 天野英樹1, 馬嶋正隆1 (1薬理, 2一般・小児・肝胆膵外, 3心臓血管外, 4下部消化管外, 5大学院医療系研究科): 第136回日本薬理学会関東部会 (2017/7/8), 東京.

733006. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) RAMP1シグナルによる自己免疫性肝炎制御. 井上智仁1, 伊藤義也2, 西澤伸恭3, 別當朋広1, 山根早紀子1, 大高史聖 1, 中本修司1, 津留世里1, 天野英樹2, 小泉和三郎4, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3一般・小児・肝胆膵外, 4消化器内): 第136回日本薬理学会関東部会 (2017/7/8), 東京.

733007. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 膜結合型PGE合成酵素-1 (mPGES-1) による肝虚血再灌流障害後の肝修復抑制作用. 井上智仁1, 伊藤義也2, 西澤伸恭3, 古城 憲4, 大久保博世5, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3一般・小児・肝胆膵外, 4下部消化管外, 5心臓血管外): 第32回日本Shock学会総会 (2017/9/30), 岐阜.

H28年度以前分

[学術論文]

H28-110006. [原著] The role of angiotensin II in liver metastasis formation from colorectal cancer. Shimizu Y1, Amano H2, Ito Y2, Betto T3, Yamane S3, Inoue T3, Nishizawa N4, Matsui Y5, Kamata M6, Nakamura M7, Kitasato H7, Koizumi W1, Majima M2: Kitasato Med J 2017/3; 47 (1): 43-51. (清水裕貴1, 天野英樹2, 伊藤義也2, 別當朋広3, 山根早紀子3, 井上智仁3, 西澤伸恭4, 松井啓夫5, 鎌田真理子6, 中村正樹7, 北里英郎7, 小泉和三郎1, 馬嶋正隆2: 1消化器内, 2薬理, 3大学院医療系研究科, 4一般・小児・肝胆膵外, 5呼吸器外, 6腎臓内, 7医療衛生学部)

H28-220001. [準原著] 病態時のリンパ管, リンパ組織の可塑性を制御する生理活性脂質の役割. 馬嶋正隆1, 天野英樹1, 細野加奈子, 伊藤義也1 (1薬理): 感染 炎症 免疫 2017/2; 47 (2): 59-68.


微生物学

[学術論文]

110027. [原著] Expression of tumor suppressor REIC/Dkk-3 by a newly improved adenovirus vector with insertion of a hTERT promoter at the 3'-side of the transgene. Putranto EW, Kinoshita R, Watanabe M, Sadahira T, Murata H, Yamamoto KI, Futami J, Kataoka K, Inoue Y, Winarsa Ruma IM, Sumardika IW, Youyi C, Kubo M, Sakaguchi Y1, Saito K, Nasu Y, Kumon H, Huh NH, Sakaguchi M: Oncol Lett 2017/7; 14 (1): 1041-8. (阪口義彦1: 1微生物)

110028. [原著] Role of AmpR in the High Expression of the Plasmid-Encoded AmpC β-Lactamase CFE-1. Nakano R, Nakano A, Yano H, Okamoto R1: mSphere 2017/8; 2 (4) pii: e00192-17. (岡本了一1: 1微生物)

110029. [原著] Adsorption of Staphylococcus viruses S13' and S24-1 on Staphylococcus aureus strains with different glycosidic linkage patterns of wall teichoic acids. Uchiyama J, Taniguchi M, Kurokawa K, Takemura-Uchiyama I, Ujihara T, Shimakura H, Sakaguchi Y1, Murakami H, Sakaguchi M, Matsuzaki S: J Gen Virol 2017/8; 98 (8): 2171-80. (阪口義彦1: 1微生物)

110030. [原著] Cellular Entry of Clostridium perfringens Iota-Toxin and Clostridium botulinum C2 Toxin. Takehara M, Takagishi T, Seike S, Oda M, Sakaguchi Y1, Hisatsune J, Ochi S, Kobayashi K, Nagahama M: Toxins (Basel) 2017/8; 9 (8) pii: E247. (阪口義彦1: 1微生物)

522003. [講座]【特集: 腸炎まるわかり】[感染性腸炎] コラム: 腸管スピロヘータ症. 竹澤敬人, 林 俊治1, 山本博徳 (1微生物): 消化器内視鏡 2017/1; 29 (1): 94-6.

540002. [その他 (研究報告書)]【科学研究費補助金・基盤研究 (C)「C型とD型ボツリヌス毒素遺伝子を伝達するファージの宿主認識機構の解明とその応用 (研究期間: 平成28年度〜平成30年度)」】研究代表者: 阪口義彦1, 研究分担者: 林 俊治1, 加藤はる, 大宮直木, 内山淳平, 妹尾充敏 (1微生物):「C型とD型ボツリヌス毒素遺伝子を伝達するファージの宿主認識機構の解明とその応用」2016年度実施状況報告書 2017/5; https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-16K08785/16K087852016hokoku/.

540003. [その他 (研究報告書)]【平成28-29年度教員プロジェクト研究「バクテリオファージを利用した新規ディフィシル菌感染症の治療法の開発 (研究期間: 平成28年度〜平成29年度)」】研究代表者: 阪口義彦1, 共同研究者: 林 俊治1, 北里英郎2, 中村正樹2, 内田健太郎3, 加藤はる, 妹尾充敏, 山口明日美4, 江田諒太郎4, 橋本俊亮4, 川田逸人4, 前花祥太郎4 (1微生物, 2医療衛生学部, 3整外, 4大学院医療系研究科):「バクテリオファージを利用した新規ディフィシル菌感染症の治療法の開発」研究中間報告書 2017/9.

[著 書]

620001. [学術書 (分担執筆)]【病原細菌・ウイルス図鑑】細菌編 クロストリジウム科 クロストリジウム属 破傷風菌, ディフィシル菌, p.309-12. 小熊惠二, 阪口義彦1, 鈴木智典, 山本由弥子 (1微生物), 編: 新居志郎, 倉田 毅, 林 英生, 本田武司, 小田 紘, 松本 明, 北海道大学出版会, 北海道, 2017/11発行.

620002. [学術書 (分担執筆)]【シンプル微生物学 改訂第6版】第4編 細菌学各論 4. グラム陰性好気性桿菌および球菌 B. モラクセラ科, p.164-6. 林 俊治 (微生物), 編: 小熊恵二, 堀田 博, 若宮伸隆, 南江堂, 東京, 2018/3発行.

620003. [学術書 (分担執筆)]【シンプル微生物学 改訂第6版】第9編 感染症の予防と対策 1. 滅菌と消毒, p.397-407. 林 俊治 (微生物), 編: 小熊恵二, 堀田 博, 若宮伸隆, 南江堂, 東京, 2018/3発行.

[学会・研究会等]

713015. [学会 (国際)] (一般講演) Analysis of adsorption of phages, S13' and S24-1, belonging to the family Podoviridae genus P68virus, using Staphylococcus aureus strains with different glycosidic linkage patterns of wall teichoic acids. Uchiyama J, Taniguchi M, Kurokawa K, Takemura-Uchiyama I, Ujihara T, Shimakura H, Sakaguchi Y1, Murakami H, Sakaguchi M, Matsuzaki S: International Union of Microbiological Societies (IUMS) 2017 (2017/7/17), Singapore. (阪口義彦1: 1微生物)

713016. [学会 (国際)] (一般講演) Adsorption of Staphylococcus viruses S13' and S24-1 on Staphylococcus aureus strains with different glycosidic linkage patterns of wall teichoic acids. Uchiyama J, Taniguchi M, Kurokawa K, Takemura-Uchiyama I, Ujihara T, Shimakura H, Sakaguchi Y1, Murakami H, Sakaguchi M, Matsuzaki S: The 16th Awaji International Forum on Infection and Immunity (2017/9/5), Awaji, Japan. (阪口義彦1: 1微生物)

723041. [学会 (全国)] (一般講演) 医療環境における銅合金表面付着菌と有機汚染物の挙動. 笹原武志1, 畑 克彦, 斉藤春夫, 幸 洋二, 仙田 繁, 和田正彦 (1微生物): 第57回日本銅学会講演大会 (2017/11/19), 富山.

723042. [学会 (全国)] (一般講演) Acinetobacter baumanniiのresistance islandの遺伝子解析. 山口明日美1, 阪口義彦1, 小山内洋子1, 松井真理, 小林秀丈, 内山淳平, 松井秀仁, 花木秀明, 林 俊治1 (1微生物): 第29回日本臨床微生物学会総会・学術集会 (2018/2/9), 岐阜.

723043. [学会 (全国)] (一般講演) Acinetobacter baumanniiの同定方法の比較検討. 山口明日美1, 阪口義彦1, 松井真理, 内山淳平, 松井秀仁, 花木秀明, 小林秀丈, 林 俊治1 (1微生物): 第91回日本細菌学会総会 (2018/3/27), 福岡.

723044. [学会 (全国)] (一般講演) Analysis of botulinum neurotoxin-converting phages in Clostridium botulinum types C and D. 阪口義彦1, Uchiyama J, Ogura Y, Gotoh K, Yamamoto Y, Matsuzaki S, 山口明日美1, Hayashi T, Oguma K, 林 俊治1 (1微生物): 第91回日本細菌学会総会 (2018/3/27), 福岡.

723045. [学会 (全国)] (一般講演) 関東の医療施設で分離されたAcinetobacter baumanniiの分子疫学的解析. 山口明日美1, 阪口義彦1, 松井真理, 小林秀丈, 内山淳平, 松井秀仁, 花木秀明, 林 俊治1 (1微生物): 第91回日本細菌学会総会 (2018/3/27), 福岡.

732002. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) C型ボツリヌス毒素を支配するバクテリオファージの解析. 阪口義彦 (微生物): 第8回北里感染症教育フォーラム (2017/5/20), 東京.

733008. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 関東の医療施設で分離されたAcinetobacter baumanniiの分子疫学的解析. 山口明日美1, 阪口義彦1, 小山内洋子1, 小林秀丈, 松井真理, 内山淳平, 松井秀仁, 花木秀明, 林 俊治1 (1微生物): 第100回日本細菌学会関東支部総会 (2017/9/28), 東京.

733009. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Acinetobacter baumanniiの同定方法の比較検討. 山口明日美1, 阪口義彦1, 小山内洋子1, 松井秀仁, 花木秀明, 松井真理, 内山淳平, 林 俊治1 (1微生物): 平成29年度日臨技関甲信支部・首都圏支部医学検査学会 (第54回) (2017/10/28), 埼玉.

733010. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 黄色ブドウ球菌における大型ファージの普遍形質導入の研究. 中森洋佑, 内山淳平, 村上裕信, 阪口義彦1, 水上圭二郎, 内山伊代, 阪口雅弘 (1微生物): 第2回獣医微生物学フォーラム (2018/3/3), 東京.


寄生虫学

[学術論文]

110031. [原著] Interleukin-13/interleukin-4 receptor pathway is crucial for production of Sda-sialomucin in mouse small intestinal mucosa by Nippostrongylus brasiliensis infection. Tsubokawa D1, Ishiwata K, Goso Y2, Nakamura T1, Hatta T1, Ishihara K3, Kanuka H, Tsuji N1: Parasitol Int 2017/12; 66 (6): 731-4. (坪川大悟1, 五艘行信2, 中村 健1, 八田岳士1, 石原和彦3, 辻 尚利1: 1寄生虫, 2生化, 3保健衛生専門学院)

110032. [原著] Application of Percoll density gradient centrifugation for separation of Babesia ovatainfected erythrocytes. Sato M, Hatta T1, Maeda H, Tsubokawa D1, Alim MA, Tsuji N1, Inoue N, Suzuki H, Umemiya-Shirafuji R: J Protozool Res 2017/12; 27 (1-2): 8-12. (八田岳士1, 坪川大悟1, 辻 尚利1: 1寄生虫)

110033. [原著] Transovarial persistence of Babesia ovata DNA in a hard tick, Haemaphysalis longicornis, in a semi-artificial mouse skin membrane feeding system. Umemiya-Shirafuji R, Hatta T1, Okubo K, Sato M, Maeda H, Kume A, Yokoyama N, Igarashi I, Tsuji N1, Fujisaki K, Inoue N, Suzuki H: Acta Parasitol 2017/12; 62 (4): 836-41. (八田岳士1, 辻 尚利1: 1寄生虫)

210001. [準原著] Tapeworm-related cutaneous larva migrans is caused by a cysteine protease from the larvae themselves. Tsubokawa D1, Hatta T1, Tsuji N1: ATLAS of Science 2018/1; 43115. (坪川大悟1, 八田岳士1, 辻 尚利1: 1寄生虫)

210002. [準原著] A case of recurrent amoebic colitis treated with paramomycin in Japan. Tsubokawa D1, Takayama Y, Tounou S, Mochida T, Ishida Y, Hatta T1, Tachibana H, Tsuji N1: Clinical Parasitology 2017/12; 28: 80-3. (坪川大悟1, 八田岳士1, 辻 尚利1: 1寄生虫)

[学会・研究会等]

711001. [学会 (国際)] (特別講演) Research and education using parasitic helminthes in Kitasato University. Tsubokawa D1, Hatta T1, Tsuji N1: RTC-COVAB and Kitasato University School of Medicine (Japan) Joint Seminar (2017/11/9), Kampala, Uganda. (坪川大悟1, 八田岳士1, 辻 尚利1: 1寄生虫)

712001. [学会 (国際)] (招待講演等) Bioactive substances of hematophagous infectious disease vectors and longistatin, an antagonist of the receptor for advanced glycation end products. Tsuji N1: 90th Anniversary Symposium of Dr. Hideyo Noguchi's Arrival in Ghana (2017/11/12), Accura, Ghana. (辻 尚利1: 1寄生虫)

712002. [学会 (国際)] (招待講演等) Essential tools for the advanced research of vectors and vector-borne pathogens. Hatta T1, Tsubokawa D1, Tsuji N1: 90th Anniversary Symposium of Dr. Hideyo Noguchi's Arrival in Ghana (2017/11/12), Accura, Ghana. (八田岳士1, 坪川大悟1, 辻 尚利1: 1寄生虫)

721001. [学会 (全国)] (特別講演) (若手ベストプレゼンテーション賞候補演題) 糞線虫の宿主体内移行に関与するカルシウム結合蛋白質のベネスタチン. 坪川大悟1, 八田岳士1, 菊地泰生, 前田大輝, 三上房子2, 丸山治彦, 辻 尚利1 (1寄生虫, 2予防医学系): 第86回日本寄生虫学会大会 (2017/5/28), 札幌.

721002. [学会 (全国)] (特別講演) 感染症ベクターの吸血生理. 辻 尚利 (寄生虫): 第28回日本生体防御学会学術総会 (2017/6/29-7/1), 相模原.

722006. [学会 (全国)] (招待講演等) マダニ−バベシア実験感染モデルの確立. 前田大輝, 八田岳士1, 坪川大悟1, 三上房子2, 松林 誠, 三好猛晴, 白藤 (梅宮) 梨可, 河津信一郎, 五十嵐郁男, 望月雅美, 辻 尚利1, 田仲哲也 (1寄生虫, 2予防医学系): 第160回日本獣医学会学術集会 (2017/9/13-15), 鹿児島.

722007. [学会 (全国)] (招待講演等) マダニペルオキシレドキシンの特性解明−ペルオキシレドキシンの性状解析並びに吸血・産卵 に果たす役割について. 草木迫浩大, 正谷達謄, 宮田 健, Remil Galay, 白藤 (梅宮) 梨可, 前田大輝, Melbourne Talactac, Emmanuel Hernandez, 辻 尚利1, 望月雅美, 藤崎幸蔵, 田仲哲也 (1寄生虫): 第160回日本獣医学会学術集会 (2017/9/13-15), 鹿児島.

722008. [学会 (全国)] (招待講演等) ベクターの生理活性物質と病原体伝播. 辻 尚利 (寄生虫): グローバルヘルス合同大会2017 (2017/11/25), 東京.

723046. [学会 (全国)] (一般講演) Eimeria tenella 弱毒株の作出と比較ゲノム解析による弱毒化分子機構解明の試み. 松林 誠, 川原史也, 山岸潤也, 八田岳士1, 畑生俊光, 寺本 勲, 金子 明, 磯部 尚, 北  潔, 辻 尚利1, 笹井和美 (1寄生虫): 第86回日本寄生虫学会大会 (2017/5/28-29), 札幌.

723047. [学会 (全国)] (一般講演) Cryptosporidium parvum における呼吸鎖関連酵素の特性解析. 高橋和瑛, 松林 誠, 稲岡ダニエル健, 八田岳士1, 寺本 勲, 金子 明, 所 正治, 古家 優, 谷 浩行, 辻 尚利1, 笹井和美, 北  潔 (1寄生虫): 第86回日本寄生虫学会大会 (2017/5/28-29), 札幌.

723048. [学会 (全国)] (一般講演) Roles of Mononuclear Phagocytes in Eimeria tenella infection. Ho Thi Dung, Matsubayashi M, 辻 尚利1, Hatabu T (1寄生虫): 第86回日本寄生虫学会大会 (2017/5/28-29), 札幌.

723049. [学会 (全国)] (一般講演) ケニア産Rhipicephalus decoloratusにおけるβアドレナリン様オクトパミン受容体βOAR cDNAのクローニングによる非標準的スプライシングの発見. 八田岳士1, 坪川大悟1, 前田大輝, 松林 誠, Martin D Muinde, Aboge G Oluga, David O Odongo, 竹中昭雄, Esther W Ngethe, 辻 尚利1 (1寄生虫): 第86回日本寄生虫学会大会 (2017/5/28-29), 札幌.

723050. [学会 (全国)] (一般講演) 再発を繰返したアメーバ性大腸炎のパロモマイシンによる1治療例. 坪川大悟1, 高山陽子2, 八田岳士1, 東納重隆, 道田知樹, 石田康生, 橘 裕司, 辻 尚利1 (1寄生虫, 2新世紀医療・横断的医療): 第28回日本臨床寄生虫学会 (2017/6/24), 東京.

723051. [学会 (全国)] (一般講演) Eimeria tenella弱毒株の作出および病理組織学的比較解析. 山口浩貴, 松林 誠, 川原史也, 八田岳士1, 畑生俊光, 山岸潤也, 磯部 尚, 寺本 勲, 金子 明, 北  潔, 辻 尚利1, 笹井和美 (1寄生虫): 第160回日本獣医学会学術集会 (2017/9/13), 鹿児島.

723052. [学会 (全国)] (一般講演) 肺炎症応答に対する糞線虫ベネスタチンの作用. 坪川大悟1, 八田岳士1, 李 在萬, 菊地泰生, 三上房子2, 新川 武, 日下部宜宏, 丸山治彦, 辻 尚利1 (1寄生虫, 2予防医学系): 第87回日本寄生虫学会 (2018/3/18), 東京.

731001. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Parasitic diseases. 辻 尚利 (寄生虫): JICA seminer (2017/4/15), 筑波.

733011. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 糞線虫由来カルシウム結合蛋白「ベネスタチン」の機能. 坪川大悟1, 八田岳士1, 前田大輝, 千澤宏之, 三上房子2, 辻 尚利1 (1寄生虫, 2予防医学系): 第30回北里大学バイオサイエンスフォーラム・第20回北里微生物アカデミー (2017/8/24), 十和田.

733012. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) カイコ発現べネスタチンの機能解析. 坪川大悟1, 八田岳士1, 李 在萬, 菊池泰生, 三上房子2, 新川 武, 日下部宜宏, 丸山治彦, 辻 尚利1 (1寄生虫, 2予防医学系): 第11回蠕虫研究会 (2017/9/9), 長崎.

733013. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) バべシア原虫のライブイメージングに向けて−薬剤感受性試験−. 千澤宏之, 八田岳士1, 坪川大悟1, 三上房子2, 前田大輝, 白藤梨可, 田ヶ谷浩邦3, 辻 尚利1 (1寄生虫, 2予防医学系, 3医療衛生学部): 第77回日本寄生虫学会東日本支部会 (2017/11/3), 相模原.


病理学 (村雲単位)

[学術論文]

110034. [原著] CD109, a negative regulator of TGF-β signaling, is a putative risk marker in diffuse large B-cell lymphoma. Yokoyama M1, Ichinoe M2, Okina S1, Sakurai Y2, Nakada N2, Yanagisawa N, Jiang SX, Numata Y3, Umezawa A3, Miyazaki K4, Higashihara M, Murakumo Y2: Int J Hematol 2017/5; 105 (5): 614-22. (横山真喜1, 一戸昌明2, 翁 祖誠1, 櫻井靖高2, 仲田典広2, 沼田賀子3, 梅沢敦子3, 宮崎浩二4, 村雲芳樹2: 1血液内, 2病理, 3形態系, 4輸血・細胞移植)

110035. [原著] Significance of perivascular tumour cells defined by CD109 expression in progression of glioma. Shiraki Y, Mii S, Enomoto A, Momota H, Han YP, Kato T, Ushida K, Kato A, Asai N, Murakumo Y1, Aoki K, Suzuki H, Ohka F, Wakabayashi T, Todo T, Ogawa S, Natsume A, Takahashi M: J Pathol 2017/12; 243 (4): 468-80. (村雲芳樹1: 1病理)

522004. [講座]【連載: 今月の話題】DNA修復機構をターゲットとした癌の治療戦略. 櫻井靖高1, 村雲芳樹1 (1病理): 病理と臨床 2017/4; 35 (4): 382-4.

540004. [その他 (今月の話題)]【今月の話題】科研費改革2018について. 村雲芳樹 (病理): 文光堂 2018/3; 36 (3): 260-1.

[学会・研究会等]

723053. [学会 (全国)] (一般講演) GPIアンカー型蛋白CD109の肺扁平上皮癌細胞における発現意義の解析. 七浦奈都実1, 櫻井靖高2, 島田裕子1, 村雲芳樹2 (1大学院医療系研究科, 2病理): 第106回日本病理学会総会 (2017/4/27-29), 東京.

723054. [学会 (全国)] (一般講演) Characterization of the Promoter Region of DNA Repair Protein REV7. 島田裕子1, 櫻井靖高2, 村雲芳樹2 (1大学院医療系研究科, 2病理): 第76回日本癌学会学術総会 (2017/9/28-30), 横浜.

723055. [学会 (全国)] (一般講演) Depletion of REV7 sensitizes testicular germ cell tumors to chemotherapy. 櫻井靖高1, 仲田典広1, 高橋雅英, 村雲芳樹1 (1病理): 第76回日本癌学会学術総会 (2017/9/28-30), 横浜.

723056. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性中皮腫における客観的数量化技術開発および機械学習機による判別分析研究. 木村文一, 溝口貴弘, 山口雅浩, 村雲芳樹1, 太田浩良, 佐藤之俊2 (1病理, 2呼吸器外): 第56回日本臨床細胞学会秋期大会 (2017/11/19), 福岡.

723057. [学会 (全国)] (一般講演) ヒトREV7の抑制は抗癌剤抵抗性胚細胞腫瘍のシスプラチン感受性を増強する. 櫻井靖高1, 吉田和樹, 仲田典広1, 高橋雅英, 村雲芳樹1 (1病理): 2017年度生命科学系学会合同年次大会 (第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会) (2017/12/6-9), 神戸.


病理学 (三枝単位)

[学術論文]

110036. [原著] Identification of LEFTY as a molecular marker for ovarian clear cell carcinoma. Akiya M1, Yamazaki M, Matsumoto T1, Kawashima Y, Oguri Y2, Kajita S1, Kijima D, Chiba R, Yokoi A3, Takahashi H4, Kodera Y, Saegusa M1: Oncotarget 2017/6; 8 (38): 6364664. (秋谷昌史1, 松本俊英1, 小栗康子2, 梶田咲美乃1, 横井愛香3, 高橋博之4, 三枝 信1: 1病理, 2形態系, 3大学院医療系研究科, 4医療衛生学部)

110037. [原著] ALK signaling cascade confers multiple advantages to glioblastoma cells through neovascularization and cell proliferation. Chiba R, Akiya M1, Hashimura M2, Oguri Y2, Inukai M1, Hara A1, Saegusa M1: PLoS One 2017/8; 12 (8): e0183516. (秋谷昌史1, 橋村美紀2, 小栗康子2, 犬飼 円1, 原 敦子1, 三枝 信1: 1病理, 2形態系)

110038. [原著] A functional role of LEFTY during progesterone therapy for endometrial carcinoma. Fei W, Kijima D, Hashimoto M1, Hashimura M2, Oguri Y2, Kajita S3, Matsumoto T3, Yokoi A1, Saegusa M3: Cell Commun Signal 2017/12; 15 (1): 56. (橋本茉実1, 橋村美紀2, 小栗康子2, 梶田咲美乃3, 松本俊英3, 横井愛香1, 三枝 信3: 1大学院医療系研究科, 2形態系, 3病理)

110039. [原著] Peroxiredoxin 1 expression in active ulcerative colitis mucosa identified by proteome analysis and involvement of thioredoxin based on immunohistochemistry. Horie K, Mikami T, Yoshida T1, Sato Y2, Okayasu I: Oncol Lett 2018/2; 15 (2): 2364-72. (吉田 功1, 佐藤雄一2: 1病理, 2医療衛生学部)

[学会・研究会等]

723058. [学会 (全国)] (一般講演) Identification of Lefty as a molecular marker for ovarian clear cell carcinoma. 三枝 信 (病理): 第106回日本病理学会総会 (2017/4/27), 東京.

723059. [学会 (全国)] (一般講演) Lefty acts as a positive regulator for epithelial-mesenchymal transition in ovarian and uterine carcinosarcoma. 三枝 信 (病理): 第106回日本病理学会総会 (2017/4/27), 東京.

723060. [学会 (全国)] (一般講演) The role of nuclear beta-catenin in resistance to preoperative chemoradiotherapy in rectal carcinoma. 三枝 信 (病理): 第106回日本病理学会総会 (2017/4/27), 東京.

723061. [学会 (全国)] (一般講演) 炎症性腸疾患バイオマーカーolfactomedin-4の関連腫瘍発生における役割. 吉田 功1, 橋口 收, 橋村美紀2, 三枝 信1 (1病理, 2形態系): 第106回日本病理学会総会 (2017/4/27), 東京.

723062. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮内膜癌のプロゲステロン (MPA) 療法におけるGSK-3βを介したLefty発現制御機構. 三枝 信 (病理): 第106回日本病理学会総会 (2017/4/27), 東京.

723063. [学会 (全国)] (一般講演) 卵巣癌のタンパク質プロファイルからみた予後解析. 三枝 信 (病理): 第106回日本病理学会総会 (2017/4/27), 東京.

723064. [学会 (全国)] (一般講演) Functional role of ALK-related signal cascades on modulation of EMT and apoptosis in UCSs. 三枝 信 (病理): 第106回日本病理学会総会 (2017/4/28), 東京.

723065. [学会 (全国)] (一般講演) 膠芽腫におけるALK (anaplastic lymphoma kinase) シグナル系による血管新生制御機構の解明. 三枝 信 (病理): 第106回日本病理学会総会 (2017/4/28), 東京.


衛生学

[学術論文]

110040. [原著] Fluoride supplementation (with tablets, drops, lozenges or chewing gum) in pregnant women for preventing dental caries in the primary teeth of their children. Takahashi R, Ota E, Hoshi K1, Naito T, Toyoshima Y, Yuasa H, Mori R, Nango E: Cochrane Database Syst Rev 2017/10; 10: CD011850. (星 佳芳1: 1衛生)

110041. [原著] Factors Affecting the Occurrence of Complications in the Early Stages After Dental Implant Placement: A Retrospective Cohort Study. Okamoto T, Hoshi K1, Fukada K, Kataoka T, Kumasaka A, Kaibuchi N, Fukuzawa S, Ando T: Implant Dent 2018/3. doi: 10.1097/ID.0000000000000753. [Epub ahead of print] (星 佳芳1: 1衛生)

120002. [原著] 健診問診票の現病歴・既往歴の記入漏れ者の傾向と病歴聴取の留意点. 宮島江里子1, 角田正史, 吉田宗紀, 五十嵐敬子, 押田小百合, 三枝陽一, 美原静香, 矢那瀬信雄, 大井田正人 (1衛生): 人間ドック 2017/12; 32 (4): 78-84.

220001. [準原著] 平成29年度・入院患者病職歴調査基礎解析. 小島原典子, 立道昌幸, 星 佳芳1, 豊田章宏 (1衛生): 独立行政法人労働者健康安全機構 2018/3; https://www.research.johas.go.jp/bs/doc/20180910.pdf.

220002. [準原著] 平成23-27年度・入院患者病職歴調査における退院後の復職に対する不安についての検討. 星 佳芳 (衛生): 平成29年度 入院患者病職歴調査疫学研究報告書 (独立行政法人労働者健康安全機構) 2018/3; p.46-61.

520003. [総説] 産業保健におけるカドミウム中毒. 堀口兵剛 (衛生): 産業医学レビュー 2017/5; 30 (1): 1-17.

520004. [総説] 乳歯エナメル質を用いた胎児期有害元素曝露評価法の疫学応用. 松川岳久, 横山和仁, 大森由紀1 (1衛生): 平成27年度順天堂大学ハイテク・リサーチセンター環境医学研究所紀要 2017; p.57-9.

521003. [解説]【歯科医療・口腔保健のキーワード, 考えるヒント13】[エビデンスに基づく歯科医療・口腔保健・健康政策] システマティックレビューのエビデンスの確実性 (質) 評価〜GRADEアプローチを理解する. 星 佳芳1, 相原守夫 (1衛生): 歯界展望 2017/4; 129 (4): 804-5.

522005. [講座]【健診期間に期待するもの/ユーザーの視点から (第49回)】中小企業の産業医の立場から. 宮島江里子 (衛生): 労働衛生管理 2017/9; 28 (3): 63-7.

[著 書]

620004. [学術書 (単著)]【最新高等保健体育 教授用参考資料】保健編 土壌汚染と健康, p.328-38. 堀口兵剛 (衛生), 大修館書店, 東京, 2017/4発行.

620005. [学術書 (分担執筆)]【日本顎関節学会学術用語集 第1版】[基礎医学・歯学用語] 768-ジストロフィー, p.50. [解剖学用語] 774-歯槽の, p.50. 1199-動眼神経, p.72. [一般医学・歯学用語] 892-滲出, p.56. 915-震盪音, p.58. 1059-促通, p.65. 1090-耐性, p.67. 1271-軟組織, p.76. 1318-発語器官失効症, p.79. [口腔顔面痛関連用語] 1330-反射, p.80. 星 佳芳 (衛生), 編: 日本顎関節学会, クインテッセンス出版, 東京, 2017/7発行.

620006. [学術書 (分担執筆)]【環境による健康リスク (日本医師会雑誌 146 (特別号2))】■IV 環境汚染による健康障害事例 イタイイタイ病, S300-2. 堀口兵剛 (衛生), 日本医師会, 東京, 2017/10発行.

[学会・研究会等]

722009. [学会 (全国)] (招待講演等) 主な疾患の一般的な休職期間〜観察研究のシステマティックレビュ. 谷山佳津子1, 星 佳芳2, 小島原典子3 (1朝日新聞社管理本部労務部 (健康管理), 2衛生, 3東京女子医科大学衛生学公衆衛生学第二): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/12), 東京,産業衛生誌 2017; 59: 210.

722010. [学会 (全国)] (招待講演等) シンポジウム2「衛生学における知行合一」: 忘れられたカドミウム汚染地域に挑む. 堀口兵剛 (衛生): 第88回日本衛生学会学術総会 (2018/3/22), 東京.

723066. [学会 (全国)] (一般講演) 疾病と就業の両立支援に向けた, 主治医連携に関する産業医の意識と行動に寄与する因子. 武藤 剛, 横山和仁, 北村文彦, 石井理奈, 斉藤政彦, 大森由紀1, 遠藤源樹 (1衛生): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/12), 東京.

723067. [学会 (全国)] (ポスター) 一般労働者・患者集団における狭義のシックハウス症候群該当者の疾患背景. 宮島江里子1, 角田正史, 杉浦由美子2, 坂部 貢 (1衛生, 2予防医学系): 第90回日本産業衛生学会学術集会 (2017/5/13), 東京, 第90回日本産業衛生学会学術集会抄録集 2017; p.562.

723068. [学会 (全国)] (一般講演) 主治医との連携行動には, 産業医個人の属性や意識より, 職場の連携支援体制が重要な役割を果たす. 武藤 剛, 横山和仁, 石井理奈, 北村文彦, 大森由紀1, 遠藤源樹, 谷口善仁 (1衛生): 第24回日本産業精神保健学会 (2017/7/1), 東京.

723069. [学会 (全国)] (一般講演) 低濃度の鉛曝露によるアストロサイトのカルシウムイオンおよびD, L-Serineへの影響. 大森由紀1, 上窪裕二, 松川岳久, 横山和仁, 堀口兵剛1 (1衛生): 第44回日本毒性学会学術年会 (2017/7/11), 横浜.

723070. [学会 (全国)] (一般講演) Telemedicine technique for orofacial pain management: a protocol of systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. 長縄拓哉1, 田中佑人2, 星 佳芳3 (1東京女子医科大学歯科口腔外科, 2大阪歯科大学, 3衛生): 第21回日本遠隔医療学会学術大会 (2017/9/30), 宇都宮.

723071. [学会 (全国)] (一般講演) 40歳未満で血中脂質と血糖検査を実施すべき対象者の選別と有効な生活指導の検討. 宮島江里子1, 吉田宗紀,五十嵐敬子, 押田小百合, 三枝陽一, 美原静香, 矢那瀬信雄, 大井田正人 (1衛生): 第46回日本総合健診医学会 (2018/1/27), 名古屋, 第46回日本総合健診医学会抄録集 2018; p.291.

723072. [学会 (全国)] (一般講演) 平成27年・入院患者病職歴調査における退院後の復職に対する不安についての検討. 星 佳芳1, 小島原典子2, 立道昌幸3, 豊田章宏4 (1衛生, 2東京女子医大, 3東海大学, 4中国労災病院): 第28回日本疫学会学術総会 (2018/2/2), 福島,Journal of Epidemiology 2018/2; 28 (Suppl 1): 112 (WEB ONLY).

723073. [学会 (全国)] (一般講演) イタイイタイ病における貧血についての症例集積研究. 堀口兵剛1, 小熊悦子, 青島恵子 (1衛生): 第88回日本衛生学会総会 (2018/3/24), 東京.

731002. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 施策へのガイドライン活用. 星 佳芳 (衛生): 厚生労働省国立保健医療科学院・平成29年度短期研修「地域保健支援のための保健情報処理技術研修」講義 (2017/12/5), 埼玉.

732003. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) シンポジウム1「メタルバイオサイエンス研究の最前線と展望」: カドミウム毒性研究のこれまでの知見と今後の意義. 堀口兵剛 (衛生): メタルバイオサイエンス研究会2017 (2017/10/13), 岡山.

732004. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) アンケート調査演習. 星 佳芳 (衛生): 厚生労働省国立保健医療科学院・平成29年度短期研修「地域保健支援のための保健情報処理技術研修」講義 (2017/12/6), 埼玉.

732005. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) オーラルヘルス領域日本人グループによるコクランレビューの紹介: システマティックレビュー作成の基本と課題. 星 佳芳 (衛生): 日本歯科医学会診療ガイドライン作成者意見交換会 (2018/3/2), 東京.

733014. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 低濃度の鉛曝露によるアストロサイトのカルシウムイオンおよびキラルアミノ酸への影響. 大森由紀1, 上窪裕二, 松川岳久, 横山和仁, 堀口兵剛1 (1衛生): メタルバイオサイエンス研究会2017 (2017/10/13), 岡山.

733015. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) パラタルバーの位置の違いが発語時の脳活動に与える影響. 片岡加奈子1, 小野弓絵2, 生田龍平1, 藤原 基1, 星 佳芳3, 玉置勝司1 (1神奈川歯科大学補綴医学, 2明治大学理工学部電気電子生命学科, 3衛生): 神奈川歯科大学学会第52回総会 (2017/11/25), 横須賀.


公衆衛生学

[学術論文]

110042. [原著] Psychosocial factors and colleagues' perceptions of return-to-work opportunities for workers with a psychiatric disorder: a Japanese population-based study. Eguchi H1, Wada K, Higuchi Y, Smith DR: Environ Health Prev Med 2017/4; 22 (1): 23. (江口 尚1: 1公衆衛生)

110043. [原著] Workplace incivility in Japan: Reliability and validity of the Japanese version of the modified Work Incivility Scale. Tsuno K, Kawakami N, Shimazu A, Shimada K, Inoue A1, P Leiter M: J Occup Health 2017/5; 59 (3): 237-46. (井上彰臣1: 1公衆衛生)

110044. [原著] The validity and psychometric properties of the Japanese version of the Compulsive Internet Use Scale (CIUS). Yong RKF, Inoue A1, Kawakami N: BMC Psychiatry 2017/5; 17 (1): 201. (井上彰臣1: 1公衆衛生)

110045. [原著] Psychometric assessment of a scale to measure bonding workplace social capital. Eguchi H1, Tsutsumi A1, Inoue A1, Odagiri Y: PLoS One 2017/6; 12 (6): e0179461. (江口 尚1, 堤 明純1, 井上彰臣1: 1公衆衛生)

110046. [原著] Changes in drinking habits and psychological distress in Japanese non- or occasional drinking workers: a one-year prospective cohort study. Nakagawa Y, Mafune K, Inoue A1, Hiro H: Ind Health 2017/6; 55 (3): 243-51. (井上彰臣1: 1公衆衛生)

110047. [原著] Workplace social capital and the onset of major depressive episode among workers in Japan: a 3-year prospective cohort study. Sakuraya A, Imamura K, Inoue A1, Tsutsumi A1, Shimazu A, Takahashi M, Totsuzaki T, Kawakami N: J Epidemiol Community Health 2017/6; 71 (6): 606-12. (井上彰臣1, 堤 明純1: 1公衆衛生)

110048. [原著] Work-related psychosocial factors and onset of metabolic syndrome among workers: a systematic review and meta-analysis protocol. Sakuraya A, Watanabe K, Kawakami N, Imamura K, Ando E, Asai Y, Eguchi H1, Kobayashi Y, Nishida N, Arima H, Shimazu A, Tsutsumi A1: BMJ Open 2017/6; 7 (6): e016716. (江口 尚1, 堤 明純1: 1公衆衛生)

110049. [原著] How accurately does the Brief Job Stress Questionnaire identify workers with or without potential psychological distress? Tsutsumi A1, Inoue A1, Eguchi H1: J Occup Health 2017/7; 59 (4): 356-60. (堤 明純1, 井上彰臣1, 江口 尚1: 1公衆衛生)

110050. [原著] Examining the mediating effect of work-to-family conflict on the associations between job stressors and employee psychological distress: a prospective cohort study. Oshio T, Inoue A1, Tsutsumi A1: BMJ Open 2017/8; 7 (8): e015608. (井上彰臣1, 堤 明純1: 1公衆衛生)

110051. [原著] Pok士on GO and psychological distress, physical complaints, and work performance among adult workers: a retrospective cohort study. Watanabe K, Kawakami N, Imamura K, Inoue A1, Shimazu A, Yoshikawa T, Hiro H, Asai Y, Odagiri Y, Yoshikawa E, Tsutsumi A1: Sci Rep 2017/9; 7 (1): 10758. (井上彰臣1, 堤 明純1: 1公衆衛生)

110052. [原著] Distribution of autistic traits and their association with sociodemographic characteristics in Japanese workers. Suzuki T, Miyaki K, Eguchi H1, Tsutsumi A1: Autism 2017/9: 1362361317716605. doi: 10.1177/1362361317716605. [Epub ahead of print] (江口 尚1, 堤 明純1: 1公衆衛生)

110053. [原著] Recovery of Percent Vital Capacity by Breathing Training in Patients With Panic Disorder and Impaired Diaphragmatic Breathing. Yamada T, Inoue A1, Mafune K, Hiro H, Nagata S: Behav Modif 2017/9; 41 (5): 665-82. (井上彰臣1: 1公衆衛生)

110054. [原著] Feelings about Nursing Assistants that Enhance the Work Motivation of Japanese Registered Nurses and Licensed Practical Nurses. Kudo Y, Kono K, Kume R, Matsuhashi A, Tsutsumi A1: J UOEH 2017/10; 39 (4): 259-69. (堤 明純1: 1公衆衛生)

110055. [原著] The reciprocal relationship between sickness presenteeism and psychological distress in response to job stressors: evidence from a three-wave cohort study. Oshio T, Tsutsumi A1, Inoue A1, Suzuki T, Miyaki K: J Occup Health 2017/11; 59 (6): 552-61. (堤 明純1, 井上彰臣1: 1公衆衛生)

110056. [原著] Diagnostic test accuracy of antigenaemia assay for PCR-proven cytomegalovirus infection-systematic review and meta-analysis. Eguchi H1, Horita N, Ushio R, Kato I, Nakajima Y, Ota E, Kaneko T: Clin Microbiol Infect 2017/12; 23 (12): 907-15. (江口 尚1: 1公衆衛生)

110057. [原著] A Japanese Stress Check Program screening tool predicts employee long-term sickness absence: a prospective study. Tsutsumi A1, Shimazu A, Eguchi H1, Inoue A1, Kawakami N: J Occup Health 2018/1; 60 (1): 55-63. (堤 明純1, 江口 尚1, 井上彰臣1: 1公衆衛生)

210003. [準原著] Work environment: An opportunity for ground-breaking collaborations in cardiovascular disease prevention. Ferrario MM1, Landsbergis P1, Tsutsumi A1,2, Li J1, Hynek P1, Krause N1, Smith P1, Holtermann A1, Clays AE1 (1ICOH Scientific Committee on Cardiology in Occupational Health): Eur J Prev Cardiol 2017/5; 24 (2_suppl): 4-6. (堤 明純1,2: 2公衆衛生)

520005. [総説]【研究ノート】健康の職業間格差研究の現状. 堤 明純 (公衆衛生): 生存科学 2017/9; 28 (1): 133-46.

520006. [総説]【第23回日本行動医学会学術総会シンポジウム企画A: ストレスチェック制度実施上の問題点について】科学的根拠に基づいたストレスチェック質問票判定基準の考え方. 堤 明純 (公衆衛生): 行動医学研究 2018/1; 23 (2): 76-81.

522006. [講座]【特集: 産業ストレスのバイオロジー: 生物学的指標の現在と展望】産業ストレス研究における炎症性バイオマーカーの有用性. 江口 尚 (公衆衛生): 産業ストレス研究 2017/4; 24 (2): 189-96.

522007. [講座]【特集: 産業ストレスのバイオロジー 生物学的指標の現在と展望】産業ストレス研究における炎症性バイオマーカーの有用性. 江口 尚 (公衆衛生): 産業ストレス研究 2017/4; 24 (2): 189-96.

522008. [講座]【今月の特集1: 新時代の健康課題と検査】メンタルヘルス不調と検査. 堤 明純 (公衆衛生): 臨床検査 2017/6; 61 (6): 698-703.

522009. [講座]【連載 [労働衛生・健康] 安全衛生担当者のための最近の研究と実務への応用】がんと就労に関する最新の知見の紹介. 江口 尚 (公衆衛生): 安全と健康 2017/6; 68 (6): 582-4.

522010. [講座]【STUDY】[経営層を動かす! エビデンスのあるキラートーク] 第4回助け合いが多い職場は, そうでない職場に比べて, がん患者の社員を受け入れす風土が1.4倍! 江口 尚 (公衆衛生): 産業保健と看護 2017/6; 9 (4): 344-5.

522011. [講座]【連載: あなたにもわかる産業ストレス研究 (疫学編)】8. 論文の書き方と投稿の仕方. 井上彰臣 (公衆衛生): 産業ストレス研究 2017/6; 24 (3): 279-84.

522012. [講座]【連載: OCCUPATIONAL HEALTH 労働衛生・健康】安全衛生担当者のための最近の研究と実務への応用−がんと就労に関する最新の知見の紹介−. 江口 尚 (公衆衛生): 安全と健康 2017/7; 68 (6): 582-4.

522013. [講座]【STUDY】上司のサポートが減ると, インスリン抵抗性の発生リスクが2倍に!? 日野亜弥子, 井上彰臣1 (1公衆衛生): 産業保健と看護 2017/9; 9 (5): 446-47.

522014. [講座]【特集: ストレスチェック制度: 課題と今後の展望】ストレスチェックプログラムで推奨されている高ストレス者判定の妥当性. 堤 明純 (公衆衛生): 医学のあゆみ 2017/10; 263 (3): 234-40.

522015. [講座]【特集: 第24回日本産業ストレス学会特集】シンポジウム: ストレスチェック制度における事業所内外の連携. 矢内美雪, 堤 明純1 (1公衆衛生): 産業ストレス研究 2017/11; 24 (4): 357-62.

522016. [講座]【特集: うつ病患者の社会復帰−改正障害者雇用促進法の施工を前に−】5. うつ病患者の休職中のケアとそのタイミング. 江口 尚 (公衆衛生): PROGRESS IN MEDICINE 2017/12; 37 (12): 1399-403.

522017. [講座]【特別寄稿】ストレス対策の現状と課題. 堤 明純 (公衆衛生): 健康開発 2017; 22 (2): 63-70.

522018. [講座]【特集: ハラスメント対策と産業保健】2. ハラスメントがメンタルヘルスに及ぼす影響と,産業保健スタッフに求められる対処. 堤 明純 (公衆衛生): 産業保健21 2018/1; 23 (3): 5-7.

522019. [講座]【特集: 職域健康関連データに基づくエビデンスの構築】3. 現場からエビデンスを発信する試み. 江口 尚1, 津野香奈美, 内田満男 (1公衆衛生): 産業医学ジャーナル 2018/3; 41 (2): 17-20.

522020. [講座]【健康12ヵ月No.374】治療と仕事の両立支援への関心の高まり. 江口 尚 (公衆衛生): 労働安全衛生かながわ 2018/3; 63 (3): 20-2.

522021. [講座]【第33回総会教育講演】ストレスチェック制度で使用される職業性ストレス簡易調査票の妥当性. 堤 明純 (公衆衛生): ストレス科学 2018/3; 32 (3): 187-99.

522022. [講座]【特別企画: ストレスチェック制度−実施方法と制度導入に関する科学的根拠】ストレスチェック制度の科学的根拠: 職業性ストレス簡易調査票の予測妥当性. 堤 明純 (公衆衛生): ストレス科学 2018/3; 32 (3): 219-28.

522023. [講座]【特別企画: ストレスチェック制度−実施方法と制度導入に関する科学的根拠】ストレスチェック制度の効果評価−事業場調査から−. 井上彰臣1, 川上憲人, 島津明人, 堤 明純1 (1公衆衛生): ストレス科学 2018/3; 32 (3): 235-46.

540005. [その他 (研究報告書)]【クリーニングと公衆衛生に関する研究報告書】クリーニング業従事者の悪性新生物による過剰死亡の検討. 堤 明純1, 江口 尚1 (1公衆衛生): クリーニングと公衆衛生に関する研究報告書 (平成28年度) 2017/4; 43: 24-7.

540006. [その他] 第18回荒記記念賞を受賞して 井上彰臣 (公衆衛生): 行動医学研究 2017/6; 23 (1): 33-4.

540007. [その他]【ようこそわが研究室へ】北里大学医学部公衆衛生学単位. 堤 明純 (公衆衛生): 公衆衛生情報 2017/9; 47 (6): 20-1.

540008. [その他]【文献紹介】職業性ストレスが労働者の認知機能に及ぼす影響. 井上彰臣 (公衆衛生): 産業医学ジャーナル 2017/9; 40 (5): 93-7.

540009. [その他] 編集後記. 堤 明純 (公衆衛生): ストレス科学 2018/3; 32 (3): 94.

540010. [その他 (抄録翻訳)] テストステロン値と男性更年期症状の変化量の関連に及ぼす仕事の要求度の修飾効果:日本の中年男性労働者における2年. Hirokawa K, Taniguchi T, Fujii Y, Takaki J, Tsutsumi A1: Framingham on urology 2017 ISSUE 1 2018/3: p.18.(堤 明純1: 1公衆衛生)

540011. [その他 (研究報告書)]【H29年度大学における医療人養成の在り方に関する調査 研究委託事業】医学教育モデル・コア・カリキュラム等の活用状況改善に向けた調査・研究. 堤 明純 (公衆衛生): 「【H29年度大学における医療人養成の在り方に関する調査 研究委託事業】医学教育モデル・コア・カリキュラム等の活用状況改善に向けた調査・研究」報告書, 2018/3; p.7-113.

[著 書]

620007. [学術書 (分担執筆)]【働く女性のストレスとメンタルヘルスケア】第II部 働く女性のストレスとメンタルヘルス不調 2. 職業性ストレスによるメンタルヘルス不調の男女差, p.127-36. 堤 明純 (公衆衛生), 編: 丸山総一郎, 創元社, 大阪, 2017/4発行.

620008. [学術書 (分担執筆)]【産業保健マニュアル 改訂第7版】第10章 健康管理, p.163-217. 堤 明純 (公衆衛生), 総編集: 森 晃爾, 南山堂, 東京, 2017/5発行.

620009. [学術書 (分担執筆)]【メンタルヘルス・マネジメントメ検定試験公式テキストI種マスターコース第4版】第8章教育研修 2 管理監督者への教育研修, p.313-20. 堤 明純 (公衆衛生), 編: 大阪商工会議所, 中央経済社, 東京, 2017/6発行.

620010. [学術書 (分担執筆)]【職場のポジティブメンタルヘルス2】第II部 組織マネジメントへの活用 column 6 多様化する職場の組織力を高める−組織風土と経営理念の活かし方, p.66-78. 江口 尚 (公衆衛生), 編著: 島津明人, 誠信書房, 東京, 2017/11発行.

620011. [学術書 (分担執筆)]【社会・環境と健康 公衆衛生学 2018版】CHAPTER 9. 精神保健対策, p.97-104. 堤 明純 (公衆衛生), 編著: 柳川 洋, 尾島俊之, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2018/1発行.

620012. [学術書 (分担執筆)]【職場のラインケア研修マニュアル−管理職によるメンタルヘルス対策−】関屋裕希, 川上憲人, 堤 明純1 (1公衆衛生), 誠信書房, 東京, 2018/3発行.

620013. [学術書 (分担執筆)]【集団分析・職場環境改善版 産業医・産業保健スタッフのためのストレスチェック実務Q&A】I 集団分析・職場環境改善Q&A 総論 集団分析・職場環境改善のための合意形成、実施計画等 Q2 メンタルヘルス対策として職場環境改善を行うことの有効性に関する科学的根拠はあるのでしょうか, p.4-5. B分析結果に関する専門職による助言 集団分析に係る個別留意事項 Q23 集団分析を行うことによって、高ストレス者の多い部署が分かってしまう可能性があります。それが管理監督者の評価に繋がってしまうことはないのでしょうか, p.56-7. C職場環境の改善の実施 職場環境改善に取り組むにあたって Q32 職場環境改善と言ったとき、改善の対象となる職場環境にはどのようなものがあるのでしょうか。また、嘱託産業医や産業保健スタッフが助言できる職場環境改善の目の付け所はどのようなところにあるのでしょうか, p.80-1. 職場環境改善実施のポイント, コツ Q38 改善する項目の抽出と優先順位を決める際に考慮すべきことはありますか, p.92-4. ストレスチェック以外の情報等の活用Q50 職場環境改善にあたって、面接指導結果を生かして職場へ働きかける際の留意点を教えてください, p.123-4. IV もっと知ろう! ツールを使った職場環境改善の手法 5「仕事のストレスのリスクアセスメントツールの活用」, p.208-11. 堤 明純 (公衆衛生), 編: ストレスチェック実務Q&A編集委員会, 公益財団法人産業医学振興財団, 東京, 2018/3発行.

621001. [学術書 (編集)]【集団分析・職場環境改善版 産業医・産業保健スタッフのためのストレスチェック実務Q&A】編: ストレスチェック実務Q&A編集委員会 (竹田 透, 堤 明純1, 土肥誠太郎, 真船浩介, 森口次郎, 吉川 徹) (1公衆衛生), 産業医学振興財団, 2018/3発行.

[学会・研究会等]

712003. [学会 (国際)] (シンポジウム)【Moderator】Workplace intervention to improve worker health. Tsutsumi A1: The 21st International Epidemiological Association World Congress of Epidemiology (WCE2017) (2017/8/20), Saitama, Japan. (堤 明純1: 1公衆衛生)

712004. [学会 (国際)] (シンポジウム) Interaction effect of job insecurity and role ambiguity on psychological distress in Japanese employees. Inoue A1, Kawakami N, Eguchi H1, Tsutsumi A1: 6th ICOH-WOPS Congress (WOPS 2017) (2017/8/31) Mexico City, Mexico. (井上彰臣1, 江口 尚1, 堤 明純1: 1公衆衛生)

713017. [学会 (国際)] (一般講演) Psychosocial factors and colleagues' perceptions of return-to-work opportunities for workers with a psychiatric disorder: a Japanese population-based study. Eguchi H1, Wada K, Higuchi Y, Smith DR: The American Occupational Health Conference in Denver (2017/4/23-26), Denver, USA. (江口 尚1, 和田耕治, 樋口善之: 1公衆衛生)

713018. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) Work environment and strokes: an update of the most recent findings. Tsutsumi A1: The 7th ICOH international conference on work environment and cardiovascular diseases (2017/5/3-5), Varese, Italy. (堤 明純1: 1公衆衛生)

713019. [学会 (国際)] (ポスター) The development of a standard method for participatory improvement of the workplace environment at small-sized enterprises. Hino A, Wakida Y, Noguchi Y, Ido H, Inoue A1, Mafune K, Hiro H: 27th Japan-Korea-China Conference on Occupational Health (2017/6/1), Sapporo, Japan. (井上彰臣1: 1公衆衛生)

713020. [学会 (国際)] (ポスター) Behavioural strategies for workplace health promotion through exercise. Eguchi Y, Inoue A1, Ohta M, Yamato H: 27th Japan-Korea-China Conference on Occupational Health (2017/6/1), Sapporo, Japan. (井上彰臣1: 1公衆衛生)

713021. [学会 (国際)] (ポスター) Prospective validity of screening tool recommended for Japanese Stress Check Program at worksite. Tsutsumi A1: The 21st International Epidemiological Association World Congress of Epidemiology (WCE2017) (2017/8/20), Saitama, Japan. (堤 明純1: 1公衆衛生)

713022. [学会 (国際)] (一般口演) A large scale working panel survey to explore the mechanisms of social gradient of health. Tsutsumi A1, Inoue A1, Suzuki T, Shimazu A, Takahashi M, Kawakami N, Kurioka S, Eguchi H1, Miyaki K, Enta K, Kosugi Y, Totsuzaki T: The 6th ICOH-WOPS Congress (WOPS 2017) (2017/8/30), Mexico City, Mexico. (堤 明純1, 井上彰臣1, 江口 尚1: 1公衆衛生)

713023. [学会 (国際)] (一般口演) Effect of the national Stress Check Program on mental health of workers in Japan: a retrospective cohort study. Kawakami N, Asai Y, Imamura K, Tsutsumi A1, Shimazu A, Inoue A1, Hiro H, Odagiri Y, Yoshikawa T, Yoshikawa E: 6th ICOH-WOPS Congress (WOPS 2017) (2017/8/30) Mexico City, Mexico. (堤 明純1, 井上彰臣1: 1公衆衛生)

722011. [学会 (全国)] (シンポジウム)【シンポジウム1: 過重労働と健康】講演1: 過重労働に対する根拠に基づく健康障害予防対策. 堤 明純 (公衆衛生): 第15回日本予防医学会学術総会 (2017/5/27), 大分, 第15回日本予防医学会学術総会プログラム・抄録集 2017/5; p.14-5.

722012. [学会 (全国)] (教育講演) ストレスチェック制度で使用される職業, ストレス調査票の妥当性. 堤 明純 (公衆衛生): 第33回日本ストレス学会学術総会 (2017/10/21-22), 大阪, ストレス科学 2017/10; 32 (2): 124.

722013. [学会 (全国)] (教育講演) 一億総活躍社会における産業保健活動の見える化〜産業看護職に期待される役割と説明責任〜. 江口 尚 (公衆衛生): 日本産業看護学会 第6回学術集会 (2017/11/4), 東京.

722014. [学会 (全国)] (シンポジウム)【治療と職業生活の両立支援をどうすすめるか】難病のある人の就労支援−産業保健職に期待される役割−. 江口 尚 (公衆衛生): 第27回日本産業衛生学会全国協議会 (2017/11/23), 高知, 第27回日本産業衛生学会全国協議会講演集 2017; p.50.

722015. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】危機に備える〜産業保健を含めたBCP立案. 堤 明純 (公衆衛生): 第27回日本産業衛生学会全国協議会 (2017/11/23), 高知, 第27回日本産業衛生学会全国協議会講演集 2017; p.54.

722016. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】労働災害をめぐるPDCAサイクル. 堤 明純 (公衆衛生): 第65回日本職業・災害医学会学術大会 (2017/11/26), 北九州, 日本職業・災害医学会会誌 2017; 65 (臨時増刊号): 41.

722017. [学会 (全国)] (招待講演)【国際行動医学会理事長講演・座長】Behavioral medicine approaches in patient centered and precision oncology care: Making an impact in the modern world. 堤 明純 (公衆衛生): 第24回日本行動医学会学術総会 (2017/12/1), 東京, 日本行動医学会学術総会抄録集 2017; p.24.

722018. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長・シンポジスト】両立支援. 江口 尚 (公衆衛生): 第24回日本行動医学会学術総会 (2017/12/1), 東京, 日本行動医学会学術総会抄録集 2017; p.28.

722019. [学会 (全国)] (招待講演等) 米国における両立支援に関するデータベースの応用例. 江口 尚 (公衆衛生): 第24回日本行動医学会学術総会 (2017/12/1), 東京.

722020. [学会 (全国)] (シンポジウム) 職業性ストレス簡易調査票の妥当性. 堤 明純 (公衆衛生): 第21回日本精神保健・予防学会学術集会 (2017/12/10), 沖縄.

722021. [学会 (全国)] (シンポジウム)【ストレスチェック制度とこれからの心の健康づくり】職域におけるメンタルヘルスケア. 堤 明純 (公衆衛生): 第52回日本成人病 (生活習慣病) 学会学術集会 (2018/1/14), 東京, 日本成人病 (生活習慣病) 学会会誌 2018; 44: 54.

722022. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】治療と職業生活の両立支援推進をめざして. 堤 明純 (公衆衛生): 第88回日本衛生学会学術総会 (2018/3/23), 東京, 日本衛生学雑誌 2018/3; 73 (Suppl): S145.

722023. [学会 (全国)] (シンポジウム) 難病患者における治療と仕事の両立支援. 江口 尚 (公衆衛生): 第88回日本衛生学会学術総会 (2018/3/23), 東京, 日本衛生学雑誌 2018/3; 73 (Suppl): S146.

723074. [学会 (全国)] (一般口演) 職場の心理社会的要因とメタボリックシンドロームの発症: 系統的レビューとメタ分析. 渡辺和広, 櫻谷あすか, 川上憲人, 今村幸太郎, 江口 尚1, 安藤絵美子, 浅井裕美, 小林由佳, 西田典充, 有馬秀晃, 井上彰臣1, 島津明人, 堤 明純1 (1公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/11), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 331.

723075. [学会 (全国)] (一般口演) 発達障害傾向と仕事の生産性 (プレゼンティーズムWHO-HPQ日本語版) の関連. 鈴木知子, 宮木幸一, 堤 明純1 (1公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/11), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 367.

723076. [学会 (全国)] (ポスター) 自治体職場におけるOSHMS定着と安全衛生指標や活動への影響評価 第23報. 渡辺裕晃, 甲田茂樹, 佐々木毅, 鶴田由紀子, 伊藤昭好, 熊谷信二, 原 邦夫, 堤 明純1, 丸山正治, 山口秀樹 (1公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/11), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 404.

723077. [学会 (全国)] (ポスター) 精神的不調に対する職の不安定性と役割曖昧さの相乗効果. 井上彰臣1, 川上憲人, 江口 尚1, 堤 明純1 (1公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/11), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 482.

723078. [学会 (全国)] (ポスター) ストレスチェックにおける高ストレス者抽出基準の特性についての検討. 堤 明純 (公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/11), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 537.

723079. [学会 (全国)] (ポスター) 単身赴任期間と精神健康度との関係に対する緩衝要因の検討. 井戸晴香, 真船浩介, 中川悠子, 井上彰臣1, 廣 尚典 (1公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/11), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 409.

723080. [学会 (全国)] (ポスター) 職場のインシビリティ (非尊重的態度) と精神的健康・身体愁訴との関連. 津野香奈美, 安藤絵美子, 井上彰臣1, 栗岡住子, 川上憲人, 宮下和久 (1公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/11), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 418.

723081. [学会 (全国)] (一般口演)【座長】[一般口演13]メンタルヘルス4. 井上彰臣 (公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/12), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 59.

723082. [学会 (全国)] (自由集会) 組織的公正尺度日本語版の活用状況と最新の研究成果. 井上彰臣 (公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 職業性ストレス調査票ユーザーズクラブ (2017/5/12), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 308.

723083. [学会 (全国)] (自由集会) 企業における組織の公正性とその健康影響−メカニズムの解明と現場への応用−. 井上彰臣 (公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 エイジマネジメント研究会 (2017/5/12), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 311.

723084. [学会 (全国)] (一般口演) 部署のソーシャル・キャピタルの心理的ストレス反応への文脈効果: 2年間の追跡調査. 安藤絵美子, 井上彰臣1, 津野香奈美, 栗岡住子, 川上憲人 (1公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/12), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 337.

723085. [学会 (全国)] (ポスター) コミュニケーションのあり方が職場の一体感に及ぼす影響の検討. 上田梢江, 空閑玄明, 野田和子, 菖蒲田裕子, 井上彰臣1, 真船浩介, 廣 尚典 (1公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/12), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 477.

723086. [学会 (全国)] (ポスター) 職場のソーシャル・キャピタルを高める職場環境要因の検討. 栗岡住子, 井上彰臣1, 津野香奈美, 安藤絵美子 (1公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/12), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 489.

723087. [学会 (全国)] ( 一般講演) 【座長】[一般講演21] メンタルヘルス. 堤 明純 (公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/13), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 61.

723088. [学会 (全国)] (一般口演) 組織資源と職業性ストレスによる職場の類型化と精神的健康及び活力との関連の検討. 真船浩介, 井上彰臣1, 廣 尚典 (1公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/13), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 356.

723089. [学会 (全国)] (一般口演) インターネット労働者コホートによるストレスチェック制度の実施状況の把握と効果評価. 川上憲人, 浅井裕美, 井上彰臣1, 小田切優子, 島津明人, 吉川 徹, 堤 明純1, 廣 尚典, 吉川悦子 (1公衆衛生): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/13), 東京, 産業衛生学雑誌 2017/5; 59 (臨時増刊号): 367.

723090. [学会 (全国)] (一般口演) 持続的な雇用不安とストレス反応との関連に扶養家族の有無が及ぼす影響. 可知悠子, 橋本英樹, 江口 尚1 (1公衆衛生): 第76回日本公衆衛生学会総会 (2017/11/1), 鹿児島, 日本公衆衛生雑誌 2017/10; 64 (10号特別附録): 339.

723091. [学会 (全国)] (ポスター) ストレスチェック−調査票, 採点方法の違いによって予測力は変わるのか? 堤 明純 (公衆衛生): 第76回日本公衆衛生学会総会 (2017/11/1), 鹿児島, 日本公衆衛生雑誌 2017/10; 64 (10号特別附録); 408.

723092. [学会 (全国)] (ポスター) 介護と仕事の両立による労働者のストレスの状況: 国民生活基礎調査の結果から. 江口 尚1, 和田耕治 (1公衆衛生): 第76回日本公衆衛生学会総会 (2017/11/1), 鹿児島, 日本公衆衛生雑誌 2017/10; 64 (10号特別附録): 680.

723093. [学会 (全国)] (ポスター) 特定保健指導受検者の体重の推移. 川島正敏, 井上彰臣1, 遠田和彦, 堤 明純1 (1公衆衛生): 第76回日本公衆衛生学会総会 (2017/11/2), 鹿児島, 日本公衆衛生雑誌 2017/10; 64 (10号特別附録); 437.

723094. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター)【座長】産業医部会幹事会 編集委員会・利益相反 (COI) に関する委員会合同企画「論文投稿, 利益相反をどう考えるのか?」. 堤 明純 (公衆衛生): 第27回日本産業衛生学会全国協議会 (2017/11/23), 高知, 第27回日本産業衛生学会全国協議会講演集 2017; p.92.

723095. [学会 (全国)] (一般講演) 論文投稿, 利益相反をどう考えるのか? 柴田英治, 堤 明純1 (1公衆衛生): 第27回日本産業衛生学会全国協議会 (2017/11/23), 高知.

723096. [学会 (全国)] (ポスター) 米国における合理的配慮に関するデータベースの紹介. 江口 尚 (公衆衛生): 第27回日本産業衛生学会全国協議会 (2017/11/24), 高知, 第27回日本産業衛生学会全国協議会講演集 2017; p.124.

723097. [学会 (全国)] (一般口演) 時間外労働時間と生活習慣の組み合わせが精神的健康に与える影響: 単一企業における横断研究. 日野亜弥子, 井戸晴香, 野口裕輔, 脇田祐実, 井上彰臣1, 真船浩介, 廣 尚典 (1公衆衛生): 第25回日本産業ストレス学会 (2017/12/8), 静岡, 産業ストレス研究, 2017/12; 25: 138.

723098. [学会 (全国)] (ポスター) 労働者集団における職場と地域のソーシャル・キャピタルと精神的苦痛との関連. 浜田宏道, 中村幸志, 柳谷真悟, 鵜川重和, 堤 明純1, 玉腰曉子 (1公衆衛生): 第28回日本疫学会学術総会 (2018/2/2), 福島, Journal of Epidemiology 2018/2; 1 (Suppl 1): 114.

723099. [学会 (全国)] (一般口演) 自殺予防に対して医学生が有するべき知識と技術向上のための教材開発. 井上彰臣1, 堤 明純1, 守屋利佳2, 千葉宏毅2, 島津明人 (1公衆衛生, 2医学教育): 平成30年日本自殺総合対策学会 (2018/3/15), 東京.

732006. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) [座長]【職場のメンタルヘルス対策 過重労働対策・ストレスチェック】堤 明純 (公衆衛生): 第63回神奈川県公衆衛生学会 (2017/11/30), 横浜, 神奈川県公衆衛生学会誌 2017/11; 63: 6-7.

732007. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム)【職場のメンタルヘルス対策 過重労働対策・ストレスチェック】自殺防止対策, メンタルヘルス. 堤 明純 (公衆衛生): 第63回神奈川県公衆衛生学会 (2017/11/30), 横浜, 神奈川県公衆衛生学会誌 2017/11; 63: 7.

733016. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 医療的ケアを必要とする児を持つ保護者の就業状況についての調査. 荒木俊介, 中村加奈子, 江口 尚1, 福田智文, 下野昌幸 (1公衆衛生): 第7回日本小児在宅医療支援研究会 (2017/10/28), 埼玉.

H28年度以前分

[学術論文]

H27-110003. [原著] Work Content and Serious Mental Illness among Middle-Aged Men: Results from a 6-Year Longitudinal Study in Japan. Eguchi H1, Wada K, Higuchi Y, Yoneoka D, Smith DR: PLoS One 2015/6; 10 (6): e0131203. (江口 尚1: 1公衆衛生)

H27-210001. [準原著] Recognition, Compensation, and Prevention of Karoshi, or Death due to Overwork. Eguchi H1, Wada K, Smith DR: J Occup Environ Med 2016/8; 58 (8): e313-4. (江口 尚1: 1公

H28-110007. [原著] Job crafting, work engagement, and psychological distress among Japanese employees: a cross-sectional study. Sakuraya A, Shimazu A, Eguchi H1, Kamiyama K, Hara Y, Namba K, Kawakami N Biopsychosoc Med 2017/2; 11:6. doi: 10.1186/s13030-017-0091-y. eCollection 2017. (江口 尚1: 1公衆衛生)

[学会・研究会等]

H28-723003. [学会 (全国)] (一般講演) 雇用の不安定性の経年変化が心理的ストレス反応に及ぼす影響. 可知悠子, 橋本英樹, 江口 尚1 (1公衆衛生): 第27回日本疫学会学術総会 (2017/1/25-27), 甲府.


法医学

[著 書]

620014. [学術書 (分担執筆)]【薬毒物試験法と注解2017】II-8 向精神薬試験法 催眠薬・抗不安薬 8・6 ベンゾジアゼピン系薬物 定性試験6・4 高速液体クロマトグラフィー/タンデム質量分析 (LC/MS/MS), 定量試験 6・1, p.240-6. 抗うつ薬 8・11 抗うつ薬 定性試験11・5, p.267-9. 佐々木千寿子 (法医), 編: 日本薬学会, 東京化学同人, 2017/5発行.

[学会・研究会等]

723100. [学会 (全国)] (一般講演) 急性大動脈解離の組織学的所見について−粥状硬化症との比較−. 佐藤文子1, 入江 渉1, 村上千香子1, 佐々木千寿子1, 中丸尚美2, 阪本桃子2 (1法医, 2形態系): 第106回日本病理学会総会 (2017/4/27), 東京.

723101. [学会 (全国)] (一般講演) 心筋症及び心肥大・拡張事例における心臓特異的骨形成蛋白質10遺伝子及びRNA binding motif protein 20遺伝子の変異解析. 前田一輔, 村上千香子1, 入江 渉1, 佐々木千寿子1, 佐藤文子1, 栗原克由 (1法医): 第101次日本法医学会学術全国集会 (2017/6/8), 岐阜.

723102. [学会 (全国)] (一般講演) 次世代シークエンサーを用いた心臓性突然死の遺伝子解析. 村上千香子1, 入江 渉1, 佐々木千寿子1, 中丸尚美2, 佐藤文子1 (1法医, 2形態系): 第101次日本法医学会学術全国集会 (2017/6/9), 岐阜.

723103. [学会 (全国)] (一般講演) 法医解剖における中毒統計調査に向けた薬物スクリーニングメソッド構築の取り組み. 林徳太郎, 奥田勝博, 高倉彩華, 田中直子, 佐々木千寿子1, 安部寛子, 船越丈司, 則竹香菜子, 前橋恭子, 那須亜矢子, 浅村英樹 (1法医): 日本法科学技術学会第23回学術集会 (2017/11/10), 東京.

723104. [学会 (全国)] (一般講演) 次世代シークエンサーを用いた心筋症の遺伝子解析. 村上千香子1, 入江 渉1, 佐々木千寿子1, 中丸尚美2, 阪本桃子2, 長門純平2, 佐藤文子1 (1法医, 2形態系): 日本DNA多型学会第26回学術集会 (2017/11/30), 東京

723105. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学医学部法医学における乳幼児突然死例の検討. 佐藤文子1, 入江 渉1, 村上千香子1, 佐々木千寿子1, 中丸尚美2, 阪本桃子2, 長門純平2 (1法医, 2形態系): 第24回日本SIDS・乳幼児突然死予防学会学術集会 (2018/2/23), 京都.

732008. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 内部標準法による定量法. 佐々木千寿子 (法医): 第7回法医中毒研究会セミナー (2018/3/16), 東京.

733017. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 特殊な心損傷を伴ったくも膜下出血の一剖検例−part 2−. 入江 渉1, 村上千香子1, 佐々木千寿1, 中丸尚美2, 阪本桃子2, 長門純平2, 栗原克由, 佐藤文子1 (1法医, 2形態系): 第25回法医病理勉強会 (2017/6/7), 岐阜.

733018. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 改良後のフルニトラゼパム錠により消化管が青緑色を呈した2剖検例. 佐々木千寿子1, 入江 渉1, 村上千香子1, 中丸尚美2, 阪本桃子2, 長門純平2, 佐藤文子1 (1法医, 2形態系): 第86回日本法医学会学術関東地方集会 (2017/10/28), 東京.

733019. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 法医解剖における中毒統計調査に向けた薬物分析連携プロジェクト (DSMS: Drug Screening Method Sharing Project) の紹介. 前橋恭子, 安部寛子, 奥田勝博, 船越丈司, 則竹香菜子, 田中直子, 高倉彩華, 佐々木千寿子1, 林徳太郎, 那須亜矢子, 岩瀬博太郎, 清水惠子, 上村公一, 木下博之, 佐藤文子1, 浅村英樹, 井濱容子, 岩楯公晴 (1法医): 第64回日本法医学会学術近畿地方集会 (2017/11/11), 和歌山.

733020. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 薬物分析連携プロジェクトの取組みと今後の課題. 那須亜矢子, 安部寛子, 前橋恭子, 奥田勝博, 船越丈司, 則竹香菜子, 田中直子, 高倉彩華, 佐々木千寿子1, 林徳太郎, 岩瀬博太郎, 岩楯公晴, 清水惠子, 上村公一, 木下博之, 佐藤文子1, 浅村英樹, 井濱容子 (1法医): 第67回日本法医学会学術九州地方集会 (2017/11/24), 沖縄.

733021. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 法医解剖における中毒統計調査に向けた薬物分析連携プロジェクト (DSMS: Drug Screening Method Sharing Project) の紹介. 奥田勝博, 船越丈司, 則竹香菜子, 田中直子, 高倉彩華, 佐々木千寿子1, 前橋恭子, 林コ多郎, 安部寛子, 那須亜矢子, 上村公一, 木下博之, 佐藤文子1, 岩楯公晴, 浅村英樹, 岩瀬博太郎, 井濱容子, 清水惠子 (1法医): 第32回日本中毒学会東日本地方会 (2018/1/26), 山形.


実験動物学

[著 書]

620015. [学術書 (分担執筆)]【国立科学博物館企画展「卵からはじまる形づくり」ブックレット】消える鰓; 生まれる前に消える構造, p.37. 大久保直 (実動), 国立科学博物館, 東京, 2017/5発行.

[学会・研究会等]

712005. [学会 (国際)] (招待講演等) Quick and low-cost genome manipulation of mouse fertilized eggs to get homozygous mutants. Okubo T1: Deke Cell Biology symposium: Manipulating the mouse embryo: yesterday, today and tomorrow (2018/3/9), Duke University Medical Center, Durham, North Carolina, USA. (大久保直1: 1実験動物)

713024. [学会 (国際)] (一般講演) Adapter protein Ripply3 is required for epithelial morphogenesis in the mouse pharyngeal pouch. Tsuchiya Y, Okubo T1, Mii Y, Takada S: 18th International Congress of Developmental Biology (2017/6/19), Singapore. (大久保直1: 1実験動物)

722024. [学会 (全国)] (招待講演等) セリンプロテアーゼHTRA1の機能欠損は, 脳小血管病を引き起こす. 加藤泰介, 関根由美, 藤田菜摘, 野崎洋明, 廣川祥子, 佐藤俊哉1, 小野寺理 (1実動): 第40回日本神経科学大会 (2017/7/22), 千葉.

723106. [学会 (全国)] (一般講演) Ripply3 expressing cells give rise to epibranchial placode derived ganglia and vestibulocochlear ganglia. 大久保直1, Hara K, Kano M, Takada S (1実動): 第50回日本発生生物学会大会 (2017/5/11), 東京.

723107. [学会 (全国)] (一般講演) Elucidation of motor control mechanism using genetically modified mice harboring tetracycline-regulated expression of D1/D2 dopamine receptors. 笹岡俊邦, 大久保朝子 (佐藤)1, 知見聡美, 大久保直2, 阿部 学, 川村名子, 中尾聡宏, 小田佳奈子, 酒井清子, 前田宜俊, 神保幸弘, 田中 稔, 山本美丘, 佐藤俊哉2, 藤澤信義, 崎村建司, 南部 篤 (1生物物理系, 2実動): 第40回日本神経科学大会 (2017/7/20), 千葉.

723108. [学会 (全国)] (一般講演) Therapeutic strategy utilizing gene editing by CRISPR/Cas9 for polyglutamine disease using DRPLA model. 加藤泰介, 廣川祥子, 藤田菜摘, 佐藤俊哉1, 辻 省次, 小野寺理 (1実動): 第40回日本神経科学大会 (2017/7/20), 千葉.

723109. [学会 (全国)] (一般講演) Serine protease HTRA1 deficiency induces arteriopathy in cerebral small vessels. 加藤泰介, 関根由美, 藤田菜摘, 野崎洋明, 廣川祥子, 佐藤俊哉1, 辻 省次, 小野寺理 (1実動): 2017年度生命科学系学会合同年次大会 (第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会) (2017/12/6), 神戸.

723110. [学会 (全国)] (一般講演) Ripply3 expressing cells give rise to epibranchial placode derived ganglia and vestibulocochlear ganglia. 大久保直1, Hara K, Kano M, Takada S (1実動): 2017年度生命科学系学会合同年次大会 (第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会) (2017/12/7), 神戸.

723111. [学会 (全国)] (一般講演) Elucidation of motor control mechanism using genetically modified mice harboring tetracycline-regulated expression of D1/D2 dopamine receptors. 笹岡俊邦, 大久保朝子 (佐藤)1, 知見聡美, 大久保直2, 阿部 学, 川村名子, 中尾聡宏, 齊藤奈英, 酒井清子, 小田佳奈子, 前田宜俊, 神保幸弘, 田中 稔, 山本美丘, 佐藤俊哉2, 藤澤信義, 崎村建司, 南部 篤 (1生物物理系, 2実動): 2017年度生命科学系学会合同年次大会 (第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会) (2017/12/9), 神戸.

733022. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) D1/D2ドーパミン受容体コンディショナル発現マウスによる運動制御機構の解明. 笹岡俊邦, 佐藤朝子1, 知見聡美, 大久保直2, 阿部 学, 川村名子, 中尾聡宏, 小田佳奈子, 酒井清子, 前田宜俊, 神保幸弘, 佐藤俊哉2, 藤澤信義, 崎村建司, 南部 篤 (1生物物理系, 2実動): 第32回日本大脳基底核研究会 (2017/7/2), 西尾.

733023. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) CRISPR/Cas9システムを用いたエレクトロポレーション法による遺伝子改変マウスの作製. 佐藤貴文1, 阿部真悟1, 久保地誠司1, 梶原雄也1, 佐藤俊哉2, 東 貞宏2, 大久保直2 (1遺伝子解析セ, 2実動): 第35回動物生殖工学研究会 (2017/12/2), 川崎.

733024. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学医学部におけるマウスの体外受精とその成績. 阿部真悟1, 久保地誠司1, 佐藤貴文1, 梶原雄也1, 高橋 晃1, 佐藤俊哉2, 大久保直2, 東 貞宏2 (1遺伝子解析セ, 2実動): 第35回動物生殖工学研究会 (2017/12/2), 川崎.

H28年度以前分

[学会・研究会等]

H28-723004. [学会 (全国)] (一般講演) Adaptor protein Ripply3 is required for epithelial morphogenesis in the mouse pharyngeal pouch. 土屋凱寛, 大久保直1, 三井優輔, 高田慎治 (1実動): 日本発生生物学会秋季シンポジウム2016 (2016/10/19), 静岡.

H28-733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) リンパ器官形成の分子機構と制御. 大久保直 (実動): 科学研究費補助金・新学術領域研究「免疫四次元空間ダイナミクス」領域班会議 (2016/7/5), 徳島.


免疫学

[学術論文]

110058. [原著] A Novel Mouse Model of iNKT Cell-deficiency Generated by CRISPR/Cas9 Reveals a Pathogenic Role of iNKT Cells in Metabolic Disease. Ren Y, Sekine-Kondo E, Shibata R, Kato-Itoh M, Umino A, Yanagida A, Satoh M1, Inoue K, Yamaguchi T, Mochida K, Nakae S, Van Kaer L, Iwabuchi K1, Nakauchi H, Watarai H: Sci Rep 2017/10; 7 (1): 12765. (佐藤 雅1, 岩渕和也1: 1免疫)

521004. [解説] 脂肪組織におけるNKT細胞と脂肪細胞の相互作用. 佐藤 雅1, 岩渕和也1 (1免疫): 臨床免疫・アレルギー科 2017/12; 68 (6): 682-8.

540012. [その他 (特集編集)]【特集: MHC class Ib拘束性T細胞研究の新展開】岩渕和也 (免疫): 医学のあゆみ 2018/4; 265 (4).

[学会・研究会等]

712006. [学会 (国際)] (招待講演等) NKT cell-adipocyte interactions play an important role in the development of obesity. Iwabuchi K1, Fujita K, Iizuka M, Van Kaer L, Satoh M1: CD1-MR1 2017 (2017/11/6), Napa, CA, USA. (岩渕和也1, 佐藤 雅1: 1免疫)

722025. [学会 (全国)] (招待講演等) CD8陽性T細胞の分化と機能におけるEomesoderminの役割について. 江島耕二1, 三澤佳奈2, 大橋千尋2, 岩渕和也1 (1免疫, 2大学院医療系研究科): 第28回日本生体防御学会学術総会 (2017/6/29), 相模原.

723112. [学会 (全国)] (一般講演) 脂肪織炎症に及ぼす脂肪細胞とNKT細胞間相互作用の影響. 岩渕和也 (免疫): 第106回日本病理学会総会 (2017/4/27), 東京.

723113. [学会 (全国)] (一般講演) 自己免疫性ぶどう膜炎に対するNKT細胞の抑制効果. 岩山俊嗣1, 佐藤 雅2, 北市伸義, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第28回日本生体防御学会学術総会 (2017/6/29), 相模原.

723114. [学会 (全国)] (一般講演) 新規NKT細胞ハイブリドーマの作製とその脂肪細胞との相互作用. 佐藤 雅1, 岩渕和也1 (1免疫): 第28回日本生体防御学会学術総会 (2017/6/29), 相模原.

723115. [学会 (全国)] (一般講演) LupusモデルマウスBXSBを用いた好中球NETosisの新たな定量と定性解析. 竹内恵美子1, 竹内康雄2, 森澤 慎3 (1免疫, 2腎臓内, 3大学院医療系研究科): 第45回日本臨床免疫学会総会 (2017/9/29), 東京, 日本臨床免疫学会雑誌 2017/8; 40 (4): 312.

723116. [学会 (全国)] (一般講演) Analyses of genes expressed in the cortical thymic epithelial cells in immuno-compromised, alymphoplasia mice. 三澤佳奈1, 江島耕二2, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第46回日本免疫学会学術集会 (2017/12/13), 仙台.

723117. [学会 (全国)] (一般講演) Cardiac CD1d+ cells that present α-GalCer and activate NKT cells. Kobayashi S, 佐藤 雅1, Iwayama T, Yoshino K, 江島耕二1, 岩渕和也1 (1免疫): 第46回日本免疫学会学術集会 (2017/12/14), 仙台.

723118. [学会 (全国)] (一般講演) Development of experimental autoimmune myocarditis model and experimental therapeutics with NKT cell ligands. Iwayama T, 佐藤 雅1, Kobayashi S, Yoshino Y, 江島耕二1, 岩渕和也1 (1免疫): 第46回日本免疫学会学術集会 (2017/12/14), 仙台.

723119. [学会 (全国)] (一般講演) Generation of CD1d-negative NKT-cell hybridomas. 佐藤 雅1, 江島耕二1, 竹内恵美子1, Iizuka M, 岩渕和也1 (1免疫): 第46回日本免疫学会学術集会 (2017/12/14), 仙台.

723120. [学会 (全国)] (一般講演) Implication of T-bet, the master regulator of Th1 cells, in the cytotoxicity of murine CD4+ T cells. 江島耕二1, 三澤佳奈2, 大橋千尋2, 岩渕和也1 (1免疫, 2大学院医療系研究科): 第46回日本免疫学会学術集会 (2017/12/13), 仙台.

723121. [学会 (全国)] (一般講演) Spontaneous accumulation of myeloid-derived suppressor cell (MDSC)-like CD11b+/Gr-1+ cells in the periphery of NF-κB-inducing kinase (NIK) mutant mice. 大橋千尋1, 江島耕二2, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第46回日本免疫学会学術集会 (2017/12/14), 仙台.

723122. [学会 (全国)] (一般講演) Tetramer-based analyses of antigen-specific T cells in relapse model of experimental autoimmune uveoretinitis in mice. 加藤太喜1, 佐藤 雅2, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第46回日本免疫学会学術集会 (2017/12/14), 仙台.

723123. [学会 (全国)] (一般講演) Quantitative analysis of neutrophil extracellular traps (NETs) in lupus prone mouse using novel methods. 森澤 慎1, 竹内恵美子2, 飯塚みさを2, 岩渕和也2, 竹内康雄3 (1大学院医療系研究科, 2免疫, 3腎臓内): 第46回日本免疫学会学術集会 (2017/12/14), 仙台.

723124. [学会 (全国)] (一般講演) NKT cell-based intervention to the deployment of experimental autoimmune uveoretinitis in mice. 佐藤 雅1, 加藤太喜2, Nobuyoshi Kitaichi3, Masaru Taniguchi4, Luc Van Kaer5, 岩渕和也1 (1免疫, 2大学院医療系研究科, 3北海道医療大, 4理研, 5バンダービルト大・米国): 第1回日本ベーチェット病学会 (2017/12/1), 横浜.

732009. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) NKT細胞を標的とした疾患制御とその留意点−脂肪織炎症を例として−. 岩渕和也 (免疫): 免疫関連希少・難治性疾患に対する革新的治療創生研究シンポジウム−千葉大学リーディング研究育成プログラム (2018/3/10), 千葉.

733025. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) NKT細胞による脂肪組織炎症・肥満の誘導. 佐藤 雅1, 岩渕和也1 (1免疫): 第30回北里大学バイオサイエンスフォーラム・第20回北里微生物アカデミー (2017/8/24), 十和田.

733026. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) NF-κB-inducing kinase変異マウスにおける骨髄由来抑制細胞 (MDSC) 様細胞の蓄積について. 大橋千尋1, 江島耕二2, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第30回北里大学バイオサイエンスフォーラム・第20回北里微生物アカデミー (2017/8/24), 十和田.

733027. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 胸腺内T細胞選択に対するNF-κB-inducing kinase (NIK) の寄与について. 三澤佳奈1, 江島耕二2, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第30回北里大学バイオサイエンスフォーラム・第20回北里微生物アカデミー (2017/8/24), 十和田.

733028. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) NKT細胞を介した心筋リモデリングの抑制メカニズムの解明. 小林秀策1, 佐藤 雅2, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第30回北里大学バイオサイエンスフォーラム・第20回北里微生物アカデミー (2017/8/24), 十和田.

733029. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) MRシ1欠損マウスにおける接触性皮膚炎の誘導. 今橋尚也1, 佐藤 雅2, 岩渕和也2 (1理学部生物科学, 2免疫): 第30回北里大学バイオサイエンスフォーラム・第20回北里微生物アカデミー (2017/8/24), 十和田.

733030. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) LupusモデルマウスBXSBを用いた好中球NETosisの新たな定量と定性解析. 森澤 慎1, 竹内恵美子2, 飯塚みさを3, 岩渕和也2, 竹内康雄4 (1大学院医療系研究科, 2免疫, 3予防医学系, 4腎臓内): 第30回北里大学バイオサイエンスフォーラム・第20回北里微生物アカデミー (2017/8/24), 十和田.


医療経営学


地域児童精神科医療学

[学会・研究会等]

723125. [学会 (全国)] (一般講演) 公立小中学校における, スクールカウンセリングと児童精神科医療の関連について. 中島康輔1, 神谷俊介1, 吉林利文1,2, 井上勝夫2, 宮岡 等1,2 (1地域児童精神, 2精神): 第58回日本児童青年精神医学会総会 (2017/10/7), 奈良.

723126. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における精神科リエゾンチームの現状と課題. 神谷俊介1, 白井教子2, 田久保美千代2, 井上朋子3, 三浦祥子3, 中島康輔1, 宮地英雄1,3, 井上勝夫3, 宮岡 等1,3 (1地域児童精神, 2看護部, 3精神): 第30回日本総合病院精神医学会総会 (2017/11/17), 富山.


再生医療形成外科学


地域総合医療学

[学術論文]

522024. [講座]【特集: マルチプロブレムの高齢者薬物治療】高齢者の薬物療法に関する臨床的問題. 石川純也1, 木村琢磨1,2 (1総合診療, 2新世紀医療・横断的医療) 薬事 2017/5; 59 (7): 21-5.

522025. [講座]【特集: コモンプロブレムへのアプローチ 便秘問題, すっきり解決!】高齢者の便秘へのアプローチ. 森 紘子1, 木村琢磨1,2 (1地域総合医療, 2新世紀医療・横断的医療): 総合診療のGノート 2017/6; 4 (4): 761-68.

[著 書]

620016. [学術書 (分担執筆)]【介護支援専門員現任研修テキスト第3巻 主任介護支援専門員研修】第3章 ターミナルケア, p.78-96. 坂 祥平1, 木村琢磨1,2 (1地域総合医療, 2新世紀医療・横断的医療), 編: 白澤政和, 岡田進一, 川越正平, 白木裕子, 福富昌城, 中央法規出版, 東京, 2017/5発行.

620017. [学術書 (分担執筆)]【介護支援専門員現任研修テキスト第3巻 主任介護支援専門員研修】第7章 ケアマネジメントに必要な医療との連携及び多職種協働の実現, p.244-80. 関有香子1, 木村琢磨1,2 (1地域総合医療, 2新世紀医療・横断的医療), 編: 白澤政和, 岡田進一, 川越正平, 白木裕子, 福富昌城, 中央法規出版, 東京, 2017/5発行.

[学会・研究会等]

723127. [学会 (全国)] (一般講演)「ペットの飼育を契機に関係性が改善した高齢夫婦」の1例. 森 紘子1,2, 木村琢磨1,3, 石川純也1, 筧孝太郎2, 新森加奈子2, 坂 祥平1,2, 笹沼宏年2, 菅野哲也2, 関友香子2, 匹田さやか4 (1総合診療, 2地域総合医療, 3新世紀医療・横断的医療, 4小児): 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 (2017/5/13), 高松.

723128. [学会 (全国)] (一般講演) 研修医・医学生の参加型研修・実習としての 「診療所における健康カフェ」の現状. 菅野哲也1, 木村琢磨1,2, 新森加奈子1, 坂 祥平1,3, 石川純也3, 筧孝太郎1, 笹沼宏年1, 森 紘子1,3, 関友香子1, 匹田さやか4 (1地域総合医療, 2新世紀医療・横断的医療, 3総合診療, 4小児): 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 (2017/5/13), 高松.
会 (2017/5/13), 高松.

723129. [学会 (全国)] (一般講演) 転院 (ケア移行) した際の「薬剤処方に関するエラー」の予防を目的とした医師, 薬剤師連携. 新森加奈子1, 大隈良太2, 木村琢磨1,3, 石川純也4, 筧孝太郎1, 坂 祥平1,4, 笹沼宏年1, 森 紘子1,4, 菅野哲也1, 関友香子1, 匹田さやか5, 黒山政一2, 松村真司 (1地域総合医療, 2東病院薬剤部, 3新世紀医療・横断的医療, 5小児): 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 (2017/5/13), 高松.

723130. [学会 (全国)] (一般講演) 在宅医療における「医学生の実習を受け入れる医療機関や指導教員 の視点」の探索. 新森加奈子1, 木村琢磨1,2, 森 紘子1,3, 坂 祥平1,3, 笹沼宏年1, 石川純也3, 筧孝太郎1 (1地域総合医療, 2新世紀医療・横断的医療, 3総合診療): 第19回日本在宅医学会大会 (2017/6/18), 名古屋.


炎症性腸疾患教育・臨床研究学


小児−小児循環器地域医療学


消化器内科学

[学術論文]

110059. [原著] Alcohol abstinence and risk assessment for second esophageal cancer in Japanese men after mucosectomy for early esophageal cancer. Yokoyama A, Katada C1, Yokoyama T, Yano T, Kaneko K, Oda I, Shimizu Y, Doyama H, Koike T, Takizawa K, Hirao M, Okada H, Yoshii T, Konishi K, Yamanouchi T, Tsuda T, Omori T, Kobayashi N, Suzuki H, Tanabe S, Hori K, Nakayama N, Kawakubo H, Ishikawa H, Muto M: PLoS One 2017/4; 12 (4): e0175182. (堅田親利1: 1消化器内)

110060. [原著] Nab-paclitaxel versus solvent-based paclitaxel in patients with previously treated advanced gastric cancer (ABSOLUTE): an open-label, randomised, non-inferiority, phase 3 trial. Shitara K, Takashima A, Fujitani K, Koeda K, Hara H, Nakayama N, Hironaka S, Nishikawa K, Makari Y, Amagai K, Ueda S, Yoshida K, Shimodaira H, Nishina T, Tsuda M, Kurokawa Y, Tamura T, Sasaki Y, Morita S, Koizumi W1: Lancet Gastroenterol Hepatol 2017/4; 2 (4): 277-87. (小泉和三郎1: 1消化器内)

110061. [原著] Management of early gastric cancer with positive horizontal or indeterminable margins after endoscopic submucosal dissection: multicenter survey. Ishii N, Omata F, Fujisaki J, Hirasawa T, Kaise M, Hoteya S, Tanabe S1,2, Ishido K2, Ohata K, Takita M, Mine T, Igarashi M, Yoshida T, Takeda Y, Furumoto Y, Matsumoto K, Yahagi N, Nakashima H, Wada T, Tagata T, Mitsunaga A: Endosc Int Open 2017/5; 5 (5): E354-62. (田邉 聡1,2, 石戸謙次: 1新世紀医療・先端医療, 2消化器内)

110062. [原著] S-1 versus placebo in patients with sorafenib-refractory advanced hepatocellular carcinoma (S-CUBE): a randomised, double-blind, multicentre, phase 3 trial. Kudo M, Moriguchi M, Numata K, Hidaka H1, Tanaka H, Ikeda M, Kawazoe S, Ohkawa S, Sato Y, Kaneko S, Furuse J, Takeuchi M, Fang X, Date Y, Takeuchi M, Okusaka T: Lancet Gastroenterol Hepatol 2017/6; 2 (6): 407-17. (日高 央1: 1消化器内)

110063. [原著] Impact of progression type on overall survival in patients with advanced gastric cancer based on randomized phase III study of S-1 plus oxaliplatin versus S-1 plus cisplatin. Nishikawa K, Yamada Y, Ishido K1, Gotoh M, Bando H, Sugimoto N, Nishina T Amagai K, Chin K, Niwa Y, Tsuji A, Imamura H, Tsuda M, Yasui H, Fujii H, Yamaguchi K, Yasui H, Hironaka S, Shimada K, Miwa H, Hamada C, Hyodo I: Gastric Cancer 2017/7; 20 (4): 640-5. (石戸謙次1: 1消化器内)

110064. [原著] Surveillance for dysplasia in patients with ulcerative colitis: Discrepancy between guidelines and practice. Shinozaki M, Kobayashi K1,2, Kunisaki R, Hisamatsu T, Naganuma M, Takahashi KI, Iwao Y, Suzuki Y, Watanabe M, Itabashi M, Torii A, Takazoe M, Sugita A: Dig Endosc 2017/7; 29 (5): 584-93. (小林清典1,2: 1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内)

110065. [原著] Long-term safety and efficacy of adalimumab for intestinal Beh_et's disease in the open label study following a phase 3 clinical trial. Inoue N, Kobayashi K1,2, Naganuma M, Hirai F, Ozawa M, Arikan D, Huang B, Robinson AM, Thakkar RB, Hibi T3: Intest Res 2017/7; 15 (3): 395-401. (小林清典1,2, 日比紀文3: 1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内, 3北里大学北里研究所病院)

110066. [原著] Validation study of a health risk appraisal model and endoscopic screening for early esophageal cancer in men in specialized hospitals. Kondo Y1, Katada C1, Tanabe S1,2, Wada T1, Ishido K1, Yano T1, Kawanishi N3, Furue Y1, Yamane S3, Suzuki M, Watanabe A3, Azuma M1, Moriya H4, Yamashita K5, Koizumi W1, Yokoyama A: Esophagus 2017/7; 14 (3): 235-40. (近藤雄紀1, 堅田親利1, 田邉 聡1,2 和田拓也1, 石戸謙次1, 矢野貴史1, 河西奈津子3, 古江康明1, 山根早紀子3, 渡邉晃識3, 東 瑞智1, 森谷宏光4, 山下継史5, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3大学院医療系研究科, 4上部消化管外, 5新世紀医療・横断的医療)

110025. [原著] Angiotensin II subtype 1a receptor signaling in resident hepatic macrophages induces liver metastasis formation. Shimizu Y1, Amano H2, Ito Y2, Betto T3, Yamane S3, Inoue T3, Nishizawa N3, Matsui Y, Kamata M4, Nakamura M5, Kitasato H5, Koizumi W1, Majima M2: Cancer Sci 2017/9; 108 (9): 1757-68. (清水裕貴1, 天野英樹2, 伊藤義也2, 別當朋広3, 山根早紀子3, 井上智仁3, 西澤伸恭3, 鎌田真理子4, 中村正樹5, 北里英郎5, 小泉和三郎1, 馬嶋正隆2: 1消化器内, 2薬理, 3大学院医療系研究科, 4腎臓内, 5医療衛生学部)

110067. [原著] Regular hospital visits improve the prognosis of hepatocellular carcinoma after initial diagnosis: A single regional community hospital study. Watanabe M1,2, Yokomori H2,3, Takahashi Y2,4, Minamino T1, Kubo H2,4, Okada T, Yamazaki H2,5, Shibuya A1,6, Koizum W1: Turk J Gastroenterol 2017/9; 28 (5): 353-60. (渡邊真彰1, 横森弘昭2,3, 高橋禎人2,4, 南野 勉1, 久保任史2,4, 山崎 等2,5, 渋谷明隆1,6, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3総合診療, 4一般・小児・肝胆膵外, 5病理, 6医療管理)

110068. [原著] Validation of the JCOG prognostic index in advanced gastric cancer using individual patient data from the SPIRITS and G-SOX trials. Takahari D, Mizusawa J, Koizumi W1, Hyodo I, Boku N: Gastric Cancer 2017 /9; 20 (5): 757-63. (小泉和三郎1: 1消化器内)

110069. [原著] Gastric cancer treated by endoscopic submucosal dissection or endoscopic mucosal resection in Japan from 2004 through 2006: JGCA nationwide registry conducted in 2013. Tanabe S1,2, Hirabayashi S, Oda I, Ono H, Nashimoto A, Isobe Y, Miyashiro I, Tsujitani S, Seto Y, Fukagawa T, Nunobe S, Furukawa H, Kodera Y, Kaminishi M, Katai H: Gastric Cancer 2017/9; 20 (5): 834-42. (田邉 聡1,2: 1新世紀医療・先端医療, 2消化器内)

110070. [原著] Superparamagnetic iron oxide-enhanced magnetic resonance imaging is useful in predicting malignant potential of vascular transformation of hypointense hypovascular nodules on gadoxetic acid-enhanced magnetic resonance imaging. Tanaka Y1, Nakazawa T1, Inoue T2, Yamane K2, Kubota K1, Uojima H1, Takada J1, Okuwaki Y1, Hidaka H1, Shibuya A1,3, Kokubu S4, Matsunaga K5, Koizumi W1: Hepatol Res 2017/10; 47 (11): 1118-26. (田中賢明1, 中澤貴秀1, 井上智仁2, 山根敬子2, 窪田幸介1, 魚嶋晴紀1, 高田樹一1, 奥脇裕介1, 日高 央1, 渋谷明隆1,3, 國分茂博4, 松永敬二5, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2大学院医療系研究科, 3医療管理, 4新百合ヶ丘総合病院, 5放射線 (画像))

110071. [原著] Evaluation of an e-learning system for diagnosis of gastric lesions using magnifying narrow-band imaging: a multicenter randomized controlled study. Nakanishi H, Doyama H, Ishikawa H, Uedo N, Gotoda T, Kato M, Nagao S, Nagami Y, Aoyagi H, Imagawa A, Kodaira J, Mitsui S, Kobayashi N, Muto M, Takatori H, Abe T, Tsujii M, Watari J, Ishiyama S, Oda I, Ono H, Kaneko K, Yokoi C, Ueo T, Uchita K, Matsumoto K, Kanesaka T, Morita Y, Katsuki S, Nishikawa J, Inamura K, Kinjo T, Yamamoto K, Yoshimura D, Araki H, Kashida H, Hosokawa A, Mori H, Yamashita H, Motohashi O, Kobayashi K, Hirayama M, Kobayashi H, Endo M, Yamano H, Murakami K, Koike T, Hirasawa K, Miyaoka Y, Hamamoto H, Hikichi T, Hanabata N, Shimoda R, Hori S, Sato T, Kodashima S, Okada H, Mannami T, Yamamoto S, Niwa Y, Yashima K, Tanabe S1,2, Satoh H, Sasaki F, Yamazato T, Ikeda Y, Nishisaki H, Nakagawa M, Matsuda A, Tamura F, Nishiyama H, Arita K, Kawasaki K, Hoppo K, Oka M, Ishihara S, Mukasa M, Minamino H, Yao K: Endoscopy 2017/10; 49 (10): 957-67. (田邉 聡1,2: 1新世紀医療・先端医療, 2消化器内)

110072. [原著] Different clinical characteristics associated with acute bleeding and delayed bleeding after endoscopic submucosal dissection in patients with early gastric cancer. Yano T1, Tanabe S1,2, Ishido K1, Suzuki M, Kawanishi N3, Yamane S3, Watanabe A3, Wada T1, Azuma M1, Katada C1, Koizumi W1: Surg Endosc 2017/11; 31 (11): 4542-50. (矢野貴史1, 田邉 聡1,2, 石戸謙次1, 河西奈津子3, 山根早紀子3, 渡邉晃識3, 和田拓也1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3大学院医療系研究科)

110073. [原著] Efficacy of combination therapy with natriuretic and aquaretic drugs in cirrhotic ascites patients: A randomized study. Uojima H1, Hidaka H1, Nakayama T, Sung JH, Ichita C, Tokoro S, Masuda S, Sasaki A, Koizumi K, Egashira H, Kako M: World J Gastroenterol 2017/12; 23 (45): 8062-72. (魚嶋晴紀1, 日高 央1: 1消化器内)

110074. [原著] Effect of branched-chain amino acid supplements on muscle strength and muscle mass in patients with liver cirrhosis. Uojima H1, Sakurai S, Hidaka H1, Kinbara T, Sung JH, Ichita C, Tokoro S, Masuda S, Sasaki A, Koizumi K, Egashira H, Kako M, Kobayashi S: Eur J Gastroenterol Hepatol 2017/12; 29 (12): 1402-7. (魚嶋晴紀1, 日高 央1: 1消化器内)

110075. [原著] Genetic variations in immunomodulatory pathways to predict survival in patients with locoregional gastric cancer. Sunakawa Y, Cao S, Volz NB, Berger MD, Yang D, Parekh A, Zhang W, Matsusaka S, Ning Y, Stremitzer S, Stintzing S, Sebio A, Okazaki S, Wakatsuki T, Azuma M1, Watanabe M2, Koizumi W1, Wu AH, Lenz HJ: Pharmacogenomics J 2017 /12; 17 (6): 528-34. (東 瑞智1, 渡邊昌彦2, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2外科)

110076. [原著] Influence of cholangitis after preoperative endoscopic biliary drainage on postoperative pancreatic fistula in patients with middle and lower malignant biliary strictures. Kaneko T1, Imaizumi H1, Kida M1, Miyata E1, Yamauchi H1, Okuwaki K1, Iwai T1, Koizumi W1: Dig Endosc 2018/1; 30 (1): 90-7. (金子 亨1, 今泉 弘1, 木田光広1, 宮田英治1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

110077. [原著] Five-year survival analysis of surgically resected gastric cancer cases in Japan: a retrospective analysis of more than 100,000 patients from the nationwide registry of the Japanese Gastric Cancer Association (2001-2007). Katai H1, Ishikawa T1, Akazawa K1, Isobe Y1, Miyashiro I1, Oda I1, Tsujitani S1, Ono H1, Tanabe S1-3, Fukagawa T1, Nunobe S1, Kakeji Y1, Nashimoto A1 (1Registration Committee of the Japanese Gastric Cancer Association): Gastric Cancer 2018 /1; 21 (1): 144-54. (田邉 聡1-3: 2新世紀医療・先端医療, 3消化器内)

110078. [原著] Orantinib versus placebo combined with transcatheter arterial chemoembolisation in patients with unresectable hepatocellular carcinoma (ORIENTAL): a randomised, double-blind, placebo-controlled, multicentre, phase 3 study. Kudo M, Cheng AL, Park JW, Park JH, Liang PC, Hidaka H1, Izumi N, Heo J, Lee YJ, Sheen IS, Chiu CF, Arioka H, Morita S, Arai Y: Lancet Gastroenterol Hepatol 2018/1; 3 (1): 37-46. (日高 央1: 1消化器内)

110079. [原著] Safety and efficacy of metallic stent for unresectable distal malignant biliary obstruction in elderly patients. Sakai Y, Iwai T1, Shimura K, Gon K, Koizumi K, Ijima M, Chiba K, Nakatani S1, Sugiyama H, Tsuyuguchi T, Kamisawa T, Maetani I, Kida M1: World J Gastroenterol 2018/1; 24 (1): 69-75. (岩井知久1, 中谷征吾1, 木田光広1: 1消化器内)

110080. [原著] First progress report on the Japan Endoscopy Database project. Kodashima S1, Tanaka K1,2, Matsuda K1,2, Fujishiro M1,2, Saito Y1,2, Ohtsuka K1, Oda I1, Katada C1,3, Kato M1, Kida M1,3, Kobayashi K1,3,4, Hoteya S1, Horimatsu T1, Matsuda T1, Muto M1, Yamamoto H1, Ryozawa S1, Iwakiri R2, Kutsumi H2, Miyata H2, Kato M2, Haruma K2, Fujimoto K2, Uemura N2, Kaminishi M2, Tajiri H2 (1MSED-J (Minimal Standard Endoscopic Database) subcommittee, 2JED (Japan Endoscopy Database) Project Committee, Japan Gastroenterological Endoscopy Society): Dig Endosc 2018/1; 30 (1): 20-8. (堅田親利1,3, 木田光広1,3, 小林清典1,3,4: 3消化器内, 4新世紀医療・横断的医療)

110081. [原著] Prospective, randomized, controlled study of the efficacy of transcatheter arterial chemoembolization with miriplatin for hepatocellular carcinoma. Kubota K1, Hidaka H1, Nakazawa T1, Okuwaki Y1, Yamane K2, Inoue T2, Uojima H1, Takada J1, Tanaka Y1, Shibuya A1,3, Fujii K4, Woodhams R4, Matsunaga K4, Kokubu S5, Koizumi W1: Hepatol Res 2018/2; 48 (3): E98-106. (窪田幸介1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 奥脇裕介1, 山根敬子2, 井上智仁2, 魚嶋晴紀1, 高田樹一1, 田中賢明1, 渋谷明隆1,3, 藤井 馨4, ウッドハムス玲子4, 松永敬二4, 國分茂博5, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2大学院医療系研究科, 3医療管理, 4放射線 (画像), 5新百合ヶ丘総合病院)

110082. [原著] Response criteria of tolvaptan for the treatment of hepatic edema. Hiramine Y, Uojima H1, Nakanishi H, Hiramatsu A, Iwamoto T, Kimura M, Kawaratani H, Terai S, Yoshiji H, Uto H, Sakaida I, Izumi N, Okita K, Koike K: J Gastroenterol 2018/2; 53 (2): 258-68. (魚嶋晴紀1: 1消化器内)

110083. [原著] Antithrombin III for portal vein thrombosis in patients with liver disease: A randomized, double-blind, controlled trial. Hidaka H1,2, Kokubu S1,3, Sato T1, Katsushima S1, Izumi N1, Igura T1, Asahara S1, Notsumata K1, Osaki Y1, Tsuji K1, Kawanaka H1, Akahoshi T1, Hirota S1, Matsutani S1 (1NPB-06 study group): Hepatol Res 2018/2; 48 (3): E107-16. (日高 央1,2, 國分茂博1,3: 2消化器内, 3新百合ヶ丘総合病院)

110084. [原著] Long-term outcomes of patients with early gastric cancer found to have lesions for which endoscopic treatment is not indicated on histopathological evaluation after endoscopic submucosal dissection. Yano T1, Ishido K1, Tanabe S1,2, Wada T1, Azuma M1, Kawanishi N3, Yamane S3, Watanabe A3, Katada C1, Koizumi W1: Surg Endosc 2018/3; 32 (3): 1314-23. (矢野貴史1, 石戸謙次1, 田邉 聡1,2, 和田拓也1, 東 瑞智1, 河西奈津子3, 山根早紀子3, 渡邉晃識3, 堅田親利1, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3大学院医療系研究科)

110085. [原著] Randomized crossover trial comparing EUS-guided fine-needle aspiration with EUS-guided fine-needle biopsy for gastric subepithelial tumors. Iwai T1, Kida M1, Imaizumi H1, Miyazawa S1, Okuwaki K1, Yamauchi H1, Kaneko T1, Hasegawa R1, Miyata E1, Koizumi W1: Diagn Cytopathol 2018/3; 46 (3): 228-33. (岩井知久1, 木田光広1, 今泉 弘1, 宮澤志郎1, 奥脇興介1, 山内浩史1, 金子 亨1, 長谷川力也1, 宮田英治1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

110086. [原著] Nimotuzumab combined with concurrent chemoradiotherapy in Japanese patients with esophageal cancer: A phase I study. Kato K, Ura T, Koizumi W1, Iwasa S, Katada C1, Azuma M1, Ishikura S, Nakao Y, Onuma H, Muro K: Cancer Sci 2018/3; 109 (3): 785-93. (小泉和三郎1, 堅田親利1, 東 瑞智1: 1消化器内)

110087. [原著] Predisposing Factors for Chemotherapy-induced Nephrotoxicity in Patients with Advanced Esophageal Cancer Who Received Combination Chemotherapy with Docetaxel, Cisplatin, and 5-fluorouracil. Mohri J1, Katada C2, Ueda M3, Sugawara M3, Yamashita K4, Moriya H5, Komori S6, Hayakawa K6, Koizumi W2, Atsuda K1,3: J Transl Int Med 2018/3; 6 (1): 32-7. (毛利順一1, 堅田親利2, 菅原充広3, 山下継史4, 森谷宏光5, 小森承子6, 早川和重6, 小泉和三郎2, 厚田幸一郎1,3: 1薬学部, 2消化器内, 3薬剤部, 4新世紀医療・横断的医療, 5上部消化管外, 6放射線 (腫瘍))

110088. Feasibility of definitive chemoradiation therapy with nedaplatin and 5-fluorouracil in elderly patients with esophageal squamous cell carcinoma: A retrospective study. Watanabe A1, Katada C2, Komori S3, Moriya H4, Yamashita K5, Harada H1, Azuma M2, Kondo Y2, Kubota Y2, Furue Y2, Kawanishi N1, Yamane S1, Wada T2, Yano T2, Ishido K2, Tanabe S2,6, Hayakawa K3, Koizumi W2: Adv Radiat Oncol 2018/7-9; 3 (3): 305-13. Published online 2018/3. doi:[10.1016/j.adro.2018.02.010] (渡邉晃織1, 堅田親利2, 小森承子3, 森谷宏光4, 山下継史5, 原田宏輝1, 東 瑞智2, 近藤雄紀2, 久保田陽2, 古江康明2, 河西奈津子1, 山根早紀子1, 和田拓也2, 矢野貴史2, 石戸謙次2, 田邉 聡2,6, 早川和重3, 小泉和三郎2: 1大学院医療系研究科, 2消化器内, 3放射線 (腫瘍), 4上部消化管外, 5新世紀医療・横断的医療, 6新世紀医療・先端医療)

210004. [準原著] Meta-analysis of patient-level data on biweekly irinotecan plus cisplatin versus irinotecan alone as second-line treatment for advanced gastric cancer with the TCOG GI-0801 BIRIP and ECRIN TRICS RCTs: protocol paper. Nishikawa K, Koizumi W1, Tsuburaya A, Yamanaka T, Morita S, Fujitani K, Akamaru Y, Shimada K, Hosaka H, Nakayama N1, Tsujinaka T, Sakamoto J: Annals of CancerReseach and Therapy 2017/8; 25 (2): 48-51. (小泉和三郎1, 中山昇典1: 1消化器内)

210005. [準原著] Therapeutic peroral direct cholangioscopy using a single balloon enteroscope in patients with Roux-en-Y anastomosis (with videos). Yamauchi H1, Kida M1, Okuwaki K1, Miyazawa S1, Matsumoto T1, Uehara K1, Miyata E1, Hasegawa R1, Kaneko T1, Laopeamthong I, Lei Y, Iwai T1, Imaizumi H1, Koizumi W1: Surg Endosc 2018/1; 32 (1): 498-506. (山内浩史1, 木田光広1, 奥脇興介1, 宮澤志郎1, 松本高明1, 上原一帆1, 宮田英治1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

310001. [症例報告] Platypnea-orthodeoxia Syndrome Induced by an Infected Giant Hepatic Cyst. Hyun Sung J, Uojima H1, Branch J, Miyazono S, Kitagawa I, Kako M, Kobayashi S: Intern Med 2017/8; 56 (15): 2019-24. (魚嶋晴紀1: 1消化器内)

410001. [臨床治験] Short-Term Safety and Efficacy of Balloon-Occluded Retrograde Transvenous Obliteration Using Ethanolamine Oleate: Results of a Prospective, Multicenter, Single-Arm Trial. Kobayakawa M, Kokubu S, Hirota S, Koizumi J, Nishida N, Yasumoto T, Mochida S, Hidaka H1, Tanaka N, Tajima T: J Vasc Interv Radiol 2017/8; 28 (8): 1108-15.e2. (日高 央1: 1消化器内)

510001. [総説] Endoscopic ultrasonography diagnosis of subepithelial lesions. Kida M1, Kawaguchi Y1, Miyata E1, Hasegawa R1, Kaneko T1, Yamauchi H1, Koizumi S1, Okuwaki K1, Miyazawa S1, Iwai T1, Kikuchi H1, Watanabe M1, Imaizumi H1, Koizumi W1: Dig Endosc 2017/5; 29 (4): 431-43. (木田光広1, 川口佑輔1, 宮田英治1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1, 小泉周子1, 奥脇興介1, 宮澤志郎1, 岩井知久1, 菊地秀彦1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

510002. [総説]【DEN Video Article】Endoscopic diagnosis and treatment of superficial pharyngeal cancer. Katada C1, Okamoto T2, Kano K2: Dig Endosc 2017/11; 29 (7): 824. (堅田親利1, 岡本旅人2, 加納孝一2: 1消化器内, 2耳鼻咽喉・頭頸外)

510003. [総説]【Special Report】Design paper: Japan Endoscopy Database (JED): A prospective, large database project related to gastroenterological endoscopy in Japan. Matsuda K, Tanaka K, Fujishiro M, Saito Y, Ohtsuka K, Oda I, Katada C1, Kato M, Kida M1, Kobayashi K1,2, Hoteya S, Horimatsu T, Kodashima S, Matsuda T, Muto M, Yamamoto H, Ryozawa S, Iwakiri R, Kutsumi H, Miyata H, Kato M, Haruma K, Fujimoto K, Uemura N, Kaminishi M, Tajiri H: Dig Endosc 2018/1; 30 (1): 5-19. (堅田親利1, 木田光広1, 小林清典1,2: 1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療)

512001. [講座]【E-Videos】The large-balloon occupation technique: a new technique for removing multiple biliary stones from a large-diameter bile duct. Yamauchi H1, Kida M1, Uehara K1, Miyata E1, Okuwaki K1, Imaizumi H1, Koizumi W1: Endoscopy 2017/6; 49 (6): E155-6. (山内浩史1, 木田光広1, 上原一帆1, 宮田英治1, 奥脇興介1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

521005. [解説]【文献紹介: IBD注目のKey論文】@4アダリムマブ維持療法を受けているクローン病患者においてアダリムマブに対する抗体は将来の炎症と関連する: Karmiris試験の事後解析 (Baert F et al: Gut 65: 1126-31, 2016). 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): IBD Research 2017/6; 11 (2): 116.

522026. [講座]【特集I: 食道癌−診断・治療のupdate−】進行食道癌に対する化学放射線療法. 渡辺晃識1, 堅田親利1, 東 瑞智1, 小泉和三郎1, 小森承子2, 早川和重2, 森谷宏光3, 山下継史4, 田邉 聡1,5 (1消化器内, 2放射線 (腫瘍), 3上部消化管外, 4新世紀医療・横断的医療, 5新世紀医療・先端医療): 消化器・肝臓内科 2017/4; 1 (4): 377-82.

522027. [講座]【特集: 高齢者・超高齢者消化管癌の内視鏡治療】各論 (1) 食道癌 b. 食道早期癌に対するAPC焼灼治療法の位置づけ. 田邉 聡1,2, 久保田陽2, 石戸謙次2, 和田拓也2, 東 瑞智2, 堅田親利2, 小泉和三郎2 (1新世紀医療・先端医療, 2消化器内): 臨牀消化器内科 2017/5; 32 (6): 661-5.

522028. [講座]【特集: ERCPのエキスパートを目指して】バルーン式小腸鏡を用いた術後再建腸管に対するERCPの工夫. 山内浩史1, 木田光広1, 上原一帆1, 升谷寛以2, 宮田英治1, 川口佑輔1, 長谷川力也1, 松本高明1, 金子 亨1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科): 消化器内視鏡 2017/5; 29 (5): 816-23.

522029. [講座]【連載: 新しい診断・薬の情報】トロンボポエチン受容体作動薬 (ムルプレタメ). 日高 央 (消化器内): 肝臓クリニカルアップデート 2017/5: 3 (1): 77-80.

522030. [講座]【特集: 消化器内視鏡−私の流儀】各論 1. 上部消化管内視鏡 労を惜しまず, あきらめず−内視鏡的止血法の限界を知り, 次の手を. 田邉 聡1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2消化器内): 消化器内視鏡 2017/6; 29 (6): 991-3.

522031. [講座]【特集: 消化器内視鏡−私の流儀】各論 2. 下部消化管内視鏡  大腸内視鏡挿入法−苦痛の少ない挿入を目指して. 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): 消化器内視鏡 2017/6; 29 (6): 1026-8.

522032. [講座]【Editorial】肝硬変における凝固・抗凝固のインバランスと門脈血栓症. 日高 央 (消化器内): 日本門脈圧亢進症学会雑誌 2017/6; 23 (2): 141-8.

522033. [講座]【特集: 胆膵EUSの進歩】EUSによる観察 (1) 膵臓の観察. 木田光広1, 松本高明1, 上原一帆1, 川口佑輔1, 長谷川力也1, 宮田英治1, 金子 亨1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 菊地秀彦1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 臨牀消化器内科 2017/7; 32 (8): 1081-90.

522034. [講座]【特集: 胆膵EUSの進歩】2-1. EUSによる観察 (1) 膵臓の観察. 木田光広1, 松本高明1, 上原一帆1, 川口佑輔1, 長谷川力也1, 宮田英治1, 金子 亨1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 菊地秀彦1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 臨牀消化器内科 2017/7; 32 (8.9.3): 1081-90.

522035. [講座]【特集: IBDの病勢をいかに判断するか?】実臨床における病勢評価の実際と問題点. 横山 薫 (消化器内): IBD Research 2017/9; 11 (3): 132-6.

522036. [講座]【主題: 咽頭・頸部食道癌の診断と治療】咽頭癌の内視鏡診断−経口内視鏡. 堅田親利1, 岡本旅人2, 一戸昌明3, 坂本泰理4, 加納孝一2, 宮本俊輔2, 和田拓也1, 矢野貴史1, 石戸謙次1, 東 端智1, 山下 拓2, 田邊 聡1,5, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2耳鼻咽喉・頭頸外, 3病理, 4臨床研究・プロジェクト, 5新世紀医療・先端医療): 胃と腸 2017/12; 52 (13): 1656-4.

522037. [講座]【特集: IBD関連大腸腫瘍の診断・治療update】5. 潰瘍性大腸炎関連大腸腫瘍の深達度診断. 小林清典1,2, 齋藤友哉3, 松本育宏2, 川岸加奈2, 迎 美幸2, 横山 薫2, 久保田 (佐田) 美和2, 小泉和三郎2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内, 3救命): INTESTINE 2018/1; 22 (1): 41-6.

522038. [講座]【特集: 診断・治療の現状と展望−膵臓癌−】膵臓癌早期診断のStrategy. 木田光広1, 松本高明1, 宮田英治1, 金子 亨1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 宮澤志朗1, 岩井知久1, 菊地秀彦1, 渡辺摩也1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 癌の臨床 2018/1 64 (1): 9-15.

522039. [講座]【特集: 外科医が知っておくべき 最新Endoscopic Interverntion】総論: 最新の進歩 内視鏡的止血法の進歩 (非静脈瘤性上部消化管出血). 田邉 聡1,2, 石戸謙次2, 和田拓也2, 矢野貴史2, 東 瑞智2, 堅田親利2, 小泉和三郎2 (1新世紀医療・先端医療, 2消化器内): 臨床外科 2018/2; 73 (2): 134-41.

522040. [講座]【特集: 自己免疫性膵炎 (AIP)】6. EUS/EUS-FNAによる自己免疫性膵炎の診断. 岩井知久1, 木田光広1, 今泉 弘1, 奥脇興介1, 山内浩史1, 金子 亨1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 臨牀消化器内科 2018/2; 33 (2): 189-96.

522041. [講座]【特集: 大腸内視鏡挿入法を極める−機器の進化と手技の進歩】IV. 挿入を容易にするためのツール 内視鏡挿入形状観察装置. 久保田 (佐田) 美和1, 小林清典1,2, 齋藤友哉3, 松本育宏1, 川岸加奈1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療, 3救命): 消化器内視鏡 2018/3; 3 (3): 349-55.

522042. [講座] アルコール依存性食道胃静脈瘤患者の診察のコツ〜私は禁酒を共用しない〜. 日高 央 (消化器内): 日本門脈圧亢進症学会雑誌 2018/3; 24: 66-8.

530002. [その他 (Guideline)] Clinical practice guideline for post-ERCP pancreatitis. Mine T, Morizane T, Kawaguchi Y, Akashi R, Hanada K, Ito T, Kanno A, Kida M1, Miyagawa H, Yamaguchi T, Mayumi T, Takeyama Y, Shimosegawa T: J Gastroenterol 2017/9; 52 (9): 1013-22. (木田光広1: 1消化器内)

530003. [その他 (Letter)]【Letter To The Editor】Reply from the authors. Hidaka H1, Kokubu S2: Hepatol Res 2018/2; 48 (3): E381. (日高 央1, 國分茂博2: 1消化器内, 2新百合ヶ丘総合病院)

530004. [その他 (Correction)] Correction to: Long-term outcomes of patients with early gastric cancer found to have lesions for which endoscopic treatment is not indicated on histopathological evaluation after endoscopic submucosal dissection. Yano T1, Ishido K1, Tanabe S1,2, Wada T1, Azuma M1, Kawanishi N3, Yamane S3, Watanabe A3, Katada C1, Koizumi W1: Surg Endosc 2018/3; 32 (3): 1324-5. (矢野貴史1, 石戸謙次1, 田邉 聡1,2, 和田拓也1, 東 瑞智1, 河西奈津子3, 山根早紀子3, 渡邉晃識3, 堅田親利1, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3大学院医療系研究科)

[著 書]

620018. [学術書 (分担執筆)]【消化器内視鏡ハンドブック 改訂第2版】胃・十二指腸 6. 止血術 (局注, クリップ, 熱凝固法, 薬剤散布法), p.300-8. 岩切龍一, 田邉 聡1,2, 貝瀬 満 (1新世紀医療・先端医療, 2消化器内), 監修: 日本消化器内視鏡学会, 責任編集: 日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会, 日本メジカルセンター, 東京, 2017/5発行.

620019. [学術書 (分担執筆)]【消化器内視鏡ハンドブック 改訂第2版】大腸 4. 超音波内視鏡, p.388-93. 趙 栄済, 小林清典1,2, 掛村忠義 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内), 監修: 日本消化器内視鏡学会, 責任編集: 日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会, 日本メジカルセンター, 東京, 2017/5発行.

620020. [学術書 (分担執筆)]【消化器内視鏡ハンドブック 改訂第2版】胆膵・乳頭部 7. 膵管・胆管の細胞診・組織診断法, p.509-15. 中泉明彦, 木田光広1, 能登原憲司 (1消化器内), 監修: 日本消化器内視鏡学会, 責任編集: 日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会, 日本メジカルセンター, 東京, 2017/5発行.

620021. [学術書 (分担執筆)]【肝疾患レジデントマニュアル第3版】C 肝疾患各論 5. 門脈圧亢進症, p.185-94. 魚嶋晴紀1, 日高 央1 (1消化器内), 編: 柴田 実, 加藤直也, 医学書院, 東京, 2017/6発行.

620022. [学術書 (分担執筆)]【プリンシプル消化器疾患の臨床2 腸疾患診療の現在】II章 検査・診断 血液検査 血液学的検査, 免疫学的検査, 腫瘍マーカー (大腸癌), p.70-9. 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内), 総編集: 佐々木裕, 専門編集: 渡辺 守, 中山書店, 東京, 2017/8発行.

620023. [学術書 (分担執筆)]【内視鏡データリファレンスブック2017 (消化器内視鏡8月増大号)】6. 胆道・膵臓胆道癌・膵癌の細胞診, 生検診断, p. 1569-76. 木田光広1, 松本高明1, 上原一帆1, 川口佑輔1, 長谷川力也1, 宮田英治1, 金子 亨1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 菊地秀彦1, 今泉 弘1 (1消化器内), 東京, 2017/8発行.

620024. [学術書 (分担執筆)]【プリンシプル消化器疾患の臨床3 ここまでできた肝臓病診療】III章 治療法総論 内視鏡的治療 (EIS, EVL, APC), p.233-8. 日高 央1, 國分茂博2 (1消化器内, 2新百合ケ丘総合病院), 総編集・専門編集: 佐々木裕, 中山書店, 東京, 2017/10発行.

620025. [学術書 (分担執筆)]【胆膵EUSを極める−私ならこうする (There is always a better way) (胆と膵Vol.38臨時増刊特大号)】診断 超音波内視鏡の進歩−直視コンベックス型EUS 標準描出法, p.919-25. 岩井知久1, 木田光広1, 宮田英治1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内), 医学図書出版, 埼玉, 2017/11発行.

620026. [学術書 (分担執筆)]【最新医学別冊 診断と治療のABC131 肝硬変】第5章 合併症とその対策 血小板減少症−脾摘・PSE・TPO受容体作動薬−, p.212-9. 日高 央1, 窪田幸介1 (1消化器内), 編: 坂田井功, 最新医学社, 大阪, 2018/2発行.

[学会・研究会等]

711002. [学会 (国際)] (特別講演) Tips and clinical practice of Forward-viewing Echoendoscope. Iwai T1: 浙江大学医学院付属第一医院 (2018/1/27), 中国. (岩井知久1: 1消化器内)

712007. [学会 (国際)] (招待講演等) EUS Anatomy. Kida M1: AEG Hanoi Workshop (2017/6/24), Hanoi, Vietnam. (木田光広1: 1消化器内)

712008. [学会 (国際)] (招待講演等) EUS-BD, EUS-CPN, CGN. Kida M1: AEG Hanoi Workshop (2017/6/24), Hanoi, Vietnam. (木田光広1: 1消化器内)

712009. [学会 (国際)] (招待講演等) EUS-CD, EUS-PD. Kida M1: AEG Hanoi Workshop (2017/6/24), Hanoi, Vietnam. (木田光広1: 1消化器内)

712010. [学会 (国際)] (招待講演等) EUS-FNA Technique. Kida M1: AEG Vietnam Hanoi Workshop (2017/6/24), Hanoi, Vietnam. (木田光広1: 1消化器内)

712011. [学会 (国際)] (招待講演等) EUS-FNA Technique. Kida M1: 東方中国内視鏡学会 (2017/7/8), 中国. (木田光広1: 1消化器内)

712012. [学会 (国際)] (招待講演等) Interventional EUS. Kida M1: 東方中国内視鏡学会 (2017/7/8), 中国. (木田光広1: 1消化器内)

712013. [学会 (国際)] (招待講演等) Interventional EUS. Kida M1: 台湾内視鏡学会DEST (2017/7/28), Taipei, Taiwan. (木田光広1: 1消化器内)

712014. [学会 (国際)] (招待講演等) IDUS for diagnosing biliopancreatic diseases. Kida M1: AEG Congress 2017 (2017/9/8), Mumbai, India. (木田光広1: 1消化器内)

712015. [学会 (国際)] (招待講演等) Pancreas Cancer -Strategies for screening & Diagnosis-. Kida M1: AEG Congress 2019 (2017/9/8), Mumbai, India. (木田光広1: 1消化器内)

712016. [学会 (国際)] (招待講演等) EUS-BD, EUS-PD. Kida M1: APSDE Jakarta Workshop (2017/9/14), Jakarta, Indonesia. (木田光広1: 1消化器内)

712017. [学会 (国際)] (招待講演等) EUSCD, Necrosectomy. Kida M1: APSDE Jakarta Workshop (2017/9/14), Jakarta, Indonesia. (木田光広1: 1消化器内)

712018. [学会 (国際)] (招待講演等) Interventional EUS -Overview-. Kida M1: 中国超音波内視鏡学会 (2017/11/25), 中国. (木田光広1: 1消化器内)

713025. [学会 (国際)] (ポスター) Usefulness of Measuring Serum Infliximab Concentrations during Treatment with Infliximab for Ulcerative Colitis. Yokoyama K1, Kawagishi K1, Kobayashi K1,2, Koizumi W1: The 5th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis (2017/6/16), Seoul, Korea. (横山 薫1, 川岸加奈1, 小林清典1,2, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療)

713026. [学会 (国際)] (ポスター) Treatment Outcomes of Tacrolimus in Patients with Ulcerative Colitis. Kanazawa J1, Yokoyama K1, Kawagishi K1, Kobayashi K1,2, Koizumi W1: The 5th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis (2017/6/16), Seoul, Korea. (金澤 潤1, 横山 薫1, 川岸加奈1, 小林清典1,2, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療)

713027. [学会 (国際)] (一般口演) Long-term outcomes of patients with early gastric cancer diagnosed as pathological extra-indicated lesion after endoscopic submucosal dissection. Ishido K1: 25th UEG Week 2017 (2017/11/01), Barcelona, Spain. (石戸謙次1: 1消化器内)

713028. [学会 (国際)] (一般講演) ERCP with short-type enteroscope for patients with surgically altered anatomy. Kida M1, Miyata E1, Hasegawa R1, Kaneko T1, Yamauchi H1, Okuwaki K1, Iwai T1, Imaizumi H1, Koizumi W1: UEG Week 2017 (2017/10/30), Barcelona, Spain. (木田光広1, 宮田英治1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1: 1消化器内)

713029. [学会 (国際)] (一般口演) Argon Plasma Coagulation for the Treatment of Early Esophageal and Gastric Tumors in High-risk Patients: A Retrospective, Multicenter, Collaborative Study. Tanabe S1,2, Nagase H, Sato Y, Sagawa T, Murakami M, Niimi K, Fujishiro M, Fujisaki J, Doyama, H, Muguruma N, Takeda T, Ishido K2, Katada C2: UEGW2017 (2017/10/28-11/1), Barcelona, Spain. (田邉 聡1,2, 石戸謙次2, 堅田親利2: 1新世紀医療・先端医療, 2消化器内)

713030. [学会 (国際)] (一般口演) Safety and Efficacy of Chemoradiotherapy After E ndoscopic Resection in Patients With Superficial Esophageal Squamous-cell Carcinoma. Wada T1: 25th UEG Week 2017 (2017/10/31), Barcelona, Spain. (和田拓也1: 1消化器内)

713031. [学会 (国際)] (ポスター) Risk factors for the development of dysplastic squamous epithelium in the esophagus. Katada C1, Yokoyama T, Yano T, Oda I, Shimizu Y, Tanabe S1,2, Doyama H, Koike T, Takizawa K, Hirao M, Okada H, Yoshi T, Konishi K, Yamanouchi T, Tsuda T, Omori T, Kobayashi N, Ishikawa H, Yokoyama A, Muto M: 25th UEG Week Barcelona 2017 (201710/31), Barcelona, Spain. (堅田親利1, 田邉 聡1,2: 1消化器内, 2新世紀医療・先端医療)

721003. [学会 (全国)] (特別講演)【特別企画: 難治性腹水のアンケート調査から, 消化管静脈瘤・難治性腹水データベース作成化へ】学術委員会, データベース委員会からの報告. 日高 央 (消化器内): 第24回日本門脈圧亢進症学会総会 (2017/9/15), 東京.

721004. [学会 (全国)] (特別講演) 特別企画: 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」制定に対する日本大腸肛門病学会の取り組み. 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 (2017/11/11), 福岡.

722026. [学会 (全国)] (シンポジウム) 潰瘍性大腸炎におけるInfliximab の治療効果の現状−IFX 血中濃度を含めた前向き観察研究より−. 横山 薫1, 川岸加奈1, 小林清典1,2 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第103回日本消化器病学会総会 (2017/4/20), 東京.

722027. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 潰瘍性大腸炎治療の長期寛解をめざして〜いま, もう一度5-ASA製剤を見直す〜. 横山 薫 (消化器内): 第103回日本消化器病学会総会 (2017/4/22), 東京.

722028. [学会 (全国)] (ワークショップ) 慢性肝疾患に伴う血小板減少症に対するルストロンボパクの使用経験. 魚嶋晴紀1, 金原 猛2, 日高 央1 (1消化器内, 2湘南鎌倉総合病院): 第103回日本消化器病学会総会 (2017/4/22), 東京.

722029. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 早期食道癌に対する内視鏡切除後に発生する異時性食道多発癌・異時性他臓器癌の検討. 清水勇一1, 堅田親利2, 武藤 学3 (1北海道大学病院光学医療診療部, 2消化器内, 3京都大学大学院医学研究科腫瘍薬物治療学): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/11), 大阪.

722030. [学会 (全国)] (基調講演) 内視鏡を教える・教わるということ. 木田光広 (消化器内): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/12), 大阪.

722031. [学会 (全国)] (シンポジウム) Japan Esophageal Cohort (JEC) study−手法と今後の課題−. 武藤 学1, 堅田親利2 (1京都大学大学院医学研究科腫瘍薬物治療学講座, 2消化器内: 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/12), 大阪.

722032. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 当院における胆膵内視鏡教育法とtraineeの声. 岩井知久1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/12), 大阪.

722033. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) MM/SM1食道扁平上皮癌内視鏡切除例に対する予防的化学放射線療法を含めた集学的治療の有用性. 和田拓也1, 堅田親利1, 田邉 聡1,2 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/12), 大阪.

722034. [学会 (全国)] (シンポジウム) Diagnosis and Intervention with a Forward-viewing Echoendoscope. Iwai T1: 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/13), 大阪. (岩井知久1: 1消化器内)

722035. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 非麻酔科医による内視鏡検査・治療の鎮静術前患者評価の取り組み. 石戸謙次1, 田邉 聡1,2, 黒岩政之3 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3麻酔): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/13), 大阪.

722036. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 肝細胞癌に対するミリプラチン/エピルビシン肝動脈化学塞栓療法のランダム化並行群間比較試験−局所制御と予後に関する検討. 山根敬子1, 中澤貴秀2, 窪田幸介2, 井上智仁1, 魚嶋晴紀2, 田中賢明2, 高田樹一2, 奥脇裕介2, 日高 央2, 渋谷明隆2,3, 小泉和三郎2 (1大学院医療系研究科, 2消化器内, 3医療管理): 第53回日本肝臓学会総会 (2017/6/8), 広島.

722037. [学会 (全国)] (シンポジウム) 早期食道癌に対する内視鏡切除後に発生する異時性他臓器重複癌の検討. 堅田親利 (消化器内): 第71回日本食道学会学術集会 (2017/6/15), 長野.

722038. [学会 (全国)] (ワークショップ) Helicobacter heilmannii陽性胃MALTリンパ腫の一例. 和田拓也1, 田邉 聡1,2, 田邉美奈1, 中村正彦, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): 第23回日本ヘリコバクター学会学術集会 (2017/7/1), 函館.

722039. [学会 (全国)] (ワークショップ) 当院における門脈圧亢進症に伴う血小板減少症に対するルストロンボパクの使用経験. 魚嶋晴紀 (消化器内): 第24回日本門脈圧亢進症学会総会 (2017/9/14), 東京.

722040. [学会 (全国)] (ワークショップ) Sonazoid造影超音波による部分的脾動脈塞栓術後の脾容積測定の検討. 日高 央 (消化器内): 第24回日本門脈圧亢進症学会総会 (2017/9/14), 東京.

722041. [学会 (全国)] (ビデオワークショップ) 当科のEVL: 手技が完璧に出来る様になるまでは出向させない. 日高 央 (消化器内): 第24回日本門脈圧亢進症学会総会 (2017/9/14), 東京.

722042. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 凝固と抗凝固のインバランス是正からみた門脈圧亢進症の治療. 日高 央 (消化器内): 第24回日本門脈圧亢進症学会総会 (2017/9/14), 東京.

722043. [学会 (全国)] (シンポジウム) トルバプタンResponder/Non-responderに対する治療戦略. 魚嶋晴紀 (消化器内): 第24回日本門脈圧亢進症学会総会 (2017/9/15), 東京.

722044. [学会 (全国)] (ワークショップ) 特発性細菌性腹膜炎とプロトンポンプインヒビター長期投与との関連性 〜非盲検無作為比較試験での検討〜. 日高 央 (消化器内): 第24回日本門脈圧亢進症学会総会 (2017/9/15), 東京.

722045. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 経口剤での新たなアプローチ 〜ムルプレタの使用経験〜. 魚嶋晴紀 (消化器内): 第24回日本門脈圧亢進症学会総会 (2017/9/15), 東京.

722046. [学会 (全国)] (ワークショップ) 肝性浮腫患者に対する利尿剤投与後のeGFR変化に関する比較検討. 魚嶋晴紀1, 日高 央1, 金原 猛2 (1消化器内, 2湘南鎌倉総合病院・消化器病センター): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/12), 福岡.

722047. [学会 (全国)] (ワークショップ) 感染性被包化壊死に対する内視鏡的ネクロセクトミーの現状. 岩井知久1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/14), 福岡.

722048. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) みんなで診る潰瘍性大腸炎. 横山 薫 (消化器内): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/14), 福岡.

722049. [学会 (全国)] (パネルディスカッション)【「それぞれの癌」最善の治療とは?】食道癌: 内科と外科の立場から−切除可能な進行食道癌に対する根治的化学放射線療法−. 堅田親利1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 神奈川.

722050. [学会 (全国)] (シンポジウム) 当院における大腸挿入困難例の現状と対策. 迎 美幸1, 久保田 (佐田) 美和1, 松本育宏1, 川岸加奈1, 横山 薫1, 小泉和三郎1, 小林清典1,2 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第35回日本大腸検査学会総会 (2017/11/4), 福岡.

722051. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 当院の潰瘍性大腸炎におけるInfliximabの治療成績−Infliximab血中濃度を含めた前向き観察研究より−. 横山 薫1, 川岸加奈1, 小林清典1,2 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 (2017/11/11), 福岡.

722052. [学会 (全国)] (ワークショップ) 原因不明の消化管出血に対する小腸内視鏡検査の検討. 川岸加奈1, 横山 薫1, 小林清典1,2, 松本育宏1, 迎 美幸1, 久保田 (佐田) 美和1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 (2017/11/11), 福岡.

722053. [学会 (全国)] (招待講演等)【Crohn病に対するadalimumabの治療成績】抗TNF-α抗体製剤既投与例 VS naieve例の検討. 中谷征吾1, 横山 薫1, 小林清典1,2 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 (2017/11/11), 福岡.

723131. [学会 (全国)] (一般口演) 当院におけるCold polypectomyの安全性および有効性の検討. 齋藤友哉1, 久保田 (佐田) 美和2, 松本育宏2, 川岸加奈2, 横山 薫2, 小林清典2,3, 小泉和三郎2 (1救命, 2消化器内, 3新世紀医療・横断的医療): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/11), 大阪.

723132. [学会 (全国)] (一般口演) 食道表在癌に対する内視鏡的吸引粘膜切除術と内視鏡的粘膜下層剥離術の安全性と有効性に関する検討. 古江康明1, 田邉 聡1,2, 堅田親利1, 久保田陽1, 近藤雄紀1, 和田拓也1, 矢野貴史1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/11), 大阪.

723133. [学会 (全国)] (一般口演) 食道癌リスク問診票に基づいた内視鏡検診の専門病院における有用性の検討. 近藤雄紀1, 堅田親利1, 田邉 聡1,2, 久保田陽1, 古江康明1, 和田拓也1, 矢野貴史1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 小泉和三郎1, 横山 顕3 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3久里浜医療センター臨床研究部): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/11), 大阪.

723134. [学会 (全国)] (ポスター) 当院におけるESD後瘢痕近傍の異時多発病変の検討. 北原 言1, 田邉 聡1,2, 矢野貴史1, 和田拓也1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/11), 大阪.

723135. [学会 (全国)] (ポスター) 肝門部胆管狭窄例の診断・治療に対するトリプルルーメン胆管造影用カテーテルの有用性. 玉置明寛1, 奥脇興介1, 木田光広1, 上原一帆1, 升谷寛似2, 川口佑輔1, 宮田英治1, 長谷川力也1, 松本高明1, 金子 亨1, 山内浩史1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/11), 大阪.

723136. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における急性食道粘膜病変 (Acute Esophageal Mucosal Lesion: AEML) の検討. 市田親正1, 江頭秀人1, 田澤智彦1, 成志 弦1, 所晋之助1, 佐々木亜希子1, 増田作栄1, 小泉一也1, 滝沢 聡1, 魚嶋晴紀1,2, 金原 猛1, 河内 順1, 賀古 眞1 (1湘南鎌倉総合病院, 2消化器内): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/11), 大阪.

723137. [学会 (全国)] (ポスター) バウヒン弁進展病変に対するESDの検討. 入江員行, 篠木 啓, 小山克樹, 松本雄太1, 下田拓也1, 中村陽子, 菅野 聡1, 安達 献1 (1消化器内): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/11), 大阪.

723138. [学会 (全国)] (ポスター) 大腸悪性狭窄に対する大腸ステントの有用性. 川岸加奈1, 横山 薫1, 齋藤友哉2, 松本育宏1, 久保田 (佐田) 美和1, 小林清典1,3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2救命, 3新世紀医療・横断的医療): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/12), 大阪.

723139. [学会 (全国)] (ポスター) High volume centerでのEUS-BD導入初期の成績. 金子 亨1, 今泉 弘1, 木田光広1 (1消化器内): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/12), 大阪.

723140. [学会 (全国)] (ポスター) 内視鏡切除困難な早期食道胃癌に対する内視鏡的腫瘍焼灼術 (APC) の有効性と安全性に関する遡及的検討. 久保田陽1, 矢野貴史1, 石戸謙次1, 近藤雄紀1, 古江康明1, 和田拓也1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 田邉 聡1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/12), 大阪.

723141. [学会 (全国)] (一般口演) 悪性腫瘍による消化管, 胆管閉塞例における緩和医療としての内視鏡補助下経皮経食道胃管挿入術 (PTEG) による減圧, 減黄の役割. 東 瑞智1, 村上匡人1,2, 木田光広1, 田邉 聡1,3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2村上記念病院, 3新世紀医療・先端医療): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/13), 大阪.

723142. [学会 (全国)] (一般口演) 腹腔鏡補助経皮内視鏡的胃瘻造設術の有用性の検討. 三枝陽一1, 細谷 智1, 美原静香1, 羽廣健仁1, 山本公一1, 山嵜真季1, 加藤 彩1, 竹下知親1, 金 明哲1, 吉澤奈津子2, 佐藤 文3, 三橋利温1, 西元寺克禮1, 大井田正人1 (1相模野病院, 2消化器内, 3相模原協同病院): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/13), 大阪.

723143. [学会 (全国)] (ポスター) ERCP後膵炎の早期診断における血清リパーゼ値測定の有用性. 蓼原将良1, 奥脇興介1, 今泉 弘1, 上原一帆1, 升谷寛以2, 宮田英治1, 金子 亨1, 山内浩史1, 岩井知久1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/13), 大阪.

723144. [学会 (全国)] (ポスター) 胆膵癌の十二指腸狭窄に対する内視鏡的十二指腸ステント留置の緩和治療としての有効性と安全性. 安達 快1, 奥脇興介1, 木田光広1, 今泉 弘1, 岩井知久1, 山内浩史1, 金子 亨1, 宮田英治1, 長谷川力也1, 松本高明1, 川口佑輔1, 上原一帆1, 升谷寛以2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/13), 大阪.

723145. [学会 (全国)] (一般口演) 腹腔鏡補助経皮内視鏡的胃瘻造設術の有用性の検討. 三枝陽一1, 美原静香1, 加藤 彩1, 佐藤 文2, 竹下知親1, 吉澤奈津子3, 金 哲明1, 三橋利温1, 西元寺克禮1, 大井田正人1 (1相模野病院, 2相模原協同病院, 3消化器内): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/13), 大阪.

723146. [学会 (全国)] (ポスター) 非代償性肝硬変患者に対する肝不全用経口栄養剤投与後の筋力/骨格筋量の変化の検討. 魚嶋晴紀1, 日高 央1, 金原 猛2 (1消化器内, 2湘南鎌倉総合病院): 第53回日本肝臓学会総会 (2017/6/8), 広島.

723147. [学会 (全国)] (ポスター) 高齢者におけるC型肝炎に対するソフォスビル/レディパスビル併用療法の検討. 中谷征吾1, 魚嶋晴紀1, 日高 央1, 窪田幸介1, 田中賢明1, 井上智仁2, 山根敬子2, 中澤貴秀1, 渋谷明隆1,3 (1消化器内, 2大学院医療系研究科, 3医療管理): 第53回日本肝臓学会総会 (2017/6/9), 広島.

723148. [学会 (全国)] (一般講演) 食道表在癌内視鏡切除例に対する追加化学放射線療法の臨床的妥当性の検討. 和田拓也1, 堅田親利1, 田邉 聡1,2, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 矢野貴史1, 小森承子3, 森谷宏光4, 山下継史4,5, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3放射線 (腫瘍), 4上部消化管外, 5新世紀医療・横断的医療): 第71回日本食道学会学術集会 (2017/6/15), 軽井沢.

723149. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢者・非高齢者食道癌に対する根治的治療の治療成績に関する遡及的検討. 原田宏輝1, 堅田親利2, 山下継史3,4, 小森承子5, 小泉和三郎2, 渡邉晃識1, 三重野浩朗3, 森谷宏光3, 細田 桂3, 渡邊昌彦6 (1大学院医療系研究科, 2消化器内, 3上部消化管外, 4新世紀医療・横断的医療, 5放射線 (腫瘍), 6下部消化管外): 第71回日本食道学会学術集会 (2017/6/15), 軽井沢.

723150. [学会 (全国)] (一般口演) 高齢者食道癌に対するNedaplatin/5-FU併CRTの安全性と有効性に関する遡及的検討. 渡辺晃識1, 堅田親利1, 森谷宏光2, 小森承子3, 山下継史2,4, 原田宏輝2, 東 瑞智1, 田邉 聡1,5, 早川和重3, 小泉和三郎1 (1消化器内. 2上部消化管外, 3放射線 (腫瘍), 4新世紀医療・横断的医療, 5新世紀医療・先端医療): 第71回日本食道学会学術集会 (2017/6/15), 長野, 日本食道学会学術集会抄録集 (CD-ROM) 2017/6; 71st ROMBUNNO p.51-5.

723037. [学会 (全国)] (ポスター) デキストラン硫酸ナトリウム誘発腸炎におけるVEGF1型受容体の役割. 別當朋広1, 天野英樹2, 山根早紀子1, 井上智仁1, 清水裕貴3, 西澤伸恭1, 伊藤義也2, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3消化器内): 第38回日本炎症・再生医学会 (2017/7/18), 大阪.

723151. [学会 (全国)] (ポスター) 高齢者食道扁平上皮癌に対するNedaplatin/5-FU併用化学放射線療法の安全性と有効性に関する遡及的検討. 渡辺晃識1, 堅田親利2, 森谷宏光3, 小森承子4, 山下継史5, 原田宏輝1, 東 瑞智2, 田邉 聡2,6, 早川和重4, 小泉和三郎2 (1大学院医療系研究科, 2消化器内, 3上部消化管外, 4放射線 (腫瘍), 5新世紀医療・横断的医療, 6新世紀医療・先端医療): 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2017/7/27), 神戸.

