2019年度 北里大学医学部・大学病院研究業績集(HTML版)


(注:原本で御確認下さい)



解剖学 (小川単位)

[学術論文]

110001. [原著] Parallel Evolution of Two dmrt1-Derived Genes, dmy and dm-W, for Vertebrate Sex Determination. Ogita Y, Mawaribuchi S, Nakasako K, Tamura K, Matsuda M, Katsumura T1, Oota H, Watanabe G, Yoneda S, Takamatsu N, Ito M: iScience 2020/1; 23 (1): 100757. (勝村啓史1: 1解剖)

[学会・研究会等]

713001. [学会 (国際)] (一般講演) The fine structural approach to clarify the pathophysiological mechanism of orthopedic diseases by analyzing the spinal excurved Medaka mutant, wavy (wy). Nishimaki T1, Uchida K2, Yamada M, Oda S, Oga A, Oota H, Katsumura T3, Takaso M2, Ogawa M3: The 19th Congress of the International Federation of Associations of Anatomists (2019/8/9), London, UK. (西槇俊之1, 内田健太郎2, 勝村啓史3, 高相晶士2, 小川元之3: 1形態系, 2整外, 3解剖)

713002. [学会 (国際)] (一般講演) CHANGES IN BLOOD COMPONENT AND DNA METHYLATION PATTERNS IN HEALTHY MEN EXPOSED HYPOBARIC HYPOXIA. Motoi M, Toyoshima H, Nakayama K, Kishida F, Shin S, Nishimura T, Yasukochi Y, Katsumura T1, Oota H, Maeda T, Watanuki S: 14TH INTERNATIONAL CONGRESS OF PHYSIOLOGICAL ANTHROPOLOGY 2019 (ICPA2019) (2019/9/24), Singapore. (勝村啓史1: 1解剖)

723001. [学会 (全国)] (一般講演) 健常男性における低圧低酸素曝露時の血中免疫系指標の変化. 本井 碧, 豊島秀夫, 岸田 文, Shin S, 西村貴孝, 安河内彦輝, 勝村啓史1, 中山一大, 太田博樹, 前田享史, 綿貫茂喜 (1解剖): 日本生理人類学会第79回大会 (2019/6/1), 高輪.

723002. [学会 (全国)] (一般講演) メダカ集団を用いたヒト新奇性追求行動に関わるゲノム領域の探索. 勝村啓史1, 尾田正二, 上岡史享, 三谷啓志, 小川元之1, 太田博樹, 竹内秀明 (1解剖): 日本進化学会第21回大会 (2019/8/7), 札幌.

723003. [学会 (全国)] (一般講演) 新規側弯症モデルとしてwyメダカの有用性の検討. 勝村啓史1, 内田健太郎2, 山田 稔, 西槇俊之3, 尾田正二, 小賀厚徳, 太田博樹, 高相晶士2 (1解剖, 2整外, 3形態系): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723004. [学会 (全国)] (一般講演) 新規側彎症モデルとしてwyメダカの有用性の検討. 勝村啓史1, 内田健太郎2, 山田 稔, 西槇俊之3, 尾田正二, 小賀厚徳, 太田博樹, 高相晶士2, 小川元之1 (1解剖, 2整外, 3形態系): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17), 横浜.

723005. [学会 (全国)] (一般講演) アマゴ・サツキマスにおける回遊多型の遺伝基盤の探索. 上田るい, 田中達也, 勝村啓史1, 橋口康之, 武島弘彦, Michael R MILLER, 佐藤拓哉 (1解剖): 第67回日本生態学会大会 (2020/3/7), 名古屋.

'18年度以前分

[学会・研究会等]

'18-723001. [学会 (全国)] (一般講演) LAMP法を使用した解剖体における結核菌の迅速検査. 三浦正明1, 新井雄太1, 玉木英明1,2, 勝村啓史1, 小川元之1 (1解剖, 2臨床解剖教育): 第124回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2019/3/27), 新潟.


解剖学 (阪上単位)

[学術論文]

110002. [原著] Regulation of Ca2+/calmodulin-dependent protein kinase kinase β by cAMP signaling. Takabatake S, Ohtsuka S, Sugawara T1, Hatano N, Kanayama N, Magari M, Sakagami H1, Tokumitsu H: Biochim Biophys Acta Gen Subj 2019/4; 1863 (4): 672-80 (菅原健之1, 阪上洋行1: 1解剖)

110003. [原著] Localization of phosphatidylinositol 4-phosphate 5-kinase (PIP5K) α, β, γ in the three major salivary glands in situ of mice and their response to β-adrenoceptor stimulation. Khrongyut S, Rawangwong A, Pidsaya A, Sakagami H1, Kondo H, Hipkaeo W: J Anat 2019/4; 234 (4): 502-14. (阪上洋行1: 解剖1)

110004. [原著] Mice lacking EFA6C/Psd2, a guanine nucleotide exchange factor for Arf6, exhibit lower Purkinje cell synaptic density but normal cerebellar motor functions. Saegusa S1, Fukaya M2, Kakegawa W, Tanaka M3, Katsumata O, Sugawara T2, Hara Y2, Itakura M4, Okubo T5, Sato T5, Yuzaki M, Sakagami H2: PLoS One 2019/5; 14 (5): e0216960. (三枝信大郎1, 深谷昌弘2, 田中 学3, 菅原健之2, 原 芳伸2, 板倉 誠4, 大久保直5, 佐藤俊哉5, 阪上洋行2: 1医学部, 2解剖, 3バイオイメージ研究セ, 4生化, 5実動)

110005. [原著] Data on the effects of Charcot-Marie-Tooth disease type 2N-associated AARS missense mutation (Arg329-to-His) on the cell biological properties. Imaizumi N, Takeuchi Y, Hirano H, Torii T, Seki Y, Morimoto T, Miyamoto Y, Sakagami H1, Yamauchi J: Data Brief 2019/5; 25: 104029. (阪上洋行1: 解剖1)

110006. [原著] Aberrant Amygdala-Dependent Cued Fear Memory in Na+/Ca2+ Exchanger 1 Heterozygous Mice. Moriguchi S, Kita S, Inagaki R, Yabuki Y, Sasaki Y, Ishikawa S, Sakagami H1, Iwamoto T, Fukunaga K: Mol Neurobiol 2019/6; 56 (6): 4381-94. (阪上洋行1: 1解剖)

[学会・研究会等]

723006. [学会 (全国)] (一般講演) 海馬神経細胞におけるBRAG2-Arf6シグナル経路を介したAMPA受容体のシナプス発現調節機構. 深谷昌弘1, 阪上洋行1 (1解剖): 第125回日本解剖学会総会・全国学術集会 (2020/3/27), 山口.

'18年度以前分

[学術論文]

H25-110001. [原著] Type 1 inositol trisphosphate receptor regulates cerebellar circuits by maintaining the spine morphology of purkinje cells in adult mice. Sugawara T1, Hisatsune C, Le TD, Hashikawa T, Hirono M, Hattori M, Nagao S, Mikoshiba K: J Neurosci 2013/7; 33 (30): 12186-96. (菅原健之1: 1解剖)

H25-110002. [原著] IP3R1 deficiency in the cerebellum/brainstem causes basal ganglia-independent dystonia by triggering tonic Purkinje cell firings in mice. Hisatsune C, Miyamoto H, Hirono M, Yamaguchi N, Sugawara T1, Ogawa N, Ebisui E, Ohshima T, Yamada M, Hensch TK, Hattori M, Mikoshiba K: Front Neural Circuits 2013/10; 7: 156. (菅原健之1: 1解剖)

H29-110001. [原著] Regulation of spinogenesis in mature Purkinje cells via mGluR/PKC-mediated phosphorylation of CaMKIIβ. Sugawara T1, Hisatsune C, Miyamoto H, Ogawa N, Mikoshiba K: Proc Natl Acad Sci U S A 2017/6; 114 (26): E5256-65. (菅原健之1: 1解剖)

'18-110001. [原著] Hyperactivation of mTORC1 disrupts cellular homeostasis in cerebellar Purkinje cells. Sakai Y, Kassai H, Maeda T, Nakayama H, Fukaya M1, Maeda T, Nakao K, Hashimoto K, Sakagami H1, Kano M, Aiba A: Sci Rep 2019/2; 9 (1): 2799. (深谷昌弘1, 阪上洋行1: 1解剖)


生理学 (川上単位)

[著 書]

620001. [学術書 (分担執筆)] 【生き物と音の事典】第5章 鳥類 5-23 オウム・インコの発声機構, p.224-5. 佐藤亮平 (生理), 編: 生物音響学会, 朝倉書店, 東京, 2019/11発行.

620002. [学術書 (分担執筆)] 【生き物と音の事典】第5章 鳥類 5-27 オウム・インコのコール学習, p.230-1. 藤原宏子, 佐藤亮平1 (1生理), 編: 生物音響学会, 朝倉書店, 東京, 2019/11発行.

[学会・研究会等]

723007. [学会 (全国)] (一般講演) マウスの新奇恐怖の強度および味覚嫌悪学習記憶獲得の週齢依存的な相違. 吉田彩乃, 田母神佳奈, 渡辺愛子, 藤原宏子, 佐藤亮平1, 宮本武典 (1生理): 日本動物学会第90回大阪大会 2019 (2019/9/12), 大阪.

723008. [学会 (全国)] (一般講演) セキセイインコのコンタクト・コール学習と高次聴覚領域. 佐藤亮平1, 藤原宏子, 渡辺愛子, 田母神佳奈, Matthijs A Zandbergen, Johan J Bolhuis, 宮本武典 (1生理): 日本動物学会第90回大阪大会 2019 (2019/9/14), 大阪.

723009. [学会 (全国)] (一般講演) キナクリンと青色光による腫瘍細胞死 Acute death of tumor cells induced by quinacrine with blue light. 比留間弘美 (生理): 第97回日本生理学会大会 (2020/3/19), 大分 (誌上開催).

'18年度以前分

[学会・研究会等]

'18-713001. [学会 (国際)] (一般講演) Different expression of Olig2 and O4 in cultured mouse brain cells. Hiruma H1: 9th FAOPS Congress (2019/3/30), Kobe, Japan. (比留間弘美1: 1生理)


生理学 (高橋単位)

[学術論文]

110007. [原著] Bidirectional in vivo structural dendritic spine plasticity revealed by two-photon glutamate uncaging in the mouse neocortex. Noguchi J, Nagaoka A, Hayama T, Ucar H, Yagishita S, Takahashi N1, Kasai H: Sci Rep 2019/9; 9 (1): 13922. (高橋倫子1: 1生理)

110008. [原著] Involvement of inflammasome activation via elevation of uric acid level in nociception in a mouse model of muscle pain. Yoshida S, Hagiwara Y, Tsuchiya M, Shinoda M, Koide M, Hatakeyama H1, Chaweewannakorn C, Suzuki K, Yano T, Sogi Y, Itaya N, Sekiguchi T, Yabe Y, Sasaki K, Kanzaki M, Itoi E: Mol Pain 2019/1-12; 15: 1744806919858797. (畠山裕康1: 1生理)

110009. [原著] Extracellular α-synuclein enters dopaminergic cells by modulating flotillin-1-assisted dopamine transporter endocytosis. Kobayashi J, Hasegawa T, Sugeno N, Yoshida S, Akiyama T, Fujimori K, Hatakeyama H1, Miki Y, Tomiyama A, Kawata Y, Fukuda M, Kawahata I, Yamakuni T, Ezura M, Kikuchi A, Baba T, Takeda A, Kanzaki M, Wakabayashi K, Okano H, Aoki M: FASEB J 2019/9; 33 (9): 10240-56. (畠山裕康1: 1生理)

110010. [原著] Thy1 promoter activity in the Rosa26 locus in mice: lessons from Dre-rox conditional expression system. Tamura S, Yasuoka Y1, Miura H, Takahashi G, Sato M, Ohtsuka M: Exp Anim 2020/8; 69 (3): 287-94. doi: 10.1538/expanim.20-0002. Epub 2020 Feb 11. (安岡有紀子1: 1生理)

522001. [講座]【特集: 膵島研究update】インスリン分泌のダイナミクス. 高橋倫子 (生理): 糖尿病・内分泌代謝科 2020/2; 50 (2): 71-6.

522002. [講座]【特集 Cl-: 電解質のクイーン】[序論] Cl-とその役割. 河原克雅, 安岡有紀子1 (1生理): 腎と透析 2020/3; 88 (3): 316-21.

522003. [講座]【特集 Cl-: 電解質のクイーン】[各論] 集合管の酸塩基調節能 2) アルドステロン-MR軸による電解質・酸塩基調節. 野々口博史, 安岡有紀子1, 泉裕一郎 (1生理): 腎と透析 2020/3; 88 (3): 377-81.

522004. [講座]【特集 Cl-: 電解質のクイーン】[各論] 集合管の酸塩基調節能 4) 腎集合管間在細胞type-B: 管腔膜アニオン交換体 (Pendrin) の調節機能. 安岡有紀子1, 河原克雅 (1生理): 腎と透析 2020/3; 88 (3): 390-5.

540001. [その他 (委員会報告)] 糖尿病専門医の働き方と生活現状調査, 学会に求められる取組みについて〜2017年度「糖尿病医のキャリアにおける現状調査と今後の展望に向けたアンケート」結果より〜. 成瀬桂子1, 安孫子亜津子1, 中山ひとみ1, 田中伸枝1, 池田香織1, 井町仁美1, 牛込恵美1, 馬屋原豊1, 太田 節1, 岡田由紀子1, 小谷紀子1, 高橋倫子1,2, 寺井 愛1, 中村昭伸1, 藤川るみ1, 三浦順之助1, 森田恵美子1, 柳町 幸1, 植木浩二郎1 (1女性糖尿病医をpromoteする委員会, 2生理): 糖尿病 2019/5; 62 (5): 337-46.

[著 書]

621001. [学術書 (監修・編集・その他)] 【コスタンゾ明解生理学 原著第6版】6 腎臓の生理学, 7 酸塩基の生理学, 8消化器系の生理学, 9内分泌系の生理学, 10 生殖の生理学, p.271-550. 監訳: 林 俊宏, 高橋倫子1 (1生理), エルゼビア・ジャパン, 東京, 2019/9発行.

622001. [学術書 (翻訳)]【コスタンゾ明解生理学 原著第6版】6 腎臓の生理学, p.271-305. 安岡有紀子1, 福田英一1 (1生理), 監訳: 林 俊宏, 高橋倫子1 (1生理), エルゼビア・ジャパン, 東京, 2019/9発行.

622002. [学術書 (翻訳)]【コスタンゾ明解生理学 原著第6版】9 内分泌系の生理学, p.439-512. 畠山裕康1 (1生理), 監訳: 林 俊宏, 高橋倫子1 (1生理), エルゼビア・ジャパン, 東京, 2019/9発行.

[学会・研究会等]

722001. [学会 (全国)] (シンポジウム企画)【座長】Mechanosensing of the enlargement of dendritic spines by presynaptic terminals in rat hippocampus. Ucar Hasan, 渡辺 惠, 野口 潤, 柳下 祥, 守本祐一, 高橋倫子1, 河西春郎 (1生理): 第97回日本生理学会大会 (2020/3/18), 大分.

723010. [学会 (全国)] (一般講演) 膵β細胞制御におけるMek/Erkシグナルの役割の解明. 生島芳子, 小林直樹, 粟澤元晴, 諏訪内浩紹, 添田光太郎, 村谷匡史, 高橋倫子1, 植木浩二郎 (1生理): 第62回日本糖尿病学会年次学術集会 (2019/5/23), 仙台.

723011. [学会 (全国)] (一般講演) 低リン食誘発アルカリ尿は, 集合管IC-B管腔膜PendrinからのHCO3-過剰分泌が原因である. 安岡有紀子1, 大嶋友美2, 佐藤雄一3, 高橋倫子1, 野々口博史, 河原克雅 (1生理, 2生物物理系, 3医療衛生学部): 第62回日本腎臓学会学術総会 (2019/6/23), 名古屋.

723012. [学会 (全国)] (一般講演) MEK/ERKシグナルは膵β細胞の量と分泌能を制御する. 生島芳子, 小林直樹, 粟澤元晴, 諏訪内浩紹, 添田光太郎, 村谷匡史, 高橋倫子1, 植木浩二郎 (1生理): 第31回分子糖尿病学シンポジウム (2019/12/7), 東京.

723013. [学会 (全国)] (一般講演) カルシウム (Ca) 塩経口摂取の栄養学的視点と逆説的骨吸収. 河原克雅, 安岡有紀子1, 野々口博史, 戸恒和人, 関野 慎 (1生理): 第23回日本病態栄養学会年次学術集会 (2020/1/24), 京都.

723014. [学会 (全国)] (一般講演) MEK/ERK シグナルによる膵β細胞制御. 生島芳子, 小林直樹, 粟澤元晴, 諏訪内浩紹, 添田光太郎, 村谷匡史, 高橋倫子1, 植木浩二郎 (1生理): 第34回日本糖尿病・肥満動物学会年次学術集会 (2020/2/1), 群馬.

723015. [学会 (全国)] (一般講演) 遠位尿細管における組織カリクレインの発現とカルシウム輸送. 安岡有紀子1, 大嶋友美2, 佐藤雄一3, 高橋倫子1, 野々口博史, 河原克雅 (1生理, 2生物物理系, 3医療衛生学部): 第97回日本生理学会大会 (2020/3/19), 誌上開催.

723016. [学会 (全国)] (一般講演) GLUT4輸送においてインスリン応答性に起こる解放過程と異種小胞間融合の同時可視化解析. 畠山裕康1, 神崎 展 (1生理): 第97回日本生理学会大会 (2020/3/19), 誌上開催.

732001. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 基礎医学から糖尿病学へのアプローチ. 高橋倫子 (生理): 日本糖尿病学会関東甲信越地方会企画 Young Diabetologists Research Forum (2019/7/6), 東京.

733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 糖輸送担体の細胞内輸送システムを一分子レベルでみる・はかる. 畠山裕康 (生理): 北里大学医学部第11回プログレスレポート会議 (2019/9/18), 相模原.

733002. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) TASK2KOマウスの酸塩基インバランスは代償性アンモニア産生を伴わない. 安岡有紀子1, 大嶋友美2, 高橋倫子1, 佐藤雄一3, 野々口博史, 錦谷まり子, 戸恒和人, 関根 慎, 河原克雅 (1生理, 2生物物理系, 3医療衛生学部): 第49回日本腎臓学会東部学術大会 (2019/10/4), 東京.

733003. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 過去の研究活動を振り返って〜何が今につながっているか?〜. 畠山裕康 (生理): 連携型博士研究人材総合育成システム 次世代研究者シンポジウム2019 (2019/10/31), 名古屋.


生化学 (堺単位)

[学術論文]

110011. [原著] IκB kinase 2 is not essential for platelet activation. Salzmann M, Bleichert S, Moser B, Mussbacher M, Haase M, Hoesel B, Schrottmaier WC, Kral-Pointner JB, Itakura M1, Schmidt K, Assinger A, Schmid JA: Blood Adv 2020/2; 4 (4): 638-43. (板倉 誠1: 1生化)

110012. [原著] Electron Microscopic Detection of Single Membrane Proteins by a Specific Chemical Labeling. Tabata S, Jevtic M, Kurashige N, Fuchida H, Kido M, Tani K, Zenmyo N, Uchinomiya S, Harada H, Itakura M1, Hamachi I, Shigemoto R, Ojida A: iScience 2019/12; 22: 256-68. (板倉 誠1: 1生化)

[学会・研究会等]

713002. [学会 (国際)] (一般講演) Identification and functional analysis of FGFR2 binding proteins in diffuse-type gastric carcinoma. Shirakihara T1: American Association for Cancer Research Annual Meeting 2019 (2019/4/1), Atlanta, GA, USA. (白木原琢哉1: 1生化)

723017. [学会 (全国)] (一般講演) スキルス胃がんの進展に関わるFGF受容体結合タンパク質TfR1の機能解析. 白木原琢哉 (生化): 第28回日本がん転移学会学術集会・総会 (2019/7/26), 鹿児島.

723018. [学会 (全国)] (一般講演) びまん性胃がんの進展に関わるFGFR2結合タンパク質の探索と機能解析. 白木原琢哉 (生化): 第78回日本癌学会学術総会 (2019/9/26), 京都.

723019. [学会 (全国)] (一般講演) びまん性胃がんの進展に関わるFGFR2結合タンパク質の探索と機能解析. 白木原琢哉 (生化): 第一回日本癌学会若手の会 (2020/2/11), 静岡.

731001. [学会 (全国)] (特別講演) スキルス胃がん細胞株におけるFGF受容体結合タンパク質の探索と機能解析. 白木原琢哉 (生化): 若手研究者発表・討論会 プログレスレポート会議 (2019/5/22), 相模原.


生化学 (萬代単位)

[著 書]

610001. [学術書 (分担執筆)]【Ketamine: From abused drug to rapid-acting antidepressant】Synaptic modulation in the effect of ketamine, p.69-87. Okada D1, Editors: Hashimoto K2, Ide S3, Ikeda K3 (2Chiba University, 3Tokyo Metropolitan Institute of Medical Science), Springer Nature Singapore Pte Ltd., Singapore, 2020 /1. (岡田大助1: 1生化)

[学会・研究会等]

723020. [学会 (全国)] (一般講演) ストレス刺激による脳内SNAP-25のリン酸化とモノアミン放出の変化. 山森早織1, 安田修一2, 渡辺 滋, 宮岡 等3, 萬代研二1 (1生化, 2生物物理系, 3精神): 第92回日本生化学会大会 (2019/9/20), 横浜.


分子遺伝学

[学術論文]

110013. [原著] Dysregulated DNA methylation of GLA gene was associated with dysfunction of autophagy. Yanagisawa H, Hossain MA, Miyajima T, Nagao K1, Miyashita T1, Eto Y: Mol Genet Metab 2019/4; 126 (4): 460-5. (長尾和右1, 宮下俊之1: 1分子遺伝)

110014. [原著] MicroRNAs profiling in fibroblasts derived from patients with Gorlin syndrome. Shiohama T, Fujii K, Miyashita T1, Takatani T, Ikehara H, Uchikawa H, Motojima T, Uchida T, Shimojo N: J Hum Genet 2019/8; 64 (8): 757-65. (宮下俊之1: 1分子遺伝)

210001. [準原著] (Data Report) A novel PTCH1 mutation in basal cell nevus syndrome with rare craniofacial features. Murata Y, Kurosaka H, Ohata Y, Aikawa T, Takahata S, Fujii K, Miyashita T1, Morita C, Inubushi T, Kubota T, Sakai N, Ozono K, Kogo M, Yamashiro T: Hum Genome Var 2019/4; 6: 16. (宮下俊之1: 1分子遺伝)

310001. [症例報告] A familial case of overgrowth syndrome caused by a 9q22.3 microdeletion in a mother and daughter. Yamada H, Shimuraa M, Takahashi H, Nara S, Morishima Y, Go S, Miyashita T1, Numabe H, Kawashima H: Eur J Med Genet 2020/5; 63 (5): 103872. (宮下俊之1: 1分子遺伝)

[学会・研究会等]

722002. [学会 (全国)] (シンポジウム) ヘッジホッグ異常症のiPS細胞とゲノム編集. 宮下俊之 (分子遺伝): 第61回日本小児神経学会学術集会 (2019/6/1), 名古屋.

723021. [学会 (全国)] (一般演題) PTCH1遺伝子の全欠失を伴うGorlin症候群 (9q22.3微細欠失) の親子例. 志村 優, 山田ひかり, 長谷川里奈, 高橋英城, 奈良昇乃助, 森島靖行, 呉 宗憲, 宮下俊之1, 沼部博直, 河島尚志 (1分子遺伝): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢.

732002. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) ヘッジホッグシグナル伝達の亢進と疾患. 宮下俊之 (分子遺伝): お茶の水がん学アカデミア第161回集会 (2020/2/26), 東京.

'18年度以前分

[学術論文]

'18-522001. [講座]【特集: Gorlin症候群−発生から治療まで−】Gorlin症候群の遺伝子診断. 宮下俊之1, 高山吉永1 (1分子遺伝):週刊医学の歩み 2019/1; 268 (2): 123-6.


薬理学

[学術論文]

110015. [原著] VEGF Receptor 1-Expressing Macrophages Recruited from Bone Marrow Enhances Angiogenesis in Endometrial Tissues. Sekiguchi K1, Ito Y2, Hattori K3, Inoue T4, Hosono K2, Honda M3, Numao A, Amano H2, Shibuya M, Unno N1, Majima M2: Sci Rep 2019/5; 9 (1): 7037. (関口和企1, 伊藤義也2, 服部響子3, 井上智仁4, 細野加奈子2, 本田雅子3, 天野英樹2, 海野信也1, 馬嶋正隆2: 1産科, 2薬理, 3大学院医療系研究科, 4消化器内)

110016. [原著] RAMP1 signaling in immune cells regulates inflammation-associated lymphangiogenesis. Tsuru S1, Ito Y2, Matsuda H3, Hosono K2, Inoue T4, Nakamoto S1, Kurashige C3, Mishima T5, Tsujikawa K, Okamoto H3, Majima M2: Lab Invest 2020/5; 100 (5): 738-50. (津留世里1, 伊藤義也2, 松田弘美3, 細野加奈子2, 井上智仁4, 中本修司1, 藏重千絵3, 美島利昭5, 岡本浩嗣3, 馬嶋正隆2: 1大学院医療系研究科, 2薬理, 3麻酔, 4消化器内, 5心臓血管外)

110017. [原著] The role of vascular endothelial growth factor receptor 1 tyrosine kinase signaling in bleomycin-induced pulmonary fibrosis. Amano H1, Mastui Y2, Ito Y1, Shibata Y, Betto T3, Eshima K4, Ogawa F, Satoh Y2, Shibuya M, Majima M1: Biomed Pharmacother 2019/9; 117: 109067. (天野英樹1, 松井啓夫2, 伊藤義也1, 別當朋広3, 江島耕二4, 佐藤之俊2, 馬嶋正隆1: 1薬理, 2呼吸器外, 3消化器内, 4免疫)

110018. [原著] Thromboxane A 2 receptor signaling in endothelial cells attenuates monocrotaline-induced liver injury. Otaka F1, Ito Y2, Inoue T3, Ohkubo H4, Nishizawa N5, Kojo K6, Betto T3, Yamane S3, Narumiya S, Koizumi W3, Majima M2: Toxicol Appl Pharmacol 2019/10; 381: 114733. (大高史聖1, 伊藤義也2, 井上智仁3, 大久保博世4, 西澤伸恭5, 古城 憲6, 別當朋広3, 山根早紀子3, 小泉和三郎3, 馬嶋正隆2: 1大学院医療系研究科, 2薬理, 3消化器内, 4心臓血管外, 5一般・小児・肝胆膵外, 6下部消化管外)

110019. [原著] Microsomal prostaglandin E synthase-1 promotes lung metastasis via SDF-1/CXCR4-mediated recruitment of CD11b+ Gr1+ MDSCs from bone marrow. Takahashi R1, Amano H1, Ito Y1, Eshima K2, Satoh T3, Iwamura M3, Nakamura M4, Kitasato H4, Uematsu S, Raouf J, Jakobsson PJ, Akira S, Majima M1: Biomed Pharmacother 2020/1; 121: 109581. doi: 10.1016/j.biopha.2019.109581. Epub 2019 Nov 10. (高橋 亮1, 天野英樹1, 伊藤義也1, 江島耕二2, 佐藤威文3, 岩村正嗣3, 中村正樹4, 北里英郎4, 馬嶋正隆1: 1薬理, 2免疫, 3泌尿器, 4医療衛生学部)

110020. [原著] EP3 signaling in dendritic cells promotes liver repair by inducing IL-13-mediated macrophage differentiation in mice. Nakamoto S1, Ito Y2, Nishizawa N3, Goto T1, Kojo K4, Kumamoto Y3, Watanabe M5, Narumiya S, Majima M2: FASEB J 2020/4; 34 (4): 5610-27. doi: 10.1096/fj.201901955R. Epub 2020 Feb 28. (中本修司1, 伊藤義也2, 西澤伸恭3, 後藤卓也1, 古城 憲4, 隈元雄介3, 渡邊昌彦5, 馬嶋正隆2: 1大学院医療系研究科, 2薬理, 3一般・小児・肝胆膵外, 4下部消化管外, 5北里大学北里研究所病院)

220001. [準原著] リンパ管新生を制御する神経ペプチドCGRPの役割. 伊藤義也1, 津留世里2, 細野加奈子1, 天野英樹1, 馬嶋正隆1 (1薬理, 2大学院医療系研究科): リンパ学 2019/12; 42 (2): 72-5.

[学会・研究会等]

722003. [学会 (全国)] (招待講演等) 炎症時のリンパ管新生を制御する神経ペプチドCGRPの役割 (Neuropeptide CGRP regulates inflammation by increasing lymphangiogenesis). 細野加奈子1, 伊藤義也1, 天野英樹1, 馬嶋正隆1 (1薬理): 第93回日本薬理学会年会 (2020/3/16-18), 紙上開催.

723022. [学会 (全国)] (一般講演) プロスタグランジンEP3受容体シグナルを介した肝樹状細胞の肝修復促進作用. 中本修司1, 伊藤義也2, 西澤信恭3, 大高史聖1, 津留世里1, 服部響子4, 本田雅子1, 天野英樹2, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3一般・小児・肝胆膵外, 4産科): 第40回日本炎症・再生医学会 (2019/7/16), 神戸.

723023. [学会 (全国)] (一般講演) 虚血改善におけるmPGES-1/PGE2-EP4 signalの解析. 天野英樹1, 江島耕二2, 伊藤義也1, 審良静男, 成宮 周, 馬嶋正隆1 (1薬理, 2免疫): 第40回日本炎症・再生医学会 (2019/7/16), 神戸.

723024. [学会 (全国)] (一般講演) 腹膜炎時の横隔膜リンパ管新生を制御する受容体活性調節蛋白1 (RAMP1) の役割. 津留世里1, 伊藤義也2, 細野加奈子2, 井上智仁3, 松田弘美4, 藏重千絵4, 中本修司1, 大高史聖1, 岡本浩嗣4, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3消化器内, 4麻酔): 第40回日本炎症・再生医学会 (2019/7/16), 神戸.

723025. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮内膜症におけるリンパ管新生を制御するVEGFR1の役割解明. 服部響子1, 伊藤義也2, 本田雅子3, 関口和企1, 細野加奈子2, 海野信也1, 馬嶋正隆2 (1産科, 2薬理, 3大学院医療系研究科): 第40回日本炎症・再生医学会 (2019/7/16), 神戸.

723026. [学会 (全国)] (一般講演) トロンボキサンA2受容体シグナルの肝類洞閉塞症候群における役割. 伊藤義也1, 大高史聖2, 大久保博世3, 馬嶋正隆1 (1薬理, 2大学院医療系研究科, 3心臓血管外): 第33回肝類洞壁細胞研究会学術集会 (2019/11/30), 大阪.

723027. [学会 (全国)] (一般講演) 肝類洞閉塞症候群におけるトロンボキサンA2受容体の役割について (Thromboxane A2 receptor signaling attenuates monocrotaline-induced liver injury by affecting endothelial cells, but not platelets). 大高史聖1, 伊藤義也2, 井上智仁3, 大久保博世4, 津留世里1, 細野加奈子2, 小泉和三郎3, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3消化器内, 4心臓血管外): 第93回日本薬理学会年会 (2020/3/16-18), 紙上開催.

723028. [学会 (全国)] (一般講演) EP4シグナルはリンパ管新生を増強してDSS誘導腸炎の修復を促進する (EP4 signaling facilitates mucosal repair after DSS-induced colitis by enhancement of lymphangiogenesis). 伊藤義也1, 細野加奈子1, 古城 憲2, 馬嶋正隆1 (1薬理, 2下部消化管外): 第93回日本薬理学会年会 (2020/3/16-18), 紙上開催.

723029. [学会 (全国)] (一般講演) 免疫細胞のTPシグナルは腹膜炎時の横隔膜リンパ管新生を促進する (TP signaling in immune cells promotes lymphangiogenesis in the diaphragm during peritonitis). 津留世里1, 伊藤義也2, 松田弘美3, 細野加奈子2, 岡本浩嗣3, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3麻酔): 第93回日本薬理学会年会 (2020/3/16-18), 紙上開催.

723030. [学会 (全国)] (一般講演) RAMP1によるマウス子宮内膜症における血管・リンパ管新生促進作用 (RAMP1 signaling facilitates angiogenesis and lymphangiogenesis in the endometriotic lesions in mice). 本田雅子1, 伊藤義也2, 服部響子3, 細野加奈子2, 中本修司1, 大高史聖1, 津留世里1, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3産科): 第93回日本薬理学会年会 (2020/3/16-18), 紙上開催.

733004. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 肝類洞閉塞症候群におけるトロンボキサン受容体の役割. 大高史聖1, 伊藤義也2, 井上智仁3, 西澤伸恭4, 中本修司1, 津留世里1, 服部響子5, 本田雅子1, 細野加奈子2, 小泉和三郎3, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3消化器内, 4一般・小児・肝胆膵外, 5産科): 第140回日本薬理学会関東部会 (2019/7/6), 東京.

733005. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 子宮内膜症における脈管新生を制御する神経ペプチドCGRPの役割. 本田雅子1, 伊藤義也2, 服部響子3, 細野加奈子2, 中本修司1, 大高史聖1, 津留世里1, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3産科): 第140回日本薬理学会関東部会 (2019/7/6), 東京.


微生物学

[学術論文]

110021. [原著] Kozupeptins, Antimalarial Agents Produced by Paracamarosporium Species: Isolation, Structural Elucidation, Total Synthesis, and Bioactivity. Hayashi Y, Fukasawa W, Hirose T1, Iwatsuki M1, Hokari R1, Ishiyama A1, Kanaida M, Nonaka K1, Tak A2, Otoguro K, Omura S1, Shiomi K1, Sunazuka T1: Org Lett 2019/4; 21 (7): 2180-84. (廣瀬友靖1, 岩月正人1, 穂刈 玲1, 石山亜紀1, 野中健一1, 武  晃2, 大村 智1, 塩見和朗1, 砂塚敏明1: 1北里生命科学研究所, 2微生物)

110022. [原著] Saccharopolyspora rhizosphaerae sp. nov., an actinomycete isolated from rhizosphere soil in Thailand. Intra B, Euanorasetr J, Tak A1, Inahashi Y2, Mori M2, Panbangred W, Matsumoto A2: Int J Syst Evol Microbiol 2019/5; 69 (5): 1299-305. (武  晃1, 稲橋佑起2, 森美穂子2, 松本厚子2: 1微生物, 2北里生命科学研究所)

110023. [原著] Nanaomycin I and J: New nanaomycins generated by mycothiol-mediated compounds from "Streptomyces rosa subsp. notoensis" OS-3966. Matsuo H1, Noguchi Y1, Tak A2, Nakanishi J, Shigemura K, Sunazuka T1, Takahashi Y1, Omura S1, Nakashima T1: J Biosci Bioeng 2019/5; 127 (5): 549-53. (松尾洋孝1, 野口吉彦1, 武  晃2, 砂塚敏明1, 高橋洋子1, 大村 智1, 中島琢自1: 1北里生命科学研究所, 2微生物)

110024. [原著] Therapeutic Potential of an Endolysin Derived from Kayvirus S25-3 for Staphylococcal Impetigo. Imanishi I1, Uchiyama J, Tsukui T, Hisatsune J, Ide K, Matsuzaki S, Sugai M, Nishifuji K: Viruses 2019/8; 11 (9): 769. (今西市朗1: 1微生物)

110025. [原著] Exfoliative toxin E, a new Staphylococcus aureus virulence factor with host-specific activity. Imanishi I1, Nicolas A, Caetano AB, Castro TLP, Tartaglia NR, Mariutti R, Gu仕on E, Even S, Berkova N, Arni RK, Seyffert N, Azevedo V, Nishifuji K, Le Loir Y: Sci Rep 2019/11; 9 (1): 16336. (今西市朗1: 1微生物)

110026. [原著] Fodinicola acaciae sp. nov., an Endophytic Actinomycete Isolated from the Roots of Acacia mangium Willd. and Its Genome Analysis. Thanh Pham HT, Suwannapan W, Koomsiri W, Inahashi Y1, Tak A2, Matsumoto A1, Thamchaipenet A: Microorganisms 2020/3; 8 (4): 467. (稲橋佑起1, 武  晃2, 松本厚子1: 1北里生命科学研究所, 2微生物)

310002. [症例報告] Spontaneous regression of canine papillomavirus type 2-related papillomatosis on footpads in a dog. Iyori K, Inai K, Shimakura H, Haga T, Shimoura H, Imanishi I1, Imai A, Iwasaki T: J Vet Med Sci 2019/6; 81 (6): 933-6. (今西市朗1: 1微生物)

310003. [症例報告] Clinical and histopathological presentation and successful treatment with ciclosporin for canine sarcoidosis: a case report. Iyori K, Kinoshita M, Imai A, Imanishi I1, Shirota K: Vet Dermatol 2019/10; 30 (5): 438-e136. (今西市朗1: 1微生物)

520001. [総説] 緑膿菌による院内感染. 佐藤俊郎, 林 俊治1 (1微生物): 北里医学 2019/12; 49 (2): 73-8.

521001. [解説]【Helicobacter新菌種発見!】2016年および2017年に承認されたHelicobacter属の新菌種の紹介−報告論文より−. 林 俊治 (微生物): Helicobacter Research 2019/5; 23 (1): 74-8.

522005. [講座]【Practical特集: 汚れた洗濯機, 隠れた空調口, 水道管の奥…リザーバーを見抜く 環境整備の確認ポイント】[8] リザーバー探しに細菌屋さんを誘ってみよう 確認ポイント3. 林 俊治 (微生物): INFECTION CONTROL 2019/6; 28 (6): 580-5.

530001. [その他 (Published Erratum)] Author Correction: Exfoliative toxin E, a new Staphylococcus aureus virulence factor with host-specific activity. Imanishi I1, Nicolas A, Caetano AB, Castro TLP, Tartaglia NR, Mariutti R, Gu仕on E, Even S, Berkova N, Arni RK, Seyffert N, Azevedo V, Nishifuji K, Le Loir Y: Sci Rep 2020/2; 10 (1): 2460. (今西市朗1: 1微生物)

540002. [その他 (広報誌)] 編集後記. 阪口義彦 (微生物): 北里大学医学部ニューズ 2019/4; 392: 16.

540003. [その他 (研究報告書)]【科学研究費補助金・基盤研究 (C)「C型とD型ボツリヌス毒素遺伝子を伝達するファージの宿主認識機構の解明とその応用 (研究期間: 2016年度〜2018年度)」】研究代表者: 坂口義彦1, 研究分担者: 林 俊治1, 加藤はる, 大宮直木, 内山淳平, 妹尾充敏 (1微生物):「C型とD型ボツリヌス毒素遺伝子を伝達するファージ宿主認識機構の解明とその応用」2018年度実績報告書 2019/5; http://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-16K08785/16K087852018jisseki/.

540004. [その他 (研究報告書)]【科学研究費補助金・基盤研究 (C)「ファージ内在化によるピロリ菌の持続感染機構の検証 (研究期間: 2018年度〜2020年度)」】研究代表者: 内山淳平, 研究分担者: 松崎茂展, 林 俊治1, 阪口義彦1, 三室仁美 (1微生物):「ファージ内在化によるピロリ菌の持続感染機構の検証」2018年度実施状況報告書 2019/5; https://kaken.nii.ac.jp/ja/report/KAKENHI-PROJECT-18K07127/18K071272018hokoku/.

540005. [その他 (研究報告書)]【科学研究費補助金・基盤研究 (C)「C型とD型ボツリヌス毒素遺伝子を伝達するファージの宿主認識機構の解明とその応用 (研究期間: 2016年度〜2018年度)」】研究代表者: 坂口義彦1, 研究分担者: 林 俊治1, 加藤はる, 大宮直木, 内山淳平, 妹尾充敏 (1微生物):「C型とD型ボツリヌス毒素遺伝子を伝達するファージ宿主認識機構の解明とその応用」2016年〜2018年度研究成果報告書 2019/6.

540006. [その他 (広報誌)] くすのき. 阪口義彦 (微生物): 北里大学医学部ニューズ 2019/9; 396: 12.

540007. [その他 (広報誌)] 医学部けやき会研究助成を受けて. 武  晃 (微生物): 北里大学医学部ニューズ 2019/10; 397: 8-9.

540008. [その他 (広報誌)] 2019年度文部科学省科学研究費助成を受けて. 阪口義彦 (微生物): 北里大学医学部ニューズ 2019/11; 398: 10.

540009. [その他 (研究報告書)]【公益財団法人 伊藤記念財団・2018年度公益財団法人伊藤記念財団助成金「野鳥が媒介する家畜のボツリヌス症の分子疫学的解析 (研究機関: 2018年度)」】研究代表者: 坂口義彦1, 研究分担者: 林 俊治1, 向本雅郁, 幸田知子, 三澤尚明, 内山淳平, 妹尾充敏, 後藤和義 (1微生物): 2018年度 食肉に関する助成研究調査成果報告書 2019/11; VOL.37: 371-5.

540010. [その他 (広報誌)] 編集後記. 阪口義彦 (微生物): 北里大学医学部ニューズ 2020/1; 399: 20.

540011. [その他 (研究報告書)]【公益財団法人 鈴木謙三記念医科学応用研究財団・2018年度調査研究助成金「クロストリディオイデス (クロストリジウム)・ディフィシル感染症の腸内細菌叢を撹乱しない新規治療法の開発 (研究期間: 2018年度)」】研究代表者: 坂口義彦1, 共同研究者: 林 俊治1, 加藤はる, 後藤和義, 内山淳平, 妹尾充敏, 坂口政清 (1微生物):「クロストリディオイデス (クロストリジウム)・ディフィシル感染症の腸内細菌叢を撹乱しない新規治療法の開発」業績報告書 2020/3; p.80-4.

[著 書]

620003. [学術書 (分担執筆)] 【犬の内科診療 Part1】第7章 皮膚疾患 7.3 膿皮症, p.374-82. 今西市朗 (微生物), 総監修: 石田卓夫, 緑書房, 東京, 2020/3発行.

[学会・研究会等]

713004. [学会 (国際)] (一般講演) Bacterial Transmission via Phlebotomy Tourniquets. Ito M, Suzuki R, Ishii K, Ikeda N, Ninomiya A, Ueno Y, Umemura Y, Shimada A, Sanada M, Hayashi S1: The 17th East Asian Conference on Infection Control and Prevention (EACIC2020) (2020/2/15), Yokohama, Japan. (林 俊治1: 1微生物)

713005. [学会 (国際)] (一般講演) Bactericidal and Sporicidal Effects of Aerosolized Hydrogen Peroxide. Hayashi S1, Sasahara T, Ito M, Morisawa Y: The 17th East Asian Conference on Infection Control and Prevention (EACIC2020) (2020/2/15), Yokohama, Japan. (林 俊治1: 1微生物)

713006. [学会 (国際)] (一般講演) Ability of Disinfectant Wipes to Remove Bacillus cereus Spores. Hayashi S1, Sasahara T, Ito M, Morisawa Y: The 17th East Asian Conference on Infection Control and Prevention (EACIC2020) (2020/2/15), Yokohama, Japan. (林 俊治1: 1微生物)

723031. [学会 (全国)] (一般講演) Analysis of gut therapy microbiota and metabolite in fecal transplantation for Clostridioides difficile infection. 阪口義彦1, 後藤和義, 妹尾充敏, 内山淳平, 尾崎隼人, 城代康貴, 林 俊治1, 大宮直木, 加藤はる (1微生物): 第92回日本細菌学会総会 (2019/4/23), 札幌.

723032. [学会 (全国)] (一般講演) ボツリヌス神経毒素の三叉神経節での作用機構の解析. 山本由弥子, 丸濱功太郎, 松香芳三, 美間健彦, 後藤和義, Arief Waskitho, 横田憲治, 阪口義彦1, 松下 治, 小熊惠二 (1微生物): 第92回日本細菌学会総会 (2019/4/23), 札幌.

723033. [学会 (全国)] (一般講演) Potential improvement of prenatal Group B Streptococcus screening using phages. 内山淳平, 松井秀仁, 那須川忠弥, 阪口義彦1, 水上圭二郎, 阪口雅弘, 松崎茂展, 花木秀明2 (1微生物, 2北里生命研究所): 第92回日本細菌学会総会 (2019/4/23), 札幌.

723034. [学会 (全国)] (一般講演) Lysozyme添加培地により分離されたMicromonosporaceae科に属するOK19-0010株の分類研究. 菅藤裕貴, 武  晃1, 稲橋佑起, 大村 智, 松本厚子 (1微生物): 2019年度 (第34回) 日本放線菌学会大会 (2019/9/23), 札幌.

723035. [学会 (全国)] (一般講演) Micromonosporaceae科放線菌の未知細胞壁アミノ酸の単離と構造解析. 武  晃1, 稲橋佑起, 高橋洋子, 大村 智, 松本厚子 (1微生物): 2019年度 (第34回) 日本放線菌学会大会 (2019/9/23), 札幌.

723036. [学会 (全国)] (一般講演) 顕微ラマン多変量スペクトル分解法を用いた放線菌S. avermitilisにおける生理活性物質avermectinの菌体内検出. 堀井俊平, 中島琢自, 武  晃1, 安藤正浩, 松本厚子, 高橋洋子, 竹山春子 (1微生物): 2019年度 (第34回) 日本放線菌学会大会 (2019/9/24), 札幌.

723037. [学会 (全国)] (一般講演) 植物の根より分離されたStreptosporangiaceae科に属するK14-0274株の分類研究. 山田祐輝, 稲橋佑起, 武  晃1, 池田翔一, 大村 智, 松本厚子 (1微生物): 2019年度 (第34回) 日本放線菌学会大会 (2019/9/24), 札幌.

723038. [学会 (全国)] (一般講演) Analysis of gut microbiome in dairy cows infected with bovine leukemia virus. Uchiyama J, Murakami H, Sato R, Mizukami K, Suzuki T, Shima A, Ishihara G, Sakaguchi Y1, Sogawa K, Sakaguchi M: 第93回日本細菌学会総会 (2020/2/19), 愛知. (阪口義彦1: 1微生物)

723039. [学会 (全国)] (一般講演) 過酸化水素噴霧の環境消毒効果の検討. 林 俊治1, 笹原鉄平, 伊藤道子, 森澤雄司 (1微生物): 第35回日本環境感染学会総会・学術集会 (2020/2/15), 横浜.

723040. [学会 (全国)] (一般講演) 看護師が使用する駆血帯の細菌汚染と管理状況の検討. 伊藤道子, 二宮 茜, 真田麻美, 石井和子, 鈴木理絵, 上野賀子, 梅村裕子, 島田明恵, 池田紀子, 林 俊治1 (1微生物): 第35回日本環境感染学会総会・学術集会 (2020/2/15), 横浜.

723041. [学会 (全国)] (一般講演) Analysis of gut microbiota and metabolite in fecal transplantation therapy for Clostridioides difficile infection. 阪口義彦1, 後藤和義, 妹尾充敏, 武  晃1, 内山淳平, 尾崎隼人, 城代康貴, 林 俊治1, 大宮直木, 加藤はる (1微生物): 第93回日本細菌学会総会 (2020/2/19), 名古屋.

723042. [学会 (全国)] (一般講演) Analysis of gut microbiome in dairy cows infected with bovine leukemia virus. Uchiyama J, Murakami H, Sato R, Mizukami K, Suzuki T, Shima A, Ishihara G, 阪口義彦1, Sogawa K, Sakaguchi M (1微生物): 第93回日本細菌学会総会 (2020/2/19), 名古屋.

723043. [学会 (全国)] (一般講演) (発表優秀賞) 組換えendolysinのブドウ球菌に対する溶菌作用ならびに膿痂疹 モデルマウスにおける発症抑制効果. 今西市朗1, 内山淳平, 津久井利広, 久恒順三, 井手香織, 松崎茂展, 菅井基行, 西藤公司 (1微生物): 第93回日本細菌学会総会 (2020/2/19), 名古屋.

723044. [学会 (全国)] (一般講演) イヌの純血コロニーを利用したアトピー性皮膚炎に関連した口腔・腸内細菌叢の解析. 海野朝香, 今西市朗1, 水上圭二郎, 大隅尊史, 五十嵐寛高, 村上裕信, 島 綾香, 宇根有美, 阪口雅弘, 内山淳平 (1微生物): 第93回日本細菌学総会 (2019/2/19), 名古屋.

723045. [学会 (全国)] (一般講演) Clostridioides difficile感染症患者に対する糞便微生物移植の効果〜ヒト腸内微生物叢およびメタボロームの解析〜. 阪口義彦1, 後藤和義, 妹尾充敏, 武  晃1, 内山淳平, 尾崎隼人, 城代康貴, 林 俊治1, 大宮直木, 加藤はる (1微生物): 第140年会日本薬学会 (2020/3/25), 京都.

733006. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 駆血帯の細菌汚染と管理状況の検討. 伊藤道子, 二宮 茜, 石井和子, 池田紀子, 真田麻美, 鈴木理絵, 上野賀子, 梅村裕子, 島田明恵, 林 俊治1 (1微生物): 第86回神奈川県感染症医学会 (2019/9/7), 横浜.

733007. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 過酸化水素噴霧の殺菌効果の検討. 林 俊治1, 伊藤道子 (1微生物): 第86回神奈川県感染症医学会 (2019/9/7), 横浜.

733008. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 2018年日本細菌学会関東支部インターラボセミナー, 第7回ファージ研究会合同大会開催報告. 阪口義彦1, 内山淳平 (1微生物): 第102回日本細菌学会関東支部総会 (2019/10/3), 長野.

733009. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ウシにおける外来性レトロウイルス感染による腸内細菌叢の解析. 内山淳平, 村上裕信, 佐藤礼一郎, 曽川一幸, 阪口義彦1, 島 綾香, 石原玄基, 阪口雅弘 (1微生物): 第102回日本細菌学会関東支部総会 (2019/10/3), 長野.

733010. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 薬剤耐性に関与するStreptococcus suisの膜小胞の研究. 那須川忠弥, 内山淳平, 島倉秀勝, 小方雅也, 阪口義彦1, 福田 憲, 松崎茂展 (1微生物): 第102回日本細菌学会関東支部総会 (2019/10/3), 長野.

733011. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 駆血帯の血液汚染と管理状況の検討. 伊藤道子, 島田明恵, 梅村裕子, 上野賀子, 鈴木理絵, 真田麻美, 池田紀子, 石井和子, 二宮 茜, 林 俊治1 (1微生物): 第87回神奈川県感染症医学会 (2020/2/29), 横浜.


寄生虫学・熱帯医学

[学術論文]

110027. [原著] Tick infestation and hemoparasitic infections in cattle in some selected areas of Bangladesh. Akter MTD, Alim MA, Md. MG, Haque MH, Farjana T, Hatta T1, Anisuzzaman, Tsuji N1, Mondal MMH: Jpn J Vet Parasitol 2019/6; 18 (1): 26-34. (八田岳士1, 辻 尚利1: 1寄生虫・熱帯医学)

110028. [原著] Characterization of an iron-inducible Haemaphysalis longicornis tick-derived promoter in an Ixodes scapularis-derived tick cell line (ISE6). Hernandez EP, Kusakisako K, Hatta T1, Tanaka T: Parasit Vectors 2019/6; 12 (1): 321. (八田岳士1: 1寄生虫・熱帯医学)

110029. [原著] Characterization of the RAGE-binding protein, Strongyloides venestatin, produced by the silkworm-baculovirus expression system. Tsubokawa D1, Lee JM, Hatta T1, Mikami F, Maruyama H, Arakawa T, Kusakabe T, Tsuji N1: Infect Genet Evol 2019/11; 75: 103964. (坪川大悟1, 八田岳士1, 辻 尚利1: 1寄生虫・熱帯医学)

110030. [原著] Snail-borne trematodiasis in cattle in Barind Tract of Bangladesh, an overlooked problem. Rahman MA, Alim MA, Hossain MM, Yasin MG, Alam MZ, Hatta T1, Anisuzzaman, Tsuji N1, Mondal MMH: Jpn J Vet Parasitol 2019/12; 18 (2): 53-64. (八田岳士1, 辻 尚利1: 1寄生虫・熱帯医学)

110031. [原著] Transitions in morphological forms and rapid development of the asexual schizonts of Eimeria tenella through serial passaging in chicks. Matsubayashi M, Yamaguchi H, Hatta T1, Kawahara F, Hatabu T, Iseki H, Yamagishi J, Isobe T, Teramoto I, Kaneko A, Kita K, Tsuji N1, Sasai K: Infect Genet Evol 2019/11; 75: 103993. (八田岳士1, 辻 尚利1: 1寄生虫・熱帯医学)

540012. [その他 (学生論文)] 経皮侵入性線虫Strongyloides venezuelensisの宿主体内移行における終末糖化産物受容体の役割. 坪田理央, 坪川大悟1, 八田岳士1, 辻 尚利1 (1寄生虫・熱帯医学): 北里医学 2019/12; 49 (2): 111-3.

[学会・研究会等]

723046. [学会 (全国)] (一般講演) 株特異的な免疫応答を引き起こす特定ハプロタイプを有するネズミ鞭虫Trichuris muris新規株作成の試み. 岩崎 駿, 小山浩一1, 平 健介, 黄 鴻堅 (1寄生虫・熱帯医学): 第162回日本獣医学会学術集会 (2019/9/11), つくば.

723047. [学会 (全国)] (一般講演) 住血吸虫症における肉芽腫性炎症と終末糖化産物受容体 (RAGE) との関与. 小泉頌歌, 坪川大悟1, 八田岳士1, 三上房子, 中村 健, 山本靖彦, 辻 尚利1 (1寄生虫・熱帯医学): 第60回日本熱帯医学会大会 (2019/11/9), 沖縄.

733012. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ベネズエラ糞線虫の成虫寄生における終末糖化産物受容体 (RAGE) の役割. 坪川大悟1, 八田岳士1, 小泉頌歌, 関口智也, 三上房子, 山本靖彦, 辻 尚利1 (1寄生虫・熱帯医学): 第13回蠕虫研究会 (2019/7/14), 宮崎.

733013. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) マンソン住血吸虫症による肉芽腫形成への終末糖化産物受容体 (RAGE) の関与. 小泉頌歌, 坪川大悟1, 八田岳士1, 三上房子, 中村 健, 山本靖彦, 辻 尚利1 (1寄生虫・熱帯医学): 第79回日本寄生虫学会東日本支部大会 (2019/10/12), 東京.


病理学 (村雲単位)

[学術論文]

110032. [原著] Clinicopathological and prognostic significance of nuclear UGDH localization in lung adenocarcinoma. Hagiuda D, Nagashio R1, Ichinoe M2, Tsuchiya B1, Igawa S3, Naoki K3, Satoh Y4, Murakumo Y2, Saegusa M2, Sato Y1: Biomed Res 2019; 40 (1): 17-27. (長塩 亮1, 一戸昌明2, 土屋紅緒1, 井川 聡3, 猶木克彦3, 佐藤之俊4, 村雲芳樹2, 三枝 信2, 佐藤雄一1: 1医療衛生学部, 2病理, 3呼吸器内, 4呼吸器外)

510001. [総説] Proposal for an Organ-Specific Chronic Inflammation-Remodeling-Carcinoma Sequence. Okayasu I, Ichinoe M1, Yoshida T1: Gastrointestinal Disorders 2019/8; 1 (3): 341-57. (一戸昌明1, 吉田 功1: 1病理)

[学会・研究会等]

723048. [学会 (全国)] (一般講演) 肺扁平上皮癌におけるCD109の機能解析. 加藤琢哉1, 七浦奈都実, 宮下結羽, 櫻井靖高1, 村雲芳樹1 (1病理): 第108回日本病理学会総会 (2019/5/9), 東京.

723049. [学会 (全国)] (一般講演) 小細胞肺癌の生物学的特性におけるREV7発現の意義. 眞山 到1, 村雲芳樹1, 一戸昌明1, 櫻井靖高1 (1病理): 第78回日本癌学会学術総会 (2019/9/26-28), 京都.

723050. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性黒色腫におけるREV7の機能解析. 星野昭芳1, 一戸昌明1, 櫻井靖高1, 村雲芳樹1 (1病理): 第78回日本癌学会学術総会 (2019/9/26-28), 京都.

723051. [学会 (全国)] (一般講演) 膵臓癌の予後におけるCD109発現の意義の解析. 安達 快1, 櫻井靖高2, 加藤琢哉2, 一戸昌明2, 村雲芳樹2 (1大学院医療系研究科, 2病理): 第78回日本癌学会学術総会 (2019/9/26-28), 京都.

723052. [学会 (全国)] (一般講演) 手術検体を用いた膵癌におけるBRCAnessの解析. 蓼原将良1, 加藤琢哉2, 安達 快1, 櫻井靖高2, 一戸昌明2, 村雲芳樹2 (1大学院医療系研究科, 2病理): 第78回日本癌学会学術総会 (2019/9/26-28), 京都.


病理学 (三枝単位)

[学術論文]

110033. [原著] Nodal induces apoptosis and inhibits proliferation in ovarian endometriosis-clear cell carcinoma lesions. Miura R1, Yokoi A1, Matsumoto T2, Oguri Y3, Hashimura M3, Tochimoto M1, Kajita S2, Saegusa M2: BMC Cancer 2019/4; 19 (1): 308. (三浦理南子1, 横井愛香1, 松本俊英2, 小栗康子3, 橋村美紀3, 栃本昌孝1, 梶田咲美乃2, 三枝 信2: 1大学院医療系研究科, 2病理, 3形態系)

110034. [原著] Alterations in β-catenin, microsatellite instability, and HNF-1β levels are independently associated with ovarian endometriosis-associated tumorigenesis. Tomohiro M1, Matsumoto T2, Miura R1, Oguri Y3, Yokoi A1, Tochimoto M1, Saegusa M2: Hum Pathol 2019/7; 89: 10-23. (友広幹久1, 松本俊英2, 三浦理南子1, 小栗康子3, 横井愛香1, 栃本昌孝1, 三枝 信2: 1大学院医療系研究科, 2病理, 形態系)

110035. [原著] S100A4/non-muscle myosin II signaling regulates epithelial-mesenchymal transition and stemness in uterine carcinosarcoma. Tochimoto M1, Oguri Y2, Hashimura M2, Konno R, Matsumoto T3, Yokoi A1, Kodera Y, Saegusa M3: Lab Invest 2020/5; 100 (5): 682-95. doi: 10.1038/s41374-019-0359-x. Epub 2019 Dec 19. (栃本昌孝1, 小栗康子2, 橋村美紀2, 松本俊英3, 横井愛香1, 三枝 信3: 1大学院医療系研究科, 2形態系, 3病理)

310004. [症例報告] Case of Calcifying Pseudoneoplasms of the Neuraxis Coexisting with Interhemispheric Lipoma and Agenesis of the Corpus Callosum: Involvement of Infiltrating Macrophages. Inukai M1, Shibahara I2, Hotta M, Miyasaka K2, Sato S2, Hide T2, Saegusa M1, Kumabe T2: World Neurosurg 2020/2; 134: 635-40.e1. (犬飼 円1, 柴原一陽2, 宮坂和弘2, 佐藤澄人2, 秀拓一郎2, 三枝 信1, 隈部俊宏2: 1病理, 2脳外)

[著 書]

610002. [学術書 (分担執筆)]【Vitamin A】The Role of Vitamin A-Storing Cells (Stellate Cells) in Inflammation and Tumorigenesis. Okayasu I, Fujiwara M, Yoshida T1, Editor: Zepka LQ, InTech, UK, Published: 2019/5. (吉田 功1: 1病理)

[学会・研究会等]

723053. [学会 (全国)] (一般講演) 膠芽腫のS100A4によるがん幹細胞化誘導機構の解明. 犬飼 円1, 石井冴美, 橋村美紀2, 三枝 信1 (1病理, 2形態系): 第108回日本病理学会総会 (2019/5/9), 東京.

723054. [学会 (全国)] (一般講演) HNF1β+・p53+・ARID1A+型卵巣癌は予後不良である. 横井愛香1, 小栗康子2, 松本俊英3, 三枝 信3 (1大学院医療系研究科, 2形態系, 3病理): 第108回日本病理学会総会 (2019/5/9), 東京.

723055. [学会 (全国)] (一般講演) 胃癌の手術検体のリンパ管侵襲の病理組織学的評価は必要か? 三枝 信 (病理): 第108回日本病理学会総会 (2019/5/9), 東京.

723056. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮内膜症性卵巣嚢胞の発癌過程におけるβ-カテニン, HNF-1α, 及び遺伝子不安定性の相互関連性. 友広幹久1, 松本俊英2, 三浦理南子, 小栗康子3, 三枝 信2 (1大学院医療系研究科, 2病理, 3形態系): 第108回日本病理学会総会 (2019/5/10), 東京.

723057. [学会 (全国)] (一般講演) EBP50は卵巣明細胞癌の再発・予後不良因子である. 松本俊英1, 横井愛香2, 紺野 亮, 小寺義男, 三枝 信1 (1病理, 2大学院医療系研究科): 第108回日本病理学会総会 (2019/5/10), 東京.

723058. [学会 (全国)] (一般講演) 卵巣漿液癌の進展過程におけるS100A4/p53 axisの果たす役割. 蛭田 愛1, 横井愛香1, 松本俊英2, 橋村美紀3, 三枝 信2 (1大学院医療系研究科, 2病理, 3形態系): 第108回日本病理学会総会 (2019/5/11), 東京.

723059. [学会 (全国)] (一般講演) 進行期直腸癌のβ-カテニンとPD1/PDL1による癌幹細胞ニッチ形成の証明. 渡邉都乃1, 高橋博之2, 橋村美紀3, 犬飼 円4, 信太昭子4, 三枝 信4 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3形態系, 4病理): 第108回日本病理学会総会 (2019/5/11), 東京.

723060. [学会 (全国)] (一般講演) 卵巣漿液癌では全長型ALK発現が予後不良因子になる. 小田祐介1, 松本俊英2, 橋村美紀3, 長谷川久子2, 栃本昌孝1, 三枝 信2 (1大学院医療系研究科, 2病理, 3形態系): 第108回日本病理学会総会 (2019/5/11), 東京.

723061. [学会 (全国)] (一般講演) 炎症性バイオマーカーOLFM4からみた炎症性腸疾患関連腫瘍の特異性の解明. 横山 慧1, 吉田 功2, 橋村美紀3, 三枝 信2 (1大学院医療系研究科, 2病理, 3形態系): 第108回日本病理学会総会 (2019/5/11), 東京.

723062. [学会 (全国)] (一般講演) オリーブ核肥大変性を生じた脳幹部悪性リンパ腫の2例. 秋谷昌史1, 佐藤澄人2, 宮坂和弘2, 柴原一陽2, 小泉寛之3, 秀拓一郎2, 隈部俊宏2 (1病理, 2脳外, 3救命): 第37回日本脳腫瘍病理学会 (2019/6/1), 名古屋.

723063. [学会 (全国)] (ポスター) 脳梁形成不全・脂肪腫にCalcifying pseudoneoplasms of the neuroaxis (CAPNON) を合併した一例. 犬飼 円1, 宮坂和弘2, 柴原一陽2, 佐藤澄人2, 秀拓一郎2, 三枝 信1, 隈部俊宏2 (1病理, 2脳外): 第37回日本脳腫瘍病理学会 (2019/6/1), 名古屋.