723152. [学会 (全国)] (ポスター) 肝性脳症が与える骨格筋量の変化. 魚嶋晴紀 (消化器内): 第24回日本門脈圧亢進症学会総会 (2017/9/14), 東京.

723153. [学会 (全国)] (一般講演) ケースメソッドを用いた医療従事者へのマネジメント教育. 渋谷明隆1,2 (1医療管理, 2消化器内): 第55回日本医療・病院管理学会学術総会 (2017/9/17), 東京.

723154. [学会 (全国)] (ポスター) 腎障害合併C型肝炎に対するオムビタスビル+パリタプレビル+リトナビル併用療法導入の検討. 和田尚久1, 魚嶋晴紀1,2, 金原 猛2, 藤川智章2, 日高 央1, 賀古 眞2, 岩淵省吾2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2湘南鎌倉総合病院): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/12), 福岡.

723155. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における大型肝細胞癌に対するエンボスフィアによるbland-TAEの初期経験. 田中賢明1, 魚嶋晴紀1, 窪田幸介1, 山根敬子2, 井上智仁2, 渡邊真彰1,3, 日高 央1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆1,4, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科, 3北里大学メディカルセンター, 4医療管理): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/12), 福岡.

723156. [学会 (全国)] (ポスター) 肝細胞癌早期死亡例の特徴. 渡邊真彰1,2, 金澤 潤1,2, 上原一帆1,2, 川口佑輔1,2, 大塚俊和1,2, 田原久美子2, 木田光広1,2 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/12), 福岡.

723157. [学会 (全国)] (ポスター) 良性胆管狭窄に対するplastic stentを用いた治療成績. 安達 快1, 岩井知久1, 木田光広1,2, 今泉 弘1, 奥脇興介1, 山内浩史1, 金子 亨1, 長谷川力也1, 宮田英治1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/13), 福岡.

723158. [学会 (全国)] (ポスター) Crohn病に対するadalimumabの治療成績. 中谷征吾1, 横山 薫1, 齋藤友哉2, 松本育宏1, 川岸加奈1, 久保田 (佐田) 美和1, 小林清典1,3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2救命, 3新世紀医療・横断的医療): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/13), 福岡.

723159. [学会 (全国)] (ポスター) 潰瘍性大腸炎に対するタクロリムスの治療成績. 金澤 潤1, 横山 薫1, 齋藤友哉2, 松本育宏1, 川岸加奈1, 久保田 (佐田) 美和1, 小林清典1,3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2救命, 3新世紀医療・横断的医療): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/13), 福岡.

723160. [学会 (全国)] (ポスター) 潰瘍性大腸炎入院例におけるサイトメガロウイルス感染の臨床的検討. 松本育宏1, 横山 薫1, 齋藤友哉2, 川岸加奈1, 久保田 (佐田) 美和1, 小林清典1,3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2救命, 3新世紀医療・横断的医療): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/13), 福岡.

723161. [学会 (全国)] (ポスター) ERCP後膵炎の早期診断における血清リパーゼのカットオフ値の推定とハイリスク群における有用性. 蓼原将良1, 奥脇興介1, 今泉 弘1, 上原一帆1, 升谷寛以2, 宮田英治1, 金子 亨1, 山内浩史1, 岩井知久1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/13), 福岡.

723162. [学会 (全国)] (ポスター) Roux-en-Y法再建患者に対するシングルバルーン式小腸境を用いた直接胆道鏡下治療の成績. 山内浩史1, 木田光広1, 奥脇興介1, 松本高明1, 宮澤志朗1, 上原一帆1, 宮田英治1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/13), 福岡.

723163. [学会 (全国)] (ポスター) 十二指腸乳頭の形態分類に基づく胆管挿管困難例の推定. 渡辺真郁1, 奥脇興介1, 今泉 弘1, 山内浩史1, 金子 亨1, 上原一帆1, 升谷寛以2, 川口佑輔1, 宮田英治1, 松本高明1, 長谷川力也1, 岩井知久1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/13), 福岡.

723164. [学会 (全国)] (ポスター) 当科における治療困難胆道結石に対して施行した電気水圧衝撃波結石破砕術 (EHL) の成績. 宮田英治1, 山内浩史1, 木田光広1, 上原一帆1, 升谷寛以2, 川口佑輔1, 長谷川力也1, 松本高明1, 金子 亨1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/13), 福岡.

723165. [学会 (全国)] (ポスター) 肝性脳症に対するB-RTO療法の有用性. 岩崎秀一郎1, 窪田幸介1, 魚嶋晴紀1, 日高 央1, 山根敬子2, 井上智仁2, 田中賢明1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆1,3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科, 3医療管理): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/13), 福岡.

723166. [学会 (全国)] (ポスター) 肝N胞に対してEOと炭酸ガスを併用したFoam sclerotherapyによる当院の治療成績. 下田拓也1, 瀧川政和2, 小山克樹1, 入江員行1, 松本雄太1, 玉眞俊平1, 篠木 啓1, 中村陽子1, 菅野 聡1, 安達 献1, 平川耕大2, 田口智香子2, 大森智子2 (1国立病院機構 相模原病院消化器内科, 2同放射線科): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/13), 福岡.

723167. [学会 (全国)] (ポスター) 当院での下部消化管悪性狭窄に対する大腸ステント留置例の検討, 特に緩和療法について. 小山克樹1, 篠木 啓1, 金澤秀紀2, 入江員行1, 松本雄太1, 下田拓也1, 中村陽子1, 菅野 聡1, 安達 献1 (1国立病院機構 相模原病院消化器内科, 2同外科): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/14), 福岡.

723168. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における早期胃癌ESD適応外病変の検討. 矢野貴史1, 石戸謙次1, 田邉 聡1,2 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW2017 FUKUOKA) (2017/10/14), 福岡.

723169. [学会 (全国)] (一般口演) 肝細胞癌に対するミリプラチンとエピルビシン肝動脈化学塞栓療法の比較検討. 窪田幸介1, 山根敬子2, 魚嶋晴紀1, 田中賢明1, 奥脇裕介1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆1,3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科, 3医療管理): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 神奈川.

723170. [学会 (全国)] (ポスター) 肛門管進展病変に対する大腸粘膜下層剥離術の検討. 川岸加奈1, 久保田 (佐田) 美和1, 齋藤友哉2, 松本育宏1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 小林清典1,3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2救命, 3新世紀医療・横断的医療): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 神奈川.

723171. [学会 (全国)] (一般口演) 粘膜下腫瘍様の形態を呈した結腸原発Lymphoepithelial carcinomaの1例. 北原 言1, 山崎好喜1, 北川博之1, 寺田昌弘1, 河西顕太郎1, 菊地秀彦1, 西山 竜1, 里道哲彦1, 野登 誠1, 串田好宏1, 浅利昌大1, 大佛智彦1, 白石龍二1 (1平塚共済病院消化器科): 第66回共済医学会 (2017/10/26), 京都.

723172. [学会 (全国)] (ポスター) 緩和治療目的での大腸ステント留置困難例の検討. 篠木 啓1, 小山克樹1, 入江員行1, 松本雄太1,下田拓也1, 玉眞俊平1, 中村陽子1, 菅野 聡1, 安達 献1, 旗手和彦2, 金澤秀紀2 (1国立病院機構 相模原病院消化器内科, 2同外科): 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 (2017/11/10), 福岡.

723173. [学会 (全国)] (一般講演) 食道扁平上皮癌に対する内視鏡治療後追加化学放射線療法の妥当性の検討. 和田拓也1, 堅田親利1, 石戸謙次1, 矢野貴史1, 東 瑞智1, 小泉和三郎1, 田邉 聡1,2, 小森承子3, 森谷宏光4, 山下継史4,5 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3放射線 (腫瘍), 4上部消化管外, 5新世紀医療・横断的医療): 第14回日本消化管学会総会学術集会 (2018/2/9), 東京, 第14回日本消化管学会総会学術集会プログラム・抄録集 2017; p.111.

723174. [学会 (全国)] (ポスター) 内視鏡切除困難な早期胃癌に対する内視鏡的腫瘍焼灼術 (APC) の有効性と安全性に関する検討. 久保田陽1, 石戸謙次1, 矢野貴史1, 近藤雄紀1, 和田拓也1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 田邉 聡1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): 第90回日本胃癌学会総会 (2018/3/9), 神奈川.

723175. [学会 (全国)] (ポスター) 未分化型早期胃癌に対するESDの治療成績. 石橋 侑1, 矢野貴史1, 田邉 聡1,2, 和田拓也1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): 第90回日本胃癌学会総会 (2018/3/9), 神奈川.

723176. [学会 (全国)] (ポスター) 早期胃癌ESD 検体を用いた低分化型腺癌の転移関連遺伝子プロファイルの検討. 東 瑞智1, 河西奈津子2, 竹内敦子1, 山根早紀子2, 渡辺晃識 2, 和田拓也 1, 矢野貴史1, 石戸謙次1, 堅田親利1, 田邉 聡1,3, 吉田 功4, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・先端医療, 4病理): 第90回日本胃癌学会総会 (2018/3/9), 神奈川.

731003. [学会 (研究会・地方会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎治療のup to-date〜5-ASA製剤をどう使うか〜. 横山 薫 (消化器内): 炎症性腸疾患研究会 in 東部ブロック (2017/4/11), 越谷.

731004. [学会 (研究会・地方会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎治療のup to-date. 横山 薫 (消化器内): 港北区医師会学術講演会 (2017/4/26), 横浜.

731005. [学会 (研究会・地方会)] (特別講演) 増え続ける炎症性腸疾患−潰瘍性大腸炎のUp to date−. 横山 薫 (消化器内): 第113回鶴岡地区医師会勉強会 (2017/4/28), 鶴岡.

731006. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎のup-to-date〜5-ASA製剤をどう使うか〜. 横山 薫 (消化器内): 所沢炎症性腸疾患研究会 (2017/6/28), 所沢.

731007. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎のup-to-date〜5-ASA製剤をどう使うか〜. 横山 薫 (消化器内): 横浜市南部地区炎症性腸疾患研究会 (2017/7/14), 横浜.

731008. [学会 (研究会・地方会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎治療のupdate−5-ASA製剤の本来の力をいかに引き出すか. 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): 小田原炎症性腸疾患研究会 (2017/8/4), 小田原.

731009. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) IBD治療における最近のトピックス. 横山 薫 (消化器内): 第9回関西IBD Support Seminar (2017/8/26), 大阪.

731010. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 早期胃癌に対する内視鏡治療の進歩−現状と今後の展望−. 田邉 聡1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2消化器内): 第115回日本消化器内視鏡学会北海道支部例会 (2017/9/3), 北海道.

731011. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎治療の変遷. 横山 薫 (消化器内): シンポニー潰瘍性大腸炎効能追加講演会 (2017/9/7), 横浜.

731012. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 全身病としてのIBD. 横山 薫 (消化器内): 第3回西東京下部消化管カンファレンス (2017/9/21), 立川.

731013. [学会 (研究会・地方会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎治療のupdate−5-ASA製剤の本来の力をいかに引き出すか. 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): 東北信炎症性腸疾患フォーラム (2017/9/22), 長野.

731014. [学会 (研究会・地方会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎治療のupdate−5-ASA製剤の本来の力をいかに引き出すか. 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): 千葉県炎症性腸疾患研究会 (2017/10/10), 千葉.

731015. [学会 (研究会・地方会)] (特別講演) 市民公開講座: 賢いがん検診の受け方 増え続ける大腸がん−検診の意義と診断・治療の最前線. 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): 第54回北里大学同窓会・第16回北里大学医学部同窓会 合同講演会 (2017/10/14), 相模大野.

731016. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 小腸疾患の診断法をもう一度整理する. 横山 薫 (消化器内): 日本消化器病学会関東支部第31回教育講演会 (2017/11/3), 東京.

731017. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎の内科治療−粘膜治癒とは言うけれど……−. 横山 薫 (消化器内): 第5回UCワークショップ in香川 (2017/11/7), 高松.

731018. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎のup-to-date〜5-ASA製剤をどう使うか〜. 横山 薫 (消化器内): 栃木リアルダ発売1周年講演会 (2017/11/15), 宇都宮.

731019. [学会 (研究会・地方会)] (特別講演)【座長】肝細胞癌の集学的治療〜肝硬変のマネジメントから肝細胞癌の最新治療まで〜. 中村陽子 (国立相模原病院): 第105回さがみリバーカンファレンス (2017/11/20), 相模原.

731020. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 難治性潰瘍性大腸炎の治療戦略. 横山 薫 (消化器内): 横浜市南西部IBDを考える会 (2017/11/20), 横浜.

731021. [学会 (研究会・地方会)] (特別講演) IBDの内視鏡診断−非定型病変や類縁疾患との鑑別を含めて. 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): 第49回神奈川IBDミニカンファレンス (2017/11/27), 横浜.

731022. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎のup-to-date〜5-ASA製剤をどう使うか〜. 横山 薫 (消化器内): 城東地区リアルダ錠発売1周年講演会〜最新の診断と治療〜 (2017/11/30), 東京.

731023. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎のup-to-date〜5-ASA製剤をどう使うか〜. 横山 薫 (消化器内): リアルダ錠発売1周年講演会 (2017/12/7), 海老名.

731024. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 炎症性腸疾患の内科治療up to date. 横山 薫 (消化器内): 東海大学医学部附属病院 難病治療の新しい動向−難病講座− (2017/12/15), 伊勢原.

731025. [学会 (研究会・地方会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎治療のupdate−5-ASA製剤の本来の力をいかに引き出すか. 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): 関西地区リアルダ発売1周年記念講演会 (2018/1/27), 神戸.

731026. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎の臨床像と内科治療の実際. 横山 薫 (消化器内): 第6回湘南IBDネットワーク (2018/2/21), 藤沢.

731027. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 北里大学病院におけるクローン病に対するアダリムマブ治療の現状. 横山 薫 (消化器内): abbvie社内講演会 (2018/3/15), 東京.

731028. [学会 (研究会・地方会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎治療のupdate−5-ASA製剤の本来の力をいかに引き出すか. 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): リアルダ錠発売1周年記念講演会 (2018/3/29), 三重.

732010. [学会 (研究会・地方会)] (パネルディスカッション) バルーン式小腸鏡を用いた術後再建腸管に対するERCPでの挿入困難例に対する工夫. 宮田英治1, 山内浩史1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第104回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/6/10), 東京.

732011. [学会 (研究会・地方会)] (ワークショップ) 当院救命救急センターにおけるnon variceal UGIB止血困難例の検討. 中谷研斗1,2, 田邉 聡2,3 (1救命, 2消化器内, 3新世紀医療・先端医療): 第104回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/6/10), 東京.

732012. [学会 (研究会・地方会)] (ワークショップ) Pancreatic fluid collectionの内視鏡治療. 金子 亨1, 木田光広1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第104回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/6/11), 東京.

732013. [学会 (研究会・地方会)] (パネルディスカッション) 肝細胞癌に対するミリプラチン/エピルビシン肝動脈化学塞栓療法の無作為化比較試験. 山根敬子1, 中澤貴秀2, 窪田幸介2, 井上智仁1, 魚嶋晴紀2 (1大学院医療系研究科, 2消化器内): 第53回日本肝癌研究会 (2017/7/6), 東京.

732014. [学会 (研究会・地方会)] (主題口演) 当院における原因不明消化管出血の診断と治療. 迎 美幸1, 齋藤友哉2, 松本育宏1, 川岸加奈1, 横山 薫1, 久保田 (佐田) 美和1, 小林清典1,3 (1消化器内, 2救命, 3新世紀医療・横断的医療): 第26回消化器疾患病態治療研究会 (2017/9/9), 神奈川.

732015. [学会 (研究会・地方会)] (主題口演) 早期胃癌におけるESD後出血に関する急性期, 遅発期における異なる臨床的特徴. 矢野貴史1, 田邉 聡1,2, 石戸謙次1, 河西奈津子3, 山根早紀子3, 渡邊晃識3, 和田拓也1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3大学院医療系研究科): 第26回消化器疾患病態治療研究会 (2017/9/9), 神奈川.

732016. [学会 (研究会・地方会)] (基調講演) 知って安心, 消化器の癌, 特に予防について. 篠木 啓 (国立病院機構 相模原病院消化器内科): 日常診療を考える会 (2017/9/12), 大和.

732017. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム)【Japan-Korea Exchange evening symposium】Objective of JSIBD Medical Staff project. 横山 薫 (消化器内): 第8回日本炎症性腸疾患学会学術会議 (2017/12/1), 東京.

732018. [学会 (研究会・地方会)] (シンポジウム) 小膵癌の早期診断における胆膵内視鏡検査の役割. 松本高明1, 奥脇興介1, 今泉 弘1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/9), 東京.

732019. [学会 (研究会・地方会)] (ビデオワークショップ) 早期胃癌に対するEMRの有用性と安全性−ESD全盛時代における治療戦略の再考−. 石戸謙次1, 田邉 聡1,2, 矢野貴史1, 和田拓也1, 東 瑞智1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/9), 東京.

732020. [学会 (研究会・地方会)] (ビデオワークショップ) 胆管内ラージバルーン留置法が有効であった経乳頭的採石術と超音波内視鏡下経胃経肝的胆道ドレナージ術の2例. 蓼原将良1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/9), 東京.

732021. [学会 (研究会・地方会)] (シンポジウム) 大腸腫瘍に対するJNET分類の診断能についての検討. 迎 美幸1, 久保田 (佐田) 美和1, 小泉和三郎1, 小林清典1,2 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/10), 東京.

732022. [学会 (研究会・地方会)] (シンポジウム) 中下咽頭表在癌におけるリンパ節転移またはリンパ管侵襲に関連する臨床病理学的所見と内視鏡所見の検討. 堅田親利1, 岡本旅人2, 一戸昌明3, 田邉 聡1,4, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2耳鼻咽喉・頭頸外, 3病理, 4新世紀医療・先端医療): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/10), 東京.

732023. [学会 (研究会・地方会)] (パネルディスカッション) 当教室における膵癌に伴う悪性十二指腸狭窄に対する内視鏡的十二指腸ステント留置の成績. 安達 快1, 奥脇興介1, 今泉 弘1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/10), 東京.

732024. [学会 (研究会・地方会)] (パネルディスカッション) 肝門部悪性胆道狭窄に対するSide by side stenting法の有用性. 中谷征吾1, 奥脇興介1, 木田光広1, 川口佑輔1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/10), 東京.

732025. [学会 (研究会・地方会)] (パネルディスカッション) 術後再建腸管を有する悪性胆道狭窄に対するメタリックステント留置術とプラスチックステント留置術の治療成績の比較検討. 長谷川力也1, 山内浩史1, 今泉 弘1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/10), 東京.

732026. [学会 (研究会・地方会)] (ワークショップ) 咽頭食道癌のリスク因子の現状と対策. 堅田親利 (消化器内): 第50回神奈川県消化器病医学会総会 (2017/12/16), 神奈川.

732027. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) シンポニーを導入したbio na夫e症例. 横山 薫 (消化器内): 神奈川西部IBD Meeting (2018/2/1), 厚木.

733031. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 脾膿瘍に対して経皮的膿瘍ドレナージが有効であった1例. 北原 言1, 窪田幸介1, 日高 央1, 中澤貴秀1, 田中賢明1, 魚嶋晴紀1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第632回日本内科学会関東地方会 (2017/5/13), 東京.

733032. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) 十二指腸狭窄を伴う膵頭部癌の透析合併例に対しEUS-HGSを施行した1例. 安達 快1, 金子 亨1, 宮田英治1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第344回日本消化器病学会関東支部例会 (2017/5/27), 東京.

733033. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) O-157が検出されなかった播種性血管内凝固を伴った腸管出血性大腸菌感染症の1例. 北原 言1, 山崎好喜1, 石橋 侑1, 北川博之1, 寺田昌弘2, 河西顕太郎2, 西山 竜1, 菊地秀彦1, 里道哲彦1, 野登 誠1 (1消化器内, 2平塚共済病院): 第344回日本消化器病学会関東支部例会 (2017/5/27), 東京.

733034. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) 胃ESD後出血により出血性ショックを来し緊急血管造影で止血処置を施行した1例. 石橋 侑1, 矢野貴史1, 田邉 聡1,2, 和田拓也1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 原 敏将3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3放射線 (画像)): 第104回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/6/10), 東京.

733035. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 放射線治療が奏功したヘリコバクター・ピロリ陰性胃MALTリンパ腫の1例. 北原 言1, 山崎好喜1, 石橋 侑1, 北川博之1, 寺田昌弘2, 河西顕太郎2, 西山 竜1, 菊地秀彦1, 里道哲彦1, 野登 誠1 (1消化器内, 2平塚共済病院): 第104回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/6/10), 東京.

733036. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 膵臓がん診療に対するEUSの役割. 岩井知久 (消化器内): 第19回関東胆・膵内視鏡懇話会 (2017/7/1), 東京.

733037. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 4型進行胃癌との鑑別が困難であったクローン病の1例. 黒須貴浩1, 川岸加奈1, 横山 薫1, 矢野貴史1, 小泉和三郎1, 高橋博之2 (1消化器内, 2医療衛生学部): 第62回神奈川県消化器病研究会 (2017/7/1), 横浜.

733038. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 大腸粘膜下腫瘍により腸重積をきたした一例. 篠木 啓1, 小山克樹1, 下田拓也1, 入江員行1, 松本雄太1, 玉眞俊平1, 中村陽子1, 菅野 聡1, 安達 献1, 旗手和彦1, 齋藤生朗1 (1国立病院機構相模原病院): 第62回神奈川県消化器病研究会 (2017/7/1), 横浜.

733006. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) RAMP1シグナルによる自己免疫性肝炎制御. 井上智仁1, 伊藤義也2, 西澤伸恭3, 別當朋広1, 山根早紀子1, 大高史聖1, 中本修司1, 津留世里1, 天野英樹2, 小泉和三郎4, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3一般・小児・肝胆膵外, 4消化器内): 第136回日本薬理学会関東部会 (2017/7/8), 東京.

733039. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) 4型進行胃癌との鑑別が困難であったクローン病の1例. 黒須貴浩1, 川岸加奈1, 横山 薫1, 矢野貴史1, 小泉和三郎1, 高橋博之2 (1消化器内, 2医療衛生学部): 日本消化器病学会関東支部例会第345回例会 (2017/7/15), 東京.

733040. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 治療に難渋した短絡路型肝性脳症の一例. 魚嶋晴紀1, 日高 央1, 井上智仁2, 山根敬子2, 窪田幸介1, 田中賢明1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆1,3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科, 3医療管理): 日本消化器病学会関東支部例会第345回例会 (2017/7/15), 東京.

733041. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 高齢者食道癌に対するNedaplatin/5-FU併用CRTの安全性と有効性に関する遡及的検討. 渡辺晃識1, 堅田親利1, 森谷宏光2, 小森承子3, 山下継史2,4, 原田宏輝2, 東 瑞智1, 田邉 聡1,5, 早川和重3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2上部消化管外, 3放射線 (腫瘍), 4新世紀医療・横断的医療, 5新世紀医療・先端医療): 第33回北里腫瘍フォーラム (2017/9/1), 相模原.

733042. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) 診断に難渋したPhlegmonous Gastritisの一例. 鴻上太郎, 魚嶋晴紀1, 日高 央1, 田邉 聡1,2, 成志 弦3, 金原 猛3, 江頭秀人3, 賀古 眞3 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3湘南鎌倉総合病院): 第26回消化器疾患病態治療研究会 (2017/9/9), 横浜.

733043. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) 4型進行胃癌との鑑別が困難であったクローン病の1例. 黒須貴浩1, 矢野貴史1, 河西奈津子2, 山根早紀子2, 渡辺晃識2, 和田拓也1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 川岸加奈1, 横山 薫1, 田邉 聡1,3, 小泉和三郎1, 高橋博之4 (1消化器内, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・先端医療, 4医療衛生学部): 第26回消化器疾患病態治療研究会 (2017/9/9), 横浜.

733044. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) 早期胃癌術後, 小腸大腸転移の一例. 久保田陽1, 和田拓也1, 田邉 聡1,2, 矢野貴史1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): 第26回消化器疾患病態治療研究会 (2017/9/9), 横浜.

733045. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) 胃底腺型胃癌3病変に対してEMRにて切除し得たH.pylori陰性透析中の1例. 玉置明寛1, 田邉 聡1,2, 矢野貴史1, 和田拓也1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): 第26回消化器疾患病態治療研究会 (2017/9/9), 横浜.

733046. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) ソマトスタチン受容体シンチグラフィーが原発巣の同定に有用であった神経内分泌腫瘍の1例. 田邉美奈1, 奥脇興介1, 宮田英治1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第26回消化器疾患病態治療研究会 (2017/9/9), 横浜.

733047. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 大腸ESDにおける治療困難例の検討−虫垂入口部, 回盲弁進展病変について−. 篠木 啓1, 小山克樹1, 入江員行1, 松本雄太1,下田拓也1, 玉眞俊平1, 中村陽子1, 菅野 聡1, 安達 献1, 堀田綾子2, 齋藤生朗2 (1国立病院機構 相模原病院消化器内科, 2同病理診断科): 第26回消化器疾患病態治療研究会 (2017/9/9), 横浜.

733048. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 高齢肝細胞癌患者の病態と治療実態. 渡邊真彰1,2, 横森弘昭1, 高橋禎人1, 岡田武倫1, 山崎 等1, 金澤 潤1,2, 上原一帆1,2, 川口佑輔1,2, 大塚俊和1,2, 久保任史1, 田原久美子1, 木田光広1,2 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター): 第26回消化器疾患病態治療研究会 (2017/9/9), 横浜.

733007. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 膜結合型PGE合成酵素-1 (mPGES-1) による肝虚血再灌流障害後の肝修復抑制作用. 井上智仁1, 伊藤義也2, 西澤伸恭3, 古城 憲4, 大久保博世5, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3一般・小児・肝胆膵外, 4下部消化管外, 5心臓血管外): 第32回日本Shock学会総会 (2017/9/30), 岐阜.

733049. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 非ウイルス性肝細胞癌が過半数を占める施設の診療実態「原因不明」の肝細胞癌はどの程度存在するか. 渡邊真彰1,2, 高橋禎人2, 久保任史2, 横森弘昭2, 山崎 等2, 岡田武倫2 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター): 第56回肝癌症例検討会 (2017/11/4), 東京.

733050. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ステラーラの有用性の検討と今後. 横山 薫 (消化器内): ステラーラクローン病フォーラム〜神奈川西部地区〜 (2017/11/29), 相模原.

733051. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) C型肝硬変に発生した直接作用型抗ウイルス剤導入後のlate relaplse. 尾上美恵1, 魚嶋晴紀1, 日高 央1, 窪田幸介1, 田中賢明1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 日本消化器病学会関東支部第347回例会 (2017/12/2), 東京.

733052. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) 内視鏡切除困難な食道表在癌に対する内視鏡的腫瘍焼灼術 (APC) の有効性と安全性に関する検討. 久保田陽1, 矢野貴史1, 石戸謙次1, 近藤雄紀1, 和田拓也1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 田邉 聡1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/9), 東京.

733053. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) 食道ESD後の狭窄予防に対するステロイド製剤の経口投与と局注療法の比較. 近藤雄紀1, 和田拓也1, 堅田親利1, 久保田陽1, 渡辺晃識2, 矢野貴史1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 田邉 聡1,3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・先端医療): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/9), 東京.

733054. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) 上部消化管内視鏡検査を契機に診断された成人T細胞性白血病/悪性リンパ腫の1例. 石崎あや那1, 長谷川力也1, 宮田英治1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 田邉 聡1,2, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/9), 東京.

733055. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) 盲腸粘膜下腫瘍に対して粘膜下層剥離術を施行した1例. 田邉美奈1, 川岸加奈1, 齋藤友哉2, 松本育宏1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 久保田 (佐田) 美和1, 小林清典1,3, 小泉和三郎1, 秋谷昌史4 (1消化器内, 2救命, 3新世紀医療・横断的医療, 4病理): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/9), 東京.

733056. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) 高齢女性に発症したびまん浸潤型大腸癌の1例. 金澤 潤1,2, 川口佑輔1,2, 上原一帆1,2, 長谷川力也1, 大塚俊和1,2, 田原久美子2, 渡邊真彰1,2, 木田光広1,2 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/9), 東京.

733057. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) 十二指腸乳頭生検後に重症急性膵炎を生じた2例. 石橋 侑1, 岩井知久1, 木田光広1, 宮田英治1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/9), 東京.

733058. [学会 (研究会・地方会)] (専修医セッション) EUSが術前診断に有用であった10 mmの膵充実性偽乳頭状腫瘍の1例. 渡辺真郁1, 奥脇興介1, 今泉 弘1, 山内浩史1, 金子 亨1, 上原一帆1, 升谷寛以2, 川口佑輔1, 宮田英治1, 安達 快1, 蓼原将良1, 中谷征吾1, 松本高明1, 長谷川力也1, 岩井知久1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/9), 東京.

733059. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) コントロール不良の下部消化管出血に対しカプセル内視鏡が診断に有用であった小腸GISTの1例. 北原 言1, 西山 竜1, 寺田昌弘1, 北川博之1, 河西顕太郎1, 菊地秀彦1, 里道哲彦1, 山崎好喜1, 野登 誠1 (1平塚共済病院消化器科): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/9), 東京.

733060. [学会 (研究会・地方会)] (研修医セッション) 膵管内乳頭粘液性腺腫に併存した膵腺房細胞癌の1例. 脇菜央美, 宮田英治1, 木田光広1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/9), 東京.

733061. [学会 (研究会・地方会)] (研修医セッション) 人間ドックで発見された胃サルコイドーシスの一例. 佐藤陽子1, 和田拓也1, 石戸謙次1, 近藤雄紀1, 久保田陽1, 矢野貴史1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 田邉 聡1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/9), 東京.

733062. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 顆粒球除去療法が奏功したステロイドナイーブ小児潰瘍性大腸炎の一例. 三枝陽一1, 美原静香1, 金 明哲1, 加藤 彩2, 桑尾定仁, 三橋利温1,2, 西元寺克禮1, 大井田正人1 (1JCHO 相模野病院消化器病センター, 2東病院健康科学センター): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/10), 東京.

733063. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 外瘻により低Na血症を繰り返した悪性胆道狭窄に対しEUS-HGSを施行した1例. 伊藤隆士1, 金子 亨1, 今泉 弘1, 木田光広1, 宮田英治1, 長谷川力也1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/10), 東京.

733064. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 膵石による高度膵管狭窄に対してEUS-PDによるrendezvous法で膵管ドレナージを行い奏効した1例. 眞部優作1, 奥脇興介1, 松本高明2, 木田光広1, 上原一帆1, 升谷寛以3, 川口佑輔1, 宮田英治1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2JA神奈川県厚生連伊勢原協同病院, 3大学院医療系研究科): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/10), 東京.

733065. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 慢性膵炎急性増悪に伴う膵仮性嚢胞に対し段階的な経乳頭的ドレナージが奏効した一例. 玉置明寛1, 松本高明1, 奥脇興介2, 渡邉友絵1, 柴田 進1, 山本 創1, 小野弘二1, 大野 隆1 (1伊勢原協同病院消化器内科, 2消化器内): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/10), 東京.

733066. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) アルコール性慢性膵炎および膵管癒合不全に起因する仮性膵N胞に対して内視鏡的ドレナージ術が有効だった1例. 湊 尚貴1, 今泉 弘1, 近藤雄紀1, 宮田英治1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/10), 東京.

733067. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) IPMNの経過観察中にEUSで発見し得たStage I退形成性膵癌の1例. 石崎純郎1, 奥脇興介1, 安達 快1, 蓼原将良1, 中谷征吾1, 升谷寛以2, 宮田英治1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 木田光広1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/10), 東京.

733068. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 経胃的に留置されたpigtail stentが漿膜側から大腸穿孔を来した重症膵炎後の膵仮性嚢胞/walled-off necrosis (WON) の2例. 黒須貴浩1, 山内浩史1, 木田光広1, 宮田英治1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/10), 東京.

733069. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 梅毒性直腸炎の一例. 松本雄太1, 小山克樹1, 入江員行1, 下田拓也1, 篠木 啓1, 玉眞俊平1, 中村陽子1, 菅野 聡1, 安達 献1, 堀田綾子1, 齋藤生朗2 (1国立病院機構 相模原病院消化器内科, 2同病理診断科): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/10), 東京.

733070. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 顆粒球除去療法が奏功したステロイドナイーブ小児潰瘍性大腸炎の一例. 三枝陽一1, 美原静香1, 金 哲明1, 加藤 彩1, 三橋利温1, 西元寺克禮1, 桑尾定仁1, 大井田正人1 (1JCHO相模野病院): 第105回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2017/12/10), 東京.

733071. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 早期胃癌術後, 小腸・大腸転移の1例. 久保田陽1, 和田拓也1, 田邉 聡1,2, 矢野貴史1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): 第50回神奈川県消化器病医学会総会 (2017/12/16), 神奈川.

733072. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 急性期門脈血栓症に対する治療の勘案. 入江員行1, 篠木 啓1, 小山克樹1, 松本雄太1,下田拓也1, 玉眞俊平1, 中村陽子1, 菅野 聡1, 安達 献1, 瀧川政和2 (1国立病院機構 相模原病院消化器内科, 2同放射線科): 第49回北里肝・胆・膵疾患検討会 (2018/2/7), 町田.

733073. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演)【座長】急性期門脈血栓症に対する治療の勘案. 玉眞俊平 (国立病院機構 相模原病院消化器内科): 第49回北里肝・胆・膵疾患検討会 (2018/2/7), 町田.

733074. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 魚骨による消化管穿孔で腹腔内膿瘍を来した1例. 玉置明寛1, 柴田 進1, 渡邉友絵1, 松本高明1, 山本 創1, 小野弘二1, 壁島康郎1, 大野 隆1 (1伊勢原協同病院内科): 第639回日本内科学会関東地方会 (2018/2/10), 東京.

733075. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) ERCP困難な胆管結石症例に対してEUS下順行性治療を施行した2例. 岩井知久 (消化器内): 第9回神奈川県胆膵内視鏡レクチャー (2018/3/10), 横浜.

733076. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 医科歯科連携体制を構築して. 池田正代1, 安達 献1, 佐々木徹, 玉眞俊平1, 瀧川政和1, 佐藤康子1, 小宮容子1, 坂崎千栄美1, 室井弘子1, 中川佳美1, 大草由美子1 (1国立病院機構 相模原病院): 日本医療マネジメント学会 第17回神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 相模原.

733077. [学会 (研究会・地方会)] (一般口演) 内科外科合同による腹腔鏡補助経皮内視鏡的胃瘻造設術. 三枝陽一1, 美原静香1, 金 哲明1, 西元寺克禮1, 大井田正人1 (1JCHO相模野病院): 日本医療マネジメント学会 第17回神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 相模原.

H28年度以前分

[学術論文]

H28-110006. [原著] The role of angiotensin II in liver metastasis formation from colorectal cancer. Shimizu Y1, Amano H2, Ito Y2, Betto T3, Yamane S3, Inoue T3, Nishizawa N4, Matsui Y5, Kamata M6, Nakamura M7, Kitasato H7, Koizumi W1, Majima M2: Kitasato Med J 2017/3; 47 (1): 43-51. (清水裕貴1, 天野英樹2, 伊藤義也2, 別當朋広3, 山根早紀子3, 井上智仁3, 西澤伸恭4, 松井啓夫5, 鎌田真理子6, 中村正樹7, 北里英郎7, 小泉和三郎1, 馬嶋正隆2: 1消化器内, 2薬理, 3大学院医療系研究科, 4一般・小児・肝胆膵外, 5呼吸器外, 6腎臓内, 7医療衛生学部)

H28-110008. [原著] Virological response to daclatasvir and asunaprevir combination therapy for chronic hepatitis C virus genotype 1b infection in dialysis patients: a prospective, multicenter study. Uojima H1, Kobayashi S, Hidaka H1, Matsumoto S, Ohtake T, Kinbara T, Oka M, Yamanouchi Y, Kunieda T, Yamanoue H, Kanemaru T, Tsutsumi K, Fujikawa T, J H Sung, Kako M: Renal Replacement Therapy 2017/3; 7: https://doi.org/10.1186/s41100-016-0091-6. (魚嶋晴紀1, 日高 央1: 1消化器内)

[著 書]

H28-620002. [学術書 (分担執筆)]【消化器内視鏡の基礎知識と基本テクニック (消化器内視鏡3月増大号)】各論 II. 小腸内視鏡 小腸内視鏡による止血法とポリペクトミー, p.494-7. 小林清典1,2, 横山 薫1, 久保田 (佐田) 美和1, 小泉和三郎1 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内), 東京医学社, 東京, 2017/3発行.

[学会・研究会等]

H28-712001. [学会 (国際)] (招待講演等) Clinical impact of Forward-viewing Echoendoscope Kida M1: 高尾国際癌シンポジウム (2017/3/23), Kaohsiung, Taiwan. (木田光広1: 1消化器内)

大学院医療系研究科 消化器内科学
寄附講座「炎症性腸疾患臨床研究講座」

[学術論文]

110089. [原著] Real life results in using 5-ASA for maintaining mild to moderate UC patients in Japan, a multi-center study, OPTIMUM Study. Nagahori M, Kochi S, Hanai H, Yamamoto T, Nakamura S, Omuro S, Watanabe M, Hibi T1,2, OPTIMUM Study Group: BMC Gastroenterol 2017/4; 17 (1): 47. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110090. [原著] Impact of inflammatory bowel disease on Japanese patients' quality of life: results of a patient questionnaire survey. Ueno F, Nakayama Y, Hagiwara E, Kurimoto S, Hibi T1,2: J Gastroenterol 2017/5; 52 (5): 555-67. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110091. [原著] 2.4 g Mesalamine (Asacol 400 mg tablet) Once Daily is as Effective as Three Times Daily in Maintenance of Remission in Ulcerative Colitis: A Randomized, Noninferiority, Multi-center Trial. Suzuki Y, Iida M, Ito H, Nishino H, Ohmori T, Arai T, Yokoyama T, Okubo T, Hibi T1,2: Inflamm Bowel Dis 2017/5; 23 (5): 822-32. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110092. [原著] Comparison of efficacies of once-daily dose multimatrix mesalazine and multiple-dose mesalazine for the maintenance of remission in ulcerative colitis: a randomized, double-blind study. Ogata H, Ohori A, Nishino H, Mizushima S, Hagino A, Hibi T1,2: Intest Res 2017/7; 15 (3): 358-67. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110093. [原著] Comparison of efficacy of multimatrix mesalazine 4.8 g/day once-daily with other high-dose mesalazine in active ulcerative colitis: a randomized, double-blind study. Ogata H, Aoyama N, Mizushima S, Hagino A, Hibi T1,2: Intest Res 2017/7; 15 (3): 368-79. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110094. [原著] Four-year maintenance treatment with adalimumab in Japanese patients with moderately to severely active ulcerative colitis. Suzuki Y, Motoya S, Hanai H, Hibi T1,2, Nakamura S, Lazar A, Robinson AM, Skup M, Mostafa NM, Huang B, Thakkar R, Watanabe M: J Gastroenterol 2017/9; 52 (9): 1031-40. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110095. [原著] Usefulness of fecal calprotectin for the early prediction of short-term outcomes of remission-induction treatments in ulcerative colitis in comparison with two-item patient-reported outcome. Toyonaga T, Kobayashi T1,2, Nakano M2, Saito E, Umeda S, Okabayashi S2, Ozaki R2, Hibi T1,2: PLoS One 2017/9; 12 (9): e0185131. (小林 拓1,2, 中野 雅2, 岡林慎二2, 尾崎 良2, 日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院))

110096. [原著] Efficacy and safety of golimumab 52-week maintenance therapy in Japanese patients with moderate to severely active ulcerative colitis: a phase 3, double-blind, randomized, placebo-controlled study-(PURSUIT-J study). Hibi T1,2, Imai Y, Senoo A, Ohta K, Ukyo Y: J Gastroenterol 2017/10; 52 (10): 1101-11. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110097. [原著] Free cholesterol accumulation in liver sinusoidal endothelial cells exacerbates acetaminophen hepatotoxicity via TLR9 signaling. Teratani T, Tomita K, Suzuki T, Furuhashi H, Irie R, Hida S, Okada Y, Kurihara C, Ebinuma H, Nakamoto N, Saito H, Hibi T1,2, Miura S, Hokari R, Kanai T: J Hepatol 2017/10; 67 (4): 780-90. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110098. [原著] The 5C Concept and 5S Principles in Inflammatory Bowel Disease Management. Hibi T1,2, Panaccione R, Katafuchi M, Yokoyama K3, Watanabe K, Matsui T, Matsumoto T, Travis S, Suzuki Y: J Crohns Colitis 2017/10; 11 (11): 1302-8. (日比紀文1,2, 横山 薫3: 1大学院医療系研究科, 2北里大学北里研究所病院, 3消化器内)

110099. [原著] Efficacy and safety of ustekinumab in Japanese patients with moderately to severely active Crohn's disease: a subpopulation analysis of phase 3 induction and maintenance studies. Hibi T1,2, Imai Y, Murata Y, Matsushima N, Zheng R, Gasink C: Intest Res 2017/10; 15 (4): 475-86. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110100. [原著] Steroid-refractory extensive enteritis complicated by ulcerative colitis successfully treated with adalimumab. Okabayashi S1, Kobayashi T1,2, Sujino T, Ozaki R1, Umeda S, Toyonaga T, Saito E, Nakano M1, Tablante MC, Morinaga S, Hibi T1,2: Intest Res 2017/10; 15 (4): 535-9. (岡林慎二1, 小林 拓1,2, 尾崎 良1, 中野 雅1, 日比紀文1,2: 1北里研究所病院, 2大学院医療系研究科)

110101. [原著] Significance of measurement of serum trough level and anti-drug antibody of adalimumab as personalised pharmacokinetics in patients with Crohn's disease: a subanalysis of the DIAMOND trial. Nakase H, Motoya S, Matsumoto T, Watanabe K, Hisamatsu T, Yoshimura N, Ishida T, Kato S, Nakagawa T, Esaki M, Nagahori M, Matsui T, Naito Y, Kanai T, Suzuki Y, Nojima M, Watanabe M, Hibi T1,2; DIAMOND study group: Aliment Pharmacol Ther 2017/11; 46 (9): 873-82. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110102. [原著] Real-world Experience of Anti-tumor Necrosis Factor Therapy for Internal Fistulas in Crohn's Disease: A Retrospective Multicenter Cohort Study. Kobayashi T1,2, Hishida A, Tanaka H, Nuki Y, Bamba S, Yamada A, Fujii T, Shinzaki S, Yokoyama Y, Yoshida A, Ozeki K, Ashizuka S, Kamata N, Nanjo S, Kakimoto K, Nakamura M, Matsui A, Yamauchi R, Takahashi S, Tomizawa T, Yoshino T, Hibi T1,2: Inflamm Bowel Dis 2017 /12; 23 (12): 2245-51. (小林 拓1,2, 日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110103. [原著] Asian Organization for Crohn's and Colitis and Asian Pacific Association of Gastroenterology consensus on tuberculosis infection in patients with inflammatory bowel disease receiving anti-tumor necrosis factor treatment. Part 1: Risk assessment. Park DI, Hisamatsu T, Chen M, Ng SC, Ooi CJ, Wei SC, Banerjee R, Hilmi IN, Jeen YT, Han DS, Kim HJ, Ran Z, Wu K, Qian J, Hu PJ, Matsuoka K, Andoh A, Suzuki Y, Sugano K, Watanabe M, Hibi T1,2, Puri AS, Yang SK: J Gastroenterol Hepatol 2018/1; 33 (1): 20-9. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110104. [原著] Asian Organization for Crohn's and Colitis and Asia Pacific Association of Gastroenterology consensus on tuberculosis infection in patients with inflammatory bowel disease receiving anti-tumor necrosis factor treatment. Part 2: Management. Park DI, Hisamatsu T, Chen M, Ng SC, Ooi CJ, Wei SC, Banerjee R, Hilmi IN, Jeen YT, Han DS, Kim HJ, Ran Z, Wu K, Qian J, Hu PJ, Matsuoka K, Andoh A, Suzuki Y, Sugano K, Watanabe M, Hibi T1,2, Puri AS, Yang SK: J Gastroenterol Hepatol 2018/1; 33 (1): 30-6. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110105. [原著] Asian Organization for Crohn's and Colitis and Asia Pacific Association of Gastroenterology consensus on tuberculosis infection in patients with inflammatory bowel disease receiving anti-tumor necrosis factor treatment. Part 1: risk assessment. Park DI, Hisamatsu T, Chen M, Ng SC, Ooi CJ, Wei SC, Banerjee R, Hilmi IN, Jeen YT, Han DS, Kim HJ, Ran Z, Wu K, Qian J, Hu PJ, Matsuoka K, Andoh A, Suzuki Y, Sugano K, Watanabe M, Hibi T1,2, Puri AS, Yang SK: Intest Res 2018/1; 16 (1): 4-16. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110106. [原著] Asian Organization for Crohn's and Colitis and Asia Pacific Association of Gastroenterology consensus on tuberculosis infection in patients with inflammatory bowel disease receiving anti-tumor necrosis factor treatment. Part 2: management. Park DI, Hisamatsu T, Chen M, Ng SC, Ooi CJ, Wei SC, Banerjee R, Hilmi IN, Jeen YT, Han DS, Kim HJ, Ran Z, Wu K, Qian J, Hu PJ, Matsuoka K, Andoh A, Suzuki Y, Sugano K, Watanabe M, Hibi T1,2, Puri AS, Yang SK: Intest Res 2018/1; 16 (1): 17-25. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110107. [原著] Th17 plasticity and its relevance to inflammatory bowel disease. Ueno A, Jeffery L, Kobayashi T1,2, Hibi T1,2, Ghosh S, Jijon H: J Autoimmun 2018/2; 87: 38-49. (小林 拓1,2, 日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110108. [原著] Efficacy of Endoscopic Balloon Dilation for Small Bowel Strictures in Patients With Crohn's Disease: A Nationwide, Multi-centre, Open-label, Prospective Cohort Study. Hirai F, Andoh A, Ueno F, Watanabe K, Ohmiya N, Nakase H, Kato S, Esaki M, Endo Y, Yamamoto H, Matsui T, Iida M, Hibi T1,2, Watanabe M, Suzuki Y, Matsumoto T: J Crohns Colitis 2018/3; 12 (4): 394-401. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110109. [原著] A multicenter, retrospective, observational study of the clinical outcomes and risk factors for relapse of ulcerative colitis at 1 year after leukocytapheresis. Kobayashi T1,2, Matsuoka K, Yokoyama Y, Nakamura T, Ino T, Numata T, Shibata H, Aoki H, Matsuno Y, Hibi T1,2: J Gastroenterol 2018/3; 53 (3): 387-96. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110110. [原著] Efficacy of Indigo Naturalis in a Multicenter Randomized Controlled Trial of Patients With Ulcerative Colitis. Naganuma M, Sugimoto S, Mitsuyama K, Kobayashi T1,2, Yoshimura N, Ohi H, Tanaka S, Andoh A, Ohmiya N, Saigusa K, Yamamoto T, Morohoshi Y, Ichikawa H, Matsuoka K, Hisamatsu T, Watanabe K, Mizuno S, Suda W, Hattori M, Fukuda S, Hirayama A8, Abe T, Watanabe M, Hibi T1,2, Suzuki Y, Kanai T; INDIGO Study Group: Gastroenterology 2018/3; 154 (4): 935-47. (小林 拓1,2, 日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

120003. [原著] ブテソニド注腸フォーム剤の受容性に関わる因子の検討. 石橋とよみ, 八木澤啓司, 池上由佳, 黒瀬由喜, 小林 拓1,2, 日比紀文1,2 (1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院): 新薬と臨床 2018/1; 67 (1): 13-21.

520007. [総説] 日本人患者における便中カルプロテクチン検査の臨床的有用性. 松岡克善, 酒匂美奈子, 高添正和, 市川仁志, 竹内義明, 小林 拓1,2, 渡辺 守, 日比紀文1,2, 金井隆典 (1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院): 医学と薬学 2017/5; 74 (6): 717-26.

520008. [総説]【■病気のはなし】炎症性腸疾患. 日比紀文1,2 (1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院): 検査と技術 2017/8; 45 (8): 802-7.

520009. [総説] 大腸検査での“炎症内視鏡”の役割. 日比紀文1,2 (1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院): 日本大腸検査学会雑誌 2017/10; 34 (1): 3-4.

522043. [講座]【特集: 腸内細菌をめぐって】序説. 日比紀文1,2 (1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院): INTESTINE 2017/7; 21 (4): 285-6.

522044. [講座]【特集: コモンな難病 炎症性腸疾患の薬物療法】■IBD患者指導のポイント: 薬学的管理. 八木澤啓司, 松原 肇, 日比紀文1,2 (1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院): 月間薬事 2018/1; 60 (1): 66-70.

522045. [講座]【鼎談】腸間膜静脈硬化症−発症の実態と予後−. 日比紀文1,2, 松井敏幸, 清水誠治 (1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院): PROGRESS IN MEDICINE 2018/2; 38 (2); 175-82.

530005. [その他 (Erratum)] Erratum to: Four-year maintenance treatment with adalimumab in Japanese patients with moderately to severely active ulcerative colitis. Suzuki Y, Motoya S, Hanai H, Hibi T1,2, Nakamura S, Lazar A, Robinson AM, Skup M, Mostafa NM, Huang B, Thakkar R, Watanabe M: J Gastroenterol 2017/9; 52 (9): 1079. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

530006. [その他 (Guidelines)] Evidence-based clinical practice guidelines for inflammatory bowel disease. Matsuoka K, Kobayashi T1,2, Ueno F, Matsui T, Hirai F, Inoue N, Kato J, Kobayashi K, Kobayashi K, Koganei K, Kunisaki R, Motoya S, Nagahori M, Nakase H, Omata F, Saruta M, Watanabe T, Tanaka T, Kanai T, Noguchi Y, Takahashi KI, Watanabe K, Hibi T1,2, Suzuki Y, Watanabe M: Gastroenterol 2018/3; 53 (3): 305-53. (小林 拓1,2, 日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

[著 書]

610001. [学術書 (編集)]【Advances in Endscopy in Infrlammatory Bowel Disease】Introduction v〜vi. Hibi T1,2, Hisamatsu T, Kobayashi T1,2, Editors: Hibi T1,2, Hisamatsu T, Kobayashi T1,2, Springer, 2017/9. (日比紀文1,2, 小林 拓1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

620027. [学術書 (分担執筆)]【プリンシプル消化器疾患の臨床2 腸疾患診療の現在】III章 治療法総論 薬物療法 炎症性腸疾患 アミノサリチル酸製剤, 副腎皮質ステロイド, p.126-9. 日比紀文1,2 (1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院), 総編集: 佐々木裕, 専門編集: 渡辺 守, 中山書店, 東京, 2017/8発行.

[学会・研究会等]

713032. [学会 (国際)] (一般口演) Different genetic aspects of IBD in Asia. Hibi T1,2: 2017 The 5th IBD Summit Forum (2017/11/25), Dalian, China. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

713033. [学会 (国際)] (一般口演) Efficacy and safety of anti-fractalkine monoclonal antibody,E6011,in patients with Crohn's Disease who had lost response to anti-TNFa agents: A multicentre,open-label, Phase 1/2 study. Matsuoka K, Naganuma M, Tanida S, Kitamura K, Matsui T, Arai M, Fujiya M, Horiki N, Ebiki H, Kinjo F, Miyazaki T, Matsumoto T, Esaki M, Mitsuyama K, Saruta M, Ido A, Hojo S, Takenaka O, Oketani K, Imai T, Tsubouchi H, Hibi T1,2, Kanai T: ECCO2018 (2018/2/16), Vienna, Austria. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

713034. [学会 (国際)] (ポスター) Incidence risks of colorectal cancer, non-melanoma skin cancers, and non-Hodgkin lymphoma in Japanese patients with ulcerative colitis based on a large-scale claims database. Kobayashi T1,2, Uda A, Mineyama T, Udagawa E, Iwasaki K, Tang W, Hibi T1,2: ECCO2018 (2018/2/16), Vienna, Austria. (小林 拓1,2, 日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

723177. [学会 (全国)] (一般口演) 炎症性腸疾患におけるインフリキシマブ血中濃度測定は最適化に役立つか? 齊藤詠子, 小林 拓1,2, 日比紀文1,2 (1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院): 第103回日本消化器病学会総会 (2017/4/20), 東京.

723178. [学会 (全国)] (一般口演) 潰瘍性大腸炎における大腸内視鏡下生検組織による臨床的再燃予測. 尾崎 良1, 小林 拓1,2, 日比紀文1,2 (1北里研究所病院, 2大学院医療系研究科): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/11), 大阪.

723179. [学会 (全国)] (ポスター) 潰瘍性大腸炎における組織学的再燃リスク因子の探索. 尾崎 良1, 小林 拓1,2, 齊藤詠子, 豊永貴彦, 岡林慎二1, 梅田智子, 中野 雅1, 松岡健太郎, 森永正二郎, 久松理一, 日比紀文1,2 (1北里研究所病院, 2大学院医療系研究科): 第59回日本消化器病学会大会JDDW 2017 (2017/10/13), 福岡.

723180. [学会 (全国)] (ポスター) クローン病に対するUstekinumabの長期有効性及び安全性: 国際共同長期継続投与試験 (IM-UNITI-LTE) からの日本人サブグループを含む2年時点での結果. 日比紀文1,2, 小林久謹, 岡崎正晃, 川村志穂, 大橋裕樹, Tina Liu, Christpher Gasink, Douglas Jacobstein (1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院): 第8回日本炎症性腸疾患学会学術集会 (2017/12/1), 東京.

723181. [学会 (全国)] (ポスター) 診療データベースを用いた本邦における潰瘍性大腸炎薬物治療実態の解析. 小林 拓1,2, 宇田晃仁, 廣居伸蔵, 中村和紀, 峯山智佳, 唐 文涛, 岩崎宏介, 日比紀文1,2 (1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院): 第8回日本炎症性腸疾患学会学術集会 (2017/12/1), 東京.

723182. [学会 (全国)] (ポスター) 内視鏡的寛解潰瘍性大腸炎における再燃の組織学的リスク因子. 尾崎 良1, 小林 拓1,2, 岡林慎二1, 中野 雅1, 原 敦子1, 大部 誠1, 日比紀文1,2 (1北里研究所病院, 2大学院医療系研究科): 第8回日本炎症性腸疾患学会学術集会 (2017/12/1), 東京.

723183. [学会 (全国)] (一般口演) 活動性潰瘍性大腸炎 (UC) 患者におけるトファシニチブオープンラベル長期投与試験 (国際共同P3臨床試験) の日本人サブ解析. 本谷 聡, 鈴木康夫, 渡辺 守, 松井敏幸, 久松理一, 湯浅博俊, 五十川直樹, 田平淳一, 新井祥子, 日比紀文1,2 (1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院): 第14回日本消化管学会総会 学術集会 (2018/2/10), 東京.

723184. [学会 (全国)] (一般口演) 潰瘍性大腸炎における大腸カプセル内視鏡検査の最適化を目指した新規前処置法の成績. 岡林慎二1, 小林 拓1,2, 尾崎 良1, 宮本康雄1, 佐上晋太郎1, 中野 雅1, 日比紀文1,2 (1北里研究所病院, 2大学院医療系研究科): 第11回日本カプセル内視鏡学会学術集会 (2018/2/10), 東京.

731029. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 進歩し続ける炎症性腸疾患治療の最適化をめざして−病態に応じた適切な治療−. 日比紀文1,2 (1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院): 第110回日本消化器病学会九州支部例会/第104回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 (2017/11/17), 沖縄.

733078. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) HIV感染症を併発した潰瘍性大腸炎の1例. 渡辺康博, 佐上晋太郎1, 小林 拓1,2, 尾崎 良1, 岡林慎二1, 豊永貴彦, 中野 雅1, 日比紀文1,2 (1北里研究所病院, 2大学院医療系研究科): 日本消化器病学会関東支部第345回例会 (2017/7/15), 東京.

733079. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 結核スクリーニング陰性にもかかわらず抗TNF-α抗体治療中に肺結核を発症したクローン病の1例. 原 勇輔, 岡林慎二1, 小林 拓1,2, 尾崎 良1, 佐上晋太郎1, 豊永貴彦1, 中野 雅1, 宮本康雄1, 牧田遊子1, 常松 令1, 土本寛二1, 日比紀文1,2, 鈴木雄介 (1北里研究所病院, 2大学院医療系研究科): 日本消化器病学会関東支部第346回例会 (2017/9/30), 東京.


循環器内科学

[学術論文]

110111. [原著] Impact of Acute Kidney Injury on In-Hospital Outcomes of Patients With Acute Myocardial Infarction - Results From the Japanese Registry of Acute Myocardial Infarction Diagnosed by Universal Definition (J-MINUET) Substudy. Kuji S1, Kosuge M1, Kimura K1, Nakao K1, Ozaki Y1, Ako J1,2, Noguchi T1, Yasuda S1, Suwa S1, Fujimoto K1, Nakama Y1, Morita T1, Shimizu W1, Saito Y1, Hirohata A1, Morita Y1, Inoue T1, Nishimura K1, Miyamoto Y1, Ishihara M1 (1J-MINUET Investigators): Circ J 2017/4; 81 (5): 733-9. (阿古潤哉1,2: 2循環器内)

110112. [原著] Novel Scoring System for Distinction Between Paroxysmal and Non-Paroxysmal Atrial Fibrillation. Oikawa J1, Niwano S1, Fukaya H1, Nakamura H2, Igarashi T1, Fujiishi T1, Ishizue N1, Yoshizawa T1, Satoh A1, Kishihara J1, Murakami M1, Ako J1: Circ J 2017/5; 81 (6): 788-93. (及川 淳1, 庭野慎一1, 深谷英平1, 中村洋範2, 五十嵐建1, 藤石珠美1, 石末成哉1, 吉澤智治1, 佐藤 陽1, 岸原 淳1, 村上雅美1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

110113. [原著] Long-Term Outcomes of Non-ST-Elevation Myocardial Infarction Without Creatine Kinase Elevation - The J-MINUET Study. Ishihara M1, Nakao K1, Ozaki Y1, Kimura K1, Ako J1,2, Noguchi T1, Fujino M1, Yasuda S1, Suwa S1, Fujimoto K1, Nakama Y1, Morita T1, Shimizu W1, Saito Y1, Hirohata A1, Morita Y1, Inoue T1, Okamura A1, Uematsu M1, Hirata K1, Tanabe K1, Shibata Y1, Owa M1, Tsujita K1, Funayama H1, Kokubu N1, Kozuma K1, Tobaru T1, Oshima S1, Nakai M1, Nishimura K1, Miyamoto Y1, Ogawa H1 (1J-MINUET Investigators): Circ J 2017/6; 81 (7): 958-65. (阿古潤哉1,2: 2循環器内)

110114. [原著] Dual Antiplatelet Therapy for 6 Versus 18 Months After Biodegradable Polymer Drug-Eluting Stent Implantation. Nakamura M1, Iijima R1, Ako J1,2, Shinke T1, Okada H1, Ito Y1, Ando K1, Anzai H1, Tanaka H1, Ueda Y1, Takiuchi S1, Nishida Y1, Ohira H1, Kawaguchi K1, Kadotani M1, Niinuma H1, Omiya K1, Morita T1, Zen K1, Yasaka Y1, Inoue K1, Ishiwata S1, Ochiai M1, Hamasaki T1, Yokoi H1 (1NIPPON Investigators): JACC Cardiovasc Interv 2017/6; 10 (12): 1189-98. (阿古潤哉1,2: 2循環器内)

110115. [原著] Impact of symptom presentation on in-hospital outcomes in patients with acute myocardial infarction. Fujino M1, Ishihara M1, Ogawa H1, Nakao K1, Yasuda S1, Noguchi T1, Ozaki Y1, Kimura K1, Suwa S1, Fujimoto K1, Nakama Y1, Morita T1, Shimizu W1, Saito Y1, Hirohata A1, Morita Y1, Inoue T1, Okamura A1, Uematsu M1, Ako J1,2, Nakai M1, Nishimura K1, Miyamoto Y1 (1J-MINUET Investigators): J Cardiol 2017/7; 70 (1): 29-34. (阿古潤哉1,2: 2循環器内)

110116. [原著] Exploration into lipid management and persistent risk in patients hospitalised for acute coronary syndrome in Japan (EXPLORE-J): protocol for a prospective observational study. Nakamura M, Uno K, Hirayama A, Ako J1, Nohara A, Arai H, Harada-Shiba M: BMJ Open 2017/7; 7 (6): e014427. (阿古潤哉1: 1循環器内)

110117. [原著] Effects on bone metabolism markers and arterial stiffness by switching to rivaroxaban from warfarin in patients with atrial fibrillation. Namba S1, Yamaoka-Tojo M2, Kakizaki R3, Nemoto T3, Fujiyoshi K3, Hashikata T1, Kitasato L1, Hashimoto T3, Kameda R1, Meguro K1, Shimohama T1, Tojo T1, Ako J1: Heart Vessels 2017/8; 32 (8): 977-82. (鍋田 健1, 東條美奈子2, 柿崎良太3, 根本照世志3, 藤吉和博3, 箸方健宏1, 北里梨沙1, 橋本拓弥3, 亀田 良1, 目黒健太郎1, 下浜孝郎1, 東條大輝1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科)

110118. [原著] Prognostic Impact of Segmental Wall Motion Abnormality in Patients With Idiopathic Dilated Cardiomyopathy. Iida Y1, Inomata T1, Kaida T2, Fujita T2, Ikeda Y1, Nabeta T1, Ishii S1, Koitabashi T1, Takeuchi I3, Ako J1: Int Heart J 2017/8; 58 (4): 544-50. (飯田祐一郎1, 猪又孝元1, 甲斐田豊二2, 藤田鉄平2, 池田祐毅1, 鍋田 健1, 石井俊輔1, 小板橋俊美1, 竹内一郎3, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科, 3救命)

110119. [原著] Temporal change of myocardial tissue character is associated with left ventricular reverse remodeling in patients with dilated cardiomyopathy: A cardiovascular magnetic resonance study. Nabeta T1, Inomata T1, Fujita T2, Iida Y1, Ikeda Y2, Sato T2, Ishii S1, Maekawa E1, Mizutani T1, Naruke T1, Koitabashi T1, Inoue Y3, Ako J1: J Cardiol 2017/8; 70 (2): 185-91. (鍋田 健1, 猪又孝元1, 藤田鉄平2, 飯田祐一郎1, 池田祐毅2, 佐藤俊充2, 石井俊輔1, 前川恵美1, 水谷知泰1, 成毛 崇1, 小板橋俊美1, 井上優介3, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科, 3放射線 (画像))

110120. [原著] Cardiac troponin T as a predictor of cardiac death in patients with left ventricular dysfunction Nakamura H1, Niwano S2, Fukaya H2, Murakami M2, Kishihara J2, Satoh A2, Yoshizawa T2, Oikawa J2, Ishizue N2, Igarashi T2, Fujiishi T2, Ako J2: J Arrhythm 2017/10; 33 (5): 463?8. (中村洋範1, 庭野慎一2, 深谷英平2, 村上雅美2, 岸原 淳2, 佐藤 陽2, 吉澤智治2, 及川 淳2, 石末成哉2, 五十嵐健2, 藤石珠美2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

110121. [原著] Arrhythmogenic Delayed Afterdepolarizations Are Promoted by Severe Hypothermia But Not Therapeutic Hypothermia. Fukaya H1, Piktel JS, Wan X, Plummer BN, Laurita KR, Wilson LD: Circ J 2017/12; 82 (1): 62-70. (深谷英平1: 1循環器内)

110122. [原著] Off-hours presentation does not affect in-hospital mortality of Japanese patients with acute myocardial infarction: J-MINUET substudy. Ogita M1, Suwa S1, Ebina H1, Nakao K1, Ozaki Y1, Kimura K1, Ako J1,2, Noguchi T1, Yasuda S1, Fujimoto K1, Nakama Y1, Morita T1, Shimizu W1, Saito Y1, Hirohata A1, Morita Y1, Inoue T1, Okamura A1, Uematsu M1, Hirata K1, Tanabe K1, Shibata Y1, Owa M1, Hokimoto S1, Funayama H1, Kokubu N1, Kozuma K1, Uemura S1, Toubaru T1, Saku K1, Oshima S1, Nishimura K1, Miyamoto Y1, Ishihara M1 (1J-MINUET investigators): J Cardiol 2017/12; 70 (6): 553-8. (阿古潤哉1,2: 2循環器内)

110123. [原著] Lower Level of Low Density Lipoprotein Cholesterol is Associated with a Higher Increase in the Fractional Flow Reserve in Patients with Fixed-dose Rosuvastatin. Hashikata T1, Tojo T1, Muramatsu Y2, Sato T2, Kakizaki R2, Nemoto T2, Fujiyoshi K2, Namba S1, Kitasato L1, Hashimoto T2, Kameda R1, Shimohama T1, Yamaoka-Tojo M3, Ako J1: J Atheroscler Thromb 2018/3; 25 (3): 233-43. (箸方健宏1, 東條大輝1, 村松裕介2, 佐藤俊充2, 柿崎良太2, 根本照世志2, 藤吉和博2, 難波早弥香1, 北里梨沙1, 橋本拓弥2, 亀田 良1, 下浜孝郎1, 東條美奈子3, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部)

120004. [原著] 持続性心房細動患者における左房容積規定因子としての細動波周期長 (FCL) の検討. 中村洋範1, 庭野慎一2, 西成田亮1, 堀口 愛1, 石末成哉2, 五十嵐健2, 藤石珠美2, 吉澤智治2, 及川 淳2, 岸原 淳2, 佐藤 陽2, 村上雅美2, 深谷英平2, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 心臓 2017/10; 49: 57-62.

310002. [症例報告] Myocardial ischemia induced by major aortopulmonary collateral arteries treated with transcatheter coil embolization. Kakizaki R1, Tojo T2, Minami Y2, Koitabashi T2, Woodhams R3, Shimohama T2, Ishii M4, Ako J2: Clin Case Rep 2017/5; 5 (6): 1022-5. (柿崎良太1, 東條大輝2, 南 尚賢2, 小板橋俊美2, ウッドハムス玲子3, 下浜孝郎2, 石井正浩4, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3放射線 (画像), 4小児)

310003. [症例報告] Localized Inflammation and Aneurysm Formation 10 Years After Sirolimus-Eluting Stent Implantation. Nabeta T1, Hashikata T1, Tojo T1, Kakizaki R2, Minami Y1, Meguro K1, Shimohama T1, Suzuki S, Inoue Y3, Ako J1: Circ J 2017/6; 81 (7): 1054-5. (鍋田 健1, 箸方健宏1, 東條大輝1, 柿崎良太2, 南 尚賢1, 目黒健太郎1, 下浜孝郎1, 井上優介3, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科, 3放射線 (画像))

310004. [症例報告] Untreated cardiac sarcoidosis with active inflammation: Severe left ventricular dysfunction and ventricular wall thinning in three years. Kakizaki R1, Koitabashi T2, Minami Y2, Nabeta T2, Kaida T1, Ishii S2, Maekawa E2, Inomata T2, Ako J2: J Cardiol Cases 2017/8; 16 (5): 141-3. (柿崎良太1, 小板橋俊美2, 南 尚賢2, 鍋田 健2, 甲斐田豊二1, 石井俊輔2, 前川恵美2, 猪又孝元2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

310005. [症例報告] Subacute pneumothorax contralateral to the venous access site associated with atrial lead perforation in a patient who was receiving corticosteroid therapy. Ishizue N1, Kishihara J1, Niwano S1, Ako J1: J Arrhythm 2017/8; 33 (4): 335-7. (石末成哉1, 岸原 淳1, 庭野慎一1, 阿古潤哉1: 1循環器内)

310006. [症例報告] Arrhythmogenic left atrial roof vein. Fukaya H1, Niwano S1, Nakamura H2, Igarashi T1, Fujiishi T1, Ishizue N1, Satoh A1, Kishihara J1, Ako J1: J Arrhythm 2017/10; 33 (5): 497-500. (深谷英平1, 庭野慎一1, 中村洋範2, 五十嵐健1, 藤石珠美1, 石末成哉1, 佐藤 陽1, 岸原 淳1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

310007. [症例報告] Non-occlusive mesenteric ischemia accompanied by aortic regurgitation after transcatheter aortic valve implantation. Meguro K1, Ishizaki J, Yanagisawa T1, Koitabashi T1, Kitamura T, Ako J1: Cardiovasc Interv Ther 2017/10; 32 (4): 425-9. (目黒健太郎1, 柳澤智義1, 小板橋俊美1, 阿古潤哉1: 1循環器内)

310008. [症例報告] Pacing failure caused by automatic pacing threshold adjustment system. Kishihara J1, Niwano S1, Fukaya H1, Nishinarita R2, Horiguchi A2, Nakamura H2, Igarashi T1, Ishizue N1, Fujiishi T1, Yoshizawa T1, Oikawa J1, Satoh A1, Murakami M1, Ako J1: J Arrhythm 2017/12; 33 (6): 637-9. (岸原 淳1, 庭野慎一1, 深谷英平1, 西成田亮2, 堀口 愛2, 中村洋範2, 五十嵐建1, 石末成哉1, 藤石珠美1, 吉澤智治1, 及川 淳1, 佐藤 陽1, 村上雅美1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

310009. [症例報告] Steerable esophageal thermometer for atrial fibrillation ablation in a patient with esophageal achalasia: a case report. Fukaya H1, Niwano S1, Ogiso S1, Arakawa Y2, Horiguchi A2, Nishinarita R2, Nakamura H2, Oikawa J1, Satoh A1, Kishihara J1, Ako J1: Clin Case Rep 2018/3; 6 (5): 839842. (深谷英平1, 庭野慎一1, 小木曽翔1, 荒川雄紀2, 堀口 愛2, 西成田亮2, 中村洋範2, 及川 淳1, 佐藤 陽1, 岸原 淳1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

522046. [講座]【第81回日本循環器学会学術集会ファイアサイドセミナー28】心臓突然死リスク症例のマネジメント−除細動デバイスを駆使した臨床治療の最前線−. 庭野慎一 (循環器内): Progress of Medicine 2017/4; 37 (4): 509-11.

522047. [講座]【特集: 非専門医でもわかる心不全の在宅医療のコツ】総論: 高齢者心不全を診るコツ. 猪又孝元 (循環器内): 在宅新療0→100 2017/5; .2 (5): 394-8.

522048. [講座]【特集: 慢性心不全 チームに貢献できる力を身につける】■慢性心不全の薬物治療戦略! 治療のゴールとその手段! HFrEF. 猪又孝元 (循環器内): 薬局 2017/6; 68 (7): 31-4.

522049. [講座]【特集: フレイル高齢者に対する心臓病治療の問題点】4. フレイル高齢者に対するPCIの適応と術後薬物療法. 下浜孝郎1, 阿古潤哉1 (1循環器内): 心臓 2017/6: 49 (6): 550-5.

522050. [講座]【特集: やさしく考える抗血栓薬・止血薬? 凝固・線溶の基本から, 病態ごとの使い分けまで】3. いつ, 誰に, どれくらいの期間使えばいいの? C急性冠症候群. 佐藤伸洋1, 下浜孝郎1, 阿古潤哉1 (1循環器内): レジデントノート 2017/7; 19 (7): 1193-8.

522051. [講座]【特集: チェックポイントでおさえる循環器薬】特集2: 新人ナース必読! 薬剤カタログ45 14. 抗血栓薬・抗凝固薬. 深谷英平 (循環器内): HEART nursing 2017/7; 30 (7): 56-61.

522052. [講座]【座談会】冠動脈疾患における脂質治療のEBMと日本人ACS治療の現状について振り返る. 木村 剛, 田邉健吾, 中尾浩一, 阿古潤哉1 (1循環器内): Pharma Medica 2017/8; 35 (8): 75-81.

522053. [講座]【心臓財団虚血性心疾患セミナー】冠動脈疾患における至適抗血栓療法. 阿古潤哉 (循環器内): 心臓 2017/9; 49 (9): 986-90.

522054. [講座]【特集: 糖尿病と心合併症2017〜循環器専門医との連携を図る】I. 糖尿病患者の心疾患リスクの特性を理解する B心臓突然死・重症不整脈. 庭野慎一 (循環器内): Diabetes Frontier 2017/10; 28 (5): 513-6.

522055. [講座]【座談会】脂質管理の面からATIS予防を考える: PCSK9阻害薬による心血管イベント抑制効果への期待. 宮本 享, 吾郷哲朗, 小笠原邦昭, 佐田政隆, 阿古潤哉1 (1循環器内): Pharma Medica 2017/10; 35 (10): 550-5.

522056. [講座]【特集: 自信をもって対応する虚血性心疾患】■虚血性心疾患の慢性期治療 二次予防のための脂質管理. 根本照世志1, 下浜孝郎2, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): medicina 2017/10; .54 (11): 1846-50.

522057. [講座]【特集: 弁膜症 実地医家が知っておくべき現代の弁膜症】セミナー: 実地医療で実践すべき診療のプロセス 感染性心内膜炎の高リスク患者とその管理 小板橋俊美 (循環器内): Medical Practice 2017/12: 34 (12): 1980-6.

522058. [講座]【特集: TAVIの進化と拡がり】TAVI施行後の抗血栓療法. 目黒健太郎1, 阿古潤哉1 (1循環器内): CardioVascular Contemporary 2017/12; 6 (2): 22-7.

530007. [その他 (訂正)] Erratum to: Effects on bone metabolism markers and arterial stiffness by switching to rivaroxaban from warfarin in patients with atrial fibrillation. Namba S1, Yamaoka-Tojo M2, Kakizaki R3, Nemoto T3, Fujiyoshi K3, Hashikata T1, Kitasato L1, Hashimoto T3, Kameda R1, Meguro K1, Shimohama T1, Tojo T1, Ako J1: Heart Vessels 2017/8; 32 (8): 983. (難波早弥香1, 東條美奈子2, 柿崎良太3, 根本照世志3, 藤吉和博3, 箸方健宏1, 北里梨沙1, 橋本拓弥3, 亀田 良1, 目黒健太郎1, 下浜孝郎1, 東條大輝1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科)

540013. [その他] 冠動脈インターベンションを施行した心房細動合併患者. 下浜孝郎1, 阿古潤哉1 (1循環器内): Aflow 2017/7; 2: 4.

540014. [その他 (コメント)] 柿野論文に対するEditorial Comment-本邦の臨床における着用型除細動器 (WCD) の役割. 庭野慎一 (循環器内): 心臓 2017/9; 49 (9): 942-3.

[著 書]

620028. [学術書 (分担執筆)]【循環器の病気ずかん (HEART nursing 2017春季増刊)】第6章 心臓の病気の最終形 心不全 (1) 急性心不全, p.132-5. 猪又孝元 (循環器内), 監修: 木原康樹, メディカ出版, 大阪, 2017/4発行.

620029. [学術書 (分担執筆)]【循環器の病気ずかん (HEART nursing 2017春季増刊)】第6章 心臓の病気の最終形 心不全 (2) 慢性心不全, p.136-9. 猪又孝元 (循環器内), 監修: 木原康樹, メディカ出版, 大阪, 2017/4発行.

620030. [学術書 (分担執筆)]【心エコー臨床のギモン厳選50】第3章 心筋・心膜疾患 ギモン33, 34, p.106-9. ギモン43, 44, 45, p.140-5. 小板橋俊美 (循環器内), 編: 日本心エコー図学会, メディカ出版, 大阪, 2017/5発行.

620031. [学術書 (分担執筆)]【1336専門家による私の治療 2017-18年度版】§4 循環器疾患 不整脈および伝導障害 [07] 洞不全症候群, p.262-3. 庭野慎一 (循環器内), 監修: 猿田享男, 北村惣一郎, 日本医事新報社, 東京, 2017/7発行.

620032. [学術書 (分担執筆)]【循環器診療ザ・ベーシック 弁膜症】弁腫瘍 基礎知識・実践, p.156-75. 小板橋俊美 (循環器内), 編: 山本一博, メジカルビュー社, 2017/9発行.

620033. [学術書 (分担執筆)]【CVIT専門医試験準拠 インターベンション必携 第2版】第12章 PCIの合併症 7. ステント血栓症, p.227-32. 下浜孝郎1, 阿古潤哉1 (1循環器内), 監修: 上妻 謙, 小林欣夫, 編: 専門医認定医制度審議会手引書作成委員会, 日本心血管インターベンション治療学会, 東京, 2017/12発行.

[学会・研究会等]

713035. [学会 (国際)] (一般講演) Juvenile Onset Coronary Artery Dissection Patients with Poor Coronary Risk Factors Were Diagnosed from Typical Symptoms. Maemura K1, Matsuura G1,2, Nishinarita R3, Sato D1,2, Shiono T1,2, Ako J1: TCTAP2017 (2017/4/27), Seoul, Korea. (前村健治1, 松浦 元1,2, 西成田亮3, 佐藤大輔1,2, 塩野方明1,2, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2北里大学メディカルセンター, 3大学院医療系研究科)

713036. [学会 (国際)] (一般講演) Non-occlusive mesenteric ischemia accompanied by aortic regurgitation after transcatheter aortic valve implantation. Meguro K1: EuroPCR 2017 (2017/5/16), Paris, France. (目黒健太郎1: 1循環器内)

713037. [学会 (国際)] (一般講演) Difference in Nonuniform Strut Distribution among Drug-Eluting Stents Evaluated by Optical Frequency Domain Imaging. Kakizaki R1, Tojo T2, Minami Y2, Nemoto T1, Fujiyoshi K1, Hashikata T2, Namba S2, Hashimoto T1, Yanagisawa T2, Meguro K2, Shimohama T2, Ako J2: EuroPCR 2017 (2017/5/17), Paris, France. (柿崎良太1, 東條大輝2, 南 尚賢2, 根本照世志1, 藤吉和博1, 箸方健宏2, 南波早弥香2, 橋本拓弥1, 柳澤智義2, 目黒健太郎2, 下浜孝郎2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

713038. [学会 (国際)] (一般講演) Antifibrotic effect of linagriptin in the canine model of atrial fibrillation. Igarashi T1, Niwano S1, Niwano H, Nakamura H2, Ishizue N1, Fujiishi T1, Yoshizawa T1, Satoh A1, Kishihara J1, Murakami M1, Fukaya H1, Ako J1: Amarican Diabetes Association 77th Scientific Sessions (2017/6/10), San Diego, USA. (五十嵐健1, 庭野慎一1, 中村洋範2, 石末成哉1, 藤石珠美1, 吉澤智治1, 佐藤 陽1, 岸原 淳1, 村上雅美1, 深谷英平1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

713039. [学会 (国際)] (一般講演) Successful recanalization of stumpless chronic total occlusion lesion with optical coherence tomography guidance. Minami Y1, Meguro K1, Kato A2, Shimohama T1, Tojo T1, Ako J1: Asian Pacific Society of Cardiology 2017 (2017/7/14), Singapore. (南 尚賢1, 目黒健太郎1, 加藤彩美2, 下浜孝郎1, 東條大輝1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

713040. [学会 (国際)] (一般講演) Cardiac rehabilitation improves cognitive function in elderly patients with cardiovascular disease. Fujiyoshi K1, Yamaoka-Tojo M2, Minami Y3, Kutsuna T, Obara S, Takahashi Y, Sekina E, Aoyama A1, Katsura A1, Kakizaki R1, Nemoto T1, Namba S3, Hashimoto T1, Yanagisawa T3, Noda C3, Megro K3, Shimohama T3, Tojo T3, Ako J3: European Society of Cardiology 2017 (2017/8/26-30), Barcelona, Spain. (藤吉和博1, 東條美奈子2, 南 尚賢3, 青山晃大1, 桂 有智1, 柿崎良太1, 根本照世志1, 難波早弥香3, 橋本拓弥1, 柳澤智義3, 野田千春3, 目黒健太郎3, 下浜孝郎3, 東條大輝3, 阿古潤哉3: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3循環器内)

713041. [学会 (国際)] (一般講演) A novel scoring system for neurological outcomes in patients receiving therapeutic hypothermia after cardiopulmonary arrest. Oikawa J1, Niwano S1, Fukaya H1, Horiguchi A2, Nishinarita R2, Muramatsu Y2, Nakamura H2, Satoh A1, Kishihara J1, Mizutani T1, Takeuchi I3, Asari Y3, Ako J1: European Society of Cardiology 2017 (2017/8/26-30), Barcelona, Spain. (及川 淳1, 庭野慎一1, 深谷英平1, 堀口 愛2, 西成田亮2, 村松裕介2, 中村洋範2, 佐藤 陽1, 岸原 淳1, 水谷知泰1, 竹内一郎3, 浅利 靖3, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科, 3救命)

713042. [学会 (国際)] (一般講演) Current issue of anti-thrombotic therapy In patients with coronary artery disease and AF "Gender difference in anti-platelet and anti-coagulant therapy". Ako J1: The 8th Congress of the International Society for Gender Medicine (2017/9/14), Sendai. (阿古潤哉1: 1循環器内)

713043. [学会 (国際)] (一般講演) Fibrillation Cycle Length in the Surface ECG Predicts Future Congestive Heart Failure Event in Patients with Long-lasting Atrial Fibrillation. Igarashi T1, Niwano S1, Nakamura H2, Ishizue N1, Fujiishi T1, Yoshizawa T1, Satoh A1, Kishihara J1, Murakami M1, Fukaya H1, Niwano H, Ako J1: APHRS2017/JHRS2017 (2017/9/15), Yokohama, Japan. (五十嵐健1, 庭野慎一1, 中村洋範2, 石末成哉1, 藤石珠美1, 吉澤智治1, 佐藤 陽1, 岸原 淳1, 村上雅美1, 深谷英平1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

713044. [学会 (国際)] (一般講演) Current Indications for Wearable Cardioverter Defibrillator in Japan: a single center experience. Nakamura H1, Niwano S2, Kishihara J2, Fukaya H2, Nishinarita R1, Horiguchi A1, Igarashi T2, Ishizue N2, Fujiishi T2, Yoshizawa T2, Oikawa J2, Satoh A2, Murakami M2, Ako J2: APHRS2017/JHRS2017 (2017/9/16), Yokohama, Japan. (中村洋範1, 庭野慎一2, 岸原 淳2, 深谷英平2, 西成田亮1, 堀口 愛1, 五十嵐健2, 石末成哉2, 藤石珠美2, 吉澤智治2, 及川 淳2, 佐藤 陽2, 村上雅美2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

713045. [学会 (国際)] (一般講演) Wearable Cardioverter Defibrillator: Our Experience with 19 Patients. Kishihara J1, Niwano S1, Fukaya H1, Nishinarita R2, Horiguchi A2, Nakamura H2, Oikawa J1, Satoh A1, Ako J1: APHRS2017/JHRS2017 (2017/9/16), Yokohama, Japan. (岸原 淳1, 庭野慎一1, 深谷英平1, 西成田亮2, 堀口 愛2, 中村洋範2, 及川 淳1, 佐藤 陽1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

713046. [学会 (国際)] (一般講演) Differences of Dose Reduction Criteria in Each DOACs may Cause Bleeding Complication. Fukaya H1, Niwano S1, Nakamura H2, Igarashi T1, Fujiishi T1, Ishizue N1, Yoshizawa T1, Oikawa J1, Satoh A1, Kishihara J1, Ako J1: APHRS2017/JHRS2017 (2017/9/17), Yokohama, Japan.(深谷英平1, 庭野慎一1, 中村洋範2, 五十嵐健1, 藤石珠美1, 石末成哉1, 吉澤智治1, 及川 淳1, 佐藤 陽1, 岸原 淳1, 阿古潤哉1: 1循環器内)

713047. [学会 (国際)] (一般講演) Predictive factors of new onset atrial fibrillation after pacemaker implantation. Oikawa J1, Fukaya H1, Satoh T1, Miyagishima K, Yasuno N, Kubo T, Niwano S1, Ako J1: APHRS2017/JHRS2017 (2017/9/17), Yokohama, Japan.(及川 淳1, 深谷英平1, 佐藤 陽1, 庭野慎一1, 阿古潤哉1: 1循環器内)

713048. [学会 (国際)] (一般講演) Flow-mediated dilation is associated with neither coronary stenosis severity nor focal plaque vulnerability in the statin era. Nemoto T1, Minami Y2, Yamaoka-Tojo M3, Katsura A1, Sato T1, Muramatsu Y1, Kakizaki R1, Fujiyoshi K1, Hashimoto T1, Meguro K2, Shimohama T2, Tojo T2, Ako J2: American Heart Association (AHA) Scientific Sessions 2017 (2017/11/12), Anaheim, CA, USA.(根本照世志1, 南 尚賢2, 東條美奈子3, 桂 有智1, 佐藤俊允1, 村松裕介1, 柿崎良太1, 藤吉和博1, 橋本拓弥1, 目黒健太郎2, 下浜孝郎2, 東條大輝2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3医療衛生学部)

713049. [学会 (国際)] (一般講演) Fibrillation Cycle Length in Surface ECG Predicts Cardiovascular Event in Patients with Long-standing Persistent Atrial Fibrillation. Nakamura H1, Niwano S2, Fukaya H2, Kishihara J2, Satoh A2, Oikawa J2, Igarashi T2, Ishizue N2, Fujiishi T2, Nishinarita R1, Horiguchi A1, Ako J2: American Heart Association (AHA) Scientific Sessions 2017 (2017/11/13), Anaheim, CA, USA.(中村洋範1, 庭野慎一2, 深谷英平2, 岸原 淳2, 佐藤 陽2, 及川 淳2, 五十嵐健2, 石末成哉2, 藤石珠美2, 西成田亮1, 堀口 愛1, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

713050. [学会 (国際)] (一般講演) Minimum invasive vascular intervention, CTO lesion of right coronary artery and bilateral superficial femoral artery via radial and popliteal atery. Matsuura G1,2, Asakura K1,2, Shirakawa Y3, Sato D1,2, Shiono T1,2, Ako J1: AsiaPCR/SingLIVE 2018 (2018/1/25), Singapore. (松浦 元1,2, 朝倉清史1,2, 白川裕基3, 佐藤大輔1,2, 塩野方明1,2, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2北里大学メディカルセンター, 3大学院医療系研究科)

713051. [学会 (国際)] (一般講演) Achilles Tendon Xanthoma is Associated with Severity of Coronary Artery Disease HashimotoT1, Minami Y2, Kakizaki R1, Nemoto T1, Fujiyoshi K1, Ishida K, Yanagisawa T2, Meguro K2, Shimohama T2, Tojo T2, Yamaoka-Tojo M3, Ako J2: American College of Cardiology 2018 (2018/3/10), Orlando, Florida, USA. (橋本拓弥1, 南 尚賢2, 柿崎良太1, 根本照世志1, 藤吉和博1, 柳澤智義2, 目黒健太郎2, 下浜孝郎2, 東條大輝2, 東條美奈子3, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3医療衛生学部)

713052. [学会 (国際)] (一般講演) Cholesterol Crystal is Associated with 12-Month Cardiovascular Events: An Optical Coherence Tomography Study Fujiyoshi K1, Minami Y2, Ishida K, Muramatsu Y1, Sato T1, Kakizaki R1, Nemoto T1, Hashimoto T1, Meguro K2, Shimohama T2, Tojo T2, Ako J2: American College of Cardiology 2018 (2018/3/10), Orlando, Florida, USA. (藤吉和博1, 南 尚賢2, 村松裕介1, 佐藤俊允1, 柿崎良太1, 根本照世志1, 橋本拓弥1, 目黒健太郎2, 下浜孝郎2, 東條大輝2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

713053. [学会 (国際)] (一般講演) Evaluation of novel scoring system for neurological outcomes in patients receiving therapeutic hypothermia after cardiopulmonary arrest. Oikawa J1, Niwano S1, Fukaya H1, Horiguchi A2, Nishinarita R2, Muramatsu Y2, Ono Y, Nakamura H2, Satoh A1, Kishihara J1, Yanagisawa T1, Takeuchi I3, Asari Y3, Ako J1: The 82nd Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (JSC2018) (2018/3/22), Osaka, Japan. (及川 淳1, 庭野慎一1, 深谷英平1, 堀口 愛2, 西成田亮2, 村松裕介2, 中村洋範2, 佐藤 陽1, 岸原 淳1, 柳澤智義1, 竹内一郎3, 浅利 靖3, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科, 3救命)

713054. [学会 (国際)] (一般講演) Real World Regimen in Atrial Fibrillation Patients with a History of Percutaneous Coronary Intervention. Horiguchi A1, Fukaya H2, Oikawa J2, Arakawa Y1, Nishinarita R1, Nakamura H1, Kishihara J2, Satoh A2, Niwano H, Niwano S2, Ako J2: The 82nd Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (JSC2018) (2018/3/23), Osaka, Japan. (堀口 愛1, 深谷英平2, 及川 淳2, 荒川雄紀1, 西成田亮1, 中村洋範1, 岸原 淳2, 佐藤 陽2, 庭野慎一2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

713055. [学会 (国際)] (一般講演) Right Atrial Size Predicts Cardiovascular Event in Patients with Long-standing Persistent Atrial Fibrillation. Nakamura H2, Niwamo S2, Fukaya H2, Kishihara J2, Satoh A2, Oikawa J2, Igarashi T2, Ishizue N2, Fujiishi T2, Nishinarita R1, Horiguchi A1, Ako J2: The 82nd Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society (JSC2018) (2018/3/23), Osaka, Japan. (中村洋範1, 庭野慎一2, 深谷英平2, 岸原 淳2, 佐藤 陽2, 及川 淳2, 五十嵐健2, 石末成哉2, 藤石珠美2, 西成田亮1, 堀口 愛1, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

721005. [学会 (全国)] (特別講演)【ラウンドテーブルディスカッション4】冠動脈ステント植え込み後, 三種の抗血栓症剤投与期間の短縮に関する検討. 塩野方明1,2, 前村健治1, 松浦 元1,2, 西成田亮3, 佐藤大輔1,2, 阿古潤哉1 (1循環器内, 1,2北里大学メディカルセンター, 3大学院医療系研究科): 第26回日本心血管インターベンション治療学会学術集会 (2017/7/6), 京都.

722054. [学会 (全国)] (招待講演等) Heart Failure Management by Measuring B-type Natriuretic Peptide. 猪又孝元 (循環器内): 一般社団法人日本心エコー図学会第28回学術集会 (2017/4/21), 名古屋.

722055. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 心房細動とPCI〜抗血栓療法の過去・現在・未来〜. 阿古潤哉 (循環器内): 第4回日本心血管脳卒中学会学術集会 (2017/6/2-3), 福岡.

722056. [学会 (全国)] (シンポジウム) Combination of antiplatelet and anticoagulant therapy after PCI A Japanese perspective. 阿古潤哉 (循環器内): 第三回J-ISCP学術集会 (2017/6/17), 東京.

722057. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) Explore-J試験から何を学んだのか? 阿古潤哉 (循環器内): 第26回日本心血管インターベンション治療学会学術集会 (2017/7/6), 京都.

722058. [学会 (全国)] (Ambitious Session) 英語論文の現状 (日本と海外の比較). 阿古潤哉 (循環器内): Tokyo Percutaneous cardiovascular Intervention Conference TOPIC 2017 (2017/7/22), 東京.

722059. [学会 (全国)] (招待講演等)【新しいステントへの期待: カテ室に必要か? Xienceで十分か?】Xienceで充分. 阿古潤哉 (循環器内): Alliance for Revolution and Interventional Cardiology Advancement (ARIA) 2017 (2017/11/23), 福岡.

722060. [学会 (全国)] (招待講演等) 循環器分野のエビデンスを日本でどう活用していくか植込み型デバイスに関する最近のエビデンス. 庭野慎一 (循環器内): 第82回日本循環器学会学術集会 (2018/3/23), 大阪.

722061. [学会 (全国)] (招待講演等) 心不全治療臨床試験におけるエンドポイントを探る: TAVIにおいては高齢者であっても死亡率低下を重視する. 目黒健太郎 (循環器内): 第82回日本循環器学会学術集会 (2018/3/25), 大阪.

723185. [学会 (全国)] (一般講演) 弁修復術後のベースラインとしての経食道心エコー図検査の有用性. 小板橋俊美1, 前川恵美1, 甲斐田豊二2, 目黒健太郎1, 阿古潤哉1 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 一般社団法人日本心エコー図学会第28回学術集会 (2017/4/21-23), 名古屋.

723186. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢心血管疾患患者の認知機能障害に対する慢性期心臓リハビリテーションの影響. 藤吉和博1, 東條美奈子2, 柿崎良太1, 根本照世志1, 難波早弥香3, 橋本拓弥1, 柳澤智義3, 南 尚賢3, 目黒健太郎3, 下浜孝郎3, 東條大輝3, 阿古潤哉3 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3循環器内): 第59回日本老年医学会学術集会 (2017/6/15), 名古屋.

723187. [学会 (全国)] (一般講演) Optical Coherence Tomography Guided Percutaneous Coronary Intervention is not Associated with Increased Incidence of Contrast-Induced Nephropathy. 根本照世志1, 南 尚賢2, 佐藤俊允1, 村松裕介1, 柿崎良太1, 藤吉和博1, 橋本拓弥1, 目黒健太郎2, 下浜孝郎2, 東條大輝2, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第26回日本心血管インターベンション治療学会学術集会 (2017/7/6), 京都.

723188. [学会 (全国)] (一般講演) 急性冠症候群に対する, 無作為前向き比較試験による, 乳酸リンゲルを用いた心筋保護法と血栓吸引療法の治療効果比較について. 塩野方明1,2, 前村健治1, 松浦 元1,2, 西成田亮3, 佐藤大輔1,2, 阿古潤哉1 (1循環器内, 1,2北里大学メディカルセンター, 3大学院医療系研究科): 第26回日本心血管インターベンション治療学会学術集会 (2017/7/6), 京都.

723189. [学会 (全国)] (一般講演) 頻拍回路の詳細なマッピングにより治療に成功した多剤耐性VT stormの一例. 中村洋範1, 深谷英平2, 佐藤 陽2, 五十嵐建2, 石末成哉2, 藤石珠美2, 吉澤智治2, 及川 淳2, 村上雅美2, 岸原 淳2, 庭野慎一2, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第29回カテーテルアブレーション関連大会2017 (2017/7/7), 札幌.

723190. [学会 (全国)] (一般講演) 下大静脈奇静脈結合を有し, 焼灼に難渋した心房粗動の1例. 岸原 淳1, 深谷英平1, 庭野慎一1, 中村洋範2, 五十嵐建1, 石末成哉1, 藤石珠美1, 吉澤智治1, 及川 淳1, 佐藤 陽1, 村上雅美1, 阿古潤哉1 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 第29回カテーテルアブレーション関連大会2017 (2017/7/6-8), 札幌.

723191. [学会 (全国)] (一般講演) 偶発的なSteam Pop現象で完治できた右室流出路起源特発性心室頻拍の1例. 深谷英平1, 庭野慎一1, 中村洋範2, 五十嵐建1, 石末成哉1, 藤石珠美1, 吉澤智治1, 及川 淳1, 岸原 淳1, 佐藤 陽1, 村上雅美1, 阿古潤哉1 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 第29回カテーテルアブレーション関連大会2017 (2017/7/6-8), 札幌.

723192. [学会 (全国)] (一般講演) 頻拍回路の詳細なマッピングにより治療に成功した多剤耐性VT stormの一例. 中村洋範1, 深谷英平2, 佐藤 陽2, 五十嵐建2, 石末成哉2, 藤石珠美2, 吉澤智治2, 及川 淳2, 村上雅美2, 岸原 淳2, 庭野慎一2, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第29回カテーテルアブレーション関連大会2017 (2017/7/6-8), 札幌.

723193. [学会 (全国)] (ポスター) ODYSSEY J-IVUSの試験設定根拠およびデザイン: 日本人におけるアリロクマブの冠動脈プラークへの効果. 阿古潤哉 (循環器内): 第26回日本心血管インターベンション治療学会学術集会 (2017/7/7), 京都.

723194. [学会 (全国)] (一般講演) ステント血栓症. 阿古潤哉 (循環器内): 第26回日本心血管インターベンション治療学会学術集会 (2017/7/6-8), 京都.

723195. [学会 (全国)] (一般講演) 経皮的大動脈弁置換術急性期における運動耐容能の変化. 前川恵美1, 神谷健太郎2, 田中伸弥3, 野崎康平2, 松沢良太2, 濱崎伸明2, 中村香奈子2, 五十嵐亜希子2, 目黒健太郎1, 野田千春1, 下浜孝郎1, 東條美奈子4, 増田 卓4, 阿古潤哉1 (1循環器内, 2リハビリ部, 3大学院医療系研究科, 4医療衛生学部): 第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2017/7/16), 岐阜.

723196. [学会 (全国)] (一般講演) 左室拡張障害を有する冠動脈疾患患者における外来心臓リハビリテーションが左室拡張能に与える影響. 苅谷英紀, 忽那俊樹, 遠原真一, 青山晃太1, 高橋由美, 関根恵美子, 野田千春2, 藤吉和博1, 松永篤彦3, 東條美奈子3, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3医療衛生学部): 第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2017/7/16), 岐阜.

723197. [学会 (全国)] (一般講演) 多疾患有病者としての慢性期心血管疾患患者における腎機能と運動耐容能との関係. 青山晃太1, 東條美奈子2, 遠原真一, 忽那俊樹, 苅谷英紀, 藤吉和博1, 関根恵美子, 高橋由美, 野田千春3, 松永篤彦2, 阿古潤哉3 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3循環器内): 第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2017/7/16), 岐阜.

723198. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢重症大動脈弁狭窄症患者に対し自己拡張型の経カテーテル的大動脈弁留置により冠動脈閉塞を来し, 緊急でバルーン拡張及びステント留置を施行した一例. 目黒健太郎 (循環器内): 第8回日本経カテーテル心臓弁治療学会学術集会 JTVT2017 (2017/7/16), 東京.

723199. [学会 (全国)] (一般講演) 循環器から見た今後の糖尿病治療戦略〜心血管リスクを考慮して〜. 阿古潤哉 (循環器内): 第65回日本心臓病学会学術集会 (2017/9/29-10/1), 大阪.

723200. [学会 (全国)] (一般講演) 心房細動とPCI〜RE-DUAL PCI試験が診療に与えるインパクト〜. 阿古潤哉 (循環器内): 第65回日本心臓病学会学術集会 (2017/9/29-10/1), 大阪.

723201. [学会 (全国)] (一般講演) 維持期心血管疾患患者における慢性腎臓病ステージと左室心筋重量係数の経時的変化. 青山晃太1, 東條美奈子2, 清水絵里香, 高橋由美, 野田千春3, 松永篤彦2, 阿古潤哉3 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3循環器内): 第21回日本心不全学会学術集会 (2017/10/12), 秋田.

723202. [学会 (全国)] (一般講演) 心不全患者の疾患管理状態に関わらずフレイルの合併は運動耐容能の低下に関与する. 清水絵里香, 東條美奈子1, 青山晃太2, 高橋由美, 野田千春3, 阿古潤哉3 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3循環器内): 第21回日本心不全学会学術集会 (2017/10/14), 秋田.

723203. [学会 (全国)] (一般講演) Strategy for the Management of Unrepaired Ebstein's Disease in Adult Patients. 小板橋俊美1, 藤田鉄平2, Yazaki M, 甲斐田豊二2, 飯田祐一郎1, 池田祐毅1, 鍋田 健1, 石井俊輔1, 前川恵美1, 成毛 崇1, 南 尚賢1, 猪又孝元1, 阿古潤哉1 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 第21回日本心不全学会学術集会 (2017/10/12-14), 秋田.

723204. [学会 (全国)] (一般講演) 心臓サルコイドーシスの診療ガイドライン制定に伴うサルコイドーシス診療の変化. 小板橋俊美1, 甲斐田豊二2, 鍋田 健1, 石井俊輔1, 前川恵美1, 猪又孝元1, 阿古潤哉1 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 第37回日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会総会 (2017/11/3-4), 名古屋.

723205. [学会 (全国)] (一般講演) BMS植え込み16年後のACS. 阿古潤哉 (循環器内): 第3回Pan-Pacific Primary Angioplasty Conference 2017 (PAC17) (2017/11/17-18), 新宿.

723206. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における完全皮下植込み型上細動器の検討−頸静脈的植込み型除細動器との比較−. 岸原 淳1, 庭野慎一1, 深谷英平1, 西成田亮2, 堀口 愛2, 中村洋範2, 石末成哉1, 五十嵐建1, 藤石珠美1, 吉澤智治1, 及川 淳1, 佐藤 陽1, 阿古潤哉1 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 第10回植込みデバイス関連冬季大会 (2018/2/10-12), 横浜.

723207. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院でのリード抜去術の現状. 深谷英平1, 鳥井晋三2, 庭野慎一1, 荒川雄紀3, 西成田亮3, 堀口 愛3, 中村洋範3, 及川 淳1, 佐藤 陽1, 岸原 淳1, 阿古潤哉1 (1循環器内, 2医療安全学教育, 3大学院医療系研究科): 第10回植込みデバイス関連冬季大会 (2018/2/10-12), 横浜.

723208. [学会 (全国)] (一般講演) Real World Antithrombotic Therapy in Atrial Fibrillation in Atrial Fibrillation Patients with a History of Percutaneous Coronary Intervention. 堀口 愛1, 深谷英平2, 及川 淳2, 荒川雄紀1, 西成田亮1, 中村洋範1, 岸原 淳2, 佐藤 陽2, 庭野慎一2, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第82回日本循環器学会学術集会 (2018/3/23-25), 大阪.

723209. [学会 (全国)] (一般講演) Shortage of Triple Anti-platelet and Anti-coagulation Therapy (STAP Trial), The Trial during 3 Years about Reduced Evidence. 塩野方明1,2, 朝倉清史1,2, 松浦 元1,2, 白川裕基3, 佐藤大輔1,2, 阿古潤哉1 (1循環器内, 2北里大学メディカルセンター, 3大学院医療系研究科): 第82回日本循環器学会学術集会 (2018/3/24), 大阪.

723210. [学会 (全国)] (一般講演) A case with coronary occlusion by self-expandable transcatheter aortic valve implantation, who was treated with coronary stent. 目黒健太郎 (循環器内): PCR Tokyo Valves 2018 (2018/3/31), 東京.

731030. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心不全, 心房細動, 抗凝固療法−三重奏にどう立ち向かうか. 猪又孝元 (循環器内): 第3回不整脈薬物療法講演会 (2017/4/8), 東京.

731031. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心房細動の抗血栓治療−第4のNOACを迎えた臨床現場の選択−. 庭野慎一 (循環器内): 心房細動フォーラム in Nagoya (2017/4/8), 名古屋.

731032. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心房細動の抗血栓治療−第4のNOACを迎えた臨床現場の選択−. 庭野慎一 (循環器内): Hakkakai in Nishio (2017/4/18), 千葉.

731033. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心アミロイドーシス〜循環器医からのアプローチ. 猪又孝元 (循環器内): 第3回日本心筋症研究会 (2017/4/22), 岐阜.

731034. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 教えます, 心不全管理との付き合い方. 猪又孝元 (循環器内): 中東遠心不全治療を考える会 (2017/5/18), 掛川.

731035. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 教えます, 心不全管理との付き合い方. 猪又孝元 (循環器内): 第4開筑紫心不全地域連携カンファレンス (2017/5/19), 筑紫野.

731036. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 今どきのdecongestionをどう考えるか. 猪又孝元 (循環器内): 第35回黎明心臓フォーラム (2017/5/20), 鹿児島.

731037. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 新たなdecongestionの潮流を考える. 猪又孝元 (循環器内): サムスカ発売6周年記念講演会 (2017/5/26), 盛岡.

731038. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 包括的心不全管理での挑戦〜心不全チーム医療のポイントはどこにあるのか. 猪又孝元 (循環器内): まつえ心不全他職種連携カンファレンス (2017/6/2), 松江.

731039. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心房細動の抗血栓治療−第4のNOACを迎えた臨床現場の選択−. 庭野慎一 (循環器内): 医療訴訟リスクマネジメントと抗凝固療法 (2017/6/9), 千葉.

731040. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心房細動の抗血栓治療−第4のNOACを迎えた臨床現場の選択−. 庭野慎一 (循環器内): 生活習慣病を考える会 in Ebina (2017/9/5), 海老名.

731041. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Drug-eluting stentのPolymerは溶けるのが良い? 溶ける必要はない?−Resolute−. 下浜孝郎 (循環器内): 第38回日本心血管インターベンション治療学会東海北陸地方会 (2017/10/7), 金沢.

731042. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心房細動の抗血栓治療−第4のNOACを迎えた臨床現場の選択−. 庭野慎一 (循環器内): 循環器疾患トータルケア学術講演会 (2017/10/11), 宇都宮.

731043. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心房細動の抗血栓治療−第4のNOACを迎えた臨床現場の選択−. 庭野慎一 (循環器内): 富士宮医師会学術講演会 2017 (2017/10/19), 富士宮.

731044. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) サルコイドーシス. 小板橋俊美 (循環器内): 日本心エコー図学会第14回秋期講習会 (2017/10/21), 東京.

731045. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) ファロー四徴症の心内修復術後. 小板橋俊美 (循環器内): 日本超音波医学会 「超音波診断講習会(心エコー)」 (2017/11/5), 横浜.

731046. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心電図異常から見つかるACHD. 小板橋俊美 (循環器内): 日本超音波医学会 「超音波診断講習会(心エコー)」 (2017/11/5), 横浜.

731047. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心房細動の抗血栓治療−第4のNOACを迎えた臨床現場の選択−. 庭野慎一 (循環器内): ハートをまもるアブレーションカンファランス2017 (2017/11/15), 岐阜.

731048. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 健診で見逃してはいけない心電図−薬物療法を含めた最近の治療方針−. 庭野慎一 (循環器内): 鎌倉医師会講演会2018 (2018/1/24), 鎌倉.

731049. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心房細動の抗血栓治療−第4のNOACを迎えた臨床現場の選択−. 庭野慎一 (循環器内): 心房細動 Clinical Update 2018 in 大阪 (2018/2/16), 大阪.

731050. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心房細動の抗血栓治療−第4のNOACを迎えた臨床現場の選択−. 庭野慎一 (循環器内): 医療訴訟リスクマージメントと抗凝固療法 in 東葛 (2018/2/21), 千葉.

731051. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心房細動の抗血栓治療−第4のNOACを迎えた臨床現場の選択−. 庭野慎一 (循環器内): 高齢者AFトータルケアセミナー (2018/3/3), 名古屋.

732028. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Hospitalized Heart FailureとMR拮抗薬. 猪又孝元 (循環器内): セララ適応追加記念全国講演会 (2017/4/9), 東京.

732029. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 心腎連関から心不全専門医の立場から. 猪又孝元 (循環器内): 東京United Seminar (2017/4/21), 東京

732030. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 心筋炎・免疫異常. 猪又孝元 (循環器内): 第3回日本心筋症研究会 (2017/4/22), 岐阜.

732031. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 心臓サルコイドーシスの画像診断. 猪又孝元 (循環器内): 第3回日本心筋症研究会 (2017/4/22), 岐阜.

732032. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) ライブ術者. 塩野方明1,2 (1循環器内, 2北里大学メディカルセンター): TOKYO LIVE 2017/第51回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会 (2017/10/13), 東京.

732033. [学会 (地方会・研究会)] (ランチョンセミナー) 抗凝固療法と抗血小板療法の併用の問題点〜最新のエビデンスから考察する〜. 阿古潤哉 (循環器内): 第51回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会 (2017/10/14), 東京.

732034. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム)【最新のDAPTの現状】. 阿古潤哉 (循環器内): 第51回日本心血管インターベンション治療学会関東甲信越地方会 (2017/10/14), 東京.

732035. [学会 (地方会・研究会)] (ランチョンセミナー) 冠動脈疾患合併心房細動患者の問題点“減らすエビデンス”を求めて. 阿古潤哉 (循環器内): 第111回日本循環器学会四国地方会 (2017/12/9), 徳島.

732036. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 高齢者の心血管系疾患 (発症後の心臓リハビリテーションを含めて). 阿古潤哉 (循環器内): 脳心血管抗加齢研究会2017 (2017/12/16-17), 大阪.

733080. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) CT計測の弁径が合わず大きな弁を留置した例. 目黒健太郎 (循環器内): ストラクチャークラブジャパン ライブデモンストレーション2017 (2017/11/4), 福岡.

733081. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 維持期心臓リハビリテーションが心疾患患者の腎機能に及ぼす効果の長期的検討. 青山晃太1, 東條美奈子2, 遠原真一, 清水絵里香, 関根恵美子, 高橋由美, 野田千春3, 松永篤彦2, 阿古潤哉3 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3循環器内): 脳心血管抗加齢研究会2017 (2017/12/16), 大阪.

733082. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 維持期陳旧性心筋梗塞患者の心臓逆リモデリングにおけるベネフィット・ファクターの検討. 佐藤俊允1, 東條美奈子2, 青山晃太1, 藤吉和博1, 野田千春3, 阿古潤哉3 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3循環器内): 脳心血管抗加齢研究会2017 (2017/12/16), 大阪.

H28年度以前分

[学術論文]

H28-110009. [原著] The J-wave as a Predictor of Life-Threatening Arrhythmia in ICD Patients. Ishizue N1, Niwano S1, Fukaya H1, Nakamura H2, Igarashi T1, Fujiishi T1, Oikawa J1, Kishihara J1, Murakami M1, Niwano H, Ako J1: Int Heart J 2017/2; 58 (1): 36-42. (石末成哉1, 庭野慎一1, 深谷英平1, 中村洋範2, 五十嵐建1, 藤石珠美1, 及川 淳1, 岸原 淳1, 村上雅美1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

H28-522001. [学術書 (分担執筆)]【特集: DOACの常識・非常識−抗血栓療法新時代に向けて−】治す 10. DOACと抗血小板薬併用−そのリスクとベネフィット−. 深谷英平1, 阿古潤哉1 (1循環器内): Heart View 2017/1; 21 (1): 67-73.

H28-522002. [講座]【特集: 高齢者のエコーの撮り方・読み方】高齢者の拡張性心不全−心エコーを用いた実践的診断法. 小板橋俊美 (循環器内): 心エコー 2017/2; 142-50.

H28-522003. [講座]【特集: 急性冠症候群の最前線】急性冠症候群における抗血栓療法: 最近の考え方. 佐藤伸洋1, 下浜孝郎1, 阿古潤哉1 (1循環器内): 循環器内科 2017/3; 81 (3): 248-54.

H28-522004. [講座]【特集: 不整脈−その常識は正しいか?−】II. 心房頻脈性不整脈−その常識はただしいか?− 心房粗動と心房細動で治療方針に違いはあるか? 深谷英平 (循環器内): 救急・集中治療 2017/3; 29 (3・4): 201-8.

[著 書]

H27-620001. [学術書 (分担執筆)]【これから始めるカテーテルアブレーション 手技がわかる, 流れがつかめる】I. 心臓電気生理学的検査 10. 3Dマッピングを使うと何がわかるの?, p.69-74. 深谷英平 (循環器内), 編: 大塚崇之, メジカルビュー社, 東京, 2016/3発行.

[学会・研究会等]

H28-713001. [学会 (国際)] (一般講演) Lower Eicosapentaenoic Acid to Arachidonic Acid Ratio is Associated with Intraplaque Cholesterol Crystals: An Optical Coherence Tomography Study. Fujiyoshi K1, Minami Y2, Tojo T2, Kakizaki R1, Nemoto T1, Hashimoto T1, Yanagisawa T2, Shimohama T2, Meguro K2, Yamaoka-Tojo M3, Ako J2: American College of Cardiology (ACC) 2017 Scientific Sessions (2017/3/17), Washington DC, USA. (藤吉和博1, 南 尚賢2, 東條大輝2, 柿崎良太1, 根本照世志1, 橋本拓弥1, 柳澤智義2, 下浜孝郎2, 目黒健太郎2, 東條美奈子3, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3医療衛生学部)

H28-713002. [学会 (国際)] (一般講演) Stent edge strut on normal segment is less covered in early phase after drug eluting stent implantation. Kakizaki R1, Minami Y2, Hashikata T2, Nemoto T1, Fujiyoshi K1, Namba S2, Hashimoto T1, Yanagisawa T2, Meguro K2, Shimohama T2, Tojo T2, Ako J2: American College of Cardiology 2017 (2017/3/17), Washington DC, USA. (柿崎良太1, 南 尚賢2, 箸方健宏2, 根本照世志1, 藤吉和博1, 南波早弥香2, 橋本拓弥1, 柳澤智義2, 目黒健太郎2, 下浜孝郎2, 東條大輝2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

H28-721001. [学会 (全国)] (特別講演) 薬剤溶出性ステント留置症例の周術期抗血小板療法. 下浜孝郎1, 藤吉和博2, 橋本拓弥2, 柳澤智義1, 南 尚賢1, 目黒健太郎1, 東條大輝1, 阿古潤哉1 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 第25回日本心血管インターベンション治療学会学術集会 (2016/7/8), 東京.

H28-722002. [学会 (全国)] (招待講演等)【PCI後のDAPTの中止基準: 正解を求めて】Dual Antiplatelet Therapy (DAPT) and Concomitant Anticoagulant Therapy. 阿古潤哉 (循環器内): 第81回日本循環器学会学術集会 (2017/3/18), 金沢.

H28-722003. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 糖尿病治療による心機能改善の可能性を探る. 阿古潤哉 (循環器内): 第81回日本循環器学会学術集会 (2017/3/18), 金沢.


神経内科学

[学術論文]

110124. [原著] Questionnaire survey on the process of specialty training in neurology in Japan. Sonoo M, Nishiyama K1, Ando T, Shindo K, Kanda T, Aoki M, Kamei S, Kikuchi S, Kusunoki S, Suzuki N, Sobue G, Nakashima K, Hara H, Hirata K, Mizusawa H, Murai H, Murata M, Mochizuki H, Takahashi R, Kira JI: Rinsho Shinkeigaku 2017/7; 57 (7): 402-10. (西山和利1: 1神経内)

110125. [原著] The effect of age on the homotopic motor cortical long-term potentiation-like effect induced by quadripulse stimulation. Hanajima R, Tanaka N, Tsutsumi R, Enomoto H, Abe M, Nakamura K, Kobayashi S, Hamada M, Shimizu T1, Terao Y, Ugawa Y: Exp Brain Res 2017/7; 235 (7): 2103-8. (清水崇宏1: 1神経内)

110126. [原著] Cryptogenic NORSE: Its distinctive clinical features and response to immunotherapy. Iizuka T1, Kanazawa N2, Kaneko J1, Tominaga N1, Nonoda Y3, Hara A4, Onozawa Y5, Asari H, Hata T, Kaneko J, Yoshida K, Sugiura Y, Ugawa Y, Watanabe M, Tomita H, Kosakai A, Kaneko A1, Ishima D1, Kitamura E1, Nishiyama K1: Neurol Neuroimmunol Neuroinflamm 2017/9; 4 (6): e396. (飯塚高浩1, 金澤直美2, 金子淳太郎1, 富永奈保美1, 野々田豊3, 原 敦子4, 小野澤裕也5, 金子 厚1, 井島大輔1, 北村英二1, 西山和利1: 1神経内, 2病態・診療系, 3小児, 4病理, 5臨検部)

110127. [原著] Intravenous immunoglobulin for maintenance treatment of chronic inflammatory demyelinating polyneuropathy: a multicentre, open-label, 52-week phase III trial. Kuwabara S1, Mori M1, Misawa S1, Suzuki M1, Nishiyama K1,2, Mutoh T1, Doi S1, Kokubun N1, Kamijo M1, Yoshikawa H1, Abe K1, Nishida Y1, Okada K1, Sekiguchi K1, Sakamoto K1, Kusunoki S1, Sobue G1, Kaji R1 (1Glovenin-I CIDP Study Group): J Neurol Neurosurg Psychiatry 2017/10; 88 (10): 832-8. (西山和利1,2: 2神経内)

110128. [原著] A clinical predictive score for postoperative myasthenic crisis. Kanai T, Uzawa A, Sato Y, Suzuki S, Kawaguchi N, Himuro K, Oda F, Ozawa Y, Nakahara J, Suzuki N, Takahashi YK, Ishibashi S, Yokota T, Ogawa T, Yokoyama K, Hattori N, Izaki S, Oji S, Nomura K, Kaneko J1, Nishiyama K1, Yoshino I, Kuwabara S: Ann Neurol 2017/11; 82 (5): 841-9. (金子淳太郎1, 西山和利1: 1神経内)

110129. [原著] Markers for Guillain-Barr syndrome with poor prognosis: a multi-center study. Yamagishi Y, Suzuki H, Sonoo M, Kuwabara S, Yokota T, Nomura K, Chiba A, Kaji R, Kanda T, Kaida K, Ikeda SI, Mutoh T, Yamasaki R, Takashima H, Matsui M, Nishiyama K1, Sobue G, Kusunoki S: J Peripher Nerv Syst 2017/12; 22 (4): 433-9. (西山和利1: 1神経内)

110130. [原著] Pitfalls in clinical diagnosis of anti-NMDA receptor encephalitis. Kaneko A1, Kaneko J1, Tominaga N1, Kanazawa N2, Hattori K, Ugawa Y, Moriya A, Kuzume D, Ishima D1, Kitamura E1, Nishiyama K1, Iizuka T1: J Neurol 2018/3; 265 (3): 586-96. (金子 厚1, 金子淳太郎1, 富永奈保美1, 金澤直美2, 井島大輔1, 北村英二1, 西山和利1, 飯塚高浩1: 1神経内, 2病態・診療系)

110131. [原著] Pathological and immunoblot analysis of phosphorylated TDP-43 in sporadic amyotrophic lateral sclerosis with pallido-nigro-luysian degeneration. Uchino A1, Ogino M, Takahashi-Fujigasaki J, Oonuma S, Kanazawa N2, Kajita S3, Ichinoe M3, Hasegawa M, Nishiyama K1, Murayama S: Neuropathology 2018/8; 38 (2): 171-8. (内野彰子1, 金澤直美2, 梶田咲美乃3, 一戸昌明3, 西山和利1: 1神経内, 2病態・診療系, 3病理)

120005. [原著] 特発性脳内出血患者の入院中の死亡と退院時歩行機能にみられる性差, 年齢差. 宮原英夫, 後藤寛司, 神田 直, 福田倫也1, 飯塚高浩2, 阿久津二夫2 (1医療衛生学部, 2神経内): 北里医学 2017/6; 47 (1): 21-8.

310010. [症例報告] Case of steroid‐responsive unilateral encephalitis with anti‐myelin oligodendrocyte glycoprotein antibodies. Yamamoto D, Uchiyama T, Ohashi T, Iizuka T1: Neurol Clin Neurosci 2017/5; 5 (3): 101-2. (飯塚高浩1: 1神経内)

310011. [症例報告] MOG-IgG-positive multifocal myelitis with intrathecal IgG synthesis as a spectrum associated with MOG autoimmunity: Two case reports. Yanagida A1, Iizuka T2, Nagai T2, Usui R2, Kaneko J2, Akutsu T2, Hanajima R, Kanazawa N3, Nishiyama K2: J Neurol Sci 2017/11; 382: 40-3. (桝田敦子1, 飯塚高浩2, 永井俊行2, 碓井 遼2, 金子淳太郎2, 阿久津二夫2, 金澤直美3, 西山和利2: 1大学院医療系研究科, 2神経内, 3病態・診療系)

320001. [症例報告] 三叉神経生検で確定診断し, ステロイドパルス後, 長期寛解中のisolated neurosarcoidosis症例. 永井俊行1, 滝山容子1, 飯塚高浩1, 西山和利1 (1神経内): 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 2017/10; 37 (1/2): 69.

522059. [講座]【特集II: 頭痛研究における最近の潮流】皮質拡延性抑制の片頭痛病態における役割. 飯塚高浩 (神経内): 神経内科 2017/6; 86 (6): 706-14.

522060. [講座]【座談会・司会】内科診療に潜む脳症・脳炎を見落とさないために. 高嶋 博, 桑原 聡, 栗山 勝, 飯塚高浩1 (1神経内): 内科学会雑誌 2017; 106 (8): 1598-610.

522061. [講座]【連載: VIII 神経疾患治療ノート】抗NMDA受容体脳炎やその他の細胞表面蛋白質に対する抗体が原因の自己免疫性脳炎. 飯塚高浩 (神経内): Clinical Neuroscience 2017/8; 35 (8): 1011-3.

522062. [講座]【特集: 内科医のためのクリニカル・パール3】■神経 脳卒中のクリニカル・パール. 阿部有起1, 西山和利1 (1神経内): Medicina 2017/9; 54 (10): 1641-3.

522063. [講座]【特集: 一歩踏み出す脳卒中診療〜患者さんの生命予後・機能予後をよくするための素早い診断・再発予防・病棟管理】7. 急性期の病棟管理. 碓井 遼1, 西山和利1 (1神経内): レジデントノート 2017/12; 19 (13): 2272-80.

522064. [講座]【脳卒中診療の最近の動向−新しいエビデンスとトピックス−】頸部頸動脈病変に対する治療戦略. 長島 誠1, 西山 和利1 (1神経内): カレントテラピー2017 2017/12; 35 (12): 1120-5.

522065. [講座]【特集: 循環器内科医が知っておくべき脳卒中診療】臨床: 脳卒中急性期での降圧治療. 徳田 翔1, 西山和利1 (1神経内): Cardiac Practice 2018/3; 29 (1): 35-8.

[著 書]

620034. [学術書] (分担執筆)【私の治療2017-18年度版】§8 神経・筋疾患 炎症性・脱髄性疾患 [28] 自己免疫性脳炎, p.619-20. 飯塚高浩 (神経内), 監修: 猿田享男, 北村惣一郎, 日本医事新報社, 東京, 2017/7発行.

620035. [学術書] (分担執筆)【「日本の高価値医療」シリーズA 頭痛外来チャレンジケース】第1章 頭痛診療の基本を学ぶ症例 3. 片頭痛予防薬の適応となる例, p.19-26. 阿久津二夫 (神経内), 編集: 稲福徹也, カイ書林, さいたま, 2017/7発行.

620036. [学術書 (分担執筆)]【必携 脳卒中ハンドブック 改訂第3版】VII. その他の脳血管障害 F. MELAS, p.387-90. 飯塚高浩 (神経内), 編: 嶋修太郎, 伊藤義彰, 診断と治療社, 東京, 2017/9発行.

[学会・研究会等]

712019. [学会 (国際)] (シンポジウム)【座長】多発性硬化症の萎縮と高次脳機能障害. 西山和利 (神経内): 第23回世界神経学会議/第58回日本神経学会学術大会 (WCN2017) (2017/9/18), 京都.

713056. [学会 (国際)] (一般口演) Antibodies to neuronal surface antigens in possible autoimmune encephalitis and new-onset refractory status epilepticus (NORSE). Iizuka T1, Kaneko J1, Tominaga N1, Kanazawa N2, Nonoda Y3, Hara A4, Onozawa Y5, Asari H, Hata T, Kaneko J, Yoshida K, Sugiura Y, Ugawa Y, Watanabe M, Tomita H, Kosakai A, Kaneko A1, Ishima D1, Kitamura E1, Dalmau J, Nishiyama K1: 2017 AAN Annual Meeting (2017/4/25), Boston, USA. (飯塚高浩1, 金子淳太郎1, 富永奈保美1, 金澤直美2, 野々田豊3, 原 敦子4, 小野澤裕也5, 金子 厚1, 井島大輔1, 北村英二1, 西山和利1: 1神経内, 2病態・診療系, 3小児, 4病理, 5臨検部)

713057. [学会 (国際)] (ポスター) A case of unilateral scapular winging associated with repeated heavy load on the shoulder: a rare occupation-related complication in a golf greenkeeper. Akutsu T1, Iizuka T1, Nishiyama K1: 第23回世界神経学会議/第58回日本神経学会学術大会 (WCN2017) (2017/9/17), 京都. (阿久津二夫1, 飯塚高浩1, 西山和利1: 1神経内)

713058. [学会 (国際)] (一般口演) Clinical and Immunological Investigations in Cryptogenic New-Onset Refractory Status Epilepticus (NORSE). Iizuka T1, Kanazawa N2, Kaneko J1, Tominaga N1, Hara A3, Onozawa Y4, Asari H, Hata T, Yoshida K, Sumitra Y, Ugawa Y, Watanabe M, Tomita H, Kosakai A, Kaneko A1, Ishima D1, Kitamura E1, Nishiyama K1: 第23回世界神経学会議/第58回日本神経学会学術大会 (WCN2017) (2017/9/18), 京都. (飯塚高浩1, 金澤直美2, 金子淳太郎1, 富永奈保美1, 原 敦子3, 小野澤裕也4, 金子 厚1, 井島大輔1, 北村英二1, 西山和利1: 1神経内, 2病態・診療系, 3病理, 4臨検部)

713059. [学会 (国際)] (一般講演) Correlation of the phosphorylated TDP-43 pathology in the hippocampus and dementia of ALS patients. Nagai M1, Kawanami A1, Yanagida A, Nishiyama K1: XXIII World Congress of Neurology (2017/9/18), Kyoto, Japan. (永井真貴子1, 川浪 文1, 西山和利1: 1神経内)

713060. [学会 (国際)] (ポスター) Autoimmune encephalitis presenting with subacute progressive encephalopathy at preclinical stage of rheumatoid arthritis. Kitamura E1, Iizuka T1, Kondo Y1, Yanagida A2, Ushui R1, Akustu T1, Nishiyama K1: 第23回世界神経学会議/第58回日本神経学会学術大会 (WCN2017) (2017/9/19), 京都. (北村英二1, 飯塚高浩1, 近藤裕子1, 桝田敦子2, 碓井 遼1, 阿久津二夫1, 西山和利1: 1神経内, 2大学院医療系研究科)

713061. [学会 (国際)] (一般口演) Autoimmune headache in anti-NMDA receptor encephalitis. Tominaga N1, Iizuka T1, Kaneko J1, Kitamura E1, Kanazawa N2, Nishiyama K1: 第23回世界神経学会議/第58回日本神経学会学術大会 (WCN2017) (2017/9/20), 京都. (富永奈保美1, 飯塚高浩1, 金子淳太郎1, 北村英二1, 金澤直美2, 西山和利1: 1神経内, 2病態・診療系)

713062. [学会 (国際)] (一般演題)【座長】Free paper - Stroke. Nishiyama K1: 第23回世界神経学会議/第58回日本神経学会学術大会 (WCN2017) (2017/9/21), 京都. (西山和利1: 1神経内)

713063. [学会 (国際)] (ポスター) Recurrent aseptic meningitis in squamous- papillary craniopharyngioma: case report. Someko H1, Abe Y1, Sato Y1, Takiyama Y1, Hirose R1, Kusumi M2, Kondo K2, Oka H2, Nishiyama K1: 第23回世界神経学会議/第58回日本神経学会学術大会 (WCN2017) (2017/9/21), 京都. (染小英弘1, 阿部有起1, 佐藤 悠1, 滝山容子1, 廣瀬隆一1, 久須美真理2, 近藤宏治2, 岡 秀宏2, 西山和利1: 1神経内, 2脳外)

713064. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical symptom and radiological feature with Bilateral vertebral artery occlusion. Akutsu T1, Usui R1, Ishima D1, Izuka T1, Nishiyama K1: The 8th Korea-Japan Joint Stroke Conference (2017/10/20), 新潟. (阿久津二夫1, 碓井 遼1, 井島大輔1, 飯塚高浩1, 西山和利1: 1神経内)

721006. [学会 (全国)] (特別講演) 若年者の脳卒中. 西山和利 (神経内): 第43回日本脳卒中学会学術集会 (STROKE2018) (2018/3/16), 福岡.

722062. [学会 (全国)] (スポンサードシンポジウム) 抗NMDA受容体脳炎の臨床と病態. 飯塚高浩 (神経内): 第51回日本てんかん学会学術集会 (2017/11/5), 京都.

722063. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】頭痛Clickを用いた医師間−遠隔診療支援の有用性と課題の評価. 五十嵐久佳 (神経内): 第45回日本頭痛学会総会 (2017/11/11), 大阪.

722064. [学会 (全国)] (ワークショップ)【座長】Migraine chronification: Epidemiology and related factors. 五十嵐久佳1, Byung Kun Kim (1神経内): 第45回日本頭痛学会総会 (2017/11/11), 大阪.

722065. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー・パネリスト) 頭痛Clickを用いた医師間−遠隔診療支援の有用性と課題の評価. 飯ケ谷美峰1,2, 松森保彦, 渡邉由佳 (1神経内, 2北里研究所病院): 第45回日本頭痛学会総会 (2017/11/11), 大阪.

722066. [学会 (全国)] (ワークショップ・一般口演) Association between migraine chronification and leptin: experimental approach. 北村英二1, 飯塚高浩1, 金澤直美2, 西山和利1 (1神経内, 2病態・診療系): 第45回日本頭痛学会総会 (2017/11/11), 大阪.

722067. [学会 (全国)] (招待講演等) The relations of high level leptin as a risk of chronic migraine and effective of migraine prophylactic drugs. 北村英二1, 金澤直美2, 飯塚高浩1, 西山和利1 (1神経内, 2病態・診療系) 第45回日本頭痛学会総会 (2017/11/11), 大阪.

722068. [学会 (全国)] (メディカルスタッフレクチャー5) 自己免疫性脳炎の早期診断と早期治療の重要性. 飯塚高浩 (神経内): 第35回日本神経治療学会総会 (2017/11/16), 大宮.

722069. [学会 (全国)] (合同シンポジウム)【片頭痛と脳卒中の未来予想図】4-2. Familial hemiplegic migraine (FHM) and cortical spreading depression (CSD). 飯塚高浩 (神経内): 第43回日本脳卒中学会学術集会 (STROKE 2018) (2018/3/15), 福岡.

723211. [学会 (全国)] (一般口演) 抗NMDA受容体脳炎のProbable criteriaを満たした40例の後方視的検討. 金子 厚1, 飯塚高浩1, 金澤直美2, 金子淳太郎1, 富永奈保美1, 北村英二1, 西山和利1 (1神経内, 2病態・診療系): 第29回日本神経免疫学会学術集会 (2017/10/6-7), 札幌, 神経免疫学 2017/10; 22 (1): 100.

723212. [学会 (全国)] (一般口演) 典型的な抗NMDA受容体脳炎を発症した患者における頭痛の臨床的特徴. 富永奈保美1, 飯塚高浩1, 金澤直美2, 金子淳太郎1, 金子 厚1, 北村英二1, 西山和利1 (1神経内, 2病態・診療系): 第29回日本神経免疫学会学術集会 (2017/10/6-7), 札幌, 神経免疫学 2017/10; 22 (1): 101.

723213. [学会 (全国)] (一般口演) 抗神経細胞表面抗原抗体陽性の自己免疫性神経疾患50例の臨床的検討. 金子淳太郎1, 飯塚高浩1, 金澤直美2, 富永奈保美1, 金子 厚1, 北村英二1, 西山和利1 (1神経内, 2病態・診療系): 第29回日本神経免疫学会学術集会 (2017/10/6-7), 札幌, 神経免疫学 2017/10; 22 (1): 103.

723214. [学会 (全国)] (一般演題)【座長】English Session1. 飯塚高浩 (神経内): 第45回日本頭痛学会総会 (2017/11/10), 大阪.

723215. [学会 (全国)] (一般演題)【座長】脳血管障害−動脈解離2. 西山和利 (神経内): 第45回日本頭痛学会総会 (2017/11/10), 大阪.

723216. [学会 (全国)] (一般口演) 片頭痛様発作で発症した播種性脳微小出血と脳動脈瘤を伴った心臓粘液腫の長期観察例. 富永奈保美1, 飯塚高浩1, 北村英二1, 阿久津二夫1, 近藤竜史, 笠倉至言1, 西山和利1 (1神経内): 第45回日本頭痛学会総会 (2017/11/10), 大阪.

723217. [学会 (全国)] (一般口演) 当院で経験した下垂体卒中の2例. 内野彰子1,2, 飯ケ谷美峰1,2, 西山和利2 (1北里研究所病院, 2神経内): 第45回日本頭痛学会総会 (2017/11/11), 大阪.

723218. [学会 (全国)] (一般口演) 片頭痛症例における眼窩上経皮的末梢神経電気刺激装置を用いた前向き観察研究. 團野大介1, 飯ケ谷美峰2,3, 今井 昇4, 五十嵐久佳3, 竹島多賀夫5 (1兵庫医科大学神経内, 2北里研究所病院, 3神経内, 4静岡赤十字病院神経内, 5富永病院神経内科・頭痛センター): 第45回日本頭痛学会総会 (2017/11/11), 大阪.

723219. [学会 (全国)] (一般口演) 三叉神経・自律神経性頭痛様の片側の眼窩後部痛で発症し, 三叉神経節に異常な増強効果を有する特発性三叉神経節炎の一例. 井島大輔1, 飯塚高浩1, 木許拓馬1, 桝田敦子2, 北村英二1, 阿久津二夫1, 西山和利1 (1神経内, 2大学院医療系研究科): 第45回日本頭痛学会総会 (2017/11/11), 大阪.

723220. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) OPTN遺伝子変異による家族性ALS-FTDの剖検例. 川浪 文1, 永井真貴子1, 桝田敦子2, 金澤直美3, 三枝 信4, 西山和利1 (1神経内, 2大学院医療系研究科, 3病態・診療系, 4病理): 第36回日本認知症学会学術集会 (2017/11/24), 石川, Dementia Japan 2017; 31 (4): 588.

723221. [学会 (全国)] (一般講演) 脳底動脈閉塞症における血管内療法の有効性に関する検討 (The efficacy of Endovascular therapy for Basilar artery occlusion). 阿久津二夫1, 須賀裕樹1, 碓井 遼1, 井島大輔1, 金子淳太郎1, 本郷 悠1, 北村英二1, 飯塚高浩1, 山本大輔2, 西山和利1 (1神経内, 2脳外): 第43回日本脳卒中学会学術集会 (STROKE 2018) (2018/3/15), 福岡.

723222. [学会 (全国)] (一般口演) 大脳皮質に限局する小病変が散在する脳卒中様発作を発症したMELASの2症例: その臨床的特徴と病態. 本郷 悠1, 飯塚高浩1, 金子淳太郎1, 須賀裕樹1, 阿久津二夫1, 西山和利1 (1神経内): 第43回日本脳卒中学会学術集会 (STROKE 2018) (2018/3/16), 福岡.

723223. [学会 (全国)] (ポスター) 急性期に中大脳動脈閉塞に対する血栓回収療法と上腕動脈閉塞に対する血栓除去を同時に施行した一例. 中村幹昭1, 阿久津二夫1, 山本大輔2, 永井俊行1, 金子 厚1, 清水崇宏1, 美島利昭3, 西山和利1 (1神経内, 2脳外, 3心臓血管外): 第43回日本脳卒中学会学術集会 (STROKE 2018) (2018/3/16), 福岡.

723224. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター)【座長】虚血性脳血管障害その他B. 阿久津二夫 (神経内): 第43回日本脳卒中学会学術集会 (STROKE 2018), (2017/3/17), 大阪.

723225. [学会 (全国)] (一般口演) 血栓溶解療法を受けた無症候性脳出血を有する患者に関する検討. 阿久津二夫1, 桝田敦子2, 碓井 遼1, 中村幹昭1, 井島大輔1, 清水崇宏1, 金子淳太郎1, 北村英二1, 飯塚高浩1, 西山和利1 (1神経内, 2大学院医療系研究科): 第43回日本脳卒中学会学術集会 (STROKE 2018) (2018/3/18), 福岡.

731052. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脳梗塞急性期と慢性期の消化管出血. 阿久津二夫 (神経内): 抗血栓療法と消化管リスク研究会 (2017/4/17), 相模原.

731053. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 心原性脳塞栓の二次予防とESUSについて. 阿久津二夫 (神経内): 心房細動患者の抗凝固療法を考える会in相模原 (2017/4/19), 相模原.

731054. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】 MS診療・治療選択の時代へ. 西山和利 (神経内): 相模原MSカンファレンス (2017/5/12), 相模原.

731055. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 自己免疫性脳炎の診断と治療. 飯塚高浩 (神経内): 第102回日本神経学会中国・四国地方会/第26回日本神経学会中国・四国地区生涯教育講演会 (2017/6/24), 高知.

731056. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】西山和利 (神経内): Parkinson Forum in 相模原 (2017/6/30), 相模原.

731057. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 抗NMDA受容体脳炎の最近のトピックス. 飯塚高浩 (神経内): 第18回茨城県神経免疫フォーラム (2017/7/26), つくば.

731058. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 自己免疫性脳炎とてんかん. 飯塚高浩 (神経内): 第106広島神経疾患研究会 (2017/10/18), 広島.

731059. [学会 (地方会・研究会)] (教育セミナー・特別講演) 自己免疫性脳炎の救急. 飯塚高浩 (神経内): 第10回神経疾患に親しみ強くなる会 (2017/12/23), 東京.

731060. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 自己免疫性脳炎およびその関連疾患における最近の動向. 飯塚高宏 (神経内): 第11回多摩神経免疫研究会 (2018/2/1), 立川.

731061. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) パーキンソン病における末梢神経障害に関するレビュー. 清水崇宏 (神経内): 第41回神奈川 Visual Neurology (2018/2/2), 横浜.

731062. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) パーキンソン病における診療について. 永井真貴子 (神経内): パーキンソン病における多職種連携の会 (2018/3/2), 相模原.

732037. [学会 (地方会・研究会)] (研修会) 神経変性疾患診療の基礎知識. 永井真貴子 (神経内): 神経変性疾患関連社内研修会 (2017/6/28), 相模原.

732038. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション)【座長】脳卒中の地域医療構想について ストップ! 西山和利 (神経内): NO卒中プロジェクトエリア会議 ? 神奈川 (2017/9/9), 横浜.

732039. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演)【座長】西山和利 (神経内): 神奈川TTR-FAP治療学術 (2017/10/13), 横浜.

732040. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 神経難病の主要な症候について. 永井真貴子 (神経内): 第32回神経難病研修会 (2017/11/20), 相模原.

733083. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 脳梗塞の抗血栓療法における消化管障害リスクについて. 阿久津二夫 (神経内): 抗血栓療法と消化管リスク研究会 (2017/4/17), 相模原.

733084. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 心原性脳塞栓の二次予防とESUSについて. 阿久津二夫 (神経内): 心房細動による塞栓症を防ぐために in 相模原 (2017/4/19), 相模原.

733085. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】西山和利 (神経内): 相模原神経内科セミナー (2017/5/22), 相模原.

733086. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 抗神経細胞表面抗体が髄液から検出され, 免疫療法が奏効した両側MLF障害と垂直注視麻痺を呈した67歳女性例. 碓井 遼1, 飯塚高浩1, 木村文将1, 金子 厚1, 阿久津二夫1, 西山和利1 (1神経内): 第221回日本神経学会関東・甲信越地方会 (2017/6/3), 東京, 臨床神経学 2018/1; 58 (1); 49.

733087. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) パーキンソン病と運動学習. 清水崇宏 (神経内): Parkinson Forum in 相模原 (2017/6/30), 相模原.

733088. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 脳に潜む悪魔の本体とは? 飯塚高浩 (神経内): 2017年度神経内科サマーキャンプ東日本 (2017/7/30), 横浜.

733089. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) 長期の高血糖状態の後に発症した橋中心髄鞘崩壊症の55歳男性例. 木許拓馬1, 金子淳太郎1, 金子 厚1, 桝田敦子2, 飯塚高浩1, 阿久津二夫1, 西山和利1 (1神経内, 2大学院医療系研究科): 第222回日本神経学会関東・甲信越地方会 (2017/9/2), 東京, 臨床神経学 2017/10; 57 (10): 629.

733090. [学会 (地方会・研究会)]【開会挨拶】西山和利 (神経内): 神奈川県CIDP学術講演会 (2017/10/3), 相模原.

733091. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演・ポスター) ウイルス感染後, 遷延する筋力低下と高CK血症で発症した抗HMGCR抗体陽性壊死性ミオパチーの40歳女性. 近藤裕子1, 清水崇宏1, 金子 厚1, 飯塚高浩1, 西野一三, 西山和利1 (1神経内): 第223回日本神経学会関東・甲信越地方会 (2017/12/2), 東京, 臨床神経学 2018/4; 58 (4): 261.

733092. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】西山和利 (神経内): 第32回神経難病研修会 (2017/11/20), 相模原.

733093. [学会 (地方会・研究会)]【閉会挨拶】西山和利 (神経内): 第4回神経筋超音波研究会 (2017/11/29), 横浜.

733094. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】西山和利 (神経内): 首都圏脳卒中ネットワーク講演会 (2017/12/5), 相模原.

733095. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院における脳梗塞急性期治療の体制と治療成績. 井島大輔 (神経内): 首都圏脳卒中ネットワーク講演会 (2017/12/5), 相模原.


血液内科学

[学術論文]

110132. [原著] Development of acute myeloid leukemia in patients with untreated chronic lymphocytic leukemia. Ito S, Fujiwara SI, Mashima K, Umino K, Minakata D, Nakano H, Yamasaki R, Kawasaki Y, Sugimoto M, Ashizawa M, Yamamoto C, Hatano K, Okazuka K, Sato K, Oh I, Ohmine K, Suzuki T1, Muroi K, Kanda Y: Ann Hematol. 2017/5; 96 (5): 719-24. (鈴木隆浩1: 1血液内)

110034. [原著] CD109, a negative regulator of TGF-β signaling, is a putative risk marker in diffuse large B-cell lymphoma. Yokoyama M1, Ichinoe M2, Okina S1, Sakurai Y2, Nakada N2, Yanagisawa N2, Jiang SX2, Numata Y3, Umezawa A3, Miyazaki K4, Higashihara M1, Murakumo Y2: Int J hematol 2017/5; 105 (5): 614-22. (横山真喜1, 一戸昌明2, 翁 祖誠1, 櫻井靖高2, 仲田典広2, 柳澤信之2, 蒋 世旭2, 沼田賀子3, 梅沢敦子3, 宮桃_二4, 東原正明1, 村雲芳樹2: 1血液内, 2病理, 3形態系, 4輸血・細胞移植)

110133. [原著] CD25 as an adverse prognostic factor in elderly patients with acute myeloid leukemia. Fujiwara SI, Muroi K, Yamamoto C, Hatano K, Okazuka K, Sato K, Oh I, Ohmine K, Suzuki T1, Ozawa K: Hematology 2017/7; 22 (6): 347-53. (鈴木隆浩1: 1血液内)

110134. [原著] KIF5A transports collagen vesicles of myofibroblasts during pleural fibrosis. Kamata H1, Tsukasaki Y, Sakai T, Ikebe R, Wang J, Jeffers A, Boren J, Owens S, Suzuki T1, Higashihara M1, Idell S, Tucker TA, Ikebe M: Sci Rep 2017/7; 7 (1): 4556. (鎌田浩稔1, 鈴木隆浩1, 東原正明1: 1血液内)

110135. [原著] Validation of the revised International Prognostic Scoring System in patients with myelodysplastic syndrome in Japan: results from a prospective multicenter registry. Kawabata H1, Tohyama K1, Matsuda A1, Araseki K1, Hata T1, Suzuki T1,2, Kayano H1, Shimbo K1, Zaike Y1, Usuki K1, Chiba S1, Ishikawa T1, Arima N1, Nogawa M1, Ohta A1, Miyazaki Y1, Mitani K1, Ozawa K1, Arai S1, Kurokawa M1, Takaori-Kondo A1 (1Japanese National Research Group on Idiopathic Bone Marrow Failure Syndromes): Int J Hematol 2017/9; 106 (3): 375-84. (鈴木隆浩1,2: 2血液内)

110136. [原著] The prognostic significance of rapid peripheral blood blast clearance during the initial course of induction chemotherapy in young patients with de novo acute myeloid leukemia. Nakano H, Fujiwara SI, Ito S, Mashima K, Umino K, Minakata D, Yamasaki R, Kawasaki Y, Sugimoto M, Ashizawa M, Yamamoto C, Hatano K, Okazuka K, Sato K, Oh I, Ohmine K, Suzuki T1, Muroi K, Kanda Y: Hematol Oncol 2017/7; 35 (3): 357-64. (鈴木隆浩1: 1血液内)

110137. [原著] Phase 1/2 study of the WT1 peptide cancer vaccine WT4869 in patients with myelodysplastic syndrome. Ueda Y, Ogura M, Miyakoshi S, Suzuki T1, Heike Y, Tagashira S, Tsuchiya S, Ohyashiki K, Miyazaki Y: Cancer Sci 2017/12; 108 (12): 2445-53. (鈴木隆浩1: 1血液内)

520010. [総説] 輸血後鉄過剰症の病態と治療. 鈴木隆浩 (血液内): 北里医学2017/6; 47 (1): 1-9.

522066. [講座] 骨髄異形成症候群の予後予測因子とその利用. 鈴木隆浩 (血液内): 血液内科 2017/5; 74 (5): 168-76.

522067. [講座]【特集: 貧血疾患の診断と治療】序文. 鈴木隆浩 (血液内): 医学と薬学2017/9; 74 (9): 1011.

522068. [講座]【今月のテーマ: 白血病・リンパ腫・骨髄腫 新時代の造血器腫瘍】扉. 鈴木隆浩 (血液内): Medical Practice 2017/10; 34 (10): 1571.

522069. [講座] 【今月のテーマ: 白血病・リンパ腫・骨髄腫 新時代の造血器腫瘍】座談会: 最近の進捗を取り入れた造血器腫瘍の実地治療−現在と未来, 希望と課題−. 鈴木隆浩 (血液内): Medical Practice 2017/10; 34 (10): 1572-91.

522070. [講座]【今月のテーマ: 白血病・リンパ腫・骨髄腫 新時代の造血器腫瘍診療】この症例から何を学ぶか−造血器悪性腫瘍によりoncologic emergencyをきたした3症例−. 堀米佑一1, 鈴木隆浩1 (1血液内): Medical Practice 2017/10; 34 (10): 1722-7.

522071. [講座]【特集: 血液腫瘍の最近のトピック】MDSの標準療法と移植の位置づけ. 鈴木隆浩 (血液内): 腫瘍内科 2017/11; 20 (5): 372-80.

522072. [講座]【特集: 骨髄異形成症候群 (MDS) 診療の進歩と課題】25.MDSのリスク分類. 鈴木隆浩 (血液内): Pharma Medica 2018/2; 36 (2): 25-30.

540015. [その他 (ガイドライン)]【診療ガイドライン at a glance】「厚生労働省科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業: 特発性造血障害に関する調査研究 (平成20年度)」輸血後鉄過剰症の診療ガイド . 鈴木隆浩 (血液内): 日本内科学会雑誌 2017/4.; 106 (4): 786-91.

[著 書]

620037. [学術書 (分担執筆)]【最新醫學別冊 診断と治療のABC (貧血症)】第4章 治療 輸血後鉄過剰症, p. 168-76. 鈴木隆浩 (血液内), 編: 桐戸敬太, 最新医学社, 大阪, 2017/8発行.

620038. [学術書 (分担執筆)]【今日の治療方針 2018年版】総論 10. 血液疾患,二次性貧血,p.644-6. 鈴木隆浩 (血液内), 総編集: 福井次矢, 高木 誠, 小室一成, 医学書院, 東京, 2018/1発行.

[学会・研究会等]

713065. [学会 (国際)] (一般講演) Phase II Clinical Trial of Personalized-VCD-VTD Sequential Therapy Using VES-13 for Transplant-Ineligible Patients with Newly Diagnosed Multiple Myeloma. Nakazato T, Hagihara M, Irie S, Sahara N, Tanaka E, Tamai Y, Ishii R1, Tamaki S, Wake A, Tajika K, Sakai R, Kobayashi T, Sano F, Abe T, Roberts R, Fujisawa S, Miyazaki K2, Higashihara M1: 59th ASH Annual Meeting (2017/12/10), Atlanta, GA, USA. (石井隆司1, 宮桃_二2, 東原正明1: 1血液内, 2輸血・細胞移植)

722070. [学会 (全国)] (ワークショップ演) 鉄と造血〜鉄欠乏と鉄過剰〜. 鈴木隆浩 (血液内): 第62回日本透析医学会学術集会 (2017/6/16), 横浜.

722071. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 貧血症例の診断と骨髄異形成症候群. 鈴木隆浩 (血液内): 第18回日本検査血液学会学術集会 (2017/7/22), 札幌, 日本検査血液学会雑誌 検査と血液 2017/6; 18 (学術集会号): S238.

722072. [学会 (全国)] (招待講演等) 血液疾患における鉄過剰症. 鈴木隆浩 (血液内): 第41回日本鉄バイオサイエンス学会学術集会 (2017/9/24), 東京.

723226. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) Ibrutinib ameliorated refractory immune-mediated thrombocytopenia associated with CD8+CD19+ B cell CLL. 塩野 祐1, 石田 隆2, 横山真喜1, 翁 祖誠1, 道下雄介1, 小倉慎司1, 堀米祐一1, 田寺範行1, 宮桃_二2, 鈴木隆浩1 (1血液内, 2輸血・細胞移植): 第79回日本血液学会学術集会 (2017/10/20-22), 東京, 臨床血液 2017; 58 (9): 513.

723227. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) Successful management of CML-AP with thrombocytopenia harboring T315I mutation by ponatinib. 岩瀬諒子1, 石田 隆2, 羽山慧以1,3, 川田孝平1, 道下雄介1, 小倉慎司1, 堀米祐一1, 田寺範行1, 翁 祖誠1, 東原正明1, 宮桃_二2, 鈴木隆浩1 (1血液内, 2輸血・細胞移植, 3健康管理セ): 第79回日本血液学会学術集会 (2017/10/20-22), 東京, 臨床血液 2017; 58 (9): 517.

723228. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) Analysis of the prevalence and risk factors of adult neutropenia in a large cohort in Japan. 横山泰久, 五所正彦, 佐藤信也, 森 康雄, 鈴木隆浩1, 高見昭良, 宮崎康司, 赤司浩一, 千葉 滋 (1血液内): 第79回日本血液学会学術集会 (2017/10/20-22), 東京, 臨床血液 2017; 58 (9): 528.

723229. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) Clinical features of Bcl-2 negative thyroid follicular lymphoma. 川田孝平1, 翁 祖誠1, 小倉慎司1, 道下雄介1, 羽山慧以1,4, 堀米祐一1, 田寺範行1, 石田 隆2, 鎌田浩稔1, 梶田咲美乃3, 吉田 功3, 宮桃_二2, 鈴木隆浩1 (1血液内, 2輸血・細胞移植, 3病理, 4健康管理セ): 第79回日本血液学会学術集会 (2017/10/20-22), 東京, 臨床血液 2017; 58 (9): 577.

723230. [学会 (全国)] (一般演題・ポスター) A case report of Intravascular NK cell lymphoma developed with fever and exanthema (発熱と皮疹から診断に至った血管内NK/T細胞リンパ腫の1例). 小倉慎司1, 吉田 功2, 堀米祐一1, 翁 祖誠1, 田寺範行1, 石田 隆3, 道下雄介1, 宮桃_二3, 村雲芳樹2, 鈴木隆浩1 (1血液内, 2病理, 3輸血・細胞移植): 第79回日本血液学会学術集会 (2017/10/20-22), 東京, 臨床血液 2017; 58 (9): 587.

733096. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Primary effusion lymphoma-like lymphoma の2例. 原田洋平1, 翁 祖誠1, 秋谷昌史2, 小倉慎可1, 道下雄介1, 羽山慧以1,3, 堀米佑一1, 田寺範行1, 石田 隆4, 宮桃_二4, 吉田 功2, 鈴木隆浩1 (1血液内, 2病理, 3健康管理セ, 4輸血・細胞移植): 第7回日本血液学会関東甲信越地方会 (2017/7/1), 長野, 臨床血液 2017/11; 58 (11): 2273.

733097. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) T315変異を有するCML-APとPh-ALLに対しポナチニブを投与した2例. 箕浦宏之1, 小倉慎司1, 道下雄介1, 羽山慧以1,2, 堀米佑一1, 田寺範行1, 石田 隆3, 翁 祖誠1, 鎌田浩稔1, 宮桃_二3, 鈴木隆浩1 (1血液内, 2健康管理セ, 3輸血・細胞移植): 第76回神奈川血液研究会 (2017/9/2), 横浜, 第76回神奈川血液研究会プログラム抄録集 2017; p.2.

733098. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ベバシズマブ,オキサリプラチン投与後に発症したTMA様病態に対し血漿交換が有効であった1例. 小倉慎司1, 翁 祖誠1, 東 瑞智2, 湊 尚貴2, 鎌田浩稔1, 田寺範行1, 堀米佑一1, 道下雄介1, 横山真喜1, 石田 隆3, 宮桃_二3, 小泉和三郎2, 鈴木隆浩1 (1血液内, 2消化器内, 3輸血・細胞移植): 第8回日本血液学会関東甲信越地方会 (2018/3/3), 東京, 臨床血液 2018; 59 (5): 613.

H28年度以前分

[著 書]

H28-620003. [学術書 (分担執筆)]【内科学 第11版】16血液・造血器の疾患 16-9 赤血球系疾患 1) 総論 (1) 貧血, p.1927-30. 鈴木隆浩 (血液内), 総編集: 矢崎義雄, 朝倉書店, 東京, 2017/3発行.

H28-620004. [学術書 (分担執筆)] 【内科学 第11版】16血液・造血器の疾患 16-9 赤血球系疾患 2) 鉄代謝異常症による貧血 (1) 鉄欠乏性貧血, p.1932-4. 鈴木隆浩 (血液内), 総編集: 矢崎義雄, 朝倉書店, 東京, 2017/3発行.


呼吸器内科学

[学術論文]

110138. [原著] Amplification of EGFR Wild-Type Alleles in Non-Small Cell Lung Cancer Cells Confers Acquired Resistance to Mutation-Selective EGFR Tyrosine Kinase Inhibitors. Nukaga S, Yasuda H, Tsuchihara K, Hamamoto J, Masuzawa K, Kawada I, Naoki K1, Matsumoto S, Mimaki S, Ikemura S, Goto K, Betsuyaku T, Soejima K: Cancer Res 2017/4; 77 (8): 2078-89. (猶木克彦1: 1呼吸器内)

110139. [原著] Radiologic features of precancerous areas of the lungs in chronic obstructive pulmonary disease. Chubachi S, Takahashi S, Tsutsumi A, Kameyama N, Sasaki M, Naoki K1, Soejima K, Nakamura H, Asano K, Betsuyaku T: Int J Chron Obstruct Pulmon Dis 2017/5; 12: 1613-24. (猶木克彦1: 1呼吸器内)

110140. [原著] A prospective cohort study of patients with non-squamous non-small cell lung cancer treated with bevacizumab. Naoki K1, Takeda Y, Soejima K, Arai D, Naka G, Nagase S, Arimura K, Kanemura T, Ohhira T, Ikeda N: Oncol Lett 2017/5; 13 (5): 3285-90. (猶木克彦1: 1呼吸器内)

110141. [原著] Phase I/II study of induction chemotherapy using carboplatin plus irinotecan and sequential thoracic radiotherapy (TRT) for elderly patients with limited-disease small-cell lung cancer (LD-SCLC): TORG 0604. Misumi Y, Okamoto H, Sasaki J1, Masuda N, Ishii M, Shimokawa T, Hosomi Y, Okuma Y, Nagamata M, Ogura T, Kato T, Sata M, Otani S2, Takakura A2, Minato K, Miura Y, Yokoyama T, Takata S, Naoki K2, Watanabe K: BMC Cancer 2017/5; 17 (1): 377. (佐々木治一郎1, 大谷咲子2, 高倉 晃2, 猶木克彦2: 1新世紀医療・横断的医療, 2呼吸器内)

110142. [原著] Clinical and pathological characteristics of EGFR mutation in operable early-stage lung adenocarcinoma. Yotsukura M, Yasuda H, Shigenobu T, Kaseda K, Masai K, Hayashi Y, Hishida T, Ohtsuka T, Naoki K1, Soejima K, Betsuyaku T, Asamura H: Lung Cancer 2017/7; 109: 45-51. (猶木克彦1: 1呼吸器内)

110143. [原著] Variant CD44 expression is enriching for a cell population with cancer stem cell-like characteristics in human lung adenocarcinoma. Nishino M, Ozaki M, Hegab AE, Hamamoto J, Kagawa S, Arai D, Yasuda H, Naoki K1, Soejima K, Saya H, Betsuyaku T: J Cancer 2017/7; 8 (10): 1774-85. (猶木克彦1: 1呼吸器内)

110144. [原著] Evaluation of concurrent chemoradiotherapy for locally advanced NSCLC according to EGFR mutation status. Ishihara M1, Igawa S1, Sasaki J2, Otani S1, Fukui T1, Ryuge S1, Katono K1, Hiyoshi Y1, Kasajima M1, Mitsufuji H3, Kubota M1, Yokoba M4, Katagiri M4, Sekiguchi A5, Soda I5, Ishiyama H5, Hayakawa K5, Masuda N1: Oncol Lett 2017/7; 14 (1): 885-90. (石原未希子1, 井川 聡1, 佐々木治一郎2, 大谷咲子1, 福井朋也1, 龍華慎一郎1, 上遠野健1, 日吉康弘1, 笠島真志1, 三藤 久3, 久保田勝1, 横場正典4, 片桐真人4, 関口茜衣5, 早田 格5, 石山博條5, 早川和重5, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療, 3看護学部, 4医療衛生学部, 5放射線 (腫瘍))

110145. [原著] Non-small cell lung cancer PC-9 cells exhibit increased sensitivity to gemcitabine and vinorelbine upon acquiring resistance to EGFR-tyrosine kinase inhibitors. Hamamoto J, Yasuda H, Aizawa K, Nishino M, Nukaga S, Hirano T, Kawada I, Naoki K1, Betsuyaku T, Soejima K: Oncol Lett 2017/9; 14 (3): 3559-65. (猶木克彦1: 1呼吸器内)

110146. [原著] Clinicopathological Significance of S100A14 Expression in Lung Adenocarcinoma. Katono K1, Sato Y2, Kobayashi M, Saito K, Nagashio R2, Ryuge S1, Igawa S1, Nakashima H3, Shiomi K3, Satoh Y3, Ichinoe M4, Murakumo Y4, Saegusa M4, Masuda N1: Oncol Res Treat 2017/9; 40 (10): 594-602. (上遠野健1, 佐藤雄一2, 長塩 亮2, 龍華慎一郎1, 井川 聡1, 中島裕康3, 塩見 和3, 佐藤之俊3, 一戸昌明4, 村雲芳樹4, 三枝 信4, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3呼吸器外, 4病理)

110147. [原著] Phase II study of Amrubicin monotherapy in elderly or poor-risk patients with extensive disease of small cell lung cancer. Igawa S1, Otani S1, Ryuge S1, Fukui T1, Nakahara Y1, Hiyoshi Y1, Ishihara M1, Kusuhara S1, Harada S1, Mitsufuji H2, Kubota M1, Sasaki J3, Masuda N1: Invest New Drugs 2017/10; 35 (5): 642-8. (井川 聡1, 大谷咲子1, 龍華慎一郎1, 福井朋也1, 中原善朗1, 日吉康弘1, 石原未希子1, 楠原政一郎1, 原田真也1, 三藤 久2, 久保田勝1, 佐々木治一郎3, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2看護学部, 3新世紀医療・横断的医療)

110148. [原著] S100A16, a promising candidate as a prognostic marker for platinum-based adjuvant chemotherapy in resected lung adenocarcinoma. Katono K1, Sato Y2, Kobayashi M, Nagashio R2, Ryuge S1, Igawa S1, Ichinoe M3, Murakumo Y3, Saegusa M3, Masuda N1: Onco Targets Ther 2017/11; 10: 5273-9. (上遠野健1, 佐藤雄一2, 長塩 亮2, 龍華慎一郎1, 井川 聡1, 一戸昌明3, 村雲芳樹3, 三枝 信3, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3病理)

110149. [原著] Impact of PD-L1 Expression in Patients with Surgically Resected Non-Small-Cell Lung Cancer. Igawa S1, Sato Y2, Ryuge S1, Ichinoe M3, Katono K1, Hiyoshi Y1, Otani S1, Nagashio R2, Nakashima H4, Katagiri M2, Sasaki J5, Murakumo Y3, Satoh Y4, Masuda N1: Oncology 2017; 92 (5): 283-90. (井川 聡1, 佐藤雄一2, 龍華慎一郎1, 一戸昌明3, 上遠野健1, 日吉康弘1, 大谷咲子1, 長塩 亮2, 中島裕康4, 片桐真人2, 佐々木治一郎5, 村雲芳樹3, 佐藤之俊4, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3病理, 4呼吸器外, 5新世紀医療・横断的医療)

110150. [原著] Efficacy of Platinum-Based Chemotherapy for Relapsed Small-Cell Lung Cancer after Amrubicin Monotherapy in Elderly Patients and Patients with Poor Performance Status. Igawa S1, Shirasawa M1, Fukui T1, Nishinarita N1, Sone H1, Ozawa T1, Sugita K1, Okuma Y1, Kurahayashi S1, Ono T1, Sugimoto A1, Mitsufuji H2, Kubota M1, Katagiri M3, Sasaki J4, Naoki K1: Oncology 2018/1; 94 (4): 207-14. (井川 聡1, 白澤昌之1, 福井朋也1, 西成田詔子1, 曽根英之1, 小澤貴裕1, 杉田景佑1, 大熊友梨子1, 倉林慎太郎1, 小野泰平1, 杉本 藍1, 三藤 久2, 久保田勝1, 片桐真人3, 佐々木治一郎4, 猶木克彦1: 1呼吸器内, 2看護学部, 3医療衛生学部, 4新世紀医療・横断的医療)

110151. [原著] Phase I study of Nedaplatin, a platinum based antineoplastic drug, combined with nab-paclitaxel in patients with advanced squamous non-small cell lung cancer. Igawa S1, Otani S1, Nakahara Y1, Ryuge S1, Hiyoshi Y1, Fukui T1, Mitsufuji H2, Kubota M1, Katagiri M3, Sato Y3, Sasaki J4, Masuda N1: Invest New Drugs 2018/2; 36 (1): 45-52. (井川 聡1, 大谷咲子1, 中原善朗1, 龍華慎一郎1, 日吉康弘1, 福井朋也1, 三藤 久2, 久保田勝1, 片桐真人3, 佐藤雄一3, 佐々木治一郎4, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2看護学部, 3医療衛生学部, 4新世紀医療・横断的医療)

110152. [原著] Phase II study of bevacizumab, cisplatin, and docetaxel plus maintenance bevacizumab as first-line treatment for patients with advanced non-squamous non-small-cell lung cancer combined with exploratory analysis of circulating endothelial cells: Thoracic Oncology Research Group (TORG)1016. Ikeda S, Kato T, Ogura T, Sekine A, Oda T, Masuda N1, Igawa S1, Katono K1, Otani S1, Yamada K, Saito H, Kondo T, Hosomi Y, Nakahara Y, Nishikawa M, Utumi K, Misumi Y, Yamanaka T, Sakamaki K, Okamoto H: BMC Cancer 2018/3; 18 (1): 241. (益田典幸1, 井川 聡1, 上遠野健1, 大谷咲子1: 1呼吸器内)

310012. [症例報告] Pneumothorax during Pazopanib Treatment in Patients with Soft-Tissue Sarcoma: Two Case Reports and a Review of the Literature. Nakahara Y1, Fukui T1, Katono K1, Nishizawa Y, Okuma Y1, Ikegami M, Sasaki J2, Masuda N1: Case Rep Oncol 2017/4; 10 (1): 333-8. (中原善朗1, 福井朋也1, 上遠野健1, 大熊友梨子1, 佐々木治一郎2, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療)

310013. [症例報告] Pneumothorax during Pemetrexed Treatment in a Patient with Non-Small Cell Lung Cancer: A Case Report and Literature Review. Nakahara Y1, Mikura S, Nagamata M, Fukui T1, Sasaki J2, Masuda N1: Case Rep Oncol 2017/5; 10 (2): 428-32. (中原善朗1, 福井朋也1, 佐々木治一郎2, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療)

320002. [症例報告] 多臓器に病変を有し急性増悪をきたしたサルコイドーシスの1例. 白澤昌之1, 久保田勝1, 笠島真志1, 日吉康弘1, 中原善朗1, 益田典幸1 (1呼吸器内): 日本呼吸器学会雑誌 2018/1; 7 (1): 49-53.

510004. [総説] The role of prophylactic cranial irradiation for patients with small-cell lung cancer. Nakahara Y1, Sasaki J2, Fukui T1, Otani S1, Igawa S1, Hayakawa K3, Masuda N1: Jpn J Clin Oncol 2018/1; 48 (1): 26-30. (中原善朗1, 佐々木治一郎2, 福井朋也1, 大谷咲子1, 井川 聡1, 早川和重3, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療, 3放射線 (腫瘍))

522073. [講座]【日本総合健診医学会第45回大会・シンポジウム6: COPDの早期発見を目指して】新たなスパイロメトリー基準値に関するステートメント. 久保田勝 (呼吸器内): 総合健診 2017/9; 44 (5): 687-92.

[学会・研究会等]

713066. [学会 (国際)] (一般講演) Practical effectiveness and safety of nivolumab on advanced non-small cell lung cancer: a retrospective multicenter analysis. Kobayashi K, Nakachi I, Naoki K1, Oyamada Y, Nakamura M, Inoue T, Tateno H, Sakamaki F, Sayama K, Terashima T, Koh H, Arai D, Yasuda H, Kawada I, Soejima K, Betsuyaku T: ESMO 2017 Congress (2017/9/8-12), Madrid, Spain. (猶木克彦1: 1呼吸器内)

713067. [学会 (国際)] (一般講演) Impact of EGFR-TKI for postoperative recurrent NSCLC harboring EGFR mutations. Igawa S1, Sato Y, Kusuhara S1, Harada S1, Shirasawa M1, Kurahayashi S1, Okuma Y1, SugimotoA1, Sugita K1, Nakahara Y1, Otani S1, Fukui T1, Yokoba M2, Mitsuhuji H3, Kubota M1, Katagiri M2, Sasaki J4, Masuda N1: The IASLC 18th World Conference on Lung Cancer (2017/10/17), Yokohama, Japan. (井川 聡1, 楠原政一郎1, 原田真也1, 白澤昌之1, 倉林慎太郎1, 大熊友梨子1, 杉本 藍1, 杉田景佑1, 中原善朗1, 大谷咲子1, 福井朋也1, 横場正典2, 三藤 久3, 久保田勝1, 片桐真人2, 佐々木治一郎4, 益田典幸1: 1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3看護学部, 4新世紀医療・横断的医療)

713068. [学会 (国際)] (一般講演) Characterization of the Efficacies of Osimertinib and Nazartinib against Cells Expressing Epidermal Growth Factor Receptor Mutations. Masuzawa K, Yasuda H, Hamamoto J, Hirano T, Nukaga S, Kawada I, Naoki K1, Soejima K, Betsuyaku T: The IASLC 18th World Conference on Lung Cancer (2017/10/15-18), Yokohama, Japan. (猶木克彦1: 1呼吸器内)

713069. [学会 (国際)] (一般講演) Prospective Observational Study of Immune Checpoint Inhibitor Nivolumab Treatment in Patients with Npn-Small Cell Lung Cancer. Fukui T1, Nakahara Y1, Otani S1, Igawa S1, Katagiri M2, Mitsufuji H3, Kubota M1, Hiyoshi Y1, Ishihara M1, Kasajima M1, Sasaki J4: ESMO Asia 2017 Congress (2017/11/18), Singapore. (福井朋也1, 中原善朗1, 大谷咲子1, 井川 聡1, 片桐真人2, 三藤 久3, 久保田勝1, 日吉康弘1, 石原未希子1, 笠島真志1, 佐々木治一郎4: 1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3看護学部, 4新世紀医療・横断的医療)

723231. [学会 (全国)] (一般講演) ペメトレキセド単剤のEGFR遺伝子変異タイプ別での効果の比較検討. 楠原政一郎1, 井川 聡1, 福井朋也1, 佐々木治一郎2, 中原善朗1, 原田真也1, 大谷咲子1, 益田典幸1 (1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第57回日本呼吸器学会学術講演会 (2017/4/22), 東京.

723232. [学会 (全国)] (一般講演) 非小細胞肺癌に対する喫煙歴とペメトレキセド単剤効果の関連性についての検討. 井川 聡1, 片桐真人2, 日吉康弘1, 三藤 久3, 矢那瀬信雄3, 久保田勝1, 益田典幸1 (1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3看護学部): 第57回日本呼吸器学会学術講演会 (2017/4/22), 東京.

723233. [学会 (全国)] (一般講演) がん患者の苦痛緩和を目的とする音楽療法の実施可能性および有効性に関するパイロット研究. 石原未希子1, 佐々木治一郎1,2, 近藤まゆみ3, 片塩 幸3, 小沢 香3, 番匠章子3, 久米恵江3, 村上美恵3, 佐藤美紀3, 早川和重4, 氏家 綸 (1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療, 3看護部, 4放射線 (腫瘍)): 第22回日本緩和医療学会学術大会 (2017/6/23), 横浜, 第22回日本緩和医療学会学術大会プログラム・抄録集 2017/6; S323.

723234. [学会 (全国)] (一般講演) がん患者の苦痛緩和を目的とする音楽療法の実施可能性および有効性に関するパイロット研究. 大谷咲子1, 氏家 綸, 石原未希子1, 中原善朗1, 福井朋也1, 井川 聡1, 近藤まゆみ2, 片塩 幸2, 佐々木治一郎3, 早川和重4 (1呼吸器内, 2看護部, 3新世紀医療・横断的医療, 4放射線 (腫瘍)): 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2017/7/27), 神戸.

723235. [学会 (全国)] (一般講演) TORG1320: EGFR変異陰性既治療進行再発非小細胞肺癌に対するアムルビシン+エルロチニブ療法の第II相試験. 市川靖子, 大谷咲子1, 中原善朗1, 福井朋也1, 井川 聡1, 中村有希子, 深松伸明, 細川 忍, 別所昭宏, 笠原 尚, 時任高章, 関 順彦, 佐々木治一郎2, 益田典幸1 (1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第58回日本肺癌学会学術集会/第18回世界肺癌学会議 (2017/10/14), 横浜.

H28年度以前分

[学術論文]

H27-110004. [原著] Neurotoxicity due to prophylactic cranial irradiation for small-cell lung cancer: A retrospective analysis. Nakahara Y1, Takagi Y, Okuma Y1, Hosomi Y, Okamura T, Shibuya M, Masuda N1: Mol Clin Oncol 2015/9; 3 (5): 1048-52. (中原善朗1, 大熊友梨子1, 益田典幸1: 1呼吸器内)

H28-110010. [原著] Overcoming EGFR Bypass Signal-Induced Acquired Resistance to ALK Tyrosine Kinase Inhibitors in ALK-Translocated Lung Cancer. Miyawaki M, Yasuda H, Tani T, Hamamoto J, Arai D, Ishioka K, Ohgino K, Nukaga S, Hirano T, Kawada I, Naoki K1, Hayashi Y, Betsuyaku T, Soejima K: Mol Cancer Res 2017/1; 15 (1): 106-14. (猶木克彦1: 1呼吸器内)

H28-110011. [原著] Erlotinib as second- or third-line treatment in elderly patients with advanced non-small cell lung cancer: Keio Lung Oncology Group Study 001 (KLOG001). Miyawaki M, Naoki K1, Yoda S, Nakayama S, Satomi R, Sato T, Ikemura S, Ohgino K, Ishioka K, Arai D, Namkoong H, Otsuka K, Miyazaki M, Tani T, Kuroda A, Nishino M, Yasuda H, Kawada I, Koh H, Nakamura M, Terashima T, Sakamaki F, Sayama K, Betsuyaku T, Soejima K: Mol Clin Oncol 2017/3; 6 (3): 409-14. (猶木克彦1: 1呼吸器内)


内分泌代謝内科学

[学術論文]

110153. [原著] Identification and quantification of plasma free salusin-β, an endogenous parasympathomimetic peptide. Fujimoto F, Hayashi A1, Kodera Y, Saito T, Toki T2, Ogawa A1, Kamata Y1, Takano K1, Katakami H, Shichiri M1: Scientific Reports 2017/8; 7 (1): 8275. (林 哲範1, 土岐卓也2, 小川顕史1, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 七里眞義1: 1内分泌代謝内, 2大学院医療系研究科)

110154. [原著] Effect of an intensified multifactorial intervention on cardiovascular outcomes and mortality in type 2 diabetes (J-DOIT3): an open-label, randomised controlled trial. Ueki K, Sasako T, Okazaki Y, Kato M, Okahata S, Katsuyama H, Haraguchi M, Morita A, Ohashi K, Hara K, Morise A, Izumi K, Ishizuka N, Ohashi Y, Noda M, Kadowaki T, participating investigators of the J-DOIT3 Study Group1 (Shichiri M1,2, et al.): Lancet Diabetes Endocrinol 2017/12; 5 (12): 951-64. (七里眞義1,2: 2内分泌代謝内)

120006. [原著] リラグルチドの治療効果評価時期および血糖改善効果の予測因子に関する検討. 塩見めぐみ, 田中庸一, 坂本将規, 磯元 晃, 中村麻美, 高田哲秀1, 小宮山貴子 (1内分泌代謝内): 糖尿病 2017/5; 60 (5): 361-9.

120007. [原著] 栄養科における経腸栄養投与ボトルの一括管理に関連した下痢抑制に対する効果. 畑 五月, 池永 誠, 高田哲秀1, 宮永美佐子, 宮原陽子, 野本亜希子, 鰐淵康一郎, 渡邉太樹, w原慶太, 植松崇之 (1内分泌代謝内): 日本静脈経腸栄養学会雑誌 2017/7; 32 (3): 1195-8.

522074. [講座]【特集: 視床下部と下垂体−神経内分泌の最新情報】検査 下垂体機能検査. 高野幸路 (内分泌代謝内): CLINICAL NEUROSCINCE 2017/4; 35 (4): 407-11.

522075. [講座]【特集: 見逃しやすい内分泌疾患 このキーワード, この所見で診断する!】■Case series 1 病歴と診察で突き止める! 久々に会ったら顔立ちが変わっていた? 高野幸路 (内分泌代謝内): 総合診療 2017/8; 27 (8): 1025-8

[著 書]

620039. [学術書 (分担執筆)]【内分泌性高血圧診療マニュアル 改訂第2版】III 臨床編 第1章 総論 2. 副腎腫瘍を伴う高血圧の鑑別診断, p.88-9. 谷 祐至1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内), 編: 成瀬光栄, 平田結喜緒, 楽木宏実, 診断と治療社, 東京, 2017/11発行.

620040. [学術書 (分担執筆)]【今日の治療指針 私はこう治療している 2018年版】総論 12. 内分泌疾患 インスリノーマ・消化管ホルモン産生腫瘍. 高野幸路 (内分泌代謝内), 総編集: 福井次矢, 高木 誠, 小室一成, 医学書院, 東京, 2018/1発行.

[学会・研究会等]

713070. [学会 (国際)] (一般講演) Effects of Once-weekly Somapacitan: A Double-blind, Placebo-controlled and Open Active-controlled Study in Adult Growth Hormone Deficiency. Takano K1, Gudmundur Johannsson, Michael H曜by Rasmussen, Ida Holme H渓onsson, Beverly MK Biller: ENDO 2018 (2018/3/18), Chicago, USA.(高野幸路1: 1内分泌代謝内)

722073. [学会 (全国)] (シンポジウム) 当院における高血糖緊急症 (HC) 症例における深部静脈血栓症 (DVT) 合併の実態. 久保田美夏, 市川雷師1, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 (2017/5/18-20), 名古屋, 糖尿病 2017; 60: S46.

723236. [学会 (全国)] (一般講演) GH補充に加えヒドロコルチゾンの補充により肝酵素が低下した一例. 田口 朋1, 沖崎進一郎2, 佐々木紗也加1, 鎌田裕二2, 高野幸路2, 七里眞義2 (1大学院医療系研究科, 2内分泌代謝内): 第90回日本内分泌学会学術総会 (2017/4/21), 京都.

723237. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病性ケトアシドーシス (DKA) を契機に視床下部性性腺機能低下症が診断された1例. 佐々木紗也加1, 河合沙友希1, 市川雷師2, 鎌田裕二2, 高野幸路2, 七里眞義2 (1大学院医療系研究科, 2内分泌代謝内): 第90回日本内分泌学会学術総会 (2017/4/20-22), 京都, 日本内分泌学会雑誌 2017; 93 (1): 310.

723238. [学会 (全国)] (一般講演) Graves病における安静時代謝量と治療による変化. 林 哲範1, 川上悠子2, 人見麻美子2, 佐藤照子2, 新井梨衣那3, 佐々木紗也加4, 河合沙友希4, 沖崎進一郎1, 市川雷師1, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2栄養部, 3臨検学, 4大学院医療系研究科): 第90回日本内分泌学会学術総会 (2017/4/20-22), 京都, 日本内分泌学会雑誌 2017; 93 (1): 355.

723239. [学会 (全国)] (一般講演) CSII使用糖尿病患者における良好な血糖管理に繋がる要因とカーボカウントの効果の検討. 白川理永1, 林 哲範1, 井上光子2, 田口 朋2, 新井梨衣那3, 佐々木紗也加2, 市川雷師1, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2大学院医療系研究科, 3臨検学): 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 (2017/5/18-20), 名古屋, 糖尿病 2017; 60: S270.

723240. [学会 (全国)] (一般講演) 2型糖尿病血液透析患者における透析関連低血糖の頻度と臨床的特徴. 林 哲範1, 小泉知子1, 河合沙友希2, 正木嗣人2, 沖崎進一郎1, 市川雷師1, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2大学院医療系研究科): 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 (2017/5/18-20), 名古屋, 糖尿病 2017; 60: S339.

723241. [学会 (全国)] (一般講演) 腎移植前にCGMを用いて血糖管理を行った糖尿病血液透析患者の3例. 坂東 慧1, 林 哲範1, 鈴木まり重1, 吉田朋子2, 佐藤照子2, 石井大輔3, 吉田一成3,4, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2栄養部, 3泌尿器, 4新世紀医療・先端医療): 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 (2017/5/18-20), 名古屋, 糖尿病 2017; 60: S447.

723242. [学会 (全国)] (一般講演) CGMにより明確化した2型糖尿病血液透析患者の透析関連低血糖の頻度とその特徴. 林 哲範1, 小泉知子1, 鈴木まり重1, 坂東 慧1, 正木嗣人2, 桃園 明2, 沖崎進一郎1, 小川顕史1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2大学院医療系研究科): 第17回日本糖尿病情報学会年次学術集会 (2017/9/2-3), 佐賀, 第17回日本糖尿病情報学会年次学術集会抄録集2017; p.31.

723243. [学会 (全国)] (ポスター) 神経性食思不振症として治療されていた視床下部腫瘍による汎下垂体機能低下症の一例. 小泉知子1, 河合沙友希2, 高野幸路1, 七里眞義1, 福原紀章3, 山田正三3 (1内分泌代謝内, 2大学院医療系研究科, 3虎ノ門病院間脳下垂体外科): 第44回日本神経内分泌学会学術集会 (2017/10/22), 相模原, 第44回日本神経内分泌学会学術集会プログラム・抄録集 2017/10; p.51.

723244. [学会 (全国)] (ポスター) 著明な高Na血症, 浸透圧変化により生じた浸透圧性脱髄症候群, 視床下部性副腎・性腺機能低下症, 部分型中枢性尿崩症の回復経過を観察した一例. 的場健太1, 河合沙友希2, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2大学院医療系研究科): 第44回日本神経内分泌学会学術集会 (2017/10/22), 相模原, 第44回日本神経内分泌学会学術集会プログラム・抄録集 2017/10; p.53.

723245. [学会 (全国)] (一般講演) GH補充に加えてヒドロコルチゾンの補充により肝酵素が低下した一例. 田口 朋1, 沖崎進一郎2, 佐々木紗也加1, 鎌田裕二2, 高野幸路2, 七里眞義2 (1大学院医療系研究科, 2内分泌代謝内): 第27回臨床内分泌代謝Update (2017/11/24-25), 神戸, 日本内分泌学会雑誌 2017; 93 (2): 555.

723246. [学会 (全国)] (一般講演) 急性副腎不全を契機に診断された17α水酸化酵素欠損症の成人例. 堤 貴大1, 沖崎進一郎1, 小泉知子1, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第27回臨床内分泌代謝Update (2017/11/24-25), 神戸, 日本内分泌学会雑誌 2017; 93 (2): 555.

723247. [学会 (全国)] (一般講演) 当施設の抗GAD抗体陽性GDM妊婦に関する検討. 鈴木まり重1, 市川雷師1, 小泉知子1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第33回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会 (2017/12/2-3), 宮崎, 糖尿病と妊娠 2017; 17 (3): S-23.

723248. [学会 (全国)] (一般講演) 当院1型糖尿病合併妊娠の周産期管理と周産期予後の検討. 小泉知子1, 林 哲範1, 市川雷師1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第33回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会 (2017/12/2-3), 宮崎, 糖尿病と妊娠 2017; 17 (3): S-31.

723249. [学会 (全国)] (一般講演) 妊娠中期までDPP4阻害薬を服用し分娩した糖尿病合併妊娠の1例. 藤井里江1, 白川理永1, 市川雷師1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第33回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会 (2017/12/2-3), 宮崎, 糖尿病と妊娠 2017; 17 (3): S-32.

733099. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 中毒性多発性結節性甲状腺腫に対してコレスチラミンを使用した1例. 小阪満里絵1, 沖崎進一郎1, 田口 朋2, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2大学院医療系研究科): 第18回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 (2017/9/8-9), 高崎.

733100. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ニボルマブ初回投与1年7ヶ月後に発症したニボルマブ関連1型糖尿病の一例. 的場健太1, 市川雷師1, 小泉知子1, 鈴木まり重1, 坂東 慧1, 沖崎進一郎1, 小川顕史1, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第55回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2018/1/20), 新潟.

733101. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 集学的治療で救命しえた1型糖尿病ケトアシドーシスと甲状腺クリーゼの1例. 田口 朋1, 小泉知子2, 鈴木まり重2, 市川雷師2, 鎌田裕二2, 高野幸路2, 七里眞義2 (1大学院医療系研究科, 2内分泌代謝内): 第55回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2018/1/20), 新潟.

733102. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 第2子妊娠中にParadigm722から620Gに変更し周産期管理を行った1型糖尿病の1例. 小阪満里絵1, 林 哲範1, 鈴木まり重1, 小泉知子1, 坂東 慧1, 小川顕史1, 沖崎進一郎1, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第55回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2018/1/20), 新潟.

H28年度以前分

[著 書]

H28-620005. [学術書 (分担執筆)]【これ一冊でわかる 消化器 診断基準と分類 (診断と治療 105 (増刊号))】II. 癌のステージング 5. 膵神経内分泌腫瘍, p.125-33. 高野幸路 (内分泌代謝内), 診断と治療社, 東京, 2017/3発行.

[学会・研究会等]

H28-723005. [学会 (全国)] (一般講演) 下垂体MRI検査で指摘困難な微小下垂体腺腫によるクッシング病の一例. 小泉知子1, 河合沙友希1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第27回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2017/2/24-25), 東京.


腎臓内科学

[学術論文]

110155. [原著] Garenoxacin pharmacokinetics in patients undergoing maintenance hemodialysis. Aoyama T1, Kamata K2, Kishino S: Hemodial Int 2017/4; 21 (2): 206-12. (青山東五1, 鎌田貢壽2: 1腎臓内, 2相模大野内科・腎クリニック)

110156. [原著] Comparison of nephrotoxicity between two gadolinium-contrasts, gadodiamide and gadopentetate in patients with mildly diminished renal failure. Naito S1, Tazaki H, Okamoto T, Takeuchi K2, Kan S, Takeuchi Y1, Kamata K3: J Toxicol Sci 2017/5; 42 (3): 379-84. (内藤正吉1, 竹内和博2, 竹内康雄1, 鎌田貢壽3: 1腎臓内, 2大学院医療系研究科, 3相模大野内科・腎クリニック)

110157. [原著] Decreased level of serum carnitine might lead to arteriosclerosis progression via the accumulation of advanced glycation end products in maintenance hemodialysis patients. Kamada Y, Masuda T1, Kotani K, Tanaka S2, Nakamura T2, Hamazaki N2, Itoh Y, Moriguchi I, Kobayashi N, Okubo M, Takeuchi K2, Naito S3, Takeuchi Y3: Renal Replacement Therapy 2017/12; 3 (57): https://doi.org/10.1186/s41100-017-0135-6. (鎌田裕実, 増田 卓2, 田中伸弥2, 中村岳史2, 濱崎伸明2, 竹内和博2, 内藤正吉3, 竹内康雄3: 1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3腎臓内)

110158. [原著] New Anti-Nephrin Antibody Mediated Podocyte Injury Model Using a C57BL/6 Mouse Strain. Takeuchi K1, Naito S2, Kawashima N2, Ishigaki N, Sano T2, Kamata K3, Takeuchi Y2: Nephron 2018/1; 138 (1): 71-87. (竹内和博1, 内藤正吉2, 川島永子2, 佐野 隆2, 鎌田貢壽3, 竹内康雄2: 1大学院医療系研究科, 2腎臓内, 3相模大野内科・腎クリニック)

310014. [症例報告] A Case of Urachal Carcinoma of the Abdominal Wall in a Kidney Transplant Recipient. Yamazaki T1, Nagaba Y1,2, Shimada Y1, Taoka Y1, Minamida S1, Koguchi D1, Hagiwara M1, Watanuki S, Nagaba H1, Yoshida K3, Takeuchi Y2: Case Rep Med 2017; 2017: 3919635. doi: 10.1155/2017/3919635. Epub 2017/5. (山崎拓也1, 長場 泰1,2, 島田芳隆1, 田岡佳憲1, 南田 諭1, 高口 大1, 萩原正博1, 長場 秀1, 吉田一成3, 竹内康雄2: 1北里大学メディカルセンター, 2腎臓内, 3新世紀医療・先端医療)

310015. [症例報告] Edoxaban was Effective for Treating Renal Vein Thrombosis in a Patient with Nephrotic Syndrome. Shimada Y1, Nagaba Y1,2, Nagaba H1, Kamata M2, Murano J2, Kamata F2, Okina C2, Nonoguchi H1, Shimada H1, Takeuchi Y2: Intern Med 2017/9; 56 (17): 2307-10. (島田芳隆1, 長場 泰1,2, 長場 秀1, 鎌田真理子2, 村野順也2, 鎌田芙美2, 翁千香子2, 野々口博史1, 島田 肇1, 竹内康雄2: 1北里大学メディカルセンター, 2腎臓内)

320003. [症例報告] 潰瘍性大腸炎治療中にカンジダ血症を合併し急性腎不全を呈した一例. 阿部哲也1, 佐野 隆1, 井田真生子1, 澤田 彩1, 富永大志1, 橋本恵子1, 高橋 遼, 竹内和博2, 鎌田芙美1, 小川みゆき, 鎌田真理子1, 村野順也1, 内藤正吉1, 青山東五1, 竹内康雄1, 城 謙輔, 山口 裕 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科): 腎炎症例研究 2017; 33: 125-44.

520011. [総説] 高齢腎移植レシピエントの免疫抑制療法−免疫学からみたOverview−. 竹内康雄1, 竹内恵美子 2, 石井大輔3, 吉田一成4 (1腎臓内, 2免疫, 3泌尿器, 4新世紀医療・先端医療): 日本臨床腎移植学会雑誌 2017/12; 5 (2): 105-12.

520012. [総説] スフィンゴ糖脂質による細胞膜分子の制御機構の普遍性. 川島永子1, 仲山賢一2 (1腎臓内, 2国立研究開発法人産業技術総合研究所): 生化学 2018/2; 90 (1): 75-9.

522076. [講座]【特集: 貧血疾患の診断と治療】腎性貧血. 村野順也1,2, 竹内康雄2 (1国立病院機構災害医療センター, 2腎臓内): 医学と薬学 2017/8; 74 (9): 1057-61.

522077. [講座]【フォーカス】ポドサイト障害によるCKD研究の最前線. 内藤正吉1, 川島永子1, 竹内康雄1 (1腎臓内): 検査と技術 2018/1; 46 (1): 14-7.

540016. [その他 (CPC)] 第316回【北里大学病院CPC】血液透析患者に合併した急性心筋梗塞に対してPCI施行し, 5か月後に短時間で心肺停止に至った一症例. 佐野 隆1, 宮澤昌子, 橋本恵子1, 犬飼 円2, 高岡克匡, 吉田 功2, 田上和磨, 立川聖哉, 竹中淳悟3, 田邉美奈 (1腎臓内, 2病理, 3麻酔): 北里医学 2017/12; 47 (2): 142-5.

540017. [その他 (研究報告書等)]【科研費 基盤研究 (C)】p40phox siRNAによる好中球NET放出抑制がSLEに与える治療効果. 竹内康雄 (腎臓内): https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-26461490/.

540018. [その他 (研究報告書等)]【科研費 若手研究 (B)】ネフリン障害性巣状糸球体硬化症マウスモデルにおけるボーマンN前駆細胞の解析. 内藤正吉 (腎臓内): https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-15K19463/.

540019. [その他 (研究報告書等)]【科研費 若手研究 (B)】腎尿細管間質線維化におけるLTB4-BLT1シグナルの腎線維化作用機序の解明. 鎌田真理子 (腎臓内): https://kaken.nii.ac.jp/grant/KAKENHI-PROJECT-17K16093/.

[学会・研究会等]

713071. [学会 (国際)] (一般講演) A case of TAFRO syndrome: pathological finding of plasma cell type of Castleman disease. Shimada Y1, Adachi M1, Tsukada A1, Usui K1, Nagaba Y1,2, Yokomori H1: ACP (米国内科学会) 日本支部年次総会2017 (2017/6/10-11), Kyoto. (島田芳隆1, 安達みずほ1, 塚田亜裕美1, 臼井耕太郎1, 長場 泰1,2, 横森弘昭1: 1北里大学メディカルセンター, 2腎臓内)

713072. [学会 (国際)] (一般講演) A super-elderly woman with TAFRO syndrome was effectively treated with steroid hormones. Shimada Y1, Adachi M1, Tsukada A1, Usui K1, Kaida T1, Ushiku H1, Nagaba Y1,2, Yokomori H1: ECIM 2017 (欧州内科学会) (2017/8/31-9/2), Milan, Italy. (島田芳隆1, 安達みずほ1, 塚田亜裕美1, 臼井耕太郎1, 甲斐田武志1, 牛久秀樹1, 長場 泰1,2, 横森弘昭1: 1北里大学メディカルセンター, 2腎臓内)

722074. [学会 (全国)] (招待講演等) ネフリン抗体誘導性FSGSマウスにおけるボーマンN壁細胞の増殖能の検討. 内藤正吉1, 竹内和博2, 川島永子1, 竹内康雄1 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科): 第60回日本腎臓学会学術総会 (2017/5/26-28), 仙台, 日本腎臓学会誌 2017/4; 59 (3): 25.

723250. [学会 (全国)] (一般講演) ANCA関連血管炎患者の蛋白尿量と病態に関する検討. 島田芳隆1, 長場 泰1,2, 山崎拓也2, 野々口博史1, 竹内康雄2 (1北里大学メディカルセンター, 2腎臓内): 第60回日本腎臓学会学術総会 (2017/5/27), 仙台, 日本腎臓学会誌 2017/4; 59 (3): 329.

723251. [学会 (全国)] (一般講演) 急性腎障害をきたした肝腎症候群の1剖検例. 海老島瑠奈1, 村野順也1,2, 羽田俊彦1, 守尾一昭1 (1国立病院機構災害医療センター, 2腎臓内): 第60回日本腎臓学会学術総会 (2017/5/26-28), 仙台, 日本腎臓学会誌 2017/4; 59 (3): 921.

723252. [学会 (全国)] (一般口演) Sandhoff病モデルマウス由来アストロサイトの異常増殖の分子機序の解明−糖脂質はシグナル分子なのか?−. 川島永子1, 辻 大輔2, 伊藤孝司2, 仲山賢一3 (1腎臓内, 2徳島大学大学院薬科学教育部創薬科学分野, 3国立研究開発法人産業技術総合研究所): 日仏生物学会第186回例会 (2017/6/10), 東京.

723253. [学会 (全国)] (一般講演) アフェレシスに合併するアナフィラキシーの検討. 青山東五1, 澤田 彩1, 井田真生子1, 富永大志1, 橋本恵子1, 高橋 遼, 鎌田芙美1, 鎌田真理子1, 村野順也1, 内藤正吉1, 佐野 隆1, 坂本尚登2, 竹内康雄1 (1腎臓内, 2医療技術教育): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/17), 横浜, 日本透析医学会雑誌 2017/5; 50 (Suppl 1): 809.

723254. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト抗PCSK9モノクローナル抗体製剤 (エボロクマブ) 投与によりLDLアフェレシスを離脱出来た, 家族性高コレステロール血症 (FH) の一例. 島田芳隆1, 長場 泰1,2, 鎌田真理子2, 村野順也2, 野々口博1, 島田 肇1, 竹内康雄2 (1北里大学メディカルセンター, 2腎臓内): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/17), 横浜, 日本透析医学会雑誌 2017/5; 50 (Suppl 1): 903.

723255. [学会 (全国)] (一般講演) 薬剤性過敏性症候群を合併したテオフィリン誘発性高カルシウム血症が疑われた維持透析患者の一例. 鎌田芙美1, 富永大志1, 澤田 彩1, 井田真生子1, 阿部哲也1, 橋本恵子1, 鎌田真理子1, 村野順也1, 内藤正吉1, 青山東五1, 佐野 隆1, 竹内康雄1 (1腎臓内): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/17), 横浜, 日本透析医学会雑誌 2017/5; 50 (Suppl 1): 928.

723256. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) (総会賞応募ポスター+口演) 移植腎動脈解離に対してPTAが奏功した高齢夫婦間生体腎移植の一例. 高橋 遼1, 石井大輔2, 川村瑞穂2, 立花貴史2, 阿部哲也1, 平山貴博2, 松本和将2, 竹内康雄1, 岩村正嗣2, 吉田一成2,3 (1腎臓内, 2泌尿器, 3新世紀医療・先端医療): 第26回日本腎不全外科研究会 (2017/7/9), 東京.

723257. [学会 (全国)] (一般講演) 糖脂質を利用した抗体誘導性障害糸球体ポドサイトのネフリン正常化効果の検討. 川島永子1, 内藤正吉1, 中村和生2, 竹内康雄1, 仲山賢一2 (1腎臓内, 2産業総合研究所): 2017年度生命科学系学会合同年次大会 (2017/12/8), 神戸.

723258. [学会 (全国)] (ポスター) 腎移植直後からTMAを発症し改善と再燃を繰り返した一例. 本間友香里1, 竹内康雄1, 石井大輔2, 吉田一成2,3, 若井陽希, 酒井 謙, 加藤秀樹, 小池淳樹 (1腎臓内, 2泌尿器, 3新世紀医療・先端医療): 第51回日本臨床腎移植学会 (2018/2/15), 神戸.

732041. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) ネフリンとポドサイトパチー. 内藤正吉1, 川島永子1, 竹内康雄1 (1腎臓内): 相模原ポドサイトセミナー (2017/7/4), 神奈川.

733103. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)αグルコシダーゼ阻害薬により腸管N腫様気腫症を発症したネフローゼ症候群の一例 宮坂竜馬1, 鎌田真理子1, 山崎拓也1, 本間友香理1, 井田真生子1, 阿部哲也1, 橋本恵子1, 竹内和博2, 小川みゆき, 内藤正吉1, 青山東五1, 佐野 隆1, 竹内康雄1 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科): 第93回神奈川腎研究会 (2017/5/20), 横浜.

733104. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 免疫抑制剤が原因と思われる赤芽球癆の一例. 本間友香理1, 立花貴史2, 石井大輔2, 川村瑞穂2, 高橋 遼1, 阿部哲也1, 岩村正嗣2, 竹内康雄1, 吉田一成2,3 (1腎臓内, 2泌尿器, 3新世紀医療・先端医療): 第28回神奈川移植医学会 (2017/6/3), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2017; 44 (2): 150.

733105. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 活性型Vitamin D外用薬使用による高Ca血症にて慢性腎不全急性増悪を認めた1例. 塚田亜裕美1, 島田芳隆1, 長場 泰1,2, 野々口博史1, 竹内康雄2 (1北里大学メディカルセンター, 2腎臓内): 日本内科学会第634回関東地方会 (2017/7/9), 東京.

733106. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 自己抗体陰性でFUll-House-Patternを呈したメサンギウム増殖性腎炎の一例 西山景子1, 鎌田芙美1, 宮坂竜馬1, 山崎拓也1, 本間友香理1, 井田真生子1, 橋本恵子1, 阿部哲也1, 正木貴教1, 内藤正吉1, 青山東五1, 佐野 隆1, 竹内康雄1 (1腎臓内): 第68回神奈川腎炎研究会 (2017/9/16), 横浜.

733107. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ANCA関連血管炎の治療経過中に発症した抗基底膜抗体腎炎の一例. 島田芳隆1, 長場 泰1,2, 山崎拓也2, 野々口博史1, 竹内康雄2 (1北里大学メディカルセンター, 2腎臓内): 第47回日本腎臓学会東部学術大会 (2017/10/28), 横浜, 日本腎臓学会誌 2017/6; 59 (6): 889.

733108. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 急性腎障害をきたした肝腎症候群の1剖検例. 海老島瑠奈1, 村野順也1,2, 羽田俊彦1, 守尾一昭1 (1国立病院機構災害医療センター, 2腎臓内): 第47回日本腎臓学会東部学術大会 (2017/10/29), 横浜.

733109. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 妊娠時にネフローゼ症候群を呈し, 出産後に腎機能増悪を認めたIgA腎症の一例. 大井真里奈, 佐野 隆1, 西山景子1, 宮坂竜馬1, 山崎拓也1, 本間友香理1, 井田真生子1, 阿部哲也1, 橋本恵子1, 正木貴教1, 竹内和博2, 鎌田芙美1, 鎌田真理子1, 内藤正吉1, 青山東五1, 竹内康雄1 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科): 第47回日本腎臓学会東部学術大会 (2017/10/29), 横浜, 日本腎臓学会誌 2017/9; 59 (6): 874.

733110. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 抗糸球体基底膜抗体腎炎の2例. 阿部哲也1, 内藤正吉1, 西山景子1, 宮坂竜馬1, 山崎拓也1, 本間友香理1, 井田真生子1, 橋本恵子1, 正木貴教1, 竹内和博2, 鎌田芙美1, 鎌田真理子1, 青山東五1, 佐野 隆1, 竹内康雄1 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科): 第47回日本腎臓学会東部学術大会 (2017/10/29), 横浜, 日本腎臓学会誌 2017/9; 59 (6): 913.

733111. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) MRHE (鉱質コルチコイド反応性低Na血症) が原因と考えられた低Na血症の1例. 島田芳隆1, 長場 泰1,2, 山崎拓也2, 野々口博史1, 竹内康雄2 (1北里大学メディカルセンター, 2腎臓内): 日本内科学会第638回関東地方会 (2017/12/9), 東京.

733112. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 糖脂質GM3による抗体誘導性ネフリン障害の正常化. 内藤正吉1, 川島永子1, 佐野 隆1, 竹内康雄1 (1腎臓内): 第2回ポドサイト研究会 (2018/3/3), 新潟.


膠原病・感染内科学

[学術論文]

110159. [原著] Effects of CTLA4-Ig on human monocytes. Tono T1, Aihara S1, Hoshiyama T1, Arinuma Y1, Nagai T1, Hirohata S1: Inflamm Regen 2017/11; 37: 24. (東野俊洋1, 相原智子1, 星山隆行1, 有沼良幸1, 永井立夫1, 廣畑俊成1: 1膠原病・感染内)

110160. [原著] The expression of mRNA for peptidylarginine deiminase type 2 and type 4 in bone marrow CD34+ cells in rheumatoid arthritis. Nagai T1, Matsueda Y1, Tomita T, Yoshikawa H, Hirohata S1: Clin Exp Rheumatol 2018/3-4; 36 (2): 248-53. Epub 2017 Nov 14. (永井立夫1, 松枝 佑1, 廣畑俊成1: 1膠原病・感染内)

521006. [解説]【特集: エリテマトーデスをきわめる−SLEエンサイクロペディア】Part4. 治療 解説 7. 免疫抑制薬: ベッドサイドでの注意点. 田中住明 (膠原病・感染内): Visual Dermatology 2017/7; 16 (8): 805-8.

522078. [講座]【特集: リウマチ, 膠原病領域で注目される薬剤のbest use−適応症例と使用上の注意点】肺高血圧症に対する可溶性グアニルシクラーゼ刺激薬リオシグアト−ホスホジエステラーゼ5阻害薬との違い. 田中住明 (膠原病・感染内): リウマチ科 2017/4; 57 (4): 389-94.

[学会・研究会等]

722075. [学会 (全国)] (招待講演等) 強皮症における新しい治療戦略. 田中住明1, 松枝 佑2, 永井立夫1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内, 2大学院医療系研究科): 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2017/4/20), 福岡.

723259. [学会 (全国)] (一般講演) ANCA関連血管炎に対してRituximabを投与した5例の検討. 田中知樹1, 近藤惇一1, 長谷川靖浩1, 荘 信博, 工藤雄大1, 安部学朗, 和田達彦1, 永井立夫1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2017/4/20), 福岡.

723260. [学会 (全国)] (一般講演) シクロスポリンの神経ベーチェット病誘発機序の検討. 松枝 佑1, 近藤惇一2, 長谷川靖浩2, 田中住明2, 永井立夫2, 廣畑俊成2 (1大学院医療系研究科, 2膠原病・感染内): 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2017/4/20), 福岡.

723261. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における顕微鏡的多発血管炎の寛解導入療法の検討. 工藤雄大1, 田中住明1, 近藤惇一1, 長谷川靖浩1, 田中知樹1, 荘 信博, 安部学朗, 和田達彦1, 永井立夫1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2017/4/20), 福岡.

723262. [学会 (全国)] (一般講演) 関節リウマチ患者骨髄CD34陽性細胞におけるRGC32 mRNAの発現の検討. 松枝 佑1, 永井立夫2, 冨田哲也, 吉川秀樹, 廣畑俊成2 (1大学院医療系研究科, 2膠原病・感染内): 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2017/4/21), 福岡.

723263. [学会 (全国)] (一般講演) 関節リウマチ患者骨髄CD34陽性細胞における転移関連因子100A4mRNAの発現の検討. 永井立夫1, 松枝 佑2, 冨田哲也, 吉川秀樹, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内, 2大学院医療系研究科): 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2017/4/21), 福岡.

723264. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるMPO-ANCA・PR3-ANCA共陽性ANCA関連血管炎の検討. 長谷川靖浩1, 工藤雄大1, 近藤惇一1, 田中知樹1, 荘 信博, 安部学朗, 和田達彦1, 永井立夫1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2017/4/21), 福岡.

723265. [学会 (全国)] (一般講演) 全身性エリテマトーデスの急性昏迷状態と脳MRI所見の検討. 安部学朗, 有沼良幸1, 長谷川靖浩1, 近藤惇一1, 田中知樹1, 荘 信博, 工藤雄大1, 小川英佑1, 永井立夫1, 和田達彦1, 田中住明1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内): 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2017/4/22), 福岡.

H28年度以前分

[学術論文]

H28-110012. [原著] Surgery, Westernized Dietary Habits and Other Risk Factors for Mixed Connective Tissue Disease in a Japanese Population: Comparison with Systemic Lupus Erythematosus and Systemic Sclerosis. Washio M, Fukaya S, Kuwana M, Tanaka S1, Matsushita M, Fujii T, Kawaguchi Y, Kawahata K, Toyoshima Y, Mori M, Yoshida S: International Medical Journal 2017/2; 24 (1): 12-17. (田中住明1: 1膠原病・感染内)


乳腺・甲状腺外科学

[学術論文]

110161. [原著] The usefulness of preoperative MRI in synchronous bilateral breast cancer. Kosaka Y1, Kikuchi M1, Sengoku N1, Tanaka Y2, Waraya M1, Katoh H1, Yamashita K3, Kajita S4, Woodhams R5, Watanabe M6: Radiology and Diagnostic Imaging 2018/1; 2 (1): 1-4. (小坂愉賢1, 菊池真理子1. 仙石紀彦1, 田中蓉子2, 藁谷美奈1, 加藤 弘1, 山下継史3, 梶田咲美乃4, ウッドハムス玲子5, 渡邊昌彦6: 1乳腺・甲状腺外, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・横断的医療, 4病理, 5放射線 (画像), 6下部消化管外)

320004. [症例報告] 集学的治療にて長期生存し得たHER2陽性乳癌脳転移の1例. 中熊尊士, 高橋香奈, 上野聡一郎, 近藤康史1, 小坂愉賢1, 仙石紀彦1 (1乳腺・甲状腺外): 癌と化学療法 2017/11; 44 (12・増刊号): 1107-9.

320005. [症例報告] 乳頭皮膚再発を来した1例. 藁谷美奈1, 林 京子1, 押田小百合1, 山本公一1, 細谷 智, 羽廣健仁, 犬飼 円2, 小坂愉賢1, 仙石紀彦1, 渡邊昌彦3 (1乳腺・甲状腺外, 2病理, 3下部消化管外) 癌と化学療法 2017/11; 44 (12・増刊号): 1595-7.

320006. [症例報告] 治療方針決定に難渋した巨大子宮筋腫を伴う両側乳がんの1例. 林 京子1, 藁谷美奈1, 羽廣健仁1, 細谷 智1, 山本公一1, 仙石紀彦1, 早川和重2, 犬飼 円3, 渡邊昌彦4 (1乳腺・甲状腺外, 2放射線 (腫瘍), 3病理, 4下部消化管外): 癌と化学療法 2017/11; 44 (12): 1164-6.

[学会・研究会等]

713073. [学会 (国際)] (一般講演) Systematic review and individual patient data based meta-analysis of Palonosetron trials for chemotherapy-induced nausea and vomiting. Aapro M, Celio L, Okada Y, Oba K, Furukawa N, Kosaka Y1, Okita K, Yuki S, Komatsu Y: The Multinational Association of Supportive Care in Cancer (MASCC) and the International Society of Oral Oncology (ISOO) 2017 (2017/6/22-24), Washington DC, USA. (小坂愉賢1: 1乳腺・甲状腺外)

713074. [学会 (国際)] (一般講演) The roles of quantitative amplitudes of neuromonitoring during thyroid and parathyroid surgery. Katoh H1, Sengoku N1, Watanabe M2: 2nd Congress of Asia-Pacific Society of Thyroid Surgery (APTS 2017) (2017/11/3), Okinawa, Japan. (加藤 弘1, 仙石紀彦1, 渡邊昌彦2: 1乳腺・甲状腺外, 2下部消化管外)

713075. [学会 (国際)] (一般講演) ESR1 gene fusions drive endocrine therapy resistance and metastasis in breast cancer Lei JT, Shao J, Zhang J, Iglesia M, Chan DW, Cao J, Anurag M, Singh P, Haricharan S, Kavuri SM, Matsunuma R, Schmidt C, Kosaka Y1, Crowder R, Hoog J, Phommaly C, Goncalves R, Ramalho S, Rodrigues-Peres RM, Lai W-C, Hampton O, Rogers A, Tobias E, Parikh P, Davies S, Ma C, Suman V, Hunt K, Watson M, Hoadley KA, Thompson A, Perou CM, Creighton CJ, Maher C, Ellis MJ: San Antonio Breast Cancer Symposium 2017 (2017/12/5-9), SanAntonio, TX, USA. (小坂愉賢1: 1乳腺・甲状腺外)

713076. [学会 (国際)] (一般講演) Feasibility study to diagnose pathological complete response by neoadjuvant chemotherapy in breast cancer adding core needle biopsy (KBOG1301 supported by JONIE) Narui K, Ishikawa T, Hasegawa Y, Kaise H, Kawate T, Yamada K, Suzuki Y, Niikura N, Kohno N, Kimoto T, Sugae S, Yamada A, Kosaka Y1, Miyashita M, Okamura T, Shimizu D, Tanino H, Sakamaki K, Tokuda Y: San Antonio Breast Cancer Symposium 2017 (2017/12/5-9), SanAntonio, TX, USA. (小坂愉賢1: 1乳腺・甲状腺外)

713077. [学会 (国際)] (一般講演) Effectiveness of neo-adjuvant systemic therapy with trastuzumab for basal HER2 type breast cancer: results from retrospective cohort study of Japan Breast Cancer Research Group (JBCRG)-C03. Ohtani S, Yasuaki S, Takada M, Ohi Y, Kurozumi S, Inoue K, Kosaka Y1, Hattori M, Yamashita T, Takao S, Sato N, Iwata H, Kurosumi M, Toi M: The 11th European Breast Cancer Conference (EBCC 2018) (2018/3/21-23), Barcelona, Spain. (小坂愉賢1: 1乳腺・甲状腺外)

723266. [学会 (全国)] (一般講演) 乳癌センチネルリンパ節転移陽性症例における腋窩リンパ節郭清省略について. 小坂愉賢1, 菊池真理子1, 南谷菜穂子, 田中蓉子2, 信太昭子1, 加藤 弘1, 梶田咲美乃3, 仙石紀彦1, 谷野裕一, 渡邊昌彦4 (1乳腺・甲状腺外, 2大学院医療系研究科, 3病理, 4下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/27), 横浜.

723267. [学会 (全国)] (一般講演) 乳癌におけるHOPX遺伝子とCDO1遺伝子のメチル化のコンビネーションによる臨床的意義. 田中蓉子1, 小坂愉賢2, 山下継史3,4, 甲斐田武志1, 原田宏輝1, 横田和子1, 菊池真理子2, 南谷菜穂子, 信太昭子2, 加藤 弘2, 仙石紀彦2, 谷野裕一, 渡邊昌彦5 (1大学院医療系研究科, 2乳腺・甲状腺, 3新世紀医療・横断的医療, 4上部消化管外, 5下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/27), 横浜.

723268. [学会 (全国)] (一般講演) cNpN positiveホルモン受容体陽性HER2陰性乳癌において, 血清CEA高値例は現行治療難渋し予後不良である. 南谷菜穂子, 小坂愉賢1, 田中蓉子2, 信太昭子1, 菊池真理子1, 加藤 弘1, 仙石紀彦1, 谷野裕一, 渡邊昌彦3 (1乳腺・甲状腺外, 2大学院医療系研究科, 3下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/28), 横浜.

723269. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における乳癌術前化学療法の効果および再発因子に関する検討. 菊池真理子1, 小坂愉賢1, 田中蓉子2, 鯉江めぐみ, 信太昭子1, 加藤 弘1, 仙石紀彦1, 谷野裕一, 渡邊昌彦3 (1乳腺・甲状腺外, 2大学院医療系研究科, 3下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/29), 横浜.

723270. [学会 (全国)] (一般講演) トリプルネガティブ乳癌 (TNBC) におけるBRCAnessの術前化療効果と予後の予測. 谷野裕一, 西宮洋史1, 山本 豊, 明石定子, 指宿睦子, 小坂愉賢1, 仙石紀彦1, 河野誠之, 高尾信太郎, 岩瀬弘敬, 中村清吾 (1乳腺・甲状腺外): 第25回日本乳癌学会学術総会 (2017/7/13), 福岡.

723271. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるペルツズマブ投与症例の検討. 信太昭子1, 小坂愉賢1, 菊池真理子1, 田中蓉子2, 加藤 弘1, 仙石紀彦1, 渡邊昌彦3 (1乳腺・甲状腺外, 2大学院医療系研究科, 3下部消化管外): 第25回日本乳癌学会学術総会 (2017/7/13), 福岡.

723272. [学会 (全国)] (一般講演) 乳癌術前化学療法における術前画像診断によるpCR診断の予測. 菊池真理子1, 小坂愉賢1, 藤野史織2, 田中蓉子3, 信太昭子1, 加藤 弘1, 仙石紀彦1, 渡邊昌彦2 (1乳腺・甲状腺外, 2下部消化管外, 3大学院医療系研究科): 第25回日本乳癌学会学術総会 (2017/7/13), 福岡.

723273. [学会 (全国)] (一般講演) Nanoparticle Albumin Bound Paclitaxel (NabPTX) を用いたHER2陽性乳癌の術前化学療法の検討. 仙石紀彦1, 田中蓉子2, 南谷菜穂子, 菊池真理子1, 信太昭子1, 小坂愉賢1, 渡邊昌彦3 (1乳腺・甲状腺外, 2大学院医療系研究科, 3下部消化管外): 第25回日本乳癌学会学術総会 (2017/7/14), 福岡.

723274. [学会 (全国)] (一般講演) ホルモン陽性Her2陰性再発乳がんにおける血清Her2高値の治療への提案. 林 京子1, 藁谷美奈1, 羽廣健仁, 山本公一1, 仙石紀彦1, 犬飼 円2, 早川和重3, 渡邊昌彦4 (1乳腺・甲状腺外, 2病理, 3放射線 (腫瘍), 4下部消化管外): 第25回日本乳癌学会学術総会 (2017/7/14), 福岡.

723275. [学会 (全国)] (一般講演) 進行再発乳癌症例に対するEribulinの有効性及び末梢神経障害の検討とPaclitaxelとの比較. 田中蓉子1, 小坂愉賢2, 南谷菜穂子, 菊池真理子2, 信太昭子2, 加藤 弘2, 仙石紀彦2, 渡邊昌彦3 (1大学院医療系研究科, 2乳腺・甲状腺, 3下部消化管外): 第25回日本乳癌学会学術総会 (2017/7/14), 福岡.

723276. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるエリブリンメシル酸塩の使用経験. 中熊尊士, 上野聡一郎, 高橋香奈, 中川 綾, 近藤康史1, 仙石紀彦1 (1乳腺・甲状腺外): 第25回日本乳癌学会学術総会 (2017/7/14), 福岡.

723277. [学会 (全国)] (一般講演) 肉芽腫性乳腺炎に全身関節痛と結節性紅斑を合併しステロイドが著効した1例. 藤野史織1, 菊池真理子2, 田中蓉子3, 信太昭子2, 小坂愉賢2, 飯塚実香, 仙石紀彦2, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外, 2乳腺・甲状腺外, 3大学院医療系研究科): 第25回日本乳癌学会学術総会 (2017/7/14), 福岡.

723278. [学会 (全国)] (一般講演) 乳頭に限局した浸潤性乳管癌の1例. 飯塚美香, 藤野史織1, 二渡信江2, 井上準人, 堀田綾子, 斎藤生朗, 菊池真理子3, 小坂愉賢3, 仙石紀彦3, 渡邉昌彦1 (1下部消化管外, 2上部消化管外, 3乳腺・甲状腺外): 第25回日本乳癌学会学術総会 (2017/7/15), 福岡.

723279. [学会 (全国)] (一般講演) モーズペーストと化学療法の併用で局所の改善と遠隔転移の縮小を認めた皮膚浸潤乳癌の1例. 上野聡一郎, 中熊尊士, 高橋香奈, 長田宏巳, 中川 綾, 仙石紀彦1, 本間 恵 (1乳腺・甲状腺外): 第25回日本乳癌学会学術総会 (2017/7/15), 福岡.

723280. [学会 (全国)] (一般講演) 原発性乳癌におけるCDO1遺伝子およびHOPX遺伝子のプロモーターDNAメチル化の予後的意義. 田中蓉子1, 山下継史2,3, 小坂愉賢4, 南谷菜穂子, 菊池真理子4, 信太昭子4, 加藤 弘4, 仙石紀彦4, 渡邊昌彦5 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4乳腺・甲状腺外, 5下部消化管外): 第76回日本癌学会学術集会総会 (2017/9/28), 横浜.

723281. [学会 (全国)] (一般講演) CINV予防におけるステロイド投与期間に関する個人データに基づくメタアナリシス. 沖田憲司, 岡田優基, 大庭幸治, 小坂愉賢1, 古川直人, 結城敏志, 小松嘉人, Celio Luigi, Aapro Matti (1乳腺・甲状腺外): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 横浜.

723282. [学会 (全国)] (一般講演) アポクリン癌と扁平上皮癌が併存した治療に難渋した乳癌の一例. 田中蓉子1, 小坂愉賢2, 菊池真理子2, 信太昭子2, 岡本光祈子2, 加藤 弘2, 仙石紀彦2, 谷野裕一, 渡邊昌彦3 (1大学院医療系研究科, 2乳腺・甲状腺, 3下部消化管外): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 横浜.

723283. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるトリプルネガティブ乳癌のアンドロゲン受容体発現の検討. 菊池真理子1, 小坂愉賢1, 岡本光祈子2, 田中蓉子3, 信太昭子1, 加藤 弘1, 仙石紀彦1, 渡邊昌彦2 (1乳腺・甲状腺外, 2下部消化管外, 3大学院医療系研究科): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 横浜.

723284. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における根治切除不能甲状腺未分化癌に対するレンバチニブの使用経験. 加藤 弘1, 信太昭子1, 菊池真理子1, 小坂愉賢1, 仙石紀彦1, 渡邊昌彦2 (1乳腺・甲状腺外, 2下部消化管外): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 横浜.

723285. [学会 (全国)] (一般講演) トリプルネガティブ乳癌の治療成績と今後の治療戦略. 小坂愉賢1, 菊池真理子1, 信太昭子1, 岡本光祈子2, 田中蓉子3, 加藤 弘1, 梶田咲美乃4, 谷野裕一, 山本 豊, 明石定子, 仙石紀彦1, 渡邊昌彦2 (1乳腺・甲状腺外, 2下部消化管外, 3大学院医療系研究科, 4病理): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/21), 横浜.

723286. [学会 (全国)] (一般講演) 術前経過中に自然退縮した乳癌の1例. 信太昭子1, 小坂愉賢1, 岡本光祈子2, 田中蓉子3, 菊池真理子1, 加藤 弘1, 仙石紀彦1, 梶田咲美乃4, 渡邊昌彦2 (1乳腺・甲状腺外, 2下部消化管外, 3大学院医療系研究科, 4病理): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/21), 横浜.

723287. [学会 (全国)] (一般講演) 乳癌と悪性黒色腫の重複癌の一例. 岡本光祈子1, 小坂愉賢2, 菊池真理子2, 信太昭子2, 田中蓉子3, 加藤 弘2, 仙石紀彦2, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外, 2乳腺・甲状腺外, 3大学院医療系研究科): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/21), 横浜.

723288. [学会 (全国)] (一般講演) 当科での甲状腺・副甲状腺手術における術中神経モニターIONM導入症例の検討. 加藤 弘1, 仙石紀彦1, 渡邊昌彦2 (1乳腺・甲状腺外, 2下部消化管外): 第50回日本甲状腺外科学会学術集会 (2017/10/27), 福島.

723289. [学会 (全国)] (一般講演) 検診で発見, ステレオガイドマンモトーム生検で診断されたFlat epithelial atypiaの1例. 中熊尊士, 上野聡一郎, 高橋香奈, 近藤康史1, 小坂愉賢1, 仙石紀彦1 (1乳腺・甲状腺外): 第27回日本乳癌検診学会学術総会 (2017/11/11), 徳島.

723290. [学会 (全国)] (一般講演) 化学療法が奏功した進行直腸癌, 肝転移の一例. 添野孝文1, 中村隆俊2, 島津 将2, 筒井敦子2, 三浦啓壽2, 山梨高広2, 佐藤武郎2, 渡邊昌彦2 (1乳腺・甲状腺外, 2下部消化管外): 第79回日本臨床外科学会総会 (2017/11/25), 東京.

733113. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 局所進行結腸癌に対する腹腔鏡下手術の検討−T4症例における手術手技と治療成績−. 添野孝文1, 山梨高広2, 島津 将2, 筒井敦子2, 三浦啓壽2, 内藤正規2, 佐藤武郎2, 中村隆俊2, 渡邊昌彦2 (1乳腺・甲状腺外, 2下部消化管外): 第71回手術手技研究会 (2017/5/26), 名古屋.


一般・小児・肝胆膵外科学

[学術論文]

110024. [原著] RAMP1 suppresses mucosal injury from dextran sodium sulfate-induced colitis in mice. Kawashima-Takeda N1, Ito Y2, Nishizawa N1, Kawashima R, Tanaka K3, Tsujikawa K, Watanabe M4, Majima M2: J Gastroenterol Hepatol 2017/4; 32 (4): 809-18. (武田憲子1, 伊藤義也2, 西澤伸恭1, 田中 潔3, 渡邊昌彦4, 馬嶋正隆2: 1一般・小児・肝胆膵外, 2薬理, 3新世紀医療・先端医療, 4下部消化管外)

110162. [原著] Efficacy of the traditional Japanese medicine goreisan for the resolution of spermatic cord hydrocele in children. Takeda N1, Tanaka K1,2, Watanabe E, Kakihara T, Watanabe M3, Kawahara H: Surg Today 2018/2; 48 (2): 175-9. (武田憲子1, 田中 潔1,2, 柿原 知, 渡邊昌彦3: 1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療, 3下部消化管外)

120001. [原著] PGE2誘導膜型PG合成酵素 (mPGES-1) はPGE2/EP4受容体シグナルを介して肝温虚血再灌流障害を制御する. 西澤伸恭1, 伊藤義也2, 古城 憲3, 大久保博世4, 渡邊昌彦3, 馬嶋正隆2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2薬理, 3下部消化管外, 4心臓血管外): 日本Shock学会雑誌 2017/4; 31 (2): 22-7.

120008. [原著]【特集: 新生児・乳児消化管アレルギー】症例から学ぶ: 胆汁性嘔吐・血便を呈した新生児・乳児消化管アレルギー症例. 田中 潔1,2 武田憲子2, 山本裕輝2, 追木宏宣2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 小児外科 2017/7; 49 (7): 675-80.

320007. [症例報告] 黄色肉芽腫性胆N炎との鑑別に難渋した胆N癌の一例. 河又 寛1, 西山 亮1, 田島 弘1, 海津貴史1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外) 北里医学 2017/6; 47 (1): 57-65.

320008. 症例報告 Gross C型 (Kluth IIIb3) 食道閉鎖症に対して頸部アプローチにより根治術を施行した1例. 柿原 知1, 田中 潔1,2, 武田憲子1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 日本小児外科学会雑誌 2017/8; 53 (5): 1037-41.

521007. [解説]【特別企画: 小児腹部領域の超音波検査】第1回 消化器 (肝・胆・膵・脾) 領域・消化管 (胃・小腸・大腸) 領域の小児超音波検査1−肝・胆・膵・脾−. 田中 潔1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 超音波検査技術 2017/10; 42 (5): 539-47.

521008. [解説]【特別企画: 小児腹部領域の超音波検査】第3回 消化器 (肝・胆・膵・脾) 領域・消化管 (胃・小腸・大腸) 領域の小児超音波検査2−胃・小腸・大腸−. 田中 潔1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 超音波検査技術 2018/2; 43 (1): 65-74.

522079. [講座]【特集: 小児外科疾患ディベート対決 (第2回戦: 手術術式)】肥厚性幽門狭窄症: 直視下. 田中 潔1,2 武田憲子2, 山本裕輝2, 追木宏宣2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 小児外科 2018/3; 50 (3): 231-5.

522080. [講座]【特集: 徹底解説! 膵頭十二指腸切除の手術手技】■手術手技 膵消化管吻合−柿田法. 隈元雄介1, 海津貴史1, 田島 弘1, 西澤伸恭1, 永 滋教1, 柿田 章, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 臨床外科 2018/3; 73 (3): 310-13.

[学会・研究会等]

713014. [学会 (国際)] (一般講演) PGE2 Derived from Microsomal Prostaglandin E Synthase-1 (Mpges-1) Induces Hepatic Ischemia/Reperfusion Injury through EP4 Receptor Signaling. Nishizawa N1, Ito Y2, Kojo K3, Ohkubo H4, Watanabe M3, Majima M2: 40th Annual Conference on Shock (2017/6/3), Fort Lauderdale, FL, USA. (西澤伸恭1, 伊藤義也2, 古城 憲3, 大久保博世4, 渡邊昌彦3, 馬嶋正隆2: 1一般・小児・肝胆膵外, 2薬理, 3下部消化管外, 4心臓血管外)

722076. [学会 (全国)] (サージカルフォーラム) 膵癌におけるCDO1遺伝子プロモーター領域DNAメチル化の臨床的意義. 西澤伸恭1, 山下継史3,4, 五十嵐一晴2, 小嶌慶太2, 石井 智2, 田中俊道2, 横井圭悟2, 大泉陽介2, 西山 亮, 河又 寛, 田島 弘1, 海津貴史1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦5 (1一般・小児・肝胆膵外, 2大学院医療系研究科, 3上部消化管外, 4新世紀医療・横断的医療, 5下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/29), 横浜.

722077. [学会 (全国)] (招待講演等) 肥厚性幽門狭窄症: 開腹手術の立場から. 田中 潔1,2, 武田憲子2, 山本裕輝2, 追木宏宣2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 第54回日本小児外科学会学術集会 (2017/5/12), 仙台.

722078. [学会 (全国)] (招待講演等) 小児鼠径ヘルニアに対する鼠径部切開法手術−当科における工夫−. 田中 潔1,2, 武田憲子2, 山本裕輝2, 追木宏宣2, 渡邊昌彦3 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外, 3下部消化管外): 第15回日本ヘルニア学会学術集会 (2017/6/2), 東京.

722079. [学会 (全国)] (招待講演等) MMIHSにおける腸管管理の工夫−チューブ腸瘻による減圧と栄耀について−. 山本裕輝1, 田中 潔1,2, 武田憲子1, 追木宏宣1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第33回日本小児外科学会秋季シンポジウム (2017/10/28), 川崎.

722080. [学会 (全国)] (招待講演等) 短腸症候群の長期予後. 田中 潔1,2, 武田憲子2, 山本裕輝2, 追木宏宣2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 第33回日本小児外科学会秋季シンポジウム (2017/10/28), 川崎.

722081. [学会 (全国)] (招待講演等) 膿瘍形成性虫垂炎に対する腹腔鏡下緊急虫垂切除術. 田中 潔1,2, 武田憲子2, 山本裕輝2, 追木宏宣2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 第79回日本臨床外科学会総会 (2017/11/23), 東京.

723291. [学会 (全国)] (一般講演) 先天性食道閉鎖症: 大動脈弓の左右と手術アプローチ. 田中 潔1,2, 武田憲子2, 山本裕輝2, 柿原 知, 渡邊昌彦3 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外, 3下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/29), 横浜.

723292. [学会 (全国)] (一般講演) 五苓散・越婢加朮湯のマウス腹膜炎の透過性への作用〜第2報〜. 武田憲子1, 田中 潔1,2, 山本裕輝1, 追木宏宣1, 渡邊昌彦3 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療, 3下部消化管外): 第54回日本小児外科学会学術集会 (2017/5/11), 仙台.

723293. [学会 (全国)] (一般講演) 当科での臍ヘルニアに対する圧迫療法の成績について. 山本裕輝1, 追木宏宣1, 武田憲子1, 田中 潔1,2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第54回日本小児外科学会学術集会 (2017/5/11), 仙台.

723294. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における過去12年間のイレウスに対する手術の検討. 追木宏宣1, 田中 潔1,2, 武田憲子1, 山本裕輝1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第54回日本小児外科学会学術集会 (2017/5/12), 仙台.

723295. [学会 (全国)] (一般講演) VitB12欠乏により輸血を要する高度貧血を呈した短腸症候群の2例. 渡部晃子1, 田中 潔2,3, 武田憲子3, 山本裕輝3, 追木宏宣3, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外, 2新世紀医療・先端医療, 3一般・小児・肝胆膵外): 第54回日本小児外科学会学術集会 (2017/5/13), 仙台.

723296. [学会 (全国)] (一般講演) 成人外科医による小児鼠径ヘルニア手術−アンケート調査より−. 田中 潔1,2, 大坪毅人, 小泉 哲 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 第54回日本小児外科学会学術集会 (2017/5/13), 仙台.

723297. [学会 (全国)] (一般講演) Intraoperative Pancreatic Juice Output Predicts Postoperative Pancreatic Fistula after Pancreaticoduodenectomy. 西山 亮, 隈元雄介1, 永 滋教1, 西澤伸恭1, 河又 寛, 田島 弘1, 海津貴史1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第6回アジア太平洋肝胆膵学会・第29回日本肝胆膵外科学会学術集会 (2017/6/8), 横浜.

723298. [学会 (全国)] (一般講演) Our approach of laparoscopic distal pancreatectomy for pancreatic cancers. 田島 弘1, 隈元雄介1, 西山 亮, 河又 寛, 海津貴史1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第6回アジア太平洋肝胆膵学会・第29回日本肝胆膵外科学会学術集会 (2017/6/8), 横浜.

723299. [学会 (全国)] (一般講演) The optimization for trans-pancreatic sutures in pancreatojejunostomy as Kakita method. 隈元雄介1, 海津貴史1, 田島 弘1, 河又 寛, 西山 亮, 柿田 章, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第6回アジア太平洋肝胆膵学会・第29回日本肝胆膵外科学会学術集会 (2017/6/8), 横浜.

723300. [学会 (全国)] (一般講演) A novel Hybrid technique for laparoscopic liver resection. 海津貴史1, 隈元雄介1, 田島 弘1, 西山 亮, 河又 寛, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第6回アジア太平洋肝胆膵学会・第29回日本肝胆膵外科学会学術集会 (2017/6/10), 横浜.

723301. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における絞扼性イレウス手術症例の検討. 追木宏宣1, 田中 潔1,2, 武田憲子1, 山本裕輝1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第31回日本小児救急医学会学術集会 (2017/6/23), 東京.

723302. [学会 (全国)] (一般講演) 小児における急性胆N炎の2例. 田中 潔1,2, 武田憲子2, 山本裕輝2, 追木宏宣2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 第31回日本小児救急医学会学術集会 (2017/6/24), 東京.

723303. [学会 (全国)] (一般講演) 出生後重篤な経過をとった出生前診断された右下肢リンパ管奇形の1例. 山本裕輝1, 田中 潔1,2, 武田憲子1, 追木宏宣1, 根本 充3, 渡邊昌彦4 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療, 3形成・美容外, 4下部消化管外): 第14回日本血管腫血管奇形学会学術集会 (2017/7/15), 福島.

723304. [学会 (全国)] (一般講演) 胎児期に巨大膀胱が指摘されるも出生前診断されなかったMMIHSの2例. 山本裕輝1, 田中 潔1,2, 武田憲子1, 追木宏宣1, 金井雄二3, 望月純子3 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療, 3産科): 第53回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2017/7/16), 横浜.

723305. [学会 (全国)] (一般講演) 当科において外科手術を施行された極低出生体重児の予後. 田中 潔1,2, 武田憲子2, 山本裕輝2, 追木宏宣2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 第53回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2017/7/18), 横浜.

723039. [学会 (全国)] (一般講演) 膜結合型プロスタグランジン合成酵素-1により産生されたプロスタグランジンE2はEP4シグナルを介して肝虚血再灌流障害における肝修復を遅延させる. 西澤伸恭1, 伊藤義也2, 井上智仁3, 大久保博世4, 古城 憲5, 天野英樹2, 渡邊昌彦5, 馬嶋正隆2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2薬理, 3大学院医療系研究科, 4心臓血管外, 5下部消化管外): 第38回日本炎症・再生医学会 (2017/7/18), 大阪.

723306. [学会 (全国)] (一般講演) 胆N癌に開けるCDO1遺伝子プロモーター領域のDNAメチル化の臨床的意義. 五十嵐一晴1, 山下継史2,3, 西澤伸恭4, 西山 亮, 河又 寛, 田島 弘4, 海津貴史4, 隈元雄介4, 渡邊昌彦5 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4一般・小児・肝胆膵外, 5下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/20), 金沢.

723307. [学会 (全国)] (一般講演) 柿田法における貫通密着糸の最適化のための工夫. 隈元雄介1, 海津貴史1, 田島 弘1, 河又 寛, 西山 亮, 柿田 章, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/21), 金沢.

723308. [学会 (全国)] (一般講演) 柿田法における貫通密着糸の最適化のための工夫. 隈元雄介1, 海津貴史1, 田島 弘1, 永 慈教1, 西澤伸恭1, 渡邉昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/21), 金沢.

723309. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下肝切除における助手の役割. 海津貴史1, 隈元雄介1, 田島 弘1, 永 慈教1, 西澤伸恭1, 渡邉昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/22), 金沢.

723310. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下脾温存尾側膵切除術での視野展開の工夫. 田島 弘1, 隈元雄介1, 海津貴史1, 永 慈教1, 西澤伸恭1, 渡邉昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/22), 金沢.

723311. [学会 (全国)] (一般講演) 肝温虚血再灌流障害におけるPGE2誘導膜型P合成酵素 (mPGES-1) とPGE2/EP4受容体シグナルの役割. 西澤伸恭1, 伊藤義也2, 古城 憲3, 渡邊昌彦3 (1一般・小児・肝胆膵外, 2薬理, 3下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/22), 金沢.

723312. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下肝切除におけるDifficulty scoring systemと手術成績の検討. 中本修司, 海津貴史1, 西山 亮, 江間 玲2, 田島 弘1, 河又 寛, 隈元雄介1, 渡邊昌彦3 (1一般・小児・肝胆膵外, 2上部消化管外, 3下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/22), 金沢.

723313. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下肝切除における助手の役割. 海津貴史1, 隈元雄介1, 西山 亮, 田島 弘1, 河又 寛, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/22), 金沢.

723314. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下脾温存尾側膵切除術での視野展開の工夫. 田島 弘1, 隈元雄介1, 西澤伸恭1, 西山 亮, 河又 寛, 海津貴史1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/22), 金沢.

723315. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下尾側膵切除でのNeedlescopic surgeryでの術野展開. 田島 弘1, 隈元雄介1, 永 滋教1, 西澤伸恭1, 海津貴史1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 6th Reduced Port Surgery Forum 2017 in Oita (2017/8/4), 大分.

723316. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下肝切除におけるReduced Port Surgery (RPS). 海津 貴史1, 隈元雄介1, 田島 弘1, 永 滋教1, 西澤伸恭1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 6th Reduced Port Surgery Forum 2017 in Oita (2017/8/5), 大分.

723317. [学会 (全国)] (一般講演) 肝胆膵領域癌におけるCDO1遺伝子プロモーター領域DNAメチル化の臨床的意義. 五十嵐一晴1, 山下継史2,3, 加藤 弘4, 小嶌慶太1, 大泉陽介1, 西澤伸恭5, 田島 弘5, 海津貴史5, 隈元雄介5, 渡邊昌彦6 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4乳腺・甲状腺外, 5一般・小児・肝胆膵外, 6下部消化管外): 第76回日本癌学会学術集会総会 (2017/9/28), 横浜.

723318. [学会 (全国)] (一般講演) 胆道癌術後予後予測因子としてのリンパ球−単球比 (LMR) の有用性. 五十嵐一晴1, 加藤 弘2, 山下継史3, 大泉陽介1, 小嶌慶太1, 西澤伸恭4, 河又 寛, 田島 弘4, 海津貴史4, 隈元雄介4, 渡邊昌彦5 (1大学院医療系研究科, 2乳腺・甲状腺外, 3新世紀医療・横断的医療, 4一般・小児・肝胆膵外, 5下部消化管外): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW 2017 FUKUOKA) (2017/10/14), 福岡.

723319. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児期に重篤な経過をとった右下肢リンパ管奇形の1例. 山本裕輝1, 田中 潔1,2, 武田憲子1, 追木宏宣1, 根本 充3, 渡邊昌彦4 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療, 3形成・美容外, 4下部消化管外): 第59回日本小児血液・がん学会学術集会 (2017/11/9), 松山.

723320. [学会 (全国)] (一般講演) 周期性嘔吐症候群に対して腹腔鏡下噴門形成術, 胃瘻造設術を施行した1例. 追木宏宣1, 田中 潔1,2, 武田憲子1, 山本裕輝1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第79回日本臨床外科学会総会 (2017/11/23), 東京.

723321. [学会 (全国)] (一般講演) 総排泄腔外反症, 膣欠損症に対し子宮膀胱吻合術を施行した1例. 田中 潔1,2, 武田憲子2, 山本裕輝2, 追木宏宣2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 第79回日本臨床外科学会総会 (2017/11/24), 東京.

723322. [学会 (全国)] (一般講演) 胆N癌に対する腹腔鏡下胆N摘出術の検討. 五十嵐一晴1, 隈元雄介2, 藤山芳樹2, 西澤伸恭2, 永 滋教2, 田島 弘2, 海津貴史2, 渡邊昌彦3 (1大学院医療系研究科, 2一般・小児・肝胆膵外, 3下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/7), 京都.

723323. [学会 (全国)] (一般講演) 膵体尾部癌に対する腹腔鏡下尾側膵切除術 (LDP) の取り組み. 田島 弘1, 隈元雄介1, 永 滋教1, 西澤伸恭1, 海津貴史1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/7), 京都.

723324. [学会 (全国)] (一般講演) 巨脾に対する腹腔鏡下脾臓摘出術の有用性・安全性の検討. 西澤伸恭1, 田島 弘1, 藤山芳樹1, 五十嵐一晴2, 永 滋教1, 海津貴史1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦3 (1一般・小児・肝胆膵外, 2大学院医療系研究科, 3下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/8), 京都.

723325. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸癌同時性肝転移症例における腹腔鏡下原発巣肝転移巣同時切除術の安全性の検討. 永 滋教1, 海津貴史1, 西澤伸恭1, 田島 弘1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/8), 京都.

723326. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下系統的肝切除術の手術成績および手技の工夫. 海津貴史1, 隈元雄介1, 田島 弘1, 永 滋教1, 西澤伸恭1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/9), 京都.

723327. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下胆N摘出術後に胆N管穿孔および後腹膜脂肪壊死を併発した膵胆管合流異常症の1例. 藤山芳樹1, 海津貴史1, 永 滋教1, 西澤伸恭1, 田島 弘1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/9), 京都.

723328. [学会 (全国)] (一般講演) 小児のイレウスに対する腹腔鏡手術症例の検討. 追木宏宣1, 田中 潔1,2, 武田憲子1, 山本裕輝1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/9), 京都.

732042. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 小児外科の魅力とは: 経験症例から〜漢方診療を含めて〜. 田中 潔1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 第1回北海道外科関連学会機構合同学術集会 (2017/9/16), 札幌.

732043. [学会 (地方会・研究会)] (ワークショップ) 腹腔鏡下尾側膵切除の定型化と教育. 田島 弘1, 隈元雄介1, 永 滋教1, 西澤伸恭1, 海津貴史1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第9回膵臓内視鏡外科研究会 (2017/12/6), 京都.

733114. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当科での臍ヘルニアに対する圧迫療法の成績について. 山本裕輝1, 追木宏宣1, 武田憲子1, 田中 潔1,2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第3回日本小児へそ研究会 (2017/4/28), 横浜.

733115. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 分離式ストマ遠位側, 注入用ストマ造設時の工夫. 田中 潔1,2, 武田憲子2, 山本裕輝2, 追木宏宣2, 渡邊昌彦3 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外, 3下部消化管外): 第31回日本小児ストーマ・排泄・創傷管理研究会 (2017/6/17), 横浜.

733116. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腹腔鏡下膵体尾部切除での膵切離の工夫. 田島 弘1, 隈元雄介1, 永 滋教1, 西澤伸恭1, 海津貴史1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): The 6th Summer Seminar in Okinawa (2017) (2017/7/1), 沖縄.

733117. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 逆流防止手術, 胃瘻造設術がQOLの改善に有用であった周期性嘔吐症候群の1例. 追木宏宣1, 田中 潔1,2, 武田憲子1, 山本裕輝1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第33回神奈川県小児肝・消化器疾患研究会 (2017/9/2), 横浜.

733118. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) KluthII2型先天性食道閉鎖症の1例. 後藤卓也1, 田中 潔1,2, 尾崎 温, 追木宏宣1, 武田憲子1, 山本裕輝1, 渡邊昌彦3 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療, 3下部消化管外): 第52回日本小児外科学会関東甲信越地方会 (2017/10/14), 土浦.

733119. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 異物誤飲による小腸イレウスを小腸内視鏡で治療し得た1例. 追木宏宣1, 田中 潔1,2, 武田憲子1, 山本裕輝1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第52回日本小児外科学会関東甲信越地方会 (2017/10/14), 土浦.

733120. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 小児慢性膵炎に対する膵管空腸側々吻合術 (Partington手術). 田中 潔1,2, 武田憲子2, 山本裕輝2, 追木宏宣2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 第37回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会 (2017/10/27), 川崎.

733121. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 噴門形成術, 胃瘻造設術を行うことでQOLが改善された周期性嘔吐症候群の1例. 追木宏宣1, 田中 潔1,2, 武田憲子1, 山本裕輝1 (1一般・小児・肝胆膵, 2新世紀医療・先端医療外): 第28回日本小児外科QOL研究会 (2017/11/4), 静岡.

733122. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腹腔鏡下肝右葉授動手技における副腎癒着症例への対応. 海津貴史1, 隈元雄介1, 田島 弘1, 永 滋教1, 西澤伸恭1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第11回肝臓内視鏡外科研究会・第9回膵臓内視鏡外科研究会 (2017/12/6), 京都.

733123. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腹腔鏡下大腸癌原発巣肝転移巣同時切除術施行後に縫合不全の発見が遅れた一例. 永 滋教1, 海津貴史1, 山梨高広1, 西澤伸恭1, 田島 弘1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外): 第150回神奈川県臨床外科医学会集談会 (2017/12/16), 横浜.

733124. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院での臍ヘルニアに対する圧迫療法の成績について. 山本裕輝1, 田中 潔1,2, 武田憲子1, 追木宏宣1, 渡邊昌彦3 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療, 3下部消化管外): 第9回神奈川ヘルニア研究会 (2017/12/16), 横浜.

H28年度以前分

[学術論文]

H28-110013. [原著] The cartridge size and stapler selection alter the risk of pancreatic fistula after distal pancreatectomy with stapler use: a retrospective cohort study Tajima H1, Kumamoto Y1, Ishii K1, Nishiyama R1, Kawamata H1, Kaizu T1, Takahashi Y1, Watanabe M2: Kitasato Med J 2017/3; 47 (1): 17-25. (田島 弘1, 隈元雄介1, 石井健一郎1, 西山 亮1, 河又 寛1, 海津貴史1, 高橋禎人1, 渡邊昌彦2: 1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外)

[学会・研究会等]

H28-723006. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸癌における肝転移能獲得に関連するgenomic gainと個別化治療の可能性について. 田中俊道1, 山下継史2,3, 石井 智1, 西澤伸恭4, 横井圭悟1, 牛久秀樹3, 菊池真理子5, 古城 憲6, 南谷菜穂子, 加藤 弘5, 渡邊昌彦6 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4一般・小児・肝胆膵外, 5乳腺・甲状腺外, 6下部消化管外): 第116回日本外科学会定期学術集会 (2016/4/16), 大阪.


上部消化管外科学

[学術論文]

110163. [原著] Macroscopic appearance of Type IV and giant Type III is a high risk for a poor prognosis in pathological stage II/III advanced gastric cancer with postoperative adjuvant chemotherapy. Yamashita K1,2, Ema A2, Hosoda K2, Mieno H2, Moriya H2, Katada N, Watanabe M3: World J Gastrointest Oncol 2017/4; 9 (4): 166-75. (山下継史1,2, 江間 玲2, 細田 桂2, 三重野浩朗2, 森谷宏光2, 渡邊昌彦3: 1新世紀医療・横断的医療, 2上部消化管外, 3下部消化管外)

110164. [原著] Optimal treatment for Siewert type II and III adenocarcinoma of the esophagogastric junction: A retrospective cohort study with long-term follow-up. Hosoda K1, Yamashita K2, Moriya H1, Mieno H1, Watanabe M3: World J Gastroenterol 2017/4; 23 (15): 2723-30. (細田 桂1, 山下継史2, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 渡邊昌彦3: 1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外)

110165. [原著] Prognostic Advantage of Docetaxel/Cisplatin/ 5-Fluorouracil Neoadjuvant Chemotherapy in Clinical Stage II/III Esophageal Squamous Cell Carcinoma due to Excellent Control of Preoperative Disease and Postoperative Lymph Node Recurrence. Yamashita K1,2, Hosoda K2, Moriya H2, Katada C3, Sugawara M4, Mieno H2, Komori S5, Katada N, Watanabe M6: Oncology 2017/8; 92 (4): 221-8. (山下継史1,2, 細田 桂2, 堅田親利3, 菅原充広4, 三重野浩朗2, 小森承子5, 片田夏也, 渡邊昌彦6: 1新世紀医療・横断的医療, 2上部消化管外, 3消化器内, 4薬剤部, 5放射線 (腫瘍), 6下部消化管外)

110166. [原著] Laparoscopically Assisted Proximal Gastrectomy with Esophagogastrostomy Using a Novel ""Open-Door"" Technique : LAPG with Novel Reconstruction. Hosoda K1, Yamashita K2, Moriya H1, Mieno H1, Ema A1, Washio M1, Watanabe M3: J Gastrointest Surg 2017/7; 21 (7): 1174-80. (細田 桂1, 山下継史2, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 渡邊昌彦3: 1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外)

110167. [原著] The H19-PEG10/IGF2BP3 axis promotes gastric cancer progression in patients with high lymph node ratios. Ishii S1, Yamashita K2, Harada H, Ushiku H3, Tanaka T1, Nishizawa N4, Yokoi K1, Washio M3, Ema A3, Mieno H3, Moriya H3, Hosoda K3, Waraya M4, Katoh H4, Watanabe M5: Oncotarget 2017/8; 8 (43): 74567-81. (石井 智1, 山下継史2,3, 牛久秀樹3, 田中俊道1, 西澤伸恭4, 横井圭悟1, 鷲尾真理愛3, 江間 玲3, 三重野浩朗3, 森谷宏光3, 細田 桂3, 藁谷美奈4, 加藤 弘4, 渡邊昌彦5: 1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4乳腺・甲状腺外, 5下部消化管外)

110168. [原著] DNA diagnosis of peritoneal fluid cytology test by CDO1 promoter DNA hypermethylation in gastric cancer. Ushiku H1, Yamashita K1,2, Ema A1, Minatani N, Kikuchi M3, Kojo K4, Yokoi K5, Tanaka T5, Nishizawa N6, Ishii S5, Hosoda K1, Moriya H1, Mieno H1, Katada N, Kikuchi S7, Katoh H3, Watanabe M4: Gastric Cancer 2017/9; 20 (5): 784-92. (牛久秀樹1, 山下継史1,2, 江間 玲1, 菊池真理子3, 古城 憲4, 横井圭悟5, 田中俊道5, 西澤伸恭6, 石井 智5, 細田 桂1, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 菊池史郎7, 加藤 弘3, 渡邊昌彦4: 1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3乳腺・甲状腺外, 4下部消化管外, 5大学院医療系研究科, 6一般・小児・肝胆膵外, 74病院連携教育)

110169. [原著] Conversion surgery after combination chemotherapy of docetaxel, cisplatin and S-1 (DCS) for far-advanced gastric cancer. Mieno H1, Yamashita K1,2, Hosoda K1, Moriya H1, Higuchi K3, Azuma M3, Komori S4, Yoshida T5, Tanabe S3,6, Koizumi W3, Katada N, Watanabe M7: Surg Today 2017/10; 47 (10): 1249-58. (三重野浩朗1, 山下継史1,2, 細田 桂1, 森谷宏光1, 樋口勝彦3, 東  瑞智3, 小森承子4, 吉田 功5, 田邉 聡3,6, 小泉和三郎3, 片田夏也, 渡邊昌彦7: 1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3消化器内, 4放射線 (腫瘍), 5病理, 6新世紀医療・先端医療, 7下部消化管外)

310016. [症例報告] Video-assisted thoracic surgery and jejunal reconstruction in a case of situs inversus totalis with esophageal cancer. Hosoda K1, Yamashita K1,2, Moriya H1, Nemoto M3, Mieno H1, Ema A1, Washio M1, Watanabe M4: Asian J Endosc Surg 2017/11; 10 (4): 399-403. (細田 桂1, 山下継史1,2, 森谷宏光1, 根本 充3, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 渡邊昌彦3: 1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3形成・美外, 4下部消化管外)

320009. [症例報告] 放射線食道炎が原因と考えられた良性食道閉塞の1例. 横井圭悟1, 細田 桂2, 片田夏也, 山下継史2,3, 森谷宏光2, 三重野浩朗2, 大部 誠, 渡邊昌彦4 (1大学院医療系研究科, 2上部消化管外, 3新世紀医療・横断的医療, 4下部消化管外): 日本消化器外科学会雑誌 2017/6; 50 (6): 419-28.

522081. [講座]【第32回北里腫瘍フォーラム】ロボット支援腹腔鏡下胃切除術の現状と展望. 細田 桂1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 森谷宏光1, 山下継史1,2, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 北里医学 2017/6; 47 (1): 67-70.

540020. [その他 (学会後抄録)] 小腸間膜原発の炎症性筋線維芽細胞性腫瘍の1例. 後藤卓也, 三重野浩朗1, 中本修司2, 鷲尾真理愛1, 江間 玲1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 山下継史1,3, 渡邊昌彦4 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・横断的医療, 4下部消化管外): 日本外科系連合学会誌 2017/6; 42 (3): 548.

540021. [その他 (学会後抄録)] 術前診断に難渋した胃Neuroendocrine cell carcinomaの1例. 竹中淳悟, 樋口 格, 三重野浩朗1, 萩原千恵, 森谷宏光1, 細田 桂1, 山下継史1,2, 菊池史郎3, 渡邊昌彦4 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 34病院連携教育, 4下部消化管外): 神奈川臨床外科医学会雑誌 2018/1; 45 (1): 19.

[学会・研究会等]

722082. [学会 (全国)] (サージカルフォーラム) 切除不能胃癌に対するDCS療法後のConversion Surgery. 三重野浩朗1, 山下継史1,2, 鷲尾真理愛1, 江間 玲1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 東 瑞智3, 田邉 聡3,4, 小泉和三郎3, 渡邊昌彦5 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3消化器内, 4新世紀医療・先端医療, 5下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/27), 横浜.

722083. [学会 (全国)] (ワークショップ) 胃癌手術における逆流防止の工夫と長期成績: 観音開き法による腹腔鏡下噴門側胃切除術後の24h impedance pH monitoringによる逆流評価とHRMによる食道運動機能評価. 細田 桂1, 山下継史1,2, 鷲尾真理愛1, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/29), 横浜.

722084. [学会 (全国)] (招待講演等) GERD症例に対する腹腔鏡下手術後の食道運動機能改善に関する検討. 鷲尾真理愛1, 山下継史1,2, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 片田夏也, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第71回日本食道学会学術集会 (2017/6/15), 軽井沢.

722085. [学会 (全国)] (ビデオセッション) 合併症低下を目指した胸腔鏡下食道切除術定型化. 山下継史1,2, 細田 桂2, 森谷宏光2, 三重野浩朗2, 江間 玲2, 鷲尾真理愛2, 渡邊昌彦3 (1新世紀医療・横断的医療, 2上部消化管外, 3下部消化管外): 第42回日本外科系連合学会学術集会 (2017/6/30), 徳島.

722086. [学会 (全国)] (招待講演等) cStage II/III食道扁平上皮癌におけるDCF NACの予後的メリット. 山下継史1,2, 原田宏輝3, 細田 桂2, 森谷宏光2, 三重野浩朗2, 江間 玲2, 鷲尾真理愛2, 渡邊昌彦4 (1新世紀医療・横断的医療, 2上部消化管外, 3大学院医療系研究科, 4下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/20), 金沢.

722087. [学会 (全国)] (ワークショップ) 胃癌腹膜播種に対して有効な治療法と新規分子診断. 山下継史1,2, 細田 桂2, 渡邊昌彦3 (1新世紀医療・横断的医療, 2上部消化管外, 3下部消化管外): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW 2017 FUKUOKA) (2017/10/14), 福岡.

722088. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 食道扁平上皮癌に対する根治的化学放射線療法後のSalvage手術の検討. 原田宏輝1, 山下継史2,3, 細田 桂3 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW 2017 FUKUOKA) (2017/10/14), 福岡.

722089. [学会 (全国)] (招待講演等) 胃癌腹膜播種の新規診断法と今後の展望. 山下継史1,2, 細田 桂2, 三重野浩朗2, 森谷宏光2, 江間 玲2, 鷲尾真理愛2, 渡邊昌彦3 (1新世紀医療・横断的医療, 2上部消化管外, 3下部消化管外): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/21), 横浜.

722090. [学会 (全国)] (インターナショナルセッション) Singnificance of preoperative chemotherapy for Siewert type II esophagogastric junction cancer. 細田 桂1, 山下継史1,2, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/21), 横浜.

722091. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 進行胃癌S-1補助化学療法症例の治療成績. 山下継史1,2, 細田 桂2, 三重野浩朗2, 森谷宏光2, 江間 玲2, 鷲尾真理愛2, 渡邊昌彦3 (1新世紀医療・横断的医療, 2上部消化管外, 3下部消化管外): 第79回日本臨床外科学会総会 (2017/11/23), 東京.

722092. [学会 (全国)] (ビデオワークショップ) Esophagogastrostomy using intrathoracic doule-flap technique for esophagogastric junction cancer. 細田 桂1, 山下継史1,2, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第90回日本胃癌学会総会 (2018/3/8), 横浜.

722093. [学会 (全国)] (招待講演等) Conversion surgery after concurrent chemotherapy of DCS for initially unresectable gastric cancer. 山下継史1,2, 細田 桂2, 三重野浩朗2, 森谷宏光2, 江間 玲2, 鷲尾真理愛2, 東 瑞智3, 田邉 聡3,4, 小泉和三郎3, 渡邊昌彦5 (1新世紀医療・横断的医療, 2上部消化管外, 3消化器内, 4新世紀医療・先端医療, 5下部消化管外): 第90回日本胃癌学会総会 (2018/3/9), 横浜.

722094. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) Long-term survival with advanced gastric cancer with positive cytology test. 鷲尾真理愛1, 山下継史1,2, 原田宏輝3, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 渡邊昌彦4 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3大学院医療系研究科, 4下部消化管外): 第90回日本胃癌学会総会 (2018/3/9), 横浜.

723329. [学会 (全国)] (一般講演) 最良の食道再建方法を目指して〜食道胃管機械吻合におけるコンセプト〜. 森谷宏光1, 山下継史1,2, 鷲尾真理愛1, 江間 玲1, 三重野浩明1, 細田 桂1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/27), 横浜.

723330. [学会 (全国)] (一般講演) 臨床病期II/III食道扁平上皮癌に対するDocetaxel/CDDP/5FUを用いた術前補助化学療法は, CDDP/5FUによる術前補助化学療法を凌駕するか? 原田宏輝1, 細田 桂2, 鷲尾真理愛2, 江間 玲2, 三重野浩朗2, 森谷宏光2, 山下継史2,3, 渡邊昌彦4 (1大学院医療系研究科, 2上部消化管外, 3新世紀医療・横断的医療, 4下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/27), 横浜.

723331. [学会 (全国)] (一般講演) 術後S-1補助化学療法を受けたpStage II/III胃癌の成績と現況. 江間 玲1, 山下継史1,2, 石井 智3, 鷲尾真理愛1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 渡邊昌彦4 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3大学院医療系研究科, 4下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/28), 横浜.

723332. [学会 (全国)] (一般講演) 食道癌Cancer Boardに基づく統一的治療戦略決定による前向きデータベースに基づく食道扁平上皮癌予後. 山下継史1,2, 原田宏輝3, 細田 桂2, 森谷宏光2, 三重野浩朗2, 江間 玲2, 鷲尾真理愛2, 堅田親利4, 小森承子5, 渡邊昌彦6 (1新世紀医療・横断的医療, 2上部消化管外, 3大学院医療系研究科, 4消化器内, 5放射線 (腫瘍), 6下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/28), 横浜.

723333. [学会 (全国)] (一般講演) Stage IB進行胃癌症例の予後の検討. 鷲尾真理愛1, 山下継史1,2, 永岡康志, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/29), 横浜.

723334. [学会 (全国)] (一般講演) 胃癌における高度リンパ節転移比に関わるメカニズムの解明. 石井 智1, 山下継史2,3, 田中俊道1, 西澤伸恭4, 横井圭悟1, 江間 玲2, 藁谷美奈5, 加藤 弘5, 渡邊昌彦6 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4一般・小児・肝胆膵外, 5乳腺・甲状腺外, 6下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/29), 横浜.

723335. [学会 (全国)] (一般講演) 残胃における華麗性変化と発癌. 小嶌慶太1, 山下継史2,3, 加藤 弘4, 大泉陽介1, 五十嵐一晴1, 石井 智1, 田中俊道1, 横井圭悟1, 西澤伸恭5, 南谷菜穂子, 渡邊昌彦6 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4乳腺・甲状腺外, 5一般・小児・肝胆膵外, 6下部消化管外): 第17回日本抗加齢医学会総会 (2017/6/2-4), 東京.

723336. [学会 (全国)] (一般講演) cStage II/III食道癌に対するDCFを用いた前治療の有用性. 三重野浩朗1, 山下継史1,2, 細田 桂1, 森谷宏光1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 原田宏輝3, 堅田親利4, 小森承子5, 渡邊昌彦6 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3大学院医療系研究科, 4消化器内, 5放射線 (腫瘍), 6下部消化管外): 第71回日本食道学会学術集会 (2017/6/15), 軽井沢.

723337. [学会 (全国)] (一般講演) 食道胃接合部癌に対する至適なリンパ節郭清範囲. 細田 桂1, 山下継史1,2, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第71回日本食道学会学術集会 (2017/6/15), 軽井沢.

723338. [学会 (全国)] (一般講演) 食道癌手術における肺合併症のリスク因子の検討. 牛久秀樹1, 山下継史1,2, 鷲尾真理愛1, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 片田夏也, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第71回日本食道学会学術集会 (2017/6/15), 軽井沢.

723339. [学会 (全国)] (一般講演) 食道癌他臓器重複癌における Induction Chemotherapyの治療成績. 江間 玲1, 山下継史1,2, 原田宏輝3, 堅田親利4, 小森承子5, 鷲尾真理愛1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 渡邊昌彦6 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3大学院医療系研究科, 4消化器内, 5放射線 (腫瘍), 6下部消化管外): 第71回日本食道学会学術集会 (2017/6/15), 軽井沢.

723340. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢者・非高齢者食道癌に対する根治的治療の治療成績に関する遡及的検討. 原田宏輝1, 山下継史1,2, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 堅田親利3, 渡辺晃識3, 小森承子4, 小泉和三郎3, 渡邊昌彦5 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3消化器内, 4放射線 (腫瘍), 5下部消化管外): 第71回日本食道学会学術集会 (2017/6/15), 軽井沢, 第71回日本食道学会学術集会抄録集(CD-ROM) 2017; ROMBUNNO: p.43-9.

723341. [学会 (全国)] (一般講演) 小開胸左側臥位―気胸左側臥位―気胸半腹臥位変遷による術式定型化. 山下継史1,2, 細田 桂1, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 渡邊昌彦3 (1新世紀医療・横断的医療, 2上部消化管外, 3下部消化管外): 第71回日本食道学会学術集会 (2017/6/16), 軽井沢.

723342. [学会 (全国)] (一般講演) 食道扁平上皮癌根治的化学放射線療法後サル ベージ症例 当院における治療成績と予後. 石井 智1, 山下継史2,3, 原田宏輝1, 鷲尾真理愛3, 江間 玲3, 三重野浩朗3, 森谷宏光3, 細田 桂3, 堅田親利4, 渡邊昌彦5 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4消化器内, 5下部消化管外): 第71回日本食道学会学術集会 (2017/6/16), 軽井沢.

723343. [学会 (全国)] (一般講演) 内視鏡分類による食道アカラシア臨床像の検討. 森谷宏光1, 山下継史1,2, 鷲尾真理愛1, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 細田 桂1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第71回日本食道学会学術集会 (2017/6/16), 軽井沢.

723344. [学会 (全国)] (一般講演) ロボット支援腹腔鏡下胃切除術の有用性. 細田 桂1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 森谷宏光1, 山下継史1,2, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第42回日本外科系連合学会学術集会 (2017/6/29), 徳島.

723345. [学会 (全国)] (一般講演) 切除可能進行胃癌に対するNAC-DCS後の切除成績. 三重野浩朗1, 山下継史1,2, 鷲尾真理愛1, 江間 玲1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 東 瑞智3, 田邉 聡3,4, 小泉和三郎3, 渡邊昌彦5 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3消化器内, 4新世紀医療・先端医療, 5下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/20), 金沢.

723346. [学会 (全国)] (一般講演) 切除不能進行胃癌に対するDocetaxel + CDDP + S-1 (DCS) 療法後のadjuvant surgery. 鷲尾真理愛1, 山下継史1,2, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/20), 金沢.

723347. [学会 (全国)] (一般講演) 食道cancer boardに基づく統合的治療戦略決定による前向きデータベースを用いた食道扁平上皮癌の予後の検討. 原田宏輝1, 山下継史1,2, 細田 桂1, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 堅田親利3, 小森承子4, 渡邊昌彦5 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3消化器内, 4放射線 (腫瘍), 5下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/20), 金沢, 日本消化器外科学会雑誌 (Web: J-STAGE) 2017; 50 (12): 941-55.

723348. [学会 (全国)] (一般講演) 食道胃接合部癌 (Siewert type II) に対するリンパ節郭清効果と至適郭清範囲. 江間 玲1, 細田 桂1, 後藤修司, 鷲尾真理愛1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 山下継史1,2, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/21), 金沢.

723349. [学会 (全国)] (一般講演) 術前補助化学療法を施行した臨床病期II/III食道扁平上皮癌に対する予後因子の検討. 原田宏輝1, 山下継史2,3, 鷲尾真理愛3, 江間 玲3, 三重野浩朗3, 森谷宏光3, 細田 桂3, 渡邊昌彦4 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/22), 金沢.

723350. [学会 (全国)] (一般講演) 食道胃管器械吻合のBestを探る. 森谷宏光1, 山下継史1,2, 鷲尾真理愛1, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 細田 桂1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/22), 金沢.

723351. [学会 (全国)] (一般講演) 表在性食道癌に対する胸腔鏡下食道切除術の功罪. 細田 桂1, 山下継史1,2, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 片田夏也, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/22), 金沢.

723352. [学会 (全国)] (一般講演) CDO1遺伝子高度メチル化は, 術前化学療法を受けたstage II/III食道扁平上皮癌患者の予後に影響する. 細田 桂1, 山下継史1,2, 牛久秀樹1, 横井圭吾3, 江間 玲1, 森谷宏光, 三重野浩朗1, 鷲尾真理愛1, 渡邊昌彦4 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3大学院医療系研究科, 4下部消化管外): 第76回日本癌学会学術集会総会 (2017/9/28), 横浜.

723353. [学会 (全国)] (一般講演) 癌特異的メチル化の残胃癌における有用性について. 小嶌慶太1, 山下継史2,3, 大泉陽介1, 五十嵐一晴1, 原田宏輝1, 横田和子1, 田中蓉子1, 西澤伸恭4, 石井 智1, 田中俊道1, 横井圭悟1, 中本修司, 渡邊昌彦5 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4一般・小児・肝胆膵外, 5下部消化管外): 第76回日本癌学会学術集会総会 (2017/9/28), 横浜.

723354. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト癌におけるOBP801の感受性規定分子機序同定を目指した包括的遺伝子探索. 大泉陽介1, 山下継史2,3, 五十嵐一晴1, 小嶌慶太1, 中本修司, 田中蓉子1, 原田宏輝1, 横田和子1, 加藤 弘4, 渡邊昌彦5 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4乳腺・甲状腺外, 5下部消化管外学): 第76回日本癌学会学術集会総会 (2017/9/30), 横浜.

723355. [学会 (全国)] (一般講演) cStage II/III食道扁平上皮癌に対するDCF NACを上回るか? 細田 桂1, 山下継史1,2, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第70回日本胸部外科学会定期学術集会 (2017/9/29), 札幌.

723356. [学会 (全国)] (一般講演) 噴門部癌の臨床病理学的特徴と長期予後, センチネルナビゲーション併用手術を想定して. 鷲尾真理愛1, 山下継史1,2, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/21), 横浜.

723357. [学会 (全国)] (一般講演) 進行胃癌S-1補助化学療法症例の治療成績: ACTS-GC試験, CLASSIC試験の結果を踏まえて. 江間 玲1, 山下継史1,2, 鷲尾真理愛1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/22), 横浜.

723358. [学会 (全国)] (一般講演) 術前化学療法時代のcStage II/III食道扁平上皮癌に対する3領域郭清の意義. 細田 桂1, 山下継史1,2, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第79回日本臨床外科学会総会 (2017/11/25), 東京.

723259. [学会 (全国)] (一般講演) ロボット支援腹腔鏡下胃切除術の有用性. 細田 桂1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 森谷宏光1, 山下継史1,2, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/7), 京都.

723360. [学会 (全国)] (一般講演) 巨大食道裂孔ヘルニアに対する腹腔鏡下食道裂孔ヘルニア手術 (Mesh Repair) の治療成績. 森谷宏光1, 山下継史1,2, 鷲尾真理愛1, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 細田 桂1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/7), 京都.

723361. [学会 (全国)] (一般講演) 食道がんに対するMinimally invasive surgery (MIS) の変遷と成果. 山下継史1,2, 細田 桂2, 森谷宏光2, 三重野浩朗2, 江間 玲2, 鷲尾真理愛2, 渡邊昌彦3 (1新世紀医療・横断的医療, 2上部消化管外, 3下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/7), 京都.

723362. [学会 (全国)] (一般講演) 早期胃癌に対する腹腔鏡補助下幽門保存胃切除術 (LAPPG) 短期成績, 長期予後. 鷲尾真理愛1, 山下継史1,2, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/7), 京都.

723363. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下噴門側胃切除術: 観音開き法による食道残胃吻合の経験と短期治療成績. 江間 玲1, 細田 桂1, 鷲尾真理愛1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 山下継史1,2, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/7), 京都.

723364. [学会 (全国)] (一般講演) ロボット支援腹腔鏡下胃切除術の従来型腹腔鏡下胃切除術と比較した短期成績. 細田 桂1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 森谷宏光1, 山下継史1,2, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第10回日本ロボット外科学会学術集会 (2018/2/10), 東京.

723365. [学会 (全国)] (一般講演) 胃癌における癌特異的Cysteine dioxygenase type 1 (CDO1) 遺伝子のDNAメチル化の臨床的意義. 原田宏輝1, 山下継史2,3, 鷲尾真理愛2, 江間 玲2, 三重野浩朗2, 森谷宏光2, 細田 桂2, 渡邊昌彦4 (1大学院医療系研究科, 2上部消化管外, 3新世紀医療・横断的医療, 4下部消化管外): 第90回日本胃癌学会総会 (2018/3/9), 横浜.

723366. [学会 (全国)] (一般講演) 胃癌取扱い規約第15版における胃癌術後S-1補助化学療法の治療成績. 江間 玲1, 山下継史1,2, 鷲尾真理愛1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 細田 桂1, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 第90回日本胃癌学会総会 (2018/3/9), 横浜.

723367. [学会 (全国)] (一般講演) 残胃癌手術例における臨床病理学的予後因子の検討と治療戦略. 坂本純一, 山下継史1,2, 江間 玲2, 鷲尾真理愛2, 三重野浩朗2, 森谷宏光2, 細田 桂2, 渡邊昌彦3 (1新世紀医療・横断的医療, 2上部消化管外, 3下部消化管外): 第90回日本胃癌学会総会 (2018/3/9), 横浜.

733125. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 癌特異的メチル化異常を利用した残胃癌の短期発症予測. 小嶌慶太1, 山下継史2,3, 加藤 弘4, 大泉陽介1, 五十嵐一晴1, 西澤伸恭5, 原田宏輝1, 横田和子1, 田中蓉子1, 中本修司, 渡邊昌彦6 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4乳腺・甲状腺外, 5一般・小児・肝胆膵外, 6下部消化管外): 第37回日本分子腫瘍マーカー研究会 (2017/9/27), 横浜.

733126. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 胆N疾患におけるCDO1遺伝子プロモーター領域DNAメチル化の検討. 五十嵐一晴1, 山下継史2,3, 加藤 弘4, 小嶌慶太1, 大泉陽介1, 西澤伸恭5, 田島 弘5, 海津貴史5, 隈元雄介5, 渡邊昌彦6 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4乳腺・甲状腺外, 5一般・小児・肝胆膵外, 6下部消化管外): 第37回日本分子腫瘍マーカー研究会 (2017/9/27), 横浜.


下部消化管外科学

[学術論文]

110170. [原著] Survival outcomes following laparoscopic versus open D3 dissection for stage II or III colon cancer (JCOG0404): a phase 3, randomised controlled trial. Kitano S, Inomata M, Mizusawa J, Katayama H, Watanabe M1, Yamamoto S, Ito M, Saito S, Fujii S, Konishi F, Saida Y, Hasegawa H, Akagi T, Sugihara K, Yamaguchi T, Masaki T, Fukunaga Y, Murata K, Okajima M, Moriya Y, Shimada Y: Lancet Gastroenterol Hepatol 2017/4; 2 (4): 261-8. (渡邊昌彦1: 1下部消化管外)

110171. [原著] Influence of previous abdominal surgery on surgical outcomes between laparoscopic and open surgery in elderly patients with colorectal cancer: subanalysis of a large multicenter study in Japan. Yamamoto S1, Hinoi T1, Niitsu H1, Okajima M1, Ide Y1, Murata K1, Akamoto S1, Kanazawa A1, Nakanishi M1, Naitoh T1, Kanehira E1, Shimamura T1, Suzuka I1, Fukunaga Y1, Yamaguchi T1, Watanabe M1,2 (1Japan Society of Laparoscopic Colorectal Surgery): J Gastroenterol 2017/6; 52 (6): 695-704. (渡邊昌彦1,2: 1,2下部消化管外)

110172. [原著] Rationale for and Design of the PARADIGM Study: Randomized Phase III Study of mFOLFOX6 Plus Bevacizumab or Panitumumab in Chemotherapy-na夫e Patients With RAS (KRAS/NRAS) Wild-type, Metastatic Colorectal Cancer. Yoshino T, Uetake H, Tsuchihara K, Shitara K, Yamazaki K, Oki E, Sato T1, Naitoh T, Komatsu Y, Kato T, Yamanaka K, Iwasaki K, Soeda J, Hihara M, Yamanaka T, Ochiai A, Muro K: Clin Colorectal Cancer 2017/6; 16 (2): 158-63. (佐藤武郎1: 1下部消化管外)

110173. [原著] Cetuximab promotes SN38 sensitivity via suppression of heat shock protein 27 in colorectal cancer cells with wild-type RAS. Ishida 1, Ishii Y1, Tsuruta M, Okabayashi K, Akimoto S, Koishikawa K, Hasegawa H, Kitagawa Y: Oncol Rep 2017/8; 38 (2): 926-32. (石井良幸1: 1下部消化管外)

110174. [原著] Risk factors for parastomal hernia after abdominoperineal resection for rectal cancer. Kojima K1, Nakamura T2, Sato T2, Matsubara Y, Naito M2, Yamashita K3, Watanabe M2: Asian J Endosc Surg 2017/8; 10 (3): 276-81. (小嶌慶太1, 中村隆俊2, 佐藤武郎2, 内藤正規2, 山下継史3, 渡邊昌彦2: 1大学院医療系研究科, 2下部消化管外, 3新世紀医療・横断的医療)

110175. [原著] Secure overlap stapling using a linear stapler with bioabsorbable polyglycolic acid felt. Naito M1, Sato T1, Nakamura T1, Yamanashi T1, Miura H1, Tsutsui A1, Watanabe M1: Asian J Endosc Surg 2017/8; 10 (3): 308-12. (内藤正規1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 渡邊昌彦1: 1下部消化管外)

110176. [原著] Safety and Indications of Laparoscopic Surgery for Postoperative Small-bowel Obstruction: A Single-center Study of 121 Patients. Nakamura T1, Ishii Y1,2, Tsutsui A1, Kaneda M2, Sato T1, Watanabe M1,2: Surg Laparosc Endosc Percutan Tech 2017/8; 27 (4): 301-5. (中村隆俊1, 石井 良幸1,2, 筒井敦子1, 金田宗久2, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1,2: 1下部消化管外, 2北里研究所病院)

110177. [原著] Cetuximab promotes SN38 sensitivity via suppression of heat shock protein 27 in colorectal cancer cells with wild-type RAS. Ishida T,Ishii Y1,2,Tsuruta M,Okabayashi K,Akimoto S, Koishikawa K,Hasegawa H,Kitagawa Y: Oncol Rep 2017/8; 38 (2): 926-32. (石井良幸1,2: 1北里研究所病院, 2下部消化管外)

110178. [原著] Risk factors for complications after diverting ileostomy closure in patients who have undergone rectal cancer surgery. Nakamura T1, Sato T1, Naito M1, Yamanashi T1, Miura H1, Tsutsui A1, Watanabe M1: Surg Today 2017/10; 47 (10): 1238-42. (中村隆俊1, 佐藤武郎1, 内藤正規1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 渡邊昌彦1: 1下部消化管外)

110179. [原著] Lymphatic Permeation Predicts Systemic Recurrence in Combination with Vascular Involvement in Laparoscopically Resected N0 Colon Cancer. Kojo K1, Katoh H2, Naito M1, Yamashita K3, Nakamura T1, Sato T1, Yamanashi T1, Watanabe M1: Am Surg 2017/12; 83 (12): 1394-400. (古城 憲1, 加藤 弘2, 内藤正規1, 山下継史3, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 渡邊昌彦1: 1下部消化管外, 2乳腺・甲状腺外, 3新世紀医療・横断的医療)

110180. [原著] Effect of Preoperative Nutritional Status on Surgical Site Infection in Colorectal Cancer Resection. Tanaka T1, Sato T2, Yamashita K3, Hosoda K4, Nakamura T2, Watanabe M2: Dig Surg 2017; 34 (1): 68-77. (田中俊道1, 佐藤武郎2, 山下継史3, 細田 桂4, 中村隆俊2, 渡邊昌彦2: 1大学院医療系研究科, 2下部消化管外, 3新世紀医療・横断的医療, 4上部消化管外)

220003. [準原著]【特別寄稿】大腸癌術後再発に対するS-1併用の化学放射線療法. 内藤正規1,2, 千野慎一郎1,2, 牛久秀樹2,3, 西 八嗣2, 近藤康史2,4, 久保仁史2, 甲斐田武志2, 山下 航1,2, 高橋禎人2,5, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外, 2北里大学メディカルセンター, 3上部消化管外, 4乳腺・甲状腺外, 5一般・小児・肝胆膵外): 癌と化学療法 2018/1; 45 (1): 136-8.

320010. [症例報告] 腹腔鏡下胆N摘出術9年後に落下結石による腹腔内膿瘍・腹壁膿瘍を発症し, 開腹手術を要した1例. 島津 将1, 隈元雄介2, 永岡康志, 伊野和馬, 藤山芳樹, 田島 弘2, 海津貴史2, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外, 2一般・肝胆膵外): 神奈川医学会雑誌 2017/4; 45 (1): 1-7.

320011. [症例報告] 小腸穿孔をきたしたII型腸管症関連T細胞リンパ腫の1例. 樋口 格1, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 内藤正規1, 山梨高広1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 日本腹部救急医学会雑誌 2017/7; 37 (5): 739-42.

320012. [症例報告] 微小変化型ネフローゼ症候群の治療中に発症した多発性虚血性小腸狭窄の1例. 小嶌慶太1, 中村隆俊2, 大部 誠3, 三富弘之, 佐藤武郎2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2下部消化管外, 3北里大学北里研究所病院): 日本腹部救急医学会雑誌 2017/7; 37 (5): 747-50.

320013. [症例報告] 緊急腹腔鏡が有用であった小腸アニサキス症の11例. 南谷菜穂子, 中村隆俊1, 横田和子2, 穂坂美樹, 牛久秀樹3, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3上部消化管外): 日本外科系連合学会雑誌 2017/8; 42 (4): 654-8.

320014. [症例報告] 進行直腸癌・多発肝転移に対して全身化学療法施行後に肝転移巣切除を先行した一例. 丸山正裕1, 中村隆俊1, 添野孝文1, 島津 将1, 筒井敦子1, 田島 弘2, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 隈元雄介2, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外, 2一般・肝胆膵外) 癌と化学療法 2017/11; 44 (12): 1541-3.

320015. [症例報告] 盲腸癌術後に肝膿瘍を併発した1例. 樋口 格, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 内藤正規1, 山梨高広1, 筒井敦子1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 日本外科系連合学会雑誌 2017/12; 42 (6): 985-9.

320016. [症例報告] 腹腔鏡下に切除した大網原発平滑筋腫の1例. 小嶌慶太1, 池田 篤, 内藤正規2, 佐藤武郎2, 中村隆俊2, 渡邊昌彦2 (1大学院医療系研究科, 2下部消化管外): 日本外科系連合学会雑誌 2017/12; 42 (6): 1044-51.

522082. [講座]【特集: 女性の便秘】便秘がもたらす疾患. 筒井敦子1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): White 2017/5; 5 (1): 18-23.

522083. [講座]【特集: バッチリ予習でほめられナースに! 消化器外科でする処置・介助のお作法ポイントこれだけ! ドレーン抜去・陰圧閉鎖療法・腹水穿刺……】12. イレウス管留置. 山梨高広 (下部消化管外): 消化器外科Nursing 2017/9; 22 (9): 806-9.

522084. [講座]【特集: バッチリ予習でほめられナースに! 消化器外科でする処置・介助のお作法ポイントこれだけ! ドレーン抜去・陰圧閉鎖療法・腹水穿刺……】13. 抜糸・抜鉤. 山梨高広 (下部消化管外): 消化器外科Nursing 2017/9; 22 (9): 810-2.

522085. [講座]【特集: バッチリ予習でほめられナースに! 消化器外科でする処置・介助のお作法ポイントこれだけ! ドレーン抜去・陰圧閉鎖療法・腹水穿刺……】14. CVポート留置. 山梨高広 (下部消化管外): 消化器外科Nursing 2017/9; 22 (9): 813-5.

522086. [講座]【特集: オリゴ転移に対する治療戦略】大腸癌肝転移の治療計略−オリゴ転移の治療も含めて. 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 山梨高広1, 三浦啓寿1, 筒井敦子1, 島津 将1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 癌と化学療法 2017/10; 44 (10): 821-6.

著 書]

620041. [学術書 (分担執筆)]【膜と層を意識した消化器外科解剖 (消化器外科2017年4月増刊号)】III. 大腸の手術 1. 大腸の手術に必要な臨床外科解剖 (総論), p.604-11. 筒井敦子1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外), へるす出版, 東京, 2017/4発行.

620042. [学術書 (分担執筆)]【プリンシプル消化器疾患の臨床2 腸疾患診療の現在】III章 治療法総論 手術治療 開腹手術 腹腔鏡下手術, p.201-7. 山梨高広1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外), 総編集: 佐々木裕, 専門編集: 渡辺 守, 中山書店, 東京, 2017/7発行.

[学会・研究会等]

713013. [学会 (国際)] (一般講演) INHIBITION OF INDUCIBLE PROSTAGLANDIN E2 SYNTHASE PROMOTES LIVER REPAIR FOLLOWING HEPATIC ISCHEMIA/REPERFUSION. Kojo K1, Ito Y2, Nishizawa N3, Ohkubo H4, Inoue T5, Watanabe M1, Majima M2: 40th Annual Conference on Shock (2017/6/3), Fort Lauderdale, FL, USA. (古城 憲1, 伊藤義也2, 西澤伸恭3, 大久保博世4, 井上智仁5, 渡邊昌彦1, 馬嶋正隆2: 1下部消化管外, 2薬理, 3一般・小児・肝胆膵外, 4心臓血管外, 5大学院医療系研究科)

713078. [学会 (国際)] (一般講演) Risk factors for complications after diverting ileostomy closure in patients who underwent surgery for rectal cancer. Nakamura T1, Sato T1, Naito M1, Yamanashi T1, Miura H1, Tsutsui A1, Watanabe M1: American Society of Colon & Rectal Surgeons 2017 (ASCRS2017) (2017/6/10), Washington, USA. (中村隆俊1, 佐藤武郎1, 内藤正規1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 渡邊昌彦1: 1下部消化管外)

723368. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸癌における肝転移能獲得に関連するgenomic gainと個別化治療の可能性について. 田中俊道1, 山下継史2, 石井 智1, 西澤伸恭3, 横井圭悟1, 牛久秀樹4, 菊池真理子5, 古城 憲6, 南谷菜穂子, 加藤 弘5, 渡邊昌彦6 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3一般・小児・肝胆膵外, 4上部消化管外, 5乳腺・甲状腺外, 6下部消化管外): 第116回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/16), 大阪.

723369. [学会 (全国)] (一般講演) 発現マイクロアレイを用いた包括的遺伝子探索による大腸癌の治療抵抗関連遺伝子ASCL2の同定. 田中俊道1, 山下継史2,3, 甲斐田武志1,4, 田中蓉子1, 原田宏輝1, 横田和子1, 五十嵐一晴1, 大泉陽介1, 小嶌慶太1, 石井 智1, 西澤伸恭5, 横井圭悟1, 牛久秀樹3,4, 菊池真理子6, 古城 憲7, 南谷菜穂子, 加藤 弘6, 渡邊昌彦7 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4北里大学メディカルセンター, 5一般・小児・肝胆膵外, 6乳腺・甲状腺外, 7下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/27-29), 横浜.

723370. [学会 (全国)] (一般講演) 下部進行結腸癌に対する腹腔鏡下側方リンパ節郭清の検討. 山梨高広1, 中村隆俊1, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/27), 横浜.

723371. [学会 (全国)] (一般講演) 直腸癌手術時の一時的人工肛門閉鎖後の合併症危険因子の検討. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 内藤正規1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/28), 横浜.

723372. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) N0乳癌に対するセンチネルリンパ節生検 (SLNB) 術中迅速診断省略の安全性・適応可能性に関する検討. 村田 健1, 浅沼史樹1, 森永正二郎1, 矢内原久1,2, 鈴木幹人1, 金田宗久1, 鈴木慶一1, 神谷紀輝1,3, 大作昌義1, 菊池史郎1,4, 石井良幸1,5, 池田 正1, 渡邊昌彦1,5 (1北里研究所病院, 2放射線 (画像), 3呼吸器外, 44病院連携教育, 5下部消化管外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/28), 横浜, 第117回日本外科学会定期学術集会抄録集 2017/4; PS-152-5.

723373. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) Indeterminate mucin-producing cystic neoplasmの臨床的・腫瘍学的特性の検討. 鈴木慶一1, 鈴木幹人1, 矢作雅史1, 村田 健1, 金田宗久1, 石井良幸1,2, 神谷紀輝1,3, 大作昌義1 (1北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外): 第117回日本外科学会定期学術集会 (2017/4/29), 横浜, 第117回日本外科学会定期学術集会抄録集 2017/4; PS-219-1.

723374. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢者食道癌に対するNedaplatin/5-FU併用CRTの安全性と有効性に関する遡及的検討. 渡邊昌彦1, 渡辺晃識2, 堅田親利3, 森谷宏光4, 小森承子5, 山下継史4,6, 原田宏輝2, 東 瑞智3, 田邉 聡3,7, 早川和重5, 小泉和三郎3 (1下部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3消化器内, 4上部消化管外, 5放射線 (腫瘍), 6新世紀医療・横断的医療, 7新世紀医療・先端医療): 第71回日本食道学会学術集会 (2017/6/15), 軽井沢.

723375. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 腹腔鏡下膵中央切除後膵吻合部狭窄に対してダブルバルーンERP拡張術が有効だった一例. 鈴木慶一1, 樋口 肇2, 石井良幸1,3 (1北里研究所病院, 2国際医療福祉大学三田病院内科, 3下部消化管外): 第48回日本膵臓学会大会 (2017/7/14), 京都, 膵臓 2017/5; 32 (3): 609.

723376. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 潰瘍性大腸炎に対するreduced port surgery (RPS) の工夫. 矢作雅史1, 石井良幸1,2, 村田 健1, 金田宗久1, 鈴木慶一1, 菊池史郎1,3, 渡邊昌彦1,2 (1北里研究所病院, 2下部消化管外, 34病院連携教育): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/20), 金沢, 第72回日本消化器外科学会総会抄録集 2017/7; RS1-31-13-4.

723377. [学会 (全国)] (一般講演) 下部進行直腸癌に対する腹腔鏡下手術の治療成績. 三浦啓壽1, 山梨高広1, 筒井敦子1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/20), 金沢.

723378. [学会 (全国)] (一般講演) 直腸癌に対する腹会陰式直腸切断術後の傍ストーマヘルニアの危険因子の検討. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 小嶌慶太2, 内藤正規1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外, 2大学院医療系研究科): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/21), 金沢.

723379. [学会 (全国)] (一般講演) 局所進行結腸癌に対する腹腔鏡下手術の検討-T4症例における治療成績と予後因子. 山梨高広1, 中村隆俊1, 島津 将1, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/21), 金沢.

723380. [学会 (全国)] (一般講演) Cysteine dioxygenase type1遺伝子プロモーター領域のメチル化と大腸癌adenoma-carcinoma sequenceの関連. 小嶌慶太1, 山下継史2,3, 加藤 弘4, 大泉陽介1, 五十嵐一晴1, 田中俊道1, 横井圭吾1, 石井 智1, 西澤伸恭5, 渡邊昌彦6 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4乳腺・甲状腺外, 5一般・小児・肝胆膵外, 6下部消化管外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/21), 金沢.

723381. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 当院における高齢者肝細胞癌切除症例の治療成績. 鈴木慶一1, 鈴木幹人1, 矢作雅史1, 村田 健1, 金田宗久1, 石井良幸1,2, 神谷紀輝1,3 (1北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外): 第72回日本消化器外科学会総会 (2017/7/22), 金沢, 第72回日本消化器外科学会総会抄録集 2017/7; PO-16-3.

723382. [学会 (全国)] (一般講演) 局所進行直腸癌に対する術前化学放射線治療後の術後再発危険因子の検討. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第76回日本癌学会学術総会 (2017/9/29), 横浜.

723383. [学会 (全国)] (一般講演) 包括的遺伝子探索によって同定された大腸癌の治療抵抗関連遺伝子ASCL2. 田中俊道1, 山下継史2,3, 甲斐田武志1, 田中蓉子1, 原田宏輝1, 横田和子1, 五十嵐一晴1, 大泉陽介1, 小嶌慶太1, 石井 智1, 西澤伸恭4, 横井圭悟1, 牛久秀樹2, 菊池真理子5, 古城 憲6, 南谷菜穂子, 加藤 弘5, 渡邊昌彦6 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4一般・小児・肝胆膵外, 5乳腺・甲状腺外, 6下部消化管外): 第25回日本消化器関連学会週間 (JDDW 2017 FUKUOKA) (2017/10/14), 福岡.

723384. [学会 (全国)] (一般講演) 局所進行直腸癌に対する術前化学放射線治療後の術後再発危険因子の検討. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 内藤正規1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 島津 将1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第15回日本消化器外科学会大会 (JDDW 2017 FUKUOK) (2017/10/14), 福岡.

723385. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸憩室炎における大気的手術症例の検討. 横田光央1, 中村隆俊1, 塩味慶子1, 中本修司2, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外, 2大学院医療系研究科): 第15回日本消化器外科学会大会 (JDDW 2017 FUKUOK) (2017/10/14), 福岡.

723386. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡補助下に切除しえた小腸管膜デスモイド腫瘍の1例. 渡部晃子1, 中村隆俊1, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第15回日本消化器外科学会大会 (JDDW 2017 FUKUOK) (2017/10/14), 福岡.

723387. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 直接作用型抗ウイルス薬でSVR達成後に発生した新規HCC症例に関する検討. 鈴木慶一1, 阿部紘大1, 矢作雅史1, 村田 健1, 迫 裕之1, 石井良幸1,2, 常松 令1, 熊谷直樹1, 土本寛二1 (1北里研究所病院外科, 2下部消化管外): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 横浜, 第55回日本癌治療学会学術集会抄録集 2017/10; P15-3.

723388. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 大腸癌臨床的進行度によるReduced port surgery (RPS) の安全性に関する検討. 矢作雅史1, 石井良幸1,2, 阿部紘大1, 村田 健1, 迫 裕之1, 鈴木慶一1, 神谷紀輝1,3, 大作昌義1, 菊池史郎1,4, 渡邊昌彦1,2 (1北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外, 44病院連携教育): 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 (2017/11/10), 福岡, 日本大腸肛門病学会雑誌 2017/9; 70 (抄録): A89.

723389. [学会 (全国)] (一般講演・口演) 右側結腸癌に対するSingle Port Surgeryの手技と治療成績. 石井良幸1,2, 矢作雅史1, 阿部紘大1, 村田 健1, 迫 裕之1, 鈴木慶一1, 大作昌義1, 神谷紀輝1,3, 菊池史郎1,4, 渡邊昌彦1,2 (1北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外, 44病院連携教育): 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 (2017/11/10), 福岡, 日本大腸肛門病学会雑誌 2017/9; 70 (抄録): A163.

723390. [学会 (全国)] (一般講演) pStageUの再発危険因子の検討. 三浦啓壽1, 中村隆俊1, 筒井敦子1, 島津 将1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 (2017/11/10), 福岡.

723391. [学会 (全国)] (一般講演) 下部消化管内視鏡検査にて早期診断し得た回腸癌の1例. 島津 将1, 山梨高広1, 土居楠太郎, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 (2017/11/10), 福岡.

723392. [学会 (全国)] (一般講演) 局所進行右側結腸癌に対する腹腔鏡下手術の検討−治療成績と予後予測因子−. 山梨高広1, 中村隆俊1, 島津 将1, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 (2017/11/10), 福岡.

723393. [学会 (全国)] (一般講演) 心疾患を併存する大腸癌症例に対する腹腔鏡手術の検討. 筒井敦子1, 島津 将1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 (2017/11/10), 福岡.

723394. [学会 (全国)] (一般講演) TpTMEを併施した新しい腹腔鏡下腹会陰式直腸切断術は有用か? 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 島津 将1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 (2017/11/11), 福岡.

723395. [学会 (全国)] (一般講演) 局所進行直腸癌に対する術前化学放射線治療後の治療成績. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 島津 将1, 内藤正規1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 (2017/11/11), 福岡.

723396. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎に対する腹腔鏡下手術の外科治療における位置づけ. 内藤正規1, 千野慎一郎1,2, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 島津 将1, 小倉直人1, 古城 憲1, 小野里航1, 細谷 智, 牛久秀樹2,3, 甲斐田武志2,4, 久保任史2,5, 近藤康史2,6, 西 八嗣2, 山下 航1,2, 高橋禎人2,5, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外, 2北里大学メディカルセンター, 3上部消化管外, 4大学院医療系研究科, 5一般・小児・肝胆膵外, 6乳腺・甲状腺外): 第72回日本大腸肛門病学会学術集会 (2017/11/11), 福岡.

723397. [学会 (全国)] (一般講演) S-1+CPT11を用いた化学放射線療法によって臨床的完全奏功 (cCR) を得た後, 無再発にてwait and see中の下部進行直腸癌の1例. 坂本純一, 中村隆俊1, 島津 将1, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第79回日本臨床外科学会総会 (2017/11/23), 東京.

723398. [学会 (全国)] (一般講演) 大網原発未分化多形肉腫の1例. 丸山正裕1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 島津 将1, 中村隆俊1, 高橋禎人2, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外, 2一般・小児・肝胆膵外): 第79回日本臨床外科学会総会 (2017/11/23), 東京.

723399. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 十二指腸癌で発症し切除し得たLynch症候群の2例. 阿部紘大1, 鈴木慶一1, 矢作雅史1, 村田 健1, 迫 裕之1, 大作昌義1, 神谷紀輝1,2, 石井良幸1,3, 渡邊昌彦1,3 (1北里研究所病院, 2呼吸器外, 3下部消化管外): 第79回日本臨床外科学会総会 (2017/11/24), 東京, 日本臨床外科学会雑誌 2017/10; 78 (増刊): 834.

723400. [学会 (全国)] (一般講演) 局所進行直腸癌に対する術前化学放射線治療後の術後再発危険因子の検討. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 島津 将1, 内藤正規1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第79回日本臨床外科学会総会 (2017/11/25), 東京.

723401. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 大腸癌手術の表在性手術部位感染症における抗菌コート縫合糸の有用性について. 阿部紘大1, 矢作雅史1, 石井良幸1,2, 村田 健1, 迫 裕之1, 鈴木慶一1, 神谷紀輝1,3, 大作昌義1, 菊池史郎1,4, 渡邊昌彦1,2 (1北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外, 44病院連携教育): 第30回日本外科感染症学会総会学術集会 (2017/11/29), 東京, 日本外科感染症学会雑誌 2017/10; 14 (5): 587.

723402. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) エキスパンダー挿入症例における感染リスク因子の検討. 村田 健1, 阿部紘大1, 矢作雅史1, 迫 裕之1, 鈴木慶一1, 大作昌義1, 池田 正1, 石井良幸1,2, 神谷紀輝1,3, 菊池史郎1,4, 渡邊昌彦1,2 (1北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外, 44病院連携教育): 第30回日本外科感染症学会総会学術集会 (2017/11/30), 東京, 日本外科感染症学会雑誌 2017/10; 14 (5): 658.

723403. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸癌術後創感染に対する対策の長期的な変遷. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 島津 将1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第30回日本外科感染症学会総会学術集会 (2017/11/30), 東京.

723404. [学会 (全国)] (一般講演) 局所進行直腸癌に対する腹腔鏡下手術の短期, 中期予後の検討. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 島津 将1, 内藤正規1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/7), 京都.

723405. [学会 (全国)] (一般講演) 乳糜腹水を伴った小腸腸管膜捻転に対し腹腔鏡補助下捻転解除術を施行した1例. 大友直樹1, 筒井敦子1, 島津 将1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/7), 京都.

723406. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡アプローチが術式決定に有用であった傍ストマヘルニア嵌頓の1例. 島津 将1, 佐藤武郎1, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/8), 京都.

723407. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡手術を施行した虚血性心疾患合併大腸癌症例における抗血小板薬休薬の検討. 筒井敦子1, 島津 将1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/8), 京都.

723408. [学会 (全国)] (一般講演) T4結腸癌に対する腹腔鏡下手術−長期成績と予後予測因子の検討−. 山梨高広1, 中村隆俊1, 島津 将1, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/9), 京都.

723409. [学会 (全国)] (一般講演) 局所進行結腸癌における腹腔鏡下手術と開腹手術の比較検討. 三浦啓壽1, 島津 将1, 筒井敦子1, 山梨高広1, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/9), 京都.

723410. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下大腸切除術における偶発性対策. 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 島津 将1, 小倉直人1, 古城 憲1, 内藤正規1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/9), 京都.

723411. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下大腸全摘術における手術時間短縮と定型化を目指した手術手技. 内藤正規1,2, 千野慎一郎1,2, 牛久秀樹2,3, 久保任史2,4, 甲斐田武志2, 山下 航1,2,中村隆俊1, 佐藤武郎1, 西 八嗣2, 高橋禎人2,4, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外, 2北里大学メディカルセンター, 3上部消化管外, 4一般・小児・肝胆膵外): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/9), 京都.

723412. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 80歳以上の高齢者大腸癌に対する腹腔鏡下手術 (Reduced Port Surgery) の治療成績. 石井良幸1,2, 矢作雅史1, 迫 裕之1, 鈴木慶一1, 大作昌義1, 神谷紀輝1,3, 菊池史郎1,4, 渡邊昌彦1,2 (1北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外, 44病院連携教育): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/9), 京都, 日本内視鏡外科学会雑誌 2017/12; 22 (7): EP177-08.

723413. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 高齢者胃癌に対する腹腔鏡下手術の安全性と適応. 迫 裕之1, 大作昌義1, 阿部紘大1, 矢作雅史1, 村田 健1, 金田宗久1, 鈴木慶一1, 石井良幸1,2, 神谷紀輝1,3, 菊池史郎1,4, 渡邊昌彦1,2 (1北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外, 44病院連携教育): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/9), 京都, 日本内視鏡外科学会雑誌 2017/12; 22 (7): EP213-09.

723414. [学会 (全国)] (一般講演) S状結腸狭窄を伴った分類困難な腸炎の1例. 塩味慶子1, 小嶌慶太2, 中村隆俊1, 渡部晃子1, 島津 将1 (1下部消化管外, 2大学院医療系研究科): 第54回日本腹部救急医学会総会 (2018/3/8), 東京.