723064. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるガイドライン報告様式による唾液腺細胞診の精度管理. 吉田 功 (病理): 第60回日本臨床細胞学会総会 (春期大会) (2019/6/9), 東京.

723065. [学会 (全国)] (一般講演) A multi-center retrospective study to evaluate PD-L1 protein expression, EBV positivity and MSI status in patients with advanced gastric and esophagogastric junction adenocarcinoma in Japan. 吉田 功1, Ogura G, Tanabe M, Hayashi T, Ohbayashi C, Azuma M, Kunisaki C, Akazawa Y, Ozawa S, Matsumoto S, Suzuki T, Mitoro A, Fukunaga T, Shimizu A, Fujimoto G, Yao T (1病理): 第57回日本癌治療学会学術集会 (2019/10/24), 福岡.


衛生学

[学術論文]

110036. [原著] Effects of electrical muscle stimulation in frail elderly patients during haemodialysis (DIAL): rationale and protocol for a crossover randomised controlled trial. Suzuki Y1, Kamiya K2, Tanaka S1, Hoshi K3, Watanabe T1, Harada M1, Matsuzawa R4, Shimoda T1, Yamamoto S1, Matsunaga Y, Yoneki K, Yoshida A, Matsunaga A2: BMJ Open 2019/5; 9 (5): e025389. (鈴木裕太1, 神谷健太郎2, 田中伸弥1, 星 佳芳3, 渡邊孝明1, 原田愛永1, 松沢良太4, 下田隆大1, 山本尚平1, 松永篤彦2: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3衛生, 4リハビリ部)

110037. [原著] Triclosan-induced alteration of gut microbiome and aggravation of asthmatic airway response in aeroallergen-sensitized mice. Hirota R, Ohya Y, Yamamoto-Hanada K, Fukutomi Y, Muto G1, Ngatu NR, Nakamura T, Nakamura H: Allergy 2019/5; 74 (5): 996-9. (武藤 剛1: 1衛生)

110038. [原著] Effect of frequency-modulated electromagnetic therapy on increasing deep vein blood flow in the lower extremities and improving edema: a randomized, crossover, triple-blind, placebo-controlled trial. Uchida Y1, Sakamoto Y, Hoshi K2, Takahira N3: Kitasato Med J 2019/9; 49 (2): 91-8. (内田繕博1, 星 佳芳2, 高平尚伸3: 1大学院医療系研究科, 2衛生, 3医療衛生学部)

110039. [原著] Recurrent sick leave and resignation rates among female cancer survivors after return to work: the Japan sickness absence and return to work (J-SAR) study. Endo M, Haruyama Y, Muto G1, Imai Y, Mitsui K, Mizoue T, Wada H, Kobashi G, Tanigawa T: BMC Public Health 2019/9; 19 (1): 1248. (武藤 剛1: 1衛生)

110040. [原著] Utility of Regular Management of Physical Activity and Physical Function in Hemodialysis Patients. Yamamoto S1, Matsuzawa R, Abe Y, Hoshi K2, Yoneki K, Harada M, Watanabe T1, Shimoda T1, Suzuki Y1, Matsunaga Y, Kamiya K3, Yoshida A, Matsunaga A3: Kidney Blood Press Res 2018/10; 43 (5): 1505-15. (山本尚平1, 星 佳芳2, 渡邊孝明1, 下田隆大1, 鈴木裕太1, 神谷健太郎3, 松永篤彦3: 1大学院医療系研究科, 2衛生, 3医療衛生学部)

110041. [原著] Trajectory of Lean Body Mass Assessed Using the Modified Creatinine Index and Mortality in Hemodialysis Patients. Suzuki Y1, Matsuzawa R, Kamiya K2 Hoshi K3, Harada M, Watanabe T1, Shimoda T1, Yamamoto S1, Matsunaga Y, Yoshida A, Matsunaga A2: Am J Kidney Dis 2020/2; 75 (2): 195-203. (鈴木裕太1, 神谷健太郎2, 星 佳芳3, 渡邊孝明1, 下田隆大1, 山本尚平1, 松永篤彦2: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3衛生)

522006. [講座]【シリーズ: 学術研究からの少子化対策−日本衛生学会からの提言に向けて】日本衛生学会における少子化対策提言に向けて: 日本衛生学会少子化対策ワーキンググループによるとりまとめ. 野村恭子, 苅田香苗, 荒木敦子, 西岡笑子, 武藤 剛1, 岩井美幸, 錦谷まりこ, 井上まり子, 鶴ヶ野しのぶ, 北野尚美, 辻真弓, 飯島佐知子, 上田佳代, 上島通浩, 山縣然太郎, 坂田清美, 伊木雅之, 柳澤裕之, 加藤昌志, 横山和仁, 小泉昭夫, 大槻剛巳 (1衛生): 日本衛生学雑誌 2019/12; 74: 18034.

522007. [講座]【特集: IoT・AI, 遠隔機器を活用した保健・医療活動】IoTや遠隔システムを活用した地域/高齢者保健と地域包括ケアシステム. 長嶺由衣子, 武藤 剛1 (1衛生): 保健の科学 2020/1; 62 (1月号): 23-9.

522008. [講座]【特集: IoT・AI, 遠隔機器を活用した保健・医療活動】遠隔機器やIoT・AI等を活用した産業保健活動の展開. 武藤 剛1, 石井理奈, 神田橋宏治, 大矢めぐみ, 横山和仁 (1衛生): 保健の科学 2020/1; 62 (1月号): 45-51.

530002. [その他 (LETTER TO THE EDITOR)] Triclosan-induced alteration of gut microbiome and aggravation of asthmatic airway response in aeroallergen-sensitized mice. Hirota R, Ohya Y, Yamamoto-Hanada K, Fukutomi Y, Muto G1, Ngatu NR, Nakamura T, Nakamura H: Allergy 2019/5; 74 (5): 996-99. (武藤 剛1: 1衛生)

530003. [その他 (コメント)] Probable involvement of iron deficiency in the association between low blood cadmium levels and preterm births in pregnant women. Horiguchi H1: Environ Res 2019/5; 172: 615. (堀口兵剛1: 1衛生)

540013. [その他 (研究報告書)] 令和元年度・入院患者病職歴調査基礎解析 (2005 年度〜2017年度病職歴データ使用). 立道昌幸, 小島原典子, 星 佳芳1, 豊田章宏 (1衛生): 独立行政法人労働者健康安全機構 2020/3; https://www.research.johas.go.jp/bs/doc/20200319.pdf.

540014. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省労災疾病臨床研究事業費補助金「事務所則衛生基準に関する研究−妥当性と国際基準の調和」】武藤 剛 (研究代表者)1, 花里真道, 橋本晴男, 斎藤宏之, 中村裕之, 横山和仁,松平 浩, 遠藤源樹 (1衛生): 令和元年度総括・研究報告書 2020/3.

540015. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省労災疾病臨床研究事業費補助金「職業性ストレス簡易調査票の外国語版の作成に関する研究」】横山和仁 (研究代表者), 湯浅資之, 和田耕治, 谷川 武, 遠藤源樹, 浦川加代子, 武藤 剛1, 小田切優子, 田中光紀 (1衛生): 令和元年度総括・分担研究報告書 2020/3.

540016. [その他 (研究報告書)]【厚生労働科学研究費補助金「がん患者の就労継続及び職場復帰に資する研究」】遠藤源樹 (研究代表者), 齋藤光江, 武田 省, 寺尾泰久, 林 和彦, 西村勝治, 上溝哲也, 森口次郎, 桑原恵介, 武藤 剛1 (1衛生): 令和元年度総括・分担研究報告書 2020/3.

540017. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省労災疾病臨床研究事業費補助金「企業・産業保健スタッフ・医療機関の連携による両立支援システム開発」】松平 浩 (研究代表者), 遠藤源樹, 森口次郎, 小山善子, 高橋美保, 野村卓生, 岡 敬之, 武藤 剛1 (1衛生): 令和元年度総括 2020/3.

540018. [その他 (Plain language summary翻訳)] 禁煙コンテストは中・長期的に禁煙に対して効果があるか? (Competitions for smoking cessation. Fanshawe TR, Hartmann-Boyce J, Perera R, Lindson N). 翻訳: 星 佳芳1, 監訳: 清原康介 (1衛生): Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 2. Art. No.: CD013272. DOI:10.1002/14651858.CD013272. 2019/4; https://www.cochrane.org/ja/CD013272/jin-yan-kontesutohazhong-chang-qi-de-nijin-yan-nidui-sitexiao-guo-gaaruka.

540019. [その他 (Plain language summary翻訳)] 最も禁煙効果が高いニコチン代替療法は何か? (Different doses, durations and modes of delivery of nicotine replacement therapy for smoking cessation. Lindson N, Chepkin SC, Ye W, Fanshawe TR, Bullen C, Hartmann-Boyce J). 翻訳: 星 佳芳1, 監訳: 清原康介 (1衛生): Cochrane Systematic Review - Intervention Version: https://doi.org/10.1002/14651858.CD013308. 2019/4; https://www.cochrane.org/ja/CD013308/TOBACCO_zui-mojin-yan-xiao-guo-gagao-inikotindai-ti-liao-fa-hahe-ka.

540020. [その他 (Plain language summary翻訳)] 口腔癌 (口のがん) を予防するための口腔白板症に対する治療的介入 (Interventions for treating oral leukoplakia to prevent oral cancer. Lodi G, Franchini R, Warnakulasuriya S, Varoni EM, Sardella A, Kerr AR, Carrassi A, MacDonald LCI, Worthington HV). 翻訳: 星 佳芳1, 監訳: 足立雅利 (1衛生): Cochrane Database of Systematic Reviews 2016, Issue 7. Art. No.: CD001829. DOI: 10.1002/14651858.CD001829.pub4. 2019/8; https://www.cochrane.org/ja/CD001829/ORAL_kou-qiang-yan-kou-noganwoyu-fang-surutamenokou-qiang-bai-ban-zheng-nidui-suruzhi-liao-de-jie-ru.

540021. [その他 (Plain language summary翻訳)] 両親や養育者への介入によって子どものタバコの煙への曝露を減らせるか? (Family and carer smoking control programmes for reducing children's exposure to environmental tobacco smoke. Behbod B, Sharma M, Baxi R, Roseby R, Webster P). 翻訳: 星 佳芳1, 監訳: 清原康介 (1衛生): Cochrane Database of Systematic Reviews 2018, Issue 1. Art. No.: CD001746. DOI: 10.1002/14651858.CD001746.pub4. 2018/8; https://www.cochrane.org/ja/CD001746/TOBACCO_liang-qin-yayang-yu-zhe-henojie-ru-niyotutezi-domonotabakonoyan-henopu-lu-wojian-raseruka.

540022. [その他 (Plain language summary翻訳)] 報酬を与えることで禁煙に長期的効果があるか? (Incentives for smoking cessation. Notley C, Gentry S, Livingstone-Banks J, Bauld L, Perera R, Hartmann-Boyce J). 翻訳: 星 佳芳1, 監訳: 清原康介 (1衛生): Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 7. Art. No.: CD004307.DOI: 10.1002/14651858.CD004307.pub6. 2019/9; https://www.cochrane.org/ja/CD004307/TOBACCO_bao-chou-woyu-erukotodejin-yan-nichang-qi-de-xiao-guo-gaaruka.

540023. [その他 (Plain language summary翻訳)] 禁煙に成功した人が再喫煙しないようにするために有効な介入はあるか? (Relapse prevention interventions for smoking cessation. Livingstone-Banks J, Norris E, Hartmann-Boyce J, West R, Jarvis M, Chubb E, Hajek P). 翻訳: 星 佳芳1, 監訳: 清原康介 (1衛生): Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 10. Art. No.: CD003999. DOI: 10.1002/14651858.CD003999.pub6. 2019/12; https://www.cochrane.org/ja/CD003999/TOBACCO_jin-yan-nicheng-gong-sitaren-gazai-chi-yan-sinaiyounisurutameniyou-xiao-najie-ru-haaruka.

540024. [その他 (Plain language summary翻訳)] 動機づけ面接は禁煙に有効か? (Motivational interviewing for smoking cessation. Lindson N, Thompson TP, Ferrey A, Lambert JD, Aveyard P). 翻訳: 星 佳芳1, 監訳: 清原康介 (1衛生): Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 7. Art. No.: CD006936. DOI: 10.1002/14651858.CD006936.pub4. 2019/12; https://www.cochrane.org/ja/CD006936/dong-ji-dukemian-jie-hajin-yan-niyou-xiao-ka.

540025. [その他 (Plain language summary翻訳)] 禁煙に成功した人が再喫煙しないようにするために有効な介入はあるか? (Relapse prevention interventions for smoking cessation. Livingstone-Banks J, Norris E, Hartmann-Boyce J, West R, Jarvis M, Chubb E, Hajek P). 翻訳: 星 佳芳1, 監訳: 清原康介 (1衛生): Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 10. Art. No.: CD003999. DOI: 10.1002/14651858.CD003999.pub6. 2019/12; https://www.cochrane.org/ja/CD003999/jin-yan-nicheng-gong-sitaren-gazai-chi-yan-sinaiyounisurutameniyou-xiao-najie-ru-haaruka.

540026. [その他 (Plain language summary翻訳)] 地域の薬局スタッフによる禁煙支援は有効か? (Community pharmacy personnel interventions for smoking cessation. Carson-Chahhoud KV, Livingstone-Banks J, Sharrad KJ, Kopsaftis Z, Brinn MP, To-A-Nan R, Bond CM). 翻訳: 星 佳芳1, 監訳: 清原康介 (1衛生): Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 10. Art. No.: CD003698.DOI: 10.1002/14651858.CD003698.pub3. 2020/2; https://www.cochrane.org/ja/CD003698/TOBACCO_di-yu-noyao-ju-sutatuhuniyorujin-yan-zhi-yuan-hayou-xiao-ka.

540027. [その他 (Plain language summary翻訳)] 運動は禁煙に対して効果があるか? (Exercise interventions for smoking cessation. Ussher MH, Faulkner GEJ, Angus K, Hartmann-Boyce J, Taylor AH). 翻訳: 星 佳芳1, 監訳: 清原康介 (1衛生): Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 10. Art. No.:CD002295.DOI: 10.1002/14651858.CD002295.pub6. 2020/2; https://www.cochrane.org/ja/CD002295/TOBACCO_yun-dong-hajin-yan-nidui-sitexiao-guo-gaaruka.

540028. [その他 (Plain language summary翻訳)] リアルタイムのビデオカウンセリングは, 電話カウンセリングに比べて禁煙支援に効果があるか? (Real-time video counselling for smoking cessation. Tzelepis F, Paul CL, Williams CM, Gilligan C, Regan T, Daly J, Hodder RK, Byrnes E, Byaruhanga J, McFadyen T, Wiggers J). 翻訳: 星 佳芳1, 監訳: 清原康介 (1衛生): Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 10. Art. No.: CD012659. DOI: 10.1002/14651858.CD012659.pub2. 2020/2; https://www.cochrane.org/ja/CD012659/TOBACCO_riarutaimunobideokaunseringuhadian-hua-kaunseringunibi-betejin-yan-zhi-yuan-nixiao-guo-gaaruka.

540029. [その他 (Plain language summary翻訳)] 人工機械換気を必要とする成人において, ベッドの頭位置の挙上は、水平位を保つのに比べて人工呼吸器関連肺炎の予防に効果があるか? (Semi-recumbent position versus supine position for the prevention of ventilator-associated pneumonia in adults requiring mechanical ventilation. Wang L, Li X, Yang Z, Tang X, Yuan Q, Deng L, Sun X). 星 佳芳1, 監訳: 谷崎隆太郎 (1衛生): Cochrane Database of Systematic Reviews 2016, Issue 1. Art. No.:CD009946.DOI:10.1002/14651858.CD009946.pub2. 2020/2; https://www.cochrane.org/ja/CD009946/ARI_ren-gong-ji-jie-huan-qi-wobi-yao-tosurucheng-ren-nioitebetudonotou-wei-zhi-noju-shang-hashui-ping.

540030. [その他 (Plain language summary翻訳)] 患者ケアにおける感染を減少させるための医療従事者の手指衛生を改善する方法 (Interventions to improve hand hygiene compliance in patient care. Gould DJ, Moralejo D, Drey N, Chudleigh JH, Taljaard M). 翻訳: 星 佳芳1, 監訳: 井村春樹 (1衛生): Cochrane Database of Systematic Reviews 2017, Issue 9. Art. No.: CD005186.DOI: 10.1002/14651858.CD005186.pub4. 2020/3; https://www.cochrane.org/ja/CD005186/EPOC_huan-zhe-keaniokerugan-ran-wojian-shao-saserutamenoyi-liao-cong-shi-zhe-noshou-zhi-wei-sheng-wogai.

540031. [その他 (Plain language summary翻訳)] 電話カウンセリングは禁煙支援に効果があるか? (Telephone counselling for smoking cessation. Matkin W, Ord??ez-Mena JM, Hartmann-Boyce J). 翻訳: 星 佳芳1, 監訳: 清原康介 (1衛生): Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 5. Art. No.: CD002850. DOI: 10.1002/14651858.CD002850.pub4. 2020/3; https://www.cochrane.org/ja/CD002850/TOBACCO_dian-hua-kaunseringuhajin-yan-zhi-yuan-nixiao-guo-gaaruka.

540032. [その他 (Plain language summary翻訳)] 禁煙の薬物療法を受けている人に, 更に支援を追加することで禁煙の成功率を上げられるか? (Additional behavioural support as an adjunct to pharmacotherapy for smoking cessation. Hartmann-Boyce J, Hong B, Livingstone-Banks J, Wheat H, Fanshawe TR). 翻訳: 星 佳芳1, 監訳: 清原康介 (1衛生): Cochrane Database of Systematic Reviews 2019, Issue 6. Art. No.: CD009670.DOI: 10.1002/14651858.CD009670.pub4. 2020/3; https://www.cochrane.org/ja/CD009670/TOBACCO_jin-yan-noyao-wu-liao-fa-woshou-keteiruren-nigeng-nizhi-yuan-wozhui-jia-surukotodejin-yan-nocheng.

[学会・研究会等]

713007. [学会 (国際)] (一般講演) Renal Anemia in itai-itai disease: a case series study of medical records of the patients. Horiguchi H1, Aoshima K, Oguma E: The 59th Annual Meeting of the Society of Toxicology (2020/3/18), Anaheim, CA, USA (誌上開催). (堀口兵剛1: 1衛生)

722004. [学会 (全国)] (シンポジウム) 湛水管理実施地域における米中カドミウムとヒ素濃度及びその農家への影響. 堀口兵剛 (衛生): 第46回日本毒性学会学術年会 (2019/6/27), 徳島, J Toxicol Sci 2019; 44 (Suppl): S74.

722005. [学会 (全国)] (教育講演) 治療と仕事の両立支援に関する国際的潮流−健康経営 (healthy company) や社会的処方の在り方. 武藤 剛1, 遠藤源樹 (1衛生): 第67回日本職業・災害医学会学術大会 (2019/11/9-10), 東京.

722006. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】災害と健康影響. 宗像正徳, 武藤 剛1 (1衛生): 第67回日本職業・災害医学会学術大会 (2019/11/9-10), 東京.

723066. [学会 (全国)] (一般講演) 健康経営投資は, 健診後受療行動と正に相関する一末治療者53万人の健診レセプト解析. 武藤 剛1, 片桐諒子, 横山和仁, 遠藤源樹, 松平 浩, 石井理奈, 福田 洋, 大森由紀1, 堀口兵剛1 (1衛生): 第92回日本産業衛生学会 (2019/5/22-25), 名古屋.

723067. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢者の軽度認知障害・主観的認知機能低下は社会参加で改善するか. 藤原聡子, 武藤 剛1, 近藤克則 (1衛生): 第78回日本公衆衛生学会総会 (2019/10/24), 高知.

723068. [学会 (全国)] (一般講演) 千葉県松戸市, 包括区別サロン設置状況と健康指標の連続横断研究: 2年間の追跡調査の分析. 櫻庭唱子, 長峰由衣子, 武藤 剛1, 近藤克則 (1衛生): 第78回日本公衆衛生学会総会 (2019/10/24), 高知.

723069. [学会 (全国)] (一般講演) 人工知能とJAGESデータを用いた認知症発症リスク予測アルゴリズム開発. 近藤克則, 辻 大士, 長峰由衣子, 武藤 剛1, 横山芽衣子, 高瀬 遼, 浜田 哲, 川瀬真紗子, 原  新 (1衛生): 第78回日本公衆衛生学会総会 (2019/10/24), 高知.

723070. [学会 (全国)] (一般口演)【座長】予防. 武藤 剛 (衛生): 第67回日本職業・災害医学会学術大会 (2019/11/9-10), 東京.

723071. [学会 (全国)] (一般講演) 低濃度鉛曝露によるラット海馬中D, L-セリンへの影響. 大森由紀1, 上窪裕二, 関根正恵, 松川岳久, 小林桃子2, 武藤 剛1, 横山和仁, 角田正史, 片根真澄, 齋藤康昭, 宮本哲也, 加藤くみ子, 本間 浩, 堀口兵剛1 (1衛生, 2予防医学系): 第90回日本衛生学会学術総会 (2020/3/28), 岩手 (誌上開催), 日本衛生学雑誌第 2020; 75: S191.

723072. [学会 (全国)] (一般講演) ラットにおけるカドミウムの腎臓エリスロポエチン産生細胞に対する抑制作用. 堀口兵剛1, 小熊悦子, 安岡有紀子2, 大森由紀1, 河原克雅, 野々口博史3 (1衛生, 2生理, 3北里大学メディカルセンター):第90回日本衛生学会学術総会 (2020/3/28), 岩手 (誌上開催), 日本衛生学雑誌第 2020; 75: S191.

723073. [学会 (全国)] (一般講演) 医療従事者の職業性手湿疹の疫学−抗菌性物質パラベン類の曝露影響評価. 武藤 剛1, 大森由紀1, 堀口兵剛1, 横山和仁, 弘田量二, 中村裕之 (1衛生): 第90回日本衛生学会学術総会 (2020/3/26-28), 岩手 (誌上開催).

723074. [学会 (全国)] (一般講演) 富山県神通川流域カドミウム汚染地域住民における尿細管機能障害と貧血との関連. 青島恵子, 堀口兵剛1 (1衛生) : 第90回日本衛生学会学術総会 (2020/3/26-28), 岩手 (誌上開催), 日本衛生学雑誌第 2020; 75: S191.

732003. [学会 (地方会研究会)] (シンポジウム) 概要−公衆衛生・社会医学の立場から. 武藤 剛 (衛生): 第49回神奈川県心身医学会総会・学術集会 (2019/9/14), 横浜.

733014. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 電子化アーカイブ資料を用いたイタイイタイ病の貧血についての臨床的検討. 堀口兵剛1, 青島恵子, 小熊悦子 (1衛生): メタルバイオサイエンス研究会2019 (2019/10/30), 東京, Fund Toxicol Sci 2019; 6: 146.

'18年度以前分

[学術論文]

H29-110002. [原著] Factors Affecting the Occurrence of Complications in the Early Stages After Dental Implant Placement: A Retrospective Cohort Study. Okamoto T, Hoshi K1, Fukada K, Kataoka T, Kumasaka A, Kaibuchi N, Fukuzawa S, Ando T: Implant Dent 2018/3. doi: 10.1097/ID.0000000000000753. Online ahead of print. (星 佳芳1: 1衛生)

'18-110002. [原著] Association between frailty and bone loss in patients undergoing maintenance hemodialysis. Yoneki K, Kitagawa J, Hoshi K1, Harada M, Watanabe T2, Shimoda T2, Matsuzawa R, Yoshida A, Matsunaga Y, Takeuchi Y3, Kamiya K, Matsunaga A4: J Bone Miner Metab 2019/1; 37 (1): 81-9. (星 佳芳1, 渡邊孝明2, 下田隆大2, 竹内康雄3, 松永篤彦4: 1衛生, 2大学院医療系研究, 3腎臓内, 4医療衛生学部)

'18-110003. [原著] Exposure to paraben and triclosan and allergic diseases in Tokyo: A pilot cross-sectional study. Mitsui-Iwama M, Yamamoto-Hanada K, Fukutomi Y, Hirota R, Muto G1, Nakamura T, Yoshikawa T, Nakamura H, Mikami M, Morioka I, Ohya Y: Asia Pac Allergy 2019/1; 9 (1): e5. (武藤 剛1: 1衛生)

'18-511001. [解説] For making a declaration of countermeasures against the falling birth rate from the Japanese Society for Hygiene: summary of discussion in the working group on academic research strategy against an aging society with low birth rate. Nomura, Karita K, Araki A, Nishioka E, Muto G1, Iwai-Shimada M, Nishikitani, Inoue M, Tsurugano S, Kitano N, Tsuji M, Iijima S, Ueda K, Kamijima M, Yamagata Z, Sakata K, Iki M, Yanagisawa H, Kato M, Inadera H, Kokubo Y, Yokoyama K, Koizumi A, Otsuki T: Environ Health Prev Med 2019/3; 24 (1): 14. (武藤 剛1: 1衛生)

'18-540001. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省労災疾病臨床研究事業費補助金「職業性ストレス簡易調査票の外国語版の作成に関する研究」】横山和仁 (研究代表者), 湯浅資之, 和田耕治, 谷川武, 遠藤源樹, 浦川加代子, 武藤 剛1, 小田切優子, 田中光紀 (1衛生): 平成30年度 総括・分担研究報告書 2019/3.

'18-540002. [その他 (研究報告書)]【厚生労働科学研究費補助金「がん患者の就労継続及び職場復帰に資する研究」】遠藤源樹 (研究代表者),齋藤光江, 武田 省, 寺尾泰久, 林 和彦, 西村勝治, 上溝哲也, 森口次郎, 桑原恵介, 武藤 剛1 (1衛生): 平成30年度 総括・分担研究報告書 2019/3.

'18-540003. [その他 (研究報告書)]【厚生労働省労災疾病臨床研究事業費補助金「企業・産業保健スタッフ・医療機関の連携による両立支援システムの開発」】松平 浩 (研究者代表), 遠藤源樹, 森口次郎, 小山善子, 高橋美保, 野村卓生 ,岡 敬之, 武藤 剛1 (1衛生): 平成30年度 総括・分担報告書 2019/3.

[著 書]

'18-620001. [学術書 (分担執筆)]【「有効性評価に基づくがん検診ガイドライン」のためのエビデンスレポート作成方法 2018年度版】p.1-65. 濱島ちさと1, 寺澤晃彦1, 細野覚代1, 片山貴文1, 佐々木清寿1, 中山富雄1, 星 佳芳1,2, 浅井淳子1, 冨永育子1, 中川由美子1, 樋田記子1, 松島佳乃子1 (1文献レビュー委員会, 2衛生), 編: 国立がん研究センター社会と健康研究センター検診研究部がん検診ガイドライン事務局, 国立がん研究センター社会と健康研究センター, 東京, 2019/3発行.

[学会・研究会等]

'18-723002. [学会 (全国)] (一般講演) 生活習慣病の受療中断に伴うアウトカムの解析と解決策の評価-産業医と主治医の連携強化介入の効果. 武藤 剛1, 片桐諒子 (1衛生): 第29回日本疫学会学術総会 (2019/1/30-2/1), 東京.

'18-723003. [学会 (全国)] (一般講演) 企業における就労介護者への就労支援の実態調査. 仁科聖子, 横山和仁, 石井理奈, 武藤 剛1 (1衛生): 第89回日本衛生学会学術総会 (2019/2/1-3), 名古屋.

'18-723004. [学会 (全国)] (一般講演) 仕事と介護を両立している従業員への産業保健専門職の支援. 仁科聖子, 横山和仁, 石井理奈, 武藤 剛1 (1衛生): 第89回日本衛生学会学術総会 (2019/2/1-3), 名古屋.

'18-723005. [学会 (全国)] (一般講演) 吸入抗原感作されたマウスへのトリクロサン投与による腸内細菌の変化と喘息反応の悪化. 弘田量二, 大矢幸弘, 山本貴和子, 福富友馬, 武藤 剛1, Nagata NIandu Roger, 中村 剛, 中村裕介 (1衛生): 第89回日本衛生学会学術総会 (2019/2/1), 名古屋.


公衆衛生学

[学術論文]

110042. [原著] Effects of two types of smartphone-based stress management programmes on depressive and anxiety symptoms among hospital nurses in Vietnam: a protocol for three-arm randomised controlled trial. Imamura K, Tran TTT, Nguyen HT Kuribayashi K, Sakuraya A Nguyen AQ, Bui TM, Nguyen QT, Nguyen KT Nguyen GTH, Tran XTN, Truong TQ Zhang MWB, Minas H, Sekiya Y, ;Sasaki N, Tsutsumi A1, Kawakami N: BMJ Open 2019/4; 9 (4): e025138. (堤 明純1: 1公衆衛生)

110043. [原著] Caregiver Burden and Work Productivity Among Japanese Working Family Caregivers of People with Dementia. Fujihara S1, Inoue A1, Kubota K, Yong KFR, Kondo K: Int J Behav Med 2019/4; 26 (2): 125-35. (井上彰臣1: 1公衆衛生)

110044. [原著] Social Support During Emergency Work and Subsequent Serious Psychological Distress: A Cross-Sectional Study Among Emergency Workers who Responded to the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant Accident. Mafune K, Hiro H, Inoue A1, Hino A, Shigemura J, Yamada M, Okubo T: J Occup Environ Med 2019/6; 61 (6): e240-6. (井上彰臣1: 1公衆衛生)

110045. [原著] Association Between Reported Long Working Hours and History of Stroke in the CONSTANCES Cohort. Fadel M, Sembajwe G, Gagliardi D, Pico F, Li J, Ozguler A, Siegrist J, Evanoff BA, Baer M, Tsutsumi A1, Iavicoli S, Leclerc A, Roquelaure Y, Descatha A: Stroke 2019/7; 50 (7): 1879-82. (堤 明純1: 1公衆衛生)

110046. [原著] The effect of changes in overtime work hours on depressive symptoms among Japanese white-collar workers: A 2-year follow-up study. Hino A, Inoue A1, Mafune K, Hiro H: J Occup Health 2019/7; 61 (4): 320-7. (井上彰臣1: 1公衆衛生)

110047. [原著] Long working hours and depressive symptoms: moderating effects of gender, socioeconomic status, and job resources. Tsuno K1, Kawachi I1, Inoue A1,2, Nakai S1, Tanigaki T1, Nagatomi H1, Kawakami N1 (1JSTRESS Group): Int Arch Occup Environ Health 2019/7; 92 (5): 661-72. (井上彰臣1,2: 2公衆衛生)

110048. [原著] Association between psychosocial factors at work and health outcomes after retirement: a protocol for a systematic review and meta-analysis. Imamura K, Tsutsumi A1, Asai Y, Arima H, Ando E, Inoue A1, Inoue R, Iwanaga M, Eguchi H1, Otsuka Y, Kobayashi Y, Sakuraya A, Sasaki N, Tsuno K, Hino A, Watanabe K, Shimazu A, Kawakami N: BMJ Open 2019/8; 9 (8): e030773. (堤 明純1, 井上彰臣1, 江口 尚1: 1公衆衛生)

110049. [原著] Links between organizational preparedness and employee action to seek support among a Japanese working population with chronic diseases. Eguchi H1, Tsutsumi A1, Inoue A1, Kachi Y1: J Occup Health 2019/9; 61 (5): 407-14. (江口 尚1, 堤 明純1, 井上彰臣1, 可知悠子1: 1公衆衛生)

110050. [原著] Organizational justice and illness reporting among Japanese employees with chronic diseases. Eguchi H1, Tsutsumi A1, Inoue A1, Kachi Y1: PLoS One 2019/10; 14 (10): e0223595. (江口 尚1, 堤 明純1, 井上彰臣1, 可知悠子1: 1公衆衛生)

110051. [原著] Job satisfaction and intention to remain on the job among Japanese nursing assistants. Kudo Y, Toyoda T, Terao R, Suzuki S, Tsutsumi A1: J Rural Med 2019/11; 14 (2): 181-90. (堤 明純1: 1公衆衛生)

110052. [原著] Validation of the Japanese Version of the Multidimensional Measure of Family Supportive Supervisor Behaviors (FSSB-J). Eguchi H1, Kachi Y1, Koga HK, Sakka M, Tokita M, Shimazu A: Front Psychol 2019/11; 10: 2628. (江口 尚1, 可知悠子1: 1公衆衛生)

110053. [原著] Validation of the Job Content Questionnaire among hospital nurses in Vietnam. Sasaki N, Imamura K, Thuy TTT, Watanabe K, Huong NT, Kuribayashi K, Sakuraya A, Thu BM, Quynh NT, Kien NT, Nga NT, Giang NTH, Tien TQ, Minas H, Zhang M, Tsutsumi A1, Kawakami N: J Occup Health 2020/1; 62 (1): e12086. (堤 明純1: 1公衆衛生)

110054. [原著] Occupational stress and the risk of turnover: a large prospective cohort study of employees in Japan. Kachi Y1, Inoue A1, Eguchi H1, Kawakami N, Shimazu A, Tsutsumi A1: BMC Public Health 2020/4; 20 (1): 174. (可知悠子1, 井上彰臣1, 江口 尚1, 堤 明純1: 1公衆衛生)

110055. [原著] Measuring eudemonic well-being at work: a validation study for the 24-item the University of Tokyo Occupational Mental Health (TOMH) well-being scale among Japanese workers. Watanabe K, Imamura K, Inoue A1, Otsuka Y, Shimazu A, Eguchi H1, Adachi H, Sakuraya A, Kobayashi Y, Arima H, Kawakami N: Ind Health 2020/4; 58 (2): 107-31. doi: 10.2486/indhealth.2019-0074. Epub 2019 Aug 1. (井上彰臣1, 江口 尚1: 1公衆衛生)

120001. [原著] 働きたいのに働けない人はどのような働き方を望んでいるのか−育児・介護との関連から非正規雇用の可能性を考える−. 高橋美保, 可知悠子1 (1公衆衛生): 産業・組織心理学研究 2019; 33 (1): 51-64.

120002. [原著] 運動継続者に見られる継続理由の特色−労働者における運動継続への行動変容アプローチに関する研究−. 江口泰正, 井上彰臣1, 太田雅規, 大和 浩 (1公衆衛生): 日本健康教育学会誌 2019/8; 27 (3): 256-70.

120003. [原著] 自殺対策に関して医療, 保健福祉, 心理等の専門家を目指す学生が有するべき知識と技術向上のための教材開発. 井上彰臣1, 堤 明純1, 守屋利佳2, 千葉宏毅2, 島津明人, 小田原幸, 市倉加奈子3 (1公衆衛生, 2医学教育, 3医療衛生学部): 自殺総合政策研究 2019/11; 2 (1): 5-11.

220002. [準原著] 小・中学生の保護者を対象とした「子ども食堂」に関するインターネット調査. 黒谷佳代, 新杉知沙, 千葉 剛, 山口麻衣, 可知悠子1, 瀧本秀美, 近藤尚己 (1公衆衛生): 日本公衆衛生雑誌 2019/9; 66 (9): 593-602.

220003. [準原著] 災害時のメンタルヘルスと自殺予防. 大類真嗣, 田中英三郎, 前田正治, 八木淳子, 近藤克則, 野村恭子, 伊藤弘人, 大平哲也, 井上彰臣1, 堤 明純1 (1公衆衛生): 日本公衆衛生雑誌 2020/2; 67 (2): 101-10.

510002. [総説] Proposed guidelines for primary prevention for mental health at work: an update. Tsutsumi A1, Shimazu A, Yoshikawa T: Environ Occup Health Practice 2019/10; 1 (1): 2-12. (堤 明純1: 1公衆衛生)

520002. [総説] ストレスチェック制度の実施状況とその効果; システマティックレビュー. 堤 明純1, 佐々木那津, 駒瀬 優, 渡辺和広, 井上彰臣1, 今村幸太郎, 川上憲人 (1公衆衛生): 産業医学レビュー 2019/9; 32 (2): 65-81.

522009. [講座]【特集: 治療と仕事の両立支援研究の現在】1. 治療と就労の両立支援のための事業場内外の産業保健スタッフと医療機関の連携モデルとその活動評価指標の開発に関する研究. 堤 明純 (公衆衛生): 産業医学ジャーナル 2019/7; 42 (4): 5-9.

522010. [講座]【特集: 産業ストレス2040】人工知能と職場のメンタルヘルス対策 井上彰臣 (公衆衛生): 産業ストレス研究 2019/7; 26 (3): 269-70.

522011. [講座]【小特集: 古典を知る】仕事の要求度−コントロールモデル. 井上彰臣 (公衆衛生): 産業ストレス研究 2019/7; 26 (3): 335-9.

522012. [講座]【特集:「健康格差」を考える】雇用と健康格差の要因〜働く人の健康を守るために〜. 堤 明純 (公衆衛生): 連合総研レポート 2020/1; 353: 6-9.

522013. [講座]【連載: 健康12ヵ月No.396】あなたの職場組織は「公正」ですか?〜組織的公正と労働者の健康〜. 井上彰臣 (公衆衛生): 労務安全衛生かながわ 2020/1; 65 (1): 14-16.

530004. [その他 (Editorial)] Preventing overwork-related deaths and disorders-needs of continuous and multi-faceted efforts. Tsutsumi A1: J Occup Health 2019/7; 61 (4): 265-6. (堤 明純1: 1公衆衛生)


[著 書]

610003. [学術書 (分担執筆)]【Handbook of Socioeconomic Determinants of Occupational Health (Handbook Series in Occupational Health Science)】Social Inequalities in Health Among Older Adults After Retirement, p.1-14. Tsutsumi A1, Editor: Theorell T, Springer, Switzerland, First Online: 2020/2. (堤 明純1: 1公衆衛生)

610004. [学術書 (分担執筆)]【Handbook of Disability, Work and Health (Handbook Series in Occupational Health Sciences (1))】Return to Work After Stroke, p.1-16. Tsutsumi A1, Editor: B殕tmann U, Siegrist J, Springer, Switzerland, First Online: 2020/2. (堤 明純1: 1公衆衛生)

620004. [学術書 (分担執筆)]【社会・環境と健康 公衆衛生学 2020年版】CHAPTER 9 精神疾患 精神保健対策, p.95-100. 堤 明純 (公衆衛生), 編著: 柳川 洋, 尾島俊之, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2020/1発行.

620005. [学術書 (分担執筆)]【社会・環境と健康 公衆衛生学 2020年版】CHAPTER 10 自殺,不慮の事故,虐待,暴力, p.101-4. 堤 明純 (公衆衛生), 編著: 柳川 洋, 尾島俊之, 医歯薬出版株式会社, 東京, 2020/1発行.

620006. [学術書 (分担執筆)]【使える! 健康教育・労働衛生教育65選】第2部 教育テーマ編 《健康教育》の場面 15 ストレスマネジメント, p.104-9. 堤 明純 (公衆衛生), 編: 森 晃爾, 一般社団法人日本労務研究会, 東京, 2020/2発行.

620007. [学術書 (分担執筆)]【基礎から学ぶ健康管理概論】13 職場の健康管理, p.197-210. 堤 明純1 (1公衆衛生), 編: 尾島俊之, 堤 明純1, 南江堂, 東京, 2020/3発行.

[学会・研究会等]

712001. [学会 (国際)] (招待講演等) Mental health service in the workplace: Japanese experience. Tsutsumi A1: 5th International Conference of Occupational Health Services (2019/9/2), Taipei, Taiwan. (堤 明純1: 1公衆衛生)

712002. [学会 (国際)] (招待講演等) Work-life Balance in the Current Japanese Context. Tsutsumi A1: 7th International congress of person centered medicine (2019/11/2), Tokyo, Japan. (堤 明純1: 1公衆衛生)

713008. [学会 (国際)] (一般講演) Association between PTSD symptoms and stress related factors among nuclear emergency workers over a long period. Hiro H, Hino A, Mafune K, Inoue A1, Shigemura J, Yamada M, Ookubo T: 19th World Psychiatric Association World Congress of Psychiatry (2019/8/21), Lisbon, Portugal. (廣 尚典, 日野亜弥子, 真船浩介, 井上彰臣1, 重村 淳, 山田美智子, 大久保利晃: 1公衆衛生)

721001. [学会 (全国)] (特別講演) 産業精神保健の国際潮流からみえるGood Practice Approach. 堤 明純 (公衆衛生): 第26回日本産業精神保健学会 (2019/8/31), 東京.

721002. [学会 (全国)] (特別講演) Decent work for all〜持続可能な地域医療のために〜. 堤 明純 (公衆衛生): 第13回JADECOM学術大会 in Yokosuka (2019/9/14), 横須賀.

722007. [学会 (全国)] (招待講演等) 職場における組織要因と労働者の健康との関連−修飾要因を含めた包括的検討−. 井上彰臣 (公衆衛生): 第30回日本医学会総会 2019中部 (2019/4/28), 名古屋.

722008. [学会 (全国)] (招待講演等) 職場でRCTを実施して学んだ事. 堤 明純 (公衆衛生): 第92回日本産業衛生学会 (2019/5/23), 名古屋.

722009. [学会 (全国)] (招待講演等) 編集委員会の新たな挑戦と研究活性化に向けて. 堤 明純 (公衆衛生): 第92回日本産業衛生学会 (2019/5/24), 名古屋.

722010. [学会 (全国)] (招待講演等) 北里大学医学部における行動科学・行動医学教育の実践. 井上彰臣1, 堤 明純1, 守屋利佳2, 千葉宏毅2, 小田原幸, 島津明人 (1公衆衛生, 2医学教育): 第26回日本行動医学会学術総会 (2019/12/6), 東京.

723075. [学会 (全国)] (一般講演) 男性労働者における仕事のストレス要因とメタボリックシンドロームとの関連: 1年間の前向きコホート研究. 井上彰臣1, 江口 尚1, 大塚泰正, 櫻井研司, 堤 明純1, 中田光紀 (1公衆衛生): 第55回日本循環器病予防学会学術集会 (2019/5/12), 久留米.

723076. [学会 (全国)] (一般講演) ベトナム語版JCQ (Job Content Questionnaire) の開発ならびに信頼性・妥当性の検討. 佐々木那津, 今村幸太郎, Tran Thi Thu Thuy, Nguyen Thanh Huong, 栗林一人, 櫻谷あすか, Bui Minh Thu, Nguyen Thuy Quynh, Nguyen Trung Kien, Nguyen Thi Huong Giang, Tran Thi Ngoc Xuyen, Truong Quang Tien, Harry Minas, 堤 明純1, 川上憲人 (1公衆衛生): 第92回日本産業衛生学会 (2019/5/23), 名古屋.

723077. [学会 (全国)] (一般講演) 自治体職場におけるOSHMS定着と安全衛生指標や活動への影響評価 第25報. 渡辺裕晃, 甲田茂樹, 佐々木毅, 松葉史子, 伊藤昭好, 熊谷信二, 原 邦夫, 堤 明純1, 丸山正治, 山口秀樹 (1公衆衛生): 第92回日本産業衛生学会 (2019/5/23), 名古屋.

723078. [学会 (全国)] (一般講演) 職場の尊重度 (シビリティ) 尺度日本語版の信頼性・妥当性検証と属性別得点比較. 津野香奈美, 島津明人, 島田恭子, 安藤絵美子, 井上彰臣1, 栗岡住子, 川上憲人 (1公衆衛生): 第92回日本産業衛生学会 (2019/5/23), 名古屋.

723079. [学会 (全国)] (一般講演) 企業外労働衛生機関における治療と職業生活の両立支援の推進のためのツールの開発. 鳰原由子, 森口次郎, 江口 尚1, 井上彰臣1, 堤 明純1 (1公衆衛生): 第92回日本産業衛生学会 (2019/5/23), 名古屋.

723080. [学会 (全国)] (一般講演) 時間外労働時間と7つの健康習慣の組み合わせが主観的健康感に与える影響. 日野亜弥子, 井上彰臣1, 大須賀淳, 杉野美由紀, 脇田祐実, 野口裕輔, 真船浩介, 廣 尚典 (1公衆衛生): 第92回日本産業衛生学会 (2019/5/23), 名古屋.

723081. [学会 (全国)] (一般講演) 高ストレス判定と離職との関連: 人事データを用いた4年間のコホート研究. 可知悠子1, 堤 明純1, 江口 尚1, 井上彰臣1 (1公衆衛生): 第92回日本産業衛生学会 (2019/5/24), 名古屋.

723082. [学会 (全国)] (一般講演) 企業における組織的公正と労働者の認知的失敗行動との関連. 井上彰臣1, 江口 尚1, 可知悠子1, 堤 明純1 (1公衆衛生): 第92回日本産業衛生学会 (2019/5/24), 名古屋.

723083. [学会 (全国)] (一般講演) 構造化面接法を用いた原発緊急作業従事者の精神健康の評価に関する研究. 廣 尚典, 真船浩介, 日野亜弥子, 井上彰臣1, 下田陽樹, 大久保利晃 (1公衆衛生): 第92回日本産業衛生学会 (2019/5/24), 名古屋.

723084. [学会 (全国)] (一般講演) 職業性ストレス要因が仕事の生産性に与える影響: 前向きコホート研究. 飯田真子, 川上憲人, 今村幸太郎, 渡辺和広, 井上彰臣1, 島津明人, 吉川 徹, 廣 尚典, 浅井裕美, 小田切優子, 吉川悦子, 堤 明純1 (1公衆衛生): 第92回日本産業衛生学会 (2019/5/25), 名古屋.

723085. [学会 (全国)] (一般講演) 仕事満足度と長期疾病休業との関連: 1年間の前向きコホート研究. 井上彰臣1, 堤 明純1, 可知悠子1, 江口 尚1, 島津明人, 川上憲人 (1公衆衛生): 第26回日本産業精神保健学会 (2019/8/31), 東京.

723086. [学会 (全国)] (一般講演) 時間外労働時間と精神的健康との関連: 単一企業における1年間の縦断研究. 井上嶺子1, 堤 明純2, 井上彰臣2, 江口 尚2, 可知悠子2, 荒井有美3 (1大学院医療系研究科, 2公衆衛生, 3医療の質・安全推進室): 第29回日本産業衛生学会全国協議会 (2019/9/13), 仙台.

723087. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院における就労支援担当医師の活動の報告. 江口 尚1, 堤 明純1, 井上彰臣1, 早坂由美子, 近藤まゆみ2, 児玉美由紀2, 田邉 聡3,4 (1公衆衛生, 2看護部, 3新世紀医療・先端医療, 4消化器内): 第29回日本産業衛生学会全国協議会 (2019/9/13), 仙台.

723088. [学会 (全国)] (一般講演) 労働者の身体活動量向上指導の介入効果−結果重視型支援と過程重視型支援の違い−. 江口泰正, 井上彰臣1, 黒坂知絵, 山田晋平, 原賀美紀, 中谷淳子 (1公衆衛生): 第37回産業医科大学学会総会 (2019/10/12), 北九州.

723089. [学会 (全国)] (一般講演) 時間外労働時間と7つの健康習慣の組み合わせが精神的健康に与える影響. 日野亜弥子, 井上彰臣1, 真船浩介, 廣 尚典 (1公衆衛生): 第37回産業医科大学学会総会 (2019/10/12), 北九州.

723090. [学会 (全国)] (一般講演) 米国における家庭の社会経済状況と子どもの運動能力との関連. 年吉 陸, 可知悠子1, 井上彰臣1, 江口 尚1, 山北満哉, 堤 明純1 (1公衆衛生): 第26回日本行動医学会学術総会 (2019/12/7), 東京.

723091. [学会 (全国)] (一般講演) 労働者の性格特性を考慮した身体活動量向上指導の介入研究: ランダム化比較試験. 江口泰正, 井上彰臣1, 中谷淳子, 黒坂知絵, 山田晋平, 原賀美紀 (1公衆衛生): 第26回日本行動医学会学術総会 (2019/12/7), 東京.

723092. [学会 (全国)] (一般講演) 母親の非典型時間帯労働と子どもの肥満: 16-17歳の思春期の子どもにおける検討. 可知悠子1, 阿部 彩, 江口 尚1, 井上彰臣1, 村山伸子, 堤 明純1 (1公衆衛生): 第30回日本疫学会学術総会 (2020/2/20-22), 京都.

732004. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 日本産業衛生学会編集委員会の国際動向への対応 JAMJE医学雑誌編集ガイドラインへの対応事例. 堤 明純 (公衆衛生): 2019年度第2回 J-STAGEセミナー (2019/10/21), 東京.

732005. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 職業性ストレス研究のこれまでとこれから. 井上彰臣 (公衆衛生): 第60回産業精神衛生研究会 (2020/2/29), 北九州 (誌上開催).

733015. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 企業外労働衛生機関における治療と職業生活の両立支援の推進のためのツールの開発. 森口次郎, 鳰原由子, 江口 尚1, 井上彰臣1, 堤 明純1 (1公衆衛生): 日本産業衛生学会 中小企業安全衛生研究会 第 53回全国集会 (2019/11/23), 浜松.


法医学

[学術論文]

110056. [原著] Left-right difference in carboxyhemoglobin saturation in heart blood of cadavers and its significance. Irie W1, Murakami C1, Sasaki C1, Nakamaru N2, Sakamoto M2, Nagato J2, Satoh F1: Kitasato Med J 2019/9; 49 (2): 99-105. (入江 渉1, 村上千香子1, 佐々木千寿子1, 中丸尚美2, 阪本桃子2, 長門純平2, 佐藤文子1: 1法医, 2形態系)

110057. [原著] Sudden Infant Death After Vaccination: Survey of Forensic Autopsy Files. Osawa M, Nagao R, Kakimoto Y, Kakiuchi Y, Satoh F1: Am J Forensic Med Pathol 2019/9; 40 (3): 232-7. (佐藤文子1: 1法医)

110058. [原著] Emergence and Characterization of Acute Coronary Syndrome in Adults After Confirmed or Missed History of Kawasaki Disease in Japan: A Japanese Nationwide Survey. Mitani Y, Tsuda E, Kato H, Higaki T, Fujiwara M, Ogawa S, Satoh F1, Nakamura Y, Takahashi K, Ayusawa M, Kobayashi T, Ichida F, Matsushima M, Kamada M, Suda K, Ohashi H, Sawada H, Komatsu T, Waki K, Shinoda M, Tsunoda R, Yokoi H, Hamaoka K: Front Pediatr 2019/7; 7: 275. (佐藤文子1: 1法医)

[学会・研究会等]

721003. [学会 (全国)] (特別講演) 入浴中の急死と心臓の加齢性の変化との関連について. 佐藤文子 (法医): 第84回日本温泉気候物理医学会総会・学術集会 (2019/5/18), 岡山.

722011. [学会 (全国)] (招待講演等) 女性医師が法医学領域で活躍するために. 佐藤文子 (法医): 第103次日本法医学会学術全国集会 (2019/6/14), 仙台.

723093. [学会 (全国)] (一般講演) 交通事故損傷により急性心筋梗塞が発生した1剖検例. 入江 渉1, 村上千香子1, 佐々木千寿子1, 中丸尚美2, 阪本桃子2, 長門純平2, 佐藤文子1 (1法医, 2形態系): 第103次日本法医学会学術全国集会 (2019/6/13), 仙台.

723094. [学会 (全国)] (一般講演) 次世代シーケンサーによる水中死体の16S rRNAメタゲノム解析. 村上千香子1, 入江 渉1, 佐々木千寿子1, 中丸尚美2, 阪本桃子2, 長門純平2, 佐藤文子1 (1法医, 2形態系): 第103次日本法医学会学術全国集会 (2019/6/13), 仙台.

723095. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学法医薬物スクリーニング分析結果の集計報告. 佐々木千寿子1, 村上千香子1, 入江 渉1, 中丸尚美2, 阪本桃子2, 長門純平2, 佐藤文子1 (1法医, 2形態系): 第103次日本法医学会学術全国集会 (2019/6/13), 仙台.

723096. [学会 (全国)] (一般講演) 生体試料分析を行ったスイセンの誤食による食中毒3例. 吉村久仁子1, 丸橋孝昭2, 大井真里奈2, 栗原祐太郎2, 佐々木千寿子3, 稲垣泰斗2, 佐藤文子3, 浅利 靖2 (1病態・診療系, 2救命, 3法医): 第41回日本中毒学会総会・学術集会 (2019/7/21), 埼玉.

723097. [学会 (全国)] (一般講演) LC-MS/MSを用いたヒト血清中リコリンおよびガランタミンの定量分析法. 佐々木千寿子1, 吉村久仁子2, 稲垣泰斗3, 村上千香子1, 入江 渉1, 寺田 賢, 篠塚達雄, 浅利 靖3, 佐藤文子1 (1法医, 2病態・診療系, 3救命): 第44回日本医用マススペクトル学会年会 (2019/9/12), 名古屋.

733016. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) PFPカラムを用いたリコリンおよびガランタミンのLC-MS/MS分析法の検討. 佐々木千寿子1, 村上千香子1, 入江 渉1, 中丸尚美2, 阪本桃子2, 長門純平2, 佐藤文子1 (1法医, 2形態系): 第88回日本法医学会学術関東地方集会 (2019/10/12), 東京 (台風のため誌上開催).

733017. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 病理組織標本作製時におけるキシレン代替品利用の取り組みについて. 中丸尚美1, 阪本桃子1, 村上千香子2, 入江 渉2, 佐々木千寿子2, 長門純平1, 佐藤文子2 (1形態系, 2法医): 第88回日本法医学会学術関東地方集会 (2019/10/12), 東京 (台風のため誌上開催).


実験動物学

[学会・研究会等]

713009. [学会 (国際)] (一般講演) Application of CRISPR Cas9 based genome editing system in the spontaneous mutant mouse STR/Ort. Okubo T1, Uchida K2, Takaso M2: The 15th Transgenic Technology Meeting (TT2019) (2019/4/8), Kobe, Japan. (大久保直1, 内田健太郎2, 高相晶士2: 1実動, 2整外)

723098. [学会 (全国)] (一般講演) The effect of retinoic acid signaling on the expression of Ripply3 gene in pharyngeal arch development. 大久保直1, 原 景子, 東 貞宏1, 高田慎治 (1実動): 第52回日本発生生物学会大会 (2019/5/15), 大阪.

723099. [学会 (全国)] (一般講演) 遺伝性パーキンソン病患者iPS細胞由来単球系細胞の作製および機能解析. 新田龍人, 太田悦朗1, 服部精人2, 久保 誠1, 永井真貴子3, 佐藤俊哉4, 岡野栄之 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3脳神経内, 4実動): 第14回日本臨床検査学教育学会学術大会 (2019/8/22), 熊本.

733018. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 遺伝性パーキンソン病患者iPS細胞由来単球系細胞の作製および機能解析. 新田龍人, 太田悦朗1, 服部精人2, 久保 誠1, 永井真貴子3, 佐藤俊哉4, 岡野栄之 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3脳神経内, 4実動): 第32回北里大学バイオサイエンスフォーラム・第22回北里微生物アカデミー研究集会 (2019/8/7), 白金.

733019. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) TDP-43細胞内局在スイッチ制御による筋萎縮性側索硬化症モデルの作成. 佐藤俊哉1, 大久保直1 (1実動): 2019年度脳研究所共同利用共同研究 (笹岡班) (2020/1/8), 新潟.


免疫学

[学術論文]

110059. [原著] Attenuation of experimental autoimmune uveoretinitis in mice by IKKβ inhibitor IMD-0354. Liu Y, Kitaichi N, Wu D, Hase K, Satoh M1, Iwata D, Namba K, Kanda A, Noda K, Itai A, Iwabuchi K1, Ishida S: Biochem Biophys Res Commun 2020/2; 525 (3): 589-94. (佐藤 雅1, 岩渕和也1: 1免疫)

110060. [原著] NF-κB-inducing kinase contributes to normal development of cortical thymic epithelial cells: its possible role in shaping a proper T-cell repertoire. Eshima K1, Misawa K2, Ohashi C2, Noma H2, Iwabuchi K1: Immunology 2020/3; 160 (2): 198-208. doi. 10.1111/imm.13186. (江島耕二1, 三澤佳奈2, 大橋千尋2, 野間春香2, 岩渕和也1: 1免疫, 2大学院医療系研究科)

110061. [原著] The disruption of invariant natural killer T cells exacerbates cardiac hypertrophy and failure caused by pressure overload in mice. Takahashi M, Kinugawa S, Takada S, Kakutani N, Furihata T, Sobirin MA, Fukushima A, Obata Y, Saito A, Ishimori N, Iwabuchi K1, Tsutsui H: Exp Physiol 2020/3; 105 (3): 489-501. (岩渕和也1: 1免疫)

110062. [原著] De novo generation of CD1d1-deficient NKT-cell hybridomas from CD1d-/- mice or by gene editing of CD1d+ hybridomas. Satoh M1, Saeki M2, Yoshino K3, Mita K3, Iizuka M4, Hattori A3, Takeuchi E1, Eshima K1, Iwabuchi K1: Kitasato Med J 2020/3; 50 (1): 34-43. (佐藤 雅1, 佐伯美帆2, 吉野和久3, 三田一帆3, 飯塚みさを4, 服部精人3, 竹内恵美子1, 江島耕二1, 岩渕和也1: 1免疫, 2北里大学北里研究所病院, 3大学院医療系研究科, 4予防医学系)

110063. [原著] Leucine-Rich Repeat Kinase 2 Controls Inflammatory Cytokines Production through NF-κB Phosphorylation and Antigen Presentation in Bone Marrow-Derived Dendritic Cells. Kubo M1, Nagashima R, Kurihara M, Kawakami F, Maekawa T, Eshima K2, Ohta E1, Kato H, Obata F3: Int J Mol Sci 2020/3; 21 (5): 1890. (久保 誠1, 江島耕二2, 太田悦朗1, 小幡文弥3: 1医療衛生学部, 2免疫, 3北里大学保健衛生専門学院)

110064. [原著] Amelioration of experimental autoimmune myocarditis through activation of invariant natural killer T cells by administration of α-galactosylceramide. Yoshino K1, Satoh M2, Iwayama T1, Kobayashi S1, Okamoto H3, Eshima K2, Watarai H, Iwabuchi K2: Kitasato Med J 2020/3; 50 (1): 60-72. (吉野和久1, 佐藤 雅2, 岩山俊嗣1, 小林秀策1, 岡本浩嗣3, 江島耕二2, 岩渕和也2: 1大学院医療系研究科, 2免疫, 3麻酔)

511001. [解説]【Editorial on the Research Topic】Editorial: Role of CD1- and MR1-restricted T cells in Immunity and Disease. Iwabuchi K1, Van Kaer L: Front Immunol 2019/8; 10: 1837. (岩渕和也1: 1免疫)

522014. [講座]【特集: 免疫系を介したシステム連関: 恒常性の維持と破綻】V. 免疫と代謝 NKT細胞と脂肪組織. 岩渕和也1, 佐藤 雅1 (1免疫): 生体の科学 2019/4; 70 (2): 130-4.

[学会・研究会等]

713010. [学会 (国際)] (一般講演) The role of NKT cell-macrophage interaction in obesity. Satoh M1, Iwabuchi K1: EMBO Workshop CD1-MR1: Beyond MHC-restricted lymphocytes (2019/9/4), Oxford, UK. (佐藤 雅1, 岩渕和也1: 1免疫)

723100. [学会 (全国)] (一般講演) T細胞疲弊化における, 転写因子Eomesoderminの役割の解析. 村上 南, 森川優樹1, 大橋千尋1, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第29回Kyoto T Cell Conference (2019/6/8), 京都.

723101. [学会 (全国)] (一般講演) In vitroにおけるマウス好中球のNETosis誘導と細胞外カルシウム濃度の関係について. 竹内恵美子1, 竹内康雄2 (1免疫, 2腎臓内): 第47回日本臨床免疫学会総会 (2019/10/18), 札幌.

723102. [学会 (全国)] (一般講演) The Roles of Eomesodermin in T cell exhaustion. 村上 南1, 江島耕二2, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第48回日本免疫学会学術集会 (2019/12/11), 浜松.

723103. [学会 (全国)] (一般講演) An overview of innate lymphocytes: unconventional T cells and innate lymphoid cells. 岩渕和也 (免疫): 第48回日本免疫学会学術集会 (2019/12/12), 浜松.

723104. [学会 (全国)] (一般講演) The interaction of NKT cell and macrophage has regulatory function in obesity. 佐藤 雅1, 岩渕和也1 (1免疫): 第48回日本免疫学会学術集会 (2019/12/12), 浜松.

723105. [学会 (全国)] (一般講演) Potential role of invariant NKT cells in experimental autoimmune myocarditis in mice. 吉野和久1, 佐藤 雅2, Watarai H, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第48回日本免疫学会学術集会 (2019/12/12), 浜松.

723106. [学会 (全国)] (一般講演) Relapse of experimental autoimmune uveoretinitis (EAU) with super antigen is ameliorated by concomitant NKT-cell activation. 田尻夏海1, 佐藤 雅2, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第48回日本免疫学会学術集会 (2019/12/12), 浜松.

723107. [学会 (全国)] (一般講演) The alteration of NKT-cell function in mice fed on high fat diet. 羽根光司1, 佐藤 雅2, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免): 第48回日本免疫学会学術集会 (2019/12/12), 浜松.

723108. [学会 (全国)] (一般講演) MR1/MAIT cell alleviates allergic contact dermatitis through reduction of IL-17 production. 今橋尚也1, 佐藤 雅2, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第48回日本免疫学会学術集会 (2019/12/12), 浜松.

723109. [学会 (全国)] (一般講演) Role of T-box transcription factor Eomesodermin, in Perforin/Granzyme exocytosis pathway of cytolysis by CD8+ CTLs. 森川優樹1, 江島耕二2, 村上 南1, Kondou H, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第48回日本免疫学会学術集会 (2019/12/12), 浜松.

723110. [学会 (全国)] (一般講演) The association between calcium influx and NETosis induced through the NADPH oxidase independent pathway. 竹内恵美子1, 竹内康雄2, 岩渕和也1 (1免疫, 2腎臓内): 第48回日本免疫学会学術集会 (2019/12/13), 浜松.

733020. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) T細胞疲弊化におけるT-boxファミリー転写因子Eomesoderminの役割の解析. 江島耕二1, 村上 南2, 森川優樹2, 岩渕和也1 (1免疫, 2大学院医療系研究科): 第29回京都Tセルカンファレンス (KTCC) (2019/6/8), 京都.

733021. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 細胞傷害性細胞の細胞傷害機能におけるNkg7の役割. 森川優樹1, 江島耕二2, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第32回北里大学バイオサイエンスフォーラム・第22回北里微生物アカデミー研究集会 (2019/8/7), 東京.

733022. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) T細胞疲弊化におけるT-boxファミリー転写因子Eomesoderminの役割. 村上 南1, 江島耕二2, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第32回北里大学バイオサイエンスフォーラム・第22回北里微生物アカデミー研究集会 (2019/8/8), 東京.

733023. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 自己免疫性ぶどう膜炎再発モデルによるNKT細胞の機能. 田尻夏海1, 佐藤 雅2, 北市伸義, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第32回北里大学バイオサイエンスフォーラム・第22回北里微生物アカデミー研究集会 (2019/8/8), 東京.

733024. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 食餌誘導性肥満におけるNKT細胞の機能解析. 羽根光司1, 山本麻奈未, 佐藤 雅2, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第32回北里大学バイオサイエンスフォーラム・第22回北里微生物アカデミー研究集会 (2019/8/8), 東京.