723415. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下腸閉塞手術における開腹移行の危険因子は何か. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 島津 将1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第54回日本腹部救急医学会総会 (2018/3/9), 東京.

733127. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 技術認定取得に対する我々の取り組み. 三浦啓壽1, 島津 将1, 筒井敦子1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第46回神奈川県消化器外科研究会 (2017/6/10), 横浜.

733128. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 局所進行直腸癌に対する術前化学放射線療法後の術後再発危険因子の検討. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 内藤正規1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第39回日本癌局所療法研究会 (2017/6/23), 京都.

733129. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 術前化学放射線治療後の腹腔鏡下直腸手術の短期成績. 三浦啓壽1, 内藤正規1, 筒井敦子1, 山梨高広1, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第39回日本癌局所療法研究会 (2017/6/23), 京都.

733130. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 進行直腸癌・多発肝転移に対して全身化学療法施行後に肝転移巣切除を先行した一例. 丸山正裕1, 中村隆俊1, 島津 将1, 筒井敦子1, 田島 弘2, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外, 2一般・小児・肝胆膵外): 第39回日本癌局所療法研究会 (2017/6/23), 京都.

733131. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 大腸癌術後再発に対するS-1併用の化学放射線療法. 内藤正規1, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 高橋禎人2,3, 西 八嗣2, 近藤康史2,4, 久保任史2,3, 牛久秀樹2,5, 千野慎一郎1,2, 甲斐田武志2, 山下 航1,2, 小倉直人1, 古城 憲1, 和田 治1,2, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外, 2北里大学メディカルセンター, 3一般・小児・肝胆膵外, 4乳腺・甲状腺外, 5上部消化管外): 第39回日本癌局所療法研究会 (2017/6/23), 京都.

733132. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 局所進行結腸癌・直腸S状結腸癌T4a症例に対する腹腔鏡手術の検討. 筒井敦子1, 島津 将1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第87回大腸癌研究会 (2017/7/7), 三重.

733133. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 突発性S状結腸狭窄の一例. 坂田芳洋, 中村隆俊1, 島津 将1, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1 (1下部消化管外): 第46回神奈川大腸肛門疾患懇話会 (2017/10/3), 神奈川.

H28年度以前分

[学術論文]

H28-110014. [原著] The present status and development of laparoscopic surgery for colorectal cancer. Sato T1, Watanabe M1: J Anus Rectum Colon 2017/1; 1 (1): 1-6. (佐藤武郎1, 渡邊昌彦1: 1下部消化管外)

H28-110015. [原著] Pain management using acetaminophen throughout postoperative course of laparoscopic colorectal surgery: A case-matched control study. Naito M1, Sato T1, Nakamura T1, Yamanashi T1, Miura H1, Tsutsui A1, Watanabe M1: Ann Med Surg (Lond) 2017/3; 17:38-42. (内藤正規1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 筒井敦子1, 渡邊昌彦1: 1下部消化管外)

H28-110016. [原著] Sutureless functional end-to-end anastomosis using a linear stapler with polyglycolic acid felt for intestinal anastomoses. Naito M1, Miura H1, Nakamura T1, Sato T1, Yamanashi T1, Tsutsui A1, Watanabe M1: Ann Med Surg (Lond) 2017/3; 17: 50-3. (内藤正規1, 三浦啓壽1, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 筒井敦子1, 渡邊昌彦1: 1下部消化管外)

[学会・研究会等]

H28-723007. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸癌における肝転移能獲得に関連するgenomic gainと個別化治療の可能性について. 田中俊道1, 山下継史2,3, 石井 智1, 西澤伸恭4, 横井圭悟1, 牛久秀樹3, 菊池真理子5, 古城 憲6, 南谷菜穂子, 加藤 弘5, 渡邊昌彦6 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4一般・小児・肝胆膵外, 5乳腺・甲状腺外, 6下部消化管外): 第116回日本外科学会定期学術集会 (2016/4/16), 大阪.


心臓血管外科学

[学術論文]

110181. [原著] Factors associated with a low initial cerebral oxygen saturation value in patients undergoing cardiac surgery. Kobayashi K1, Kitamura T1, Kohira S2, Torii S3, Horai T1, Hirata M4, Mishima T1, Sughimoto K1, Ohkubo H1, Irisawa Y1, Matsushiro T1, Hayashi H1, Miyata Y1, Tsuchida Y1, Ohtomo N, Miyaji K1: J Artif Organs 2017/6; 20 (2): 110-6. (小林健介1, 北村 律1, 古平 聡2, 鳥井晋三3, 宝来哲也1, 平田光博4, 美島利昭1, 杉本晃一1, 大久保博世1, 入澤友輔1, 松代卓也1, 林 秀憲1, 宮田有理惠1, 土田勇太1, 大友直樹, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2ME部, 3医療安全学教育, 4新世紀医療・横断的医療)

110182. [原著] Outcomes of patients who declined surgery for acute Stanford type A aortic dissection with patent false lumen of the ascending aorta. Kitamura T1, Torii S2, Horai T1, Sughimoto K1, Irisawa Y1, Hayashi H1, Matsushiro T1, Miyata Y1, Tsuchida Y1, Miyaji K1: Interact Cardiovasc Thorac Surg 2017/7; 25 (1): 47-51. (北村 律1, 鳥井晋三2, 宝来哲也1, 杉本晃一1, 入澤友輔1, 林 秀憲1, 松代卓也1, 宮田有理惠1, 土田勇太1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2医療安全学教育)

110183. [原著] Impact of the location of the fenestration on Fontan circulation haemodynamics: a three-dimensional, computational model study. Sughimoto K1, Asakura Y, Brizard CP, Liang F, Fujiwara T, Miyaji K1, Liu H: Cardiol Young 2017/9; 27 (7): 1289-94. (杉本晃一1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外)

110184. [原著] Energy dynamics of the intraventricular vortex after mitral valve surgery. Nakashima K1, Itatani K, Kitamura T1, Oka N1, Horai T1, Miyazaki S1, Nie M, Miyaji K1: Heart Vessels 2017/9; 32 (9): 1123-9. (中島光貴1, 北村 律1, 岡 徳彦1, 宝来哲也1, 宮崎翔平1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 1大学院医療系研究科)

110026. [原著] RAMP1 signaling improves lymphedema and promotes lymphangiogenesis in mice. Mishima T1, Ito Y2, Nishizawa N3, Amano H2, Tsujikawa K, Miyaji K1, Watanabe M4, Majima M2: J Surg Res 2017/11; 219: 50-60. (美島利昭1, 伊藤義也2, 西澤伸恭3, 天野英樹2, 宮地 鑑1, 渡邊昌彦4, 馬嶋正隆2: 1心臓血管外, 2薬理, 3大学院医療系研究科, 4下部消化管外)

110185. [原著] Direct True Lumen Cannulation ("Samurai" Cannulation) for Acute Stanford Type A Aortic Dissection. Kitamura T1, Nie M, Horai T1, Miyaji K1: Ann Thorac Surg 2017/12; 104 (6): e459-61. (北村 律1, 宝来哲也1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外)

110186. [原著] Continuous Suture Technique for Aortic Valve Replacement Shortens Cross-Clamp and Bypass Times. Kitamura T1, Edwards J, Miyaji K1: Tex Heart Inst J 2017/12; 44 (6): 390-4. (北村 律1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外)

110187. [原著] Surgical strategy for aortic arch reconstruction after the Norwood procedure based on numerical flow analysis. Miyazaki S1, Miyaji K2, Itatani K, Oka N2, Goto S, Nakamura M, Kitamura T2, Horai T2, Sughimoto K2, Nakamura Y2, Yoshimura N: Interact Cardiovasc Thorac Surg 2018/3; 26 (3): 460-7. (宮崎翔平1, 宮地 鑑2, 岡 徳彦2, 北村 律2, 宝来哲也2, 杉本晃一2, 中村祐希2: 1大学院医療系研究科, 2心臓血管外)

120009. [原著] 積極的にPrimary Norwood手術を選択した治療戦略でのFontan手術到達への手術成績の検討. 林 秀憲1, 杉本晃一1, 土田勇太1, 吉井 剛, 近藤 真1, 木村純人2, 峰尾恵梨2, 北川篤史2, 安藤 寿2, 石井正浩2, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2小児): 日本小児循環器学会雑誌 2017/6; 33 (3): 197-201.

310017. [症例報告] Mitral Valve Necrosis After Cardiac Surgery Using Gelatin-Resorcinol-Formaldehyde Glue. Tanaka Y1, Kitamura T1, Miyata Y1, Miyaji K1: Ann Thorac Surg 2017/5; 103 (5): e435-6. (田中佑貴1, 北村 律1, 宮田有理惠1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外)

310018. [症例報告] Transareolar Video-Assisted Approach to the Atrial Septal Defect and Tricuspid Valve. Kitamura T1, Torii S2, Horai T1, Sughimoto K1, Kobayashi K1, Irisawa Y1, Hayashi H1, Matsushiro T1, Miyata Y1, Tsuchida Y1, Miyaji K1: Innovations (Phila) 2017/5; 12 (3): 217-20. (北村 律1, 鳥井晋三2, 宝来哲也1, 杉本晃一1, 小林健介1, 入澤友輔1, 林 秀憲1, 松代卓也1, 宮田有理惠1, 土田勇太1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2医療安全学教育)

310019. [症例報告] Daily transient discontinuation of extracorporeal LVAD to prevent thromboembolism of mechanical aortic valve prosthesis. Inoue T1, Kitamura T1, Torii S2, Hirata M3, Mishima T1, Sughimoto K1, Ohkubo H1, Kobayashi K1, Motokawa M1, Shibata M1, Matsushiro T1, Tsuchida Y1, Miyata Y1, Ono M, Miyaji K1: J Artif Organs 2017/9; 20 (3): 274-6. (井上崇道1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 平田光博3, 美島利昭1, 杉本晃一1 大久保博世1, 小林健介1, 本川真美加1, 柴田深雪1, 松代卓也1, 土田勇太1, 宮田有理惠1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2医療安全学教育, 3新世紀医療・横断的医療)

310020. [症例報告] Early Extubation in the Operating Room after Congenital Open-Heart Surgery. Fukunishi T1, Oka N1, Yoshii T, Kobayashi K1, Inoue N1, Horai T1, Kitamura T1, Okamoto H2, Miyaji K1: Int Heart J 2018/1; 59 (1): 94-8. (福西琢真1, 岡 徳彦1, 小林健介1, 井上信幸1, 宝来哲也1, 北村 律1, 岡本浩嗣2, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2麻酔)

310021. [症例報告] Partial anomalous pulmonary venous drainage repair concomitant with bilateral semilunar valve replacements and pulmonary artery reconstruction for an adult female 20 years after initial truncus arteriosus repair. Iwaya T, Sughimoto K1, Miyaji K1: Cardiol Young 2018/3; 28 (3): 514-5. (杉本晃一1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外)

320017. [症例報告] 放射線治療後に生じた大動脈十二指腸瘻に対し二期的根治術を施行した1例. 大久保博世1, 美島利昭1, 平田光博2, 堀越理仁1, 荒記春奈1, 松代卓也1, 井上崇道1, 柴田深雪1, 杉本晃一1, 小林健介1, 北村 律1, 鳥井晋三3, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3医療安全学教育): 血管外科 2017/11; 36 (1): 42-7.

521009. [解説]【手術のtips and pitfalls】動脈管開存の内視鏡下閉鎖術. 宮地 鑑 (心臓血管外): 日本外科学会雑誌 2017/5; 118 (3): 320-2.

521010. [解説)]【胸部外科領域における合併症予防のための周術期管理】I. 心臓血管領域 12. Fontan手術の周術期管理. 杉本晃一1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外): 胸部外科 2017/7; 70 (8): 627-3.

521011. [解説]【まい・てくにっく】総肺静脈還流異常症における肺静脈再建. 長田信洋, 宮地 鑑1 (1心臓血管外): 胸部外科 2017/10; 70 (11): 909.

[学会・研究会等]

713079. [学会 (国際)] (一般講演) Novel Surgical Strategy for Complicated Pulmonary Stenosis Using Hemodynamic Analysis Based on a Virtual Operation with Numerical Flow Analysis. Miyaji K1, Miyazaki S2, Itatani K, Sughimoto K1, Kitamura T1, Horai T1, Motokawa M1: The 97th Annual Meeting of American Association for Thoracic Surgery (AATS) 2017 (2017/4/29-5/3), Boston, MA, USA. (宮地 鑑1, 宮崎翔平2, 杉本晃一1, 北村 律1, 宝来哲也1, 本川真美加1: 1心臓血管外, 2大学院医療系研究科)

713080. [学会 (国際)] (一般講演) Transareolar Video-assisted Approach To The Atrial Septal Defect And Tricuspid Valve. Kitamura T1, Torii S2, Sughimoto K1, Kobayashi K1, Motokawa M1, Shibata M1, Inoue T1, Araki H1, Miyaji K1: The 20th annual meeting of the International Society for Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery (ISMICS) (2017/6/7-10), Rome, Italy. (北村 律1, 鳥井晋三2, 杉本晃一1, 小林健介1, 本川真美加1, 柴田深雪1, 井上崇道1, 荒記春奈1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2医療安全学教育)

713081. [学会 (国際)] (一般講演) Video-assisted Thoracoscopic Interruption For Patent Ductus Arteriosus In Extremely Low Birth Weight Neonates. Miyaji K1, Sughimoto K1, Oka N1, Motokawa M1, Kitamura T1, Kobayashi K1: The 20th annual meeting of the International Society for Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery (ISMICS) (2017/6/7-10), Rome, Italy. (宮地 鑑1, 杉本晃一1, 岡 徳彦1, 本川真美加1, 北村 律1, 小林健介1: 1心臓血管外)

713082. [学会 (国際)] (一般講演) Samurai cannulation (direct true lumen cannulation) for acute Stanford type A aortic dissection. Kitamura T1, Torii S2, Sughimoto K1, Kobayashi K1, Shibata M1, Sakaki K1, Horikoshi R1, Miyaji K1: The 31st Annual Meeting of European Association for Cardio-Thoracic Surgery (EACTS) (2017/10/7-11), Vienna, Austria. (北村 律1, 鳥井晋三2, 杉本晃一1, 小林健介1, 柴田深雪1, 榊健司朗1, 堀越理仁1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2医療安全学教育)

713083. [学会 (国際)] (一般講演) Mid-term result of atrio-ventricular valve replacement in patients with single ventricle. Sughimoto K1, Hirahara N, Miyata H, Suzuki T, Murakami A, Hirata Y, Miyaji K1, Takamoto S: The 31st Annual Meeting of European Association for Cardio-Thoracic Surgery (EACTS) (2017/10/7-11), Vienna, Austria. (杉本晃一1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外)

723416. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における傍腎動脈腹部大動脈瘤に対する治療. 平田光博1, 大久保博世2, 美島利昭2, 田村幸穂2, 宮田有理惠2, 土田勇太2, 松代卓也2, 柴田深雪2, 入澤友輔2, 本川真美加2, 杉本晃一2, 宝来哲也2, 北村 律2, 鳥井晋三3, 宮地 鑑2 (1新世紀医療・横断的医療, 2心臓血管外, 3医療安全学教育): 第45回日本血管外科学会学術総会 (2017/4/19-21), 広島, 日本血管外科学会雑誌 2017/6; 26 (Suppl): 2-5.

723417. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における緊急胸部ステントグラフト内挿術の経験. 美島利昭1, 大久保博世1, 平田光博2, 北村 律1, 宝来哲也1, 入澤友輔1, 松代卓也1, 土田勇太1, 宮田有理惠1, 杉本晃一1, 小林健介1, 本川真美加1, 柴田深雪1, 鳥井晋三3, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3医療安全学教育): 第45回日本血管外科学会学術総会 (2017/4/19-21), 広島, 日本血管外科学会雑誌 2017/6; 26 (Suppl): 11-3.

723418. [学会 (全国)] (一般講演) 腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術後のエンドリークに対する追加治療. 大久保博世1, 美島利昭1, 平田光博2, 宮田有理惠1, 土田勇太1, 松代卓也1, 柴田深雪1, 入澤友輔1, 本川真美加1, 杉本晃一1, 宝来哲也1, 北村 律1, 鳥井晋三3, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3医療安全学教育): 第45回日本血管外科学会学術総会 (2017/4/19-21), 広島, 日本血管外科学会雑誌 2017/6; 26 (Suppl): 13-4.

723419. [学会 (全国)] (一般講演) VTE安全管理と院内発症APEの予防 当院に於けるVTE予防の取り組み. 平田光博1, 大久保博世2, 美島利昭2, 宮地 鑑2 (1新世紀医療・横断的医療, 2心臓血管外): 第37回日本静脈学会総会 (2017/6/15-16), 徳島, 静脈学 2017/5; 28 (2): 168.

723420. [学会 (全国)] (一般講演) 右室流出路再建術後遠隔期肺動脈弁閉鎖不全に対する早期肺動脈弁置換術の検討. 本川真美加1, 杉本晃一1, 岡 徳彦1, 柴田深雪1, 宮田有理惠1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外): 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2017/7/7-9), 浜松.

723421. [学会 (全国)] (一般講演) 肺血流調節型肺動脈絞扼術を用いた総動脈幹症に対する段階的治療の検討. 笹原聡豊1, 小林富男2, 下山伸哉2, 池田健太郎2, 寺川勝也2, 友保貴博1, 岡 徳彦1, 宮地 鑑1, 宮本隆司1 (1心臓血管外, 2群馬県立小児医療センター): 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2017/7/7-9), 浜松.

723422. [学会 (全国)] (一般講演) NCDデータベースによる単心室における房室弁弁置換術の治療成績の検討. 平田康隆1, 杉本晃一2, 平原憲道3, 宮田裕章3, 鈴木孝明4, 村上 新1, 宮地 鑑2, 高本眞一5 (1日本心臓血管外科手術データベース機構, 2心臓血管外, 3慶應義塾大学, 4埼玉医科大学国際医療センター, 5三井記念病院): 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2017/7/7-9), 浜松.

723423. [学会 (全国)] (一般講演) 乳輪切開アプローチによる心房中隔欠損閉鎖, 三尖弁輪形成. 北村 律1, 鳥井晋三2, 杉本晃一1, 小林健介1, 柴田深雪1, 榊健司朗1, 井上崇道1, 荒記春奈1, 堀越理仁1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): Japan MICS Summit 2017 (2017/7/15), 東京.

723424. [学会 (全国)] (一般講演) 小児開心術における至摘体外循環の検討. 土田勇太1, 杉本晃一1, 古平 聡2, 柴田深雪1, 鳥井晋三3, 北村 律1, 小林健介1, 榊健司朗1, 井上崇道1, 荒記春奈1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2ME部, 3医療安全学教育): 第55回日本人工臓器学会大会 (2017/9/1-3), 東京, 人工臓器 2017/9; 46 (2): S-132.

723425. [学会 (全国)] (一般講演) 数値流体解析によるNorwood手術における大動脈再建術式の評価. 宮崎翔平1, 宮地 鑑2, 板谷慶一3, 杉本晃一2, 柴田深雪2, 北村 律2, 小林健介2, 榊健司朗2, 井上崇道2, 堀越理仁2 (1大学院医療系研究科, 2心臓血管外, 3京都医科大学): 第70回日本胸部外科学会定期学術集会 (2017/9/26-29), 札幌.

723426. [学会 (全国)] (一般講演) 急性A型大動脈解離術後遠隔期における再手術. 北村 律1, 鳥井晋三2, 平田光博3, 美島利昭1, 杉本晃一1, 小林健介1, 柴田深雪1, 榊健司朗1, 井上崇道1, 荒記春奈1, 堀越理仁1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育, 3新世紀医療・横断的医療): 第70回日本胸部外科学会定期学術集会 (2017/9/26-29), 札幌.

723427. [学会 (全国)] (一般講演) 自己心膜を用いた僧帽弁形成術の早期成績. 松代卓也1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 小林健介1, 井上崇道1, 荒記春奈1, 土田勇太1, 杉本晃一1, 柴田深雪1, 宮田有理惠1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第70回日本胸部外科学会定期学術集会 (2017/9/26-29), 札幌

723428. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における心臓腫瘍手術の検討. 小林健介1, 鳥井晋三2, 北村 律1, 平田光博3, 美島利昭1, 杉本晃一1, 柴田深雪1, 榊健司朗1, 井上崇道1, 荒記春奈1, 堀越理仁1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育, 3新世紀医療・横断的医療): 第70回日本胸部外科学会定期学術集会 (2017/9/26-29), 札幌.

723429. [学会 (全国)] (一般講演) 動脈スイッチ術後左冠動脈狭窄に対して自己心膜による左冠動脈入口部・主幹部パッチ拡大した1例. 宮地 鑑1, 杉本晃一1, 本川真美加1, 柴田深雪1, 堀越理仁1, 北村 律1, 小林健介1, 榊健司朗1, 井上崇道1 (1心臓血管外): 第70回日本胸部外科学会定期学術集会 (2017/9/26-29), 札幌.

723430. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における緊急TEVARの経験. 榊健司朗1, 美島利昭1, 大久保博世1, 平田光博2, 井上崇道1, 田中祐貴1, 堀越理仁1, 小林健介1, 鳥井晋三3, 北村 律1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3医療安全学教育): 第48回日本心臓血管外科学会学術総会 (2018/2/19-21), 三重, 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 2018/2; 48: OP2-5.

723431. [学会 (全国)] (一般講演) 小児開心術における人工心肺中末梢組織酸素飽和度と術後呼吸機能に関する検討. 笹原聡豊1, 古平 聡2, 堀越理仁1, 北村 律1, 鳥井晋三3, 平田光博4, 美島利昭1, 小林健介1, 大久保博世1, 田中佑貴1, 榊健司郎1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2ME部, 3医療安全学教育, 4新世紀医療・横断的医療): 第48回日本心臓血管外科学会学術総会 (2018/2/19-21), 三重, 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 2018/2; 48: OP18-2.

723432. [学会 (全国)] (一般講演) Visceral debranch TEVAR/EVARの早期成績. 大久保博世1, 美島利昭1, 北村 律1, 堀越理仁1, 井上祟道1, 榊健司朗1, 田中佑貴1, 小林健介1, 平田光博2, 鳥井晋三3, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3医療安全学教育): 第48回日本心臓血管外科学会学術総会 (2018/2/19-21), 三重, 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 2018/2; 48: OP21-3.

723433. [学会 (全国)] (一般講演) Fontan手術後の肝機能障害の危険因子の検討. 岡 徳彦1, 宮本隆司1, 友保貴博1, 林 秀憲1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外): 第48回日本心臓血管外科学会学術総会 (2018/2/19-21), 三重, 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 2018/2; 48: PD2-6.

723434. [学会 (全国)] (一般講演) 心外型TAPVCに対する総肺静脈幹―左房直接吻合法の遠隔成績. 宮地 鑑1, 杉本晃一1, 岡 徳彦1, 笹原聡豊1, 堀越理仁1, 鳥井晋三2, 北村 律1, 平田光博3, 美島利昭1, 大久保博世1, 小林健介1, 田中佑貴1, 榊健司朗1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育, 3新世紀医療・横断的医療): 第48回日本心臓血管外科学会学術総会 (2018/2/19-21), 三重, 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 2018/2; 48: PP-216.

723435. [学会 (全国)] (一般講演) ファロー四徴症遠隔期肺動脈弁置換術における三尖弁輪形成の有用性. 堀越理仁1, 笹原聡豊1, 鳥井晋三2, 北村 律1, 平田光博3, 美島利昭1, 大久保博世1, 小林健介1, 田中佑貴1, 榊健司朗1, 荒記春奈1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育, 3新世紀医療・横断的医療): 第48回日本心臓血管外科学会学術総会 (2018/2/19-21), 三重, 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 2018/2; 48: PP-296.

723436. [学会 (全国)] (一般講演) 遠位弓部大動脈瘤の二期的手術におけるLupiae graftの有効性の検討. 田中佑貴1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 小林健介1, 大友勇樹1, 平田光博3, 美島利昭1, 大久保博世1, 笹原聡豊1, 堀越理仁1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育, 3新世紀医療・横断的医療): 第48回日本心臓血管外科学会学術総会 (2018/2/19-21), 三重, 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 2018/2; 48: PP-341.

723437. [学会 (全国)] (一般講演) 正常左心室を有する左室流出路狭窄に対する段階的Norwood-Rastelli手術の検討. 宮地 鑑1, 宮本隆司1, 岡 徳彦1, 笹原聡豊1, 堀越理仁1, 鳥井晋三2, 北村 律1, 平田光博3, 美島利昭1, 大久保博世1, 小林健介1, 田中佑貴1, 榊健司朗1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育, 3新世紀医療・横断的医療): 第48回日本心臓血管外科学会学術総会 (2018/2/19-21), 三重, 日本心臓血管外科学会学術総会抄録集 2018/2; 48: VS2-5.

723438. [学会 (全国)] (一般講演) Initial Medical Treatment for Acute Type a Dissection with Thrombosed False Lumen of the Ascending Aorta -50/10, No ULP Rule. 笹原聡豊1, 北村 律1, 堀越理仁1, 鳥井晋三2, 小林健介1, 田中佑貴1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第82回日本循環器学会学術集会 (2018/3/23-25), 大阪.

723439. [学会 (全国)] (一般講演) Minimally Invasive Cardiac Surgery for Mitral Valve -Preoperative Prediction of Difficulties. 小林健介1, 鳥井晋三2, 北村 律1, 田中佑貴1, 笹原聡豊1, 堀越理仁1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第82回日本循環器学会学術集会 (2018/3/23-25), 大阪.

732044. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 外科医が行うデバイス手術とリード感染対応. 鳥井晋三1,2 (1医療安全学教育, 2心臓血管外): 第3回リード・マネージメント研究会 (2017/11/11), 東京.

733134. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 4回目の胸骨正中切開で肺動脈弁・大動脈弁置換術, 右肺動脈形成, 部分肺静脈還流異常修復術を施行した総動脈幹症術後の1例. 岩谷俊之, 杉本晃一1, 柴田深雪1, 宮田有理惠1, 鳥井晋三2, 北村 律1, 平田光博3, 美島利昭1, 大久保博世1, 小林健介1, 井上崇道1, 松代卓也1, 荒記春奈1, 土田勇太1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育, 3新世紀医療・横断的医療): 第174回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2017/6/3), 新潟, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2017/6; 174: 8.

733135. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Transaortic TAVI, OPCAB, PV Isolationを同時に施行した1例. 小木曽翔, 北村 律1, 鳥井晋三2, 平田光博3, 美島利昭1, 杉本晃一1, 大久保博世1, 小林健介1, 柴田深雪1, 井上崇道1, 荒記春奈1, 堀越理仁1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育, 3新世紀医療・横断的医療): 第174回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2017/6/3), 新潟, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2017/6; 174: 32.

733136. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 動脈硬化症性眼底出血を合併した高血圧を呈する両側腎動脈狭窄を伴う腹部大動脈縮窄症. 平田光博1, 美島利昭2, 大久保博世2, 田村幸穂2, 宮地 鑑2 (1新世紀医療・横断的医療, 2心臓血管外): 第174回血管外科症例検討会 (2017/11/11), 東京, 血管外科 2017/11; 36 (1): 147-8.

733137. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 医原性動静脈瘻に併発する右下肢片側肥大の1例. 平田光博1, 田村幸穂2, 美島利昭2, 大久保博世2, 宮田有理惠2, 土田勇太2, 林 秀憲2, 松代卓也2, 入澤友輔2, 小林健介2, 杉本晃一2, 宝来哲也2, 北村 律2, 鳥井晋三3, 宮地 鑑2 (1新世紀医療・横断的医療, 2心臓血管外, 3医療安全学教育): 第174回血管外科症例検討会 (2017/11/11), 東京, 血管外科 2017/11; 36 (1): 160-1.

733138. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 胸腹部大動脈瘤に対する腹部debranch TEVAR. 大久保博世1, 美島利昭1, 北村 律1, 松代卓也1, 井上崇道1, 柴田深雪1, 小林健介1, 杉本晃一1, 平田光博2, 鳥井晋三3, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3医療安全学教育): 第174回血管外科症例検討会 (2017/11/11), 東京, 血管外科 2017/11; 36 (1): 178-9.

733139. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 外膜側に浸潤した心腫瘍の1例. 井上崇道1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 平田光博3, 美島利昭1, 大久保博世1, 小林健介1, 田中佑貴1, 柴田深雪1, 榊健司郎1, 荒記春奈1, 堀越理仁1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育, 3新世紀医療・横断的医療): 第175回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2017/11/11), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2017/11; 175: 14.

733140. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Ross術後のAAE/AR に対して大動脈基部置換および自己肺動脈弁再移植術 (Ross Reversal) を施行した一例. 堀越理仁1, 井上崇道1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 平田光博3, 美島利昭1, 小林健介1, 田中佑貴1, 柴田深雪1, 榊健司朗1, 荒記春奈1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育, 3新世紀医療・横断的医療): 第175回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2017/11/11), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2017/11; 175: 27.

733141. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腎機能障害を契機に診断された無症候性大動脈解離Stanford Aに対して基部置換及び全弓部置換術を行った1例. 松永慶廉1, 中島光貴1, 小原邦義2, 贄 正基2, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2海老名総合病院): 第175回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2017/11/11), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2017/11; 175: 29.

733142. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 右房側にパウチを形成したバルサルバ洞破裂右房穿破の1例. 大友勇樹1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 美島利昭1, 大久保博世1, 小林健介1, 田中佑貴1, 笹原聡豊1, 堀越理仁1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第176回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2018/3/10), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2018/3; 176: 12.

733143. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Norwood-Rastelli術後10年に自己大動脈及び大動脈弁の成長を認め, Rastelli手術のTake downを行った一例. 笹原聡豊1, 堀越理仁1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 美島利昭1, 小林健介1, 大久保博世1, 田中佑貴1, 大友勇樹1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第176回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2018/3/10), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2018/3; 176: 15.

733144. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 大動脈弁輪拡張症の術後に悪性高熱を来した1例. 松永慶廉1, 中島光貴1, 小原邦義2, 贄 正基2, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2海老名総合病院): 第176回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2018/3/10), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2018/3; 176: 29.


呼吸器外科学

[学術論文]

110188. [原著] Effect of adjuvant chemotherapy after pulmonary metastasectomy on the prognosis of colorectal cancer. Shiomi K1, Naito M2, Sato T2, Nakamura T2, Nakashima H1, Naito M1, Mikubo M1, Matsui Y1, Watanabe M2, Satoh Y1: Ann Med Surg (Lond) 2017/6; 20: 19-25. (塩見 和1, 内藤正規2, 佐藤武郎2, 中村隆俊2, 中島裕康1, 内藤雅仁1, 三窪将史1, 松井啓夫1, 渡邊昌彦2, 佐藤之俊1: 1呼吸器外, 2下部消化管外)

110189. [原著] Prognostic impact of uncertain parietal pleural invasion at adhesion sites in non-small cell lung cancer patients. Mikubo M1, Nakashima H1, Naito M1, Matsui Y1, Shiomi K1, Jiang SX, Satoh Y1: Lung Cancer 2017/6; 108: 103-8. (三窪将史1, 中島裕康1, 内藤雅仁1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1: 1呼吸器外)

110190. [原著] Molecular alterations in a new cell line (KU-Lu-MPPt3) established from a human lung adenocarcinoma with a micropapillary pattern. Matsuo Y1, Shiomi K2, Sonoda D2, Mikubo M2, Naito M2, Matsui Y2, Yoshida T3, Satoh Y2: J Cancer Res Clin Oncol 2018/1; 144 (1): 75-87. (松尾由紀子1, 塩見 和2, 園田 大2, 三窪将史2, 内藤雅仁2, 松井啓夫2, 吉田 功3, 佐藤之俊2: 1病態・診療系, 2呼吸器外, 3病理)

110191. [原著] Feasible and promising modified trans-subxiphoid thoracoscopic extended thymectomy for patients with myasthenia gravis Shiomi K1, Kitamura E2, Ono M1, Kondo Y1, Naito M1, Mikibo M1, Matsui Y1, Nishiyama K2, Suda T, Satoh Y1: J Thorac Dis 2018/3; 10 (3): 1747-52. (塩見 和1, 北村英二2, 小野元嗣1, 近藤泰人1, 内藤雅仁1, 三窪将史1, 松井啓夫1, 西山和利2, 佐藤之俊1: 1呼吸器外, 2神経内)

310022. [症例報告] Spontaneous non-traumatic mediastinal hematoma associated with oral anticoagulant therapy: A case report and literature review. Mikubo M1, Sonoda D1, Yamazaki H1, Naito M1, Matsui Y1, Shiomi K1, Satoh Y1: Int J Surg Case Rep 2017; 39: 221-4. (三窪将史1, 園田 大1, 山崎宏嗣1, 内藤雅仁1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1: 1呼吸器外)

310023. [症例報告] Lung metastases of a uterine tumor resembling ovarian sex-cord tumor: Report of a rare case. Kondo Y1, Sakaguchi S, Mikubo M1, Naito M1, Shiomi K1, Ohbu M2, Satoh Y1: Diagn Cytopathol 2018/1; 46 (1): 88-91. (近藤泰人1, 三窪将史1, 内藤雅仁1, 塩見 和1, 大部 誠2, 佐藤之俊1: 1呼吸器外, 2北里大学北里研究所病院)

522087. [講座]【特集: 初歩から学ぶ分子標的治療のための免疫組織化学】1. 分子標的治療とは. 三窪将史1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): Medical Technology 2017/4; 45 (4): 328-32.

[著 書]

620043. [学術書 (分担執筆)]【最新醫學別冊 診断と治療のABC 123 呼吸器腫瘍】第3章 診断 喀痰検査・胸水検査, p.80-7. 三窪将史1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外), 編: 中西洋一. 最新医学社, 大阪, 2017/5発行.

620044. [学術書 (分担執筆)]【胸部外科領域における合併症予防のための周術期管理 (胸部外科2017年7月増刊号)】II. 呼吸器領域 肺瘻−術中における予防と術後の対策, p.668-72. 内藤雅仁1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外), 南江堂, 東京, 2017/7発行.

621002. [学術書 (編集)]【悪性胸膜中皮腫細胞診断の手引き】編: 日本肺癌学会細胞診判定基準改訂委員会 (佐藤之俊 ((呼吸器外))/中皮腫細胞診評価ワーキンググループ, 日本肺癌学会, 東京, 2017/11発行.

[学会・研究会等]

711003. [学会 (国際)] (特別講演) The clinical impact of a morphologic micropapillary pattern in lung adenocarcinoma. Satoh Y1: 16th Japan-Korea Joint Meeting for Diagnostic Cytopathology (2017/9/2), Korea. (佐藤之俊1: 1呼吸器外)

713084. [学会 (国際)] (一般講演) Microenvironmental changes in the progression from adenocarcinoma in situ to "early-invasive" adenocarcinoma of the lung. Naito M1, Satoh Y1, Ishii G: AACR Annual Meeting 2017 (2017/4/1-5), Washington, DC, USA. (内藤雅仁1, 佐藤之俊1: 1呼吸器外)

713085. [学会 (国際)] (一般講演) A case of malignant mesothelioma detected by pleural effusion after surgery for pneumothorax. Mikubo M1, Sakaguchi S, Sonoda D1, Yoshida T, Satoh Y1: 16th Japan-Korea Joint Meeting for Diagnostic Cytopathology (2017/9/2), Korea. (三窪将史1, 園田 大1, 佐藤之俊1: 1呼吸器外)

723440. [学会 (全国)] (一般講演) 稀な起因菌による肺膿瘍に対し, 左下葉切除を施行した1例. 山崎宏継1, 近藤泰人1, 内藤雅仁1, 中島裕康, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1, 近藤惇一2, 和田達彦2 (1呼吸器外, 2膠原病・感染内): 第34回日本呼吸器外科学会総会 (2017/5/18-19), 福岡.

723441. [学会 (全国)] (一般講演) 食道癌手術を契機に発症した肺捻転の1切除例. 塩見 和1, 林 祥子1, 近藤泰人1, 小野元嗣1, 山崎宏継1, 内藤雅仁1, 三窪将史1, 中島裕康, 松井啓夫1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第34回日本呼吸器外科学会総会 (2017/5/18-19), 福岡.

723442. [学会 (全国)] (一般講演) 肺癌手術におけるポータブル型デジタル胸腔ドレナージ装置と従来法胸腔ドレナージ装置の臨床的比較. 近藤泰人1, 内藤雅仁1, 山崎宏継1, 中島裕康, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第34回日本呼吸器外科学会総会 (2017/5/18-19), 福岡.

723443. [学会 (全国)] (一般講演) 良性腫瘍・その他の肺結節性病変の画像と細胞診. 岩松弘文, 中山朋秋, 佐藤憲俊, 青柳大樹, 塩澤 哲, 井出伸也, 石亀廣樹, 植田瑞穂, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第58回日本臨床細胞学会総会 (春期大会) (2017/5/26-28), 大阪.

723444. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性中皮腫における客観的数量化技術開発および機械学習機による判別分析研究. 木村文一, 溝口貴弘, 山口雅浩, 村雲芳樹1, 太田浩良, 佐藤之俊2 (1病理, 2呼吸器外): 第56回日本臨床細胞学会秋期大会 (2017/11/19), 福岡.

732045. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 肺癌取扱い規約第8版〜細胞診判定基準の改訂について〜. 佐藤之俊 (呼吸器外): 神奈川県臨床衛生検査技師会細胞検査研究班研修会 (2017/7/23), 横浜.

733145. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 画像的に嚢胞性胸腺腫を疑った前縦隔リンパ管腫の1切除例. 玉川 達1, 近藤泰人1, 小野元嗣1, 山崎宏継1, 内藤雅仁1, 三窪将史1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1, 仲田典広2, 原 敦子2 (1呼吸器外, 2病理): 第174回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2017/6/3), 新潟.

733146. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腫瘍随伴性末梢神経障害で発症した小細胞肺癌の一例. 三井 愛, 小野元嗣1, 山崎宏継1, 三窪将史1, 内藤雅仁1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1, 中原善朗2, 北村英二3, 一戸昌明4 (1呼吸器外, 2呼吸器内, 3神経内, 4病理): 第179回日本肺癌学会関東支部学術集会 (2017/7/1), 東京.

733147. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 各種LBC保存液による細胞形態学的差異. 上條桂輔, 加藤さおり, 西村由香里1, 服部 学1, 佐藤之俊2, 古田玲子1 (1医療衛生学部, 2呼吸器外): 先端モデル動物支援プラットフォーム若手支援技術講習会 2017 (2017/9/7-9), 長野.

733148. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当科における高齢者肺癌の治療成績. 松井啓夫1, 玉川 達1, 近藤泰人1, 山崎宏継1, 三窪将史1, 内藤雅仁1, 塩見 和1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第33回北里腫瘍フォーラム (2017/9/1), 相模原.

733149. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 限局性胸膜中皮腫に対してP/Dを施行した1例. 塩見 和1, 近藤泰人1, 一戸昌明2, 梶田咲美乃2, 小野元嗣1, 山崎宏継1, 内藤雅仁1, 三窪将史1, 松井啓夫1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外, 2病理): 第8回JMIG研究会 (2017/9/2), 横浜.

733150. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 左胸膜肺全摘術後4年半を経過した後に特異な経過を示した悪性胸膜中皮腫の1例. 肥塚 智, 大塚 創, 牧野 崇, 東 陽子, 秦 美暢, 磯部和順, 本間 栄, 中島裕康, 佐藤之俊1, 伊豫田明 (1呼吸器外): 第8回JMIG研究会 (2017/9/2), 横浜.

733151. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 胸腺腫に対する剣状突起下アプローチによる胸腔鏡下手術. 近藤泰人1, 玉川 達1, 山崎宏継1, 内藤雅仁1, 三窪将史1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第10回神奈川呼吸器外科研究会 (2017/10/21), 横浜.

733152. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 気管支カルチノイドに対して気管支管状切除を施行した1例. 近藤泰人1, 玉川 達1, 小野元嗣1, 山崎宏継1, 内藤雅仁1, 三窪将史1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第175回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2017/11/11), 東京.

733153. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 前立腺癌術後12年目に肺単独転移をきたした一例. 小野元嗣1, 鈴木幹人, 原 敦子2, 佐藤之俊1, 神谷紀輝1 (1呼吸器外, 2病理): 第180回日本肺癌学会関東支部学術集会 (2017/12/2), 東京.

733154. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 肉芽組織の中心部に肺大細胞癌を認めた1切除例. 玉川 達1, 近藤泰人1, 小野元嗣1, 山崎宏継1, 内藤雅仁1, 三窪将史1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第180回日本肺癌学会関東支部学術集会 (2017/12/2), 東京.

733155. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 左上大静脈遺残を合併した胸腺腫に対する剣状突起下アプローチによる胸腺全摘術の1例. 小野元嗣1, 近藤泰人1, 山崎宏継1, 三窪将史1, 内藤雅仁1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1, 一戸昌明2 (1呼吸器外, 2病理): 第37回日本胸腺研究会 (2018/2/24), 名古屋.


脳神経外科学

[学術論文]

110192. [原著] Intraoperative Visualization of Subependymal Arteries at the Atrium Supplying the Descending Motor Pathway. Hanihara M, Sato S1, Shibahara I1, Saito R, Kanamori M, Sonoda Y, Kinouchi H, Tominaga T, Kumabe T1: World Neurosurg 2017/5; 101: 296-303. (佐藤澄人1, 柴原一陽1, 隈部俊宏1: 1脳外)

110193. [原著] Idiopathic spinal cord herniation: consideration of its pathogenesis based on the histopathology of the dura mater. Shimizu S1, Kobayashi Y, Oka H1, Kumabe T1: Eur Spine J 2017/6. doi: 10.1007/s00586-017-5147-y. [Epub ahead of print] (清水 曉1, 岡 秀宏1, 隈部俊宏1: 1脳外)

110194. [原著] Intertumoral Heterogeneity within Medulloblastoma Subgroups. Cavalli FMG, Remke M, Rampasek L, Peacock J, Shih DJH, Luu B, Garzia L, Torchia J, Nor C, Morrissy AS, Agnihotri S, Thompson YY, Kuzan-Fischer CM, Farooq H, Isaev K, Daniels C, Cho BK, Kim SK, Wang KC, Lee JY, Grajkowska WA, Perek-Polnik M, Vasiljevic A, Faure-Conter C, Jouvet A, Giannini C, Nageswara Rao AA, Li KKW, Ng HK, Eberhart CG, Pollack IF, Hamilton RL, Gillespie GY, Olson JM, Leary S, Weiss WA, Lach B, Chambless LB, Thompson RC, Cooper MK, Vibhakar R, Hauser P, van Veelen MC, Kros JM, French PJ, Ra YS, Kumabe T1, L用ez-Aguilar E, Zitterbart K, Sterba J, Finocchiaro G, Massimino M, Van Meir EG, Osuka S, Shofuda T, Klekner A, Zollo M, Leonard JR, Rubin JB, Jabado N, Albrecht S, Mora J, Van Meter TE, Jung S, Moore AS, Hallahan AR, Chan JA, Tirapelli DPC, Carlotti CG, Fouladi M, Pimentel J, Faria CC, Saad AG, Massimi L, Liau LM, Wheeler H, Nakamura H, Elbabaa SK, Perezpe紡-Diazconti M, Chico Ponce de Le溶 F, Robinson S, Zapotocky M, Lassaletta A, Huang A, Hawkins CE, Tabori U, Bouffet E, Bartels U, Dirks PB, Rutka JT, Bader GD, Reimand J, Goldenberg A, Ramaswamy V, Taylor MD: Cancer Cell 2017/6; 31 (6): 737-54.e6. (隈部俊宏1: 1脳外)

110195. [原著] Opening the ventricle during surgery diminishes survival among patients with newly diagnosed glioblastoma treated with carmustine wafers: a multi-center retrospective study. Sonoda Y, Shibahara I1, Matsuda KI, Saito R, Kawataki T, Oda M, Sato Y, Sadahiro H, Nomura S, Sasajima T, Beppu T, Kanamori M, Sakurada K, Kumabe T1, Tominaga T, Kinouchi H, Shimizu H, Ogasawara K, Suzuki M: J Neurooncol 2017/8; 134 (1): 83-8. (柴原一陽1, 隈部俊宏1: 1脳外)

110196. [原著] Efficacy of neuroendoscopic evacuation of traumatic intracerebral or intracerebellar hematoma. Koizumi H1,2, Yamamoto D1, Asari Y2, Kumabe T1: Kitasato Med J 2017/9; 47 (2): 141-7. (小泉寛之1,2, 山本大輔1, 浅利 靖2, 隈部俊宏1: 1脳外, 2救命)

110197. [原著] Significance of cathodal stimulation for motor evoked potential monitoring. Sato S1, Onozawa Y2, Kusumi M1, Koizumi H1,3, Hoshi K4, Okamoto H5, Kumabe T1: Kitasato Med J 2017/9; 47(2): 148-59. (佐藤澄人1, 小野澤裕也2, 久須美真理1, 小泉寛之1,3, 星 佳芳4, 岡本浩嗣5, 隈部俊宏1: 1脳外, 2臨検部, 3救命, 4衛生, 5麻酔)

110198. [原著] Relationship between Stroke Events during Pachinko Play and Prognosis. Koizumi H1,2, Hoshi K3, Yamamoto D1, Asari Y2, Kumabe T1: J Stroke Cerebrovasc Dis 2017/12; 26 (12): 2971-5. (小泉寛之1,2, 星 佳芳3, 山本大輔1, 浅利 靖2, 隈部俊宏1: 1脳外, 2救命, 3衛生)

110199. [原著] Glioblastoma in neurofibromatosis 1 patients without IDH1, BRAF V600E, and TERT promoter mutations. Shibahara I1, Sonoda Y, Suzuki H, Mayama A, Kanamori M, Saito R, Suzuki Y, Mashiyama S, Uenohara H, Watanabe M, Kumabe T1, Tominaga T: Brain Tumor Pathol 2018/1; 35 (1): 10-8. (柴原一陽1, 隈部俊宏1: 1脳外)

110200. [原著] Expression of CD133 as a Putative Prognostic Biomarker to Predict Intracranial Dissemination of Primary Spinal Cord Astrocytoma. Inoue T, Endo T, Nakamura T, Shibahara I1, Endo H, Tominaga T: World Neurosurg 2018/2; 110: e715-26. (柴原一陽1: 1脳外)

120010. [原著] 脊髄拡大硬膜形成における椎弓切除端のミニスクリューへの硬膜吊り上げ: 簡単・効果的な髄腔の維持法. 清水 曉1, 大澤成之, 望月崇弘, 河井卓也, 三井公彦, 隈部俊宏1 (1脳外): J Spine Res 2017/7; 8 (7): 1231-4.

320018. [症例報告] 前頭側頭開頭術後に著しい顎下腺腫脹により上気道狭窄をきたした1例. 小泉寛之1,2, 山本大輔1, 浅利 靖2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2救命): 脳神経外科速報 2018/2; 28 (2): 196-200.

522088. [講座]【連載: 脳腫瘍の手術のための術前・術中支援】(6) 第四脳室腫瘍に対する開頭術. 柴原一陽1, 隈部俊宏1 (1脳外): 脳神経外科 2017/4; 45 (4): 361-9.

522089. [講座]【特集: 意識障害患者を診る 意識障害を来す疾患の診療】脳腫瘍. 隈部俊宏 (脳外): 臨牀と研究 2017/9; 94 (9): 1093-7.

522090. [講座] 脳神経外科領域疾患におけるてんかん治療−特に脳腫瘍を中心に−. 岡 秀宏 (脳外): 上尾医師会会報 2018/3; p.10-5.

[著 書]

620045. [学術書 (分担執筆)]【脳腫瘍臨床病理カラーアトラス (第4版)】各論 Embryonal tumors 36. 髄芽腫, 組織型, p.97-101. 隈部俊宏1, 信澤純人, 平戸純子 (1脳外), 編: 日本脳腫瘍病理学会, 医学書院, 東京, 2017/10発行.

620046. [学術書 (分担執筆)]【脳腫瘍臨床病理カラーアトラス 第4版】各論 Embryonal tumors 40. 非定型奇形腫様ラブドイド腫瘍, p.108-9. 岡 秀宏1, 信澤純人, 平戸純子 (1脳外), 編: 日本脳腫瘍病理学会, 医学書院, 東京, 2017/10発行.

620047. [学術書 (分担執筆)]【老年脳神経外科診療マニュアル】III 老年脳神経外科学 [脳腫瘍] 悪性神経膠腫, p.126-38. 隈部俊宏 (脳外), 監修: 新井 一, 編: 井川房夫, 森田明夫, メジカルヴュー社, 東京, 2018/2発行.

[学会・研究会等]

713086. [学会 (国際)] (一般講演) Histological analysis of glioblastoma tissue after carmustine wafer implantation. Shibahara I1, Hanihara M, Dan M1, Sato S1, Inukai M2, Hara A2, Yasui Y3, Kumabe T1: The 14th Meeting of the Asian Society for Neuro-Oncology (ASNO 2017) (2017/10/31), Osaka, Japan. (柴原一陽1, 壇  充1, 佐藤澄人1, 犬飼 円2, 原 敦子2, 安井美江3, 隈部俊宏1: 1脳外, 2病理, 3形態系)

721007. [学会 (全国)] (特別講演) 悪性神経膠腫治療におけるギリアデルメの立ち位置. 隈部俊宏 (脳外): 第35回日本脳腫瘍病理学会学術集会 (2017/5/20), 栃木.

722095. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 脳梁両側性に浸潤する神経膠腫摘出術. 隈部俊宏 (脳外): 第26回脳神経外科手術と機器学会 (2017/4/14), 山梨.

722096. [学会 (全国)] (教育講演) 悪性脳腫瘍に対する放射線治療. 隈部俊宏 (脳外): 第76回日本医学放射線学会総会 (2017/4/14), 横浜.

722097. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 脳幹部腫瘍に対する可及的摘出術. 隈部俊宏1, 柴原一陽1, 埴原光人, 宮坂和弘1, 檀  充1, 佐藤澄人1, 齋藤竜太, 金森政之, 園田順彦, 冨永悌二 (1脳外): 第22回日本脳腫瘍の外科学会 (2017/9/8), 鹿児島.

722098. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 第三脳室内・鞍上部腫瘍への治療戦略: 多方向アプローチの習得と内視鏡手術の重要性. 岡 秀宏1, 久須美真理1, 近藤宏治1 (1脳外): 第22回日本脳腫瘍の外科学会 (2017/9/9), 鹿児島.

722099. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 低侵襲治療のための神経内視鏡手術から神経外視手術へ: Visionsense の現状と未来. 岡 秀宏1, 久須美真理1, 檀  充1, 近藤宏治1 (1脳外): 第24回一般社団法人日本神経内視鏡学会 (2017/11/9), 横浜.

722100. [学会 (全国)] (シンポジウム等) なぜその脳腫瘍が視機能障害を来すか? 百聞は一見に如かず. 隈部俊宏 (脳外): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 横浜.

722101. [学会 (全国)] (シンポジウム等) MINDS方式による結節性硬化症SEGAガイドライン (外科治療). 隈部俊宏 (脳外): 第5回日本結節性硬化症学会学術集会 (2017/11/11), 東京.

722102. [学会 (全国)] (シンポジウム等) くも膜のう胞と鑑別を要するTrabecular cell hyperplasia NF1合併の新疾患概念の提唱. 岡 秀宏1, 久須美真理1, 近藤宏治1, ペリー・アーリー (1脳外): 第41回日本脳神経CI学会総会 (2018/3/2), 新潟.

722103. [学会 (全国)] (シンポジウム等) 術中超音波画像診断によるリアルタイム脊椎・脊髄病変の評価と有用性. 近藤宏治1, 久須美真理1, 檀  充1, 高梨淳子, 落合則幸, 鰐淵康一郎, 鷺内隆雄, 岡 秀宏1 (1脳外): 第41回日本脳神経CI学会総会 (2018/3/2), 新潟.

722104. [学会 (全国)] (招待講演等) Olig2 positive Oligodendrocytes lineage cells induce chemo-radioresisitant characteristics at the tumor border in glioblastomas. 秀拓一郎1, Komohara Y, Miyasato Y, Nakamura H, Makino K, Takeya M, Kuratsu J, Mukasa A (1脳外): 第36回日本脳腫瘍病理学会 (2018/9/25), 東京.

723445. [学会 (全国)] (一般講演) 傍鞍部髄膜腫手術に対する工夫. 久須美真理1, 岡 秀宏1, 近藤宏治1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第26回脳神経外科手術と機器学会 (2017/4/14), 山梨.

723446. [学会 (全国)] (一般講演) 中脳正中部海綿状血管腫に対しanterior interhemispheric transcallosal/foraminal approachで摘出した一例. 柴原一陽1, 埴原光人, 檀  充1, 佐藤澄人1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第26回脳神経外科手術と機器学会 (2017/4/14), 山梨.

723447. [学会 (全国)] (一般講演) 錐体路を栄養するSubependymal arteryの臨床解剖と脳腫瘍手術における注意点. 埴原光人, 檀  充1, 柴原一陽1, 佐藤澄人1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第26回脳神経外科手術と機器学会 (2017/4/14), 山梨.

723448. [学会 (全国)] (一般講演) バイポーラシステム「ベザリウス」の基礎研究と臨床応用: 開発から10年間の進化. 岡 秀宏1, 久須美真理1, 近藤宏治1 (1脳外): 第26回脳神経外科手術と機器学会 (2017/4/15), 山梨.

723449. [学会 (全国)] (一般講演) カルムスチン脳内留置用剤留置後脳組織の病理学的検討. 柴原一陽1, 埴原光人, 檀  充1, 佐藤澄人1, 犬飼 円2, 原 敦子2, 安井美江3, 隈部俊宏1 (1脳外, 2病理, 3形態系): 第18回日本分子脳神経外科学会 (2017/8/26), 甲府.

723450. [学会 (全国)] (一般講演) 脊髄硬膜動静脈瘻において瘻と異なる髄節で硬膜を貫通する導出静脈: 手術を複雑化する非典型的走行. 清水 曉1, 大澤成之, 望月崇弘, 甘利和光, 近藤竜史, 隈部俊宏1 (1脳外): 第24回日本脊椎・脊髄神経手術手技学会学術集会 (2017/9/23), 新潟.

723451. [学会 (全国)] (一般講演) Butterfly glioblastomaに対する新規アプローチ方法: 両側経皮質と経半球間裂を用いた摘出術. 柴原一陽1, 埴原光人, 宮坂和弘1, 檀  充1, 稲村彰紀1, 舘岡 達, 佐藤澄人1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第22回日本脳腫瘍の外科学会 (2017/9/8), 鹿児島.

723452. [学会 (全国)] (一般講演) 基底核および脳幹病変に対する定位的生検. 佐藤澄人1, 檀  充1, 宮坂和弘1, 埴原光人, 柴原一陽1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第22回日本脳腫瘍の外科学会 (2017/9/8), 鹿児島.

723453. [学会 (全国)] (一般講演) ダンベル型頸静脈孔神経鞘腫に対する内頸静脈を温存したretorosigmoid-infralabysinthin approach. 久須美真理1, 岡 秀宏1, 近藤宏治1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第22回日本脳腫瘍の外科学会 (2017/9/9), 鹿児島.

723454. [学会 (全国)] (一般講演) 錐体路を栄養するSubependymal artery の臨床解剖の検討. 埴原光人, 柴原一陽1, 佐藤澄人1, 木内博之, 隈部俊宏1 (1脳外): 日本脳神経外科学会第76回学術総会 (2017/10/12), 名古屋.

723455. [学会 (全国)] (一般講演) 基底核領域における穿通動脈損傷を回避した定位的生検. 佐藤澄人1, 檀  充1, 宮坂和弘1, 埴原光人, 柴原一陽1, 隈部俊宏1 (1脳外): 日本脳神経外科学会第76回学術総会 (2017/10/12), 名古屋.

723456. [学会 (全国)] (ポスター) 被殻出血における急性期内視鏡下血腫除去術における予後因子の検討. 小泉寛之1,2, 山本大輔1, 星 佳芳3, 隈部俊宏1 (1脳外, 2救命, 3衛生): 日本脳神経外科学会第76回学術総会 (2017/10/12), 名古屋.

723457. [学会 (全国)] (一般講演) 再発胚種に対する全脳全脊髄照射の長期成績. 金森政之, 齋藤竜太, 長南雅志, 園田順彦, 隈部俊宏1, 冨永悌二 (1脳外): 日本脳神経外科学会第76回学術集会 (2017/10/12), 名古屋.

723458. [学会 (全国)] (ポスター) 頭部MRIで膠芽腫と鑑別困難な中枢神経系原発悪性リンパ腫の放射線及び病理学的検討. 舘岡 達, 柴原一陽1, 埴原光人, 宮坂和弘1, 檀  充1, 稲村彰紀1, 佐藤澄人1, 隈部俊宏1 (1脳外): 日本脳神経外科学会第76回学術総会 (2017/10/13), 名古屋.

723459. [学会 (全国)] (ポスター) 後頭葉下面経由のoccipital transtentorial approachの有用性. 稲村彰紀1, 柴原一陽1, 舘岡 達, 宮坂和弘1, 檀  充1, 佐藤澄人1, 齋藤竜太, 金森政之, 園田順彦, 冨永悌二, 隈部俊宏1 (1脳外): 日本脳神経外科学会第76回学術総会 (2017/10/13), 名古屋.

723460. [学会 (全国)] (ポスター) ダンベル型頸静脈孔神経鞘腫に対する内頸静脈を温存したretrosigmoid-infralabyrinthin approach. 久須美真理1, 岡 秀宏1, 近藤宏治1, 隈部俊宏1 (1脳外): 日本脳神経外科学会第76回学術総会 (2017/10/13), 名古屋.

723461. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における急性期脳梗塞に対する機械的血栓回収療法に伴う頭蓋内出血. 黒田博紀1, 宮坂和弘1, 檀  充1, 井島大輔2, 山本大輔1, 仁木 淳, 近藤竜史, 西山和利2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2神経内): 日本脳神経外科学会第76回学術総会 (2017/10/13), 名古屋, 脳血管内治療 2017/10; 2 (Suppl): S187.

723462. [学会 (全国)] (一般講演) 腎機能障害を有した急性期脳梗塞患者に対する血栓回収療法後の造影剤腎症について. 山本大輔1, 近藤竜史, 宮坂和弘1, 檀  充1, 井島大輔2, 黒田博紀1, 柴原一陽1, 小泉寛之1,3, 隈部俊宏1 (1脳外, 2神経内, 3救命): 日本脳神経外科学会第76回学術総会 (2017/10/13), 名古屋.

723463. [学会 (全国)] (一般講演) 扁桃体から淡蒼球に浸潤する膠芽腫摘出. 隈部俊宏1, 埴原光人, 柴原一陽1, 宮坂和弘1, 檀  充1, 舘岡 達, 稲村彰紀1, 佐藤澄人1, 齋藤竜太, 金森政之, 園田順彦, 冨永悌二 (1脳外): 日本脳神経外科学会第76回学術総会 (2017/10/13), 名古屋.

723464. [学会 (全国)] (一般講演) カルムスチン脳内留置用剤留置後脳組織の病理学的検討. 柴原一陽1, 埴原光人, 檀  充1, 佐藤澄人1, 犬飼 円2, 原 敦子2, 安井美江3, 隈部俊宏1 (1脳外, 2病理, 3形態系): 日本脳神経外科学会第76回学術総会 (2017/10/14), 名古屋.

723465. [学会 (全国)] (一般講演) Convection-enhanced deliveryによる脳幹腫瘍の治療: 医師主導治験に向けて. 齋藤竜太, 金森政之, 園田順彦, 山下洋二, 麦倉俊司, 隈部俊宏1, 冨永悌二 (1脳外): 日本脳神経外科学会第76回学術集会 (2017/10/14), 名古屋.

723466. [学会 (全国)] (一般講演) 被殻出血における急性期内視鏡下血腫除去術における予後因子の検討. 小泉寛之1,2, 山本大輔1, 星 佳芳3, 隈部俊宏1 (1脳外, 2救命, 3衛生): 第24回一般社団法人日本神経内視鏡学会 (2017/11/9), 横浜.

723467. [学会 (全国)] (ポスター) 経時的画像follow後治療介入した神経膠腫に対する後方視的腫瘍容量解析. 柴原一陽1, 宮坂和弘1, 檀  充1, 眞野 唯, 長南雅志, 佐藤雄一, 埴原光人, 舘岡 達, 稲村彰紀1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第35回日本脳腫瘍学会学術集会 (2017/11/27), 高松.

723468. [学会 (全国)] (ポスター) 単一施設におけるBevacizumab使用の現況と治療成績. 稲村彰紀1, 柴原一陽1, 宮坂和弘1, 檀  充1, 眞野 唯, 長南雅志, 佐藤雄一, 埴原光人, 舘岡 達, 隈部俊宏1 (1脳外): 第35回日本脳腫瘍学会学術集会 (2017/11/27), 高松.

723469. [学会 (全国)] (一般講演) 進行性四肢筋力低下で発症した下垂体腺腫. 秀拓一郎1, 松浦 仁, 篠島直樹, 矢野茂敏, 武笠晃丈 (1脳外): 第28回日本間脳下垂体腫瘍学会 (2018/2/10), 浜松.

723470. [学会 (全国)] (一般講演) 経時的画像follow後治療した神経膠腫に対する後方視的腫瘍容量解析. 柴原一陽1, 宮坂和弘1, 檀  充1, 眞野 唯, 長南雅志, 佐藤雄一, 埴原光人, 舘岡 達, 稲村彰紀1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第41回日本脳神経CI学会総会 (2018/3/2), 新潟.

723471. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における急性期脳梗塞に対する機械的血栓回収法に伴う頭蓋内出血. 黒田博紀1, 宮坂和弘1, 檀  充1, 井島大輔2, 山本大輔1, 仁木 淳, 近藤竜史, 西山和利2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2神経内): 第47回日本脳卒中の外科学会学術集会 (2018/3/15), 福岡.

723472. [学会 (全国)] (一般講演) 内頚動脈流に対する前床突起切除. 久須美真理1, 岡 秀宏1, 近藤宏治1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第47回日本脳卒中の外科学会学術集会 (2018/3/15), 福岡.

723473. [学会 (全国)] (一般講演) 腎機能障害を有した急性期脳梗塞患者に対する血栓回収療法後の造影剤腎症について. 山本大輔1, 近藤竜史, 宮坂和弘1, 檀  充1, 井島大輔2, 黒田博紀1, 柴原一陽1, 小泉寛之1,3, 隈部俊宏1 (1脳外, 2神経内, 3救命): 第43回日本脳卒中学会学術集会 (2018/3/16), 福岡.

723474. [学会 (全国)] (ポスター) 導出静脈が瘻と異なる髄節で硬膜を貫通する脊髄硬膜動静脈瘻: 手術を複雑化する非典型的走行. 清水 曉1, 大澤成之, 望月崇弘, 甘利和光, 近藤竜史, 隈部俊宏1 (1脳外): 第47回日本脳卒中の外科学会学術集会 (2018/3/17), 福岡.

731063. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 神経膠腫治療: やはり腫瘍摘出にこだわってみませんか? 隈部俊宏 (脳外): 第11回信州脳腫瘍研究会 (2017/9/1), 松本.

731064. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Childhood cancer survivors: 悪性脳腫瘍に対する放射線治療の意義と晩期合併症. 隈部俊宏 (脳外): 第23回北陸間脳下垂体腫瘍研究会 (2017/9/2), 富山.

731065. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) グリオーマの手術手技−基本に立ち帰って−. 隈部俊宏 (脳外): 脳領域Web講演会 ALL NEST (2018/1/26), 東京.

732046. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) グリオーマ診療のアップデート. 隈部俊宏 (脳外): 第135回日本脳神経外科学会 関東支部会 (2018/3/31), 東京.

733156. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 頭蓋頚椎移行部への播種再発病変に対して画像上全摘を行った側頭葉膠芽腫症例. 埴原光人, 宮坂和弘1, 檀  充1, 大越裕人, 柴原一陽1, 佐藤澄人1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第132回日本脳神経外科学会 関東支部会 (2017/4/8), 東京.

733157. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 外側後頭下アプローチにおけるbridged craniotomy変法. 清水 曉1, 望月崇弘, 大澤成之, 関口朋子1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第10回日本整容脳神経外科研究会 (2017/4/15), 山梨.

733158. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 脊髄小脳失調症31型とパーキンソン病の合併によるHolmes振戦の1例. 佐藤澄人1, 清水和敬2, 花島律子, 渡辺克成, 清水崇宏2, 檀  充1, 西山和利2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2神経内): 第32回日本大脳基底核研究会 (2017/7/1), 愛知.

733159. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Atypical choroid plexus papillomaの一例. 隈部俊宏1, 檀  充1, 宮坂和弘1, 埴原光人, 柴原一陽1, 小野澤裕也2, 佐藤澄人1, 赤羽敦也 (1脳外, 2臨検部): 第11回関東小児脳神経外科カンファレンス (2017/7/30), 東京.

733160. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 多発硬膜動静脈瘻に合併した横静脈洞閉鎖に対して経皮的静脈洞形成術を施行した1例. 山本大輔1, 宮坂和弘1, 井島大輔2, 黒田博紀1, 小泉寛之1,3, 近藤竜史, 隈部俊宏1 (1脳外, 2神経内, 3救命): 第133回日本脳神経外科学会 関東支部会 (2017/9/16), 東京.

733161. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 既往症としてのvon Willenbrand病の情報伝達欠落によって治療に難渋した非外傷性急性硬膜下血腫の1例. 小泉寛之1,2, 古藤理佳2, 山本大輔1, 浅利 靖2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2救命): 第134回日本脳神経外科学会 関東支部会 (2017/12/16), 東京.

733162. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 低身長を契機に発見された頭蓋咽頭腫の6歳男児例. 秀拓一郎1, 松浦 仁, 篠島直樹, 矢野茂敏 (1脳外): シーボルト神経内視鏡ワークショップ2018 (2018/1/6), 佐賀.

733163. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 前頭側頭開頭術後経過中発生した中硬膜動脈瘤の1例. 小泉寛之1,2, 山本大輔1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2救命): 第28回神奈川県脳神経外科手術手技研究会 (2018/1/13), 横浜.

733164. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 頸部放射線照射後の頸動脈狭窄に対するステント留置術. 山本大輔1, 小泉寛之1,2, 仁木 淳, 隈部俊宏1, 井島大輔3, 碓氷 遼3, 西山和利3 (1脳外, 2救命, 3神経内): 第5回神奈川脳卒中コンソーシアム (2018/1/19), 横浜.

733165. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 著しい中枢神経系播種にて発症し剖検にて初めて確定診断が得られた 高齢者中間型松果体実質腫瘍 (PPTID) の1例. 宮坂和弘1, 柴原一陽1, 舘岡 達, 稲村彰紀1, 秋谷昌史2, 犬飼 円2, 三枝 信2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2病理): 第135回日本脳神経外科学会 関東支部会 (2018/3/31), 東京.

733166. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) オスラー病を背景として発症した脳膿瘍の2例. 稲村彰紀1, 柴原一陽1, 佐藤澄人1, 宮坂和弘1, 山本大輔1, 小泉寛之1,2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2救命): 第135回日本脳神経外科学会 関東支部会 (2018/3/31), 東京.

H28年度以前分

[学会・研究会等]

H28-733002. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 小児脳腫瘍における成長ホルモン補充に関して. 埴原光人, 檀  充1, 柴原一陽1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第52回ニューロ・オンコロジィの会 (2017/1/14), 東京.


小児科学

[学術論文]

110201. [原著] Correlating blood and urinary concentrations of clobazam doses in Japanese children and adolescents with intractable epilepsy. Iwasaki T1, Nonoda Y1, Ishida T, Toki T1, Ishii M1: Biomed Chromatogr 2017/4; 31 (4): 1-7. (岩崎俊之1, 野々田豊1, 土岐 平1, 石井正浩1: 1小児)

110202. [原著] Risk of Heart Failure With Preserved Ejection Fraction in Older Women After Contemporary Radiotherapy for Breast Cancer. Saiki H1,2, Petersen IA2, Scott CG2, Bailey KR2, Dunlay SM2, Finley RR, Ruddy KJ2, Yan E2, Redfield MM2: Circulation 2017/4; 135 (15): 1388-96. (齋木宏文1,2: 1小児, 2メイヨークリニック)

110203. [原著] Assessment of central venous physiology of Fontan circulation using peripheral venous pressure. Masutani S, Kurishima C, Yana A, Kuwata S, Iwamoto Y, Saiki H1, Ishido H, Senzaki H1,2: J Thorac Cardiovasc Surg 2017/4; 153 (4): 912-20. (齋木宏文1, 先崎秀明1,2: 1小児, 2新世紀医療・先端医療)

110204. [原著] Developmental Changes in Aortic Mechanical Properties in Normal Fetuses and Fetuses with Cardiovascular Disease. Taketazu M, Sugimoto M, Saiki H1, Ishido H, Masutani S, Senzaki H1,2: Pediatr Neonatol 2017/6; 58 (3): 245-50. (齋木宏文1, 先崎秀明1,2: 1小児, 2新世紀医療・先端医療)

110205. [原著] Experimental cardiac radiation exposure induces ventricular diastolic dysfunction with preserved ejection fraction. Saiki H1,2, Moulay G2, Guenzel AJ2, Liu W2, Decklever TD2, Classic KL2, Pham L2, Chen HH2, Burnett JC2, Russell SJ2, Redfield MM2: Am J Physiol Heart Circ Physiol 2017/8; 313 (2): H392-407. (齋木宏文1,2: 1小児, 2メイヨークリニック)

110206. [原著] Exploring energy loss by vector flow mapping in children with ventricular septal defect: Pathophysiologic significance. Honda T1, Itatani K2, Takanashi M1, Kitagawa A1, Ando H1, Kimura S1, Oka N3, Miyaji K3, Ishii M1: Int J Cardiol 2017/10; 244: 143-50. (本田 崇1, 板谷慶一2, 高梨 学1, 北川篤史1, 安藤 寿1, 木村純人1, 岡 徳彦3, 宮地 鑑3, 石井正浩1: 1小児, 2京都府立医科大学, 3心臓血管外)

110207. [原著] The Clinical Utility and Safety of a New Strategy for the Treatment of Refractory Kawasaki Disease. Ebato T1, Ogata S2, Ogihara Y3, Fuzimoto M1, Kitagawa A1, Takanashi M1, Ishii M1: J Pediatr 2017/10; 191: 140-4. (江波戸孝輔1, 緒方昌平2, 扇原義人3, 藤本まゆ1, 北川篤史1, 高梨 学1, 石井正浩1: 1小児, 2緒方医院, 3おぎはらこどもクリニック)

110208. [原著] Effect of ventricular relaxation performance on blood flow profiles in fontan circulation. Sugamoto K1, Iwamoto Y, Matsumura S, Ishido H, Masutani S, Senzaki H2: Curr Trend Cardiol 2017; 1 (2): 49-54. (菅本健司1, 先崎秀明2: 1小児, 2新世紀医療・先端医療)

110209. [原著] Effects of home prothrombin international ratio (PT-INR) management in children with mechanical prosthetic valves - Importance of individual correlations between laboratory and CoaguChek device PT-INRs. Ino N, Masutani S, Tanikawa S, Iwamoto Y, Saiki H1, Ishido H, Tamura M, Senzaki H1,2: J Cardiol 2018/2; 71 (2): 187-91. (齋木宏文1, 先崎秀明1,2: 1小児, 2新世紀医療・先端医療)

120011. [原著] 小児におけるヒトメタニューモウイルス感染症とRSウイルス感染症に対するModified Pulmonary Index Scoreの有用性. 大谷清孝1,2 (1小児, 2相模原協同病院): 感染症学雑誌 2017/7; 91 (4): 558-67.

310024. [症例報告] Hemophagocytic lymphohistiocytosis with high serum levels of IL-18 and predominant lymphocyte activation in a neonate born to a mother with adult-onset Still's disease. Hashimoto M1, Ogata S2, Yamaguchi A1, Kawada K1, Kenmochi M1, Ebato T1, Nomoto K3, Bando Y1, Shimodera S, Shibata H, Ono S, Nakayama M, Yasumi T, Ishii M1: Clin Immunol 2017/7; 180: 95-6. (橋本芽久美1, 緒方昌平2, 山口綾乃1, 川田孝太1, 釼持 学1, 江波戸孝輔1, 野元けい子3, 坂東由紀1, 石井正浩1: 1小児, 2緒方医院, 3病態系・診療系)

320019. [症例報告] 授乳がフレカイニドの消化管吸収を阻害した新生児の1例. 横関祐一郎1,2, 釼持 学1, 高橋愛菜3, 小川久美子3, 木村純人1, 山口綾乃1, 大岡麻理1, 秋山和政1,2, 石井正浩1 (1小児, 2相模野病院, 3薬剤部): 日本周産期・新生児医学会雑誌 2017/5; 53 (1): 185-90.

320020. [症例報告] 腎外傷に対して経カテーテル的動脈塞栓術を施行した2症例. 昆 伸也1,2, 中村信也1,3, 西川暁子3 (1小児, 2救命, 3相模原協同病院): 日本小児腎不全学会雑誌 2017/7; 37: 238-41.

320021. 症例報告 成人先天性心疾患患者に必要な社会支援の最適化: 生活困窮回避の2事例報告. 大津幸枝, 岩本洋一, 石戸博隆, 増谷 聡, 先崎秀明1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): 日本小児循環器学会雑誌 2017/11; 33 (6): 444-7.

320022. [症例報告] Cerebro-Costo-Mandibular症候群 (CCMS) と診断した一絨毛膜二羊膜双胎, 極低出生体重児の2例. 橋本芽久美1, 釼持 学1, 望月純子2, 金子忠弘1, 山口綾乃1, 大岡麻理1, 石井正浩1 (1小児, 2産科): 日本周産期・新生児医学会雑誌 2017/12; 53 (4): 1125-9.

520013. [総説] 小児循環器学会学術委員会研究会報告 成人先天性心疾患の心血管機能 第2報 至適血行動態を目指した左心低形成症候群の治療戦略. 齋木宏文1, w田聖子1, 栗嶋クララ2, 金 晶恵2, 簗 明子2, 岩本洋一2, 石戸博隆2, 増谷 聡2, 先崎秀明1,3 (1小児, 2埼玉医科大学総合医療センター小児循環器科, 3新世紀医療・先端医療): 日本小児循環器学会雑誌 2017/7; 33 (4): 1-12.

520014. [総説] 成人先天性心疾患の心血管機能 第2報: 至適血行動態を目指した左心低形成症候群の治療戦略. 齋木宏文1, 纉c聖子1, 栗嶋クララ, 金 晶恵, 簗 明子, 岩本洋一, 石戸博隆, 増谷 聡, 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): Pediatric Cardiology and Cardiac Surgery 2017/7: 33 (4): 269-80.

522091. [講座]【特集: 子どもの事故 (障害)〜実態を知って防止しよう〜】 2. 救命救急センターに搬送される子どもの事故. 昆 伸也 (小児): チャイルドヘルス 2017/4; 20 (4): 250-4.

522092. [講座]【特集: 成人先天性心疾患 正確な患者評価から適切な治療へ】識る 10. [Expertise] 成人先天性心疾患患者の心不全診断に有用なバイオマーカー. 齋木宏文1, 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): Heart View 2017/5; 21: 70-5.

522093. [講座]【特集: 長引く咳へのアプローチ】8. 気道異物. 金子忠弘 (小児): 小児科 2017/7; 58 (7): 671-8.

522094. [講座]【特集: 小児科心エコー活用術】III. 心臓 心エコーの基本的計測と心機能. 齋木宏文1, 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): 小児科診療 2017/10; 80 (11): 1444-52.

522095. [講座]【特集II: 川崎病の現況】川崎病の治療の変遷と進歩. 江波戸孝輔1, 石井正浩1 (1小児): 臨床免疫・アレルギー科 2017/12; 68 (6): 643-8.

530008. [その他 (Report)] Lateral tunnel and extra-cardiac Fontan operations have equivalent early and late outcomes in the modern era. Senzaki H1,2: 2016 AHA Report Scientific Session 2017; p.14. (先崎秀明1,2: 1小児, 2新世紀医療・先端医療)

530009. [その他 (Report)] Heart rate reserve in Fontan and pulmonary hypertension patients: chronotropic incompetence or chronotropic protection? Senzaki H1,2: 2016 AHA Report Scientific Session 2017; p.15. (先崎秀明1,2: 1小児, 2新世紀医療・先端医療)

[著 書]

610002. [学術書] (分担執筆)【Grossman's Cardiac Catheterization, Angiography, and Intervention (8th Ed)】Intervention for Pediatric and Adult Congenital Heart Disease, p.250-65. Senzaki H1,2: LWW; Eighth, USA, 2017/10. (先崎秀明1,2: 1小児, 2新世紀医療・先端医療)

610003. [学術書] (分担執筆)【Grossman's Cardiac Catheterization, Angiography, and Intervention (8th Ed)】Chapter 8 Diagnostic Catheterization in Childhood and Adult Congenital Heart Disease, p.981-1016. Senzaki H1,2: LWW; Eighth, USA, 2017/10. (先崎秀明1,2: 1小児, 2新世紀医療・先端医療)

620048. [学術書] (分担執筆)【予防接種の現場で困らない まるわかりワクチンQ&A <第2版>】II章 Q&A Q10. 海外では多くのワクチンが小児に対しても筋肉注射されていますが, なぜ日本では皮下注射なのですか, p.116-8. 佐藤加代子1,2, 石井正浩1 (1小児, 2海老名総合病院): 日本医事新報社, 東京, 2017/12発行.

620049. [学術書] (分担執筆)【予防接種の現場で困らない まるわかりワクチンQ&A <第2版>】】II章 Q&A Q11. ワクチンを接種した部位は揉む/揉まないのどちらがよいのですか. また, 以前は接種当日の入浴は禁止されていましたが現在は入浴してもよいのですか, p.119-21. 佐藤加代子1,2, 石井正浩1 (1小児, 2海老名総合病院), 日本医事新報社, 東京, 2017/12発行.

620050. [学術書] (分担執筆)【予防接種の現場で困らない まるわかりワクチンQ&A <第2版>】】II章 Q&A Q12. 生後4カ月で川崎病に罹り, 免疫グロブリン大量療法を受けた児が2週間の入院後に退院しました. Hibワクチンと肺炎球菌結合型ワクチンは2回接種で中断, 4種混合ワクチン (DPT-IPV) は1回接種で中断しています. 今後の接種スケジュールはどのように進めればよいでしょうか, p.122-4. 佐藤加代子1,2, 石井正浩1 (1小児, 2海老名総合病院), 日本医事新報社, 東京, 2017/12発行

620051. [学術書] (分担執筆)【成人先天性心疾患診療ガイドライン (2017年改訂版)】II. 各論 (疾患) 1. 非チアノーゼ性先天性心疾患 (未修復, 修復後) 1.10 大動脈拡張性疾患, p.87-8. 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療), 日本循環器学会, 東京, 2018/3発行.

[学会・研究会等]

711004. [学会 (国際)] (特別講演) Hemodynamic imaging by cardiac catheterization. Senzaki H1,2: Korea Pediatric Heart Society (2017/8/11-12), Soul, Korea. (先崎秀明1,2: 1新世紀医療・先端医療, 2小児)

711005. [学会 (国際)] (特別講演) To establish Super Fontan Circulation. Fontan Physiology. Senzaki H1,2: Korea Pediatric Heart Society (2017/8/11-12), Soul, Korea. (先崎秀明1,2: 1新世紀医療・先端医療, 2小児)

711006. [学会 (国際)] (特別講演) Kawasaki Disease: update. Ishii M1: The 21st International Epidemiological Association (IEA) World Congress of Epidemiology (WCE2017) (2017/8/20), Saitama. (石井正浩1: 1小児)

711007. [学会 (国際)] (特別講演) Pathophysiology of pulmonary circulation in congenital heart disease. Senzaki H1,2: The 8th TAKAO International Symposium (2017/10/6-8). Matsue. (先崎秀明1,2: 1小児, 2新世紀医療・先端医療)

713087. [学会 (国際)] (一般講演) A child case of Hopkins syndrome associated with Coxsackie A19 infection. Toki T1, Iwasaki T1, Nonoda Y1, Ishii M1: The 14th Asian and Oceanian Congress of Child Neurology (2017/5/11-14), Fukuoka. (土岐 平1, 岩崎俊之1, 野々田豊1, 石井正浩1: 1小児)

713088. [学会 (国際)] (一般講演) A pediatric case showed characteristic involuntary movement caused by brain tumor in basal ganglia. Ishida T, Shirai H1, Toki T1, Iwasaki T1, Ishii M1: The 14th Asian and Oceanian Congress of Child Neurology (2017/5/11-14), Fukuoka. (白井宏直1, 土岐 平1, 岩崎俊之1, 石井正浩1: 1小児)

713089. [学会 (国際)] (一般講演) Derangement of Cerebral Circulation Due to Carotid Arterial Stiffening is Associated With Distal Aortic Stiffness Rather Than Proximal Aortic Stiffness. Saiki H1, Kuwata S1, Masutani S, Senzaki H1,2: American Heart Association Scientific Sessions 2017 (2017/11/12), California, USA. (齋木宏文1, w田聖子1, 先崎秀明1,2: 1小児, 2新世紀医療・先端医療)

722105. [学会 (全国)] (シンポジウム) 先天性心疾患術後の神経発達とその規定因子. w田聖子1, 栗嶋クララ2, 簗 明子2, 齋木宏文1, 岩本洋一2, 石戸博隆2, 増谷 聡2, 大津幸江2, 先崎秀明1,3 (1小児, 2埼玉医科大学総合医療センター, 3新世紀医療・先端医療): 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2017/7/7), 浜松.

722106. [学会 (全国)] (シンポジウム) カテーテル検査は心血管機能検査のゴールドスタンダードになりうるか. 齋木宏文1, w田聖子1, 簗 明子2, 栗嶋クララ2, 岩本洋一2, 石戸博隆2, 増谷 聡2, 先崎秀明1,3 (1小児, 2埼玉医科大学総合医療センター, 3新世紀医療・先端医療): 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2017/7/7), 浜松.

722107. [学会 (全国)] (シンポジウム) Fontan循環の心不全. 齋木宏文 (小児): 第21回日本心不全学会学術集会 (2017/10/12-14), 秋田.

722108. [学会 (全国)] (シンポジウム) 術後早期介入は肺動脈に対する経皮的血管形成術の成功率を上昇させる. 齋木宏文1, w田聖子1, 高梨 学1, 北川篤史1, 木村純人1, 先崎秀明1,2, 石井正浩1 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): 第29回日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会 (2018/1/18), 福岡.

722109. [学会 (全国)] (シンポジウム) 右室流出再建手術に伴う肺動脈分岐部狭窄賞に対する経皮的肺動脈形成術の有効性. w田聖子1, 齋木宏文1, 高梨 学1, 北川篤史1, 木村純人1, 先崎秀明1,2, 石井正浩1 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): 第29回日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会 (2018/1/19), 福岡.

723475. [学会 (全国)] (一般講演) 肺動脈弁置換術後の心機能評価パラメータの変化. 北川篤史1, 木村純人1, 安藤 寿1, 杉本晃一2, 宮地 鑑2, 石井正浩1 (1小児, 2心臓血管外): 第120回日本小児科学会学術集会 (2017/4/16), 東京.

723476. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における食物経口負荷試験のまとめ. 大谷清孝1,2, 稲垣 瞳1,2, 高梨 学1, 西川暁子1,2, 秋山和政1,2, 中村信也1,2 (1小児, 2相模原協同病院): 第120回日本小児科学会学術集会 (2017/4/16), 東京.

723477. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるIgA腎症の治療法の検討. 昆 伸也1,2, 中村信也1,3, 西川暁子1,3 (1小児, 2救命, 3相模原協同病院): 第52回日本小児腎臓病学会学術集会 (2017/6/1-3), 東京.

723478. [学会 (全国)] (一般講演) ヒトパレコウィルス3型に関する流行性ウィルス性筋炎の4学童例. 石田倫也1,2, 白井宏幸1,2, 土岐 平1, 野々田豊1, 岩崎俊之1, 野々山勝人1,3, 石井正浩1 (1小児, 2相模台病院, 3のんのキッズクリニック): 第59回日本小児神経学会学術集会 (2017/6/15-17), 大阪.

723479. [学会 (全国)] (一般講演) 当院で開催した小児アレルギー教室. 大谷清孝1,2, 稲垣 瞳1,2, 横関祐一郎1,2, 中村信也1,2 (1小児, 2相模原協同病院): 第66回日本アレルギー学会学術大会 (2017/6/16-18), 東京.

723480. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院PICU で経験した上気道狭窄症例のまとめ. 田村佑平1, 金子忠弘1, 安藤 寿1, 石井正浩1 (1小児): 第31回日本小児救急医学会学術集会 (2017/6/25), 東京.

723481. [学会 (全国)] (一般講演) 下肢リンパ管奇形に合併した敗血症に対しエンドトキシン除去療法を行った新生児例. 川田孝太1, 安藤 寿1, 田村佑平, 金子忠弘1, 田中 潔2,3, 石井正浩1 (1小児, 2新世紀医療・先端医療, 3一般・小児・肝胆膵外): 第31回日本小児救急医学会学術集会 (2017/6/25), 東京.

723482. [学会 (全国)] (一般講演) 開窓はフォンタン不全予防に貢献するか? 齋木宏文1, w田聖子1, 栗嶋クララ2, 岩本洋一2, 石戸博隆2, 増谷 聡2, 先崎秀明1,3 (1小児, 2埼玉医科大学総合医療センター, 3新世紀医療・先端医療): 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2017/7/7), 浜松.

723483. [学会 (全国)] (一般講演) Novel Mechanisms for Cerebral Blood Flow Regulation in Patients with Congenital Heart Disease. 齋木宏文1, 杉本昌也2, w田聖子1, 栗嶋クララ2, 岩本洋一2, 石戸博隆2, 増谷 聡2, 先崎秀明1,3 (1小児, 2埼玉医科大学総合医療センター, 3新世紀医療・先端医療): 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2017/7/7), 浜松.

723484. [学会 (全国)] (一般講演) Fontan術後慢性期における積極的動静脈拡張療法 (Super Fontan Strategy) 導入の効果. w田聖子1, 簗 明子2, 栗嶋クララ2, 齋木宏文1, 岩本洋一2, 石戸博隆2, 増谷 聡2, 先崎秀明1,3 (1小児, 2埼玉医科大学総合医療センター, 3新世紀医療・先端医療): 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2017/7/7), 浜松.

723485. [学会 (全国)] (一般講演) Fontan後の周術期経過に影響を与える因子. w田聖子1, 石井 卓, 齋藤美香, 浜道裕二, 稲毛章郎, 上田知実, 矢崎 論, 嘉川忠博 (1小児): 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2017/7/7), 浜松.

723486. [学会 (全国)] (一般講演) 一過性下大静脈閉塞中の血行動態変化を利用した脳血流量推定: MRIによる検証. 齋木宏文1, w田聖子1, 栗嶋クララ2, 簗 明子2, 岩本洋一2, 石戸博隆2, 増谷 聡2, 先崎秀明1,3 (1小児, 2埼玉医科大学総合医療センター, 3新世紀医療・先端医療): 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2017/7/7), 浜松.

723487. [学会 (全国)] (一般講演) ファロー四徴症術後遠隔期における心筋バイアビリティと局所ストレインに関する検討. 北川篤史1, 木村純人1, 安藤 寿1, 杉本晃一2, 宮地 鑑2, 石井正浩1 (1小児, 2心臓血管外): 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2017/7/7), 浜松.

723488. [学会 (全国)] (一般講演) 致死的不整脈を合併した左室心筋緻密化症例の小児例. 木村純人1, 安藤 寿1, 北川篤史1, 高梨 学1, 峰尾恵梨1, 杉本晃一2, 石井正浩1, 宮地 鑑2 (1小児, 2心臓血管外): 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2017/7/7), 浜松.

723489. [学会 (全国)] (一般講演) 小児心疾患における頸部血管硬度と大動脈硬度の関係. 齋木宏文1, w田聖子1, 栗嶋クララ2, 岩本洋一2, 石戸博隆2, 増谷 聡2, 先崎秀明1,3 (1小児, 2埼玉医科大学総合医療センター, 3新世紀医療・先端医療): 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2017/7/7), 浜松.

723490. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるFontan手術患者の臨床的検討. 高梨 学1, 木村純人1, 峰尾恵梨1, 本田 崇1, 北川篤史1, 安藤 寿1, 宮地 鑑2, 石井正浩1 (1小児, 2心臓血管外): 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2017/7/7), 浜松.

723491. [学会 (全国)] (一般講演) インスリン抗体が原因と考えられた低血糖を繰り返す1型糖尿病の1症例. 橘田一輝1, 田久保憲行, 大津成之, 柴山啓子, 風張眞由美, 横田行史, 石井正浩1 (1小児): 第51回日本小児内分泌学会学術集会 (2017/9/28-30), 大阪.

723492. [学会 (全国)] (一般講演) 無症状の先天性心疾患術後肺動脈弁閉鎖不全症に対する治療戦略: 肺動脈弁置換術に関する検討. 北川篤史1, 齋木宏文1, 安藤 寿1, 木村純人1, 杉本晃一2, 宮地 鑑2, 石井正浩1 (1小児, 2心臓血管外): 第65回日本心臓病学会学術集会 (2017/9/30), 大阪, 日本心臓病学会学術集会抄録 2017/9; 65: 294.

723493. [学会 (全国)] (一般講演) Fontan患者におけるα1アンチトリプシンクリアランスの有用性と循環動態との関連. 増谷 聡, 栗嶋クララ, 岩本洋一, 先崎秀明1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): 第65回日本心臓病学会学術集会 (2017/9/29-10/1), 大阪.

723494. [学会 (全国)] (一般講演) 当院で施行した入院食物経口負荷試験. 大谷清孝1, 山田啓迪, 横倉友諒, 稲垣 瞳1, 高梨 学1, 西川暁子1, 秋山和政, 中村信也1 (1小児): 第66回日本農村医学会学術総会 (2017/10/5-6), 沖縄.

723495. [学会 (全国)] (一般講演) 川崎病からマクロファージ活性化症候群に移行し全身性若年性特発性関節炎の鑑別に苦慮している一例. 江波戸孝輔1, 藤本まゆ1, 坂東由紀1,2, 石井正浩1 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 第27回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (2017/10/6), 京都.

723496. [学会 (全国)] (一般講演) リウマチ性疾患の診断・治療. 坂東由紀1,2 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 第27回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (2017/10/8), 京都.

723497. [学会 (全国)] (一般講演) リドカインフェンタニル吸入に, セボフルランデクスメデトミジンを併用し自発呼吸下で管理した気道異物症例. 峰尾恵梨1, 阿部世紀, 五味由季, 花岡透子, 大畑 淳 (1小児): 日本小児麻酔学会 第23回大会 (2017/10/7-8), 福岡.

723498. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児集中治療室 (NICU) 環境の影響による生後1か月の新生児腸内細菌叢の変化. 大岡麻理1, 坂東由紀1,2, 伊藤尚志, 狐崎雅子, 山口綾乃1, 釼持 学1, 石井正治1 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 第62回日本新生児成育医学会・学術集会 (2017/10/12-14), 埼玉.

723499. [学会 (全国)] (一般講演) 房室弁近傍のMモード心房壁運動が1:1伝導を示唆した, 2:1伝導の心房粗動. 河野彬子, 大島あゆみ, 増谷 聡, 石黒秋生, 先崎秀明1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): 第62回日本新生児成育医学会学術集会 (2017/10/12-14), 埼玉.

723500. [学会 (全国)] (一般講演) 当院PICUで経験した腹部外傷と事故防止への取り組み. 田村佑平1, 安藤 寿1, 峰尾恵梨1, 昆 伸也2, 金子忠弘1, 服部 潤2, 片岡祐一2, 浅利 靖2, 石井正浩1 (1小児, 2救命): 第45回日本救急医学会総会・学術集会 (2017/10/24), 大阪.

723501. [学会 (全国)] (一般講演) 初回治療不応例に対する急性期代替療法としてインフリキシマブ療法の有用性. 江波戸孝輔1, 緒方昌平2, 扇原義人3, 石井正浩1 (1小児, 2緒方医院, 3おぎはらこどもクリニック): 第37回日本川崎病学会・学術集会 (2017/10/27), 東京.

723502. [学会 (全国)] (一般講演) 難治性川崎病に対する当科での治療戦略の安全性と有効性における単施設での検討. 江波戸孝輔1, 緒方昌平2, 扇原義人3, 石井正浩1 (1小児, 2緒方医院, 3おぎはらこどもクリニック): 第37回日本川崎病学会・学術集会 (2017/10/28), 東京.

723503. [学会 (全国)] (一般講演) Perampanelを内服したてんかん10症例における平均血清中濃度の有用性. 岩崎俊之1, 土岐 平1, 野々田豊1, 石田倫也1,2, 白井宏幸1,2, 石井正浩1 (1小児, 2相模台病院): 第51回日本てんかん学会学術集会 (2017/11/4), 京都.

723504. [学会 (全国)] (一般講演) 鶏卵アレルギー児を対象とした加熱卵黄の摂取時期と加熱卵白の耐性獲得に関する検討. 大谷清孝1, 山田啓迪, 紺野 寿1, 稲垣 瞳1 (1小児): 第54回日本小児アレルギー学会学術大会 (2017/11/18-19), 栃木.

723505. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院PICUにおけるairway managementの臨床的検討. 金子忠弘1, 上田康久, 安藤 寿1, 南野初香1, 福島崇義, 原 真人, 梅原 実, 石井正浩1 (1小児): 第50回日本小児呼吸器学会 (2017/11/10-11), 東京.

723506. [学会 (全国)] (一般講演) 学校内で自動体外式除細動器をもちいて救命しえた無症候性左室心筋緻密化障害の1例. 北川篤史1, 木村純人1, w田聖子1, 高梨 学1, 安藤 寿1, 齋木宏文1, 石井正浩1 (1小児): 第22回日本小児心電学会学術集会 (2017/11/24), 徳島.

723507. [学会 (全国)] (一般講演) カテーテル手技により肺動脈閉鎖になった重症肺動脈弁狭窄症の1例. 高梨 学1, w田聖子1, 北川篤史1, 安藤 寿1, 齋木宏文1, 木村純人1, 富田 英2, 石井正浩1 (1小児, 2昭和大学横浜市北部病院): 第29回日本Pediatric Interventional Cardiology学会学術集会 (2018/1/19), 福岡.

723508. [学会 (全国)] (一般講演) 肺動脈弁閉鎖不全症に合併する右室流出狭窄の心機能に与える影響. 北川篤史1, 齋木宏文1, w田聖子1, 高梨 学1, 宮地 鑑2, 石井正浩1 (1小児, 2心臓血管外): 第20回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 (2018/1/27): 東京.

723509. [学会 (全国)] (一般講演)「こども移行期支援外来」開設までと方向性について. 大津幸枝, 松本百代, 桑田聖子1, 栗嶋クララ, 簗 明子, 岩本洋一, 石戸博隆, 増谷 聡, 先崎秀明1,2,3 (1小児循環器, 2新世紀医療・先端医療, 3小児): 第20回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 (2018/1/27-28), 東京.

723510. [学会 (全国)] (一般講演) (成人) 先天性心疾患患児と家族が抱える問題の共有の場となった患者向けセミナーの効果. 大津幸枝, 加藤景子, 桑田聖子1, 栗嶋クララ, 簗 明子, 岩本洋一, 石戸博隆, 増谷 聡, 先崎秀明1,2,3 (1小児循環器, 2新世紀医療・先端医療, 3小児): 第20回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 (2018/1/27-28), 東京.

723511. [学会 (全国)] (一般講演) 画像診断 カテーテルにて理解するACHDの循環動態. 増谷 聡, 桑田聖子1, 栗嶋クララ, 岩本洋一, 石戸博隆, 先崎秀明1,2,3 (1小児循環器, 2新世紀医療・先端医療, 3小児): 第20回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 (2018/1/27-28), 東京.

723512. [学会 (全国)] (一般講演) 先天性心疾患における肝腎機能の評価. 桑田聖子1, 栗嶋クララ, 簗 明子, 岩本洋一, 齋木宏文1, 石戸博隆, 先崎秀明1,2,3 (1小児循環器, 2新世紀医療・先端医療, 3小児): 第20回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 (2018/1/27-28), 東京.

731066. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Fontan病態と外来管理. 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): 静岡CHD-PAHセミナー (2017/11/24), 静岡.

731067. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 慢性肺疾患Up to Date. 中西秀彦1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): 福島県新生児セミナー (2018/2/23), 郡山.

732047. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 乳幼児の食物アレルギー: 耐性獲得に向けた安全な実地医療と工夫について. 坂東由紀1,2 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 第24回埼玉県北部小児疾患研究会 (2017/11/24), 埼玉.

732048. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演会) 先天性心疾患. 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): Abbie研究所 (2017/12/15), 大宮.

732049. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 早期出生・低体重児の腸内細菌叢成立の機序 長期フォローアップによるコホートスタディ. 坂東由紀1,2 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 第13回農医連携シンポジウム・平成29年度文部科学省選定 私立大学研究ブランディング事業キックオフシンポジウム (2018/3/15), 相模原.

732050. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演会) メンタルヘルス (今の悩み・不安と今後の課題について). 坂東由紀1,2 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 新入職員3ヶ月フォローアップ研修 (2017/7/14), 北里大学メディカルセンター.

732051. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演会) チームビルディング. 坂東由紀1,2 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 新入職員11ヶ月フォローアップ研修 (2018/3/2), 北里大学メディカルセンター.

732152. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) ACHD患者におけるPAH治療薬の適正使用について. 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): 日本新薬営業所内研修会 (2018/3/14), 川越.

733167. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) DICを合併した, 腸チフスの1男児例. 西田尚史1, 江波戸孝輔1, 武知峻輔, 橘田一輝1, 石井正浩1 (1小児): 第346回日本小児科学会神奈川県地方会 (2017/4/22), 横浜.

733168. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 食物アレルギー. 大谷清孝1,2 (1小児, 2相模原協同病院): 第1回小児アレルギー教室 (2017/6/3), 橋本.

733169. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学病院小児科におけるカテーテル治療の現状. 木村純人 (小児): 第415回相模原市小児科医会月例懇話会 (2017/6/21), 相模原.

733170. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院におけるFontan手術患者の臨床的検討. 高梨 学 (小児): 第415回相模原市小児科医会月例懇話会 (2017/6/21), 相模原.

733171. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 川崎病と若年性特発性関節炎と鑑別が困難であった2歳男児例. 江波戸孝輔1, 藤本まゆ1, 安藤 寿1, 金子忠弘1, 石井正浩1 (1小児): 第347回日本小児科学会神奈川県地方会 (2017/6/24), 横浜.

733172. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 気管支喘息とアレルギー性鼻炎の関連性と他科との連携. 大谷清孝1,2 (1小児, 2相模原協同病院): 鳥居薬品社内研修会 (2017/7/18), 橋本.

733173. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 無莢膜型H Infuluenzaによる被包化胸水を合併した21 trisomy症例. 金子雅紀1, 坂東由紀1,2, 高橋 孝 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 第55回埼玉小児感染免疫懇話会  (2017/7/22), 埼玉.

733174. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 学校における適切な食物アレルギー・アナフィラキシーへの対応. 坂東由紀1,2 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 食物アレルギー・アナフィラキシー対応研修会 (2017/8/8), 埼玉.

733175. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 気管支喘息. 大谷清孝1,2 (1小児, 2相模原協同病院): 第2回小児アレルギー教室 (2017/9/2), 橋本.

733176. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 遷延性黄疸より診断し得たシトルリン欠損症の1男児例. 田村佑平1, 橘田一輝1, 秋山和政, 藤武義人1, 石井正浩1 (1小児): 第348回日本小児科学会神奈川県地方会 (2017/9/16), 横浜.

733177. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 川崎病と若年性突発性関節炎の鑑別方法と治療戦略. 江波戸孝輔 (小児): 第16回北里Pediatrics Seminar (2017/10/12), 相模大野.

733178. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 新生児期に診断・加療した先天性孤立性左肺動脈欠損症の一例. 高梨 学1, 川田孝太1, w田聖子1, 北川篤史1, 齋木宏文1, 木村純人1, 釼持 学1, 宮地 鑑2, 石井正浩1 (1小児, 2心臓血管外): 第13回神奈川小児循環器研究会 (2017/10/21), 横浜.

733179. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) フォンタン循環における開窓は心血管系リモデリング予防に寄与する. 齋木宏文1, w田聖子1, 簗 明子2, 岩本洋一2, 石戸博隆2, 増谷 聡2, 先崎秀明1,3 (1小児, 2埼玉医科大学総合医療センター, 3新世紀医療・先端医療): 第37回日本小児循環動態研究会 (2017/10/28), 秋田.

733180. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Fontan循環の心室弛緩能評価における肺静脈血流解析の有用性. 菅本健司1, 松村 峻2, 岩本洋一2, 石戸博隆2, 増谷 聡2, 先崎秀明1,3 (1小児, 2埼玉医科大学総合医療センター, 3新世紀医療・先端医療): 第37回日本小児循環動態研究会 (2017/10/28), 秋田.

733181. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 新規抗てんかん薬の使用経験. 岩崎俊之 (小児): Epilepsy Sympojium in県央 (2017/10/31), 町田.

733182. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 遷延する黄疸で見つかったシトルリン欠損症の1例. 田村佑平 (小児): 第420回相模原市小児科医会月例懇話会 (2017/11/15), 相模原.

733183. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 吸気性喘鳴を呈した食道異物の1例. 西田尚史1, 金子忠弘1, 安藤 寿1, 石井正浩1 (1小児): 第349回日本小児科学会神奈川県地方会 第59回小児科分科会 (2017/11/18), 横浜.

733184. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 大学病院PICUにおける迎え搬送の現状. 田村佑平1, 安藤 寿1, 昆 伸也2, 金子忠弘1, 石井正浩1 (1小児, 2救命): 第25回小児集中治療ワークショップ (2017/11/24), 東京.

733185. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 小児循環器医が成人心不全研究室で経験したトランスレーショナル研究. 齋木宏文 (小児): あたごの会 (2017/12/1), 東京.

733186. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) アトピー性皮膚炎. 大谷清孝1,2 (1小児, 2相模原協同病院): 第3回小児アレルギー教室 (2017/12/2), 橋本.

733187. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) RSV流行期変遷への対応. 釼持 学 (小児): 神奈川RSV研究会 (2018/2/7), 横浜.

733188. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) PIカテーテルのつまらない話II. 中西秀彦1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): 信州呼吸モニタリングフォーラム (2018/2/16), 長野.

733189. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) てんかん診療における最新の知見. 岩崎俊之 (小児): 第17回神奈川県 湘南・西湘地区学術講演会 (2018/2/17), 藤沢.

733190. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腎外傷に対して経カテーテル的動脈塞栓術を施行した2症例. 昆 伸也1,2, 中村信也1,3, 石井正浩1 (1小児, 2救命, 3相模原協同病院): 第350回日本小児科学会神奈川県地方会 (2018/2/17), 横浜.

733191. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ケースカンファレンス: グループディスカッション. 坂東由紀1,2 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 第6回小児リウマチ研修会 (2018/2/17-18), 東京.

733192. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 急性期川崎病冠動脈障害合併例に対するアトルバスタチン投与の日本初症例. 江波戸孝輔1, 石井正浩1 (1小児): 第13回神奈川県川崎病研究会 (2018/2/24), 新横浜.

733193. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 食物アレルギー. 大谷清孝1,2 (1小児, 2相模原協同病院): 第4回小児アレルギー教室 (2018/3/3), 橋本.

733194. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 赤ちゃんのSOSサインを見逃さない! 新生児のからだのみかた〜よくみられる症状15. 中西秀彦1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): メディカ出版セミナー (2018/3/3), 東京.

733195. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院で経験した感染性心内膜炎の1例. 紺野 寿1, 稲垣 瞳1,2, 西川暁子1,2, 北川篤史1, 大谷清孝1,2, 中村信也1,2 (1小児, 2相模原協同病院): 第423回相模原市小児科医会月例懇話会 (2018/3/14), 相模原.

733196. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 赤ちゃんのSOSサインを見逃さない! 新生児のからだのみかた〜よくみられる症状15. 中西秀彦1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): メディカ出版セミナー (2018/3/17), 大阪.

H28年度以前分

[学術論文]

H26-520001. [総説] 肺側心室としての右室機能不全の心臓カテーテル評価. 増谷 聡, 先崎秀明1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): 日本成人先天性心疾患学会雑誌 2015/12; 4 (2): 36-45.

H28-310001. [症例報告] Efficacy of a pure Ikr blockade with nifekalant in refractory neonatal congenital junctional ectopic tachycardia and careful attention to damaging the atrioventricular conduction during the radiofrequency catheter ablation in infancy. Aoki H, Suzuki T, Matsui H, Yasukochi S, Saiki H1, Senzaki H1,2, Nakamura Y: HeartRhythm Case Rep 2017/3; 3 (6): 298-301. (齋木宏文1, 先崎秀明1,2: 1小児, 2新世紀医療・先端医療)

[著 書]

H28-610001. [学術書] (分担執筆)【Aortopathy】Comprehensive Assessment of Aortopathy Using Catheterization, p.123-33. Saiki H1, Senzaki H1,2, Editors: Niwa K, Kaemmerer H, Springer Japan. Tokyo, 2017/2. (齋木宏文1, 先崎秀明1,2: 1小児, 2新世紀医療・先端医療)

H28-620006. [学術書] (分担執筆)【最新ガイドライン準拠 小児科診断・治療指針 (改訂第2版)】18章 川崎病, p.697-704. 北川篤史1, 石井正浩1 (1小児), 編: 遠藤文夫, 中山書店, 東京, 2017/3発行.

[学会・研究会等]

H28-731001. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 小児の体液管理. 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): Web conference for the management of fluid balance in children (2017/3/9).

H28-733003. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 抗Musk抗体陽性重症筋無力症の一例. 野々田豊1, 岩崎俊之1, 土岐 平1, 石田倫也, 白井宏幸1, 石井正浩1 (1小児): 第59回神奈川小児神経懇話会 (2017/1/27), 横浜.

H28-733004. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Levetiracetam静脈内投与の有用性と注意点. 岩崎俊之 (小児): 第1回神奈川てんかん治療ネットワーク (2017/2/17), 横浜.


産科学/婦人科学

[学術論文]

110210. [原著] Factors associated with adverse pregnancy outcomes in women with antiphospholipid syndrome: A multicenter study. Deguchi M, Yamada H, Sugiura-Ogasawara M, Morikawa M, Fujita D, Miki A1, Makino S, Murashima A: J Reprod Immunol 2017/8; 122: 21-7. (三木明徳1: 1産科)

110211. [原著] Phase III trial to confirm the superiority of pelvic and para-aortic lymphadenectomy to pelvic lymphadenectomy alone for endometrial cancer: Japan Clinical Oncology Group Study 1412 (SEPAL-P3). Watari H, Katayama H, Shibata T, Ushijima K, Satoh T, Onda T1, Aoki D, Fukuda H, Yaegashi N, Sakuragi N: Jpn J Clin Oncol 2017/10; 47 (10): 986-90. (恩田貴志1: 1婦人)

110212. [原著] Phase II Study of Concurrent Chemoradiotheapy Using Nedaplatin for Locally Advanced Uterine Cervical Carcinoma (KGROG0501): Final Results. Niibe Y, Onda T1, Matsuo K, Inoue Y2, Hayakawa K3: Anticancer Res 2017/12; 37 (12): 6983-8. (恩田貴志1, 井上優介2, 早川和重3: 1婦人, 2放射線 (画像), 3放射線 (腫瘍))

110213. [原著] Prognostic factors and optimal therapy for stages I-II neuroendocrine carcinomas of the uterine cervix: A multi-center retrospective study. Ishikawa M, Kasamatsu T, Tsuda H, Fukunaga M, Sakamoto A, Kaku T, Nakanishi T, Hasumi Y, Iwata T, Baba T, Nogawa T, Kudaka W, Kaneda H, Ono S, Saito F, Taniguchi Y, Okada S, Mizuno M, Onda T1, Yaegashi N: Gynecol Oncol 2018/1; 148 (1): 139-46. (恩田貴志1: 1婦人)

110214. [原著] The use of conization to identify and treat severe lesions among prediagnosed CIN1 and 2 patients in Japan. Mikami M, Ikeda M, Sato H1, Iwase H1, Enomoto T, Kobayashi Y, Katabuchi H: J Gynecol Oncol. doi: 10.3802/jgo.2018.29.e46. Epub 2018 Mar 8. (佐藤英貴1, 岩瀬春子1: 1婦人)

120012. [原著] 周産期領域の出血に対する経カテーテル的動脈塞栓術による早期合併症と次回妊娠予後. 吉村嘉広1, 望月純子1, 服部響子1, 島岡享生1, 関口和企1, 松澤晃代1, 石川隆三1, 河野照子1, 大西庸子1, 金井雄二1, 天野 完1, 海野信也1, ウッドハムス玲子2 (1産科, 2放射線 (画像)): 関東連合産科婦人科学会誌 2017; 54 (4): 531-6.

120013. [原著] 平成28年度 神奈川産科婦人科学会 婦人科悪性腫瘍登録集計報告. 沼崎令子, 杉浦  賢, 大原 樹, 新井 努1, 高田恭臣1, 木挽貢慈, 佐々木康, 茂田博行, 米山剛一, 宮城悦子, 仲沢経夫, 林 康子, 平澤 猛, 森岡 幹, 磯崎太一, 渡邊豊治, 三上幹男, 加藤久盛, 中野眞佐男, 海野信也2, 高橋恒男 (1婦人, 2産科): 神奈川産科婦人科学会誌 2018/2; 54 (2): 6-14.

320023. [症例報告] 筋腫分娩を起こした子宮底部由来有茎性粘膜下筋腫の捻除により子宮穿破を来たした1例. 伊藤実香1, 久嶋則行1, 遠藤真一1,2, 古川正義1,2, 中村基寛1, 秋山絵里子1, 下田隆仁1,2, 石井絵莉子1,3, 岩端俊輔1,2, 岩瀬春子2, 三木明徳1,3 (1北里大学メディカルセンター, 2婦人, 3産科): 埼玉産科婦人科学会雑誌 2018/3; 48 (1): 36-9.

522096. [講座]【臨床講座】妊婦の合併症. 金井雄二 (産科): 超音波検査技術 2017/4; 42 (2): 206-14.

522097. [講座]【第58回日本婦人科腫瘍学会学術講演会記録−シンポジウム2: 卵巣癌の治療戦略「腫瘍減量術: 完全摘出への挑戦」】NAC後のIDS: 手術完遂割合の向上と侵襲の軽減. 恩田貴志 (婦人): 日本婦人科腫瘍学会雑誌 2017/4; 35 (2): 123-31.

522098. [講座]【特集: 周術期薬物療法の新しい戦略】各臓器がんに対する周術期治療; エビデンス・展望 11) 婦人科がん. 恩田貴志 (婦人): 腫瘍内科 2017/12; 20 (6): 616-23.

[学会・研究会等]

713090. [学会 (国際)] (一般演題) Is The Mesenchymal Transition Subtype More Responsive to Dose Dense Taxane Chemotherapy Combined with Carboplatin (ddTC) than to Conventional Taxane and Carboplatin Chemotherapy (TC) in High Grade Serous Ovarian Carcinoma? A Survey of Japanese Gynecology Oncology Group study (JGOG3016A1). Murakami R, Matumura N, Tanabe H, Michimae H, Yunokawa M, Iwase H1, Sasagawa M, Nakamura T, Tokuyama O, Takano M, Sugiyama T, Sawasaki T, Isonishi S, Takehara K, Nakai H, Okamoto A, Mandai M, Konishi I: American Society of Clinical Oncology (ASCO2017) (2017/6/2-6), Chicago, USA. (岩瀬春子1: 1婦人)

713091. [学会 (国際)] (一般口演) A randomized phase III trial of docetaxel plus cisplatin or paclitaxel plus carboplatin compared with doxorubicin plus cisplatin as adjuvant chemotherapy for endometrial cancer at high risk of recurrence: Japanese Gynecologic Oncology Group Study (JGOG2043). Nomura H, Aoki D, Mochimae H, Mizuno M, Nakai H, Arai M1, Sasagawa M, Ushijima K, Sugiyama T, Saito M, Tokunaga H, Omatsu K, Nakanishi T, Watanabe Y, Saito T, Yaegashi Y: American Society of Clinical Oncology (ASCO2017) (2017/6/2-6), Chicago, USA. (新井正秀1: 1婦人)

713092. [学会 (国際)] (一般演題) Development of a training course for "Disaster Liaison for Pediatrics and Perinatal Medicine (DLPPM)" and "Emergency Medical Information System for Pediatric and Perinatal Medicine (EMIS-PPM)" in Japan. Hattori K1, Tsuda N, Nishigaya Y, Sugawara J, Suzuki M, Nakai A, Misaki M, Itoh T, Unno N1: 44Th Annual meeting International Fetal and Perinatal Physiological Society (2017/9/2-5), Osaka, Japan. (服部響子1, 海野信也1: 1産科)

713093. [学会 (国際)] (一般演題) Efficacy of adjuvant treatment for stage IIIC endometrial cancer: a single-institution retrospective study. Iwase H1, Furukawa S1, Endo S1, Tazo Y1, Sato H1, Takada T1, Arai M1, Onda, T1: International Meeting of the Europian Society of Gynaecological Oncology (ESGO2017) (2017/11/4-7), Vienna, Austria. (岩瀬春子1, 古川正義1, 遠藤真一1, 田雑有紀1, 佐藤英貴1, 高田恭臣1, 新井正秀1, 恩田貴志1: 1婦人)

713094. [学会 (国際)] (一般演題) Clinical significance of classification between G1 and G2, in uterine body endometrioid adenocarcinoma. Furukawa S1, Iwase H1, Endo S1, Tazo Y1, Sato H1, Takada T1, Arai M1, Onda T1: International Meeting of the Europian Society of Gynaecological Oncology (ESGO2017) (2017/11/4-7), Vienna, Austria. (古川正義1, 岩瀬春子1, 遠藤真一1, 田雑有紀1, 佐藤英貴1, 高田恭臣1, 新井正秀1, 恩田貴志1: 1婦人)

722110. [学会 (全国)] (専攻医教育セミナー) 性分化異常/生殖器形態異常. 金井雄二 (産科): 第69回日本産科婦人科学会学術講演会 (2017/4/13), 広島.

722111. [学会 (全国)] (招待講演等) 話題の臨床試験 (JGOG/JCOG) と展望−JCOG (Japan Clinical Oncology Group) 婦人科グループの概要と臨床試験について. 恩田貴志 (婦人): 第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2017/7/28), 熊本.

722112. [学会 (全国)] (シンポジウム)【臓器別シンポジウム: それぞれの癌】診断・治療の現状と展望−卵巣癌−手術先行治療と化学療法先行治療. 恩田貴志 (婦人): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20-22), 横浜.

722113. [学会 (全国)] (ワークショップ)【ワークショップ: 近未来の産婦人科医療を展望する】基調講演: 地域産婦人科医療提供体制確保のために. 海野信也 (産科): 第44回日本産婦人科医会学術集会 (2017/10/22), 東京.

722114. [学会 (全国)] (シンポジウム)【シンポジウム: 無痛分娩と母体死亡】安全で安心な分娩環境の確保と産科麻酔. 海野信也 (産科): 第121回日本産科麻酔学会学術集会 (2017/11/18), 大阪.

722115. [学会 (全国)] (シンポジウム) 母体安全の視点から常位胎盤早期剥離の周産期管理を考える. 大西庸子 (産科): 日本周産期・新生児医学会第36回周産期学シンポジウム (2018/1/20), 長野.

722116. [学会 (全国)] (教育講演) 災害時の小児周産期医療−災害時小児周産期リエゾン養成を開始して−. 海野信也 (産科): 第32回日本助産学会学術集会 (2018/3/4), 横浜.

723513. [学会 (全国)] (一般演題) 当科におけるターナー症候群女性のヘルスケアについての検討. 下田隆仁1, 川内博人1, 岩端俊輔1, 本田雅子2, 恩田貴志1, 海野信也3 (1婦人, 2大学院医療系研究科, 3産科): 第69回日本産科婦人科学会学術講演会 (2017/4/14), 広島.

723514. [学会 (全国)] (一般演題) 超緊急帝王切開 (NICE分類カテゴリー1) における母体合併症. 望月純子1, 大西庸子1, 松澤晃代1, 石川隆三1, 関口和企1, 服部響子1, 金井雄二1, 海野信也1 (1産科): 第69回日本産科婦人科学会学術講演会 (2017/4/14), 広島.

723515 [学会 (全国)] (一般演題) 平成28年熊本地震における「小児周産期リエゾン」活動報告とその課題. 服部響子1, 鈴木 真, 鶴和美穂, 津田尚武, 西ヶ谷順子, 中井章人, 海野信也1, 菅原準一 (1産科): 第69回日本産科婦人科学会学術講演会 (2017/4/14), 広島.

723516. [学会 (全国)] (一般演題) 大規模災害対策情報システムの開発. 津田尚武, 西ヶ谷順子, 吉田 敦, 西郡秀和, 鶴和美穂, 中井章人, 海野信也1, 八重樫伸生, 増悼p明 (1産科): 第69回日本産科婦人科学会学術講演会 (2017/4/14), 広島.

723517. [学会 (全国)] (一般演題) 当院で経験したSLE合併妊娠症例の周産期予後. 吉村嘉広1, 望月純子1, 服部響子1, 松澤晃代1, 関口和企1, 石川隆三1, 大西庸子1, 金井雄二1, 海野信也1 (1産科): 第69回日本産科婦人科学会学術講演会 (2017/4/15), 広島.

723518. [学会 (全国)] (一般演題) Development of "Disaster Liaison for Pediatrics and Perinatal Medicine (DLPPM)". 海野信也1, 鶴和美穂, 津田尚武, 西ヶ谷順子, 服部響子1, 菅原準一, 鈴木 真, 中井章人, 増ア英明 (1産科): 第69回日本産科婦人科学会学術講演会 (2017/4/15), 広島.

723519. [学会 (全国)] (一般演題) 当院で出生したリンパ管腫の3例. 大西庸子1, 古江明子2, 吉村嘉広1, 金井雄二1, 望月純子1, 海野信也1 (1産科, 2婦人): 第69回日本産科婦人科学会学術講演会 (2017/4/16), 広島.

723520. [学会 (全国)] (一般演題) 子宮内膜異型増殖症を伴わない早期子宮体部高分化型類内膜腺癌の3例. 田雑有紀1, 岩瀬春子1, 遠藤真一1, 古川正義1, 佐藤英貴1, 高田恭臣1, 新井正秀1, 恩田貴志1 (1婦人): 第58回日本臨床細胞学会総会[春期大会] (2017/5/27), 大阪.

723521. [学会 (全国)] (一般演題) von Willebrand病type 1合併妊娠の一例. 吉村嘉広1, 望月純子1, 中金朗子1, 服部響子1, 関口和企1, 松澤晃代1, 大西庸子1, 金井雄二1, 海野信也1 (1産科): 第53回日本周産期・新生児医学会 (2017/7/17), 横浜.

723522. [学会 (全国)] (一般演題) 水晶体亜脱臼の家族歴から妊娠中に遺伝子検査おこなったマルファン症候群合併妊娠の1例. 中金朗子1, 望月純子1, 吉村嘉広1, 服部響子1, 関口和企1, 松澤晃代1, 大西庸子1, 金井雄二1, 海野信也1 (1産科): 第53回日本周産期・新生児医学会 (2017/7/17), 横浜.

723523. [学会 (全国)] (一般演題) 脳転移を来した婦人科悪性腫瘍の検討. 古川正義1, 岩瀬春子1, 中村基寛1, 古江明子1, 遠藤真一1, 田雑有紀1, 佐藤英貴1, 高田恭臣1, 新井正秀1, 恩田貴志1 (1婦人): 第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2017/7/27), 熊本.

723524. [学会 (全国)] (一般講演) 23歳未婚未経妊女性, 子宮頸部高度異形成, あなたなら円錐切除をしますか? 岩瀬春子 (婦人): 第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2017/7/27), 熊本.

723525. [学会 (全国)] (一般演題) 当院の子宮体部癌肉腫症例の治療成績と予後因子の検討. 中村基寛1, 岩瀬春子1, 遠藤真一1, 古川正義1, 田雑有紀1, 佐藤英貴1, 高田恭臣1, 新井正秀1, 恩田貴志1 (1婦人): 第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2017/7/28), 熊本.

723526. [学会 (全国)] (一般演題) 若年子宮体癌症例における卵巣温存の可能性について. 古江明子1, 岩瀬春子1, 古川正義1, 田雑有紀1, 佐藤英貴1, 高田恭臣1, 新井正秀1, 恩田貴志1 (1婦人): 第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2017/7/29), 熊本.

723527. [学会 (全国)] (一般演題) 初回治療として放射線治療を行った子宮頸部腺癌症例の検討. 佐藤英貴1, 岩瀬春子1, 遠藤真一1, 古川正義1, 田雑有紀1, 高田恭臣1, 新井正秀1, 恩田貴志1 (1婦人): 第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2017/7/29), 熊本.

723528. [学会 (全国)] (一般演題) 外陰癌21症例についての検討. 新井正秀1, 中村基寛1, 古川正義1, 田雑有紀1, 佐藤英貴1, 高田恭臣1, 岩瀬春子1, 恩田貴志1 (1婦人): 第59回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2017/7/29), 熊本.

723529. [学会 (全国)] (一般口演) 有茎性粘膜下筋腫分娩を捻除した際に子宮穿孔を起こした非産褥期子宮内反の1例. 伊藤実香1, 遠藤真一1,2, 古川正義1,2, 石井絵莉子1,3, 秋山絵里子1, 下田隆仁1,2, 岩端俊輔1,2, 久嶋則行1, 三木明徳1,3 (1北里大学メディカルセンター, 2婦人, 3産科): 第57回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 (2017/9/8), 岡山.

723530. [学会 (全国)] (一般口演) 組織型別にみた卵巣癌における他臓器重複がん症例の検討. 高田恭臣1, 岩瀬春子1, 遠藤真一1, 古川正義1, 佐藤英貴1, 新井正秀1, 恩田貴志1 (1婦人): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20-22), 横浜.

723531. [学会 (全国)] (一般口演) 粘液性卵巣腫瘍におけるRac不活化因子FilGAP発現と予後との関連の検討. 佐藤絵里奈1,2, 三枝 信3, 橋村美紀4, 原 敦子3, 遠藤真一2, 古川正義2, 佐藤英貴2, 高田恭臣2, 新井正秀2, 岩瀬春子2, 太田安隆, 恩田貴志2 (1病態・診療系, 2婦人, 3病理, 4形態系): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20-22), 横浜.

723532. [学会 (全国)] (一般演題) 当施設における無侵襲的出生前遺伝学的検査 (NIPT) 導入後の出生前診断の動向. 望月純子1, 荒木尚美, 福田 令, 安本龍馬2, 堀あすか, 久松知子, 大西庸子1, 海野信也1, 高田史男3 (1産科, 2臨検部, 3大学院医療系研究科): 日本人類遺伝学会第62回大会 (2017/11/17), 神戸.

731068. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 小児周産期領域の災害対策: 新たな展開について. 海野信也 (産科): 愛知県産婦人科医会第6回学術研修会 (2017/11/4), 名古屋.

732053. [学会 (地方会・研究会)] (招請講演) 地域分娩環境を守るために. 海野信也 (産科): 岡山県産婦人科専門医会 (岡山県医師会産婦人科部会研修会) (2017/9/17), 岡山.

732054. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム)【産婦人科領域における医療安全】産科麻酔における医療安全. 海野信也 (産科): 平成29年度家族計画・母体保護法指導者講習会 (2017/12/2), 東京.

732055. [学会 (地方会・研究会)] (セミナー) Lecture 4: 無痛分娩の安全対策. 海野信也 (産科): SSセミナー2018 (2018/1/28), 東京.

733197. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 長期臥床後に発症したカンジダ子宮内感染症. 山崎 優1, 中村基寛1, 吉村嘉広1, 関口和企1, 松澤晃代1, 中金朗子1, 石川隆三1, 大西庸子1, 金井雄二1, 望月純子1, 恩田貴志2, 海野信也1 (1産科, 2婦人): 第377回四水会 (2017/6/21), 東京.

733198. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) ICUで管理した神経性やせ症合併妊娠の1例. 五十畑仁志1, 大西庸子1, 石川隆三1, 松澤晃代1, 関口和企1, 中金朗子1, 金井雄二1, 望月純子1, 海野信也1 (1産科): 第418回神奈川産科婦人科学会学術講演会 (2017/7/8), 横浜.

733199. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 後部尿道弁が疑われた胎児の妊娠経過. 阿部 翠1, 大西庸子1, 石川隆三1, 松澤晃代1, 関口和企1, 中金朗子1, 金井雄二1, 望月純子1, 海野信也1 (1産科): 第418回神奈川産科婦人科学会学術講演会 (2017/7/8), 横浜.

733200. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 全周性子宮腺筋症核出術後妊娠の管理. 小島 郁1, 大西庸子1, 石川隆三1, 松澤晃代1, 関口和企1, 中金朗子1, 金井雄二1, 望月純子1, 海野信也1 (1産科): 第418回神奈川産科婦人科学会学術講演会 (2017/7/8), 横浜.

733201. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 絨毛性疾患登録事業 集計報告. 佐々木康, 大原 樹, 新井 努1, 磯崎太一, 木挽貢慈, 茂田博行, 杉浦 賢, 高田恭臣1, 仲沢経夫, 沼崎令子, 林 康子, 平澤 猛, 宮城悦子, 森岡 幹, 米山剛一, 渡邉豊治, 加藤久盛, 三上幹男, 中野眞佐男, 海野信也2, 高橋恒男 (1婦人, 2産科): 第418回神奈川産科婦人科学会学術講演会 (2017/7/8), 横浜.

733202. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 平成28年度 神奈川産科婦人科学会 婦人科悪性腫瘍登録集計報告. 沼崎令子, 杉浦 賢, 仲沢経夫, 磯崎太一, 新井 努1, 大原 樹, 木挽貢慈, 佐々木康, 茂田博行, 高田恭臣1, 林 康子, 平澤 猛, 宮城悦子, 森岡 幹, 米山剛一, 渡邉豊治, 加藤久盛, 三上幹男, 中野眞佐男, 海野信也2, 高橋恒男 (1婦人, 2産科): 第418回神奈川産科婦人科学会学術講演会 (2017/7/8), 横浜.

733203. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 禿頭を契機に診断に至ったテストステロン産生腫瘍の一例. 五島裕之1, 高田恭臣1, 中村基寛1, 遠藤真一1, 古川正義1, 佐藤英貴1, 新井正秀1, 岩瀬春子1, 恩田貴志1, 海野信也2 (1婦人, 2産科): 第419回神奈川産科婦人科学会学術講演会 (2017/9/9), 川崎.

733204. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 高用量プレドニゾロンで管理した全身性エリテマトーデス (SLE) 合併妊娠の1例. 山崎 優1, 関口和企1, 石川隆三1, 松澤晃代1, 中金朗子1, 吉村嘉広1, 金井雄二1, 望月純子1, 海野信也1 (1産科): 第420回神奈川産科婦人科学会学術講演会 (2017/11/19), 相模大野.

733205. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 子宮頸部円錐切除後の子宮頸管狭窄に対する腹腔鏡補助下頸管拡張術. 西島純一1, 岩端俊輔1 川内博人1, 本田雅子2, 下田隆仁1, 恩田貴志1, 海野信也3 (1婦人, 2大学院医療系研究科, 3産科): 第378回四水会 (2017/11/22), 東京.

733206. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 産褥熱から明らかになった未破裂腎血管筋脂肪腫の一例. 塚田亜祐美1, 吉村嘉広1,2, 秋山絵里子1, 石井絵莉子1,2, 根津幸穂2, 久嶋則行2, 三木明徳1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2産科): 第134回関東連合産科婦人科学会 総会・学術集会 (2017/12/9), 宇都宮.

733207. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 神奈川県周産期医療センターにおけるBCP作成の課題. 服部響子1, 中金朗子1, 関口和企1, 松澤晃代1, 石川隆三1, 大西庸子1, 金井雄二1, 望月純子1, 海野信也1 (1産科): 第134回関東連合産科婦人科学会 総会・学術集会 (2017/12/10), 宇都宮.

733208. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 内臓錯位症候群6症例の新生児予後. 伊藤実香1, 望月純子1, 吉村嘉広1, 服部響子1, 中金朗子1, 関口和企1, 松澤晃代1, 石川隆三1, 大西庸子1, 金井雄二1, 海野信也1 (1産科): 第134回関東連合産科婦人科学会 総会・学術集会 (2017/12/10), 宇都宮.

733209. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 悪性腫瘍合併妊娠6症例の周産期経過. 西島純一1, 望月純子1, 佐藤英貴2, 関口和企1, 松澤晃代1, 石川隆三1, 大西庸子1, 金井雄二1, 遠藤真一2, 岩瀬春子2, 恩田貴志2, 海野信也1 (1産科, 2婦人): 第134回関東連合産科婦人科学会 総会・学術集会 (2017/12/10), 宇都宮.

733210. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 子宮頸部円錐切除後の子宮頸管狭窄に対する腹腔鏡補助下頸管拡張術. 岩端俊輔1, 川内博人1, 本田雅子2, 下田隆仁1, 恩田貴志1, 海野信也3 (1婦人, 2大学院医療系研究科, 3産科): 第134回関東連合産科婦人科学会 総会・学術集会 (2017/12/10), 宇都宮.

H28年度以前分

[学会・研究会等]

H28-733005. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 子宮底部由来の有茎性粘膜下筋腫分娩を捻除した際に子宮穿孔を起こした非産褥期子宮内反の一例. 伊藤実香1, 遠藤真一1,2, 古川正義1,2, 秋山絵里子1, 石井絵梨子1,3, 久嶋則行1, 三木明徳1,3 (1北里大学メディカルセンター, 2婦人, 3産科): 第18回埼玉県産婦人科内視鏡研究会 (2017/2/4), 埼玉.


整形外科学

[学術論文]

110215. [原著] Expression of calcitonin gene-related peptide in the infrapatellar fat pad in knee osteoarthritis patients. Aikawa J1, Uchida K2, Takano S1, Inoue G2, Minatani A, Miyagi M2, Iwase D2, Sekiguchi H1, Mukai M2, Takaso M2: J Orthop Surg Res 2017/4; 12 (1): 65. (相川 淳1, 内田健太郎2, 高野昇太郎1, 井上 玄2, 宮城正行2, 岩瀬 大2, 関口裕之1, 迎  学2, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外)

110216. [原著] Clinical Results and Prognostic Factors for Outcomes of Valgus Femoral Osteotomy Combined with Chiari Pelvic Osteotomy for Osteoarthritis of the Hip. Uchiyama K1, Moriya M1, Fukushima K1, Yamamoto T, Takahira N2, Takaso M1: JB JS Open Access 2017/4; 2 (2): e0006. (内山勝文1, 森谷光俊1, 福島健介1, 山本豪明, 高平尚伸2, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

110217. [原著] Increase and regulation of synovial calcitonin gene-related peptide expression in patients with painful knee osteoarthritis. Takano S1, Uchida K2, Inoue G2, Minatani A, Miyagi M2, Aikawa J1, Iwase D2, Onuma K2, Mukai M2, Takaso M2: J Pain Res 2017/5; 10: 1099-104. (高野昇太郎1, 内田健太郎2, 井上 玄2, 宮城正行2, 相川 淳1, 岩瀬 大2 小沼賢治2, 迎  学2, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外)

110218. [原著] Basic Fibroblast Growth Factor-Anchored Multilayered Mesenchymal Cell Sheets Accelerate Periosteal Bone Formation. Uchida K1, Inoue G1, Matsushita O, Horikawa K, Sekiguchi H2, Saito W1, Takano S2, Fujimaki H, Miyagi M1, Takaso M1: Biomed Res Int 2017/6; 2017: 4371460. (内田健太郎1, 井上 玄1, 関口裕之2, 齋藤 亘1, 高野昇太郎2, 宮城正行1, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科)

110219. [原著] Transforming growth factor activating kinase 1 regulates extracellular matrix degrading enzymes and pain-related molecule expression following tumor necrosis factor-α stimulation of synovial cells: an in vitro study. Uchida K1, Takano S2, Matsumoto T3, Nagura N2, Inoue G1, Itakura M4, Miyagi M1, Aikawa J2, Iwase D1, Minatani A, Fujimaki H, Takaso M1: BMC Musculoskelet Disord 2017/7; 18 (1): 283. (内田健太郎1, 高野昇太郎2, 松本俊英3, 名倉直重2, 井上 玄1, 板倉 誠4, 宮城正行1, 相川 淳2, 岩瀬 大1, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科, 3病理, 4生化)

110220. [原著] Spinal correction in patients with Fukuyama congenital muscular dystrophy. Saito W1, Namba T1, Inoue G1, Imura T1, Miyagi M1, Nakazawa T1, Shirasawa E1, Uchida K1, Takaso M1: J Orthop Sci 2017/7; 22 (4): 658-64. (齋藤 亘1, 難波孝徳1, 井上 玄1, 井村貴之1, 宮城正行1, 中澤俊之1, 白澤栄樹1, 内田健太郎1, 高相晶士1: 1整外)

110221. [原著] Effect of Freeze-Dried Allograft Bone With Human Basic Fibroblast Growth Factor Containing a Collagen-Binding Domain From Clostridium histolyticum Collagenase on Bone Formation After Lumbar Posterolateral Fusion Surgery in Rats. Inoue G1, Uchida K1, Matsushita O, Fujimaki H, Saito W1, Miyagi M1, Sekiguchi H2, Nishi N, Ohtori S, Yogoro M, Takaso M1: Spine (Phila Pa 1976) 2017/9; 42 (17): E995-1001. (井上 玄1, 内田健太郎1, 齋藤 亘1, 宮城正行1, 関口裕之2, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科)

110222. [原著] Risk Factors for Delirium After Spine Surgery in Extremely Elderly Patients Aged 80 Years or Older and Review of the Literature: Japan Association of Spine Surgeons with Ambition Multicenter Study. Kobayashi K, Imagama S, Ando K, Ishiguro N, Yamashita M, Eguchi Y, Matsumoto M, Ishii K, Hikata T1,2, Seki S, Terai H, Suzuki A, Tamai K, Aramomi M, Ishikawa T, Kimura A, Inoue H, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Yamada K, Hongo M, Matsuoka Y, Suzuki H, Nakano A, Watanabe K, Chikuda H, Ohya J, Aoki Y, Shimizu M, Futatsugi T, Mukaiyama K, Hasegawa M, Kiyasu K, Iizuka H, Iizuka Y, Kobayashi R, Nishida K, Kakutani K, Nakajima H, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Namikawa T, Watanabe K, Nakanishi K, Nakagawa Y, Yoshimoto M, Fujiwara H, Nishida N, Imajo Y, Yamazaki M, Sakane M, Abe T, Fujii K, Kaito T, Furuya T, Orita S, Ohtori S: Global Spine J 2017/9; 7 (6): 560-6. (日方智宏1,2: 1整外, 2北里研究所病院)

110223. [原著] Total en bloc spondylectomy of the eleventh thoracic vertebra following denosumab therapy for the treatment of a giant cell tumor. Inoue G1, Imura T1, Miyagi M1, Saito W1, Tazawa R2, Nakazawa T1, Takaso M1: Oncol Lett 2017/10; 14 (4): 4005-10. (井上 玄1, 井村貴之1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 田澤 諒2, 中澤俊之1, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科)

110224. [原著] Perioperative Evaluation of Respiratory Muscle Strength after Scoliosis Correction in Patients with Duchenne Muscular Dystrophy. Saito W1, Mizuno K2, Inoue G1, Imura T1, Nakazawa T1, Miyagi M1, Shirasawa E1, Uchida K1, Takaso M1: Asian Spine J 2017/10; 11 (5): 787-92. (齋藤 亘1, 水野公輔2, 井上 玄1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 宮城正行1, 白澤栄樹1, 内田健太郎1, 高相晶士1: 1整外, 2リハビリ部)

110225. [原著] Complications Associated With Spine Surgery in Patients Aged 80 Years or Older: Japan Association of Spine Surgeons with Ambition (JASA) Multicenter Study. Kobayashi K, Imagama S, Ando K, Ishiguro N, Yamashita M, Eguchi Y, Matsumoto M, Ishii K, Hikata T1,2, Seki S, Terai H, Suzuki A, Tamai K, Aramomi M, Ishikawa T, Kimura A, Inoue H, Inoue G, Miyagi M, Saito W, Yamada K, Hongo M, Nishimura H, Suzuki H, Nakano A, Watanabe K, Chikuda H, Ohya J, Aoki Y, Shimizu M, Futatsugi T, Mukaiyama K, Hasegawa M, Kiyasu K, Iizuka H, Iizuka Y, Kobayashi R, Nishida K, Kakutani K, Nakajima H, Murakami H, Demura S, Kato S, Yoshioka K, Namikawa T, Watanabe K, Nakanishi K, Nakagawa Y, Yoshimoto M, Fujiwara H, Nishida N, Imajo Y, Yamazaki M, Sakane M, Abe T, Fujii K, Kaito T, Furuya T, Orita S, Ohtori S: Global Spine J 2017/10; 7 (7): 636641. (日方智宏1,2: 1整外, 2北里研究所病院)

110226. [原著] A Retrospective Cohort Study Comparing the Safety and Efficacy of Minimally Invasive Versus Open Surgical Techniques in the Treatment of Spinal Metastases. Hikata T1,2, Isogai N, Shiono Y, Funao H, Okada E, Fujita N, Iwanami A, Watanabe K, Tsuji T, Nakamura M, Matsumoto M, Ishii K: Clin Spine Surg 2017/10; 30 (8): E1082-7. (日方智宏1,2: 1整外, 2北里研究所病院)

110227. [原著] Efficacy of nerve growth factor antibody in a knee osteoarthritis pain model in mice. Miyagi M1, Ishikawa T, Kamoda H, Suzuki M, Inoue G1, Sakuma Y, Oikawa Y, Orita S, Uchida K1, Takahashi K, Takaso M1, Ohtori S: BMC Musculoskelet Disord 2017/11; 18 (1): 428. (宮城正行1, 井上 玄1, 内田健太郎1, 高相晶士1: 1整外)

110228. [原著] Nerve growth factor regulation and production by macrophages in osteoarthritic synovium. Takano S1, Uchida K2, Inoue G2, Miyagi M2, Aikawa J1, Iwase D2, Iwabuchi K3, Matsumoto T4, Satoh M3, Mukai M2, Minatani A, Takaso M2: Clin Exp Immunol 2017/11; 190 (2): 235-43. (高野昇太郎1, 内田健太郎2, 井上 玄2, 宮城正行2, 相川 淳1, 岩瀬 大2, 岩渕和也3, 松本俊英4, 佐藤 雅3, 迎  学2, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外, 3免疫, 4病理)

110229. [原著] Presence of Modic type 1 change increases risk of postoperative pyogenic discitis following decompression surgery for lumbar canal stenosis. Ninomiya K, Fujita N, Hosogane N, Hikata T1,2, Watanabe K, Tsuji O, Nagoshi N, Yagi M, Kaneko S, Fukui Y, Koyanagi T, Shiraishi T, Tsuji T, Nakamura M, Matsumoto M, Ishii K: J Orthop Sci 2017/11; 22 (6): 988-93. (日方智宏1,2: 1整外, 2北里研究所病院)

110230. [原著] Risk factor analysis of kyphotic malalignment after cervical intramedullary tumor resection in adults. Nori S, Iwanami A, Yasuda A, Nagoshi N, Fujita N, Hikata T1,2, Yagi M, Tsuji T, Watanabe K, Momoshima S, Matsumoto M, Nakamura M, Ishii K: J Neurosurg Spine 2017/11; 27 (5): 518-27. (日方智宏1,2: 1整外, 2北里研究所病院)

110231. [原著] The cytokine expression in synovial membrane and the relationship with pain and pathological findings at hip arthroscopy. Fukushima K1, Inoue G1, Fujimaki H, Uchida K1, Miyagi M1, Nagura N2, Uchiyama K1, Takahira N3, Takaso M1: J Exp Orthop 2017/12; 4 (1): 12. (福島健介1, 井上 玄1, 藤巻寿子, 内田健太郎1, 宮城正行1, 名倉直重2, 内山勝文1, 高平尚伸3, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部)

110232. [原著] The Relationship between Preoperative Echocardiographic Evaluation and Spinal Deformity in Patients with Neuromuscular Scoliosis. Saito W1, Inoue G1, Imura T1, Nakazawa T1, Miyagi M1, Shirasawa E1, Kuroda A1, Uchida K1, Takaso M1: Spine Surg Relat Res 2018/1; 2 (1): 48-52. (齋藤 亘1, 井上 玄1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 宮城正行1, 白澤栄樹1, 黒田晃義1, 内田健太郎1, 高相晶士1: 1整外)

110233. [原著] Vein wrapping facilitates basic fibroblast growth factor-induced heme oxygenase-1 expression following chronic nerve constriction injury. Hirosawa N, Uchida K1, Kuniyoshi K, Murakami K, Inoue G1, Miyagi M1, Matsuura Y, Orita S, Inage K, Suzuki T, Takaso M1, Ohtori S: J Orthop Res 2018/3; 36 (3): 898-905. (内田健太郎1, 井上 玄1 宮城正行1, 高相晶士1: 1整外)

110234. [原著] Extracorporeal shock wave treatment can selectively destroy end plates in neuromuscular junctions. Kenmoku T1, Nemoto N2, Iwakura N, Ochiai N, Uchida K1, Saisu T, Ohtori S, Nakagawa K, Sasho T, Takaso M1: Muscle Nerve 2018/3; 57 (3): 466-72. (見目智紀1, 根本典子2, 内田健太郎1, 高相晶士1: 1整外, 2バイオイメージ研究セ)

120014. [原著] 少年野球選手の投球動作と肘痛との関連性. 工藤大志, 見目智紀1, 小林明誉, 相原雅也, 鳥山大介, 渡邊裕之 (1整外): JOSKAS 2017/4; 42 (2): 420-1.

120015. [原著] 境界型寛骨臼形成不全 (borderline dysplasia) における関節適合性の評価. 福島健介1, 高相晶士1, 森谷光俊1, 高平尚伸2, 内山勝文1 (1整外, 2医療衛生学部): 関節外科 2017/6; 36 (6): 107111.

120016. [原著] 股関節動的ストレッチによる介入が投球動作中の股関節回旋角度に与える影響. 境野 敦, 渡邊裕之, 見目智紀1, 中冨翔太, 鳥山大介, 相原雅也, 高平尚伸2 (1整外, 2医療衛生学部): JOSKAS 2017/6; 42 (3): 499-504.

120017. [原著] 遊離腱を用いた鏡視下PTFL/ATFL/CFL再建術 (Scopic PAC) の開発−cadaverでの試み−. 東山礼治1, 花田 充, 相川 淳2, 岩瀬 大1, 南谷 淳, 関口裕之2, 高野昇太郎2, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): JOSKAS 2017/6; 42 (3): 776-80.

120018. [原著] 自家薄筋腱を用いた鏡視下前距腓靭帯再建術の成績. 東山礼治1, 相川 淳2, 岩瀬 大1, 南谷 淳, 渡邉英一郎, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 日本整形外科スポーツ医学会雑誌 2017/6; 37 (2): 137-41.

120019. [原著]【臨床経験】腰椎変性疾患に対する2椎間の後方経路腰椎椎体間固定術後の椎体間ケージ沈み込みの危険因子. 磯貝宜広, 渡辺航太, 日方智宏1,2, 藤田順之, 八木 満, 辻 収彦, 名越慈人, 中村雅也, 松本守雄, 石井 賢 (1整外, 2北里研究所病院): 臨床整形外科 2017/7; 52 (7): 685-90.

120020. [原著] 股関節手術施行患者におけるインターネット医療情報の活用状況−北里大学病院での現状と展望−. 内山勝文1, 山本豪明, 森谷光俊1, 福島健介1, 池田信介, 峯岸洋次郎2, 高相晶士1, 高平尚伸3 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部) Hip Joint 2017/8; 43: 19-23.

120021. [原著] 股関節唇損傷患者における脊椎骨盤矢状面アライメントの検討−寛骨臼形成不全と非寛骨臼形成不全股との比較対象研究−. 大竹悠哉1, 福島健介1, 井上 玄1, 宮城正行1, 森谷光俊1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部) Hip Joint 2017/8; 43: 138-41.

120022. [原著] 片側変形性股関節症例における冠状面脊椎アライメントの検討. 森谷光俊1, 福島健介1, 井上 玄1, 宮城正行1, 山本豪明, 峯岸洋次郎2, 内山勝文1, 高相晶士1, 高平尚伸3 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部) Hip Joint 2017/8; 43: 141-4.

120023. [原著] 人工股関節寛骨臼側フィン付きセメントレスカップの回旋安定性の評価 小島千裕1, 福島健介2, 酒井利奈3, 中野雅也1, 高平尚伸3, 内山勝文2, 馬渕清資, 吉田和弘3, 氏平政伸3 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部): 臨床バイオメカニクス 2017/10; 38: 247-51.

120024. [原著] 脊柱変形矯正手術における周術期合併症調査. 高橋洋平, 鈴木悟士, 西田光宏, 大門憲史, 藤井 武, 大伴直央, 藤田順之, 八木 満, 金子慎二郎, 細金直文, 石川雅之, 岡田英次朗, 河野 仁, 福田健太郎, 日方智宏1,2, 中村雅也, 松本守雄, 渡辺航太 (1整外, 2北里研究所病院): Journal of Spine Research 2017/11; 8 (11): 1751-7.

120025. [原著] Anterolateral-supine approachによる両側同時人工股関節全置換術の短期成績. 塗山正宏, 宮島玄陽, 平川紀子1, 成瀬康治1, 内野正隆1, 占部 憲1 (1整外): 日本人工関節学会誌 2017/12; 47: 685-6.

120026. [原著] 熱可塑性ニット素材で作製した母指CM関節症に対する新しい機能的装具の実践. 佐々木秀一, 小沼賢治1, 見目智紀1, 助川浩士1, 高相晶士1, 高平尚伸2 (1整外, 2医療衛生学部): 作業療法 2017/12; 36 (6): 634-40.

120027. [原著] 足関節外果骨折に対するプレート固定におけるフックの有用性. 酒井利奈1, 吉田和弘1, 氏平政伸1, 中尾将輝2, 内野正隆3, 峰原宏昌4, 松浦晃正3 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3整外, 4救命): 骨折 2018/2; 40 (1): 233-7.

120028. [原著] 髄内釘固定にプレート固定を併用した下腿骨骨折の治療経験. 河村 直1, 峰原宏昌2, 松浦晃正1, 庄司真太郎3, 田澤 諒3, 大竹悠哉1, 川久保歩, 土屋真穂1, 高相晶士1 (1整外, 2救命, 3大学院医療系研究科): 東日本整形災害外科学会雑誌 2018/3; 30 (1): 6-12.

310025. [症例報告] Surgical treatment for suicidal jumper's fracture (unstable sacral fracture) with thoracolumbar burst fracture: a report of three cases. Fujino S1, Miyagi M1, Tajima S1, Imura T1, Tazawa R2, Inoue G1, Nakazawa T1, Saito W1, Shirasawa E1, Minehara H3, Matsuura T1, Kawamura T1, Uchida K1, Takahira N4, Takaso M1: Spine Surg Relat Res 2017/4; 1 (2): 100-6. (藤野庄太郎1, 宮城正行1, 田島秀一郎1, 井村貴之1, 田澤 諒2, 井上 玄1, 中澤俊之1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 峰原宏昌3, 松浦晃正1, 河村 直1, 内田健太郎1, 高平尚伸4, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科, 3救命, 4医療衛生学部)

310026. [症例報告] Discography aids definitive diagnosis of posterior epidural migration of lumbar disc fragments: case report and literature review. Takano M, Hikata T1,2, Nishimura S, Kamata M: BMC Musculoskelet Disord 2017/4; 18 (1): 151. (日方智宏1,2: 1整外, 2北里研究所病院)

310027. [症例報告] Three-dimensional full-scale bone modeling for preoperative simulation of surgery in patients with elbow contractures due to bone deformities. Nagura N1, Kenmoku T2, Onuma K2, Fukushima K2, Fujimaki H, Takahira N3, Takaso M2: Clin Case Rep 2017/7; 5 (8): 1401-6. (名倉直重1, 見目智紀2, 小沼賢治2, 福島健介2, 藤巻寿子, 高平尚伸3, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部)

310028. [症例報告] Common iliac vein injury during L5-S1 posterior lumbar interbody fusion in a patient with systemic lupus erythematosus receiving steroid treatment: A case report. Saito W1, Inoue G1, Nakazawa T1, Imura T1, Miyagi M1, Uchida K1, Namba T1, Shirasawa E1, Takahira N2, Takaso M1: J Orthop Sci 2017/9; 22 (5): 962-6. (齋藤 亘1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 宮城正行1, 内田健太郎1, 難波孝徳1, 白澤栄樹1, 高平尚伸2, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

310029. [症例報告] Use of the painDETECT questionnaire to differentiate the nature of hip pain associated with a labrum tear. Nakawaki M1, Fukushima K2, Inoue G2, Moriya M2, Uchiyama K2, Takahira N3, Takaso M2: Asia Pac J Sports Med Arthrosc Rehabil Technol 2017/11; 11: 1-5. (中脇充章1, 福島健介2, 井上 玄2, 森谷光俊2, 内山勝文2, 高平尚伸3, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部)

310030. [症例報告] Spinal arteriovenous fistula coexisting within a spinal lipoma: report of two cases. Horiuchi Y, Iwanami A, Akiyama T, Hikata T1,2, Watanabe K, Yagi M, Fujita N, Okada E, Nagoshi N, Tsuji O, Ishii K, Yoshida K, Nakamura M, Matsumoto M: Spinal Cord Ser Cases 2017/11; 3: 17079. (日方智宏1,2: 1整外, 2北里研究所病院)

320024. [症例報告] セラミック人工膝関節全置換術術後早期に両側の弛みを生じた1例. 匹田貴雅, 成瀬康治1, 占部 憲1 (1整外): JOSKAS 2017/6; 42: 676-80.

320025. [症例報告] 2度のpelvic packingで出血をコントロールし得たsuicidal jumper's fractureを合併した多発外傷の治療経験. 大竹悠哉1, 峰原宏昌2, 松浦晃正1, 河村 直1, 庄司真太郎3, 高相晶士1 (1整外, 2救命, 3大学院医療系研究科): 骨折 2017/6; 39 (3): 623-7.

320026. [症例報告] Prune-belly症候群に伴った脊柱後側彎症に対して後方矯正固定術を行った1例. 林健太郎, 渡辺航太, 藤田順之, 日方智宏1,2, 石井 賢, 中村雅也, 松本守雄 (1整外, 2北里研究所病院): 臨床整形外科 2017/10; 52 (10): 993-5.

510005. [総説] Revision total hip arthroplasty - Salvage procedures using bone allografts in Japan. Uchiyama K1, Inoue G1, Takahira N2, Takaso M1: J Orthop Sci 2017/7; 22 (4): 593-600. (内山勝文1, 井上 玄1, 高平尚伸2, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

522099. [講座]【特集: 人工関節周囲骨折update】人工膝関節周囲骨折の治療戦略. 内野正隆1, 占部 憲1 (1整外): 整形・災害外科 2017/5; 60 (6): 795-800.

522100. [講座]【誌説】同種骨移植. 占部 憲 (整外): 整形外科 2017/5; 68 (5): 414.

522101. [講座]【連載: 最新原著レビュー】橈骨 神経損傷に対する神経移行術を目的とした正中神経・橈骨神経の解剖学的検討. 助川浩士 (整外): 整形外科 2017/5; 68 (5): 485-8.

522102. [講座]【Advanced Surgical Skills 手術のコツとピットフォール】[足] 足関節鏡視下靭帯再建術. 東山礼治 (整外): 整形外科サージカルテクニック 2017/6; 7 (3): 317-23.

522103. [講座]【特集: 脊椎脊髄疾患に関連する痛みのメカニズム】椎間板性疼痛. 大鳥精司, 西能 健, 佐藤 淳, 折田純久, 稲毛一秀, 山内かづ代, 鈴木 都, 久保田剛, 青木保親, 古矢丈雄, 国府田正雄, 宮城正行1, 井上 玄1 (1整外): 脊椎脊髄ジャーナル 2017/6; 30 (6): 611-7.

522104. [講座]【平成28年度学校保健講習会シンポジウム: 学校管理下における事故とその予防】整形外科領域の事故と予防. 東山礼治 (整外): 日本医師会雑誌 2017/7; 146 (4): 781-2.

522105. [講座]【特集: 保存療法で治せる腰痛症の見極めと治療】椎間板性腰痛. 宮城正行 (整外): Orthopaedics 2017/8; 30 (8): 82-9.

522106. [講座]【特集: 変形性股関節症に対する関節温存手術の現状と将来展望】II. 骨切り術の実際 (概念・適応・成績) 関節温存手術の実際−大腿骨外反骨切り術−. 森谷光俊1, 高平尚伸2, 内山勝文1, 福島健介1, 山本豪明, 糸満盛憲, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 関節外科 2017/9; 36 (9): 51-7.

522107. [講座]【特集: 成人脊柱変形】単純X線正面像を用いた骨盤傾斜角の近似法に関する考察. 庄司真太郎1, 宮城正行2, 井上 玄2, 福島健介2, 中澤俊之2, 井村貴之2, 齋藤 亘2, 高平尚伸3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部): Journal of Spine Research 2017/9; 8 (9): 1466-71.

522108. [講座]【特集: 人工股関節置換法 アプローチと最新の機器のトレンド】I. 総論 人工股関節全置換術における手術進入法: それぞれの特徴. 福島健介1, 高相晶士1, 内山勝文1, 高平尚伸2 (1整外, 2医療衛生学部): 関節外科 2017/11; 36 (11): 13-5.

522109. [講座]【特集: スポーツ障害と痛みについて考える】スポーツと股関節痛−病態と診断−. 福島健介1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 臨床スポーツ医学 2018/1; 35 (1): 54-7.

522110. [講座]【特集: 股関節を中心とした三次元アライメント hip-spineとhip-knee】寛骨臼被覆と脊椎−骨盤矢状面アライメントの関連. 福島健介1, 宮城正行1, 井上 玄1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 関節外科 2018/2; 37 (2): 62-5.

522111. [講座]【特集: 膝前十字靱帯損傷における膝前外側支持組織の役割を再考する】前外側靱帯 (ALL) 再建術の術式−同種腱−. 東山礼治1, 相川 淳2, 岩瀬 大1, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 整形外科最小侵襲手術ジャーナル 2018/2; 86: 62-71.

540022. [その他 (短報)] トモシンセシスを用いた胸腰椎椎体骨折の評価. 大竹悠哉1, 森谷光俊1, 斎藤 亘1, 宮城正行1, 福島健介1, 井村貴之1, 井上 玄1, 内山勝文1, 黒田賢二, 高相晶士1 (1整外): MEDICAL NOW 2017/8; 82: 28-9.

[著 書]

620052. [学術書 (分担執筆)]【骨折 (四肢・脊椎脊髄外傷) の診断と治療 (その2) (別冊整形外科No.71)】I. 上肢・体幹 1. 鎖骨 サソリ型プレートを用いた不安定型鎖骨遠位端骨折の治療, p.16-20. 松浦晃正1, 峰原宏昌2, 河村 直1, 庄司真太郎3, 田澤 諒3, 高相晶士1 (1整外, 2救命, 3大学院医療系研究科), 南江堂, 東京, 2017/4発行.

620053. [学術書 (分担執筆)]【ナースが本当に聞いてみたかった整形外科看護 エビデンス179 (整形外科看護2017年春季増刊)】[Chapter 6 THA] 術後管理・看護, p.103-20. 福島健介 (整外), メディカ出版, 大阪, 2017/5発行.

620054. [学術書 (分担執筆)]【整形外科治療スキルアップ22 (Monthly Book Orthopaedics 30 (増大号))】 腰椎MIStのスキルアップ, p.141-52. 日方智宏1,2, 石井 賢 (1整外, 2北里研究所病院), 編: 山田治基, 全日本病院出版会, 東京, 2017/5発行.

620055. [学術書 (分担執筆)]【MRSA感染症の治療ガイドライン−改訂版−2017】VI. 疾患別抗MRSA薬の選択と使用 f. 骨・関節感染症 (整形外科領域感染症), p.70. 内山勝文 (整外), 編: MRSA感染症の治療ガイドライン作成委員会, 日本化学療法学会/日本感染症学会, 東京, 2017/7発行.

620056. [学術書 (分担執筆)]【成人脊柱変形治療の最前線】II章 各論 B 手術手技 2. インストゥルメンテーション e. 骨粗鬆症対策, p.332-6. 高相晶士 (整外), 編: 日本側彎症学会, 責任編集: 種市 洋, 松本守雄, 南江堂, 東京, 2017/7発行.

620057. [学術書 (分担執筆)]【四肢関節の骨切り術 (整形外科2017年7月増刊号)】II. 股関節 7. 変形性股関節症に対する大腿骨外反骨切り術の適応と手術手技, p.787-91. 森谷光俊1, 高平尚伸2, 内山勝文1, 福島健介1, 山本豪明, 糸満盛憲, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部), 南江堂, 東京, 2017/7発行.

620058. [学術書 (分担執筆)]【高齢者脊椎疾患の診断・治療の最近の進歩 (関節外科2017年10月増刊号)】III. 骨粗鬆症性 骨粗鬆症患者に対する脊椎手術における補助療法−周術期のテリパラチド治療と同種骨移植の有用性−, p.119-24. 井上 玄1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 白澤栄樹1, 藤巻寿子, 大鳥精司, 高相晶士1 (1整外), メジカルビュー社, 東京, 2017/10発行.

620059. [学術書 (分担執筆)]【OS NEXUS 12 股関節の再建法 成功への準備とコツ】II. 再置換術 同種骨を用いた人工股関節再置換術, p.146-59. 内山勝文1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部), 編: 中村 茂, メジカルビュー社, 東京, 2017/10発行.

[学会・研究会等]

712020. [学会 (国際)] (招待講演等) 人工股関節再置換術における大腿骨骨欠損に対する同種骨移植を用いたセメントレスステム再建術. Uchiyama K1, Moriya M1, Fukushima K1, Yamamoto T, Takahira N2, Takaso M1: 2017 International Congress for Joint Reconstruction Japan Hip and Knee (2017/4/15), Tokyo, Japan. (内山勝文1, 森谷光俊1, 福島健介1, 山本豪明, 高平尚伸2, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

712021. [学会 (国際)] (招待講演等) Current Main Issues in the Asia Pacific Region. Urabe K1: World Union of Tissue Bank Association (2017/10/5), Orlando, USA. (占部 憲1: 1整外)

712022. [学会 (国際)] (招待講演等) Single radius knee and CR/CS inserts. Urabe K1: Great expectation 2018 (2018/3/17), Hong Kong. (占部 憲1: 1整外)

713095. [学会 (国際)] (一般講演) Effect of diagnostic intra-articular lidocaine injection into the hip joint in patients with a labral tear. Kawakubo A1, Fukushima K1, Inoue G1, Miyagi M1, Uchida K1, Moriya M1, Uchiyama K1, Takahira N2, Takaso M1: 18th EFFORT Annual Congress (ヨーロッパ整形災害外科学会) (2017/5/31), Wien, Austria. (川久保歩1, 福島健介1, 井上 玄1, 宮城正行1, 内田健太郎1, 森谷光俊1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

713096. [学会 (国際)] (一般講演) Correlation between spinal sagittal alignment and acetabular coverage in the patients with labral tear - patients mached control study -. Shirasawa E1, Fukushima K1, Miyagi M1, Inoue G1, Saito W1, Uchiyama K1, Moriya M1, Takahira N2, Takaso M1: 18th EFFORT Annual Congress (ヨーロッパ整形災害外科学会) (2017/6/1), Wien, Austria. (白澤栄樹1, 福島健介1, 宮城正行1, 井上 玄1, 齋藤 亘1, 内山勝文1, 森谷光俊1, 高平尚伸2, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

713097. [学会 (国際)] (一般講演) The incidence of deep vein thrombosis (DVT) during hip arhtoscopic surgery. Fukushima K1, Takahira N2, Uchiyama K1, Moriya M1, Minato T1, Takaso M1: 18th EFFORT Annual Congress (ヨーロッパ整形災害外科学会) (2017/6/1), Wien, Austria. (福島健介1, 高平尚伸2, 内山勝文1, 森谷光俊1, 湊 剛樹1, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

713098. [学会 (国際)] (一般講演) Correlation Between Spinal Sagittal Alignment And Acetabular Coverage In Patients With Labral Tear. Shirasawa E1, Fukushima K1, Inoue G1, Miyagi M1, Saito W1, Uchiyama K1, Imura T1, Nakazawa T1, Takahira N2, Takaso M1: 18th EFFORT Annual Congress (ヨーロッパ整形災害外科学会) (2017/5/31-6/2), Wien, Austria. (白澤栄樹1, 福島健介1, 井上 玄1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 内山勝文1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 高平尚伸2, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

713099. [学会 (国際)] (一般講演) Evaluation Of Postoperative Fracture At Upper Instrumented Vertebrae After Adult Spinal Deformity Surgery. Inoue G1, Nakazawa T1, Imura T1, Miyagi M1, Saito W1, Shirasawa E1, Takaso M1: 18th EFFORT Annual Congress (ヨーロッパ整形災害外科学会) (2017/5/31-6/2), Wien, Austria. (井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 高相晶士1: 1整外)

713100. [学会 (国際)] (一般講演) Hip Spine Syndrome: Cross-Sectional-Study Of Spinal Alignment In Patients With Coxalgia. Miyagi M1, Fukushima K1, Inoue G1, Syoji S2, Nakazawa T1, Imura T1, Yamamoto T, Moriya M1, Saito W1, Shirasawa E1, Uchida K1, Uchiyama K1, Takahira N3, Takaso M1: 18th EFFORT Annual Congress (ヨーロッパ整形災害外科学会) (2017/5/31-6/2), Wien, Austria. (宮城正行1, 福島健介1, 井上 玄1, 庄司真太郎2, 中澤俊之1, 井村貴之1, 森谷光俊1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 内田健太郎1, 内山勝文1, 高平尚伸3, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部)

713101. [学会 (国際)] (一般講演) Is Fixation With An S2 Alar Screw Sufficient In Corrective Surgery For Adult Spinal Deformity? Nakazawa T1, Inoue G1, Imura T1, Miyagi M1, Saito W1, Shirasawa E1, Takaso M1: 18th EFFORT Annual Congress (ヨーロッパ整形災害外科学会) (2017/5/31-6/2), Wien, Austria. (中澤俊之1, 井上 玄1, 井村貴之1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 高相晶士1: 1整外)

713102. [学会 (国際)] (一般講演) Peripheral Nerve Reconstruction With Oriented Collagen Tubes Combined With Basic Fibroblast Growth Factor. Fujimaki H, Inoue G1, Uchida K1, Miyagi M1, Takaso M1: 18th EFFORT Annual Congress (ヨーロッパ整形災害外科学会) (2017/5/31-6/2), Wien, Austria. (藤巻寿子, 井上 玄1, 内田健太郎1, 宮城正行1, 高相晶士1: 1整外)

713103. [学会 (国際)] (一般講演) Preoperative Echocardiographic Evaluation In Children With Neuromuscular Scoliosis. Kuroda A1, Saito W1, Miyagi M1, Inoue G1, Imura T1, Nakazawa T1, Shirasawa E1, Takaso M1: 18th EFFORT Annual Congress (ヨーロッパ整形災害外科学会) (2017/5/31-6/2), Wien, Austria. (黒田晃義1, 齋藤 亘1, 宮城正行1, 井上 玄1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 白澤栄樹1, 高相晶士1: 1整外)

713104. [学会 (国際)] (一般講演) Radiologic Results Of Spinal Fusion To L5 For Neuromuscular. Saito W1, Inoue G1, Nakazawa T1, Imura T1, Miyagi M1, Shirasawa E1, Takaso M1: 18th EFFORT Annual Congress (ヨーロッパ整形災害外科学会) (2017/5/31-6/2), Wien, Austria. (齋藤 亘1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 宮城正行1, 白澤栄樹1, 高相晶士1: 1整外)

713105. [学会 (国際)] (一般講演) Radiological results of spinal fusion to L5 in flaccid type neuromuscular scoliosis. Saito W1, Inoue G1, Shirasawa E1, Imura T1, Nakazawa T1, Miyagi M1, Takaso M1: 52nd Annual Meeting & Course-Scoliois Research Society (2017/9/6), Philadelphia, USA. (齋藤 亘1, 井上 玄1, 白澤栄樹1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 宮城正行1, 高相晶士1: 1整外)

713106. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical evaluation of efficacy using PCR lateral-flow assay for Gram-positive and Gram-negative bacterial infection detection in joint fluid. Uchiyama K1, Kanda H, Yamaguchi T, Ibe S, Sakurai K2, Nihonyanagi S3, Minegishi Y4, Ikeda S4, Kanou Y5, Fukushima K1, Takahira N6, Takaso M1: 36th Annual meeting of the European Bone and Joint Infection Society (2017/9/7), Nantes, France. (内山勝文1, 櫻井慶造2, 二本柳伸3, 峯岸洋次郎4, 池田信介4, 狩野有作5, 福島健介1, 高平尚伸6, 高相晶士1: 1整外, 2臨検部, 3感染管理室, 4大学院医療系研究科, 5臨検学, 6医療衛生学部)

713107. [学会 (国際)] (一般講演) The effective evaluation of measurement of α-Defensin derived from synovial fluids in orthopedic area infection. Minegishi Y1, Uchiyama K2, Ikeda S1, Nakamura M3, Kitasato H3, Takaso M2: 36th Annual meeting of the European Bone and Joint Infection Society (2017/9/7), Nantes, France. (峯岸洋次郎1, 内山勝文2, 池田信介1, 中村正樹3, 北里英郎3, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部)

713108. [学会 (国際)] (一般講演) EVALUATION OF THE DOUBLE-LAYERED ANTIBIOTIC-LOADED CEMENT SPACER. Ikeda S1, Uchiyama K2, Minegishi Y1, Nakamura M3, Sugo K, Fukushima K2, Takahira N3, Kishino S, Kitasato H3, Takaso M2: 36th Annual meeting of the European Bone and Joint Infection Society (2017/9/9), Nantes, France. (池田信介1, 内山勝文2, 峯岸洋次郎1, 中村正樹3, 福島健介2, 高平尚伸3, 北里英郎3, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部)

722117. [学会 (全国)] (招待講演等) 大規模臨床観察データの統計学的解析のポイントとピットフォール. 新谷 歩, 松山幸弘, 海渡貴司, 川上 守, 井上 玄1, 今釜史郎, 西田康太郎, 波呂浩孝, 宮腰尚久, 村上英樹, 山崎正志, 山田 宏, 田口敏彦, 持田譲治, 田倉智之, 山下敏彦 (1整外): 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2017/4/14), 札幌.

722118. [学会 (全国)] (招待講演等) 日本脊椎脊髄病学会 学会プロジェクトー慢性腰痛症に対する薬物治療の臨床経済性に関わる評価. 松山幸弘, 海渡貴司, 川上 守, 井上 玄1, 今釜史郎, 西田康太郎, 波呂浩孝, 宮腰尚久, 村上英樹, 山崎正志, 山田 宏, 田口敏彦, 持田譲治, 新谷 歩, 田倉智之, 山下敏彦 (1整外): 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2017/4/14), 札幌.

722119. [学会 (全国)] (招待講演等) 慢性腰痛症に対する薬物治療の臨床評価. 海渡貴司, 松山幸弘, 川上 守, 井上 玄1, 今釜史郎, 西田康太郎, 波呂浩孝, 宮腰尚久, 村上英樹, 山崎正志, 山田 宏, 田口敏彦, 持田譲治, 新谷 歩, 田倉智之, 山下敏彦 (1整外): 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2017/4/14), 札幌.

722120. [学会 (全国)] (招待講演等) 脊椎・関節の痛みを科学する: 椎間板の痛み. 宮城正行1, 井上 玄1, 内田健太郎1, 石川哲大, 鴨田博人, 佐久間詳浩, 西能 健, 川上 守, 高橋和久, 大鳥精司, 高相晶士1 (1整外): 第61回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2017/4/20-22), 福岡.

722121. [学会 (全国)] (招待講演等) 骨髄血移植の効果. 内野正隆1, 成瀬康治1, 平川紀子1, 占部 憲1 (1整外): 第90回日本整形外科学会学術総会 (2017/5/19), 仙台.

722122. [学会 (全国)] (招待講演等) 北里大学病院骨バンクの現状と今後の展望. 占部 憲 (整外): 第16回日本組織移植学会総会・学術集会 (2017/8/5), 京都.

722123. [学会 (全国)] (招待講演等) 本邦における骨バンクの現状と問題点. 占部 憲 (整外): 第16回日本組織移植学会総会・学術集会 (2017/8/5), 京都.

722124. [学会 (全国)] (招待講演等) 股関節痛と股関節鏡視所見, 滑膜内炎症性サイトカイン発現の関連. 福島健介1, 内山勝文1, 高相晶士1, 井上 玄1, 内田健太郎1, 宮城正行1, 高平尚伸2 (1整外, 2医療衛生学部): 第44回日本股関節学会学術集会 (2017/10/20), 東京.

722125. [学会 (全国)] (招待講演等) 骨臼形成不全に伴う股関節症に対する外反, Chiari 合併手術の適応と成績. 内山勝文1, 高平尚伸2, 福島健介1, 森谷光俊1, 峯岸洋次郎3, 池田信介3, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科): 第44回日本股関節学会学術集会 (2017/10/21), 東京.

722126. [学会 (全国)] (招待講演等) 変形性股関節症に対する薬物療法の考え方. 森谷光俊1, 内山勝文1, 福島健介1, 峯岸洋次郎2, 池田信介2, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第44回日本股関節学会学術集会 (2017/10/21), 東京.

722127. [学会 (全国)] (招待講演等)【慢性疼痛発症のメカニズムと治療】マクロファージ由来炎症性サイトカインがヒト椎間板細胞を刺激し疼痛関連物質を産生する: ヒト慢性椎間板性腰痛発生機序の検討. 宮城正行1, 内田健太郎1, 高野昇太郎2, 中脇充章2, 相川 淳2, 関口裕之2, 名倉直重2, 井上 玄1, 藤巻寿子, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 大貫裕子3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3病態・診療系): 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 (2017/10/26-27), 沖縄.

722128. [学会 (全国)] (招待講演等)【慢性疼痛発症のメカニズムと治療】腱板断裂における夜間痛と疼痛関連物質の関連性. 名倉直重1, 見目智紀2, 内田健太郎2, 藤巻寿子, 中脇充章1, 大貫裕子3, 宮城正行2, 井上 玄2, 助川浩士2, 小沼賢治2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3病態・診療系): 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 (2017/10/26-27), 沖縄.

722129. [学会 (全国)] (招待講演等) 大腿骨寛骨臼インピンジメント (FAI) の臨床症状, 診断に有効な所見. 福島健介1, 高相晶士1, 内山勝文1, 高平尚伸2 (1整外, 2医療衛生学部): 第45回日本関節病学会 (2017/11/16), 東京.

722130. [学会 (全国)] (招待講演等) 術後PI-LLミスマッチから後方視的に検討したASDに対するOLIFの限界点. 井上 玄1, 井村貴之1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 中澤俊之1, 高相晶士1 (1整外): 第8回日本成人脊柱変形学会 (2018/3/10), 東京.

723533. [学会 (全国)] (一般講演) 整形外科領域感染症におけるダプトマイシン高用量投与の有効性と安全性の検討−7 mg/kg未満と7 mg/kg以上投与の比較−. 内山勝文1,2, 高山陽子1,3, 峯岸洋次郎4, 池田信介4, 大川原裕樹1,5, 和田達彦1,6, 中村正樹1,7, 二本柳伸1,8, 花木秀明1,9, 高相晶士1,2 (1北里大学病院ICT, 2整外, 3新世紀医療・横断的医療, 4大学院医療系研究科, 5薬剤部, 6膠原病・感染内, 7医療衛生学部, 8感染管理室, 9北里生命研究所): 第91回日本感染症学会総会・学術講演会/第65回日本化学療法学会学術集会 合同 学会 (2017/4/6), 東京.

723534. [学会 (全国)] (一般講演) 骨・関節のMRSA再燃感染症から検出されたslow-VISA. 笹野 央, 片山由紀, 内山勝文1, 畦地拓哉, 朝倉弘太, 鈴木仁人, 矢原耕史, 松井秀人, 花木秀明2 (1整外, 2北里生命研究所): 第91回日本感染症学会総会・学術講演会/第65回日本化学療法学会学術集会 合同 学会 (2017/4/8), 東京.

723535. [学会 (全国)] (一般講演) 整形外科領域感染症における術中簡易迅速検査法の有用性の検討. 峯岸洋次郎1, 内山勝文2, 中村正樹3, 高山陽子4, 和田達彦5, 花木秀明6, 池田信介1, 北里英郎3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部, 4新世紀医療・横断的医療, 5膠原病・感染内, 6北里生命研究所): 第91回日本感染症学会総会・学術講演会/第65回日本化学療法学会学術集会 合同学会 (2017/4/8), 東京.

723536. [学会 (全国)] (一般講演) Usefulness of oriented collagen tubes combined with basic fibroblast growth factor for the treatment of large peripheral nerve defect. 藤巻寿子, 井上 玄1, 内田健太郎1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 高相晶士1 (1整外): 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2017/4/13), 札幌.

723537. [学会 (全国)] (一般講演) トモシンセシスを用いた胸腰椎椎体骨折の評価. 大竹悠哉1, 森谷光俊1, 齋藤 亘1, 宮城正行1, 福島健介1, 井村貴之1, 井上 玄1, 内山勝文1, 高相晶士1, 黒田賢二 (1整外): 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2017/4/13), 札幌.

723538. [学会 (全国)] (一般講演) 脆弱性椎体骨折を有する重症骨粗鬆症患者に対するWeekly PTHからデノスマブ投与のSwitch Study. 宮城正行1, 藤巻寿子, 成瀬康治1, 須藤香織, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 内田健太郎1, 白澤栄樹1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2017/4/13), 札幌.

723539. [学会 (全国)] (一般講演) TAK1を介した脊髄マイクログリア活性制御メカニズムの解明. 藤巻寿子, 井上 玄1, 内田健太郎1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 高相晶士1 (1整外): 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2017/4/14), 札幌.

723540. [学会 (全国)] (一般講演) 遠位固定端をL5とした神経筋原性側弯症における術後画像経過の検討. 齋藤 亘1, 井上 玄1, 白澤栄樹1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 宮城正行1, 高相晶士1 (1整外): 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2017/4/14), 札幌.

723541. [学会 (全国)] (一般講演) 神経筋原性側弯症における脊柱アライメントの比較. 白澤栄樹1, 齋藤 亘1, 宮城正行1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 高相晶士1 (1整外): 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2017/4/14), 札幌.

723542. [学会 (全国)] (一般講演) 75歳以上骨粗鬆症患者の脊椎アライメントと骨密度と筋力量の関係. 宮城正行1, 藤巻寿子, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 内田健太郎1, 白澤栄樹1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2017/4/15), 札幌.

723543. [学会 (全国)] (一般講演) 成人脊柱変形手術術後に生じた固定近位端骨折に関する検討. 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 高相晶士1 (1整外): 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2017/4/15), 札幌.

723544. [学会 (全国)] (一般講演) 第5腰椎までの後方固定術を施行した脊髄性筋萎縮症に対する脊柱側彎症手術の治療成績. 川久保歩1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 高相晶士1, 白澤栄樹1 (1整外): 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2017/4/15), 札幌.

723545. [学会 (全国)] (一般口演) 超高齢者 (80歳以上) における腰椎術後の患者満足度に影響を与える因子の検討. 日方智宏1,2,5, 石井 賢3,5, 中村雅也4,5, 松本守雄4,5 (1整外, 2北里研究所病院, 3国際医療福祉大学整形外科, 4慶應義塾大学医学部, 5Japan Association of Spine Surgeons with Ambition): 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2017/4/13-15), 札幌.

723546. [学会 (全国)] (一般口演) 低侵襲腰椎固定術の有用性の検討〜従来のOPEN手技との比較〜. 日方智宏1,2,3, 藤井 武3,4, 石原慎一3,5, 小林喜臣3,6, 高橋洋平3,6, 蔵本哲也3,7, 許斐恒彦3,8, 塩野雄太3,9, 高橋勇一朗3,10, 船尾陽生3,11, 岡田英次朗3,12, 金子康仁3,7, 二宮 研3,13, 篠崎義雄3,6, 藤田順之3,4, 金子慎二郎3,8, 八木 満3,4, 細金直文3,14, 福田健太郎3,15, 辻  崇3,16, 石川雅之3,5, 河野 仁3,17, 渡辺航太3,18, 中村雅也3,4, 松本守雄3,4, 石井 賢3,4,18 (1整外, 2北里研究所病院, 3Keio Spine Research Group, 4慶應義塾大学医学部, 5国際医療福祉大学三田病院, 6静岡赤十字病院, 7さいたま市立病院, 8村山医療センター, 9練馬総合病院, 10佐野厚生病院, 11川崎市立病院, 12済生会中央病院, 13東京歯科大学市川総合病院, 14防衛医科大学, 15済生会横浜市東部病院, 16藤田保健衛生大学, 17慶友整形外科病院, 18国際医療福祉大学整形外科): 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2017/4/13-15), 札幌.

723547. [学会 (全国)] (一般口演) 腰椎固定術後再手術施行の危険因子の検討〜多施設後ろ向き研究〜. 日方智宏1,2,3, 藤井 武3,4, 石原慎一3,5, 小林喜臣3,6, 高橋洋平3,6, 蔵本哲也3,7, 許斐恒彦3,8, 塩野雄太3,9, 高橋勇一朗3,10, 船尾陽生3,11, 岡田英次朗3,12, 金子康仁3,7, 二宮 研3,13, 篠崎義雄3,6, 藤田順之3,4, 金子慎二郎3,8, 八木 満3,4, 細金直文3,14, 福田健太郎3,15, 辻  崇3,16, 石川雅之3,5, 河野 仁3,17, 渡辺航太3,4, 中村雅也3,4, 松本守雄3,14, 石井 賢3,4,18 (1整外, 2北里研究所病院, 3Keio Spine Research Group, 4慶應義塾大学医学部, 5国際医療福祉大学三田病院, 6静岡赤十字病院, 7さいたま市立病院, 8村山医療センター, 9練馬総合病院, 10佐野厚生病院, 11川崎市立病院, 12済生会中央病院, 13東京歯科大学市川総合病院, 14防衛医科大学, 15済生会横浜市東部病院, 16藤田保健衛生大学, 17慶友整形外科病院, 18国際医療福祉大学整形外科): 第46回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2017/4/13-15), 札幌.

723548. [学会 (全国)] (一般講演) 股関節唇損傷患者における脊椎骨盤矢状面アライメントと寛骨臼被覆度の関連. 大竹悠哉1, 福島健介1, 井上 玄1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 森谷光俊1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第90回日本整形外科学会学術総会 (2017/5/18), 仙台.

723549. [学会 (全国)] (一般講演) 神経筋原性脊柱側弯症手術における周術期合併症の検討. 松本光圭1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 井村貴之1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 白澤栄樹1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第90回日本整形外科学会学術総会 (2017/5/18), 仙台.

723550. [学会 (全国)] (一般講演) 神経筋原性側弯症における脊柱アライメントの比較. 白澤栄樹1, 齋藤 亘1, 宮城正行1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 高相晶士1 (1整外): 第90回日本整形外科学会学術総会 (2017/5/18), 仙台.

723551. [学会 (全国)] (一般講演) 成人脊柱変形手術後に生じる固定近位端骨折に関する検討. 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 高相晶士1 (1整外): 第90回日本整形外科学会学術総会 (2017/5/18), 仙台.

723552. [学会 (全国)] (一般講演) 第5腰椎までの後方固定術を施行した脊髄性筋萎縮症に対する脊柱側弯症手術の治療成績. 武井正一郎1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 宮城正行1, 井村貴之1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 高相晶士1 (1整外): 第90回日本整形外科学会学術総会 (2017/5/18), 仙台.

723553. [学会 (全国)] (一般講演) 骨粗鬆症患者に対するバゼドキシフェン36ヶ月間投与の治療効果の検討. 藤巻寿子, 宮城正行1, 成瀬康治1, 須藤香織, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第90回日本整形外科学会学術総会 (2017/5/19), 仙台.

723554. [学会 (全国)] (一般講演) 重症骨粗鬆症患者に対するweekly PTH製剤投与後デノスマブ投与の効果. 宮城正行1, 藤巻寿子, 成瀬康治1, 須藤香織, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 内田健太郎1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第90回日本整形外科学会学術総会 (2017/5/19), 仙台.

723555. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節全置換術に対するトラネキサム酸の有効性と投与のタイミング. 森谷光俊1, 内山勝文1, 福島健介1, 高平尚伸2, 山本豪明, 峯岸洋次郎3, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科): 第90回日本整形学会学術総会 (2017/5/19), 仙台,日本整形外科学会雑誌 (日本整形外科学会骨・軟部腫よう学術集会抄録集) 2017/3; 91 (2): 547.

723556. [学会 (全国)] (一般講演) 安全な肘関節ヒンジ付き創外固定器装着を目的とした肘関節他動屈曲による橈骨神経走行変化の解剖学的検討. 助川浩士1, 國吉一樹, 鈴木崇根, 松浦祐介, 小沼賢治1, 見目智紀1, 井上 玄1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第90回日本整形外科学会学術総会 (2017/5/20), 仙台.

723557. [学会 (全国)] (一般講演) 股関節疾患を有する患者における骨盤傾斜角測定への影響の検討. 庄司真太郎1, 宮城正行2, 井上 玄2, 福島健介2, 中澤俊之2, 井村貴之2, 齋藤 亘2, 難波孝徳2, 白澤栄樹2, 高平尚伸3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部): 第90回日本整形外科学会学術総会 (2017/5/20), 仙台.

723558. [学会 (全国)] (一般講演) 腰椎における経皮的椎体形成術の生体力学的評価. 庄司真太郎1, 宮城正行2, 井上 玄2, 福島健介2, 中澤俊之2, 井村貴之2, 齋藤 亘2, 難波孝徳2, 白澤栄樹2, 高平尚伸3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部): 第90回日本整形外科学会学術総会 (2017/5/20), 仙台.

723559. [学会 (全国)] (一般講演) 神経筋原性側弯症における遠位固定範囲の検討. 齋藤 亘1, 井上 玄1, 白澤栄樹1, 井村貴之1, 宮城正行1, 中澤俊之1, 高相晶士1 (1整外): 第90回日本整形外科学会学術総会 (2017/5/20), 仙台.

723560. [学会 (全国)] (一般講演) 日本のプロ野球選手におけるX線学的FAI所見の頻度. 福島健介1, 高平尚伸2, 今井宗典, 山崎哲也, 見目智紀1, 森谷光俊1, 内山勝文1, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第90回日本整形外科学会学術総会 (2017/5/20), 仙台.

723561. [学会 (全国)] (一般講演) 重度脳性麻痺股関節脱臼に対して施行した大腿骨減捻内反骨切り術の中期成績および満足度. 目時有希恵1, 岩瀬 大1, 相川 淳2, 内田健太郎1, 東山礼治1, 南谷 淳, 迎  学1, 松尾 隆, 松尾 篤, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第90回日本整形外科学会学術総会 (2017/5/20), 仙台.

723562. [学会 (全国)] (一般講演) 整形外科領域におけるトモシンセスの有用性−胸腰椎椎体骨折の評価−. 大竹悠哉1, 森谷光俊1, 齋藤 亘1, 宮城正行1, 福島健介1, 井上 玄1, 内山勝文1, 小林明雄, 黒田賢二, 高相晶士1 (1整外): 第90回日本整形外科学会学術総会 (2017/5/21), 仙台.

723563. [学会 (全国)] (一般講演) ACL再断裂に対し同種腱を用いてACL再々建術および前外側靱帯再建術を施行した2例. 大橋慶久1, 岩瀬 大1, 東山礼治1, 相川 淳2, 南谷 淳, 高野昇太郎2, 高田 研1, 迎  学1, 占部 憲1, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/22), 札幌.

723564. [学会 (全国)] (一般講演) ACL損傷と陳旧性ATFL損傷の合併例に対し鏡視下2重束ACL再建術と鏡視下ATFL再建術を同時に施行した1例. 宗重響子1, 東山礼治1, 善平哲夫, 相川 淳2, 岩瀬 大1, 関口裕之2, 高田 研1, 渡邊裕之3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/22), 札幌.

723565. [学会 (全国)] (一般講演) Bicruciate-retaining total knee arthroplasty術中に大腿骨側でのACL断裂を合併した一例. 迎  学1, 東山礼治1, 岩瀬 大1, 南谷 淳, 大橋慶久1, 高野昇太郎2, 相川 淳2, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/22), 札幌.

723566. [学会 (全国)] (一般講演) セラミック人工膝関節全置換術術後早期に両側の弛みを生じた1例. 匹田貴雅1, 成瀬康治2, 占部 憲2 (1相模原赤十字病院, 2整外): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/22), 札幌.

723567. [学会 (全国)] (一般講演) レムナントを部分的に修復しながら同種腸脛靭帯による鏡視下ATFL再建術を施行した1例. 東山礼治1, 相川 淳2, 岩瀬 大1, 南谷 淳, 善平哲夫, 関口裕之2, 高野昇太郎2, 高田 研1, 武井正一郎1, 黒田晃義1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/22), 札幌.

723568. [学会 (全国)] (一般講演) 自家薄筋腱を用いた鏡視下前脛距靭帯再建術を施行した1例. 東山礼治1, 相川 淳2, 岩瀬 大1, 南谷 淳, 関口裕之2, 高野昇太郎2, 高田 研1, 武井正一郎1, 木島丈博, 渡邉英一郎, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/22), 札幌.

723569. [学会 (全国)] (一般講演) 大腿骨内側顆開放骨折によって生じた広範囲骨軟骨欠損に対して同種骨移植術と自家培養軟骨細胞移植術を併用した1例. 平川紀子1, 成瀬康治1, 占部 憲1 (1整外): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/22), 札幌.

723570. [学会 (全国)] (一般講演) 母趾種子骨障害に対し関節鏡視下摘出術を施行した2例. 木島丈博, 東山礼治1, 渡邉英一郎 (1整外): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/22), 札幌.

723571. [学会 (全国)] (一般講演) 両側のAALTFによる距踵インピンジメントに対し両側同時鏡視下AALTF切除術を施行した1例. 武井正一郎1, 東山礼治1, 善平哲夫, 相川 淳2, 岩瀬 大1, 南谷 淳, 関口裕之2, 高野昇太郎2, 高田 研1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/22), 札幌.

723572. [学会 (全国)] (一般講演) 腓骨筋腱脱臼に対して鏡視下Das De変法と後足部内視鏡下Peroneal Groove Deepeningを施行した1例. 楠原健史1, 東山礼治1, 相川 淳2, 岩瀬 大1, 南谷 淳, 関口裕之2, 高野昇太郎2, 高田 研1, 迎  学1, 武井正一郎1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/22), 札幌.

723573. [学会 (全国)] (一般講演) 腓骨筋腱脱臼に対し腱内視鏡下にDas De変法とPeroneal Groove Deepening法を施行した1例. 井上宏介1, 東山礼治1, 相川 淳2, 岩瀬 大1, 南谷 淳, 関口裕之2, 高野昇太郎2, 高田 研1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/22), 札幌.

723574. [学会 (全国)] (一般講演) 腓骨筋腱脱臼と足関節外側不安定症の合併に対し視鏡下にDas De変法とPeroneal Groove DeepeningとATFL再建術を同時に施行した1例. 黒田晃義1, 東山礼治1, 相川 淳2, 岩瀬 大1, 南谷 淳1, 関口裕之2, 高野昇太郎2, 高田 研1, 石井大輔1, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (2017/6/22), 札幌.

723575. [学会 (全国)] (一般講演) ACL再々断裂を受傷したサッカー選手に対して同種他家組織を使用したACL再々再建術およびALL再建術を施行した1例. 北原聡太, 東山礼治1, 小川裕也, 宮城 仁, 原田義忠, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/23), 札幌.

723576. [学会 (全国)] (一般講演) 巨大骨片を伴うPCL脛骨付着部裂離骨折にmedial parapatellar approachで比較的容易に整復固定術が可能であった1例. 石井大輔1, 岩瀬 大1, 東山礼治1, 相川 淳2, 南谷 淳, 高野昇太郎2, 高田 研1, 迎  学1, 目時有希恵1, 武井正一郎1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/23), 札幌.

723577. [学会 (全国)] (一般講演) 鏡視下足関節外側靭帯再建術におけるポータル作成による足部しびれの発生率. 高田 研1, 東山礼治1, 相川 淳2, 岩瀬 大1, 南谷 淳, 善平哲夫, 関口裕之2, 高野昇太郎2, 渡邊裕之3, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/23), 札幌.

723578. [学会 (全国)] (一般講演) 股関節鏡視下手術を前提とした, 股関節内リドカイン注射の効果. 川久保歩1, 福島健介1, 井上 玄1, 宮城正行1, 森谷光俊1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/23), 札幌.

723579. [学会 (全国)] (一般講演) 股関節内リドカイン注射陰性例の検討. 目時有希恵1, 福島健介1, 川久保歩1, 井上 玄1, 宮城正行1, 内田健太郎1, 森谷光俊1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/23), 札幌.

723580. [学会 (全国)] (一般講演) 左膝蓋大腿関節の大腿骨外側顆前方に発生した離断性骨軟骨炎 (OCD) の1例. 松本光圭1, 東山礼治1, 相川 淳2, 岩瀬 大1, 南谷 淳, 関口裕之2, 高野昇太郎2, 高田 研1, 迎  学1, 目時有希恵1, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/23), 札幌.

723581. [学会 (全国)] (一般講演) 変形性膝関節症の滑膜組織におけるPGE2とその受容体経路を介したカルシトニン遺伝子関連ペプチドの発言制御機構. 相川 淳1, 内田健太郎2, 南谷 淳, 高野昇太郎1, 岩瀬 大2, 東山礼治2, 迎  学2, 宮城正行2, 井上 玄2, 廣澤直也, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/23), 札幌.

723582. [学会 (全国)] (一般講演) 鎖骨骨折に対するMIPO法の検討 (第2報). 内野正隆1, 平川紀子1, 成瀬康治1, 占部 憲1 (1整外): 第43回日本骨折治療学会 (2017/7/7), 福島.

723583. [学会 (全国)] (一般講演) 墜落外傷における落下距離と外傷重症度の関係. 宗重響子1, 宮城正行1, 井上 玄1, 峰原宏昌2, 松浦晃正1, 河村 直1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2救命, 3医療衛生学部): 第43回日本骨折治療学会 (2017/7/7-8), 福島.

723584. [学会 (全国)] (一般講演) Weekly PTH製剤からデノスマブ投与へスイッチした重症骨粗鬆症症例の検討. 宮城正行1, 藤巻寿子, 成瀬康治1, 井上 玄1, 内田健太郎1, 高相晶士1 (1整外): 第35回日本骨代謝学会学術集会 (2017/7/27), 福岡.

723585. [学会 (全国)] (一般講演) 思春期特発性側弯症の側弯は筋肉量で予測できるか? 宮城正行1, 齋藤 亘1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 白澤栄樹1, 高相晶士1 (1整外): 第6回JASA (Japan Association of Spine Surgeons with Ambition) (2017/8/5-6), 東京.

723586. [学会 (全国)] (一般講演) 小児期側弯症手術における各手術手技段階での血液損失の検討−術中出血低減の試み−. 白澤栄樹1, 齋藤 亘1, 宮城正行1, 井上 玄1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 高相晶士1 (1整外): 第51回日本側彎症学会学術集会 (2017/8/24), 札幌.

723587. [学会 (全国)] (一般講演) 原発性骨粗鬆症患者の骨代謝マーカー・骨密度・筋肉量と腰痛の関係. 石井大輔1, 宮城正行1, 藤巻寿子, 井上 玄1, 内田健太郎1, 折田純久, 稲毛一秀, 藤本和輝, 高相晶士1 (1整外): 第35回日本骨代謝学会学術集会 (2017/7/27), 福岡.

723588. [学会 (全国)] (一般講演) 神経筋原性側弯症手術に対する小児科病棟看護師の理解度調査と脊椎外科医による講義の限界. 齋藤 亘1, 井上 玄1, 宮城正行1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 白澤栄樹1, 高相晶士1 (1整外): 第51回日本側彎症学会学術集会 (2017/8/24), 札幌.

723589. [学会 (全国)] (一般講演) Flaccid type神経筋原性側弯症に対する後方矯正固定術におけるfloating fusionの適応と限界. 齋藤 亘1, 井上 玄1, 白澤栄樹1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 宮城正行1, 高相晶士1 (1整外): 第51回日本側彎症学会学術集会 (2017/8/25), 札幌.

723590. [学会 (全国)] (一般講演) 思春期特発性側弯症患者のBIA法による体組成の検討: 筋肉量で側弯は予測できるか? 宮城正行1, 齋藤 亘1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 白澤栄樹1, 稲毛一秀, 大鳥精司, 高相晶士1 (1整外): 第51回日本側彎症学会学術集会 (2017/8/25), 札幌.

723591. [学会 (全国)] (一般講演) 上腕骨近位部骨折に対する逆行性髄内釘の治療経験. 内野正隆1, 平川紀子1, 成瀬康治1, 占部 憲1 (1整外): 第44回日本肩関節学会 (2017/10/6), 東京.

723592. [学会 (全国)] (一般講演) 関節液におけるグラム陽性菌・陰性菌感染判別PCRラテラルフロー法の臨床的有用性の検討. 内山勝文1, 峯岸洋次郎2, 森谷光俊1, 福島健介1, 池田信介2, 山本豪明, 高相晶士1, 神田宏美3, 伊部史朗3, 山口登希子4, 櫻井慶造4, 狩野有作5, 高平尚伸6 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3北里大塚バイオメディカルアツセイ研, 4臨検部, 5臨検学, 6医療衛生学部): 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 (2017/10/26), 沖縄.

723593. [学会 (全国)] (一般講演) 整形外科領域感染症における保険適用外検査法の有用性の検討. 峯岸洋次郎1, 中村正樹2, 池田信介1, 北里英郎2, 内山勝文3, 福島健介3, 高平尚伸2, 高相晶士3, 花木秀明4 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3整外, 4北里生命科学研): 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 (2017/10/27), 沖縄.

723594. [学会 (全国)] (一般講演) 当院で考案した二重構造抗菌薬含有セメントスペーサーの有効性の検証. 池田信介1, 内山勝文2, 峯岸洋次郎1, 森谷光俊2, 山本豪明, 福島健介2, 高相晶士2, 中村正樹3, 高平尚伸3, 岸野吏志4, 菅生 健5 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部, 4明治薬大, 5HOYA): 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 (2017/10/27), 沖縄.

723595. [学会 (全国)] (一般講演) コラーゲン結合型塩基性線維芽細胞増殖因子を用いた末梢神経再生の試み. 藤巻寿子, 井上 玄1, 内田健太郎1, 根本典子, 宮城正行1, 大鳥精司, 高相晶士1 (1整外): 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 (2017/10/26-27), 沖縄.

723596. [学会 (全国)] (一般講演) 加齢に伴う骨格筋レプチン発現上昇は炎症環境形成に関与する. 藤巻寿子, 井上 玄1, 内田健太郎1, 宮城正行1, 高相晶士1 (1整外): 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 (2017/10/26-27), 沖縄.

723597. [学会 (全国)] (一般講演) 滑膜マクロファージ由来TNF-αは変形性膝関節症の初期においてCCL2/CCR2シグナリングを制御する. 内田健太郎1, 井上 玄1, 高野昇太郎2, 関口裕之2, 相川 淳2, 宮城正行1, 岩瀬 大1, 東山礼治1, 迎  学1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 (2017/10/26-27), 沖縄.

723598. [学会 (全国)] (一般講演) 滑膜炎においてアドレノメデュリンはマクロファージのIL-1βを制御する. 高野昇太郎1, 内田健太郎2, 相川 淳1, 迎  学2, 南谷 淳, 岩瀬 大2, 宮城正行2, 井上 玄2, 大貫裕子3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3病態・診療系): 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 (2017/10/26-27), 沖縄.

723599. [学会 (全国)] (一般講演) 原発性骨粗鬆症患者における骨密度・筋肉量・骨代謝マーカーと腰痛との関係. 石井大輔1, 宮城正行1, 藤巻寿子, 井上 玄1, 内田健太郎1, 折田純久, 稲毛一秀, 藤本和輝, 大鳥精司, 高相晶士1 (1整外): 第19回日本骨粗鬆症学会 (2017/10/26-27), 沖縄.

723600. [学会 (全国)] (一般講演) 高コレステロール血症を有する変形性膝関節症患者の膝蓋下脂肪体では膜結合型プロスタグランジンE2合成酵素-1の発現が低下する. 迎  学1, 内田健太郎1, 高野昇太郎2, 相川 淳2, 南谷 淳, 岩瀬 大1, 宮城正行1, 東山礼治1, 井上 玄1, 大貫裕子3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3病態・診療系): 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 (2017/10/26-27), 沖縄.

723601. [学会 (全国)] (一般講演) 骨折治癒過程における仮骨内疼痛関連因子の発現の検討. 関口裕之1, 内田健太郎2, 井上 玄2, 宮城正行2, 大貫裕子3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3病態・診療系): 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 (2017/10/26-27), 沖縄.

723602. [学会 (全国)] (一般講演) 骨粗鬆症患者に対するバゼドキシフェン36ヵ月間投与の治療効果の検討. 藤巻寿子, 宮城正行1, 成瀬康治1, 須藤香織, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第19回日本骨粗鬆症学会 (2017/10/26-27), 沖縄.

723603. [学会 (全国)] (一般講演) 重症骨粗鬆症患者に対するWeekly PTH製剤からデノスマブ投与へスイッチの有効性の検討. 宮城正行1, 藤巻寿子, 成瀬康治1, 田島秀一郎1, 村田幸佑1, 井上 玄1, 内田健太郎1, 高相晶士1 (1整外): 第19回日本骨粗鬆症学会 (2017/10/26-27), 沖縄.

723604. [学会 (全国)] (一般講演) 難治性骨折に対する新規コラーゲン結合型塩基性線維芽細胞増殖因子/人工コラーゲン複合体の有用性の検討. 関口裕之1, 内田健太郎2, 井上 玄2, 宮城正行2, 相川 淳1, 高野昇太郎1, 名倉直重1, 中脇充章1, 庄司真太郎1, 大貫裕子3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3病態・診療系): 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 (2017/10/26-27), 沖縄.

723605. [学会 (全国)] (一般講演) 変形性膝関節症の滑膜組織におけるカルシトニン遺伝子関連ペプチドの発現制御機構と疼痛への関与に関する検討. 高野昇太郎1, 内田健太郎2, 相川 淳1, 迎  学2, 南谷 淳, 岩瀬 大2, 宮城正行2, 井上 玄2, 大貫裕子3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3病態・診療系): 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 (2017/10/26-27), 沖縄.

723606. [学会 (全国)] (一般講演) 変形性膝関節症患者の膝蓋下脂肪体におけるcalcitonin gene-related peptideの発現とその制御機構の検討. 相川 淳1, 内田健太郎2, 高野昇太郎1, 岩瀬 大2, 南谷 淳, 東山礼治2, 関口裕之1, 迎  学2, 宮城正行2, 井上 玄2, 大貫裕子3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3病態・診療系): 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 (2017/10/26-27), 沖縄.

723607 [学会 (全国)] (一般講演) 変形性股関節症の重症度と滑膜内炎症性サイトカイン発現の関連. 福島健介1, 井上 玄1, 内田健太郎1, 名倉直重2, 藤巻寿子, 宮城正行1, 大貫裕子3, 森谷光俊1, 内山勝文1, 高平尚伸4, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3病態・診療系, 4医療衛生学部): 第32回日本整形外科学会基礎学術集会 (2017/10/27), 沖縄.

723608. [学会 (全国)] (一般講演) 後屈で発症しタイムラグの後に麻痺を認めた小児Spinal cord injury without radiographic abnormalityの2例. 横関雄司1, 宮城正行1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 高相晶士1 (1整外): 第52回日本脊髄障害医学会 (2017/11/16-17), 千葉.

723609. [学会 (全国)] (一般講演) 人工膝関節全置換術後の疼痛制御, 膝関節機能回復, 腎機能に対する経皮吸収型鎮痛消炎剤の有効性. 占部 憲1, 成瀬康治1, 平川紀子1, 内野正隆1 (1整外): 第45回日本関節病学会 (2017/11/16-17), 東京.

723610. [学会 (全国)] (一般講演) 同種骨を用いたASD後方固定術後の経時的CT画像評価. 井上 玄1, 齋藤 亘1, 宮城正行1, 井村貴之1, 白澤栄樹1, 中澤俊之1, 高相晶士1 (1整外): 第8回日本成人脊柱変形学会 (2018/3/10), 東京.

731069. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 股関節外科医が行う股関節鏡−良好な手術成績を得るために−. 福島健介 (整外): 東京股関節研究会 (2017/4/21), 東京.

731070. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) FAIの診断指針と多様性. 福島健介 (整外): メディカルスタッフのための股関節鏡セミナー2017 in 京都 (2017/4/29), 京都.

731071. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) ALS. 福島健介 (整外): 第3回神奈川股関節研究会 (2017/6/10), 横浜.

731072. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 骨切り術と股関節鏡: それぞれの位置づけ. 福島健介1, 高平尚伸2, 高相晶士1, 内山勝文1 (1整外, 2医療衛生学部): 第13回日本股関節鏡研究会 (2017/9/2), 大阪.

731073. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 脊椎手術における同種骨移植の可能性−骨癒合を高める工夫を含めて−. 井上 玄 (整外): 第66回東日本整形災害外科学会 (2017/9/16), 東京.

731074. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 股関節痛を深く診る−私の診察と股関節鏡の手術適応−. 福島健介 (整外): 第6回JIN&JINDOU トレーナー同好会合同勉強会 (2017/10/28), 埼玉.

731075. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 股関節痛を, 深く診る. 福島健介 (整外): 第12回西京都股関節を語る会 (2017/11/11), 京都.

731076. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 股関節温存手術におけるMIS: 当科の試み. 福島健介 (整外): 第6回Tokyo Knee and Hip Forum (2017/11/28), 東京.

731077. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 股関節障害の診断と現状. 福島健介 (整外): 第15回神楽坂スポーツ医学セミナー (2017/12/17), 新横浜.

731078. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 股関節の手術−どんなものがあるのか, 股関節鏡の位置づけはどこか−. 福島健介 (整外): メディカルスタッフのための股関節鏡セミナー2018 (2018/2/11), 名古屋.

731079. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 人工股関節手術におけるSSI予防の実際. 内山勝文 (整外): ISEHARA INFECTION CONTROL SEMINAR (2018/3/23), 伊勢原.

732056. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 当院での人工股関節置換術におけるSSIの予防・診断・治療. 内山勝文1, 峯岸洋次郎2, 池田信介2, 森谷光俊1, 福島健介1, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第160回神奈川整形災害外科研究会 (2017/7/1), 横浜.

732057. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) ムカデ競走事故のメカニズムと予防のための提言. 東山礼治1, 磯部 広 (1整外): シンポジウム「これで防げる 学校体育・スポーツ事故」 (2017/8/27), 東京.

732058. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 大腿骨ステム周囲骨折に対する同種骨を用いた再置換術−骨折型による同種骨の使い方−. 内山勝文1, 福島健介1, 森谷光俊1, 峯岸洋次郎2, 池田信介2, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第66回東日本整形災害外科学会 (2017/9/16), 東京.

733211. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 脊椎疾患の診療と神経障害性疼痛. 日方智宏1,2 (1整外, 2北里研究所病院): みなとNeP Seminar (2017/4/17), 東京.

733212. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) PLIF/TLIFにおける解剖・疾患・術式. 日方智宏1,2 (1整外, 2北里研究所病院): SPINE Nurse Trainig Course (2017/5/27), 品川.

733213. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 学童期スポーツ傷害に対する股関節鏡視下手術. 福島健介1, 大橋慶久1, 森谷光俊1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第25回よこはまスポーツ整形外科フォーラム (2017/6/11), 横浜.

733214. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) MISの応用, MIS-Long手術手技のポイント. 日方智宏1,2 (1整外, 2北里研究所病院): 第6回OSG Nurse Training (2017/6/30), 川崎.

733215. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) PCRラテラルフロー法を用いた整形外科領域MRSA感染症診断の有用性の検討. 峯岸洋次郎1, 内山勝文2, 中村正樹3, 池田信介1, 高山陽子4, 和田達彦5, 北里英郎3, 花木秀明6, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部, 4新世紀医療・横断的医療, 5膠原病・感染内, 6北里生命科学研究所): MRSAフォーラム2017 (2017/7/15), 東京.

733216. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 経静脈的Daptomycin投与後の関節液移行性の検証. 池田信介1, 内山勝文2, 福島健介2, 森谷光俊2, 峯岸洋次郎1, 岸野吏志3, 大川原裕樹4, 高平尚伸5, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3明治薬科大学, 4薬剤部, 5医療衛生学部): MRSAフォーラム2017 (2017/7/15), 東京.

733217. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 人工関節周囲感染に対するダプトマイシンの有効性と安全性の検討 −6 mg/kg以上投与と6 mg/kg未満投与の比較−. 内山勝文1, 高山陽子2, 和田達彦3, 中村正樹4, 二本柳伸5, 櫻井慶造6, 大川原裕樹7, 峯岸洋次郎8, 池田信介8, 花木秀明9, 高相晶士1 (1整外, 2新世紀医療・横断的医療, 3膠原病・感染内, 4医療衛生学部, 5感染管理室, 6臨検部, 7薬剤部, 8大学院医療系研究科, 9北里生命科学研究所): MRSAフォーラム2017 (2017/7/15), 東京.

733218. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 転移性脊椎腫瘍に対する治療方針〜低侵襲手術への取り組み, 今後の展望〜. 日方智宏1,2 (1整外, 2北里研究所病院): 第26回多摩骨軟部腫瘍研究会 (2017/8/26), 三鷹.

733219. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) (Case Report Award) 胸椎に直接浸潤した非小細胞肺癌に対し部分椎体切除を併用し腫瘍を一塊に摘出しえた1例. 米田昌広1, 白澤栄樹1, 井上 玄1, 齋藤 亘1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 宮城正行1, 高相晶士1 (1整外): 第66回東日本整形災害外科学会 (2017/9/15), 東京.

733220. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 上腕骨近位部骨折に対する逆行性髄内釘の治療経験. 内野正隆1, 平川紀子1, 成瀬康治1, 占部 憲1 (1整外): 第66回東日本整形災害外科学会 (2017/9/15), 東京.

733221. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 人工膝関節全置換術において任意の脛骨後脛角を得るための一工夫. 匹田貴雅1, 成瀬康治2, 平川紀子2, 内野正隆2, 占部 憲2 (1相模原赤十字病院, 2整外): 第66回東日本整形災害外科学会 (2017/9/15), 東京.

733222. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 小児期側彎症手術における各手術手技段階での血液損失の検討. 術中出血低減の試み. 白澤栄樹1, 齋藤 亘1, 宮城正行1, 井上 玄1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 高相晶士1 (1整外): 第66回東日本整形災害外科学会 (2017/9/15-16), 東京.

733223. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 骨粗鬆症患者における脊椎アライメントと筋肉量と腰痛との関係. 宮城正行1, 藤巻寿子, 田島秀一郎1, 村田幸佑1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 内田健太郎1, 白澤栄樹1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第66回東日本整形災害外科学会 (2017/9/15-16), 東京.

733224. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 大腿骨内側顆開放骨折によって生じた広範囲骨軟骨欠損に対して同種骨移植術と自家培養軟骨細胞移植術を併用した1例. 平川紀子1, 成瀬康治1, 内野正隆1, 占部 憲1 (1整外): 第36回日本運動器移植・再生医学研究会 (2017/9/29), 京都.

733225. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 最新の腰痛治療〜当院における低侵襲手術への取り組み〜. 日方智宏1,2 (1整外, 2北里研究所病院): 産業医衛生談話会 (2017/10/6), 東京.

733226. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 脊椎転移に対する低侵襲手術の実際. 日方智宏1,2 (1整外, 2北里研究所病院): 第8回築地骨転移フォーラム (2017/11/2), 東京.

733227. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 腰痛の最新治療〜当院における低侵襲治療の紹介〜. 日方智宏1,2 (1整外, 2北里研究所病院): 経済同友会 (2018/1/25), 東京.

733228. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) BKP (Baloon kyphoplasty) 術後に脊柱再建術を施行した症例. 日方智宏1,2 (1整外, 2北里研究所病院): 第28回港区整形外科病診連携の会 (2018/2/8), 東京.

733229. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 低侵襲単椎間腰椎固定術の有用性の検討〜従来のOPEN手技との比較〜. 日方智宏1,2,3, 石原慎一3,4, 高橋洋平3,5, 篠崎義雄3,6, 渡辺航太3,7, 石井 賢3,4, 河野 仁3,8, 中村雅也3,7, 松本守雄3,7 (1整外, 2北里研究所病院, 3Keio Spine Research Group, 4国際医療福祉大学三田病院, 5藤田保健衛生大学, 6静岡赤十字病院, 7慶應義塾大学医学部, 8慶友整形外科病院): 第9回日本MISt研究会 (2018/3/18), 札幌.

H28年度以前分

[学術論文]

H28-110017. [原著] Differences in glenohumeral translations calculated with three methods: Comparison of relative positions and contact point. Matsuki K, Kenmoku T1, Ochiai N, Sugaya H, Banks SA: J Biomech 2016/6; 49 (9): 1944-7. (見目智紀1: 1整外)

H28-110018. [原著] Influence of hooks and a lag screw on internal fixation plates for lateral malleolar fracture: a biomechanical and ergonomic study. Sakai R1, Uchino M2, Yoneo T, Ohtaki Y, Minehara H3, Matsuura T2, Gomi T1, Ujihira M1: J Orthop Surg Res 2017/2; 12 (1): 34. (酒井利奈1, 内野正隆2, 峰原宏昌3, 松浦晃正2, 五味 勉1, 氏平政伸1: 1医療衛生学部, 2整外, 3救命)

H28-120002. [原著] 膝関節鏡視下前外側靭帯再建術のcadaverでの試み. 東山礼治1, 渡邉英一郎, 相川 淳2, 岩瀬 大1, 南谷 淳, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 日本整形外科スポーツ医学会雑誌 2017/3; 37 (1): 42-5.

H28-310002. [症例報告] Early fracture of the modular neck of a MODULUS femoral stem. Uchiyama K1, Yamamoto T, Moriya M1, Fukushima K1, Minegishi Y2, Takahira N3, Takaso M1: Arthroplast Today 2016/10; 3 (2): 93-8. (内山勝文1, 山本豪明, 森谷光俊1, 福島健介1, 峯岸洋次郎2, 高平尚伸3, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部)

[著 書]

H28-620007. [学術書 (分担執筆)]【平成28年度スポーツ庁委託事業 スポーツ事故防止対策推進事業「体育的行事における事故防止事例集」】[トピックス2]「むかで競走」に関する事故防止の留意点, p.21-4. 東山礼治 (整外), 編: 日本スポーツ振興センター学校安全部, 日本スポーツ振興センター, 東京, 2017/3発行.

[学会・研究会等]

H28-713003. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical Outcome of the Surgery for the Posterior Ankle Impingement Syndrome (PAIS) and Lateral Ankle Instability (LAI). Higashiyama R1, Aikawa J2, Iwase D1, Minatani A, Sekiguchi H2, Takano S2, Yoshihira T, Watanabe E, Takaso M1: American Academy of Orthopaedic Surgeons (AAOS) 2017 Annual Meeting (2017/3/17), San Diego, USA. (東山礼治1, 相川 淳2, 岩瀬 大1, 南谷 淳, 関口裕之2, 高野昇太郎2, 善平哲夫, 渡邉英一郎, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科)

H28-732001. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【学校管理下における事故とその予防】5) 整形外科領域における事故と予防. 東山礼治 (整外): 平成28年度日本医師会学校保健講習会 (2017/3/19), 東京.


形成外科・美容外科学

[学術論文]

120029. [原著] 爪部悪性黒色腫の手術の検討. 秋本峰克1, 鴻池奈津子4, 根本 充4, 池田成美4, 岩川さおり4, 下村実貴子4, 兵頭徹也4, 武田 啓4 (4形成・美外): 形成外科 2017/8; 60 (8): 959-66.

120030. [原著] Furlow変法による口蓋形成術後の言語成績. 岡部早苗, 鈴木恵子1, 上野寛子, 杉本孝之2, 山崎安晴2, 石渡靖夫, 牧 敦子3, 大原卓哉3, 瀬崎晃一郎2 (1医療衛生学部, 2形成・美外, 3耳鼻咽喉・頭頸外): 日本口蓋裂学会雑誌 2017/10; 42 (3): 194-200.

320027. [症例報告] 妊娠中の爪下悪性黒色腫の1例. 兵頭徹也1, 秋本峰克1, 鴻池奈津子1, 武田 啓1 (1形成・美外): 日本形成外科学会会誌 2018/1; 38 (1): 10-6.

522112. [講座]【特集: 内眼角・下眼瞼形成術−私の工夫−】内眼角形成術 (1)−Z形成術・W形成術による内眼角形成−. 島倉康人1, 武田 啓1 (1形成・美外): 形成外科 2017/5; 60 (5): 485-91.

522113. [講座]【特集: 成長に寄り添う私の唇裂手術】口唇裂の最終修正術. 瀬崎晃一郎1, 杉本孝之1, 山崎安晴1, 武田 啓1, 石渡康夫 (1形成・美外): PEPARS 2017/11; 131: 57-63.

522114. [講座]【特集: 四肢外傷対応マニュアル】手指伸筋腱損傷の治療. 根本 充1, 武田 啓1 (1形成・美外): PEPARS 2018/1; 134: 40-8.

[著 書]

620060. [学術書 (分担執筆)]【局所皮弁 第2巻 上肢・手指】8 前腕から肘外側, p.144-59. 根本 充 (形成・美外), 編: 平瀬雄一, 克誠堂出版, 東京, 2017/4発行.

[学会・研究会等]

713109. [学会 (国際)] (一般演題) Long-term efficancy of finasteride in 801 Japanese men with androgenetic alopecia. Yoshitake T1, Takeda A1, Ohki K, Inoue Y, Tamawaki T, Ohtsuka S, Akimoto M1, Nemoto M1, Shimakura Y1, Yanagisawa M, Oyanagi K, Akio Sato: 10th World Congress for Hair Research (WCHR2017) (2017/11/1), Kyoto. (吉竹俊裕1, 武田 啓1, 秋本峰克1, 根本 充1, 島倉康人1: 1形成・美外)

721008. [学会 (全国)] (特別講演) 毛髪医療の基礎と臨床−その現状と可能性−. 武田 啓 (形成・美外): 第105回日本美容外科学会 (2017/5/17), 東京.

722131. [学会 (全国)] (シンポジウム) 当科の早期顎裂部二次骨移植法とその長期経過について. 山崎安晴1, 石渡靖夫, 瀬崎晃一郎1, 杉本孝之1, 武田 啓1 (1形成・美外): 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2017/5/18), 東京.

722132. [学会 (全国)] (招待講演等) 障害を限りなく最小化して社会復帰を達成する. 根本 充1, 見井田和正2, 木村雅彦3 (1形成・美外, 2リハビリ部,3医療衛生学部): 第43回日本熱傷学会総会・学術集会 (2017/5/26), 東京.

722133. [学会 (全国)] (招待講演等) 顎骨vs腸骨由来間葉系細胞の生物学的差異と網羅的遺伝子発現解析. 山崎安晴1, 杉本佳香1, 森山和の1, 曽根由美子2, 馬場香子1, 杉本孝之1, 鬼塚 理, 岩田隆紀, 武田 啓1 (1形成・美外, 2病態・診療系): 第26回日本形成外科学会基礎学術集会 (2017/10/19), 大阪.

723611. [学会 (全国)] (一般講演) 顎変形症と変形性斜頭との関連性について. 杉本孝之1, 山崎安晴1, 杉本佳香1, 石川心介1, 石渡靖夫, 島倉康人1, 兵頭徹也1, 武田 啓1 (1形成・美外): 第60回日本形成外科学会総会・学術集会 (2017/4/14), 大阪.

723612. [学会 (全国)] (一般講演) T4悪性黒色腫の術後多臓器転移についての検討. 秋本峰克1, 鴻池奈津子1, 宇賀神叶美1, 和唐純平1, 篠崎智公1, 兵頭徹也1, 根本 充1, 武田 啓1 (1形成・美外): 第60回日本形成外科学会総会・学術集会 (2017/4/14), 大阪.

723613. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院形成外科・美容外科における手外科診療の現状と展望. 根本 充1, 熊澤憲一2, 兵頭徹也1,2, 鴻池奈津子1, 石川心介1, 柏木慎也1, 秋本峰克1, 武田 啓1 (1形成・美外, 2救命): 第60回日本形成外科学会総会・学術集会 (2017/4/14), 大阪.

723614. [学会 (全国)] (ポスター) 滑膜性骨軟骨腫症の1例. 下村実貴子1, 根本 充1, 田口成美1, 岩川さおり1, 和唐純平1, 宇賀神叶美1, 篠崎智公1, 武田 啓1 (1形成・美外): 第60回日本形成外科学会総会・学術集会 (2017/4/14), 大阪.

723615. [学会 (全国)] (一般講演) 皮弁による手掌部皮膚軟部組織再建. 根本 充1, 熊澤憲一2, 柏木慎也1, 秋本峰克1 (1形成・美外, 2救命): 第60回日本手外科学会学術集会 (2017/4/28), 名古屋.

723616. [学会 (全国)] (一般講演) 片側唇顎口蓋裂初回治療後の顎裂部形態の検討. 杉本孝之1, 石渡靖夫, 山崎安晴1, 瀬崎晃一郎1, 杉本佳香1, 石川心介1, 君塚幸子1, 牧 敦子2, 大原卓哉2, 武田 啓1 (1形成・美外, 2耳鼻咽喉・頭頸外): 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2017/5/18), 東京.

723617. [学会 (全国)] (一般講演) 片側唇顎口蓋裂における早期二次骨移植後の犬歯萌出方向の変化に関して. 鈴木友美子, 石渡靖夫, 東ゆりあ, 鈴木一史, 橋本幸治, 山崎安晴1, 杉本孝之1, 瀬崎晃一郎1, 武田 啓1 (1形成・美外): 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2017/5/18), 東京.

723618. [学会 (全国)] (一般講演) 顔貌に配慮して治療途中に下顎小臼歯抜歯を追加した両側完全唇顎口蓋裂症例. 石渡靖夫, 東ゆりあ, 鈴木一史, 橋本幸治, 山崎安晴1, 杉本孝之1, 瀬崎晃一郎1, 武田 啓1 (1形成・美外): 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2017/5/18), 東京.

723619. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における唇裂鼻二次手術. 石川心介1, 杉本孝之1, 杉本佳香1, 山崎安晴1, 武田 啓1 (1形成・美外): 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2017/5/19), 東京.

723620. [学会 (全国)] (ポスター) アルコール性肝障害を合併した手部熱傷の1例. 和唐純平1, 根本 充1, 鴻池奈津子1, 熊澤憲一1, 兵頭徹也1, 秋本峰克1, 武田 啓1 (1形成・美外): 第43回日本熱傷学会総会・学術集会 (2017/5/25), 東京.

723621. [学会 (全国)] (ポスター) 下顎頭吸収を伴う下顎後退症に対する顎矯正手術について. 兵頭徹也1, 山崎安晴1, 杉本孝之1, 石川心介1, 君塚幸子1, 武田 啓1, 石渡靖夫 (1形成・美外): 第27回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 (2017/6/16), 東京.

723622. [学会 (全国)] (ポスター) 顎変形症と変形性斜頭との関連性について. 杉本孝之1, 山崎安晴1, 杉本佳香1, 石川心介1, 島倉康人1, 君塚幸子1, 兵頭徹也1, 石渡靖夫, 武田 啓1 (1形成・美外): 第27回特定非営利活動法人日本顎変形症学会総会・学術大会 (2017/6/16), 東京.

723623. [学会 (全国)] (一般講演) 眉毛上前頭筋皮弁による再建の経験. 武田 啓1, 兵頭徹也1, 下村実貴子1, 田口成美1, 岩川さおり1, 和唐純平1, 篠崎智公1, 宇賀神叶美1 (1形成・美外): 第33回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 (2017/6/30), 秋田.

723624. [学会 (全国)] (一般講演) 女性外陰部悪性腫瘍の切除断端陽性例の検討. 鴻池奈津子1, 武田 啓1, 秋本峰克1, 兵頭徹也1, 三井純雪2, 高須 博, 増澤真美子2, 東儀那津子2 (1形成・美外, 2皮膚): 第33回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 (2017/7/1), 秋田.

723625. [学会 (全国)] (ポスター) 佐久総合病院形成外科外来で経験した第2趾及び第3趾弯曲爪5例の検討. 鴻池奈津子1, 大谷津恭之1, 上原理恵, 窪昭 佳, 武田 啓1 (1形成・美外): 第9回日本創傷外科学会総会・学術集会 (2017/7/6), 岐阜.

723626. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性皮膚潰瘍に合併したMRSA腎炎の2例. 根本 充1, 岩川さおり1, 吉竹俊裕1, 鴻池奈津子1, 柏木慎也1, 兵頭徹也2, 田口成美1, 下村実貴子1, 武田 啓1 (1形成・美外, 2救命): 第9回日本創傷外科学会総会・学術集会 (2017/7/6), 岐阜.

723627. [学会 (全国)] (ポスター) 顔面非対称と頭位性斜頭との関連性について. 君塚幸子1, 山崎安晴1, 杉本孝之1, 武田 啓1 (1形成・美外): 第62回 (公社) 日本口腔外科学会総会・学術大会 (2017/10/20), 京都.

723628. [学会 (全国)] (ポスター) 唇顎裂患者の顎裂部骨移植部に発生した封入N胞の1例. 宮城島弘貴, 山下陽介, 青田宥馬, 竹田 敦, 高須 曜, 村田彰吾, 君塚幸子1, 山崎安晴1, 大村 進, 藤内 祝 (1形成・美外): 第62回 (公社) 日本口腔外科学会総会・学術大会 (2017/10/21), 京都.

723629. [学会 (全国)] (ポスター) 火災時の当院の手術室における問題点の検討. 柏木慎也1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 第65回日本職業・災害医学会学術大会 (2017/11/26), 北九州.

723630. [学会 (全国)] (ポスター) 火災時におけるエレベーターによる避難の検討. 柏木慎也1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 第65回日本職業・災害医学会学術大会 (2017/11/26), 北九州.

723631. [学会 (全国)] (一般講演) 頭蓋骨欠損部の不安定な創における植皮の固定にNPWTを利用した1例. 黒柳美里, 柏木慎也1,2, 武田 啓2 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 第47回日本創傷治癒学会学術集会 (2017/11/28), 京都.

723632. [学会 (全国)] (一般口演) 当院における足潰瘍治療の検討. 和唐純平1, 平田光博2, 武田 啓1, 末木真奈美3, 松井絵理子3, 下村加奈子1, 師岡恵子3, 石井裕美3, 早坂由美子4 (1形成・美外, 2新世紀医療・横断的医療, 3看護部, 4トータルサポートセンター): 第16回日本フットケア学会年次学術集会 (2018/2/10), 福岡, 第6回日本フットケア学会年次学術集会 プログラム・抄録集 2018; p.157.

723633. [学会 (全国)] (一般講演) 当科が選択したヒト腸骨由来間葉系細胞 (hBMC) 培養上清のエクソソーム精製法とその骨分化誘導能の検討. 杉本佳香1, 山崎安晴1, 杉本孝之1, 森山和の1, 馬場香子1, 熊澤憲一2, 曽根由美子3, 武田 啓1 (1形成・美外, 2救命, 3病態・診療系): 第17回日本再生医療学会総会 (2018/3/21), 横浜.

723634. [学会 (全国)] (一般講演) 共培養における臍帯由来間葉系細胞の骨・軟骨分化能. 馬場香子1, 山崎安晴1, 曽根由美子2, 杉本佳香1, 森山和の1, 杉本孝之1, 熊澤憲一3, 武田 啓1 (1形成・美外, 2病態・診療系, 3救命): 第17回日本再生医療学会総会 (2018/3/22), 横浜.

733230. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 蜂窩織炎から敗血症性ショックに陥ったリンパ管腫の1例. 根本 充 (形成・美外): 第11回関東上肢先天異常症例検討会 (2017/7/20), 東京.

733231. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 家庭内で受傷した苛性ソーダによる化学損傷の1例. 田口成美1, 熊澤憲一2, 根本 充1, 武田 啓1 (1形成・美外, 2救命): 第24回新宿熱傷フォーラム (2017/9/1), 新宿.

733232. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学形成外科・美容外科学におけるソワンエステティックの役割について. 杉本佳香1, 朴 圭一, 高山敦子, 島倉康人1, 館内君枝, 武田 啓1 (1形成・美外): 第20回北里形成外科フォーラム (2017/10/9), 相模原.

733233. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 人工真皮と局所陰圧閉鎖療法を併用し治療を行った皮膚欠損の2例. 下村実貴子1, 熊澤憲一2 (1形成・美外, 2救命): 第20回北里形成外科フォーラム (2017/10/9), 相模原.

733234. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 骨由来間葉系細胞の培養上清よりエクソソームを抽出する方法についての検討. 杉本佳香1, 山崎安晴1, 杉本孝之1, 森山和の1, 馬場香子1, 曽根由美子2, 武田 啓1 (1形成・美外, 2病態・診療系): 第20回北里形成外科フォーラム (2017/10/9), 相模原.

733235. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 背部osteolipomaの1例. 田口成美1, 秋本峰克1, 鴻池奈津子1, 武田 啓1 (1形成・美外): 第20回北里形成外科フォーラム (2017/10/9), 相模原.

H28年度以前分

[学術論文]

H28-320001. [症例報告] 背部osteolipomaの1例. 池田成美, 秋本峰克1, 鴻池奈津子1, 武田 啓1 (1形成・美外): 日形会誌 2016/10; 36 (10): 506-10.

[学会・研究会等]

H28-723008. [学会 (全国)] (ポスター) 女性外陰部悪性腫瘍の切除断端陽性例の検討. 鴻池奈津子1, 秋本峰克1, 武田 啓1 (1形成・美外): 第59回日本形成外科学会総会・学術集会 (2016/4/14), 福岡.

H28-723009. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 乗用車内で使用したライター充填用ガスへの引火により受傷した熱傷の1例. 根本 充1, 熊澤憲一2, 下村実貴子1, 田口成美1, 宇賀神叶美1, 和唐純平1, 武田 啓1, 浅利 靖2 (1形成・美外, 2救命): 第25回日本熱傷学会関東地方会 (2017/2/11), 東京.


皮膚科学

[学術論文]

110235. [原著] Implanted hair-follicle-associated pluripotent (HAP) stem cells encapsulated in polyvinylidene fluoride membrane cylinders promote effective recovery of peripheral nerve injury. Yamazaki A, Obara K1, Tohgi N11, Shirai K1, Mii S1, Hamada Y2, Arakawa N2, Aki R1, Hoffman RM, Amoh Y1: Cell Cycle 2017/10; 16 (20): 1927-32. (小原宏哉1, 東儀那津子1, 白井京美1, 三井純雪1, 浜田祐子2, 荒川伸子2, 安藝良一1, 天羽康之1: 1皮膚, 2病態・診療系)

110236. [原著] The role of miR-210, E2F3 and ephrin A3 in angiosarcoma cell proliferation. Nakashima S, Jinnin M, Kanemaru H, Kajihara I, Igata T, Okamoto S, Tazaki Y, Harada M, Masuguchi S, Fukushima S, Masuzawa M1, Amoh Y1, Masuzawa M, Ihn H: Eur J Dermatol 2017/10; 27 (5): 464-71. (増澤真実子1, 天羽康之1: 1皮膚)

120031. [原著] ハンセン病の感染様式の解明とインドネシア共和国におけるハンセン病増加の原因究明. 宮田聡子, 出光俊郎, 藤村響男1, Yusuf Irawan (1皮膚): 埼玉県医学会雑誌 2017/12; 52 (1): 227-33.

320028. [症例報告] 外陰部硬化性萎縮性苔癬より生じた有棘細胞癌に対して外科的切除を行った2例. 内海友理1, 高須 博, 三井純雪1, 秋本峰克2, 鴻池奈津子2, 武田 啓2, 天羽康之1 (1皮膚, 2形成・美外): Skin Cancer 2017/6; 32 (1): 89-94.

320029. [症例報告] 救命し得た閉塞性換気障害を伴う腫瘍随伴性天疱瘡の1例. 矢野志ずか1, 屋代未佳1, 三井純雪1, 天羽康之1, 羽山慧以2,3, 石井文人, 橋本 隆 (1皮膚, 2血液内, 3健康管理セ): 皮膚科の臨床 2017/7; 59 (8): 1294-8.

320030. [症例報告] メタクリルレジンアレルギーによる難治性手指皮膚炎. 増澤真実子1, 中村美夏, 天羽康之1 (1皮膚): 皮膚病診療 2017/8; 39 (8): 857-60.

320031. [症例報告] 重複癌患者に生じたspiny keratoderma. 上田喬士1, 梶浦智嗣1, 小原宏哉1, 谷田有里佳, 白井京美1 (1皮膚): 皮膚病診療 2018/2; 40 (2): 173-6.

540023. [その他 (学会抄録)] ランダム皮膚生検で血管内リンパ腫の所見を認めた節外性NK/T細胞リンパ腫,鼻型の1例. 小原宏哉1, 堀米佑一2, 天羽康之1 (1皮膚, 2血液内): 日本皮膚科学会雑誌 2017/5; 127 (5): 1151.

540024. [その他 (学会抄録)] メトトレキサート内服中止により寛解に至った未分化大細胞リンパ腫の1例. 川野寿子1, 高野哲郎1, 安藝良一1, 三井純雪1, 天羽康之1, 道下雄介2, 佐藤直哉1 (1皮膚, 2血液内): 日本皮膚科学会雑誌 2017/8; 127 (9): 2135.

[学会・研究会等]

713110. [学会 (国際)] (一般講演) Comparison of effectiveness and acute toxicity of intensity-modulated radiotherapy (IMRT) and electron beam radiation therapy for angiosarcoma of the head and neck. Masuzawa M1, Sekiguchi A2, Soda I2, Hayakawa K2, Amoh Y1: 76th Annual meeting, Society for investigative Dermatology (2017/4/29), Portland, Oregon, USA. (増澤真実子1, 関口茜衣2, 早田 格2, 早川和重2, 天羽康之1: 1皮膚, 2放射線 (腫瘍))

713111. [学会 (国際)] (一般講演) The unique tropism of Mycobacterium leprae to the epithelial celle and vascular endothelial cells can be explained by the mammalian cell entry protein 1A. Viesta baby Fadlitha, Sato N1, Fathul Rachman, Andini Febriyanda, Irfan Idris, Takimoto H, Fujimura T1: The 52nd US-Japan Mycobacteria Panel Meeting 2018 in Niigata, Japan (2018/3/15), Niigata, Japan.(佐藤直哉1, 藤村響男1: 1皮膚)

723635. [学会 (全国)] (一般講演) 帯状疱疹様の分布を呈した胃癌の転移性皮膚腫瘍の1例. 東儀那津子1, 増澤真実子1, 東 瑞智2, 天羽康之1 (1皮膚, 2消化器内): 第116回日本皮膚科学会総会 (2017/6/3), 仙台.

723636. [学会 (全国)] (一般講演) 頭部血管肉腫の薄壁型肺転移におけるD2-40とMMP-1発現: 剖検23例の免疫組織学的検討. 増澤真実子1, 三上哲夫, 浜田祐子2, 沼田賀子3, 天羽康之1 (1皮膚, 2病態・診療系, 3形態系): 第116回日本皮膚科学会総会 (2017/6/3), 仙台.

733236. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 脱毛と爪甲脱落を伴ったシアナマイドによる急性汎発性発疹性膿疱症で発症した一例. 増澤真実子1, 中村美夏, 天羽康之1 (1皮膚): 第877回日本皮膚科学会東京地方会 (2018/1/20), 東京.


泌尿器科学

[学術論文]

110237. [原著] Prognostic effect of serum C-reactive protein kinetics on advanced renal cell carcinoma treated with sunitinib. Fujita T1, Tabata KI1, Ishii D1, Matsumoto K1, Yoshida K1,2, Iwamura M1: Mol Clin Oncol 2017/5; 6 (5): 691-6. (藤田哲夫1, 田畑健一1, 石井大輔1, 松本和将1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1: 1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療)

110238. [原著] Loss of BAP1 protein expression in the first metastatic site predicts prognosis in patients with clear cell renal cell carcinoma. Miura Y, Inoshita N, Ikeda M1, Miyama Y, Oki R, Oka S, Kondoh C, Ozaki Y, Tanabe Y, Kurosawa K, Urakami S, Kohno T, Okaneya T, Takano T: Urol Oncol 2017/6; 35 (6): 386-91. (池田勝臣1: 1泌尿器)

110239. [原著] Nomogram for predicting survival of postcystectomy recurrent urothelial carcinoma of the bladder. Nakagawa T, Taguchi S, Uemura Y, Kanatani A, Ikeda M1, Matsumoto A, Yoshida K, Kawai T, Nagata M, Yamada D, Komemushi Y, Suzuki M, Enomoto Y, Nishimatsu H, Ishikawa A, Nagase Y, Kondo Y, Tanaka Y, Okaneya T, Hirano Y, Shinohara M, Miyazaki H, Fujimura T, Fukuhara H, Kume H, Igawa Y, Homma Y: Urol Oncol 2017/7; 35 (7): 457.e15-21. (池田勝臣1: 1泌尿器)

110240. [原著] Second-line Chemotherapy in Older Patients With Metastatic Urothelial Carcinoma: Pooled Analysis of 10 Second-line Studies. Salah S, Lee JL, Rozzi A, Kitamura H, Matsumoto K1, Vis DJ, Srinivas S, Morales-Barrera R, Carles J, Al-Rimawi D, Lee S, Kim KH, Izumi K, Lewin J: Clin Genitourin Cancer 2017/8; 15 (4): e563-71. (松本和将1: 1泌尿器)

110241. [原著] Oncologic Outcome of Metastasectomy for Urothelial Carcinoma: Who Is the Best Candidate? Nakagawa T, Taguchi S, Kanatani A, Kawai T, Ikeda M1, Urakami S, Matsumoto A, Komemushi Y, Miyakawa J, Yamada D, Suzuki M, Enomoto Y, Nishimatsu H, Kondo Y, Nagase Y, Hirano Y, Okaneya T, Tanaka Y, Miyazaki H, Fujimura T, Fukuhara H, Kume H, Igawa Y, Homma Y: Ann Surg Oncol 2017/9; 24 (9): 2794-800. (池田勝臣1: 1泌尿器)

110242. [原著] Effect of Lymphadenectomy During Radical Nephroureterectomy in Locally Advanced Upper Tract Urothelial Carcinoma. Ikeda M1, Matsumoto K1, Sakaguchi K, Ishii D1, Tabata KI1, Kurosawa K, Urakami S, Okaneya T, Iwamura M1: Clin Genitourin Cancer 2017/10; 15 (5): 556-62. (池田勝臣1, 松本和将1, 石井大輔1, 田畑健一1, 岩村正嗣1: 1泌尿器)

110243. [原著] Clinical Outcomes of Perioperative Chemotherapy in Patients With Locally Advanced Penile Squamous-Cell Carcinoma: Results of a Multicenter Analysis. Necchi A, Pond GR, Raggi D, Ottenhof SR, Djajadiningrat RS, Horenblas S, Khoo V, Hakenberg OW, Draeger D, Protzel C, Heidenreich A, Haidl F, Eigl BJ, Nappi L, Matsumoto K1, Vaishampayan U, Woods ME, Salvioni R, Nicolai N, Catanzaro M, Giannatempo P, Geynisman DM, Preto M, Xylinas E, Milowsky MI, De Placido S, Di Lorenzo G, Sonpavde G: Clin Genitourin Cancer 2017/10; 15 (5): 548-55.e3. (松本和将1: 1泌尿器)

110244. [原著] Trends of lymphadenectomy in upper tract urothelial carcinoma (UTUC) patients treated with radical nephroureterectomy. Moschini M, Foerster B, Abufaraj M, Soria F, Seisen T, Roupret M, Colin P, De la Taille A, Peyronnet B, Bensalah K, Herout R, Wirth MP, Novotny V, Chlosta P, Bandini M, Montorsi F, Simone G, Gallucci M, Romeo G, Matsumoto K1, Karakiewicz P, Briganti A, Shariat SF: World J Urol 2017/10; 35 (10): 1541-7. (松本和将1: 1泌尿器)

110245. [原著] Frequency and prognostic significance of incidental prostate cancer at radical cystectomy: Results from an international retrospective study. Malte R, Kluth LA, Kaushik D, Boorjian SA, Abufaraj M, Foerster B, Rink M, Gust K, Roghmann F, Noldus J, Vordos D, Hagiwara M, Kikuchi E, Ikeda M1, Matsumoto K, Karakiewicz PI, Roupr腎 M, Briganti A, Scherr DS, Shariat SF, Seebacher V: Eur J Surg Oncol 2017/11; 43 (11): 21939. (池田勝臣1: 1泌尿器)

110246. [原著] Impact of five-tiered Gleason grade groups on prognostic prediction in clinical stage T3 prostate cancer undergoing high-dose-rate brachytherapy. Tsumura H1, Ishiyama H2, Tabata KI1, Katsumata H1, Kobayashi M1, Ikeda M1, Kurosaka S1, Fujita T1, Kitano M, Satoh T1, Yanagisawa N, Hayakawa K2, Iwamura M1: Prostate 2017/11; 77 (15): 1520-7. (津村秀康1, 石山博條2, 田畑健一1, 勝又洋樹1, 小林桃子1, 池田勝臣1, 黒坂眞二1, 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 早川和重2, 岩村正嗣1: 1泌尿器, 2放射線 (腫瘍))

110247. [原著] Analysis of Autoantibodies Related to Tumor Progression in Sera from Patients with High-grade Non-muscle-invasive Bladder Cancer. Minami S, Matsumoto K1, Nagashio R2, Hagiuda D, Fukuda E, Goshima N, Hattori M2, Tsuchiya B, Hachimura K2, Jiang SX3, Saegusa M3, Iwamura M1, Sato Y2: Anticancer Res 2017/12; 37 (12): 6705-14. (松本和将1, 長塩 亮2, 服部 学2, 鉢村和男2, 蒋 世旭3, 三枝 信3, 岩村正嗣1, 佐藤雄一2: 1泌尿器, 2医療衛生学部, 3病理)

110248. [原著] Comparison of Sequential Treatment With Androgen Receptor-Targeted Agent Followed by Another Androgen Receptor-Targeted Agent Versus Androgen Receptor-Targeted Agent Followed by Docetaxel in Chemotherapy-Naive Patients With Metastatic Castration-Resistant Prostate Cancer. Matsubara N, Yamada Y, Tabata KI1, Satoh T1, Kamiya N, Suzuki H, Kawahara T, Uemura H, Yano A, Kawakami S, Otsuka M, Fukasawa S: Clin Genitourin Cancer 2017/12; 15 (6): e1073-80. (田畑健一1, 佐藤威文1: 1泌尿器)

110249. [原著] Enhanced activated T cell subsets in prostate cancer patients receiving iodine-125 low-dose-rate prostate brachytherapy. Kubo M1, Satoh T2, Ishiyama H3, Tabata KI2, Tsumura H2, Komori S3, Iwamura M2, Baba S2, Hayakawa K3, Kawamura T1, Obata F1: Oncol Rep 2018/1; 39 (1): 417-24. (久保 誠1, 佐藤威文2, 石山博條3, 田畑健一2, 津村秀康2, 小森承子3, 岩村正嗣2, 馬場志郎2, 早川和重3, 川村俊彦1, 小幡文弥1: 1医療衛生学部, 2泌尿器, 3放射線 (腫瘍))

220004. [準原著]【第32回前立腺シンポジウム: 基礎部門セッション5】前立腺癌密封小線源療法における血中循環腫瘍細胞に関する研究. 津村秀康1, 佐藤威文1, 田畑健一1, 石山博條2, 関口茜衣2 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): 泌尿器外科 2017/8; 30 (8): 1241-2.

220005. [準原著]【第1回国際臨床医学会学術集会】医療通訳介入を要した在日外国人献腎移植希望患者の症例. 池田成江1, 石井大輔1, 左右田哲, 菊地弘美, 野口文乃2, 吉田一成1,3, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2看護部, 3新世紀医療・先端医療): 国際臨床医学会雑誌 2017/11; 1 (1): 39-42

310031. [症例報告] Solitary Fibrous Tumor of the Kidney. Ikeda M1, Sakata Y1, Tachibana T1, Yamashita H1, Takashima R, Hara A, Morinaga S, Irie A1: Hinyokika Kiyo 2017/11; 63 (11): 471-4. (池田勝臣1, 坂田裕介1, 立花貴史1, 山下英之1, 入江 啓1: 1泌尿器)

320032. [症例報告] 生体腎移植レシピエントの前立腺肥大症に対しホルミウム・ヤグレーザー前立腺核出術 (Holmium YAG Laser Enucleation of the Prostate: HoLEP) を施行した1例. 杉田佳子, 設楽敏也, 藤田哲夫1, 平山貴博1, 吉田一成1,2, 久保星一, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 泌尿器外科 2017/7; 30 (7): 1153-6.

320033. [症例報告] 腎原発孤立性線維性腫瘍の1例. 池田勝臣1, 坂田裕介1, 立花貴史1, 山下英之1, 高嶋力弥, 原 敦子2, 森永正二郎, 入江 啓1 (1泌尿器, 2病理): 泌尿器科紀要 2017/11; 63 (11): 471-4.

511001. [解説] Peritoneal dialysis catheter insertion surgery and management. Yoshida K1,2, Ishii D2: J Vasc Access 2018/3: 1129729818762989. (吉田一成1,2, 石井大輔2: 1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器)

522115. [講座]【特集1: 前立腺癌患者の性機能を考える】6. 外照射後の性機能. 名木渉人1, 佐藤威文1, 津村秀康1, 田畑健一1, 岩村正嗣1, 石山博條2, 早川和重2, 志村 哲 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): Prostate Journal 2017/4; 4 (1): 33-7.

522116. [講座]【特集: まるごと 泌尿器科の術式別術前・術後管理】05. 腹腔鏡下腎孟形成術の術前・術後管理. 西 盛宏1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 泌尿器Care & Cure Uro-Lo 2017/4; 22 (2): 24-7.

522117. [講座]【高齢者の泌尿器疾患−病態に基づく診断・治療上の問題点−】IV. 高齢者泌尿器悪性疾患の病態と治療 7. 転移性前立腺癌に対する新しい総合的治療戦略. 佐藤威文1, 石山博條2 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): 日本臨牀 2017/4; 75 (4): 620-5.

522118. [講座]【第81回日本泌尿器科学会東部総会記録集 パネルディスカッション4: 泌尿器科医と透析医療】4. 泌尿器科医の腎代替療法・透析医療における役割 (関東圏). 吉田一成1,2, 石井大輔1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 泌尿器外科 2017/5; 30 (臨増): 783-4.

522119. [講座]【特集: 腎泌尿器治療における医工学連携】内視鏡手術の発展. 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 腎臓内科・泌尿器科 2017/5; 5 (5): 455-60.

522120. [講座]【第32回北里腫瘍フォーラム】ロボット支援手術により摘除し得た高度骨盤内癒着を認めた膀胱癌の1例. 松本和将1, 田畑健一1, 平山貴博1, 萩原正博1, 川村瑞穂1, 石井大輔1, 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 北里医学 2017/6; 47 (1): 71-3.

522121. [講座]【特集: まるごと ウロエマージェンシー】14. 陰N腫大. 西 盛宏1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 泌尿器Care & Cure Uro-Lo 2017/6; 22 (3): 72-5.

522122. [講座]【特集: 泌尿器腹腔鏡技術認定取得に向けて: 各術式のポイントと手術手技】腹腔鏡下副腎摘除術−経腹膜的到達法のポイント−. 岩村正嗣 (泌尿器): 泌尿器外科 2017/7; 30 (7): 1117-22.

522123. [講座]【連載: 専門医試験に役立つ前立腺知識】前立腺癌治療中の骨マネジメント. 佐藤威文1, 津村秀康1, 田畑健一 1, 石山博條2 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍): Prostate Journal 2017/9; 4 (2): 281-7.

522124. [講座]【特集3: 連載“長期成績”−XVI.腎がん−】無阻血腎部分切除の長期成績. 藤田哲夫1, 西 盛宏1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): Japanese Journal of Endourology 2017/10; 30 (2): 178-81.

540025. [その他 (座談会)] 多発性N胞腎・肝嚢胞全般について. 吉田一成1,2 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): PKDの会 最終座談会 2017/5/16 (2017/4).

540026. [その他 (会報)] 神奈川県泌尿器科医会. 岩村正嗣 (泌尿器): 神奈川県医師会報 2017/5; 813: 126.

540027. [その他 (会報誌)] 腎移植の合併症 -4- 代謝障害, 脂質異常症 (脂質代謝障害) (高脂血症) ほか. 吉田一成1,2 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): なごみ (北里腎移植患者会「なごみの会」会報誌) 2017/5; 19: 3.

540028. [その他 (会報誌)] 第10回: 腎移植と移植後のがん検診. 石井大輔 (泌尿器): なごみ (北里腎移植患者会「なごみの会」会報誌) 2017/5; 19: 6.

540029. [その他 (新聞記事)] 脳死移植なお低水準. 吉田一成1,2 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 毎日新聞記事 2018/1; 51076 (1月26日号): p.3.

540030. [その他 (研究報告書)]【日本医療研究開発機構 (AMED)「医療分野研究成果展開事業「先端計測分析技術・危機開発プログラム」先端機器開発」】自己抗体マーカー探索システムの開発. 五島直樹1, 佐藤雄一2, 松本和将3 (1産業総合研究所, 2医療衛生学部, 3泌尿器):「医療分野研究成果展開事業「先端計測分析技術・危機開発プログラム」先端機器開発」自己抗体マーカー探索システムの開発 研究報告書 2018; Web公開.

540031. [その他 (研究報告書)]【文科省科学研究費「基盤研究 (C) 一般」】膀胱癌における血清蛋白質の網羅的解析と診断スクリーニング法の確立. 松本和将1, 佐藤雄一2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2医療衛生学部):「基盤研究 (C) 一般」膀胱癌における血清蛋白質の網羅的解析と診断スクリーニング法の確立 研究報告書2018; Web公開.

540032. [その他 (研究報告書)]【文科省科学研究費「基盤研究 (C) 一般」】マウス腎移植モデルによる抗体関連型拒絶反応と抗CD20モノクローナル. 石井大輔1, 吉田一成1,2, 川村瑞穂1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療):「基盤研究 (C) 一般」マウス腎移植モデルによる抗体関連型拒絶反応と抗CD20モノクローナル 研究中間報告書2018; Web公開.

540033. [その他 (研究報告書)]【若手医師および医療従事者研究助成金】膀胱癌における新規蛋白質の腫瘍マーカーとしての有用性の検討. 川村瑞穂 (泌尿器):「若手医師および医療従事者研究助成金」膀胱癌における新規蛋白質の腫瘍マーカーとしての有用性の検討 研究報告書2018; Web公開.

[著 書]

620061. [学術書] (分担執筆)【病気とくすり2017 基礎と実践 Expert's Guide (薬局2017年増刊 Vol.68 No.4)】7. 病原微生物・悪性新生物とくすり O 悪性腫瘍 ・膀胱癌, p.1552-6. 池田勝臣1, 入江 啓1 (1泌尿器), 編集: 根本英一, 南山堂, 東京, 2017/4発行.

620062. [学術書] (分担執筆)【病気とくすり2017 基礎と実践 Expert's Guide (薬局2017年増刊 Vol.68 No.4)】7. 病原微生物・悪性新生物とくすり O 悪性腫瘍 ・前立腺癌, p.1557-61. 池田勝臣1, 入江 啓1 (1泌尿器), 編集: 根本英一, 南山堂, 東京, 2017/4発行.

620063. [学術書 (分担執筆)]【新腎・泌尿器癌 (下)−基礎・臨床研究の進歩−(日本臨牀75巻増刊号7)】VIII. 膀胱癌の治療 2. 手術療法 (2) 経尿道的膀胱腫瘍切除術 (TUR) 3) ランダム生検, p.181-4. 松本和将 (泌尿器), 日本臨牀社, 東京, 2017/10発行.

620064. [学術書 (分担執筆)]【新腎・泌尿器癌 (下)−基礎・臨床研究の進歩− (日本臨牀75巻増刊号7)】精巣癌IV. 精巣癌の治療 3. 化学療法 (3) 導入化学療法, p.430-4. 田畑健一 (泌尿器), 日本臨牀社, 東京, 2017/10発行.

[学会・研究会等]

711008. [学会 (国際)] (特別講演) Japan's Organ Transplant Network System, and Team Medicine for Kidney Transplants at the Kitasato University Hospital. Ikeda M1, Ishii D1, Arakawa N2, Noguchi F2, Yoshida T3, Inano H4, Soda A, Matsuzawa R5, Iwamura M1, Yoshida K1,6: 3rd Myanmar Nephro-Urology Society Conference (2017/11/5), Yangon, Myanmar. (池田成江1, 石井大輔1, 荒川法子2, 野口文乃2, 吉田朋子3, 稲野 寛4, 松沢良太5, 岩村正嗣1, 吉田一成1,6: 1泌尿器, 2看護部, 3栄養部, 4薬剤部, 5リハビリ部, 6新世紀医療・先端医療)

711009. [学会 (国際)] (特別講演) Team medicine is important to achieve better quality kidney transplantation. Yoshida K1,2, Ishii D1, Ikeda M1: 3rd Myanmar Nephro-Urology Society Conference (2017/11/5), Yangon, Myanmar. (吉田一成1,2, 石井大輔1, 池田成江1: 1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療)

713112. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical analysis of access-related pain syndrome. Ishii D1, Kuwata H,Uemura K, Asai T, Takahasi N, Yoshida A, Yoshida H, Iwamura M1: 10th Congress of the Vascular Access Society (2017/4/5), Ljubljana, Slovenia, J Vasc Access 2017; 18 (Suppl 2): S66. (石井大輔1, 岩村正嗣1: 1泌尿器)

713113. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical study of patients with cuff type catheter in a hemodialysis center. Yoshida K1,2, Kuwata H, Uemura K, Ishii D1, Kaneda Y, Yoshida A: 10th Congress of the Vascular Access Society (2017/4/5), Ljubljana, Slovenia, Cankarjev dom, Cultural and Congress CenterJ Vasc Access 2017; 18 (suppl 2): S46. (吉田一成1,2, 石井大輔1: 1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療)

713114. [学会 (国際)] (ポスター) Renal Function Outcomes by HLA Mismatch in De Novo Kidney Transplant Recipients Receiving Everolimus PlusReduced-Dose Cyclosporine Versus Mycophenolate Plus Standard-Dose Cyclosporine: 24-Month Subanalysis of A1202 Study. Yoshida K1,2, Watarai Y, Nakagawa K, Kamisawa O: 2017 American Transplant Congress (2017/5/2), Chicago, USA. (吉田一成1,2: 1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療)

713115. [学会 (国際)] (一般講演) Two cases in which lithotripsy was successfully underwent by F-TUL and ESWL for renal stones formed after total cystectomy and ileal conduit. Katsui M, Arakawa T, Bessho H1, Ohigashi T: 15th Urological Association of Asia (UAA) Congress (2017/8/4), Hong Kong. (別所英治1: 1泌尿器)

713116. [学会 (国際)] (Moderated poster) Stone management in patients with ureteropelvic junction obstruction is possible not only by lithotomy during laparoscopic pyeloplasty but also by secondary lithotripsy. Nishi M1, Matsumoto K1, Ishii D1, Hirayama T1, Fujita T1, Iwamura M1: 35th World Congress of Endourology (2017/9/14), Vancouver, Canada. (西 盛宏1, 松本和将1, 石井大輔1, 平山貴博1, 藤田哲夫1, 岩村正嗣1: 1泌尿器)

713117. [学会 (国際)] (Moderated poster) Negative impact of renal hypothermia with ice-cold saline on renal functional outcome for transperitoneal laparoscopic partial nephrectomy. Kawamura M1, Fujita T1, Nishi M1, Ishii D1, Tabata KI1, Matsumoto K1, Yoshida K1,2, Iwamura M1: 35th World Congress of Endourology (2017/9/15), Vancouver, Canada. (川村瑞穂1, 藤田哲夫1, 西 盛宏1, 石井大輔1, 田畑健一1, 松本和将1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1: 1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療)

713118. [学会 (国際)] (デジタルポスター) The Importance of Assistance by Medical Interpreters for Foreign Residents of Japan Seeking Renal Transplantation Ikeda M1, Ishii D1, Kawamura M1, Takeuchi Y2, Iwamura M1, Yoshida K1,3: 18th Congress of the European Society for Organ Transplantation (2017/9/27), Barcelona, Spain. (池田成江1, 石井大輔1, 川村瑞穂1, 竹内康雄2, 岩村正嗣1, 吉田一成1,3: 1泌尿器, 2腎臓内, 3新世紀医療・先端医療)

713119. [学会 (国際)] (デジタルポスター) Effect of Everolimus Plus Reduced-Dose Cyclosporine on Graft Outcomes in Kidney Transplant Recipients With ≧3 HLA Mismatches: 24-Month results From The A1202 Study. Yoshida K1,2, Watarai Y, Nakagawa K, Kamisawa O: 18th Congress of the European Society for Organ Transplantation (2017/9/27), Barcelona, Spain. (吉田一成1,2: 1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療)

713120. [学会 (国際)] (ポスター) OGTT Can Predict Onset of NODAT in Kidney Transplantation. Kawamura M1, Yoshida K1,2, Yoshida T3, Ishii D1, Noguchi F4, Hayashi A5, Takeuchi Y6, Shichiri M5, Iwamura M1: 15th Congress of the Asian Society of Transplantation (2017/11/29), Cebu city, Philippine. (川村瑞穂1, 吉田一成1,2, 吉田朋子3, 石井大輔1, 野口文乃4, 林 哲範5, 竹内康雄6, 七里眞義5, 岩村正嗣1: 1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療, 3栄養部, 4看護部, 5内分泌代謝内, 6腎臓内)

713121. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) (ベストポスター賞受賞) A case That We Recognize the Importance of Medical Interpretation of Mother Tongue for Foreigners Living in Japan Considering Kidney Transplantation. Ikeda M1, Ishii D1, Kawamura M1, Tachibana T1, Noguchi F2, Imura Y, Iwamura M1, Yoshida K1,3: 15th Congress of the Asian Society of Transplantation (2017/11/29), Cebu city, Philippine. (池田成江1, 石井大輔1, 川村瑞穂1, 立花貴史1, 野口文乃2, 岩村正嗣1, 吉田一成1,3: 1泌尿器, 2看護部, 3新世紀医療・先端医療)

713122. [学会 (国際)] (一般講演・ポスター) How to Support a Family Member in Making an Organ Donation Decision in Emergency Room? Michihiro T, Geshi E, Yosihida K1,2: 15th Congress of the Asian Society of Transplantation (2017/11/29), Cebu city, Philippine. (吉田一成1,2: 1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療)

721009. [学会 (全国)] (特別講演) Laparoscopic pyeloplasty: feasibility in reconstructive surgeries. 岩村正嗣1, 西 盛宏1 (1泌尿器): 第31回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2017/11/17), 徳島, Japanese Journal of Endourology 2017; 30 (3): 112.

722134. [学会 (全国)] (卒後教育プログラム) 泌尿器腹腔鏡手術の基本手技と合併症予防. 岩村正嗣 (泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/21), 鹿児島.

722135. [学会 (全国)] (招待講演等) 進行性膀胱癌に対するペプチドワクチン療法. 松本和将1, 野口正典, 伊東恭悟, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/21), 鹿児島.

722136. [学会 (全国)] (卒後教育プログラム) 泌尿器腹腔鏡手術の基本手技と合併症予防. 岩村正嗣 (泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/24), 鹿児島.

722137. [学会 (全国)] (招待講演等) 膀胱がんの臨床. 松本和将1, 馬場志郎, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/11), 東京.

722138. [学会 (全国)] (招待講演等) 長期成績に影響する合併症と対策. 石井大輔1, 吉田一成1,2, 竹内康雄3, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療, 3腎臓内): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/16), 横浜, 透析会誌 2017/5; 50 (Suppl 1): 348.

722139. [学会 (全国)] (ワークショップ) 腹腔鏡下腎盂形成術: 泌尿器腹腔鏡技術認定制度基準について. 岩村正嗣 (泌尿器): 第26回日本小児泌尿器科学会総会・学術集会 (2017/7/5), 名古屋, 日本小児泌尿器科学会雑誌 2017/6; 26 (2): 197.

722140. [学会 (全国)] (ワークショップ) 腎盂形成術経腹膜アプローチ. 西 盛宏1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第26回日本小児泌尿器科学会総会・学術集会 (2017/7/5), 名古屋, 日本小児泌尿器科学会雑誌 2017/6; 26 (2): 198.

722141. [学会 (全国)] (教育セミナー) 小児馬蹄腎合併水腎に対する腹腔鏡下腎盂形成術の経験. 西 盛宏1, 濱野 敦, 川村瑞穂1, 師尾繁孝1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第26回日本小児泌尿器科学会総会・学術集会 (2017/7/7), 名古屋.

722142. [学会 (全国)] (個別臓器ワークショップ) 腎移植におけるチーム医療の実際 (北里大学). 吉田一成1,2, 石井大輔1, 野口文乃3, 池田成江1, 竹内康雄4 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療, 3看護部, 4腎臓内): 第33回腎移植・血管外科研究会 (2017/7/8), 小田原, 移植 2017; 52 (総会臨時): 311.

722143. [学会 (全国)] (モーニングセミナー) 去勢抵抗性前立腺癌の最新潮流−病態と実診療から治療戦略を考える−. 田畑健一 (泌尿器): 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2017/7/29), 神戸.

722144. [学会 (全国)] (シンポジウム招待講演) それぞれの癌: 診断・治療の現状と展望−膀胱癌−. 岩村正嗣 (泌尿器): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 横浜.

722145. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 腹腔鏡下腎・副腎手術における初心者教育. 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第31回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2017/11/17), 徳島, Japanese Journal of Endourology 2017/11; 30 (3): 126.

722146. [学会 (全国)] (シンポジウム・招待講演等) 泌尿器における教育の現況. 岩村正嗣 (泌尿器): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/8), 京都.

723637. [学会 (全国)] (一般口演) 前立腺癌N1におけるHigh-dose-rate brachytherapy: 治療効果と再発予測の検討. 津村秀康1, 田畑健一1, 勝又洋樹1, 小林桃子1, 名木渉人1, 立花貴史1, 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1, 石山博條2, 北野雅史, 早川和重2 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): 第106回日本泌尿器科学会総会 (2018/4/20), 京都, 第106回日本泌尿器科学会総会 (Web) 2017/4; ROMBUNNO OP-226.

723638. [学会 (全国)] (一般講演) 進行性膀胱癌に対するペプチドワクチン療法. 松本和将1, 野口正典, 伊東恭悟, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/21), 鹿児島.

723639. [学会 (全国)] (一般講演) 上部尿路上皮癌における術後補助化学療法の検討. 池田勝臣1, 松本和将1, 平山貴博1, 高口 大1, 村上泰清1, 松田大介1, 奥野紀彦, 宇都宮拓治, 田岡佳憲1, 入江 啓1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/21), 鹿児島, 神奈川医学会雑誌 2017; 44 (2): 121.

723640. [学会 (全国)] (一般講演) 筋層非浸潤性膀胱癌へのBCG 膀胱内注入療法 (導入・維持療法) の有用性について. 望月康平1, 松本和将1, 平山貴博1, 西 盛宏1, 津村秀康1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 平井祥司, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/21), 鹿児島, 神奈川医学会雑誌 2017; 44 (2): 122.

723641. [学会 (全国)] (ポスター) 80歳以上の上部尿路上皮癌症例における臨床病理学的検討. 平山貴博1, 松本和将1, 池田勝臣1, 村上泰清1, 高口 大1, 松田大介1, 奥野紀彦, 田岡佳憲1, 宇都宮拓治, 入江 啓1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/21), 鹿児島.

723642. [学会 (全国)] (ポスター) 上部尿路上皮癌症例における術前・術後eGFRと予後に関する検討. 高口 大1, 松本和将1, 池田勝臣1, 田岡佳憲1, 平山貴博1, 村上泰清1, 宇都宮拓治, 松田大介1, 奥野紀彦, 入江 啓1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/21), 鹿児島.

723643. [学会 (全国)] (ポスター) 腹腔鏡下腎部分切除術における腎冷却効果の検討. 藤田哲夫1, 西 盛宏1, 石井大輔1, 松本和将1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/21), 鹿児島.

723644. [学会 (全国)] (ポスター) 精索脂肪肉腫の一例. 天野統之1, 丸 典夫, 名木渉人1, 安藤繭美1, 石川 弥1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/21), 鹿児島.

723645. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院におけるロボット支援下腎部分切除術の初期経験. 石井大輔1, 藤田哲夫1, 平山貴博1, 津村秀康1, 田畑健一1, 松本和将1, 川村瑞穂1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1, 高橋裕一郎 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/21), 鹿児島.

723646. [学会 (全国)] (一般口演) Impact of ISUP 2014 grading system on prognostic prediction in clinical stage T3 prostate cancer undergoing high-dose-rate brachytherapy. 津村秀康1, 佐藤威文1, 田畑健一1, 石山博條2, 川上正悟2, 関口茜衣1, 小森承子2, 池田勝臣1, 黒坂眞二1, 藤田哲夫1, 早川和重2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/21), 鹿児島.

723647. [学会 (全国)] (ポスター) 血液透析患者の出血性N胞腎摘出術術後に非閉塞性腸管虚血を発症した一例. 綿貫 翔1, 南田 諭1, 志村壮一朗1, 高口 大1, 和田 治, 田岡佳憲1 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/21), 鹿児島.

723648. [学会 (全国)] (ポスター) 前立腺ductal adenocarcinomaの臨床的検討. 山下英之1, 池田勝臣1, 坂田裕介1, 高嶋力弥, 高橋裕一郎, 入江 啓1 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/21), 鹿児島.

723649. [学会 (全国)] (一般講演) 転移性去勢抵抗性前立腺癌に対するAbiraterone投与後のALP-bounceの検討. 田畑健一1, 津村秀康1, 入江 啓1, 山下英之1, 池田勝臣1, 田岡佳憲1, 南田 諭1, 高口 大1, 宇都宮拓治, 黒坂眞二1, 奥野紀彦, 佐藤威文1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/22), 鹿児島, 神奈川医学会雑誌 2017; 44 (2): 150.

723650. [学会 (全国)] (一般講演) 尿路上皮癌におけるBMIと予後に関する検討. 村上泰清1, 松本和将1, 池田勝臣1, 宇都宮拓治, 平山貴博1, 高口 大1, 松田大介1, 奥野紀彦, 田岡佳憲1, 入江 啓1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/22), 鹿児島.

723651. [学会 (全国)] (ポスター) 膀胱癌症例における尿中14-3-3 protein beta/alpha蛋白質発現の検討. 川村瑞穂1, 松本和将1, 金子志保1, 南田 諭1, 立花貴史1, 西 盛宏1, 津村秀康1, 石井大輔1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/22), 鹿児島.

723652. [学会 (全国)] (ポスター) 成人例に対する膀胱外アプローチによる腹腔鏡下膀胱尿管新吻合術. 西 盛宏1, 松本和将1, 立花貴史1, 田畑健一1, 津村秀康1, 平山貴博1, 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/22), 鹿児島, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 486.

723653. [学会 (全国)] (ポスター) high risk患者に対する前立腺肥大症の新しいThulium YAG laser治療の治療経験. 若田部陽司1, 大山哲平1, 奥野紀彦, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/22), 鹿児島, 移植 2017; 52 (総会臨時): 398, 移植 2017; 52 (総会臨時): 525.

723654. [学会 (全国)] (ポスター) 前立腺肥大症に対する新しいThulium YAG laser治療の治療経験. 奥野紀彦, 若田部陽司1, 大山哲平1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/22), 鹿児島.

723655. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における上部尿路結石に対する経尿道的尿路結石砕石術 (TUL) の治療成績. 高田治子1, 黄 英茂, 村上泰清1, 若田部陽司1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/22), 鹿児島, 移植 2017; 52 (総会臨時): 536.

723656. [学会 (全国)] (ポスター) HoLEP導入時における機器トラブルの検討. 土橋正人1, 小倉 類, 平野修平1, 門脇和臣, 川上達央, 石井淳一郎 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/22), 鹿児島.

723657. [学会 (全国)] (一般講演) 上部尿路結石治療時における尿管ステント留置例の細菌学的検討. 杉田 敦1, 山口 聡, 徳光正行, 増井則昭, 金子茂男, 水永光博, 石田裕則 (1泌尿器): 第105回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/22), 鹿児島.

723658. [学会 (全国)] (一般講演) 膀胱がんの臨床. 松本和将1, 馬場志郎, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第90回日本産業衛生学会 (2017/5/11), 東京.

723659. [学会 (全国)] (ポスター) 尿閉を生じた前立腺肥大症高齢患者に対する経尿道的前立腺核出術 (HoLEP) の経験. 平山貴博1, 設楽敏也, 立花貴史1, 川村瑞穂1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第30回日本老年泌尿器科学会 (2017/6/10), 東京, 日本老年泌尿器科学会誌 2018; 30: 116.

723660. [学会 (全国)] (一般講演) 長期成績に影響する合併症と対策. 石井大輔1, 吉田一成1,2, 竹内康雄3, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療, 3腎臓内): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/16), 横浜.

723661. [学会 (全国)] (ポスター) カフ型カテーテル抜去困難症例の経験. 立花貴史1, 石井大輔1, 川村瑞穂1, 佐藤威文1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1, 淺井友基, 桑田比砂江, 吉田 煦 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/16), 横浜, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 486.

723662. [学会 (全国)] (一般講演) 献腎移植待機患者の定期検診, クロージングリマークス. 吉田一成1,2, 石井大輔1, 野口文乃3, 池田成江1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療, 3看護部): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/16), 横浜, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 578.

723663. [学会 (全国)] (ポスター) (メディカルスタッフ優秀賞Award Session) カンボジアにおける医学雑誌等の出版活動について. 若井陽希, 山中里佳, 阿部奈津美, 木村絵美, 濱鍜玲子, 海老原慧, 栗山麗菜, 庄田 恵, 兵藤 透, 吉田一成1,2, 川西秀樹 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/16), 横浜, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 674.

723664. [学会 (全国)] (一般講演) カンボジア腎臓学会の設立支援活動について. 若井陽希, 兵藤 透, 海老原慧, 伊藤 真, 山中里佳, 小久保謙一, 吉田一成1,2, 川西秀樹 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/16), 横浜, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 674.

723665. [学会 (全国)] (ポスター) I-HDFとHDFの比較検討. 森田翔平, 青木茂樹, 高橋 亮, 高橋浩雄, 角田隆俊, 鈴木 大, 吉田一成1,2, 石井大輔1, 高橋裕一郎 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/16), 横浜, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 675.

723666. [学会 (全国)] (ポスター) HD患者へのデノスマブの使用経験. 兵藤 透, 平野修平1, 萩原正博1, 立花貴史1, 杉田佳子, 杉田 敦1, 村上泰清1, 南田 諭1, 山下英之1, 山田泰史1, 嶺井定嗣, 藤田哲夫1, 松本和将1, 佐藤威文1, 志村 哲, 竹川勝治, 小俣二也, 内田豊昭, 遠藤忠雄, 馬場志郎 (1泌尿器): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/17), 横浜, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 744.

723667. [学会 (全国)] (ポスター) 当クリニックの患者における在宅看護との連携. 末永裕子, 落合里奈, 高橋 亮, 高橋浩雄, 石井大輔1, 吉田一成1,2, 高橋裕一郎 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/17), 横浜, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 857.

723668. [学会 (全国)] (ポスター) 在宅血液透析の実際と問題点. 若井陽希, 阿部奈津美, 兵藤 透, 吉田一成1,2 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/17), 横浜, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 895.

723669. [学会 (全国)] (ポスター) カンボジアにおける透析医療の現状とバスキュラーアクセス作製における問題点. 甘利佳史, 兵藤 透, 中嶋章貴, 松原弘和, 若井陽希, 楢村友隆, 長沼秀俊, 小久保謙一, 柴原伸久, 吉田一成1,2, 山下明泰, 川西秀樹 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/18), 横浜, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 578.

723670. [学会 (全国)] (ポスター) 在宅血液透析における患者と施設間のルール整備の重要性. 阿部奈津美, 若井陽希, 河村博子, 庄田 恵, 木村絵美, 兵藤 透, 吉田一成1,2 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/18), 横浜, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 895.

723671. [学会 (全国)] (ポスター) 穿刺教育システムへの第一歩. 桑田比砂江, 石井大輔1, 上村 薫, 金田幸淑, 淺井友基, 吉田一成1,2, 中嶋真一, 本橋佐知子, 竹内康雄3, 吉田 煦 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療, 3腎臓内): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/18), 横浜, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 920.

723672. [学会 (全国)] (ポスター) 腹腔鏡下腎盂形成術: 泌尿器腹腔鏡技術認定制度基準について. 岩村正嗣 (泌尿器): 第26回日本小児泌尿器科学会総会・学術集会 (2017/7/5), 名古屋.

723673. [学会 (全国)] (ポスター) 腎盂形成術 経腹膜アプローチ. 西 盛宏1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第26回日本小児泌尿器科学会総会・学術集会 (2017/7/5), 名古屋.

723674. [学会 (全国)] (ショートオーラル・口演) 巨大水腎に対する尿管ステント留置後の腹腔鏡下腎盂形成術. 勝又洋樹1, 西 盛宏1, 川村瑞穂1, 師尾繁孝1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第26回日本小児泌尿器科学会総会・学術集会 (2017/7/7), 名古屋, 日本小児泌尿器科学会雑誌 2017; 26 (2): 292.

723675. [学会 (全国)] (一般講演) 小児馬蹄腎合併水腎に対する腹腔鏡下腎盂形成術の経験. 西 盛宏1, 濱野 敦, 川村瑞穂1, 師尾繁孝1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第26回日本小児泌尿器科学会総会・学術集会 (2017/7/7), 名古屋, 日本小児泌尿器科学会雑誌 2017; 26 (2): 292.

723676. [学会 (全国)] (ポスター) 腎移植における血管系合併症についての臨床的検討. 川村瑞穂1, 石井大輔1, 立花貴史1, 高橋 遼, 本間友香理2, 竹内康雄2, 岩村正嗣1, 吉田一成1,3 (1泌尿器, 2腎臓内, 3新世紀医療・先端医療): 第33回腎移植・血管外科研究会 (2017/7/7), 小田原.

723677. [学会 (全国)] (ポスター) 献腎移植登録新システム導入がもたらした混乱とその対策. 池田成江1, 山辺晴美2, 石井大輔1, 川村瑞穂1, 岩村正嗣1, 吉田一成1,3 (1泌尿器, 2腎臓内, 3新世紀医療・先端医療): 第33回腎移植・血管外科研究会 (2017/7/7), 小田原.

723678. [学会 (全国)] (ポスター) 献腎移植登録新システム導入による患者の動揺とその対策−患者・家族の不安, 透析・移植医療者の戸惑い−. 池田成江1, 石井大輔1, 川村瑞穂1, 山辺晴美2, 野口文乃3, 井村夕姫3, 兵藤 透, 若井陽希, 岩村正嗣1, 吉田一成1,4 (1泌尿器, 2臨検部, 3看護部, 4新世紀医療・先端医療): 第28回日本サイコネフロロジー研究会 (2017/7/23), 札幌.

723679. [学会 (全国)] (一般講演) 尿管瘤内結石の1例. 志村壮一朗1, 天野統之1, 安藤繭美1, 石川 弥1, 丸 典夫, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 日本尿路結石症学会第27回学術集会 (2017/8/26), 大阪.

723680. [学会 (全国)] (一般講演) 神奈川県主催「神奈川県移植医療連絡協議会」との移植医療関連団体としての連携. 池田成江1, 吉田一成1,2, 小野 元, 荒川法子3, 中村晴美, 田海美子, 石井大輔1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療, 3看護部): 第53回日本移植学会総会 (2017/9/8), 旭川, 移植 2017; 52 (総会臨時): 398.

723681. [学会 (全国)] (一般講演) 回盲部に発生した生体腎移植後リンパ増殖性疾患 (PTLD) の2例. 石井大輔1, 本間友香里2, 立花貴史1, 川村瑞穂1, 若井陽希, 平山貴博1, 遠藤忠雄, 岩村正嗣1, 竹内康雄2, 吉田一成1,3 (1泌尿器, 2腎臓内, 3新世紀医療・先端医療): 第53回日本移植学会総会 (2017/9/8), 旭川.

723682. [学会 (全国)] (一般講演) HIV陽性腎不全患者に対する生体腎移植術の経験. 川村瑞穂1, 石井大輔1, 立花貴史1, 藤田哲夫1, 高橋 遼, 本間友香理2, 竹内康雄2, 若井陽希, 岩村正嗣1, 和田達彦3, 吉田一成1,4 (1泌尿器, 2腎臓内, 3膠原病・感染内, 4新世紀医療・先端医療): 第53回日本移植学会総会 (2017/9/9), 旭川, 移植 2017; 52 (総会臨時): 536.

723683. [学会 (全国)] (ポスター) (学会・委員会企画) 急性期病院における排尿ケアチームの活動についての検討. 平山貴博1, 松本和将1, 金子喜恵, 袴田将嗣2, 清宮美詠2, 西 盛宏1, 津村秀康1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2看護部): 第24回日本排尿機能学会 (2017/9/28), 東京, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 421.

723684. [学会 (全国)] (総会賞ポスター) 抗癌剤未治療去勢抵抗性前立腺癌へのエンザルタミド・アビラテロン, シークエンス治療. 林悠太朗, 河原崇司, 加藤真史, 小島一平, 山田浩史, 上平 修, 田畑健一1, 津村秀康1, 岩村正嗣1, 上村博司, 三好康秀 (1泌尿器): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 横浜.

723685. [学会 (全国)] (ポスター) 去勢抵抗性前立腺癌へのエンザルタミド・アビラテロン使用での予後解析: 多施設805例. 大高茉莉, 河原崇司, 加藤真史, 小島一平, 山田浩史, 上平 修, 田畑健一1, 津村秀康1, 岩村正嗣1, 上村博司, 三好康秀 (1泌尿器): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 横浜.

723686. [学会 (全国)] (ポスター) 局所浸潤性前立腺癌におけるHDR2ブラキセラピー: ISUP2014による予後予測因子の検討. 津村秀康1, 田畑健一1, 石山博條2, 川上正悟2, 関口茜衣2, 北野雅史, 池田勝臣1, 黒坂眞二1, 藤田哲夫1, 佐藤威文1, 早川和重2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 横浜.

723687. [学会 (全国)] (ポスター) 去勢抵抗性前立腺癌における好中球リンパ球 (NLR) による予後予測: 他施設449例の検討. 河原崇司, 三好康秀, 加藤真史, 田畑健一1, 小島一平, 山田浩史, 上平 修, 津村秀康1, 岩村正嗣1, 上村博司 (1泌尿器): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 横浜.

723688. [学会 (全国)] (ポスター) 上部尿路上皮癌に対する術後補助化学療法の治療成績. 池田勝臣1, 松本和将1, 平山貴博1, 高口 大1, 村上泰清1, 松田大介1, 奥野紀彦, 宇都宮拓治, 田岡佳憲1, 入江 啓1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 横浜.

723689. [学会 (全国)] (ポスター) 高齢上部尿路上皮癌症例における臨床病理学的検討. 平山貴博1, 松本和将1, 池田勝臣1, 村上泰清1, 高口 大1, 松田大介1, 奥野紀彦1, 田岡佳憲1, 宇津宮拓治, 入江 啓1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 横浜.

723690. [学会 (全国)] (総会賞ポスター) 抗癌剤未治療後去勢抵抗性前立腺癌へのエンザルタミド・アビラテロン, シークエンス治療. 林悠大朗, 河原崇司, 加藤真史, 小島一平, 山田浩史, 上平 修, 田畑健一1, 津村秀康1, 岩村正嗣1, 上村博司, 三好康秀 (1泌尿器): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/21), 横浜.

723691. [学会 (全国)] (ポスター) 去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミドの予後因子の解析: 多施設433例の検討から. 加藤真史, 平林裕樹, 小島一平, 山田浩史, 勝野 曉, 上平 修, 田畑健一1, 津村秀康1, 岩村正嗣1, 河原崇司, 上村博司, 三好康秀 (1泌尿器): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/21), 横浜.

723692. [学会 (全国)] (ポスター) 去勢抵抗性前立腺癌に対するアビラテロンの予後因子の解析: 多施設292症例の検討から. 田畑健一1, 入江 啓1, 田岡佳憲1, 岩村正嗣1, 加藤真史, 小島一平, 山田浩史, 上平 修, 河原崇司, 上村博司, 三好康秀 (1泌尿器): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/21), 横浜.

723693. [学会 (全国)] (学術集会奨励賞ポスター) ドセタキセル未治療の転移性去勢抵抗性前立腺癌 (mCRPC) 患者に対する新規抗アンドロゲン剤の逐次治療の比較 (多施設共同研究). 深沢 賢, 佐藤威文1, 田畑健一1, 鈴木啓悦, 神谷直人, 上村博司, 河原崇司, 川上 理, 矢野晶大, 松原伸晃 (1泌尿器): 日本泌尿器腫瘍学会第3回学術集会 (2017/10/22), 東京.

723694. [学会 (全国)] (Moderated Poster) 転移性去勢抵抗性前立腺癌に対する逐次療法の比較: 新規ホルモン 2剤 vs 新規ホルモン−ドセタキセル (多施設共同研究). 田畑健一1, 松原伸晃, 山田遥子, 上村博司, 河原崇司, 鈴木啓悦, 神谷直人, 川上 理, 矢野晶大, 深沢 賢 (1泌尿器): 日本泌尿器腫瘍学会第3回学術集会 (2017/10/22), 東京.

723695. [学会 (全国)] (ポスター) 当院におけるThulium Laserを用いた経尿道的前立腺核出術の臨床的検討. 若田部陽司1, 高田治子1, 奥野紀彦 (1泌尿器): 第71回国立病院総合医学会 (2017/11/10), 高松.

723696. [学会 (全国)] (一般講演・ポスター) 前立腺肥大症に対する接触式レーザー前立腺蒸散術 (CVP) の初期経験. 須山一穂, 萩原正博1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第31回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2017/11/16), 徳島, Japanese Journal of Endourology 2017; 30 (3): 170.

723697. [学会 (全国)] (ポスター) ロボット支援腹腔鏡下根治的膀胱摘除術と他術式の周術期成績の比較検討. 松本和将1, 田畑健一1, 平山貴博1, 西 盛宏1, 石井大輔1, 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第31回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2017/11/16), 徳島, , Japanese Journal of Endourology 2017; 30 (3): 175.

723698. [学会 (全国)] (ポスター) Thulium Laserによる前立腺核出術 (ThuLEP) の初期経験. 高田治子1, 若田部陽司1, 奥野紀彦, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第31回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2017/11/17), 徳島, Japanese Journal of Endourology 2017; 30 (3): 233.

723699. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下前立腺全摘除術後のPSA再発症例における予後および後治療の長期成績. 田畑健一1, 津村秀康1, 勝又洋樹1, 天野統之1, 綿貫 翔1, 坂田裕介1, 名木渉人1, 石井大輔1, 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第31回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2017/11/17), 徳島, Japanese Journal of Endourology 2017; 30 (3): 239.

723700. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下根治的前立腺全摘除術とロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術の術後合併症. 津村秀康1, 田畑健一1, 平山貴博1, 西 盛宏1, 石井大輔1, 黒坂眞二1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第31回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2017/11/17), 徳島, Japanese Journal of Endourology 2017; 30 (3): 240.

723701. [学会 (全国)] (ポスター) 当院での腹腔鏡下腎部分切除術とロボット支援下腎部分切除術の比較. 石井大輔1, 藤田哲夫1, 小林桃子1, 勝又洋樹1, 名木渉人1, 立花貴史1, 川村瑞穂1, 松本和将1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第31回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2017/11/17), 徳島, Japanese Journal of Endourology 2017; 30 (3): 243.

723702. [学会 (全国)] (ポスター) 尿路結石治療における尿管ステントによる膀胱刺激症状の検討. 大山哲平1, 山口 聡, 徳光正行, 増井則昭, 金子茂男, 石田裕則, 水永光博, 菊地大樹, 阿部紀之 (1泌尿器): 第31回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2017/11/17), 徳島, Japanese Journal of Endourology 2017; 30 (3): 252.

723703. [学会 (全国)] (一般講演) ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術における眼圧変化の検討. 小林桃子1, 田畑健一1, 津村秀康1, 竹浪民江2, 池田哲也3, 立花貴史1, 志村壮一朗1, 師尾繁孝1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2麻酔, 3眼科): 第31回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2017/11/18), 徳島, Japanese Journal of Endourology 2017; 30 (3): 262.

723704. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下根治的腎摘除術における合併症の検討. 立花貴史1, 藤田哲夫1, 平山貴博1, 石井大輔1, 松本和将1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第31回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2017/11/18), 徳島, Japanese Journal of Endourology 2017; 30 (3): 270.

723705. [学会 (全国)] (一般講演) 褐色細胞腫に対する腹腔鏡下副腎摘除術. 平山貴博1, 藤田哲夫1, 西 盛宏1, 津村秀康1, 石井大輔1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第31回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2017/11/18), 徳島, Japanese Journal of Endourology 2017; 30 (3): 274.

723706. [学会 (全国)] (一般講演) 抗生剤選択式クリニカルパス. 古川智仁, 林 啓吾, 松岡泰平, 日橋映子, 新井美希, 松田大介1 (1泌尿器): 第18回日本クリニカルパス学会学術集会 (2017/12/2), 大阪.

723707. [学会 (全国)] (一般講演) 褐色細胞腫に対する腹腔鏡下副腎摘除術. 平山貴博1, 藤田哲夫1, 西 盛宏1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/8), 京都.

723708. [学会 (全国)] (ポスター) 当院のロボット支援腹腔鏡前立腺全摘除術における肥満の周術期成績, 合併症に対する影響の検討. 村上泰清1, 黄 英茂, 高田治子1, 若田部陽司1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第30回日本内視鏡外科学会総会 (2017/12/9), 京都.

723709. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における非血縁生体間腎移植の検討. 石井大輔1, 天野統之1, 立花貴史1, 名木渉人1, 遠藤忠雄, 野口文乃2, 池田成江1, 岩村正嗣1, 西山景子, 宮坂龍馬, 竹内康雄3, 吉田一成1,4 (1泌尿器, 2看護部, 3腎臓内, 4新世紀医療・先端医療): 第51回日本臨床腎移植学会 (2018/2/14), 神戸.

723710. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢透析患者の安全な在宅生活に関わる因子. 舘野雄貴, 伊藤 真, 若井陽希, 兵藤 透, 吉田一成1,2 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第8回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 (2018/3/17), 仙台.

731080. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 排尿ケアチーム〜当院での排尿自立指導の実際〜. 平山貴博 (泌尿器): 第13回北里泌尿器科懇話会 (2017/4/1), 東京.

731081. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 泌尿器腹腔鏡技術認定制度の現状. 岩村正嗣 (泌尿器): 第1回東京医科大学泌尿器科専門研修 (2017/7/10), 東京.

731082. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 進行性前立腺癌の薬物療法. 黒坂眞二 (泌尿器): 第9回Urology Conference in Sagamihara (2017/9/7), 相模原.

731083. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術−現在の課題と展望−. 田畑健一 (泌尿器): 日本臨床泌尿器科医会・神奈川部会 (2017/11/4), 横浜.

731084. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 密封小線源療法. 津村秀康 (泌尿器): 日本臨床泌尿器科医会・神奈川部会 (2017/11/4), 横浜.

731085. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 進行性尿路上皮癌に対する化学療法. 松本和将 (泌尿器): 第23回膀胱がん治療カンファレンス (2018/2/10), 東京.

731086. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 尿路結石治療のUP TO DATE. 石川 弥 (泌尿器): 第10回Urology Conference in sagamihara (2018/3/15), 相模原.

732059. [学会 (地方会・研究会)] (生涯学習セミナー) 薬剤師が知っておきたい泌尿器疾患・性感染症の治療の最前線「尿路感染症と性感染症」. 松本和将 (泌尿器): 平成29年度北里大学薬学部生涯学習セミナー第1回 (2017/5/27), 東京.

732060. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) 北里大学病院におけるRa-223の経験〜完遂できず死亡に至った症例〜. 津村秀康 (泌尿器): XOFIGO発売1周年記念講演会in神奈川 (2017/6/14), 横浜.

732061. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Abiraterone投与後のALPバウンス現象を検証する. 田畑健一 (泌尿器): Update on Prostate Cancer 2017 前立腺癌の議論は新たなステージへ−議論を通じて進歩は続く− (2017/7/22), 東京.

732062. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) r-TUL及び f-TULの有用性とその最適な尿路結石症例の適応選択につき検討. 別所英治1, 馬場優人, 大東貴志, 荒川 孝 (1泌尿器): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/16), 東京.

732063. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) ロボット支援腎部分切除術 (RAPN) 導入のための準備. 藤田哲夫1, 石井大輔1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/17), 東京.

732064. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) セッション「新たな視点から考える進行前立腺癌治療」M1前立腺癌における集学的治療: 局所治療と薬物療法. 田畑健一 (泌尿器): 第5回JSURT泌尿器画像診断・治療技術研究会 (2017/9/30), 京都.

732065. [学会 (地方会・研究会)] (スポンサードシンポジウム) CKDとしての腎移植管理. 吉田一成1,2 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第16回茨城県水戸地区透析医研究会 (2017/10/3), 水戸.

732066. [学会 (地方会・研究会)] (ワークショップ) 膀胱癌に対する血清epiplakinの新規腫瘍マーカーとしての有用性. 望月康平1, 松本和将1, 柳田憲吾, 佐藤雄一2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2医療衛生学部): 第2回Liquid Biopsy研究会 (2018/1/20), 東京.

732067. [学会 (地方会・研究会)] (ワークショップ) HoLEP術後に有転移前立腺癌と診断された2例. 立花貴史1, 田畑健一1, 津村秀康1, 石井大輔1, 平山貴博1, 西 盛宏1, 松本和将1, 藤田哲夫1, 吉田一成1,2, 設楽敏也, 杉田佳子, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 相模原前立腺癌Conference (2018/2/16), 相模原.

7320668. [学会 (地方会・研究会)] (ワークショップ) CRPC治療と課題. 望月康平1, 宇都宮拓治, 黒坂眞二1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 相模原前立腺癌Conference (2018/2/16), 相模原.

733237. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 急性腎後性腎不全をきたしたNon-Neurogenic Lower Urinary Tract Dysfunction合併ダウン症の1乳児例. 西 盛宏1, 石井大輔1, 立花貴史1, 萩原正博1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第13回北里泌尿器科懇話会 (2017/4/1), 東京, 神奈川医学会雑誌 2017; 44 (2): 120.

733238. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 子宮及び膀胱全摘除術に至った膀胱膣瘻の一例. 綿貫 翔1, 田岡佳憲1, 南田 諭1, 高口 大1, 三木明徳2 (1泌尿器, 2産科): 第13回北里泌尿器科懇話会 (2017/4/1), 東京.

733239. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 性器ヘルペス罹患後尿閉をきたした一例. 坂田裕介1, 池田勝臣1, 山下英之1, 高嶋力弥, 入江 啓1 (1泌尿器): 第13回北里泌尿器科懇話会 (2017/4/1), 東京.

733240. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 外科的尿路再建を要した腎移植の検討. 石井大輔1, 吉田一成1,2, 川村瑞穂1, 立花貴史1, 西 盛宏1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第14回泌尿器科再建再生研究会 (2017/6/3), 東京.

733241. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 片側尿管瘤・拡張尿管, 両側膀胱尿管逆流を有する完全重複腎盂尿管に対する気膀胱下膀胱尿管新吻合術. 西 盛宏1, 平山貴博1, 石井大輔1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第14回泌尿器科再建再生研究会 (2017/6/3), 東京.

733242. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院でのミゾリビン使用の現状. 立花貴史1, 石井大輔1, 本間友香理2, 川村瑞穂1, 若井陽希, 松本和将1, 岩村正嗣1, 竹内康雄2, 吉田一成1,3 (1泌尿器, 2腎臓内, 3新世紀医療・先端医療): 第29回腎移植免疫療法セミナー (2017/6/10), 京都.

733243. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 前立腺がん治療薬の進歩〜CRPC患者における地域連携の実際. 田畑健一 (泌尿器): ICHIHARA Prostate Cancer Seminar (2017/6/15), 千葉.

733244. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 尿管瘤内結石の一例. 天野統之1, 安藤繭美1, 石川 弥1, 丸 典夫, 名木渉人1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第92回神奈川県泌尿器科医会 (2017/6/24), 相模原, 神奈川医学会雑誌 2017; 44 (2): 119-20.

733245. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 副腎孤立性転移で再発した膀胱癌の一例. 村上泰清1, 黄 英茂, 高田治子1, 若田部陽司1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第92回神奈川県泌尿器科医会 (2017/6/24), 相模原, 神奈川医学会雑誌 2017; 44 (2): 120.

733246. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 診断, 治療に苦慮した会陰部横紋筋肉腫の一例. 小林桃子1, 石井大輔1, 綿貫 翔1, 川村瑞穂1, 萩原正博1, 平山貴博1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第92回神奈川県泌尿器科医会 (2017/6/24), 相模原, 神奈川医学会雑誌 2017; 44 (2): 121.

733247. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 前立腺膿瘍に対し経尿道的開窓術を施行した1例. 望月康平1, 黒坂眞二1, 宇都宮拓治, 石井大輔1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第92回神奈川県泌尿器科医会 (2017/6/24), 相模原, 神奈川医学会雑誌 2017; 44 (2): 122.

733248. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 診断に苦慮した腎後性腎不全の一例. 高田治子1, 若田部陽司1, 奥野紀彦, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第92回神奈川県泌尿器科医会 (2017/6/24), 相模原.

733249. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 高位精巣摘除術後2年で反対側精巣にのみ再発を認めたセミノーマの1症例. 山田泰史1, 平井祥司, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第92回神奈川県泌尿器科医会 (2017/6/24), 相模原.

733250. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腎温存手術を施行した尿管癌の症例. 村上泰清1, 黄 英茂 (1泌尿器): 第18回横須賀ウロエリアミーティング (2017/7/5), 横須賀.

733251. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 密封小線源療法における血中循環腫瘍細胞の研究. 津村秀康 (泌尿器): 第4回FDPC (2017/7/7), 東京.

733252. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 有転移前立腺癌における局所治療の意義 (推奨グレードC2!). 田畑健一 (泌尿器): 第4回FDPC (2017/7/7), 東京.

733253. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 有転移癌に対する局所療法 (手術, 放射線療法) の有用性. 田畑 健一 (泌尿器): 第24回東京前立腺癌フォーラム (2017/9/2), 千代田.

733254. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 腎移植: チーム医療の典型としての腎不全治療法. 吉田一成1,2 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第38回滋賀腎・透析研究会 (2017/9/10), 滋賀, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 674.

733255. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 当院における尿管癌に対する尿管部分切除術の検討. 村上泰清1, 黄 英茂, 若田部陽司1, 高田治子1, 土橋正人1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/16), 東京.

733256. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 尿閉を伴う前立腺肥大症症例に対する経尿道的前立腺核出術 (HoLEP) の経験. 平山貴博1, 松本和将1, 設楽敏也, 立花貴史1, 川村瑞穂1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/16), 東京.

733257. [学会 (地方会・研究会)] (デジタルポスター) 経尿道的開窓術が有効であった前立腺膿瘍の1例. 望月康平1, 黒坂眞二1, 津村秀康1, 田畑健一1, 石井大輔1, 宇都宮拓治, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/16), 東京.

733258. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Dual energy CTによる尿路結石成分の物質弁別についての検討〜Part1: ex vivoでの解析. 阿部紀之, 山口 聡, 大山哲平1, 徳光正行, 増井則昭, 石田裕則, 金子茂男, 水永光博, 菊地大樹, 柿崎秀宏 (1泌尿器): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/16), 東京.

733259. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Dual energy CTによる尿路結石成分の物質弁別についての検討〜Part2: in vivoでの解析. 菊地大樹, 山口 聡, 大山哲平1, 徳光正行, 増井則昭, 金子茂男, 石田裕則, 水永光博, 阿部紀之, 柿崎秀宏 (1泌尿器): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/16), 東京.

733260. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) ロボット支援腎部分切除術 (RAPN) 導入のための準備. 藤田哲夫1, 石井大輔1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/17), 東京.

733261. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 血液透析患者の難治性二次性副甲状腺機能亢進症を伴う骨粗鬆症症例に対するデノスマブの効果. 兵藤 透, 石井大輔1, 若井陽希, 竹川勝治, 遠藤忠雄, 馬場志郎, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/17), 東京.

733262. [学会 (地方会・研究会)] (デジタルポスター) 腎移植後の尿管狭窄に対して自己腎盂を利用した尿路再建の2例. 石井大輔1, 立花貴史1, 川村瑞穂1, 平山貴博1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 若井陽希1, 吉田一成1,2, 小俣二也, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/17), 東京.

733263. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学・関連施設における去勢抵抗性前立腺癌に対するアビラテロンとエンザルタミドの逐次治療の検討. 田畑健一1, 津村秀康1, 名木渉人1, 小林健太郎, 望月康平1, 黒坂眞二1, 宇都宮拓治, 村上泰清1, 黄 英茂, 平野修平1, 前山良太1, 松田大介1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/17), 東京.

733264. [学会 (地方会・研究会)] (デジタルポスター) 腎盂原発印環細胞癌の1例. 勝又洋樹1, 平山貴博1, 小林桃子1, 石井大輔1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/17), 東京.

733265. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 当院における骨転移性去勢抵抗性前立腺癌に対するラジウム-223の初期治療経験. 小林桃子1, 津村秀康1, 田畑健一1, 勝又洋樹1, 名木渉人1, 川上正悟2, 志村壮一朗1, 石山博條2, 立花貴史1, 佐藤威文1, 早川和重2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/17), 東京.

733266. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 北里大学・関連施設における去勢抵抗性前立腺癌に対するアビラテロンの予後因子の検討. 天野統之1, 田畑健一1, 小林桃子1, 安藤繭美1, 石川 弥1, 丸 典夫, 坂田裕介1, 池田勝臣1, 山下英之1, 入江 啓1, 山田泰史1, 平井祥司, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/17), 東京.

733267. [学会 (地方会・研究会)] (デジタルポスター) 北里大学・関連施設における去勢抵抗性前立腺癌に対するエンザルタミドの予後因子の検討. 高田治子1, 田畑健一1, 若田部陽司1, 大山哲平1, 奥野紀彦, 綿貫 翔1, 南田 諭1, 田岡佳憲1, 高口 大1, 土橋正人1, 石井淳一郎, 藤城貴教, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/17), 東京.

733268. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 膀胱全摘除術標本におけるCD155発現の臨床的意義の検討. 萩原正博1, 松本和将1, 志村壮一朗1, 名木渉人1, 田岡佳憲1, 西 盛宏1, 田畑健一1, 佐藤雄一2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2医療衛生学部): 第82回日本泌尿器科学会東部総会 (2017/9/17), 東京.

733269. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 下大静脈浸潤を認めた後腹膜平滑筋肉腫の一例. 綿貫 翔1, 津村秀康1, 立花貴史1, 志村壮一朗1, 平山貴博1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 岩村正嗣1, 美島利昭2, 隈元雄介3 (1泌尿器, 2心臓血管外, 3一般・小児・肝胆膵外): 第56回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2017/9/21), 横浜.