733025. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) MAIT細胞/MR1による接触性皮膚炎の制御. 今橋尚也1, 佐藤 雅2, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第32回北里大学バイオサイエンスフォーラム・第22回北里微生物アカデミー研究集会 (2019/8/8), 東京.


地域児童精神科医療学


再生医療形成外科学


地域総合医療学


炎症性腸疾患教育・臨床研究学


小児−小児循環器地域医療学


消化器内科学

[学術論文]

110065. [原著] Analysis of BRCAness with multiplex ligation-dependent probe amplification using formalin-fixed and paraffin-embedded pancreatic ductal adenocarcinoma tissue obtained via endoscopic ultrasound-guided fine-needle aspiration biopsy. Okuwaki K1, Masutani H2, Imaizumi H1, Yoshida T3, Kida M1, Iwai T1, Yamauchi H1,4, Tadehara M2, Adachi K2, Watanabe M1, Kurosu T1, Koizumi W1: Pancreatology 2019/4; 19 (3): 419-23. (奥脇興介1, 升谷寛以2, 今泉 弘1, 吉田 功3, 木田光広1, 岩井知久1, 山内浩史1,4, 蓼原将良2, 安達 快2, 渡辺真郁1, 黒須貴浩1, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2大学院医療系研究科, 3病理, 4救命)

110066. [原著] Efficacy and safety of ombitasvir/paritaprevir/ritonavir and ribavirin for chronic hepatitis patients infected with genotype 2a in Japan. Atsukawa M, Tsubota A, Toyoda H, Takaguchi K, Nakamuta M, Watanabe T, Tada T, Tsutsui A, Ikeda H, Abe H, Kato K, Uojima H1, Ikegami T, Asano T, Kondo C, Koeda M, Okubo T, Arai T, Iwashita-Nakagawa A, Itokawa N, Kumada T, Iwakiri K: Hepatol Res 2019/4; 49 (4): 369-76. (魚嶋晴紀1: 1消化器内)

110067. [原著] Current status of esophageal endoscopy including the evaluation of smoking and alcohol consumption in Japan: an analysis based on the Japan endoscopy database. Katada C1,2, Horimatsu T2, Muto M2, Tanaka K2,3, Matsuda K2,3, Fujishiro M2,3, Saito Y2,3, Ohtsuka K2, Oda I2, Kato M2, Kida M1,2, Kobayashi K1,2,4, Hoteya S2, Kodashima S2, Matsuda T2, Yamamoto H2, Ryozawa S2, Iwakiri R3, Kutsumi H3, Miyata H3, Kato M3, Haruma K3, Fujimoto K3, Uemura N3, Kaminishi M3, Tajiri H3 (2MSED-J (Minimal Standard Endoscopic Database) Creation Subcommittee, Japan Gastroenterological Endoscopy Society, 3JED (Japan Endoscopy Database) Project Committee, Japan Gastroenterological Endoscopy Society): Esophagus 2019/4; 16 (2): 174-9. (堅田親利1,2, 木田光広1,2, 小林清典1,2,4: 1消化器内, 4新世紀医療・横断的医療)

110068. [原著] Trends and Efficacy of Interferon-Free Anti-hepatitis C Virus Therapy in the Region of High Prevalence of Elderly Patients, Cirrhosis, and Hepatocellular Carcinoma: A Real-World, Nationwide, Multicenter Study of 10 688 Patients in Japan. Toyoda H, Atsukawa M, Uojima H1,2, Nozaki A, Tamai H, Takaguchi K, Fujioka S, Nakamuta M, Tada T, Yasuda S, Chuma M, Senoh T, Tsutsui A, Yamashita N, Hiraoka A, Michitaka K, Shima T, Akahane T, Itobayashi E, Watanabe T, Ikeda H, Iio E, Fukunishi S, Asano T, Tachi Y, Ikegami T, Tsuji K, Abe H, Kato K, Mikami S, Okubo H, Shimada N, Ishikawa T, Matsumoto Y, Itokawa N, Arai T, Tsubota A, Iwakiri K, Tanaka Y, Kumada T: Open Forum Infect Dis 2019/4; 6 (5): ofz185. (魚嶋晴紀1,2: 1消化器内, 2湘南鎌倉総合病院)

110069. [原著] Lusutrombopag Reduces Need for Platelet Transfusion in Patients With Thrombocytopenia Undergoing Invasive Procedures. Hidaka H1, Kurosaki M, Tanaka H, Kudo M, Abiru S, Igura T, Ishikawa T, Seike M, Katsube T, Ochiai T, Kimura K, Fukuhara T, Kano T, Nagata T, Tanaka K, Kurokawa M, Yamamoto K, Osaki Y, Izumi N, Imawari M: Clin Gastroenterol Hepatol 2019/5; 17 (6): 1192-200. (日高 央1: 1消化器内)

110070. [原著] Subgroup analysis of efficacy and safety of orantinib in combination with TACE in Japanese HCC patients in a randomized phase III trial (ORIENTAL). Hidaka H1, Izumi N, Aramaki T, Ikeda M, Inaba Y, Imanaka K, Okusaka T, Kanazawa S, Kaneko S, Kora S, Saito H, Furuse J, Matsui O, Yamashita T, Yokosuka O, Morita S, Arioka H, Kudo M, Arai Y: Med Oncol 2019/5; 36 (6): 52. (日高 央1: 1消化器内)

110071. [原著] Risk factors for loss of skeletal muscle mass in patients with cirrhosis. Sung JH1, Uojima H1,2, Hidaka H2, Tanaka Y2, Wada N2, Kubota K2, Nakazawa T2, Shibuya A2,3, Fujikawa T, Yamanoue H, Kako M1, Koizumi W2: Hepatol Res 2019/5; 49 (5): 550-8. (魚嶋晴紀1,2, 日高 央2. 田中賢明2, 和田尚久2, 窪田幸介2, 中澤貴秀2, 渋谷明隆2,3, 小泉和三郎2: 1湘南鎌倉総合病院, 2消化器内, 3医療管理)

110072. [原著] The efficacy and safety of glecaprevir plus pibrentasvir in 141 patients with severe renal impairment: a prospective, multicenter study. Atsukawa M, Tsubota A, Toyoda H, Takaguchi K, Nakamuta M, Watanabe T, Michitaka K, Ikegami T, Nozaki A, Uojima H1, Fukunishi S, Genda T, Abe H, Hotta N, Tsuji K, Ogawa C, Tachi Y, Shima T, Shimada N, Kondo C, Akahane T, Aizawa Y, Tanaka Y, Kumada T, Iwakiri K: Aliment Pharmacol Ther 2019/5; 49 (9): 1230-41. (魚嶋晴紀1: 1消化器内)

110073. [原著] Effectiveness and safety of endoscopic aspiration mucosectomy and endoscopic submucosal dissection in patients with superficial esophageal squamous-cell carcinoma. Furue Y1, Katada C1, Tanabe S1,2, Ishido K1, Kondo Y3, Kubota Y3, Kawanishi N1, Yamane S1, Watanabe A1, Moriya H4, Yamashita K4,5, Wada T1, Yano T1, Azuma M1, Koizumi W1: Surg Endosc 2019/5; 33 (5): 1433-440. (古江康明1, 堅田親利1, 田邉 聡1,2, 石戸謙次1, 近藤雄紀3, 久保田陽3, 河西奈津子1,山根早紀子1, 渡邉晃識1, 森谷宏光4, 山下継嗣4,5, 和田拓也1, 矢野貴史1, 東 瑞智1, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3大学院医療系研究科, 4上部消化管外, 5新世紀医療・横断的医療)

110074. [原著] Failure Factors to Reach the Blind End Using a Short-Type Single-Balloon Enteroscope for ERCP with Roux-en-Y Reconstruction: A Multicenter Retrospective Study. Kawaguchi Y1,2, Yamauchi H2,3, Kida M1,2, Okuwaki K2, Iwai T2, Uehara K1,2, Hasegawa R2, Imaizumi H2, Kobayashi K2,4, Koizumi W2: Gastroenterol Res Pract 2019/5; 2019: 3536487. (川口佑輔1,2, 山内浩史2,3, 木田光広1,2, 奥脇興介2, 岩井知久2, 上原一帆1,2, 長谷川力也2, 今泉 弘2, 小林清典2,4, 小泉和三郎2: 1北里大学メディカルセンター, 2消化器内, 3救命, 4新世紀医療・横断的医療)

110075. [原著] Assessing the characteristics and feasibility of preventing early mortality in patients with hepatocellular carcinoma. Watanabe M1,2, Yokomori H2,3, Takahashi Y2,4, Okada T2, Shibuya A1,5, Koizumi W1: Turk J Gastroenterol 2019/6; 30 (6): 541-8. (渡邊真彰1,2, 横森弘昭2,3, 高橋禎人2,4, 岡田武倫2, 渋谷明隆1,5, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3総合診療, 4一般・小児・肝胆膵外, 5医療管理)

110076. [原著] Retrospective Assessment of the Diagnostic Accuracy of the Depth of Invasion by Narrow Band Imaging Magnifying Endoscopy in Patients with Superficial Esophageal Squamous Cell Carcinoma. Katada C1, Tanabe S1,2, Wada T1, Ishido K1, Yano T1, Furue Y1, Kondo Y3, Kawanishi N1, Yamane S1, Watanabe A1, Azuma M1, Koizumi W1: J Gastrointest Cancer 2019/6; 50 (2): 292-7. (堅田親利1, 田邉 聡1,2, 和田拓也1, 石戸謙次1, 矢野貴史1, 古江康明1, 近藤雄紀3, 河西奈津子1, 山根早紀子1, 渡邉晃識1, 東 瑞智1, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3大学院医療系研究科)

110077. [原著] Docetaxel plus cisplatin and S-1 versus cisplatin and S-1 in patients with advanced gastric cancer (JCOG1013): an open-label, phase 3, randomised controlled trial. Yamada Y, Boku N, Mizusawa J, Iwasa S, Kadowaki S, Nakayama N, Azuma M1, Sakamoto T, Shitara K, Tamura T, Chin K, Hata H, Nakamori M, Hara H, Yasui H, Katayama H, Fukuda H, Yoshikawa T, Sasako M, Terashima M: Lancet Gastroenterol Hepatol 2019/7; 4 (7): 501-10. (東 瑞智1: 1消化器内)

110078. [原著] Stent-induced symptomatic pancreatic duct stricture after endoscopic prophylactic pancreatic duct stent placement for the normal pancreas. Adachi K1, Yamauchi H2,3, Kida M2,4, Okuwaki K2, Iwai T2, Tadehara M1, Uehara K2,4, Nakatani S2, Imaizumi H2, Koizumi W2: Pancreatology 2019/7; 19 (5): 665-71. (安達 快11, 山内浩史2,3, 木田光広2,4, 奥脇興介2, 岩井知久2, 蓼原将良1, 上原一帆2,4, 中谷征吾2, 今泉 弘2, 小泉和三郎2: 1大学院医療系研究科, 2消化器内, 3救命, 4北里大学メディカルセンター)

110079. [原著] Complications of Long-Term Indwelling Transmural Double Pigtail Stent Placement for Symptomatic Peripancreatic Fluid Collections. Complications of Long-Term Indwelling Transmural Double Pigtail Stent Placement for Symptomatic Peripancreatic Fluid Collections. Yamauchi H1,2, Iwai T2, Kida M2,3, Okuwaki K2, Kurosu T2, Watanabe M2, Adachi K4, Tadehara M4, Imaizumi H2, Koizumi W2: Dig Dis Sci 2019/7; 64 (7): 1976-84. (山内浩史1,2, 岩井知久2, 木田光広2,3, 奥脇興介2, 黒須貴浩2, 渡辺真郁2, 安達 快4, 蓼原将良4, 今泉 弘2, 小泉和三郎2: 1救命, 2消化器内, 3北里大学メディカルセンター, 4大学院医療系研究科)

110080. [原著] Predictors of invasive cancer of large laterally spreading colorectal tumors: A multicenter study in Japan. Kobayashi K1,2,3, Tanaka S1, Murakami Y1, Ishikawa H1, Sada M1,3, Oka S1, Saito Y1, Iishi H1, Kudo S1, Ikematsu H1, Igarashi M1, Saitoh Y1, Inoue Y1, Hisabe T1, Tsuruta O1, Sano Y1, Yamano H1, Shimizu S1, Yahagi N1, Matsuda K1, Nakamura H1, Fujii T1, Sugihara K1 (1the Colorectal Endoscopic Resection Standardization Implementation Working Group of the Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum): JGH Open 2019/7; 4 (1): 83-9 (小林清典1,2,3, 佐田美和1,3: 2新世紀医療・横断的医療, 3消化器内)

110081. [原著] Transpapillary Biliary Cannulation is Difficult in Cases with Large Oral Protrusion of the Duodenal Papilla. Watanabe M1, Okuwaki K1, Kida M1,2, Imaizumi H1, Yamauchi H1,3, Kaneko T1, Iwai T1, Hasegawa R1, Miyata E1, Masutani H4, Tadehara M4, Adachi K4, Koizumi W1: Dig Dis Sci 2019/8; 64 (8): 2291-9. (渡辺真郁1, 奥脇興介1, 木田光広1,2, 今泉 弘1, 山内浩史1,3, 金子 亨1, 岩井知久1, 長谷川力也1, 宮田英治1, 升谷寛以4, 蓼原将良4, 安達 快4, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3救命, 4大学院医療系研究科)

110082. [原著] Efficacy of Endoscopic Resection and Selective Chemoradiotherapy for Stage I Esophageal Squamous Cell Carcinoma. Minashi K, Nihei K, Mizusawa J, Takizawa K, Yano T, Ezoe Y, Tsuchida T, Ono H, Iizuka T, Hanaoka N, Oda I, Morita Y, Tajika M, Fujiwara J, Yamamoto Y, Katada C1, Hori S, Doyama H, Oyama T, Nebiki H, Amagai K, Kubota Y, Nishimura K, Kobayashi N, Suzuki T, Hirasawa K, Takeuchi T, Fukuda H, Muto M: Gastroenterology 2019/8; 157 (2): 382-90.e3. (堅田親利1: 1消化器内)

110083. [原著] Middle-term prognosis in patients with ulcerative colitis who achieved clinical and endoscopic remission by budesonide rectal foam. Naganuma M1, Hirai F1, Kobayashi K1,2,3, Watanabe K1, Takeuchi K1, Aoyama N1, Nozawa H1, Motoya S1, Ohmori T1, Harada A1, Nagai Y1, Abe T1, Yamada Y1, Inagaki K1, Shimizu N1, Kanai T1, Watanabe M1 (1ESCORT study Group): PLoS One 2019/8; 14 (8): e0220413. (小林清典1,2,3: 2新世紀医療・横断的医療, 3消化器内)

110084. [原著] Gene expression profiles of genes related to canceration, invasion or conversion for metastasis in patients with poorly differentiated gastric adenocarcinoma treated by gastric endscopic submucosal dissection. Kawanishi N1, Azuma M1, Takeuchi A1, Yamane S1, Ishido K1, Katada C1, Tanabe S1,2, Yoshida T3, Koizumi W1: Kitasato Med J 2019/9; 49 (2): 125-33. (河西奈津子1, 東 瑞智1, 竹内敦子1, 山根早紀子1, 石戸謙次 1, 堅田親利1, 田邉 聡1,2, 吉田 功3, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3病理)

110085. [原著] Usefulness of serum lipase for early diagnosis of post-endoscopic retrograde cholangiopancreatography pancreatitis. Tadehara M1, Okuwaki K2, Imaizumi H2, Kida M2, Iwai T2, Yamauchi H2,3, Kaneko T2, Hasegawa R2, Miyata E2, Kawaguchi Y2, Masutani H1, Koizumi W2: World J Gastrointest Endosc 2019/9; 11 (9): 477-85. (蓼原将良1, 奥脇興介2, 今泉 弘2, 木田光広2, 岩井知久2, 山内浩史2,3, 金子 亨2, 長谷川力也2, 宮田英治2, 川口佑輔2, 升谷寛以1, 小泉和三郎2: 1大学院医療系研究科, 2消化器内, 3救命)

110086. [原著] Sex differences in the safety of S-1 plus oxaliplatin and S-1 plus cisplatin for patients with metastatic gastric cancer. Yamada Y, Koizumi W1, Nishikawa K, Gotoh M, Fuse N, Sugimoto N, Nishina T, Amagai K, Chin K, Niwa Y, Tsuji A, Imamura H, Tsuda M, Yasui H, Fujii H, Yamaguchi K, Yasui H, Hironaka S, Shimada K, Hyodo I: Cancer Sci 2019/9; 110 (9): 2875-83. (小泉和三郎1: 1消化器内)

110087. [原著] Objective evaluation of the visibility of colorectal lesions using eye tracking. Kumahara K1, Ikematsu H1, Shinmura K1, Murano T1, Inaba A1, Okumura K1, Nishihara K1, Sunakawa H1, Furue Y1,2, Ito R1, Sato D1, Minamide T1, Okamoto N1, Yamamoto Y1, Suyama M1, Takashima K1, Nakajo K1, Yoda Y1, Hori K1, Oono Y1, Yano T1 (1Department of Gastroenterology and Endoscopy, National Cancer Center Hospital East): Dig Endosc 2019/9; 31 (5): 552-7. (古江康明1,2: 2消化器内)

110088. [原著] Comparison of the histopathological characteristics of large colorectal laterally spreading tumors according to growth pattern. Saito T1, Kobayashi K1,2, Sada M1, Matsumoto Y1, Mukae M1, Kawagishi K1, Yokoyama K1, Koizumi W1, Saegusa M3, Murakami Y: J Anus Rectum Colon 2019/10; 3 (4): 152-9. (齋藤公哉1, 小林清典1,2, 佐田美和1, 松本育宏1, 迎 美幸1, 川岸加奈1, 横山 薫1, 小泉和三郎1, 三枝 信3: 1消化器内科, 2新世紀医療・横断的医療, 3病理)

110018. [原著] Thromboxane A 2 receptor signaling in endothelial cells attenuates monocrotaline-induced liver injury. Otaka F1, Ito Y2, Inoue T3, Ohkubo H4, Nishizawa N5, Kojo K6, Betto T3, Yamane S3, Narumiya S, Koizumi W3, Majima M2: Toxicol Appl Pharmacol 2019/10; 381: 114733. (大高史聖1, 伊藤義也2, 井上智仁3, 大久保博世4, 西澤伸恭5, 古城 憲6, 別當朋広3, 山根早紀子3, 小泉和三郎3, 馬嶋正隆2: 1大学院医療系研究科, 2薬理, 3消化器内, 4心臓血管外, 5一般・小児・肝胆膵外, 6下部消化管外)

110089. [原著] Randomized, phase II trial of sequential hepatic arterial infusion chemotherapy and sorafenib versus sorafenib alone as initial therapy for advanced hepatocellular carcinoma: SCOOP-2 trial. Kondo M, Morimoto M, Kobayashi S, Ohkawa S, Hidaka H1, Nakazawa T1, Aikata H, Hatanaka T, Takizawa D, Matsunaga K, Okuse C, Suzuki M, Taguri M, Ishibashi T, Numata K, Maeda S, Tanaka K: BMC Cancer 2019/10; 19 (1): 954. (日高 央1, 中澤貴秀1: 1消化器内)

110090. [原著] Impact of the Charlson Comorbidity Index on the treatment strategy and survival in elderly patients after non-curative endoscopic submucosal dissection for esophageal squamous cell carcinoma: a multicenter retrospective study. Nakajo K, Abe S, Oda I, Ishihara R, Tanaka M, Yoshio T, Katada C1, Yano T: J Gastroenterol 2019/10; 54 (10): 871-80. (堅田親利1: 1消化器内)

110091. [原著] Evaluation of 8-week glecaprevir/pibrentasvir treatment in direct-acting antiviral-na?ve noncirrhotic HCV genotype 1 and 2infected patients in a real-world setting in Japan. Ikeda H, Watanabe T, Atsukawa M, Toyoda H, Takaguchi K, Nakamuta M, Matsumoto N, Okuse C, Tada T, Tsutsui A, Yamashita N, Kondo C, Hayama K, Kato K, Itokawa N, Arai T, Shimada N, Asano T, Uojima H1, Ogawa C, Mikami S, Ikegami T, Fukunishi S, Asai A, Iio E, Tsubota A, Hiraoka A, Nozaki A, Okubo H, Tachi Y, Moriya A, Oikawa T, Matsumoto Y, Tsuruoka S, Tani J, Kikuchi K, Iwakiri K, Tanaka Y, Kumada T: J Viral Hepat 2019/11; 26 (11): 1266-75. (魚嶋晴紀1: 1消化器内)

110092. [原著] An international, multi-institution survey of the use of EUS in the diagnosis of pancreatic cystic lesions. Ge N, Brugge WR, Saxena P, Sahai A, Adler DG, Giovannini M, Pausawasdi N, Santo E, Mishra G, Tam W, Kida M1,2, de la Mora-Levy JG, Sharma M, Umar M, Katanuma A, Lee L, Garg PK, Eloubeidi MA, Yu HK, Raijman I, Arturo Arias BL, Bhutani M, Carrara S, Rai P, Mukai S, Palazzo L, Dietrich CF, Nguyen NQ, El-Nady M, Poley JW, Guaraldi S, Kalaitzakis E, Sabbagh LC, Lari?o-Noia J, Gress FG, Lee YT, Rana SS, Fusaroli P, Hocke M, Dhir V, Lakhtakia S, Ratanachu-Ek T, Chalapathi Rao AS, Vilmann P, Okasha HH , Irisawa A, Ponnudurai R, Leong AT, Artifon E, Iglesias-Garcia J, Saftoiu A, Larghi A, Robles-Medranda C, Sun S: Endosc Ultrasound 2019/11-12; 8 (6): 418-27. (木田光広1,2: 1北里大学メディカルセンター, 2消化器内)

110093. [原著] On-site stereomicroscope quality evaluations to estimate white core cutoff lengths using EUS-FNA biopsy sampling with 22-gauge needles. Masutani H1, Okuwaki K2, Kida M2,3, Yoshida T4, Imaizumi H2, Yamauchi H2,5, Iwai T2, Kaneko T2, Hasegawa R2, Miyata E2, Koizumi W2: Gastrointest Endosc 2019/12; 90 (6): 947-56. (升谷寛以1, 奥脇興介2, 木田光広2,3, 吉田 功4, 今泉 弘2, 山内浩史2,5, 岩井知久2, 金子 亨2, 長谷川力也2, 宮田英治2, 小泉和三郎2: 1大学院医療系研究科, 2消化器内, 3北里大学メディカルセンター, 4病理, 5救命)

110094. [原著] Endoscopic Balloon Dilation for Benign Bilioenteric Stricture: Outcomes and Factors Affecting Recurrence. Yamauchi H1,2, Kida M2,3, Miyata E2, Okuwaki K2, Iwai T2, Minato N2, Tadehara M4, Watanabe M2, Imaizumi H2, Koizumi W2: Dig Dis Sci 2019/12; 64 (12): 3557-67. (山内浩史1,2, 木田光広2,3, 宮田英治2, 奥脇興介2, 岩井知久2, 湊 尚貴2, 蓼原将良4, 渡辺真郁2, 今泉 弘2, 小泉和三郎2: 1救命, 2消化器内, 3北里大学メディカルセンター, 4大学院医療系研究科)

110095. [原著] A clinical trial to assess the feasibility and efficacy of nab-paclitaxel plus gemcitabine for elderly patients with unresectable advanced pancreatic cancer. Hasegawa R1, Okuwaki K1, Kida M1,2, Yamauchi H1,3, Kawaguchi Y1, Matsumoto T1, Kaneko T1, Miyata E1, Uehara K1,2, Iwai T1, Watanabe M1, Kurosu T1, Imaizumi H1, Ohno T4, Koizumi W1: Int J Clin Oncol 2019/12; 24 (12): 1574-81. (長谷川力也1,奥脇興介1, 木田光広1,2, 山内浩史1,3, 川口佑輔1, 松本高明1, 金子 亨1, 宮田英治1, 上原一帆1,2, 岩井知久1, 渡辺真郁1, 黒須貴浩1, 今泉 弘1, 大野 隆4, 小泉和三郎1: 消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3救命, 4伊勢原協同病院)

110096. [原著] Usefulness of autotaxin for the complications of liver cirrhosis. Shao X1, Uojima H1, Setsu T, Okubo T, Atsukawa M, Furuichi Y, Arase Y, Hidaka H1, Tanaka Y1, Nakazawa T1, Kako M, Kagawa T, Iwakiri K, Terai S, Koizumi W1: World J Gastroenterol 2020/1; 26 (1): 97-108. (Xue Shao1, 魚嶋晴紀1, 日高 央1, 田中賢明1, 中澤貴秀1,小泉和三郎1: 1消化器内)

110097. [原著] Meta-analysis of two randomized phase III trials (TCOG GI-0801 and ECRIN TRICS) of biweekly irinotecan plus cisplatin versus irinotecan alone as second-line treatment for advanced gastric cancer. Nishikawa K, Koizumi W1, Tsuburaya A, Yamanaka T, Morita S, Fujitani K, Akamaru Y, Shimada K, Hosaka H, Nakayama N, Tsujinaka T, Sakamoto J: Gastric Cancer 2020/1; 23 (1): 160-7. (小泉和三郎1: 1消化器内)

110098. [原著] Early Changes in Circulating FGF19 and Ang-2 Levels as Possible Predictive Biomarkers of Clinical Response to Lenvatinib Therapy in Hepatocellular Carcinoma. Chuma M, Uojima H1, Numata K, Hidaka H1, Toyoda H, Hiraoka A, Tada T, Hirose S, Atsukawa M, Itokawa N, Arai T, Kako M, Nakazawa T1, Wada N1, Iwasaki S1, Miura Y, Hishiki S, Nishigori S, Morimoto M, Hattori N, Ogushi K, Nozaki A, Fukuda H, Kagawa T, Michitaka K, Kumada T, Maeda S: Cancers (Basel) 2020/1; 12 (2): 293. (魚嶋晴紀1,日高 央1, 中澤貴秀1, 和田尚久1, 岩崎秀一郎1: 1消化器内)

110099. [原著] Furosemide Dose Changes Associated with Furosemide/Tolvaptan Combination Therapy in Patients with Cirrhosis. Uojima H1, Hidaka H1, Tanaka Y1, Wada N1, Kubota K1, Nakazawa T1, Shibuya A1,2, Sung JH, Kako M, Koizumi W1: Dig Dis 2020/1; 38 (1): 38-45. (魚嶋晴紀1, 日高 央1, 田中賢明1, 和田尚久1, 窪田幸介1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆1,2, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2医療管理)

110100. [原著] Prediction of lymph-node metastasis and lymphatic invasion of superficial pharyngeal cancer on narrow band imaging with magnifying endoscopy. Katada C1, Okamoto T2, Ichinoe M3, Sakamoto Y4, Kano K2, Hosono H2, Miyamoto S2, Tanabe S1,5, Koizumi W1, Yamashita T2: Auris Nasus Larynx 2020/2; 47 (1): 128-34. (堅田親利1, 岡本旅人2, 一戸昌明3, 坂本泰理4, 加納孝一2, 細野浩史2, 宮本俊輔2, 田邉 聡1,5, 小泉和三郎1, 山下 拓2: 1消化器内, 2耳鼻咽喉・頭頸部外, 3病理, 4臨床研究・プロジェクト, 5新世紀医療・先端医療)

110101. [原著] Surgical outcomes of elderly patients with Stage I gastric cancer from the nationwide registry of the Japanese Gastric Cancer Association. Nunobe S1, Oda I1, Ishikawa T1, Akazawa K1, Katai H1, Isobe Y1, Miyashiro I1, Tsujitani S1, Ono H1, Tanabe S1,2,3, Fukagawa T1, Suzuki S1, Kakeji Y1 (1Registration Committee of the Japanese Gastric Cancer): Gastric Cancer 2020/3; 23 (2): 328-38. (田邉 聡1,2,3: 2新世紀医療・先端医療, 3消化器内)

210002. [準原著] The large-balloon occlusion technique: A new method for conversion to EUS-guided hepaticogastrostomy in patient with prior self-expanding metal stent placement The large-balloon occlusion technique: A new method for conversion to EUS-guided hepaticogastrostomy in patient with prior self-expanding metal stent placement. Okuwaki K1, Yamauchi H1,2, Kida M1,3, Imaizumi H1, Matsumoto T1, Tadehara M4, Iwai T1, Kaneko T1, Hasegawa R1, Miyata E1, Koizumi W1: Endosc Ultrasound 2019/5-6; 8 (3): 209-10. (奥脇興介1, 山内浩史1,2, 木田光広1,3, 今泉 弘1, 松本高明1, 蓼原将良4, 岩井知久1, 金子 亨1, 長谷川力也1, 宮田英治1, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2救命, 3北里大学メディカルセンター, 4大学院医療系研究科)

210003. [準原著] The effectiveness and safety of glecaprevir/pibrentasvir in chronic hepatitis C patients with refractory factors in the real world: a comprehensive analysis of a prospective multicenter study. Nozaki A1, Atsukawa M1, Kondo C1, Toyoda H1, Chuma M1, Nakamuta M1, Uojima H1,2, Takaguchi K1, Ikeda H1, Watanabe T1, Ogawa S1, Itokawa N1, Arai T1, Hiraoka A1, Asano T1, Fujioka S1, Ikegami T1, Shima T1, Ogawa C1, Akahane T1, Shimada N1, Fukunishi S1, Abe H1, Tsubota A1, Genda T1, Okubo H1, Mikami S1, Morishita A1, Moriya A1, Tani J1, Tachi Y1, Hotta N1, Ishikawa T1, Okanoue T1, Tanaka Y1, Kumada T1, Iwakiri K1, Maeda S1 (1KTK49 Liver Study Group): Hepatol Int 2020/3; 14 (2): 225-38. (魚嶋晴紀1,2: 2消化器内)

210004. [準原著] ALBI-U grading, which integrates albumin-bilirubin grade (ALBI) and the up-to-seven criteria (UTS), is a simple and useful prognostic prediction model for a small patient group with hepatocellular carcinoma (HCC): a single-center, retrospective analysis. Watanabe M1,2, Yokomori H2,3: Turk J Gastroenterol 2019/9; 30 (Suppl 3): S234-6. (渡邊真彰1,2, 横森弘昭2,3: 1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3総合診療)

310005. [症例報告] A suspected case of Clostridium perfringens sepsis with intravascular hemolysis after transhepatic arterial chemoembolization: a case report. Uojima H1, Onoue M1, Hidaka H1, Wada N1, Tanaka Y1, Inoue T1, Kubota K1, Nakazawa T1, Shibuya A1,2, Koizumi W1: J Med Case Rep 2019/4; 13 (1): 125. (魚嶋晴紀1, 尾上美恵1, 日高 央1. 和田尚久1, 田中賢明1, 井上智仁1, 窪田幸介1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆1,2, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2医療管理)

310006. [症例報告] Hepatic methotrexate-associated lymphoproliferative disorders identified by multiple liver tumors: a case report and review of the literature. Ono R, Kumagae T, Uojima H1,2, Teshima S, Kudo M, Kitagawa I, Yoshizawa M: J Med Case Rep 2019/6; 13 (1): 196. (魚嶋晴紀1,2: 1消化器内, 2湘南鎌倉総合病院)

310007. [症例報告] Comparison of narrow-band imaging, volumetric laser endomicroscopy, and pathologic findings in Barrett's esophagus. Comparison of Narrow Band Imaging, Volumetric Laser Endomicroscopy and Pathological Findings in Barrett's Esophagus. Katada C1, Pai RK, Fukami N: VideoGIE 2019/7; 4 (7): 319-22. (堅田親利1: 1消化器内)

310008. [症例報告] Pancreatic granular cell tumor diagnosed by endoscopic ultrasound-guided fine needle aspiration biopsy. Krutsri C, Iwai T1, Kida M1,2, Imaizumi H1, Kawano T1, Tadehara M3, Watanabe M1, Okuwaki K1, Yamauchi H1,4, Koizumi W1: Clin J Gastroenterol 2019/8; 12 (4): 347-54. (岩井知久1, 木田光広1,2, 今泉 弘1, 川野壽宙1, 蓼原将良3, 渡辺真郁1, 奥脇興介1, 山内浩史1,4, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3大学院医療系研究科, 4救命)

310009. [症例報告] A case of extrahepatic bile duct cancer with distant metastases showing pathological complete response to treatment combining gemcitabine and cisplatin. Adachi K1, Okuwaki K2, Nishiyama R2, Kida M2,3, Imaizumi H2, Iwai T2, Yamauchi H2,4, Kaneko T2, Hasegawa R2, Miyata E2, Kumamoto Y5, Koizumi W2: Clin J Gastroenterol 2019/10; 12 (5): 466-72. (安達 快1, 奥脇興介2, 西山 竜2, 木田光広2,3, 今泉 弘2, 岩井知久2, 山内浩史2,4, 金子 亨2, 長谷川力也2, 宮田英治2, 隈元雄介5, 小泉和三郎2: 1大学院医療系研究科, 2消化器内, 3北里大学メディカルセンター, 4救命, 5一般・小児・肝胆膵外)

310010. [症例報告] Ischemic pancreatitis with infected walled-off necrosis with a colonic fistula after cardiopulmonary bypass successfully treated by endoscopic ultrasound-guided drainage. Masuda S1, Koizumi K1, Uojima H1,2, Tazawa T1, Tasaki J1, Ichita C1, Nishino T1, Kimura K1 Sasaki A1, Egashira H1, Kako M1: Clin J Gastroenterol 2020/2; 13 (1): 127-33. (魚嶋晴紀1,2: 1消化器内, 2湘南鎌倉総合病院)

320001. [症例報告] 内視鏡的乳頭切除術にて診断し得た乳頭部神経内分泌腫瘍の一例. 平良紗月1, 川口佑輔1,2, 眞部優作1,2, 上原一帆1,2, 大塚俊和1,2, 田原久美子1, 渡邊真彰1,2, 木田光広1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2消化器内): Progress of Digestive Endoscopy 2019/6; 94 (1): 81-3.

320002. [症例報告] 広島漢方で寛解維持・粘膜治癒を認めた潰瘍性大腸炎の一症例. 三枝陽一1, 今泉 弘1, 金 明哲, 石崎純郎, 加藤 彩, 桑尾定仁, 三橋利温, 西元寺克禮1, 大井田正人1 (1消化器内): Progress of Digestive Endoscopy 2019/6; 94 (1): 119-21.

320003. [症例報告] EUSで低エコー腫瘤として描出可能であった膵上皮内癌の1例. 眞部優作1,2, 上原一帆1,2, 平良紗月2, 川口佑輔1,2, 大塚俊和1,2, 田原久美子2, 渡邊真彰1,2, 木田光広1,2 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター): Progress of Digestive Endoscopy 2019/6; 94 (1): 149-51.

320004. [症例報告] EUS-FNBにて病理診断を得た多発性骨髄腫の膵転移の1例. 佐野達哉1, 奥脇興介1, 木田光広1,2, 湊 尚貴1, 松原佳菜, 宮田英治1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1,3, 岩井知久1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3救命): Progress of Digestive Endoscopy 2019/6; 94 (1): 155-7.

320005. [症例報告] 膵管癌に類似した超音波内視鏡画像を呈した膵神経内分泌腫瘍の1例. 玉置明寛1, 奥脇興介1, 木田光広1,2, 黒須貴浩1, 湊 尚貴1, 渡辺真郁1, 中谷征吾1, 宮田英治1, 松本高明1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1,3, 岩井知久1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3救命): Progress of Digestive Endoscopy 2019/6; 94 (1): 161-3.

320006. [症例報告] 術前診断が困難であった膵漿液性嚢胞腺腫の1例. 松下昌裕1, 長谷川力也1, 宮田英治1, 金子 亨1, 山内浩史1,2, 奥脇興介1, 岩井知久1, 今泉 弘1, 海津貴史3, 隈元雄介3, 木田光広1,4, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2救命, 3一般・小児・肝胆膵外, 4北里大学メディカルセンター): Progress of Digestive Endoscopy 2019/6; 94 (1): 167-9.

510003. [総説] Current status of endoscopic retrograde cholangiopancreatography in patients with surgically altered anatomy. Krutsri C, Kida M1,2, Yamauchi H1,3, Iwai T1, Imaizumi H1, Koizumi W1: World J Gastroenterol 2019/7; 25 (26): 3313-33. (木田光広1,2, 山内浩史1,3, 岩井知久1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3救命)

510004. [総説] Recent innovations in therapeutic endoscopy for pancreatobiliary diseases. Irisawa A, Miyoshi H, Itoi T, Ryozawa S, Kida M1,2, Inui K: Dig Endosc 2020/3; 32 (3): 309-15. (木田光広1,2: 1北里大学メディカルセンター, 2消化器内)

520003. [総説]【門脈圧亢進症up to date】門脈圧亢進症に対する内視鏡的治療. 日高 央1, 魚嶋晴紀1, 國分茂博 (1消化器内): 日本消化器病学会雑誌 2019/5; 116 (5): 395-403.

520004. [総説]【主題: 潰瘍性大腸炎関連腫瘍−診断・治療の現状と課題】通常内視鏡による潰瘍性大腸炎関連腫瘍診断の現状と課題. 小林清典1,2, 金澤 潤2, 別當朋広2, 川岸加奈2, 迎 美幸2, 横山 薫2, 佐田美和2, 小泉和三郎2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): 胃と腸 2020/2; 55 (2): 133-41.

522015. [講座]【座談会: ■IBDクリニカルカンファレンス 第2回】ステロイド抵抗性重症UCはどのように診療すべきか. 横山 薫1, 大森鉄平, 吉澤 繁, 辰巳健志, 山下真幸 (1消化器内): IBDクリニカルカンファレンス 2019/5; 1 (2): 47-58.

522016. [講座]【こんなにある薬剤性消化管傷害】[各論] 3. 小腸および大腸 S-1による消化管傷害. 迎 美幸1, 小林清典1,2, 別當朋広1, 川岸加奈1, 横山 薫1, 佐田美和1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 消化器内視鏡 2019/6; 31 (6): 934-8.

522017. [講座]【特集: 炎症性腸疾患診療のupdate− 診断・治療の最新知見】炎症性腸疾患の検査法: X線検査. 横山 薫 (消化器内): 臨牀消化器内科 2019/6; 34 (7): 736-40.

522018. [講座]【術後内視鏡診療のすべて】[各論] 1. 消化器手術後の内視鏡検査−サーベイランスと異時性病変の診断− 炎症性腸疾患手術後の内視鏡検査. 小林清典1,2, 別當朋広2, 川岸加奈2, 迎 美幸2, 横山 薫2, 佐田美和2, 小泉和三郎2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): 消化器内視鏡 2019/9; 31 (9): 1318-23.

522019. [講座]【講座: IBDのスペシャルシチュエーションをどう診るか?】第1回 妊娠・出産を希望するIBD患者さんをどう診るか?−その2−. 横山 薫 (消化器内): IBD Research 2019/9; 13 (3): 173-6.

522020. [講座]【特集: 消化器ステントの現況と課題】3. Interventional EUSによるステント留置. 木田光広1,2, 渡辺真郁2, 黒須貴浩2, 上原一帆1,2, 川口佑輔1,2, 長谷川力也2, 宮田英治2, 金子 亨2, 山内浩史2,3, 奥脇興介2, 岩井知久2, 今泉 弘2, (1北里大学メディカルセンター, 2消化器内, 3救命): 臨牀消化器内科 2019/9; 34 (10): 1285-94.

522021. [講座]【すべてがわかるIBDの内視鏡】[各論] 潰瘍性大腸炎の内視鏡 重症度評価と粘膜治療の判定. 横山 薫1, 小林清典1,2, 別當朋広1, 川岸加奈1, 迎 美幸1, 佐田美和1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 消化器内視鏡 2020/2; 32 (2): 206-12.

522022. [講座]【連載: ESDの実際 (65)】NBI拡大内視鏡を用いた内視鏡観察と早期大腸癌ESD基本手技. 古江康明1,2, 村野竜朗1, 新村健介1, 池松弘朗1 (1国立がん研究センター東病院, 2消化器内): 消化器の臨床 2020/2; 23 (1): 54-9.

522023. [講座]【特集: EUSの現状と将来】治療 6. EUSガイド下膵管ドレナージ. 岩井知久1, 木田光広1,2, 奥脇興介1, 山内浩史1,3, 金子 亨1, 長谷川力也1, 渡辺真郁1, 黒須貴浩1, 今泉 弘1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3救命): 肝胆膵 2020/3; 80 (3): 503-10.

522024. [講座]【胆膵内視鏡治療におけるトラブルシューティング】1. ERCP関連治療における偶発症予防とトラブルシューティング バルーン内視鏡を用いたERCP関連治療のコツと偶発症対策. 山内浩史1,2, 木田光広2,3, 岩井知久2, 奥脇興介2, 長谷川力也2, 今泉 弘2, 小泉和三郎2 (1救命, 2消化器内, 3北里大学メディカルセンター北里大学メディカルセンター): 消化器内視鏡 2020/3; 32 (3): 408-13.

[著 書]

610005. [学術書 (分担執筆)]【The Evolving Landscape of Liver Cirrhosis Management】Chapter 11: Esophagogastric Varices in Liver Cirrhosis, p.131-9. Hidaka H1, Uojima H1, Eds: Yoshiji H, Kaji K, Springer, Japan, 2019/8. (日高 央1, 魚嶋晴紀1: 1消化器内)

620008. [学術書 (分担執筆)]【消化管疾患の分類2019−使い方, 使われ方 (胃と腸2019年5月増刊号)】■小腸・大腸 Crohn病 CDEIS (内視鏡所見による分類), p.724. 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内), 医学書院, 東京, 2019/5発行.

620009. [学術書 (分担執筆)]【消化管疾患の分類2019−使い方, 使われ方 (胃と腸2019年5月増刊号)】■小腸・大腸 Crohn病 SES-CD (内視鏡所見による分類), p.725. 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内), 医学書院, 東京, 2019/5発行.

620010. [学術書 (分担執筆)]【消化管疾患の分類2019−使い方, 使われ方 (胃と腸2019年5月増刊号)】■小腸・大腸 Crohn病 Rutgeerts score (内視鏡所見による分類), p.726 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内), 医学書院, 東京, 2019/5発行.

620011. [学術書 (分担執筆)]【これだけは読んでおきたい! 消化器医のための重要論文240篇 <炎症性腸疾患編>】経過・予後 Q195. 小児期発症のIBDは死亡率がぞうかするのか?, p.204. Q196. UCにおける大腸癌の発現頻度は?, p.205. Q197. UCにおける適切なサーベイランスの方向は?, p.206. Q198. UCにおける大腸癌の発生率は?, p.207. Q199. この30年間でIBDにおける大腸癌のリスクは減少したのか?, p.208. 横山 薫 (消化器内), 編集主幹: 松本主之, シービーアール, 東京, 2019/11発行.

620012. [学術書 (分担執筆)]【肝硬変治療マニュアル エキスパートのコツとさじ加減】第3章 合併症治療のコツとさじ加減 3. 消化管出血 (食道胃静脈瘤, PHG), p.140-6. 日高 央 (消化器内), 編: 吉治仁志, 南江堂, 東京, 2019/12発行.

620013. [学術書 (分担執筆)]【消化管症候群 (第3版) II−その他の消化管疾患を含めて− (別冊日本臨牀 領域別症候群シリーズ No.10)】IV. 虫垂 1. 感染症 (1) 虫垂結核, p.197-8. 小林清典1,2, 横山 薫2, 佐田美和2, 小泉和三郎2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内), 日本臨牀社, 東京, 2020/2発行.

[学会・研究会等]

712003. [学会 (国際)] (招待講演等)【Luncheon Symposium Fujifilm】Oiagnostic EUS〜Basic and application to clinical practice〜. Iwai T1: Asian EUS Congress 2019 (2019/4/13), Tokyo, Japan. (岩井知久1: 1消化器内)

712004. [学会 (国際)] (招聘講演) Diagnostic EUS for pancreatobiliary disease. Iwai T1: 第16回中国消化器内視鏡学会 (2019/6/22), Yangzhou, China. (岩井知久1: 1消化器内)

712005. [学会 (国際)] (ワークショップ) BONASTENT M-Intraductal for benign biliary strictures. Iwai T1: 日韓胆膵内視鏡診療ワークショップ (2019/12/6), Korea. (岩井知久1: 1消化器内)

713011. [学会 (国際)] (ポスター) A new method of sample isolation processing by stereo microscopy for improve tissue diagnosis performance in EUS-FNA. Okuwaki K1, Kida M1,2, Masutani H3, Imaizumi H1,4, Iwai T1, Yamauchi H1,5, Kaneko T1, Hasegawa R1, Miyata E1, Watanabe M1, Minato N1, Kurosu T1, Koizumi W1: Asian EUS Congress 2019 (2019/4/12), Tokyo, Japan. (奥脇興介1, 木田光広1, 升谷寛以3, 今泉 弘1,4, 岩井知久1, 山内浩史1,5, 金子 亨1, 長谷川力也1, 宮田英治1, 渡邊真郁1, 湊 尚貴1, 黒須貴浩1, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3大学院医療系研究科, 4相模野病院, 5救命)

713012. [学会 (国際)] (一般口演) Role of Forward-Viewing EUS. Imaizumi H1,2, Iwai T2, Okuwaki K2, Yamauchi H1,3, Kaneko T2, Hasegawa R2, Miyata E2, Kida M2,4, Koizumi W2: Asian EUS Congress 2019 (2019/4/12), Tokyo, Japan. (今泉 弘1,2, 岩井知久2, 奥脇興介2, 山内浩史1,3, 金子 亨2, 長谷川力也2, 宮田英治2, 木田光広2,4, 小泉和三郎2: 1相模野病院, 2消化器内, 3救命, 4北里大学メディカルセンター)

713013. [学会 (国際)] (ポスター) EUS hands-on training in a small-scale hospital- Examination with learning curve analysis. Ishizaki J1, Imaizumi H1,2, Kim M1, Saegusa Y1, Watanabe M2, Kurosu T2, Miyata E2, Hasegawa R2, Kaneko T2, Yamauchi H2,3, Okuwaki K2, Iwai T2, Kida M2,4: Asian EUS Congress 2019 (2019/4/12), Tokyo, Japan. (今泉 弘1,2, 渡辺真郁2, 黒須貴浩2, 宮田英治2, 長谷川力也2, 金子 亨2, 山内浩史2,3, 奥脇興介2, 岩井知久2, 木田光広2,4: 1相模野病院, 2消化器内, 3救命, 4北里大学メディカルセンター)

713014. [学会 (国際)] (一般口演) Role of EUS in the Management of Colorectal Lesions. Kobayashi K1,2: Asian EUS Congress 2019 (2019/4/12), Tokyo, Japan. (小林清典1,2: 1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内)

713015. [学会 (国際)] (一般講演) Balloon enteroscopy assisted ERCP and EUS-guided biliary drainage in patients with surgically altered gastrointestinal anatomy. Iwai T1: Asian EUS Congress 2019 (2019/4/13), Tokyo, Japan. (岩井知久1: 1消化器内)

713016. [学会 (国際)] (ポスター) Technical feasibility of ESD for superficial esophageal squamous cell carcinoma (SESCC) on the scar of the previous endoscopic resection (ER). Furue Y1, Yoda Y, Hori K, Nakajo K, Ito R, Sato D, Minamide T, Suyama M, Yamamoto Y, Takashima K, Shinmura K, Ikematsu H, Yano T: DDW2019 (米国消化器病週間) (2019/5/18), San Diego, USA. (古江康明1: 1消化器内)

713017. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical significance and problems related to the diagnosis of early colorectal cancer on endoscopic ultrasonography. Kobayashi K1,2, Kawagishi K2, Mukae M2, Yokoyama K2, Kubota M2, Koizumi W2: DDW 2019 (米国消化器病週間) (2019/5/18-21), San Diego, USA. (小林清典1,2, 川岸加奈2, 迎 美幸2, 横山 薫2, 久保田 (佐田) 美和2, 小泉和三郎2: 1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内)

713018. [学会 (国際)] (ポスター) Short-term Response to the Anti-TNF-agent Golimumab in Patients With Ulcerative Colitis in Daily Clinical Practice. Yokoyama K1, Kawagishi K1, Mukae M1, Kubota M1, Kobayashi K1,2, Koizumi W1: The 7th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis (2019/6/15), Taipei, Taiwan. (横山 薫1, 川岸加奈1, 迎 美幸1, 久保田美和1, 小林清典1,2, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療)

713019. [学会 (国際)] (一般講演) Usefulness of Narrow Band Imaging Magnifying Endoscopy for the Diagnosis of Ulcerative Colitis-associated Tumors. Mukae M1, Kobayashi K1,2, Kawagishi K1, Yokoyama K1, Kubota M1, Koizumi W1: The 7th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis (2019/6/15), Taipei, Taiwan. (迎 美幸1, 小林清典1,2, 川岸加奈1, 横山 薫1, 久保田 (佐田) 美和1, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療)

713020. [学会 (国際)] (一般講演) Outcomes of Single Balloon Dilatation for Small Bowel Strictures in Patients With Crohn's Disease. Kawagishi K1, Mukae M1, Yokoyama K1, Kobayashi K1,2: The 7th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis (2019/6/15), Taipei, Taiwan. (川岸加奈1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 小林清典1,2: 1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療)

713021. [学会 (国際)] (ポスター) EUS-guided transjejunal drainage using forward-viewing echoendoscope in the patients with surgically altered anatomy. Iwai T1, Kida M1,2, Okuwaki K1, Yamauchi H1,3, Kaneko T1, Hasegawa R1, Imaizumi H1,4, Koizumi W1: UEGW 2019 (第27回欧州消化器病週間) (2019/10/19), Barcelona, Spain. (岩井知久1, 木田光広1,2, 奥脇興介1, 山内浩史1,3, 金子 亨1, 長谷川力也1, 今泉 弘1,4, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3救命, 4相模野病院)

713022. [学会 (国際)] (ポスター) Metachronous Multiple Lesions Developing Near Scars After ESD for Early Gastric Cancer. Tanabe S1,2, Kitahara G2, Ishido K2, Kubota Y3, Wada T2, Watanabe A2, Azuma M2, Katada C2, Koizumi W2: UEGW 2019 (第27回欧州消化器病週間) (2019/10/21), Barcelona, Spain. (田邉 聡1,2, 北原 言2, 石戸謙次2, 久保田陽3, 和田拓也2, 渡邉晃識2, 東 瑞智2, 堅田親利2, 小泉和三郎2: 1新世紀医療・先端医療, 2消化器内, 3大学院医療系研究科)

713023. [学会 (国際)] (ポスター) Sample Isolation Processing Using Stereomicroscopy as an Alternative to Rapid On-site Evaluation in Endoscopic Ultrasound-guided Fine-needle Aspiration Biopsy for the Diagnosis of Pancreatic Malignant Neoplasms. Tamaki A1, Okuwaki K1, Kida M1,2, Masutani H3, Iwai T1, Yamauchi H1,4, Kaneko T1, Hasegawa R1, Miyata E1, Watanabe M1, Kurosu T1, Imaizumi H1,5, Koizumi W1: The 50th Anniversary Joint Meeting of American Pancreatic Association (APA) and Japan Pancreas Society (JPS) (2019/11/9), Maui, USA. (玉置明寛1, 奥脇興介1, 木田光広1,2, 升谷寛以3, 岩井知久1, 山内浩史1,4, 金子 亨1, 長谷川力也1, 宮田英治1, 渡辺真郁1, 黒須貴浩1, 今泉 弘1,5, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3大学院医療系研究科, 4救命, 5相模野病院)

713024. [学会 (国際)] (ポスター) Efficacy of Sample Isolation Processing by Stereomicroscopy as a Novel Procedure in Endoscopic Ultrasound-Guided Fine-Needle Aspiration Biopsy for the Diagnosis of Malignant Neoplasms of the Pancreas. Okuwaki K1, Kida M1,2, Masutani H3, Kurosu T1, Iwai T1, Yamauchi H1,4, Kaneko T1, Hasegawa R1, Miyata E1, Watanabe M1, Imaizumi H1,5, Koizumi W1: The 50th Anniversary Joint Meeting of American Pancreatic Association (APA) and Japan Pancreas Society (JPS) (2019/11/6-9), Maui, USA. (奥脇興介1, 木田光広1,2, 升谷寛以3, 黒須貴浩1, 岩井知久1, 山内浩史1,4, 金子 亨1, 長谷川力也1, 宮田英治1, 渡辺真郁1, 今泉 弘1,5, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3大学院医療系研究科, 4救命, 5相模野病院)

713025. [学会 (国際)] (ポスター) Diagnostic Efficacy of a Novel Franseen Needle in EUS-Guided Fine-Needle Aspiration Biopsy of Malignant Neoplasms of the Pancreas. Watanabe M1, Okuwaki K1, Kida M1,2, Imaizumi H1,3, Iwai T1, Yamauchi H1,4, Kaneko T1, Hasegawa R1, Miyata E1, Kurosu T1, Tamaki A1, Koizumi W1: The 50th Anniversary Joint Meeting of American Pancreatic Association (APA) and Japan Pancreas Society (JPS) (2019/11/6-9), Maui, USA. (渡辺真郁1, 奥脇興介1, 木田光広1,2, 今泉 弘1,3, 岩井知久1, 山内浩史1,4, 金子 亨1, 長谷川力也1, 宮田英治1, 黒須貴浩1, 玉置明寛1, 小泉和三郎1: 1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3相模野病院, 4救命)

713026. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical usefulness of Wisteria Floribunda agglutinin-positive human Mac-2 binding protein in patients with liver cirrhosis. Uojima H1: AASLD2019 (第70回米国肝臓学会議) (2019/11/8-12), Boston, USA. (魚嶋晴紀1: 1消化器内)

721004. [学会 (全国)] (特別講演) 倫理審査委員会からの報告−日本大腸肛門病学会の倫理指針に係る申請について. 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): 日本大腸肛門病学会第28回教育セミナー (2019/5/26), 東京.

721005. [学会 (全国)] (特別講演) 内視鏡による咽頭スクリーニング. 堅田親利 (消化器内): 第73回日本食道学会学術集会教育セミナー (2019/6/5), 福岡.

721006. [学会 (全国)] (特別講演) 高齢者の胃ESDの現状と課題. 田邉 聡1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2消化器内): 第22回日本高齢消化器病学会総会 (2019/8/2), 神戸.

721007. [学会 (全国)] (特別講演) 日本大腸肛門病学会の倫理指針と演題登録にあたっての注意事項. 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 (2019/10/12), 東京.

721008. [学会 (全国)] (特別講演) 肝硬変の病態から門脈血栓症を考える. 日高 央 (消化器内): JDDW2019 KOBE (2019/11/21), 神戸.

722012. [学会 (全国)] (基調講演) 門脈圧亢進症診療の新しい潮流. 日高 央 (消化器内): 第105回日本消化器病学会総会 (2019/5/10), 石川.

722013. [学会 (全国)] (シンポジウム)【IBD診療の最前線】IBDの癌化. 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): 日本大腸肛門病学会第28回教育セミナー (2019/5/26), 東京.

722014. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 肝性脳症に対するB-RTOの到達点と課題. 田中賢明1, 日高 央1, 魚嶋晴紀1 (1消化器内): 第55回日本肝臓学会総会 (2019/5/30), 東京.

722015. [学会 (全国)] (ワークショップ) Strategy for treatments of biliary tract diseases in patients with surgically altered intestinal anatomy. 岩井知久 (消化器内): 第97回日本消化器内視鏡学会総会 (2019/5/31), 東京.

722016. [学会 (全国)] (シンポジウム) 高齢者早期胃癌ESD後非治癒切除症例の予後. 尾上美恵1,2, 和田拓也2, 田邉 聡2,3 (1国立病院機構相模原病院消化器内科, 2消化器内, 3新世紀医療・先端医療): 第22回日本高齢消化器病学会総会 (2019/8/2), 神戸.

722017. [学会 (全国)] (シンポジウム) 肝硬変患者におけるL-FABPより検討した腹水の有用性. 魚嶋晴紀1, 日高 央1, 田中賢明1 (1消化器内): 第26回日本門脈圧亢進症学会総会 (2019/9/12), 山口.

722018. [学会 (全国)] (シンポジウム) 抗GPIIb/IIIa抗体産生B細胞数がトロンボポエチン受容体アゴニスト投与後の治療効果に与える影響. 魚嶋晴紀1, 日高 央1, 賀古 眞, 和田尚久1, 窪田幸介1, 田中賢明1 (1消化器内): 第26回日本門脈圧亢進症学会総会 (2019/9/12), 山口.

722019. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 肝線維化進展におけるAutotaxinの特徴に関する検討. 魚嶋晴紀1, 日高 央1, 賀古 眞, 和田尚久1, 窪田幸介1, 田中賢明1 (1消化器内): 第26回日本門脈圧亢進症学会総会 (2019/9/12), 山口.

722020. [学会 (全国)] (ワークショップ) サルコペニアに対するレンバチニブ導入時の栄養療法の必要性. 魚嶋晴紀1, 菊池菜穂子2, 日高 央1 (1消化器内, 2栄養部): 第26回日本門脈圧亢進症学会総会 (2019/9/13), 山口.

722021. [学会 (全国)] (シンポジウム) 非切除悪性肝門部胆管狭窄に対するドレナージ戦略. 岩井知久1, 木田光広1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター): 第55回日本胆道学会学術集会 (2019/10/4), 名古屋.

722022. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 抗血栓薬服用患者に対するCold polypectomyの安全性についての検討. 川岸加奈1, 久保田 (佐田) 美和1, 別當朋広1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 小林清典1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 (2019/10/11), 東京.

722023. [学会 (全国)] (シンポジウム) 潰瘍性大腸炎に対する日常診療における便中カルプロテクチンの有用性. 花岡太郎1, 横山 薫1, 小林清典1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2消化器内): 第37回日本大腸検査学会総会 (2019/11/2), 東京.

722024. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 大腸T1癌の深達度診断および治療法の選択における超音波内視鏡の臨床的有用性. 迎 美幸1, 小林清典1,2 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): JDDW2019 KOBE (2019/11/21), 神戸.

722025. [学会 (全国)] (ワークショップ) 膵・胆管空腸吻合部狭窄に対する内視鏡的治療の工夫. 山内浩史1,2, 奥脇興介2, 小泉和三郎2 (1救命, 2消化器内): JDDW2019 KOBE (2019/11/21), 神戸.

722026. [学会 (全国)] (ワークショップ) 肝線維化進展におけるAutotaxinの変化に関する検討. 魚嶋晴紀1, 日高 央1, 賀古 真2 (1消化器内, 2湘南鎌倉総合病院・消化器病センター): JDDW2019 KOBE (2019/11/22), 神戸.

722027. [学会 (全国)] (ワークショップ) 心臓カテーテルアブレーション施行患者における内視鏡所見についての検討. 和田拓也1, 田邉 聡1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): JDDW2019 KOBE (2019/11/22), 神戸.

722028. [学会 (全国)] (シンポジウム) 高齢者潰瘍性大腸炎の入院例−内科治療をどこまで行うか?−. 伊藤隆士1, 横山 薫1, 小林清典1,2 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第10回日本炎症性腸疾患学術集会 (2019/11/29), 福岡.

723111. [学会 (全国)] (ポスター) 潰瘍性大腸炎における便中カルプロテクチン値と内視鏡所見の検討. 花岡太郎1, 横山 薫1, 松本育宏1, 川岸加奈1, 迎 美幸1, 久保田 (佐田) 美和1, 小林清典1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第105回日本消化器病学会総会 (2019/5/10), 石川.

723112. [学会 (全国)] (ポスター) ALBI gradeとUp-to-seven criteriaの組み合わせによる肝細胞癌の予後予測. 渡邊真彰1,2, 横森弘昭1,3 (1北里大学メディカルセンター, 2消化器内, 3総合診療): 第105回日本消化器病学会総会 (2019/5/10), 石川.

723113. [学会 (全国)] (ポスター) Crohn病におけるadalimumab倍量投与は治療期間を延長できるか? 金澤 潤1, 横山 薫1, 小林清典1,2 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第105回日本消化器病学会総会 (2019/5/10), 石川.

723114. [学会 (全国)] (ポスター) C型肝炎に対する直接作用型抗ウイルス薬導入後の抗GPIIb/IIIa抗体産生B細胞の変化に関する検討. 和田尚久1, 魚嶋晴紀1, 窪田幸介1, 田中賢明1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆1,2, 日高 央1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2医療管理): 第55回日本肝臓学会総会 (2019/5/31), 東京.

723115. [学会 (全国)] (ポスター) 肝性脳症に対するリファキシミン + カルニチン併用の意義. 岩崎秀一郎1, 魚嶋晴紀1,2, 田中賢明1, 和田尚久1, 窪田幸介1, 日高 央1 (1消化器内, 2湘南鎌倉総合病院): 第55回日本肝臓学会総会 (2019/5/31), 東京.

723116. [学会 (全国)] (一般演題) ダビガトラン起因性食道炎についての検討. 和田拓也1, 田邉 聡1,2, 及川 淳3, 渡邉晃識1, 石戸謙次1, 深谷英平3, 東 瑞智1, 堅田親利1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3循環器内): 第97回日本消化器内視鏡学会総会 (2019/6/1), 東京.

723117. [学会 (全国)] (一般演題) 大腸腫瘍に対するJNET拡大NBI分類の臨床的有用性についての検討. 迎 美幸1, 小林清典1,2, 久保田 (佐田) 美和1, 松本育宏1, 川岸加奈1, 横山 薫1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第97回日本消化器内視鏡学会総会 (2019/6/1), 東京.

723118. [学会 (全国)] (一般演題) EUS-HGS施行時の金属ステントとプラスチックステントの比較. 金子 亨1, 木田光広1,2, 宮田英治1, 長谷川力也1, 山内浩史1,3, 奥脇興介1, 岩井知久1, 今泉 弘1,4 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3救命, 4相模野病院): 第97回日本消化器内視鏡学会総会 (2019/6/1), 東京.

723119. [学会 (全国)] (一般演題) 小膵癌の診断における胆膵内視鏡の有用性. 湊 尚貴1, 奥脇興介1, 木田光広1,2, 松本高明1, 岩井知久1, 山内浩史1,3, 金子 亨1, 長谷川力也1, 宮田英治1, 黒須貴浩1, 渡辺真郁1, 今泉 弘1,4, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3救命, 4相模野病院): 第97回日本消化器内視鏡学会総会 (2019/6/2), 東京.

723120. [学会 (全国)] (一般演題) 遠位悪性胆道狭窄に対するSelf-expandable metallic stent留置後の胆N炎発症の危険因子に関する検討. 渡辺真郁1, 奥脇興介1, 木田光広1,2, 岩井知久1, 山内浩史1,3, 金子 亨1, 長谷川力也1, 松本高明1, 宮田英治1, 川口佑輔1,2, 上原一帆1,2, 升谷寛以4, 安達 快4, 蓼原将良4, 中谷征吾1, 黒須貴浩1, 湊 尚貴1, 今泉 弘1,5, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3救命, 4大学院医療系研究科, 5相模野病院): 第97回日本消化器内視鏡学会総会 (2019/6/2), 東京.

723121. [学会 (全国)] (ポスター) 内視鏡切除後瘢痕上の表在型食道扁平上皮癌に対するESDの治療成績. 古江康明1,2, 依田雄介1, 堀 圭介1, 門田智裕1, 中條恵一郎1, 新村健介1, 池松弘朗1, 矢野友規1 (1国立がん研究センター東病院, 2消化器内): 第73回日本食道学会学術集会 (2019/6/6), 福岡.