733270. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 各施設からの現状報告. 石井大輔 (泌尿器): 第4回全国臓器移植医療支援部門講演会 (2017/9/30), 横浜.

733271. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院におけるirAEチームマネジメントについて. 藤田哲夫 (泌尿器): 神奈川腎細胞がん Immuno Oncology Seminar (2017/10/13), 横浜.

733272. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 膀胱全摘後の残存尿管再発, 皆さんどうしてますか? 師尾繁孝1, 萩原正博1, 南田 諭1, 田岡佳憲1 (1泌尿器): 第14回北里泌尿器科懇話会 (2017/10/28), 東京.

733273. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 診断に苦慮した症例. 川村瑞穂1, 山下英之1, 池田勝臣1, 入江 啓1 (1泌尿器): 第14回北里泌尿器科懇話会 (2017/10/28), 東京.

733274. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 膀胱異物の一例. 志村壮一朗1, 安藤繭美1, 石川 弥1, 丸 典夫 (1泌尿器): 第14回北里泌尿器科懇話会 (2017/10/28), 東京.

733275. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 手術加療を行った下大静脈腫瘍塞栓合併腎盂癌の1例. 村上泰清1, 黄 英茂, 高田治子1, 若田部陽司1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第93回神奈川県泌尿器科医会 (2017/11/4), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2018; 45 (1): 101.

733276. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 腎癌との鑑別が困難であった尿路上皮癌の一例. 志村壮一朗1, 丸 典夫, 安藤繭美1, 石川 弥1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第93回神奈川県泌尿器科医会 (2017/11/4), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2018; 45 (1): 101.

733277. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 尿管鏡検査が治療計画に有用であった複数個所の尿管狭窄を有する水腎症の1例. 坂田裕介1, 西 盛宏1, 石井大輔1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第93回神奈川県泌尿器科医会 (2017/11/4), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2018; 45 (1): 102.

733278. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 無治療経過観察で長期生存を得た精巣鞘膜悪性中皮腫の1例. 土橋正人1, 高口 大1, 金綱友木子, 五十嵐正道, 石井淳一郎 (1泌尿器): 第69回日本泌尿器科学会西日本総会 (2017/11/9-12), 大分.

733279. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) giant cell variantを含む尿管癌の一例. 師尾繁孝1, 田岡佳憲1, 南田 論1, 萩原正博1 (1泌尿器): 第77回日本泌尿器科学会埼玉地方会 (2017/11/11), 埼玉県.

733280. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 糖尿病性腎症に対する腎移植の臨床的検討. 宮坂竜馬, 石井大輔1, 本間友香里2, 川村瑞穂1, 立花貴史1, 林 哲範3, 井村夕姫4, 野口文乃4, 吉田朋子5, 岩村正嗣1, 竹内康雄2, 吉田一成1,6 (1泌尿器, 2腎臓内, 3内分泌代謝内, 4看護部, 5栄養部, 6新世紀医療・先端医療): 第94回神奈川腎研究会・第33回神奈川県透析施設連絡協議会 合同研究会 (2017/11/19), 横浜.

733281. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 前立腺癌の薬物療法: 新たなる潮流. 田畑健一 (泌尿器): 相模原CRPCセミナー2017 (2017/11/30), 横浜.

733282. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 尿管癌に対する化学療法により病勢変化を認めた皮膚筋炎の1例. 平山貴博 (泌尿器): 第15回神奈川泌尿器科学研究会 (2017/12/1), 横浜.

733283. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 前置換On-LineHDFとHDでの体内アミノ酸抑制効果の検討. 加藤基子, 細野高志, 浦辺俊一郎, 栗井阿佐美, 檜山英巳, 兵藤 透, 北村 真, 飛田美穂, 倉田康久, 北島幸枝, 石井大輔1, 吉田一成1,2, 小久保謙一 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第8回腎不全研究会 (2017/12/9), 東京.

733284. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腎移植医療のチーム構成: 腎リハビリテーションの重要性. 吉田一成1,2 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第57回大阪腎移植病理組織研究会 (2017/12/15), 兵庫.

733285. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 精巣上体N胞を契機に診断された直腸癌再発の一例. 小林桃子1, 津村秀康1, 立花貴史1, 勝又洋樹1, 平山貴博1, 田畑健一1, 石井大輔1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第57回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2018/2/8), 横浜.

733286. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術後の排尿・性機能関連QOLの検討. 田畑健一1, 津村秀康1, 平山貴博1, 松本和将1, 志村 哲, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第28回日本性機能学会東部総会 (2018/2/24), 横浜.

733287. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 腎移植前後の内科的合併症に対する集学的治療. 吉田一成1,2 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 大和市医師会内科医会学術講演会 (2018/2/26), 大和, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 674.


眼科学

[学術論文]

110250. [原著] The prevalence and types of strabismus, and average of stereopsis in Japanese adults. Goseki T1, Ishikawa H2: Jpn J Ophthalmol 2017/5; 61 (3): 280-5. (後関利明1, 石川 均2: 1眼科, 2医療衛生学部)

110251. [原著] Reproducibility and Normative Values of the Parameters of a New Hand-Held Digital Pupillometer. Asakawa K1, Ishikawa H1: J Clin Exp Ophthalmol 2017/5; 8: 654. doi: 10.4172/2155-9570.1000654. (浅川 賢1, 石川 均1: 1医療衛生学部)

110252. [原著] Diagnostic Ability and Repeatability of a New Supra-Threshold Glaucoma Screening Program in Standard Automated Perimetry. Takahashi N1, Hirasawa K2, Hoshina M1, Kasahara M1, Matsumura K1, Shoji N1: Transl Vis Sci Technol 2017/5; 6 (3): 7. (高橋夏実1, 平澤一法2, 保科美希1, 笠原正行1, 松村一弘1, 庄司信行1: 1眼科, 2医療衛生学部)

110253. [原著] Twelve-Year Follow-Up of Laser In Situ Keratomileusis for Moderate to High Myopia. Ikeda T1, Shimizu K1, Igarashi A1, Kasahara S1, Kamiya K2: Biomed Res Int 2017/5; 2017: 9391436. (池田哲也1, 清水公也1, 五十嵐章史1, 笠原純恵1, 神谷和孝2: 1眼科, 2医療衛生学部)

110254. [原著] Using CorvisST tonometry to assess glaucoma progression. Matsuura M1, Hirasawa K2, Murata H, Nakakura S, Kiuchi Y, Asaoka R: PLoS One 2017/5; 12 (5): e0176380. (松浦将人1, 平澤一法2: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部)

110255. [原著] Theoretical study on the need for laser iridotomy in an implantable collamer lens with a hole using computational fluid dynamics. Kawamorita T1, Shimizu K2, Shoji N2: Eye (Lond) 2017/5; 31 (5):795-801. (川守田拓志1, 清水公也2, 庄司信行2: 1医療衛生学部, 2眼科)

110256. [原著] New Mydriasis-Free Electroretinogram Recorded with Skin Electrodes in Healthy Subjects. Asakawa K1, Amino K, Iwase M, Kusayanagi Y, Nakamura A, Suzuki R, Yuuki T2, Ishikawa H1: Biomed Res Int 2017/6; 2017: 8539747. (浅川 賢1, 結城岳志2, 石川 均1: 1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科)

110257. [原著] Diagnostic capability of Pulsar perimetry in pre-perimetric and early glaucoma. Hirasawa K1, Takahashi N2, Matsumura K2, Kasahara M2, Shoji N2: Sci Rep 2017/6; 7 (1): 3293. (平澤一法1, 高橋夏実2, 松村一弘2, 笠原正行2, 庄司信行2: 1医療衛生学部, 2眼科)

110258. [原著] Association between corneal biomechanical properties with Ocular Response Analyzer and also CorvisST tonometry, and glaucomatous visual field severity. Hirasawa K1, Matsuura M2, Murata H, Nakakura S, Nakao Y, Kiuchi Y, Asaoka R: Translational Vision Science & Technology 2017/6; 6 (3): 18. (平澤一法1, 松浦将人2: 1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科)

110259. [原著] Comparison of Size Modulation Standard Automated Perimetry and Conventional Standard Automated Perimetry with a 10-2 Test Program in Glaucoma Patients. Hirasawa K1, Takahashi N2, Satou T, Kasahara M2, Matsumura K2, Shoji N2: Curr Eye Res 2017/8; 42 (8): 1160-8. (平澤一法1, 高橋夏実2, 笠原正行2, 松村一弘2, 庄司信行2: 1医療衛生学部, 2眼科)

110260. [原著] Effects of ocular and systemic factors on the progression of glaucomatous visual field damage in various sectors. Asaoka R1, Murata H1, Fujino Y1, Hirasawa K1,2, Tanito M1, Mizoue S1, Mori K1, Suzuki K1, Yamashita T1, Kashiwagi K1, Miki A1, Shoji N1,3 (1Japanese Archive of Multicentral Databases in Glaucoma (JAMDIG) construction group): Br J Ophthalmol 2017/8; 101 (8): 1071-5. (平澤一法1,2, 庄司信行1,3: 2医療衛生学部, 3眼科)

110261. [原著] Conjunctival Bacteria Flora of Glaucoma Patients During Long-Term Administration of Prostaglandin Analog Drops. Ohtani S1, Shimizu K, Nejima R1, Kagaya F, Aihara M, Iwasaki T, Shoji N1, Miyata K: Invest Ophthalmol Vis Sci 2017/8; 58 (10): 3991-6. (大谷伸一郎1, 子島良平1, 庄司信行1: 1眼科)

110262. [原著] Relationship between corneal and ocular higher order wavefront abberations and age in children. Saito A1, Ito M2,3, Kawamorita T4, Shimizu K3: Optical Review 2017/8; 24 (4): 505-9. (齋藤 彩1, 伊藤美沙絵2,3, 川守田拓志4, 清水公也3: 1眼科, 2国際医療福祉大, 3山王病院, 4医療衛生学部)

110263. [原著] The Effect of Ocular Dominance on Accommodation and Miosis under Binocular Open Viewing Conditions. Fujimura F1, Handa T1, Kawamorita T1, Shoji N2: OJOph 2017/8; 7 (3): 158-66. (藤村芙佐子1, 半田知也1, 川守田拓志1, 庄司信行2: 1医療衛生学部, 2眼科)

110264. [原著] Influence of corneal power on circumpapillary retinal nerve fiber layer and optic nerve head measurements by spectral-domain optical coherence tomography. Hirasawa K1, Shoji N2: Int J Ophthalmol 2017/9; 10 (9): 1385-91. (平澤一法1, 庄司信行2: 1医療衛生学部, 2眼科)

110265. [原著] Nationwide epidemiological survey of Leber hereditary optic neuropathy in Japan. Ueda K, Morizane Y, Shiraga F, Shikishima K, Ishikawa H1, Wakakura M, Nakamura M: J Epidemiol 2017/9; 27 (9): 447-50. (石川 均1: 1医療衛生学部)

110266. [原著] Prediction of intraocular lens position based on crystalline lens shape measured using anterior segment optical coherence tomography. Tsunehiro S1, Shimizu K1, Shoji N1, Hiro-Oka H, Furukawa H: Kitasato Med J 2017/9; 47 (2): 110-7. (常廣俊太郎1, 清水公也1, 庄司信行1: 1眼科)

110267. [原著] Monovision by Implantation of Posterior Chamber Phakic Intraocular Lens with a Central Hole (Hole ICL) for Early Presbyopia. Kamiya K1, Takahashi M2, Takahashi N2, Shoji N2, Shimizu K2: Sci Rep 2017/9; 7 (1): 11302. (神谷和孝1, 高橋正英2, 高橋夏実2, 庄司信行2, 清水公也2: 1医療衛生学部, 2眼科)

110268. [原著] A Multicenter Retrospective Survey of Refractive Surgery in 78,248 Eyes. Kamiya K1,2, Igarashi A1, Hayashi K1, Negishi K1, Sato M1, Bissen-Miyajima H1 (1Survey Working Group of the Japanese Society of Cataract and Refractive Surgery): J Refract Surg 2017/9; 33 (9): 598-602. (神谷和孝1,2: 2医療衛生学部)

110269. [原著] Long-term effects of cataract surgery with topical levofloxacin on ocular bacterial flora. Ono T1, Nejima R1,2, Iwasaki T1, Mori Y1,2, Noguchi Y1, Yagi A1, Hanaki H3, Miyata K1: J Cataract Refract Surg 2017/9; 43 (9): 1129-34. (子島良平1,2, 森 洋斉1,2, 花木秀明3: 1宮田眼科病院, 2眼科, 3北里生命科学研究所)

110270. [原著] Evaluation of refractive correction for standard automated perimetry in eyes wearing multifocal contact lenses. Hirasawa K1, Ito H, Ohori Y, Takano Y, Shoji N2: Int J Ophthalmol 2017/10; 10 (10): 1559-65. (平澤一法1, 庄司信行2: 1医療衛生学部, 2眼科)

110271. [原著] Pupil Dynamics Induced by Light Reflex After Posterior Chamber Phakic Intraocular Lens Implantation. Totsuka K1, Ishikawa H2, Kamiya K2, Shoji N1, Shimizu K1: J Refract Surg 2017/10; 33 (10): 704-7. (戸塚和子1, 石川 均2, 神谷和孝2, 庄司信行1, 清水公也1: 1眼科, 2医療衛生学部)

110272. [原著] Visual prognosis better in eyes with less severe reduction of visual acuity one year after onset of Leber hereditary optic neuropathy caused by the 11,778 mutation. Mashima Y1,2, Kigasawa K1,2, Shinoda K1,3, Wakakura M4, Oguchi Y1: BMC Ophthalmol 2017/10; 17 (1): 192. (真島行彦1,2, 気賀沢一輝1,2, 篠田 啓1,3, 若倉雅登4, 小口芳久1: 1慶應義塾大学, 2杏林アイセンター, 3埼玉医科大学, 4井上眼科病院)

110273. [原著] Comparison of corneal endothelial cell density and morphology after posterior chamber phakic intraocular lens implantation with and without a central hole. Goukon H1, Kamiya K2, Shimizu K3,4, Igarashi A3,4: Br J Ophthalmol 2017/11; 101 (11): 1461-5. (郷右近博康1, 神谷和孝2, 清水公也3,4, 五十嵐章史3,4: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3眼科, 4山王病院アイセンター)

110274. [原著] Goldmann V Standard Automated Perimetry Underestimates Central Visual Sensitivity in Glaucomatous Eyes with Increased Axial Length. Yanagisawa M, Murata H, Matsuura M1, Fujino Y, Hirasawa K2, Asaoka R: Translational Vision Science & Technology 2017/10; 6 (5): 13. (松浦将人1, 平澤一法2: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部)

110275. [原著] Effect of Scattering and Aberrations on Visual Acuity for Band Keratopathy. Kamiya K1, Kobashi H, Takahashi M2, Shoji N2, Shimizu K3: Optom Vis Sci 2017/11; 94 (11): 1009-14. (神谷和孝1, 高橋正英2, 庄司信行2, 清水公也3: 1医療衛生学部, 2眼科, 3山王病院)

110276. [原著] Investigating the usefulness of a cluster-based trend analysis to detect visual field progression in patients with open-angle glaucoma. Aoki S, Murata H, Fujino Y, Matsuura M, Miki A, Tanito M, Mizoue S, Mori K, Suzuki K, Yamashita T, Kashiwagi K, Hirasawa K1, Shoji N2, Asaoka R: Br J Ophthalmol 2017/12; 101 (12): 1658-65. (平澤一法1, 庄司信行2: 1医療衛生学部, 2眼科)

110277. [原著] Factors Influencing Visual Acuity in Fuchs' Endothelial Corneal Dystrophy. Kobashi H1,2, Kamiya K3, Shimizu K2 (1Schepens Eye Research Institute Massachusetts Eye and Ear Infirmary Department of Ophthalmology Harvard Medical School): Optom Vis Sci 2018/1; 95 (1): 21-6. (小橋英長1,2, 神谷和孝3, 清水公也2: 2眼科, 3医療衛生学部)

110278. [原著] Predictability of Intraocular Lens Power Calculation for Cataract with Keratoconus: A Multicenter Study. Kamiya K1, Iijima K2, Shoji N2, Mori Y2, Miyata K, Yamaguchi T, Shimazaki J, Watanabe S, Maeda N: Sci Rep 2018/1; 8 (1): 1312. (神谷和孝1, 飯島 敬2, 庄司信行2, 森 洋斉2: 1医療衛生学部, 2眼科)

110279. [原著] Impact of Forward and Backward Scattering and Corneal Higher-Order Aberrations on Visual Acuity after Penetrating Keratoplasty. Kobashi H1, Kamiya K2, Shimizu K1: Semin Ophthalmol 2018; 33 (6): 748-56. doi: 10.1080/08820538.2018.1427767. Epub 2018 Jan 16. (小橋英長1, 神谷和孝2, 清水公也1: 1眼科, 2医療衛生学部)

110280. [原著] Posterior chamber phakic intraocular lens implantation: comparative, multicentre study in 351 eyes with low-to-moderate or high myopia. Kamiya K1, Shimizu K2, Igarashi A2, Kitazawa Y, Kojima T, Nakamura T, Oka Y, Matsumoto R: Br J Ophthalmol 2018/2; 102 (2): 177-81. (神谷和孝1, 清水公也2, 五十嵐章史2: 1医療衛生学部, 2眼科)

110281. [原著] The Effect of Monocular Blur on the Binocular Visual Field. Fujimura F1, Shoji N2: Open Journal of Ophthalmology 2018/2; 8 (1): 12-7. (藤村芙佐子1, 庄司信行2: 1医療衛生学部, 2眼科)

110282. [原著] Comparison between Amblyopia Treatment with Glasses Only and Combination of Glasses and Open-Type Binocular ""Occlu-Pad"" Device. Iwata Y1, Handa T2, Ishikawa H2, Goseki T3, Shoji N3: Biomed Res Int 2018/2; 2018: 2459696. (岩田 遥1, 半田知也2, 石川 均2, 後関利明3, 庄司信行3: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3眼科)

110283. [原著] Two-years results of small-incision lenticule extraction and wavefront-guided laser in situ keratomileusis for Myopia. Kobashi H1, Kamiya K2, Igarashi A1, Takahashi M1, Shimizu K1: Acta Ophthalmol 2018/3; 96 (2): e119-26. (小橋英長1, 神谷和孝2, 五十嵐章史1, 高橋正英1, 清水公也1: 1眼科, 2医療衛生学部)

110284. [原著] Efficacy of predetermined therapeutic measures against bleb‐related infection in the Collaborative Bleb‐related Infection Incidence and Treatment Study. Shoji N1, Arakaki Y, Nakamoto K, Yamamoto T, Kuwayama Y; Collaborative Bleb-related Infection Incidence and Treatment Study Group: Acta Ophthalmol 2018/3; 96 (2): e229-36. (庄司信行1: 1眼科)

110285. [原著] Diagnosis and treatment of anti-myelin oligodendrocyte glycoprotein antibody positive optic neuritis. Kezuka T, Ishikawa H1: Jpn J Ophthalmol 2018/3; 62 (2): 101-8. (石川 均1: 1医療衛生学部)

110286. [原著] Outcomes of bee sting injury: comparison of hornet and paper wasp. Ono T1, Iida M1, Mori Y1,2, Nejima R1,2, Iwasaki T1, Amano S, Miyata K1: Jpn J Ophthalmol 2018/3; 62 (2): 221-5. (森 洋斉1,2, 子島良平1,2: 1宮田眼科病院, 2眼科)

110287. [原著] Analysis of Pupillary Light Reflex for the Estimation of Ventilatory Threshold During Exercise. Yoshida S, Hoshikawa H, Ishikawa H1: 神経眼科 2018/3; 35 (1): 105-14. (石川 均1: 1医療衛生学部)

110288. [原著] Evaluating the Usefulness of MP-3 Microperimetry in Glaucoma Patients. Matsuura M1,2, Murata H1, Fujino Y1, Hirasawa K1,3,4, Yanagisawa M1, Asaoka R1: Am J Ophthalmol 2018/3; 187: 1-9. (松浦将人1,2, 平澤一法1,3,4: 1東大, 2大学院医療系研究科, 3Moorfields Eye Hospital, 4眼科)

120032. [原著] Leber遺伝性視神経症における限界フリッカ値と視機能についての検討. 高橋洋平1,2, 山上明子1, 井上賢治1, 若倉雅登1 (1井上眼科病院, 2東京女子医科大学): 神経眼科 2017/7; 34 (2): 156-60.

120033. [原著]【学会原著: 第70回日本臨床眼科学会講演集 (5)】IOL固定困難症例に対するSulcus-Subcapsular fixationの術後屈折誤差の検討. 石田 暁1, 飯田嘉彦1, 佐藤信之1,2, 辻沢辰彦1,3, 清水公也4, 庄司信行1 (1眼科, 2北里大学メディカルセンター眼科, 3東芝林間病院眼科, 4山王病院アイセンター): 臨床眼科 2017/7; 71 (7): 1013-7.

120034. [原著]【学会原著: 第70回日本臨床眼科学会講演集 (6)】超音波生体顕微鏡を使用したヒト水晶体, チン小帯, 毛様体皺襞部の観察. 馬嶋清如1, 市川 慶2, 酒井幸弘3, 内藤尚久3, 磯谷尚輝4, 片岡嵩博4, 中村友昭4, 市川一夫3 (1眼科明眼院, 2岐阜日赤病院眼科, 3中京眼科, 4名古屋アイクリニック): 臨床眼科 2017/8; 71 (8): 1173-83.

120035. [原著]【学会原著: 第70回日本臨床眼科学会講演集 (6)】白内障眼におけるIOLMasterメ700の測定精度・信頼度及び術後屈折誤差. 斎藤 彩1, 飯田嘉彦1, 矢ノ目京平, 庄司信行1 (1眼科): 臨床眼科 2017/8; 71 (8): 1191-6.

120036. [原著] 不同視弱視における対光反射の左右差に関する研究. 戸塚 悟1, 石川 均2, 後関利明1, 浅川 賢2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 眼科臨床紀要 2017/8; 10 (8): 646-50.

120037. [原著]【学会原著: 第70回日本臨床眼科学会講演集 (7)】白内障眼における光学式眼軸長測定装置の比較. 矢ノ目京平, 飯田嘉彦1, 庄司信行1 (1眼科): 臨床眼科 2017/9; 71 (9): 1389-92.

120038. [原著]【学会原著: 第70回日本臨床眼科学会講演集 (7)】アイトラッカーを用いた視運動性眼振の緩徐相速度の評価. 鈴木賢治1, 新井田孝裕1,2, 原 直人1, 藤山由紀子1 (1国際医療福祉大学, 2眼科): 臨床眼科 2017/9; 71 (9): 1407-13.

120039. [原著] 周術期における点眼治療戦略: 常在菌をいかに制御すべきか? 子島良平1,2 (1宮田眼科病院, 2眼科): あたらしい眼科 2017/9; 34 (9): 1251-5.

120040. [原著] 0.1%ブロムフェナクナトリウム点眼液のNd: YAGレーザー後N切開術後の炎症抑制効果. 小溝崇史1, 寺田裕紀子2, 森 洋斉1,3, 子島良平1,3, 宮田和典1 (1宮田眼科病院, 2東京都健康長寿医療センター, 3眼科): あたらしい眼科 2017/9; 34 (9): 1318-22.

120041. [原著] 角膜移植後に外傷により創口離開した症例の検討. 小野 喬1, 森 洋斉1, 子島良平1, 安楽陽子1, 天野史郎2, 宮田和典1 (1宮田眼科病院, 2井上眼科病院): あたらしい眼科 2018/2; 35 (2): 253-7.

120042. [原著] 高齢発症のレーベル遺伝性視神経症14症例の検討. 岩佐真弓1,2, 塩川美菜子1, 山上明子1,2, 井上賢治1, 若倉雅登1 (1井上眼科病院, 2眼科): 神経眼科 2018/3; 35 (1): 55-8.

120043. [原著] 前方偏位した支持部を有したトーリック眼内レンズの術後長期安定性. 森 洋斉1,2, 小野 喬1, 高田慶太1, 南慶一郎1, 宮田和典1 (1宮田眼科病院, 2眼科): IOL&RS 2018/3; 32 (1): 85-9.

320034. [症例報告] 診断に苦慮した小児視神経症の1例. 皆川友憲1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 神経眼科 2017/7; 34 (2): 177-82.

320035. [症例報告] 弱視治療を行ったTreacher Collins syndromeの1例. 小野里規子1, 原 直人1,2, 藤山由紀子2, 新井田孝裕1,2,3 (1国際医療福祉大学病院, 2国際医療福祉大学, 3眼科): 眼科 2017/8; 59 (8): 835-41.

320036. [症例報告] 硝子体手術後に発症した斜視の3症例. 杉原瑶子1,2, 三田 覚3, 岩佐真弓1,4, 山上明子1,4, 若倉雅登1, 井上賢治1 (1井上眼科病院, 2東京女子医科大学, 3東小金井駅前眼科, 4眼科): 神経眼科 2018/3; 35 (1): 64-70.

520015. [総説] 2016年度JSCRS会員アンケート. 佐藤正樹1, 林  研2, 根岸一乃3, 神谷和孝4, ビッセン宮島弘子5 (1サトウ眼科, 2林眼科病院, 3慶応義塾大学, 4医療衛生学部, 5JSCRS理事長 (東京歯科大学水道橋病院)): IOL&RS 2017/9; 31 (3): 411-27.

520016. [総説] 抗腫瘍薬による眼障害−近年の報告を中心に. 柏木広哉1,2 (1静岡県立静岡がんセンター, 2眼科): 眼薬理 2017/9; 31: 12-9.

520017. [総説] 緑内障の診断と治療. 庄司信行 (眼科): 北里医学 2017/12; 47 (2): 109-34.

520018. [総説]【専門医制度・生涯教育講座】総説73 視野検査法. 庄司信行 (眼科): 日本眼科学会雑誌 2018/1; 122 (1): 67-79.

520019. [総説] 有水晶体眼内レンズ. 神谷和孝 (医療衛生学部): IOL&RS 2018/3; 32 (1): 61-72.

521012. [解説]【トピックス】屈折矯正手術後の再近視化のメカニズム. 森 洋斉1,2 (1宮田眼科医院, 2眼科): 眼科手術 2017/4; 30 (2): 285-8.

521013. [解説] Refractive Lens Exdhange. 神谷和孝 (医療衛生学部): IOL&RS 2017/9; 31 (3): 447-50.

521014. [解説]【コンサルテーションコーナー】エキスパートに聞く. 森 洋斉1,2, 後藤憲仁3, 飯田嘉彦2, 荒井宏幸4 (1宮田眼科病院, 2眼科, 3獨協医科大学眼科学教室, 4みなとみらいアイクリニック): IOL&RS 2017/9; 31 (3): 490-4.

521015. [解説] スポットビジョンスクリーナー. 後関利明1, 安城菜緒2, 林 思音3, 越地理沙子1 (1眼科, 2ウェルチ・アレン・ジャパン (株), 3山形大学): 神経眼科 2017/10; 34 (3): 374-81.

521016. [解説]【今月の表紙: 第34回眼科写真展から9】成人発症型卵黄様黄斑ジストロフィ. 永野幸一1, 鈴木康之 (1眼科): 臨床眼科 2017/12; 71 (13): 1778.

521017. [解説]【コンサルテーションコーナー】エキスパートに聞く. 國重智之, 飯田嘉彦1, 柴 琢也2, 須藤史子3, 塙本 宰4 (1眼科, 2東京慈恵会医科大学, 3東京女子医科大学東医療センター, 4小沢眼科内科病院): IOL&RS 2017/12; 31 (4): 681-6.

521018. [解説]【最新機器レポート】Cyclophorometer. 後関利明 (眼科): 神経眼科 2018/3; 35 (1): 97-103.

521019. [解説]【白内障・屈折手術の論点】着色眼内レンズの再考: 着色眼内レンズ選択のすすめ. 市川一夫1,2 (1中京眼科視覚研究所, 2眼科): IOL&RS 2018/3; 32 (1): 102-8.

522125. [講座]【セミナー】8. 外転神経麻痺. 後関利明 (眼科): あたらしい眼科 2017/4; 34 (4): 527-8.

522126. [講座] 新しい瞳孔・調節検査. 浅川 賢1, 石川 均1 (1医療衛生学部): 日本の眼科 2017/4; 88 (4): 19-23.

522127. [講座]【特集: 瞳孔のマネージメント】瞳孔と高機能眼内レンズ. 川守田拓志 (医療衛生学部): IOL&RS 2017/6; 31 (2): 221-7.

522128. [講座]【特集: 知性をより広く, 深く】「見ていれば, 見えてくるもの」〜日本神経眼科学会とともに40年〜. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 神経眼科 2017/7; 34 (2): 130-8.

522129. [講座] 軽度・非進行性円錐角膜に対するトーリック眼内レンズ. 神谷和孝 (医療衛生学部): 眼科手術 2017/7; 30 (3): 463-6.

522130. [講座]【特集: 初診外来担当医に知っておいてほしい眼窩疾患】眼窩悪性腫瘍の診断と治療. 柏木広哉1,2 (1静岡県立静岡がんセンター, 2眼科): OCULISTA 2017/7; 52: 35-43.

522131. [講座]【特集: 複視を診たらどうするか】水平性の複視. 後関利明 (眼科): OCULISTA 2017/8; 53: 5-13.

522132. [講座]【特集: 複視を診たらどうするか】視力低下と複視. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): OCULISTA 2017/8; 53: 42-50.

522133. [講座]【特集: 眼科治療の進歩】[緑内障] 緑内障手術の進歩−流出路再建術. 笠原正行1, 庄司信行1 (1眼科): 医学のあゆみ 2017/9; 262 (10): 921-6.

522134. [講座] foldable IOL用インジェクターの進化. 清水公也1,2 (1山王病院アイセンター, 2眼科): IOL&RS 2017/9; 31 (3): 355-9.

522135. [講座]【特集: 難治性視神経症の診断・治療に対する最近の考え方】序論. 石川 均 (医療衛生学部): 神経眼科 2017/10; 34 (3): 265-6.

522136. [講座]【特集: もっともっと知りたい検査&訓練 子どもの斜視・弱視のギモン24】[1] 疾患のギモン Q1 斜視って, どんな疾患? 藤村芙佐子 (医療衛生学部): 眼科ケア 2017/10; 19 (10): 6-8.

522137. [講座]【特集: もっともっと知りたい検査&訓練 子どもの斜視・弱視のギモン24】[1] 疾患のギモン Q2 弱視って, どんな疾患? 藤村芙佐子 (医療衛生学部): 眼科ケア 2017/10; 19 (10): 9-11.

522138. [講座]【特集: 緑内障手術の長期成績】トラベクトーム手術の長期成績. 笠原正行1, 庄司信行1 (1眼科): 眼科手術 2017/10; 30 (4): 583-7.

522139. [講座]【特集: 白内障手術の術中合併症に対する系統的トラベルシューティング】合併症発生時のIOL選択. 飯田嘉彦 (眼科): 眼科手術 2017/10; 30 (4): 610-5.

522140. [講座]【特集: 視神経炎最前線】難治性視神経炎の全国調査. 後関利明 (眼科): 臨床眼科 2017/11; 71 (12): 1688-90.

522141. [講座]【特集: 眼瞼痙攣の診断と治療アップデート】眼瞼痙攣の診断と眼瞼痙攣患者の脳機能変化. 鈴木幸久1,2,3, 清澤源弘2,4, 若倉雅登5, 石井賢二3 (1JCHO三島総合病院眼科, 2東京医科歯科大学眼科, 3東京都健康長寿医療センター神経画像研究チーム, 4清澤眼科医院, 5井上眼科病院): 神経眼科 2017/12; 34 (4): 405-10.

522142. [講座]【特集: 眼瞼痙攣の診断と治療アップデート】眼球使用困難症候群としての眼瞼痙攣. 若倉雅登1, 山上明子1,2, 岩佐真弓1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 神経眼科 2017/12; 34 (4): 421-8.

522143. [講座]【特集: トーリック眼内レンズの再検証】トーリック眼内レンズ支援機器. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): IOL&RS 2017/12; 31 (4): 530-8.

522144. [講座]【特集: SMILE】SMILEの視機能. 五十嵐章史1,2 (1山王病院アイセンター, 2眼科): IOL&RS 2017/12; 31 (4): 558-63.

522145. [講座]【コンタクトレンズセミナー】コンタクトレンズ処方つぎの一歩〜症例からみるCL処方〜 39. 屈折検査 (他覚検査). 半田知也 (医療衛生学部): あたらしい眼科 2018/1; 35 (1): 97-8.

522146. [講座]【特集: スポーツ眼科AtoZ】視機能: 学校におけるスポーツとコンタクトレンズについて. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科医院, 2眼科): OCULISTA 2018/1; 58: 17-24.

522147. [講座]【特集: シャッターチャンスはここ! 疾患別 OCTと眼底写真撮影のポイント58】<3> 疾患別OCTと眼底写真撮影のポイント (11) 緑内障. 永野幸一 (眼科): 眼科ケア 2018/1; 20 (1): 78-83.

522148. [講座]【コンタクトレンズセミナー】コンタクトレンズ処方さらなる一歩 40. 屈折検査 (自覚検査). 半田知也 (医療衛生学部): あたらしい眼科 2018/2; 35 (2): 215-6.

522149. [講座]【緑内障セミナー】212. 器具を留置しない流出路再建術. 庄司信行 (眼科): あたらしい眼科 2018/2; 35 (2): 221-2.

522150. [講座]【症例から学ぶ 白内障手術の実践レクチャー・術前編1】白内障の種類と視機能. 川守田拓志 (医療衛生学部): 臨床眼科 2018/2; 72 (2): 220-4.

522151. [講座]【特集: 難治性神経眼科疾患の治療を考える】3. 難治性眼窩筋炎−Refractory orbital myositis−. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 眼科 2018/2; 60 (2): 121-6.

522152. [講座]【特集: 眼球運動障害のすべて】Sagging Eye Syndromeとは? 後関利明 (眼科): あたらしい眼科 2018/3; 35 (3): 333-6.

522153. [講座]【コンタクトレンズセミナー】コンタクトレンズ処方さらなる一歩 41. 調節・明視域. 半田知也 (医療衛生学部): あたらしい眼科 2018/3; 35 (3): 351-2.

522154. [講座]【眼内レンズセミナー】376. 角膜内皮減少例に対するDouble Circular Capsulotomy & Endophaco Technique. 飯田嘉彦 (眼科): あたらしい眼科 2018/3; 35 (3): 353-4.

522155. [講座]【特集】ICL. 五十嵐章史1,2 (1山王病院アイセンター, 2眼科): IOL&RS 2018/3; 32 (1): 21-6.

530010. [その他 (学会レポート)]【Report】International Symposium of Japanese Ophthalmological Society. Goseki T1: 神経眼科 2017/12; 34 (4): 493-7. (後関利明1: 1眼科)

540034. [その他 (トピックス)]【学会トピックス】第54回日本神経眼科学会総会: 片眼性黄斑低形成における黄斑異常と色光刺激による瞳孔反応. 浅川 賢1, 石川 均1, 龍井苑子2, 後関利明2, 池田哲也2, 庄司信行2 (1医療衛生学部, 2眼科): 日本眼科学会雑誌 2017/4; 121 (4): 383.

540035. [その他 (トピックス)]【学会トピックス】第54回日本神経眼科学会総会: 難治性視神経炎全国調査−中間結果報告−. 後関利明1,2, 石川 均1,2, 毛塚剛志1,3, 三村 治1,4, 吉富健志1,5, 敷島敬悟1,6, 平岡美紀1,7, 中馬秀樹1,8, 中村 誠1,9, 田中惠子1,10 (1抗MOG抗体陽性視神経炎調査班, 2眼科, 3東京医科大学臨床医学系眼科学分野, 4兵庫医科大学眼科学教室, 5秋田大学大学院医学系研究科眼科学講座, 6東京慈恵会医科大学眼科学講座, 7札幌医科大学眼科学講座, 8宮崎大学医学部眼科学分野, 9神戸大学大学院医学研究科眼科学分野, 10新潟大学脳研究所): 日本眼科学会雑誌 2017/4; 121 (4): 383-4.

540036. [その他 (トピックス)]【学会トピックス】第54回日本神経眼科学会総会: 眼瞼下垂手術を施行された眼瞼けいれん症例の検討. 河本ひろ美1, 山上明子1,2, 井上賢治1, 若倉雅登1 (1井上眼科病院, 2眼科): 日本眼科学会雑誌 2017/4; 121 (4): 384.

540037. [その他] 県立静岡がんセンターにおける2016年の眼腫瘍性疾患の報告. 柏木広哉 (静岡県立静岡がんセンター): 静岡県眼科医会会誌 2017/8; p.7-9.

540038. [その他] 2017年第28回眼瞼・義眼床手術学会の報告とその後. 柏木広哉 (静岡県立静岡がんセンター): 静岡県眼科医会会誌 2017/8; p.146.

540039. [その他]【つぶやきコーナー】ボタモチはどこにある? 神谷和孝 (医療衛生学部): 眼科手術 2017/10; 30 (4): 679.

540040. [その他]【THE Opinion 教室運営にあたって】病気でなく患者を診る力を身につける: 教室員と共に実践できる研究の成果を. 庄司信行 (眼科): 銀海 2017/10; 241: 14.

540041. [その他] 追悼 西田保裕先生のご逝去を悼む. 石川 均 (医療衛生学部): 神経眼科 2017/10; 34 (3): 384.

540042. [その他 (巻頭言)] 視野計で互換性を実現することは不可能か?−Is it Impossible to Provide Compatibility in Static Perimetries?−. 庄司信行 (眼科): 日本眼科学会雑誌 2017/12; 121 (12): 911-3.

540043. [その他] 特集にあたって. 神谷和孝1, 中村友昭2 (1医療衛生学部, 2名古屋アイクリニック): IOL&RS 2017/12; 31 (4): 551.

540044. [その他]【医会だより】学校でのスポーツ活動におけるコンタクトレンズ使用のあり方について. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科医院, 2眼科): 日本の眼科 2018/1; 89 (1): 73-8.

540045. [その他 (雑誌記事)] 「レーシックより安全」欧州発 視力矯正手術. 神谷和孝 (医療衛生学部): 週刊文集 2018/1; 2018 (1): 138-9.

540046. [その他 (新聞記事)] リレックス・スマイル夢の手術か 大注目の視力矯正. 神谷和孝 (医療衛生学部): 日刊ゲンダイ 2018/1; 2018.

540047. [その他 (トピックス)]【学会トピックス】第55回日本神経眼科学会総会: 眼瞼けいれん, 顔面けいれんにおけるボツリヌス治療効果の比較. 岩佐真弓1,2, 南雲はるか1, 引田俊一1, 山上明子1,2, 田尻美香1, 河本ひろ美1, 岩倉雅登1, 井上賢治1 (1井上眼科病院, 2眼科): 日本眼科学会雑誌 2018/3; 122 (3): 249.

540048. [その他 (トピックス)]【学会トピックス】第55回日本神経眼科学会総会: 抗アクアポリン4抗体計測でELISA法陽性, CBA法陰性であった3例. 鈴木博美1, 後関利明1, 石川 均2, 龍井苑子1, 中澤祐則1, 庄司信行1, 田中惠子3 (1眼科, 2医療衛生学部, 3新潟大学脳研究所): 日本眼科学会雑誌 2018/3; 122 (3): 249-50.

540049. [その他 (トピックス)]【学会トピックス】第55回日本神経眼科学会総会: 強度近視を伴わない固定内斜視に対し, 横山法が有用であった1例. 原田優子1, 後関利明2, 金田和豊1, 石川 均3, 中崎秀二1 (1宮崎中央眼科病院, 2眼科, 3医療衛生学部): 日本眼科学会雑誌 2018/3; 122 (3): 250.

540050. [その他 (雑誌記事)] 眼科医おススメの最新老眼治療 もう老眼鏡はいらない!! 神谷和孝 (医療衛生学部): 週刊朝日 2018/3; 2018 (3): 158-61.

540051. [その他 (巻頭言)] 温故知新. 石川 均 (医療衛生学部): 神経眼科 2018/3; 35 (1): 1.

540052. [その他] 特集にあたって. 神谷和孝1, 中村友昭2 (1医療衛生学部, 2名古屋アイクリニック): IOL&RS 2018/3; 32 (1): 2.

540053. [その他 (学会印象記)] 30th APACRS (2017) 印象記. 飯田嘉彦 (眼科): IOL&RS 2018/3; 32 (1): 182-5.

[著 書]

620065. [学術書] (分担執筆)【第111回医師国家試験問題解説書】p.14, p.21-2, p.113-4, p.169-70, p.238-9, p.323, p.364, p.376-7, p.465-6, p.495-6, p.504-5, p.507-8. 後関利明 (眼科), 編: 医師国家試験問題解説書編集委員会, (株) テコム出版事業部, 東京, 2017/4発行.

620066. [学術書] (分担執筆)【斜視治療のストラテジー〜症例検討で学ぶエキスパートの思考と対処法〜】第1章 内斜視 症例7 調節痙攣を伴う内斜視, p.37-9. 後関利明 (眼科), 編, 佐藤美保, (株) 三輪書店, 東京, 2017/6発行.

620067. [学術書] (分担執筆)【斜視治療のストラテジー〜症例検討で学ぶエキスパートの思考と対処法〜】第1章 内斜視 症例11 小児 急性内斜視 (ボツリヌス毒素療法), p.52-5. 後関利明 (眼科), 編, 佐藤美保, (株) 三輪書店, 東京, 2017/6発行.

620068. [学術書] (分担執筆)【斜視治療のストラテジー〜症例検討で学ぶエキスパートの思考と対処法〜】第3章 上下斜視 症例31 Sagging Eye Syndrome, p.135-7. 後関利明 (眼科), 編, 佐藤美保, (株) 三輪書店, 東京, 2017/6発行.

620069. [学術書] (分担執筆)【1336専門家による私の治療 2017-18年度版】§17 眼科疾患 視神経関連 [54] 虚血性視神経症, p.1310-1. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科), 監修: 猿田享男, 北村惣一郎, 日本医事新報社, 東京, 2017/7発行.

620070. [学術書] (分担執筆)【眼科手術の適応−最新情報 (眼科臨時増刊号)】3. 斜視 4) 斜視に対するボツリヌス毒素療法, p.1065-8. 後関利明 (眼科), 編: 飯島裕幸, 富田剛司, 坪田一男, 後藤 浩, 雑賀司珠也, 三村 治, 金原出版, 東京, 2017/9発行.

620071. [学術書] (分担執筆)【眼科手術の適応−最新情報 (眼科臨時増刊号)】5. 角結膜 5) 人工角膜, p.1145-52. 福田昌彦1, 森 洋斉2,3, 宮田和典2 (1近畿大学医学部眼科学教室, 2宮田眼科病院, 3眼科), 編: 飯島裕幸, 富田剛司, 坪田一男, 後藤 浩, 雑賀司珠也, 三村 治, 金原出版, 東京, 2017/9発行.

620072. [学術書] (分担執筆)【眼科手術の適応−最新情報 (眼科臨時増刊号)】7. 涙道 2) TS-1内服による涙道閉塞の治療, p.1187-92. 柏木広哉 (静岡県立静岡がんセンター眼科), 編: 飯島裕幸, 富田剛司, 坪田一男, 後藤 浩, 雑賀司珠也, 三村 治, 金原出版, 東京, 2017/9発行.

620073. [学術書] (分担執筆)【眼科基本検査パーフェクトガイド−理論と実技のすべてがわかる (臨床眼科増刊号)】I 眼科検査の理論と実技 小児視力検査 理論編, p.48-54. 後関利明1, 松井孝子2 (1眼科, 2秋田大), 編: 寺崎浩子, 中澤 満, 坂本泰二, 鈴木康之, 下村嘉一, 稲谷 大, 医学書院, 東京, 2017/10発行.

620074. [学術書] (分担執筆)【眼科基本検査パーフェクトガイド−理論と実技のすべてがわかる (臨床眼科増刊号)】I 眼科検査の理論と実技 小児視力検査 実技編, p.54-7. 松井孝子1, 後関利明2 (1秋田大, 2眼科), 編: 寺崎浩子, 中澤 満, 坂本泰二, 鈴木康之, 下村嘉一, 稲谷 大, 医学書院, 東京, 2017/10発行.

620075. [学術書] (分担執筆)【眼科基本検査パーフェクトガイド−理論と実技のすべてがわかる (臨床眼科増刊号)】I 眼科検査の理論と実技 調節・輻湊検査 理論編, p.79-84. 向野和雄1, 市邊義章1,2 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック, 2眼科), 編: 寺崎浩子, 中澤 満, 坂本泰二, 鈴木康之, 下村嘉一, 稲谷 大, 医学書院, 東京, 2017/10発行.

620076. [学術書] (分担執筆)【眼科基本検査パーフェクトガイド−理論と実技のすべてがわかる (臨床眼科増刊号)】I 眼科検査の理論と実技 両眼視機能検査 理論編, p.87-93. 半田知也 (医療衛生学部), 編: 寺崎浩子, 中澤 満, 坂本泰二, 鈴木康之, 下村嘉一, 稲谷 大, 医学書院, 東京, 2017/10発行.

620077. [学術書] (分担執筆)【眼科基本検査パーフェクトガイド−理論と実技のすべてがわかる (臨床眼科増刊号)】I 眼科検査の理論と実技 両眼視機能検査 実技編, p.93-6. 戸塚 悟 (眼科), 編: 寺崎浩子, 中澤 満, 坂本泰二, 鈴木康之, 下村嘉一, 稲谷 大, 医学書院, 東京, 2017/10発行.

620078. [学術書] (分担執筆)【眼科基本検査パーフェクトガイド−理論と実技のすべてがわかる (臨床眼科増刊号)】I 眼科検査の理論と実技 視野検査 理論編, p.125-31. 庄司信行 (眼科), 編: 寺崎浩子, 中澤 満, 坂本泰二, 鈴木康之, 下村嘉一, 稲谷 大, 医学書院, 東京, 2017/10発行.

620079. [学術書] (分担執筆)【眼科基本検査パーフェクトガイド−理論と実技のすべてがわかる (臨床眼科増刊号)】I 眼科検査の理論と実技 視野検査 実技編, p.131-3. 平澤一法 (眼科), 編: 寺崎浩子, 中澤 満, 坂本泰二, 鈴木康之, 下村嘉一, 稲谷 大, 医学書院, 東京, 2017/10発行.

620080. [学術書] (分担執筆)【眼科基本検査パーフェクトガイド−理論と実技のすべてがわかる (臨床眼科増刊号)】I 眼科検査の理論と実技 EOG・VEP 理論編, p.216-25. 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科, 2眼科), 編: 寺崎浩子, 中澤 満, 坂本泰二, 鈴木康之, 下村嘉一, 稲谷 大, 医学書院, 東京, 2017/10発行.

620081. [学術書] (分担執筆)【眼科基本検査パーフェクトガイド−理論と実技のすべてがわかる (臨床眼科増刊号)る】II 検査の診断・治療への活用法 白内障の診断・治療に関する検査, p.268-75. 森 洋斉1,2 (1宮田眼科医院, 2眼科), 編: 寺崎浩子, 中澤 満, 坂本泰二, 鈴木康之, 下村嘉一, 稲谷 大, 医学書院, 東京, 2017/10発行.

620082. [学術書] (分担執筆)【肺がん支持療法マニュアル】1章 薬物療法に伴う有害事象対策 5. その他 7) 薬剤性眼障害, p.92-7. 柏木広哉1,2 (1眼科, 2静岡県立静岡がんセンター), 監修: 山本信之, 編: 三浦 理, 宿谷威仁, 赤松弘朗, 剱持広和, 医薬ジャーナル, 大阪, 2017/10発行.

620083. [学術書] (分担執筆)【実践チーム医療論 実際と教育プログラム】I チーム医療概論 2. 保健医療福祉のシステムと職能 2) 各専門職の機能と医療従事者のとらえるチーム医療 視能訓練士, p.36-7. 庄司信行1 (1眼科), 編: 水本清久, 著: 石井邦雄, 土本寛二2, 岡本牧人 (2北里大学北里研究所病院), 医歯薬出版, 東京, 2017/10発行.

620084. [学術書] (分担執筆)【あたらしい眼科 (臨時増刊号)】I 主訴・主要他覚所見ごとの救急疾患の鑑別診断 Q7ものが急に二重に見えるようになったと訴えて患者が救急外来を受信しました. 鑑別すべき疾患と鑑別の方法をおしえてください, p.30-3. 中澤祐則 (眼科), メディカル葵出版, 東京, 2017/11発行.

620085. [学術書] (分担執筆)【視能学エキスパート 視能訓練学】第1部 総論 第3章 視覚生理学 II 出力系 A. 外眼筋の構造と特徴, p.65-7. 後関利明1, 向野和雄2 (1眼科, 2神奈川歯科大学附属横浜クリニック), 編: 若山曉美, 長谷部佳世子, 松本富美子, 保沢こずえ, 梅田千賀子, 医学書院, 東京, 2018/3発行.

620086. [学術書] (分担執筆)【視能学エキスパート 視能訓練学】第1部 総論 第3章 視覚生理学 III 出力系 B. 外眼筋の神経支配, p.67-8. 向野和雄1, 後関利明2 (1神奈川歯科大学附属横浜クリニック, 2眼科), 編: 若山曉美, 長谷部佳世子, 松本富美子, 保沢こずえ, 梅田千賀子, 医学書院, 東京, 2018/3発行.

620087. [学術書] (分担執筆)【視能学エキスパート 視能訓練学】第1部 総論 第3章 視覚生理学 III 出力系 C. 外眼筋の作用, p.68. 向野和雄1, 後関利明2 (1神奈川歯科大学附属横浜クリニック, 2眼科), 編: 若山曉美, 長谷部佳世子, 松本富美子, 保沢こずえ, 梅田千賀子, 医学書院, 東京, 2018/3発行.

620088. [学術書] (分担執筆)【視能学エキスパート 視能訓練学】第1部 総論 第3章 視覚生理学 III 出力系 K. 自己受容器と位置覚 , p.82-4. 向野和雄1, 後関利明2 (1神奈川歯科大学附属横浜クリニック, 2眼科), 編: 若山曉美, 長谷部佳世子, 松本富美子, 保沢こずえ, 梅田千賀子, 医学書院, 東京, 2018/3発行.

620089. [学術書] (分担執筆)【MR・超音波・眼底 基礎知識図解ノート】Part3 眼底写真撮影 2章 眼底写真撮影の手法, p.521-9. 永野幸一 (眼科), 監修: 新津 守, 編: 磯辺智範, 金原出版, 東京, 2018/3発行.

620090. [学術書] (分担執筆)【MR・超音波・眼底 基礎知識図解ノート】Part3 眼底写真撮影 4章 眼底像, p.536-40. 半田知也1, 永野幸一2 (1医療衛生学部, 2眼科), 監修: 新津 守, 編: 磯辺智範, 金原出版, 東京, 2018/3発行.

620091. [学術書] (分担執筆)【MR・超音波・眼底 基礎知識図解ノート】Part3 眼底写真撮影 5章 同時立体眼底カメラ・手持ち眼底カメラ, p.541-5. 永野幸一 (眼科), 監修: 新津 守, 編: 磯辺智範, 金原出版, 東京, 2018/3発行.

[学会・研究会等]

712023. [学会 (国際)] (シンポジウム) EVO Visian ICL in Low-to-moderate vs High myopia - A comparative multicenter study in 701 eyes. Kamiya K1: STAAR Surgical 14th International EVO Visian ICL Experts Summit (2017/10/4), Lisbon, Portugal. (神谷和孝1: 1医療衛生学部)

713123. [学会 (国際)] (ポスター) Degeneration of Orbital Pulleys in Elderly Patients with Diplopia. Goseki T1, Kawai M1, Ishikawa H2, Shoji N1: ISA2018 (国際斜視学会) (2018/3/19), Washington DC, USA. (後関利明1, 河合愛実1, 石川 均2, 庄司信行1: 1眼科, 2医療衛生学部)

713124. [学会 (国際)] (ポスター) Background and Characteristics of Elderly Patients with Binocular Diplopia. Kawai M1, Goseki T1, Ishikawa H2, Hoshina M1, Shoji N1: ISA2018 (国際斜視学会) (2018/3/19), Washington DC, USA. (河合愛実1, 後関利明1, 石川 均2, 保科美希1, 庄司信行1: 1眼科, 2医療衛生学部)

713125. [学会 (国際)] (一般講演)【Rapid Fire Poster Presentations】Degeneration of Orbital Pulleys in Elderly Patients with Diplopia. Goseki T1: ISA2018 (国際斜視学会) (2018/3/21), Washington DC, USA. (後関利明1: 1眼科)

721010. [学会 (全国)] (特別報告) 多施設共同研究から学んだこと, 海外との比較. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/25), 福岡.

721011. [学会 (全国)] (特別講演) Best of JSCRS 屈折矯正手術関連. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/25), 福岡.

721012. [学会 (全国)] (特別講演) 高視認性安全服着用の必要性と効果. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第4回日本高視認性安全服研究所総会 (第四回JAVISA会員総会 安全創造会議) (2017/7/19), 東京.

721013. [学会 (全国)] (特別講演)【司会】屈折矯正に関する都市伝説. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第5回JSCRSサマーセミナー (2017/8/27), 東京.

722147. [学会 (全国)] (教育セミナー) 度数決定, 測定機器. 計算式. 飯田嘉彦 (眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/6), 東京.

722148. [学会 (全国)] (教育セミナー) 有水晶体眼内レンズ. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/6), 東京.

722149. [学会 (全国)] (シンポジウム)【オーガナイザー】水晶体の加齢性変化. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/6), 東京.

722150. [学会 (全国)] (シンポジウム) 水晶体光学特性の加齢変化. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/6), 東京.

722151. [学会 (全国)] (シンポジウム)【ディレクター】Pediatric and Neuro-ophthalmology. 石川 均 (医療衛生学部): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/6), 東京.

722152. [学会 (全国)] (シンポジウム) 眼窩プーリー病 (Orbital pulley disease). 後関利明1, 石川 均2 (1眼科, 2医療衛生学部): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/6), 東京.

722153. [学会 (全国)] (教育セミナー)【オーガナイザー】昨今の眼科疾患へのアプローチ. 石川 均 (医療衛生学部): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/8), 東京.

722154. [学会 (全国)] (サブスペシャリティサンデー)【モデレーター】眼瞼痙攣の診断と治療アップデート. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/9), 東京.

722155. [学会 (全国)] (サブスペシャリティサンデー) 眼瞼痙攣の診断と眼瞼痙攣患者における脳機能変化. 鈴木幸久1,2,3, 清澤源弘2,4, 若倉雅登5,6, 石井賢二3 (1JCHO三島総合病院, 2医科歯科大, 3健康長寿研・神経画像, 4清澤眼科医院, 5井上眼科病院, 6眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/9), 東京.

722156. [学会 (全国)] (サブスペシャリティサンデー) 眼瞼痙攣患者の生活実態を社会医学的側面から考察する. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/9), 東京.

722157. [学会 (全国)] (講習会) 屈折矯正手術・国内外の現状と今後の展望. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第121回日本眼科学会総会 (日本眼科学会屈折矯正手術講習会) (2017/4/9), 東京.

722158. [学会 (全国)] (シンポジウム) 眼窩腫瘍の診断と治療−眼科医 (眼腫瘍, 神経眼科専門医)の立場から−. 柏木広哉1,2 (1静岡県立静岡がんセンター眼科, 2眼科): 第60回日本形成外科学会総会・学術集会 (2017/4/14), 大阪.

722159. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】緑内障治療〜長期管理における今後の課題〜. 庄司信行 (眼科): 第6回日本視野学会学術集会 (2017/4/22), 秋田.

722160. [学会 (全国)] (シンポジウム) 次世代のビジョンケア研究 ロービジョンケアに必要な眼光学. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第18回日本ロービジョン学会学術総会 (2017/5/20), 岐阜.

722161. [学会 (全国)] (シンポジウム) 眼から考える交通安全. 川守田拓志 (医療衛生学部): 日本交通心理学会第82回大会 (2017/6/3), 東京.

722162. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) タブレットを用いた視機能検査・訓練の応用展開. 半田知也 (医療衛生学部): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/17), 金沢.

722163. [学会 (全国)] (オープンフォーラム) 日本のスタンダードは世界のスタンダードか? JSCRSアンケート調査結果と海外の比較. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

722164. [学会 (全国)] (シンポジウム) Trabectome手術における白内障同時手術. 庄司信行 (眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

722165. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】屈折矯正手術を見直す. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

722166. [学会 (全国)] (シンポジウム) PRKの再評価. 森 洋斉1,2 (1宮田眼科, 2眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

722167. [学会 (全国)] (シンポジウム) ICLの再評価. 五十嵐章史1,2 (1山王病院, 2眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

722168. [学会 (全国)] (インストラクションコース)【講師】角膜クロスリンキング〜急性水腫・角膜移植0を目指して! 神谷和孝 (医療衛生学部): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

722169. [学会 (全国)] (インストラクションコース)【座長・講師】世界の最新トレンドを知ろう!“What's New in 2017”. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

722170. [学会 (全国)] (インストラクションコース)【講師】世界の最新トレンドを知ろう!“What's New in 2017”. 森 洋斉1,2 (1宮田眼科, 2眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

722171. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) トーリック眼内レンズ挿入後の軸ずれに対する原因や整復術の考え方. 三宅俊之 (横須賀市立うわまち病院): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

722172. [学会 (全国)] (インストラクションコース)【座長・講師】ORTが知っておくべき白内障術前検査の基礎知識 (眼内レンズの度数計算式). 川守田拓志 (医療衛生学部): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/24), 福岡.

722173. [学会 (全国)] (インストラクションコース)【講師】みんなで考える白内障手術〜こだわろう! 難治症例対策. 飯田嘉彦 (眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/24), 福岡.

722174. [学会 (全国)] (インストラクションコース)【座長・講師】みんなで考える白内障手術〜QOVにこだわろう. 飯田嘉彦 (眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/24), 福岡.

722175. [学会 (全国)] (教育講演) 眼科領域におけるレーザー治療. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第29回日本レーザー治療学会 (2017/6/24), 東京.

722176. [学会 (全国)] (シンポジウム) 円錐角膜眼に対する白内障手術と度数計算. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/25), 福岡.

722177. [学会 (全国)] (JSCRSプラクティス)【座長】トーリック. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/25), 福岡.

722178. [学会 (全国)] (JSCRSプラクティス) 手術の実際. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/25), 福岡.

722179. [学会 (全国)] (ケースレポート) 角膜内皮減少例に対するdouble circular capsulotomy & endophaco technique. 飯田嘉彦1, 庄司信行1 (1眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/25), 福岡.

722180. [学会 (全国)] (シンポジウム) フェイキック, IOL度数計算. 五十嵐章史1,2 (1山王病院アイセンター, 2眼科): Refractive Surgery Update Seminar 2017 in Kyoto 白内障&リフラクティブ (2017リフラクティブ関西研究会) (2017/7/22), 京都.

722181. [学会 (全国)] (シンポジウム) 老眼に対するサプリメントの有効性. 神谷和孝 (医療衛生学部): Refractive Surgery Update Seminar 2017 in Kyoto 白内障&リフラクティブ (2017リフラクティブ関西研究会) (2017/7/22), 京都.

722182. [学会 (全国)] (招待講演)【白内障学会・水晶体研究会合同教育セミナー】さあ, 研究を始めよう 水晶体・白内障の眼光学研究入門. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第56回日本白内障学会総会・第43回水晶体研究会 (2017/8/6), 栃木.

722183. [学会 (全国)] (シンポジウム) ICL Update 2017−ICLの適用拡大−. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第5回JSCRSサマーセミナー (2017/8/27), 東京.

722184. [学会 (全国)] (シンポジウム) SMILEアップデート. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第5回JSCRSサマーセミナー (2017/8/27), 東京.

722185. [学会 (全国)] (討論会)【コメンテーター】日曜討論会-第1部 屈折矯正手術の適用とリスクを検証する. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第5回JSCRSサマーセミナー (2017/8/27), 東京.

722186. [学会 (全国)] (討論会)【コメンテーター】日曜討論会-第2部 白内障手術時の目標屈折を考える. 五十嵐章史1,2 (1山王病院, 2眼科): 第5回JSCRSサマーセミナー (2017/8/27), 東京.

722187. [学会 (全国)] (シンポジウム)【免疫疾患の新たな治療開発への方向性】視神経炎のバリエーションと免疫治療. 毛塚剛司1,2,3, 石川 均1,4, 後関利明1,5, 敷島敬悟1,6, 山上明子1,5,7, 三村 治1,8, 吉富健志1,9, 平岡美紀1,10, 中馬秀樹1,11, 中村 誠1,12, 田中惠子1,13 (1抗MOG抗体陽性視神経炎調査班, 2東京医大眼科, 3毛塚眼科医院, 4医療衛生学部, 5眼科, 6慈恵医大眼科, 7井上眼科病院, 8兵庫医大眼科, 9秋田大眼科, 10札幌医大眼科, 11宮崎大眼科, 12神戸大眼科, 13新潟大脳研究所): 第45回日本臨床免疫学会総会 (2017/9/29), 東京.

722188. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】眼瞼痙攣. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第4回日本ボツリヌス治療学会学術大会 (2017/9/29), 東京.

722189. [学会 (全国)] (シンポジウム) 眼科でみる眼瞼痙攣軽症例の診断および治療. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第4回日本ボツリヌス治療学会学術大会 (2017/9/29), 東京.

722190. [学会 (全国)] (シンポジウム) ボツリヌス毒素治療と脳機能変化. 鈴木幸久1,2,3, 清澤源弘2,4, 若倉雅登5,6, 石井賢二3 (1JCHO三島総合病院眼科, 2東京医科歯科大学眼科, 3東京都健康長寿医療センター研究所神経画像, 4清澤眼科医院, 5井上眼科病院, 6眼科): 第4回日本ボツリヌス治療学会学術大会 (2017/9/29), 東京.

722191. [学会 (全国)] (講習会)【座長】iStentメトラベキュラーマイクロバイパスステントシステム講習会. 庄司信行 (眼科): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/29), 広島.

722192. [学会 (全国)] (モーニングセミナー) トラベクトーム手術: 術後成績からのメッセージ. 庄司信行 (眼科): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/30), 広島.

722193. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 緑内障手術のタイミング. 庄司信行 (眼科): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/30), 広島.

722194. [学会 (全国)] (スキルトランスファー)【講師】トラベクトーム手術後コース. 渡邉三訓1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/30), 広島.

722195. [学会 (全国)] (スキルトランスファー)【インストラクター】トラベクトーム手術後コース. 笠原正行 (眼科): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/30), 広島.

722196. [学会 (全国)] (スキルトランスファー)【インストラクター】トラベクトーム手術後コース. 松村一弘 (眼科): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/30), 広島.

722197. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】角膜治療の最近の進歩. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

722198. [学会 (全国)] (シンポジウム) フェムト秒レーザーを用いたSMILE・角膜移植. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

722199. [学会 (全国)] (インストラクションコース) それでいいのか斜視手術Vol.2 グローバル・スタンダードな術式を体験しよう. 長谷部聡1, 森田由香2, 矢ヶ崎悌司3, 後関利明4 (1川崎医大, 2筑波記念病院, 3眼科やがさき医院, 4眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

722200. [学会 (全国)] (招待講演等)【座長】トラベクトーム手術研究会. 庄司信行 (眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (トラベクトーム手術研究会2017 in Tokyo) (2017/10/12), 東京.

722201. [学会 (全国)] (招待講演等) 日本におけるトラベクトーム手術の臨床成績. 渡邉三訓1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (トラベクトーム手術研究会2017 in Tokyo) (2017/10/12), 東京.

722202. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】神経原生疾患とその類似疾患の鑑別. 石川 均 (医療衛生学部): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/13), 東京.

722203. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】神経原生疾患とその類似疾患の鑑別. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/13), 東京.

722204. [学会 (全国)] (シンポジウム) 視神経症に似た網脈絡膜疾患. 市邊義章1,2 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック, 2眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/13), 東京.

722205. [学会 (全国)] (Late Breaking Session) 角膜上皮欠損に対する多血小板血漿点眼の初期報告. 子島良平1,2, 岩崎琢也1, 湯川知恵1, 小野 喬1, 森 洋斉1,2 (1宮田眼科病院, 2眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/13), 東京.

722206. [学会 (全国)] (インストラクションコース) 白内障サージャンも必見! LI不要! 実践から学ぶ貫通孔付き有水晶体眼内レンズ. 清水公也1, 神谷和孝2, 市川一夫3, 中村友昭4, 北澤世志博5 (1山王病院アイセンター, 2眼科, 3JHCO中京病院, 4名古屋アイクリニック, 5神戸神奈川アイクリニック): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/13), 東京.

722207. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】緑内障最新診断と最新治療 前眼部OCT CASIA2×半導体レーザー装置CYCLO G6TM. 庄司信行 (眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/13), 東京.

722208. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) Minimally Invasive Glaucoma Surgery (MIGS) におけるCASIA2の活用法. 笠原正行 (眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/13), 東京.

722209. [学会 (全国)] (イブニングセミナー)【座長】The 23rd VISION TIMES SEMINAR 医療の将来を見据える. 飯田嘉彦 (眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/13), 東京.

722210. [学会 (全国)] (イブニングセミナー)【A型ボツリヌス毒素製剤ボトックスメ講習・実技セミナー】眼瞼痙攣/片側眼瞼痙攣: 疾患編. 後関利明 (眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/13), 東京.

722211. [学会 (全国)] (シンポジウム) 生体計測・眼内レンズ度数計算. 飯田嘉彦 (眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/14), 東京.

722212. [学会 (全国)] (インストラクションコース) 前眼部疾患トリアージ〜治療のタイミングを逃さないために〜. 相馬剛至1, 崎元 暢2, 子島良平3,4, 大矢義則1, 山口剛史5 (1大阪大, 2日本大, 3宮田眼科, 4眼科, 5東京歯大・市川): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/14), 東京.

722213. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】近視増は本当?〜子供の近視と最新知見〜. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科医院, 2眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/14), 東京.

722214. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 近視増は本当?〜子供の近視と最新知見〜. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科医院, 2眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/14), 東京.

722215. [学会 (全国)] (インストラクションコース) 学校検診における色覚検査のあり方と臨床診断および指導. 市川一夫1,2, 中村英樹3, 田辺詔子1, 村木早苗4, 岡島 修1, 中村かおる5 (1中京眼科, 2眼科, 3名東眼科, 4滋賀医大, 5三楽病院): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/15), 東京.

722216. [学会 (全国)] (インストラクションコース) 白内障術中後嚢破損への対処法. 大内雅之1, 飯田嘉彦2, 永田万由美3, 太田俊彦4 (1大内眼科, 2眼科, 3獨協医大, 4順天堂・静岡): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/15), 東京.

722217. [学会 (全国)] (インストラクションコース) コンタクトレンズを取り巻く問題を解決する2017−診療と診療以外の両面から−. 佐渡一成1,2, 植田喜一2,3, 梶田雅儀2,4, 宇津見義一2,5,6, 渡邉 潔2,7, 下村嘉一2,8 (1さど眼科, 2日本コンタクトレンズ学会, 3ウエダ眼科, 4梶田眼科, 5宇津見眼科医院, 6眼科, 7ワタナベ眼科, 8近畿大): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/15), 東京.

722218. [学会 (全国)] (モーニングセミナー) アバンシィの光学特性: 非球面設計. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/15), 東京.

722219. [学会 (全国)] (モーニングセミナー) 眼瞼結膜疾患: 手術のノウハウ. 子島良平1,2 (1宮田眼科病院, 2眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/15), 東京.

722220. [学会 (全国)] (モーニングセミナー)【座長】Rebirth of Refractive Surgery and PTK! 神谷和孝 (医療衛生学部): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/15), 東京.

722221. [学会 (全国)] (モーニングセミナー) 屈折矯正を考慮したPTK. 高橋正英 (眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/15), 東京.

722222. [学会 (全国)] (招待講演等) 屈折矯正手術・国内外の現状と今後の展望. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第71回日本臨床眼科学会 (日本眼科学会屈折矯正手術講習会) (2017/10/15), 東京.

722223. [学会 (全国)] (招待講演)【座長】患者の満足度を高める連携医療. 神谷和孝 (医療衛生学部): The 21st IRSJ (2017) (2017/10/21), 神奈川.

722224. [学会 (全国)] (招待講演)【座長】患者の満足度を高める連携医療. 川守田拓志 (医療衛生学部): The 21st IRSJ (2017) (2017/10/21), 神奈川.

722225. [学会 (全国)] (招待講演)【座長】スポットビジョンスクリーナー. 後関利明 (眼科): 第17回眼科臨床機器研究会 (2017/10/21), 神奈川.

722226. [学会 (全国)] (招待講演)【座長】レーザースペックルフローグラフィー. 柳田智彦 (眼科): 第17回眼科臨床機器研究会 (2017/10/21), 神奈川.

722227. [学会 (全国)] (招待講演) 緑内障におけるLSFGの有用性. 江黒友春 (眼科): 第17回眼科臨床機器研究会 (2017/10/21), 神奈川.

722228. [学会 (全国)] (招待講演)【座長】Minimally Invasive Glaucoma Surgery (MIGS): 臨床成績と手技のコツ. 松村一弘 (眼科): 第17回眼科臨床機器研究会 (2017/10/21), 神奈川.

722229. [学会 (全国)] (招待講演) トラベクトーム手術の長期成績. 笠原正行 (眼科): 第17回眼科臨床機器研究会 (2017/10/21), 神奈川.

722230. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 屈折・調節検査の基本をもう一度見直そう!〜日常視評価の視点から〜. 半田知也 (医療衛生学部): 第58回日本視能矯正学会 (2017/10/28), 宮城.

722231. [学会 (全国)] (生涯教育セミナー)【座長】第8回生涯教育セミナー. 半田知也 (医療衛生学部): 第58回日本視能矯正学会 (2017/10/28), 宮城.

722232. [学会 (全国)] (教育講演) 瞳孔は語る. 龍井苑子 (眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 神奈川.

722233. [学会 (全国)] (会長挨拶) 会長挨拶. 石川 均 (医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 神奈川.

722234. [学会 (全国)] (招待講演)【座長】Contributions of Orbital Connective Tissues and Extraocular Muscle Compartmentalization to Ocular Motility and Strabismus. 石川 均 (医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 神奈川.

722235. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】神経眼科と他科・他領域のNetwork. 石川 均 (医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 神奈川.

722236. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】難治性視神経炎と神経眼科のNetwork. 石川 均 (医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 神奈川.

722237. [学会 (全国)] (視能訓練士プログラム)【パネリスト】難治性視神経炎の現在, 未来. 敷島敬悟1, 田中惠子2, 山上明子3, 後関利明4 (1東京慈恵会医科大学, 2新潟大学脳研究所, 3井上眼科病院, 4眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 神奈川.

722238. [学会 (全国)] (イブニングセミナー)【座長】ボツリヌス療法と神経眼科のNetwork. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 神奈川.

722239. [学会 (全国)] (シンポジウム) 神経眼眼科と他科・他領域のNetwork 眼窩プーリー病. 後関利明 (眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

722240. [学会 (全国)] (視能訓練士プログラム)【座長】神経眼科と視能訓練士とのNetwork: 神経眼科疾患を見逃さないコツと検査の進め方. 浅川 賢 (医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

722241. [学会 (全国)] (視能訓練士プログラム) いつもの所見, 理解すれば神経眼科! 浅川 賢 (医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

722242. [学会 (全国)] (視能訓練士プログラム)【座長】視神経疾患と緑内障・視神経乳頭異常を見分ける. 庄司信行 (眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

722243. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 視神経症に似た様々な疾患. 市邊義章1,2 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック, 2眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

722244. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】他疾患と神経眼科のNetwork: 角膜疾患編. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

722245. [学会 (全国)] (フェアウェルセミナー)【座長】眼科検査機器と神経眼科のNetwork. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

722246. [学会 (全国)] (フェアウェルセミナー) 眼科検査機器と神経眼科のNetwork: Occlu-padメとORTeで実現する両眼開放化検査・訓練. 半田知也 (医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

722247. [学会 (全国)] (フェアウェルセミナー) 眼科検査機器と神経眼科のNetwork: 神経眼科関連検査で大活躍“ORTe”の魅力に迫る. 後関利明 (眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

722248. [学会 (全国)] (ウェルカムセミナー) 改めて見直す着色IOLとクリアIOL. 飯田嘉彦 (眼科): 第6回JSCRSウィンターセミナー (2017/12/9), 東京.

722249. [学会 (全国)] (フェアウェルセミナー) Smart Premium IOL Cataract Surgery. 飯田嘉彦 (眼科): 第6回JSCRSウィンターセミナー (2017/12/10), 東京.

722250. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】光エネルギーを用いた角膜疾患治療. 神谷和孝 (医療衛生学部): 角膜カンファランス2018 (第42回日本角膜学会総会/第34回日本角膜移植学会) (2018/2/16), 広島.

722251. [学会 (全国)] (シンポジウム) フェムト秒レーザーを用いた角膜移植. 神谷和孝 (医療衛生学部): 角膜カンファランス2018 (第42回日本角膜学会総会/第34回日本角膜移植学会) (2018/2/16), 広島.

723711. [学会 (全国)] (一般講演) 進行性円錐角膜に対する角膜クロスリンキングによる角膜前面及び全屈折力の経時的検討. 河野雄亮1, 神谷和孝1, 高橋正英1, 庄司信行1 (1眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/6), 東京.

723712. [学会 (全国)] (一般講演) 進行性円錐角膜における角膜クロスリンキング術後3年報告. 小島隆司1, 森川桃子2, 中村友昭2, 渡部 環3, 佐藤裕也3, 玉置明野4, 市川一夫5,6 (1岐阜赤十字病院, 2名古屋アイクリニック, 3佐藤裕也眼科医院, 4JCHO中京病院, 5中京眼科, 6眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/6), 東京.

723713. [学会 (全国)] (一般講演) 周術期に減菌化された結膜N常在菌叢の動態. 小野 喬1, 子島良平1,2, 森 洋斉1,2, 野口ゆかり1, 八木彰子1, 岩崎琢也1, 宮田和典1, 花木秀明3 (1宮田眼科医院, 2眼科, 3北里大・生命科学研究科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/6), 東京.

723714. [学会 (全国)] (一般講演) クラスター別トレンド解析による緑内障性視野進行の評価. 青木修一郎1, 村田博史1, 藤野友里1, 松浦将人1, 三木篤也2, 谷戸正樹3,4, 溝上志朗5, 森 和彦6, 鈴木克佳7, 山下高明8, 柏木賢治9, 平澤一法10, 庄司信行10, 朝岡 亮1 (1東京大, 2大阪大, 3島根大, 4松江赤十字病院, 5愛媛大, 6京都府医大, 7山口大, 8鹿児島大, 9山梨大, 10眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/7), 東京.

723715. [学会 (全国)] (一般講演) Corvis STのパラメタによる理論的加入エネルギー吸収量と緑内障視野進行速度との関連の解析. 村田博史1, 松浦将人1, 平澤一法2, 中尾喜隆3, 中倉俊祐4, 木内良明3, 朝岡 亮1 (1東京大, 2眼科, 3広島大病院, 4三栄会ツカザキ): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/7), 東京.

723716. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】緑内障: 血流. 庄司信行 (眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/7), 東京.

723717. [学会 (全国)] (一般講演) 正常眼における後部硝子体剥離の進展様式. 塚原麻由佳1, 森 圭子1, 鎌田泰彰1, 原 直人1, 菅野順二2, 篠田 啓2, 新井田孝裕1,3, 森 圭介1 (1国際医療福祉大, 2埼玉医大, 3眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/7), 東京.

723718. [学会 (全国)] (一般講演) 翼状片のゲノムワイドエピゲノム解析に基づく悪化因子の同定. 加治優一1, 子島良平2,3, 森 洋斉2,3, 林寺 健1, 宮田和典2, 大鹿哲郎1 (1筑波大, 2宮田眼科医院, 3眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/7), 東京.

723719. [学会 (全国)] (一般講演) 前眼部OCT CASIA2メによる水晶体形状解析. 干川里絵1, 飯田嘉彦1, 庄司信行1 (1眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/7), 東京.

723720. [学会 (全国)] (一般講演) 正常眼とアトピー白内障眼における水晶体の解剖学的傾きの比較. 馬島清如1, 市川 慶2, 酒井幸弘3, 内藤尚久3, 片岡嵩博4, 中村友昭4, 玉置明野5, 市川一夫3,6 (1眼科明眼院, 2岐阜赤十字病院, 3中京眼科, 4名古屋アイクリニック, 5中京病院, 6眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/7), 東京.

723721. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障眼における高次収差や前方散乱が視機能に及ぼす影響の定量的検討. 矢ノ目京平1, 神谷和孝2, 飯田嘉彦1, 川守田拓志2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/7), 東京.

723722. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障術後の前眼部の経時変化. 常廣俊太郎1,2, 清水公也1,2, 五十嵐章史1,2, 輿水 学1,2, 加藤紗矢香2 (1眼科, 2山王病院アイセンター): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/7), 東京.

723723. [学会 (全国)] (一般講演) 前眼部OCTにより前眼部計測値と白内障術後前房深度. 佐藤信之1,2, 飯田嘉彦2, 石田 暁2, 庄司信行2 (1北里大学メディカルセンター, 2眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/7), 東京.

723724. [学会 (全国)] (一般講演) 多施設共同研究による円錐角膜に対する白内障手術の予測性の検討 (第2報: 計算式). 神谷和孝1, 飯島 敬1, 庄司信行1, 森 洋斉1,2, 宮田和典2, 山口剛史3, 島崎 潤3, 渡辺真矢4, 前田直之4 (1眼科, 2宮田眼科病院, 3東京歯大・市川, 4大阪大): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/7), 東京.

723725. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障手術予定患者のコントラスト視力と年齢との相関の検討. 安藤和歌子1, 神谷和孝2, 飯田嘉彦1, 川守田拓志2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/7), 東京.

723726. [学会 (全国)] (学術展示)【座長】白内障手術1. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/7), 東京.

723727. [学会 (全国)] (学術展示) 手術終了時の眼圧別に分けたトラベクトーム手術の成績. 米山 諒1, 笠原正行1, 松村一弘1, 江黒友春1, 辻沢辰彦2, 古田祐佳子1, 庄司信行1 (1眼科, 2東芝林間病院): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/7), 東京.

723728. [学会 (全国)] (一般講演) 貫通孔付き有水晶体後房レンズ術後における瞳孔径とVaultの動的変化. 加藤紗矢香1,2, 清水公也1,2, 五十嵐章史1,2, 常廣俊太郎1,2 (1山王病院, 2眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/8), 東京.

723729. [学会 (全国)] (一般講演) 前眼部OCTを用いた有水晶体後房レンズサイズの最適化. 五十嵐章史1,2, 清水公也1,2, 常廣俊太郎1,2, 輿水 学1,2, 神谷和孝3 (1山王病院, 2眼科, 3医療衛生学部): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/8), 東京.

723730. [学会 (全国)] (一般講演) 中高年者に対する貫通孔付き後房型有水晶体眼内レンズの臨床成績. 高橋正英1, 神谷和孝2, 高橋夏実1, 河野雄亮1, 清水公也1,3, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部, 3山王病院アイセンター): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/8), 東京.

723731. [学会 (全国)] (一般講演) 特発性眼窩炎症の視機能障害の検討. 永井瑞季1, 岩佐真弓1,2, 山上明子1,2, 若倉雅登1,2, 井上賢治1 (1井上眼科病院, 2眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/8), 東京.

723732. [学会 (全国)] (一般講演) 眼瞼痙攣におけるボツリヌス治療の回数と治療効果. 岩佐真弓1,2, 南雲はるか1, 引田俊一1, 山上明子1,2, 田尻美香1, 河本ひろ美1, 井上賢治1, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/8), 東京.

723733. [学会 (全国)] (一般講演) 両眼開放下と片眼遮閉下の視機能に及ぼす瞳孔径の年代別比較検討. 戸塚 悟1, 半田知也2, 後関利明1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第121回日本眼科学会総会 (2017/4/8), 東京.

723734. [学会 (全国)] (一般講演) 心臓手術を契機に急激な視野の悪化を認めた発達緑内障の1例. 浅野 亮1, 渡邊三訓2,3 (1JCHO中京病院, 2中京眼科, 3眼科): 第6回日本視野学会学術集会 (2017/4/21), 秋田.

723735. [学会 (全国)] (一般講演) imoメが診断に有効だった片眼性非器質性視野障害の4例. 後関利明1, 庄司信行1, 石川 均2, 郷右近博康1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第6回日本視野学会学術集会 (2017/4/22), 秋田.

723736. [学会 (全国)] (一般講演) 急激に進行していた眼窩腺癌の1例. 柏木広哉1,2, 鬼塚哲郎1, 中川雅裕1, 西村哲夫1, 草深公秀1 (1静岡県立静岡がんセンター眼科, 2眼科): 第32回日本眼窩疾患シンポジウム (2017/5/27), 沖縄.

723737. [学会 (全国)] (一般講演) 扁平上皮癌に対して手術と陽子線治療を施行した1例. 柏木広哉1,2, 鬼塚哲郎1, 中川雅裕1, 西村哲夫1, 伊藤以知郎 (1静岡県立静岡がんセンター眼科, 2眼科): 第5回日本眼形成再建外科学会学術集会 (2017/6/4), 小倉.

723738. [学会 (全国)] (一般口演) 健常成人における Spot Vison Screenerメの 測定精度に関する検討. 越地理沙子1, 後関利明1, 保科美希1, 浅川 賢2, 龍井苑子1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723739. [学会 (全国)] (一般口演) 近見立体視検査JACO stereo testの開発−第2報−. 関ゆかり1, 若山曉美1, 半田知也2, 南雲 幹3, 森 隆史4, 矢ヶ崎悌司5 (1近畿大, 2医療衛生学部, 3井上眼科病院, 4福島県立医大, 5眼科やがさき医院): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723740. [学会 (全国)] (一般口演) 北里大学弱視斜視外来患者の眼位と屈折値の検討. 山川千佳1, 干川里絵1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723741. [学会 (全国)] (一般口演) 弱視患者における検査条件の違いによる視力・瞳孔の影響. 戸塚 悟1, 半田知也2, 石川 均2, 後関利明1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723742. [学会 (全国)] (一般口演) 遠視性不同視弱視における方向変換ミラーを用いた両眼開放視力と単眼遮蔽視力の比較. 吉田美穂1,2, 新井田孝裕2,3, 内山仁志2, 三浦菜都子1, 鈴木愛理1, 野田英一郎1 (1東京都立小児総合医療センター, 2国際医療福祉大学, 3眼科): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723743. [学会 (全国)] (一般口演) 自閉症児にみられた共同性眼球運動の異常. 榊原七重1, 石川 均1, 斎藤優子2, 後関利明3, 庄司信行3 (1医療衛生学部, 2社会福祉法人すずらんの会発達支援部門ぱれっと, 3眼科): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723744. [学会 (全国)] (一般口演) Irlen症候群の2例. 河本ひろ美1, 土師かさね1, 石井祐子1, 井上賢治1, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723745. [学会 (全国)] (学術展示) 眼位検査経験者と未経験者における眼位ずれの認識の差異. 望月浩志1, 阿久津美歩1, 原 郁美1, 真柄百香1, 三森奈菜1, 藤山由紀子1, 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大学, 2眼科): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723746. [学会 (全国)] (学術展示) 弱視眼視力評価における片眼遮蔽と両眼開放視力検査の比較検討. 杉浦澄和1, 伊藤博隆1, 佐川宏惠1, 鈴木恵奈1, 岩谷慎也2, 半田知也3, 杢野久美子1 (1刈谷豊田総合病院, 2堀眼科クリニック, 3医療衛生学部): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723747. [学会 (全国)] (学術展示) Occlu-padメを用いた通院による弱視訓練が奏功した微小斜視弱視の1例. 岩田 遥1, 石川 均2, 後関利明3, 半田知也2, 酒匂丈裕4, 庄司信行3 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3眼科, 4さこう眼科): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723748. [学会 (全国)] (学術展示) 弱視治療をおこなったTreacher Collins症候群の一例. 小野里規子1, 原 直人1, 藤山由紀子1, 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大, 2眼科): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723749. [学会 (全国)] (学術展示) 相模原市就学時健康診断時視力検査の3年実施報告. 藤村芙佐子1, 半田知也1, 川守田拓志1, 岩田 遥2, 庄司信行3 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3眼科): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723750. [学会 (全国)] (学術展示) 未就学児における視機能の検討. 佐藤 司1, 高橋由嗣1, 伊藤美沙絵1, 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大学, 2眼科): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723751. [学会 (全国)] (学術展示) アイトラッカーを用いた無指示時の視運動性眼振の分類. 鈴木賢治1, 新井田孝裕1,2, 原 直人1, 藤山由紀子1 (1国際医療福祉大学, 2眼科): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723752. [学会 (全国)] (学術展示) 視線解析装置における頭位変化による測定誤差の検討. 四之宮佑馬1, 高橋由嗣1, 野上豪志1, 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大学, 2眼科): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723753. [学会 (全国)] (学術展示) 視線解析装置を用いた衝動性眼球運動速度の検討. 高橋由嗣1, 四之宮佑馬1, 野上豪志1, 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大学, 2眼科): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723754. [学会 (全国)] (学術展示) 網膜剥離術後固定内斜視に対し横山法を施行, 眼圧が下降した症例. 南雲はるか1, 塩川美奈子1, 山上明子1,2, 井上賢治1 (1井上眼科病院, 2眼科): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723755. [学会 (全国)] (学術展示) 3歳男児の抗MuSK抗体陽性重症筋無力症の1例. 池田哲也1, 後関利明1, 石川 均2, 金山俊介1, 庄司信行1, 野々田豊3 (1眼科, 2医療衛生学部, 3小児): 第73回日本弱視斜視学会総会・第42回日本小児眼科学会総会 (2017/6/16), 金沢.

723756. [学会 (全国)] (一般講演) 有水晶体後房レンズ術後における調節によるVaultの変化. 加藤紗矢香1,2, 清水公也1,2, 五十嵐章史1,2, 常廣俊太郎1,2 (1山王病院, 2眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

723757. [学会 (全国)] (一般講演) 後房型水晶体眼内レンズ挿入術が周辺部角膜内皮細胞形態へ及ぼす長期的影響の検討. 郷右近博康1, 神谷和孝2, 高橋正英1, 河野雄亮1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

723758. [学会 (全国)] (一般講演) 隅角間距離を用いた後房型有水晶体眼内レンズサイズ計算の検討. 五十嵐章史1,2, 清水公也1,2, 常廣俊太郎1,2, 神谷和孝3 (1山王病院, 2眼科, 3医療衛生学部): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

723759. [学会 (全国)] (一般講演) 水晶体の形態異常により視力低下をきたした片眼性後部円錐水晶体の1例. 石田 暁1, 飯田嘉彦1, 石川 均2, 干川里絵1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

723760. [学会 (全国)] (一般講演) 中等度・重度円錐角膜に対する白内障手術の予測性の検討. 飯島 敬1, 神谷和孝2, 庄司信行1, 森 洋斉1,3, 宮田和典3, 山口剛史4, 島崎 潤4, 渡辺真矢5, 前田直之5 (1眼科, 2医療衛生学部, 3宮田眼科, 4東京歯大, 5大阪大): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

723761. [学会 (全国)] (一般講演) Laser in situ keratomileusis (LASIK) 後白内障眼における眼内レンズ度数計算式の精度. 比嘉利沙子1, 瀬谷剛史1, 井上賢治1, 若倉雅登1,2, 魚里 博3 (1井上眼科病院, 2眼科, 3大阪人間科学大学): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

723762. [学会 (全国)] (一般講演) 円錐角膜眼における眼内レンズ度数計算の検討. 小島隆司1,2, 洞井里絵2, 磯谷尚輝2, 中村友昭2, 玉置明野3, 市川一夫4,5 (1岐阜赤十字病院, 2名古屋アイクリニック, 3中京病院, 4中京眼科, 5眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/23), 福岡.

723763. [学会 (全国)] (一般講演) VisuMaxメを用いたFemtosecond Lenticle ExtractionとSmall Incision Lenticule Extractionの長期成績. 高橋正英1, 神谷和孝2, 河野雄亮1, 五十嵐章史1,3, 清水公也1,3, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部, 3山王病院アイセンター): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/24), 福岡.

723764. [学会 (全国)] (一般講演) MEL90によるLASIKの術後早期成績. 水野泰子1,2, 片岡嵩博1, 小島隆司1,3, 吉田陽子1, 中村友昭1, 市川一夫2,4 (1名古屋アイクリニック, 2中京眼科, 3岐阜赤十字病院, 4眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/24), 福岡.

723765. [学会 (全国)] (一般講演) 高度乱視症例に対するトーリック眼内レンズの矯正効果の検討. 飯田将元1, 小溝崇史1, 森 洋斉1,2, 高田慶太1, 南慶一郎1, 宮田和典1 (1宮田眼科, 2眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/24), 福岡.

723766. [学会 (全国)] (一般講演) 製造工程を最適化したアクリソフメの術後3年の臨床成績. 森 洋斉1,2, 江口秀一郎3, 平 容子4, 林  研5, 宮田 章6, 宮田和典1 (1宮田眼科, 2眼科, 3江口眼科病院, 4眼科龍雲堂医院, 5林眼科病院, 6みやた眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/24), 福岡.

723767. [学会 (全国)] (学術展示) 眼内レンズ挿入眼における自覚屈折値と裸眼視力. 金山俊介1, 飯田嘉彦1, 石田 暁1, 干川里絵1, 庄司信行1 (1眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/24), 福岡.

723768. [学会 (全国)] (学術展示) 術中波面収差測定装置による術中屈折値と術後屈折値の比較. 市川 慶1, 小島隆司1, 加藤幸仁2, 岡田あかね1, 酒井幸弘2, 内藤尚久2, 玉置明野3, 高木麻里3, 市川一夫2,4 (1岐阜赤十字病院, 2中京眼科, 3中京病院, 4眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/24), 福岡.

723769. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障手術における収差や散乱がコントラスト感度に及ぼす影響の検討. 神谷和孝1, 矢ノ目京平2, 安藤和歌子2, 川守田拓志1, 飯田嘉彦2, 庄司信行2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/25), 福岡.

723770. [学会 (全国)] (一般講演) 円錐角膜眼における角膜前後面屈折力分布の検討. 河野雄亮1, 神谷和孝2, 高橋正英1, 五十嵐章史1,3, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部, 3山王病院アイセンター): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/25), 福岡.

723771. [学会 (全国)] (一般講演) PCB00V挿入眼における色覚の検討. 佐藤裕之1, 田中芳樹2, 高木麻里3, 市川 慶4, 市川一夫2,5 (1飯田市立病院, 2中京眼科, 3中京病院, 4岐阜赤十字病院, 5眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/25), 福岡.

723772. [学会 (全国)] (一般講演) 眼内レンズが挿入されたN形状の生体眼におけるモデル映像. 馬嶋清如1, 市川 慶2, 酒井幸弘3, 内藤尚久3, 片岡嵩博4, 磯谷尚輝4, 中村友昭4, 市川一夫3,5 (1眼科明眼院, 2岐阜赤十字病院, 3中京眼科, 4名古屋アイクリニック, 5眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/25), 福岡.

723773. [学会 (全国)] (学術展示) CASIA2を用いた日常視下瞳孔径の推測. 佐藤 司1,2, 鴨下奈苗2, 加藤紗矢香2, 伊藤美沙絵1,2, 五十嵐章史1,2,3 清水公也1,2,3 (1国際医療福祉大学, 2山王病院, 3眼科): 第32回JSCRS学術総会 (2017/6/25), 福岡.

723774. [学会 (全国)] (一般講演) コリネバクテリウム結膜炎における鼻腔コリネバクテリウム菌との相互関係. 坂本則敏1, 庄司信行2, 中村正樹3, 北里英郎3 (1坂本眼科湘南クリニック, 2眼科, 3医療衛生学部): フォーサム2017大阪 (第54回日本眼感染症学会) (2017/7/14), 大阪.

723775. [学会 (全国)] (一般講演) 静岡県立静岡がんセンターで経験した涙道悪性腫瘍4例. 柏木広哉1,2, 鬼塚哲郎2, 中川雅裕2, 村山重行2, 伊藤以知郎2, 石川靖彦2 (1眼科, 2静岡県立静岡がんセンター眼科): フォーサム2017大阪 (第54回日本眼感染症学会) (2017/7/15), 大阪.

723776. [学会 (全国)] (一般口演)【座長】水晶体・白内障視機能. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第56回日本白内障学会総会・第43回水晶体研究会 (2017/8/4), 栃木.

723777. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障眼における後方散乱と前方散乱の関連と視機能への影響の検討. 神谷和孝1, 矢ノ目京平2, 安藤和歌子2, 飯田嘉彦2, 庄司信行2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第56回日本白内障学会総会・第43回水晶体研究会 (2017/8/4), 栃木.

723778. [学会 (全国)] (一般口演)【座長】視力・屈折. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第53回日本眼光学学会総会 (2017/9/2), 東京.

723779. [学会 (全国)] (一般口演) 健診で弱視の見逃しを防ぐ検影法での簡易スクリーニング判定法〜基礎データの検討〜. 礒部大輔1, 大野晃司1, 藤村芙佐子2, 川守田拓志2 (1大野眼科医院, 2医療衛生学部): 第53回日本眼光学学会総会 (2017/9/2), 東京.

723780. [学会 (全国)] (一般講演) 静岡県立静岡がんセンター眼科における眼腫瘍242名の総括. 柏木広哉1,2, 鬼塚哲郎2, 中川雅裕2, 清原祥夫2, 吉川周佐2, 西村哲夫2, 村山重行2, 伊藤以知郎2, 百合草健圭志2 (1眼科, 2静岡県立静岡がんセンター眼科): 第35回日本眼腫瘍学会 (2017/9/23), 東京.

723781. [学会 (全国)] (一般口演) ボツリヌス毒素療法後, 長期経過観察が可能であったICT内斜視の1例. 後関利明1, 石川 均2, 池田哲也1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第4回日本ボツリヌス治療学会学術大会 (2017/9/29), 東京.

723782. [学会 (全国)] (一般口演) トラベクトーム手術後の線維柱帯切開創と術後眼圧との関係. 辻沢辰彦1, 笠原正行2, 松村一弘2, 庄司信行2 (1海老名総合病院, 2眼科): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/29), 広島.

723783. [学会 (全国)] (一般口演) トラベクトーム手術前後における眼球形状変化の検討. 河野雄亮1,2, 飯田嘉彦2, 笠原正行2, 松村一弘2, 庄司信行2 (1東芝林間病院, 2眼科): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/29), 広島.

723784. [学会 (全国)] (一般口演) 開放隅角緑内障患者に対するトラベクトーム手術の日本での他施設短期手術成績. 渡邉三訓1, 市川一夫1, 庄司信行2, 相原 一3, 植田俊彦4, 伊藤 勇5 (1中京眼科, 2眼科, 3東京大, 4二本松眼科病院, 5保谷伊藤眼科): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/29), 広島.

723785. [学会 (全国)] (一般口演) 落屑症候群に関連するLysyl oxidase-like1 (LOXL1) におけるrare variant探索. 尾崎峯生1,2,3, 溝口尚則4, 中野聡子5, 森 和彦6, 林  研7, 真鍋伸一7, 風間成泰8, 井上賢治9, 杉山和久10, 出田隆一11, 森 洋斉12,13, 宮田和典12, 東出朋巳10, 千原悦夫14, 石子智士15, 吉田晃敏15, 柳 昌秀16, 木内良明16, 大橋 勉17, 櫻井寿也18, 杉本貴子2, 中馬秀樹2, 相原 一19, 稲谷 大20, 吉村長久21, 池田陽子6, 木下 茂6, 久保田敏昭5, Tin Aung22, Chiea Chuen Khor23 (1尾崎眼科, 2宮崎大, 3九州保健福祉大, 4溝口眼科, 5大分大, 6京都府立医大, 7林眼科病院, 8新城眼科医院, 9井上眼科病院, 10金沢大, 11出田眼科病院, 12宮田眼科病院, 13眼科, 14千原眼科, 15旭川医大, 16広島大, 17大橋眼科, 18多根記念眼科病院, 19東京大, 20福井大, 21北野病院, 22Singapore National Eye Center, 23Genome Institute of Singapore): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/29), 広島.

723786. [学会 (全国)] (一般口演) 中心10度視野測定点の視神経乳頭マップのstructure-function relationshipからの検証. 藤野友里1, 村田博史1, 松浦将人1,2, 柳澤美依子1, 井上賢治3, 山上淳吉4, 朝岡 亮1 (1東京大, 2眼科, 3井上眼科病院, 4JR東京総合病院): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/29), 広島.

723787. [学会 (全国)] (一般口演) Investigateing the structure-function relationship using Goldmann V standard automated perimetry in glaucoma patients. 松浦将人1,2, 柳澤美依子1, 村田博史1, 藤野友里1, 平澤一法3, 朝岡 亮1 (1東京大, 2眼科, 3Moorfields Eye Hospital): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/30), 広島.

723788. [学会 (全国)] (一般口演) Corvis STによる眼球移動パラメータが緑内障視野進行に対するcorneal hystersisの関連性に与える影響. 青木修一郎1, 村田博史1, 松浦将人1,2, 平澤一法1,2, 柳澤美依子1, 中倉俊祐3, 中尾善隆4, 木内良明4, 朝岡 亮1 (1東大, 2眼科, 3ツカザキ病院, 4広島大): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/30), 広島.

723789. [学会 (全国)] (一般口演) ヘッドマウント型視野計による瞳孔視野測定の試み. 浅川 賢1, 石川 均1, 庄司信行2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/30), 広島.

723790. [学会 (全国)] (一般口演) Fixation behavior during standard automated permetry in monocular and binocular fixation condition. 平澤一法1,2, Kaoru Kobayashi3, Asuka Shibamoto3, Houmi Tobari1, Yuki Fukuda4, 庄司信行1 (1眼科, 2Moorefield Eye Hospital, 3Keio Univ, 4Jikei Univ): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/30), 広島.

723791. [学会 (全国)] (一般口演) 慢性経過の白内障術後悪性緑内障に対し硝子体カッターによるトンネルテクニックが奏功した症例. 浅野 亮1, 加賀達志1, 渡邉三訓2,3 (1JCHO中京病院, 2中京眼科, 3眼科): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/30), 広島.

723792. [学会 (全国)] (学術展示) ヘッドマウント型視野計とハンフリー視野計における検査結果の比較. 郷右近博康1, 藤村芙佐子2, 笠原正行1, 松村一弘1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/30), 広島.

723793. [学会 (全国)] (学術展示) トラベクトーム手術後の視野経過. 高橋夏実1, 笠原正行1, 松村一弘1, 庄司信行1 (1眼科): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/30), 広島.

723794. [学会 (全国)] (学術展示) 緑内障性者障害を有する患者のQOLに対する眼優位性の影響. 藤村芙佐子1, 川守田拓志1, 松村一弘2, 笠原正行2, 庄司信行2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第28回日本緑内障学会 (2017/9/30), 広島.

723795. [学会 (全国)] (一般講演) 健常者における隅角間距離と眼軸長, 角膜屈折力との関係. 加藤紗矢香1,2, 清水公也1,2, 五十嵐章史1,2, 常廣俊太郎1,2 (1眼科, 2山王病院): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723796. [学会 (全国)] (一般講演) 前房深度別の後房型有水晶体眼内レンズの臨床成績の比較. 高橋正英1, 神谷和孝2, 米山 諒1, 清水公也1,3, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部, 3山王病院アイセンター): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723797. [学会 (全国)] (一般講演) 有水晶体後房レンズの術後vaultが瞳孔径に与える影響. 五十嵐章史1,2, 清水公也1,2, 加藤紗矢香1,2, 高橋正英2, 神谷和孝3 (1山王病院, 2眼科, 3医療衛生学部): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723798. [学会 (全国)] (一般講演) 標準眼軸長軸と長眼軸長眼における前眼部計測値と眼内レンズ固定位置の相関性の変化. 佐藤信之1,2, 飯田嘉彦1, 石田 暁1, 庄司信行1 (1眼科, 2北里大学メディカルセンター): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723799. [学会 (全国)] (一般講演) 水晶体厚に伴う水晶体形状の変化と眼内レンズ固定位置. 佐藤 司1,2, 清水公也1,2,3, 常廣俊太郎1,2,3, 加藤紗矢香2,3, 五十嵐章史1,2,3, 輿水 学1,2,3 (1国際医療福祉大学, 2山王病院アイセンター, 3眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723800. [学会 (全国)] (一般講演) 3重焦点眼内レンズFINE VISIONの術後成績. 高木麻里1, 小島隆司2, 長谷川亜里3, 鈴木智翔1, 岡田あかね1, 市川 慶1, 吉田則彦1, 市川一夫4,5 (1岐阜赤十字病院, 2慶應大, 3JCHO中京病院, 4中京眼科, 5眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723801. [学会 (全国)] (一般講演) 血友病患者に見られた外傷性前房出血による続発性高眼圧症の手術の一例. 上田至亮1, 斉藤康子1, 綿谷早紀1, 渡辺嘉彦1, 長尾 梓2, 後関利明3, 高橋正英3 (1荻窪病院, 2荻窪病院・血液科, 3眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723802. [学会 (全国)] (一般講演) 帯状角膜変性における前方・後方散乱および収差が視機能に及ぼす影響の検討. 神谷和孝1, 高橋正英2, 米山 諒2, 飯島 敬2, 庄司信行2, 五十嵐章史2,3 (1医療衛生学部, 2眼科, 3山王病院): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723803. [学会 (全国)] (一般講演) 良性片眼性開瞼先行の臨床症状: 2症例の報告. 原 直人1,2, 小野里規子2, 新井田孝裕1,2,3, 森 圭介2 (1国際医療福祉大・視機能療法, 2国際医療福祉大病院, 3眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723804. [学会 (全国)] (一般講演) 両眼性複視を主訴とする高齢者の拝啓及び特徴. 河合愛実1, 後関利明2, 石川 均3, 保科美希4, 庄司信行2 (1大学院医療系研究科, 2眼科, 3医療衛生学部, 4山王病院): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723805. [学会 (全国)] (一般講演) 眼窩プーリーの異常が眼位へ与える影響. 後関利明1, 石川 均3, 河合愛実2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療系研究科, 3医療衛生学部): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723806. [学会 (全国)] (一般講演) 立体視知覚に検査距離が及ぼす影響. 岩田 遥1, 半田知也2, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723807. [学会 (全国)] (一般講演) 調節に伴う水晶体の形状解析. 石田 暁1, 飯田嘉彦1, 庄司信行1 (1眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723808. [学会 (全国)] (学術展示) アイトラッカーを用いた重度脳性麻痺患者の視運動性眼振の分類. 鈴木賢治1, 新井田孝裕1,2, 佐藤 司1, 高橋由嗣1, 野上豪志1, 原 直人1, 藤山由紀子1 (1国際医療福祉大学, 2眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723809. [学会 (全国)] (学術展示) 視機能異常を契機に診断された水頭症シャント機能不全の1例. 朴  華1, 山上明子1,2, 岩佐真弓1,2, 南雲はるか1, 井上賢治1, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723810. [学会 (全国)] (学術展示) 内頚動脈海綿静脈洞瘻徴候を呈したがステロイド治療で改善した1例. 塩川美菜子1, 岩佐真弓1,2, 山上明子1,2, 井上賢治1, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723811. [学会 (全国)] (学術展示)【座長】緑内障: 手術1. 庄司信行 (眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723812. [学会 (全国)] (学術展示) トラベクトームメ術後早期の眼圧下降率に影響する因子の検討. 笠原正行1, 古田祐佳子1, 松村一弘1, 江黒友春1, 金山俊介1, 龍井苑子1, 池田哲也1, 庄司信行1 (1眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723813. [学会 (全国)] (学術展示) トラベクトーム術後不成功例におけるトラべクレクトミー術後成績. 松村一弘1, 庄司信行1, 笠原正行1, 池田哲也1, 江黒友春1, 龍井苑子1, 金山俊介1, 高橋華子1 (1眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/12), 東京.

723814. [学会 (全国)] (一般講演) 感覚性外斜視の発生メカニズムの研究−黄斑部疾患における両眼視機能の比較検討−. 大沼 学1,2, 新井田孝裕2,3, 原 直人2, 藤山由紀子2, 内海 通1 (1総合新川橋病院, 2国際医療福祉大学・視機能療法, 3眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/13), 東京.

723815. [学会 (全国)] (一般講演) 円錐角膜に対する白内障手術の予測性の検討 (第4報: 各種角膜屈折力の比較). 飯島 敬1, 神谷和孝2, 庄司信行1, 森 洋斉1,3, 宮田和典3, 山口剛史4, 島崎 潤4, 渡辺真矢5, 前田直之5 (1眼科, 2医療衛生学部, 3宮田眼科, 4東京歯大・市川, 5大阪大): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/13), 東京.

723816. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】神経眼科. 石川 均 (医療衛生学部): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/14), 東京.

723817. [学会 (全国)] (一般講演) Corvis STによる最大陥凹時角膜弾性エネルギーと緑内障性視野進行速度との関連. 青木修一郎1, 村田博史1, 松浦将人1, 平澤一法1,2, 中尾喜隆3, 中倉俊祐4, 木内良明3, 朝岡 亮1 (1東京大, 2医療衛生学部, 3広島大, 4ツカザキ病院): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/14), 東京.

723818. [学会 (全国)] (学術展示) 自閉症スペクトラム障害児における視力と屈折の分布. 榊原七重1, 斎藤優子2, 石川 均1, 後関利明3, 庄司信行3 (1医療衛生学部, 2社会福祉法人すずらんの会, 3眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/14), 東京.

723819. [学会 (全国)] (学術展示)【座長】屈折・視機能2. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/14), 東京.

723820. [学会 (全国)] (学術展示) LED照明の波長制御による視作業距離への影響. 半田知也1, 川守田拓志1, 庄司信行2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/14), 東京.

723821. [学会 (全国)] (学術展示) 黄斑偏位によるガンマ角以上の症例に対し白内障手術を施行した一例. 干川里絵1, 飯田嘉彦1, 川守田拓志2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第71回日本臨床眼科学会 (2017/10/14), 東京.

723822. [学会 (全国)] (一般講演) 10年間眼科医一人でTS-1眼障害を数百例診察した経験より得たもの. 柏木広哉1,2 (1静岡県立静岡がんセンター眼科, 2眼科): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 横浜.

723823. [学会 (全国)] (一般口演) 未熟児網膜症発症児の3歳における角膜屈折力について. 斎藤 彩1, 戸塚 悟1, 池田哲也1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第58回日本視能矯正学会 (2017/10/28), 宮城.

723824. [学会 (全国)] (一般口演) 立体視応答速度における軽度乱視の影響. 結城岳志1, 半田知也2, 岩田 遥2, 飯田嘉彦3, 庄司信行3 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3眼科): 第58回日本視能矯正学会 (2017/10/28), 宮城.

723825. [学会 (全国)] (一般口演) 眼周囲温熱療法が脈絡膜に及ぼす影響−脈絡膜2階調化画像解析による検討−. 鎌田泰彰1, 原 直人1, 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大学, 2眼科): 第58回日本視能矯正学会 (2017/10/28), 宮城.

723826. [学会 (全国)] (ポスター) Spot Vision Screenerの有用性の検討. 佐藤 司1, 高橋由嗣1, 野上豪志1, 伊藤美沙絵1, 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大学, 2眼科): 第58回日本視能矯正学会 (2017/10/28), 宮城.

723827. [学会 (全国)] (ポスター) 歯科用顕微鏡の光源の違いによる視覚機能, 疲労度への影響. 清水菜津子1, 市邉義章1,2, 君島真純1, 蒲生真里1, 向野和雄1, 武藤徳子3, 石井信行3 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック, 2眼科, 3神奈川歯科大学付属歯髄生物): 第58回日本視能矯正学会 (2017/10/28), 宮城.

723828. [学会 (全国)] (ポスター) 近年における視能訓練士国家試験問題の出題動向. 横田敏子1,2, 米田 剛1,3, 内田昌樹1,4, 田野上恭子1,5, 新井田孝裕1,6,7 (1全国視能訓練士学校協会, 2大阪医療福祉専門, 3川崎医療福祉大, 4西日本教育医療専門, 5大分視能訓練士専門, 6国際医療福祉大, 7眼科): 第58回日本視能矯正学会 (2017/10/28), 宮城.

723829. [学会 (全国)] (一般口演) 眼鏡装用及び眼鏡装用にOcclu-padを併用した弱視訓練効果の比較検討. 岩田 遥1, 石川 均1, 後関利明2, 半田知也1, 酒匂丈裕3, 庄司信行2 (1医療衛生学部, 2眼科, 3さこう眼科): 第58回日本視能矯正学会 (2017/10/29), 宮城.

723830. [学会 (全国)] (一般口演) Kinectセンサーを用いた視作業距離の測定. 矢崎香菜1, 干川里絵1, 半田知也2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第58回日本視能矯正学会 (2017/10/29), 宮城.

723831. [学会 (全国)] (一般口演) 強度近視を伴わない固定内斜視に対し, 横山法が有用であった一例. 原田優子1, 後関利明2, 金田和豊1, 石川 均3, 中崎秀二1 (1宮崎中央眼科病院, 2眼科, 3医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 神奈川.

723832. [学会 (全国)] (一般口演) 眼窩プーリーの異常を伴った後天内斜視に対し両眼内直筋後転術が著効した1例. 蒲生真理1, 後関利明2, 君島真純1, 市邊義章1,2, 清水菜津子1, 向野和雄1 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック, 2眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 神奈川.

723833. [学会 (全国)] (一般口演) Mesalazineによる薬剤性視神経症の一例. 山上明子1,2, 若倉雅登1,2, 井上賢治1, 石川裕人3, 三村 治3 (1井上眼科病院, 2眼科, 3兵庫医科大学): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 神奈川.

723834. [学会 (全国)] (一般口演) 眼瞼痙攣・顔面痙攣におけるボツリヌス治療の回数と治療効果の比較. 岩佐真弓1,2, 南雲はるか1, 引田俊一1, 山上明子1,2, 田尻美香3, 河本ひろ美1, 井上賢治1, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科, 3井上眼科病院麻酔科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 神奈川.

723835. [学会 (全国)] (一般口演) 眼瞼痙攣患者の機能的・美容的問題に対する極薄粘着テープの効果. かづきれいこ1,2, 清澤源弘3, 若倉雅登4,5 (1REIKO KAZUKI, 2日本医科大学付属病院形成外科・再建外科・美容外科, 3清澤眼科医院, 4井上眼科病院, 5眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 神奈川.

723836. [学会 (全国)] (一般口演) 抗AQP抗体計測でELISA法陽性, CBA法陰性であった3例. 鈴木博美1, 後関利明1, 石川 均2, 中澤祐則1, 龍井苑子1, 庄司信行1, 田中惠子3 (1眼科, 2医療衛生学部, 3新潟大学脳研究所): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 神奈川.

723837. [学会 (全国)] (一般口演) 難治性視神経炎全国調査−2017年度結果報告−. 石川 均1,2, 毛塚剛志1,3,4, 後関利明1,5, 三村 治1,6, 吉富健志1,7, 敷島敬悟1,8, 平岡美紀1,9, 中馬秀樹1,10, 中村 誠1,11, 山上明子1,2,12, 田中惠子1,13 (1抗MOG抗体陽性視神経炎調査班, 2医療衛生学部, 3毛塚眼科医院, 4東京医科大学, 5眼科, 6兵庫医科大学, 7秋田大学, 8東京慈恵医科大学, 9札幌医科大学, 10宮崎大学, 11神戸大学, 12井上眼科病院, 13新潟大学脳研究): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 神奈川.

723838. [学会 (全国)] (ポスター) 長期経過観察が可能であった視神経炎を伴う樹氷状網膜血管炎の1例. 河合愛実1, 後関利明2, 石川 均3, 庄司信行2 (1大学院医療系研究科, 2眼科, 3医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/10), 神奈川.

723839. [学会 (全国)] (一般口演) ICT環境における偏頭痛の光過敏の実態と遮光眼鏡による抑制効果に関する研究. 原 直人1, 君島真純2, 蒲生真理2, 秋山久尚3, 鎌田泰彰1, 野上豪志1, 新井田孝裕1,4, 市邊義章2,4, 向野和雄2, 五十嵐久佳4,5 (1国際医療福祉大学, 2神奈川歯科大学付属横浜クリニック, 3聖マリアンナ医科大学神経内科, 4眼科, 5富士通クリニック内科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723840. [学会 (全国)] (一般口演) 最重症の眼球使用困難症候群の5例. 若倉雅登1,2, 岩佐真弓1,2, 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723841. [学会 (全国)] (一般口演) パーキンソン病の光干渉断層計による網膜・脈絡膜の検討. 鎌田泰彰1, 原 直人1,2, 小野里規子2, 佐藤 司1, 向野和雄3, 新井田孝裕1,2,4 (1国際医療福祉大学, 2国際医療福祉大学病院, 3神奈川歯科大学付属横浜クリニック, 4眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723842. [学会 (全国)] (一般口演) 弱視既往眼における網膜神経節細胞複合体の検討. 戸塚 悟1, 後関利明1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723843. [学会 (全国)] (一般口演) 小児弱視診断に於いて, GCCマップが有効であった2例. 金田和豊1, 原田優子1, 石川 均2, 中崎秀二1 (1宮崎中央眼科病院, 2医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723844. [学会 (全国)] (一般口演) 3D Visual Function Trainer-ORTeと大型弱視鏡の回旋融像幅の比較. 戸塚和子1, 後関利明1, 石川 均2, 半田知也2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723845. [学会 (全国)] (一般口演) 未熟児網膜症の網膜光凝固前後において皮膚電極型網膜電図測定を試みた1例. 池田哲也1, 石川 均2, 浅川 賢2, 後関利明1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723846. [学会 (全国)] (ポスター) 小児の特発性後天性動眼神経麻痺の1例. 野上豪志1,2, 鈴木賢治1,2, 原 直人1,2, 藤山由紀子1,2, 新井田孝裕1,2,3 (1国際医療福祉大学, 2国際医療福祉大学眼科, 3眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723847. [学会 (全国)] (ポスター) 原田病に合併したAdie瞳孔の1例. 渡辺研人1, 松本 直1, 柴 友明1, 富田匡彦1, 森山紗帆1, 堀 裕一1, 石川 均2 (1東邦大学医療センター大森病院, 2医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723848. [学会 (全国)] (ポスター) 立体視応答速度における片眼の軽度乱視による影響. 結城岳志1, 半田知也2, 岩田 遥2, 飯田嘉彦3, 庄司信行3 (1医療系研究科, 2医療衛生学部, 3眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723849. [学会 (全国)] (ポスター) 通院によるOcclu-pad使用訓練における家庭でのアイパッチ併用の弱視訓練効果の検討. 岩田 遥1, 石川 均2, 後関利明3, 半田知也2, 酒匂丈裕, 庄司信行3 (1医療系研究科, 2医療衛生学部, 3眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723850. [学会 (全国)] (ポスター) 外傷性視神経症経過観察中の心因性視力障碍に立体視機能検査が有用であった一例. 富田匡彦1, 松本 直1, 渡辺研人1, 柴 友明1, 堀 裕一1, 石川 均2 (1東邦大学医療センター大森病院, 2医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723851. [学会 (全国)] (ポスター) 両眼性上斜筋麻痺の臨床的特徴. 中澤祐則1, 後関利明1, 龍井苑子1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723852. [学会 (全国)] (一般口演)【コメンテーター】わからない症例・相談したい症例. 市邊義章1,2 (1神奈川歯科大学付属横浜クリニック, 2眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723853. [学会 (全国)] (一般口演) 原因不明の乳頭浮腫に網膜動脈分枝閉塞症を続発した一例. 青山祐里香1, 澤村裕正1, 蕪城俊克1, 若倉雅登2,3, 相原 一1 (1東京大学, 2井上眼科病院, 3眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723854. [学会 (全国)] (一般口演) 間欠的に下斜筋単独麻痺を呈した1例. 中澤祐則1, 後関利明1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723855. [学会 (全国)] (一般口演) 眼筋型重症筋無力症とdouble elevator palsyで診断を迷う1例. 松本 直1, 富田匡彦1, 渡辺研人1, 柴 友明1, 堀 裕一1, 石川 均2 (1東邦大学医療センター大森病院, 2医療衛生学部): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

723856. [学会 (全国)] (一般口演) 原因不明の両側乳頭浮腫を生じた症例. 浅野祥太郎1, 澤村裕正1, 蕪城俊克1, 山上明子2,3, 相原 一1 (1東京大学, 2井上眼科病院, 3眼科): 第55回日本神経眼科学会総会 (2017/11/11), 神奈川.

731087. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【まちづくり講演】つながる, 見える, 交通安全. 川守田拓志 (医療衛生学部): 中央地区地域活性化事業交付金事業報告会 (2017/4/15), 神奈川.

731088. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 養成校で学ぶ視野検査. 藤村芙佐子 (医療衛生学部): 秋田県視能訓練士会・2017年度第1回勉強会 (2017/4/23), 秋田.

731089. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 間違いだらけの神経眼科−間違いから学んだこと−. 石川 均 (医療衛生学部): 大森眼科学術研究会 (2017/4/26), 東京.

731090. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 緑内障治療を考え直す. 庄司信行 (眼科): 岐阜緑内障の会 (2017/5/14), 岐阜.

731091. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 神経眼科を通してみると眼科臨床は広がります. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第3回北陸神経眼科セミナー (2017/5/27), 金沢.

731092. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】緑内障薬物治療アップデイト. 庄司信行 (眼科): 第32回NG会 (2017/5/31), 東京.

731093. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Descemet's Membrace Endothelial Keratoplasty (DMEK)〜膜一枚への挑戦〜. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第10回OSKA (Ocular Surface Seminar in Kanagawa) (2017/6/1), 神奈川.

731094. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 緑内障の薬物療法と手術療法. 庄司信行 (眼科): 第177回大分眼科集談会 (2017/6/3), 大分.

731095. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 自覚症状で斬る! ドライアイ治療. 中西 基1,2 (1とうめい厚木クリニック, 2眼科): 第11回さがみ眼科研究会 (2017/6/9), 神奈川.

731096. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】OCTによる加齢黄斑変性の診断. 庄司信行 (眼科): 第11回さがみ眼科研究会 (2017/6/9), 神奈川.

731097. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 子供の近視進行抑制法. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科医院, 2眼科): 第130回神奈川県眼科集談会 (第59回神奈川医学会分科会) (2017/6/18), 神奈川.

731098. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】前視野緑内障 (Preperimetric glaucoma, PRG) の診断と治療up-to-date. 庄司信行 (眼科): 第17回神奈川眼科セミナー (2017/7/6), 神奈川.

731099. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 眼腫瘍の診断と治療. 柏木広哉1,2 (1静岡県立静岡がんセンター眼科, 2眼科): 第11回鳥取県眼科フォーラム (2017/7/8), 鳥取.

731100. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) リスクファクターにおける早期治療強化について. 庄司信行 (眼科): 第84回新潟臨床眼科研究会 (2017/7/23), 新潟.

731101. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 緑内障長期管理における視野検査の考え方. 庄司信行 (眼科): 第13回群馬緑内障の会 (2017/7/28), 群馬.

731102. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 眼から考える交通安全教育. 川守田拓志 (医療衛生学部): 日本Evidence Based Education学会 (2017/7/28), 東京.

731103. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 水晶体の加齢変化と視機能. 川守田拓志 (医療衛生学部): 2017眼光学チュートリアルセミナー (2017/8/19), 東京.

731104. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 視神経障害から見た緑内障鑑別診断. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): グラナテックWebカンファレンス (2017/8/21), WEB上.

731105. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 眼光学から考える眼鏡の基礎とポイント. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第9回伯耆眼科医の会 (2017/8/26), 鳥取.

731106. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 神経眼科. 石川 均 (医療衛生学部): 第3回マグノリアオフサルミックセミナー (2017/8/31), 東京.

731107. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 眼不定愁訴の宝庫-眼瞼痙攣, 甲状腺眼症, 薬物依存, そして身体症状障害. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第106回富山大学眼科臨床カンファレンス (2017/9/9), 富山.

731108. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 緑内障の長期管理と手術のタイミング. 庄司信行 (眼科): 第266回長野県眼科医会集談会 (2017/9/10), 長野.

731109. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】特別講演I. 庄司信行 (眼科): アイファガン0.1%発売5周年記念講演会 (2017/9/22), 神奈川.

731110. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 視野検査−基礎から最近のトピックスについて−. 藤村芙佐子 (医療衛生学部): 第28回小児眼科 (斜視・弱視) 症例検討会・勉強会 (2017/10/5), 神奈川.

731111. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】特別講演. 庄司信行 (眼科): 第53回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2017/10/19), 神奈川.

731112. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 目や視覚の不定愁訴を解剖する. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 岩槻医師会学術講演会 (2017/10/24), 埼玉.

731113. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 角膜耳側切開一手法と難症例に対するアプローチ. 飯田嘉彦 (眼科): 第12回北関東眼科手術セミナー (2017/10/26), 栃木.

731114. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 目の不定愁訴を解剖する. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): ビジョンケアセミナー2017 (2017/11/23), 東京.

731115. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 緑内障の病診連携. 庄司信行 (眼科): 中野区医師会眼科科部学術講演会 (2017/12/7), 東京.

731116. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 屈折矯正手術とドライアイ. 神谷和孝 (医療衛生学部): 大塚製薬社内説明会 (2018/1/30), 神奈川.

731117. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】特別講演. 庄司信行 (眼科): 第34回神奈川県緑内障談話会 (2018/2/10), 神奈川.

731118. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】特別講演. 庄司信行 (眼科): 第15回Bay Ophthalmic Surgical Seminar (2018/2/24), 神奈川.

731119. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 緑内障診断のポイントと注意点. 庄司信行 (眼科): 第4回城西武蔵野眼科講演会 (2018/2/28), 東京.

731120. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】特別講演. 庄司信行 (眼科): 第10回神奈川クロスオーバーシンポジウム (2018/3/3), 神奈川.

731121. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 円錐角膜治療の最前線. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第14回湘南眼科倶楽部 (2018/3/8), 神奈川.

731122. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】特別講演. 後関利明 (眼科): 第3回ESG〜External Surgery Group〜 (2018/3/9), 神奈川.

731123. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 硝子体手術について. 柳田智彦 (眼科): 参天製薬社内研修会 (2018/3/16), 神奈川.

731124. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 房水動態の意義. 五十嵐章史1,2 (1山王病院, 2眼科): Rock anniversary in Tokyo (2018/3/17), 東京.

731125. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 緑内障治療: 薬物から手術へ. 庄司信行 (眼科): 静岡県西部眼科学術講演会 (2018/3/22), 静岡.

731126. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 無水晶体眼に対する屈折矯正アップデート. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第6回無水晶体眼手術治療研究会 (2018/3/31), 東京.

732069. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) トラベクトーム手術の成績. 笠原正行 (眼科): 興和創薬社内講演会 (2017/4/4), 神奈川.

732070. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) トラベクトーム手術の長期成績. 笠原正行 (眼科): 千寿製薬社内講演会 (2017/4/12), 神奈川.

732071. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 眼の健康が身体も心も支配する. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾/湘南教室 (2017/4/15), 神奈川.

732072. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 神経眼科疾患の昨今の診断法と治療. 石川 均 (医療衛生学部): 目黒区医師会学術講演会 (2017/4/19), 東京.

732073. [学会 (地方会・研究会)] (WEB講演会) 主流出路に関する話題, トピックス. 庄司信行 (眼科): 第1回Kanagawa Glaucoma Web Conference (2017/4/26), 横浜.

732074. [学会 (地方会・研究会)] (WEB講演会) トラベクトームの有効性とGOSの有効性の関係, 他剤からの切替, 多剤併用, 等. 笠原正行 (眼科): 第1回Kanagawa Glaucoma Web Conference (2017/4/26), 横浜.

732075. [学会 (地方会・研究会)] (ミニシンポジウム) 切開による流出路再建術の成績と問題点. 庄司信行 (眼科): 第50回日本眼科講演会 (2017/5/27), 東京.

732076. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 角膜疾患における視機能解析〜散乱を極める〜. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第10回角膜Eyeの会 (2017/6/2), 東京.

732077. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 緑内障手術. 笠原正行 (眼科): アルコンファーマ社内講演会 (2017/6/15), 神奈川.

732078. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 緑内障の診断と進行判定. 庄司信行 (眼科): 第6回多摩眼科学術セミナー (2017/6/17), 東京.

732079. [学会 (地方会・研究会)] (ランチョンセミナー)【座長】早期緑内障における治療開始の動機づけ. 庄司信行 (眼科): 第9回神奈川眼科学会 (2017/6/18), 神奈川.

732080. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 視覚中心設計〜見え方をよくする共通法則〜. 川守田拓志 (医療衛生学部): 科学知総合研究所 (SKIL) 第35回定例フォーラム (2017/6/23), 東京.

732081. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 眼科医が見逃しやすい目の異常 (1) 眼球の異常ではないので起こる症状. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科) 第11回読売医療サロン (2017/6/29), 東京.

732082. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) わかりやすい眼光学〜知っておきたい眼鏡の知識から新しい屈折矯正法まで〜 (中級編). 川守田拓志 (医療衛生学部): 第8回ロービジョン・健診研究会in多摩 (2017/7/2), 神奈川.

732083. [学会 (地方会・研究会)] (閉会の辞) 閉会の辞. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第11回心療眼科研究会 (2017/7/8), 東京.

732084. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) NTGの診断と治療について. 庄司信行 (眼科): 第8回北海道眼科臨床セミナー (2017/7/9), 北海道.

732085. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】網膜下内視鏡手術. 後関利明 (眼科): 第54回湘西眼科臨床フォーラム (2017/7/13), 神奈川.

732086. [学会 (地方会・研究会)] (WEB講演会) 眼科医が知っておくべき眼瞼痙攣に対するボツリヌス療法〜治療満足度向上を目指して〜. 後関利明 (眼科): Blepharospasm Webinar (2017/7/18), WEB上.

732087. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 神経眼科からみた眼不定愁訴. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 板橋区眼科医会学術講演会 (2017/7/19), 東京.

732088. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 眼圧上昇期間別に分けたトラベクトーム手術の成績. 笠原正行 (眼科): 興和製薬社内講演会 (2017/7/25), 神奈川.

732089. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 緑内障のタイミングと病診連携. 庄司信行 (眼科): 眼科臨床実践講座2017 (2017/8/20), 東京.

732090. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】症例検討. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第14回めざせ! コルネアの鉄人 (2017/8/25), 東京.

732091. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 緑内障治療に対する考え方. 庄司信行 (眼科): 第18回神奈川県眼科学術講演会 (2017/9/2), 神奈川.

732092. [学会 (地方会・研究会)] (閉会の辞) 閉会の辞. 宇津見義一1,2 (1神奈川県眼科医会副会長, 2眼科): 第18回神奈川県眼科学術講演会 (2017/9/2), 神奈川.

732093. [学会 (地方会・研究会)] (相談会)【司会進行】講演会と無料総合相談会. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): NPO目と心の健康相談室 (2017/9/15), 東京.

732094. [学会 (地方会・研究会)] (相談会) 眼の病気や症状の相談. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): NPO目と心の健康相談室 (2017/9/15), 東京.

732095. [学会 (地方会・研究会)] (相談会) 閉会挨拶. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): NPO目と心の健康相談室 (2017/9/15), 東京.

732096. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【涙道・斜視Session】眼窩プーリー病〜眼窩プーリーの異常を伴う疾患〜. 後関利明 (眼科): 瀬戸内眼科コロシアム2017 (2017/9/17), 岡山.

732097. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 心療眼科医が教える眼と心のSOS. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾/立川教室 (2017/9/21), 東京.

732098. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 高齢者の複視〜原因と治療〜. 後関利明 (眼科): 第8回神奈川眼科医療従事者勉強会 (2017/9/30), 神奈川.

732099. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 眼窩プーリー病〜眼窩プーリーから複視の原因を紐解く〜. 後関利明 (眼科): 埼玉県眼科教育講演会 (2017/10/1), 埼玉.

732100. [学会 (地方会・研究会)] (症例検討) 手術に至ったlenticular conusの小児例. 飯田嘉彦 (眼科): 第28回小児眼科 (斜視・弱視) 症例検討会・勉強会 (2017/10/5), 神奈川.

732101. [学会 (地方会・研究会)] (閉会の挨拶) 閉会の挨拶. 石川 均 (医療衛生学部): 第28回小児眼科 (斜視・弱視) 症例検討会・勉強会 (2017/10/5), 神奈川.

732102. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 当院における緑内障診断と治療. 庄司信行 (眼科): 第10回筑豊眼科医会講演会 (2017/10/5), 福岡.

732103. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演)【座長】教育講演. 飯田嘉彦 (眼科): 第53回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2017/10/19), 神奈川.

732104. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 白内障手術の要注意症例 適応から術後管理まで. 佐藤信之 (北里メディカルセンター): 第53回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2017/10/19), 神奈川.

732105. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 症例より考える神経眼科疾患の診断法と治療. 石川 均 (医療衛生学部): 第11回栃木県内科眼科関連疾患懇話会 (2017/10/19), 栃木.

732106. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) オクルパッドから考える弱視訓練の展望. 半田知也 (医療衛生学部): 神奈川県眼科医会男女共同参画 第1回女神の会 (2017/10/22), 神奈川.

732107. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) トラベクトーム手術の成績から主流出路を活用することの重要性を模索する. 笠原正行 (眼科): グラナテックWebカンファレンス (2017/10/31), WEB上.

732108. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 緑内障手術のタイミング. 庄司信行 (眼科): 平成29年度千葉県医師会医学会・第18回学術大会眼科医会分科会 (2017/11/5), 千葉.

732109. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) ここまで変わった! 円錐角膜に対する治療のパラダイムシフト. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第8回湘西眼科アカデミー (2017/11/8), 神奈川.

732110. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演)【座長】演題II. 石川 均 (医療衛生学部): 第8回湘西眼科アカデミー (2017/11/8), 神奈川.

732111. [学会 (地方会・研究会)] (勉強会) 単焦点トーリック眼内レンズ入門編〜有用性と導入のポイント〜. 三宅俊之1,2 (1横須賀市立うわまち病院, 2眼科): HOYA (株) トーリックIOL勉強会 (2017/11/9), 千葉.

732112. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 白内障手術をめぐる最近の話題. 相澤大輔1,2 (1海老名総合病院, 2眼科): 興和創薬 (株) 社内講演会 (2017/11/22), 神奈川.

732113. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演)【座長】講演2. 庄司信行 (眼科): KEEP THE VISUAL FIELD in KANAGAWA (2017/11/28), 神奈川.

732114. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 健康は眼にきけ 目の不調と心身医療. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 朝日カルチャーセンター朝日JTB・交流文化塾/新宿教室 (2017/12/14), 東京.

732115. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】講演1. 庄司信行 (眼科): 第55回湘西眼科臨床フォーラム (2017/12/14), 神奈川.

732116. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】講演2. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第55回湘西眼科臨床フォーラム (2017/12/14), 神奈川.

732117. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 総合司会. 飯田嘉彦 (眼科): 第15回北里眼科病診連携会 (2018/1/18), 神奈川.

732118. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 第55回日本神経眼科学会総会報告. 後関利明 (眼科): 第15回北里眼科病診連携会 (2018/1/18), 神奈川.

732119. [学会 (地方会・研究会)] (開会の辞) 開会の辞. 庄司信行 (眼科): 第3回OS-Gカンファレンス (2018/1/24), 神奈川.

732120. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】講演1. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第3回OS-Gカンファレンス (2018/1/24), 神奈川.

732121. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】講演2. 石川 均 (医療衛生学部): 第5回神奈川小児眼科神経眼科カンファレンス (2018/2/1), 神奈川.

732122. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 明日から使える! 実践神経眼科. 後関利明 (眼科): 横浜市緑区眼科学術講演会 (2018/2/2), 神奈川.

732123. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 前視野緑内障の治療. 庄司信行 (眼科): なにわ眼科勉強会 (2018/2/8), 大阪.

732124. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】第10回記念フェスティバル. 飯田嘉彦 (眼科): 第10回コルニアフェイコセミナー (2018/2/8), 神奈川.

732125. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 白内障手術〜自験例からの考察〜. 石田 暁 (眼科): 第10回コルニアフェイコセミナー (2018/2/8), 神奈川.

732126. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 小児の視機能. 藤村芙佐子 (医療衛生学部): 第48回相模原市学校保健研究発表会 (2018/2/15), 神奈川.

732127. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 白内障手術をめぐる最近の話題. 飯田嘉彦 (眼科): 興和創薬 (株) 社内講演会 (2018/2/16), 神奈川.

732128. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】庄司信行 (眼科): 第3回視覚生理学基礎セミナー (2018/2/18), 大阪.

732129. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】講演1. 庄司信行 (眼科): 第56回湘西眼科臨床フォーラム (2018/3/1), 神奈川.

732130. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】講演2. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第56回湘西眼科臨床フォーラム (2018/3/1), 神奈川.

732131. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】Part 1 講習会の目的: Part7iStentメ手術映像紹介. 庄司信行 (眼科): iStentメトラベキュラーマイクロバイパスステントシステム講習会 (2018/3/3), 東京.

732132. [学会 (地方会・研究会)] (症例報告) 画像診断でわかる両眼性複視v. 後関利明 (眼科): 第10回神奈川クロスオーバーシンポジウム (2018/3/3), 神奈川.

732133. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 屈折矯正手術アップデート2018. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第12回宮城オキュラーサーフェース講演会 (2018/3/3), 宮城.

732134. [学会 (地方会・研究会)] (WEB講演会) 緑内障手術MIGSについて. 庄司信行 (眼科): 大塚製薬e講演会 (2018/3/8), WEB上.

732135. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 緑内障診療における眼圧測定. 庄司信行 (眼科): 第11回緑内障ワークショップin中部 (2018/3/31), 愛知.

733288. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 眼圧上昇期間別におけるトラベクトーム手術の成績. 笠原正行1, 米山 諒1, 松村一弘1, 庄司信行1 (1眼科): 第28回ネオバス会 (2017/4/15), 新潟.

733289. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】症例検討会. 柳田智彦 (眼科): 第12回神奈川黄斑研究会 (2017/4/22), 神奈川.

733290. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学病院眼科における緑内障点眼および緑内障術後点眼の使用の実際. 松村一弘 (眼科): 相模原市薬剤師会学術講演会 (2017/5/11), 神奈川.

733291. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 甲状腺視神経症の2症例. 杉原瑶子1, 岩佐真弓1,2, 山上明子1,2, 井上賢治1, 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第99回神経眼科勉強会 (2017/6/14), 東京.

733292. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院にて経験した抗MOG抗体陽性視神経炎の2症例. 後関利明1, 石川 均2, 米山 諒1, 龍井苑子1, 伊藤 光1, 眞下紀美代1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第9回神奈川眼科学会 (2017/6/18), 神奈川.

733293. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) トラベクトーム手術後に繊維柱帯切除術を追加するまでの期間の病型別検討. 古田祐佳子1, 笠原正行1, 米山 諒1, 松村一弘1, 庄司信行1 (1眼科): 第9回神奈川眼科学会 (2017/6/18), 神奈川.

733294. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 偏心固視を伴う内斜視と混濁がわずかな片眼性後部円錐水晶体の合併をみとめた弱視の1例. 石田 暁1, 飯田嘉彦1, 石川 均2, 干川里絵1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第9回神奈川眼科学会 (2017/6/18), 神奈川.

733295. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) トリアムシノロン後部テノンN下注射が誘因となる発症した真菌性眼内炎の1例. 春木崇宏1, 柳田智彦1, 庄司信行1 (1眼科): 第9回神奈川眼科学会 (2017/6/18), 神奈川.

733296. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】II 一般演題. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第11回心療眼科研究会 (2017/7/8), 東京.

733297. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】III教育的指定演題. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第11回心療眼科研究会 (2017/7/8), 東京.

733298. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】講演3. 若倉雅登1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第8回千代田眼科夏のフォーラム (2017/7/21), 東京.

733299. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】一般演題1. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第33回真鶴セミナーIN湘南国際村プログラム (2017/8/26), 神奈川.

733300. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 眼窩先端部症候群の経過観察中に高安動脈炎を発症した一例. 岩佐真弓1,2, 若倉雅登1,2, 井上賢治1 (1井上眼科病院, 2眼科): 第33回真鶴セミナーIN湘南国際村プログラム (2017/8/26), 神奈川.

733301. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】一般演題2. 後関利明 (眼窩): 第33回真鶴セミナーIN湘南国際村プログラム (2017/8/27), 神奈川.

733302. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 抗AQP4抗体計測にて測定方法によって結果が異なった3症例. 鈴木博美1, 後関利明1, 石川 均2, 中澤祐則1, 龍井苑子1, 庄司信行1, 田中惠子3 (1眼科, 2医療衛生学部, 3新潟大学脳研究所): 第33回真鶴セミナーIN湘南国際村プログラム (2017/8/27), 神奈川.

733303. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 梅毒感染が合併していた抗MOG抗体陽性視神経炎の一例. 山上明子1,2, 若倉雅登1,2, 井上賢治1 (1井上眼科病院, 2眼科): 第33回真鶴セミナーIN湘南国際村プログラム (2017/8/27), 神奈川.

733304. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 間欠的に左眼の内上転制限を認めた症例. 中澤祐則1, 後関利明1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第33回真鶴セミナーIN湘南国際村プログラム (2017/8/27), 神奈川.

733305. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 未熟児網膜症の光凝固術前後でのRETeval測定を試みた一例. 池田哲也1, 石川 均2, 浅川 賢2, 後関利明1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第33回真鶴セミナーIN湘南国際村プログラム (2017/8/27), 神奈川.

733306. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 眼圧上昇期間別に分けたトラベクトーム手術の成績. 笠原正行 (眼科): 第4回 Japan ROCK Conference (2017/9/10), 東京.

733307. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題)【座長】一般演題. 後関利明 (眼科): 第53回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2017/10/19), 神奈川.

733308. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) フォークト・小柳・原田病へのステロイド投与中に多発性後極部色素上皮症を発症した1例. 早川秀輝1, 石田 暁1, 市邊義章2, 庄司信行1 (1眼科, 2神奈川歯科大横浜クリニック): 第53回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2017/10/19), 神奈川.

733309. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 治療的レーザー角膜切除後の白内障手術における予測性の検討. 米山 諒1, 河野雄亮1, 高橋正英1, 神谷和孝2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第53回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2017/10/19), 神奈川.

733310. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) Trabectome前後における視野障害進行速度の変化の検討. 金山俊介1, 笠原正行1, 高橋華子1, 龍井苑子1, 江黒友春1, 池田哲也1, 松村一弘1, 庄司信行1 (1眼科): 第53回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2017/10/19), 神奈川.

733311. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 第4世代以降の眼内レンズ度数計算式による白内障術後予測屈折誤差の比較. 矢ノ目京平1, 飯田嘉彦1, 庄司信行1 (1眼科): 第53回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2017/10/19), 神奈川.

733312. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 両眼性上斜筋麻痺の臨床的特徴. 中澤祐則1, 後関利明1, 龍井苑子1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第53回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2017/10/19), 神奈川.

733313. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】北里大学病院眼科の各班の現状と取組みについて. 庄司信行 (眼科): 第15回北里眼科病診連携会 (2018/1/18), 神奈川.

733314. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学病院眼科の各班の現状と取組みについて: 緑内障班. 松村一弘 (眼科): 第15回北里眼科病診連携会 (2018/1/18), 神奈川.

733315. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学病院眼科の各班の現状と取組みについて: 網膜硝子体班. 柳田智彦 (眼科): 第15回北里眼科病診連携会 (2018/1/18), 神奈川.

733316. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学病院眼科の各班の現状と取組みについて: 斜視・神経班. 池田哲也 (眼科): 第15回北里眼科病診連携会 (2018/1/18), 神奈川.

733317. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学病院眼科の各班の現状と取組みについて: 白内障班. 飯田嘉彦 (眼科): 第15回北里眼科病診連携会 (2018/1/18), 神奈川.

733318. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学病院眼科の各班の現状と取組みについて: 角膜・屈折矯正班. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第15回北里眼科病診連携会 (2018/1/18), 神奈川.

733319. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題)【座長】一般演題. 松村一弘 (眼科): 第34回神奈川県緑内障談話会 (2018/2/10), 神奈川.

733320. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 白内障手術併用線維柱帯切除術の術後屈折誤差. 越地理沙子1, 笠原正行1, 松村一弘1, 戸塚和子1, 庄司信行1 (1眼科): 第34回神奈川県緑内障談話会 (2018/2/10), 神奈川.

733321. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) トラベクレクトミー前後における視野障害進行速度の変化の検討. 金山俊介1, 笠原正行1, 高橋華子1, 龍井苑子1, 江黒友春1, 池田哲也1, 松村一弘1, 庄司信行1 (1眼科): 第34回神奈川県緑内障談話会 (2018/2/10), 神奈川.

733322. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) トラベクトーム手術の長期成績. 笠原正行1, 松村一弘1, 辻沢辰彦1, 龍井苑子1, 江黒友春1, 池田哲也1, 庄司信行1 (1眼科): 第34回神奈川県緑内障談話会 (2018/2/10), 神奈川.

733323. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 眼窩プーリーの異常を伴う眼位異常とその治療法. 後関利明 (眼科): 第15回Bay Ophthalmic Surgical Seminar (2018/2/24), 神奈川.

733324. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) IOL縫着術におけるIOL固定位置と屈折誤差. 飯田嘉彦 (眼科): 第6回無水晶体眼手術治療研究会 (2018/3/31), 東京

H28年度以前分

[学術論文]

H28-110019. [原著] Change in visual acuity and associated risk factors after trabeculectomy with adjunctive mitomycin C. Kashiwagi K, Kogure S, Mabuchi F, Chiba T, Yamamoto T, Kuwayama Y, Araie M; Collaborative Bleb-Related Infection Incidence and Treatment Study Group (Aihara M, Abe H, Iwase A, Uji Y, Katsushima H, Kitazawa Y, Sawaguchi S, Shimizu H, Shirato S, Sugiyama K, Suzuki Y, Tanihara H, Tawara A, Tomita G, Tomidokoro A, Negi A, Fukuchi T, Matsumoto C, Mishima HK, Yoshikawa K, Yoshitomi T, Inoue Y, Aoyama Y, Kawase K, Ban T, Sawada A, Mochizuki K, Futa R, Nakamoto K, Sugiyama T, Kojima S, Hirotsuji N, Kano K, Ohura A, Kawai E, Nakata A, Kuwamura R, Okuno K, Yawata K, Matsumoto S, Abe H, Fukuchi T, Shirakashi M, Ueda J, Tanaka T, Negi A, Nakamura M, Kanamori A, Yamada Y, Tawara A, Kubota T, Tou N, Kimura T, Furusawa C, Inoue N, Kawabata K, Tachibana N, Matsuda A, Seto T, Kimura S, Ueno S, Tokuda N, Inoue J, Sugiyama K, Ohkubo S, Higashide T, Saito Y, Takeda H, Nagata A, Uji Y, Tsukitome H, Ito K, Ikesugi K, Matsumura M, Nambu H, Hamanaka T, Omata T, Watanabe Y, Sakuma K, Amari Y, Takahashi G, Noro T, Miyata H, Hirasawa M, Ohtake Y, Yuki K, Tomita G, Aihara M, Tomidokoro A, Matsuo H, Atarashi T, Mayama C, Yamagami J, Okinami S, Ishikawa S, Shoji N1, Morita T, Otsuki T, Suzuki H, Naruse R, Yamakawa Y, Kasahara M1, Yoshitomi T, Suzuki Y, Shimizu S, Mishima HK, Kiuchi Y, Mochizuki H, Sone T, Tsukamoto H, Okada K, Sakai H, Arakaki Y, Ishikawa S, Tanihara H, Inatani M, Inoue T, Koga T, Kawase K, Aoyama A, Yamazaki Y, Okajima Y, Mizuki K, Hayamizu F, Nakagami T, Mori K, Ikeda Y, Ueno M, Imai K, Kawai K, Sueno T, Saito N, Otori Y): Acta Ophthalmol 2016/11; 94 (7): e561-70. (庄司信行1, 笠原正行1: 1眼科)

H28-110020. [原著] The usefulness of CorvisST Tonometry and the Ocular Response Analyzer to assess the progression of glaucoma. Matsuura M1,2, Hirasawa K2,3, Murata H1, Nakakura S4, Kiuchi Y5, Asaoka R1: Sci Rep 2017/1; 7: 40798. (松浦将人1,2, 平澤一法2,3: 1東大, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生, 4ツカザキ病院, 5広島大)

H28-110021. [原著] Developing an Item Bank to Measure Quality of Life in Individuals With Glaucoma, and the Results of the Interview With Patients: The Effect of Visual Function, Visual Field Progression Rate, Medical, and Surgical Treatments on Quality of Life. Matsuura M1,2, Hirasawa K1,3, Hirasawa H1, Yanagisawa M1, Murata H1, Mayama C1, Asaoka R1: J Glaucoma 2017/2; 26 (2): e64-73. (松浦将人1,2, 平澤一法1,3: 1東大, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部)

H28-110022. [原著] The relationship between retinal nerve fibre layer thickness profiles and CorvisST tonometry measured biomechanical properties in young healthy subjects. Matsuura M1,2, Murata H1, Nakakura S3, Nakao Y4, Yamashita Y5, Hirasawa K1,6, Fujino T1, Kiuchi Y4, Asaoka R1: Sci Rep 2017/3; 7: 414. (松浦将人1,2, 平澤一法1,6: 1東大, 2大学院医療系研究科, 3ツカザキ病院, 4広島大, 5鹿児島大, 6医療衛生学部)

H28-530001. [その他 (Letter)] Reply. Mori Y1,2, Shimizu K3, Minami K, Kamiya K4, Shoji N2, Miyata K1: Journal of Cataract & Refractive Surgery 2016/11; 42 (11): 1697-8. (森 洋斉1,2, 清水公也3, 神谷和孝4, 庄司信行2: 1宮田眼科医院, 2眼科, 3山王病院アイセンター, 4医療衛生学部)


耳鼻咽喉科・頭頸部外科学

[学術論文]

110289. [原著] Clinical features and treatment outcomes of Japanese head and neck cancer patients with a second primary cancer. Yamashita T1, Araki K, Tomifuji M, Tanaka Y, Harada E, Suzuki T1, Miyamoto S1, Shiotani A: Asia Pac J Clin Oncol 2017/6; 13 (3): 172-8. (山下 拓1, 鈴木立俊1, 宮本俊輔1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

110290. [原著] Salvage Transoral Videolaryngoscopic Surgery for radiorecurrent hypopharyngeal and supraglottic cancer. Tomifuji M, Araki K, Yamashita T1, Shiotani A: Auris Nasus Larynx 2017/8; 44 (4): 464-71. (山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

120044. [原著] 小児気管切開カニューレの彎曲, 変形によって生じる力の検討. 大原卓哉1, 清野由輩1, 牧 敦子1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 小児耳鼻咽喉科 2017/5; 38 (1): 1-7.

120045. [原著] 鼻閉による日中眠気の客観的評価の試み 大橋健太郎1, 大木幹文1, 鈴木立俊1, 中座資実, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 日本鼻科学会誌 2017/12; 56 (4): 591-6.

320037. [症例報告] 気管切開術を要した小児声門下異物の1症例. 籾山香保1, 大原卓哉1, 牧 敦子1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 小児耳鼻咽喉科 2017/5; 38 (1): 56-60.

320038. [症例報告] Epsteinn-Barr virusの感染を伴った末梢性顔面神経麻痺の1幼児例. 那須野智光1, 伊藤昭彦, 牧野寛之, 大原卓哉1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 北里医学 2017/6; 47 (1): 49-56.

521020. [解説]【TPICS】[耳鼻咽喉科学] 中咽頭癌とヒト乳頭腫ウイルス. 山下 拓 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 医学のあゆみ 2017/7; 262 (3): 245-6.

522156. [講座]【特集: 中咽頭癌の新しい治療戦略/頭頸部癌に対する治療完遂のコツとチーム医療の実際/再発転移性頭頸部扁平上皮癌の最新治療戦略】中咽頭癌の新しい治療戦略 1. TNM分類改訂のポイント. 山下 拓 (耳鼻咽喉・頭頸外): 頭頸部癌FRONTIER 2017/6; 5 (1): 4-7.