723122. [学会 (全国)] (一般演題) 高齢者潰瘍性大腸炎に対する生物学的製剤治療の実際. 伊藤隆士1, 横山 薫1, 小林清典1,2 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 (2019/10/11), 東京.

723123. [学会 (全国)] (一般口演) 複数回内視鏡検査を施行し, 診断に難渋した小腸動静脈奇形の1例. 北川博之1, 石崎あや那1, 坂部勇太1, 土居楠太郎1, 寺田昌弘2, 河西顯太郎2, 菊地秀彦2, 里道哲彦2, 西山 竜2, 山崎好喜2, 野登 誠2, 川邉泰一, 羽鳥慎祐2, 谷 和行2, 松原 修 (1消化器内, 2平塚共済病院): 第68回共済医学会 (2019/10/23), 札幌.

723124. [学会 (全国)] (一般口演) 中規模病院における炎症性腸疾患のチーム医療と地域医療貢献 三枝陽一1, 今泉 弘1,2, 金 明哲1,2, 井廻佑介1,2, 大井田正人1 (1JCHO相模野病院, 2消化器内): 第5回JCHO地域医療総合医学会 (2119/11/2), 横浜.

723125. [学会 (全国)] (ポスター) 内視鏡切除後瘢痕上の表在型食道扁平上皮癌に対するESDの治療成績. 古江康明1,2, 依田雄介2, 堀 圭介2, 門田智裕2, 中條恵一郎2, 新村健介2, 池松弘朗2, 矢野友規2 (1消化器内, 2国立がん研究センター東病院): JDDW2019 KOBE (2019/11/21), 神戸.

723126. [学会 (全国)] (ポスター) 抗凝固薬服用者の早期上部消化管腫瘍に対するESD後出血の検討. 石崎純郎1, 和田拓也1, 渡邉晃識1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 田邉 聡1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療): JDDW2019 KOBE (2019/11/21), 神戸.

723127. [学会 (全国)] (ポスター) 高齢者潰瘍性大腸炎に対する免疫統御療法の実際と時代的変遷. 伊藤隆士1, 横山 薫1, 竹谷 彩1, 松本育宏1, 川岸加奈1, 迎 美幸1, 久保田 (佐田) 美和1, 小林清典1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): JDDW2019 KOBE (2019/11/21), 神戸.

723128. [学会 (全国)] (ポスター) 慢性肝疾患における肝サルコペニア診断の意義に関する多施設前向き検討. 岩崎秀一郎1, 日高 央1, 魚嶋晴紀1 (1消化器内): JDDW2019 KOBE (2019/11/21), 神戸.

723129. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における切除不能・再発胃がんに対するNivolumabの治療成績. 北原 言1, 石戸謙次1, 久保田陽2, 渡邉晃識1, 和田拓也1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 田邉 聡1,3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・先端医療): JDDW2019 KOBE (2019/11/22), 神戸.

723130. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における切除不能進行・再発胃癌に対するnab-PTX + RAM療法の治療成績. 久保田陽1, 東 瑞智2, 石橋 侑2, 渡邉晃識2, 和田拓也2, 石戸謙次2, 堅田親利2, 田邉 聡2,3, 小泉和三郎2 (1大学院医療系研究科, 2消化器内, 3新世紀医療・先端医療): JDDW2019 KOBE (2019/11/22), 神戸.

723131. [学会 (全国)] (ポスター) 胆管結石に対する内視鏡的乳頭ラージバルーン拡張術における偶発症の検討. 玉置明寛1, 山内浩史1,2, 木田光広1,3, 上原一帆1,3, 奥脇興介1, 岩井知久1, 今泉 弘1,4, 宮田英治1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2救命, 3北里大学メディカルセンター, 4相模野病院): JDDW2019 KOBE (2019/11/23), 神戸.

723132. [学会 (全国)] (ポスター) 大腸ポリープに対するCold polypectomyの有用性についての検討. 田邉美奈1, 川岸加奈1, 久保田 (佐田) 美和1, 別當朋広1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 小林清典1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): JDDW2019 KOBE (2019/11/23), 神戸.

723133. [学会 (全国)] (ポスター) 術後再建腸管を有する悪性胆道狭窄に対するメタリックステント留置術とプラスチックステント留置術の治療成績の比較検討. 長谷川力也1, 木田光広1,2, 黒須貴浩1, 渡辺真郁1, 宮田英治1, 金子 亨1, 山内浩史1,3, 奥脇興介1, 岩井知久1, 今泉 弘1,4, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3救命, 4相模野病院): JDDW2019 KOBE (2019/11/23), 神戸.

723134. [学会 (全国)] (ポスター) 膵悪性腫瘍に対するEUS-FNABにおける検体処理法: Sample Isolation Processing by Stereo-microscopeの有用性. 黒須貴浩1, 奥脇興介1, 木田光広1,2, 升谷寛以3, 岩井知久1, 山内浩史1,4, 金子 亨1, 長谷川力也1, 宮田英治1, 渡辺真郁1, 今泉 弘1,5, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3大学院医療系研究科, 4救命, 5相模野病院): JDDW2019 KOBE (2019/11/23), 神戸.

723135. [学会 (全国)] (ポスター) 潰瘍性大腸炎における便中カルプロテクチン測定は日常診療において有用か? 花岡太郎1, 横山 薫1, 松本育宏1, 川岸加奈1, 迎 美幸1, 久保田 (佐田) 美和1, 小林清典1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第10回日本炎症性腸疾患学会学術集会 (2019/11/29), 福岡.

723136. [学会 (全国)] (一般演題) 鳥肌胃炎を呈したHelicobacter pylori陰性の一例. 田邉美奈1, 川岸加奈1, 田邉 聡1,2, 横山 薫1, 久保田陽3, 渡邉晃識1, 和田拓也1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3大学院医療系研究科): 第16回日本消化管学会総会学術集会 (2020/2/7), 兵庫.

723137. [学会 (全国)] (一般演題) 早期胃癌に対してESD を施行した高齢患者で, 非治癒切除であった症例の検討. 北原 言 (消化器内): 第92回日本胃癌学会総会 (2020/3/5), 神奈川.

723027. [学会 (全国)] (一般講演) 肝類洞閉塞症候群におけるトロンボキサンA2受容体の役割について (Thromboxane A2 receptor signaling attenuates monocrotaline-induced liver injury by affecting endothelial cells, but not platelets). 大高史聖1, 伊藤義也2, 井上智仁3, 大久保博世4, 津留世里1, 細野加奈子2, 小泉和三郎3, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3消化器内, 4心臓血管外): 第93回日本薬理学会年会 (2020/3/16-18), 紙上開催.

731002. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 増加する炎症性腸疾患−今, 地域連携を考える−. 横山 薫 (消化器内): Takeda Ulcerative Colitis全国Webセミナー (2019/4/9), Web.

731003. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) エンタイビオのPhV試験成績と潰瘍性大腸炎の治療について. 横山 薫 (消化器内): 潰瘍性大腸炎の新しい治療戦略 (2019/4/17), 東京.

731004. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) IBDにおける治療Step Upのタイミング. 横山 薫 (消化器内): 北足立郡IBDセミナー (2019/4/18), 埼玉.

731005. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 新規IBD治療薬の使用経験. 横山 薫 (消化器内): 第52回神奈川IBDミニカンファレンス (2019/5/13), 神奈川.

731006. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) クローン病診療における血清亜鉛モニタリング. 横山 薫 (消化器内): 低亜鉛血症WEB講演会 (2019/5/23), Web.

731007. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) エンタイビオの第3相試験成績と潰瘍性大腸炎の治療について. 横山 薫 (消化器内): 西湘・県央消化器病研究会 (2019/6/19), 神奈川.

731008. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) みんなで診ようIBD診療. 横山 薫 (消化器内): IBD研究会 (2019/7/26), 千葉.

731009. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 増え続ける潰瘍性大腸炎〜今こそみんなで診るために〜. 横山 薫 (消化器内): 第2回さいたまIBD病診連携セミナー (2019/8/29), 埼玉.

731010. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎に対する内科治療法の進歩. 小林清典1,2 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 東葛地区UCセミナー (2019/9/5), 千葉.

731011. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 今こそIBDのチーム医療を考える. 横山 薫 (消化器内): IBDネットフォーラム (2019/9/6), Web.

731012. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎の臨床像と内科治療の実際. 横山 薫 (消化器内): 大和市消化器病研究会 (2019/9/18), 神奈川.

731013. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎におけるCAPの役割〜当院の治療経験から考える〜. 横山 薫 (消化器内): 関門都市圏IBDセミナー (2019/9/20), 福岡.

731014. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) クローン病における内科的・外科的アプローチの相互理解. 横山 薫 (消化器内): Crohn's Disease Web seminar (2019/9/25), Web.

731015. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) IBD診療の現状と課題〜地域で診る潰瘍性大腸炎〜. 横山 薫 (消化器内): 神奈川 Ulcerative colitis Conference (2019/9/26), 神奈川.

731016. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) クローン病治療における生物学的製剤の治療戦略. 横山 薫 (消化器内): 第114回日本消化器病学会九州支部例会・第108回日本消化器内視鏡学会九州支部例会 (2019/11/9), 宮崎.

731017. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎の日常診療でベドリズマブをどう使っていくか. 横山 薫 (消化器内): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/14), 東京.

731018. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) IBD診療におけるShared-decision making. 横山 薫 (消化器内): 九州IBD up-to-date Meeting (2020/1/11), 福岡.

731019. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 潰瘍性大腸炎治療の基本薬〜5-ASA製剤をどう使うか〜. 横山 薫 (消化器内): 湘南潰瘍性大腸炎治療セミナー (2020/1/16), 神奈川.

731020. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) クローン病治療における生物学的製剤の治療戦略. 横山 薫 (消化器内): 第2回尾道 IBD-Meeting (2020/2/4), 広島.

732006. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) 拡大内視鏡観察が存在診断に有用であったUC関連腫瘍の1例. 別當朋広1, 久保田 (佐田) 美和1, 小林清典1,2 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第108回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/6/8), 東京.

732007. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) 男性の早期食道癌に対する内視鏡切除後の異時性食道癌の発生とMacrocytosisの関連. 堅田親利1, 横山徹爾2, 武藤 学3 (1消化器内, 2国立保健医療科学院生涯健康研究部, 3京都大附属病院腫瘍内科): 第108回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/6/9), 東京.

732008. [学会 (地方会・研究会)] (ビデオワークショップ) EUS-FNAにおける穿刺困難例に対するトラブルシューティング. 黒須貴浩1, 長谷川力也1, 岩井知久1, 木田光広1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター): 第108回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/6/9), 東京.

732009. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 日本人潰瘍性大腸炎患者を対象としたエンタイビオ第1相試験についての結果報告. 小林清典1,2 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 西湘・県央消化器病研究会 (2019/6/19), 海老名.

732010. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 鎮静前チェックリストによる内視鏡診療の鎮静前患者評価の取り組み. 石戸謙次1, 田邉 聡1,2, 黒岩政之3 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3麻酔): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/14), 東京.

732011. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) 潰瘍性大腸炎関連腫瘍に対するNBI拡大内視鏡診断の有用性についての検討. 迎 美幸1, 小林清典1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/14), 東京.

732012. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) 膵悪性腫瘍に対するEUS-FNABにおけるRapid on-site evaluationの有用性に関する検証. 玉置明寛1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 木田光広1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/14), 東京.

732013. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション)【Helicobacter pylori未感染・除菌後胃がんの内視鏡診断】当院におけるHP陰性胃癌診断の実際. 井廻佑介1, 金 明哲1,2, 三枝陽一2, 今泉 弘1,2, 田邉 聡1,3 (1消化器内, 2JCHO相模野病院, 3新世紀医療・先端医療): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/15), 東京.

732014. [学会 (地方会・研究会)] (ビデオワークショップ) 大腸憩室出血に対する内視鏡的止血法の治療成績. 川岸加奈1, 小林清典1,2, 松本育宏1, 久保田 (佐田) 美和1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/15), 東京.

733026. [学会 (地方会・研究会)] (専修医セッション) 肝血管肉腫との鑑別が困難であった肝紫斑病の1剖検例. 伊藤隆士1, 魚嶋晴紀1, 日高 央1, 和田尚久1, 窪田幸介1, 田中賢明1, 渋谷明隆1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2医療管理): 日本消化器病学会関東支部第354回例会 (2019/4/13), 東京.

733027. [学会 (地方会・研究会)] (研修医セッション) 発症後短期間で早期小腸癌を合併したクローン病の1例. 小峰佑奈1, 小金井一隆1, 辰巳健志1, 二木 了1, 黒木博介1, 杉田 昭1, 林 宏行2, 横山 薫3 (1横浜市立市民病院炎症性腸疾患科, 2横浜市立市民病院病理診断科, 3消化器内): 日本消化器病学会関東支部第354回例会 (2019/4/13), 東京.

733028. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 鳥肌胃炎の所見を呈したクローン病の1例. 井廻佳菜1, 田邉美奈1, 川岸加奈1, 田邉 聡1,2, 迎 美幸1, 横山 薫1, 久保田 (佐田) 美和1, 小林清典1,3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3新世紀医療・横断的医療): 日本内科学会第650回関東地方会 (2019/5/18), 東京.

733029. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 当院で経験した胃底腺型胃癌についての検討. 石崎純郎1, 和田拓也1, 秋谷昌史2, 渡邉晃識1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 田邉 聡1,3, 吉田 功2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2病理, 3新世紀医療・先端医療): 第108回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/6/9), 東京.

733030. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) EUS-FNBで診断し得た髄外性形質細胞腫の1例. 佐野達哉 (消化器内): 第146回神奈川肝胆膵疾患研究会 (2019/6/27), 横浜.

733031. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 術前診断に苦慮し広範囲のdyspiasiaを伴ったcolitis associated rectal cancerの1例. 田邉美奈1, 小林清典1,2, 川岸加奈1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 久保田 (佐田) 美和1, 小泉和三郎1, 三浦啓壽3, 三枝 信4 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外, 4病理): 第64回神奈川県消化器病研究会 (2019/7/6), 横浜.

733032. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 14歳小児総胆管結石症の1例. 土居楠太郎1, 西山 竜1,2, 坂部勇太1,2, 北川博之2, 寺田昌弘2, 河西顯太郎2, 菊地秀彦2, 里道哲彦2, 山崎好喜2 (1消化器内, 2平塚共済病院): 第64回神奈川県消化器病研究会 (2019/7/6), 横浜.

733004. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 肝類洞閉塞症候群におけるトロンボキサン受容体の役割. 大高史聖1, 伊藤義也2, 井上智仁3, 西澤伸恭4, 中本修司1, 津留世里1, 服部響子5, 本田雅子1, 細野加奈子2, 小泉和三郎3, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3消化器内, 4一般・小児・肝胆膵外, 5産科): 第140回日本薬理学会関東部会 (2019/7/6), 東京.

733033. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 自己免疫性膵炎に対するステロイド加療中に膵癌を発症した1例. 小野寺立1, 渡辺真郁1, 山内浩史1,2, 黒須貴浩1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 今泉 弘1,3, 木田光広1,4, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2救命, 3JCHO相模野病院, 4北里大学メディカルセンター): 日本消化器病学会関東支部第355回例会 (2019/7/13), 東京.

733034. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 心肺停止蘇生後に発症した虚血性小腸炎の1例. 坂部勇太1, 迎 美幸1, 別當朋広1, 川岸加奈1, 横山 薫1, 久保田 (佐田) 美和1, 小泉和三郎1, 小林清典1,2, 中村隆俊3 (1消化器内, 2世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外): 日本内科学会第653回関東地方会 (2019/9/14), 東京.

733035. [学会 (地方会・研究会)] (専修医セッション) 切除可能な食道神経内分泌がんに対して化学放射線療法が有効であった1例. 原 勇輔1, 渡邉晃識1, 堅田親利1, 久保田陽2, 和田拓也1, 石戸謙次1, 東 瑞智1, 田邉 聡1,3 (1消化器内, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・先端医療): 日本消化器病学会関東支部第356回例会 (2019/9/21), 東京.

733036. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 複数回のsalvagePDTで難渋しsalvage手術を実施した食道癌の一例. 古江康明1,2, 依田雄介2, 門田智裕2, 矢野友規2, 藤田武郎2, 藤原尚志2, 大幸宏幸2 (1消化器内, 2国立がん研究センター東病院): 第44回食道癌集学的治療検討会 (2019/10/18), 東京.

733037. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 食道通過障害を契機に診断し得た膵尾部癌の1例. 比留間智紀1, 黒須貴浩1, 渡辺真郁1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1,2, 奥脇興介1, 岩井知久1, 木田光広1,3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2救命, 3北里大学メディカルセンター): 日本内科学会第655回関東地方会 (2019/11/9), 東京.

733038. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 尿閉により高アンモニア血症, 意識障害を生じた1例. 井廻佑介1, 永岡未来2, 高橋 遼2, 片山卓爾3,4, 石井隆司3,4, 矢内原智子4, 今崎貴生4, 三枝陽一4, 今泉 弘1,4, 金 明哲1,4 (1消化器内, 2腎臓内, 3血液内, 4JCHO相模野病院): 日本内科学会第655回関東地方会 (2019/11/9), 東京.

733039. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 胃粘膜下腫瘍の診断. 西山 竜1,2, 土居楠太郎2, 坂部勇太2, 寺田昌弘1, 北川博之1, 河西顕太郎1, 菊地秀彦1, 里道哲彦1, 山ア好喜1 (1平塚共済病院, 2消化器内): 第51回平塚共済病院・平塚市医師会合同臨床懇話会 (2019/11/20), 平塚.

733040. [学会 (地方会・研究会)] (専修医セッション) 当院における潰瘍性大腸炎に対するvedolizumabの短期治療成績について. 金澤 潤1, 横山 薫1, 別當朋広1, 松本育宏1, 川岸加奈1, 迎 美幸1, 久保田 (佐田) 美和1, 小泉和三郎1, 小林清典1,2 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 日本消化器病学会関東支部第357回例会 (2019/12/7), 東京.

733041. [学会 (地方会・研究会)] (専修医セッション) 子宮平滑筋肉腫術後に全身転移再発を認め, EUS-FNAで診断に至った一例. 井廻佑介1,2, 今泉 弘1,2, 金 明哲1,2, 三枝陽一2, 新井正秀2,3, 蓼原将良4, 升谷寛以4, 渡辺真郁1, 黒須貴浩1, 安達 快4, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1,5, 奥脇興介1, 岩井知久1, 木田光広1,6 (1消化器内, 2相模野病院, 3婦人, 4大学院医療系研究科, 5救命, 6北里大学メディカルセンター): 日本消化器病学会関東支部第357回例会 (2019/12/7), 東京.

733042. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 診断に難渋した肝未分化胎児性肉腫の1例. 眞部優作1, 日高 央1, 和田尚久1, 窪田幸介1, 魚嶋晴紀1, 田中賢明1, 中澤貴秀1, 渋谷明隆1,2, 小泉和三郎1, 海津貴史3, 隈元雄介3 (1消化器内, 2医療管理, 3一般・小児・肝胆膵外): 日本消化器病学会関東支部第357回例会 (2019/12/7), 東京.

733043. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 超音波内視鏡下にてエタノール注入療法を施行した尾状葉の肝細胞癌の1例. 北原 言1, 金子 亨1, 黒須貴浩1, 渡辺真郁1, 長谷川力也1, 奥脇興介1, 岩井知久1, 木田光広1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター): 日本消化器病学会関東支部第357回例会 (2019/12/7), 東京.

733044. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題)「新規ガイドワイヤー誘導式ブラシ」を使用した胆管狭窄に対するブラシ擦過細胞診の診断能について. 宮田英治1, 木田光広1,2, 岩井知久1, 奥脇興介1, 山内浩史1,3, 金子 亨1, 長谷川力也1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3救命): 日本消化器病学会関東支部第357回例会 (2019/12/7), 東京.

733045. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 分節型胆嚢腺筋腫症に合併した胆嚢癌の一例. 井廻佳菜1, 岩井知久1, 田邉 聡1,2, 黒須貴浩1, 渡辺真郁1, 宮田英治1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1,3, 奥脇興介1, 今泉 弘1,4, 木田光広1,5, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・先端医療, 3救命, 4相模野病院, 5北里大学メディカルセンター): 日本消化器病学会関東支部第357回例会 (2019/12/7), 東京.

733046. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 術前診断が困難であったクローン病合併小腸癌の1例. 佐野達哉1, 別當朋広1, 川岸加奈1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 久保田 (佐田) 美和1, 小泉和三郎1, 小林清典1,2, 中村隆俊3, 三枝 信4 (1消化器内, 2世紀医療・横断的医療, 3下部消化管外, 4病理): 日本消化器病学会関東支部第357回例会 (2019/12/7), 東京.

733047. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 14歳小児総胆管結石症の1例. 土居楠太郎1, 西山 竜1,2, 坂部勇太1,2, 北川博之2, 寺田昌弘2, 河西顕太郎2, 菊地秀彦2, 里道哲彦2, 山崎好喜2 (1消化器内, 2平塚共済病院): 日本消化器病学会関東支部第357回例会 (2019/12/7), 東京.

733048. [学会 (地方会・研究会)] (専修医セッション) 胃ポリープとして発見された腎細胞癌胃転移に対し内視鏡治療を施行した臨床経験. 石崎純郎1, 東 瑞智1, 久保田陽2, 和田拓也1, 渡邉晃識1, 石戸謙次1, 堅田親利1, 田邉 聡1,3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・先端医療): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/14), 東京.

733049. [学会 (地方会・研究会)] (専修医セッション) 胃転移を来たした腎細胞癌の一例. 鴻上太郎1,2, 川口佑輔1,2, 深川菜央美1,2, 上原一帆1,2, 大塚俊和1,2, 渡邊真彰1,2, 田原久美子2, 木田光広1,2 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/14), 東京.

733050. [学会 (地方会・研究会)] (専修医セッション) EUSを用いて虫垂粘液嚢腫を診断し腹腔鏡下摘出術を施行した一例. 深川菜央美1,2, 上原一帆1,2, 鴻上太郎1,2, 川口佑輔1,2, 大塚俊和1,2, 田原久美子2, 渡邊真彰1,2, 木田光広1,2 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/14), 東京.

733051. [学会 (地方会・研究会)] (専修医セッション) 膵癌術後腹膜播種再発による輸入脚症候群に対して内視鏡下Self-expandable metallic stent留置が有用であった一例. 土居楠太郎1, 渡辺真郁1, 黒須貴浩1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1,2, 奥脇興介1, 岩井知久1, 今泉 弘1,3, 木田光広1,4, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2救命, 3相模野病院, 4北里大学メディカルセンター): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/14), 東京.

733052. [学会 (地方会・研究会)] (専修医セッション) EUS-FNBにて診断し得た転移性膵平滑筋肉腫の1例. 石崎あや那1, 奥脇興介1, 渡辺真郁1, 黒須貴浩1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1,2, 岩井知久1, 今泉 弘1,3, 木田光広1,4, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2救命, 3相模野病院, 4北里大学メディカルセンター): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/14), 東京.

733053. [学会 (地方会・研究会)] (専修医セッション) 転移性膵腫瘍による閉塞性膵炎に対してEUS-PD rendezvous法を用いた経乳頭的膵管ドレナージを施行した1例. 小野寺立1, 奥脇興介1, 渡辺真郁1, 黒須貴浩1, 長谷川力也1, 金子 亨1, 山内浩史1,2, 岩井知久1, 今泉 弘1,3, 木田光広1,4, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2救命, 3相模野病院, 4北里大学メディカルセンター): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/14), 東京.

733054. [学会 (地方会・研究会)] (研修医セッション) 消化管異物による小児の閉塞性イレウスに対し内視鏡的異物除去術を施行した1例. 古屋 茜1, 川岸加奈1, 別當朋広1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 久保田 (佐田) 美和1, 小林清典1,2, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/14), 東京.

733055. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 小腸動静脈奇形の1例. 坂部勇太1,2, 北川博之2, 土居楠太郎1, 寺田昌弘2, 河西顕太郎2, 菊地秀彦2, 里道哲彦2, 山崎好喜2, 西山 竜1,2, 松原 修2 (1消化器内, 2平塚共済病院): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/14), 東京.

733056. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ウステキヌマブが早期に有効であったサイトメガロ感染合併, クローン病の症例. 三枝陽一1, 今泉 弘1,2, 加藤 彩3, 金 明哲1,2, 井廻佑介1,2, 桑尾定仁1, 三橋利温1, 西元寺克禮1, 勝又伴栄1, 大井田正人1 (1JCHO相模野病院, 2消化器内, 3南町田病院): 第109日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/15), 東京.

733057. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 潰瘍性大腸炎の経過中に腸結核を合併した1例. 眞部優作1, 小林清典1,2, 別當朋広1, 川岸加奈1, 迎 美幸1, 横山 薫1, 久保田 (佐田) 美和1, 小泉和三郎1, 三枝 信3 (1消化器内, 2新世紀医療・横断的医療, 3病理): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/15), 東京.

733058. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) イレウスを契機に診断, 治療に至った原発性小腸癌の1例. 花岡太郎1, 久保田陽2, 石戸謙次1, 渡邉晃識1, 和田拓也1, 東 瑞智1, 堅田親利1, 田邉 聡1,3, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・先端医療): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/15), 東京.

733059. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) Child変法後の吻合部狭窄に対して, 直視型コンベックスを用いて超音波内視鏡下膵管空腸吻合術を施行した1例. 田邉美奈1, 金子 亨1, 木田光広1,2, 黒須貴浩1, 渡辺真郁1, 長谷川力也1, 山内浩史1,3, 奥脇興介1, 岩井知久1, 小泉和三郎1 (1消化器内, 2北里大学メディカルセンター, 3救命): 第109回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/12/15), 東京.


大学院医療系研究科 消化器内科学
寄附講座「炎症性腸疾患臨床研究講座」

[学術論文]

110102. [原著] Individualized treatment based on CYP3A5 single-nucleotide polymorphisms with tacrolimus in ulcerative colitis. Okabayashi S, Kobayashi T1,2, Saito E, Toyonaga T, Ozaki R, Sagami S, Nakano M, Tanaka J, Yagisawa K, Kuronuma S, Takeuchi O, Hibi T1,2: Intest Res 2019/4; 17 (2): 218-26. (小林 拓1,2, 日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110103. [原著] Risk Factors for Mortality in Pneumocystis jirovecii Pneumonia in Patients with Inflammatory Bowel Disease. Yoshida A1, Kamata N, Yamada A, Yokoyama Y, Omori T, Fujii T, Hayashi R, Kinjo T, Matsui A, Fukata N, Takahashi S, Sakemi R, Ogata N, Ashizuka S, Bamba S, Ooi M, Kanmura S, Endo K, Yoshino T, Tanaka H, Morizane T, Shinzaki S, Kobayashi T1,2: Inflamm Intest Dis 2019/4; 3 (4): 167-2. (小林 拓1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110104. [原著] Efficacy and safety of abrilumab, an α4β7 integrin inhibitor, in Japanese patients with moderate-to-severe ulcerative colitis: a phase II study. Hibi T1,2, Motoya S, Ashida T, Sai S, Sameshima Y, Nakamura S, Maemoto A, Nii M, Sullivan BA, Gasser RA Jr, Suzuki Y: Intest Res 2019/7; 17 (3): 375-86. (日比紀文1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里研究所病院)

110105. [原著] Certolizumab pegol for induction of remission in Crohn's disease. Yamazaki H, So R, Matsuoka K, Kobayashi T1,2, Shinzaki S, Matsuura M, Okabayashi S, Kataoka Y, Tsujimoto Y, Furukawa TA, Watanabe N: Cochrane Database Syst Rev 2019/8; 8 (8): CD012893. (小林 拓1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里大学北里研究所病院)

110106. [原著] Concerns and Side Effects of Azathioprine During Adalimumab Induction and Maintenance Therapy for Japanese Patients With Crohn's Disease: A Subanalysis of a Prospective Randomised Clinical Trial [DIAMOND Study]. Hisamatsu T1, Matsumoto T1, Watanabe K1, Nakase H1, Motoya S1, Yoshimura N1, Ishida T1, Kato S1, Nakagawa T1, Esaki M1, Nagahori M1, Matsui T1, Naito Y1, Kanai T1, Suzuki Y1, Nojima M1, Watanabe M1, Hibi T1,2 (1DIAMOND study group): J Crohns Colitis 2019/9; 13 (9): 1097-104. (日比紀文1,2: 2北里大学北里研究所病院)

110107. [原著] Ustekinumab as Induction and Maintenance Therapy for Ulcerative Colitis. Sands BE, Sandborn WJ, Panaccione R, O'Brien CD, Zhang H, Johanns J, Adedokun OJ, Li K, Peyrin-Biroulet L, Van Assche G, Danese S, Targan S, Abreu MT, Hisamatsu T, Szapary P, Marano C, UNIFI?Study Group (Kobayashi T1,2): N Engl J Med 2019/9; 381 (13): 1201-14. (小林 拓1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里大学北里研究所病院)

110108. [原著] Phosphoinositide 3-Kinase P110δ-Signaling Is Critical for Microbiota-Activated IL-10 Production by B Cells that Regulate Intestinal Inflammation. Oka A, Mishima Y, Liu B, Herzog JW, Steinbach EC, Kobayashi T1,2, Plevy SE, Sartor RB: Cells 2019/9; 8 (10): 1121. (小林 拓1,2: 1大学院医療系研究科, 2北里大学北里研究所病院)

110109. [原著] Ulcerative colitis outcomes research in Japan: protocol for an observational prospective cohort study of YOURS (YOu and Ulcerative colitis: Registry and Social network). Yamazaki H, Matsuoka K, Fernandez J, Hibi T1, Watanabe M, Hisamatsu T, Shunichi Fukuhara S: BMJ Open 2019/9; 9 (9): e030134. (日比紀文1: 1北里大学北里研究所病院)

110110. [原著] Infliximab biosimilar CT-P13 is interchangeable with its originator for patients with inflammatory bowel disease in real world practice. Nakagawa T, Kobayashi T1,2, Nishikawa K, Yamada F, Asai S, Sameshima Y, Suzuki Y, Watanabe M, Hibi T2: Intest Res 2019/10; 17 (4): 504-15. (小林 拓1,2, 日比紀文2: 1大学院医療系研究科, 2北里大学北里研究所病院)

110111. [原著] Withdrawal of thiopurines in Crohn's disease treated with scheduled adalimumab maintenance: a prospective randomised clinical trial (DIAMOND2). Hisamatsu T, Kato S, Kunisaki R, Matsuura M, Nagahori M, Motoya S, Esaki M, Fukata N, Inoue S, Sugaya T, Sakuraba H, Hirai F, Watanabe K, Kanai T, Naganuma M, Nakase H, Suzuki Y, Watanabe M, Hibi T1, Nojima M, Matsumoto T, DIAMOND2 Study Group (Kobayashi T1,2): J Gastroenterol 2019/10; 54 (10): 860-70. (日比紀文1, 小林 拓1,2: 1北里大学北里研究所病院, 2大学院医療系研究科)

110112. [原著] Adverse events in patients with ulcerative colitis treated with indigo naturalis: a Japanese nationwide survey. Naganuma M, Sugimoto S, Suzuki H, Matsuno Y, Araki T, Shimizu H, Hayashi R, Fukuda T, Nakamoto N, Iijima H, Nakamura S, Kataoka M, Tamura Y, Tatsumi K, Hibi T1, Suzuki Y, Kanai T, INDIGO survey Group: J Gastroenterol 2019/10; 54 (10): 891-6. (日比紀文1: 1北里大学北里研究所病院)

110113. [原著] Tofacitinib as Induction and Maintenance Therapy in Japanese Patients with Active Ulcerative Colitis. Suzuki Y, Watanabe M, Matsui T, Motoya S, Hisamatsu T, Yuasa H, Tabira J, Isogawa N, Tsuchiwata S, Arai S, Hibi T1: Inflamm Intest Dis 2019/10; 4 (4): 131-43. (日比紀文1: 1北里大学北里研究所病院)

510005. [総説] Mechanism-Based Treatment Strategies for IBD: Cytokines, Cell Adhesion Molecules, JAK Inhibitors, Gut Flora, and More. Schreiner P, Neurath MF, Ng SC, El-Omar EM, Sharara AI, Kobayashi T1,2, Hisamatsu T, Hibi T2, Rogler G: Inflamm Intest Dis 2019/8; 4 (3): 79-96. (小林 拓1,2, 日比紀文2: 1大学院医療系研究科, 2北里大学北里研究所病院)

[学会・研究会等]

713027. [学会 (国際)] (一般講演) Does switching between 5-aminosalicylates affest thiopurine metabolism and clinical outcomes in patients with ulcerative colitis? Morikubo H1, Kobayashi T1,2, Ozaki R, Okabayashi S, Kiyohara H1, Matsubayashi M1, Sagami S1,3, Nakano M1, Ikezaki O, Hisamatsu T, Hibi T1: Digestive Disease Week 2019 (2019/5/18-21), San Diego, USA. (森久保拓1, 小林 拓1,2, 清原裕貴1, 松林真央1, 佐上晋太郎1,3, 中野 雅1, 日比紀文1: 1北里大学北里研究所病院, 2大学院医療系研究科, 3炎症性腸疾患)

713028. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical characteristics and outcomes of 5-ASA intolerance in patients with ulcerative colitis. Kiyohara H1, Kobayashi T1,2, Morikubo H1, Matsubayashi M1, Sagami S1,3, Koike Y, Hibi T1: AOCC 2019 (2019/6/14-16), Taipei, Taiwan. (清原裕貴1, 小林 拓1,2, 森久保拓1, 松林真央1, 佐上晋太郎1,3, 小池祐司, 日比紀文1: 1北里大学北里研究所病院, 2大学院医療系研究科, 3炎症性腸疾患)

722029. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【司会】UC治療におけるTNF阻害療法の新たな位置付けを求めて. 日比紀文 (北里大学北里研究所病院): 第105回日本消化器病学会総会 (2019/5/9), 金沢.

722030. [学会 (全国)] (イブニングセミナー )【司会】IBDにおける便バイオマーカーの展望と課題. 日比紀文 (北里大学北里研究所病院): 第105回日本消化器病学会総会 (2019/5/9), 金沢.

722031. [学会 (全国)] (シンポジウム)「IBDの新規治療法」Drug-tolerant assayによる抗インフリキシマブ抗体測定の有用性. 日比則孝, 小林 拓1,2, 森久保拓2, 清原裕貴2, 松林真央2, 佐上晋太郎2,3, 中野 雅2, 久松理一, 日比紀文2 (1大学院医療系研究科, 2北里大学北里研究所病院, 3炎症性腸疾患): 第56回日本消化器免疫学会総会 (2019/8/2), 京都.

722032. [学会 (全国)] (教育講演)【司会】IBDと妊娠−母子に及ぼす薬物治療の影響. 日比紀文 (北里大学北里研究所病院): 第56回日本消化器免疫学会総会 (2019/8/2), 京都.

722033. [学会 (全国)] (ブレックファーストセミナー)【司会】Challenge! 腸管粘膜透過性からIBD治療を再考する. 日比紀文 (北里大学北里研究所病院): 第61回日本消化器病学会大会 (JDDW 2019 KOBE) (2019/11/21), 神戸.

722034. [学会 (全国)] (招待講演)【司会】Common mistakes in the treatment of the gospitalized patient with UC. 日比紀文 (北里大学北里研究所病院): 第61回日本消化器病学会大会 (JDDW 2019 KOBE) (2019/11/21), 神戸.

722035. [学会 (全国)] (サテライトシンポジウム)【座長】JAK阻害剤の基礎と臨床. 日比紀文 (北里大学北里研究所病院): 第61回日本消化器病学会大会 (JDDW 2019 KOBE) (2019/11/23), 神戸.

723138. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎患者における5-ASA製剤スイッチがチオプリン製剤代謝ならびに薬理効果に与える影響. 森久保拓1, 尾崎 良, 清原裕貴1, 渕上綾子, 松林真央1, 佐上晋太郎1,2, 中野 雅1, 久松理一, 日比紀文1, 小林 拓1,3 (1北里大学北里研究所病院, 2炎症性腸疾患, 3大学院医療系研究科): 第105回日本消化器病学会総会 (2019/5/9), 金沢.

723139. [学会 (全国)] (一般講演) Drug-tolerant assayによる抗インフリキシマブ抗体測定の有用性. 日比則孝, 小林 拓1,2, 森久保拓1, 清原裕貴1, 松林真央1, 佐上晋太郎1,3, 中野 雅1, 日比紀文1 (1北里大学北里研究所病院, 2大学院医療系研究科, 3炎症性腸疾患): 第56回日本消化器免疫学会総会 (2019/8/1-2), 京都.

723140. [学会 (全国)] (一般講演) 炎症性腸疾患における体外式超音波検査の有用性. 佐上晋太郎1,2, 小林 拓2,3, 相原佳那子, 金沢徹雄, 林 規隆, 中野 雅2, 日比紀文2 (1炎症性腸疾患, 2北里大学北里研究所病院, 3大学院医療系研究科): 第37回日本大腸検査学会総会 (2019/11/2), 東京.

723141. [学会 (全国)] (一般講演) 実臨床におけるブデソニド注腸の使用とその有用性. 松林真央1, 小林 拓1,2, 日比紀文1 (1北里大学北里研究所病院, 2大学院医療系研究科): 第61回日本消化器病学会大会 (JDDW 2019 KOBE) (2019/11/21), 神戸.

723142. [学会 (全国)] (一般講演) Mirikizumab (抗IL23p19抗体製剤) の日本人を含むクローン病 (CD) 患者での第II相試験の52週の有効性及び安全性. 本谷 聡, 渡辺 守, 日比紀文1 (1北里大学北里研究所病院): 第61回日本消化器病学会大会 (JDDW 2019 KOBE) (2019/11/21), 神戸.

723143. [学会 (全国)] (一般講演) Drug-tolerant assay による抗インフリキシマブ抗体測定の有用性. 日比則孝, 小林 拓1,2, 森久保拓2, 清原裕貴2, 松林真央2, 佐上晋太郎2,3, 中野 雅2, 久松理一, 日比紀文2 (1大学院医療系研究科, 2北里大学北里研究所病院, 3炎症性腸疾患): 第61回日本消化器病学会大会 (JDDW 2019 KOBE) (2019/11/22), 神戸.

723144. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎における経会陰超音波の診断精度. 相原佳那子, 佐上晋太郎1,2, 梅田美咲, 金沢徹雄, 林 規隆, 森久保拓2, 松林真央2, 清原裕貴2, 中野 雅2, 日比紀文2, 小林 拓2,3 (1炎症性腸疾患, 2北里大学北里研究所病院, 3大学院医療系研究科): 第10回日本炎症性腸疾患学会学術集会 (2019/11/29), 福岡.

723145. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎患者が抱える困り事−web によるアンケート調査結果−. 石橋とよみ, 小林 拓1,2, 池上由佳, 吉原良一, 日比紀文2 (1大学院医療系研究科, 2北里大学北里研究所病院): 第10回日本炎症性腸疾患学会学術集会 (2019/11/29), 福岡.

723146. [学会 (全国)] (一般講演) Mirikizumab (抗IL23p19抗体製剤) の日本人を含むクローン病 (CD) 患者での第II相試験の12週の有効性及び安全性. 平井郁仁, Bruce E Sands, William J Sandborn, Laurent Peyrin-Biroulet, Peter DR Higgins, 中條 航, 里井洋一, Ruth Belin, Elisa Gomez Valderas, Debra Miller, MaryAnn Morgan-Cox, April Naegeli, Paul Pollack, Jay Tuttle, 渡辺 守, 日比紀文1 (1北里大学北里研究所病院): 第10回日本炎症性腸疾患学会学術集会 (2019/11/29), 福岡.

723147. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎における経会陰超音波の受容性: アンケート調査. 梅田美咲, 佐上晋太郎1,2, 相原佳那子, 金沢徹雄, 林 規隆, 森久保拓2, 松林真央2, 清原裕貴2, 中野 雅2, 日比紀文2, 小林 拓2,3 (1炎症性腸疾患, 2北里大学北里研究所病院, 3大学院医療系研究科): 第10回日本炎症性腸疾患学会学術集会 (2019/11/29), 福岡.

723148. [学会 (全国)] (一般講演) 潰瘍性大腸炎に対する全身ステロイド治療に関する医師の意識および実情: ウェブ調査結果より. 小林 拓1,2, 萩原隆嗣, 橋本孝史, 小林真理子 (1大学院医療系研究科, 2北里大学北里研究所病院): 第10回日本炎症性腸疾患学会学術集会 (2019/11/29), 福岡.

723149. [学会 (全国)] (一般講演) UC診療における便中カルプロテクチンの活用. 小林 拓1,2 (1大学院医療系研究科, 2北里大学北里研究所病院): 第10回日本炎症性腸疾患学会学術集会 (2019/11/29), 福岡.

723150. [学会 (全国)] (一般講演) 巨大結腸症をきたしたステロイド抵抗性の重症初発潰瘍性大腸炎に対してインフリキシマブが奏功した一例. 宮谷侑佑1, 小林 拓1,2, 岡林慎二, 尾崎 良, 佐上晋太郎1,3, 中野 雅1, 日比紀文1 (1北里大学北里研究所病院, 2大学院医療系研究科, 3炎症性腸疾患): 第16回日本消化管学会総会学術集会 (2020/2/7-8), 兵庫.

723151. [学会 (全国)] (一般講演) 非活動期潰瘍性大腸炎患者の長期予後予測にCapsule Scoring of Ulcerative Colitis (CSUC) は有用である. 松林真央1, 岡林慎二, 小林 拓1,2, 中野 雅1, 佐上晋太郎1,3, 尾崎 良, 清原裕貴1, 森久保拓1, 阿曽沼邦央1,3, 宮谷侑佑1, 日比紀文1 (1北里大学北里研究所病院, 2大学院医療系研究科, 3炎症性腸疾患): 第13回日本カプセル内視鏡学会学術集会 (2020/2/9), 兵庫.


循環器内科学

[学術論文]

110114. [原著] Incidence, factors, and clinical significance of cholesterol crystals in coronary plaque: An optical coherence tomography study. Fujiyoshi K1, Minami Y1, Ishida K1, Kato A2, Katsura A2, Muramatsu Y2, Sato T2, Kakizaki R1, Nemoto T1, Hashimoto T1, Sato N1, Meguro K1, Shimohama T1, Tojo T1, Ako J1: Atherosclerosi. 2019/4; 283: 79-84. (藤吉和博1, 南 尚賢1, 石田弘毅1, 加藤彩美2, 桂 有智2, 村松裕介2, 佐藤俊充2, 柿崎良太1, 根本照世志1, 橋本拓弥1, 佐藤伸洋1, 目黒健太郎1, 下浜孝郎1, 東條大樹1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

110115. [原著] Frequency and prognostic impact of intravascular imaging-guided urgent percutaneous coronary intervention in patients with acute myocardial infarction: results from J-MINUET. Okura H1, Saito Y1, Soeda T1, Nakao K1, Ozaki Y1, Kimura K1, Ako J1,2, Noguchi T1, Yasuda S1, Suwa S1, Fujimoto K1, Nakama Y1, Morita T1, Shimizu W1, Hirohata A1, Morita Y1, Inoue T1, Okamura A1, Uematsu M1, Hirata K1, Tanabe K1, Shibata Y1, Owa M1, Tsujita K1, Nishimura K1, Miyamoto Y1, Ishihara M1 (1J-MINUET investigators): Heart Vessels 2019/4; 34 (4): 564-71. (阿古潤哉1,2: 2循環器内)

110116. [原著] Admission Heart Rate Is a Determinant of Effectiveness of Beta-Blockers in Acute Myocardial Infarction Patients. Okuno T1, Aoki J1, Tanabe K1, Nakao K1, Ozaki Y1, Kimura K1, Ako J1,2, Noguchi T1, Yasuda S1, Suwa S1, Fujimoto K1, Nakama Y1, Morita T1, Shimizu W1, Saito Y1, Hirohata A1, Morita Y1, Inoue T1, Okamura A1, Mano T1, Hirata K1, Shibata Y1, Owa M1, Tsujita K1, Funayama H1, Kokubu N1, Kozuma K1, Uemura S1, Tobaru T1, Saku K1, Ohshima S1, Nishimura K1, Miyamoto Y1, Ogawa H1, Ishihara M1 (1J-MINUET Investigators): Circ J 2019/4; 83 (5): 1054-63. (阿古潤哉1,2: 2循環器内)

110117. [原著] Impaired Flow-Mediated Dilation and Severity and Vulnerability of Culprit Plaque in Patients with Coronary Artery Disease. Nemoto T1, Minami Y1, Yamaoka-Tojo M2, Sato T3, Muramatsu Y3, Kakizaki R1, Fujiyoshi K1, Hashimoto T1, Meguro K1, Shimohama T1, Tojo T1, Ako J1: Int Heart J 2019/5; 60 (3): 539-45. (根本照世志1, 南 尚賢1, 東條美奈子2, 佐藤俊充3, 村松裕介3, 柿崎良太1, 藤吉和博1, 橋本拓弥1, 目黒健太郎1, 下浜孝郎1, 東條大樹1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科)

110118. [原著] Clinical experience of idarucizumab use in cases of cardiac tamponade under uninterrupted anticoagulation of dabigatran during catheter ablation of atrial fibrillation. Okishige K, Yamauchi Y, Hanaki Y, Inoue K, Tanaka N, Yamaji H, Murakami T, Manita M, Tabata K, Ooie T, Tatsukawa Y, Sakai H, Yamaki M, Murakami M, Takada T, Osaka Y, Ono Y, Handa K, Sugiyama K, Yoshizawa T1, Fukaya H1, Tashiro H, Takase S, Harada M, Watanabe E, Yamane T, Yamashita S, Aonuma K: J Thromb Thrombolysis 2019/5; 47 (4): 487-94. (柳澤智義1, 深谷英平1: 1循環器内)

110119. [原著] Investigation into Lipid Management in Acute Coronary Syndrome Patients from the EXPLORE-J Study. Nakamura M, Ako J1, Arai H, Hirayama A, Murakami Y, Nohara A, Uno K, Ozaki A, Harada-Shiba M: J Atheroscler Thromb 2019/6; 26 (6): 559-72. (阿古潤哉1: 1循環器内)

110120. [原著] Lipoprotein (a) level is associated with plaque vulnerability in patients with coronary artery disease: An optical coherence tomography study. Muramatsu Y1, Minami Y2, Kato A1, Katsura A1, Sato T1, Kakizaki R2, Nemoto T2, Hashimoto T2, Fujiyoshi K2, Meguro K2, Shimohama T2, Ako J2: Int J Cardiol Heart Vasc 2019/6; 24: 100382. (村松裕介1, 南 尚賢2, 加藤彩美1, 桂 有智1, 佐藤俊充1, 柿崎良太2, 根本照世志2, 橋本拓弥2, 藤吉和博2, 目黒健太2, 下浜孝郎2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

110121. [原著] Liraglutide suppresses atrial electrophysiological changes. Nakamura H1, Niwano S1, Niwano H, Fukaya H1, Murakami M1, Kishihara J1, Satoh A1, Yoshizawa T1, Ishizue N1, Igarashi T1, Fujiishi T1, Ako J1: Heart Vessels 2019/8; 34 (8): 1389-93. (中村洋範1, 庭野慎一1, 深谷英平1, 村上雅美1, 岸原 淳1, 佐藤 陽1, 吉澤智治1, 石末成哉1, 五十嵐建1, 藤石珠美1, 阿古潤哉1: 1循環器内)

110122. [原著] Effects of alirocumab on cardiovascular and metabolic outcomes after acute coronary syndrome in patients with or without diabetes: a prespecified analysis of the ODYSSEY OUTCOMES randomised controlled trial. Ray KK1, Colhoun HM1, Szarek M1, Baccara-Dinet M1, Bhatt DL1, Bittner VA1, Budaj AJ1, Diaz R1, Goodman SG1, Hanotin C1, Harrington RA1, Jukema JW1, Loizeau V1, Lopes RD1, Moryusef A1, Murin J1, Pordy R1, Ristic AD1, Roe MT1, Tun溶 J1, White HD1, Zeiher AM1, Schwartz GG1, Steg PG1 (1ODYSSEY OUTCOMES Committees and Investigators, Collaborators: Ako J2): Lancet Diabetes Endocrinol 2019/8; 7 (8): 618-28. (阿古潤哉2: 2循環器内)

110123. [原著] Contrast Volume and Decline in Kidney Function in Optical Coherence Tomography-Guided Percutaneous Coronary Intervention. Nemoto T1, Minami Y1, Sato T2, Muramatsu Y2, Kakizaki R1, Hashimoto T1, Oikawa J1, Fujiyoshi K1, Meguro K1, Shimohama T1, Tojo T1, Ako J1: Int Heart J 2019/9; 60 (5): 1022-9. (根本照世志1, 南 尚賢1, 佐藤俊充2, 村松裕介2, 柿崎良太1, 橋本拓弥1, 及川 淳1, 藤吉和博1, 目黒健太郎1, 下浜孝郎1, 東條大樹1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

110124. [原著] Antithrombotic Therapy for Atrial Fibrillation with Stable Coronary Disease. Yasuda S1, Kaikita K1, Akao M1, Ako J1,2, Matoba T1, Nakamura M1, Miyauchi K1, Hagiwara N1, Kimura K1, Hirayama A1, Matsui K1, Ogawa H1 (1AFIRE Investigators): N Engl J Med 2019/9; 381 (12): 1103-13. (阿古潤哉1,2: 2循環器内)

110125. [原著] Effect of Alirocumab on Coronary Atheroma Volume in Japanese Patients With Acute Coronary Syndrome - The ODYSSEY J-IVUS Trial. Ako J1, Hibi K, Tsujita K, Hiro T, Morino Y, Kozuma K, Shinke T, Otake H, Uno K, Louie MJ, Takagi Y, Miyauchi K: Circ J 2019/9; 83 (10): 2025-33. (阿古潤哉1: 1循環器内)

110126. [原著] Efficacy and Safety of Ivabradine in Japanese Patients With Chronic Heart Failure - J-SHIFT Study. Tsutsui H1, Momomura SI1, Yamashina A1, Shimokawa H1, Kihara Y1, Saito Y1, Hagiwara N1, Ito H1, Yano M1, Yamamoto K1, Ako J1,2, Inomata T1,2, Sakata Y1, Tanaka T1, Kawasaki Y1 (1J-SHIFT Study Investigators): Circ J 2019/9; 83 (10): 2049-60. (阿古潤哉1,2, 猪又孝元1,2: 2循環器内)

110127. [原著] Real-World Antithrombotic Therapy in Atrial Fibrillation Patients with a History of Percutaneous Coronary Intervention. Horiguchi A1, Fukaya H2, Oikawa J2, Shirakawa Y1, Kobayashi S1, Arakawa Y1, Nishinarita R1, Nakamura H2, Ishizue N2, Igarashi G, Satoh A2, Kishihara J2, Niwano S2, Ako J2: Int Heart J 2019/11; 60 (6): 1321-7. (堀口 愛1, 深谷英平2, 及川 淳2, 白川裕基1, 小林周平1, 荒川雄紀1, 西成田亮1, 中村洋範2, 石末成哉2, 佐藤 陽2, 岸原 淳2, 庭野慎一2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

110128. [原著] Current Status and Clinical Outcomes of Oral Anticoagulant Discontinuation After Ablation for Atrial Fibrillation in Japan - Findings From the AF Frontier Ablation Registry. Okumura Y1, Nagashima K1, Arai M1, Watanabe R1, Yokoyama K1, Matsumoto N1, Otsuka T1, Suzuki S1, Hirata A1, Murakami M1, Takami M1, Kimura M1, Fukaya H1,2, Nakahara S1, Kato T1, Shimizu W1, Iwasaki YK1, Hayashi H1, Harada T1, Nakajima I1, Okumura K1, Koyama J1, Tokuda M1, Yamane T1, Momiyama Y1, Tanimoto K1, Soejima K1, Nonoguchi N1, Ejima K1, Hagiwara N1, Harada M1, Sonoda K1, Inoue M1, Kumagai K1, Hayashi H1, Satomi K1, Yazaki Y1, Watari Y1 (1AF Ablation Frontier Registry): Circ J 2019/11; 83 (12): 2418-27. (深谷英平1,2: 2循環器内)

110129. [原著] Effect of combination of non-slip element balloon and drug-coating balloon for in-stent restenosis lesions (ELEGANT study). Aoki J1, Nakazawa G1, Ando K1, Nakamura S1, Tobaru 1, Sakurada M1, Okada H1, Hibi K1, Zen K1, Habara S1, Fujii K1, Habara M1, Ako J1,2, Asano T1, Ozaki S1, Fusazaki T1, Kozuma K1 (1ELEGANT Investigators): J Cardiol 2019/11; 74 (5): 436-42. (阿古潤哉1,2: 2循環器内)

110130. [原著] Clinical and Laboratory Predictors for Plaque Erosion in Patients With Acute Coronary Syndromes. Yamamoto E, Yonetsu T, Kakuta T, Soeda T, Saito Y, Yan BP, Kurihara O, Takano M, Niccoli G, Higuma T, Kimura S, Minami Y1, Ako J1, Adriaenssens T, Boeder NF, Nef HM, Fracassi F, Sugiyama T, Lee H, Crea F, Kimura T, Fujimoto JG, Fuster V, Jang IK: J Am Heart Assoc 2019/11; 8 (21): e012322. (南 尚賢1, 阿古潤哉1: 1循環器内)

110131. [原著] Association of onset-season with characteristics and long-term outcomes in acute myocardial infarction patients: results from the Japanese registry of acute myocardial infarction diagnosed by universal definition (J-MINUET) substudy. Okuno T1, Aoki J1, Tanabe K1, Nakao K1, Ozaki Y1, Kimura K1, Ako J1,2, Noguchi T1, Yasuda S1, Suwa S1, Fujimoto K1, Nakama Y1, Morita T1, Shimizu W1, Saito Y1, Hirohata A1, Morita Y1, Inoue T1, Okamura A1, Mano T1, Hirata K1, Shibata Y1, Owa M1, Tsujita K1, Funayama H1, Kokubu N1, Kozuma K1, Uemura S1, Tobaru T1, Saku K1, Ohshima S1, Nishimura K1, Miyamoto Y1, Ogawa H1, Ishihara M1 (1J-MINUET investigators): Heart Vessels 2019/12; 34 (12): 1899-908. (阿古潤哉1,2: 2循環器内)

110132. [原著] Risk Factors of In-Hospital Lethal Arrhythmia Following Acute Myocardial Infarction in Patients Undergoing Primary Percutaneous Coronary Intervention -Insight From the J-MINUET Study-. Oikawa J1, Fukaya H1, Ako J1, Nakao K, Ozaki Y, Kimura K, Noguchi T, Suwa S, Fujimoto K, Nakama Y, Morita T, Shimizu W, Saito Y, Hirohata A, Morita Y, Inoue T, Okamura A, Mano T, Miyamoto Y, Ogawa H, Ishihara M, on behalf the J-MINUET investigators: Circulation Reports 2020/1; 2 (1): 17-23. (及川 淳1, 深谷英平1, 阿古潤哉1: 1循環器内)

110133. [原著] Guideline adherence and long-term clinical outcomes in patients with acute myocardial infarction: a Japanese Registry of Acute Myocardial Infarction Diagnosed by Universal Definition (J-MINUET) substudy. Wada H1, Ogita M1, Suwa S1, Nakao K1, Ozaki Y1, Kimura K1, Ako J1,2, Noguchi T1, Yasuda S1, Fujimoto K1, Nakama Y1, Morita T1, Shimizu W1, Saito Y1, Hirohata A1, Morita Y1, Inoue T1, Okamura A1, Mano T1, Hirata K1, Tanabe K1, Shibata Y1, Owa M1, Tsujita K1, Funayama H1, Kokubu N1, Kozuma K1, Uemura S1, Toubaru T1, Saku K1, Oshima S1, Nishimura K1, Miyamoto Y1, Ogawa H1, Ishihara M1 (1J-MINUET investigators): Eur Heart J Acute Cardiovasc Care 2020/1; 2048872620902024. (阿古潤哉1,2: 2循環器内)

110134. [原著] Age- and Gender-Related Differences in Coronary Lesion Plaque Composition on Optical Coherence Tomography. Sato T1, Minami Y2, Asakura K1, Katamine M1, Kato A1, Katsura A1, Muramatsu Y1, Kakizaki R2, Nemoto T2, Hashimoto T2, Fujiyoshi K2, Kameda R2, Meguro K2, Shimohama T2, Ako J2: Circ J 2020/2; 84 (3): 463-70. (佐藤俊充1, 南 尚賢2, 朝倉清史1, 片峰正皓1, 加藤彩美1, 桂 有智1, 村松裕介1, 柿崎良太2, 根本照世志2, 橋本拓弥2, 藤吉和博2, 亀田 良2, 目黒健太郎2, 下浜孝郎2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

110135. [原著] Novel volumetric analysis for stent expansion after drug-eluting stent implantation: An optical coherence tomography study. Katsura A1, Minami Y2, Kato A1, Muramatsu Y1, Sato T1, Hashimoto T2, Meguro K2, Shimohama T2, Ako J2: Catheter Cardiovasc Interv 2020/11; 96 (5): E501-7. doi: 10.1002/ccd.28871. Epub 2020 Mar 23. (桂 有智1, 南 尚賢2, 加藤彩美1, 村松裕介1, 佐藤俊充1, 橋本拓弥2, 目黒健太郎2, 下浜孝郎2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

110136. [原著] Wearable Cardioverter Defibrillator -Initial Experience in the Outpatient Setting in Japan. Horiguchi A1, Kishihara J2, Niwano S2, Saito D1, Matsuura G1, Sato T1, Shirakawa Y1, Kobayashi S1, Arakawa Y1, Nishinarita R1, Nakamura H2, Ishizue N2, Oikawa J2, Satoh A2, Fukaya H2, Ako J2: Circulation Reports 2020/3; 2 (3): 137-142. (堀口 愛1, 岸原 淳2, 庭野慎一2, 齋藤大樹1, 松浦 元1, 佐藤俊充1, 白川裕基1, 小林周平1, 荒川雄紀1, 西成田亮1, 中村洋範2, 石末成哉2, 及川 淳2, 佐藤 陽2, 深谷英平2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

110137. [原著] Admission During Off-Hours Does Not Affect Long-Term Clinical Outcomes of Japanese Patients with Acute Myocardial Infarction. Suwa S1, Ogita M1, Ebina H1, Nakao K1, Ozaki Y1, Kimura K1, Ako J1,2, Noguchi T1, Yasuda S1, Fujimoto K1, Nakama Y1, Morita T1, Shimizu W1, Saito Y1, Hirohata A1, Morita Y1, Inoue T1, Okamura A1, Mano T1, Hirata K1, Tanabe K1, Shibata Y1, Owa M1, Tsujita K1, Funayama H1, Kokubu N1, Kozuma K1, Uemura S1, Toubaru T1, Saku K1, Oshima S1, Nishimura K1, Miyamoto Y1, Ogawa H1, Ishihara M1 (1J-MINUET investigators): Int Heart J 2020/3; 61 (2): 215-22. (阿古潤哉1,2: 2循環器内)

120004. [原著] 北里大学病院救急部門における失神診療の現状. 西成田亮1, 庭野慎一2, 松浦 元1, 荒川雄紀1, 小林周平1, 白川裕基1, 堀口 愛1, 中村洋範2, 石末成哉2, 及川 淳2, 五十嵐厳2, 岸原 淳2, 佐藤 陽2, 深谷英平2, 青山直善3, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内, 3総合診療): 心電図 2019/8; 39 (suppl 2): 4147.

310011. [症例報告] Use of idarucizumab for dabigatran reversal in cardiac tamponade during atrial fibrillation ablation: A case report. Yoshizawa T1, Niwano S1, Fukaya H1, Saitoh D2, Fujiyoshi K1, Nakamura H1, Igarashi T1, Oikawa J1, Satoh A1, Kishihara J1, Ako J1: J Cardiol Cases 2019/5; 20 (1): 27-9. (吉澤智治1, 庭野慎一1, 深谷英平1, 齋藤大樹2, 藤吉和博1, 中村洋範1, 五十嵐建1, 及川 淳1, 佐藤 陽1, 岸原 淳1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

310012. [症例報告] Early inappropriate shock in a subcutaneous cardiac defibrillator due to subcutaneous air. Nishinarita R1, Kishihara J2, Matsuura G1, Arakawa Y1, Kobayashi S1, Shirakawa Y1, Horiguchi A1, Nakamura H2, Ishizue N2, Oikawa J2, Fukaya H2, Niwano S2, Ako J2: J Arrhythm 2019/6; 35 (4): 682-4. (西成田亮1, 岸原 淳2, 松浦 元1, 荒川雄紀1, 小林周平1, 白川裕基1, 堀口 愛1, 中村洋範2, 石末成哉2, 及川 淳2, 深谷英平2, 庭野慎一2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

310013. [症例報告] Transaortic Access Using Vascular Graft for Transcatheter Aortic Valve Implantation. Kakizaki R1, Meguro K1, Kitamura T2, Hashimoto T1, Ako J1: Int Heart J 2019/7; 60 (4): 990-3. (柿崎良太1, 目黒健太郎1, 北村 律2, 橋本拓弥1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2心臓血管外)

310014. [症例報告] Early Safety and Efficacy of Sapien 3 20 mm Transcatheter Heart Valve Implantation in Small Japanese Body Size. Meguro K1, Kakizaki R1, Hashimoto T1, Yanagisawa T1, Koitabashi T1, Kitamura T2, Ako J1: Heart Surg Forum 2018/8; 21 (5): E341-4. (目黒健太郎1, 柿崎良太1, 橋本拓弥1, 柳澤智義1, 小板橋俊美1, 北村 律2, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2心臓血管外)

310015. [症例報告] Zero-Contrast Optical Coherence Tomography- and Physiology-Guided Percutaneous Coronary Intervention for Severely Calcified Lesion. Asakura K1, Minami Y2, Shimohama T2, Ako J2: Circ J 2019/10; 83 (11): 2326. (朝倉清史1, 南 尚賢2, 下浜孝郎2, 阿古潤哉2: 1大学院医療系研究科, 2循環器内)

310016. [症例報告] Coronary Artery Injury Caused by Leadless Pacemaker Implantation. Fukaya H1, Kishihara J1, Ishizue N1, Kameda R1, Shimohama T1, Arakawa Y2, Nishinarita R2, Horiguchi A2, Oikawa J1, Niwano S1, Ako J1: Circ J 2020/2; 84 (3): 530. (深谷英平1, 岸原 淳1, 石末成哉1, 亀田 良1, 下浜孝郎1, 荒川雄紀2, 西成田亮2, 堀口 愛2, 及川 淳1, 庭野慎一1, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2大学院医療系研究科)

511002. [解説]【Editorial】Bleeding risk score in Japanese patients on antiplatelets plus an anticoagulant. Fukaya H1, Ako J1: J Cardiol 2019/6; 73 (6): 466-7. (深谷英平1, 阿古潤哉1: 1循環器内)

511003. [解説] Editorial to ""Bipolar radiofrequency catheter ablation between the left ventricular endocardium and great cardiac vein for refractory ventricular premature complexes originating from the left ventricular summit"". Niwano S1: J Arrhythm 2020/2; 36 (2): 367. (庭野慎一1: 1循環器内)

522025. [講座] Epoch-making: CABANA trialを受けてのカテーテルアブレーションの適応. 深谷英平 (循環器内): CATH LAB JIN 2019/8; 2 (3): 81-4.

522026. [講座]【特集: 冠動脈血行再建後の抗血小板・抗凝固療法について】出血リスクを伴う症例に対するPCI治療: 特に出血を伴う消化器悪性腫瘍の術前にPCIを行うようなケースで, どれだけ待てば手術が可能なのか? 下浜孝郎1, 阿古潤哉1 (1循環器内): 日本冠疾患学会雑誌 2019/9; 1: 38-41.

522027. [講座]【特集「生活習慣病」診療の新潮流: この10年で何が変わった】◆血管障害の早期診断・新治療と重症化予防 冠動脈疾患. 下浜孝郎1, 亀田 良1, 阿古潤哉1 (1循環器内): 診断と治療 2019/9; 107 (9): 1059-67.

522028. [講座]【特集: 急性冠症候群 実臨床に活きる薬物治療の知識とスキルを身につける】■経皮的冠動脈インターベンション後の抗血栓療法Q&A 5. 抗凝固薬 (経口抗凝固薬も含む) はいつ・どの患者に・どう使うか? 亀田 良1, 下浜孝郎1, 阿古潤哉1 (1循環器内): 薬局 2019/11; 70 (12): p.61-70.

530005. [その他 (Guideline)] JCS 2018 Guideline on Diagnosis and Treatment of Acute Coronary Syndrome. Kimura K1, Kimura T1, Ishihara M1, Nakagawa Y1, Nakao K1, Miyauchi K1, Sakamoto T1, Tsujita K1, Hagiwara N1, Miyazaki S1, Ako J1,2, Arai H1, Ishii H1, Origuchi H1, Shimizu W1, Takemura H1, Tahara Y1, Morino Y1, Iino K1, Itoh T1, Iwanaga Y1, Uchida K1, Endo H1, Kongoji K1, Sakamoto K1, Shiomi H1, Shimohama T1,2, Suzuki A1, Takahashi J1, Takeuchi I1, Tanaka A1, Tamura T1, Nakashima T1, Noguchi T1, Fukamachi D1, Mizuno T1, Yamaguchi J1, Yodogawa K1, Kosuge M1, Kohsaka S1, Yoshino H1, Yasuda S1, Shimokawa H1, Hirayama A1, Akasaka T1, Haze K1, Ogawa H1, Tsutsui H1, Yamazaki T1 (1Japanese Circulation Society Joint Working Group): Circ J 2019/4; 83 (5): 1085-96. (阿古潤哉1,2, 下浜孝郎1,2: 2循環器内)

[著 書]

620014. [学術書 (分担執筆)]【循環器症候群 (第3版) I−その他の循環器疾患を含めて− (別冊日本臨牀 領域別症候群シリーズ No.5)】II. 心筋疾患 43. 巨細胞性心筋炎, p.308-11. 鍋田 健1, 阿古潤哉1 (1循環器内), 日本臨牀社, 東京, 2019/9発行.

620015. [学術書 (分担執筆)]【循環器症候群 (第3版) II−その他の循環器疾患を含めて− (別冊日本臨牀 領域別症候群シリーズ No.6)】VI. 冠動脈・静脈疾患・走行異常 39. ステント内血栓症 (急性・亜急性・遅発性), p.193-7. 下浜孝郎1, 阿古潤哉1 (1循環器内), 日本臨牀社, 東京, 2019/10発行.

620016. [学術書 (分担執筆)]【日常診療に活かす診療ガイドラインUP-TO-DATE 2020-2021】III. 循環器疾患 3. 狭心症, p.163-7. 村松裕介1, 下浜孝郎2, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内), 監修: 門脇 孝, 小室一成, 宮地良樹, メディカルレビュー社, 東京, 2020/2発行.

620017. [学術書 (分担執筆)]【循環器リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版】I 解剖学の知識 心臓の構造と機能, p.2-18. IV リハビリテーションのための患者評価 心電図の診方, p.135-65. 増田 卓1 (1医療衛生学部), 編: 増田 卓1, 松永篤彦1, メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

620018. [学術書 (分担執筆)]【循環器リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版】III 循環器疾患の病態と治療 高血圧性心疾患, p.75-83. 東條美奈子1 (1医療衛生学部), 編: 増田 卓1, 松永篤彦1, メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

620019. [学術書 (分担執筆)]【循環器リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版】III 循環器疾患の病態と治療 心不全, p.84-93. 猪又孝元1 (1循環器内), 編: 増田 卓2, 松永篤彦2 (2医療衛生学部), メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

620020. [学術書 (分担執筆)]【循環器リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版】III 循環器疾患の病態と治療 大血管疾患, p.94-108. V リハビリテーション (総論) 禁煙, p.307-13. 野田千春1 (1循環器内), 編: 増田 卓2, 松永篤彦2 (2医療衛生学部), メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

620021. [学術書 (分担執筆)]【循環器リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版】IV リハビリテーションのための患者評価 心臓リハビリテーションに関する心エコー所見の理解, p.211-25. 前川恵美1 (1循環器内), 編: 増田 卓2, 松永篤彦2 (2医療衛生学部), メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

[学会・研究会等]

713029. [学会 (国際)] (一般講演) The one-year follow-up of SAPIEN 3 20 mm Transcatheter Heart Valve Implantation in Asian, small body size patients. Meguro K1, Kakizaki R1, Hashimoto T1, Yanagisawa T1, Ako J1: Euro PCR 2019 (2019/5/21), Paris, France. (目黒健太郎1, 柿崎良太1, 橋本拓弥1, 柳澤智義1, 阿古潤哉1: 1循環器内)

713030. [学会 (国際)] (一般講演) Coronary Stenosis & Plaque Characterization. Ako J1: Asian Pacific Society of Cardiology 2019 (APSC 2019) (2019/5/24), Manila, Philippines. (阿古潤哉1: 1循環器内)

713031. [学会 (国際)] (一般講演) The outcome of transcatheter aortic valve implantation in patients with small annulus and the comparison between intra-annular and supra-annular devices in small annulus From the analysis of the Japanese nationwide registry (J-TVT registry). Meguro K1, Hashimoto T1, Kitamura T2, Ako J1: European Society of Cardiology (2019/9/1), Paris, France. (目黒健太郎1, 橋本拓弥1, 北村 律2, 阿古潤哉1: 1循環器内, 2心臓血管外)

713032. [学会 (国際)] (一般講演) CORONARY ARTERY DISEASE Updates & Controversies in ACS. Ako J1: ACC Asia Conference 2019 (2019/9/13), Nagoya, Japan. (阿古潤哉1: 1循環器内)

713033. [学会 (国際)] (一般講演) PCI For HBR Patients In Japan: Current Clinical Treatment And Post-Market Treatment. Ako J1: CRT 2020 (2020/2/24), Washington DC, USA. (阿古潤哉1: 1循環器内)

722036. [学会 (全国)] (招待講演等) 英語論文を書こう! 阿古潤哉 (循環器内): Tokyo Percutaneous cardiovascular Intervention Conference (TOPIC) 2019 (2019/7/12), 東京.

722037. [学会 (全国)] (シンポジウム)【徹底討論】長期持続性心房細動に対する治療戦略 洞調律を期待できる症例を判別できるか. 深谷英平1, 庭野慎一1, 阿古潤哉1 (1循環器内): 第67回日本心臓病学会学術集会 (2019/9/14), 名古屋.

722038. [学会 (全国)] (招待講演等) ACS患者における厳格脂質管理. 阿古潤哉 (循環器内): 第67回日本心臓病学会学術集会 (2019/9/15), 名古屋.

722039. [学会 (全国)] (招待講演等) 心腎連関を考慮した糖尿病治療. 阿古潤哉 (循環器内): 第67回日本心臓病学会学術集会 (2019/9/15), 名古屋.

722040. [学会 (全国)] (招待講演等) 心血管イベント抑制を考慮した脂質異常症治療戦略. 阿古潤哉 (循環器内): 第28回日本心血管インターベンション治療学会学術集会: CVIT2019 (2019/9/20), 名古屋.

722041. [学会 (全国)] (招待講演等) PCIの合併症−ステント血栓症. 阿古潤哉 (循環器内): 第28回日本心血管インターベンション治療学会学術集会: CVIT2019 (2019/9/20), 名古屋.

722042. [学会 (全国)] (招待講演等) Effect of Alirocumab on Coronary Atheroma Volume in Japanese Patients with Acute Coronary Syndrome: The ODYSSEY J-IVUS Trial. 阿古潤哉 (循環器内): 第28回日本心血管インターベンション治療学会学術集会: CVIT2019 (2019/9/20), 名古屋.

722043. [学会 (全国)] (招待講演等) PCSK9阻害剤. 阿古潤哉 (循環器内): 第60回日本脈管学会総会 (2019/10/10), 東京.

722044. [学会 (全国)] (招待講演等) 循環器領域における先駆的治療. 阿古潤哉 (循環器内): 第16回日本循環器看護学会学術集会 (2019/11/2), 東京.

722045. [学会 (全国)] (招待講演等) 血液サラサラって何? NOAC? DOAC? 阿古潤哉 (循環器内): 第16回日本循環器看護学会学術集会 (2019/11/2), 東京.

722046. [学会 (全国)] (招待講演等) なぜ循環器医は抗血栓薬を使うのか. 阿古潤哉 (循環器内): JDDW 2019 KOBE (第27回日本消化器関連学会週間) (2019/11/22), 神戸.

722047. [学会 (全国)] (招待講演等) TWILIGHT試験. 阿古潤哉 (循環器内): ARIA (Alliance for Revolution and Interventional Cardiology Advancement) 2019 (2019/11/23), 福岡.

722048. [学会 (全国)] (招待講演等) AFIRE試験. 阿古潤哉 (循環器内): ARIA (Alliance for Revolution and Interventional Cardiology Advancement) 2019 (2019/11/23), 福岡

723152. [学会 (全国)] (一般講演) 心房心室連関の改善により運動時周期性呼吸変動が消失した心房中隔欠損症術後の1例. 前川恵美1, 神谷健太郎2, 市川貴文3, 野崎康平3, 浜崎伸明3, 山本侑子4, 杉野加奈子3, 五十嵐亜希子4, 目黒健太郎1, 野田千春1, 下浜孝郎1, 東條美奈子2, 増田 卓2, 阿古潤哉1 (1循環器内, 2医療衛生学部, 3リハビリ部, 4看護部): 第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2019/7/14), 大阪.

723153. [学会 (全国)] (一般講演) Zero-Contrast Optical Coherence Tomography- and Physiology- Guided Percutaneous Coronary Intervention for Severe Calcified Lesion. 朝倉清史1, 南 尚賢2, 下浜孝郎2, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第28回日本心血管インターベンション治療学会学術集会: CVIT2019 (2019/9/19), 名古屋.

723154. [学会 (全国)] (一般講演) Subsequent accumulation of organized thrombus overlying irregular protrusion caused restenosis after drug-eluting stent implantation. 石末成哉1, 南 尚賢1, 目黒健太郎1, 下浜孝郎1, 阿古潤哉1 (1循環器内): 第28回日本心血管インターベンション治療学会学術集会: CVIT2019 (2019/9/19), 名古屋.

723155. [学会 (全国)] (一般講演) Biodegradable polymer SES had greater incidence of target lesion revascularization than 2nd-generation DES in a real-world cohort. 柿崎良太1, 南 尚賢1, 朝倉清史2, 桂 有智2, 加藤彩美2, 村松裕介2, 佐藤俊充2, 根本照世志1, 藤吉和博1, 石田弘毅1, 橋本拓弥1, 目黒健太郎1, 下浜孝郎1, 阿古潤哉1 (1循環器内, 2大学院医療系研究科): 第28回日本心血管インターベンション治療学会学術集会: CVIT2019 (2019/9/19), 名古屋.

723156. [学会 (全国)] (一般講演) The efficacy and safety of dextran-based optical coherence tomography-guided percutaneous coronary intervention in patients with chronic kidney disease. 片峰正皓1, 南 尚賢2, 根本照世志2, 村松裕介1, 朝倉清史1, 加藤彩美1, 桂 有智1, 佐藤俊充1, 柿崎良太2, 橋本拓弥2, 藤吉和博2, 目黒健太郎2, 下浜孝郎2, 阿古潤哉2 (1大学院医療系研究科, 2循環器内): 第28回日本心血管インターベンション治療学会学術集会: CVIT2019 (2019/9/19), 名古屋.

723157. [学会 (全国)] (一般講演)【YIAノミネート】入院時における歩行速度の改善は高齢心不全患者の生命予後を良好にする. 田中伸弥1, 神谷健太郎2, 浜崎伸明3, 野崎康平3, 前川恵美4, 野田千春4, 東條美奈子2, 松永篤彦2, 阿古潤哉4 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3リハビリ部, 4循環器内): 第23回日本心不全学会学術集会 (2019/10/4), 広島.

731021. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) IVUS guideの真髄. 下浜孝郎 (循環器内): Tokyo Live Demonstration 2019 (2019/10/11), 東京.

732015. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) STENT植え込み後抗血栓療法の過去と未来. 阿古潤哉 (循環器内): 第46回日本心血管インターベンション治療学会東北地方会 (2019/8/17), 秋田.

732016. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Safety and effectiveness of transcatheter mitral leaflet approximation with MitraClip in heart failure patients with secondary mitral regurgitation. 阿古潤哉 (循環器内): PCR Tokyo Valves 2020 (2020/2/16), 東京.

'18年度以前分

[学術論文]

'18-110004. [原著] Dual Anti-Thrombotic Therapy With Dabigatran After Percutaneous Coronary Intervention in Atrial Fibrillation - Japanese and East-Asian Subgroup Analysis of the RE-DUAL PCI Trial. Ako J1,2, Okumura K1, Nakao K1, Kozuma K1, Morino Y1, Okazaki K1, Fukaya T1, Kimura T1 (1RE-DUAL PCI Trial Investigators): Circ J 2019/1; 83 (2): 327-33. (阿古潤哉1,2: 2循環器内)

'18-110005. [原著] Calcified Plaques in Patients With Acute Coronary Syndromes. Sugiyama T, Yamamoto E, Fracassi F, Lee H, Yonetsu T, Kakuta T, Soeda T, Saito Y, Yan BP, Kurihara O, Takano M, Niccoli G, Crea F, Higuma T, Kimura S, Minami Y1, Ako J1, Adriaenssens T, Boeder NF, Nef HM, Fujimoto JG, Fuster V, Finn AV, Falk E, Jang IK.: JACC Cardiovasc Interv 2019/3; 12 (6): 531-40. (南 尚賢1, 阿古潤哉1: 1循環器内)

'18-522002. [講座]【連載】 今こそやろう心エコー! 小板橋俊美 (循環器内): Medical Practice 2019/1; 36 (1): .153.

'18-522003. [講座]【特集: Common diseaseとしての心房細動】III. 心房細動の初診から専門医紹介まで. 深谷英平 (循環器内): 日本内科学会雑誌 2019/2; 108 (2); 212-8.

[著 書]

'18-620002. [学術書 (分担執筆)]【周産期心筋症診療の手引き】第VIII章 妊産婦における症状・身体所見の診方と検査の進め方, p.54-61. 小板橋俊美 (循環器内), 中外医学社, 東京, 2019/3発行.

'18-620003. [学術書 (分担執筆)]【周産期心筋症診療の手引き】第IX章 鑑別診断, p62-70. 小板橋俊美 (循環器内), 中外医学社, 東京, 2019/3発行.

[学会・研究会等]

'18-713002. [学会 (国際)] (一般講演) Antithrombotic therapy in atrial fibrillation patients undergoing PCI. Ako J1: Taiwan Transcatheter Therapeutics 2019 (2019/1/13), Taipei, Taiwan. (阿古潤哉1: 1循環器内)

'18-713003. [学会 (国際)] (一般講演) Perspectives of AF patients with Acute Coronary Syndrome. Ako J1: 5th Myanmar Cardiac Society Conference (2019/3/3), Yangon, Myanmar. (阿古潤哉1: 1循環器内)

'18-722001. [学会 (全国)] (招待講演等) The trend of double/triple therapy from Japanese investigation. 阿古潤哉 (循環器内): 第83回日本循環器学会学術集会 (2019/3/30), 横浜.


脳神経内科学

[学術論文]

110138. [原著] A cluster of disseminated small cortical lesions in MELAS: its distinctive clinical and neuroimaging features. Hongo Y1, Kaneko J1, Suga H1, Ishima D1, Kitamura E1, Akutsu T1, Onozawa Y2, Kanazawa N3, Goto T, Nishiyama K1, Iizuka T1: J Neurol 2019/6; 266 (6): 1459-72. (本郷 悠1, 金子淳太郎1, 須賀裕樹1, 井島大輔1, 北村英二1, 阿久津二夫1, 小野澤裕也2, 金澤直美3, 西山和利1, 飯塚高浩1: 1脳神経内, 2臨検部, 3病態・診療系)

110139. [原著] Effectiveness of Nonvitamin K Antagonist Oral Anticoagulants and Warfarin for Preventing Further Cerebral Microbleeds in Acute Ischemic Stroke Patients with Nonvalvular Atrial Fibrillation and At Least One Microbleed: CMB-NOW Multisite Pilot Trial. Yokoyama M1, Mizuma A1, Terao T1, Tanaka F1, Nishiyama K1,2, Hasegawa Y1, Nagata E1, Nogawa S1, Kobayashi H1, Yanagimachi N1, Okazaki T1, Kitagawa K1, Takizawa S1 (1CMB-NOW Study Investigators): J Stroke Cerebrovasc Dis 2019/7; 28 (7): 1918-25. (西山和利1,2: 2脳神経内)

110140. [原著] Transplantation of Mesenchymal Stem Cells Improves Amyloid-β Pathology by Modifying Microglial Function and Suppressing Oxidative Stress. Yokokawa K, Iwahara N, Hisahara S, Emoto MC, Saito T, Suzuki H, Manabe T, Matsumura A, Matsushita T, Suzuki S, Kawamata J1, Sato-Akaba H, Fujii HG, Shimohama S: J Alzheimers Dis 2019/11; 72 (3): 867-84. (川又 純1: 1脳神経内)

110141. [原著] A mutant MATR3 mouse model to explain multisystem proteinopathy. Zhang X, Yamashita S, Hara K, Doki T, Tawara N, Ikeda T, Misumi Y, Zhang Z, Matsuo Y, Nagai M1, Kurashige T, Maruyama H, Ando Y: J Pathol 2019/10; 249 (2): 182-92. (永井真貴子1: 1神経内)

110142. [原著] Differences in clinical features of cluster headache between drinkers and nondrinkers in Japan. Imai N, Kitamura E1: PLoS One 2019/11; 14 (11): e0224407. (北村英二1: 1脳神経内)

110143. [原著] CD14 and Toll-Like Receptor 4 Promote Fibrillar Aβ42 Uptake by Microglia Through A Clathrin-Mediated Pathway. Fujikura M, Iwahara N, Hisahara S, Kawamata J1, Matsumura A, Yokokawa K, Saito T, Manabe T, Matsushita T, Suzuki S, Shimohama S: J Alzheimers Dis 2019/12; 68 (1): 323-37. (川又 純1: 1脳神経内)

110144. [原著] Early administration of galantamine from preplaque phase suppresses oxidative stress and improves cognitive behavior in APPswe/PS1dE9 mouse model of Alzheimer's disease. Saito T, Hisahara S, Iwahara N, Emoto MC, Yokokawa K, Suzuki H, Manabe T, Matsumura A, Suzuki S, Matsushita T, Kawamata J1, Sato-Akaba H, Fujii HG, Shimohama S: Free Radic Biol Med 2019/12; 145: 20-32. (川又 純1: 1脳神経内)

110145. [原著] Safety of tapering tacrolimus dose in patients with well-controlled anti-acetylcholine receptor antibody-positive myasthenia gravis. Nishida Y, Takahashi YK, Kanai T, Nose Y, Ishibashi S, Sanjo N, Uzawa A, Oda F, Ozawa Y, Kuwabara S, Noguchi E, Suzuki S, Nakahara J, Suzuki N, Ogawa T, Yokoyama K, Hattori N, Konno S, Fujioka T, Kawaguchi N, Hatanaka Y, Sonoo M, Kaneko J1, Ogino M, Nishiyama K1, Nomura K, Yokota T: Eur J Neurol 2020/1; 27 (1): 100-4. (金子淳太郎1, 西山和利1: 1脳神経内)

110146. [原著] Cognitive and behavioral status in Japanese ALS patients: a multicenter study. Watanabe Y1, Raaphorst J1, Izumi Y1, Yoshino H1, Ito S1, Adachi T1, Takigawa H1, Masuda M1, Atsuta N1, Adachi Y1, Isose S1, Arai K1, Yokota O1, Oda M1, Ogino M1, Ichikawa H1, Hasegawa K1, Kimura H1, Shimizu T1, Aiba I1, Yabe H1, Kanba M1, Kusumi K1, Aoki T1, Hiroe Y1, Watanabe H1, Nishiyama K1,2, Nomoto M1, Sobue G1, Beeldman E1, Hanajima R1, Nakashima K1 (1ALS-FTD-Q-J research group): J Neurol 2020/5; 267 (5): 1321-30. doi: 10.1007/s00415-019-09655-9. Epub 2020 Jan 18. (西山和利1,2: 2脳神経内)

110147. [原著] Effect of rovatirelin in patients with cerebellar ataxia: two randomised double-blind placebo-controlled phase 3 trials. Nishizawa M1, Onodera O1, Hirakawa A1, Shimizu Y1, Yamada M1 (1Rovatirelin Study Group, Collaborators: Nishiyama K2): J Neurol Neurosurg Psychiatry 2020/3; 91 (3): 254-62. (西山和利2: 2脳神経内)

310017. [症例報告] Autoimmune Encephalitis as an Extra-articular Manifestation of Rheumatoid Arthritis. Kitamura E1, Kondo Y1, Kanazawa N2, Akutsu T1, Nishiyama K1, Iizuka T1: Intern Med 2019/4; 58 (7): 1007-9. (北村英二1, 近藤裕子1, 金澤直美2, 阿久津二夫1, 西山和利1, 飯塚高浩1: 1脳神経内, 2病態・診療系)

310018. [症例報告] An autopsy case of MM2-thalamic subtype of sporadic Creutzfeldt-Jakob disease with Lewy bodies presenting as a sleep disorder mimicking anti-IgLON5 disease. Hongo Y1, Iizuka T1, Kaneko A1, Suga H1, Uchino A1, Murayama S, Namba K, Inoue Y, Nishiyama K1: J Neurol Sci 2019/9; 404: 36-9. (本郷 悠1, 飯塚高浩1, 金子 厚1, 須賀裕樹1, 内野彰子1, 西山和利1: 1脳神経内)

310019. [症例報告] Ramsay-Hunt syndrome and subsequent sensory neuropathy as potential immune-related adverse events of nivolumab: a case report. Sakoh T, Kanzaki M1, Miyamoto A, Mochizuki S, Kakumoto T, Sato K, Uesaka Y, Kishi K: BMC Cancer 2019/12; 19 (1): 1220. (神崎真実1: 1脳神経内)

310020. [症例報告] An autopsy case of G M1 gangliosidosis type II in a patient who survived a long duration with artificial respiratory support. Uchino A, Nagai M1, Kanazawa N2, Ichinoe M3, Yanagisawa N, Adachi K, Nanba E, Ishiura H, Mitsui J, Tsuji S, Suzuki K, Murayama S, Nishiyama K1: Neuropathology 2020/8; 40 (4): 379-88. doi: 10.1111/neup.12651. Epub 2020 Mar 27. (永井真貴子1, 金澤直美2, 一戸昌明3, 西山和利1: 1脳神経内, 2病態・診療系, 3病理)

310021. [症例報告] Focal hyperperfusion and elevated lactate in the cerebral lesions with anti-GABAaR encephalitis: A serial MRI study. Ueno H, Iizuka T1, Tagane Y, Yamasaki F, Akiyama Y, Hosomi N, Maruyama H: J Neuroradiol 2020/5; 47 (3): 243-6. doi: 10.1016/j.neurad.2019.10.001. Epub 2019 Nov 5. (飯塚高浩1: 1脳神経内)

410001. [臨床試験] Induced pluripotent stem cell-based Drug Repurposing for Amyotrophic lateral sclerosis Medicine (iDReAM) study: protocol for a phase I dose escalation study of bosutinib for amyotrophic lateral sclerosis patients. Imamura K, Izumi Y, Banno H, Uozumi R, Morita S, Egawa N, Ayaki T, Nagai M1, Nishiyama K1, Watanabe Y, Hanajima R, Oki R, Fujita K, Takahashi N, Ikeda T, Shimizu A, Morinaga A, Hirohashi T, Fujii Y, Takahashi R, Inoue H: BMJ Open 2019/12; 9 (12): e033131. (永井真貴子1, 西山和利1: 1脳神経内)

520005. [総説] 脳神経内科領域における難治性サルコイドーシスの治療動向. 西山和利 (脳神経内): 日本サルコイドーシス学会誌 2019/9; 39 (1/2): 29-32.

520006. [総説] 自己免疫性脳炎およびその類縁疾患における最近の進歩. 飯塚高浩 (脳神経内): 臨床神経学 2019/8; 59 (8): 491-501.

520007. [総説] 脳神経内科領域における難治性サルコイドーシスの治療動向. 西山和利 (脳神経内): 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌 2019/9; 39 (1/2): 29-32.

522029. [講座]【特集: 免疫性神経疾患の治療学】自己免疫性脳炎の診断と治療. 飯塚高浩 (脳神経内): BIO Clinica 2019/4; 34 (5): 480-4.

530006. [その他 (Correction)] Correction to: A cluster of disseminated small cortical lesions in MELAS: its distinctive clinical and neuroimaging features. Hongo Y1, Kaneko J1, Suga H1, Ishima D1, Kitamura E1, Akutsu T1, Onozawa Y2, Kanazawa N3, Goto T, Nishiyama K1, Iizuka T1: J Neurol 2019/6; 266 (6): 1473. (本郷 悠1, 金子淳太郎1, 須賀裕樹1, 井島大輔1, 北村英二1, 阿久津二夫1, 小野澤裕也2, 金澤直美3, 西山和利1, 飯塚高浩1: 1脳神経内, 2臨検部, 3病態・診療系)

540033. [その他]【日本神経学会合同シンポジウム: 神経救急・集中治療における脳神経内科医のプレゼンスを高めるために】司会の言葉. 西山和利1, 永山正雄 (1脳神経内): 神経治療学 2019/4; 36 (4): 478.

[著 書]

620022. [学術書 (分担執筆)] 【1361専門家による 私の治療 [2019-20年度版]】§8 神経・筋疾患 自己免疫性脳炎, p.588-90. 飯塚高浩 (脳神経内), 監修: 猿田享男, 北村惣一郎, 日本医事新報社, 東京, 2019/7発行.

620023. [学術書 (分担執筆)]【内科学書改定第9版 (Vol.6)】神経疾患 14. 末梢神経疾患 (ニューロパチー) 中毒性ニューロパチー, p.572-4. 神崎真実1, 海田賢一 (1脳神経内), 総編集: 南学正臣, 編集協力: 塩沢昌英, 編: 田中章景, 中山書店, 東京, 2019/8発行.

620024. [学術書 (分担執筆)] 【PT・OTのための画像のみかた [第2版]】第2章 中枢神経疾患 V. 脱髄・変性疾患 脊髄空洞症, p.103. 川又 純 (脳神経内), 監修: 山下敏彦, 下濱 俊, 金原出版, 東京, 2019/12発行.

[学会・研究会等]

713034. [学会 (国際)] (一般講演) A clinically-based score that predicts cryptogenic new-onset refractory status epilepticus (C-NORSE). Iizuka T1, Kaneko J1, Kaneko A1, Yanagida A2, Nonoda Y3, Onozawa Y4, Kanazawa N5, Dalmau J, Nishiyama K1: AAN 2019 (The 71st AAN Annual Meeting) (2019/5/5), Philadelphia, USA. (飯塚高浩1, 金子淳太郎1, 金子 厚1, 柳田敦子2, 野々田豊3, 小野澤裕也4, 金澤直美5, 西山和利1: 1脳神経内, 2大学院医療系研究科, 3小児, 4臨検部, 5病態・診療系)

713035. [学会 (国際)] (一般講演) Atypical Clinical Manifestations and Overlapping Immunities associated with NMDA Receptor Antibodies. Kaneko A1, Iizuka T1, Suga H1, Kaneko J1, Yamaguchi Y2, Arai H2, Matsumoto Y, Tokimura R, Murakami T, Nakatani-Enomoto S, Kanai K, Ugawa Y, Amano E, Kitamura E1, Kanazawa N3, Dalmau J, Nishiyama K1: AAN 2019 (The 71st AAN Annual Meeting) (2019/5/5), Philadelphia, USA. (金子 厚1, 飯塚高浩1, 須賀裕樹1, 金子淳太郎1, 山口友紀雄2, 新井久稔2, 北村英二1, 金澤直美3, 西山和利1: 1脳神経内, 2精神, 3病態・診療系)

713036. [学会 (国際)] (一般講演) Neuronal Autoantibodies and Clinical Significance in Stiff-Person Spectrum Disorder. Kaneko J1, Iizuka T1, Kondo Y1, Abe Y1, Kaneko A1, Hattori K, Kobayashi S, Ugawa Y, Sekiguchi K, Maeda K, Matsumoto Y, Kanazawa N2, Kitamura E1, Dalmau J, Nishiyama K1: AAN 2019 (The 71st AAN Annual Meeting) (2019/5/5), Philadelphia, USA. (金子淳太郎1, 飯塚高浩1, 近藤裕子1, 阿部有起1, 金子 厚1, 金澤直美2, 北村英二1, 西山和利1: 1脳神経内, 2病態・診療系)

713037. [学会 (国際)] (一般講演) A cluster of disseminated small cortical lesions in MELAS: its distinctive clinical and neuroimaging features. Iizuka T1, Hongo H, Kaneko J1, Suga H1, Ishima D1, Kitamura E1, Akutsu T1, Kanazawa N2, Nishiyama K1: The 16th Conference of Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine [ASMRM] and The 19th conference of Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine [J-mit] (2019/10/3-5), Fukuoka, Japan. (飯塚高浩1, 金子淳太郎1, 須賀裕樹1, 井島大輔1, 北村英二1, 阿久津二夫1, 金澤直美2, 西山和利1: 1脳神経内, 2病態・診療系)

721009. [学会 (全国)] (特別講演) 精神障害を来す抗NMDA受容体脳炎−診断と治療上のピットフォールクトラム−. 飯塚高浩 (脳神経内): 第66回日本矯正医学会総会 (2019/10/24), 東京.

722049. [学会 (全国)] (招待講演等) 自己免疫性脳炎のスペクトラムと治療. 飯塚高浩 (脳神経内): 第31回日本神経免疫学会学術集会 (2019/9/26), 千葉.

723158. [学会 (全国)] (一般講演) Physician Lead Clinical Trial of Bosutinib in ALS: iPSC-based Drug Repurposing for ALS Medicine (iDReAM) study. Imamura K, Izumi Y, Banno H, Uozumi R, Morita S, 永井真貴子1, 西山和利1, Watanabe Y, Hanajima R, Takahashi N, Ikeda T, Ito T, Kusunoki Y, Shimizu A, Morinaga A, Koide Y, Hirohashi T, Fujii Y, Takahashi R, Inoue H (1脳神経内): 第60回日本神経学会学術大会 (2019/5/24), 大阪.

723159. [学会 (全国)] (一般講演) SOD1遺伝子変異を認めたALS患者5例の臨床経過. 栗田瑛里子1, 永井真貴子1, 川浪 文1, 近藤裕子1, 西山和利1 (1脳神経内): 第60回日本神経学会学術大会 (2019/5/24), 大阪.

723160. [学会 (全国)] (一般講演) A clinically-based sacore predicting cryptogenic new-onset refractory status epilepticus (CNORSE). 柳田敦子1, 飯塚高浩1, 金子淳太郎1, 金子 厚1, 野々田豊2, 小野澤裕也3, 金澤直美4, 西山和利1 (1脳神経内, 2小児, 3臨検部, 4病態・診療系): 第60回日本神経学会学術大会 (2019/5/25), 大阪.

723161. [学会 (全国)] (一般講演) 超急性期再灌流療法を施行した若年性脳梗塞の検討. 阿久津二夫1, 金子 厚1, 須賀裕樹1, 永井俊行1, 碓井 遼1, 井島大輔1, 金子淳太郎1, 本郷 悠, 北村英二1, 飯塚高浩1, 山本大輔2, 西山和利1 (1脳神経内, 2脳外): 第60回日本神経学会学術大会 (2019/5/25), 大阪.

723162. [学会 (全国)] (一般講演) Zonisamide suppression effect on CSD in a rat CSD model. 北村英二1, 飯塚高浩1, 金澤直美2, 西山和利1 (1脳神経内, 2病態・診療系): 第60回日本神経学会学術大会 (2019/5/25), 大阪.

723163. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢者入院患者におけるせん妄遷延と早期離床に関する検討. 穴田 聡, 飯ヶ谷美峰1, 高橋 恵2, 左右田和枝, 和田奈美子 (1脳神経内, 2精神): 第61回日本老年医学会学術集会 (2019/6/8), 仙台.

723164. [学会 (全国)] (一般講演) Autoimmune Post-Herpes Simplex Encephalitis (Post-HSE) に関する症例集積研究. 金子淳太郎1, 飯塚高浩1, 岩瀬諒子1, 北村英二1, 冨田仁美, 五十嵐奨, 入岡 隆, 金澤直美2, 西山和利1 (1脳神経内, 2病態・診療系): 第31回日本神経免疫学会学術集会 (2019/9/26-27), 千葉.

723165. [学会 (全国)] (一般講演) 発症時原因不明のてんかん重積状態における抗神経細胞表面抗原抗体の関与: 後方視的検討. 須賀裕樹1, 飯塚高浩1, 金子 厚1, 柳田敦子1, 金子淳太郎1, 北村英二1, 金澤直美2, 西山和利1 (1脳神経内, 2病態・診療系): 第31回日本神経免疫学会学術集会 (2019/9/26-27), 千葉.

723166. [学会 (全国)] (一般講演) Cryptogenic NORSE 27例に実施された急性期免疫療法に関する後方視的研究: 現状と課題. 柳田敦子1, 飯塚高浩2, 金澤直美3, 北村英二2, 阿久津二夫2, 西山和利2 (1大学院医療系研究科, 2脳神経内, 3病態・診療系): 第37回日本神経治療学会学術集会 (2019/11/6), 横浜.

723167. [学会 (全国)] (一般講演) 温度上昇とcortical spreading depressionの関係について. 北村英二1, 金澤直美2, 木許拓馬1, 長島 誠1, 飯塚高浩1, 西山和利1 (1脳神経内, 2病態・診療系): 第47回日本頭痛学会総会 (2019/11/16), 浦和.

731022. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 自己免疫性脳炎およびその類縁疾患の病態と治療. 飯塚高浩 (脳神経内): 第3回Neuro Rescue Meeting (2019/6/22), 倉敷.

731023. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 自己免疫性運動障害の臨床と病態. 飯塚高浩 (脳神経内): 第15回KOSHIEN Movement Disorder Seminar (2019/9/12), 倉敷.

731024. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Stroke mimics片麻痺性片頭痛と脳卒中様発作の病態を考える. 飯塚高浩 (脳神経内): 第43回Metropolitan Stroke Forum学術講演会 (2019/11/19), 東京.

732017. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) II 片頭痛の診断と管理−前兆のある片頭痛−. 飯塚高浩 (脳神経内): HMSJ 2019: Headache Master School Japan 2019 (2019/7/14), 仙台.

733060. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 脳幹・脊髄に散在する脱髄病変を認め, 抗MOG抗体が髄液のみから検出された32歳男性. 長島 誠1, 金子淳太郎1, 安達智美1, 阿部有起1, 金澤直美2, 飯塚高浩1, 西山和利1 (1脳神経内, 2病態・診療系): 第229回日本神経学会関東・甲信越地方会 (2019/6/1), 東京.

733061. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 多型皮膚萎縮症・腱拘縮及び肺線維症を合併した遠位型ミオパチーの62歳女性例. 山本智美1, 永井真貴子1, 臼井耕太郎1, 安達智美1, 阿部有起1, 碓井 遼1, 北村英二1, 西山和利1 (1脳神経内): 第230回日本神経学会関東 ・甲信越地方会 (2019/9/7), 東京.

733162. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 脳底動脈の閉塞機転に関する検討. 阿久津二夫 (脳神経内): 西湘-県央神経ネットワーク (2019/9/12), 海老名.

733063. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 単純ヘルペス脳炎発症6週後に神経症状が増悪した45歳男性. 岩瀬諒子1, 金子淳太郎1, 飯塚高浩1, 荒井元美, 金澤直美2, 西山和利1 (1脳神経内, 2病態・診療系): 第21回神奈川県神経免疫フォーラム (2019/12/4), 横浜.

733064. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Propionibacterium acnes抗体 (PAB抗体) 免疫染色が陽性であった脳実質型サルコイドーシスの27歳男性例. 三澤佑介1, 木村文将1, 金子淳太郎1, 安達智美1, 木許拓馬1, 長島 誠1, 飯塚高浩1, 西山和利1 (1脳神経内): 第231回日本神経学会関東・甲信越地方会 (2019/12/7), 東京.

733065. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 変わりゆく脳梗塞の超急性期治療と再発予防について. 阿久津二夫 (脳神経内): Face to Face 脳血管・心疾患カンファレンス in 相模原 (2019/12/9), 相模原.

'18年度以前分

[学術論文]

'18-110006. [原著] Evaluation of Mitochondrial Oxidative Stress in the Brain of a Transgenic Mouse Model of Alzheimer's Disease by in vitro Electron Paramagnetic Resonance Spectroscopy. Manabe T, Matsumura A, Yokokawa K, Saito T, Fujikura M, Iwahara N, Matsushita T, Suzuki S, Hisahara S, JKawamata J1, Suzuki H, Emoto MC, Fujii HG, Shimohama S: J Alzheimers Dis 2019/2; 67 (3): 1079-87. (川又 純1: 1脳神経内)

'18-320001. [症例報告] 抗glycine受容体抗体陽性のstiff-limb症候群の1例. 前田憲吾, 清水芳樹, 杉原芳子, 金澤直美1, 飯塚高浩2 (1病態・診療系, 2脳神経内): 臨床神経学 2019/2; 59 (2): 98-101.

'18-522004. [講座]【特集: 脳梗塞−最新の薬物治療戦略と実践ポイント総まとめ】■最新のエビデンスに基づいた脳梗塞の薬物治療戦略 ラクナ梗塞. 長島 誠1, 西山和利1 (1脳神経内): 薬局 2019/3; 70 (3): 379-83.

[著 書]

H29-620004. [学術書 (分担執筆)]【1336専門家による 私の治療 [2017-18年度版]】08 神経・筋疾患 (63疾患) 炎症性・脱髄性疾患 [30] 細菌性髄膜炎 (成人), p.623-5. 神崎真実1, 海田賢一, (1脳神経内) 監修: 猿田享男, 北村惣一郎, 日本医事新報社, 東京, 2017/7発行.

'18-620005. [学術書 (分担執筆)]【Annual Review 神経2019】II. 本年の動向 2 自己免疫性脳炎研究の進歩, p.72-81. 飯塚高浩 (脳神経内), 編集: 鈴木則宏, 荒木信夫, 宇川義一, 桑原 聡, 塩川芳昭, 中外医学社, 東京, 2019/3発行.

[学会・研究会等]

'18-723006. [学会 (全国)] (一般講演) 脳卒中発症後胃腸管閉塞症の臨床的特徴と予後. 佐藤 悠1, 北村英二1, 金子 厚1, 須賀裕樹1, 永井俊行1, 碓井 遼1, 井島大輔1, 金子淳太郎1, 本郷 悠1, 阿久津二夫1, 飯塚高浩1, 西山和利1 (1脳神経内): 第44回日本脳卒中学会学術集会 (2019/3/21-23), 横浜.


血液内科学

[学術論文]

110148. [原著] Bendamustine-120 plus rituximab therapy for relapsed or refractory follicular lymphoma: a multicenter phase II study. Sakai R, Ohmachi K, Sano F, Watanabe R, Takahashi H, Takasaki H, Tanaka M, Hattori Y, Kimura H1, Takimoto M, Tachibana T, Tanaka E, Ishii Y, Ishiyama Y, Hagihara M, Miyazaki K2, Yamamoto K, Tomita N, Ando K: Ann Hematol 2019/9; 98 (9): 2131-8. (木村裕和1, 宮桃_二2: 1血液内, 2輸血・細胞移植)

110149. [原著] Serum ferritin levels at diagnosis predict prognosis in patients with low blast count myelodysplastic syndromes. Kawabata H1, Usuki K1, Shindo-Ueda M1, Kanda J1, Tohyama K1, Matsuda A1, Araseki K1, Hata T1, Suzuki T1,2, Kayano H1, Shimbo K1, Chiba S1, Ishikawa T1, Arima N1, Nohgawa M1, Miyazaki Y1, Kurokawa M1, Arai S1, Mitani K1, Takaori-Kondo A1 (1Japanese National Research Group on Idiopathic Bone Marrow Failure Syndromes): Int J Hematol 2019/11; 110 (5): 533-42. (鈴木隆浩1,2: 2血液内)

522030. [講座]【連載: 私の治療】鉄欠乏性貧血. 鈴木隆浩 (血液内): 日本医事新報 2019/7; 4970: 39.

522031. [講座]【連載: 私の治療】巨赤芽球性貧血. 鈴木隆浩 (血液内): 日本医事新報 2019/8; 4971: 46.

522032. [講座]【特集: 骨髄異形成症候群 (MDS)−基礎・臨床の最新動向】IV. MDSの治療 1. 本邦における治療の現状 (2) 輸血療法と鉄キレート剤. 鈴木隆浩 (血液内): 日本臨牀 2019/9; 7 7(9): 1489-95.

522033. [講座]【特集: 造血不全症の病態解析研究と治療の進歩update】骨髄不全症 (MDS/PNH/AA) の病態移行−考えられる1つのモデル−. 鈴木隆浩 (血液内): 血液内科 2019/8; 79 (2): 127-33.

522034. [講座]【連載: 疾患と検査値の推移】鉄欠乏性貧血. 鈴木隆浩 (血液内): 検査と技術 2019/11; 47 (11): 1302-7.

[著 書]

620025. [学術書 (分担執筆)]【医薬品副作用学 (第3版) 下−薬剤の安全使用アップデート− (日本臨牀77巻増刊号4)】VI. 臓器・系統別副作用各論−重大な副作用を中心に− 4. 血液 (10) 凝固障害, p.210-7. 堀米佑一 (血液内), 日本臨牀社, 東京, 2019/7発行.

620026. [学術書 (分担執筆)]【内科学書 改訂第9版 (Vol.6)】血液・造血器系疾患 5. 赤血球系を主病変とする疾患 貧血の成因・分類・診断, p.104-9. 鈴木隆浩 (血液内), 総編集: 南学正臣, 編集協力: 塩沢昌英, 中山書店, 東京, 2019/8発行.

620027. [学術書 (分担執筆)]【内科学書 改訂第9版 (Vol.6)】血液・造血器系疾患 5. 赤血球系を主病変とする疾患 骨髄異形成症候群, p.124-31. 鈴木隆浩 (血液内), 総編集: 南学正臣, 編集協力: 塩沢昌英, 中山書店, 東京, 2019/8発行.

620028. [学術書 (分担執筆)]【血液専門医テキスト 改訂第3版】第III章 主要な徴候と検査値異常 2. 貧血の鑑別, p.33-8. 鈴木隆浩 (血液内), 編: 日本血液学会, 南江堂, 東京, 2019/10発行.

620029. [学術書 (分担執筆)]【血液専門医テキスト 改訂第3版】第VIII章 赤血球系疾患 4. 自己免疫性溶結性貧血: 温式, 冷式, p.183-5. 鈴木隆浩 (血液内), 編: 日本血液学会, 南江堂, 東京, 2019/10発行.

620030. [学術書 (分担執筆)]【血液専門医テキスト 改訂第3版】第IX章 白血球系疾患: 腫瘍性疾患 8. 骨髄異形成症候群, p.263-8. 鈴木隆浩 (血液内), 編: 日本血液学会, 南江堂, 東京, 2019/10発行.

620031. [学術書 (分担執筆)]【血液専門医テキスト 改訂第3版】第XIII章 支持療法 4. 鉄キレート療法, p.498-9. 鈴木隆浩 (血液内), 編: 日本血液学会, 南江堂, 東京, 2019/10発行.

620032. [学術書 (分担執筆)]【今日の治療指針 2020年度版】10. 血液疾患 自己免疫性溶血性疾患, p.678-80. 鈴木隆浩 (血液内), 総編集: 福井次矢, 高木 誠, 小室一成, 医学書院, 東京, 2020/1発行.

620033. [学術書 (分担執筆)]【ガイドライン外来診療2020 今日の診療のために (第20版)】II 専門医の管理・治療が必要な疾患のガイドライン 血液疾患 13. 骨髄異形成症候群, p.490-3. 鈴木隆浩 (血液内), 編集主幹: 泉 孝英, 日経BP, 東京, 2020/3発行.

[学会・研究会等]

723168. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性骨髄性白血病患者における各チロシンキナーゼ阻害剤による腎障害の比較 (Risk of Renal Dysfunction Induced by Each Tyrosine Kinase Inhibitor in CML). 本橋知美1, 鎌田浩稔1, 翁 祖誠1, 田寺範行1, 堀米佑一1, 道下雄介1, 羽山慧以1, 泉山和久1, 江畑晃一1, 石田 隆2, 宮桃_二2, 鈴木隆浩1 (1血液内, 2輸血・細胞移植): 第81回日本血液学会学術集会 (2019/10/11-13), 東京, 臨床血液WEB抄録2019; PS1-3-5: S255.

723169. [学会 (全国)] (一般講演) 妊娠第2期に発症した急性白血病の2症例 (Two cases of acute leukemia (AL) which occurred during the 2nd trimester of pregnancy). 堀米佑一1, 田寺範行1, 道下雄介1, 本橋知美1, 石田 隆2, 翁 祖誠1, 鎌田浩稔1, 宮桃_二2, 鈴木隆浩1 (1血液内, 2輸血・細胞移植): 第81回日本血液学会学術集会 (2019/10/11-13), 東京, 臨床血液WEB抄録2019; PS2-8-8: S315.

733066. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) リンパ形質細胞性リンパ腫 (LPL) に対してBR療法を施行中にKaposi肉腫 (KS) の増悪を来した一例. 堀米佑一1, 翁 祖誠1, 鎌田浩稔1, 田寺範行1, 道下雄介1, 石田 隆2, 羽山慧以1, 本橋知美1, 江畑晃一1, 泉山和久1, 宮桃_二2, 鈴木隆浩1 (1血液内, 2輸血・細胞移植): 第11回日本血液学会関東甲信越地方会 (2019/7/27), 日光, 臨床血液 2019; 60 (10): 1504.

'18年度以前分

[学術論文]

'18-522005. [講座] 骨髄異形成症候群−診断のポイント−. 鈴木隆浩 (血液内): 日本検査血液学会雑誌 2019/2; 20 (1): 99-109.


呼吸器内科学

[学術論文]

110150. [原著] Evaluation of osimertinib efficacy according to body surface area and body mass index in patients with non-small cell lung cancer harboring an EGFR mutation: A prospective observational study. Ono T1, Igawa S1, Ozawa T1, Kasajima M1, Ishihara M1, Hiyoshi Y1, Kusuhara S1, Nishinarita N1, Fukui T1, Kubota M2, Sasaki J3, Hisashi M4, Katagiri M2, Naoki K1: Thorac Cancer 2019/4; 10 (4): 880-9. (小野泰平1, 井川 聡1, 小澤貴裕1, 笠島真志1, 石原未希子1, 日吉康弘1, 楠原政一郎1, 西成田詔子1, 福井朋也1, 久保田勝2, 佐々木治一郎3, 三藤 久4, 片桐真人2, 猶木克彦1: 1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3新世紀医療・横断的医療, 4看護学部)

110151. [原著] Prognostic differences between oligometastatic and polymetastatic extensive disease-small cell lung cancer. Shirasawa M1, Fukui T1, Kusuhara S1, Harada S2, Nishinarita N1, Hiyoshi Y1, Ishihara M1, Kasajima M1, Igawa S1, Yokoba M3, Mitsufuji H4, Kubota M3, Katagiri M3, Sasaki J5, Naoki K1: PLoS One 2019/4; 14 (4): e0214599. (白澤昌之1, 福井朋也1, 楠原政一郎1, 原田真也2, 西成田詔子1, 日吉康弘1, 石原未希子1, 笠島真志1, 井川 聡1, 横場正典3, 三藤 久4, 久保田勝3, 片桐真人3, 佐々木治一郎5, 猶木克彦1: 1呼吸機内, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部, 4看護学部, 5新世紀医療・横断的医療)

110152. [原著] Impact of EGFR genotype on the efficacy of osimertinib in EGFR tyrosine kinase inhibitor-resistant patients with non-small cell lung cancer: a prospective observational study. Igawa S1, Ono T1, Kasajima M1, Ishihara M1, Hiyoshi Y1, Kusuhara S1, Nishinarita N1, Fukui T1, Kubota M2, Sasaki J3, Mitsufuji H4, Yokoba M2, Katagiri M2, Naoki K1: Cancer Manag Res 2019/5; 11: 4883-92. (井川 聡1, 小野泰平1, 笠島真志1, 石原未希子1, 日吉康弘1, 楠原政一郎1, 西成田詔子1, 福井朋也1, 久保田勝2, 佐々木治一郎3, 三藤 久4, 横場正典2, 片桐真人2, 猶木克彦1: 1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3新世紀医療・横断的医療, 4看護学部)

110153. [原著] Activity of Nivolumab and Utility of Neutrophil-to-Lymphocyte Ratio as a Predictive Biomarker for Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer: A Prospective Observational Study. Fukui T1, Okuma Y1, Nakahara Y1, Otani S1, Igawa S1, Katagiri M2, Mitsufuji H3, Kubota M2, Hiyoshi Y1, Ishihara M1, Kasajima M1, Sasaki J4, Naoki K1: Clin Lung Cancer 2019/5; 20 (3): 208-14.e2. (福井朋也1, 大熊友梨子1, 中原善朗1, 大谷咲子1, 井川 聡1, 片桐真人2, 三藤 久3, 久保田勝2, 日吉康弘1, 石原未希子1, 笠島真志1, 佐々木治一郎4, 猶木克彦1: 1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3看護学部, 4新世紀医療・横断的医療)

110154. [原著] Monomer Preference of EGFR Tyrosine Kinase Inhibitors Influences the Synergistic Efficacy of Combination Therapy with Cetuximab. Oashi A, Yasuda H, Kobayashi K, Tani T, Hamamoto J, Masuzawa K, Manabe T, Terai H, Ikemura S, Kawada I, Naoki K1, Soejima K: Mol Cancer Ther 2019/9; 18 (9): 1593-601. (猶木克彦1: 1呼吸器内)

110155. [原著] Multicenter study of zoledronic acid administration in non-small-cell lung cancer patients with bone metastasis: Thoracic Oncology Research Group (TORG) 1017. Nakahara Y1, Hosomi Y, Shibuya M, Mitsufuji H2, Katagiri M3, Naoki K1, Soejima K, Nogami N, Nagase S, Nishikawa M, Minato K, Takiguchi Y, Seki N, Yamada K, Seto T, Okamoto H: Mol Clin Oncol 2019/10; 11 (4): 349-53. (中原善朗1, 三藤 久2, 片桐真人3, 猶木克彦1: 1呼吸器内, 2看護学部, 3医療衛生学部)

110156. [原著] A phase II trial of induction of erlotinib followed by cytotoxic chemotherapy for EGFR mutation-positive non-squamous non-small cell lung cancer patients. Tani T, Naoki K1, Yasuda H, Arai D, Ishioka K, Ohgino K, Yoda S, Nakayama S, Satomi R, Terai H, Ikemura S, Sato T, Soejima K: Cancer Chemother Pharmacol 2019/11; 84 (5): 1065-71. (猶木克彦1: 1呼吸器内)

110157. [原著] Multicenter, placebo-controlled, double-blind, randomized study of fosnetupitant in combination with palonosetron for the prevention of chemotherapy-induced nausea and vomiting in patients receiving highly emetogenic chemotherapy. Sugawara S, Inui N, Kanehara M, Morise M, Yoshimori K, Kumagai T, Fukui T1, Minato K, Iwashima A, Takeda Y, Kubota K, Saeki T, Tamura T: Cancer 2019/11; 125 (22): 4076-83. (福井朋也1: 1呼吸器内)

110158. [原著] Prognostic significance of IMMT expression in surgically-resected lung adenocarcinoma. Hiyoshi Y1, Sato Y2, Ichinoe M3, Nagashio R2, Hagiuda D, Kobayashi M, Kusuhara S1, Igawa S1, Shiomi K4, Goshima N, Murakumo Y3, Saegusa M3, Satoh Y4, Masuda N1, Naoki K1: Thorac Cancer 2019/11; 10 (11): 2142-51. (日吉康弘1, 佐藤雄一2, 一戸昌明3, 長塩 亮2, 楠原政一郎1, 井川 聡1, 塩見 和4, 村雲芳樹3, 三枝 信3, 佐藤之俊4, 益田典幸1, 猶木克彦1: 1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3病理, 4呼吸器外)

110159. [原著] TRAP1 is a predictive biomarker of platinum-based adjuvant chemotherapy benefits in patients with resected lung adenocarcinoma. Kuchitsu Y1, Nagashio R2, Igawa S3, Kusuhara S3, Tsuchiya B2, Ichinoe M4, Satoh Y5, Naoki K3, Murakumo Y4, Saegusa M4, Sato Y2: Biomed Res 2020/1; 41 (1): 53-65. (朽津有紀1, 長塩 亮2, 井川 聡3, 楠原政一郎3, 土屋紅緒2, 一戸昌明4, 佐藤之俊5, 猶木克彦3, 村雲芳樹4, 三枝 信4, 佐藤雄一2: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3呼吸器内, 4病理, 5呼吸器外)

110160. [原著] The Clinical Impact of the Post-progression Survival on the Overall Survival in Elderly Patients or Those with a Poor Performance Status and Extensive-disease Small-cell Lung Cancer. Igawa S1, Yokoba M2, Fukui T1, Sasak J3, Naoki K1: Japanese Journal of Lung Cancer 2020/2; 60 (1): 10-6. (井川 聡1, 横場正典2, 福井朋也1, 佐々木治一郎3, 猶木克彦1: 1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3新世紀医療・横断的医療)

310022. [症例報告] Molecular dynamics simulation-guided drug sensitivity prediction for lung cancer with rare EGFR mutations. Ikemura S, Yasuda H, Matsumoto S, Kamada M, Hamamoto J, Masuzawa K, Kobayashi K, Manabe T, Arai D, Nakachi I, Kawada I, Ishioka K, Nakamura M, Namkoong H, Naoki K1, Ono F, Araki M, Kanada R, Ma B, Hayashi Y, Mimaki S, Yoh K, Kobayashi SS, Kohno T, Okuno Y, Goto K, Tsuchihara K, Soejima K: Proc Natl Acad Sci U S A 2019/5; 116 (20): 10025-30. (猶木克彦1: 1呼吸器内)

522035. [講座]【特集: 肺がん・頭頸部がん】TMB high肺がんに対するnivolumabとipilimumabの併用療法. 猶木克彦 (呼吸器内): 腫瘍内科 2019/5; 23 (5): 503-8.

540034. [その他 (論評)] Chin, et al. ""A Complete Spontaneous Regression of Lung Cancer with Variations in Size over 38 Months"" (Chinら「38ヵ月にわたるサイズの変動を伴った肺癌の完全な自然退縮). 猶木克彦 (呼吸器内): 気管支学 2019/5; 41 (3): 231-2.

[学会・研究会等]

713038. [学会 (国際)] (一般講演) A multicenter, open label, randomized phase II study of osimertinib plus ramucirumab versus osimertinib alone as initial chemotherapy for EGFR mutation-positive non-squamous non-small cell lung cancer: TORG1833. Nakahara Y1, Kato T, Isomura R, Seki N, Furuya N, Naoki K1, Yamanaka T, Okamoto H: 2019 ASCO Annual Meeting (2019/6/2), Chicago, USA. (中原善朗1, 猶木克彦1: 1呼吸器内)

713039. [学会 (国際)] (一般講演) Impact of EGFR Genotype on the Efficacy of Osimertinib in Patients with Non-Small Cell Lung Cancer: A Prospective Observational Study. Igawa S1, Ono T1, Ozawa T1, Sone H1, Kusuhara S1, Harada S, Ishihara M1, Kasajima M1, Hiyoshi Y1, Fukui T1, Kubota M2, Sasaki J3, Mitsufuji H4, Naoki K1: IASLC 2019 WCLC World Conference on Lung Cancer (2019/9/8), Barcelona, Spain. (井川 聡1, 小野泰平1, 小澤貴裕1, 曽根英之1, 楠原政一郎1, 石原未希子1, 笠島真志1, 日吉康弘1, 福井朋也1, 久保田勝2, 佐々木治一郎3, 三藤 久4, 猶木克彦1: 1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3新世紀医療・横断的医療, 4看護学部)

713040. [学会 (国際)] (一般講演) MULTICENTER, SINGLE-ARM PHASE II STUDY OF NAB-PACLITAXEL/CARBOPLATIN IN UNTREATED PS2 PATIENTS WITH ADVANCED NSCLC: TORG1426. Naoki K1, Ichikawa Y, Bessho A, Hosokawa S, Shimokawa T, Yomota M, Hosomi Y, Otani S1, Nakahara Y1, Iwasawa S, Tokito T, Seki N, Okamoto H: IASLC 2019 WCLC World Conference on Lung Cancer (2019/9/8), Barcelona, Spain. (猶木克彦1, 大谷咲子1, 中原善朗1: 1呼吸器内)

713041. [学会 (国際)] (一般講演) Efficacy of Immune Checkpoint Inhibitors for Locally Advanced Non-Small Cell Lung Cancer Patients Before Durvalumab Approval. Fukui T1, Hosotani S1, Soda I2, Kakegawa M1, Kasajima M1, Hiyoshi Y1, Igawa S1, Katagiri M3, Ishiyama H2, Naoki K1: IASLC 2019 WCLC World Conference on Lung Cancer (2019/9/9), Barcelona, Spain. (福井朋也1, 細谷真司1, 早田 格2, 掛川未希子1, 笠島真志1, 日吉康弘1, 井川 聡1, 片桐真人3, 石山博條2, 猶木克彦1: 1呼吸器内, 2放射線 (腫瘍), 3医療衛生学部)

713042. [学会 (国際)] (一般講演) THE USEFULNESS OF "SERUM" SAMPLES TO DETECT EGFR T790M MUTATION IN EGFR-TKI-RESISTANT NON-SMALL CELL LUNG CANCER. Kobayashi K, Naoki K1, Ikemura S, Yasuda H, Kawada I, Soejima K: IASLC 2019 WCLC World Conference on Lung Cancer (2019/9/7-10), Barcelona, Spain (猶木克彦1: 1呼吸器内)

713043. [学会 (国際)] (一般講演) Prediction of FEV1 and DLco in lung cancer patients undergoing lobectomy: Comparison between quantitative computed tomography, scintigraphy, and anatomy. Yokoba M1, Ichikawa T, Harada S2, Fukui T3, Igawa S3, Mitsufuji H4, Kubota M1, Sasaki J5, Naoki K3, Sato Y1, Katagiri M1: ERS 2019 International Congress (2019/9/28-10/2), Madrid, Spain. (横場正典1, 原田真也2, 福井朋也3, 井川 聡3, 三藤 久4, 久保田勝1, 佐々木治一郎5, 猶木克彦3, 佐藤雄一1, 片桐真人1: 1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3呼吸器内, 4看護学部, 5新世紀医療・横断的医療)

713044. [学会 (国際)] (一般講演) Prediction of FEV1 and DLCO in lung cancer patients undergoing lobectomy: comparison between anatomy, scintigraphy, and quantitative computed tomography. Yokoba M1, Ichikawa T, Harada S2, Fukui T3, Igawa S3, Mitsufuji H4, Kubota M1, Naoki K3, Sato Y1, Katagiri M1: APSR2019 The 24th Congress of the Asian Pasific Society of Respirology (2019/11/14-17), Hanoi, Vietnam. (横場正典1, 原田真也2, 福井朋也3, 井川 聡3, 三藤 久4, 久保田勝1, 猶木克彦3, 佐藤雄一1, 片桐真人1: 1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3呼吸器内, 4看護学部, 4呼吸器外)

723170. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢者既治療進展型小細胞肺癌患者へのアムルビシン単剤: 効果と安全性についての検討. 曽根英之1, 井川 聡1, 細谷真司1, 小澤貴裕1, 間中博也1, 大江俊太郎1, 伊藤弘紀1, 貝塚宜樹1, 倉林慎太郎1, 西成田詔子1, 楠原政一郎1, 原田真也2, 福井朋也1, 三藤 久3, 佐々木治一郎4, 久保田勝5, 猶木克彦1 (1呼吸器内, 2大学院医療系研究科, 3看護学部, 4新世紀医療・横断的医療, 5医療衛生学部): 第59回日本呼吸器学会学術講演会 (2019/4/12), 東京.

723171. [学会 (全国)] (一般講演) 肺葉切除患者における切除肺葉の気腫容量と呼吸機能の変化について. 横場正典1, 市川 毅, 原田真也2, 笠島真志3, 掛川未希子3, 日吉康弘3, 佐藤之俊4, 猶木克彦3, 片桐真人1 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3呼吸器内, 4呼吸器外): 第59回日本呼吸器学会学術講演会 (2019/4/12), 東京.

723172. [学会 (全国)] (一般講演) 既治療非小細胞肺がん患者に対するニボルマブ療法の治療効果と好中球/リンパ球比 (NLR) の相関. 大熊友梨子1, 福井朋也1, 小野泰平1, 掛川未希子1, 笠島真志1, 日吉康弘1, 横場正典2, 片桐真人2, 猶木克彦1 (1呼吸器内, 2医療衛生学部): 第59回日本呼吸器学会学術講演会 (2019/4/13), 東京.

723173. [学会 (全国)] (一般講演) 75歳以上の高齢者に対するアファチニブの第II相試験. 藤田結花, 大泉聡史, 水柿秀紀, 原田敏之, 井川 聡1, 高階太一, 高  遼, 渡邊景明, 堀田尚誠, 峯村浩之, 佐伯 祥, 柳下薫寛, 濱田哲暢 (1呼吸器内): 第59回日本呼吸器学会学術講演会 (2019/4/14), 東京.

723174. [学会 (全国)] (一般講演) EGFR-TKI耐性肺癌のオシメルチニブの効果予測における“血清”検査の有用性. 小林慧悟, 猶木克彦1, 増澤啓太, 眞鍋維志, 池村辰之介, 安田浩之, 川田一郎, 別役智子, 副島研造 (1呼吸器内): 第59回日本呼吸器学会学術講演会 (2019/4/12-14), 東京.