[著 書]

620092. [学術書 (分担執筆)]【頭頸部悪性腫瘍の疑問に答える (JOHNS 33巻9月増大号)】[病因・病態理解] 頭頸部癌に対する特異的腫瘍マーカーはありますか?, p.1095-8. 山下 拓 (耳鼻咽喉・頭頸外), 東京医学社, 東京, 2017/9発行.

[学会・研究会等]

712024. [学会 (国際)] (招待講演等) A novel treatment strategy for anaplastic thyroid carcinoma using urokinase-type plasminogen activator-dependent oncolytic recombinant Sendai virus. Yamashita T1, Miyagawa Y, Shiotani A: 2nd Congress of Asia-Pacific Society of Thyroid Surgery (2017/11/2), Okinawa, Japan. (山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

713126. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical Characteristics and Outcomes of Hypopharyngeal Carcinoma Patients over 80 Years of Age. Miyamoto S1, Seino Y1, Okamoto T1, Kano K1, Tsutsumi S1, Yamashita T1: 21th IFOS World Congress (2017/6/27), Paris, France. (宮本俊輔1, 清野由輩1, 岡本旅人1, 加納孝一1, 堤 翔平1, 山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

713127. [学会 (国際)] (一般講演) Septic sternoclavicular joint arthritis. Momiyama K1, Kano K1, Maki A1, Miyamoto S1, Yamashita T1: 21th IFOS World Congress (2017/6/27), Paris, France. (籾山香保1, 加納孝一1, 牧 敦子1, 宮本俊輔1, 山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

713128. [学会 (国際)] (一般講演) Usefulness of Narrow-Band Imaging with Magnifying Endoscopy to distinguish between cancerous and non cancerrous lesions of the larynx. Hosono H1, Okamoto T1, Tsutsumi S1, Kano K1, Seino Y1, Miyamoto S1, Yamashita T1: 21th IFOS World Congress (2017/6/27), Paris, France. (細野浩史1, 岡本旅人1, 堤 翔平1, 加納孝一1, 清野由輩1, 宮本俊輔1, 山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

721014. [学会 (全国)] (特別講演) 頭頸部癌支持療法における漢方薬の使い方. 山下 拓 (耳鼻咽喉・頭頸外): 第118回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会 (2017/5/19), 広島.

722252. [学会 (全国)] (招待講演等) デスパ・グリセリン混合うがい液による口腔咽頭局所処置. 清野由輩1, 波多野瑛太1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第5回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会総会・学術講演会 (2017/9/21), 滋賀.

722253. [学会 (全国)] (招待講演等)【シンポジウム7: それぞれの癌−最善の治療とは?】ヒト乳頭腫ウイルス (HPV) 関連癌の治療と予防戦略−中咽頭癌のTNM分類改訂のポイントと予後予測における意義−. 山下 拓 (耳鼻咽喉・頭頸外): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/21), 横浜.

723857. [学会 (全国)] (一般講演) NBI拡大内視鏡観察にて声門癌のT因子が変更となった4例. 細野浩史1, 堅田親利2, 岡本旅人1, 加納孝一1, 清野由輩1, 堤 翔平1, 宮本俊輔1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2消化器内): 第29回日本喉頭科学会総会・学術講演会 (2017/4/6), 盛岡.

723858. [学会 (全国)] (一般講演) NBI拡大内視鏡による咽頭病変の癌・非癌の鑑別診断における異常血管の有用性. 細野浩史1, 堅田親利2, 岡本旅人1, 石戸謙次2, 加納孝一1, 矢野貴史2, 和田拓也2, 東 端智2, 田邊 聡2,3, 小泉和三郎2, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2消化器内, 3新世紀医療・先端医療): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/11), 大阪.

723859. [学会 (全国)] (一般口演) 喉頭病変の癌・非癌の鑑別診断におけるNBI拡大観察の有用性. 細野浩史1, 堅田親利2, 岡本旅人1, 石戸謙次2, 加納孝一1, 矢野貴史2, 和田拓也2, 東 瑞智2, 田邉 聡2,3, 小泉和三郎2, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2消化器内, 3新世紀医療・先端医療): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/11), 大阪.

723860. [学会 (全国)] (一般口演) リンパ節転移をきたした頭頸部表在癌の臨床病理学的検討. 岡本旅人1, 堅田親利2, 一戸昌明3, 加納孝一1, 細野浩史1, 矢野貴史2, 和田拓也2, 石戸謙次2, 東 瑞智2, 田邉 聡2,4, 小泉和三郎2, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2消化器内, 3病理, 4新世紀医療・先端医療): 第93回日本消化器内視鏡学会総会 (2017/5/11), 大阪.

723861. [学会 (全国)] (一般講演) 80歳以上の高齢下咽頭癌患者症例における治療成績. 宮本俊輔1, 清野由輩1, 岡本旅人1, 加納孝一1, 堤 翔平1, 鈴木綾子1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第118回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会 (2017/5/18), 広島.

723862. [学会 (全国)] (一般講演) 不完全型Carney's triadの1例. 鈴木綾子1, 宮本俊輔1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第118回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会 (2017/5/18), 広島.

723863. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性腫瘍による頸部リンパ節腫脹が疑われる症例に対する消化器内視鏡検査の有用性の検討. 新田義洋1, 細野浩史1, 岡本旅人1, 加納孝一1, 堤 翔平1, 清野由輩1, 宮本俊輔1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第118回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会 (2017/5/19), 広島.

723864. [学会 (全国)] (一般講演) 職員健康診断における聴力検査結果と精神症状についての検討. 牧 敦子1, 澤山恵波2, 中川貴仁1, 佐野 肇3, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2健康管理セ, 3医療衛生学部): 第118回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会 (2017/5/19), 広島.

723865. [学会 (全国)] (一般講演) 唐家で経験した可能性胸鎖関節炎の2症例. 籾山香保1, 牧 敦子1, 加納孝一1, 宮本俊輔1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第118回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会 (2017/5/19), 広島.

723866. [学会 (全国)] (一般講演) 当科過去10年における小児気管異物の臨床的検討. 大原卓哉1, 細野浩史1, 清野由輩1, 牧 敦子1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第118回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会 (2017/5/19), 広島.

723867. [学会 (全国)] (一般講演) 当施設におけるメニエール病および良性発作性頭位めまい症の年次別発症年齢の推移. 古木省吾1, 堤 翔平1, 落合 敦1, 中川貴之1, 長沼英明1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2新世紀医療・先端医療): 第118回日本耳鼻咽喉科学会通常総会・学術講演会 (2017/5/19), 広島.

723868. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における口蓋裂児の耳鼻咽喉科診療内容についての検討. 牧 敦子1, 大原卓哉1, 岡部早苗, 鈴木恵子2, 杉本孝之3, 山崎安晴3 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2医療衛生学部, 3形成・美外): 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2017/5/18), 東京.

723869. [学会 (全国)] (一般講演) ナゾメーター検査の臨床応用のための発話課題に関する検討. 鈴木恵子1, 岡部早苗, 水戸陽子1, 牧 敦子2, 大原卓哉2, 杉本孝之3, 山崎安晴3 (1医療衛生学部, 2耳鼻咽喉・頭頸外, 3形成・美外): 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2017/5/18), 東京.

723670. [学会 (全国)] (一般講演) Furlow変法による口蓋形成術後の言語成績. 岡部早苗, 鈴木恵子1, 上野寛子, 牧 敦子2, 大原卓哉2, 杉本孝之3, 山崎安晴3, 石渡靖夫, 瀬崎晃一郎3 (1医療衛生学部, 2耳鼻咽喉・頭頸外, 3形成・美外): 第41回日本口蓋裂学会総会・学術集会 (2017/5/19), 東京.

723871. [学会 (全国)] (一般講演) 化膿性リンパ節炎を併発した川崎病2例. 大原卓哉1, 牧 敦子1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第12回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 (2017/6/3), 宇都宮.

723872. [学会 (全国)] (一般講演) 海綿状血管腫と診断された副咽頭間隙腫瘍の一例. 鈴木綾子1, 堤 翔平1, 加納孝一1, 岡本旅人1, 清野由輩1, 宮本俊輔1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第41回日本頭頸部癌学会 (2017/6/9), 京都.

723873. [学会 (全国)] (一般講演) 当科におけるTPF導入化学療法. 堤 翔平1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 岡本旅人1, 加納孝一1, 鈴木綾子1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第41回日本頭頸部癌学会 (2017/6/9), 京都.

723874. [学会 (全国)] (一般講演) 頭頸部癌と同時重複癌に対する治療戦略. 岡本旅人1, 堅田親利2, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 加納孝一1, 堤 翔平1, 鈴木綾子1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2消化器内): 第41回日本頭頸部癌学会 (2017/6/8-9), 京都.

723875. [学会 (全国)] (一般講演) 内視鏡下切除した鼻腔多形腺腫由来癌の1症例. 宮本俊輔1, 清野由輩1, 岡本旅人1, 加納孝一1, 堤 翔平1, 鈴木綾子1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第41回日本頭頸部癌学会 (2017/6/8-9), 京都.

723876. [学会 (全国)] (一般講演) 職員健康診断における聴力検査結果と聴力低下に関連ある印紙についての検討. 牧 敦子1, 佐野 肇2, 渡辺裕之2, 中川貴仁1, 古木省吾1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2医療衛生学部): 第62回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2017/10/19), 福岡.

723877. [学会 (全国)] (一般講演) 通所リハビリテーション利用高齢者の聴覚評価−質問紙調査−. 鈴木恵子1, 井上理絵, 梅原幸恵, 秦 若菜1, 清水宗平, 佐野 肇1, 中川貴仁2, 岡本牧人2, 山下 拓2 (1医療衛生学部, 2耳鼻咽喉・頭頸外): 第62回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2017/10/19), 福岡.

723878. [学会 (全国)] (一般講演) 通所リハビリテーション利用高齢者の聴覚評価−聴力検査−. 梅原幸恵, 鈴木恵子1, 井上理絵, 秦 若菜1, 清水宗平, 中川貴仁2, 佐野 肇1, 岡本牧人2, 山下 拓2 (1医療衛生学部, 2耳鼻咽喉・頭頸外): 第62回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2017/10/19), 福岡.

723879. [学会 (全国)] (一般講演) 突発性難聴患者のストレス状況の調査. 渡辺裕之1, 佐野 肇1, 牧 敦子2, 中川貴仁2, 小野雄一, 山下 拓2 (1医療衛生学部, 2耳鼻咽喉・頭頸外): 第62回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2017/10/19), 福岡.

723880. [学会 (全国)] (一般講演) 補聴器購入時の裸耳および補聴耳の語音明瞭度の検討. 井上理絵, 鈴木恵子1, 梅原幸恵, 原 由紀1, 牧 敦子2, 中川貴仁2, 渡辺裕之1, 佐野 肇1, 山下 拓2 (1医療衛生学部, 2耳鼻咽喉・頭頸外): 第62回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2017/10/19), 福岡.

723881. [学会 (全国)] (一般講演) 内耳障害とストレスの関連性の解明-IP3受容体stype1KOマウスの蝸牛内同受容体タンパク量-. 長沼英明1,2, 斎藤雄一郎, 御子柴克彦 (1新世紀医療・先端医療, 2耳鼻咽喉・頭頸外): 第27回日本耳科学会総会・学術講演会 (2017/11/23), 横浜, Otology Japan 2017; 27 (4): 380.

723882. [学会 (全国)] (一般講演) メニエール病の片側聴力の低音域と高音域の変化についての検討. 新田義洋1, 中川貴之1, 落合 敦1, 長沼英明1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2新世紀医療・先端医療): 第76回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 (2017/11/30), 軽井沢, Equilibrium Res 2017; 76 (5): 407.

723883. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学方式めまいリハビリテーションの効果と評価. 落合 敦1, 長沼英明1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2新世紀医療・先端医療): 第76回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 (2017/11/30), 軽井沢, Equilibrium Res 2017; 76 (5): 424.

723884. [学会 (全国)] (一般講演) 内耳障害とストレスの関連性の解明−IP3受容体type1KOマウスの聴覚に対するVasopressinの影響−. 長沼英明1,2, 斎藤雄一郎, 中川貴之2, 落合 敦2, 徳増厚二, 御子柴克彦 (1新世紀医療・先端医療, 2耳鼻咽喉・頭頸外): 第76回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 (2017/12/1), 軽井沢,Equilibrium Res 2017; 76 (5): 469.

723885. [学会 (全国)] (一般講演) 自覚的めまい症状と重心動揺検査の相関性. 中川貴之1, 落合 敦1, 長沼英明1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2新世紀医療・先端医療): 第76回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 (2017/12/1), 軽井沢,Equilibrium Res 2017; 76 (5): 524.

731127. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) メニエール病に対するHydration Therapy (水分摂取療法)−ストレスとの関連性−. 長沼英明1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2耳鼻咽喉・頭頸外): 第13回栃木県めまい・難聴研究会 (2017/11/2), 宇都宮.

732136. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) シンポジウム「高齢者頭頸部癌診療の問題点」当科における高齢下咽頭癌症例の治療成績. 宮本俊輔1, 清野由輩1, 松木 崇1, 加納孝一1, 堤 翔平1, 鈴木綾子1, 籾山香保1, 新田義洋1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第181回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2017/12/2), 横浜.

733325. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 嚥下障害と診断された高齢者の巨大咽頭異物の一例. 藤川直也1, 岡本旅人1, 渡辺裕之2, 中川貴之1, 古木省吾1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2医療衛生学部): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第179回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2017/7/1), 横浜.

733326. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ステロイド・グリセリン混合含嗽液による口腔咽頭局所治療の有用性. 波多野瑛太1, 清野由輩1, 古木省吾1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第180回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2017/9/2), 横浜.

733327. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 出生後より気道狭窄を認めた喉頭蓋嚢胞の一例. 中村吉成1, 大原卓哉1, 新田義洋1, 清野由輩1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第181回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2017/12/2), 横浜.

H28年度以前分

[学術論文]

H28-320002. [症例報告] 頭頸部原発メトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の4例. 犬塚絵理, 荒木幸仁, 宮川義弘, 田中伸明, 前田真由香, 冨藤雅之, 山下 拓1, 塩谷彰浩 (1耳鼻咽喉・頭頸部外): 口腔・咽頭科 2017/3; 30 (1): 51-9.

[著 書]

H28-620008. [学術書 (分担執筆)]【今日の治療指針 私はこう治療している 2017年版】25. 耳鼻咽喉科疾患 喉頭癌. 山下 拓 (耳鼻咽喉・頭頸外), 総編集: 福井次矢, 高木 誠, 小室一成, 医学書院, 東京, 2017/1発行.


精神科学

[学術論文]

110291. [原著] A novel device for continuous long-term electroencephalogram recording and drug administration in mice with a nice, powerful and sophisticated wired system. Watanabe S, Saito M1, Soma M2, Miyaoka H1, Takahashi M1: J Neurosci Methods 2017/7; 286: 22-30. (渡辺 滋, 齋藤正範1, 相馬正貴2, 宮岡 等1, 高橋 恵1: 1精神, 2生物物理系)

110292. [原著] Web-Based Training Program Using Cognitive Behavioral Therapy to Enhance Cognitive Flexibility and Alleviate Psychological Distress Among Schoolteachers: Pilot Randomized Controlled Trial. Oishi S1, Takizawa T1, Kamata N1, Miyaji S1, Tanaka K2, Miyaoka H1: JMIR Res Protoc 2018/1; 7 (1): e32. (大石 智1, 滝澤毅矢1, 鎌田直樹1, 宮地伸吾1, 田中克俊2, 宮岡 等1: 1精神, 2大学院医療系研究科)

522157. [講座]【特集: 認知症対応力のエッセンス】認知症薬物治療のエッセンス! いつ・どの患者で・どう対応するか! 抗認知症薬の必要性を考慮した開始・中止・再開のタイミング. 大石 智 (精神): 薬局 2017/4; 68 (5): 62-6.

522158. [講座]【連載: 認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと】第4回 画像検査を期待して来院した人に伝えたいこと. 大石 智 (精神): Modern Physician 2017/4; 37 (4): 398-402.

522159. [講座]【特集: これからの特別支援教育】視点C 特別支援教育に関連する精神疾患. 井上勝夫 (精神): 学校運営 2017/5; 59 (2): 22-5.

522160. [講座]【連載: 認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと】第5回 検査結果の説明に際して伝えたいこと. 大石 智 (精神): Modern Physician 2017/5; 37 (5): 515-9.

522161. [講座]【連載: 認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと】第6回 治療について説明するときに伝えたいこと. 大石 智 (精神): Modern Physician 2017/6; 37 (6): 647-51.

522162. [講座]【連載: 認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと】第7回 抗認知症薬について説明するときに伝えたいこと. 大石 智 (精神): Modern Physician 2017/7; 7 (7): 804-9.

522163. [講座]【第14回日本スポーツ精神医学会特集】[会長講演] スポーツ精神医学の活かし方−さらなる発展のために−. 宮岡 等 (精神): スポーツ精神医学 2017/8; 14: 2-3.

522164. [講座]【第57回日本児童青年精神医学会総会特集 (I) テーマ: 児童青年精神医学のこれから】教育講演: 精神医学体系に基づいた初回面接の心得・知識とその実践. 井上勝夫 (精神): 児童青年精神医学とその近接領域 2017/8; 58 (4): 470-6.

522165. [講座]【連載: 認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと】第8回 周囲が困りやすい行動上の変化を相談されたときに伝えたいこと. 大石 智 (精神): Modern Physician 2017/8; 37 (8): 909-13.

522166. [講座]【特別企画: 職場の発達障害】働くことと自閉スペクトラム症. 井上勝夫 (精神): こころの科学 2017/9; 195: 10-6.

522167. [講座]【連載: 認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと】第9回 認知症の予防について相談された時に伝えたいこと. 大石 智 (精神): Modern Physician 2017/9; 37 (9): 1018-22.

522168. [講座]【特集: 自閉スペクトラム症の臨床実践−過剰診断と診断見逃しのジレンマのなかで−】自閉スペクトラム症診断における先入観の克服. 井上勝夫 (精神): 精神神経学雑誌 2017/10; 119 (10): 719-26.

522169. [講座]【連載: 認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと】第10回 日常診療の中で心がけたいこと, 伝えたいこと. 大石 智 (精神): Modern Physician 2017/10; 37 (10): 1115-9.

522170. [講座]【連載: 認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと】第11回 若年で発症したアルツハイマー型認知症のある人に伝えたいこと. 大石 智 (精神): Modern Physician 2017/11; 37 (11): 1230-4.

522171. [講座]【特集: うつ病診療のトピックス】特集にあたって. 宮岡 等 (精神): Pharma Medica 2017/12; 35 (12): 7.

522172. [講座]【特集: うつ病診療のトピックス】うつ状態〜原因の考え方と対応〜. 宮岡 等 (精神): Pharma Medica 2017/12; 35 (12): 9-12.

522173. [講座]【連載: 認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと】第12回 血管性認知症のある人に伝えたいこと. 大石 智 (精神): Modern Physician 2017/12; 37 (12): 1337-41.

522174. [講座]【特集: うつ病診療のトピックス】うつ病診療における地域連携の可能性. 大石 智 (精神):Pharma Medica 2017/12; 35 (12): 51-4.

522175. [講座]【特集: 心因性疾患診療の最新スキル】いわゆる心因性疾患と薬物療法. 宮岡 等 (精神): ENTONI 2017/12; 213: 31-4.

522176. [講座]【身体的治療が必要になったら−連携の本音と秘訣】よい連携のためには議論と, 密室医療の解消を. 宮岡 等 (精神): CONSONANCE 2018/1; 2018 Winter (通巻65): 2-4.

522177. [講座]【連載: 認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと】第12回 レビー小体型認知症のある人に伝えたいこと. 大石 智 (精神): Modern Physician 2018/1; 38 (1): 105-9.

522178. [講座]【特集: 認知症に対する薬物治療の今、そして今後】認知症のある人, 家族や介護する人に対して薬物治療についてどのように説明すべきなのか. 大石 智 (精神): 臨床精神薬理 2018/1; 21 (1): 59-66.

522179. [講座]【連載: 認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと】第13回 前頭側頭型認知症のある人に伝えたいこと. 大石 智 (精神): Modern Physician 2018/2; 38 (2): 203-7.

522180. [講座]【特集: 教員の長時間労働を考える】視点4. 教員のメンタルヘルス支援活動から思う働き方改革への期待. 大石 智 (精神): 学校運営; 2018/2; 59 (11): 22-5.

522181. [講座]【連載: 認知症の診断とともに患者さんに伝えたいこと】第14回 認知症のある人に飲酒にまつわる課題があるときに伝えたいこと. 大石 智 (精神): Modern Physician 2018/3; 38 (3): 327-31.

540054. [その他 (コメント)]「原著論文: 力動的アプローチが奏効した心因性嘔吐の男児の一例」へのコメント. 井上勝夫 (精神): 青年期精神療法 2017/11; 13 (1): 87-9.

540055. [その他 (調査報告)] 精神科外来初診患者におけるQT延長の有無に関する調査報告. 櫻井秀樹1, 大石 智1, 滝澤毅矢1, 宮岡 等1 (1精神): 公益社団法人井之頭病院 研究紀要 平成二十九年度 2018/12; p.47-50.

[著 書]

620093. [学術書 (分担執筆)]【プロフェッショナルが語る顎関節症治療】Chapter 4. 精神科との連携, p.65-78. 宮岡 等1, 松香芳三, 和気裕之, 高野直久, 中沢勝宏, 田中 望 (1精神), 編: 中沢勝宏, 田口 望, 和気裕之, 高野直久, 医歯薬出版, 東京, 2017/7発行.

620094. [学術書 (単著)]【テキストブック児童精神科臨床】井上勝夫 (精神), 日本評論社, 東京, 2017/9発行.

[学会・研究会等]

722254. [学会 (全国)] (ワークショップ)【座長】産業メンタルヘルスに応用するマインドフルネスとSST. 高橋 恵 (精神): 第113回日本精神神経学会学術総会 (2017/6/22), 名古屋.

722255. [学会 (全国)] (シンポジウム) 若年者の自殺予防とSST. 浅見隆康1, 天笠 崇2, 須藤友博3, 高橋 恵4, 角田雅彦 (1群馬県立精神保健センター, 2代々木病院, 3群馬県立精神医療センター, 4精神). 第23回SST全国経験交流ワークショップ (2017/7/15), 金沢.

722256. [学会 (全国)] (招待講演等) 電気けいれん療法〜効果を引き出すために〜. 澤山恵波1, 宮岡 等2 (1健康管理セ, 2精神): 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会 合同年会 (2017/9/30), 札幌.

722257. [学会 (全国)] (シンポジウム)【SST入門講座】職場のメンタルヘルスに活かすSST−のブラッシュアップをめざす−. 高橋 恵1, 浅見隆康2, 天笠 崇3 (1精神, 2群馬県立精神保健センター, 3代々木病院): SST普及協会第22回学術集会in希望郷いわて (2017/11/11), 盛岡.

722258. [学会 (全国)] (招待講演等) 救急医療現場で働く精神科医からの問題提示. 高齢者の認知機能障害およびせん妄などを中心に. 新井久稔 (精神): 第30回日本総合病院精神医学会総会 (2017/11/17-18), 富山.

723886. [学会 (全国)] (一般講演) 小鹿野中央病院心療内科 (精神科) 外来における臨床的傾向. 新井久稔1, 加藤啓子, 大久保築世, 関口哲夫 (1精神): 第113回日本精神神経学会学術総会 (2017/6/22-24), 名古屋.

723887. [学会 (全国)] (ワークショップ) 6. (PWS6) 依存症者への援助に「動機づけ面接」を活用する. 澤山 透 (精神): 第39回日本アルコール関連問題学会 (2017/9/9), 横浜.

723888. [学会 (全国)] (一般講演) 統合失調症薬物治療ガイドラインの教育効果についての検討−EGUIDEプロジェクトからの報告−. 大石 智1, 田形弘実, 辻野尚久, 稲田 健, 渡辺衡一郎, 橋本亮太, 宮岡 等1 (1精神): 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会 合同年会 (2017/9/28), 札幌.

723889. [学会 (全国)] (一般講演) 誘発月経による抑うつの間歇的悪化が考えられた神経性無食欲症の一例. 井上勝夫1, 夏山 卓2, 神谷俊介3, 吉林利文1, 山角 圭, 宮岡 等1 (1精神, 2大学院医療系研究科, 3地域児童精神): 第58回日本児童青年精神医学会総会 (2017/10/5), 奈良.

723890. [学会 (全国)] (一般講演) KABC-IIにおいて認知総合尺度より習得総合尺度が高値となる事例の検討. 井上勝夫1, 中島康輔2, 滝澤毅矢2, 柴 玲子, 宮岡 等1 (1精神, 2地域児童精神): 第58回日本児童青年精神医学会総会 (2017/10/6), 奈良.

723891. [学会 (全国)] (一般口演) 一般口演「PDD/ASD8」司会. 井上勝夫 (精神): 第58回日本児童青年精神医学会総会 (2017/10/7), 奈良.

723125. [学会 (全国)] (一般講演) 公立小中学校における, スクールカウンセリングと児童精神科医療の関連について. 中島康輔1, 神谷俊介1, 吉林利文1,2, 井上勝夫2, 宮岡 等1,2 (1地域児童精神, 2精神): 第58回日本児童青年精神医学会総会 (2017/10/7), 奈良.

723892. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学東病院精神科病棟への入院を必要とした摂食障害患者の臨床的特徴について. 新井久稔1, 櫻井秀樹1, 大石 智1, 宮岡 等1 (1精神): 第21回日本摂食障害学会学術集会 (2017/10/22), 広島.

723893. [学会 (全国)] (一般講演) ソーシャルスキルの向上を目的としたメンタルヘルス講座の効果. 羽田舞子1,2, 高橋 恵2,3 (1筑波大学, 2北里研究所病院, 3精神): SST普及協会第22回学術集会in希望郷いわて (2017/11/11), 盛岡.

723894. [学会 (全国)] (一般講演) 情緒不安定性パーソナリティ障害の長期予後に関する後方視的調査. 新井久稔1, 大石 智1, 齋藤正範1, 井上勝夫1, 宮岡 等1 (1精神): 第30回日本総合病院精神医学会総会 (2017/11/17), 富山.

723126. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における精神科リエゾンチームの現状と課題. 神谷俊介1, 白井教子2, 田久保美千代2, 井上朋子3, 三浦祥子3, 中島康輔1, 宮地英雄1,3, 井上勝夫3, 宮岡 等1,3 (1地域児童精神, 2看護部, 3精神): 第30回日本総合病院精神医学会総会 (2017/11/17), 富山.

723895. [学会 (全国)] (一般講演) 成人自閉スペクトラム症のP-Fスタディの特徴 報告1−集団一致度 (GCR) の臨床対照群との比較−. 井上勝夫1, 緒方慶三郎, 植松美帆 (1精神): 日本心理臨床学会第36回大会 (2017/11/20), 横浜.

723896. [学会 (全国)] (一般講演) 成人自閉スペクトラム症のP-Fスタディの特徴 報告2−集団一致度 (GCR) とASD特性との検討−. 緒方慶三郎, 井上勝夫1, 植松美帆 (1精神): 日本心理臨床学会第36回大会 (2017/11/20), 横浜.

723897. [学会 (全国)] (一般講演) MCIからアルツハイマー病への移行における大脳白質病変と動脈硬化・生活習慣との関連. 新井久稔1, 高橋 恵1, 大石 智1, 中島啓介1, 滝澤毅矢2, 宮岡 等1 (1精神, 2大学院医療系研究科): 第36回日本認知症学会学術集会 (2017/11/25), 金沢.

731128. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 入院治療につなぐときの手順・工夫・配慮. 井上勝夫 (精神): 第19回日本小児精神医学研究会教育セミナー (2017/8/18), 神戸.

731129. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 不定愁訴 (身体愁訴) の評価と対応をめぐって. 新井久稔 (精神): 第45回神奈川県心身医学会総会・学術集会 (2017/9/16), 横浜.

733328. [学会 (地方会・研究会)] (講演会講師) 高橋 恵 (精神): 東京SSTクラブ (2017/5/25, 2017/7/22, 2017/11/18, 2018/1/20), 代々木.

733329. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Cavernoma-related epilepsy (CRE). 齋藤正範 (精神): 第14回北里血管フォーラム (2017/6/5), 相模原.

733330. [学会 (地方会・研究会)] SST中級リーダー研修. 高橋 恵 (精神): 埼玉SST研究交流会 (2017/6/17), さいたま.

733331. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 認知症と上手に付き合う〜本人も家族も笑顔でいられるために〜. 高橋 恵 (精神): ベネッセ医療セミナー (2017/6/18), 町田.

733332. [学会 (地方会・研究会)] (講演会講師) 高橋 恵 (精神): オレンジカンファ (北里研究所病院高齢者医療支援チーム主催) (2017/6/19, 2017/10/30, 2018/3/16), 白金.

733333. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) よい睡眠とは〜睡眠薬の基本を含めて〜. 高橋 恵 (精神): 医療連携談話会 (2017/7/7), 白金.

733334. [学会 (地方会・研究会)] (講演会講師) 老年期精神障害と老年期の考え方. 高橋 恵 (精神): 北里大学東病院精神科病棟医 (後期研修医) クルズス (2017/7/10), 相模原.

733335. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 今さら聞けない要望書の基本−患者が望む人生の最終段階の医療の実現に向けて−. 高橋 恵 (精神): 院内定例教育講演会 (2017/7/20), 白金.

733336. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 正しく理解しよう! 認知症!〜本人も家族も笑顔でいられるために〜. 高橋 恵 (精神): ボランティア養成講座 (2017/7/22), 高輪.

733337. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 臨床研究の基本. 高橋 恵 (精神): 東京SSTクラブ (2017/7/22), 代々木.

733338. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 社会で生きる患者サポート−心理社会的治療とSST−. 高橋 恵 (精神): クオール社内精神疾患エキスパートコース (2017/8/19). 日本橋.

733339. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 高齢期を幸せに生きるコツ−精神科医からの提言−. 高橋 恵 (精神): 第5回エコヘルスシンポジウム (2017/8/26), 十和田.

733340. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) levetiracetam服用後に攻撃性が顕著になった4症例. 宮地英雄1, 井上朋子1, 三浦祥子1, 神谷俊介2, 宮岡 等1 (1精神, 2地域児童精神): 第45回神奈川県心身医学会総会・学術集会 (2017/9/16), 横浜.

733341. [学会 (地方会・研究会)] (研修会講師) 高橋 恵 (精神): 発達障害者相談支援スキルアップ研修 (2017/10/4, 11, 18), 東京.

733342. [学会 (地方会・研究会)] (セミナー講師) 高橋 恵 (精神): 北里研究所病院リビングウィルセミナー (2017/10/7, 2018/2/17), 白金.

733343. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 明日から使えるSST−統合失調症のリカバリーを支える−. 高橋 恵 (精神): 第3回多職種連携の会 (2017/10/20), 長野.

733344. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 充実した人生の第3ステージのために−精神科医からの提言−. 高橋 恵 (精神): 第9回日本エコヘルス研究集会東京大会 (2017/10/28), 東京.

733345. [学会 (地方会・研究会)] (研修会講師) 精神科救急対応. 高橋 恵 (精神): 北里研究所病院研修医ミニクルズス (2017/11/4), 白金.

733346. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 認知症の診断・対応での留意点. 高橋 恵 (精神): 平成29年度認知症対応力向上研修会 (2017/11/12), 横浜.

733347. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 親子コミュニケーショントレーニング実践報告. 高橋 恵 (精神): 東京SSTクラブ (2017/11/18), 代々木.

733348. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 高齢者の賢い睡眠のとり方−健康と脳機能を保つために−. 高橋 恵 (精神): SOMPOケア介護セミナー (2017/12/9), 成城.

733349. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) SSTを職場のメンタルヘルスに活かす. 高橋 恵 (精神): 群馬県かかりつけ医うつ病対応力スキルアップ研修 (2017/12/10), 前橋.

733350. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 職場のストレス管理, メンタルヘルス. 高橋 恵 (精神): 介護福祉士ファーストステップ研修 (2018/1/23), 藤沢.

773351. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【症例検討スーパーバイザー】回避性パーソナリティ障害の診断を満たすに至った, 5歳より児童精神科に通院し, 児童病棟へ入院歴のある, 自分の考えや気持ちを表出しない不登校, ひきこもりの中3女児の10年間の経過. 井上勝夫 (精神): 第31回日本小児精神医学研究会 (2018/2/17), 香川.

733352. [学会 (地方会・研究会)] (講演会講師) 平成29年度第4回グループホーム部会症例検討会. 高橋 恵 (精神): 相模原市高齢者福祉施設協議会グループホーム部会 (2018/2/21), 相模原.

733353. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 認知症と睡眠. 高橋 恵 (精神): 認知症の人と家族のための集い (2018/3/4), 白金

733354. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 職場のメンタルヘルスにいかすSST. 高橋 恵 (精神): 医師のためのSST入門講座 (2018/3/21), 白金.

H28年度以前分

[学術論文]

H28-120003. [原著] 救命救急センターに搬送され自殺企図が疑われて入院となった患者の対応: 精神科医の役割に関して. 新井久稔1, 井上勝夫1, 浅利 靖2, 宮岡 等1 (1精神, 2救命): 総合病院精神医学 2017/1; 29 (1): 15-23.

H28-540001. [その他 (講演録)]【特別教育セミナー】精神科診療所に望むこと. 宮岡 等 (精神): 日精診ジャーナル (第22回日本精神神経科診療所協会学術研究会特集号) 2016/6; 42 (8): 13-22.


放射線科学 (画像診断学)

[学術論文]

110293. [原著] Image non-uniformity correction for 3-T Gd-EOB-DTPA-enhanced magnetic resonance imaging of the liver. Ogasawara G1, Inoue Y1, Matsunaga K1, Fujii K1, Hata H2, Takato Y2: Magn Reson Med Sci 2017/4; 16 (2): 115-22. (小笠原豪1, 井上優介1, 松永敬二1, 藤井 馨1, 秦 博文2, 高藤優輝2: 1放射線 (画像), 2放射線部)

110294. [原著] The natural history of streptozotocin-stimulated non-alcoholic steatohepatitis mice followed by Gd-EOB-DTPA-enhanced MRI: comparison with simple steatosis mice. Akai H, Kiryu S, Ohta Y, Yasaka K, Nakano Y, Inoue Y1, Ohtomo K: Magn Reson Imaging 2017/5; 38: 123-8. (井上優介1: 1放射線 (画像))

110295. [原著] Influence of Indocyanine Green on Hepatic Gd-EOB-DTPA Uptake: A Proof-of-Concept Study in Mice. Akai H, Yasaka K, Nojima M, Inoue Y1, Ohtomo K, Kiryu S: Invest Radiol 2017/7; 52 (7): 441-5. (井上優介1: 1放射線 (画像))

110296. [原著] Amygdala-centred functional connectivity affects daily cortisol concentrations: a putative link with anxiety. Hakamata Y1,2, Komi S3, Moriguchi Y1, Izawa S, Motomura Y1, Sato E, Mizukami S2, Kim Y1, Hanakawa T1, Inoue Y4, Tagaya H2: Sci Rep 2017/8; 7 (1): 8313. (袴田優子1,2, 小見正太郎3, 水上慎也2, 井上優介4, 田ヶ谷浩邦2: 1国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター, 2医療衛生学部, 3放射線部, 4放射線 (画像))

110297. [原著] Two-Dimensional Spoiled Gradient-Recalled Echo Magnetic Resonance Imaging of the Liver Using Respiratory Navigator-Gating Techniques. Inoue Y1, Hata H2, Matsunaga K1, Nakajima A2, Komi S2, Abe Y2, Miyatake H2: J Comput Assist Tomogr 2017/9,10; 41 (5): 688-95. (井上優介1, 秦 博文2, 松永敬二1, 中嶋 藍2, 小見正太郎2, 阿部 豊2, 宮武比呂樹2: 1放射線 (画像), 2放射線部)

110298. [原著] Correction of collimator-dependet defferences in the heart-to-mediastinum ratio in 123I-metaiodobenzylguanidine cardiac sympathetic imaging: Determination of conversion equations using point-source imaging. Inoue Y1, Abe Y2, Kikuchi K2, Matsunaga K1, Masuda R3, Nishiyama K3: J Nucl Cardiol 2017/10; 24 (5): 1725-36. (井上優介1, 阿部 豊2, 菊池 敬2, 松永敬二1, 増田 励3, 西山和利3: 1放射線 (画像), 2放射線部, 3神経内)

110299. [原著] Methods for optimizing the display conditions of brain magnetic resonance images. Hara T1, Inoue Y1, Ukisu R1, Hata H2: Jpn J Radiol 2017/10; 35 (10): 622-7. (原 敏将1, 井上優介1, 浮洲龍太郎1, 秦 博文2: 1放射線 (画像), 2放射線部)

110300. [原著] PEG-poly(L-lysine)-based polymeric micelle MRI contrast agent: Feasibility study of a Gd-micelle contrast agent for MR lymphography. Akai H, Shiraishi K, Yokoyama M, Yasaka K, Nojima M, Inoue Y1, Abe O, Ohtomo K, Kiryu S: J Magn Reson Imaging 2018/1; 47 (1): 238-45. (井上優介1: 1放射線 (画像))

110301. [原著] Gadoxetate disodium-induced tachypnoea and the effect of dilution method: a proof-of-concept study in mice. Akai H, Yasaka K, Nojima M, Kunimatsu A, Inoue Y1, Abe O, Ohtomo K, Kiryu S: Eur Radiol 2018/2; 28 (2): 692-7. (井上優介1: 1放射線 (画像))

510006. [総説] Anticipation process of the human brain measured by stimulus-preceding negativity (SPN). Kotani Y, Ohgami Y, Yoshida N, Kiryu S, Inoue Y1: J Phys Fitness Sports Med 2017; 6 (1): 7-14. (井上優介1: 1放射線 (画像))

521021. [解説]【連載: CASE OF THE MONTH】Case of July (出題編). 原 敏将1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 画像診断 2017/6; 37 (8): 849.

521022. [解説]【連載: CASE OF THE MONTH】Case of August (出題編). 浮洲龍太郎1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 画像診断 2017/7; 37 (9): 969.

521023. [解説] 2. 腎泌尿器疾患のSPECT/CT. 井上優介 (放射線 (画像)): 腎臓内科・泌尿器科 2017/7; 6 (1): 76-81.

521024. [解説] 側頭骨領域の画像診断−minimum requirement−. 浮洲龍太郎 (放射線 (画像): 画像診断 2017/7; 37 (8): 795-801.

521025. [解説]【連載: CASE OF THE MONTH】Case of September (出題編). 松永敬二1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 画像診断 2017/8; 37 (10): 1099.

521026. [解説]【連載: CASE OF THE MONTH】The Key to Case of July (解説編). 原 敏将1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 画像診断 2017/8; 37 (10): 1100-2.

521027. [解説]【連載: CASE OF THE MONTH】Case of October (出題編). 原 敏将1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 画像診断 2017/9; 37 (12): 1249.

521028. [解説]【連載: CASE OF THE MONTH】The Key to Case of August (解説編). 浮洲龍太郎1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 画像診断 2017/9; 37 (12): 1250-2.

521029. [解説]【連載: CASE OF THE MONTH】Case of Novembe (出題編). 浮洲龍太郎1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 画像診断 2017/10; 37 (13): 1397-400.

521030. [解説]【連載: CASE OF THE MONTH】The Key to Case of September (解説編). 松永敬二1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 画像診断 2017/10; 37 (13): 1398-400.

521031. [解説]【連載: CASE OF THE MONTH】Case of December (出題編). 松永敬二1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 画像診断 2017/11; 37 (14): 1525.

521032. [解説]【連載: CASE OF THE MONTH】The Key to Case of October (解説編). 原 敏将1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 画像診断 2017/11; 37 (14): 1526-8.

521033. [解説]【連載: CASE OF THE MONTH】The Key to Case of November (解説編). 浮洲龍太郎1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 画像診断 2017/12; 38 (1): 96-9.

521034. [解説]【連載: CASE OF THE MONTH】The Key to Case of December (解説編). 松永敬二1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 画像診断 2018/1; 38 (2): 220-2.

521035. [解説]【ここが知りたい! (画像診断2017年11月号特集)「頭部単純CT−読影の基本と偶発的所見のマネジメント−」】Q2. 浮洲龍太郎 放射線 (画像): 画像診断 2018/3; 38 (5): 472-3.

522182. [講座]【特集: 頭部単純CT−読影の基本と偶発的所見のマネジメント−】頭蓋底のCT−正常解剖, 病変, 偽病変−. 浮洲龍太郎 (放射線 (画像): 画像診断 2017/11; 37 (13): 1352-65.

540056. [その他 (技術報告)] ドーズキャリブレータを用いた放射能測定に与える容器の影響−特に111In および123Iの測定について−. 井上 優介1, 阿部 豊2, 菊池 敬2, 宮武比呂樹2, 渡辺篤史2 (1放射線 (画像), 2放射線部): 核医学 2017/4; 54 (1): 545-9.

[著 書]

620095. [学術書 (分担執筆)]【最新分類に基づく画像による悪性腫瘍の病期診断2017 (臨床画像2017年4月増刊号)】咽頭・喉頭. p.26-45. 浮洲龍太郎 (放射線 (画像), 企画・編集: 後閑武彦, メジカルビュー社, 東京, 2017/4発行.

620096. [学術書 (分担執筆)]【エキスパートから学ぶ 読影の手立てとなる局所解剖と画像診断】第1章 頭頸部Head&Neck (編集), Over View-頭蓋底の解剖, 翼突菅, 棘孔, 顆, Over-View-頭頸部の解剖, 扁桃周囲間隙, 後頸間隙, 前印頭蓋間隙, 傍声帯間隙. p.12-6, p.52-3, p.54-5, p.58-9, p.60-1, p.99-100, p.101-2, p.103-4. 浮洲龍太郎 (放射線 (画像)), 編: 松永尚文, 江原 茂, 後閑武彦, 松本俊郎, 浮洲龍太郎1, メジカルビュー社, 東京, 2018/3発行.

620097. [学術書 (分担執筆)]【頭部の鑑別診断のポイント (画像診断2018年増刊号)】第12章 症例からのアプローチ 特別な頭痛の鑑別/めまい・耳鳴の鑑別, s216-21. 浮洲龍太郎 (放射線 (画像), 編著: 青木茂樹, 大場 洋, 学研メディカル秀潤社, 東京, 2018/3発行.

620098. [学術書 (分担執筆)]【Canal Foramen, Fissure, Space & Membrane 読影の手立てとなる局所解剖と画像診断】Overview−頭蓋低の解剖, p.12-6. 翼突菅, p.52-3. 棘孔, p.54-5. 顆菅, p.58-9. Overview−頭頸部の解剖, p.60-1. 扁桃周囲間隙, p.99-100. 後頸間隙, p.101-2. 前咽頭蓋間隙, 傍声帯間隙, p.103-4. 浮洲龍太郎1 (1放射線 (画像)), 編: 松永尚文, 江原 茂, 後閑武彦, 松本俊郎, 浮洲龍太郎1), メジカルビュー社, 東京, 2018/3発行.

621003. [学術書 (編集)]【Canal Foramen, Fissure, Space & Membrane 読影の手立てとなる局所解剖と画像診断】編集: 第1章 頭頸部 Head & Neck, p.12-104. 編: 松永尚文, 江原 茂, 後閑武彦, 松本俊郎, 浮洲龍太郎1 (1放射線 (画像)), メジカルビュー社, 東京, 2018/3発行.

[学会・研究会等]

713129. [学会 (国際)] (ポスター) Hemispheric difference in anticipation process of voice, beep, and rhythmic sound. Kotani Y, Ohgami Y, Yoshida N, Kiryu S, Inoue Y1: Annual Meeting of the Organization of Human Brain Mapping (OMBM2017) (2017/6/25-29), Vancouver, Canada, (Posters for web) 2017/6; p.108. (井上優介1: 1放射線 (画像))

713130. [学会 (国際)] (ポスター) Anticipation process for voice is faster than anticipation process for rhythmic sound. Ohgami Y, Kotani Y, Yoshida N, Kiryu S, Inoue Y1: Annual Meeting of the Organization of Human Brain Mapping (OMBM2017) (2017/6/25-29), Vancouver, CanadaVancouver, Canada, (Posters for web) 2017/6; p.175. (井上優介1: 1放射線 (画像))

713131. [学会 (国際)] (ポスター) Components of Stimulus-preceding negativity prior to voice, beep, and rhythmic sound. Kotani Y, Ohgami Y, Yoshida N, Kiryu S, Inoue Y1: The 57th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research (2017/10/11-15), Vienna, Austria, Psychophysiology 2017/10; 54 (suppl 1): s75. (井上優介1: 1放射線 (画像))

713132. [学会 (国際)] (ポスター) The contents of auditory stimulus affect brain regions involved in anticipation: An fMRI study. Ohgami Y, Kotani Y, Yoshida N, Kiryu S, Inoue Y1: The 57th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research (2017/10/11-15), Vienna, Austria, ?Psychophysiology 2017/10; 54 (suppl 1): s111. (井上優介1: 1放射線 (画像))

721015. [学会 (全国)] (特別講演) 産科出血に対するIVR; ガイドラインの適応と応用. ウッドハムス玲子1, 藤井 馨1, 山根拓郎1, 原 敏将1, 松永敬二1, 西巻 博2, 井上優介1 (1放射線 (画像), 2聖マリアンナ医科大学心臓血管外科): 第46回日本IVR学会総会 (2017/5/19), 岡山, Interventional Radiology 2017/4; 32 (Suppl): 110.

721016. [学会 (全国)] (特別講演) 現在進行形の核医学検査技術 明るい未来のために. 井上優介 (放射線 (画像)): 第37回日本核医学技術学会総会学術大会 (2017/10/5-7), 横浜, 核医学技術 2017/9; 37: 426.

722259. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) NBCAを用いたB-RTOの検討. 藤井 馨 (放射線 (画像)): 第24回日本門脈圧亢進症学会総会 (2017/9/14-15), 東京, 第24回日本門脈圧亢進症学会総会プログラム・抄録集 2017/9; 23 (3): 76.

723898. [学会 (全国)] (ポスター) 聴覚刺激による刺激先行陰性電位 (SPN) の前期成分と後期成分. 大上淑美1, 小谷泰則1, 吉田宜清2, 桐生 茂2, 井上優介3 (1東京工業大学リベラルアーツ研究教育院, 2東京大学医科学研究所, 3放射線 (画像)): 第35回日本生理心理学会大会 (2017/5/27-28), 千葉, 第35回日本生理心理学会大会プログラム・予稿集 2017; p.15.

723899. [学会 (全国)] (一般講演) 大動脈離断症術後に顕在化した先天性乳び胸に対するリンパ管造影の所見と治療効果に関する考察. ウッドハムス玲子1, 西村潤一, 柴田深雪2, 宮地 鑑2, 井上優介1 (1放射線 (画像), 2心臓血管外): 第58回日本脈管学総会 (2017/10/19-21), 名古屋, 脈管学 2017/10; 57 (Suppl): S235.

723900. [学会 (全国)] (ポスター) 眼窩下壁の吹き抜け骨折: 発症機序を直感的に正しく理解するため, あえて効果線などを加えたメディカルイラスト. 浮洲龍太郎 (放射線 (画像)): 第2回日本メディカルイラストレーション学会学術集会・総会 (2017/12/3), 岡山, 第2回日本メディカルイラストレーション学会学術集会・総会プログラム・抄録集 2017/12; p.45.

723901. [学会 (全国)] (一般講演) 視覚異常をきたす眼窩病変のCT・MRI. 狩野洋輔1, 浮洲龍太郎1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 第37回日本画像医学会学術大会 (2018/2/23), 東京.

731902. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) CTによる被ばくの適正化に向けて. 井上優介 (放射線 (画像)): 第5回相模原医用画像セミナー (2017/5/18), 相模原.

731903. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 眼科領域の画像診断: CT・MRIを中心に. 浮洲龍太郎 (放射線 (画像)): 第10回神奈川クロスオーバーシンポジム (2018/3/3), 横浜.

733355. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 外傷を契機に発見され, 広範な骨破壊と頭蓋内親展を伴った涙腺腺様N胞癌の1例. 狩野洋輔1, 浮洲龍太郎1, 山根拓郎1, 大塚亜沙未1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 第46回頭頸部・胸部画像研究会 (2017/5/13), 東京, 第46回頭頸部・胸部画像研究会プログラム・抄録集 2017/5; p.9.

733356. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ソマトスタチン受容体シンチグラフィについて. 井上優介 (放射線 (画像)): 第5回相模原消化器画像セミナー (2017/6/2), 相模原.

733357. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 頭頸部画像診断入門 その1「筋膜と間隙」. 浮洲龍太郎 (放射線 (画像)): 藤が丘放射線科勉強会 (2017/6/8), 横浜.

733358. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 産婦人科 女性の下腹部痛. ウッドハムス玲子 (放射線 (画像)): 第7回救急放射線セミナープレミアム (2017/6/24), 東京.

733359. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 自然退縮を来した幹細胞癌の検討〜画像および臨床経過の推移〜. 山根拓郎1, 松永敬二1, 原 敏将1, 藤井 馨1, ウッドハムス玲子1, 井上優介1, 窪田幸介2, 魚嶋晴紀2, 田中賢明2, 日高 央2, 西山 亮3, 犬飼 円4 (1放射線 (画像), 2消化器内, 3立川病院消化器外科, 4病理): 第48回北里肝・胆・膵疾患検討会 (2017/7/5), 東京.

733360. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 傍咽頭間隙の血管奇形の1例. 猪狩知美1, 浮洲龍太郎1, 狩野洋輔1, 井上優介1, 宮本俊輔2, 山下 拓2, 秋谷昌史3, 三枝 信3 (1放射線 (画像), 2耳鼻咽喉・頭頸外, 3病理): 第30回頭頸部放射線研究会 (2017/9/9), 愛媛, 第53回日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 2017/8; p.s541.

733361. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) イメージインタープリテーションセッション (出題). 狩野洋輔 (放射線 (画像)): 第30回頭頸部放射線研究会 (2017/9/9), 愛媛, 第53回日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 2017/8; p.44-6.

733362. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) イメージインタープリテーションセッション (回答). 狩野洋輔 (放射線 (画像)): 第30回頭頸部放射線研究会 (2017/9/9), 愛媛, 第53回日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集 2017/8; p.56-8.

733363. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 後腹膜リンパ漏に対するリンパ節直接穿刺によるNBCA塞栓の経験. ウッドハムス玲子 (放射線 (画像)): 第1回日本LEMT研究会 (2017/11/18), 大阪.


放射線科学 (放射線腫瘍学)

[学術論文]

110302. [原著] Nationwide multi-institutional retrospective analysis of high-dose-rate brachytherapy combined with external beam radiotherapy for localized prostate cancer: An Asian Prostate HDR-BT Consortium. Ishiyama H1, Kamitani N, Kawamura H, Kato S, Aoki M, Kariya S, Matsumura T, Kaidu M, Yoshida K, Hashimoto Y, Noda Y, Lim KHC, Kawase T, Takahashi T, Inaba K, Kumano M, Yoshikawa N, Yoshioka Y, Nakamura K, Hiratsuka J, Itami J, Hayakawa K1: Brachytherapy 2017/5-6; 16 (3): 503-10. (石山博條1, 早川和重1: 1放射線 (腫瘍))

110303. [原著] Comparison of prostate contours between conventional stepping transverse imaging and Twister-based sagittal imaging in permanent interstitial prostate brachytherapy. Kawakami S1, Ishiyama H1, Satoh T2, Tsumura H2, Sekiguchi A1, Takenaka K, Tabata KI2, Iwamura M2, Hayakawa K1: J Contemp Brachytherapy 2017/8; 9 (4): 316-22. (川上正悟1, 石山博條1, 佐藤威文2, 津村秀康2, 関口茜衣1, 田畑健一2, 岩村正嗣2, 早川和重1: 1放射線 (腫瘍), 2泌尿器)

110304. [原著] Retrospective analysis of definitive radiotherapy for neck node metastasis from unknown primary tumor: Japanese Radiation Oncology Study Group study. Yamazaki T, Kodaira T, Ota Y, Akimoto T, Wada H, Hiratsuka J, Nishimura Y, Ishihara S, Nonoshita T, Hayakawa K1, Sekii S, Uchida N: Jpn J Clin Oncol 2017/9; 47 (9): 856-62. (早川和重1: 1放射線 (腫瘍))

110305. [原著] Retrospective evaluation of the feasibility of definitive chemoradiotherapy after treatment with docetaxel, cisplatin, and 5-fluorouracil in patients with esophageal squamous cell carcinoma. Komori S1, Katada C2, Sugawara M3, Takahashi K4, Yamashita K5, Tanabe S2,6, Koizumi W2, Hayakawa K1: Kitasato Med J 2017/9; 47 (2): 118-28. (小森承子1, 堅田親利2, 菅原充広3, 高橋かおる4, 山下継史5, 田邉 聡2,6, 小泉和三郎2, 早川和重1: 1放射線 (腫瘍), 2消化器内, 3薬剤部, 4下部消化管外, 5新世紀医療・横断的医療, 6新世紀医療・先端医療)

110306. [原著] Variability of treatment planning of seed implantation: A Japanese multicenter simulation study. Ishiyama H1, Nakano M, Toya K, Kota R, Kikuchi K, Yamaguchi T, Kono N, Kawakami S1, Tsutsumi Y, Tanaka T, Eriguchi T, Ohga S, Yamaguchi T, Takakawa Y, Morita M, Katayama N, Ohashi T, Aoki M, Yorozu A, Saito S: Brachytherapy 2017/9-10; 16 (5): 1013-20. (石山博條1, 川上正悟1: 1放射線 (腫瘍学))

110212. [原著] Phase II Study of Concurrent Chemoradiotheapy Using Nedaplatin for Locally Advanced Uterine Cervical Carcinoma (KGROG0501): Final Results. Niibe Y, Onda T1, Matsuo K, Inoue Y2, Hayakawa K3: Anticancer Res 2017/12; 37 (12): 6983-8. (恩田貴志1, 井上優介2, 早川和重3: 1婦人, 2放射線 (画像), 3放射線 (腫瘍))

110307. [原著] A cold spot compensation technique using a combination of trans-rectal ultrasonography and intraoperative computed tomography for interstitial permanent prostate brachytherapy: a single-arm prospective trial. Ishiyama H1, Tsumura H2, Kawakami S1, Satoh T2, Sekiguchi A1, Tabata KI2, Iwamura M2, Hayakawa K1: J Contemp Brachytherapy 2018/2; 10 (1): 10-6. (石山博條1, 津村秀康2, 川上正悟1, 佐藤威文2, 関口茜衣1, 田畑健一2, 岩村正嗣2, 早川和重1: 1放射線 (腫瘍), 2泌尿器)

310032. [症例報告] Radiotherapy for mucosa-associated lymphoid tissue (MALT) lymphoma of the rectum: a case report. Hayakawa T1, Nonaka T, Mizoguchi N, Hagiwara Y, Shibata S, Sakai R, Nakayama N, Yokose T, Nakayama Y: Clin J Gastroenterol 2017/10; 10 (5): 431-6. (早川豊和1: 1大学院医療系研究科)

521036. [解説] IV期非小細胞肺がんに対する分子標的薬やがん免疫療法と放射線療法との併用の可能性 [一次治療後, 数個以下の残存または再増大した腫瘍に有用. abscopal effectも注目を集める]. 中山優子, 早川和重1 (1放射線 (腫瘍)): 日本医事新報 2017/6; 4861: 57.

521037. [解説]【VARIAN RT REPORT No.9 肺癌: 臨床編】北里大学病院 肺癌における放射線治療の現状. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): Innervision 2017/8; 32 (9): 86-7.

522183. [講座]【特集: 腫瘍に対する放射線治療−高度化・個別化治療へ−】I. 総論 1. 臨床腫瘍学における放射線治療の変遷. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 日本臨牀 2017/8; 75 (8): 1161-6.

522184. [講座]【特集: 肺がん−個別化医療の時代−】?その他の新しい治療 肺がんの新しい放射線治療. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): Current Therapy 2017/8; 35 (8): 52-8.

[著 書]

620099. [学術書 (分担執筆)]【がん・放射線療法2017 改訂第7版】第2章 放射線腫瘍学総論, p.7-26. 第7章 各領域の治療 胸部腫瘍: 肺・胸膜・縦隔腫瘍, p.768-72. 早川和重 (放射線 (腫瘍)), 編: 大西洋, 唐澤久美子, 唐澤克之, 学研メディカル秀潤社, 東京, 2017/6発行.

[学会・研究会等]

712025. [学会 (国際) (Mini Symposia) MANAGEMENNT ACCORDING TO THE HISTOLOGIC SUBTYPES. Hayakawa K1: IASLC 18TH WORLD CONFERENCE ON LUNG CANCER (第18回世界肺癌学会) (2017/10/17), Yokohama, Abstracts/IASLC 18TH WORLD CONFERENCE ON LUNG CANCER 2017/10; p.76. (早川和重1: 1放射線 (腫瘍))

722260. [学会 (全国)] (シンポジウム) 高リスク・超高リスク前立腺癌に対する小線源療法. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 第106回日本泌尿器科学会総会 (2017/4/20), 京都, 第106回日本泌尿器科学会総会 (Web) 2018; ROMBUNNO: SY14-2.

722261. [学会 (全国)] (シンポジウム) 永久挿入密封小線源療法における超音波ガイダンス. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 日本超音波医学会第90回学術集会 (2017/5/26), 宇都宮, 超音波医学 2017/4; 44: S382 (J-STAGE).

722262. [学会 (全国)] (教育講義) 前立腺癌に対する放射線内用療法: 223Ra薬剤を中心に. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 第54回アイソトープ・放射線研究発表会 (2017/7/7), 東京, 第54回アイソトープ・放射線研究会発表会プログラム 2017/6; p.19.

722263. [学会 (全国)] (教育講演)【座長】Current status of stereotactic radiation therapy (SRT)定位放射線の現状. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2017/7/28), 神戸, 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム 2017/6; p.188.

722264. [学会 (全国)] (教育講演) 前立腺がんの放射線治療: 主に小線源と定位照射について. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 第19回放射線腫瘍学夏季セミナー (2017/8/26), 岩手, 第19回放射線腫瘍学夏季セミナープログラム.

722265. [学会 (全国)] (教育講義)【座長】画像診断セミナー1. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第57回日本核医学会学術総会 (2017/10/6), 横浜, 第57回日本核医学会学術総会プログラム 2017/8; p.56.

722266. [学会 (全国)] (会長講演)【座長】放射線腫瘍学の適応拡大への挑戦: 戦略, 戦術策定のためのJASTRO登録事業 (構造・症例). 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会 (2017/11/17), 大阪, 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会報文集 2017/9; 44.

722267. [学会 (全国)] (ワークショップ)【座長】Oligometastatic disease. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第58回日本肺癌学会学術集会 (2017/10/14), 横浜, 肺癌 2017/10; 57 (5): 43.

722268. [学会 (全国)] (ワークショップ) 当院での限局型小細胞肺癌の治療成績. 早川豊和1, 川上正悟2, 早田 格2, 小森承子2, 早川和重2, 片桐真人3, 三藤  久4, 井川 聡5, 福井朋也5, 佐々木治一郎6, 益田典幸5 (1大学院医療系研究科, 2放射線 (腫瘍), 3医療衛生学部, 4看護学部, 5呼吸器内, 6新世紀医療横断的医療): 第58回日本肺癌学会学術集会 (2017/10/15), 横浜, 日本肺癌学会総会号 2017/9; 58 (5): 382.

722269. [学会 (全国)] (シンポジウム) 肺癌治療における定位放射線治療の位置づけ. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 横浜, 第55回日本癌治療学会学術集会ポケットプログラム 2017/1; p.195.

722270. [学会 (全国)] (ワークショップ) がん患者の苦痛緩和を目的とする音楽療法の実施可能性・有効性に関するパイロット研究. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20), 横浜, 第55回日本癌治療学会学術集会ポケットプログラム 2017/1; p.197.

722271. [学会 (全国)] (シンポジウム) 前立腺癌に対する外部照射併用高線量率組織内照射の現状と今後の展望. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会 (2017/11/19), 大阪, 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会報文集 2017/9; p.159.

722272. [学会 (全国)] (シンポジウム) 前立腺癌定位照射における障害とQOL. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 第31回高精度放射線外部照射部会学術大会 (2018/2/10), 大阪, 第31回高精度放射線外部照射部会学術大会プログラム・抄録集 2018/2; p.10.

723904. [学会 (全国)] (一般口演)【座長】治療2: 呼吸器1. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第76回日本医学放射線学会総会 (2017/4/15), 横浜, 第76回日本医学放射線学会総会抄録集 2017/2; p.65.

723905. [学会 (全国)] (一般口演)【司会】放射線治療1. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第41回日本頭頸部癌学会 (2017/6/8), 京都, 第41回日本頭頸部癌学会プログラム 2017; p.38.

723906. [学会 (全国)] (ポスター)【座長】Oncology Nursing 看護. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2017/7/27), 神戸, 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会プログラム 2017/6; p.161.

723907. [学会 (全国)] (一般口演) 前立腺癌密封小線源治療における術中CTを利用したcold spot補正法の前向き試験. 川上正悟1, 石山博條1, 津村秀康2, 佐藤威文2, 関口茜衣1, 岩村正嗣2, 早川和重1 (1放射線 (腫瘍), 2泌尿器): 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会 (2017/11/17), 大阪, 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会報文集 2017/9; 233.

723908. [学会 (全国)] (一般口演) 頭頸部IMRTにおけるDVHとQQLの関係. 早川豊和1, 石山博條2, 小森承子2, 早田 格2, 関口茜衣2, 川上正悟2, 野澤茉莉花2, 早川和重2, 宮下俊輔3, 山下 拓3 (1大学院医療系研究科, 2放射線 (腫瘍), 3耳鼻咽頭・頭頸部外): 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会 (2017/11/18), 大阪, 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会報文集 2017/9; p.271.

723909. [学会 (全国)] (ポスター) トモセラピーを用いた頭皮血管肉腫の全頭皮照射: パラメーターおよびボーラスの効果. 早田 格1, 石山博條1, 関口茜衣1, 増澤真実子2, 寺崎 剛3, 首藤宣昭3, 川上正悟1, 小森承子1, 早川豊和4, 野澤茉莉花1, 早川和重1 (1放射線 (腫瘍), 2皮膚, 3放射線部, 4大学院医療系研究科): 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会 (2017/11/18), 大阪, 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会報文集 2017/9; p.364.

723910. [学会 (全国)] (一般口演) Improvements in measuring the source dwell time of HDR brachytherapy using quality assur-ance tools with Cerenkov radiation. 辰野佑哉1, 余語克紀, 下 貴博, 成澤拓海1, 鎌田晃平1, 石山博條2, 早川和重2 (1大学院医療系研究科, 2放射線 (腫瘍)): 第8回日韓医学物理学会合同学術大会 (JKMP2017) (2017/9/15), 大阪, 医学物理 2017/9; 37 (3): 21.

731130. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 放射性同位元素及び放射線発生装置の取扱いI (医療安全のポイントと医療者のケア). 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 平成29年度「放射線 (診療) 業務従事者の教育訓練 (講習会)」(2017/5/14), 川崎.

731131. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 放射線腫瘍学の変遷と展望: 臨床腫瘍学における放射線治療の役割. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 平成29年度神奈川県放射線医会総会及び第58回例会 (2017/10/7), 横浜, 平成29年度神奈川県放射線医会総会及び第58回例会プログラム・抄録集 2017/9; p.3.

731132. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】私の核医学の履歴書. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第41回神奈川PET・SPECT研究会−腫瘍−(2017/11/11), 横浜.

732137. [学会 (地方会・研究会)] (記念講演) 肺がんの治療. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 平成29年度第1回神奈川県放射線治療技術研究会 (2017/6/3), 川崎.

732138. [学会 (地方会・研究会)] (教育講義) 前立腺癌に対する放射線内用療法 (223Ra薬剤を中心に). 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 平成29年度放射線基礎セミナー (2017/7/7), 東京.

732139. [学会 (地方会・研究会)] (記念講演) 放射線腫瘍学の魅力〜40年の経験から〜. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 平成29年度放射線治療談話会 第三回目 (2018/1/13), 東京.

733364. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) トモセラピーを用いた前立腺癌に対する定位照射の経験. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): TomoTherapyセミナー2017 (2017/5/13), 品川, TomoTherapyセミナー2017春抄録集 2017/5; p.50-3.

733365. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 前立腺癌小線源治療の発展と展望. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 日本メジフィジックス且ミ内講演会 (2017/5/16), 横浜.

733367. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【司会】早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第62回横浜放射線治療懇話会 (2017/7/3), 横浜.

733368. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) トモセラピーを用いた頭皮血管肉腫の前頭皮照射: パラメーターおよびボーラスの効果. 早田 格1, 石山博條1, 関口茜衣1, 増澤真実子2, 寺崎剛史3, 首藤宣昭3, 川上正悟1, 小森承子1, 早川豊和4, 野澤茉莉花1, 早川和重1 (1放射線 (腫瘍), 2皮膚, 3放射線部, 4大学院医療系研究科): 第62回横浜放射線治療懇話会 (2017/7/3), 横浜.

733369. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 肺癌をとりまく最近のトピックス: ASCO2017の話題から. 早川和重 (放射線 (腫瘍)): 第62回横浜放射線治療懇話会 (2017/7/3), 横浜.

733370. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【司会】石山博條 (放射線 (腫瘍)): 第19回ヨウ素125シード線源永久挿入による前立腺癌密封小線源療法技術講習会 (2017/7/22), 東京.

H28年度以前分

[学術論文]

H28-310003. 症例報告] Radiation therapy for sebaceous carcinoma of the eyelid: a case report. Soda I1, Hayakawa K1, Komori S1, Ishiyama H1, Miyake T2, Ichibe Y2, Shimizu K2: Kitasato Med J 2017/3; 47 (1): 78-80. (早田 格1, 早川和重1, 小森承子1, 石山博條1, 三宅俊之2, 市邉義章2, 清水公也2: 1放射線 (腫瘍), 2眼科)


麻酔科学

[学術論文]

110308. [原著] A prospective study of post-cesarean delivery hypoxia after spinal anesthesia with intrathecal morphine 150μg. Ladha KS, Kato R1,2, Tsen LC, Bateman BT, Okutomi T2: Int J Obstet Anesth 2017/11; 32: 48-53. (加藤里絵1,2, 奥富俊之2: 1新世紀医療・先端医療, 2麻酔)

120046. [原著] 挿管困難予測因子の検討. 吉野和久1, 竹浪民江2, 野路麻美, 伊藤論子1, 星 佳芳3, 岡本浩嗣2 (1大学院医療系研究科, 2麻酔, 3衛生): 麻酔 2018/3; 67 (3): 285-292.

220006. [準原著]【第23回肺塞栓症研究会シンポジウム2-4】麻酔科領域における予防−周術期予防に関するアンケート調査結果−. 黒岩政之 (麻酔): 心臓 2017/7; 49 (7): 788-90.

522185. [講座]【特集: どこが違う? だから何に注意? 普段どおり“じゃない”患者の全身麻酔 絵解きレクチャー】[5] 気管挿管 (1) 高度肥満患者/(2) 小児患者/(3)睡眠時無呼吸症候群の患者. 西澤義之1, 松田弘美1, 関 昭彦1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): オペナーシング 2017/9; 32 (9): 40-5.

522186. [講座]【特集: 低侵襲血管内手術の麻酔】経カテーテル大動脈弁置換術 (TAVI) の周術期管理. 関田昭彦1, 山下 敦, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 麻酔 2017/11; 66 (11): 1170-80.

540057. [その他 (委員会報告)] Rapid Response Systemに関わる用語の日本語訳と定義. 安宅一晃1, 藤谷茂樹1, 新井正康1,2,3, 中田孝明1, 仙頭佳起1, 藤原紳祐1, 川原千香子1, 児玉貴光1, 三宅章公1, 川崎達也1, 織田成人1 (1日本集中治療医学会/日本臨床救急医学会Rapid Response System合同委員会日本集中治療医学会Rapid Response System検討委員会, 2新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 日本集中治療医学会雑誌 2017/5; 24 (3): 355-60.

[著 書]

610004. [学術書 (分担執筆)]【Adult Congenital Heart Disease-Focusing on Intervention-】Chapters 6. Perioperative Anesthetic Management of Adult Patients with Congenital Heart Disease, p.89-94. Okamoto H1, Editors: Masuda M, Niwa K, Springer Nature, Switzerland, 2017/7. (岡本浩嗣1: 1麻酔)

620100. [学術書 (分担執筆)]【関節リウマチ新合併症患者の麻酔スタンダード 他科依頼にいかに答えるか】XII. その他 37. 関節リウマチ, p.312-23. 鈴木麻葉 (麻酔), 編: 武田純三, 克誠堂出版, 東京, 2017/6発行.

620101. [学術書 (分担執筆)]【ワンランク上の産科麻酔に必要なエビデンス】第3章 安全管理: 母体編 2. 産科危機的出血, p.151-60. 藤田那恵1, 加藤里絵1,2 (1麻酔, 2新世紀医療・先端医療), 監修: 照井克生, 編: 松田祐典, 田中 基, 克誠堂出版, 東京, 2017/6発行.

620102. [学術書 (分担執筆)]【神経救急・集中治療ハンドブック (第2版)】第4章 神経救急・集中治療における合併症の管理 2. 呼吸器合併症の管理, p.443-53. 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔), 監修: 篠原幸人, 編: 永山正雄, 濱田潤一, 三宅康史, 医学書院, 東京, 2017/8発行.

[学会・研究会等]

713133. [学会 (国際)] (一般講演) Intraoperative Rise in Intraocular Pressure During Robotic Laparoscopic Prostatectomy Performed in the Head Down Position. Ara M1, Takenami T1, Suzuki T, Ikeda T, Tabata K, Tanaka K1, Okamoto H1: ANESTHESIOLOGY 2017 Annual Meeting - American Society of Anesthesiologists (ASA) (2017/10/21-25), Boston, USA. (荒 将智1, 竹浪民江1, 田中一生1, 岡本浩嗣1: 1麻酔)

722273. [学会 (全国)] (招待講演等) 先天性心疾患の非心臓手術の麻酔管理. 岡本浩嗣 (麻酔): 日本麻酔科学会第64回学術集会 (2017/6/9), 神戸.

722274. [学会 (全国)] (招待講演等) Difficult Airway Society産科気道管理ガイドラインに学ぶ. 加藤里絵1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2麻酔): 日本麻酔科学会第64回学術集会 (2017/6/9), 神戸.

723911. [学会 (全国)] (一般講演) がん性痛患者のくも膜下ポートにおける麻酔作用の検討. 不聞一貴1, 金井昭文1,2, 林 経人1, 嶋尾淳子1, 荒 将智1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 日本麻酔科学会第64回学術集会 (2017/6/8), 神戸.

723912. [学会 (全国)] (一般講演) 小児麻酔前投薬としての経口ミダゾラムの有用性の検討: ジアゼパム・ヒドロキシジンとの比較. 山下 敦1, 松田弘美1, 篠原慶子1, 箸方紘子1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第64回学術集会 (2017/6/8), 神戸.

723913. [学会 (全国)] (一般講演) 低侵襲心臓手術 (MICS) における片肺換気中のSpO2低下度の疾患別検討. 本田崇紘1, 安藤寿恵1, 戸田雅也1, 川端茉莉子1, 中澤絢乃1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第64回学術集会 (2017/6/8), 神戸.

723914. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡大腸切除術における術後鎮痛方法の後ろ向き検討−硬膜外自己調節鎮痛法 (PCEA) vs 経静脈的自己調節鎮痛法 (IV-PCA)−. 小林千夏1, 佐藤克彦1, 小坂康晴1, 内藤正規2, 渡邊昌彦2, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2下部消化管外): 日本麻酔科学会第64回学術集会 (2017/6/8), 神戸.

723915. [学会 (全国)] (一般講演) がん性痛患者における非がん性仙腸関節痛 嶋尾淳子1, 金井昭文1,2, 林 経人1, 荒 将智1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 日本麻酔科学会第64回学術集会 (2017/6/9), 神戸.

723916. [学会 (全国)] (一般講演) 褐色細胞腫摘出術における血管作動薬使用量は術前の血中および尿中カテコラミン分画値から予測できるか? 川端茉莉子1, 鮫島 圭, 杉村憲亮1, 中澤絢乃1, 関田昭彦1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第64回学術集会 (2017/6/9), 神戸.

723917. [学会 (全国)] (一般講演) 敗血症患者はqSOFA基準からどれくらい外れて異常と認識されているか? 村松明日香1, 新井正康1,2, 大塚智久1, 西澤義之1, 黒岩政之1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 日本麻酔科学会第64回学術集会 (2017/6/9), 神戸.

723918. [学会 (全国)] (一般講演) 敗血症性ショック患者の身体的, 日常活動的予後の調査 鈴木優太郎1, 新井正康1,2, 関田昭彦1, 篠原慶子1, 黒岩政之1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 日本麻酔科学会第64回学術集会 (2017/6/9), 神戸.

723919. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡手術における非侵襲的心拍出量測定装置 (ClearSight System) の有用性. 中澤絢乃1, 松田弘美1, 本田崇紘1, 川端茉莉子1, 戸田雅也1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第64回学術集会 (2017/6/9), 神戸.

723920. [学会 (全国)] (一般講演) 帝王切開術における脊髄くも膜下モルヒネ投与後の低酸素血症の頻度と発生時期. 加藤里絵1,2, 奥富俊之2 (1新世紀医療・先端医療, 2麻酔): 日本麻酔科学会第64回学術集会 (2017/6/9), 神戸.

723921. [学会 (全国)] (一般講演) VSDパッチ修復後TEEで遺残リークの急激な増大が認められ再修復を施行された2症例. 高橋佑一朗1, 松田弘美1, 安藤寿恵1, 戸田雅也1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本心臓血管麻酔学会第22回学術大会 (2017/9/17), 栃木.

723922. [学会 (全国)] (一般講演) 喉頭がん術前検査で重症大動脈弁狭窄症を指摘され, 経カテーテル的大動脈弁置換術を先行させた1症例. 山下 敦1, 戸田雅也1, 安藤寿恵1, 松田弘美1, 杉村憲亮1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本心臓血管麻酔学会第22回学術大会 (2017/9/17), 栃木.

723923. [学会 (全国)] (一般講演) 左室大動脈トンネルに対する新生児緊急手術の1例. 神田可奈子1, 小坂康晴1, 戸田雅也1, 日向俊輔, 安藤寿恵1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本心臓血管麻酔学会第22回学術大会 (2017/9/17), 栃木.

723924. [学会 (全国)] (一般講演) 当院の小児心臓手術後のExtracorporeal membrane oxygenation (ECMO) 使用症例に対する検討. 杉村憲亮1, 松田弘美1, 安藤寿恵1, 山下 敦1, 戸田雅也1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本心臓血管麻酔学会第22回学術大会 (2017/9/17), 栃木.

723925. [学会 (全国)] (一般講演) 不安定狭心症を合併した重症大動脈弁狭窄症にOPCABGとDA-TAVIを施行した1症例. 戸田雅也1, 関田昭彦1, 山下 敦1, 杉村憲亮1, 安藤寿恵1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本心臓血管麻酔学会第22回学術大会 (2017/9/17), 栃木.

723926. [学会 (全国)] (一般講演) 高度心機能障害合併患者の下肢切断術を神経ブロックのみで麻酔管理した一症例. 八木佐代子, 竹浪民江1, 阪井茉有子1, 村松明日香1, 篠原慶子1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本臨床麻酔学会第37回大会 (2017/11/4), 東京.

723927. [学会 (全国)] (一般講演) 睡眠時無呼吸症候群を合併した重度肥満患者の麻酔経験. 箸方紘子1, 竹浪民江1, 田中一生1, 中澤絢乃1, 本田崇紘1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本臨床麻酔学会第37回大会 (2017/11/4), 東京.


臨床検査診断学

※「臨床検査部」も参照


輸血・細胞移植学

[学術論文]

110309. [原著] Pre-Transplantation Blockade of TNF-α-Mediated Oxygen Species Accumulation Protects Hematopoietic Stem Cells. Ishida T1, Suzuki S, Lai CY, Yamazaki S, Kakuta S, Iwakura Y, Nojima M, Takeuchi Y2, Higashihara M3, Nakauchi H, Otsu M: Stem Cells 2017/4; 35 (4): 989-1002. (石田 隆1, 竹内康雄2, 東原正明3: 1輸血・細胞移植, 2腎臓内, 3血液内)

110310. [原著] Bleeding risk of surgery and its prevention in patients with inherited platelet disorders. Orsini S1, Noris P1, Bury L1, Heller PG1, Santoro C1, Kadir RA1, Butta NC1, Falcinelli E1, Cid AR1, Fabris F1, Fouassier M1, Miyazaki K1,2, Lozano ML1, Z從~iga P1, Flaujac C1, Podda GM1, Bermejo N1, Favier R1, Henskens Y1, De Maistre E1, De Candia E1, Mumford AD1, Ozdemir GN1, Eker I1, Nurden P1, Bayart S1, Lambert MP1, Bussel J1, Zieger B1, Tosetto A1, Melazzini F1, Glembotsky AC1, Pecci A1, Cattaneo M1, Schlegel N1, Gresele P1 (1European Hematology Association - Scientific Working Group (EHA-SWG) on thrombocytopenias and platelet function disorders): Haematologica 2017/7; 102 (7): 1192-203. (宮桃_二1,2: 2輸血・細胞移植)

110311. [原著] Incidence and risk factors of hepatitis B virus reactivation in patients with multiple myeloma in an era with novel agents: a nationwide retrospective study in Japan. Tsukune Y, Sasaki M, Odajima T, Sunami K, Takei T, Moriuchi Y, Iino M, Isoda A, Nakaya A, Muta T, Miyake T, Miyazaki K1, Shimizu T, Nakajima K, Igarashi A, Nagafuji K, Kurihara T, Aoyama T, Sugimori H, Komatsu N: Blood Cancer J 2017/11; 7 (12): 631. (宮桃_二1: 1輸血・細胞移植)

310033. [症例報告] Dasatinib-associated reversible demyelinating peripheral polyneuropathy in a case of chronic myeloid leukemia. Ishida T1, Akagawa N2, Miyata T2, Tominaga N3, Iizuka T3, Higashihara M2, Suzuki T2, Miyazaki K1: Int J Hematol 2018/3; 107 (3): 373-7. (石田 隆1, 赤川直之2, 宮田知美2, 富永奈保美3, 飯塚高浩3, 東原正明2, 鈴木隆浩2, 宮桃_二1: 1輸血・細胞移植, 2血液内, 3神経内)

[著 書]

620103. [学術書 (分担執筆)]【スタンダード 輸血検査テキスト 第3版】XI. 輸血に関する法制度と指針 A−法律, p.332-8. 清水 勝, 大谷慎一1 (1輸血・細胞移植), 編: 認定輸血検査技師制度協議会カリキュラム委員会 (大谷慎一1), 医歯薬出版, 東京, 2017/9発行.

620104. [学術書 (分担執筆)]【スタンダード 輸血検査テキスト 第3版】XI. 輸血に関する法制度と指針 B-患者と献血者の被害救済制度, p.339-41. 清水 勝, 大谷慎一1 (1輸血・細胞移植), 編: 認定輸血検査技師制度協議会カリキュラム委員会 (大谷慎一1), 医歯薬出版, 東京, 2017/9発行.

621004. [学術書 (編集)]【スタンダード 輸血検査テキスト 第3版】編: 認定輸血検査技師制度協議会カリキュラム委員会 (大谷慎一 (輸血・細胞移植)), 医歯薬出版, 東京, 2017/9発行.

[学会・研究会等]

713134. [学会 (国際)] (一般講演) Incidence of central venous catheter-related venous thrombosis in Japanese inpatients with hematological malignancies: Single center experience. Miyazaki K1, Ishida T1, Danbara M2, Higashihara M2: ISTH 2017 Congress (2017/7/10), Berlin, Germany. (宮桃_二1, 石田 隆1, 檀原幹生2, 東原正明2: 1輸血・細胞移植, 2血液内)

722275. [学会 (全国)] (招待講演等) 患者安全ガイド (輸血編) の今後の発展性を模索する. 大谷慎一 (輸血・細胞移植): 第65回日本輸血・細胞治療学会総会 (2017/6/23), 千葉.

723928. [学会 (全国)] (一般講演) 本邦での新規薬剤時代の多発性骨髄腫におけるB型肝炎ウイルス再活性化: 全国調査. 築根 豊, 佐々木純, 西之原正昭, 武井智美, 飯野昌樹, 磯田 淳, 中谷 綾, 牟田 毅, 三宅隆明, 宮桃_二1, 清水隆之, 中嶌 圭, 五十嵐愛子, 長藤宏司, 栗原太郎, 内野慶人, 小松則夫 (1輸血・細胞移植): 第42回日本骨髄腫学会学術集会 (2017/5/28), 東京.

723929. [学会 (全国)] (一般講演) HBV reactivation in MM patients in the novel agents' era: A nationwide retrospective study in Japan. Tsukune Y, Sasaki M, Sunami K, Suzuki K, Taniguchi H, Iino M, Isoda A, Nakaya A, Muta T, Miyake T, 宮桃_二1, Shimizu T, Nakajima K, Igarashi A, Nagafuji K, Kurihara T, Uchino Y, Komatsu N (1輸血・細胞移植): 第79回日本血液学会学術集会 (2017/10/20), 東京.

723930. [学会 (全国)] (一般講演) Ibrutinib ameliorated refractory immune-mediated thrombocytopenia associated with CD8+CD19+ B-CLL. Shiono Y, 石田 隆1, 横山真喜2, 翁 祖誠2, 道下雄介2, 小倉慎司2, 堀米佑一2, 田寺範行2, 宮桃_二1, 鈴木隆浩2 (1輸血・細胞移植, 2血液内): 第79回日本血液学会学術集会 (2017/10/20), 東京.

723931. [学会 (全国)] (一般講演) Successful management of CML-AP with thrombocytopenia harboring T315I mutation by ponatinib. Kawada K, 石田 隆1, 羽山慧以2, Kawada K, 道下雄介3, 小倉慎司3, 堀米佑一3, 田寺範行3, 翁 祖誠3, 東原正明3, 宮桃_二1, 鈴木隆浩3 (1輸血・細胞移植, 2健康管理セ, 3血液内): 第79回日本血液学会学術集会 (2017/10/20), 東京.

723932. [学会 (全国)] (一般講演) Multiinstitutional observational retrospective study of IgE multiple myeloma. Sunakawa M, Tamura H, Hagihara M, Jian H, Imai Y, 石田 隆1, Hayashi T, 宮桃_二1, Nakamura Y, Handa H, Yamaguchi K, Yokoyama A, Inokuchi K, Murakami H (1輸血・細胞移植): 第79回日本血液学会学術集会 (2017/10/21), 東京.

H28年度以前分

[学会・研究会等]

H28-713004. [学会 (国際)] (一般講演) Hepatitis B virus reactivation in multiple myeloma patients in the era of novel agents: a nationwide retrospective study in Japan. Tsukune Y, Tsutsui M, Sasaki M, Odajima T, Isoda A, Miyazaki K1, et al: 16th International Myeloma Workshop (2017/3/1), New Delhi, India. (宮桃_二1: 1輸血・細胞移植)


救命救急医学

[学術論文]

110312. [原著] Surgical outcomes of intramedullary nailing for diaphyseal atypical femur fractures: is it safe to modify a nail entry in bowed femur? Kim JW, Kim H, Oh CW, Kim JW, Shon OJ, Byun YS, Kim JJ, Oh HK, Minehara H1, Hwang KT, Park KC: Arch Orthop Trauma Surg 2017/11; 137 (11): 1515-22. (峰原宏昌1: 1救命)

120047. [原著] 足関節外果骨折に対する内固定法のバイオメカニカル評価. 酒井利奈1, 氏平政伸1, 米尾皓正, 峰原宏昌2, 松浦晃正3, 高相晶士3, 内野正隆3 (1医療衛生学部, 2救命, 3整外): 骨折 2017/10; 39 (4): 898-901.

120048. [原著] 足関節外果骨折に対する内固定法の力学的評価. 米尾皓正, 酒井利奈1, 馬渕清資, 峰原宏昌2, 松浦晃正3, 田澤 諒4, 吉田和弘, 氏平政伸1 (1医療衛生学部, 2救命, 3整外, 4大学院医療系研究科) 臨床バイオメカニクス 2017; 38: 23-6.

310034. [症例報告] Resuscitative endovascular balloon occlusion of the aorta may increase the bleeding of minor thoracic injury in severe multiple trauma patients: a case report. Maruhashi T1, Minehara H1, Takeuchi I1, Kataoka Y1, Asari Y1: J Med Case Rep 2017/12; 11 (1): 347. (丸橋孝昭1, 峰原宏昌1, 竹内一郎1, 片岡祐一1, 浅利 靖1: 1救命)

522187. [講座]【特集: 大腿骨転子部骨折 髄内釘治療の創意工夫】ブレードタイプのネイルでの治療. 峰原宏昌 (救命): Monthly Book Orthopaedics 2017/10; 30 (11): 25-31.

[著 書]

620105. [学術書 (分担執筆)]【救急外科手術アトラス 治療戦略と緊急手術 (救急医学2017年9月増刊号)】27. 腸管虚血への手術, p.1336-42. 片岡祐一 (救命), 編:『救急医学』編集委員会, へるす出版, 東京, 2017/9発行.

620106. [学術書 (分担執筆)]【今日の治療指針 私はこう治療している 2018年版】総論 1. 救急医療 横隔膜損傷, p.58-9. 片岡祐一 (救命), 総編集: 福井次矢, 高木 誠, 小室一成, 医学書院, 東京, 2018/1発行.

620107. [学術書 (分担執筆)]【今日の治療指針 私はこう治療している 2018年版】総論 1. 救急医療 輪状甲状靭帯穿刺・切開法, p.92-3. 片岡祐一 (救命), 総編集: 福井次矢, 高木 誠, 小室一成, 医学書院, 東京, 2018/1発行.

[学会・研究会等]

722276. [学会 (全国)] (招待講演等) 重症救急患者の栄養状態と予後との関係に関する臨床的検討. 片岡祐一1, 遠藤成子, 中屋里沙2, 深沢佐恵子2, 佐藤照子2, 矢部紘志3, 三浦芳典4 (1救命, 2栄養部, 3看護部, 4臨検部): 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 (2018/2/22), 横浜.

723933. [学会 (全国)] (一般講演) 障害者支援施設での多数傷病者事案におけるトリアージの困難さ. 片岡祐一1, 服部 潤1, 丸橋孝昭1, 稲垣泰斗1, 樫見文枝1, 浅利 靖1 (1救命): 第31回日本外傷学会総会・学術集会 (2017/6/1), 横浜.

723934. [学会 (全国)] (一般講演) 鈍的胸部大動脈損傷の縦隔外破裂を含む重症多発外傷の一救命例. 丸木英雄1, 丸橋孝昭1, 樫見文枝1, 美島利昭2, 北村 律2, 片岡祐一1, 宮地 鑑2, 浅利 靖1 (1救命, 2心臓血管外): 第31回日本外傷学会総会・学術集会 (2017/6/1), 横浜, 日本外傷学会雑誌 2017/5; 31 (2): 326.

723935. [学会 (全国)] (一般講演) 頸部刺創による気管損傷に対し気道管理に難渋した1例. 片岡祐一1, 古藤里佳1, 山谷立大1, 樫見文枝1, 服部 潤1, 丸橋孝昭1, 朝隈禎隆1, 熊澤憲一1, 浅利 靖1 (1救命): 第31回日本外傷学会総会・学術集会 (2017/6/1), 横浜.

723936. [学会 (全国)] (一般講演) 杙創による膀胱直腸合併損傷の1例. 片岡祐一1, 花島 資1, 丸橋孝昭1, 浅利 靖1 (1救命): 第31回日本外傷学会総会・学術集会 (2017/6/2), 横浜.

723937. [学会 (全国)] (一般講演) 頸部刺創による気管断裂に対して胸骨正中切開開胸により修復した1例. 片岡祐一1, 山谷立大1, 丸橋孝昭1, 花島 資1, 樫見文枝1, 浅利 靖1 (1救命): 第31回日本外傷学会総会・学術集会 (2017/6/2), 横浜.

723938. [学会 (全国)] (一般講演) 神奈川県で発生した障害者支援施設における多数傷病者事案〜当院の対応から考える〜. 片岡祐一1, 服部 潤1, 丸橋孝昭1, 稲垣泰斗1, 樫見文枝1, 浅利 靖1 (1救命): 第45回日本救急医学会総会・学術集会 (2017/10/25), 大阪.

723939. [学会 (全国)] (一般講演) 手指末節部切断に対する再接着術とcomposite graftの治療成績. 熊澤憲一1, 下村実貴子2, 鴻池奈津子2, 柏木慎也2, 根本 充2, 武田 啓2 (1救命, 2形成・美外): 第44回日本マイクロサージャリー学会学術集会 (2017/12/7-8), 宮崎.

723940. [学会 (全国)] (一般講演) NOMIに対する治療戦略の検討. 片岡祐一1, 花島 資1, 樫見文枝1, 丸橋孝昭1, 中谷研斗1, 浅利 靖1 (1救命): 第54回日本腹部救急医学総会 (2018/3/8), 東京.

H28年度以前分

[学会・研究会等]

H28-723010. [学会 (全国)] (一般講演) 救急NSTによる医学部5年生に対する栄養教育〜初期研修開始時に与える影響〜. 片岡祐一1, 神應知道1, 花島 資1, 中谷研斗1, 佐藤照子2, 浅利 靖1 (1救命, 2栄養部): 第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会 (2017/2/23), 岡山.


総合診療医学

[学術論文]

110313. [原著] Heat-shock protein 72 promotes platelet aggregation induced by various platelet activators in rats. Suzuki H, Kosuge Y, Kobayashi K, Kurosaki Y, Ishii N, Aoyama N1, Ishihara K, Ichikawa T: Biomed Res 2017/6; 38 (3): 175-82. (青山直善1: 1総合診療)

110314. [原著] The Apelin Receptor APJ in Hematopoietic Stem Cells/Progenitor Cells in the Early Stage of Non-Alcoholic Steatohepatitis. Ando W1, Yokomori H2, Otori K1, Oda M: J Clin Med Res 2017/9; 9 (9): 809-11. (安藤 航1, 横森弘昭2, 尾鳥勝也1: 1薬学部, 2総合診療)

110315. [原著] Clinical features and predictors of patients with critical limb ischemia who responded to autologous mononuclear cell transplantation for therapeutic angiogenesis. Aoyama N1, Nishinari M2, Ohtani S3, Kanai A4, Noda C2, Hirata M4, Miyamoto A, Watanabe M, Minamino T, Izumi T, Ako J2: Heart Vessels 2017/9; 32 (9): 1099-108. (青山直善1, 西成真琴2, 大谷慎一3, 金井昭文4, 野田千春2, 平田光博4, 阿古潤哉2: 1総合診療, 2循環器内, 3輸血・細胞移植, 4新世紀医療・横断的医療)

110316. [原著] Serum matrix metalloproteinase-1 level represents disease activity as opposed to fibrosis in patients with histologically proven nonalcoholic steatohepatitis. Ando W1, Yokomori H2, Tsutsui N, Yamanouchi E, Suzuki Y, Oda M, Inagaki Y, Otori K1, Okazaki I: Clin Mol Hepatol 2018/5; 24 (1): 61-76. doi: 10.3350/cmh.2017.0030. Epub 2017 Nov 20. (安藤 航1, 横森弘昭2, 尾鳥勝也1: 1薬学部, 2総合診療)

110317. [原著] Hepatic progenitor cell expansion in early-stage nonalcoholic steatohepatitis: evidence from immunohistochemistry and immunoelectron microscopy of matrix metalloproteinase-1. Yokomori H1, Oda M, Ando W2, Inagaki Y, Okazaki I: Med Mol Morphol 2017/12; 50 (4): 238-42. (横森弘昭1, 安藤 航2: 1総合診療, 2薬学部)

110318. [原著] Induction of inosine triphosphatase activity during ribavirin treatment for chronic hepatitis C. Tanaka Y1, Yokomori H2, Otori K1: Clin Chim Acta 2018/7; 482: 16-20. doi: 10.1016/j.cca.2018.03.018. Epub 2018 Mar 23. (田中庸一1, 横森弘昭2, 尾鳥勝也1: 1薬学部, 2総合診療)

310035. [症例報告] A superelderly case of TAFRO syndrome treated effectively using corticosteroid hormones. Shimada Y1, Adachi M2, Kobayashi N2, Okada T2, Yamazaki H3, Nagaba Y1, Yokomori H4: Clin Case Rep 2018/2; 6 (4): 638-43. (島田芳隆1, 安達みずほ2, 小林憲忠2, 岡田武倫2, 山崎 等3, 長場 泰1, 横森弘昭4: 1腎臓内, 2北里大学メディカルセンター, 3病理, 4総合診療)

522188. [講座]【特集: マルチプロブレムの高齢者薬物治療】高齢者の薬物療法に関する臨床的問題. 石川純也1, 木村琢磨2 (1総合診療, 2新世紀医療・横断的医療) 薬事 2017/5; 59 (7): 21-5.

[学会・研究会等]

713135. [学会 (国際)] (一般講演) Autotaxin and vascular endothelial growth factor receptor-2 regulate microvascular development in chronic viral hepatitis C progression. Yokomori H1, Ando W2, Oda M: The 68th Annual Meeting of the American Association for the Study of Liver diseases (2017/10/20-24), Washington DC, USA, Hepatology 2017; p.278A. (横森弘昭1, 安藤 航2: 1総合診療, 2薬学部)

723941. [学会 (全国)] (一般口演) スキンケアはいのちを守る!〜Power of EpsomSalt〜. 米山淳子1, 吉田 煦1, 堀口順子1, 新井恭子1, 福田直人2, 青山直善3 (1さがみ循環器クリニック, 2東芝林間病院, 3総合診療): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/16-18), 横浜.

723942. [学会 (全国)] (ポスター) 慢性透析患者における出血性合併症と, 低アルブミン血症, 貧血の関係. 堀口順子1, 青山直善2, 中嶋真一1, 淺井友基1, 本橋佐知子1, 吉田 煦1 (1さがみ循環器クリニック, 2総合診療): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/16-18), 横浜.


医学部附属医学教育研究開発センター

医学教育研究部門

[学術論文]

520020. [総説] 薬学教育の未来−医学教育の経験から−. 守屋利佳 (医学教育) YAKUGAKU ZASSHI 2017/4; 137 (4): 413-9.

[著 書]

620108. [学術書 (分担執筆)]【医療・病院管理 重点用語事典】第3領域. 教育・人材育成 カリキュラムプランニング, p.39. シミュレーショントレーニング, p.42. 千葉宏毅 (医学教育), 編: 日本医療・病院管理学会学術情報委員会, 日本医療・病院管理学会, 東京, 2017/5発行.

[学会・研究会等]

722277. [学会 (全国)] (招待講演等) 卒前医学教育における在宅医療教育・実習の意味と位置づけ. 千葉宏毅1, 守屋利佳1 (1医学教育): 第1回全国在宅医療医歯薬連合会全国大会 (全国在宅療養支援診療所連絡会第5回全国大会) (2017/5/27), 東京.

723943. [学会 (全国)] (一般講演) 指定難病筋萎縮性側索硬化症 (ALS) 患者の経済負担と願い. 伊藤道哉, 尾形倫明, 千葉宏毅1 (1医学教育): 第19回日本在宅医学会大会 (2017/6/17), 名古屋.

723944. [学会 (全国)] (一般講演) エンドオブライフケア提供者のターミナルケア態度に関する対人援助研修の効果 その1. たら澤邦男, 尾形倫明, 千葉宏毅1, 太田一樹 (1医学教育): 第19回日本医療マネジメント学会学術総会 (2017/7/7), 仙台.

723945. [学会 (全国)] (一般講演) エンドオブライフケア提供者のターミナルケア態度に関する対人援助研修の効果 その2. 尾形倫明, たら澤邦男, 千葉宏毅1, 太田一樹 (1医学教育): 第19回日本医療マネジメント学会学術総会 (2017/7/7), 仙台.

723946. [学会 (全国)] (一般講演) ALS療養者の地域における多様な住まい方・生き方についての調査. 伊藤道哉, 尾形倫明, 千葉宏毅1 (1医学教育): 第55回日本医療・病院管理学会学術総会 (2017/9/18), 東京.

723947. [学会 (全国)] (一般講演) 東日本大震災による被災意識と人生の最終段階における療養場所の希望との関連. たら澤邦男, 尾形倫明, 三澤仁平, 千葉宏毅1, 森谷就慶 (1医学教育): 第55回日本医療・病院管理学会学術総会 (2017/9/18), 東京.

723948. [学会 (全国)] (一般講演) 日本医療・病院管理学会 重点用語辞典 (2017) の作成−学術情報委員会活動報告−. 池崎澄江, 伊藤弘人, 伊藤道哉, 千葉宏毅1, 岡田美保子, 折井孝男, 加藤多津子, 根東義明, 相馬孝博, 副島秀久, 山下哲郎, 山本光昭, 前田光哉 (1医学教育): 第55回日本医療・病院管理学会学術総会 (2017/9/18), 東京.

H28年度以前分

[学会・研究会等]

H28-723011. [学会 (全国)] (一般講演) がんプロフェッショナル養成基盤推進プランを通した医療従事者の家族性腫瘍教育の取り組み−HBOCに対するPARP阻害薬承認を見据えて. 植木有紗, 守屋利佳1, 平沢 晃, 今村知世, 武田祐子, 赤羽智子, 増田健太, 中田さくら, 安齋純子, 三須久美子, 阪埜浩司, 小崎健次郎, 谷川原祐介, 青木大輔 (1医学教育): 第22回日本家族性腫瘍学会学術集会 (2016/6/3), 愛媛.


学習支援研究部門


医学原論研究部門


医療管理学研究部門

※「消化器内科学」を参照


医療技術教育研究部門

※「腎臓内科学」を参照


医療情報教育研究部門


東洋医学教育研究部門

[学術論文]

120049. [原著] ブレンド茶の原材料と漢方薬の関連性について. 三澤 心1, 坂田幸治1, 緒方千秋1, 小林義典1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2017/9; 64 (9): 1029-41.

320039. [症例報告] 北里東医研診療録から (158): 味覚異常と倦怠感を目標に投与した補中益気湯で心不全が心不全症状が改善した一例. 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2017/4; 64 (4): 431-4.

320040. [症例報告] 北里東医研診療録から (159): 清熱補気湯が有効であった舌痛症例とその舌証について. 伊藤 剛1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2017/5; 64 (5): 563-8.

320041. [症例報告] 北里東医研診療録から (160): 右下腹部痛を繰り返した腸間膜静脈硬化症の1例とその経過. 森裕紀子1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2017/6; 64 (6): 661-7.

320042. [症例報告] 北里東医研診療録から (161): 桂枝甘草竜骨牡蛎湯合半夏厚朴湯が奏効した3症例. 及川哲郎1, 花輪壽彦1,2, 小田口浩1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2017/7; 64 (7): 799-803.

320043. [症例報告] 北里東医研診療録から (162): 血管運動性鼻炎に加味逍遙散料が有効であった一例. 川鍋伊晃1, 石毛達也1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2017/8; 64 (8): 928-32.

320044. [症例報告] 北里東医研診療録から (163): 大承気湯加味方で酒サが改善した一症例. 五野由佳理1,2, 小田口浩1, 花輪壽彦1,3 (1東洋医学総合研究所, 2総合診療, 3東洋医学教育): 漢方の臨床 2017/9; 64 (9): 1045-9.

320045. [症例報告] 北里東医研診療録から (164): 動悸に八味地黄丸が有効だった一症例. 伊東秀憲1, 花輪壽彦1,2, 小田口浩1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2017/10; 64 (10): 1190-5.

320046. [症例報告] 北里東医研診療録から (165): 抑うつを伴う不眠を主訴に来院した患者に対して四逆散が有効であった2症例. 遠藤大輔1, 及川哲郎1, 伊藤 剛1, 花輪壽彦1,2, 小田口浩1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2017/11; 64 (11): 1311-5.

320047. [症例報告] 北里東医研診療録から (166): 抑うつ症状に女神散が有効であった2症例. 森 瑛子1, 及川哲郎1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2017/12; 64 (12): 1413-8.

320048. [症例報告] 北里東医研診療録から (167): 茯苓桂枝甘草大棗湯が奏効した「胃から食道の痙攣」の1例. 鈴木邦彦1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2018/1; 65 (1): 114-8.

320049. [症例報告] 3症例を通じた五積散口訣の考察. 小田口浩1, 星野卓之1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2018/1; 65 (1): 119-23.

320050. [症例報告] 北里東医研診療録から (168): 堅中湯の2症例. 石毛達也1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2018/3; 65 (3): 302-6.

522189. [講座]【特集: 副作用への漢方薬活用術−エキスパートに学ぶ活用事例総まとめ−】特集にあたって. 花輪壽彦1,2 (1東洋医学教育, 2東洋医学総合研究所): 薬局 2018/2; 69 (2): 214-5.

522190. [講座]【特集: 副作用への漢方薬活用術−エキスパートに学ぶ活用事例総まとめ−】がん薬物療法の副作用に対する漢方薬の有用性とエビデンス. 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 薬局 2018/2; 69 (2): 216-20.

522191. [講座]【特集: 副作用への漢方薬活用術−エキスパートに学ぶ活用事例総まとめ−】がん薬物療法の副作用に対する漢方薬の考え方と使い方 ・胸水貯留. 及川哲郎1, 福田知顕, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 薬局 2018/2; 69 (2): 273-7.

[学会・研究会等]

721017. [学会 (全国)] (特別講演) 漢方診療35年の経験から. 花輪壽彦1,2 (1東洋医学教育, 2東洋医学総合研究所): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/3), 愛知.

721018. [学会 (全国)] (特別講演) 北里大学東洋医学総合研究所における診療・教育の実際. 花輪壽彦1,2 (1東洋医学教育, 2東洋医学総合研究所): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/4), 愛知.

722278. [学会 (全国)] (シンポジウム・パネル) 漢方医学的所見の客観化に向けた取り組み. 小田口浩1, 花輪壽彦1,2, 若杉安希乃1, 関根麻理子1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第34回和漢医薬学会学術大会 (2017/8/26), 福岡.

722279. [学会 (全国)] (シンポジウム)【シンポジウム2 : 麻黄の基礎研究から誕生した新しい生薬エキス製剤・エフェドリンアルカロイド除去麻黄エキス (EFE) の医薬品化と臨床応用に向けた研究】臨床医からみた麻黄剤. 花輪壽彦1,2 (1東洋医学教育, 2東洋医学総合研究所): 第34回和漢医薬学会学術大会 (2017/8/27), 福岡.

723949. [学会 (全国)] (一般講演) 突発性難聴に漢方と鍼灸の併用療法が奏効した1例. 鈴木邦彦1, 霜降 壮1, 石毛達也1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/3), 愛知.

723950. [学会 (全国)] (一般講演) 自律神経より見た冷え症状の日内変動と季節変動について. 伊藤 剛1, 花輪壽彦1,2, 小田口浩1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/3), 愛知.

723951. [学会 (全国)] (一般講演) 血管運動性鼻炎に加味逍遙散料が有効であった一例. 川鍋伊晃1, 石毛達也1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/3), 愛知.

723952. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性副鼻腔炎, 滲出性中耳炎に参蘇飲が奏効した2症例. 石毛達也1, 花輪壽彦1,2, 小田口浩1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/3), 愛知.

723953. [学会 (全国)] (一般講演)『一本堂行余医言』の成立過程―後藤艮山・香川修庵一門の写本群から. 星野卓之1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/3), 愛知.

723954. [学会 (全国)] (一般講演)『東京鍼灸医学誌』における岡部素道の論文について. 周防一平1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/3), 愛知.

723955. [学会 (全国)] (一般講演) 当研究所における枇杷葉茶作製の試み及び枇杷葉湯の来歴. 坂田幸治1, 三澤 心1, 緒方千秋1, 小林義典1, 及川哲郎1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/3), 愛知.

723956. [学会 (全国)] (一般講演) 後頚部痛に鍼灸治療が有効と思われた1例. 伊東秀憲1, 伊藤 剛1, 花輪壽彦1,2, 小田口浩1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/3), 愛知.

723957. [学会 (全国)] (一般講演) 自律神経より見た冷え症状の日内変動と季節変動について. 伊藤 剛1, 花輪壽彦1,2, 小田口浩1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/3), 愛知.

723958. [学会 (全国)] (一般講演) 神効湯が有効だった子宮内膜症による慢性下腹部痛. 森裕紀子1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/4), 愛知.

723959. [学会 (全国)] (一般講演) 桂枝甘草竜骨牡蛎湯合半夏厚朴湯が奏効した3症例. 及川哲郎1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/4), 愛知.

723960. [学会 (全国)] (一般講演) 熟練した漢方専門医の舌診・脈診・腹診平準化. 小田口浩1, 関根麻理子1, 若杉安希乃1, 伊藤雄一1, 石毛達也1, 川鍋伊晃1, 村松慎一, 並木隆雄, 新井 信, 嶋田 豊, 柴原直利, 三潴忠道, 折笠秀樹1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/4), 愛知.

723961. [学会 (全国)] (一般講演) COI関連「漢方診療標準化プロジェクト」第7報 公開“漢方診察 手合わせ会”参加者の反響. 関根麻理子1, 若杉安希乃1, 伊藤雄一1, 石毛達也1, 川鍋伊晃1, 小田口浩1, 村松慎一, 並木隆雄, 新井 信, 嶋田 豊, 柴原直利, 三潴忠道, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/4), 愛知.

723962. [学会 (全国)] (一般講演) 漢方医学に関する「後ろ向き研究」の文献レビュー. 若杉安希乃1, 関根麻理子1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第68回日本東洋医学会学術総会 (2017/6/4), 愛知.

723963. [学会 (全国)] (一般講演) 経験漢方処方大成』について. 坂田幸治1, 小林義典1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第118回日本医史学会総会・学術大会 (2017/6/10), 京都.

723964. [学会 (全国)] (一般講演)『香川修庵医談』に残る後藤艮山『病因考』の研究. 星野卓之1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第118回日本医史学会学術大会 (2017/6/11), 京都.

723965. [学会 (全国)] (一般講演) 岡部素道著『臨床鍼灸治療学』について. 周防一平1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第118回日本医史学会学術大会 (2017/6/11), 京都.

723966. [学会 (全国)] (一般講演) 麻黄の中枢神経興奮作用におけるエフェドリンアルカロイドの作用様式. 竹元裕明, 片岡柚香里, 高山真奈, 萩原正和, 日向須美子1, 山下忠俊, 内山奈穂子, 丸山卓郎, 日向昌司, 大嶋直浩, 天倉吉章, 袴塚高志, 合田幸広, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2, 小林義典1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第34回和漢医薬学会学術大会 (2017/8/26), 福岡.

723967. [学会 (全国)] (一般講演) 大建中湯の構成生薬・乾姜の術後腸管麻痺に対する抗炎症効果の作用機序. 遠藤真理1, 堀 正敏, 尾崎 博, 及川哲郎1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第34回和漢医薬学会学術大会 (2017/8/27), 福岡.

723968. [学会 (全国)] (一般講演) 上部消化管症状に対して苓桂朮甘湯が奏効した3症例. 及川哲郎1, 花輪壽彦1,2, 小田口浩1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第34回和漢医薬学会学術大会 (2017/8/27), 福岡.

723969. [学会 (全国)] (一般講演) 大建中湯の構成生薬・乾姜のマウス術後腸管麻痺改善効果〜マクロファージ浸潤抑制効果とその作用機序について〜. 及川哲郎1, 遠藤真理1, 堀 正敏, 尾崎 博, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第59回日本消化器病学会大会 (JDDW 2017) (2017/10/12), 福岡.

723970. [学会 (全国)] (一般講演) c-Metキナーゼ阻害作用及びがん細胞運動抑制作用を指標とした麻黄エキスの活性画分の探索. 日向須美子1, 日向昌司, 天倉吉章, 中森俊輔, 楊 金緯, 岡 秀樹, 大嶋直浩, 内山奈穂子, 小林義典1, 袴塚高志, 合田幸広, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 日本薬学会第138年会 (2018/3/27), 石川.

723971. [学会 (全国)] (一般講演) 鎮痛作用及び抗インフルエンザウイルス作用を指標としたエフェドリンアルカロイド除去麻黄エキス (EFE) の活性画分の探索. 中森俊輔, 日向昌司, 天倉吉章, 日向須美子1, 高橋 純, 楊 金緯, 岡 秀樹, 内山奈穂子, 大嶋直浩, 袴塚高志, 合田幸広, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2, 小林義典1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 日本薬学会第138年会 (2018/3/27), 石川.

723972. [学会 (全国)] (一般講演) 麻黄エキス及びエフェドリンアルカロイド除去エキスの活性画分の構造特異性解析と評価. 天倉吉章, 好村守生, 日向須美子1, 日向昌司, 伊東秀之, 楊 金緯, 岡 秀樹, 中森俊輔, 大嶋直浩, 内山奈穂子, 小林義典1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2, 袴塚高志, 合田幸広 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 日本薬学会第138年会 (2018/3/27), 石川.

723973. [学会 (全国)] (一般講演) 麻黄の産地の違いを反映する非アルカロイド成分. 大嶋直浩, 山下忠俊, 日向須美子1, 天倉吉章, 日向昌司, 竹元裕明, 中森俊輔, 内山奈穂子, 楊 金緯, 伊東秀之, 小林義典1, 袴塚高志, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2, 合田幸広 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 日本薬学会第138年会 (2018/3/27), 石川.

723974. [学会 (全国)] (一般講演) CFA誘発関節炎モデルマウスに対するエフェドリンアルカロイド除去麻黄エキス (EFE) の治療効果及び鎮痛効果の検討. 宮嶋直紀, 中森俊輔, 日向須美子1, 能村啓佑, 坂本麗華, 佐藤一輝, 杉岡弥幸, 楊 金緯, 内山奈穂子, 日向昌司, 大嶋直浩, 天倉吉章, 袴塚高志, 合田幸広, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2, 小林義典1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 日本薬学会第138年会 (2018/3/27), 石川.

732140. [学会 (研究会・地方会)] (公開講座) 漢方概論I (漢方の理論). 花輪壽彦1,2 (1東洋医学教育, 2東洋医学総合研究所): 平成29年度漢方薬・生薬研修会 (2017/4/16), 東京.

732141. [学会 (研究会・地方会)] (公開講座) 東洋医学. 花輪壽彦1,2 (1東洋医学教育, 2東洋医学総合研究所): 第39回医学生・臨床医のための東洋医学セミナー (2017/7/24), 東京.

732142. [学会 (研究会・地方会)] (公開講座) 症例検討 症例1. 遠藤大輔1, 花輪壽彦1,2, 小田口浩1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第39回医学生・臨床医のための東洋医学セミナー (2017/7/28), 東京.

732143. [学会 (研究会・地方会)] (公開講座) 症例検討 症例2. 森 瑛子1, 花輪壽彦1,2, 小田口浩1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第39回医学生・臨床医のための東洋医学セミナー (2017/7/28), 東京.

732144. [学会 (研究会・地方会)] (公開講座) 漢方診療の諸注意とまとめ. 花輪壽彦1,2 (1東洋医学教育, 2東洋医学総合研究所): 平成29年度漢方薬・生薬研修会 (2017/12/10), 東京.

733371. [学会 (研究会・地方会)] (一般講演) 3症例を通じた五積散口訣の考察. 小田口浩1, 星野卓之1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第27回漢方治療研究会 (2017/10/1), 福島.

733372. [学会 (研究会・地方会)] (一般講演) 抑うつ症状に女神散が有効であった2例. 森 瑛子1, 及川哲郎1, 小田口浩1, 花輪壽彦1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 日本東洋医学会第74回関東甲信越支部総会 (2017/10/29), 長野.


4病院連携教育研究部門

[学会・研究会等]

723975. [学会 (全国)] (一般講演) 大学病院分院における医学部卒前教育: 現状評価と将来への展望. 菊池史郎1, 守屋利佳2, 早川和重3, 福田倫也4, 坂東由紀5 (14病院連携教育, 2医学教育研究, 3放射線 (腫瘍), 4医療衛生学部, 5小児): 第49回日本医学教育学会大会 (2017/8/18), 札幌, 医学教育 2017/8; 48: 103.


医療安全学研究部門

※「心臓血管外科学」を参照


臨床解剖教育究部門


医学部附属臨床研究センター

企画開発部門/プロジェクト実施部門

[学術論文]

110319. [原著] Pharmacokinetics and Pharmacodynamics of Tofogliflozin (a Selective SGLT2 Inhibitor) in Healthy Male Subjects. Kasahara-Ito N, Fukase H, Ogama Y, Saito T, Ohba Y, Shimada S, Takano Y, Ichihara T, Terao K, Nakamichi N, Kumagai Y1, Ikeda S: Drug Res (Stuttg) 2017/6; 67 (6): 349-57. (熊谷雄治1: 1臨床研究・企画/プロジェクト)

110320. [原著] Influences of Long-Term, High-Dose Acetaminophen Administration on Liver Function Markers in Healthy Japanese Adults. Song I, Tanaka R1, Aso M, Sakamoto Y1, Maeda M2, Ochiai M, Saito Y, Maekawa K, Kumagai Y1: Jpn J Clin Pharmacol Ther 2017/9; 48 (5): 153-9. (田中理英子1, 坂本泰理1, 前田実花2, 熊谷雄治1: 1臨床研究・企画/プロジェクト, 2薬剤部)

110321. [原著] Plasma Lipidomics of Healthy Japanese Adults Reveals Gender- and Age-Related Differences. Maekawa K, Okemoto K, Ishikawa M, Tanaka R1, Kumagai Y1, Saito Y: J Pharm Sci 2017/9; 106 (9): 2914-8. (田中理英子1, 熊谷雄治1: 1臨床研究・企画/プロジェクト)

520021. [総説]【フランス第I相被験者死亡事故:「レンヌ事件」について】レンヌ事件の教訓. 熊谷雄治1, 門間 毅 (1臨床研究・企画/プロジェクト): 臨床評価 2017/4; 45 (1): 35-44.

540058. [その他 (活動報告)] 医薬品リスク管理計画に向けた病院薬剤師の製造販売後調査支援に関する検討 (最終報告). 有馬秀樹1, 近藤直樹1, 田崎正信1, 寺元 剛1, 水井貴詞1, 渡邉達也1,2, 近藤智子1 (1学術委員会学術第2小委員会, 2臨床研究・企画): 日本病院薬剤師会雑誌 2017/9; 53 (9): 1053-60.

[著 書]

620109. [学術書 (分担執筆)]【臨床薬理学 (第4版)】第2章 臨床研究と医薬品開発 A. 医薬品開発と臨床試験 新薬開発の流れ: 非臨床試験から臨床試験まで, p.30-2. 熊谷雄治 (臨床研究・企画/プロジェクト), 編: 日本臨床薬理学会, 責任編集: 小林真一, 長谷川純一, 藤村昭夫, 渡邉裕司, 医学書院, 東京, 2017/11発行.

[学会・研究会等]

712026. [学会 (国際)] (招待講演等) PHARMACOKINETICS AND PHARMACODYNAMICS OF ELOBIXIBAT, A NOVEL ILEAL BILE ACID TRANSPORTER INHIBITOR Kumagai Y1, Amano H2, Sasaki Y3, Nakagawa C3, Maeda M3, Oikawa I, Furuie H: 2017 European Association of Clinical Pharmacology and Therapeutics Congress (EACPT) (2017/6/25), Prague, Czech. (熊谷雄治1, 天野英樹2, 佐々木善信3, 中川智枝3, 前田実花3: 1臨床研究・企画, 2薬理, 3薬剤部)

721019. [学会 (全国)] (特別講演) 新薬開発と臨床薬理学のかかわり (会長講演). 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 第38回日本臨床薬理学会学術総会 (2017/12/8), 横浜.

722280. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) アセトアミノフェンの薬剤性肝障害〜高用量アセトアミノフェン投与時の肝機能検査値に関する疫学調査をもとに〜. 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 第3回日本医薬品安全性学会学術大会 (2017/7/22), 熊本.

722281. [学会 (全国)] (招待講演等) アセトアミノフェン投与時の肝機能値の変動. 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 第3回日本医薬品安全性学会学術大会 (2017/7/22), 熊本.

722282. [学会 (全国)] (招待講演等) 治験審査委員会・倫理委員会の審査の質向上のための取り組み〜治験審査委員会事務局の立場から〜. 渡邉達也 (臨床研究・企画): 第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2017 in 名古屋 (2017/9/3), 愛知.

722283. [学会 (全国)] (イブニングセミナー) アセトアミノフェンと肝機能検査. 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 第47回日本慢性疼痛学会 (2018/2/16), 大阪.

723976. [学会 (全国)] (一般講演) 事務職員の治験事務局業務への関与状況についての実態調査. 濱田かなえ, 亀田有希子, 竹内 修, 茂貫洋子, 森田一良, 渡邉達也1 (1臨床研究・企画): 第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2017 in 名古屋 (2017/9/2), 愛知.

723977. [学会 (全国)] (一般講演) 審査の透明性確保に向けて〜IRB委員と依頼企業等との利害関係確認体制の構築〜. 亀田有希子, 濱田かなえ, 西脇真実子, 山村誠子, 渡邉達也1 (1臨床研究・企画): 第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2017 in 名古屋 (2017/9/2), 愛知.

723978. [学会 (全国)] (一般講演) 冷蔵治験薬被験者持ち帰り用保冷バッグ内の温度管理に対する取り組み. 岡田綾佳, 上之原由佳, 亀田有希子, 渡邉達也1 (1臨床研究・企画): 第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2017 in 名古屋 (2017/9/2), 愛知.

723979. [学会 (全国)] (一般講演) 国内の実施医療機関を対象とした日本主導型医師主導国際共同臨床研究の実態調査. 岩田香苗, 坂本泰理, 熊谷雄治1, 渡邉裕司, 隈元雄介2 (1臨床研究・企画, 2一般・小児・肝胆膵外): 第38回日本臨床薬理学会学術総会 (2017/12/7), 横浜.

723980. [学会 (全国)] (一般講演) 市販後における副作用過少報告から見た治験時における有害事象収集の重要性. 渡邉達也1, 成川 衛 (1臨床研究・企画): 第38回日本臨床薬理学会学術総会 (2017/12/9), 横浜.

723981. [学会 (全国)] (一般講演) 小児における薬物動態を考慮した用法用量設定の検討に関する研究. 落合理路, 麻生雅子, 坂本泰理, 田中理英子, 熊谷雄治1 (1臨床研究・企画): 第38回日本臨床薬理学会学術総会 (2017/12/9), 横浜.

731133. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 気づけばここに立っていた. 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 大分統計談話会・第56回大会 (2017/10/13), 大分.

731134. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 個人情報保護法等の改正に伴う人を対象とする医学系研究に関する倫理指針の改正について. 渡邉達也 (臨床研究・企画): 第9回臨床研究倫理セミナー (千葉県薬剤師会) (2018/1/25), 千葉.

732145. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【シリーズ/治験・臨床研究「新世代」のための実務セミナー (第5回)】インフォームド・コンセントと留意点. 渡邉達也 (臨床研究・企画): CRPセレクティブセミナー (Clinical Research Professionals) (2017/7/30), 東京.

732146. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【治験関連文書 電子化の実践報告 やっぱり大変? みんなどうしている?〜電子化した人に聞いてみよう〜】研究倫理審査の電子化に向けた取り組み〜これまでの経緯/背景を踏まえて〜. 渡邉達也 (臨床研究・企画): CRPセレクティブセミナー (Clinical Research Professionals) (2017/8/20), 東京.

732147. [学会 (地方会・研究会)] (ランチョンセミナー) アセトアミノフェンの薬剤性肝障害. 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会 (2017/8/26), 群馬.

732148. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針の改正と対応〜個人情報保護法等の改正を踏まえて〜. 渡邉達也 (臨床研究・企画): 第21回治験事務局セミナー2017 (2017/11/18), 東京.

732149. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) FIH試験への対応と新しい取り組みについて. 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 第2回北里ーAPDD合同シンポジウム (2018/2/2), 白金.

732150. [学会 (地方会・研究会)] (ランチョンセミナー) アセトアミノフェンと肝機能検査. 熊谷雄治 (臨床研究・企画): 三重県薬剤師学術フォーラム2018 (2018/3/4), 三重.


バイオエシックス部門


創薬シーズ研究開発部門


医学部附属新世紀医療開発センター

先端医療領域開発部門

(田邉 聡)
※「消化器内科学」を参照

(長沼英明)
※「耳鼻咽喉科・頭頸部外科学」を参照

(田中 潔)
※「一般・小児・肝胆膵外科学」を参照

(吉田一成)
※「泌尿器科学」を参照

(原留弘樹)

(先崎秀明)
※「小児科学」を参照

(中西秀彦)
※「小児科学」を参照

(加藤里絵)
※「麻酔科学」を参照


横断的医療領域開発部門

(佐々木治一郎)
※「呼吸器内科学」を参照

(金井昭文)
※「麻酔科学」を参照

(新井正康)
※「麻酔科学」を参照

(山下継史)
※「上部消化管外科学」を参照

(木村琢磨)
※「地域総合医療学」も参照

[学術論文]

110322. [原著] Catheter replacement structure in home medical care settings and regional characteristics in Tokyo and three adjoining prefectures. Kimura T1, Yoshie S, Tsuchiya R, Kawagoe S, Hirahara S, Iijima K, Akahoshi T2, Tsuji T: Geriatr Gerontol Int 2017/4; 17 (4): 628-36. (木村琢磨1, 赤星 透2: 1新世紀医療・横断的医療, 2総合診療)

110323. [原著] Recovery from a depressive episode during postgraduate residency training is associated with senior doctors' support. Kimura T1, Seo E, Ogawa R, Matsumura S, Maeno T: J Gen Fam Med 2017/12; 19 (1): 20-6. (木村琢磨1: 1新世紀医療・横断的医療)

120050. [原著] 病院勤務の臓器・領域の専門医資格を有する内科系医師の「総合診療医」へのキャリア転向に関連する因子の質的探索. 木村琢磨1, 野村恭子, 新森加奈子2, 今永光彦 (1新世紀医療・横断的医療, 2地域総合医療): 日本プライマリ・ケア連合学会誌 2017/12; 40 (4): 168-75.

522192. [講座]【特集: コモンプロブレムへのアプローチ 便秘問題, すっきり解決!】特集にあたって〜便秘診療における総合診療医の役割とは. 木村琢磨 (新世紀医療・横断的医療): 総合診療のGノート 2017/6; 4 (4): 706-9.

522193. [講座]【特集: 不定愁訴】5.「既存の医学的症状に当てはまり難い愁訴」 を呈する高齢者へのアプローチ. 木村琢磨 (新世紀医療・横断的医療): アニムス 2018/1; 94 (2018 Winter): 25-9.

540059. [その他]【厚生労働行政推進調査事業費補助金「総合診療が地域医療における専門医や他職種連携に与える効果についての研究」】第2部 総合診療医の診療範囲に関する実態調査. 小曽根早知子, 木村琢磨1, 伊藤 慎 (1新世紀医療・横断的医療): 厚生労働行政推進調査事業費補助金「総合診療が地域医療における専門医や他職種連携に与える効果についての研究」報告書 2018/3; p.15-25.

[著 書]

620110. [学術書 (分担執筆)]【総合診療専門医マニュアル】第II部 年代別・性別診療編 C. 成人 ■アレルギー・呼吸器の疾患 1. かぜ症候群, p.320-23. 木村琢磨 (新世紀医療・横断的医療), 編: 伴信太郎, 生坂政臣, 橋本正良, 南江堂, 東京, 2017/5発行.

620111. [学術書 (分担執筆)]【日本プライマリ・ケア連合学会 基本研修ハンドブック (第2版)】II. 基本研修リスト F. 家庭医・総合診療医の扱う健康問題 5. 高齢者のケア, p.291-5. 木村琢磨 (新世紀医療・横断的医療), 編: 日本プライマリ・ケア連合学会, 南山堂, 東京, 2017/5発行.

620112. [学術書 (分担執筆)]【知っておきたい! これからの生活期リハビリテーション (Medical Rehabilitation増大号)】III. 地域包括ケアと在宅医療 総合診療医からみた「在宅医療におけるリハビリテーション」 の現状と提言, p.92-7. 木村琢磨 (新世紀医療・横断的医療), 全日本病院出版会, 東京, 2017/12発行.

[学会・研究会等]

722284. [学会 (全国)] (招待講演等) 主治医として継続的に舵取りを行う手段としての在宅医療. 木村琢磨1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2地域総合医療): 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 (2017/5/13), 高松.

722285. [学会 (全国)] (招待講演等) 本人の意思を尊重した高齢者ケアのあり方. 木村琢磨1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2地域総合医療): 第8回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会 (2017/5/13), 高松.

722286. [学会 (全国)] (招待講演等) 病院から在宅へ−在宅医療の推進: 臨床・教育・研究・地域活動の融合−. 木村琢磨1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2地域総合医療): 第28回日本在宅医療学会学術集会 (2017/9/17), 新宿.

722287. [学会 (全国)] (招待講演等) 地域連携・チーム医療における臨床薬理の役割−総合診療医の立場から−. 木村琢磨1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2地域総合医療): 第38回日本臨床薬理学会学術総会 (2017/12/7), 横浜.

723982. [学会 (全国)] (一般講演) 在宅医療における胃瘻・気管カニューレ交換における, 医師一人の診療所とグループ診療の診療所の役割分担について議論すべきである. 木村琢磨1,2, 吉江 悟, 土屋瑠見子, 川越正平, 平原佐斗司, 飯島勝矢, 辻 哲夫 (1新世紀医療・横断的医療, 2地域総合医療): 第19回日本在宅医学会大会 (2017/6/18), 名古屋.

H28年度以前分

[学術論文]

H28-110023. [原著] Cooperation between Single-Handed and Group Practices Ensures the Replacement of Gastrostomy Tubes and Tracheal Cannulas in Home Medical Care Settings. Kimura T1, Yoshie S, Tsuchiya R, Kawagoe S, Hirahara S, Iijima K, Akahoshi T2, Tsuji T: Tohoku J Exp Med 2017/3; 241 (3): 189-99. (木村琢磨1, 赤星 透2: 1新世紀医療・横断的医療, 2総合診療)

(小林清典)
※「消化器内科学」を参照

(高山陽子)
※「北里大学病院感染管理室」も参照

[学術論文]

110324. [原著] Detection of Streptococcus agalactiae by immunochromatography with group B streptococcus-specific surface immunogenic protein in pregnant women. Takayama Y1, Matsui H2, Adachi Y3, Nihonyanagi S3,4, Wada T5, Mochizuki J6, Unno N6, Hanaki H2: J Infect Chemother 2017/10; 23 (10): 678-82. (高山陽子1, 松井英則2, 安達 譲3, 二本柳伸3,4, 和田達彦5, 望月純子6, 海野信也6, 花木秀明2: 1新世紀医療・横断的医療, 2北里大学北里生命科学研究所, 3臨検部, 4感染管理室, 5膠原病・感染内, 6産科)

522194. [講座] 連載: 感染対策と微生物検査3】耐性菌検査の感染対策への応用. 高山陽子 (新世紀医療・横断的医療): モダンメディア 2017/4; 63 (4): 84-8.


医学部教育系技術職員

形態系

[学術論文]

110008. [原著] Cellular and subcellular localization of ADP-ribosylation factor 6 in mouse peripheral tissues. Katsumata O1,2, Mori M, Sawane Y, Niimura T1,2, Ito A3, Okamoto H4, Fukaya M1, Sakagami H1: Histochem Cell Biol 2017/12; 148 (6): 577-96. (勝又 修1,2, 新村朋子1,2, 伊藤諭子3, 岡本浩嗣4, 深谷昌弘1, 阪上洋行1: 1解剖, 2形態系, 3大学院医療系研究科, 4麻酔)

[学会・研究会等]

723003. [学会 (全国)] (ポスター) 小型魚類の全身組織切片作製とその活用法. 西槙俊之1,2, 勝村啓史2, 尾田正二, 小賀厚徳, 太田博樹2, 小川元之2 (1形態系, 2解剖): 日本理科教育学会第67回全国大会 (2017/8/5-6), 福岡.

723004. [学会 (全国)] (ポスター) 脊椎湾曲wyメダカを用いた整形外科的疾患解明へのアプローチ. 西槙俊之1,2, 内田健太郎3, 山田 稔, 勝村啓史2, 大貫裕子4, 尾田正二, 小賀厚徳, 太田博樹2, 高相晶士3, 小川元之2 (1形態系, 2解剖, 3整外, 4病態・診療系): 第51回日本側弯症学会学術集会 (2017/8/24-25), 札幌.

723005. [学会 (全国)] (ポスター) Rosette agent (Sphaerothecum destruens) infection in laboratory medaka. 西槙俊之1,2, 勝村啓史2, Nemoto N, 太田博樹2, Oga A, Okayasu I, Kent ML, Oda S, 小川元之2 (1形態系, 2解剖): 第23回小型魚類研究会 (2017/8/30/-31), 山梨.


生物物理系

[学会・研究会等]

723107. [学会 (全国)] (一般講演) Elucidation of motor control mechanism using genetically modified mice harboring tetracycline-regulated expression of D1/D2 dopamine receptors. 笹岡俊邦, 大久保朝子 (佐藤)1, 知見聡美, 大久保直2, 阿部 学, 川村名子, 中尾聡宏, 小田佳奈子, 酒井清子, 前田宜俊, 神保幸弘, 田中 稔, 山本美丘, 佐藤俊哉2, 藤澤信義, 崎村建司, 南部 篤 (1生物物理系, 2実動): 第40回日本神経科学大会 (2017/7/20), 千葉.

723111. [学会 (全国)] (一般講演) Elucidation of motor control mechanism using genetically modified mice harboring tetracycline-regulated expression of D1/D2 dopamine receptors. 笹岡俊邦, 大久保朝子 (佐藤)1, 知見聡美, 大久保直2, 阿部 学, 川村名子, 中尾聡宏, 齊藤奈英, 酒井清子, 小田佳奈子, 前田宜俊, 神保幸弘, 田中 稔, 山本美丘, 佐藤俊哉2, 藤澤信義, 崎村建司, 南部 篤 (1生物物理系, 2実動): 2017年度生命科学系学会合同年次大会 (第40回日本分子生物学会年会・第90回日本生化学会大会) (2017/12/9), 神戸.

723021. [学会 (全国)] (一般講演) Physiological role of Ca-sensing receptor expressed in type B intercalated cells of the mouse kidney cortical collecting duct. 大嶋友美1, 安岡有紀子2, 福田英一2, 高橋倫子2, 河原克雅2 (1生物物理系, 2生理): 第95回日本生理学会大会 (2018/3/30), 高松.

733022. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) D1/D2ドーパミン受容体コンディショナル発現マウスによる運動制御機構の解明. 笹岡俊邦, 佐藤朝子1, 知見聡美, 大久保直2, 阿部 学, 川村名子, 中尾聡宏, 小田佳奈子, 酒井清子, 前田宜俊, 神保幸弘, 佐藤俊哉2, 藤澤信義, 崎村建司, 南部 篤 (1生物物理系, 2実動): 第32回日本大脳基底核研究会 (2017/7/2), 西尾.


病態・診療系

[学術論文]

110190. [原著] Molecular alterations in a new cell line (KU-Lu-MPPt3) established from a human lung adenocarcinoma with a micropapillary pattern. Matsuo Y1, Shiomi K2, Sonoda D2, Mikubo M2, Naito M2, Matsui Y2, Yoshida T3, Satoh Y2: J Cancer Res Clin Oncol 2018/1; 144 (1): 75-87. (松尾由紀子1, 塩見 和2, 園田 大2, 三窪将史2, 内藤雅仁2, 松井啓夫2, 吉田 功3, 佐藤之俊2: 1病態・診療系, 2呼吸器外, 3病理)

[学会・研究会等]

723531. [学会 (全国)] (一般口演) 粘液性卵巣腫瘍におけるRac不活化因子FilGAP発現と予後との関連の検討. 佐藤絵里奈1,2, 三枝 信3, 橋村美紀4, 原 敦子3, 遠藤真一2, 古川正義2, 佐藤英貴2, 高田恭臣2, 新井正秀2, 岩瀬春子2, 太田安隆, 恩田貴志2 (1病態・診療系, 2婦人, 3病理, 4形態系): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/20-22), 横浜.


予防医学系


分子医科学・制御系


東病院研究系


組織培養センター


DNA実験センター


遺伝子高次機能解析センター

[学会・研究会等]

733023. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) CRISPR/Cas9システムを用いたエレクトロポレーション法による遺伝子改変マウスの作製. 佐藤貴文1, 阿部真悟1, 久保地誠司1, 梶原雄也1, 佐藤俊哉2, 東 貞宏2, 大久保直2 (1遺伝子解析セ, 2実動): 第35回動物生殖工学研究会 (2017/12/2), 川崎.

733024. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学医学部におけるマウスの体外受精とその成績. 阿部真悟1, 久保地誠司1, 佐藤貴文1, 梶原雄也1, 高橋 晃1, 佐藤俊哉2, 大久保直2, 東 貞宏2 (1遺伝子解析セ, 2実動): 第35回動物生殖工学研究会 (2017/12/2), 川崎.


バイオイメージング研究センター


健康管理センター

[学術論文]

110325. [原著] Primacy of lowered baseline glomerular filtration rate as a risk for incident chronic kidney disease: A longitudinal study in Japanese subjects. Miyakoshi T, Nakasone Y, Sato Y, Yamauchi K, Hashikura R, Takayama M, Hirabayashi K, Koike H, Moriya T1, Aizawa T: Nephrology (Carlton) 2017/9; 22 (9): 684-9. (守屋達美1: 1健康管理セ)

110326. [原著] Arteriolar Hyalinosis Predicts Increase in Albuminuria and GFR Decline in Normo- and Microalbuminuric Japanese Patients With Type 2 Diabetes. Moriya T1, Omura K, Matsubara M1, Yoshida Y1, Hayama K1, Ouchi M: Diabetes Care 2017/10; 40 (10): 1373-8. (守屋達美1, 松原まどか1, 吉田友紀1, 羽山慧以1: 1健康管理セ)

110327. [原著] Severe hypoglycaemia is a major predictor of incident diabetic retinopathy in Japanese patientswith type 2 diabetes. Tanaka S1, Kawasaki R1, Tanaka-Mizuno S1, Iimuro S1, Matsunaga S1, Moriya T1,2, Ishibashi S1, Katayama S1, Ohashi Y1, Akanuma Y1, Sone H1, Yamashita H1 (1Japan Diabetes Complications Study Group): Diabetes Metab 2017/10; 43 (5): 424-9. (守屋達美1,2: 2健康管理セ)

540060. [その他] 光学顕微鏡所見の細動脈硝子化は, 日本人2型糖尿病患者の腎症早期における尿アルブミン排泄量の増加およびGFR低下を予測する. 守屋達美1, 松原まどか1, 羽山慧以1,2, 吉田友紀1, 大内基司 (1健康管理セ, 2血液内): 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 (2017/5/18-20), 名古屋,糖尿病 2017/4; 60 (Suppl 1): S-262.

[学会・研究会等]

713136. [学会 (国際)] (一般講演) Arteriolar Hyalinosis Predicts Albuminuria Increase and GFR Decline in Normo-Microalbuminuric Japanese Type 2 Diabetic Patients. Moriya T1, Matsubara M1, Hayama K1, Yoshida Y1, Ouchi M: American Diabetes Association 77th Scientific Sessions (2017/6/9-13), San Diego, USA. (守屋達美1, 松原まどか1, 羽山慧以1, 吉田友紀1: 1健康管理セ)

713137. [学会 (国際)] (一般講演) Renal functional decline is associated with decrease of glomerular filtration surface reflecting increase of mesangial expansion in normo- and microalbuminuric type 2 diabetes. Moriya T1, Matsubara M1, Hayama K1, Yoshida Y1, Ouchi M: American Diabetes Association 77th Scientific Sessions (2017/6/9-13), San Diego, USA. (守屋達美1, 松原まどか1, 羽山慧以1, 吉田友紀1: 1健康管理セ)

722288. [学会 (全国)] (招待講演等) 電気けいれん療法〜効果を引き出すために〜. 澤山恵波1, 宮岡 等2 (1健康管理セ, 2精神): 第39回日本生物学的精神医学会・第47回日本神経精神薬理学会 合同年会 (2017/9/30), 札幌.

723983. [学会 (全国)] (一般講演) SGLT2阻害薬の効果は投与後1か月で予測できるか? 松原まどか1, 七里眞義2, 守屋達美1 (1健康管理セ, 2内分泌代謝内): 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 (2017/5/18-20), 名古屋, 糖尿病 2017; 60: S175.

723984. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病性腎症 (腎症) 保存期の多職種介入は透析導入時に良好な効果をもたらすか? 守屋達美1, 大貫恵子, 坂本梅子, 土筆智晶, 三浦芳典, 富田美香, 人見麻美子2 (1健康管理セ, 2栄養部): 第60回日本腎臓学会学術集会 (2017/5/26-28), 仙台.

H28年度以前分

[学会・研究会等]

H28-723012. [学会 (全国)] (一般講演) 正常〜微量アルブミン尿期2型糖尿病ダパグリフロジン投与下における糸球体濾過値と尿糖. 松原まどか1, 岸原絵梨子2, 七里眞義2, 守屋達美1 (1健康管理セ, 2内分泌代謝内): 第89回日本内分泌学会学術総会 (2016/4/21-23), 京都.


北里大学病院

看護部

[学術論文]

120051. [原著] 内視鏡検査部門における検査待ち時間の現状と待ち時間短縮に向けての取り組み. 三枝克磨1, 石川綾乃1 (1看護部): 日本看護学会論文集: 看護管理 2017/5; 47: 229-32.

120052. [原著] 大学生のドナーカード所有の現状および意識に関する研究. 椿美智博1, 入江慎治2, 小西かおる3 (1看護部, 2昭和大学大学院保健医療学研究科, 3大阪大学大学院医学系研究科): 日本救急看護学会雑誌 2017/7; 19 (2): 31-9.

120053. [原著] 小児集中治療室 (PICU) に入室している鎮静下の幼児の表情を捉えたケア. 大谷尚也 (RST・RRT室): 日本小児看護学会誌 2017/12; 26: 166-72.

120054. [原著] 婦人科開腹手術の見学研修を受けた看護師の体験〜リーダー業務開始前に研修を受けた看護師のインタビューを基に〜. 佐藤香菜1, 村上美恵1, 佐藤美紀1 (1看護部): 日本看護学会論文集: 看護教育 2018/2; 48: 126-9.

521038. [解説]【レッツ! 呼吸療法認定士 (3)】演習問題にトライ! <あやふや領域編> 解答・解説. 岩村俊彦1, 田中鮎美2, 小橋郁美3, 辻本雄大4, 川上大輔5 (1大阪府済生会千里病院, 2田辺中央病院, 3奈良県立医科大学附属病院, 4奈良県立医科大学附属病院, 5看護部): 呼吸器ケア 2017/9; 15 (9): 941-8.

521039. [解説]【経口摂取を目指す 摂食嚥下患者の看護】摂食嚥下障害の基本的知識. 宮痘F恵 (看護部): 脳の看護実践 2017/10; 3 (3): 62-7.

521040. [解説]【経口摂取を目指す 摂食嚥下患者の看護 (第2回)】摂食嚥下障害と脳のメカニズム. 石倉 愛 (看護部): 脳の看護実践 2017/12; 3 (4): 60-6.

521041. [解説]【経口摂取を目指す 摂食嚥下患者の看護 (第3回)】経管栄養からの離脱・経口摂取の確立に向けたアプローチ. 宮痘F恵 (看護部): 脳の看護実践 2018/2; 3 (5): 71-6.

521042. [解説]【特集3: 現場で生きる気づきを! フィジカルアセスメントの指導方法と研修の工夫】効果的なフィジカルアセスメントの教授法−小児の見かた. 川上大輔1, 谷口陽子2, 池田玲子2 (1看護部, 2研修統括部): 看護人材育成 2018/2; 14 (6): 93-9.

522195. [講座]【特集: その人らしい生き方を支援するために〜アドバンス・ケア・プランニングの実践〜】その人らしさを支えるアドバンス・ケア・プランニング (Advance Care Planning). 近藤まゆみ (看護部): がん看護 2017/11; 22 (7): 667-70.

522196. [講座]【特集: その人らしい生き方を支援するために〜アドバンス・ケア・プランニングの実践〜】ACPのプロセスと内容, そして支援. 近藤まゆみ (看護部): がん看護 2017/11; 22 (7): 671-4.

522197. [講座]【特集: 乳がん患者へのエキスパートケア】アドバンス・ケア・プランニングにおけるエキスパートケア. 児玉美由紀 (看護部): がん看護 2017/9; 22 (6): 611-4.

522198. [講座]【集中治療における小児ケア−自信をもって子どもに対応するために−】II 小児患者のアセスメントと看護 酸素療法〜さまざまなデバイスの特徴を理解し, 適切な呼吸管理につなげよう〜. 川上大輔 (看護部): 重症患者ケア 2017/10; 6 (3): 491-503.

522199. [講座]【特集1: 正しく知って「その人らしさ」を支えよう! 緩和ケア】1.“緩和ケア”を知ろう. 2. 緩和ケアの実践例をみてみよう. 岩本純子 (看護部): Nursing Canvas 2018/1; 6 (2): 12-33.

522200. [講座]【特集: 早期からの緩和ケア コトハジメ】外来・病棟看護師にできること: がんと診断されたときからの緩和ケア. 児玉美由紀 (看護部): 緩和ケア 2018/1; 28 (1): 27-32.

522201. [講座]【第57回日本核医学会学術総会, 第37回日本核医学技術学会総会学術大会合同企画プログラム 合同シンポジウム2】内用療法における看護師の介入と今後の課題. 村山友美 (看護部): 核医学技術 2018/1; 38 (1): 50-2 .

522202. [講座]【第1特集: スタッフの心に響くラダー運用術】私たちのラダー運用の工夫 (3) 20年前のクリニカルラダーを改訂し新たなラダーを現場に浸透させた. 谷口陽子1,2 (1研修統括部, 2看護部): Nursing BUSINESS 2018/1; 12 (1): 28-31.

540061. [その他 (研究報告書)]【コーディネーター研究報告】小児脳死下臓器提供における院内体制整備−シミュレーションの効果−. 高橋 恵1, 辻 朋子1, 川上大輔1, 中島節子1, 荒川法子1, 安藤 寿2, 吉田一成3 (1看護部, 2小児, 3新世紀医療・先端医療): 日本臨床腎移植学会雑誌 2017/12; 5 (2): 220-3 .

[著 書]

620113. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】急変対応 一次救命処置 (BLS), 二次救命処置 (ALS), 急変時のSBAR報告, p.8-13. 桐本千恵美1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620114. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】急変対応 意識障害, ショック, p.14-7. 重信 亮1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620115. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】急変対応 不整脈, 緊急薬剤, トリアージ (災害), p.18-23. 川上大輔1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620116. [学術書] (分担執筆)【ナースポケットマニュアル】症状別急変対応 意識障害 (傾眠, ぐったり), 胸痛, p.24-7. 齊藤耕平1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620117. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】症状別急変対応 呼吸困難, p.28-9. 森安恵実1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620118. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】症状別急変対応 悪心, 腹痛, p.30-3. 大谷尚也1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620119. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】症状別急変対応 頭痛, けいれん, p.34-7. 内藤亜樹1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620120. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】循環 心音の聴診, 心電図, p.38-41. 中村香奈子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620121. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】循環 冠動脈, スワン・ガンツ・カテーテル, p.42-3. 林亜希子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620122. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】呼吸, p.44-53. 森安恵実1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620123. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】代謝 電解質異常, 微量元素の欠乏症状, p.54-5. 竹内優子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620124. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】代謝 糖尿病, p.56-7. 坂本梅子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620125. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】代謝 糖尿病治療薬, p.58-9. 竹内優子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620126. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】栄養 主な客観的栄養指標, 栄養管理と経腸栄養剤の選択, p.60-3. 宮痘F恵1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620127. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】栄養 摂食・嚥下アセスメントと訓練, p.64-5. 石倉 愛1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620128. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】排泄 便, p.66-7. 佐藤良子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620129. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】排泄 ストーマ, p.68-9. 友永裕美1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620130. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】排泄 尿, p.70-1. 渡辺沙織1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620131. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】ADL, p.72-5. 行俊可愛1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620132. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】疼痛, p.76-7. 西原知枝1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620133. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】皮膚 発疹, p.78-9. 清宮美詠1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620134. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】皮膚 褥瘡, p.80-1. 川村美紀子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620135. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】皮膚 熱傷, p.82-3. 袴田将嗣1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620136. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】精神・意識 認知機能障害のスクリーニングテスト, p.84-5. 行俊可愛1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620137. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】精神・意識 不安・抑うつ, p.86-7. 白井教子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620138. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】精神・意識 せん妄, 集中治療環境下での鎮静レベルの評価, 集中治療環境下でのせん妄評価, p.88-93. 田久保美千代1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620139. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】感染管理 スタンダードプリコーション, 感染経路別予防策, p.94-5. 宮崎功介1, 高城由美子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620140. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】感染管理 カテーテルの管理, p.96-7. 佐々木顕子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620141. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】感染管理 抗菌薬の投与方法, p.98-101. 大川原裕樹1, 青柳佐智子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620142. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】ケア・処置 注射, p.102-3. 番匠章子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620143. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】ケア・処置 輸液, p.104-5. 高尾真紀1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620144. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】ケア・処置 輸液ポンプ, シリンジポンプ, p.106-9. 番匠章子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620145. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】ケア・処置 輸血, p.110-1. 栗田かほる1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620146. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】ケア・処置 中心静脈カテーテル, p.112-3. 佐々木顕子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620147. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】ケア・処置 経鼻経管栄養, p.114-5. 栗田かほる1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620148. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】ケア・処置 ドレーン管理, ドレナージ, p.116-21. 長野友紀子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620149. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】ケア・処置 侵襲的処置の介助, p.122-5. 谷 幸一1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620150. [学術書 (分担執筆)]【ナースポケットマニュアル】検査・薬剤 臨床検査基準値. 注意が必要な注射薬, p.126-31. 榑松久美子1, 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

620151. [学術書 (分担執筆)]【生活モデルを基盤とした在宅移行支援 NICUから在宅へ (小児看護2017年7月増刊号)】[II 各論] 小児医療を安全に提供する構造 外来, p.953-60. 大塚 香1, 佐藤真紀子1 (1看護部), へるす出版, 東京, 2017/7発行.

620152. [学術書 (分担執筆)]【<系統看護学講座 別巻> 家族看護学】第4章 家族看護展開の方法 C. さまざまな家族アセスメントモデル @フリードマンとハンソンのアセスメントモデル, p.172-3. 高見紀子1 (1看護部), 上別府圭子2 (2東京大学大学院), 医学書院, 東京, 2018/1発行.

620153. [学術書 (分担執筆)]【<系統看護学講座 別巻> 家族看護学】第5章 事例に基づく家族看護学の実践 A. 急性期患者の家族看護, p.188-200. 高見紀子1 (1看護部), 上別府圭子2 (2東京大学大学院), 医学書院, 東京, 2018/1発行.

621005. [学術書 (編集)]【ナースポケットマニュアル】 編: 1看護部, 2東病院看護部, 編集協力: 別府千恵1, 油谷和子2, 谷口陽子1, 医学書院, 東京, 2017/5発行.