723175. [学会 (全国)] (一般講演) 薬剤代謝を考慮した併用治療が奏効した非結核性抗酸菌症合併EGFR陽性肺癌の一例. 伊藤弘紀1, 掛川未希子1, 貝塚宣樹1, 福井朋也1, 井川 聡1, 久保田勝2, 佐々木治一郎3, 飯原大稔, 林 秀樹, 猶木克彦1 (1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3新世紀医療・横断的医療): 医学生・研修医の日本内科学会ことはじめ (第116回日本内科学会総会・講演会) (2019/4/27), 名古屋.

723176. [学会 (全国)] (一般講演) 固形がんに対する腫瘍遺伝子網羅的解析結果に関する観察研究. 福井朋也1, 井川 聡1, 坂井和子, 武田真幸, 高濱隆幸, 中川和彦, 西尾和人, 猶木克彦1 (1呼吸器内): 第23回日本がん分子標的治療学会学術集会 (2019/6/13), 大阪.

723177. [学会 (全国)] (一般講演) 末梢肺野病変に対する細径気管支内視鏡を用いたtraction drive法 (仮) の開発 (会議録). 小澤貴裕1, 三藤 久2, 貝塚宜樹1, 細谷真司1, 原田真也3, 西成田詔子1, 笠島真志1, 掛川未希子1, 福井朋也1, 井川 聡1, 横場正典4, 佐々木治一郎5, 久保田勝4, 片桐真人4, 猶木克彦1 (1呼吸器内, 2看護学部, 3大学院医療系研究科, 4医療衛生学部, 5新世紀医療・横断的医療): 第42回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 (2019/7/4-5), 東京, 気管支学 2019/6; 41 (Suppl): S190.

723178. [学会 (全国)] (一般講演) T790M組織再生検陰性, リキッドバイオプシー陽性進行非小細胞肺癌におけるオシメルチニブ治療効果の検討. 笠島真志1, 間中博也1, 伊藤弘紀1, 大江俊太郎1, 小野泰平1, 楠原政一郎1, 日吉康弘1, 福井朋也1, 井川 聡1, 横場正典2, 三藤 久3, 佐々木治一郎4, 片桐真人2, 久保田勝2, 猶木克彦1 (1呼吸器内, 2医療衛生学部, 3看護学部, 4新世紀医療・横断的医療): 第42回日本呼吸器内視鏡学会学術集会 (2019/7/4-5), 東京, 気管支学 2019/6; 41 (Suppl): S337.

723179. [学会 (全国)] (一般講演) Galectin-3 expression in patients with resected NSCLC treated with platinum-based adjuvant chemotherapy. 楠原政一郎1, 井川 聡1, 日吉康弘1, 小澤貴裕1, 掛川未希子1, 三藤 久2, 片桐真人3, 久保田勝3, 柳田憲吾, 長塩 亮3, 佐藤雄一3, 猶木克彦1 (1呼吸器内, 2看護学部, 3医療衛生学部): 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2019/7/18), 京都.

723180. [学会 (全国)] (一般講演) EGFR変異陽性NSCLCに対する, オシメルチニブ + ラムシルマブとオシメルチニブのランダム化第II相試験 (TORG1833). 本田 健, 中原善朗1, 磯村玲子, 古屋直樹, 猶木克彦1, 葉 清隆, 熊谷 融, 滝口裕一, 湊 浩一, 下川恒生, 山中竹春, 岡本浩明, 加藤晃史 (1呼吸器内): 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2019/7/18), 京都.

723181. [学会 (全国)] (一般講演) Evaluation of osimertinib efficacy according to BSA and BMI in patients with NSCLC harboring an EGFR mutation. 小野泰平1, 井川 聡1, 伊藤弘紀1, 大江俊太郎1, 倉林慎太郎1, 原田真也2, 横場正典3, 久保田勝3, 猶木克彦1 (1呼吸器内, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2019/7/20), 京都.

723182. [学会 (全国)] (一般講演) Current Status of Concurrent Chemoradiotherapy in Patients with Unresectable Locally Advanced Non-Small Cell Lung Cancer. 細谷真司1, 福井朋也1, 田村智子, 早田 格2, 小澤貴裕1, 楠原政一郎1, 掛川未希子1, 笠島真志1, 日吉康弘1, 井川 聡1, 猶木克彦1 (1呼吸器内, 2放射線 (腫瘍)): 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2019/7/20), 京都.

723183. [学会 (全国)] (一般講演) Final results for TORG 1425: A Multicenter Phase II Study of Low-dose Erlotinib in Frail Patients with EGFR Mutation-positive, Non-small Cell Lung Cancer. Aono H, Yamada K, Miyamoto S, Tokito T, Bessho A, Misumi Y, Tanaka H, 福井朋也1, Kusaka K, Hosomi Y, Kikuchi N, Mori Y, Itani H, Kasai T, Ichiki M, Seki N, Kunitoh H, Okamoto H (1呼吸器内): 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2019/7/20), 京都.

723184. [学会 (全国)] (一般講演) 進展型小細胞肺癌における発熱性好中球減少症発症頻度とPeg-G-CSF製剤使用が生存に及ぼす影響について. 掛川未希子1, 福井朋也1, 小野泰平1, 山本浩貴1, 眞邉英明1, 八上有里1, 貝塚宣樹1, 伊藤弘紀1, 細谷真司1, 杉本 藍1, 井川 聡1, 佐々木治一郎2, 猶木克彦1 (1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第4回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2019/9/7), 青森.

723185. [学会 (全国)] (一般講演) PS2進行非小細胞癌に対するカルボプラチン + アブラキサンの第II相試験 (TORG1426). 上見葉子, 市川靖子, 渡邊清高, 別所昭宏, 細川 忍, 猶木克彦1, 四方田真紀子, 岩澤俊一郎, 時任高章, 関 順彦, 岡本浩明 (1呼吸器内): 第57回日本癌治療学会学術集会 (2019/10/25), 福岡.

723186. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢またはPS不良進展型小細胞肺癌患者における初回化学療法後のPost progression survival timeの解析. 倉林慎太郎1, 井川 聡1, 八上有里1, 山本浩貴1, 眞邉英明1, 杉本 藍1, 小野泰平1, 福井朋也1, 三藤 久2, 久保田勝3, 佐々木治一郎4, 猶木克彦1 (1呼吸器内, 2看護学部, 3医療衛生学部, 4新世紀医療・横断的医療): 第60回日本肺癌学会学術集会 (2019/12/6), 大阪.

723187. [学会 (全国)] (一般講演) 固形がんに対する腫瘍遺伝子網羅的解析結果に関する観察研究. 杉本 藍1, 福井朋也1, 佐々木治一郎2, 掛川未希子1, 日吉康弘1, 井川 聡1, 坂井和子, 武田真幸, 高濱隆幸, 中川和彦, 西尾和人, 猶木克彦1 (1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療): 第60回日本肺癌学会学術集会 (2019/12/6), 大阪.

723188. [学会 (全国)] (一般講演) 第1, 2, 3世代EEGFR-TKI耐性肺癌細胞株の樹立と獲得耐性機序の解析. 掛川未希子1, 田中真澄, 南部晶子, 小澤貴裕1, 楠原政一郎1, 原田真也2, 日吉康弘1, 笠島真志1, 福井朋也1, 井川 聡1, 佐々木治一郎3, 猶木克彦1 (1呼吸器内, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・横断的医療): 第60回日本肺癌学会学術集会 (2019/12/6), 大阪.

731025. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 肺癌治療の最近の進歩 (免疫チェックポイント阻害薬を中心に). 猶木克彦 (呼吸器内): 第60回日本内科学会関東支部主催生涯教育講演会 (2019/7/14), 東京.

733067. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 減感作によりクリゾチニブ再投与が可能であったROS1転座陽性肺癌の一例. 岩城大輔, 楠原政一郎1, 眞邉英明1, 山本浩貴1, 八上有里1, 杉本 藍1, 倉林慎太郎1, 小野泰平1, 小澤貴裕1, 掛川未希子1, 日吉康弘1, 笠島真志1, 福井朋也1, 井川 聡1, 三藤 久2, 久保田勝3, 佐々木治一郎4, 猶木克彦1 (1呼吸器内, 2看護学部, 3医療衛生学部, 4新世紀医療・横断的医療): 第185回日本肺癌学会関東支部学術集会 (2019/7/6), 東京.

733068. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) シングルニードル透析における設定血流量と静脈圧に関する基礎的検討. 守田憲崇1, 村上佳弥, 有阪直哉, 小林こず恵1, 小久保謙一1, 久保田勝1, 稻岡秀検1 (1医療衛生学部): 第22回在宅血液透析研究会 (2019/11/3), 甲府.

733069. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ペムブロリズマブ投与後に血球貪食症候群を発症した非小細胞肺癌の1例の一例. 山本浩貴1, 日吉康弘1, 八上有里1, 眞邉英明1, 貝塚宣樹1, 伊藤弘紀1, 小野泰平1, 井川 聡1, 福井朋也1, 猶木克彦1 (1呼吸器内): 第237回日本呼吸器学会関東地方会 (2019/11/23), 東京.

'18年度以前分

[学術論文]

'18-110007. [原著] Exploration of germline variants responsible for adverse events of crizotinib in anaplastic lymphoma kinase-positive non-small cell lung cancer by target-gene panel sequencing Mizugaki H, Hamada A, Shibata T, Hosoda F, Nakamura H, Okuma Y, Shukuya T, Shigeki Umemura S, Horiike A, Fukui T1, Kogure Y, Daga H, Urata Y, Yamada K, Saeki S, Fujisaka Y, Nakamura Y, Sato M, Oizumi S, Fujiwara Y, Ohe Y, Fujiwara Y: Lung Cancer 2019/2; 128: 20-5. (福井朋也1: 1呼吸器内)

[学会・研究会等]

'18-713004. [学会 (国際)] (一般講演) Phase II Study of Amrubicin Plus Erlotinib in Previously Treated, Advanced Non-Small Cell Lung Cancer Patients with Wild-Type EGFR: TORG 1320. Hosokawa S, Otani S1, Sasaki J2, Fukui T1, Nakahara Y1, Bessho A, Fukamatsu N, Nakamura Y, Kasai T, Sugiyama T, Tokitho T, Seki N, Hamada A, Masuda N, Okamoto H: The IASLC 19th World Conference on Lung Cancer (2018/9/23), Toronto, Canada. (大谷咲子1, 佐々木治一郎2, 福井朋也1, 中原善朗1: 1呼吸器内, 2新世紀医療・横断的医療)

'18-722002. [学会 (全国)] (招待講演等) 切除不能局所進行非小細胞肺がん患者における治療の現状と進歩. 福井朋也1, 田村智子, 細谷真司1, 早田 格2, 石上 稔3, 猶木克彦1 (1呼吸器内, 2放射線 (腫瘍), 3放射線部): 第38回日本画像医学会学術集会 (2019/3/8), 東京.


内分泌代謝内科学

[学術論文]

110161. [原著] Effects of canagliflozin on body composition and hepatic fat content in type 2 diabetes patients with non-alcoholic fatty liver disease. Inoue M1, Hayashi A2, Taguchi T1, Arai R2, Sasaki S1, Takano K2, Inoue Y3, Shichiri M2: J Diabetes Investig 2019/7; 10 (4): 1004-11. (井上光子1, 林 哲範2, 田口 朋1, 新井梨衣那2, 佐々木沙也加1, 高野幸路2, 井上優介3, 七里眞義2: 1大学院医療系研究科, 2内分泌代謝内, 3放射線 (画像))

110162. [原著] Identification of plasma binding proteins for glucose-dependent insulinotropic polypeptide. Hoshiyama A1, Fujimoto K2, Konno R, Sasaki S1, Momozono A1, Kodera Y, Shichiri M2: Endocr J 2019/7; 66 (7): 621-8. (星山綾子1, 藤本和実2, 佐々木沙也加1, 桃園 明1, 七里眞義2: 1大学院医療系研究科, 2内分泌代謝内)

110163. [原著] Basal glucagon hypersecretion and response to oral glucose load in prediabetes and mild type 2 diabetes. Ichikawa R1, Takano K1, Fujimoto K1, Motomiya T, Kobayashi M, Kitamura T, Shichiri M1: Endocr J 2019/8; 66 (8): 663-75. (市川雷師1, 高野幸路1, 藤本和実1, 七里眞義1: 1内分泌代謝内)

110164. [原著] Molecular form and concentration of serum α2-macroglobulin in diabetes. Yoshino S1, Fujimoto K2, Takada T2,3, Kawamura S1, Ogawa J, Kamata Y2, Kodera Y, Shichiri M2: Sci Rep 2019/9; 9 (1): 12927. (吉野苑美1, 藤本和実2, 高田哲秀2,3, 川村沙友希1, 鎌田裕二2, 七里眞義2: 1大学院医療系研究科, 2内分泌代謝内, 3北里大学メディカルセンター)

110165. [原著] Oxidised Met147 of human serum albumin is a biomarker of oxidative stress, reflecting glycaemic fluctuations and hypoglycaemia in diabetes. Momozono A1, Kodera Y, Sasaki S1, Nakagawa Y, Konno R, Shichiri M2: Sci Rep 2020/1; 10 (1): 268. (桃園 明1, 佐々木沙也加1, 七里眞義2: 1大学院医療系研究科, 2内分泌代謝内)

110166. [原著] Role of oxidized Met111 of human serum albumin for an oxidative stress biomarker in diabetes. Momozono A1, Kodera Y, Sasaki S1, Nakagawa Y, Konno R, Shichiri M2: Kitasato Med J 2020/3; 50 (1): 80-5. (桃園 明1, 佐々木沙也加1, 七里眞義2: 1大学院医療系研究科, 2内分泌代謝内)

120005. [原著] 糖尿病透析患者における透析関連血糖変動の内分泌学的病態の検討. 林 哲範1, 的場健太, 大畠康宏1, 清水順也1, 鈴木昂名1, 堤 貴大, 藤井里江1, 佐藤まり重1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 日本透析医会雑誌 2019/5; 34 (2): 276-80.

320007. [症例報告] インフルエンザワクチン接種後に発症した急性発症1型糖尿病の1例. 井上光子1, 鎌田裕二2, 板東 慧1, 田口 朋1, 村田秋穂2, 新井梨衣那2, 佐々木紗也加1, 林 哲範2, 高野幸路2, 七里眞義2 (1大学院医療系研究科, 2内分泌代謝内): 糖尿病 2019/4; 62 (4): 214-9.

540035. [その他 (報告書)]【公募研究助成 29年度報告書】糖尿病透析患者における透析関連血糖変動の内分泌学的病態の検討. 林 哲範1, 的場健太2, 大畠康宏1, 清水順也1, 鈴木昂名1, 堤 貴大1, 藤井里江1, 佐藤まり重1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2臨検学): 日本透析医会雑誌 2019/8; 34 (2): 276-80.

[著 書]

620034. [学術書 (分担執筆)] 【臨床薬学テキストシリーズ 循環器/腎・泌尿器/代謝/内分泌】第4章 内分泌疾患 B. 疾患各論 1. 視床下部・下垂体疾患, p.295-316. 高野幸路 (内分泌代謝内), 監修: 乾 賢一, 編: 赤池昭紀, 伊藤貞嘉, 上野和行, 中山書店, 東京, 2020/1発行.

[学会・研究会等]

722050. [学会 (全国)] (招待講演等) 難治性クッシング病の治療・総論. 高野幸路 (内分泌代謝内): 第92回日本内分泌学会学術総会 (2019/5/9-11), 仙台.

722051. [学会 (全国)] (招待講演等) 内科医が考える神経内分泌腫瘍の手術適応. 高野幸路 (内分泌代謝内): 第31回日本内分泌外科学会総会 (2019/6/14), 東京.

722052. [学会 (全国)] (招待講演等) 膵・消化管神経内分泌腫瘍 (NEN) 診療ガイドライン (第2版) 診断についての解説. 高野幸路 (内分泌代謝内): 第50回日本膵臓学会大会 (2019/7/13), 東京.

722053. [学会 (全国)] (招待講演等) なぜトランジション期と成人期にGH補充が必要か. 高野幸路 (内分泌代謝内): 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 (2019/11/16), 広島.

723189. [学会 (全国)] (一般講演) 成人成長ホルモン分泌不全症におけるsomapacitan週一回投与による躯幹部脂肪量の減少. 高野幸路 (内分泌代謝内): 第92回日本内分泌学会学術総会 (2019/5/9), 仙台.

723190. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト循環血漿中プロレニンの分子存在様式と新規測定系におけるその濃度. 藤本和実1, 坂東 慧2, 川村沙友希2, 吉野苑美1, 鎌田裕二1, 小寺義男, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2大学院医療系研究科): 第92回日本内分泌学会学術総会 (2019/5/9-11), 仙台, 日本内分泌学会雑誌 2019; 95 (1): 385.

723191. [学会 (全国)] (一般講演) Graves病患者の治療経過による安静時代謝量の変化の検討〜健常者との比較〜. 大畠康宏1, 林 哲範1, 鈴木昂名1, 清水順也1, 星山綾子2, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2大学院医療系研究科): 第92回日本内分泌学会学術総会 (2019/5/9-11), 仙台, 日本内分泌学会雑誌 2019; 95 (1): 393.

723192. [学会 (全国)] (一般講演) 軽微なcortisol産生能を有し, 術前に片側の副腎皮質癌を疑った両側副腎腺腫の一例. 鈴木昂名1, 鎌田裕二1, 田口 朋2, 高野幸路1, 山崎有人, 笹野公伸, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2大学院医療系研究科): 第92回日本内分泌学会学術総会 (2019/5/9-11), 仙台, 日本内分泌学会雑誌 2019; 95 (1): 469.

723193. [学会 (全国)] (一般講演) factitious hypoglycemiaの鑑別に異なるインスリン測定キットが有用であった1症例. 小川顕史 (内分泌代謝内): 第68回日本医学検査学会 (2019/5/18-19), 下関.

723194. [学会 (全国)] (一般講演) 透析患者におけるフラッシュグルコースモニタリングの正確性の検討. 的場健太1,2, 林 哲範2, 佐藤まり重2, 堤 貴大, 小川顕史2, 鎌田裕二2, 森口いぶき, 小林直之, 高野幸路2, 七里眞義2 (1臨検学, 2内分泌代謝内): 第62回日本糖尿病学会年次学術集会 (2019/5/23-25), 仙台, 糖尿病 2019; 62: S138.

723195. [学会 (全国)] (一般講演) Sensor Augmented Pump 640GにおけるPredictive Low Glucoseの効果〜低血糖回避を検討する〜. 清水順也1, 林 哲範1, 大畠康宏1, 鈴木昂名1, 藤井里江1, 新井梨衣那, 鈴木陽彦1, 市川雷師1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第62回日本糖尿病学会年次学術集会 (2019/5/23-25), 仙台, 糖尿病 2019; 62: S182.

723196. [学会 (全国)] (一般講演) プロピルチオウラシル投与開始後に一過性に著明な高トリグリセライド血症を呈したバセドウ病の一例. 鎌田裕二1, 清水順也1, 佐藤まり重1, 田口 朋2, 鎌田梨衣那, 市川雷師1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2大学院医療系研究科): 第62回日本甲状腺学会学術集会 (2019/10/10-12), 前橋.

723197. [学会 (全国)] (一般講演) 集学的リスク管理で妊娠を完遂しえた脳梗塞既往肥満高血圧2型糖尿病合併妊娠例. 木村香里1, 市川雷師1, 一島由加子1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第35回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会 (2019/11/22-23), 東京, 糖尿病と妊娠 2019; 19 (3): S105.

723198. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における糖代謝異常合併外国人妊婦の実態について. 一島由加子1, 市川雷師1, 木村香里1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第35回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会 (2019/11/22-23), 東京, 糖尿病と妊娠 2019; 19 (3): S110.

723199. [学会 (全国)] (一般講演) 未破裂動脈瘤の合併を認めた先端巨大症の1例. 大畠康宏1, 田口 朋2, 井下尚子, 山田正三, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2大学院医療系研究科): 第29回日本内分泌学会臨床内分泌代謝 Update (2019/11/29-30), 高知, 日本内分泌学会雑誌 2019; 95 (2): 713.

723200. [学会 (全国)] (一般講演) バセドウ病の再発を契機に発症した内眼筋障害の1例. 小田 慧1, 土岐卓也1, 藤井里江1, 市川雷師1, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第29回日本内分泌学会臨床内分泌代謝 Update (2019/11/29-30), 高知, 日本内分泌学会雑誌 2019; 95 (2): 725.

723201. [学会 (全国)] (一般講演) 先端巨大症の治療により改善した中毒性多結節性甲状腺腫の一例. 清水順也1, 田口 朋2, 加藤 弘3, 山田正三, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2大学院医療系研究科, 3乳腺・甲状腺外): 第29回日本内分泌学会臨床内分泌代謝 Update (2019/11/29-30), 高知, 日本内分泌学会雑誌 2019; 95 (2): 790.

731026. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 下垂体疾患の身体所見の診かた. 高野幸路 (内分泌代謝内): 第19回日本内分泌学会北海道支部学術集会 (2019/10/20), 札幌.

733070. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) GHRP-2負荷試験における高反応と低反応症例でのGH補充量の検討. 田口 朋1, 高野幸路2, 七里眞義2 (1大学院医療系研究科, 2内分泌代謝内): 第20回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 (2019/9/13-14), 東京.

733071. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 鼻茸を伴う慢性鼻副鼻腔炎を合併し,鼻粘膜組織生検にてIgG4関連疾患による漏斗下垂体炎と診断した1例. 木村香里1. 鎌田裕二1, 藤井里江1, 市川雷師1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第20回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 (2019/9/13-14), 東京.

733072. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 甲状腺クリーゼを契機に画像検査にて膵の高度脂肪置換を認めた1A型糖尿病の1例. 一島由加子1, 鎌田裕二1, 清水順也1, 小田 慧1, 木村香里1, 下鑪秀聡1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第57回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2020/1/18), 横浜, 糖尿病 2020; 63 (7): 413.

733073. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 内因性インスリン分泌能の低下を認めた晩期発症型移植後糖尿病の1例. 小田 慧1, 藤井里江1, 的場健太2, 一島由加子1, 木村香里1, 下鑪秀聡1, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内, 2臨検学): 第57回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2020/1/18), 横浜, 糖尿病 2020; 63 (7): 413.

733074. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 糖尿病性ケトアシドーシス治療後に低血圧が遷延した1例. 下鑪秀聡1, 市川雷師1, 大畠康宏1, 一島由加子1, 小田 慧1, 木村香里1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第57回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2020/1/18), 横浜, 糖尿病 2020; 63 (7): 413.

733075. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) インフルエンザ肺炎によるARDSをECMO導入で救命した2型糖尿病の1例. 鈴木昂名1, 市川雷師1, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第57回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2020/1/18), 横浜, 糖尿病 2020; 63 (7): 413.

733076. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 傍脊柱筋肉内と左腎臓に多発する膿瘍を合併した糖尿病性ケトアシドーシス (DKA) の1例. 山田 汀1, 土岐卓也1, 藤嶋 伶1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第57回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2020/1/18), 横浜, 糖尿病 2020; 63 (7): 413.

733077. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 2種類のインスリン測定キットを用いて虚偽性低血糖症を診断した1例. 木村香里1, 小阪満里絵1, 小川顕史1, 市川雷師1, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 七里眞義1, 一島由加子1, 小田 慧1, 下鑪秀聡1 (1内分泌代謝内): 第57回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2020/1/18), 横浜, 糖尿病 2020; 63 (7): 413.

733078. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腫瘍減量術が奏功したIGF-II産生腫瘍の1例. 大畠康宏1, 小川顕史1, 一島由加子1, 木村香里1, 小田 慧1, 下鑪秀聡1, 土岐卓也1, 市川雷師1, 鎌田裕二1, 高野幸路1, 七里眞義1 (1内分泌代謝内): 第57回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2020/1/18), 横浜, 糖尿病 2020; 63 (7): 413.

'18年度以前分

[学術論文]

'18-110008. [原著] Serum α2-macroglobulin levels in ischemic heart disease. Yoshino S1, Takada T1,2, Fujimoto K1, Shiono T2,3, Shichiri M1: Kitasato Med J 2019/3; 49 (1):46-51. (吉野苑美1, 高田哲秀1,2, 藤本和実1, 塩野方明2,3, 七里眞義1: 1内分泌代謝内, 2北里大学メディカルセンター, 3循環器内)

[学会・研究会等]

'18-713005. [学会 (国際)] (一般講演) Efficacy and Safety of Once-weekly Somapacitan in Adult Growth Hormone Deficiency (AGHD) Confirmed in a 53-week Real 1 Trial Extension. Johannsson G, Gordon MB, Rasmussen MH, H渓onsson IH, Svセrke C, Tahara S, Takano K1, Biller BMK: Endocrine Society 2019 (2019/3/23-26), New Orleans, USA. (高野幸路1: 1内分泌代謝内)


腎臓内科学

[学会・研究会等]

723202. [学会 (全国)] (一般講演) 血漿交換とステロイド療法が奏功した糸球体IgA沈着賞を伴う抗GBM抗体型腎炎の一例. 櫻林 俊1, 佐野 隆1, 井田真生子1, 澤田 彩1, 富永大志1, 永岡未来1, 正木貴教1, 酒井健史1, 内藤正吉1, 青山東五1, 竹内康雄1 (1腎臓内): 第64回日本透析医学会学術集会・総会 (2019/6/29), 横浜.

723203. [学会 (全国)] (一般講演) TNF-α誘導性糖鎖修飾不全ネフリン増加による小胞体ストレスマーカーの発現亢進. 川島永子1, 内藤正吉1 (1腎臓内): 第92回日本生化学会大会 (2019/9/18), 横浜.

733079. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 巣状糸球体硬化症の治療中にクリオグロブリン血症性糸球体腎炎を合併した一例. 澤田 彩1, 正木貴教1, 櫻林 俊1, 井田真生子1, 富永大志1, 永岡未来1, 鎌田芙美2, 酒井健史1, 内藤正吉1, 青山東五1, 佐野 隆1, 翁 祖誠3, 竹内康雄1 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科, 3血液内): 第97回神奈川腎研究会 (2019/6/1), 横浜.

733080. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 化膿性椎間板炎の治療中に腸腰筋膿瘍と感染性動脈瘤を合併し治療に難渋した維持血液透析患者の一例. 櫻林 俊1, 酒井健史1, 井田真生子1, 澤田 彩1, 富永大志1, 橋本恵子1, 永岡未来1, 正木貴教1, 内藤正吉1, 青山東五1, 佐野 隆1, 竹内康雄1 (1腎臓内): 第97回神奈川腎研究会 (2019/6/1), 横浜.

733081. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) (最優秀演題賞 (2019) 受賞) 腎臓における酸性糖脂質GM3の重要性. 山口和花, 川島永子1, 石垣直子, 永根大幹, 山下 匡, 内藤正吉1 (1腎臓内): Free Radical Summer School 2019 (日本酸化ストレス学会フリーラジカルスクール) (2019/8/10-11), 新潟.

733082. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 微小変化型ネフローゼ症候群を発症したレックリングハウゼン病の1例. 櫻林 俊1, 佐野 隆1, 井田真生子1, 橋本恵子1, 鎌田芙美2, 酒井健史1, 内藤正吉1, 青山東五1, 竹内康雄1 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科): 第49回日本腎臓学会東部学術大会 (2019/10/4), 東京.

733083. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 糖尿病性腎症による血栓性微小血管症により透析導入となった1例. 宮坂竜馬1, 内藤正吉1, 櫻林 俊1, 永岡未来1, 富永大志1, 澤田 彩1, 井田真生子1, 橋本恵子1, 正木貴教1, 酒井健史1, 青山東五1, 佐野 隆1, 竹内康雄1 (1腎臓内): 第49回日本腎臓学会東部学術大会 (2019/10/4), 東京.

733084. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 神経線維腫症I型にネフローゼ症候群を合併し腎生検によりループス腎炎と診断された1例. 山崎拓也1, 酒井健史1, 川村沙由美1, 榊原麻友子1, 西山景子1, 宮坂竜馬1, 井田真生子1, 阿部哲也1, 橋本恵子1, 鎌田芙美2, 内藤正吉1, 青山東五1, 佐野 隆1, 竹内康雄1 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科): 第49回日本腎臓学会東部学術大会 (2019/10/4), 東京.

733085. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ラムシルマブ (VEGF阻害薬) によりネフローゼ症候群を来した一例. 井田真生子1, 内藤正吉1, 櫻林 俊1, 澤田 彩1, 富永大志1, 永岡未来1, 正木貴教1, 酒井健史1, 青山東五1, 佐野 隆1, 竹内康雄1 (1腎臓内): 第49回日本腎臓学会東部学術大会 (2019/10/5), 東京.

733086. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 両下肢紫斑で発症し胃癌が判明したIgA血管炎合併膜性腎症の一例. 川村沙由美1, 佐野 隆1, 西山景子1, 宮坂竜馬1, 山崎拓也1, 榊原麻友子1, 井田真生子1, 橋本恵子1, 鎌田芙美2, 阿部哲也1, 酒井健史1, 内藤正吉1, 青山東五1, 竹内康雄1 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科): 第49回日本腎臓学会東部学術大会 (2019/10/5), 東京.

733087. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 扁桃腺摘出術のみで尿所見が軽快した成人発症IgA血管炎の一例. 榊原麻友子1, 青山東五1, 井田真生子1, 阿部哲也1, 酒井健史1, 内藤正吉1, 佐野 隆1, 竹内康雄1 (1腎臓内): 第49回日本腎臓学会東部学術大会 (2019/10/5), 東京.

733088. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 抗うつ薬による薬剤性肉芽腫性間質性腎炎と考えられた1例. 西山景子1, 酒井健史1, 川村沙由美1, 榊原麻友子1, 山崎拓也1, 宮坂竜馬1, 井田真生子1, 阿部哲也1, 橋本恵子1, 鎌田芙美2, 内藤正吉1, 青山東五1, 佐野 隆1, 竹内康雄1 (1腎臓内, 2大学院医療系研究科): 第49回日本腎臓学会東部学術大会 (2019/10/5), 東京.

733089. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ステロイド治療中に糞線虫症を発症した微小変化型ネフローゼ症候群の一例. 虎岩めぐみ, 佐野 隆1, 川村沙由美1, 榊原麻友子1, 佐野景子1, 宮坂竜馬1, 山崎拓也1, 井田真生子1, 阿部哲也1, 酒井健史1, 内藤正吉1, 青山東五1, 竹内康雄1 (1腎臓内): 日本内科学会第656回関東地方会 (2019/12/14), 東京.

733090. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) バルプロ酸による抗ネフリン抗体誘導性FSGSの予防・治療効果. 川島永子1, 仲山賢一, 石垣直子, 内藤正吉1 (1腎臓内): 第4回ポドサイト研究会 (2020/3/14), 東京.

733091. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 糖脂質GM3の腎保護効果の検討. 山口和花, 川島永子1, 山下 匡, 内藤正吉1 (1腎臓内): 第4回ポドサイト研究会 (2020/3/14), 東京.


膠原病・感染内科学

[学術論文]

110167. [原著] Anti-ribosomal P protein antibodies influence mortality of patients with diffuse psychiatric/neuropsychological syndromes in systemic lupus erythematous involving a severe form of the disease. Arinuma Y1, Kikuchi H, Hirohata S1: Mod Rheumatol 2019/7; 29 (4): 612-8. (有沼良幸1, 廣畑俊成1: 1膠原病・感染内)

110168. [原著] Efficacy and safety of tofacitinib in Japanese patients with rheumatoid arthritis by background methotrexate dose: A post hoc analysis of clinical trial data. Takeuchi T, Yamanaka H, Yamaoka K1, Arai S, Toyoizumi S, DeMasi R, Fukuma Y, Hirose T, Sugiyama N, Zwillich SH, Tanaka Y: Mod Rheumatol 2019/9; 29 (5): 756-66. (山岡邦宏1: 1膠原病・感染内)

110169. [原著] Identification of a novel arthritis-associated osteoclast precursor macrophage regulated by FoxM1. Hasegawa T, Kikuta J, Sudo T, Matsuura Y, Matsui T, Simmons S, Ebina K, Hirao M, Okuzaki D, Yoshida Y, Hirao A, Kalinichenko VV, Yamaoka K1, Takeuchi T, Ishii M: Nat Immunol 2019/12; 20 (12): 1631-43. (山岡邦宏1: 1膠原病・感染内)

110170. [原著] Skeletal unloading reduces cluster of differentiation (CD) 38 expression in the bone marrow and osteoblasts of mice. Moridera K, Uchida S, Tanaka S, Menuki K, Utsunomiya H, Yamaoka K1, Sonomoto K, Tanaka Y, Sakai A: J Orthop Sci 2020/3; 25 (2): 331-7. (山岡邦宏1: 1膠原病・感染内)

110171. [原著] Synergistic effect of IgG4 antibody and CTLs causes tissue inflammation in IgG4-related disease. Sasaki T, Yajima T, Shimaoka T, Ogawa S, Saito T, Yamaoka K1, Takeuchi T, Kubo M: Int Immunol 2020/3; 32 (3): 163-74. (山岡邦宏1: 1膠原病・感染内)

110172. [原著] Latent left ventricular dysfunction in patients with pulmonary arterial hypertension associated with systemic sclerosis. Tanaka S1, Matsueda Y1, Kondo J1, Yamaoka K1: Kitasato Med J 2020/3; 50 (1): 1-6. (田中住明1, 松枝 佑1, 近藤惇一1, 山岡邦宏1: 1膠原病・感染内)

310023. [症例報告] Reversible cerebral vasoconstriction syndrome triggered by tacrolimus mimicked neuropsychiatric involvement in systemic lupus erythematosus. Inamo J, Kikuchi J, Suzuki K, Kaneko Y, Yasuoka H, Fujiwara H, Yamaoka K1, Takeuchi T: Mod Rheum Case Rep 2019/6; 3 (2): 119-23. (山岡邦宏1: 1膠原病・感染内)

320008. [症例報告] 経過中に可逆性脳血管攣縮症候群 (RCVS) を合併し治療に難渋した抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎の一例. 村松 匠1, 東野俊洋2, 長谷川靖浩1, 金山芳郎2, 近藤惇一1, 松枝 佑2, 佐久間裕子2, 工藤雄大, 星山隆行2, 和田達彦2, 有沼良幸2, 永井立夫2, 田中住明2 (1大学院医療系研究科, 2膠原病・感染内): 関東リウマチ 2019; 52: 68-72.

510006. [総説] Tofacitinib for the treatment of rheumatoid arthritis: an update. Yamaoka K1: Expert Rev Clin Immunol 2019/6; 15 (6): 577-88. (山岡邦宏1: 1膠原病・感染内)

520008. [総説] 炎症と免疫の制御療法. 山岡邦宏 (膠原病・感染内): 北里医学 2019/6; 49 (1): 1-7.

522036. [講座]【特集: 関節リウマチ 治療薬を使いこなす "ワザ" と "知恵"】新たに登場した関節リウマチ治療薬を使いこなす勘所 ・RANKL阻害薬. 山岡邦宏 (膠原病・感染内): 薬局 2019/4; 70 (5): 1155-60.

522037. [講座]【特集: JAK阻害薬の基礎と臨床】サイトカインシグナル伝達におけるJAK-STATの役割. 山岡邦宏 (膠原病・感染内): リウマチ科 2019/7; 62 (1): 1-5.

522038. [講座]【特集: 関節リウマチ−「真の寛解」と「安全性」を目指す治療−】[治療: 実地医家が知っておくべき関節リウマチの最新治療] JAK阻害薬. 山岡邦宏 (膠原病・感染内): Medical Practice 2019/7; 36 (7): 1115-9.

540036. [その他 (学会抄録)]【第61回信州リウマチ膠原病懇談会】緊満性水疱を呈した好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の1例. 宍戸瑛理, 飯村幸哉, 倉科淳一, 安村匡弘, 田中知樹1, 小野静一, 浦野房三, 鈴木貞博 (1膠原病・感染内): 信州医学雑誌 2019/4; 67 (2): 141.

540037. [その他 (学会抄録)]【第61回信州リウマチ膠原病懇談会】広範囲疼痛を主訴として受診した外国人脊椎関節炎患者の実態. 浦野房三, 小野静一, 飯村幸哉, 倉科淳一, 安村匡弘, 田中知樹1, 鈴木貞博 (1膠原病・感染内): 信州医学雑誌 2019/4; 67 (2): 1429.

540038. [その他 (学会抄録)]【神奈川感染症医学会第86回医学会】AST活動のアウトカム評価について. 和田達彦1,2, 小松敏彰2,3, 二本柳伸2,4, 持田俊也2, 佐々木顕子2, 高城由美子2, 深堀信子2, 高山陽子2,5 (1膠原病・感染内, 2感染管理室, 3薬剤部, 4臨検部, 5新世紀医療・横断的医療): 神奈川医学会雑誌 2020/1; 47 (1): 115.

著 書]

620035. [学術書 (分担執筆)]【1336専門家による 私の治療 [2019-2020年度版]】、11 膠原病・アレルギー疾患 混合性結合組織病, p. 843-4. 山岡邦宏 (膠原病・感染内), 監修: 猿田享男, 北村惣一郎, 日本医事新報社, 東京, 2019/7発行.

620036. [学術書 (分担執筆)]【全身性エリテマトーデス診療ガイドライン2019】第3章 神経精神ループス CQ11 診断・治療効果判断において必要な検査は何か?, p. 70-3. 有沼良幸1, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内), 編: 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業 自己免疫疾患に関する調査研究 (自己免疫班), 日本リウマチ学会, 南山堂, 東京, 2019/10発行.

620037. [学術書 (分担執筆)]【全身性エリテマトーデス診療ガイドライン2019】第3章 神経精神ループス CQ12適切な寛解導入の治療は何か?, p. 74-8. 有沼良幸1, 大久保直紀, 上野匡庸, 岩田 滋、田中良哉, 廣畑俊成1 (1膠原病・感染内), 編: 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等政策研究事業 自己免疫疾患に関する調査研究 (自己免疫班), 日本リウマチ学会, 南山堂, 東京, 2019/10発行.

[学会・研究会等]

712006. [学会 (国際)] (招聘講演) JAK inhibitors for Rheumatoid Arthritis and more. Yamaoka K1: MET International Seminar (2020/1/16), Finland. (山岡邦宏1: 1膠原病・感染内)

713045. [学会 (国際)] (一般講演) Anti-Sm Antibody Directly Decreases Tight Junction Protein Composing Blood Brain Barrier on Brain Endothelial Cells by MMP-2 Activation. Arinuma Y1, Hirohata S1, Matsueda Y1, Yamaoka K1: 21st The Asia Pacific League of Associations for Rheumatology 2019 (APLAR2019) (2019/4/8-11), Brisbane Australia. (有沼良幸1, 廣畑俊成1, 松枝 佑1, 山岡邦宏1: 1膠原病・感染内)

713046. [学会 (国際)] (一般講演) Safety and efficacy of filgotinib in Japanese patients enrolled in a global phase 3 trial of patients with active rheumatoid arthritis and inadequate response or tolerance to biologic DMARDs. Takeuchi T, Matsubara T, Atsumi T, Amano K, Ishiguro N, Sugiyama E, Yamaoka K1, Genovese MC, Kalunian K, Walker D, Gottenberg J-E, de Vlam K, Mozaffarian N, Bartok B, Matzkies F, Gao J, Guo Y, Tasset C, Sundy J, Tanaka Y: EULAR Congress 2019-The European League Against Rheumatism (2019/6/12-15), Madrid, Spain. (山岡邦宏1: 1膠原病・感染内)

713047. [学会 (国際)] (一般講演) Interkeukin-6 Level in Cerebrospinal Fluid as a Biomarker for Systemic Lupus Erythematosus Patients with Longitudinally Extensive Transverse Myelitis like Neuromyelitis Optica Spectrum Disease. Hasegawa Y1, Arinuma Y2, Yamaoka K2: The 8th East Asian Group of Rheumatology (EAGOR 2019) (2019/9/6-7), Seoul, Korea. (長谷川靖浩1, 有沼良幸2, 山岡邦宏2: 1大学院医療系研究科, 2膠原病・感染内)

713048. [学会 (国際)] (一般講演) The Effects of Anti-glutamate Receptor Subunit Antiantibodies on Systemic Lupus Erythematosus Without Neuropsychiatric Involvement. Arinuma Y1, Hasegawa Y2, Muramatsu T2, Matsueda Y1, Yamaoka K1: 2019 ACR/ARP Annual Meeting (2019/11/8-13), Atlanta, GA, USA. (有沼良幸1, 長谷川靖浩2, 村松 匠2, 松枝 佑1, 山岡邦宏1: 1膠原病・感染内, 2大学院医療系研究科)

713049. [学会 (国際)] (一般講演) The Safety Profile of Upadacitinib in Japanese Patients with Rheumatoid Arthritis. Yamaoka K1, Tanaka Y, Kameda H, Hendrickson B, Meerwein S, Zhang Y, Takeuchi T: 2019 ACR/ARP Annual Meeting (2019/11/8-13), Atlanta, GA, USA. (山岡邦宏1: 1膠原病・感染内)

722054. [学会 (全国)] (招待講演等) 強皮症-3: 強皮症に合併する境界型肺高血圧の長期予後の検討. 田中住明1, 松枝 佑1, 永井立夫1, 山岡邦宏1 (1膠原病・感染内): 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2019/4/15), 京都.

722055. [学会 (全国)] (シンポジウム)JAK阻害薬の登場による今後の関節リウマチ治療: JAK阻害薬市販後全例調査と今後の実臨床 (taperingを含めて). 山岡邦宏 (膠原病・感染内): 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2019/4/16), 京都.

722056. [学会 (全国)] (シンポジウム) ロコモティブシンドロームの予防 (身体と命を支える運動器系の連環システムからのアプローチ): 関節炎病態の制御機構. 山岡邦宏 (膠原病・感染内): 第92回日本整形外科学会学術総会 (2019/5/12), 横浜.

722057. [学会 (全国)] (教育講演) 教育講演1. 山岡邦宏 (膠原病・感染内): 第40回日本炎症・再生医学会 (2019/7/16), 神戸.

722058. [学会 (全国)] (教育講演) 教育講演3. 山岡邦宏: 第6回JCRベーシックリサーチカンファレンス (2019/10/26), 東京.

722059. [学会 (全国)] (教育講演) 免疫疾患における分子標的療法−JAK阻害薬を中心に−. 山岡邦宏 (膠原病・感染内): 第40回日本臨床薬理学会学術総会 (2019/12/5), 東京, 臨床薬理 2019; 50 (suppl): S120.

723204. [学会 (全国)] (一般講演) 関節リウマチにおけるIL-6阻害の有用性. 山岡邦宏 (膠原病・感染内): 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2019/4/15-17), 京都.

723205. [学会 (全国)] (一般講演) 関節リウマチ治療のこれまでとこれから. 山岡邦宏 (膠原病・感染内): 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2019/4/15-17), 京都.

723206. [学会 (全国)] (一般講演) JAK阻害剤の基礎と臨床. 山岡邦宏 (膠原病・感染内): 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2019/4/15-17), 京都.

723207. [学会 (全国)] (一般講演) 関節症状を有するベーチェット病患者の臨床特徴. 東野俊洋1, 廣畑俊成1, 菊地弘敏, 沢田哲治, 岳野光洋, 永渕裕子, 桐野洋平, 宮川一平, 田中良哉, 山岡邦宏1 (1膠原病・感染内): 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2019/4/15-17), 京都.

723208. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の臨床像の検討. 村松 匠1, 伊野和馬2, 長谷川靖浩1, 近藤惇一1, 松枝 佑2, 星山隆行2, 東野俊洋2, 有沼良幸2, 和田達彦2, 永井立夫, 田中住明2, 山岡邦宏2 (1大学院医療系研究科, 2膠原病・感染内): 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2019/4/15-17), 京都.

723209. [学会 (全国)] (一般講演) 当科での抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎患者の臨床像の検討. 伊野和馬1, 星山隆行1, 村松 匠2, 長谷川靖浩2, 近藤惇一2, 東野俊洋1, 有沼良幸1, 永井立夫, 田中住明1, 山岡邦宏1 (1膠原病・感染内, 2大学院医療系研究科): 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2019/4/15-17), 京都.

723210. [学会 (全国)] (一般講演) 当施設における全身性エリテマトーデス (SLE) に対するヒドロキシクロロキン (HCQ) の治療と検討. 近藤惇一1, 松枝 佑2, 伊野和馬2, 長谷川靖浩1, 村松 匠1, 星山隆行2, 東野俊洋2, 有沼良幸2, 和田達彦2, 永井立夫, 田中住明2, 山岡邦宏2 (1大学院医療系研究科, 2膠原病・感染内): 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2019/4/15-17), 京都.

723211. [学会 (全国)] (一般講演) 抗Sm抗体と抗RNP抗体による単球の炎症性サイトカイン産生に対する相乗的増強効果の検討. 松枝 佑1, 有沼良幸1, 永井立夫, 田中住明1, 廣畑俊成1, 山岡邦宏1 (1膠原病・感染内): 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2019/4/15-17), 京都.

723212. [学会 (全国)] (一般講演) SLE (基礎) 脳血管内皮細胞におけるMMP-2発現上昇とclaudin-5減少に対する抗Sm抗体の直接作用. 有沼良幸1, 山岡邦宏1 (1膠原病・感染内): 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2019/4/15-17), 京都.

723213. [学会 (全国)] (一般講演) 強皮症-3 強皮症に合併する境界型肺高血圧の長期予後の検討. 田中住明1, 松枝 佑1, 永井立夫, 山岡邦宏1 (1膠原病・感染内): 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2019/4/15-17), 京都.

723214. [学会 (全国)] (一般講演) SLE (臨床) -1 マクロファージ活性化症候群を呈した全身性エリテマトーデスの臨床的特徴の検討. 長谷川靖浩1, 有沼良幸2, 伊野和馬2, 近藤惇一1, 村松 匠1, 松枝 佑2, 星山隆行2, 東野俊洋2, 和田達彦2, 永井立夫, 田中住明2, 山岡邦宏2 (1大学院医療系研究科, 2膠原病・感染内): 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2019/4/15-17), 京都.

723215. [学会 (全国)] (一般講演) JAK阻害剤 (RCT) 従来型合成DMARDで効果不十分な日本人活動性関節リウマチ患者を対象とした選択的JAK-1阻害薬ウパダシチニブの第2b/3相無作為化プラセボ対照二重盲検試験における長期投与時の有効性及び安全性成績. 亀田秀人, 竹内 勤, 山岡邦宏1, 織部元廣, 川野充弘, Zhou Yijie, Othman Ahmed A, Pangan Aileen L, 浅部伸一, 北村 奨, Meerwein Sebastian, 田中良哉 (1膠原病・感染内): 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2019/4/15-17), 京都.

723216. [学会 (全国)] (一般講演) リウマチ性疾患のガイドライン ベーチェット病診療ガイドライン. 岳野光洋, 廣畑俊成1, 菊地弘敏, 桑名正隆, 齋藤和義, 田中良哉, 永渕裕子, 沢田哲治, 東野俊洋1, 桐野洋平, 吉見竜介, 土橋浩章, 山口賢一, 金子佳代子, 伊藤秀一, 竹内正樹, 石ヶ坪良明, 水木信久, 厚生労働省ベーチェット病に関する調査研究班 (1膠原病・感染内): 第63回日本リウマチ学会総会・学術集会 (2019/4/15-17), 京都.

723217. [学会 (全国)] (一般講演) 関節リウマチ治療における骨粗鬆症治療の実際. 山岡邦宏 (膠原病・感染内): 第47回日本臨床免疫学会総会 (2019/10/17-19), 札幌.

723218. [学会 (全国)] (一般講演) 全身性エリテマトーデスにおける抗NMDA受容体サブユニットGluN2抗体の神経精神ループス以外の疾患活動性に与える影響. 有沼良幸1, 長谷川靖浩2, 村松 匠2, 松枝 佑1, 山岡邦宏1 (1膠原病・感染内, 2大学院医療系研究科): 第47回日本臨床免疫学会総会 (2019/10/17-19), 札幌.

723219. [学会 (全国)] (一般講演) 全身性エリテマトーデスにおけるベリムマブのヒドロキシクロロキンとの併用および単剤療法の治療効果. 長谷川靖浩1, 有沼良幸2, 村松 匠1, 近藤惇一1, 松枝 佑2, 山岡邦宏2 (1大学院医療系研究科, 2膠原病・感染内): 第47回日本臨床免疫学会総会 (2019/10/17-19), 札幌.

723220. [学会 (全国)] (一般講演) 病理学的検討が可能であった小腸穿孔をきたしたIgG4関連疾患の一例. 伊野和馬1, 有沼良幸1, 下手公介1, 進藤理沙1, 金山芳郎1, 村松 匠2, 長谷川靖浩2, 田中知樹1, 星山隆行1, 東野俊洋1, 和田達彦1, 田中住明1, 山岡邦宏1 (1膠原病・感染内, 2大学院医療系研究科): 第47回日本臨床免疫学会総会 (2019/10/17-19), 札幌.

723221. [学会 (全国)] (一般講演) 関節リウマチ患者におけるアダリムマブとトシリズマブが帯状疱疹発症に与える影響. 村松 匠1, 有沼良幸2, 長谷川靖浩1, 山岡邦宏2 (1大学院医療系研究科, 2膠原病・感染内): 第34回日本臨床リウマチ学会 (2019/11/30), 名古屋.

732018. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 関節リウマチ治療の最新事情. 山岡邦宏 (膠原病・感染内): 日本内科学会第61回北海道支部生涯教育講演会 (2019/7/7), 札幌.

733092. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 抗MDA5抗体と抗ARS抗体が共陽性であった無筋症性皮膚筋炎の1例. 進藤理沙1, 東野俊洋1, 下手公介1, 伊野和馬1, 金山芳郎1, 田中知樹1, 星山隆行1, 有沼良幸1, 田中住明1, 山岡邦宏1 (1膠原病・感染内): 第30回日本リウマチ学会関東支部学術集会 (2019/12/7), 東京.

733093. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) SLEの加療中に両下肢感覚異常を呈するNMOSDを併発した一例. 大庭悠貴1, 澤 直樹, 渡邉 駿, 犬井啓太, 井熊大輔, 水野裕基, 平松里佳子, 山内真之, 諏訪部達也, 松川美穂, 有沼良幸2, 杉本 泉, 上坂義和, 山岡邦宏2, 乳原善文 (1虎の門病院分院リウマチ膠原病科, 2膠原病・感染内): 第30回日本リウマチ学会関東支部学術集会 (2019/12/7), 東京.

'18年度以前分

[学術論文]

'18-510001. [総説] Janus kinases to jakinibs: from basic insights to clinical practice. Gadina M, Le MT, Schwartz DM, Silvennoinen O, Nakayamada S, Yamaoka K1, O'Shea JJ: Rheumatology (Oxford) 2019/2; 58 (Suppl 1): i4-i16. (山岡邦宏1: 1膠原病・感染内)

'18-522006. [講座]【特集: 自己免疫疾患の個別化医療】3. 関節リウマチの個別化医療. 山岡邦宏 (膠原病・感染内): Precision Medicine 2018/12; 2 (1): 19-21.

[著 書]

'18-620006. [学術書 (分担執筆)【新薬展望2019 (医薬ジャーナル55巻増刊号)】第III部 治療における最近の新薬の位置づけ <薬効別> 新薬の広場 抗リウマチ薬, p. 361-4. 山岡邦宏 (膠原病・感染内), 医薬ジャーナ社. 大阪, 2019/1発行.

'18-620007. [学術書 (分担執筆)]【今日の治療指針 私はこう治療している 2019年版】14.膠原病および類縁疾患 抗リウマチ薬・生物学的製剤の副作用と対策, p. 858-9. 山岡邦宏 (膠原病・感染), 総編集: 福井次矢, 高木 誠, 小室一成, 医学書院, 東京, 2019/1発行.

[学会・研究会等]

'18-713006. [学会 (国際)] (一般講演) Interkeukin-6 Level in Cerebrospinal Fluid As a Biomarker for Systemic Lupus Erythematosus Patients with Longitudinally Extensive Transverse Myelitis like Neuromyelitis Optica Spectrum Disease. Hasegawa Y1, Arinuma Y2, Ino K2, Muramatsu T1, Kondo J1, Matsueda Y2, Hoshiyama T2, Tono T2, Wada T2, Nagai T2, Tanaka S2, Yamaoka K2: 2018 ACR/ARHP Annual Meeting (2018/10/21), Chicago, USA. (長谷川靖浩1, 有沼良幸2, 伊野和馬2, 村松 匠1, 近藤惇一1, 松枝 佑2, 星山隆行2, 東野俊洋2, 和田達彦2, 永井立夫2, 田中住明2, 山岡邦宏2: 1大学院医療系研究科, 2膠原病・感染内)


乳腺・甲状腺外科学

[学術論文]

110173. [原著] Differential Prognostic Relevance of Promoter DNA Methylation of CDO1 and HOPX in Primary Breast Cancer. Tanaka Y1, Kosaka Y2, Waraya M2, Yokota K1, Harada H1, Kaida T1, Kikuchi M2, Minatani N, Nishimiya H2, Katoh H2, Sengoku N2, Watanabe M3, Yamashita K4,5: Anticancer Res 2019/5; 39 (5): 2289-98. (田中蓉子1, 小坂愉賢2, 藁谷美奈2, 横田和子1, 原田宏輝1, 甲斐田武志1, 菊池真理子2, 西宮洋史2, 加藤 弘2, 仙石紀彦2, 渡邊昌彦3, 山下継史4,5: 1大学院医療系研究科, 2乳腺・甲状腺外, 3北里大学北里研究所病院, 4新世紀医療・横断的医療, 5上部消化管外)

110174. [原著] Anthracycline could be essential for triple-negative breast cancer: A randomised phase II study by the Kanagawa Breast Oncology Group (KBOG) 1101. Narui K, Ishikawa T, Shimizu D, Yamada A, Tanabe M, Sasaki T, Oba MS, Morita S, Nawata S, Kida K, Mogaki M, Doi T, Tsugawa K, Ogata H, Ota T, Kosaka Y1, Sengoku N1, Kuranami M, Niikura N, Saito Y, Suzuki Y, Suto A, Arioka H, Chishima T, Ichikawa Y, Endo I, Tokuda Y: Breast 2019/10; 47: 1-9. (小坂愉賢1, 仙石紀彦1: 1乳腺・甲状腺外)

110175. [原著] Epigenetic silencing of HOPX is critically involved in aggressive phenotypes and patient prognosis in papillary thyroid cancer. Ooizumi Y1, Katoh H2, Yokota M1, Watanabe M3, Yamashita K4,5: Oncotarget 2019/10; 10 (57): 5906-18. (大泉陽介1, 加藤 弘2, 横田光央1, 渡邊昌彦3, 山下継史4,5: 1大学院医療系研究科, 2乳腺・甲状腺外, 3北里大学北里研究所病院, 4新世紀医療・横断的医療, 5上部消化管外)

110176. [原著] Analysis of the selection of CDK4/6 inhibitors based on experience using palbociclib. Kikuchi M1, Tanaka Y2, Yokota M2, Nishimiya H1, Katoh H1, Sengoku N1, Kosaka Y1: Biomed Rep 2019/12; 11 (6): 253-6. (菊池真理子1, 田中蓉子2, 横田光央2, 西宮洋史1, 加藤 弘1, 仙石紀彦1, 小坂愉賢1: 1乳腺・甲状腺外, 2大学院医療系研究科)

110177. [原著] Lymphocyte-Monocyte Ratio Significantly Predicts Recurrence in Papillary Thyroid Cancer. Yokota M1, Katoh H2, Nishimiya H2, Kikuchi M2, Kosaka Y2, Sengoku N2, Watanabe M3, Yamashita K4: J Surg Res 2020/2; 246: 535-43. (横田光央1, 加藤 弘2, 西宮洋史2, 菊池真理子2, 小坂愉賢2, 仙石紀彦2, 渡邊昌彦3, 山下継史4: 1大学院医療系研究科, 2乳腺・甲状腺外, 3北里大学北里研究所病院, 4新世紀医療・横断的医療)

110178. [原著] BRCAness as an Important Prognostic Marker in Patients with Triple-Negative Breast Cancer Treated with Neoadjuvant Chemotherapy: A Multicenter Retrospective Study. Kosaka Y1, Yamamoto Y, Tanino H, Nishimiya H1, Yamamoto-Ibusuki M, Hirota Y, Iwase H, Nakamura S, Akashi-Tanaka S: Diagnostics (Basel) 2020/2; 10 (2): 119. (小坂愉賢1, 西宮洋史1: 1乳腺・甲状腺外)

320009. [症例報告] 全身療法のみでClinical Complete Responseを持続している乳癌の1例. 山本公一, 林 京子1, 藁谷美奈1, 羽廣健仁, 細谷 智, 小坂愉賢1, 仙石紀彦1, 早川和重2, 犬飼 円3, 渡邊昌彦4 (1乳腺・甲状腺外, 2放射線 (腫瘍), 3病理, 4北里大学北里研究所病院): 癌と化学療法 2019/4; 46 (4): 757-9.

511004. [解説]【Editorial Commentary】Historical progress of the 8th edition of the American Joint Committee on Cancer (AJCC) Cancer Staging Manual in patients with breast cancer. Kosaka Y1, Nishimiaya H1, Kikuchi M1, Waraya M1, Katoh H1, Sengoku N1: Transl Cancer Res 2019/6; 8 (3): 719-21. (小坂愉賢1, 西宮洋史1, 菊池真理子1, 藁谷美奈1, 加藤 弘1, 仙石紀彦1: 1乳腺・甲状腺外)

[学会・研究会等]

723222. [学会 (全国)] (一般講演) 超音波ガイド下吸引式組織生検 (VAB) におけるリンパ管侵襲所見とセンチネルリンパ節生検結果に関する検討. 田中蓉子1, 小坂愉賢2, 藤野詩織, 横田光央1, 菊池真理子2, 西宮洋史2, 中宮紀子, 加藤 弘2, 仙石紀彦2, 小野田登, 藏並 勝, 渡邊昌彦3 (1大学院医療系研究科, 2乳腺・甲状腺外, 3北里大学北里研究所病院): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/18), 大阪.

723223. [学会 (全国)] (一般講演) 術前化学療法を施行したHER2陽性乳癌の治療成績. 贄 裕亮1, 小坂愉賢1, 横田光央2, 田中蓉子2, 菊池真理子1, 西宮洋史1, 加藤 弘1, 梶田咲美乃3, 仙石紀彦1, 渡邊昌彦4 (1乳腺・甲状腺外, 2大学院医療系研究科, 3病理, 4北里大学北里研究所病院): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/19), 大阪.

723224. [学会 (全国)] (一般講演) 働き方改革の必要性と問題点. 西宮洋史1, 岡本光祈子2, 田中蓉子3, 菊池真理子1, 加藤 弘1, 小坂愉賢1, 仙石紀彦1, 渡邊昌彦4 (1乳腺・甲状腺外, 2一般・小児・肝胆膵外, 3大学院医療系研究科, 4北里大学北里研究所病院): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/19), 大阪.

723225. [学会 (全国)] (一般講演) 日本における新規乳がん治療薬の開発 トリプルネガティブ乳癌治療のコンパニオン診断薬開発とカルボプラチンの再発抑制効果の第3相臨床試験. 谷野裕一1, 鈴木正人1, 海瀬博史1, 宮下 勝1, 千島隆司1, 林 光弘1, 三好康雄1, 二村 学1, 大谷彰一郎1, 永橋昌幸1, 太田智彦1, 小坂愉賢1,2, 石川 孝1, 長谷川善枝1, 窪田智行1, 三階貴史1,2, 岩谷胤生1, 山田顕光1, 赤澤宏平1, 河野範男1 (1JONIEグループ, 2乳腺・甲状腺外): 第27回日本乳癌学会学術総会 (2019/7/11), 東京.

723226. [学会 (全国)] (一般講演) 約20年後に温存乳房内再発した乳癌のセンチネルリンパ節が対側腋窩に同定された再発乳癌の1例. 中熊尊士, 高橋香奈, 上野聡一郎, 稲田秀洋, 近藤康史1, 小坂愉賢1, 仙石紀彦1 (1乳腺・甲状腺外): 第27回日本乳癌学会学術総会 (2019/7/11), 東京.

723227. [学会 (全国)] (一般講演) パルボシクリブ使用経験によるCDK4/6阻害薬の選択に関する検討. 菊池真理子1, 小坂愉賢1, 横田光央2, 田中蓉子2, 西宮洋史1, 加藤 弘1, 仙石紀彦1 (1乳腺・甲状腺外, 2大学院医療系研究科): 第27回日本乳癌学会学術総会 (2019/7/11), 東京.

723228. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるdose-dense EC療法の使用成績と忍容性についての検討. 西宮洋史1, 小坂愉賢1, 横田光央2, 田中蓉子2, 菊池真理子1, 加藤 弘1, 仙石紀彦1 (1乳腺・甲状腺外, 2大学院医療系研究科): 第27回日本乳癌学会学術総会 (2019/7/11), 東京.

723229. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるBRACAnalysisの診断と施行症例に関する検討. 藁谷美奈1, 小坂愉賢1, 田中蓉子2, 菊池真理子1, 西宮洋史1, 加藤 弘1, 林 京子1, 仙石紀彦1, 高田史男2 (1乳腺・甲状腺外, 2大学院医療系研究科): 第27回日本乳癌学会学術総会 (2019/7/12), 東京.

723230. [学会 (全国)] (一般講演) 不法滞在中の乳癌患者治療における問題点. 仙石紀彦1, 田中蓉子2, 菊池真理子1, 西宮洋史1, 森田陽枝3, 瀬戸牧子3, 小坂愉賢1 (1乳腺・甲状腺外, 2大学院医療系研究科, 3看護部): 第27回日本乳癌学会学術総会 (2019/7/13), 東京.

723231. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における進行再発乳癌に対するEribulin投与の有効性・安全性について. 小坂愉賢1, 田中蓉子2, 横田光央2, 菊池真理子1, 西宮洋史1, 加藤 弘1, 仙石紀彦1, 渡邊昌彦3 (1乳腺・甲状腺外, 2大学院医療系研究科, 3北里大学北里研究所病院): 第27回日本乳癌学会学術総会 (2019/7/13), 東京.

723232. [学会 (全国)] (一般講演) 乳癌における癌/精巣抗原の遺伝子発現についての検討. 近藤康史1,2, 福山 隆, 山村瑠衣, 二渡信江, 時任崇聡1,3, 中馬基博1,4, 千野慎一郎3, 中村和徳1,5, 久保任史5, 池永 誠1,2, 小林憲忠1, 山崎 等1,6, 高橋禎人1,5, 西 八嗣1, 渡邊昌彦7 (1北里大学メディカルセンター, 2乳腺・甲状腺外, 3下部消化管外, 4上部消化管外, 5一般・小児・肝胆膵外, 6病理, 7北里大学北里研究所病院): 第27回日本乳癌学会学術総会 (2019/7/13), 東京.

723233. [学会 (全国)] (一般講演) 機能性結節が乳頭癌であったMarine-Lenhart症候群の1例. 横田光央1, 加藤 弘2, 西宮洋史2, 菊池真理子2, 小坂愉賢2, 仙石紀彦2 (1大学院医療系研究科, 2乳腺・甲状腺外): 第52回日本内分泌外科学会学術大会 (2019/10/17), 東京.

723234. [学会 (全国)] (一般講演) FEC施行乳癌患者における持続型G-CSF投与導入による安全性の検討. 内藤可奈子1, 西宮洋史2, 菊池真理子2, 小坂愉賢2, 加藤 弘2, 仙石紀彦2 (1下部消化管外, 2乳腺・甲状腺外): 第81回日本臨床外科学会総会 (2019/11/16), 高知.