[学会・研究会等]

713138. [学会 (国際)] (ポスター) [E-Poster] Effectiveness of Questionnaires on Extracting Intension of Presenting Options for Organ Donation in Japan (日本における臓器提供の選択肢提示の意義抽出におけるアンケートの有用性). Tsubaki M1: 18th Congress of the European Society for Organ Transplantation (ESOT 2017) (2017/9/26), Barcelona, Spain. (椿美智博1: 1看護部)

713139. [学会 (国際)] (ポスター) How to Support a Family Member in Making an Organ Donation Decision in Emergency Room? Tsubaki M1: CAST2017 (15th Congress of the Asian Society of Transplantation) (2017/11/29), CEBU CITY, Philippines. (椿美智博1: 1看護部)

722288. [学会 (全国)] (交流集会ワークショップ)【熱傷看護におけるカイゼン, 創意工夫の取り組みを共有しよう!】WS-3 ルート抜去予防に対するタイムアウトの有効性について〜重症熱傷患者1事例を通して〜. 外山若菜1, 小川梨紗1, 谷 幸一1, 増田正和1 (1看護部): 第43回日本熱傷学会総会・学術集会 (2017/5/25), 東京, 熱傷 2017/11; 43 (4): 188-9.

722289. [学会 (全国)] (学術教育委員会企画)【排尿自立指導: これからの進め方】下部尿路機能症状のアセスメントと尿道カテーテル抜去後のケアの実際. 清宮美詠 (看護部): 第26回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会 (2017/6/2), 千葉, 日本創傷・オストミー・失禁管理学会誌 2017/5; 21 (2): 117.

722290. [学会 (全国)] (交流集会4) ストーリーを作成して家族ケアを考える事例検討. 式守晴子1, 鈴木和子2, 井上玲子3, 高見紀子4 (1聖隷クリストファー大学, 2家族支援リサーチセンター湘南, 3東海大学, 4看護部): 日本家族看護学会第24回学術集会 (2017/9/2), 千葉, 日本家族看護学会学術集会プログラム・抄録集24回 2017/7; p.63.

722291. [学会 (全国)] (ワークショップ)【個別臓器ワークショップ8: 移植コーディネーターの地域格差および施設格差をなくすにはどうしたらよいか?】施設格差なんて言わせない! (Part1)〜RTCのやるべきこと, やれること〜. 野口文乃1, 井村夕姫1, 荒川法子1, 池田成江2, 川村瑞穂2, 石井大輔2, 吉田一成2,3 (1看護部, 2泌尿器, 3新世紀医療・先端医療): 第53回日本移植学会総会 (2017/9/9), 旭川, 日本移植学会雑誌 2017/8; 52 (第53回日本移植学会総会臨時号): 311.

722292. [学会 (全国)] (シンポジウム)【JSNM-JSNMT合同シンポジウム2: 内用療法の普及と安全利用〜多職種の立場から〜】内用療法における看護師の介入と今後の課題. 村山友美 (看護部): 第37回日本核医学技術学会総会学術大会 (2017/10/5), 神奈川, 核医学 2017/9; 54 (Suppl): S66.

722293. [学会 (全国)] (招待講演等)【事例検討5】暴言・過度の要求・頻回のクレームなど怒りをめぐる理解と対応. 田久保美千代 (看護部): 第30回日本サイコオンコロジー学会総会・第23回日本臨床死生学会総会 合同大会 (2017/10/15), 東京, 第30回日本サイコオンコロジー学会総会・第23回日本臨床死生学会総会合同大会プログラム・抄録集 2017/10; p.126.

722294. [学会 (全国)] (シンポジウム)【シンポジウム2: 緩和ケアにおける麻酔科医の役割】麻酔科出身の緩和ケア医に望むこと: 緩和ケアチームにおいて麻酔科医師と協働してきた体験から. 近藤まゆみ (看護部): 日本臨床麻酔学会 第37回大会 (2017/11/3), 東京, 日本臨床麻酔学会誌 2017/10; 37 (6): S133.

722295. [学会 (全国)] (パネルディスカッションム)【看護シンポジウム: 放射線治療後のサバイバーシップ・ケア】がんサバイバーシップとチーム医療. 近藤まゆみ (看護部): 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会 (2017/11/18), 大阪.

722296. [学会 (全国)] (シンポジウム)【スポンサードシンポジウム 2: 腎移植のチーム医療】腎移植医療からのCKD total careへ〜RTCのチーム医療への取り組み〜. 野口文乃1, 井村夕姫1, 荒川法子1, 池田成江2, 川村瑞穂2, 石井大輔2, 吉田一成2,3 (1看護部, 2泌尿器, 3新世紀医療・先端医療): 第51回日本臨床腎移植学会 (2018/2/15), 神戸, 第51回日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集 2018/2; p.29.

723985. [学会 (全国)] (ポスター) 整形外科病棟看護師に対する手術室研修の効果−看護実践への活用に焦点をあてて−. 吉原千恵1, 中山栄純2 (1看護部, 2看護学部): 第17回日本運動器看護学会学術集会 (2017/6/3), 神奈川, 第17回日本運動器看護学会学術集会プログラム・抄録集 2017/4; p.27.

723986. [学会 (全国)] (ポスター) 透析導入時の患者指導内容と患者の理解度についての調査. 落合里奈, 落合真紀, 八月朔日佳代, 野口文乃1, 池田成江2, 高橋浩雄, 吉田一成2,3, 高橋裕一郎 (1看護部, 2泌尿器, 3新世紀医療・先端医療): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/16), 横浜, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 675.

723987. [学会 (全国)] (ポスター) RTCは今何に困っているのか. 野口文乃1, 井村夕姫1, 荒川法子1, 池田成江2, 川村瑞穂2, 石井大輔2, 吉田一成2,3 (1看護部, 2泌尿器, 3新世紀医療・先端医療): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/16), 横浜, 透析会誌 2017; 50 (Suppl 1): 857.

723988. [学会 (全国)] (一般口演) 小児虐待予防および養育支援が必要な家庭に対応するための多職種連携フローシートの導入とその後の変化. 柴田純子1, 伊藤孝子1, 金剛寺まり子1, 田村佑平2, 安藤 寿2, 石井正浩2 (1看護部, 2小児): 第31回日本小児救急医学会学術集会 (2017/6/23-25), 東京, 日本小児救急医学会雑誌 2017/5; 16 (2): 287.

723989. [学会 (全国)] (一般口演) 当院における院内ドナーコーディネーターのスキルアップへ向けた取り組み. 関 一馬1, 山田仁志1, 高橋 恵1, 荒川法子1, 横溝宗子1 (1看護部): 第30回日本脳死・脳蘇生学会総会・学術集会 (2017/6/25), 福岡, 脳死・脳蘇生 2017/6; 30 (1): 38.

723990. [学会 (全国)] (ポスター) DVDを用いた乳がん術後患者への生活指導〜第一報: DVD制作から運用へ〜. 瀬戸牧子1, 森田陽枝1, 采女成美1, 白鳥友基1, 東海林ちえみ1, 谷野裕一2,3, 仙石紀彦2, 小坂愉賢2, 神保武則4, 竹内寛人4 (1看護部, 2乳腺・甲状腺外, 3神戸大学医学部附属病院乳腺内分泌外科, 4リハビリ部): 第25回日本乳癌学会学術総会 (2017/7/14), 福岡, 日本乳癌学会総会プログラム抄録集25回 2017/7; p.399.

723991. [学会 (全国)] (一般口演) 外来所属がん看護専門看護師の実践・調整役割の活動評価−がん患者指導管理料算定ケースからみたケアの現状と課題−. 桑名寿美1, 佐藤真紀子1 (1看護部): 第67回日本病院学会 (2017/7/21), 兵庫, 日本病院学会プログラム・抄録 2017; 67: 255.

723992. [学会 (全国)] (ポスター) 看護師のメンタルヘルス支援を目的としたサポートグループの取り組みに関する研究. 田久保美千代 (看護部): 日本ストレスマネジメント学会第16回学術大会・研修会 (2017/7/29), 北海道, 日本ストレスマネジメント学会第16回学術大会・研修会プログラム・発表論文集 2017/7; p.35.

723993. [学会 (全国)] (一般口演) 婦人科開腹手術の見学研修を受けた看護師の体験〜リーダー業務開始前に研修を受けた看護師のインタビューを基に〜. 佐藤香菜1, 村上美恵1, 佐藤美紀1 (1看護部): 第48回日本看護学会-看護教育-学術集会 (2017/8/3), 香川, 第48回日本看護学会−看護教育−学術集会抄録集 2017/7; p.189.

723994. [学会 (全国)] (ポスター) 鼠径ヘルニア手術オリエンテーション映像ソフトの導入と効果−多職種の協働によるプレパレーション−. 伊藤みずほ1, 松内佳子1 (1看護部): 日本小児看護学会第27回学術集会 (2017/8/19), 京都, 日本小児看護学会第27回学術集会 講演集 2017/7; p.188.

723995. [学会 (全国)] (ポスター) プレパレーションツールの提供・蓄積が可能なウェブサイト『Pre-Bo!』の有効性. 内藤茂幸 (看護部): 日本小児看護学会第27回学術集会 (2017/8/19), 京都, 日本小児看護学会第27回学術集会 講演集 2017/7; p.195.

723996. [学会 (全国)] (ポスター) 移植患者としての自覚を促された体験−小児期に生体肝移植を受けた患者の語りから−. 松内佳子1, 小島ひで子2 (1看護部, 2大学院看護学研究科): 日本小児看護学会第27回学術集会 (2017/8/19), 京都, 日本小児看護学会第27回学術集会 講演集 2017/7; p.212.

723997. [学会 (全国)] (一般口演) 小児看護領域の継続教育研修プログラムについて考えよう!〜小児専門施設以外での院内研修どうしていますか?〜. ファシリテーター: 木村ゆみ子1, 中山紗野子2, 話題提供: 井出由美3, 笹川みちる4, 山田咲樹子5 (1看護部, 2東京慈恵会医科付属大学病院, 3昭和大学病院, 4国立循環器病研究センター, 5東京女子医科大学病院): 日本小児看護学会第27回学術集会 (2017/8/20), 京都, 日本小児看護学会第27回学術集会講演集 2017/7; p.86.

723998. [学会 (全国)] (一般口演) 院内看護職員を対象とした災害看護研修の取り組み. 小山明里1, 猪狩遼子1, 谷 幸一1, 梶山和美1 (1看護部): 日本災害看護学会第19回年次大会 (2017/8/26), 鳥取, 日本災害看護学会誌 2017/8; 19 (1): 111.

723999. [学会 (全国)] (ポスター) 誤嚥性肺炎のリスクがある高齢患者の経口摂取可能への看護援助に関する文献的考察. 井村優来1, 目黒優子2 (1看護部, 2新潟医療福祉大学): 日本看護研究学会第43回学術集会 (2017/8/30), 愛知, 日本看護研究学会雑誌 2017/8; 40 (3): 482.

7231000. [学会 (全国)] (一般口演) 看護学生の放射線に対する知識・関心・不安の関連性に関する調査. 松尾知奈都1, 山口拓充2, 清武菜保子3, 渕脇未妃4, 志方香織5, 新川哲子6, 松成裕子7, 畠山とも子8, 今村圭子7, 吉田浩二2, 浦田秀子6, 折田真紀子6, 高村 昇9 (1看護部, 2長崎大学大学院医歯薬学総合研究科, 3日本赤十字社福岡赤十字病院, 4鹿児島市立病院, 5長崎大学病院, 6長崎大学原爆後遺障害医療研究科, 7鹿児島大学医学部保健学科, 8福島県立医科大学看護学部, 9長崎大学原爆後障害医療研究所): 第6回日本放射線看護学会学術集会 (2017/9/2), 名古屋, 第6回日本放射線看護学会学術集会 講演集 2017/8; p.69.

7231001. [学会 (全国)] (一般口演) 補助人工心臓適応検討26症例の解析-レシピエント移植コーディネーターの役割. 中島節子1, 上野美穂1, 林亜希子1, 横溝宗子1, 北村 律2, 宮地 鑑2, 石井俊輔3, 竹内一郎3, 阿古潤哉3 (1看護部, 2心臓血管外, 3循環器内): 第53回日本移植学会総会 (2017/9/8), 旭川, 移植 日本移植学会雑誌・第53回日本移植学会総会臨時号 2017/8; 52: 387.

7231002. [学会 (全国)] (一般講演) 透析導入時の患者への腎移植に関する情報提供内容とその理解度についての調査. 落合里奈, 八月朔日佳代, 野口文乃1, 池田成江2, 高橋浩雄, 吉田一成2,3, 高橋裕一郎 (1看護部, 2泌尿器, 3新世紀医療・先端医療): 第53回日本移植学会総会 (2017/9/8), 旭川, 移植 2017; 52 (総会臨時): 336.

7231003. [学会 (全国)] (ポスター) 摂食嚥下サポートチームの現状と課題. 宮痘F恵1, 石倉 愛1, 清家由美子2, 湯本 瞳3, 鈴木立俊3 (1看護部, 2栄養部, 3耳鼻咽喉・頭頸外): 第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 (2017/9/15), 千葉.

7231004. [学会 (全国)] (ポスター) 摂食嚥下障害看護認定看護師ラウンドによる病棟の現状と課題. 石倉 愛1, 宮痘F恵1, 清家由美子2, 湯本 瞳3, 鈴木立俊3 (1看護部, 2栄養部, 3耳鼻咽喉・頭頸外): 第23回日本摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会 (2017/9/15), 千葉.

7231005. [学会 (全国)] (一般口演) H28〜29年A病院における母乳率の検討. 尾関久子1, 清水宏美1, 長南記志子1, 新井陽子2 (1看護部, 2看護学部): 第58回日本母性衛生学会総会・学術集会 (2017/10/6), 兵庫, 母性衛生 2017/9; 58 (3): 187.

7231006. [学会 (全国)] (一般口演) 分娩介助実習による助産学生の“分娩”に対するイメージと変化〜色彩象徴テストを用いて〜. 山村香織1, 香取洋子2, 川下芽生1, 清水宏美1, 松ア由佳1, 長南記志子1 (1看護部, 2看護学部): 第58回日本母性衛生学会総会・学術集会 (2017/10/6), 兵庫, 母性衛生 2017/9; 58 (3): 207.

7231007. [学会 (全国)] (一般口演) 急変振り返りによる変化と課題〜RRS (Rapid Respons System) の活用と急変前の患者状況からの考察〜. 桐本千恵美1, 谷 幸一1, 長野友紀子1, 川上大輔1, 重信 亮1 (1看護部): 第19回日本救急看護学会学術集会 (2017/10/6), 金沢, 日本救急看護学会雑誌 2017/9; 19 (3): 241.

7231008. [学会 (全国)] (ポスター) A病院の病棟・外来における急変事例の振り返りからみえた現状と課題〜BLS (Basic Life Support) の場面〜. 谷 幸一1, 桐本千恵美1, 長野友紀子1, 川上大輔1, 重信 亮1 (1看護部): 第19回日本救急看護学会学術集会 (2017/10/6), 金沢, 日本救急看護学会雑誌 2017/9; 19 (3): 263.

7231009. [学会 (全国)] (一般口演) A病院の病棟・外来における急変事例の振り返りからみえた現状と課題−ACLSの場面に焦点を当てて−. 川上大輔1, 桐本千恵美1, 谷 幸一1, 長野友紀子1, 重信 亮1 (1看護部): 第19回日本救急看護学会学術集会 (2017/10/7), 金沢, 日本救急看護学会雑誌 2017/9; 19 (3): 263.

7231010. [学会 (全国)] (一般口演) 看護師による急変患者の振り返りが与える心理的影響〜A病院における急変振り返りの取り組みを通して〜. 長野友紀子1, 桐本千恵美1, 谷 幸一1, 川上大輔1, 重信 亮1 (1看護部): 第19回日本救急看護学会学術集会 (2017/10/7), 金沢, 日本救急看護学会雑誌 2017/9; 19 (3): 295.

7231011. [学会 (全国)] (一般口演) 口腔ケアの技術の質向上を目指して〜クロスSWOT分析を用いた病棟スタッフへの関わり. 吉原 舞1, 宮痘F恵1, 横溝育美1 (1看護部): 第48回日本看護学会-看護管理-学術集会 (2017/10/12), 北海道, 第48回日本看護学会看護管理学術集会プログラム抄録 2017/10; p.138.

7231012. [学会 (全国)] (一般口演) 大腸内視鏡検査における検査待ち時間の現状と待ち時間短縮に向けての取り組み. 藤田麻美子1, 三枝克磨1 (1看護部): 第48回日本看護学会-看護管理-学術集会 (2017/10/12), 北海道, 第48回日本看護学会看護管理学術集会プログラム抄録 2017/9; p.155.

7231013. [学会 (全国)] (ポスター) 大学病院におけるAdvance Care Planningの推進: 組織的な取り組みに向けたポイント. 近藤まゆみ1, 児玉美由紀1, 岩本純子1, 坂下智珠子1, 上條真子2, 高橋晃太, 石原未希子3, 小坂愉賢4, 高田恭臣5, 津村秀康6, 田畑健一6, 三重野浩朗7, 佐々木治一郎8, 谷野裕一9, 小野沢滋10 (1看護部, 2トータルサポートセンター, 3呼吸器内, 4乳腺・甲状腺外, 5婦人, 6泌尿器, 7上部消化管外, 8新世紀医療・横断的医療, 9神戸大学医学部附属病院乳腺内分泌外科, 10みその生活支援クリニック): 第55回日本癌治療学会学術集会 (2017/10/21), 神奈川, 第55回日本癌治療学会学術集会抄録集 2017/10; p.103-3.

7231014. [学会 (全国)] (一般口演) 放射線治療患者に対する音楽療法の実施可能性及び有効性に関するパイロット研究. 片塩 幸1, 石原未希子2, 佐々木治一郎3, 早川和重4, 氏家 綸, 近藤まゆみ1, 小沢 香1, 佐藤美紀1, 村上美恵1, 番匠章子1, 久米恵江5 (1看護部, 2呼吸器内, 3新世紀医療・横断的医療, 4放射線 (腫瘍), 5北里研究所病院看護部): 日本放射線腫瘍学会第30回学術大会 (2017/11/18), 大阪, 第30回日本放射線腫瘍学会プログラム抄録 2017/11; O44-5 (電子抄録).

7231015. [学会 (全国)] (ポスター) 転倒転落のケアプラン開示を受けた家族の心理 身体抑制を実施されている患者の家族に焦点をあてて. 藤枝弘子1, 河村真理1, 浅川由希1, 山本未菜1, 白井教子1, 高野春美1 (1看護部): 第12回医療の質・安全学会学術集会 (2017/11/25), 千葉, 医療の質・安全学会誌 2017/10; 12: 310.

7231016. [学会 (全国)] (一般口演) 救命救急看護に従事する看護師のターミナルケア態度の実態調査. 椿美智博1, 伊東由康2 (1看護部, 2関西学院大学大学院): 第37回日本看護科学学会学術集会 (2017/12/16), 仙台, 第37回日本看護科学学会学術集会抄録集 2017/10; p.54.

7231017. [学会 (全国)] (一ポスター) エンゼルケアを行わなくなったことにおける中堅看護師が抱く思い−エンゼルケア未経験でも看取り期のケアの充実を目指して−. 京谷朋子1, 谷口友都1, 伊藤由莉子1, 赤松美幸1, 児玉美由紀1, 山野辺みち子1 (1看護部): 第32回日本がん看護学会学術集会 (2018/2/3), 幕張, 日本がん看護学会誌 2018/1; 32: 196.

7231018. [学会 (全国)] (一般口演) Advance Care Planningにおける看護師の役割についての考察−ACP支援に取り組む看護師の視点や介入に焦点をあてて−. 児玉美由紀1, 岩本純子1, 坂下智珠子1, 近藤まゆみ1 (1看護部): 第32回日本がん看護学会学術集会 (2018/2/3), 幕張, 日本がん看護学会誌 2018/1; 32: 152.

7231019. [学会 (全国)] (ポスター) 進行膵がん患者とその家族の療養体験の変容−看護師とのパートナーシップの過程における相互行為に焦点を当てて−. 千灯登子 (看護部) 第32回日本がん看護学会学術集会 (2018/2/4), 幕張, 日本がん看護学会誌 2018/1; 32: 276.

7231020. [学会 (全国)] (ポスター) 植え込みVAD装着後, 早期にポンプ内血栓を生じた一例. 藤本優希1, 宮島 慧1, 北村 律2, 石井俊輔3, 飯田祐一郎3, 中島節子1 (1看護部, 2心臓血管外, 3循環器内): 第46回人工心臓と補助循環懇話会学術集会 (2018/2/9), 神奈川.

7231021. [学会 (全国)] (一般口演) 看護学部生の臓器提供への態度に関する文献レビュー. 椿美智博1, 小林幹紘2 (1看護部, 2大学院看護学研究科): 第51回日本臨床腎移植学会 (2018/2/15), 神戸, 第51回日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集 2018/2; p.57.

7231022. [学会 (全国)] (一般口演) 小児における潜在的ドナーと臓器提供意思に関する現状と課題. 高橋 恵1, 荒川法子1, 吉田一成2 (1看護部, 2新世紀医療・先端医療): 第51回日本臨床腎移植学会 (2018/2/15), 神戸, 第51回日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集 2018/2; p.61.

7231023. [学会 (全国)] (一般講演) 維持透析施設での療法再選択支援〜腎移植への認識調査〜. 八月朔日佳代, 落合里奈, 野口文乃1, 池田成江2, 高橋浩雄, 吉田一成2,3, 高橋裕一郎 (1看護部, 2泌尿器, 3新世紀医療・先端医療): 第51回日本臨床腎移植学会 (2018/2/15), 神戸.

7231024. [学会 (全国)] (一般口演) 浅い鎮静を目指した取り組み〜フローシートの導入と今後の課題〜. 福士綾佳1, 座光寺達1, 稲沢舞香1, 松田梨沙1, 埜本竜哉1, 長内洋一1, 矢口幸子1, 江川和喜1, 谷 幸一1, 増田正和1 (1看護部): 第45回日本集中治療医学会学術集会 (2018/2/21), 千葉.

7231025. [学会 (全国)] (一般口演) 呼吸ケアの「見える化」を目的とした呼吸ブリーフィングシート導入による効果. 森 拓也1, 松田秀一1, 椿山 徹1, 桐本千恵美1, 増田正和1 (1看護部): 第45回日本集中治療医学会学術集会 (2018/2/21), 千葉.

7231026. [学会 (全国)] (一般口演) RRTスタッフ育成を通じて見えた課題. 内藤亜樹1, 森安恵実1, 齊籐耕平1, 横溝宗子1 (1看護部): 第45回日本集中治療医学会学術集会 (2018/2/21), 千葉.

7231027. [学会 (全国)] (一般口演) ICUにおけるJ-PADガイドラインに基づいた疼痛管理からみる有効性と課題. 山本佳嵩1, 二井優子1, 横溝宗子1, 三枝克磨1, 新井正康2, 中山栄純3 (1看護部, 2麻酔, 3看護学部): 第45回日本集中治療医学会学術集会 (2018/2/21), 千葉.

7231028. [学会 (全国)] (一般口演) 重症救急患者の排便コントロールにおけるプロバイオティクスの効果に関する検討. 堀佐瑛子1, 若生奈津樹1, 志村仁史1, 片岡祐一2, 中屋里沙3, 山本 憲1 (1看護部, 2救命, 3栄養部): 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 (2018/2/22), 神奈川, 日本静脈経腸栄養学会雑誌 2018/1; 33 (suppl): 311.

7231029. [学会 (全国)] (一般口演) 集中治療領域においてリハビリプログラム導入が早期離床に与える影響. 矢口幸子1, 石倉 愛1, 福士綾佳1, 座光寺達1, 稲沢舞香1, 名渡山ひかり1 (1看護部): 第45回日本集中治療医学会学術集会 (2018/2/22), 千葉.

7231030. [学会 (全国)] (一般口演) 気管挿管患者の身体抑制を解除したケースにおける患者要因の調査. 齊藤耕平1, 安重七夏1, 横溝宗子1, 森安恵実2, 濱崎伸明3 (1看護部, 2集中治療センターRST・RRT室, 3リハビリ部): 第45回日本集中治療医学会学術集会 (2018/2/23), 千葉.

7231031. [学会 (全国)] (一般口演) 緊急消化管ストーマ造設をした患者の家族に対するストーマリハビリテーションへの取り組み. 田口真貴1, 小川梨紗1, 江川和喜1, 袴田将嗣1, 増田正和1 (1看護部): 第35回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 (2018/2/24), 北海道, 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌 2018/1; 34 (1): 253.

7231032. [学会 (全国)] (一般口演) A大学病院における排尿自立指導料算定の現状と今後の課題. 袴田将嗣1, 清宮美詠1, 松原康美2, 金子貴恵3, 市川貴文3, 平山貴博4, 岩村正嗣4 (1看護部, 2看護学部, 3リハビリ部, 4泌尿器): 第35回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 (2018/2/24), 北海道, 日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会誌 2018/1; 34 (1): 278.

732151. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 入院後24時間以内の排泄・移動動作自立度アセスメントと在宅復帰率の関連について. 齊藤圭子1, 河野真理1, 帯川 愛1, 水上いづみ1, 平賀よしみ2, 神保武則2, 福田倫也3 (1看護部, 2リハビリ部, 3医療衛生学部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.45.

732152. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 俺の看護〜共に成長し, 共に輝く, 全国の男性看護師〜. 三枝克磨 (看護部): 第3回日本男性看護師会総会 (2018/3/3), 神奈川.

733373. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 非麻酔科医による内視鏡検査・治療の鎮静術前患者評価の取り組み. 石渡謙次1, 田邊 聡2, 川岸加奈1, 魚嶋晴紀1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1, 岸木あゆみ3, 三枝克磨3, 前澤美奈子3, 黒岩政之4, 松田弘美4, 西澤義之4 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3看護部, 4麻酔): 第2回内視鏡検査・周術期管理の標準化に向けた研究会 (日本消化器病学会附置研究会) (2017/5/13), 大阪, Gastroenterological Endoscopy 2017/4; 59: 1162.

733374. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 脳死とされうる状態の可能性がある80歳代症例における臓器提供意思の尊重と抽出の課題. 中島節子1, 高橋 恵1, 荒川法子1, 小越明美1, 片岡祐一2, 海津貴史3, 隈元雄介3, 古田一徳 (1看護部, 2救命, 3一般・小児・肝胆膵外): 第35回日本肝移植研究会 (2017/6/1), 大阪, 移植 2017/11; 52 (4-5): 449.

733375. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 救命救急センターにおける入院時栄養評価方法に関する検討. 矢部紘志1, 太田治世1, 上村由似1, 片岡祐一2, 神 一夢3, 佐藤照子4, 深沢佐恵子4, 中屋里沙4 (1看護部, 2救命, 3薬剤部, 4栄養部): 第4回神奈川急性期栄養管理研究会 (2017/6/17), 神奈川, 日本静脈経腸栄養学会雑誌 2018/1; 33 (suppl): 291.

733376. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 分娩誘発し出生後死亡に至った18トリソミーが疑われた児の一例. 和田紗耶加1, 丸山実里1, 川端房絵1, 長南記志子1, 金井雄二2, 海野信也2 (1看護部, 2産科): 第49回日本分娩監視研究会 (2017/6/24), 東京.

733377. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 夜間想定「飛び込み帝王切開」のシミュレーション実践報告. 石原沙織1, 和田紗耶加1, 小山愛美1, 井本麻衣子1, 尾関久子1, 永嶋瑛子1, 細川幸希2, 服部響子3, 望月純子3 (1看護部, 2麻酔, 3産科): 第3回ALSO-JAPAN学術集会 (2017/8/26), 千葉, 第3回ALSO−JAPAN学術集会プログラム 2017/8; p.10.

733378. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 高齢がん患者の治療後の生活を見据えた意思決定支援. 桑名寿美 (看護部): 第33回北里腫瘍フォーラム (2017/9/1), 神奈川.

733379. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 移植医療支援室の活動の実際〜院内体制整備の取り組み〜. 高橋 恵1, 石井大輔2 (1看護部, 2泌尿器): 第5回全国移植医療支援部門研究会 (2017/9/30), 横浜.

733380. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 重症度・医療・看護必要度における初回評価者の教育実践と成果. 田畑宏子1, 平山智香子1, 國吉智子1, 羽賀 晶1, 渡邉千春1 (1看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.32.

733381. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 急変振り返りが看護師の心理面に与える影響〜当院における急変振り返りの取り組みを通して〜. 長野友紀子1, 谷 幸一1, 桐本千恵美1, 川上大輔1, 横溝育美1, 重信 亮1 (1看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.35.

733382. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 小児関連病棟におけるRST専従者としての支援. 大谷尚也1, 森安恵実1, 伊藤孝子2, 中野幸子3, 新井正康4 (1RST・RRT室, 2PICU, 3NICU, 4新世紀医療・横断的医療): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.36.

733383. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 北里看護研究会における推測統計を用いた研究に関する文献検討. 青蜿G昭1, 三枝克磨1, 山本佳嵩1, 小山明里1, 猪狩遼子1, 高橋康介1, 千木良奈央1, 藤田亮介1, 江田一重1 (1看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.37.

733384. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 蘇生後脳症に陥った患者の家族看護〜チームで行った夫と子供の家族支援を通して〜. 久高美奈1, 山本 憲1, 江川和喜1 (1看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.40.

733385. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 今後の見通しに不安を抱きながら進行肺がんの治療を受ける患者への関わり−M. ニューマン理論に基づく面談通して−. 浅川由希1, 水野佳都美1, 千灯登子1 (1看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.41.

733386. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 人工股関節全置換術後に感染を繰り返す患者の関わり−オレムのセルフケア看護理論を活用して−. 佐藤守彦1, 永井香織1, 白鳥友基1 (1看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.42.

733387. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 上部内視鏡検査部門における検査待ち時間短縮に向けての取り組み. 小澤知美1, 三枝克磨1 (1看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.47.

733388. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) A外来における緩和ケアスクリーニングのシステム構築に向けた取り組み. 野徳汐美1, 内山律子1, 桑名寿美1, 水上いづみ1 (1看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.48.

733389. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) エンゼルケアを行わなくなったことにおける中堅看護師が抱く思い−エンゼルケア未経験でも看取り期のケアの充実を目指して−. 京谷朋子1, 谷口友都1, 伊藤由莉子1, 赤松美幸1, 児玉美由紀1, 山野辺みち子1 (1看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.50.

733390. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 急変振り返りに関する管理者の有用性に対する認識の実態. 重信 亮1, 桐本千恵美1, 谷 幸一1, 長野友紀子1 (1看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.50.

733391. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 倫理原則に基づいた家族支援の検討−家族の思いに看護師が共感できなかった場面を振り返って−. 今井美甫1, 大谷尚也2, 佐藤 翼1 (1看護部, 2RST・RRT室): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.52.

733392. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 救急外来における自死遺族への支援〜自死遺族相談窓口への紹介パンフレット配布の取り組みを通して〜. 井上絢友美1, 長野友紀子1, 横溝育美1 (1看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.53.

733393. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 疎遠であった家族の献体への受容過程までの関わり〜献体について家族と共に考える〜. 井上佑美1, 米山夏実1, 椿美智博1, 横溝育美1, 川上大輔1 (1看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.54.

733394. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 急変に対する教育の取り組み−急変対応と急変予測の2つの視点から−. 古代麻子1, 重信 亮1, 池田幸子1 (1看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.58.

733395. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 病棟所属のがん看護専門看護師ががん患者指導管理料2を算定するための取り組み〜緩和ケア苦痛スクリーニングを活用して〜. 師岡恵子 (看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 神奈川, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.59.

733396. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 既存の固定観念にとらわれず, ゼロベース思考で改定したICU熱傷マニュアル作成の取り組み〜感染管理室など多部門を巻き込んで〜. 糸坪 恵1, 河田愛子1, 君嶋 東1, 谷 幸一1, 増田正和1 (1看護部): 第26回日本熱傷学会関東地方会 (2018/1/20), 東京.

733397. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 血液透析導入の意思決定に関する倫理的ジレンマの一考察〜意思表示のできない患者と積極的治療を望む家族への関わりを通して〜. 金子貴幸1, 菅原美里1, 中島宣昭1, 横山利香1 (1看護部): 平成29年度相模原支部看護研究発表会 (2018/1/29), 神奈川.

733398. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) A病棟における経験学習に基づいたリーダー育成の取り組み〜第一報〜. 青木謙治1, 横山利香1 (1看護部): 平成29年度相模原支部看護研究発表会 (2018/1/29), 神奈川.

733399. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 卵巣癌を合併した妊婦への看護〜出産後のケアに焦点を当てて〜. 宮坂良子1, 若狭晶子1, 長南記志子1, 川端房絵1 (1看護部): 第31回神奈川母性衛生学会総会ならびに学術集会 (2018/2/17), 神奈川, 神奈川母性衛生学会誌 2018/2; 21 (1): 72.

733400. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) HIV感染症感患者の看護. 加藤 笑 (看護部): 第20回腎不全チーム医療研究会 (2017/2/23), 神奈川.

733401. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) A大学病院における就労支援専門家の相談につながった経緯の分析−社会保険労務士とハローワーク相談員への相談を振り返って−. 近藤まゆみ1, 児玉美由紀1, 岩本純子1, 前田景子2, 早坂由美子2 (1看護部, 2トータルサポートセンター): 第7回がん相談研究会 (2018/3/3), 東京.

733402. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ICU看護師がRapidResponseTeam (RRT) の一員として活動する意義. 内藤亜樹1, 齊籐耕平1, 宮島智慧1, 横溝宗子1 (1看護部): 日本医療マネジメント学会第17回神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 神奈川.

733403. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 適正な時間外勤務申請に向けての取り組み〜時間外勤務の申請方法を変更したことでみえてきたこと〜. 宮島 慧1, 横溝宗子1 (1看護部): 日本医療マネジメント学会第17回神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 神奈川.

733404. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 夜間救急外来を受診する患者に対する患者対応支援会議の取り組み. 長野友紀子1, 青山直善2, 中村元美3, 左右田哲4, 青木理美4, 川谷弘子4, 渡辺洋子1, 横溝育美1 (1看護部, 2総合診療, 3精神, 4医療支援部): 日本医療マネジメント学会第17回神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 神奈川.

733405. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 急性期病院におけるリハビリ専任看護師の役割: 第2報. 齊藤圭子1, 河野真理1, 帯川 愛1, 水上いづみ1, 平賀よしみ2, 神保武則2, 福田倫也3 (1看護部, 2リハビリ部, 3医療衛生学部): 日本医療マネジメント学会第17回神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 神奈川.

733406. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 言葉の本質を掴み, 意識の拡張を目指した看護介入〜看護師と患者との相互作用のあり方〜. 名渡山ひかり (看護部): 日本医療マネジメント学会第17回神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 神奈川.

733407. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 看護チームで取り組む労働時間の適正化. 吉原千恵1, 芳賀千絵1, 相澤れいか1, 早野久美子1, 吉田秀美1 (1看護部): 日本医療マネジメント学会第17回神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 神奈川.

H28年度以前分

[学術論文]

H28-522005. [講座] 高度実践看護師の活用と今後の期待. 別府千恵1, 田村恵子2 (1看護部, 2京都大学大学院医学研究科): 日本CNS看護学会誌 2016/11; 2: 17-23.

H28-522006. [講座] 時代の要請に応える看護学教育の探索 大学病院と学部のコラボレーションによる看護教育の現状と課題. 別府千恵 (看護部): 北里看護学誌 2017/3; 19 (1): 38-41.


臨床検査部

[学術論文]

110328. [原著] Detection of nystagmus in the eye-closed condition using electronystagmography. Obata S1, Suzuki J2, Murayama M2, Shimokawa N2, Ishii N3, Munekata S1, Nganuma H4, Kanoh Y5: Kitasato Med J 2017/9; 47 (2): 105-9. (小幡 進1, 鈴木淳子2, 村山真弓2, 下河ナオミ2, 石井直仁3, 棟方伸一1, 長沼英明4, 狩野有作5: 1臨検部, 2東病院臨検部, 3医療衛生学部, 4新世紀医療・先端医療, 5臨検学)

110329. [原著] Evaluation of In Vitro Antiamoebic Activity of Antimicrobial Agents Against Clinical Acanthamoeba Isolates. Nakaminami H, Tanuma K, Enomoto K, Yoshimura Y, Onuki T1, Nihonyanagi S1,2, Hamada Y, Noguchi N: J Ocul Pharmacol Ther 201710; 33 (8): 629-34. (小貫智世1, 二本柳伸1,2: 1臨検部, 2感染管理室)

120055. [原著] Dimensionタクロリムス試薬 (TAC) の改善点および新たな注意点−低濃度域における精密性とEDTAの影響−. 土筆智晶1, 勝又美波1, 青柳ひとみ1, 内田一弘1, 棟方伸一1, 石井直仁2, 片桐真人2, 狩野有作1,3 (1臨検部, 2医療衛生学部, 3臨検学): 医学検査 2017/5; 66 (3): 242-7.

120056. [原著] 全自動化学発光酵素免疫測定システム「ルミパルスL2400」の基礎的性能評価. 小山紘子1, 土筆智晶1, 岡田由紀1, 藤村善行1, 中崎広子1, 内田一弘1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): 日本臨床検査自動化学会会誌 2017/11; 42 (5): 644-51.

310036. [症例報告] Evoked potential studies for predicting functional recovery in a case of acute necrotizing encephalopathy. Onozawa Y1, Iwasaki T2, Iizuka T3, Nonoda Y2, Toki T2, Obata S1, Munekata S1, Kanoh Y1,4: Clin Case Rep. 2018/3; 6 (5): 813-6. (小野澤裕也1, 岩崎俊之2, 飯塚高浩3, 野々田豊2, 土岐 平2, 小幡 進1, 棟方伸一1, 狩野有作1,4: 1臨検部, 2小児, 3神経内, 4臨検学)

320051. [症例報告] 慢性中耳炎患者の耳漏よりMycobacterium abscessus complexを検出した1例. 藤村裕美1, 二本柳伸1, 小幡 進1, 安達 譲1, 棟方伸一1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): 医学検査 2018/3; 67 (2): 243-8.

[著 書]

620154. [学術書 (共著)]【臨床脳波検査スキルアップ 第2版】所司睦文1, 小野澤裕也2 (1九州保健福祉大学, 2臨検部), 金原出版, 東京, 2017/9発行.

[学会・研究会等]

7231033. [学会 (全国)] (一般講演) 血液培養検査で同時にSalmonella TyphiとSalmonella Paratyphi Aを検出した1例. 安達 譲1, 小貫智世1, 二本柳伸2, 和田達彦3, 高山陽子4 (1臨検部, 2感染管理室, 3膠原病・感染内, 4新世紀医療・横断的医療): 第91回日本感染症学会総会・学術講演会/第65回日本化学療法学会学術集会 合同学会 (2017/4/8), 東京.

7231034. [学会 (全国)] (一般講演) 甲状腺に発症したメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の一症例について. 宇治橋善勝1, 中西久幸1, 藤井 滋1, 鈴木政子1, 工藤令良1, 柳原美智子1, 槇田喜之1, 棟方伸一1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): 日本超音波医学会第90回学術集会・日本乳腺甲状腺超音波医学会第38回学術集会 (JABTS38) (2017/5/27), 宇都宮, 乳腺甲状腺超音波医学 2017/4; 6 (2): 109.

7231035. [学会 (全国)] (一般講演) 自動赤血球沈降速度測定装置 ROLLER20PNの基礎的検討. 高橋真央1, 上原由佳理1, 中西 薫1, 阿部有香1, 内田一弘1, 棟方伸一1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): 第66回日本医学検査学会 (2017/6/18), 千葉, 医学検査学会誌 2017; 66 (別冊): (WEB ONLY).

7231036. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院におけるCREとCPEの検出状況および耐性遺伝子解析について. 安達 譲1, 二本柳伸1,2, 小貫智世1, 内田芳江1, 中崎信彦1, 櫻井慶造1, 棟方伸一1, 狩野有作1,3 (1臨検部, 2感染管理室, 3臨検学): 第66回日本医学検査学会 (2017/6/17-18), 千葉.

7231037. [学会 (全国)] (一般講演) 不規則抗体スクリーニング検査 (酵素法) 陽性時の運用方法変更による効果検証. 正木杏奈1, 田部裕二1, 岩切文子1, 山辺晴美1, 小本美奈1, 高野波留美1, 内田一弘1, 大谷慎一2, 宮桃_二2 (1輸血部, 2輸血・細胞移植): 第65回日本輸血・細胞治療学会総会 (2017/6/22), 千葉, 日本輸血細胞治療学会誌 2017/6; 63 (3): 465.

7231038. [学会 (全国)] (一般講演) Dダイマー/FDP比を用いた非特異反応検出ロジックの検討. 上原由佳理1, 佐久間敦子1, 中西 薫1, 阿部有香1, 内田一弘1, 棟方伸一1, 宮桃_二2, 狩野有作1,3 (1臨検部, 2輸血・細胞移植, 3臨検学): 第18回日本検査血液学会学術集会 (2017/7/22), 北海道, 日本検査血液学会誌 2017/6; 18 (学術集会号): S193.

7231039. [学会 (全国)] (一般講演) 腎症発症前の糖尿病ラット腎皮質におけるオートファジーに対する酸化ストレスの影響. 市岡匡睦1, 井本明美1,2, 黒崎祥史1,2, 土筆智晶3, 小幡 進3, 鈴木英明4, 横場正典1,2, 小寺義男5, 池永秀樹6, 竹中恒夫7, 市川尊文1,2, 片桐真人1,2, 石井直仁1,2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3臨検部, 4北里大学保健衛生専門学院, 5理学部, 6池永腎内科クリニック, 7国際医療福祉大学山王病院): 第57回日本臨床化学会年次学術集会 (2017/10/7), 札幌, 臨床化学 2017/9; 46 (suppl 1): 200.

7231040. [学会 (全国)] (一般講演) 腎症発症前の糖尿病ラットにおけるオートファジーによる腎機能保護について. 市岡匡睦1, 井本明美1,2, 黒崎祥史1,2, 土筆智晶3, 小幡 進3, 鈴木英明4, 竹中恒夫5, 片桐真人1,2, 市川尊文1,2, 石井直仁1,2 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3臨検部, 4北里大学保健衛生専門学院, 5国際医療福祉大学山王病院): 第57回日本臨床化学会年次学術集会 (2017/10/7), 札幌, 臨床化学 2017/9; 46 (suppl 1): 257.

7231041. [学会 (全国)] (一般講演) ルミパルスプレストPIVKA3-Nエーザイ測定試薬の基礎的検討と溶血血清における測定値への影響の検討. 篠原亮太1, 土筆智晶1, 藤村善行1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): 第57回日本臨床化学会年次学術集会 (2017/10/7), 札幌, 臨床化学 2017/9; 46 (suppl 1): 269.

7231042. [学会 (全国)] (一般講演) PIVKA-II測定におけるトロンビンの影響 高速凝固管採血管およびα-Thrombinを用いて. 土筆智晶1, 篠原亮太1, 藤村善行1, 内田一弘1, 石井直仁2, 片桐真人2, 狩野有作1,3 (1臨検部, 2医療衛生学部, 3臨検学): 第57回日本臨床化学会年次学術集会 (2017/10/7), 札幌, 臨床化学 2017/9; 46 (suppl 1): 269.

7231043. [学会 (全国)] (一般講演) MGB-Probe法を用いたレーベル病のミトコンドリア遺伝子検査の有用性について. 櫻井慶造1, 安本龍馬1, 棟方伸一1, 石川 均2, 新井梨衣那3, 狩野有作3 (1臨検部, 2医療衛生学部, 3臨検学): 第64回日本臨床検査医学会学術集会 (2017/11/17), 京都, 第64回日本臨床検査医学会抄録 2017/11; p.1.

7231044. [学会 (全国)] (一般講演) 血中アルコール濃度測定における消毒用アルコールの混入が測定値に与える影響. 篠原亮太1, 土筆智晶1, 新井梨衣那2, 狩野有作2 (1臨検部, 2臨検学): 第64回日本臨床検査医学会学術集会 (2017/11/18), 京都, 臨床病理 2017/10; 65 (suppl): 193.

733408. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学病院における血液培養検査から分離した酵母様真菌の解析. 金木 遥1, 二本柳伸1,2, 安達 譲1, 小貫智世1, 中崎信彦1, 狩野有作1,3, 久米 光4 (1臨検部, 2感染管理室, 3臨検学, 4薬学部): 第66回神奈川医真菌研究会 (2017/6/24), 神奈川.

733409. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 血液培養検査から分離した酵母様真菌の検出状況と薬剤感受性〜腫瘍疾患患者群と非腫瘍疾患患者群との比較〜. 金木 遥1, 二本柳伸1,2, 安達 譲1, 小貫智世1, 中崎信彦1, 和田達彦2,3, 高山陽子2,4, 狩野有作1,5, 久米 光6 (1臨検部, 2感染管理室, 3膠原病・感染内科学, 4新世紀医療・横断的医療, 5臨検学, 6薬学部): 第34回北里腫瘍フォーラム (2018/2/23), 神奈川.

733410. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 新組成VCMウェル搭載マイクロスキャンPos Combo 3.1Jパネルの性能評価について. 安達 譲1,2, 中崎信彦1, 二本柳伸2,3 (1臨検部, 2北里生命科学研究所感染制御研究センター, 3感染管理室): MRSAフォーラム2017 (2017/7/15), 東京.

733411. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 結核菌群による壊死性筋膜炎の1例. 小貫智世1, 二本柳伸1,2, 安本龍馬1, 安達 譲1, 笠井杏子1, 中崎信彦1, 棟方伸一1, 和田達彦2,3, 高山陽子2,4, 狩野有作1,5 (1臨検部, 2感染管理室, 3膠原病・感染内, 4新世紀医療・横断的医療, 5臨検学): 第82回神奈川県感染症医学会 (2017/9/2), 神奈川.


放射線部

[学術論文]

110330. [原著] Influence of the Magnetic Field Strength on Image Contrast in Gd-EOB-DTPA-enhanced MR Imaging: Comparison between 1.5T and 3.0T. Hata H1, Inoue Y2, Nakajima A1, Komi S1, Miyatake H1: Magn Reson Med Sci 2017/4; 16 (2): 109-14. (秦 博文1, 井上優介2, 中嶋 藍1, 小見正太郎1, 宮武比呂樹1: 1放射線部, 2放射線 (画像))

110331. [原著] Reliability of 3D arterial spin labeling MR perfusion measurements: The effects of imaging parameters, scanner model, and field strength. Tanaka Y1, Inoue Y2, Abe Y1, Miyatake H1, Hata H1: Clin Imaging 2018/3; 52: 23-7. (田中禎人1, 井上優介2, 阿部 豊1, 宮武比呂樹1, 秦 博文1: 1放射線部, 2放射線 (画像))

220007. [準原著]【臨床技術】ドパミントランスポータシンチグラフィにおけるSBR 算出のための参照領域決定法の検討. 渡邉あゆみ1, 井上優介2, 浅野雄二2, 菊池 敬1, 宮武比呂樹1, 徳重尊宣1 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 日本放射線技術学会誌 2017/4; 73 (4): 291-7.

[学会・研究会等]

722297. [学会 (全国)] (シンポジウム)【匠の技2: 匠の技 惜しげもなく大公開!のコーナー】下肢血管. 秦 博文 (放射線部): 第45回日本磁気共鳴医学会大会 (2017/9/16), 栃木, 日本磁気共鳴医学会雑誌 2017; 37 (Supp 1): 49.

722298. [学会 (全国)] (シンポジウム)【ドーズキャリブレータの品質管理】マニュアル発刊前後の日常点検記録. 渡邉篤史 (放射線部): 第37回日本核医学技術学会総会学術大会 (2017/10/5), 横浜, 日本核医学技術学会誌 2017; 37 (Suppl): 435.

7231045. [学会 (全国)] (ポスター) Compressed sensing技術を応用した新規画像再構成法: 頸椎MRIによる検討. 高藤優輝1, 秦 博文1, 井上優介2, 小見正太郎1, 中嶋 藍1 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 第45回日本磁気共鳴医学会大会 (2017/9/15), 栃木, 日本磁気共鳴医学会雑誌 2017; 37 (Suppl): 356.

7231046. [学会 (全国)] (一般口演) 上肢挙上の有無がPET/CTにおけるCT撮影時の線量変調に及ぼす影響について. 工藤寛子1, 永原和憲1, 伊藤寛泰1, 塙 宏典1, 坂野由佳1, 菊池 敬1, 井上優介2 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 第37回日本核医学技術学会総会学術大会 (2017/10/6), 横浜, 日本核医学技術学会誌 2017; 37 (Suppl): 480.

7231047. [学会 (全国)] (一般口演) PET/CTにおける撮影時の位置決め画像が線量変調に及ぼす影響について. 永原和憲1, 工藤寛子1, 伊藤寛泰1, 塙 宏典1, 坂野由佳1, 菊池 敬1, 井上優介2 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 第37回日本核医学技術学会総会学術大会 (2017/10/6), 横浜, 日本核医学技術学会誌 2017; 37 (Suppl): 480.

7231048. [学会 (全国)] (一般口演) 137Cs標準線源を用いたドーズキャリブレータの精度管理の有用性の検討. 渡邉篤史1, 菊池 敬1, 宮武比呂樹1, 阿部 豊1, 井上優介2 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 第37回日本核医学技術学会総会学術大会 (2017/10/6), 横浜, 日本核医学技術学会誌 2017; 37 (Suppl): 481.

7231049. [学会 (全国)] (一般口演) Na-22点状線によるPET装置感度の日内変動. 宮武比呂樹1, 長谷川智之1, 阿部 豊1, 菊池 敬1, 井上優介2 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 第37回日本核医学技術学会総会学術大会 (2017/10/6), 横浜, 日本核医学技術学会誌 2017; 37 (Suppl): 481.

7231050. [学会 (全国)] (一般口演) ドーズキャリブレータを用いた放射能測定に対する容器の影響. 阿部 豊1, 宮武比呂樹1, 渡邉篤史1, 菊池 敬1, 井上優介2 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 第37回日本核医学技術学会総会学術大会 (2017/10/6), 横浜, 日本核医学技術学会誌 2017; 37 (Suppl): 481.

7231051. [学会 (全国)] (一般口演) トレーサブル68Ge/68Ga点状線源を用いるPET装置の校正法. 小山翔司1, 長谷川智之1, 井上優介2, 菊池 敬1, 宮武比呂樹1, 我妻 慧1, 宮司典明1, 渡部浩司1, 志田原美保1, 四月朔日聖一1, 津田啓介1, 村松禎久1, 柳澤かおり1, 和田康弘1, 織田圭一1, 佐藤 泰1 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 第37回日本核医学技術学会総会学術大会 (2017/10/5-7), 横浜, 核医学技術 2017/9; 37: 481.

7231052. [学会 (全国)] (一般口演) 肺がんCT検診における位置決め画像方向がCT-AECの挙動に与える影響の検討. 坂野由佳1, 伊藤寛泰1, 塙 宏典1, 井上優介2 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 第45回日本放射線技術学会秋季学術大会 (2017/10/20), 広島, 日本放射線技術学会雑誌 2017; 73 (9): 852.

7231053. [学会 (全国)] (ポスター) 頭部CTAにおける脳血液循環量を考慮した脳動脈瘤及び末梢血管の描出能の検討. 轟 辰也1, 原 秀剛2, 佐藤 誠1, 水上慎也2, 中嶋 藍1, 十亀 彩2 (1放射線部, 2医療衛生学部): 第45回日本放射線技術学会秋季学術大会 (2017/10/20), 広島, 日本放射線技術学会雑誌 2017; 73 (9): 925.

7231054. [学会 (全国)] (ポスター) 肺がんCT検診における異なるCT-AECソフトウェアの挙動が画質に与える影響. 伊藤寛泰1, 坂野由佳1, 塙 宏典1, 井上優介2 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 第45回日本放射線技術学会秋季学術大会 (2017/10/20), 広島, 日本放射線技術学会雑誌 2017; 73 (9): 953.

733412. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ドーズキャリブレータを用いた放射能測定に対する容器の影響: 多核種での検討. 高橋慶太1, 阿部 豊1, 宮武比呂樹1, 渡邉篤史1, 菊池 敬1, 井上優介2 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 第34回日本核医学技術学会関東地方会総会 (2017/5/13), 東京, 核医学 2017; p.13.

733413. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 高線量率組織内照射でのフィルム検証の基礎検討. 寺崎剛史1, 渡邊祐介2, 野田茂利1, 石上 稔1, 首藤宣昭1, 石山博條3, 佐藤威文4, 早川和重3 (1放射線部, 2医療衛生学部, 3放射線 (腫瘍), 4泌尿器): 第62回横浜放射線治療懇話会 (2017/7/3), 横浜.

733414. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 137Cs標準線源を用いたドーズキャリブレータの精度管理. 宮武比呂樹1, 渡邉篤史1, 阿部 豊1, 井上優介2 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 第87回日本核医学会関東甲信越地方会 (2017/7/8), 東京, 第87回日本核医学会関東甲信越地方会 2017; 51 (1 Suppl): 646.

733415. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 位置決め画像の撮影条件がCT-AECの挙動に与える影響. 末廣直樹1, 伊藤寛泰1, 塙 宏典1 (1放射線部): 日本放射線技術学会第64回関東支部研究発表大会 (2017/12/9), 山梨, 第64回関東支部研究発表大会抄録集 2017; p.53.

733416. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 胸部デュアルエネルギーサブトラクションにおける至適管電圧の検討. 稲田龍司1, 関 将志1, 高松太郎1, 山嵜雅史1, 山下亮佑1 (1放射線部): 日本放射線技術学会第64回関東支部研究発表大会 (2017/12/9), 山梨, 第64回関東支部研究発表大会抄録集 2017; p.59.

733417. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 非血管IVRでの術者被ばく低減の検討. 山下亮佑1, 関 将志1, 稲田龍司1, 高松太郎1, 山嵜雅史1 (1放射線部): 日本放射線技術学会第64回関東支部研究発表大会 (2017/12/9), 山梨, 第64回関東支部研究発表大会抄録集 2017; p.64.

733418. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 放射線治療におけるタオル等の有無による表面線量の変化の検討. 山本彩織1, 石上 稔1, 寺崎剛史1, 山本和正1, 首藤宣昭1 (1放射線部): 日本放射線技術学会第64回関東支部研究発表大会 (2017/12/9), 山梨, 第64回関東支部研究発表大会抄録集 2017; p.69.

733419. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 骨SPECT撮像におけるContinuous収集とStep and Shoot収集の比較: ファントムを用いた基礎的検討. 坂野由佳1, 阿部 豊1, 宮武比呂樹1, 渡邉篤史1, 菊池 敬1, 井上優介2 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 第88回日本核医学会関東甲信越地方会 (2018/1/27), 東京, 第88回日本核医学会関東甲信越地方会 2018; 55 (1 Suppl): 27.

733420. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 当院におけるX線CT検査における放射線量管理の活用, 工夫について. 早川直道1, 塙 宏典1, 轟 辰也1, 永原和憲1, 井上優介2, 鈴木直二1 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 日本医療マネジメント学会第17回神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 神奈川.

733421. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ポータブル撮影業務における手指衛生実施率向上の検討. 猿井雄介1, 神宮寺公二1, 高城由美子2, 島宗麻美1, 中嶋規容1, 常木武士1, 塚野 優1 (1放射線部, 2感染管理室): 日本医療マネジメント学会第17回神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 神奈川.


薬剤部

[学術論文]

110332. [原著] Effects of resistant dextrin for weight loss in overweight adults: a systematic review with a meta-analysis of randomized controlled trials. Mukai J1, Tsuge Y1, Yamada M1, Otori K1, Atsuda K1,2: J Pharm Health Care Sci 2017/5; 3: 15. (向井潤一1, 柘植勇大1, 山田路子1, 尾鳥勝也1, 厚田幸一郎1,2: 1薬学部, 2薬剤部)

110333. [原著] Predisposing Factors for Chemotherapy-induced Nephrotoxicity in Patients with Advanced Esophageal Cancer Who Received Combination Chemotherapy with Docetaxel, Cisplatin, and 5-fluorouracil. Mohri J1,2, Katada C3, Ueda M2, Sugawara M2, Yamashita K4, Moriya H4, Komori S5, Hayakawa K5, Koizumi W3, Atsuda K1,2: J Transl Int Med 2018/3; 6 (1): 32-7. (毛利順一1,2, 堅田親利3, 植田茉梨絵2, 菅原充広2, 山下継史4, 森谷宏光4, 小森承子5, 早川和重5, 小泉和三郎3, 厚田幸一郎1,2: 1薬学部, 2薬剤部, 3消化器内, 4上部消化管外, 5放射線 (腫瘍))

110334. [原著] Pharmacokinetics and Pharmacodynamics of a Single Dose of Scopolamine Ointment Applied to the Postauricular Area in Healthy Subjects. Maeda M1, Fujita T, Amano H2, Kohara H3, Yamazaki A, Hirayama T3, Kuroyama M3, Ogino M, Nagashima K, Akutsu T4, Nishiyama K4, Kumagai Y5: Jpn J Clin Pharmacol Ther 2018/3; 49 (2): 53-8. (前田実花1, 天野英樹2, 小原美江3, 平山武司3, 黒山政一3, 阿久津二夫4, 西山和利4, 熊谷雄治5: 1薬剤部, 2薬理, 3東病院薬剤部, 4神経内, 5臨床研究・企画/プロジェクト)

120057. [原著] ビルダグリプチンによる肝障害の危険因子の解明に向けたパイロット研究. 朝倉充俊1, 毛利順一1,2, 稲野 寛2, 金子真之1, 藤原亮一1, 成川 衛1伊藤智夫1, 厚田幸一郎1,2 (1薬学部, 2薬剤部): くすりと糖尿病 2017/7; 6 (1): 72-80.

120058. [原著] 三環系抗うつ薬アミトリプチリンを用いた含嗽水の耐用濃度の検討−健康人を対象とした単盲検かつ探索的研究−. 佐々木寿子1, 江口智子1, 国分秀也2, 厚田幸一郎1,3 (1薬剤部, 2東京薬科大学薬学部, 3薬学部): 日本緩和医療薬学雑誌 2018/3; 11 (1): 13-8.

522203. [講座]【特集: 糖尿病を有する慢性腎臓病患者のマネジメント】III. 糖尿病合併腎障害に対する血糖コントロール各論 腎障害時における血糖降下薬の注意点. 勝呂美香1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 月刊糖尿病 2017/10; 9 (11): 77-86.

[著 書]

620155. [学術書 (分担執筆)]【薬剤師のための感染制御マニュアル第4版】第5章 感染対策の実際 8 注射薬の無菌調製−輸液調製のポイント−, p.404-10. 平山武司1, 黒山政一2, 他 (1薬剤部, 2東病院薬剤部), 監修: 一般社団法人日本病院薬剤師会, 薬事日報社, 東京, 2017/4発行.

620156. [学術書 (監修・分担執筆]【病気と薬物療法 循環器疾患・救急医療/血液疾患】救急医療編, p.125-53. 近藤留美子1, 小松敏彰1 (1薬剤部), 監修: 厚田幸一郎1,2 (2薬学部), 共編: 久保田理恵2, 前田定秋, オーム社, 東京, 2017/6発行.

620157. [学術書 (分担執筆)]【在宅医療Q&A 平成29年版】服薬支援と多職種協働・連携のポイント, p.192-223. 平山武司1, 黒山政一2, 他 (1薬剤部, 2東病院薬剤部), 監修: 日本薬剤師会, 編: じほう, じほう, 東京, 2017/8発行.

620158. [学術書 (編集)]【糖尿病の薬学管理必携 糖尿病薬物療法認定薬剤師ガイドブック】監修: 清野 裕, 杉山雄一, 門脇 孝, 南條輝志男, 編: 日本くすりと糖尿病学会 [厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部)], じほう 東京, 2017/11発行.

620159. [学術書 (分担執筆)]【この患者・この症例にいちばん適切な薬剤が選べる 同効薬比較ガイド1 第2版】5. 抗てんかん薬, p.63-80. 前田実花1, 黒山政一2 (1薬剤部, 2東病院薬剤部), 編集代表: 黒山政一2, 編: 明石貴雄, 厚田幸一郎1, 片山志郎, 高橋美由紀, 平山武司1, じほう, 東京, 2017/12発行.

620160. [学術書 (分担執筆)]【Pocket Drugs 2018】代謝拮抗薬, p.476-88. 岡本恵美子1, 小泉和三郎2 (1薬剤部, 2消化器内), 監修: 福井次矢, 編: 小松康宏, 渡邉裕司, 医学書院, 東京, 2018/1発行.

620161. [学術書 (分担執筆)]【治療藥ハンドブック2018 薬剤選択と処方のポイント】糖尿病治療薬, 脂質異常症治療薬, 高尿酸血症・痛風治療薬, p.653-78. 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部), 監修: 高久史麿, 編集: 堀 正二, 菅野健太郎, じほう, 東京, 2018/1発行.

620162. [学術書 (分担執筆)]【今日の治療指針 2018年版】2型糖尿病, 1型糖尿病, p.703-8. 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部), 総編集: 福井次矢, 高木 誠, 小室一成, 赤司浩一, 医学書院, 東京, 2018/1発行.

620163. [学術書 (監修)]【病気と薬物療法 呼吸器疾患/免疫疾患】監修: 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部), 共編: 伊東明彦, 尾鳥勝也2, オーム社, 東京, 2018/2発行.

620164. [学術書 (監修)]【病気と薬物療法 泌尿器・生殖器疾患/感覚器疾患】監修: 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部), 共編: 伊東明彦, 久保田理恵2, 松原 肇2, オーム社, 東京, 2018/3発行.

620165. [学術書 (編集)]【−わかりやすい薬剤情報提供のための−写真付/服薬指導 CD-ROM 2018年3月版】編: 厚田 幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部), 他 じほう, 東京, 2018/3発行.

[学会・研究会等]

722299. [学会 (全国)] (シンポジウム)【シンポジウム5: 手術患者の安全性を高める薬剤師業務の標準化を目指して】術後患者における薬学的管理〜チームで取り組む術後静脈血栓塞栓症管理〜. 冨澤 淳 (薬剤部): 第27回日本医療薬学会年会 (2017/11/3), 幕張, 日本医療薬学会第27回年会要旨 2017/11; web.

722300. [学会 (全国)] (招待講演等) 救命救急センターICUにおける低リン血症の調査. 斎藤貴洋1, 神 一夢1, 寺松洋美1, 奥脇達也1, 片岡祐一2, 厚田幸一郎1 (1薬剤部, 2救命): 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 (2018/2/22), 横浜.

7231055. [学会 (全国)] (一般講演) 真菌症の基礎と臨床 カンジダ菌血症治療におけるAntimicrobial Stewardship Team介入効果の検討. 大川原裕樹1, 二本柳伸2, 和田達彦3, 高山陽子4, 厚田幸一郎1 (1薬剤部, 2感染管理室, 3膠原病・感染内, 4新世紀医療・横断的医療): 第65回日本化学療法学会学術集会 (2017/4/6-8), 東京.

7231056. [学会 (全国)] (一般口演) 重症外傷症例における静脈血栓塞栓症予防的抗凝固薬の適正使用. 冨澤 淳1, 丸橋孝昭2, 服部 潤2, 寺松洋美1, 齊藤貴洋1, 神 一夢1, 小林昌宏1, 近藤留美子1, 片岡祐一2, 浅利 靖2, 厚田幸一郎1,3 (1薬剤部, 2救命, 3薬学部): 第20回日本臨床救急医学会総会・学術集会 (2017/5/27), 有明, 日本臨床救急医学会誌 2017; 20: 143.

7231057. [学会 (全国)] (ポスター) オキシコドンからタペンタドールへオピオイドスイッチングした際にせん妄を起こした1例. 本間雅士1, 国分秀也1, 堅田親利2, 奥脇興介2, 小泉和三郎2, 厚田幸一郎1,3 (1薬剤部, 2消化器内, 3薬学部 ): 第11回日本緩和医療薬学会年会 (2017/6/3), 札幌, 第11回日本緩和医療薬学会年会プログラム・要旨集 2017/6; p.212.

7231058. [学会 (全国)] (ポスター) 観血的処置予定患者に対する外来薬剤師の休薬管理指導の有用性に関する検討. 石井希美1, 赤嶺聡彦1, 田村和敬1, 小林昌宏1,2, 小川幸雄1, 近藤留美子1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 医療薬学フォーラム2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム (2017/7/1), 鹿児島. 医療薬学フォーラム2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム要旨 2017/6; p.203.

7231059. [学会 (全国)] (ポスター) 手術中の術後感染予防抗菌薬誤投与のリスク低減に対する取り組み. 奥脇達也1, 神 一夢1, 冨澤 淳1, 小林昌宏1,2, 本間雅士1, 近藤留美子1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 医療薬学フォーラム2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム (2017/7/1), 鹿児島, 医療薬学フォーラム2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム要旨 2017/6; p.216.

7231060. [学会 (全国)] (ポスター) 糖尿病患者における特定保健用食品の使用要因の検討. 島田佳織1, 向井潤一1, 金森 晃1, 平塚優加2, 尾鳥勝也1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 医療薬学フォーラム 2017・第25回クリニカルファーマシーシンポジウム (2017/7/3), 鹿児島, 医療薬学フォーラム2017/第25回クリニカルファーマシーシンポジウム要旨 2017/6; p.253.

7231061. [学会 (全国)] (ポスター) 薬学部病院実務実習におけるチーム基盤型学習 (TBL) の導入: バンコマイシンのTDM. 小林昌宏1,2, 中山萌美1, 田中 怜1, 春日井公美1, 毛利順一1, 平山武司1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): MRSAフォーラム2017 (2017/7/15), 新宿.

7231062. [学会 (全国)] (ポスター) Risk factors for neutropenia during gemcitabine and nanoparticle albumin-bound paclitaxel combination chemotherapy. 米山大志1, 佐々木寿子1, 菅原充広1, 佐々木冶一郎2, 厚田幸一郎1,3 (1薬剤部, 2新世紀医療・横断的医療, 3薬学部): 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2017/7/29), 神戸, 第15回日本臨床腫瘍学会学術集会PROGRAM 2017/7; p.261.

7231063. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院・北里大学東病院における改訂コアカリ実務実習へ向けての検討その1−平成31年度改訂コアカリ実施に向けて−. 田中 怜1,2, 毛利順一1,2, 春日井公美1,2, 中山萌美1,2, 飛田夕紀1,3, 川野千尋1,3, 小林昌宏1,2, 平山武司1,2, 黒山政一1,3, 厚田幸一郎1,2 (1薬学部, 2薬剤部, 3東病院薬剤部): 第2回日本薬学教育学会大会 (2017/9/2-3), 名古屋, 第2回日本薬学教育学会大会講演要旨集 2017/8; p.150.

7231064. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院・北里大学東病院における改訂コアカリ実務実習へ向けての検討その2−病棟実習における代表的8疾患の実施状況−. 春日井公美1,2, 毛利順一1,2, 田中 怜1,2, 中山萌美1,2, 飛田夕紀1,3, 川野千尋1,3, 小林昌宏1,2, 平山武司1,2, 黒山政一1,3, 厚田幸一郎1,2 (1薬学部, 2薬剤部, 3東病院薬剤部): 第2回日本薬学教育学会大会 (2017/9/2-3), 名古屋, 第2回日本薬学教育学会大会講演要旨集 2017/8; p.151.

7231065. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院・北里大学東病院における改訂コアカリ実務実習へ向けての検討その3−病院実務実習における他職種講義実施の意義−. 中山萌美1,2, 毛利順一1,2, 春日井公美1,2, 田中 怜1,2, 荒井有美3, 近藤閲子4, 飛田夕紀1,5, 川野千尋1,5, 小林昌宏1,2, 平山武司1,2, 黒山政一1,5, 厚田幸一郎1,2 (1薬学部, 2薬剤部, 3医療の質・安全推進室, 4栄養部, 5東病院薬剤部): 第2回日本薬学教育学会大会 (2017/9/2-3), 名古屋, 第2回日本薬学教育学会大会講演要旨集 2017/8; p.151.

7231066. [学会 (全国)] (ポスター) 漢方薬中の生薬成分に関する研究 (5) オウゴン配合漢方薬中のバイカリン量. 社本典子1, 椎  崇1,2, 黒田明平1, 三巻祥浩1 (1東京薬科大学薬学部, 2薬剤部): 日本生薬学会第64回年会 (2017/9/9), 船橋, 日本生薬学会第64回年会要旨 2017/9; p.201.

7231067. [学会 (全国)] (ポスター) 糖尿病週間行事におけるチーム医療と薬剤師の関わり. 足立 薫1, 富田美香1, 稲野 寛1, 花島玲子1, 平塚優加1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 第6回日本くすりと糖尿病学会学術集会 (2017/9/18), 品川, 第6回日本くすりと糖尿病学会学術集会要旨 2017/9; p.171.

7231068. [学会 (全国)] (一般口演) ジゴキシンのノモグラムの有用性に関する検討. 小松敏彰1, 小泉朱乃1, 猪又孝元2, 阿古潤哉2, 厚田幸一郎3 (1薬剤部, 2循環器内, 3薬学部): 第34回日本TDM学会・学術大会 (2017/9/23), 京都, TDM研究 2018; 34 (3): 118.

7231069. [学会 (全国)] (ポスター) 成人Still病合併母体より出生し血球貪食性リンパ組織球症を発症した早産・低出生体重児においてシクロスポリンの血中濃度管理を行った1例. 小川隆弘1, 冨澤 淳1, 小林昌宏1,2, 近藤留美子1, 緒方昌平3, 山口綾乃4, 釼持 学4, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部, 3緒方医院, 4小児): 第44回日本小児臨床薬理学会学術集会 (2017/10/7), 静岡, 第44回日本小児臨床薬理学会学術集会 2017/10; p.102.

7231070. [学会 (全国)] (ポスター) 漢方薬中の生薬成分に関する研究 (6) オウゴン配合漢方薬のバイカリン量. 三巻祥浩1, 社本典子1, 椎  崇1,2, 黒田明平1 (1東京薬科大学薬学部, 2薬剤部): 第50回日本薬剤師会学術大会 (2017/10/8), 東京, 第50回日本薬剤師会学術大会要旨 2017/10; web.

7231071. [学会 (全国)] (ポスター) 食道癌を対象としたドセタキセル+シスプラチン+5FU (DCF療法) におけるエレンタール?配合内用剤の有害事象軽減効果に関する臨床試験. 菅原充広1, 堅田親利2, 高橋かおる3, 高橋亜紀子3, 深沢佐恵子4, 坂本泰理5, 小泉和三郎2, 厚田幸一郎1,6 (1薬剤部, 2消化器内, 3看護部, 4栄養部, 5臨床研究・企画, 6薬学部): 第27回日本医療薬学会年会 (2017/11/3), 千葉, 日本医療薬学会第27回年会要旨 2017/11; web.

7231072. [学会 (全国)] (ポスター) 薬剤と授乳に関する医薬品データベース (北里版) の作成. 花島玲子1, 持田裕子2, 春日井公美2, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 第27回日本医療薬学会年会 (2017/11/4), 千葉, 日本医療薬学会第27回年会要旨 2017/11; web.

7231073. [学会 (全国)] (ポスター) 進行食道癌症例に対するDocetaxel/Cisplatin/5-fluorouracil併用療法時の腎機能障害遷延の要因解析. 毛利順一1,2, 堅田親利3, 熊沢加奈1, 植田茉梨絵2, 厚田幸一郎1,2 (1薬学部, 2薬剤部, 3消化器内): 第27回日本医療薬学会年会 (2017/11/4), 千葉, 日本医療薬学会第27回年会要旨 2017/11; web.

7231074. [学会 (全国)] (一般口演) リネゾリドの短期間投与における腎機能と血小板減少に関する調査. 平塚公己1, 川村充史2, 小松敏彰1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 第27回日本医療薬学会年会 (2017/11/5), 千葉, 日本医療薬学会第27回年会要旨 2017/11; web.

7231075. [学会 (全国)] (ポスター) 休日・祝祭日におけるICUでの薬剤師業務の有用性について. 寺松洋美1, 神 一夢1, 冨澤 淳1, 小林昌宏1,2, 近藤留美子1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 第27回日本医療薬学会年会 (2017/11/5), 千葉, 日本医療薬学会第27回年会要旨 2017/11; web.

7231076. [学会 (全国)] (ポスター) 漢方薬中の生薬成分に関する研究 (7) カンゾウ配合漢方薬のグリチルリチン酸. 黒田明平1, 社本典子1, 木下歩美1, 椎  崇1,2, 三巻祥浩1 (1東京薬科大学薬学部, 2薬剤部): 第27回日本医療薬学会年会 (2017/11/5), 千葉, 日本医療薬学会第27回年会要旨 2017/11; web.

7231077. [学会 (全国)] (一般口演) 腎移植HIV感染患者のラミブジン血中濃度及び投与量妥当性の検討. 武道涼平1, 友田吉則2, 稲野 寛1, 和田達彦3, 吉田一成4, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部, 3膠原病・感染内, 4新世紀医療・先端医療): 第31回日本エイズ学会学術集会・総会 (2017/11/25), 中野, 第31回日本エイズ学会学術集会・総会要旨 2017/11; p.265.

7231078. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院臨床試験センター教育・研修プログラムの構築. 前田実花1,2, 高村雅美2, 野村今日子2, 横田愼一1,2, 厚田幸一郎1,2, 熊谷雄治2 (1薬剤部, 2臨床試験セ): 日本臨床試験学会第9回学術集会総会 (2018/2/23), 仙台, 日本臨床試験学会第9回学術集会総会in 仙台要旨集 2018/1; p.172.

7231079. [学会 (全国)] (ポスター) 漢方薬中の生薬成分に関する研究 (7) 大建中湯構成生薬の成分分析ーカンキョウ中のシュウ酸およびコウイ中の糖類量について. 黒田明平1, 米倉萌笑1, 椎  崇1,2, 小谷 明1, 袴田秀樹1, 三巻祥浩1 (1東京薬科大学薬学部, 2薬剤部): 日本薬学会第138年会 (2018/3/27), 金沢, 第138回日本薬学会年会要旨 2018/3; web.

7231080. [学会 (全国)] (ポスター) 腎移植におけるタクロリムスの薬物治療管理 (PBPM) 導入への取り組み. 稲野 寛1, 山本悠樹1, 小林昌宏1, 吉田一成2,3, 岩村正嗣2, 厚田幸一郎1,4 (1薬剤部, 2泌尿器, 3新世紀医療・先端医療, 4薬学部): 日本薬学会第138年会 (2018/3/28), 金沢, 第138回日本薬学会年会要旨 2017/11; p.205.

7231081. [学会 (全国)] (一般口演) 北里大学とアイオワ大学における国際学術交流を目的とした臨床薬学研修報告. 赤嶺聡彦1, 冨澤 淳1, 小川幸雄1, 近藤留美子1, 吉山友二2, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 日本薬学会第138年会 (2018/3/28), 金沢, 第138回日本薬学会年会要旨 2018/3; web.

733422. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 注射薬供給における一施用毎の払い出し法の評価. 田中裕大1, 友田吉則2, 坂倉智子1, 椎  崇1, 近藤留美子1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会 (2017/8/26), 前橋, 日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会要旨 2017/8; p.196.

733423. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 小児用量におけるフロセミド錠の簡易懸濁法に関する検討. 春日井公美1, 神紫愛瑠1, 友田吉則1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 簡易懸濁法研究会 第11回総会・研修会・ポスター発表/第6回簡易懸濁法研究会 実技セミナーin東京 (2017/9/18), 東京.

733424. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 改訂コアカリ実務実習へ向けての検討その1−実務実習における改訂コアカリSBOSの実施状況−. 田中 怜1,2, 毛利順一1,2, 春日井公美1,2, 中山萌美1,2, 飛田夕紀1,3, 川野千尋1,3, 小林昌弘1,2, 平山武司1,2, 黒山政一1,3, 厚田幸一郎1,2 (1薬学部, 2薬剤部, 3東病院薬剤部): 第39回白金シンポジウム (2017/12/19), 東京, 第39回白金シンポジウム講演要旨集 2017/12; p.52.

733425. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 改訂コアカリ実務実習へ向けての検討その2−病棟実習における代表的8疾患の実施状況−. 春日井公美1,2, 毛利順一1,2, 田中 怜1,2, 中山萌美1,2, 飛田夕紀1,3, 川野千尋1,3, 小林昌弘1,2, 平山武司1,2, 黒山政一1,3, 厚田幸一郎1,2 (1薬学部, 2薬剤部, 3東病院薬剤部): 第39回白金シンポジウム (2017/12/19), 東京, 第39回白金シンポジウム講演要旨集 2017/12; p.53.

733426. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 改訂コアカリ実務実習へ向けての検討その3−実務実習における他職種講義実施の意義−. 中山萌美1,2, 毛利順一1,2, 春日井公美1,2, 田中 怜1,2, 荒井有美3, 近藤閲子4, 飛田夕紀1,3, 川野千尋1,3, 小林昌弘1,2, 平山武司1,2, 黒山政一1,5, 厚田幸一郎1,2 (1薬学部, 2薬剤部, 3医療の質・安全推進室, 4栄養部, 5東病院薬剤部): 第39回白金シンポジウム (2017/12/19), 東京, 第39回白金シンポジウム講演要旨集 2017/12; p.54.

733427. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 薬剤師による抗血栓薬の入院前休薬指導業務に関する実態調査. 森亜沙美1, 赤嶺聡彦1, 冨澤 淳1, 小川幸雄1, 近藤留美子1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 第17回日本医療マネジメント学会神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 相模原, 第17回日本医療マネジメント学会神奈川支部学術集会プログラム・要旨集 2018/3; p.53.

733428. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 当院における入院患者の転倒・転落と睡眠薬・抗不安薬使用について. 八木宏樹1, 米山大志1, 小山郁美1, 本間雅士1, 小林昌宏1,2, 土屋志保3, 箱田美知恵3, 福島健介4, 近藤留美子1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部, 3医療の質・安全推進室, 4整外): 第17回日本医療マネジメント学会神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 相模原, 第17回日本医療マネジメント学会神奈川支部学術集会プログラム・要旨集 2018/3; p.65.

733429. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 外来がん患者への面談時に生じた疑義照会の分類と傾向. 澄田恭平1, 佐々木寿子1, 菅原充広1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 第17回日本医療マネジメント学会神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 相模原, 第17回日本医療マネジメント学会神奈川支部学術集会プログラム・要旨集 2018/3; p.72.

733430. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 北里大学病院における入院患者のポリファーマシーの現状. 小西由紀1, 太田智博1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 第17回日本医療マネジメント学会神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 相模原, 第17回日本医療マネジメント学会神奈川支部学術集会プログラム・要旨集 2018/3; p.78.


リハビリテーションセンター部

[学術論文]

110335. [原著] Changes in physical activity and risk of all-cause mortality in patients on maintence hemodialysis: a retrospective cohort study. Shimoda T1, Matsuzawa R2, Yoneki K1, Harada M1, Watanabe T1, Matsumoto M1, Yoshida A3, Takeuchi Y4, Matsunaga A1,5: BMC Nephrol 2017/5; 18 (1): 154. (下田隆大1, 松沢良太2, 米木 慶1, 原田愛永1, 渡邊孝明1, 松本美香1, 竹内康雄4, 松永篤彦1,5: 1大学院医療系研究科, 2リハビリ部, 3さがみ循環器クリニック, 4腎臓内, 5医療衛生学部)

110336. [原著] Association between chronic kidney disease and physical activity level in patients with ischemic heart disease. Matsuzawa R1, Masuda T2, Kamiya K2, Hamazaki N1, Nozaki K1, Tanaka S3, Maekawa E4, Ako J4: Renal Replacement Therapy 2017/6; 3: 28. (松沢良太1, 増田 卓2, 神谷健太郎2, 濱崎伸明1, 野崎康平1, 田中伸弥3, 前川恵美4, 阿古潤哉4: 1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内)

110337. [原著] Exercise Training in Elderly People Undergoing Hemodialysis: A Systematic Review and Meta-analysis. Matsuzawa R1, Hoshi K2, Yoneki K3, Harada M3, Watanabe T3, Shimoda T3, Yamamoto S4, Matsunaga A3,5: Kidney Int Rep 2017/6; 2 (6): 1096-110. (松沢良太1, 星 佳芳2, 米木 慶3, 原田愛永3, 渡邊孝明3, 下田隆大3, 松永篤彦3,5: 1リハビリ部, 2衛生, 3大学院医療系研究科, 4信州大学病院リハビリテーション部, 5医療衛生学部)

110338. [原著] Effects of supervised exercise on depressive symptoms in hemodialysis patients: a systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials. Shimoda T1, Matsuzawa R2, Hoshi K3, Yoneki K1, Harada M1, Watanabe T1, Matsunaga A1,4: Renal Replacement Therapy 2017/12; 3: 56. (下田隆大1, 松沢良太2, 星 佳芳3, 米木 慶1, 原田愛永1, 渡邊孝明1, 松永篤彦1,4: 1大学院医療系研究科, 2リハビリ部, 3衛生, 4医療衛生学部)

110339. [原著] Prognostic Value of Psoas Muscle Area and Density in Patients Who Undergo Cardiovascular Surgery. Yamashita M1, Kamiya K2, Matsunaga A1,2, Kitamura T3, Hamazaki N4, Matsuzawa R4, Nozaki K4, Tanaka S1, Nakamura T1, Maekawa E5, Masuda T2, Ako J5, Miyaji K3: Can J Cardiol 2017/12; 33 (12): 1652-9. (山下真司1, 神谷健太郎2, 松永篤彦1,2, 北村 律3, 濱崎伸明4, 松沢良太4, 野崎康平4, 田中伸弥1, 中村岳志1, 前川恵美5, 増田 卓2, 阿古潤哉5, 宮地 鑑3: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3心臓血管外, 4リハビリ部, 5循環器内)

110340. [原著] Effects of Acute Phase Intensive Electrical Muscle Stimulation in Frail Elderly Patients With Acute Heart Failure (ACTIVE-EMS): Rationale and protocol for a multicenter randomized controlled trial. Tanaka S1, Kamiya K2, Matsue Y, Yonezawa R, Saito H, Hamazaki N3, Matsuzawa R3, Nozaki K3, Wakaume K1, Endo Y, Maekawa E4, Yamaoka-Tojo M1,2, Shiono T4, Inomata T4, Masuda T1,2, Ako J4: Clin Cardiol 2017/12; 40 (12): 1189-96. (田中伸弥1, 神谷健太郎2, 濱崎伸明3, 松沢良太3, 野崎康平3, 前川恵美4, 東條美奈子1,2, 塩野方明4, 猪又孝之4, 増田 卓1,2, 阿古潤哉4: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3リハビリ部, 4循環器内)

110341. [原著] Sarcopenia: prevalence and prognostic implications in elderly patients with cardiovascular disease. Kamiya K1, Hamazaki N2, Matsuzawa R2, Nozaki K2, Tanaka S3, Ichinosawa Y3, Maekawa E4, Noda C4, Yamaoka-Tojo M1, Matsunaga A1,3, Masuda T1, Ako J4: JCSM Clinical Reports 2017/; 2 (2): e00041. (神谷健太郎1, 濱崎伸明2, 松沢良太2, 野崎康平2, 田中伸弥3, 市野沢由太3, 前川恵美4, 野田千春4, 東條美奈子1, 松永篤彦1,3, 増田 卓1, 阿古潤哉4: 1医療衛生学部, 2リハビリ部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内)

110342. [原著] Association between frailty and bone loss in patients undergoing maintenance hemodialysis. Yoneki K1,2, Kitagawa J1, Hoshi K3, Harada M1,2, Watanabe T1,2, Shimoda T1,2, Matsuzawa R4, Yoshida A2, Matsunaga Y2,5, Takeuchi Y6, Kamiya K7, Matsunaga A1,7: J Bone Miner Metab 2018/1. doi: 10.1007/s00774-017-0898-4. [Epub ahead of print] (米木 慶1,2, 星 佳芳3, 原田愛永1,2, 渡邊孝明1,2, 下田隆大1,2, 松沢良太4, 松永祐輔2,5, 竹内康雄6, 神谷健太郎7, 松永篤彦1,7: 1大学医療系研究科, 2さがみ循環器クリニック, 3衛生, 4リハビリ部, 5大学院睡眠医科学, 6腎臓内, 7医療衛生学部)

110343. [原著] Physical Activity Dose for Hemodialysis Patients: Where to Begin? Results from a Prospective Cohort Study. Matsuzawa R1, Roshanravan B2, Shimoda T3, Mamorita N4, Yoneki K3, Harada M3, Watanabe T3, Yoshida A5, Takeuchi Y6, Matsunaga A3,4: J Ren Nutr 2018/1; 28 (1): 45-53. (松沢良太1, 下田隆大3, 守田憲崇4, 米木 慶3, 原田愛永3, 渡邊孝明3, 竹内康雄6, 松永篤彦3,4: 1リハビリ部, 2ワシントン大学, 3大学院医療系研究科, 4医療衛生学部, 5さがみ循環器クリニック, 6腎臓内)

110344. [原著] Gait speed has comparable prognostic capability to six-minute walk distance in older patients with cardiovascular disease. Kamiya K1, Hamazaki N2, Matsue Y, Mezzani A, Corr U, Matsuzawa R2, Nozaki K2, Tanaka S3, Maekawa E4, Noda C4, Yamaoka-Tojo M1, Matsunaga A1,3, Masuda T1, Ako J4: Eur J Prev Cardiol 2018/1; 25 (2): 212-9. (神谷健太郎1, 濱崎伸明2, 松沢良太2, 野崎康平2, 田中伸弥3, 前川恵美4, 野田千春4, 東條美奈子1, 松永篤彦1,3, 増田 卓1, 阿古潤哉4: 1医療衛生学部, 2リハビリ部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内)

110345. [原著] Determinants of difficulty in activities of daily living in ambulatory patients undergoing hemodialysis. Watanabe T1, Kutsuna T2, Yoneki K1, Harada M1, Shimoda T1, Matsunaga Y3, Murayama N4, Matsuzawa R5, Takeuchi Y6, Yoshida A7, Matsunaga A1,4: Renal Replacement Therapy 2018/2; 4: 8. (渡邊孝明1, 米木 慶1, 原田愛永1, 下田隆大1, 松永祐輔3, 村山憲男4, 松沢良太5, 竹内康雄6, 松永篤彦1,4: 1大学院医療系研究科, 2東京工科大学, 3大学院睡眠医科学, 4医療衛生学部, 5リハビリ部, 6腎臓内, 7さがみ循環器クリニック)

120059. [原著] 大動脈瘤人工血管置換術後患者における術前身体機能が術後パス逸脱に及ぼす影響. 澁谷真香1,2, 浅田宏明3, 木村雅彦4, 松永篤彦2,5, 山本 晋6 (1リハビリ部, 2大学院医療系研究科, 3川崎幸病院リハビリテーション科, 4杏林大学保健学部理学療法学科, 5医療衛生学部, 6川崎幸病院川崎大動脈センター): 心臓リハビリテーション 2017; 23 (2/4): 147-51.

120060. [原著] 筋萎縮性側索硬化症者における生活ガイドブック作成の試み. 鈴木朋代1, 佐々木秀一1, 小林亜香里1, 木村修介2, 木下 剛3, 大沼 涼4, 大寺亜由美1 (1東病院リハビリ部, 2アイ・エル訪問看護ステーション, 3済生会横浜東部病院, 4新戸塚病院): 神奈川作業療法研究 2018/3; 8 (1): 31-7.

320052. [症例報告] 熱可塑性ニット素材で作製した母指CM関節症に対する新しい機能的装具の実践. 佐々木秀一1, 小沼賢治2, 見目智紀2, 助川浩士2, 高相晶士2, 高平尚伸3 (1東病院リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 作業療法 2017/12; 36 (6): 634-40.

522204. [講座]【特集: 理学療法のプロフェッショナルをめざして】各分野での継続教育のあり方 4. 循環器疾患分野のプロフェッショナルを育てる. 神谷健太郎1,2, 濱崎伸明2,3, 松永篤彦1,2 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3リハビリ部): 理学療法ジャーナル 2017/7; 51 (7): 593-6.

522205. [講座]【特集: 透析患者と糖尿病】透析患者に対する身体的フレイルを意識した疾患管理. 松沢良太 (リハビリ部): DM Ensemble 2017/8; 6 (2): 27-30.

[著 書]

620166. [学術書 (分担執筆)]【早期リハビリテーションの実践 予後改善のためのアプローチ】IX. 神経筋電気刺激療法, p.142-54. 濱崎伸明1, 神谷健太郎2 (1リハビリ部, 2医療衛生学部), 監修: 西田 修, 編: 飯田有輝, メジカルビュー社, 東京, 2018/2発行.

[学会・研究会等]

713140. [学会 (国際)] (一般講演) EFFECTIVENESS OF EXERCISE TRAINING ON EXERCISE CAPACITY, WALKING ABILITY, AND MUSCLE STRENGTH IN ELDERLY PATIENTS UNDERGOING. HAEMODIALYSIS: A META-ANALYSIS OF RANDOMIZED CONTROLLED TRIALS. Matsuzawa R1: ISN World Congress of Nephrology 2017 (2017/4/21-25), Mexico City, Mexico. (松沢良太1: 1リハビリ部)

713141. [学会 (国際)] (一般講演) Sarcopenia: prevalence and prognostic implications in older patients with cardiovascular disease. Kamiya K1, Hamazak N2, Matsuzawa R2, Nozaki K2, Tanaka S3, Matsunaga A1,3, Masuda T1, Ako J4: The 21st IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics (第21回国際老年学会議) (2017/7/23-27), San Francisco, USA. (神谷健太郎1, 濱崎伸明2, 松沢良太2, 野崎康平2, 田中伸弥3, 松永篤彦1,3, 増田 卓1, 阿古潤哉4: 1医療衛生学部, 2リハビリ部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内)

713142. [学会 (国際)] (一般講演) Pulmonary function is an independent determinant for chronotropic incompetence during exercise in patients with chronic heart failure. Hamazaki N1, Masuda T2, Kamiya K2, Matsuzawa R1, Nozaki K1, Tanaka S3, Tabata M4, Maekawa E5, Noda C5, Yamaoka-Tojo M2, Ako J5: ヨーロッパ心臓病学会2017 (ESC2017) (2017/8/29), Barcelona, Spain. (濱崎伸明1, 増田 卓2, 神谷健太郎2, 松沢良太1, 野崎康平1, 田中伸弥3, 田畑 稔4, 前川恵美5, 野田千春5, 東條美奈子2, 阿古潤哉5: 1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4豊橋創造大学, 5循環器内)

713143. [学会 (国際)] (一般講演) Usefulness of orthotic therapy with a new functional splint made of thermoplastic knit material. Sasaki S1, Onuma K2, Sukegawa K2, Kenmoku T2, Takaso M2, Fukuda M3, Takahira N3: 72nd American Society for Surgery of the Hand Annual Meeting (ASSH2017) (2017/9/7-9), San Francisco, USA. (佐々木秀一1, 小沼賢治2, 助川浩士2, 見目智紀2, 高相晶士2, 福田倫也3, 高平尚伸3: 1東病院リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部)

722301. [学会 (全国)] (招待講演等) How to get accepted in a competitive journal〜質の高い国際誌にアクセプトされるには〜循環器・腎臓病分野での経験から. 松沢良太 (リハビリ部): 第52回日本理学療法学術大会・第2回日本心血管理学療法学会学術集会 (2017/5/12-14), 千葉.

722302. [学会 (全国)] (招待講演等) 透析患者のADL低下を防ぐ. 松沢良太 (リハビリ部): 第8回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 (2018/3/17-18), 仙台.

722303. [学会 (全国)] (招待講演等) HD患者の非透析日における運動療法の実際について. 松沢良太 (リハビリ部): 第8回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 (2018/3/17-18), 仙台.

722304. [学会 (全国)] (招待講演等) フレイルを有する高齢血液透析患者に対する心臓リハビリテーション. 松沢良太 (リハビリ部): 第8回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 (2018/3/17-18), 仙台.

7231082. [学会 (全国)] (一般講演) Optimal cut-off value of inspiratory muscle strength to predict exercise intolerance in patients with chronic heart failure. 濱崎伸明1, 神谷健太郎2, 松沢良太1, 野崎康平1, 田中伸弥3, 前川恵美4, 増田 卓2 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内): 第52回日本理学療法学術大会・第2回日本心血管理学療法学会学術集会 (2017/5/12-14), 千葉.

7231083. [学会 (全国)] (一般講演) Increase in leg strength after outpatients cardiac rehabilitation contributes to improvement of gait speed in patients aged 75 years or older with cardiovascular disease. 濱崎伸明1, 神谷健太郎2, 松沢良太1, 野崎康平1, 田中伸弥3, 前川恵美4, 増田 卓2 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内): 第52回日本理学療法学術大会・第2回日本心血管理学療法学会学術集会 (2017/5/12-14), 千葉.

7231084. [学会 (全国)] (一般講演) 注意障害に対してバイオフィードバック療法を用いた脳膿瘍の一症例. 中園哲治1, 鈴木良和2, 岩松秀樹2, 佐々木秀一2, 長谷部雅康2, 藤橋紀行2, 正木瑤子3, 日比洋子3, 中澤俊之3, 福田倫也3 (1リハビリ部, 2東病院リハビリ部, 3東病院リハビリテーション科): 第54回日本リハビリテーション医学会学術集会 (2017/6/8-10), 岡山.

7231085. [学会 (全国)] (一般講演) 腱板断裂患者における肩外旋運動時の棘下筋・肩周囲筋群の筋活動特性−筋電図学検討−. 佐々木秀一1, 見目智紀2, 日比洋子3, 正木瑤子3, 中澤俊之2,3, 高平尚伸4 (1東病院リハビリ部, 2整外, 3東病院リハビリテーション科, 4医療衛生学部): 第54回日本リハビリテーション医学会学術集会 (2017/6/8-10), 岡山.

7231086. [学会 (全国)] (一般講演) 客観的に評価したフレイルスコアは入院期高齢心不全患者の生命予後予測に有用である. 田中伸弥1, 神谷健太郎2, 濱崎伸明2, 松沢良太2, 野崎康平2, 前川恵美3, 野田千春3, 東條美奈子4, 松永篤彦4, 増田 卓4, 阿古潤哉3 (1大学院医療系研究科, 2リハビリ部, 3循環器内, 4医療衛生学部): 第53回日本循環器病予防学会学術集会 (2017/6/16), 京都.

7231087. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢心臓血管外科手術患者における骨格筋密度は骨格筋面積と比較して筋パフォーマンスと関連する. 山下真司1, 神谷健太郎2, 松永篤彦3, 北村 律4, 濱崎伸明2, 松沢良太2, 野崎康平2, 田中伸弥1, 中村岳史1, 前川恵美5, 東條美奈子3, 増田 卓3, 阿古潤哉5, 宮地 鑑4 (1大学院医療系研究科, 2リハビリ部, 3医療衛生学部, 4心臓血管外, 5循環器内): 第53回日本循環器病予防学会学術集会 (2017/6/16-17), 京都, 日本循環器病予防学会誌 2017/5; 52 (2): 206.

7231088. [学会 (全国)] (一般講演) 監視型運動療法は高齢血液透析患者のQuality of Lifeを改善するか〜ランダム化比較試験のメタアナリシス〜. 松沢良太1, 星 佳芳2, 米木 慶3, 原田愛永3, 渡邊孝明3, 下田隆大3, 松永篤彦3,4 (1リハビリ部, 2衛生, 3大学院医療系研究科, 4医療衛生学部): 第62回日本透析医学会学術集会・総会 (2017/6/16-18), 横浜,日本透析医学会雑誌 2017/6; 50 (Suppl 1): 567.

7231089. [学会 (全国)] (一般講演) 同種組織を用いた膝前十字靱帯, 膝前外側靱帯同時再建術後1年での膝関節機能とパフォーマンステストが良好であった1例. 倉坪亮太1, 渡邊裕之2, 東山礼治3, 相川 淳4, 岩瀬 大3, 南谷 淳, 高野昇太郎4, 成瀬康治3, 占部 憲3, 高平尚伸2, 高相晶士3 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3整外, 4大学院医療系研究科): 第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS) (2017/6/22), 札幌.

7231090. [学会 (全国)] (一般講演) Effects of aerobic exercise on respiratory function in patients with chronic heart faiure. 濱崎伸明1, 増田 卓2, 神谷健太郎2, 松沢良太1, 野崎康平1, 田中伸弥3, 前川恵美4, 野田千春4, 東條美奈子2, 阿古潤哉4 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内): 第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2017/7/15), 岐阜.

7231091. [学会 (全国)] (一般講演) サルコペニアの簡易スクリーニング指標であるSARC-Fは高齢心不全患者の運動機能低下を判別する. 田中伸弥1, 神谷健太郎2, 濱崎伸明2, 松沢良太2, 野崎康平2, 前川恵美3, 野田千春3, 東條美奈子4, 松永篤彦4, 増田 卓4, 阿古潤哉3 (1大学院医療系研究科, 2リハビリ部, 3循環器内, 4医療衛生学部): 第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2017/7/15), 岐阜.

7231092. [学会 (全国)] (一般講演) 高血圧症患者における自律神経の概日リズム障害は血管内皮機能を低下する. 田中伸弥1, 増田 卓2, 井田愛美, 伊藤隼人, 小倉 彩2, 鎌田裕実, 濱崎伸明3, 前川恵美4, 野田千春4, 東條美奈子2, 阿古潤哉4 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3リハビリ部, 4循環器内): 第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2017/7/16), 岐阜.

7231093. [学会 (全国)] (一般講演) 75歳以上の高齢心血管疾患患者における片脚立ちテストの臨床的意義. 松沢良太1, 神谷健太郎2, 濱崎伸明1,3, 野崎康平1, 田中伸弥3, 五十嵐亜希子1, 中村香奈子1, 前川恵美4, 野田千春4, 東條美奈子2, 松永篤彦2, 増田 卓2, 阿古潤哉4 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内): 第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2017/7/15-16), 岐阜.

7231094. [学会 (全国)] (一般講演) 心不全患者に対する新たな予後予測指標としての瞳孔の対光反応の有用性 (YIA最優秀賞受賞). 野崎康平1, 神谷健太郎2, 濱崎伸明1, 松沢良太1, 田中伸弥3, 前川恵美4, 野田千春4, 東條美奈子2,3, 松永篤彦2,3, 増田 卓2,3, 阿古潤哉4 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内): 第23回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2017/7/15), 岐阜.

7231095. [学会 (全国)] (一般講演) 母指CM症に対し手を使いながらリハビリ治療ができる装具. 佐々木秀一 (東病院リハビリ部): イノベーション・ジャパン2017 (国立研究開発法人科学技術振興機構主催) (2017/8/31-9/1), 東京.

7231096. [学会 (全国)] (一般講演) 軽度片麻痺患者の上肢機能と等尺性肩外旋筋力との関係. 佐々木秀一1, 見目智紀2, 高橋香代子3, 日比洋子4, 福田倫也3,4 (1東病院リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部, 4東病院リハビリテーション科): 第51回日本作業療法学会 (2017/9/22-24), 東京.

7231097. [学会 (全国)] (一般講演) 変形性股関節症患者における生活空間の制限には歩行速度が関連する. 南里佑太1, 宮城しほ1, 水野公輔1, 倉坪亮太2, 内山勝文3, 福島健介3, 森谷光俊3, 高平尚伸4 (1リハビリ部, 2北里大学北里研究所病院, 3整外, 4医療衛生学部): 第44回日本股関節学会学術集会 (2017/10/20-21), 東京.

7231098. [学会 (全国)] (一般講演) 小型無線多機能センサを用いた幼児リーチ動作の解析−肩甲帯と骨盤の分離運動に着目して−. 野村優子1, 佐藤春彦2, 大津良介3, 松永篤彦2 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科): 第38回バイオメカニズム学術講演会 (2017/11/4-5), 大分.

7231099. [学会 (全国)] (一般講演) 血液透析患者における監視型運動療法が抑うつ症状に及ぼす影響−メタ解析による検討−. 下田隆大1, 松沢良太2, 星 佳芳3, 米木 慶1, 原田愛永1, 渡邊孝明1, 松永篤彦1,4 (1大学院医療系研究科, 2リハビリ部, 3衛生, 4医療衛生学部): 第30回日本総合病院精神医学会総会 (2017/11/17), 富山.

7231100. [学会 (全国)] (一般講演) 腎移植は身体機能を低下させることなく腎期の改善に寄与する. 松沢良太1, 吉田一成2,3, 石井大輔3, 竹内康雄4, 野口文乃5, 山本尚平6, 松永篤彦6 (1リハビリ部, 2新世紀医療・先端医療, 3泌尿器, 4腎臓内, 5看護部, 6大学院医療系研究科): 第51回日本臨床腎移植学会 (2018/2/14-16), 神戸.

7231101. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節全置換術患者における術前身体機能と術後14日以内の自宅退院可否との関連. 南里佑太1, 宮城しほ1, 水野公輔1, 澁谷真香1, 福田倫也1,2, 内山勝文3, 福島健介3, 高平尚伸3, 高相晶士3 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3整外): 第48回日本人工関節学会 (2018/2/23-24), 東京.

7231102. [学会 (全国)] (一般講演) 院内発症脳梗塞に対するリハビリテーション職員の初期対応への認識. 松丸純佳1, 福田倫也1,2, 田口晴貴1, 松井亜沙美1, 中井琢哉1, 春日美保1, 阿久津二夫3, 西山和利3 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3神経内): 第43回日本脳卒中学会学術集会 (STROKE 2018) (2018/3/15-18), 福岡.

7231103. [学会 (全国)] (一般講演) 急性期脳梗塞患者における血栓溶解療法,血栓回収後のリハビリテーションの現状と課題. 中井琢哉1, 福田倫也1,2, 田口晴貴1, 松井亜沙美1, 松丸純佳1, 春日美保1, 山本大輔3, 阿久津二夫4, 西山和利4 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3脳外, 4神経内): 第43回日本脳卒中学会学術集会 (STROKE 2018) (2018/3/15-18), 福岡.

7231104. [学会 (全国)] (一般講演) 腎移植が腎疾患特異的quality of lifeと身体機能に及ぼす影響. 松沢良太1, 吉田一成2,3, 石井大輔3, 竹内康雄4, 野口文乃5, 山本尚平6, 松永篤彦6 (1リハビリ部, 2新世紀医療・先端医療, 3泌尿器, 4腎臓内, 5看護部, 6大学院医療系研究科): 第8回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 (2018/3/17-18), 仙台.

7231105. [学会 (全国)] (一般講演) Functional Arterial Stiffness Predicts the Change in Carotid Intima-Media Thickness One Year Later in Patients with Lifestyle-Related Disease. 小倉 彩1, 増田 卓1, 田中伸弥2, 神谷健太郎3, 東條美奈子1, 濱崎伸明3, 前川恵美4, 野田千春4, 阿古潤哉4 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3リハビリ部, 4循環器内): 第82回日本循環器学会学術集会 (2018/3/23), 大阪.

731135. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 血液透析患者に対するFRAILTYを意識した疾患管理−身体的虚弱・身体不活動をいかにふせぐか−. 松沢良太 (リハビリ部): 第38回埼玉東部透析療法研究会 (2017/4/13), 埼玉.

731136. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Frailtyの管理を透析医療の中に. 松沢良太 (リハビリ部): 第4回多摩CKD病院連携懇話会 (2017/7/13), 東京.

731137. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腎不全患者のフレイルを管理する. 松沢良太 (リハビリ部): 第33回神奈川・腎移植を勉強する会 (2017/12/16), 横浜.

731138. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Frailtyの管理を透析医療の中に. 松沢良太 (リハビリ部): 第32回新都心腎疾患セミナー (2018/1/18), 東京.

731139. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 末梢動脈疾患患者とリハビリテーション. 松沢良太 (リハビリ部): 第2回FreeConference (2018/1/21), 東京.

731140. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) CKD患者のフレイルを管理する. 松沢良太 (リハビリ部): 第3回SMU透析連携施設研究会 (2018/3/3), 埼玉.

733431. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) パフォーマンス検査における検者内及び検者間計測誤差. 市川貴文1, 鈴木良和2, 上出直人3, 清水絵里香2, 中園哲治1, 藤橋紀行2, 福田倫也3 (1リハビリ部, 2東病院リハビリ部, 3医療衛生学部): 第36回関東甲信越ブロック理学療法士学会 (2017/9/23-24), 長野.

733432. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 肩腱板断裂患者における肩外旋運動時の肩甲骨周囲筋の筋活動特性. 佐々木秀一1, 見目智紀2, 名倉直重2, 中脇充章2, 中澤俊之2, 福田倫也3, 高相晶士2, 高平尚伸3 (1東病院リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 第14回肩の運動機能研究会 (2017/10/6-8), 東京.

733433. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 発見者によるエラー報告の意義−リハビリテーション室におけるインシデント調査に関する後方師的分析−. 濱崎伸明1, 神保武則1, 平賀よしみ1, 松沢良太1, 野崎康平1, 市川貴文1, 斉藤圭子2, 五十嵐亜希子2, 杉野香奈子2, 福田倫也3 (1リハビリ部, 2看護部, 3医療衛生学部): 日本医療マネジメント学会第17回神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 神奈川.


栄養部

[学術論文]

522206. [講座]【講座: 心不全の病態と栄養管理のポイント】[Q10] 心不全患者に減塩はどの程度必要なの? 近藤閲子1, 前川恵美2 (1栄養部, 2循環器内): Nutritionn Care 2018/3; 11 (3): 39.

[著 書]

620167. [学術書 (分担執筆)]【看護栄養学 第4版】Chapter 7 疾病と栄養 5. 消化器疾患 (2) 下部消化管, p.171. 太田裕子1, 佐藤照子1 (1栄養部), 編著: 尾岸恵三子, 正木治恵, 医歯薬出版, 東京, 2018/3発行.

[学会・研究会等]

713144. [学会 (国際)] (一般講演) The Predialysis Multidisciplinary Individual Team approach was Effective for Hemodialysis and Better Prognosis for Patients with Diabetic nephropathy. Hitomi M1, Sato T1, Kawakami Y1, Shibata S1, Moriya T2: ADA2017 (第77回米国糖尿病学会) (2017/6/9-13), San Diego, USA, Diabetes 2017/6; 66 (Suppl 1): A176. (人見麻美子1, 佐藤照子1, 川上悠子1, 柴田早織1, 守屋達美2: 1栄養部, 2健康管理セ)

713145. [学会 (国際)] (一般講演) The Predialysis Multidisciplinary Individual Team approach improved self-management and prognoses for Patients with Diabetic nephropathy on Hemodialysis. Hitomi M1, Sato T1, Kawakami Y1, Shibata S1, Moriya T2: ADA2017 (第77回米国糖尿病学会) (2017/6/9-13), San Diego, USA, Diabetes 2017/6; 66 (Suppl 1): A181. (人見麻美子1, 佐藤照子1, 川上悠子1, 柴田早織1, 守屋達美2: 1栄養部, 2健康管理セ)

722305. [学会 (全国)] (シンポジウム) 長期ICU入院となった重症救急患者のエネルギー消費量に影響を与える因子の検討. 中屋里沙1, 片岡祐一2, 遠藤成子1, 深沢佐恵子1, 吉田朋子1, 佐藤照子1, 矢部紘志3, 宮下和子3, 神 一夢4 (1栄養部, 2救命, 3看護部, 4薬剤部): 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 (2018/2/22), 横浜, 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会プログラム集 2018/1; 33: S04-03.

722306. [学会 (全国)] (シンポジウム) 多職種で行う腎臓病患者の栄養管理〜新規維持透析と腎移植後のリハビリを中心に〜. 吉田朋子1, 青山東五2, 藤井茉実1, 正木貴教2, 鎌田真理子2, 内藤正吉2, 佐野 隆2, 横山利香3, 帯川 愛3, 石井大輔4, 野口文乃3, 松沢良太5, 佐藤照子1, 竹内康雄2, 吉田一成4,6 (1栄養部, 2腎臓内, 3看護部, 4泌尿器, 5リハビリ部, 6新世紀医療・先端医療): 第8回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 (2018/3/17), 仙台, 第8回日本腎臓リハビリテーション学会 プログラム・抄録集 2018/3; p.92.

7231106. [学会 (全国)] (一般講演) 腎移植外来における移植後糖尿病 (PTDM) の管理栄養士介入の状況. 吉田朋子1, 野口文乃2, 石井大輔3, 林 哲範4, 佐藤照子1, 池田成江3, 七里眞義4, 吉田一成3,5 (1栄養部, 2看護部, 3泌尿器, 4内分泌代謝内, 5新世紀医療・先端医療): 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 (2017/5/20), 名古屋, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会プログラム・抄録集 2017/5; 60 (suppl 1): S-332.

7231107. [学会 (全国)] (一般講演) 多職種介入は糖尿病性腎症 (腎症) 患者の透析導入時に良好な結果をもたらすか? 人見麻美子1, 佐藤照子1, 大貫恵子2, 坂本梅子2, 富田美香3, 三浦芳典4, 土筆智晶4, 守屋達美5 (1栄養部, 2看護部, 3薬剤部, 4臨検部, 5健康管理セ): 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 (2017/5/20), 名古屋, 第60回日本糖尿病学会年次学術集会プログラム・抄録集 2017/5; 60 (suppl 1): S-446.

7231108. [学会 (全国)] (一般講演) 栄養摂取量自己評価シート (eーSheet) を用いた食道癌術後食事リハビリの新たな取組み. 菊池奈穂子1, 深沢佐恵子1, 小園香奈子2, 高橋康介2, 森谷宏光3, 山下継史3, 渡邊昌彦4 (1栄養部, 2看護部, 3上部消化管外, 4下部消化管外): 第71回日本食道学会学術集会 (2017/6/16), 軽井沢.

7231109. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病カンバセーションマップTMによる感情負担及び血糖管理への効果の検討. 川上悠子1, 林 哲範2, 人見麻美子1, 石本望美3, 七里眞義2, 佐藤照子1 (1栄養部, 2内分泌代謝内, 3看護部): 第21回日本病態栄養学会年次学術集会 (2018/1/12), 京都, 第21回日本病態栄養学会年次学術集会プログラム・抄録集 2018/1; 21: 75.

7231110. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性肝疾患患者における筋力・筋肉量とエネルギー及び蛋白質摂取量との関連. 菊池奈穂子1, 太田裕子1, 今井雅世1, 吉田朋子1, 佐藤照子1, 魚嶋晴紀2 (1栄養部, 2消化器内): 第21回日本病態栄養学会年次学術集会 (2018/1/13), 京都, 第21回日本病態栄養学会年次学術集会プログラム・抄録集 2018/1; 21: 111.

7231111. [学会 (全国)] (一般講演) 小児1型糖尿病患者への管理栄養士・看護師合同のカーボカウント指導の現状. 陶山紀子1, 坂本梅子2, 人見麻美子1, 川上悠子1, 佐久早織1, 佐藤照子1, 大津成之3,4, 橘田一輝4 (1栄養部, 2看護部, 3中野島糖尿病クリニック, 4小児): 第21回日本病態栄養学会年次学術集会 (2018/1/13), 京都, 第21回日本病態栄養学会年次学術集会プログラム・抄録集 2018/1; 21: 138.

7231112. [学会 (全国)] (一般講演) 腎移植レシピエントに対する移植前OGTTを活用した栄養指導の検討. 吉田朋子1, 林 哲範2, 石井大輔3, 野口文乃4, 佐藤照子1, 池田成江3, 七里眞義2, 吉田一成3,5 (1栄養部, 2内分泌代謝内, 3泌尿器, 4看護部, 5新世紀医療・先端医療): 第21回日本病態栄養学会年次学術集会 (2018/1/14), 京都, 第21回日本病態栄養学会年次学術集会プログラム・抄録集 2018/1; 21: 165.

7231113. [学会 (全国)] (一般講演) 腎移植レシピエントの移植前耐糖能に着目した栄養管理方法の検討. 吉田朋子1, 石井大輔2, 林 哲範3, 野口文乃4, 池田成江2, 七里眞義3, 吉田一成2,5 (1栄養部, 2泌尿器, 3内分泌代謝内, 4看護部, 5新世紀医療・先端医療): 第51回日本臨床腎移植学会 (2018/2/16), 神戸, 第51回日本臨床腎移植学会プログラム・抄録集 2018/2; p.285.

7231114. [学会 (全国)] (一般講演) BMI 18.5以下の重症救急患者における栄養管理についての検討. 深沢佐恵子1, 中屋里沙1, 遠藤成子1, 片岡祐一2, 朝隈禎隆2, 宮下知子3, 太田治代3, 矢部紘志3, 神 一夢4, 寺松洋美4, 斉籐貴洋4, 佐藤照子1 (1栄養部, 2救命, 3看護部, 4薬剤部): 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会 (2018/2/23), 横浜, 第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会プログラム集 2018/1; 33: 351.

733434. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) カリウムとリンの具体的指導. 人見麻美子 (栄養部): 東京会臨床糖尿病医会第157回例会 (2017/10/14), 東京.

733435. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 胃酸分泌抑制剤を中止できない患者の嘔吐に対し半固形化栄養剤と乳酸カルシウム併用が効果的であった一例. 中屋里沙1, 神應知道2, 深沢佐恵子1, 遠藤成子1, 佐藤照子1, 片岡祐一2 (1栄養部, 2救命): 第9回日本静脈経腸栄養学会首都圏支部会学術集会 (2017/5/27), 横浜, 第9回日本静脈経腸栄養学会首都圏支部学術集会抄録集 2017/5; SUP103.

733436. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 給食施設において非加熱で提供する野菜の取り扱い−細菌検査を通しての取り組み−. 近藤閲子1, 深沢勇一郎1, 向井さやか1, 林 直樹1, 楢木野郁美1, 鈴木庸右1, 太田裕子1, 飯塚千織理2, 菊野理津子2, 佐藤照子1 (1栄養部, 2一般財団法人北里環境科学センター): 日本医療マネジメント学会第17回神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 相模原, 日本医療マネジメント学会第17回神奈川支部学術集会抄録集 2018/3; p.17.

733437. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 病院食におけるIH再加熱方式による適温配膳について. 深沢勇一郎1, 太田裕子1, 河原万美1, 加藤未来1, 武田美和1, 小林卓美1, 近藤閲子1, 佐藤照子1 (1栄養部) 日本医療マネジメント学会第17回神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 相模原, 日本医療マネジメント学会第17回神奈川支部学術集会抄録集 2018/3; p.17.

733438. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ミキサー食の提供における衛生管理−細菌検査を通して−. 鈴木庸右1, 近藤閲子1, 久保田愛美1, 深田真一郎1, 楢木野郁美1, 深沢勇一郎1, 太田裕子1, 飯塚千織理2, 菊野理津子2, 佐藤照子1 (1栄養部, 2一般財団法人北里環境科学センター): 日本医療マネジメント学会第17回神奈川支部学術集会 (2018/3/10), 相模原, 日本医療マネジメント学会第17回神奈川支部学術集会抄録集 2018/3; p.18.


病院病理部

[著 書]

620168. [学術書 (分担執筆)]【JAMT技術教本シリーズ 病理検査技術教本】C. 病理組織染色法 5章 一般染色各論 5.3.2.2 high iron diamine-Alciane blue (pH 2.5) 重染色法, p.145-7. 山下和也 (病理部), 監修: 日本臨床衛生検査技師会, 丸善出版, 東京, 2017/5発行.

620169. [学術書 (分担執筆)]【知っておきたい! 臨床検査機器と安全管理とトラブルシューティング (Medical Technology 45 (13) 臨時増刊号)】4. 病理・細胞検査 2) 機器の安全管理とトラブルシューティング C遺伝子検査, p.1388-93. 山下和也1 (1病理部), 監修: 池田勝義2 (2熊本保健科学大学), 医歯薬出版, 東京, 2017/12発行.

[学会・研究会等]

722307. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) H・E染色を分析した事例から学ぶこと. 山下和也 (病理部): 第56回日本臨床細胞学会秋期大会 (2017/11/18), 福岡, サクラセミナーレポート 2018/1; 2018 (1): 2-4.

7231115. [学会 (全国)] (一般口演) 培養細胞株を用いた肺癌LBC標本におけるEGFR遺伝子解析への影響について. 町田大輔1, 吉田 功2, 久場 樹1, 山下和也1, 佐藤之俊3, 三枝 信2, 村雲芳樹2 (1病理部, 2病理, 3呼吸器外): 第58回日本臨床細胞学会総会 [春期大会] (2017/5/28), 大阪, 日本臨床細胞学会雑誌 2017/4; 56 (補冊1号): 253.

7231116. [学会 (全国)] (ポスター) 術前の甲状腺穿刺細胞診で乳頭癌と推定した混合性髄様・濾胞細胞癌の1例. 村田莉紗1, 町田大輔1, 太田誠子1, 坂口 忍1, 山下和也1, 梶田咲美乃2, 吉田 功2, 三枝 信2, 村雲芳樹2 (1病理部, 2病理): 第58回日本臨床細胞学会総会 [春期大会] (2017/5/28), 大阪, 日本臨床細胞学会雑誌 2017/4; 56 (補冊1号): 433.

7231117. [学会 (全国)] (一般口演) 病理標本からのEGFR遺伝子解析におけるBridged Nucleic Acid (BNA) の有効性の検討. 山下和也1, 久場 樹1, 町田大輔1, 坂口 忍1, 吉田 功2, 村雲芳樹2 (1病理部, 2病理): 第66回日本医学検査学会 (2017/6/18), 千葉, 医学検査 2017/6; 66 (別冊): 263.

7231118. [学会 (全国)] (一般口演) 全国大学病院病理部技術者連絡会で過去に実施したアンケート調査とその検討について: 病理検査業務や処遇改善に役立てるための情報項目の洗い出し. 塚本龍子1, 山下和也2, 瀬田 章3, 徳永英博4, 古屋周一郎5, 三浦弘守6, 小川勝成7 (1神戸大学医学部付属病院病理診断科, 2病理部, 3東京大学医学部付属病院検査科, 4熊本大学医学部付属病院病理診断科, 5筑波大学医学部付属病院病理診断科, 6東北大学医学部付属病院病理診断科, 7広島大学医学部付属病院診療支援部): 第66回日本医学検査学会 (2017/6/18), 千葉, 医学検査 2017/6; 66 (別冊): 527.

731141. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 遺伝子検査の基礎 (組織検体取り扱いを含めた). 山下和也 (病理部): 平成29年度認定病理検査技師指定講習会 (2017/7/8), 名古屋.

731142. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 認定病理検査技師制度「平成29年度活動報告会 病理標準化」. 山下和也1, 古屋周一郎2 (1病理部, 2筑波大学医学部付属病院病理診断科): 日本臨床衛生検査技師会 認定病理検査技師制度平成29年度活動報告会 (2017/7/16), 千葉.

732153. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 病理検査における遺伝子検査. 山下和也 (病理部): 神奈川県臨床衛生検査技師会 2017年度第1回遺伝子染色体研修会 (2017/7/20), 神奈川.

732154. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) HE染色を分析した事例から学ぶこと. 山下和也 (病理部): (公社) 茨城県臨床検査技師会平成29年度形態検査部門 病理細胞検査分野合同精度管理報告会 (2018/2/10), つくば.


ME部

[学術論文]

220008. [準原著] 体外循環用冷温水槽の清浄度の評価. 大島弘之1, 東條圭一1, 古平 聡1, 武田章数1, 有馬 司1, 海老根智代1, 桑原紗衣1, 宮地 鑑2 (1ME部, 2心臓血管外): 体外循環技術 2017/12; 44 (4): 398-402.

[学会・研究会等]

7231119. [学会 (全国)] (一般口演) ジェネラリスト教育の実情に関する検討. 東條圭一1, 古平 聡1, 白井敦史1, 藤井正実1, 木下春奈1, 小山 誠1, 佐藤栄治1, 武田章数1, 立野 聡1, 大島弘之1, 宮地 鑑2 (1ME部, 2心臓血管外): 第27回日本臨床工学会 (2017/5/21), 青森, 日本臨床工学技士会会誌 2017/4; 60: 192.

7231120. [学会 (全国)] (一般口演) VAD患者の在宅管理における機器管理記録の工夫. 武田章数1, 東條圭一1, 藤井正実1, 木下春奈1, 大島弘之1, 佐藤 南1 (1ME部): 第27回日本臨床工学会 (2017/5/21), 青森.

7231121. [学会 (全国)] (一般口演) 透析治療開始待ち時間の短縮を目指した業務改善の方法に関する検討. 古平 聡1, 佐藤栄治1, 小山 誠1, 藤井正実1, 木下春奈1, 武田章数1, 立野 聡1, 大島弘之1, 白井敦史1, 東條圭一1 (1ME部): 第27回日本臨床工学会 (2017/5/21), 青森.

7231122. [学会 (全国)] (ポスター) 手術室業務におけるシフト勤務見直しによる効果に関する検討. 立野 聡1, 東條圭一1, 古平 聡1, 宮田晃隆1 (1ME部): 第27回日本臨床工学会 (2017/5/21), 青森.

7231123. [学会 (全国)] (ポスター) 新病院プロジェクトにおける臨床工学技士の役割について〜新病院設計から患者移送までの対応〜. 木下春奈1, 東條圭一1, 藤井正実1, 武田章数1, 古平 聡1 (1ME部): 第27回日本臨床工学会 (2017/5/21), 青森.

7231124. [学会 (全国)] (一般口演) 三次元有限体積法を用いた気道モデル内の流体解析高頻度振動換気における基礎検討. 長浜史記1, 真茅孝志2, 長崎 勢2, 戸畑裕志2, 黒木英郁3, 川田秀道3 (1ME部, 2九州保健福祉大学大学院, 3久留米大学病院): 第92回日本医療機器学会大会 (2017/7/1), 横浜, 医療機器学 2017/4; 87 (2): 77.

7231125. [学会 (全国)] (一般講演) 小児体外循環の病態生理−チアノーゼ疾患の体外循環マネジメント−. 大島弘之1, 東條圭一1, 古平 聡1, 宮地 鑑2 (1ME部, 2心臓血管外): 第53回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2017/7/7-9), 浜松.

7231126. [学会 (全国)] (一般口演) 成人開心術における混合静脈血酸素飽和度・末梢組織近赤外線酸素飽和度較差と人工心肺関連急性腎障害との関連性. 古平 聡1, 大島弘之1, 有馬 司1, 海老根智代1, 桑原紗衣1, 東條圭一1, 宮地 鑑2 (1ME部, 2心臓血管外): 第55回日本人工臓器学会大会 (2017/9/1-3), 東京, 人工臓器 2017/9; 46 (2): S-110.

7231127. [学会 (全国)] (一般講演) 人工心肺回路の精度管理: 当院における人工心肺回路の精度管理. 大島弘之1, 東條圭一1, 古平 聡1, 武田章数1, 有馬 司1, 海老根智代1, 桑原紗衣1, 宮地 鑑2 (1ME部, 2心臓血管外): 第43回日本体外循環技術医学会大会 (2017/10/8-9), 札幌, 体外循環技術 2017/10; 44 (3): 245.

7231128. [学会 (全国)] (一般口演) 小児CPB中の体格別酸素供給状況と乳酸値・逸脱酵素との関連に関する検討. 古平 聡1, 大島弘之1, 有馬 司1, 海老根智代1, 桑原紗衣1, 東條圭一1, 宮地 鑑2 (1ME部, 2心臓血管外): 第43回日本体外循環技術医学会大会 (2017/10/8-9), 札幌, 体外循環技術 2017/10; 44 (3): 294.

7231129. [学会 (全国)] (ポスター) 体外循環用冷温水槽の清浄度の評価. 大島弘之1, 東條圭一1, 古平 聡1, 武田章数1, 有馬 司1, 海老根智代1, 桑原紗衣1, 宮地 鑑2 (1ME部, 2心臓血管外): 第43回日本体外循環技術医学会大会 (2017/10/8-9), 札幌, 体外循環技術 2017/10; 44 (3): 336.

7231130. [学会 (全国)] (一般講演) 着用型自動除細動器管理における臨床工学技士の役割. 佐藤 南1, 武田章数1, 東條圭一1, 岸原 淳2, 深谷英平2, 庭野慎一2 (1ME部, 2循環器内): 第10回植込みデバイス関連冬季大会 (2018/2/10-12), 横浜.


臨床試験センター


医療の質・安全推進室


感染管理室

[学術論文]

120061. [原著] 北里大学病院における7価肺炎球菌結合型ワクチン導入前後の侵襲性肺炎球菌感染症由来株のSerotypeと各種ワクチンカバー率の比較. 二本柳伸1-3, 高山陽子1,4, 和田達彦1,5, 中村正樹3,6, 安達 譲2, 小貫智世2, 大川原裕樹1,7, 高城由美子1, 松井秀仁3, 狩野有作2,8 (1感染管理室, 2臨検部, 3北里生命科学研究所感染制御研究センター, 4新世紀医療・横断的医療, 5膠原病・感染内, 6医療衛生学部, 7薬剤部, 8臨検学): 北里医学 2017/6; 47 (1): 37-47.

120062. [原著] 北里大学病院における細菌性呼吸器感染症原因菌の検出状況について (2010〜2015年度). 二本柳伸1,2, 高山陽子1,3, 和田達彦1,4, 安達 譲2, 小貫智世2, 中ア信彦2, 棟方伸一2, 狩野有作2,5 (1感染管理室, 2臨検部, 3新世紀医療・横断的医療, 4膠原病・感染内, 5臨検学): 神奈川県臨床検査技師会雑誌 2017/12; 52 (169): 6-13.

522207. [講座] 黄色ブドウ球菌の細菌学的特徴. 二本柳伸1,2, 花木秀明3 (1感染管理室, 2臨検部, 3北里生命科学研究所感染制御研究センター/感染制御研究機構): up-to-date 子どもの感染症 2018/1; 5 (2): 48-52.

522208. [講座]【特集: 再生処理と単回使用器材 (SUD) のパラダイムシフト】Big topics 単回使用器材 (SUD) 3) 経験 単回使用器材 (SUD) 導入の取り組みとその効果−手術用リネンにおける検討. 高城由美子1, 深堀信子1, 座間弘和2 (1感染管理室, 2病院環境整備課): 感染対策ICTジャーナル 2018/3; 13 (2): 162-7.

[著 書]

620170. [学術書 (分担執筆)]【病気と薬物療法 循環器疾患・救急医療/血液疾患】■循環器疾患編 Chapter 1 不整脈, p.2-41. 岩澤真紀子1, 久保田理恵1, 小松敏彰2,3, 近藤留美子3, 吉岡靖啓4 (1薬学部, 2感染管理室, 3薬剤部, 4摂南大学薬学部), 監修: 厚田幸一郎1,3, オーム社, 東京, 2017/4発行.

620171. [学術書 (分担執筆)]【病気と薬物療法 循環器疾患・救急医療/血液疾患】■循環器疾患編 Chapter 5 その他の循環器系疾患, p.101-23. 岩澤真紀子1, 久保田理恵1, 小松敏彰2,3, 近藤留美子3, 吉岡靖啓4 (1薬学部, 2感染管理室, 3薬剤部, 4摂南大学薬学部), 監修: 厚田幸一郎1,3, オーム社, 東京, 2017/4発行.

[学会・研究会等]

7231131. [学会 (全国)] (一般講演) ジゴキシンのノモグラムの有用性に関する検討. 小松敏彰1,2, 小泉朱乃2, 猪又孝元3, 阿古潤哉3, 厚田幸一郎2,4 (1感染管理室, 2薬剤部, 3循環器内, 4薬学部): 第34回日本TDM学会・学術大会 (2017/9/23), 京都, TDM研究 2017/9; 34 (3): 118.

7231132. [学会 (全国)] (一般講演) NICUにおけるMRSA積極的監視培養導入前後の新規MRSA検出率について〜標準予防策経費を踏まえて〜. 高城由美子1, 佐々木顕子1,2, 青柳佐智子1,2, 二本柳伸1,3, 深堀信子1, 和田達彦1,4, 高山陽子1,5 (1感染管理室, 2看護部, 3臨検部, 4膠原病・感染内, 5新世紀医療・横断的医療): 第33回日本環境感染学会総会・学術集会 (2018/2/24), 東京.

733439. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学病院における7価肺炎球菌結合型ワクチン (PCV7) 導入前後の侵襲性肺炎球菌感染症 (IPD) 由来株の血清型と各種ワクチンカバー率の比較. 二本柳伸1,2, 和田達彦1,3, 小貫智世2, 高山陽子1,4 (1感染管理室, 2臨検部, 3膠原病・感染内, 4新世紀医療・横断的医療): 第83回神奈川県感染症医学会 (2018/3/10), 横浜, 第83回神奈川県感染症医学会 プログラム・抄録集 2018; p.10.

733440. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 病院薬剤師とチーム医療の現状〜相模原地域を中心に〜. 小松敏彰1,2 (1感染管理室, 2薬剤部): 第14回Cardiovascular-Pセミナー (2017/6/9), 相模原.

733441. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 心不全の薬物療法. 小松敏彰1,2 (1感染管理室, 2薬剤部): 第15回 Cardiovascular-Pセミナー (2018/3/20), 相模原.


診療情報管理室

[学会・研究会等]

722308. [学会 (全国)] (共催シンポジウム)【電子化時代の診療情報管理】病院医療の進歩をめざして−情報活用における診療情報管理の役割−. 渡邉 直1, 井上貴裕2, 荒井康夫3, 中川原譲二4 (1聖路加メディローカス, 2千葉大学医学部附属病院, 3診療情報管理室, 4国立循環器病研究センター): 第67回日本病院学会 (2017/07/20), 神戸.

722309. [学会 (全国)] (シンポジウム) 第5回診療情報管理士現況調査アンケート報告について. 三木幸一郎1, 枝光尚美2, 阿南 誠3, 入江直行4, 荒井康夫5 (1北九州市医療センター, 2大阪母子医療センター, 3川崎医療福祉大学, 4和歌山県医科大学先端医学研究所, 5診療情報管理室): 第43回日本診療情報管理学会学術大会 (2017/09/21), 札幌.

722310. [学会 (全国)] (シンポジウム) 診療情報管理士の生涯教育の在り方について. 吉住秀之1, 荒井康夫2, 久保博文3 (1九州医療センター, 2診療情報管理室, 3王子総合病院): 第43回日本診療情報管理学会学術大会 (2017/09/21), 札幌.

722311. [学会 (全国)] (共同企画セッション)【退院時要約の標準化にむけて】使われる標準になるために何が課題か. 嶋田 元1, 渡邉 直2, 石川広己3, 荒井康夫4, 豊田 建5 (1聖路加国際大学/医療情報学会, 2聖路加国際病院/日本POS医療学会, 3日本医師会, 4診療情報管理室/日本診療情報管理学会, 5医療情報学会): 第37回医療情報学連合大会 (2017/11/23), 大阪.

7231133. [学会 (全国)] (一般演題) 手術記録データを用いたNCDデータの収集. 小泉麻美1, 大上由紀子1, 荒井康夫1, 佐藤武郎1,2, 内藤雅仁3, 佐藤之俊3 (1診療情報管理室, 2下部消化管外, 3呼吸器外): 第43回日本診療情報管理学会学術大会 (2017/09/21), 札幌.

731143. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 多職種協働における診療情報管理士の役割・情報活用. 荒井康夫 (診療情報管理室): 第14回佐賀県診療情報管理懇話 会(2017/10/7), 佐賀.

732155. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 改正個人情報保護法への対応への関わり. 荒井康夫 (診療情報管理室): 第2回岩手県診療情報管理研究会 (2017/11/03), 岩手.

732156. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 病院のデータを活用した質改善の取り組み. 荒井康夫 (診療情報管理室): 第9回神奈川医療情報システム研究会 (2018/03/24), 神奈川.


臨床心理室

[学会・研究会等]

7231134. [学会 (全国)] (ポスター) 生体腎移植レシピエントの心理特徴と術後経過との関連について. 津盗S也1, 緒方慶三郎2, 滝澤毅矢3, 野口文乃4, 石井大輔5, 宮地英雄3, 山本賢司6, 吉田一成5,7, 宮岡 等3 (1臨床心理室, 2東病院臨床心理室, 3精神, 4看護部, 5泌尿器, 6東海大学, 7新世紀医療・先端医療): 第30回日本総合病院精神医学会総会 (2017/11/17), 富山.


トータルサポートセンター


緩和ケア室


移植医療支援室


北里大学東病院

東病院看護部

[学術論文]

522209. [講座]【連載: NO.3 ニューマン理論・研究・実践研究会の広場】何事も1人で頑張ってきた終末期がん患者A氏のケアとその意味づけ−M. ニューマン理論の観点からのケアの振り返りを通して−. 鈴木貴美1, 遠藤恵美子2 (1東病院看護部, 2NPO法人ニューマン理論・研究・実践研究会): 看護実践の科学 2017/6; 42 (6): 58-64.

522210. [講座]【連載: アセスメント能力向上編−看護診断・看護過程・看護理論の徹底深掘り 臨床活用事例集】NANDA-Iの13領域を活用した全体像の描写とカンファレンスの活用. 玄海泰子 (東病院看護部): 臨床看護記録 2017/6; 27 (2): 49-55.

540062. [その他(研究報告書等)] 受診者の状態に適したピロリ菌検査実施への取り組み〜多職種連携・協働における看護師の役割〜. 蓮見礼子1, 新甫知恵1, 三田五月子1, 奥永秀子1, 小林清典2,3, 竹澤三代子3, 鈴木 佑1 (1東病院看護部, 2新世紀医療・横断的医療, 3消化器内): 日本総合健診医学会誌 2017/9; 44 (5): 637-41.

[著 書]

620172. [学術書 (分担執筆)]【心疾患・COPD・神経疾患の緩和ケア−がんと何が同じで, どこがちがうか (緩和ケア 2017年6月増刊号)】4. 神経疾患 神経疾患の看護ケア (安定期・進行期・急性増悪期), p.146-8. 野田涼子 (東病院看護部), 青海社, 東京, 2017/6発行.

[学会・研究会等]

7231135. [学会 (全国)] (一般口演) 当センターにおける短期入所利用状況の実態調査〜開設から2年を経過して〜. 伊是名若菜 (東病院看護部): 第43回日本重症心身障害学会学術集会 (2017/9/29), 仙台, 第43回日本重症心身障害学会学術集会プログラム 2017/8; 42 (2): 160.

7231136. [学会 (全国)] (ポスター) 心不全患者の疾患管理状態に関わらずフレイルの合併は, 運動耐容能の低下に関与する. 清水絵里香1, 遠藤真一2, 野田千春3, 高橋由美1, 関根恵美子1 (1東病院看護部, 2婦人, 3循環器内): 第21回日本心不全学会学術集会 (2017/10/14), 秋田, 第21回日本心不全学会学術集会プログラム集 2017/8; p.387.

7231137. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演・シンポジウム) 今取り組むべきこと〜地域包括ケアシステム推進に向けて〜. 西澤貴子1, 臼井豊子2, 大谷玲子3, 上條真子4, 小野沢滋5 (1北里研究所病院, 2南町田訪問看護ステーション, 3東病院看護部, 4看護部, 5みその生活支援クリニック): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 相模原, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.20-4.

732157. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演・シンポジウム) 今取り組むべきこと〜看護の専門性を高めるために〜. 行俊可愛1, 栗城絵美2, 小山幸代3, 谷口陽子2 (1東病院看護部, 2看護部, 3看護学部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 相模原, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.26-9.

733442. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 癌終末期患者へのホリスティック看護〜リラクゼーション法を取り入れた事例〜. 瀧澤香織 (東病院看護部): 第19回神奈川看護学会 (2017/12/2), 神奈川, 神奈川看護学会集録 2017/10; p.69-71.

733443. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 自傷行為を繰り返す気分変調症患者の理解と信頼関係構築の過程について〜トラベルビーの看護理論を用いての学び〜. 荒井柚香1, 熊坂真由美1, 鈴木政宗1 (1東病院看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 相模原, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.38.

733444. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 自尊感情の低い患者理解と心理的母親役割について〜ペプロウの理論を用いて関係性構築の過程を振り返る〜. 坂井美音1, 熊坂真由美1, 鈴木政宗1 (1東病院看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 相模原, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.39.

733445. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 統合失調症患者との関わりで学んだ患者−看護師関係の発展と相互作用〜ペプロウの看護理論を用いた看護実践の振り返り〜. 神田有紀1, 熊坂真由美1, 鈴木政宗1 (1東病院看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 相模原, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.43.

733446. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 思いが異なる患者・家族の在宅調整支援からの学び〜患者・家族をケアの主体として捉えること〜. 武井智洋1, 玄海泰子1 (1東病院看護部): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 相模原, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.46.

733447. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 離院防止に向けた取り組みの実践報告〜シミュレーションを活用したマニュアルの検証〜. 本野千絵美1, 新甫知恵1, 浦島美奈子1, 藤田幸世1, 澤山 透2 (1東病院看護部, 2精神): 第17回北里看護研究会 (2017/12/9), 相模原, 第17回北里看護研究会プログラム抄録 2017/11; p.62.


東病院臨床検査部

[学会・研究会等]

733448. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 北里大学東病院臨床検査部の現状, 問題点および今後の課題. 宮下友里1, 鈴木淳子1, 棟方伸一1,2, 狩野有作2,3 (1東病院臨検部, 2臨検部, 3臨検学): 第7回北里大学4病院臨床検査部学術集会 (2017/7/1), 東京.

733449. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 当院で実施された電気眼振検査における視運動性眼振の検出状況について. 宮下友里1, 小幡 進2, 村山真弓1, 鈴木淳子1, 棟方伸一1,2, 狩野有作2,3 (1東病院臨検部, 2臨検部, 3臨検学): 平成29年度日臨技関甲信支部・首都圏支部医学検査学会 (第54回) (2017/10/29), 埼玉


東病院薬剤部

[学術論文]

110346. [原著] Relation of %T>MIC of piperacillin to the clinical outcome in the treatment of Gram-negative bacterial infections. Okuma R1, Hamada Y, Kohara H1, Hirayama T2,3, Kumamoto Y4, Kuroyama M1,2: The Japanese journal of antibiotics 2017/8; 70 (4): 187-200. (大隈良太1, 小原美江1, 平山武司2,3, 隈本雄介4, 黒山政一1,2: 1東病院薬剤部, 2薬学部, 3薬剤部, 4一般・小児・肝胆膵外)

522211. [講座]【連載: 薬の動きにZOOM UP】第1回: 糖尿病治療薬. 飛田夕紀1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 調剤と情報 2018/1; 24 (1): 70-7.

522212. [講座]【連載: 薬の動きにZOOM UP】第2回: 消化性潰瘍治療薬. 赤嶺ちか江1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 調剤と情報 2018/2; 24 (3): 54-60.

522213. [講座]【連載: 薬の動きにZOOM UP】第3回: 降圧薬. 香取祐介1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 調剤と情報 2018/3; 24 (4): 58-64.

[著 書]

620173. [学術書 (共著)]【キャラ勉! 抗菌薬データ】黒山政一1, 小原美江1, 村木優一2 (1東病院薬剤部, 2京都薬科大学臨床薬剤疫学分野), 羊土社, 東京, 2017/10発行.

620174. [学術書 (分担執筆)]【医療薬学 V. 薬物治療に役立つ情報 (スタンダード薬学シリーズII 6)】第I部 医薬品情報 第3章 収集・評価・加工・提供・管理, SBO 12, p.56-64. SBO 16, p.82-6. 香取祐介1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部), 総監修: 市川 厚2 (2武庫川女子大学薬学部), 編: 日本薬学会, 東京化学同人 東京, 2017/10発行.

620175. [学術書 (分担執筆)]【この患者・この症例にいちばん適切な薬剤が選べる 同効薬比較ガイド1 第2版】1. 睡眠薬, p.1-16. 赤嶺ちか江1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部), 編集代表: 黒山政一1, 編: 明石貴雄, 厚田幸一郎2, 片山志郎, 高橋美由紀, 平山武司2 (2薬剤部), じほう, 東京, 2017/12発行.

620176. [学術書 (分担執筆)]【この患者・この症例にいちばん適切な薬剤が選べる 同効薬比較ガイド1 第2版】2. 抗不安薬, p.17-32. 赤嶺ちか江1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部), 編集代表: 黒山政一1, 編: 明石貴雄, 厚田幸一郎2, 片山志郎, 高橋美由紀, 平山武司2 (2薬剤部), じほう, 東京, 2017/12発行.

620177. [学術書 (分担執筆)]【この患者・この症例にいちばん適切な薬剤が選べる 同効薬比較ガイド1 第2版】3. 抗精神病薬, p.33-48. 飛田夕紀1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部), 編集代表: 黒山政一1, 編: 明石貴雄, 厚田幸一郎2, 片山志郎, 高橋美由紀, 平山武司2 (2薬剤部), じほう, 東京, 2017/12発行.

620178. [学術書 (分担執筆)]【この患者・この症例にいちばん適切な薬剤が選べる 同効薬比較ガイド1 第2版】4. 抗うつ薬, p.49-62. 飛田夕紀1, 高橋美由紀, 黒山政一1 (1東病院薬剤部), 編集代表: 黒山政一1, 編: 明石貴雄, 厚田幸一郎2, 片山志郎, 高橋美由紀, 平山武司2 (2薬剤部), じほう, 東京, 2017/12発行.

620179. [学術書 (分担執筆)]【この患者・この症例にいちばん適切な薬剤が選べる 同効薬比較ガイド1 第2版】6. パーキンソン病治療薬 (ドパミンアゴニスト), p.81-96. 高橋美由紀1, 黒山政一2 (1元東病院薬剤部, 2東病院薬剤部), 編集代表: 黒山政一2, 編: 明石貴雄, 厚田幸一郎3, 片山志郎, 高橋美由紀, 平山武司3 (3薬剤部), じほう, 東京, 2017/12発行.

620180. [学術書 (分担執筆)]【この患者・この症例にいちばん適切な薬剤が選べる 同効薬比較ガイド1 第2版】7. 抗認知症薬, p.97-108. 滝川亜弥1, 黒山政一2 (1平和病院薬剤科, 2東病院薬剤部), 編集代表: 黒山政一2, 編: 明石貴雄, 厚田幸一郎3, 片山志郎, 高橋美由紀, 平山武司3 (3薬剤部), じほう, 東京, 2017/12発行.

620181. [学術書 (分担執筆)]【この患者・この症例にいちばん適切な薬剤が選べる 同効薬比較ガイド1 第2版】11. 筋弛緩薬, p.159-68. 川野千尋1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部), 編集代表: 黒山政一1, 編: 明石貴雄, 厚田幸一郎2, 片山志郎, 高橋美由紀, 平山武司2 (2薬剤部), じほう, 東京, 2017/12発行.

620182. [学術書 (分担執筆)]【この患者・この症例にいちばん適切な薬剤が選べる 同効薬比較ガイド1 第2版】16. 利尿薬, p.227-38. 香取祐介1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部), 編集代表: 黒山政一1, 編: 明石貴雄, 厚田幸一郎2, 片山志郎, 高橋美由紀, 平山武司2 (2薬剤部), じほう, 東京, 2017/12発行.

620183. [学術書 (分担執筆)]【治療薬ハンドブック2018−薬剤選択と処方のポイント−】同効薬比較表, p.24-6, 59, 85, 110, 142, 159, 200, 316, 369-72, 458-9, 482, 526-7, 628, 652, 687, 767, 801, 815, 919-20, 1114, 1128, 1161-2, 1214, 1268. 平山武司1, 飛田夕紀1, 川野千尋1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部), 監修: 高久史麿2, 編: 堀 正二3, 菅野健太郎2, 門脇 孝4, 乾 賢一5, 林 昌洋6 (2自治医科大学, 3大阪府立成人病センター, 4東京大学大学院医学系研究科, 5京都薬科大学, 6虎ノ門病院), じほう, 東京, 2018/1発行.

620184. [学術書 (分担執筆)]【治療薬ハンドブック2018−薬剤選択と処方のポイント−】付録 抗菌薬適応菌種一覧, p.3-15. 黒山政一1 (1東病院薬剤部), 監修: 高久史麿2, 編: 堀 正二3, 菅野健太郎2, 門脇 孝4, 乾 賢一5, 林 昌洋6 (2自治医科大学, 3大阪府立成人病センター, 4東京大学大学院医学系研究科, 5京都薬科大学, 6虎ノ門病院), じほう, 東京, 2018/1発行.

620185. [学術書 (分担執筆)]【病気とくすり2018 基礎と実践 Expert's Guide (薬局2018年増刊 69(4))】2. 精神・中枢神経系の病気とくすり 不眠,不眠症 治療薬の薬理と薬学管理上の注意点, p.87-97. 赤嶺ちか江1, 黒山政一1, 他 (1東病院薬剤部), 南山堂, 東京, 2018/3発行.

[学会・研究会等]

722312. [学会 (全国)] (シンポジウム)【シンポジウム4:「鎮痛薬を考える」−有効で安全な選び方, 減らし方】神経障害性疼痛治療薬の使用と薬剤師の関わり. 川野千尋1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 第8回日本アプライド ・セラピューティクス (実践薬物治療) 学会学術大会・第2回日本臨床薬理学会 関東 ・甲信越地方会 (2017/9/10), 横浜, アプライド・セラピューティクス (実践薬物治療) 学会学術大会プログラム・抄録集 2017/8; 9: 40.

7231138. [学会 (全国)] (ポスター) 電気けいれん療法適正化に向けた薬剤師による取り組み. 飛田夕紀1,2, 石山洋子2, 赤嶺ちか江1, 近藤静香1, 斉藤美鈴1, 川野千尋1,2, 宮岡 等3, 黒山政一1,2 (1東病院薬剤部, 2薬学部, 3精神): 医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム (2017/7/1), 鹿児島, 医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム講演要旨集 2017/7; p.202.

7231139. [学会 (全国)] (ポスター) リルゾール服用患者における肝機能障害に関する研究. 中川歩美1, 川野千尋1,2, 平山武司1,2, 西山和利3, 黒山政一1,2 (1薬学部, 2東病院薬剤部, 3神経内): 医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム (2017/7/1), 鹿児島, 医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム講演要旨集 2017/7; p.223.

7231140. [学会 (全国)] (ポスター) オキシコドン徐放錠からフェンタニル貼付剤へのオピオイドスイッチングが排便に及ぼす影響に関する研究. 小松田一穂1, 川野千尋1,2, 平山武司1,3, 渡辺昌彦4, 小泉和三郎5, 黒山政一1,2 (1薬学部, 2東病院薬剤部, 3薬剤部, 4下部消化管外, 5消化器内): 医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム (2017/7/1), 鹿児島, 医療薬学フォーラム2017 第25回クリニカルファーマシーシンポジウム講演要旨集 2017/7; p.259.

733450. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) リルゾールによる肝障害の重症度に関する研究. 川野千尋1, 黒山政一1,2 (1東病院薬剤部, 2薬学部): 北里大学四病院薬剤部合同研究会 (2017/6/17), 東京.

733451. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 病棟業務の紹介−北里大学東病院−. 大隈良太1, 宮島律子1, 小原美江1, 新井万理子1, 黒山政一1 (1東病院薬剤部): 北里大学四病院薬剤部合同研究会 (2017/6/17), 東京.

733452. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) バルプロ酸は網膜血管新生を抑制する. 飯塚直人1, 川野千尋1,2, 牛久保裕子1, 森 麻美1, 平山武司1, 坂本謙司1, 黒山政一1,2, 中原 務2 (1薬学部, 2東病院薬剤部): 第136回日本薬理学会関東部会 (2017/7/8), 東京.)

733453. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) お薬の飲み方−基本編−. 近藤静香 (東病院薬剤部): デイケア心理教育プログラム (2017/7/20), 相模原.

733454. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 統合失調症の薬ってどんな薬? 飛田夕紀 (東病院薬剤部): 平成29年度当事者支援セミナー (2017/8/22), 藤沢.

733455. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 慢性期病院における病棟薬剤師による薬学的介入の医療経済効果に関する研究. 南 知沙1, 鈴木敬太2, 川野千尋1,2, 黒山政一1,2 (1薬学部, 2東病院薬剤部): 日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会 (2017/8/26), 群馬, 日本病院薬剤師会関東ブロック第47回学術大会講演要旨集 2017/8; p.233.

733456. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) リルゾール服用患者における肝機能障害発現の危険因子に関する研究. 川野千尋1,2, 平山武司1,3, 飛田夕紀1,2, 黒山政一1,2 (1薬学部, 2東病院薬剤部, 3薬剤部): 第39回白金シンポジウム (2017/12/19), 東京, 第39回白金シンポジウム講演要旨集 2017/12; p.55.


東病院臨床心理室

[学会・研究会等]

7231141. [学会 (全国)] (ポスター) 成人自閉スペクトラム症のP-Fスタディの特徴 報告2−集団一致度 (GCR) とASD特性との検討−. 緒方慶三郎1, 井上勝夫2, 植松美帆1 (1東病院臨床心理室, 2精神): 日本心理臨床学会第36回大会 (2017/11/20), 横浜.