一般・小児・肝胆膵外科学

[学術論文]

110179. [原著] Validation of index-based IWATE criteria as an improved difficulty scoring system for laparoscopic liver resection. Tanaka S, Kawaguchi Y, Kubo S, Kanazawa A, Takeda Y, Hirokawa F, Nitta H, Nakajima T, Kaizu T1, Kaibori M, Kojima T, Otsuka Y, Fuks D, Hasegawa K, Kokudo N, Kaneko H, Gayet B, Wakabayashi G: Surgery 2019/4; 165 (4): 731-40. (海津貴史1: 1一般・小児・肝胆膵外)

110180. [原著] Diagnostic potential of hypermethylation of the cysteine dioxygenase 1 gene (CDO1) promoter DNA in pancreatic cancer. Nishizawa N1, Harada H2, Kumamoto Y1, Kaizu T1, Katoh H3, Tajima H1, Ushiku H2, Yokoi K2, Igarashi K, Fujiyama Y4, Okuwaki K5, Iwai T5, Watanabe M6, Yamashita K2,7: Cancer Sci 2019/9; 110 (9): 2846-55. (西澤伸恭1, 原田宏輝2, 隈元雄介1, 海津貴史1, 加藤 弘3, 田島 弘1, 牛久秀樹2, 横井圭悟2, 藤山芳樹4, 奥脇興介5, 岩井知久5, 渡邊昌彦6, 山下継史2,7: 1一般・小児・肝胆膵外, 2上部消化管外, 3乳腺・甲状腺外, 4大学院医療系研究科, 5消化器内, 6北里大学北里研究所病院, 7新世紀医療・横断的医療)

110181. [原著] Expression of Kita-Kyushu Lung Cancer Antigen-1 as Detected by a Novel Monoclonal Antibody in Gastric Cancer. Takahashi Y1,2, Fukuyama T, Futawatari N, Ichiki Y, Ohmiya H, Chuman M1,3, Yamashita T, Hiki N3, Kumamoto Y2, Yamazaki H1,4: Anticancer Res 2019/11; 39 (11): 6259-63. (高橋禎人1,2, 中馬基博1,3, 比企直樹3, 隈元雄介2, 山崎 等1,4: 1北里大学メディカルセンター, 2一般・小児・肝胆膵外, 3上部消化管外, 4病理)

110020. [原著] EP3 signaling in dendritic cells promotes liver repair by inducing IL-13-mediated macrophage differentiation in mice. Nakamoto S1, Ito Y2, Nishizawa N3, Goto T1, Kojo K4, Kumamoto Y3, Watanabe M5, Narumiya S, Majima M2: FASEB J 2020/4; 34 (4): 5610-27. doi: 10.1096/fj.201901955R. Epub 2020 Feb 28. (中本修司1, 伊藤義也2, 西澤伸恭3, 後藤卓也1, 古城 憲4, 隈元雄介3, 渡邊昌彦5, 馬嶋正隆2: 1大学院医療系研究科, 2薬理, 3一般・小児・肝胆膵外, 4下部消化管外, 5北里大学北里研究所病院)

310024. [症例報告] Colorectal cancer with peritoneal carcinomatosis in a teenager. Nakamoto S1, Tanaka K2,3, Watanabe E, Takeda N, Nakamura T4, Kumamoto Y3: Journal of Pediatric Surgery Case Reports 2020/3; 54: 101385. (中本修司1, 田中 潔2,3, 中村隆俊4, 隈元雄介3: 1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・先端断的医療, 3一般・小児・肝胆膵, 4下部消化管外)

320010. [症例報告] 複数のネオジム磁石を誤飲し, 胃空腸穿通を来した1例. 追木宏宣1, 田中 潔1,2, 山本裕輝1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 日本小児救急医学会雑誌 2019/10; 18 (3): 366-9.

320011. [症例報告] 腹腔鏡下大腸癌原発巣肝転移巣同時切除術施行後に縫合不全の発見が遅れた一例. 永 滋教1, 海津貴史1, 山梨高広2, 西澤伸恭1, 田島 弘1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦3 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外, 3北里大学北里研究所病院): 神奈川医学会雑誌 2019/7; 46 (2): 190.

320012. [症例報告] HALS移行で対応した腹腔鏡下肝切除中炭酸ガス塞栓の1例. 坂本純一1, 永 滋教1, 海津貴史1, 田島 弘1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2北里大学北里研究所病院): 日本臨床外科学会雑誌 2020/1; 81 (1): 65-71.

520009. [総説] 膵癌の外科治療の変遷. 隈元雄介1, 海津貴史1, 田島 弘1, 久保任史1, 西澤伸恭1, 中本修司2, 藤山芳樹2, 五十嵐一晴, 岡本光祈子1, 贄  裕亮3 (1一般・小児・肝胆膵外, 2大学院医療系研究科, 3乳腺・甲状腺外): 北里医学 2019/12; 49 (2): 67-71.

521002. [解説]【肝胆膵外科手術におけるトラブルシューティング (手術2019年6月増大号)】■手術手技 腹腔鏡下左尾状葉切除の手術手技, p.1099-104. 海津貴史1, 隈元雄介1, 田島 弘1, 永 滋教1, 西澤伸恭1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2北里大学北里研究所病院): 金原出版, 東京, 2019/6発行.

522039. [講座]【特別企画: 第55回日本胆道学会学術集会より】大改訂がなされた急性胆N炎の診療フローチャート. 浅井浩司, 高田忠敬, 岡本好司, 鈴木憲次, 梅澤昭子, 森 泰寿, 阿部雄太, 隈元雄介1, 本間裕樹 (1一般・小児・肝胆膵外): 肝胆膵 2020/1; 80 (1): 202-207.

522040. [講座]【特別企画: 第55回日本胆道学会学術集会より】急性胆N炎に対する腹腔鏡下胆N摘出術でTG18が推奨する危険回避手技および回避手術. 梅澤昭子, 高田忠敬, 阿部雄太, 隈元雄介1, 丸尾啓敏, 大山哲司, 浅野之夫, 本間祐樹, 森 泰寿 (1一般・小児・肝胆膵外): 肝胆膵 2020/1; 80 (1): 208-14.

522041. [講座]【特集: そこが知りたいシリーズ: 手術で必要な局所解剖 (腹部編)】Ramstedt手術 (肥厚性幽門狭窄症). 田中 潔1,2, 山本裕輝2, 出家亨一2, 追木宏宣2, 上松由昌2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 小児外科 2020/2; 52 (2): 114-7.

522042. [講座]【特集: 小児外科における多診療科連携】当院における周産母子成育医療センターの連携−新生児外科疾患の出生前診断の現状−. 追木宏宣1, 田中 潔1,2, 山本裕輝1, 出家亨一1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 小児外科 2020/3; 52 (3): 231-3.

[著 書]

620038. [学術書 (分担執筆)]【肝胆膵外科手術におけるトラブルシューティング (手術2019年6月増大号)】■手術手技 腹腔鏡下左尾状葉切除の手術手技, p.1099-104. 海津貴史1, 隈元雄介1, 田島 弘1, 永 滋教1, 西澤伸恭1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2北里大学北里研究所病院): 金原出版, 東京, 2019/6発行.

[学会・研究会等]

713050. [学会 (国際)] (一般講演) Utero-vesical anastomosis: A novel operation for a girl of cloacal exstrophy with vaginal agenesis. Tanaka K1,2, Yamamoto Y2, Deie K2, Oiki H2: The 6th World Congress of the World Federation of Associations of Pediatric Surgery (WOFAPS 2019) (2019/11/2), Doha, Qatar. (田中 潔1,2, 山本裕輝2, 出家亨一2, 追木宏宣2: 1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外)

713051. [学会 (国際)] (一般講演) A case of penile duplication with ectopic intestinal tissue. Oiki H1, Tanaka K1,2, Yamamoto Y1, Deie K1: The 6th World Congress of the World Federation of Associations of Pediatric Surgery (WOFAPS 2019) (2019/11/3), Doha, Qatar. (追木宏宣1, 田中 潔1,2, 山本裕輝1, 出家亨一1: 1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療)

722060. [学会 (全国)] (招待講演等) CDO1遺伝子DNAメチル化に注目した膵癌診断法の検討. 西澤伸恭1, 山下継史2,3, 藤山芳樹4, 中本修司4, 五十嵐一晴, 田島 弘1, 海津貴史1, 隈元雄介1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4大学院医療系研究科): 第50回日本膵臓学会大会 (2019/7/12), 東京.

722061. [学会 (全国)] (招待講演等) 上腹部手術既往のある症例に対する腹腔鏡下肝切除. 海津貴史1, 隈元雄介1, 田島 弘1, 西澤伸恭1, 永 滋教1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2北里大学北里研究所病院): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/18), 東京.

723235. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下脾温存尾側膵切除 (脾動静脈) でのConvesionの検討. 田島 弘1, 隈元雄介1, 西澤伸恭1, 永 滋教1, 海津貴史1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2北里大学北里研究所病院): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/18), 大阪.

723236. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下肝切除術の困難症例に関する検討. 永 滋教1, 海津貴史1, 西澤伸恭1, 田島 弘1, 隈元雄介1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2北里大学北里研究所病院): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/18), 大阪.

723237. [学会 (全国)] (一般講演) IPMCにおけるCDO1遺伝子メチル化の臨床病理学的意義. 藤山芳樹1, 山下継史2,3, 添野考文1, 横田光央1, 中本修司1, 甲斐田武志1, 横田和子1, 田中蓉子1, 原田宏輝1, 永 滋教, 西澤伸恭4, 田島 弘4, 海津貴史4, 隈元雄介4, 渡邊昌彦5 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4一般・小児・肝胆膵外, 5北里大学北里研究所病院): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/18), 大阪.

723238. [学会 (全国)] (一般講演) 陰茎尿道, 尿道狭窄, H型膀胱腟瘻を伴った泌尿生殖洞奇形の女児2例. 上松由昌1, 田中 潔1,2, 山本裕輝1, 追木宏宣1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/19), 大阪.

723239. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下肝切除困難症例に対するHALSの積極的利用. 海津貴史1, 隈元雄介1, 田島 弘1, 永 滋教1, 西澤伸恭1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2北里大学北里研究所病院): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/20), 大阪.

723240. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児期・乳児期に手術を行った梨状窩瘻4例の検討. 追木宏宣1, 田中 潔1,2, 山本裕輝1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第56回日本小児外科学会学術集会 (2019/5/23), 福岡.

723241. [学会 (全国)] (一般講演) III型膵外傷に対する治療戦略―手術? 保存治療? 田中 潔1,2, 山本裕輝2, 追木宏宣2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 第56回日本小児外科学会学術集会 (2019/5/25), 福岡.

723242. [学会 (全国)] (一般講演) 極低出生体重児のストマ閉鎖時期に関する検討. 山本裕輝1, 田中 潔1,2, 追木宏宣1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第56回日本小児外科学会学術集会 (2019/5/25), 福岡.

723243. [学会 (全国)] (一般講演) 遅発性先天性横隔膜ヘルニアに対する内視鏡手術−胸腔鏡? 腹腔鏡? 上松由昌1, 田中 潔1,2, 山本裕輝1, 追木宏宣1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第56回日本小児外科学会学術集会 (2019/5/25), 福岡.

723244. [学会 (全国)] (一般講演) Clinical significance of promoter DNA hypermethylation of the cysteine dioxygenase 1 (CDO1) gene in pancreatic ductal adenocarcinoma. 西澤伸恭1, 山下継史2,3, 藤山芳樹4, 中本修司4, 田島 弘1, 海津貴史1, 隈元雄介1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2上部消化管外, 3新世紀医療・横断的医療, 4大学院医療系研究科): 第31回日本肝胆膵外科学会・学術集会 (2019/6/14), 香川.

723245. [学会 (全国)] (一般講演) Laparoscopic distal pancreatectomy for pancreatic cancers put the emphasis on the distal margin. 田島 弘1, 海津貴史1, 永 滋教1, 西澤伸恭1, 隈元雄介1 (1一般・小児・肝胆膵外): 第31回日本肝胆膵外科学会・学術集会 (2019/6/15), 香川.

723246. [学会 (全国)] (一般講演) Hand-assisted laparoscopic surgery (HALS) for the troubleshooting in laparoscopic liver resection. 海津貴史1, 隈元雄介1, 田島 弘1, 西澤伸恭1, 永 滋教1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2北里大学北里研究所病院): 第31回日本肝胆膵外科学会・学術集会 (2019/6/15), 香川.

723247. [学会 (全国)] (一般講演) 小児急性虫垂炎における超音波検査・CT検査の意義. 田中 潔1,2, 山本裕輝2, 追木宏宣2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 第33回日本小児救急医学会学術集会 (2019/6/21), 埼玉.

723248. [学会 (全国)] (一般講演) 穿孔性虫垂炎, 汎発性腹膜炎による敗血症性ショックから心肺停止に至った1例. 追木宏宣1, 田中 潔1,2, 山本裕輝1, 安藤 寿3, 峰尾恵梨3 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療, 3小児): 第33回日本小児救急医学会学術集会 (2019/6/22), 埼玉.

723249. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児期に一期的根治術を施行した無瘻孔型鎖肛の3例. 田中 潔1,2, 山本裕輝2, 追木宏宣2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 第55回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2019/7/13), 長野.

723250. [学会 (全国)] (一般講演) 空腸閉鎖症と出生前診断され, 臍帯潰瘍を合併した腸回転異常症・中腸軸捻転の1例. 追木宏宣1, 田中 潔1,2, 山本裕輝1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第55回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2019/7/14), 長野.

723251. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児メッケル憩室穿孔の1例. 金田崇良1, 田中 潔2,3, 山本裕輝3, 追木宏宣3 (1下部消化管外, 2新世紀医療・先端医療, 3一般・小児・肝胆膵外): 第55回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2019/7/14), 長野.

723022. [学会 (全国)] (一般講演) プロスタグランジンEP3受容体シグナルを介した肝樹状細胞の肝修復促進作用. 中本修司1, 伊藤義也2, 西澤信恭3, 大高史聖1, 津留世里1, 服部響子4, 本田雅子1, 天野英樹2, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3一般・小児・肝胆膵外, 4産科): 第40回日本炎症・再生医学会 (2019/7/16), 神戸.

723252. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における大腸癌肝転移症例に対する肝切除手術成績の検討. 藤山芳樹1, 永 滋教2, 海津貴史2, 中本修司1, 西澤伸恭2, 田島 弘2, 隈元雄介2 (1大学院医療系研究科, 2一般・小児・肝胆膵外): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/17), 東京.

723253. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下尾側膵切除のPitfallとトラブルシューティング. 田島 弘1, 海津貴史1, 永 滋教1, 西澤伸恭1, 隈元雄介1 (1一般・小児・肝胆膵外): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/18), 東京.

723254. [学会 (全国)] (一般講演) 膵腫瘍に対するLiquid biopsy CDO1遺伝子メチル化の診断マーカーとしての有用性. 藤山芳樹1, 西澤伸恭2, 中本修司1, 添野孝文1, 横田光央1, 甲斐田武志1, 奥脇興介3, 岩井知久3, 田島 弘2, 久保任史2, 海津貴史2, 隈元雄介2, 山下継史4,5 (1大学院医療系研究科, 2一般・小児・肝胆膵外, 3消化器内, 4新世紀医療・横断的医療, 5上部消化管外): 第78回日本癌学会学術総会 (2019/9/27), 京都.

723255. [学会 (全国)] (一般講演) 骨髄脂肪腫との鑑別が困難であった右副腎原発腫瘍の一例. 山本裕輝1, 田中 潔1,2, 出家亨一1, 追木宏宣1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第61回日本小児血液・がん学会学術集会 (2019/11/14), 広島.

723256. [学会 (全国)] (一般講演) 遅発性先天性横隔膜ヘルニアに対する内視鏡手術−胸腔鏡? 腹腔鏡? 上松由昌1, 田中 潔1,2, 山本裕輝1, 出家亨一1, 追木宏宣3 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/5), 横浜.

723257. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下肝S7亜区域切除の手術手技およびその安全性. 海津貴史1, 田島 弘1, 西澤伸恭1, 久保任史1, 隈元雄介1 (1一般・小児・肝胆膵外): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/7), 横浜.

723258. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下膵頭十二指腸切除術の導入. 田島 弘1, 西澤伸恭1, 久保任史1, 海津貴史1, 隈元雄介1 (1一般・小児・肝胆膵外): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/7), 横浜.

723259. [学会 (全国)] (一般講演) 膵癌に対する腹腔鏡下膵体尾部切除の手技と治療成績. 西澤伸恭1, 田島 弘1, 久保任史1, 海津貴史1, 隈元雄介1 (1一般・小児・肝胆膵外): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/7), 横浜.

732019. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 大腸癌肝転移腹腔鏡下手術114症例の検討. 藤山芳樹1, 海津貴史2, 中本修司1, 永 滋教2, 西澤伸恭2, 久保任史2, 田島 弘2, 隈元雄介2 (1大学院医療系研究科, 2一般・小児・肝胆膵外): 第13回肝臓内視鏡外科研究会・第11回膵臓内視鏡外科研究会 (2019/12/4), 横浜.

732020. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 到達目標を共通認識した術野展開−腹腔鏡下膵体尾部切除術−. 西澤伸恭1, 田島 弘1, 久保任史1, 海津貴史1, 隈元雄介1 (1一般・小児・肝胆膵外): 第13回肝臓内視鏡外科研究会・第11回膵臓内視鏡外科研究会 (2019/12/4), 横浜.

733094. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腹壁閉鎖後の臍欠損に対する梶川1法による臍形成術の経験. 田中 潔1,2, 山本裕輝2, 追木宏宣2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 第5回日本小児へそ研究会 (2019/4/19), 大阪.

733095. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腹腔鏡下肝S7亜区域切除における手術手技の工夫. 海津貴史1, 隈元雄介1, 田島 弘1, 西澤伸恭1, 永 滋教1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2北里大学北里研究所病院): 第73回手術手技研究会 (2019/5/24), 東京.

733096. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院における腹腔鏡下胆管空腸吻合術の工夫. 田島 弘1, 隈元雄介1, 永 滋教1, 西澤伸恭1, 海津貴史1, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2北里大学北里研究所病院): 第73回手術手技研究会 (2019/5/24), 東京.

733097. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腹腔鏡下胆管空腸吻合の工夫. 田島 弘1, 贄 裕亮2, 西澤伸恭1, 久保任史1, 海津貴史1, 隈元雄介1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2乳腺・甲状腺外): 第8回サマーセミナーin沖縄 (2019/6/29), 沖縄.

733098. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腹腔鏡下尾側膵切除の自動縫合器を用いての膵切離とそのpitfall. 贄 裕亮1, 田島 弘2, 西澤伸恭2, 久保任史2, 海津貴史2, 隈元雄介2 (1乳腺・甲状腺外, 2一般・小児・肝胆膵外): 第8回サマーセミナーin沖縄 (2019/6/29), 沖縄.

733099. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 出生前診断症例における周産母子成育医療センターの連携. 追木宏宣1, 田中 潔1,2, 山本裕輝1, 出家亨一1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第117回東京小児外科研究会 (2019/6/4), 東京.

733100. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 原発性膵癌における術前細胞診検体を用いたCDO1遺伝子DNAメチル化の意義. 中本修司1, 藤山芳樹1, 西澤伸恭2, 田島 弘2, 久保任史2, 海津貴史2, 隈元雄介2, 山下継史3,4 (1大学院医療系研究科, 2一般・小児・肝胆膵外, 3新世紀医療・横断的医療, 4上部消化管外): 第39回日本分子腫瘍マーカー研究会 (2019/9/25), 京都.

733101. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 小児外科領域における内視鏡外科技術認定試験の心構えとポイント. 出家亨一1, 田中 潔1,2, 山本裕輝1, 追木宏宣1, 上松由昌1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第155回神奈川県臨床外科医学会集談会 (2019/9/28), 神奈川.

733102. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 異所性腸管組織を伴う会陰部腫瘤を合併した重複陰茎の1例. 追木宏宣1, 田中 潔1,2, 出家亨一1, 山本裕輝1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第54回日本小児外科学会関東甲信越地方会 (2019/10/12), 埼玉.

733103. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腸回転異常症中腸軸捻転を伴った新生児胃破裂の一例. 太田 凌1, 田中 潔2,3, 山本裕輝3, 出家亨一3, 追木宏宣3 (1下部消化管外, 2新世紀医療・先端医療, 3一般・小児・肝胆膵外): 第54回日本小児外科学会関東甲信越地方会 (2019/10/12), 埼玉.

733104. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 経カテーテル動脈塞栓術による循環動態安定化後, 再出血が顕在化し緊急開腹止血術を要した多発外傷の1例. 上松由昌1, 花島 資2, 片岡祐一2, 樫見文枝2, 田村 智2, 増田智成2, 金 宗巧2, 田中 潔3,4, 浅利 靖2 (1下部消化管外, 2救命, 3新世紀医療・先端医療, 4一般・小児・肝胆膵外): 第39回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会 (2019/10/18), 大阪.

733105. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 小児における主膵管損傷を伴った膵外傷に対する保存治療. 田中 潔1,2, 山本裕輝2, 出家亨一2, 追木宏宣2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 第39回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会 (2019/10/18), 大阪.

733106. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院の新生児先天性横隔膜ヘルニアに対する集中治療管理の検討. 出家亨一1, 田中 潔1,2, 山本裕輝1, 追木宏宣1, 上松由昌1, 安藤 寿3, 峰尾恵梨3 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療, 3小児): 第27回小児集中治療ワークショップ (2019/10/19-20), 大阪.

733107. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 脱出臓器の還納が困難な巨大臍帯ヘルニアに対して保存的治療を行った1例. 追木宏宣1, 田中 潔1,2, 山本裕輝1, 出家亨一1 (1一般・小児・肝胆膵外, 2新世紀医療・先端医療): 第11回神奈川ヘルニア研究会 (2019/11/30), 神奈川.

733108. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腹腔鏡下再肝切除の手術成績および留意点. 海津貴史1, 田島 弘1, 西澤伸恭1, 久保任史1, 隈元雄介1 (1一般・小児・肝胆膵外): 第13回肝臓内視鏡外科研究会・第11回膵臓内視鏡外科研究会 (2019/12/4), 横浜.

733109. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 膵癌における腹腔鏡下膵体尾部切除の郭清の工夫. 田島 弘1, 西澤伸恭1, 久保任史1, 海津貴史1, 隈元雄介1 (1一般・小児・肝胆膵外): 第13回肝臓内視鏡外科研究会・第11回膵臓内視鏡外科研究会 (2019/12/4), 横浜.

733110. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腹腔鏡下膵体尾部切除術 (LDP) における膵切離の工夫. 田島 弘1, 西澤伸恭1, 久保任史1, 海津貴史1, 隈元雄介1 (1一般・小児・肝胆膵外): 第13回肝臓内視鏡外科研究会・第11回膵臓内視鏡外科研究会 (2019/12/4), 横浜.

733111. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 急性膵炎を発症し,手術に難渋した遊走脾・胃軸捻の1例. 田中 潔1,2, 山本裕輝2, 出家亨一2, 追木宏宣2, 上松由昌2 (1新世紀医療・先端医療, 2一般・小児・肝胆膵外): 第33回日本小児脾臓・門脈研究会 (2020/3/8), 東京 (誌上開催).

'18年度以前分

[学術論文]

'18-320002. [症例報告] 腹腔鏡下胆嚢摘出術時の落下結石により術後9年で腹腔内膿瘍, 腹壁膿瘍を形成した1例. 島津 将, 伊野和馬, 隈元雄介1, 海津貴史1, 田島 弘1, 河又 寛, 西山 亮, 渡邊昌彦2 (1一般・小児・肝胆膵外, 2北里大学北里研究所病院): 神奈川医学会雑誌 2019/1; 46 (1): 18.


上部消化管外科学

[学術論文]

110182. [原著] Cancer-specific promoter DNA methylation of Cysteine dioxygenase type 1 (CDO1) gene as an important prognostic biomarker of gastric cancer. Harada H1, Hosoda K2, Moriya H2, Mieno H2, Ema A2, Ushiku H2, Washio M2, Nishizawa N3, Ishii S2, Yokota K1, Tanaka Y1, Kaida T1, Soeno T1, Kosaka Y4, Watanabe M5, Yamashita K2,6: PLoS One 2019/4; 14 (4): e0214872. (原田宏輝1, 細田 桂2, 森谷宏光2, 三重野浩朗2, 江間 玲2, 牛久秀樹2, 鷲尾真理愛2, 西澤伸恭3, 石井 智2, 横田和子1, 田中蓉子1, 甲斐田武志1, 添野孝文1, 小坂愉賢4, 渡邊昌彦5, 山下継史2,6: 1大学院医療系研究科, 2上部消化管外, 3一般・小児・肝胆膵外, 4乳腺・甲状腺外, 5北里大学北里研究所病院, 6新世紀医療・横断的医療)

110183. [原著] Lymph Node Progression and Optimized Node Dissection of Middle Thoracic Esophageal Squamous Cell Carcinoma in the Latest Therapeutic Surgical Strategy. Soeno T1, Harada H1, Hosoda K2, Mieno H2, Ema A2, Ushiku H2, Washio M2, Kosaka Y3, Watanabe M4, Yamashita K2,5: Ann Surg Oncol 2019/4; 26 (4): 996-1004. (添野孝文1, 原田宏輝1, 細田 桂2, 三重野浩朗2, 江間 玲2, 牛久秀樹2, 鷲尾真理愛2, 小坂愉賢3, 渡邊昌彦4, 山下継史2,5: 1大学院医療系研究科, 2上部消化管外, 3乳腺・甲状腺外, 4北里大学北里研究所病院, 5新世紀医療・横断的医療)

110184. [原著] A phase II study of neoadjuvant chemotherapy with docetaxel, cisplatin, and S-1, followed by gastrectomy with D2 lymph node dissection for high-risk advanced gastric cancer: results of the KDOG1001 trial. Hosoda K1, Azuma M2, Katada C2, Moriya H1, Mieno H1, Ishido K2, Ema A1, Ushiku H1, Wada T2, Washio M1, Watanabe A2, Higuchi K2, Tanabe S2,3, Koizumi W2, Watanabe M4, Yamashita K1,5: Gastric Cancer 2019/5; 22 (3): 598-606. (細田 桂1, 東 瑞智2, 堅田親利2, 森谷宏光1, 三重野浩朗1, 石戸謙次2, 江間 玲1, 牛久秀樹1, 和田拓也2, 鷲尾真理愛1, 渡邉晃識2, 樋口勝彦2, 田邉 聡2,3, 小泉和三郎2, 渡邊昌彦4, 山下継嗣1,5: 1上部消化管外, 2消化器内, 3新世紀医療・先端医療, 4北里大学北里研究所病院, 5新世紀医療・横断的医療)

110185. [原著] Safety and Feasibility of Robotic Distal Gastrectomy for Stage IA Gastric Cancer: A Phase II Trial. Hosoda K1, Mieno H1, Ema A1, Ushiku H1, Washio M1, Song I, Watanabe M2, Yamashita K1,3: J Surg Res 2019/6; 238: 224-31. (細田 桂1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 牛久秀樹1, 鷲尾真理愛1, 渡邊昌彦2, 山下継史1,3: 1上部消化管外, 2北里大学北里研究所病院, 3新世紀医療・横断的医療)

110186. [原著] Prospective feasibility study for single-tracer sentinel node mapping by ICG (indocyanine green) fluorescence and OSNA (one-step nucleic acid amplification) assay in laparoscopic gastric cancer surgery. Shoji Y, Kumagai K, Kamiya S, Ida S, Nunobe S, Ohashi M, Yoshimizu S, Horiuchi Y, Yoshio T, Ishiyama A, Hirasawa T, Osako T, Yamamoto N, Fujisaki J, Sano T, Hiki N1: Gastric Cancer 2019/7; 22 (4): 873-80. (比企直樹1: 1上部消化管外)

110187. [原著] Epstein-Barr virus status is a promising biomarker for endoscopic resection in early gastric cancer: proposal of a novel therapeutic strategy. Osumi H, Kawachi H, Yoshio T, Ida S, Yamamoto N, Horiuchi Y, Ishiyama A, Hirasawa T, Tsuchida T, Hiki N1, Takeuchi K, Fujisaki J: J Gastroenterol 2019/9; 54 (9): 774-83. (比企直樹1: 1上部消化管外)

110188. [原著] Surgical outcomes and risk assessment for anastomotic complications after laparoscopic proximal gastrectomy with double-flap technique for upper-third gastric cancer. Shoji Y, Nunobe S, Ida S, Kumagai K, Ohashi M, Sano T, Hiki N1: Gastric Cancer 2019/9; 22 (5): 1036-43. (比企直樹1: 1上部消化管外)

110189. [原著] Duodenal stump reinforcement might reduce both incidence and severity of duodenal stump leakage after laparoscopic gastrectomy with Roux-en-Y reconstruction for gastric cancer. Ri M, Hiki N1, Ishizuka N, Ida S, Kumagai K, Nunobe S, Ohashi M, Sano T: Gastric Cancer 2019/9; 22 (5): 1053-9. (比企直樹1: 1上部消化管外)

110190. [原著] Oncological feasibility of laparoscopic subtotal gastrectomy compared with laparoscopic proximal or total gastrectomy for cT1N0M0 gastric cancer in the upper gastric body. Kano Y, Ohashi M, Ida S, Kumagai K, Nunobe S, Sano T, Hiki N1: Gastric Cancer 2019/9; 22 (5): 1060-8. (比企直樹1: 1上部消化管外)

110191. [原著] Should pylorus-preserving gastrectomy be performed for overweight/obese patients with gastric cancer? Tsujiura M, Hiki N1, Ohashi M, Nunobe S, Kumagai K, Ida S, Ohashi T, Sano T, Yamaguchi T: Gastric Cancer 2019/11; 22 (6): 1247-55. (比企直樹1: 1上部消化管外)

110192. [原著] Timing and site-specific trends of recurrence in patients with pathological stage II or III gastric cancer after curative gastrectomy followed by adjuvant S-1 monotherapy. Takahashi R, Ohashi M, Kano Y, Ida S, Kumagai K, Nunobe S, Chin K, Yamaguchi K, Nagino M, Sano T, Hiki N1: Gastric Cancer 2019/11; 22 (6): 1256-62. (比企直樹1: 1上部消化管外)

110193. [原著] Development of a novel tool to assess skills in laparoscopic gastrectomy using the Delphi method: the Japanese operative rating scale for laparoscopic distal gastrectomy (JORS-LDG). Kurashima Y, Watanabe Y, Hiki N1, Poudel S, Kitagami H, Ebihara Y, Murakami S, Shichinohe T, Hirano S: Surg Endosc 2019/12; 33 (12): 3945-52. (比企直樹1: 1上部消化管外)

110194. [原著] Comprehensive Exploration to Identify Predictive DNA Markers of ΔNp63/SOX2 in Drug Resistance in Human Esophageal Squamous Cell Carcinoma. Ooizumi Y1, Kojima K 2, Igarashi K, Tanaka Y1, Harada H1, Yokota K1, Kaida T1, Ishii S3, Tanaka T 2, Yokoi K 2, Nishizawa N4, Washio M3, Ushiku H3, Katoh H5, Kosaka Y5, Mieno H3, Hosoda K3, Watanabe M6, Katada C7, Hiki N3, Yamashita K3,8: Ann Surg Oncol 2019/12; 26 (13): 4814-25. (大泉陽介1, 小嶌慶太 2, 田中蓉子1, 原田宏輝1, 横田和子1, 甲斐田武志1, 石井 智3, 田中俊道 2, 横井圭悟 2, 西澤伸恭4, 鷲尾真理愛3, 牛久秀樹3, 加藤 弘5, 小坂愉賢5, 三重野浩朗3, 細田 桂3, 渡邊昌彦6, 堅田親利7, 比企直樹3, 山下継史3,8: 1大学院医療系研究科, 2下部消化管外, 3上部消化管外, 4一般・小児・肝胆膵外, 5乳腺・甲状腺外, 6北里大学北里研究所病院, 7消化器内, 8新世紀医療・横断的医療)

110195. [原著] CD33+ Immature Myeloid Cells Critically Predict Recurrence in Advanced Gastric Cancer. Soeno T1, Katoh H2, Ishii S3, Ushiku H3, Hosoda K3, Hiki N3, Watanabe M4, Yamashita K3,5: J Surg Res 2020/1; 245: 552-63. (添野孝文1, 加藤 弘2, 石井 智3, 牛久秀樹3, 細田 桂3, 比企直樹3, 渡邊昌彦4, 山下継史3,5: 1大学院医療系研究科, 2乳腺・甲状腺外, 3上部消化管外, 4北里大学北里研究所病院, 5新世紀医療・横断的医療)

110196. [原著] Billroth-I vs Roux-en-Y after distal gastrectomy: A comparison of long-term nutritional status and survival rates from a large-scale multicenter cohort study. Kinoshita T, Honda M, Matsuki A, Enomoto N, Aizawa M, Nunobe S, Yabusaki H, Abe T, Hiki N1: Ann Gastroenterol Surg 2020/2; 4 (2): 142-50. (比企直樹1: 1上部消化管外)

310025. [症例報告] Two cases of a perforated duodenal diverticulum after gastrectomy with Roux-en-Y reconstruction. Yagi S, Ida S, Ohashi M, Kumagai K, Hiki N1, Sano T, Nunobe S: Surg Case Rep 2019/11; 5 (1): 169. (比企直樹1: 1上部消化管外)

320013. [症例報告] Ramucirumab + Paclitaxel併用療法によりcCRが得られた術後再発胃癌の1例. 中馬基博1,2, 高橋禎人1,3, 時任崇聡1,4, 千野慎一郎1,4, 江間 玲2, 牛久秀樹2, 中村和徳1,3, 久保任史3, 内藤正規1,4, 近藤康史1,5, 西 八嗣1, 比企直樹2: 1北里大学メディカルセンター, 2上部消化管外, 3一般・小児・肝胆膵外, 4下部消化管外, 5乳腺・甲状腺外) 癌と化学療法 2019/12; 46 (13): 1931-3.

522043. [講座]【誌上ディベート第18回: 幽門側胃切除後でBillroth-I法再建ができない場合の再建方法の選択】Roux-en-Y法 vs. Billroth-II法: Roux-en-Y法の立場から. 鷲尾真理愛1, 比企直樹1 (1上部消化管外): 消化器外科 2019/10; 42 (11): 1600-2.

522044. [講座]【特集: 腹腔鏡下胃手術のすべて】■基礎編 膵液瘻ゼロをめざしたリンパ節郭清術. 鷲尾真理愛1, 比企直樹1 (1上部消化管外): 臨床外科 2019/10; 74 (10): 1156-62.

522045. [講座]【特集: 消化器腫瘍に対する腹腔鏡・内視鏡合同手術 (LECS) up date】I. 総論 LECS概論−LECS開発の経緯とその後の発展. 比企直樹 (上部消化管外): 臨床雑誌外科 2019/10; 81 (11): 1105-8.

522046. [講座]【特集: 周術期・侵襲下におけるエビデンスと問題点】周術期PPNの是非. 新原正大1, 比企直樹1 (1上部消化管外): 外科と代謝・栄養 2020/2; 54 (1): 31-5.

[著 書]

620039. [学術書 (分担執筆)]【別冊「医学のあゆみ」ロボット支援手術の最前線】各論 15. 胃癌に対するロボット支援胃切除術, p.76-82. 細田 桂1, 山下継史1,2 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医), 編: 久米春喜, 医歯薬出版, 東京, 2019/8発行.

620040. [学術書 (分担執筆)]【内科医に求められる他科の知識 (臨床雑誌内科2019年9月増大号)】<第1章 外科> C. 消化器外科 胃がん, p.1749-51. 細田 桂1, 比企直樹1 (1上部消化管外), 南江堂, 東京, 2019/9発行.

620041. [学術書 (分担執筆)]【内科医に求められる他科の知識−専門家が伝えるDo/Don't (臨床雑誌内科2019年9月増大号)】第1章 外科 C. 消化器外科 胃がん, p.1749-51. 細田 桂1, 比企直樹1 (1上部消化管外), 南江堂, 東京, 2019/9発行.

620042. [学術書 (分担執筆)]【すぐに使える周術期管理マニュアル (臨床外科2019年10月増刊号)】■I章 周術期管理・総論 術前術後栄養管理, p.11-4. 牛久秀樹1, 比企直樹1, 細田 桂1, 新原正大1, 櫻谷美貴子1, 鷲尾真理愛1, 原田宏輝1, 山下継史1,2 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療), 医学書院, 東京, 2019/10発行.

[学会・研究会等]

721010. [学会 (全国)] (特別講演) LECSの現況と展望. 比企直樹 (上部消化管外): 第97回日本消化器内視鏡学会総会 (2019/6/1), 東京.

721011. [学会 (全国)] (特別講演) 取れるから取らない胃外科医, ベッドサイドで考える胃外科医になってほしい. 比企直樹 (上部消化管外): 第81回日本臨床外科学会総会 (2019/11/16), 高知.

722062. [学会 (全国)] (招待講演等) 消化管外科手術における縫合不全対策について考える1 幽門側胃切除, Billroth-1再建における短胃動脈温存Tension free吻合の工夫. 鷲尾真理愛1, 細田 桂1, 添野孝文2, 原田宏輝1, 櫻谷美貴子1, 牛久秀樹1, 新原正大1, 山下継史1,3, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・横断的医療): 第81回日本臨床外科学会総会 (2019/11/14), 高知.

722063. [学会 (全国)] (招待講演等) 内視鏡外科手術特有の合併症について考える 腹腔鏡胃切除における膵上縁郭清時の膵転がし法の工夫. 牛久秀樹1, 細田 桂1, 新原正大1, 櫻谷美貴子1, 鷲尾真理愛1, 原田宏輝1, 山下継史1,2, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療): 第81回日本臨床外科学会総会 (2019/11/14), 高知.

722064. [学会 (全国)] (招待講演等) ロボット手術の適応と合併症について考える ロボット支援腹腔鏡下胃切除術の術中・術後合併症. 鷲尾真理愛1, 細田 桂1, 添野孝文2, 原田宏輝1, 櫻谷美貴子1, 牛久秀樹1, 新原正大1, 山下継史1,3, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・横断的医療): 第81回日本臨床外科学会総会 (2019/11/14), 高知.

722065. [学会 (全国)] (招待講演等) 胃切除後の再建方法について考える 腹腔鏡下噴門側胃切除術, 術後合併症の検討. 添野孝文1, 原田宏輝2, 鷲尾真理愛2, 櫻谷美貴子2, 牛久秀樹2, 新原正大2, 細田 桂2, 山下継史2,3, 比企直樹2 (1大学院医療系研究科, 2上部消化管外, 3新世紀医療・横断的医療): 第81回日本臨床外科学会総会 (2019/11/15), 高知.

723260. [学会 (全国)] (一般講演) 胃癌患者におけるABC診断とKK-LC-1発現の関連性についての検討. 中馬基博1,2, 信太昭子3, 福山 隆, 二渡信江, 山村瑠衣, 時任崇聡1,4, 千野慎一郎4, 久保任史5, 近藤康史1,6, 西 八嗣1, 池永 誠1,6, 高橋禎人1,5, 小林憲忠1, 山崎 等1,3, 渡邊昌彦7 (1北里大学メディカルセンター, 2上部消化管外, 3病理, 4下部消化管外, 5一般・小児・肝胆膵外, 6乳腺・甲状腺外, 7北里大学北里研究所病院): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/18), 大阪.

723261. [学会 (全国)] (一般講演) ロボット支援腹腔鏡下胃切除術の有用性と問題点. 細田 桂1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 牛久秀樹1, 鷲尾真理愛1, 渡邊昌彦2, 山下継史1,3 (1上部消化管外, 2北里大学北里研究所病院, 3新世紀医療・横断的医療): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/18), 大阪.

723262. [学会 (全国)] (一般講演) 食道胃接合部癌の治療戦略. 荒木一兵太1, 細田 桂1, 鷲尾真理愛1, 牛久秀樹1, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 渡邊昌彦2, 山下継史1,3 (1上部消化管外, 2北里大学北里研究所病院, 3新世紀医療・横断的医療): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/18), 大阪.

723263. [学会 (全国)] (一般講演) 食道癌手術における周術期サポートの検討: e-sheetの導入. 牛久秀樹1, 菊池奈穂子2, 細田 桂1, 鷲尾真理愛1, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 山下継史1,3, 渡邊昌彦4 (1上部消化管外, 2栄養部, 3新世紀医療・横断的医療, 4北里大学北里研究所病院): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/18), 大阪.

723264. [学会 (全国)] (一般講演) 食道扁平上皮癌に対する根治的化学放射線療法後のSalvage手術の検討. 原田宏輝1, 添野孝文2, 鷲尾真理愛1, 牛久秀樹1, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 細田 桂1, 渡邊昌彦3, 山下継史1,4, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3北里大学北里研究所病院, 4新世紀医療・横断的医療): 第73回日本食道学会学術集会 (2019/6/6), 福岡

723265. [学会 (全国)] (一般講演) ロボット支援胸腔鏡下食道切除術の安全な導入. 細田 桂1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 牛久秀樹1, 鷲尾真理愛1, 山下継史1,2, 渡邊昌彦3, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3北里大学北里研究所病院): 第73回日本食道学会学術集会 (2019/6/7), 福岡

723266. [学会 (全国)] (一般講演) 頸胸部境界食道癌の治療成績, 戦略. 添野孝文1, 山下継史2,3, 原田宏輝3, 鷲尾真理愛3, 牛久秀樹3, 江間 玲3, 三重野浩朗3, 細田 桂3, 渡邊昌彦4, 比企直樹3 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4北里大学北里研究所病院): 第73回日本食道学会学術集会 (2019/6/7), 福岡

723267. [学会 (全国)] (一般講演) 食道癌手術における周術期サポートの検討: e-sheetの導入. 原田宏輝1, 牛久秀樹1, 菊池奈穂子2, 細田 桂1, 鷲尾真理愛1, 櫻谷美貴子1, 新原正大1, 森谷宏光1, 山下継史1,3, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2栄養部, 3新世紀医療・横断的医療): 日本外科代謝栄養学会第56回学術集会 (2019/7/5), 兵庫.

723268. [学会 (全国)] (一般講演) ロボット支援胃癌手術の特徴と今後の課題. 細田 桂1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 牛久秀樹1, 鷲尾真理愛1, 山下継史1,2, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3北里大学北里研究所病院): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/17), 東京.

723269. [学会 (全国)] (一般講演) 消化管外科領域における新規バイオマーカー 食道扁平上皮癌における薬剤耐性に関与するΔNp63/SOX2遺伝子の予測マーカーとしての検討. 原田宏輝1, 大泉陽介2, 添野孝文2, 鷲尾真理愛1, 牛久秀樹1, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 細田 桂1, 渡邊昌彦3, 山下継史1,4 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3北里大学北里研究所病院, 4新世紀医療・横断的医療): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/17), 東京.

723270. [学会 (全国)] (一般講演) 切除不能進行胃癌に対するDocetaxel + CDDP + S-1 (DCS) conversion surgery. 鷲尾真理愛1, 細田 桂1, 添野孝文2, 原田宏輝1, 牛久秀樹1, 江間 玲1, 三重野浩朗1, 渡邊昌彦3, 山下継史1,4 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3北里大学北里研究所病院, 4新世紀医療・横断的医療): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/18), 東京.

723271. [学会 (全国)] (一般講演) 腹膜播種胃癌に対するDocetaxel + CDDP + S-1 (DCS) 療法後の切除例に関する検討. 牛久秀樹1, 細田 桂1, 三重野浩朗1, 鷲尾真理愛1, 原田宏輝1, 江間 玲1, 山下継史1,2, 渡邊昌彦3 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3北里大学北里研究所病院): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/19), 東京.

723272. [学会 (全国)] (一般講演) 進行胃癌における術後補助化学療法の効果予測マーカーである癌特異的CDO1遺伝子のDNAメチル化の意義 (Prediction of efficacy of postoperative chemotherapy by promoter DNA methylation of CDO1 gene in advanced gastric cancer). 原田宏輝1, 添野孝文2, 横井圭悟3, 鷲尾真理愛1, 牛久秀樹1, 櫻谷美貴子1, 細田 桂1, 比企直樹1, 山下継史1,4 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3下部消化管外, 4新世紀医療・横断的医療): 第78回日本癌学会学術総会 (2019/9/27), 京都.

723273. [学会 (全国)] (一般講演) 消化管外科領域におけるロボット支援手術の位置づけ: 上部消化管外科領域におけるロボット手術. 細田 桂1, 添野孝文2, 原田宏輝1, 鷲尾真理愛1, 櫻谷美貴子1, 牛久秀樹1, 新原正大1, 山下継史1,3, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・横断的医療): 第81回日本臨床外科学会総会 (2019/11/14), 高知.

723274. [学会 (全国)] (一般講演) 術後合併症で苦しんだ症例1 (上部消化管): 残胃全摘術後の遅発性腹腔内出血に対し, 術中経カテーテル動脈塞栓を施行した一例. 原田宏輝1, 添野孝文2, 鷲尾真理愛1, 牛久秀樹1, 櫻谷美貴子1, 新原正大1, 細田 桂1, 山下継史1,3, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・横断的医療): 第81回日本臨床外科学会総会 (2019/11/14), 高知.

723275. [学会 (全国)] (一般講演) 食道癌根治術に対して縫合不全ゼロを目指した工夫. 新原正大1, 細田 桂1, 牛久秀樹1, 鷲尾真理愛1, 櫻谷美貴子1, 原田宏輝1, 山下継史1,2, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療): 第81回日本臨床外科学会総会 (2019/11/16), 高知.

723276. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下噴門側胃切除術の再建 腹腔鏡下噴門側胃切除術: 上川法 vs Orvil法. 添野孝文1, 原田宏輝2, 鷲尾真理愛2, 櫻谷美貴子2, 牛久秀樹2, 新原正大2, 細田 桂2, 山下継史2,3, 比企直樹2 (1大学院医療系研究科, 2上部消化管外, 3新世紀医療・横断的医療): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/5), 横浜.

723277. [学会 (全国)] (一般講演) 改めて体位による上縦隔郭清の違いを考える: ロボット支援手術に向けて. 新原正大1, 細田 桂1, 牛久秀樹1, 鷲尾真理愛1, 櫻谷美貴子1, 原田宏輝1, 山下継史1,2, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/5), 横浜.

723278. [学会 (全国)] (一般講演) ロボット支援胸腔鏡下食道切除術の有用性. 細田 桂1, 添野孝文2, 原田宏輝1, 鷲尾真理愛1, 櫻谷美貴子1, 牛久秀樹1, 新原正大1, 山下継史1,3, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・横断的医療): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/5), 横浜.

723279. [学会 (全国)] (一般講演) 80歳以上高齢者胃癌の外科治療成績とその現況. 原田宏輝1, 添野孝文2, 鷲尾真理愛1, 牛久秀樹1, 櫻谷美貴子1, 新原正大1, 細田 桂1, 山下継史1,3, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・横断的医療): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/6), 横浜.

723280. [学会 (全国)] (一般講演) 食道胃接合部癌に対する再建の工夫: 胸腔鏡下上川法再建. 牛久秀樹1, 細田 桂1, 新原正大1, 櫻谷美貴子1, 鷲尾真理愛1, 原田宏輝1, 添野孝文2, 山下継史1,3, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・横断的医療): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/7), 横浜.

723281. [学会 (全国)] (一般講演) 胃癌に対するロボット支援手術の短期成績. 櫻谷美貴子1, 細田 桂1, 添野孝文2, 原田宏輝1, 鷲尾真理愛1, 牛久秀樹1, 新原正大1, 山下継史1,3, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・横断的医療): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/7), 横浜.

723282. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡内視鏡合同手術 (LECS) の新展開: ハイリスク併存症を有する進行胃癌患者に対する緩和LECSの一例. 鷲尾真理愛1, 比企直樹1, 添野孝文2, 原田宏輝1, 櫻谷美貴子1, 牛久秀樹1, 新原正大1, 細田 桂1, 山下継史1,3 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・横断的医療): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/7), 横浜.

732021. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 内視鏡を用いた外科と内科のコラボレーション治療: LECSは胃局所切除の定型手技となるか? 比企直樹 (上部消化管外): 第108回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/6/8), 東京.

733112. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腹腔鏡補助下噴門側胃切除術再建時の胃食道逆流の予防におけるDouble-flap法再建とOrvil法再建の検討. 細田 桂1, 牛久秀樹1, 三重野浩朗1, 江間 玲1, 鷲尾真理愛1, 原田宏輝1, 新原正大1, 櫻谷美貴子1, 山下継史1,2, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療): 第28回消化器疾患病態治療研究会 (2019/9/7), 愛知.

733113. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) CDO1遺伝子メチル化を利用した新規診断法: 胃癌DNA腹水洗浄細胞診の確立. 原田宏輝1, 添野孝文2, 鷲尾真理愛1, 櫻谷美貴子1, 牛久秀樹1, 新原正大1, 細田 桂1, 山下継史1,3, 比企直樹1 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・横断的医療): 第39回日本分子腫瘍マーカー研究会 (2019/9/25), 京都.

733114. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院における胃切除後ERASの確立に向けて〜現状と今後の展望について〜. 櫻谷美貴子1, 比企直樹1, 添野孝文2, 原田宏輝1, 鷲尾真理愛1, 牛久秀樹1, 新原正大1, 細田 桂1, 山下継史1,3 (1上部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・横断的医療): 第8回神奈川周術期管理研究会 (2020/2/12), 神奈川

'18年度以前分

[学術論文]

'18-110009. [原著] Comparison of double-flap and OrVil techniques of laparoscopy-assisted proximal gastrectomy in preventing gastroesophageal reflux: a retrospective cohort study. Hosoda K1, Washio M1, Mieno H1, Moriya H1, Ema A1, Ushiku H1, Watanabe M2, Yamashita K1,3: Langenbecks Arch Surg 2019/2; 404 (1): 81-91. (細田 桂1, 鷲尾真理愛1, 三重野浩朗1, 森谷宏光1, 江間 玲1, 牛久秀樹1, 渡邊昌彦2, 山下継史1,3: 1上部消化管外, 2北里大学北里研究所病院, 3新世紀医療・横断的医療)

'18-110010. [原著] Prediction of onset of remnant gastric cancer by promoter DNA methylation of CDO1/ HOPX/ Reprimo/ E-cadherin. Kojima K, Minatani N, Ushiku H1, Ishii S1, Tanaka T2, Yokoi K2, Nishizawa N3, Ooizumi Y, Igarashi K, Hosoda K2, Moriya H2, Mieno H, Watanabe M4, Yamashita K1,5: Oncotarget 2019/3; 10 (25): 2423-34. (小嶌慶太1, 牛久秀樹2, 石井 智2, 田中俊道3, 横井圭悟3, 西澤伸恭4, 細田 桂2, 森谷宏光2, 三重野浩朗, 渡邊昌彦5, 山下継史2,6: 1大学院医療系研究科, 2上部消化管外, 3下部消化管外, 4一般・小児・肝胆膵外, 5北里大学北里研究所病院, 6新世紀医療・横断的医療)

[学会・研究会等]

'18-723007. [学会 (全国)] (一般講演) cStage II/III 食道扁平上皮癌に対するDCFによるneoadjuvant chemotherapyの効果. 山下継史1,2, 森谷宏光2, 三重野浩朗2, 江間 玲2, 鷲尾真理愛2, 原田宏輝2, 渡邊昌彦3 (1新世紀医療・横断的医療, 2上部消化管外, 3北里大学北里研究所病院): 第73回日本消化器外科学会総会 (2018/7/12), 東京.

'18-723008. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 食道扁平上皮癌におけるHDAC阻害剤の感受性規定因子候補の同定SOX2/△Np63発現の意義. 大泉陽介1, 山下継史2,3, 加藤 弘4, 五十嵐一晴, 小嶌慶太, 田中蓉子1, 原田宏輝3, 横田和子1, 中本修司1, 渡邊昌彦5 (1大学院医療系研究科, 2新世紀医療・横断的医療, 3上部消化管外, 4乳腺・甲状腺外, 5北里大学北里研究所病院): 第38回日本分子腫瘍マーカー研究会 (2018/9/26), 大阪.


下部消化管外科学

[学術論文]

110197. [原著] Short-term and midterm outcomes of single-incision laparoscopic surgery for right-sided colon cancer. Ishii Y1,2, Yahagi M2, Ochiai H2, Sako H2, Amemiya R2, Maeda H2, Ogiri M2, Kamiya N2,3, Watanabe M1,2 (1Department of Lower Gastrointestinal Surgery, Kitasato University School of Medicine, 2Department of Surgery, Kitasato University Kitasato Institute Hospital, 3Department of Thoracic Surgery, Kitasato University School of Medicine): Surg Laparosc Endosc Percutan Tech 2019/7; 12 (3): 275-80. (石井良幸1,2, 神谷紀輝2,3, 渡邊昌彦1,2: 1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院, 3呼吸器外)

110198. [原著] Influence of chemoradiotherapy on nutritional status in locally advanced rectal cancer: Prospective multicenter study. Yamano T, Tomita N, Sato T1, Hayakawa K, Kamikonya N, Matoba S, Uki A, Baba H, Oya N, Hasegawa H, Shigematsu N, Hiraoka M, Shimada M, Noda M, Sakai Y, Sato H, Saegusa M2, Takeuchi M, Oguchi M, Oya M, Watanabe M1,3: Nutrition 2020/9; 77: 110807. doi: 10.1016/j.nut.2020.110807. Epub 2020 Mar 19. (佐藤武郎1, 三枝 信2, 渡邊昌彦1,3: 1下部消化管外, 2病理, 3北里大学北里研究所病院)

110199. [原著] Exploration of potential prognostic biomarkers in aflibercept plus FOLFIRI in Japanese patients with metastatic colorectal cancer. Hamaguchi T, Denda T, Kudo T, Sugimoto N, Ura T, Yamazaki K, Fujii H, Kajiwara T, Nakajima TE, Takahashi S, Otsu S, Komatsu Y, Nagashima F, Moriwaki T, Esaki T, Sato T1, Itabashi M, Oki E, Sasaki T, Chiron M, Yoshino T: Cancer Sci 2019/11; 110 (11): 3565-72. (佐藤武郎1: 1下部消化管外)

110200. [原著] WiNTRLINC1/ASCL2/c-Myc Axis Characteristics of Colon Cancer with Differentiated Histology at Young Onset and Essential for Cell Viability. Yokota K1, Tanaka Y1, Harada H1, Kaida T1, Nakamoto S1, Soeno T1, Fujiyama Y1, Yokota M1, Kojo K2, Miura H2, Yamanashi T2, Sato T2, Nakamura T2, Watanabe M2,3, Yamashita K4,5: Ann Surg Oncol 2019/12; 26 (13): 4826-34. (横田和子1, 田中蓉子1, 原田宏輝1, 甲斐田武志1, 中本修司1, 添野孝文1, 藤山芳樹1, 横田光央1,古城 憲2, 三浦啓壽2, 山梨高広2, 佐藤武郎2, 中村隆俊2, 渡邊昌彦2,3, 山下継史4,5: 1大学院医療系研究科, 2下部消化管外, 3北里大学北里研究所病院, 4新世紀医療・横断的医療, 5上部消化管外)

110201. [原著] Laparoscopic surgery to treat leiomyosarcomas of the sigmoid colon:a case report and literature review. Yahagi M1, Ishii Y1,2, Hara A, Watanabe M1,2 (1Department of Surgery, Kitasato University Kitasato Institute Hospital, 2Department of Surgery, Kitasato University School of Medicine): Surg Case Rep 2019/12; 5: 20. (石井良幸1,2, 渡邊昌彦1,2: 1北里大学北里研究所病院, 2下部消化管外)

110202. [原著] Risk Factors for Wound Infection After Laparoscopic Surgery for Colon Cancer. Nakamura T1, Takayama Y2, Sato T1, Watanabe M1,3: Surg Laparosc Endosc Percutan Tech 2020/2; 30 (1): 45-8. (中村隆俊1, 高山陽子2, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1,3: 1下部消化管外, 2新世紀医療・横断的医療, 3北里大学北里研究所病院)

110203. [原著] The superior approach with the stomach roll-up technique improves intraoperative outcomes and facilitates learning laparoscopic distal pancreatectomy: a comparative study between the superior and inferior approach. Morikawa T, Ishida M, Takadate T, Hata T, Iseki M, Kawaguchi K, Ohtsuka H, Mizuma M, Hayashi H, Nakagawa K, Motoi F, Kamei T, Naitoh T1, Unno M: Surg Today 2020/2; 50 (2): 153-62. (内藤 剛1: 1下部消化管外)

310026. [症例報告] Mixed adenoneuroendocrine carcinoma of the ampulla of Vater: a case report and literature review. Yoshimachi S, Ohtsuka H, Aoki T, Miura T, Ariake K, Masuda K, Ishida M, Mizuma M, Hayashi H, Nakagawa K, Morikawa T, Motoi F, Kanno A, Masamune A, Fujishima F, Sasano H, Kamei T, Naitoh T1, Unno M: Clin J Gastroenterol 2020/2; 13 (1): 37-45. (内藤 剛1: 1下部消化管外)

320014. [症例報告] 肛門管扁平上皮癌に対する集学的治療の選択−3例の検討−. 古城 憲1, 小倉直人1, 根本昌之, 鎌田弘樹, 細田篤志1, 藤野史織1, 森瀬昌樹, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 北里医学 2019/6; 49 (1): 15-9.

320015. [症例報告] 完全内臓逆位に合併したS状結腸癌に対し腹腔鏡下S状結腸切除を施行した1例. 千野慎一郎1,2, 内藤正規1,2, 牛久秀樹3, 甲斐田武志4, 久保任史5, 山下 航1, 中馬基博1,3, 時任崇聡1,2, 近藤康史1,6, 西 八嗣1, 高橋禎人1,5, 渡邊昌彦2,7 (1北里大学メディカルセンター, 2下部消化管外, 3上部消化管外, 4大学院医療系研究科, 5一般・小児・肝胆膵外, 6乳腺・甲状腺外, 7北里大学北里研究所病院) 癌と化学療法 2019/6; 46 (6): 1073-5.

320016. [症例報告] Mesodiverticular bandを伴うMeckel憩室による絞扼性腸閉塞の1例. 後藤卓也1, 中村隆俊2, 添野孝文1, 石井 智3 (1大学院医療系研究科, 2下部消化管外, 3上部消化管外): 日本腹部救急医学会雑誌 2019/9; 39 (6): 1091-3.

320017. [症例報告] 小腸子宮内膜症を診断し腹腔鏡下回盲部切除術を施行した1例. 小桐雅世1, 落合大樹1, 石井良幸1,2, 雨宮隆介1, 迫 裕之1, 前田日菜子1, 神谷紀輝1,3, 大作昌義1, 五月女恵一1, 中野 雅1, 渡邊昌彦1,2 (1北里大学北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外): Progress of Digestive Endoscopy 2019/12; 95 (1): 87-9.

320018. [症例報告] 化学療法が奏効し膀胱を温存し得た膀胱浸潤直腸癌の1切除例. 小久保翔志, 唐澤秀明, 梶原大輝, 大沼 忍, 鈴木秀幸, 神山篤史, 渡辺和宏, 石田孝宣, 亀井 尚, 内藤 剛1, 海野倫明 (1下部消化管外): 癌と化学療法 2020/1; 47 (1): 135-7.

522047. [講座]【特集: Innovativeな大腸癌診断・治療】6. 局所進行直腸癌に対する化学放射線療法施行後のwatch and waitの実際. 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 古城 憲1, 横井圭悟1, 萩原千恵1, 丸山正裕2, 坂本純一3 (1下部消化管外, 2一般・小児・肝胆膵外, 3乳腺・甲状腺外): 臨床雑誌外科 2019/9; 81 (10): 1036-41.

522048. [講座]【特集: IPMN・MCN国際診療ガイドライン総まとめ】縮小手術. 石田晶玄, 森川孝則, 高館達之, 元井冬彦, 内藤 剛1, 海野倫明 (1下部消化管外): 胆と膵 2020/1; 41 (1): 59-64.

522049. [講座]【特集: 消化器外科におけるre-do手術】I. 消化管 2. 減量手術におけるrevision surgery. 井本博文, 内藤 剛1 (1下部消化管外): 臨床雑誌外科 2020/2; 82 (2): 106-10.

522050. [講座]【特集: 一般・消化器外科医のための できる! 漢方】■周術期を漢方でサポートする 上部消化管手術 腹腔鏡下幽門側胃切除術後管理への六君子湯の導入効果. 武者宏昭, 井本博文, 山村明寛, 青木 豪, 田中直樹, 内藤 剛1, 亀井 尚, 海野倫明 (1下部消化管外): 臨床外科 2020/3; 75 (3): 292-8.

530007. [その他 (Comment)] ASO Author Reflections: ASCL2, a Marker of Dynamic Colon Stem Cell, Involved in Wnt Pathway Activation Reflects Anti-cancer Drug Resistance in Primary Colorectal Cancer. Tanaka T1, Yamashita K2,3: Ann Surg Oncol 2019/12; 26 (Suppl 3): 634. (田中俊道1, 山下継史2,3: 1下部消化管外, 2新世紀医療・先端医療, 3上部消化管外)

[著 書]

620043. [学術書 (分担執筆)]【担当医としてこのように答えたい がん患者・家族からの質問】第2章 各論: 臓器別のがん 小腸・大腸のがん Q74. 人工肛門の種類と特徴について教えてください, p.154-5. 石井良幸1,2, 矢作雅史2, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院外科), 監修: 山口俊晴3 (3がん研有明病院), 編: 今村正之4, 金尾祐之3, 清水英治5, 向井博文6, 馬場秀夫7, 平野 聡8, 米瀬淳二3, 渡邊昌彦1,2 (4関西電力病院, 5平成博愛会博愛記念病院, 6国立がん研究センター東病院, 7熊本大学大学院消化器外科学教室, 8北海道大学大学院消化器外科学教室), へるす出版, 東京, 2019/4発行.

620044. [学術書 (分担執筆)]【今日の診断指針 (第8版)】II 疾患編 24. 外来の小外科的疾患 血栓性外痔核, p.1970-1. 石井良幸1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院), 総編集: 永井良三3 (3自治医科大学), 医学書院, 東京, 2020/3発行.

[学会・研究会等]

722066. [学会 (全国)] (ワークショップ) 肝切除におけるシミュレーション・ナビゲーションの応用: Right intersectional planeを意識した肝離断. 雨宮隆介1, 阿部雄太2, 小桐雅代1, 前田日菜子1, 迫 裕之1, 落合大樹1, 大作昌義1, 神谷紀輝1,3, 石井良幸1,4, 渡邊昌彦1,4 (1北里大学北里研究所病院, 2慶應義塾大学医学部一般・消化器外科, 3呼吸器外, 4下部消化管外): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/19), 大阪, 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回抄録集 2019/4; WS10-10.

722067. [学会 (全国)] (招待講演等) 腹腔鏡下結腸癌手術の創感染対策 (ICTと協力体制の構築). 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 古城 憲1, 内藤正規1, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 (2019/10/11), 東京.

722068. [学会 (全国)] (学術セミナー) 人生100年時代 消化器良性疾患を考える. 石井良幸1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第81回日本臨床外科学会総会 (2019/11/15), 高知, 日本臨床外科学会雑誌 2019/10; 80 (増刊): 37.

722069. [学会 (全国)] (ワークショップ) 急性虫垂炎に対する手術−開腹? 腹腔鏡?−: 急性虫垂炎に対する治療方針の検討. 雨宮隆介1, 石井良幸1,2, 北 英典1, 迫 裕之1, 落合大樹1, 神谷紀輝1,3, 渡邊昌彦1,2 (1北里大学北里研究所病院外科, 2下部消化管外, 3呼吸器外): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/6), 横浜, 日本内視鏡外科学会雑誌 2019/12; 24 (7): WS13-6.

722070. [学会 (全国)] (ワークショップ) 医療材料のマネジメント 当院における医療材料マネジメントの現状と向後. 石井良幸1,2, 雨宮隆介2, 迫 裕之2, 落合大樹2, 神谷紀輝2,3, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院, 3呼吸器外): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/7), 横浜, 日本内視鏡外科学会雑誌 2019/12; 24 (7): WS35-4.

722071. [学会 (全国)] (招待講演等) 腹腔鏡下時代におけるStoma造設のトレンド. 佐藤武郎1, 三浦啓壽1, 古城 憲1, 横井圭悟1, 萩原千恵1, 山梨高広1, 中村隆俊1 (1下部消化管外): 第37回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 (JSSCR) (2020/2/8), 静岡.

723283. [学会 (全国)] (一般講演) 下部直腸癌に対する術前放射線化学療法後の腹腔鏡下手術の有用性. 古城 憲1, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 島津 将, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/18), 大阪.

723284. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下結腸癌術後の創部感染症危険因子の検討. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 古城 憲1, 島津 将, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/18), 大阪.

723285. [学会 (全国)] (一般口演) クローン病に対するQOL向上を目指したIBDセンター内科医と大腸外科医とのコンビネーション. 落合大樹1, 石井良幸1,2, 神谷紀輝1,3, 大作昌義1, 迫 裕之1, 雨宮隆介1, 前田日菜子1, 小桐雅代1, 渡邊昌彦1,2 (1北里大学北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/18), 大阪, 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 2019/4; SF023-8.

723286. [学会 (全国)] (一般講演) 橈側皮静脈カットダウン法による中心静脈ポート挿入に対する安全性と有用性の検討. 内藤正規1,2, 千野慎一郎1,2, 近藤康史1,3, 久保任史1,4, 中馬基博1,5, 時任崇聡1,2, 中村和徳1,4, 西 八嗣1, 高橋禎人1,4, 渡邉昌彦6 (1北里大学メディカルセンター, 2下部消化管外, 3乳腺・甲状腺外, 4一般・小児・肝胆膵外, 5上部消化管外, 6北里大学北里研究所病院): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/19), 大阪.

723287. [学会 (全国)] (ポスター) American joint committee on Cancer (AJCC) 第8版「Pathologic Prognostic Stage分類 (ppStage)」に基づく病期別予後の検討. 前田日菜子1, 池田 正1, 小桐雅世1, 雨宮隆介1, 迫 裕之1, 落合大樹1, 神谷紀輝1,2, 大作昌義1, 石井良幸1,3, 渡邊昌彦1,3 (1北里大学北里研究所病院, 2呼吸器外, 3下部消化管外): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/20), 大阪, 日本外科学会定期学術集会抄録集 119回 2019/4; PS1924.

723288. [学会 (全国)] (一般講演) ICTと歩む新しい下部消化管手術の創感染対策. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 古城 憲1, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/17), 東京.

723289. [学会 (全国)] (一般講演) 大腸癌取り扱い規約第9版におけるStage III大腸癌の検討. 古城 憲1, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 島津 将, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/17), 東京.

723290. [学会 (全国)] (一般講演) pStage II, III横行結腸癌に対する腹腔鏡下手術の治療成績. 三浦啓壽1, 佐藤武郎1, 島津 将, 古城 憲1, 山梨高広1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/17), 東京.

723291. [学会 (全国)] (一般口演) 難治性潰瘍性大腸炎に対する当院IBD消化管内科医と外科医のコラボレーション. 落合大樹1, 石井良幸1,2, 大作昌義1, 迫 裕之1, 雨宮隆介1, 前田日菜子1, 小桐雅代1, 神谷紀輝1,3, 渡邊昌彦1,2 (1北里大学北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/17), 東京, 日本消化器外科学会総会74回抄録集 2019/7; P96-3.

723292. [学会 (全国)] (一般口演) 肝右葉におけるRight intersectional plane・Transverse planeと新たな亜区域の提唱. 雨宮隆介1, 阿部雄太2, 小桐雅代1, 前田日菜子1, 迫 裕之1, 落合大樹1, 大作昌義1, 神谷紀輝1,3, 石井良幸1,4, 渡邊昌彦1,4 (1北里大学北里研究所病院, 2慶應義塾大学医学部一般・消化器外科, 3呼吸器外, 4下部消化管外): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/17), 東京, 日本消化器外科学会総会74回抄録集 2019/7; RS8-3.

723293. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下S状結腸切除後の縫合不全症例の検討. 萩原千恵1, 中村隆俊1, 古城 憲1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/18), 東京.

723294. [学会 (全国)] (一般口演) 人工肛門造設術・閉鎖術における当院の工夫およびPitfall. 小桐雅世1, 落合大樹1, 石井良幸1,2, 前田日菜子1, 雨宮隆介1, 迫 裕之1, 神谷紀輝1,3, 大作昌義1, 渡邊昌彦1,2 (1北里大学北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/18), 東京, 日本消化器外科学会総会74回抄録集2019/7; P127-5.

723295. [学会 (全国)] (一般口演) 残胃癌の臨床病理学的検討と脾摘の意義. 迫 裕之1, 大作昌義1, 小桐雅世1, 前田日菜子1, 雨宮隆介1, 落合大樹1, 石井良幸1,2, 神谷紀輝1,3, 菊池史郎1,4, 渡邊昌彦1,2 (1北里大学北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外, 44病院連携教育): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/18), 東京, 日本消化器外科学会総会74回抄録集 2019/7; P32-1.

723296. [学会 (全国)] (一般講演) 直腸腫瘍に対するロボット支援腹腔鏡下手術の短期成績. 横井圭悟1, 中村隆俊1, 島津 将, 古城 憲1, 三浦啓壽1, 内藤正規1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第74回日本消化器外科学会総会 (2019/7/19), 東京.

723297. [学会 (全国)] (一般講演) 医学部ディプローマポリシーに基づいた若手医師におけるアンケート調査による学修成果の評価. 菊池史郎1, 守屋利佳2, 竹内昭博, 小川元之3 (14病院連携教育, 2医学教育, 3解剖): 第51回日本医学教育学会大会 (2019/7/26), 京都, 第51回日本医学教育学会大会予稿集 2019; 50: 96.

723298. [学会 (全国)] (一般講演) 結腸癌におけるWiNTRLINC1/Ascl 2/c-myc軸の臨床的意義. 横田和子1, 田中蓉子1, 原田宏輝2, 甲斐田武志1, 古城 憲2, 三浦啓壽2, 山梨高広2, 佐藤武郎2, 中村隆俊2, 渡邊昌彦2,3, 山下継史4,5 (1大学院医療系研究科, 2下部消化管外, 3北里大学北里研究所病院, 4新世紀医療・横断的医療, 5上部消化管外): 第78回日本癌学会学術総会 (2019/9/28), 京都.

723299. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下大腸切除術から開腹移行への適切なタイミング. 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 古城 憲1, 横井圭悟1, 萩原千恵1, 丸山正裕2, 坂本純一3, 渡邊昌彦1,4 (1下部消化管外, 2一般・小児・肝胆膵外, 3乳腺・甲状腺外, 4北里研究所病院): 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 (2019/10/11), 東京.

723300. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下大腸切除術における周術期疼痛管理法の硬膜外麻酔法 vs アセトアミノフェン静脈内投与法の比較検討. 三浦啓壽1, 佐藤武郎1, 古城 憲1, 山梨高広1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 (2019/10/11), 東京.

723301. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下大腸切除術を施行したステージII結腸癌における再発リスク因子の検討. 古城 憲1, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 横井圭悟1, 萩原千恵1, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 (2019/10/11), 東京.

723302. [学会 (全国)] (一般講演) Gant-三輪 + Thiersch法による直腸脱手術後に直腸穿孔を来した1例. 千野慎一郎1, 内藤正規1,2, 時任崇聡1,2, 中馬基博2,3, 中村和徳2,4, 久保任史4, 近藤康史2,5, 西 八嗣2, 高橋禎人2,4, 渡邊昌彦6 (1下部消化管外, 2北里大学メディカルセンター, 3上部消化管外, 4一般・小児・肝胆膵外, 5乳腺・甲状腺外, 6北里大学北里研究所病院): 第74回日本大腸肛門病学会学術集会 (2019/10/11), 東京.

723303. [学会 (全国)] (一般講演) 低侵襲性を目指した局所進行直腸癌に対する治療戦略. 古城 憲1, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 横井圭悟1, 萩原千恵1 (1下部消化管外): 第57回日本癌治療学会学術集会 (2019/10/24), 福岡.

723304. [学会 (全国)] (一般講演) 埋め込み型中心静脈ポートの術後感染の危険因子とその対策. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 古城 憲1, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第57回日本癌治療学会学術集会 (2019/10/24), 福岡.

723305. [学会 (全国)] (一般講演) pT1直腸癌に対する腹腔鏡下手術成績に術前内視鏡治療が与える影響. 萩原千恵1, 中村隆俊1, 横井圭悟1, 古城 憲1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第57回日本癌治療学会学術集会 (2019/10/24), 福岡.

723306. [学会 (全国)] (一般講演) 結腸癌に対する補助化学療法の推奨に再発スコアが与える影響 (SUNRISE-DI試験). 賀川義規, 沖 英次, 三島沙織, 池田正孝, 上野秀樹, 加藤健志, 楠本哲也, 舛石俊樹, 山口研成, 金澤旭宣, 仁科智裕, 太田貢由, 佐藤武郎1, 山中竹春, 吉野孝之 (1下部消化管外): 第57回日本癌治療学会学術集会 (2019/10/24), 福岡.

723307. [学会 (全国)] (一般講演) 局所進行直腸癌に対する化学放射線療法での栄養状態と副作用・周術期合併症の関係. 山野智基, 佐藤武郎1, 早川和重2, 冨田尚裕, 的場周一郎, 馬場秀夫, 長谷川博俊, 肥田侯矢, 古畑智久, 内藤 剛1, 島田光生, 大塚幸喜, 橋口陽二郎, 竹内正弘, 渡邊昌彦1,3 (1下部消化管外, 2放射線 (腫瘍), 3北里大学北里研究所病院): 第57回日本癌治療学会学術集会 (2019/10/24), 福岡.

723308. [学会 (全国)] (一般口演) 完全自然緩解をきたした肝細胞癌と盲腸癌との同時性重複癌の1例. 北 英典1, 雨宮隆介1, 石井良幸1,2, 大部 誠1, 神谷紀輝1,3, 五月女恵一1, 落合大樹1, 迫 裕之1, 前田日菜子1, 渡邊昌彦1,2 (1北里大学北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外): 第81回日本臨床外科学会総会 (2019/11/14), 高知, 日本臨床外科学会雑誌 2019/10; 80 (増刊): 599.

723309. [学会 (全国)] (一般講演) 上顎癌再発精査中に発見された横行結腸神経内分泌細胞癌の一例. 箕浦宏之1, 中村隆俊1, 藤尾俊允1, 岡本光祈子2, 萩原千恵1, 横井圭悟1, 古城 憲1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1 (1下部消化管外, 2一般・小児・肝胆膵外): 第81回日本臨床外科学会総会 (2019/11/14-16), 高知.

723310. [学会 (全国)] (一般講演) 術後腸閉塞に対する腹腔鏡下手術の有用性と限界. 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 古城 憲1, 横井圭悟1, 萩原千恵1 (1下部消化管外): 第81回日本臨床外科学会総会 (2019/11/16), 高知.

723311. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下結腸癌手術の有用性 (短期・長期成績). 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 古城 憲1, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): JDDW 2019 (第17回日本消化器外科学会大会) (2019/11/23), 神戸.

723312. [学会 (全国)] (一般講演) 局所進行直腸癌に対する術前化学放射線治療後にWatch-and-wait approachを行った17例の検討. 古城 憲1, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 横井圭悟1, 萩原千恵1, 岡本光祈子2, 島津 将, 渡邊昌彦1,3 (1下部消化管外, 2一般・小児・肝胆膵外, 3北里大学北里研究所病院): JDDW 2019 (第17回日本消化器外科学会大会) (2019/11/23), 神戸.

723313. [学会 (全国)] (一般講演) 術後腸閉塞に対して腹腔鏡下手術は本当に有用か? 佐藤武郎 (下部消化管外): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/5-7), 横浜.

723314. [学会 (全国)] (一般講演) 直腸癌に対するロボット支援下手術の短期成績. 佐藤武郎 (下部消化管外): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/6), 横浜.

723315. [学会 (全国)] (一般講演) 局所進行直腸癌に対する術前化学放射線治療後のSalvage手術. 古城 憲1, 萩原千恵1, 横井圭悟1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1 (1下部消化管外): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/6), 横浜.

723316. [学会 (全国)] (一般講演) 虚血性腸炎による蛋白漏出性胃腸炎に対して外科的切除を施行した1例. 海瀬理可1, 萩原千恵1, 横井圭悟1, 古城 憲1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1 (1下部消化管外): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/6), 横浜.

723317. [学会 (全国)] (一般口演) 単孔式回盲部切除を施行した難治性クローン病の1例. 北 英典1, 落合大樹1, 石井良幸1,2, 雨宮隆介1, 迫 裕之1, 大作昌義1, 神谷紀輝1,3, 渡邊昌彦1,2 (1北里大学北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/6), 横浜, 日本内視鏡外科学会雑誌 2019/12; 24 (7): MO221-2.

723318. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔鏡下S状結腸切除後の縫合不全の危険因子. 萩原千恵1, 中村隆俊1, 横井圭悟1, 古城 憲1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1 (1下部消化管外): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/7), 横浜.

723319. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における上行結腸癌に対する腹腔鏡下右半結腸切除術の検討. 横井圭悟1, 中村隆俊1, 萩原千恵1, 古城 憲1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1 (1下部消化管外): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/7), 横浜.

723320. [学会 (全国)] (一般口演) 高齢者に対する腹腔鏡胃切除術の安全性の検討. 迫 裕之1, 大作昌義1, 北 英典1, 雨宮隆介1, 落合大樹1, 石井良幸1,2, 神谷紀輝1,3, 菊池史郎1,4, 渡邊昌彦1,2 (1北里大学北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外, 44病院連携教育): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/7), 横浜, 日本内視鏡外科学会雑誌 2019/12; 24 (7): MO239-5.

723321. [学会 (全国)] (一般口演) S状結腸憩室炎による結腸膀胱瘻の腹腔鏡手術経験. 落合大樹1, 石井良幸1,2, 迫 裕之1, 雨宮隆介1, 大作昌義1, 北 英典1, 神谷紀輝1,3, 渡邊昌彦1,2 (1北里大学北里研究所病院, 2下部消化管外, 3呼吸器外): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/7), 横浜, 日本内視鏡外科学会雑誌 2019/12; 24 (7): SF104-4.

723322. [学会 (全国)] (一般口演) 単孔式右半結腸切除におけるD3リンパ節郭清の手術手技と治療成績. 石井良幸1,2, 落合大樹2, 迫 裕之2, 雨宮隆介2, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/7), 横浜, 日本内視鏡外科学会雑誌 2019/12; 24 (7): SF098-4.

723323. [学会 (全国)] (一般講演) Meckel憩室を原因とする絞扼性腸閉塞を腹腔鏡下に治療した1例. 千野慎一郎1, 内藤正規1,2, 丸山正裕2,3, 時任崇聡1,2, 中馬基博2,4, 中村和徳2,3, 久保任史3, 西 八嗣2, 高橋禎人2,3, 渡邊昌彦5 (1下部消化管外, 2北里大学メディカルセンター, 3一般・小児・肝胆膵外, 4上部消化管外, 5北里大学北里研究所病院): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/7), 横浜.

723324. [学会 (全国)] (一般講演) 萎縮細径腸管に対する東北大式吻合によるストーマ閉鎖手技. 渡辺和宏, 大沼 忍, 神山篤史, 唐澤秀明, 鈴木秀幸, 梶原大輝, 渡邊涼子, 亀井 尚, 内藤 剛1, 海野倫明 (1下部消化管外): 第37回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 (JSSCR) (2020/2/7), 静岡.

723325. [学会 (全国)] (一般講演) 直腸癌術後のストーマトラブルにおける危険因子の検討. 神山篤史, 渡辺和宏, 鈴木秀幸, 唐澤秀明, 梶原大輝, 大沼 忍, 高橋真紀, 渡辺涼子, 亀井 尚, 内藤 剛1, 海野倫明 (1下部消化管外): 第37回日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会総会 (JSSCR) (2020/2/7), 静岡.

732022. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Stage II結腸癌の細分化及び術後補助化学療法の検討. 萩原千恵1, 中村隆俊1, 横井圭悟1, 古城 憲1, 三浦啓壽1, 佐藤武郎1 (1下部消化管外): 第92回大腸癌研究会 (2020/1/24), 広島.

733115. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 直腸癌に対するロボット支援腹腔鏡下手術−TME手技の標準化に向けて−. 山梨高広1, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 三浦啓壽1, 古城 憲1, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第73回手術手技研究会 (2019/5/24), 東京.

733116. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腹腔鏡下結腸癌手術の定型化を目指した手術手技 (短期・長期治療成績). 山梨高広1, 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 三浦啓壽1, 古城 憲1, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第73回手術手技研究会 (2019/5/24), 東京.

733117. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 下部直腸癌に対して術前放射線化学療法後に施行した腹腔鏡下手術の治療成績. 古城 憲1, 萩原千恵1, 横井圭悟1, 島津 将, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第73回手術手技研究会 (2019/5/24), 東京.

733118. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 大腸癌同時性肝転移切除後に対する補助化学療法は有効か. 横井圭悟1, 佐藤武郎1, 古城 憲1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 中村隆俊1 (1下部消化管外): 第91回大腸癌研究会 (2019/7/5), 東京.

'18年度以前分

[学術論文]

'18-320003. [症例報告] 十二指腸癌を契機に診断し切除しえたLynch症候群の2例. 阿部紘大1, 鈴木慶一1, 矢作雅史1, 村田 健1, 迫 裕之1, 石井良幸1,2, 原 敦子 (1北里大学北里研究所病院, 2下部消化管外): 日本消化器外科学会雑誌 2019/1; 52 (1): 27-35.

'18-320004. [症例報告] 腹腔鏡補助下に切除しえた小腸デスモイド腫瘍の1例. 渡部晃子1, 中村隆俊1, 筒井敦子1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 日本外科系連合学会誌 2019/2; 44 (1): 136-42.

[学会・研究会等]

'18-723009. [学会 (全国)] (一般講演) 腹腔内膿瘍を契機に発見された結腸間膜デスモイド腫瘍の1例. 浅古有紀子, 内藤正規1,2, 千野慎一郎1,2, 中馬基博1,3, 時任崇聡1,2, 久保任史1,4, 西 八嗣1, 高橋禎人1,4, 渡邊昌彦5 (1北里大学メディカルセンター, 2下部消化管外, 3上部消化管外, 4一般・小児・肝胆膵外, 5北里大学北里研究所病院): 第55回日本腹部救急医学会総会 (2019/3/7-8), 仙台, 日本腹部救急医学会雑誌 2019/2; 39 (2): 413.

'18-723010. [学会 (全国)] (一般講演) 術前診断しえた盲腸軸捻転症の1例. 時任崇聡1,2, 内藤正規1,2, 中馬基博1,3, 千野慎一郎1,2, 中村和徳1,4, 久保任史1,4, 近藤康史1,5, 西 八嗣1, 高橋禎人1,4, 渡邊昌彦6 (1北里大学メディカルセンター, 2下部消化管外, 3上部消化管外, 4一般・小児・肝胆膵外, 5乳腺・甲状腺外, 6北里大学北里研究所病院): 第55回日本腹部救急医学会総会 (2019/3/7-8), 仙台, 日本腹部救急医学会雑誌 2019/2; 39 (2): 418.

'18-723011. [学会 (全国)] (一般講演) 膿瘍形成による限局性腹膜炎をきたしたMeckel憩室炎の一例. 箕浦宏之1, 中村隆俊1, 島津 将, 丸山正裕2, 後藤卓也3, 萩原千恵1, 古城 憲1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1 (1下部消化管外, 2一般・小児・肝胆膵外, 3大学院医療系研究科): 第55回日本腹部救急医学会総会 (2019/3/7), 仙台.

'18-723012. [学会 (全国)] (一般講演) 腸閉塞を繰り返した小腸憩室に対して腹腔鏡下手術を施行した一例. 柴木俊平1, 丸山正裕2, 中村隆俊1, 萩原千恵1, 島津 将, 古城 憲1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1,3 (1下部消化管外, 2一般・小児・肝胆膵外, 3北里大学北里研究所病院): 第55回日本腹部救急医学会総会 (2019/3/7), 仙台.

'18-723013. [学会 (全国)] (一般講演) 蛋白漏出性胃腸症を呈した小腸狭窄に対して外科的切除を施行した一例. 萩原千恵1, 中村隆俊1, 後藤卓也2, 丸山正裕3, 島津 将, 古城 憲1, 三浦啓壽1, 山梨高広1, 佐藤武郎1, 渡邊昌彦1,4 (1下部消化管外, 2大学院医療系研究科, 3一般・小児・肝胆膵外, 4北里大学北里研究所病院): 第55回日本腹部救急医学会総会 (2019/3/7), 仙台.

'18-723014. [学会 (全国)] (一般講演) 回腸人工肛門造設後のOutlet obstruction症例の検討. 丸山正裕1, 中村隆俊2, 萩原千恵2, 島津 将, 古城 憲2, 三浦啓壽2, 山梨高広2, 佐藤武郎2, 渡邊昌彦2,3 (1一般・小児・肝胆膵外, 2下部消化管外, 3北里大学北里研究所病院): 第55回日本腹部救急医学会総会 (2019/3/7), 仙台.

'18-723015. [学会 (全国)] (一般講演) 術後腸閉塞に対して腹腔鏡下手術は有用か? 中村隆俊1, 佐藤武郎1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 古城 憲1, 島津 将, 渡邊昌彦1,2 (1下部消化管外, 2北里大学北里研究所病院): 第55回日本腹部救急医学会総会 (2019/3/8), 仙台.

'18-733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 術前化学放射線療法施行後に行った腹腔鏡手術の治療成績. 佐藤武郎1, 中村隆俊1, 山梨高広1, 三浦啓壽1, 古城 憲1, 島津 将, 萩原千恵1, 丸山正裕2, 坂本純一3, 渡邊昌彦1,4 (1下部消化管外, 2一般・小児・肝胆膵外, 3乳腺・甲状腺外, 4北里大学北里研究所病院): 第90回大腸癌研究会 (2019/1/25), 京都.

'18-733002. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院でのT1直腸癌に対する腹腔鏡下手術の現状と短期成績. 佐藤武郎 (下部消化管外): 第90回大腸癌研究会 (2019/1/25), 京都.

心臓血管外科学

[学術論文]

110204. [原著] Novel Surgical Strategy for Complicated Pulmonary Stenosis Using Haemodynamic Analysis Based on a Virtual Operation With Numerical Flow Analysis. Miyaji K1, Miyazaki S, Itatani K2, Oka N1, Kitamura T1, Horai T1: Interact Cardiovasc Thorac Surg 2019/5; 28 (5): 775-82. (宮地 鑑1, 板谷慶一2, 岡 徳彦1, 北村 律1, 宝来哲也1: 心臓血管外, 2京都府立大学)

310027. [症例報告] Ketoacidosis related to sodium glucose cotransporter 2 inhibitors after emergency coronary surgery. Horikoshi R1, Kitamura T1, Miyaji K1: Interact Cardiovasc Thorac Surg 2019/8; 29 (2): 323-4. (堀越理仁1, 北村 律1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外)

310028. [症例報告] The Modified Ross Reversal Operation: A New Approach for Preserving the Autograft Wall. Horikoshi R1, Kitamura T1, Miyaji K1: Interact Cardiovasc Thorac Surg 2020/2; 30 (2): 324-6. (堀越理仁1, 北村 律1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外)

522051. [講座]【特集: 成人先天性心疾患の外科治療】先天性心疾患修復術後遠隔期肺動脈弁逆流に対する肺動脈弁置換術の有用性. 岡 徳彦1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外): 胸部外科 2019/4; 72 (4): 248-50.

[学会・研究会等]

713052. [学会 (国際)] (一般講演) Surgical Indications of Adult Ebstein Anomaly with NYHA IV. Miyamoto T1: The 10thEuropean Meeting onAdult Congenital Heart Disease (Euro GUCH) (2019/4/5-6), Zagreb, Croatia. (宮本隆司1: 1心臓血管外)

713053. [学会 (国際)] (一般講演) Is BNP Biomarker in Reoperation of Grown-Up Congnital Heart Disease? Fukunishi T1: The 10thEuropean Meeting onAdult Congenital Heart Disease (Euro GUCH) (2019/4/5-6), Zagreb, Croatia. (福西琢真1: 1心臓血管外)

713054. [学会 (国際)] (一般講演) Chimney aortic repair for ruptured TAAA in a high-risk patient. Ohkubo H1: The 5th Asia-Pacific Angiology Academic Alliance Conference and 2019 International Annual Congress of Macau Health Bureau & Medical Doctors' Association (2019/6/21), Macau. (大久保博世1: 1心臓血管外)

713055. [学会 (国際)] (一般講演) Surgical repair of vascular ring. Tadokoro Y1, Ohkubo H1, Miyamoto T1: The 5th Asia-Pacific Angiology Academic Alliance Conference and 2019 International Annual Congress of Macau Health Bureau & Medical Doctors' Association (2019/6/21), Macau. (田所祐紀1, 大久保博世1, 宮本隆司1: 1心臓血管外)

713056. [学会 (国際)] (一般講演) Wait-and-watch strategy for type A intramural haematoma and acute aortic dissection with thrombosed false lumen of the ascending aorta: 50 mm or less, pain under control and no ulcer-like projection. Kitamura T1, Torii S2, Miyamoto T1, Fujioka S1, Araki H1, Tadokoro Y1, Onishi Y1, Miyaji K1: The33th Annual Meeting of European Association for Cardio-Thoracic Surgery (EACTS) (2019/10/3-5), Lisbon, Portugal. (北村 律1, 鳥井晋三2, 宮本隆司1, 藤岡俊一郎1, 荒記春奈1, 田所祐紀1, 大西義彦1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2医療安全学教育)

713057. [学会 (国際)] (一般講演) Preoperative Factors for Acute Lung Injury After Pediatric Open-Heart Surgery. Fukunishi T1, Kohira S2, Inoue N1, Miyamoto T1, Kitamura T1, Miyaji K1: The 56th Annual Meeting of Society of Thoracic Surgeons (STS) (2020/1/25-28), New Orleans, USA. (福西琢真1, 古平 聡2, 井上信幸1, 宮本隆司1, 北村 律1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2ME部)

713058. [学会 (国際)] (一般講演) Staged open repair for chronic thoracoabdominal aortic dissection. Fujioka S1, Kitamura T1, Onishi Y1, Tadokoro Y1, Araki H1, Matushiro T1, Yakuwa K1, Ohkubo H1, Mishima T1, Miyamoto T1, Torii S2, Miyaji K1: The 28th Congress of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS) (2020/2/7-10), Chiang Mai, Thailand. (藤岡俊一郎1, 北村 律1, 大西義彦1, 田所祐紀1, 荒記春奈1, 松代卓也1, 八鍬一貴1, 大久保博世1, 美島利昭1, 宮本隆司1, 鳥井晋三2, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2医療安全学教育)

713059. [学会 (国際)] (一般講演) Preoperative Neutrophil-Lymphocyte Ratio Predicts Bleeding Tendency During Elective Total Arch Replacement. Kitamura T1, Torii S2, Miyamoto T1, Mishima T1, Ohkubo H1, Fujioka S1, Matsushiro T1, Yakuwa K1, Araki H1, Tadokoro Y1, Onishi Y1, Miyaji K1: The 28th Congress of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS) (2020/2/7-10), Chiang Mai, Thailand. (北村 律1, 鳥井晋三2, 宮本隆司1, 美島利昭1, 大久保博世1, 藤岡俊一郎1, 松代卓也1, 八鍬一貴1, 荒記春奈1, 田所祐紀1, 大西義彦1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2医療安全学教育

713060. [学会 (国際)] (一般講演) Surgical strategy for thoraco-abdominal aortic aneurysm in high risk patient. Onishi Y1, Fujioka S1, Kitamura T1, Torii S2, Miyamoto T1, Mishima T1, Ohkubo H1, Yakuwa K1, Araki H1, Kondo S1, Tamura Y1, Tadokoro Y1, Miyaji K1: The 28th Congress of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS) (2020/2/7-10), Chiang Mai, Thailand. (大西義彦1, 藤岡俊一郎1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 宮本隆司1, 美島利昭1, 大久保博世1, 八鍬一貴1, 荒記春奈1, 近藤 真1, 田村幸穂1, 田所祐紀1,宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2医療安全学教育)

713061. [学会 (国際)] (一般講演) Effectiveness of Simultaneous Reconstructions in Congenital Open-Heart Surgery: Blalock-Taussig Shunt with Pulmonary Artery Plasty. Fukunishi T1, Inoue N1, Miyamoto T1, Kitamura T1, Miyaji K1: The 28th Congress of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS) (2020/2/7-10), Chiang Mai, Thailand. (福西琢真1, 井上信幸1, 宮本隆司1, 北村 律1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外)

713062. [学会 (国際)] (一般講演) Initiating of Perioperative Inhaled Nitric Oxide Therapy in Patients with Open Heart Surgery. Inoue N1, Fukunishi T1, Kondo S1, Ohtomo Y1, Kitamura T1, Miyaji K1: The 28th Congress of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS) (2020/2/7-10), Chiang Mai, Thailand. (井上信幸1, 福西琢真1, 近藤 真1, 大友勇樹1, 北村 律1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外)

713063. [学会 (国際)] (一般講演) Chimney aortic repair for ruptured TAAA in a high-risk patient. Ohkubo H1, Fujioka S1, Kitamura T1, Onishi Y1, Araki H1, Mishima T1, Miyamoto T1, Torii S2, Miyaji K1: The 28th Congress of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS) (2020/2/7-10), Chiang Mai, Thailand. (大久保博世1, 藤岡俊一郎1, 北村 律1, 大西義彦1, 荒記春奈1, 美島利昭1, 宮本隆司1, 鳥井晋三2, 宮地 鑑1: 1心臓血管外, 2医療安全学教育)

713064. [学会 (国際)] (一般講演) Effectiveness of Intraoperative Pulmonary Artery Pressure Monitoring in Patients with Ventricular Septal Defect and Pulmonary Hypertension. Araki H1, Miyaji K1, Miyamoto T1, Torii S2, Kitamura T1, Mishima T1, Ohkubo H1, Fujioka S1, Matsushiro T1, Yakuwa K1: The 28th Congress of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery (ASCVTS) (2020/2/7-10), Chiang Mai, Thailand. (荒記春奈1, 宮地 鑑1, 宮本隆司1, 鳥井晋三2, 北村 律1, 美島利昭1, 大久保博世1, 藤岡俊一郎1, 松代卓也1, 八鍬一貴1: 1心臓血管外, 2医療安全学教育)

713065. [学会 (国際)] (一般講演) Newly created canine model of sinus node dysfunction by minimally invasive procedure. Miyamoto T1, Ishido H1, Aoki T, Miyaji K1: 49. Jahrestagung der DGTHG/52. Jahrestagung der DGPK (HERZMEDIZIN) (2020/2/29-3/3), Wiesbaden, Germany. (宮本隆司1, 石堂博敬1, 宮地 鑑1: 1心臓血管外)

723326. [学会 (全国)] (一般講演) Consideration for indications and procedures in adult congenital heart disease. 宮本隆司1, 福西琢真1, 松井謙太1, 石堂博敬1, 村井佑太1, 豊田真寿1, 中村優飛1, 堀越理仁1, 荒記春奈1, 藤岡俊一郎1, 大久保博世1, 井上信幸1, 小林健介1, 美島利昭1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/18-20), 大阪, 日本外科学会定期学術集会抄録集 2020/4; 119: PD-3-4.

723327. [学会 (全国)] (一般講演) Challenging neck に対する腹部大動脈瘤ステントグラフト内挿術の検討. 大久保博世1, 藤岡俊一郎1, 美島利昭1, 松井謙太1, 中村優飛1, 豊田真寿1, 堀越理仁1, 荒記春奈1, 福西琢真1, 小林健介1, 北村 律1, 宮本隆司1, 鳥井晋三2, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第119回日本外科学会定期学術集会 (2019/4/18-20), 大阪, 日本外科学会定期学術集会抄録集 2020/4; 119: PS-147-2.

723328. [学会 (全国)] (一般講演) Lupiaeグラフトメを用いた大動脈遮断による弓部大動脈全置換術を施行した2症例. 福西琢真1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 美島利昭1, 井上信幸1, 大久保博世1, 藤岡俊一郎1, 荒記春奈1, 宮本隆司1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第47回日本血管外科学会学術総会 (2019/5/22-24), 名古屋, 日本血管外科学会雑誌 2019/5; 28(Suppl): 89.

723329. [学会 (全国)] (一般講演) Iliac Branch Endoprosthesis (IBE) を用いたステントグラフト治療の検討. 藤岡俊一郎1, 大久保博世1, 美島利昭1, 石堂博敬1, 村井佑太1, 荒記春奈1, 福西琢真1, 井上信幸1, 北村 律1, 宮本隆司1, 鳥井晋三2, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第47回日本血管外科学会学術総会 (2019/5/22-24), 名古屋, 日本血管外科学会雑誌 2019/5; 28(Suppl): 90.

723330. [学会 (全国)] (一般講演) 破裂性腹部大動脈瘤・腸骨動脈瘤に対するステントグラフト内挿術. 大久保博世1, 美島利昭1, 藤岡俊一郎1, 村井佑太1, 石堂博敬1, 荒記春奈1, 福西琢真1, 井上信幸1, 北村 律1, 宮本隆司1, 鳥井晋三2, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第47回日本血管外科学会学術総会 (2019/5/22-24), 名古屋, 日本血管外科学会雑誌 2019/5; 28(Suppl): 92.

723331. [学会 (全国)] (一般講演) 腹部大動脈瘤・腸骨動脈瘤に対するAFXの中期成績の検討. 村井佑太1, 大久保博世1, 藤岡俊一郎1, 美島利昭1, 石堂博敬1, 荒記春奈1, 福西琢真1, 井上信幸1, 北村 律1, 宮本隆司1, 鳥井晋三2, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第47回日本血管外科学会学術総会 (2019/5/22-24), 名古屋, 日本血管外科学会雑誌 2019/5; 28(Suppl): 112.

723332. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における遺残坐骨動脈瘤の治療経験. 土田勇太1, 下河原達也2, 村井佑太1, 渋谷慎太郎2, 江川智久2 (1心臓血管外, 2済生会横浜市東部病院): 第60回日本脈管学会総会 (2019/10/10-12), 東京, 脈管学 2019/10; 59 (Suppl): S84.

723333. [学会 (全国)] (一般講演) Pulmonary coarctationに対する新生児期体肺短絡手術と肺動脈形成術同時手術. 宮地 鑑1, 宮本隆司1, 八鍬一貴1, 田所祐紀1, 鳥井晋三2, 北村 律1, 藤岡俊一郎1, 荒記春奈1, 近藤 真1, 大西義彦1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第72回日本胸部外科学会定期学術集会 (2019/10/30-11/2), 京都, 日本胸部外科学会雑誌 2019/10; (Suppl): 158.

723334. [学会 (全国)] (一般講演) 二心室修復群における両側肺動脈絞扼術による遠隔期末梢肺動脈狭窄の検討. 岡 徳彦1, 友保貴博1, 林 秀憲1, 宮本隆司1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外): 第72回日本胸部外科学会定期学術集会 (2019/10/30-11/2), 京都, 日本胸部外科学会雑誌 2019/10; (Suppl): 158.

723335. [学会 (全国)] (一般講演) 上行大動脈偽腔閉塞型Stanford A型急性大動脈解離に対する初期保存療法の検討. 荒記春奈1 北村 律1, 大西義彦1, 田所祐紀1, 田村佳美1, 近藤 真1, 八鍬一貴1, 藤岡俊一郎1, 大久保博世1, 美島利昭1, 宮本隆司1, 鳥井晋三2, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第72回日本胸部外科学会定期学術集会 (2019/10/30-11/2), 京都, 日本胸部外科学会雑誌 2019/10; (Suppl): 223.

723336. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児開心術術後の乳び胸水に対するリンパ管造影の有用性. 田所祐紀1, 宮本隆司1, 八鍬一貴1, 鳥井晋三2, 北村 律1, 藤岡俊一郎1, 荒記春奈1, 近藤 真1, 田村佳美1, 大西義彦1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第72回日本胸部外科学会定期学術集会 (2019/10/30-11/2), 京都, 日本胸部外科学会雑誌 2019/10; (Suppl): 237.

723337. [学会 (全国)] (一般講演) 成人開心術における一酸化窒素吸入療法開始時期の検討. 井上信幸1, 大友勇樹1, 荒記春奈1, 福西琢真1, 藤岡俊一郎1, 大久保博世1, 美島利昭1, 北村 律1, 宮本隆司1, 鳥井晋三2, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第72回日本胸部外科学会定期学術集会 (2019/10/30-11/2), 京都, 日本胸部外科学会雑誌 2019/10; (Suppl): 238.

723338. [学会 (全国)] (一般講演) 連続縫合を用いたTrifecta, Magna EASE, Inspirisによる大動脈弁置換術の中期成績の比較検討. 大西義彦1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 宮本隆司1, 美島利昭1, 井上信幸1, 大久保博世1, 藤岡俊一郎1, 福西琢真1, 八鍬一貴1, 荒記春奈1, 近藤 真1, 田村佳美1, 田所祐紀1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第72回日本胸部外科学会定期学術集会 (2019/10/30-11/2), 京都, 日本胸部外科学会雑誌 2019/10; (Suppl): 245.

723339. [学会 (全国)] (一般講演) Low riskのAS患者に対するTAVI適応の妥当性. 北村 律1, 鳥井晋三2, 宮本隆司1, 美島利昭1, 大久保博世1, 藤岡俊一郎1, 八鍬一貴1, 荒記春奈1, 近藤 真1, 田村佳美1, 田所祐紀1, 大西義彦1, 阿古潤哉3, 目黒健太郎3, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育, 3循環器内): 第72回日本胸部外科学会定期学術集会 (2019/10/30-11/2), 京都, 日本胸部外科学会雑誌 2019/10; (Suppl): 289.

723340. [学会 (全国)] (一般講演) 透析患者の心臓大血管手術における死亡の危険因子についての検討. 田村佳美1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 宮本隆司1, 美島利昭1, 井上信幸1, 大久保博世1, 藤岡俊一郎1, 福西琢真1, 八鍬一貴1, 荒記春奈1, 近藤 真1, 田所祐紀1, 大西義彦1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第72回日本胸部外科学会定期学術集会 (2019/10/30-11/2), 京都, 日本胸部外科学会雑誌 2019/10; (Suppl): 294.

723341. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における遺残坐骨動脈瘤の治療経験. 宮地 鑑1, 宮本隆司1, 八鍬一貴1, 田所祐紀1, 鳥井晋三2, 北村 律1, 藤岡俊一郎1, 荒記春奈1, 近藤 真1, 大西義彦1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第72回日本胸部外科学会定期学術集会 (2019/10/30-11/2), 京都.

723342. [学会 (全国)] (一般講演) S状結腸癌を合併した片側総腸骨動脈瘤に対し, 両側内腸骨動脈を温存したEVARを施行した一例. 土田勇太1, 下河原達也2, 村井佑太1, 渋谷慎太郎2, 江川智久2 (1心臓血管外, 2済生会横浜市東部病院): 第81回日本臨床外科学会総会 (2019/11/14-16), 高知, 日本臨床外科学会総会雑誌 2019/11; 80 (増刊): 807.

723343. [学会 (全国)] (一般講演) 全人工股関節置換術後に巨大閉鎖動脈瘤をきたした1例. 大久保博世1, 藤岡俊一郎1, 美島利昭1, 松井謙太1, 豊田真寿1, 中村優飛1, 小林健介1, 北村 律1, 宮本隆司1, 鳥井晋三2, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第182回血管外科症例検討会 (2019/12/14), 川崎, 血管外科 2019/11; 38 (1): 142.

723344. [学会 (全国)] (一般講演) 巨大腎動脈瘤に対する血管内治療の1例. 大久保博世1, 美島利昭1, 藤岡俊一郎1, 村井佑太1 宮地 鑑1 (1心臓血管外): 第182回血管外科症例検討会 (2019/12/14), 川崎, 血管外科 2019/11; 38 (1): 170-1.

723345. [学会 (全国)] (一般講演) 成人先天性心疾患の手術中の心臓大血管損傷の対処法について. 宮本隆司1, 八鍬一貴1, 田所祐紀1, 大西義彦1, 藤田鉄平2, 小板橋俊美2, 北村 律1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2循環器内): 第22回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 (2020/1/17-19), 東京, 日本先天性心疾患学会雑誌 2020/1; 9 (1): 195.

723346. [学会 (全国)] (一般講演) 青年期におけるTOF術後肺動脈生体弁置換術の中期遠隔成績. 宮地 鑑1, 宮本隆司1, 八鍬一貴1, 田所祐紀1, 小板橋俊美2, 藤田鉄平2, 阿古潤哉2 (1心臓血管外, 2循環器内): 第22回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会 (2020/1/17-19), 東京, 日本先天性心疾患学会雑誌 2020/1; 9 (1): 209.

733119. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) MRI撮像を用いた血流解析で診断・手術戦略を立てた右室二腔症の1例. 松永慶廉1, 豊田真寿1, 小林健介1, 小原邦義, 贄 正基, 宮地 鑑1 (1心臓血管外): 第180回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2019/6/8), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2019/6; 180: 9.

733120. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 胸部下行大動脈人工血管置換術後, 人工血管感染を併発し緊急TEVAR及び食道抜去に至った一症例. 中島光貴1, 波里陽介1, 高木寿人1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外): 第180回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2019/6/8), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2019/6; 180: 15.

733121. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ACTA2遺伝子変異を疑われた大動脈弁輪拡張症の1例. 大西義彦1, 荒記春奈1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 宮本隆司1, 美島利昭1, 大久保博世1, 藤岡俊一郎1, 八鍬一貴1, 近藤 真1, 田村佳美1, 田所祐紀1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第180回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2019/6/8), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2019/6; 180: 21.

733122. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 反復する肺静脈狭窄を呈した混合型総肺静脈還流異常症の1例. 田所祐紀1, 八鍬一貴1, 宮本隆司1, 北村 律1, 鳥井晋三2, 美島利昭1, 大久保博世1, 藤岡俊一郎1, 荒記春奈1, 近藤 真1, 田村佳美1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第180回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2019/6/8), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2019/6; 180: 26.

733123. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 繰り返し脳梗塞をきたした非細菌性血栓性心内膜炎の1例. 大西義彦1, 荒記春奈1, 鳥井晋三2, 宮本隆司1, 北村 律1, 美島利昭1, 大久保博世1, 藤岡俊一郎1, 八鍬一貴1, 近藤 真1, 田村佳美1, 田所祐紀1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第181回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2019/11/9), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2019/11; 181: 14.

733124. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) プロタミンショック患者に対する2DebranchTEVARを行い治療した一症例. 中島光貴1, 波里陽介1, 高木寿人, 宮地 鑑1 (1心臓血管外): 第181回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2019/11/9), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2019/11; 181: 15.

733125. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 置換術後に体位変換に伴う低酸素血症を契機に発見された心房中隔欠損症の一例. 松永慶廉1, 小林健介1, 田村幸穂1, 小原邦義, 贄 正基, 宮地 鑑1 (1心臓血管外): 第181回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2019/11/9), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2019/11; 181: 20.

733126. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 完全型重複大動脈弓の一例. 田所祐紀1, 宮本隆司1, 八鍬一貴1, 鳥井晋三2, 北村 律1, 藤岡俊一郎1, 荒記春奈1, 近藤 真1, 田村佳美1, 大西義彦1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第181回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2019/11/9), 東京, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2019/11; 181: 23.

733127. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Ebstein病に対してCone手術を施行した1例. 大西義彦1, 宮本隆司1, 鳥井晋三2, 北村 律1, 美島利昭1, 大久保博世1, 藤岡俊一郎1, 松代卓也1, 八鍬一貴1, 荒記春奈1, 田所祐紀1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第182回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2020/3/7), 誌上開催, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2020/3; 182: 9.

733128. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 大動脈解離術中にMalperfusionに陥り急遽上行大動脈直接送血に変更して手術を完遂した一症例. 中島光貴1, 波里陽介1, 高木寿人1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外): 第182回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2020/3/7), 誌上開催, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2020/3; 182: 14.

733129. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 脳膿瘍を合併した感染性心内膜炎の治療経験. 松永慶廉1, 小林健介1, 田村幸穂1, 小原邦義, 贄 正基, 宮地 鑑1 (1心臓血管外): 第182回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2020/3/7), 誌上開催, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2020/3; 182: 30.

733130. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 大動脈弁置換術術後早期に僧帽弁逆流を呈した感染性 心内膜炎の1例. 田所祐紀1, 荒記春奈1, 鳥井晋三2, 宮本隆司1, 北村 律1, 美島利昭1, 大久保博世1, 藤岡俊一郎1, 松代卓也1, 八鍬一貴1, 大西義彦1, 宮地 鑑1 (1心臓血管外, 2医療安全学教育): 第182回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2020/3/7), 誌上開催, 日本胸部外科学会関東甲信越地方会要旨集 2020/3; 182: 31.


呼吸器外科学

[学術論文]

110205. [原著] Ultra-late recurrence of non-small cell lung cancer over 10 years after curative resection. Sonoda D1, Matsuura Y, Ichinose J, Nakao M, Ninomiya H, Mun M, Ishikawa Y, Nakagawa K, Satoh Y2, Okumura S: Cancer Manag Res 2019/7; 11: 6765-74. (園田 大1, 佐藤之俊2: 1大学院医療系研究科, 2呼吸器外)

110206. [原著] EGFR mutation genotyping and ALK status determination in liquid-based cytology samples of non-small cell lung cancer. Satoh Y1, Matsuo Y2, Kuba T3, Yamashita K3, Sawano M, Tozaka S, Yamazaki H1, Sonoda D4, Mikubo M1, Naito M1, Matsui Y1, Shiomi K1, Yoshida T5, Murakumo Y5: Virchows Arch 2020/5; 476 (5): 753-62. doi: 10.1007/s00428-019-02692-9. Epub 2019 Dec 10. (佐藤之俊1, 松尾由紀子2, 久場 樹3, 山下和也3, 山崎宏継1, 園田 大4, 三窪将史1, 内藤雅仁1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 吉田 功5, 村雲芳樹5: 1呼吸器外, 2病態・診療系, 3病理部, 4大学院医療系研究科, 5病理)

310029. [症例報告] A case report of a thymic neuroblastoma associated with syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone: Ten-year follow-up results after surgical treatment. Satoh Y1: Int J Surg Case Rep 2019/5; 58: 45-7. (佐藤之俊1: 1呼吸器外)

310030. [症例報告] Ciliated muconodular papillary tumors of the lung: Cytologic features and diagnostic pitfalls in intraoperative examinations. Mikubo M1, Maruyama R1, Kakinuma H2, Yoshida T3, Satoh Y1: Diagn Cytopathol 2019/7; 47 (7): 716-9. (三窪将史1, 丸山来暉1, 柿沼廣邦2, 吉田 功3, 佐藤之俊1: 1呼吸器外, 2病理部, 3病理)

540039. [その他 (書評)] 細胞診を学ぶ人のために. 佐藤之俊 (呼吸器外): 検査と技術 2019/12; 47 (12): 1403.

540040. [その他 (書評)] PICOから始める医学文献検索のすすめ. 佐藤之俊 (呼吸器外): 胸部外科 2019/6; 72 (6): 454.

540041. [その他 (書評)] 甲状腺細胞診アトラス 報告様式運用の実際. 佐藤之俊 (呼吸器外): 臨床検査 2020/1; 64 (1): 44.

[著 書]

621002. [学術書 (編集)]【細胞検査士細胞像試験問題集 第2版】呼吸器 問題・解答・解説. 編: 佐藤之俊1,2 (1呼吸器外, 2公益社団法人日本臨床細胞学会), 医歯薬出版, 東京, 2019/4発行.

621003. [学術書 (編集)]【非悪性呼吸器細胞診アトラス: 肺癌との鑑別に悩んだときに】編: 佐藤之俊1, 塩澤 哲 (1呼吸器外), 南江堂, 東京, 2020/2発行.

[学会・研究会等]

712007. [学会 (国際)] (招待講演等) Consensus Terminology in Cytology Symposium. International Cytology Reporting System of Lung Tumors. Satoh Y1: The 42nd European Congress of Cytology (2019/6/16-19), Malmo, Sweden. (佐藤之俊1: 1呼吸器外)

713066. [学会 (国際)] (一般講演) Effect of formaldehyde in liquid-based cytology preservation solutions on molecular testing of lung cancer specimens. Satoh Y1, Matsuo Y2, Yamashita K3, Yoshida T4: The 20th International Congress Of Cytology 2019 (2019/5/5-9), Sydney, Australia. (佐藤之俊1, 松尾由紀子2, 山下和也3, 吉田 功4: 1呼吸器外, 2病態・診療系, 3病理部, 4病理)

713067. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical genomic test on cytology: Current status and future perspective in Japan (JSCC Working Group on cytological roles in genome medicine era). Motoi N, Hatanaka Y, Hamakawa S, Kawahara A, Nagatomo T, Kuwata T, Oda Y, Okamoto A, Maeda I, Satoh Y1, Morii E: The 20th International Congress Of Cytology 2019 (2019/5/5-9), Sydney, Australia. (佐藤之俊1: 1呼吸器外)

713068. [学会 (国際)] (一般講演) International cytology reporting system of lung tumors. Satoh Y1: The 20th International Congress Of Cytology 2019 (2019/5/5-9), Sydney, Australia. (佐藤之俊1: 1呼吸器外)

713069. [学会 (国際)] (一般講演) Typical Carcinoid with Pleural Dissemination: report of a rare case. Mitsui A1, Tamagawa S1, Hayashi S1, Naito M1, Mathui Y1, Shiomi K1, Satoh Y1, Tochimoto M2, Ichinohe M2, Nakagawa H3, Kakinuma Y3, Kakinuma H3: 18th Japan-Korea Joint Meeting for Diagnostic Cytopathology (2019/9/7), Korea. (三井 愛1, 玉川 達1, 林 祥子1, 内藤雅仁1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1, 栃本昌孝2, 一戸昌明2, 中川仁美3, 柿沼優美子3, 柿沼廣邦3: 1呼吸器外, 2病理, 3病理部)

713070. [学会 (国際)] (一般講演) Clinical significances of intra-tumor CD8+ lymphocytes in NSCLCs (非小細胞肺癌における腫瘍浸潤CD8陽性リンパ球の意義). Shiomi K1: IASLC 20th World Conference on Lung Cancer (WCLC 2019) (2019/9/9), Barcelona, Spain. (塩見 和1: 1呼吸器外)

713071. [学会 (国際)] (一般講演) The Possible Clinical Significances of Infiltration of CD8+ Lymphocytes in Non-Small Cell Lung Cancers. Shiomi K1, Ichinohe M2, Jiang SX, Naito M1, Mikubo M1, Matsui Y1, Tamagawa S1, Mitsui A1, Hayashi S1, Satoh Y1, Matsuo Y3: IASLC 20th World Conference on Lung Cancer (WCLC 2019) (2019/9/7-10), Barcelona, Spain. (塩見 和1, 一戸昌明2, 内藤雅仁1, 三窪将史1, 松井啓夫1, 玉川 達1, 三井 愛1, 林 祥子1, 佐藤之俊1, 松尾由紀子3: 1呼吸器外, 2病理, 3病態・診療系)

722072. [学会 (全国)] (要望講演) 呼吸器. 佐藤之俊 (呼吸器外): 第60回日本臨床細胞学会総会 (春期大会) (2019/6/7-9), 東京.

722073. [学会 (全国)] (シンポジウム) 今後のゲノム診療における細胞診のあり方: 学会における取り組み. 畑中 豊, 元井紀子, 濱川真治, 河原明彦, 長友忠相, 桑田 健, 小田義直, 岡本愛光, 前田一郎, 佐藤之俊1, 森井英一 (1呼吸器外): 第60回日本臨床細胞学会総会 (春期大会) (2019/6/7-9), 東京.

722074. [学会 (全国)] (招待講演等) JSCC-JLCSによる新たな判定基準の提案. 廣島健三, 佐藤之俊1, 吉田 功2, 柿沼廣邦3, 長尾俊孝, 松林 純, 三宅真司, 中塚伸一, 眞能正幸, 竹中明美, 元井紀子, 澁木康雄, 南 優子, 吉澤明彦, 羽場礼次, 河原邦光 (1呼吸器外, 2病理, 3病理部): 第60回日本臨床細胞学会総会 (春期大会) (2019/6/9), 東京.

722075. [学会 (全国)] (招待講演等) 「各臓器の細胞診報告様式 その用語と背景について議論する」〜肺癌細胞診の報告様式〜. 澁木康雄, 佐藤之俊1, 廣島健三, 南 優子, 吉澤明彦, 羽場礼次, 河原邦光, 竹中明美, 三宅真司, 柿沼廣邦2 (1呼吸器外, 2病理部): 第58回日本臨床細胞学会秋期大会 (2019/11/16-17), 岡山.

723347. [学会 (全国)] (一般講演) 充実性腫瘍胞巣内に浸潤するCD8陽性細胞の数と術後再発の関連性の検討. 塩見 和1, 一戸昌明2, 内藤雅仁1, 三窪将史1, 林 祥子1, 松島圭吾1, 丸山来輝1, 玉川 達1, 三井 愛1, 蒋 世旭, 松井啓夫1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外, 2病理): 第36回日本呼吸器外科学会学術集会 (2019/5/16), 大阪.

723348. [学会 (全国)] (ポスター) 縦隔食道病変に対する胸腔鏡手術. 神谷紀輝1,2, 小桐雅世1, 前田日菜子1, 雨宮隆介1, 迫 裕之2, 落合大樹1, 石井良幸1,3, 大作昌義1, 渡邊昌彦1 (1北里大学北里研究所病院, 2呼吸器外, 3下部消化管外): 第36回日本呼吸器外科学会学術集会 (2019/5/16), 大阪, 日本呼吸器外科学会雑誌 2019/5; 3 (3): P57-5.

723349. [学会 (全国)] (一般講演) 悪性リンパ腫の重複癌としての原発性肺癌に対し完全切除した13例の検討. 松島圭吾1, 丸山来輝1, 林 祥子1, 内藤雅仁1, 三窪将史1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第36回日本呼吸器外科学会学術集会 (2019/5/16-17), 大阪.

723350. [学会 (全国)] (一般講演) 膵臓EUS-FNAで未分化癌との鑑別が困難であった未分化大細胞型リンパ腫の1症例. 岩松弘文, 中山朋秋, 佐藤憲俊, 西雄一貴, 井出伸也, 塩澤 哲, 青柳大樹, 石亀廣樹, 菅野佑幸, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第60回日本臨床細胞学会総会 (春期大会) (2019/6/7-9), 東京.

723351. [学会 (全国)] (一般講演) 肺癌術前における負荷心電図検査の意義の検討. 玉川 達1, 三井 愛1, 林 祥子1, 内藤雅仁1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第72回日本胸部外科学会定期学術集会 (2019/10/31), 京都.

723352. [学会 (全国)] (一般講演) 呼吸器細胞診材料におけるJSCC-JLCS報告様式について. 吉澤明彦, 廣島健三, 佐藤之俊1 (1呼吸器外)第58回日本臨床細胞学会秋期大会 (2019/11/16-17), 岡山.

723353. [学会 (全国)] (一般講演) 新たな肺癌細胞診判定区分の提案. 廣島健三, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第60回日本肺癌学会学術集会 (2019/12/6-8), 大阪.

733131. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 胸膜播種を認めた肺定型カルチノイドの1例. 三井 愛1, 玉川 達1, 林 祥子1, 内藤雅仁1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1, 栃本昌孝2, 一戸昌明2 (1呼吸器外, 2病理): 第185回日本肺癌学会関東支部学術集会 (2019/7/6), 東京.

733132. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 呼吸器細胞診における報告様式について: 国際基準の提唱. 佐藤之俊 (呼吸器外): 第33回関東臨床細胞学会学術集会/第38回東京都臨床細胞学会総会・学術集会 (2019/9/28), 東京.

733133. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 胸壁線維腫症の1切除例. 林 祥子1, 三井 愛1, 玉川 達1, 内藤雅仁1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第181回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2019/11/9), 東京.

733134. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 前胸壁海綿状リンパ管腫の1切除例. 柳田拓郎, 三井 愛1, 玉川 達1, 林 祥子1, 内藤雅仁1, 松井啓夫1, 塩見 和1, 佐藤之俊1 (1呼吸器外): 第182回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 (2020/3/7), 東京.


脳神経外科学

[学術論文]

110207. [原著] Novel concept of the border niche: glioblastoma cells use oligodendrocytes progenitor cells (GAOs) and microglia to acquire stem cell-like features. Hide T1, Shibahara I1, Kumabe T1: Brain Tumor Pathol 2019/4; 36 (2): 63-73. (秀拓一郎1, 柴原一陽1, 隈部俊宏1: 1脳外)

110208. [原著] Clinically practical formula for preoperatively estimating the cutting rate of the spinal nerve root in a functional posterior rhizotomy. Morota N1: Childs Nerv Syst 2019/4; 35 (4): 665-72. (師田信人1: 1脳外)

110209. [原著] Intraoperative neurophysiological monitoring of the bulbocavernosus reflex during surgery for conus spinal lipoma: what are the warning criteria? Morota N1: J Neurosurg Pediatr 2019/5; 23 (5): 369-47. (師田信人1: 1脳外)

110210. [原著] Half-tied Stay Suture Technique for Cerebrovascular End-to-side Anastomosis: A Technique to Expand the View of the Hidden Ostium. Shimizu S1,2, Osawa S2, Kuroda H1,2, Koizumi H1, Mochizuki T2, KumabeT1: Neurol Med Chir (Tokyo) 2019/8; 59 (8): 326-29. (清水 曉1,2, 大澤成之2, 黒田博紀1,2, 小泉寛之1,3, 望月崇弘2, 隈部俊宏1: 1脳外, 2横浜市立脳卒中・神経脊椎センター, 3救命)

110211. [原著] Visual disorders caused by cranial arteriovenous fistula with venous drainage into the superior ophthalmic vein. Kondo R, Kumabe T1, Yamamoto D1, Koizumi H1,2, Kuroda H1, Miyasaka K1: Interv Neuroradiol 2019/8; 25 (4): 460-8. (隈部俊宏1, 山本大輔1, 小泉寛之1,2, 黒田博紀1, 宮坂和弘1: 1脳外, 2救命)

110212. [原著] Temporal Glioblastoma Mimicking Basal Ganglia Invasion: Distinguishing Removable and Unremovable Tumors. Shibahara I1, Hanihara M, Miyasaka K1, Sato S1, Hide T1, Kumabe T1: World Neurosurg 2019/10; 130: e213-21. (柴原一陽1, 埴原光人, 宮坂和弘1, 佐藤澄人1, 秀拓一郎1, 隈部俊宏1: 1脳外)

110213. [原著] Recurrent noncoding U1 snRNA mutations drive cryptic splicing in SHH medulloblastoma. Suzuki H, Kumar SA, Shuai S, Diaz-Navarro A, Gutierrez-Fernandez A, De Antonellis P, Cavalli FMG, Juraschka K, Farooq H, Shibahara I1, Vladoiu MC, Zhang J, Abeysundara N, Przelicki D, Skowron P, Gauer N, Luu B, Daniels C, Wu X, Forget A, Momin A, Wang J, Dong W, Kim SK, Grajkowska WA, Jouvet A, F`evre-Montange M, Garr`e ML, Rao AAN, Giannini C, Kros JM, French PJ, Jabado N, Ng HK, Poon WS, Eberhart CG, Pollack IF, Olson JM, Weiss WA, Kumabe T1, L用ez-Aguilar E, Lach B, Massimino M, Van Meir EG, Rubin JB, Vibhakar R, Chambless LB, Kijima N, Klekner A, Bogn L, Chan JA, Faria CC, Ragoussis J, Pfister SM, Goldenberg A, Wechsler-Reya RJ, Bailey SD, Garzia L, Morrissy AS, Marra MA, Huang X, Malkin D, Ayrault O, Ramaswamy V, Puente XS, Calarco JA, Stein L, Taylor MD: Nature 2019/10; 574 (7780): 707-11. (柴原一陽1, 隈部俊宏1: 1脳外)

110214. [原著] Angiographic Characterization of the External Carotid Artery: Special Attention to Variations in Branching Patterns. Yamamoto D1, Koizumi H1,2, Ishima D3, Kuroda H1, Shibahara I1, Niki J1, Miyasaka K1, Watanabe T, Kondo R, Kumabe T1: Tohoku J Exp Med 2019/11; 249 (3): 185-92. (山本大輔1, 小泉寛之1,2, 井島大輔3, 柴原一陽1, 仁木 淳1, 宮坂和弘1, 隈部俊宏1: 1脳外, 2救命, 3脳神経内)

110215. [原著] Medulloblastoma has a global impact on health related quality of life: Findings from an international cohort. de Medeiros CB, Moxon-Emre I, Scantlebury N, Malkin D, Ramaswamy V, Decker A, Law N, Kumabe T1, Leonard J, Rubin J, Jung S, Kim SK, Gupta N, Weiss W, Faria CC, Vibhakar R, Lafay-Cousin L, Chan J, Kros JM, Janzen L, Taylor MD, Bouffet E, Mabbott DJ: Cancer Med 2020/1; 9 (2): 447-59. (隈部俊宏1: 1脳外)

110216. [原著] Intratumoural immune cell landscape in germinoma reveals multipotent lineages and exhibits prognostic significance. Takami H1, Fukushima S1, Aoki K1, Satomi K1, Narumi K1, Hama N1, Matsushita Y1, Fukuoka K1, Yamasaki K1, Nakamura T1, Mukasa A1, Saito N1, Suzuki T1, Yanagisawa T1, Nakamura H1, Sugiyama K1, Tamura K1, Maehara T1, Nakada M1, Nonaka M1, Asai A1, Yokogami K1, Takeshima H1, Iuchi T1, Kanemura Y1, Kobayashi K1, Nagane M1, Kurozumi K1, Yoshimoto K1, Matsuda M1, Matsumura A1, Hirose Y1, Tokuyama T1, Kumabe T1,2, Ueki K1, Narita Y1, Shibui S1, Totoki Y, Shibata T, Nakazato Y, Nishikawa R1, Matsutani M1, Ichimura K1 (1Intracranial Germ Cell Tumor Genome Analysis Consortium (the iGCT Consortium)): Neuropathol Appl Neurobiol 2020/2; 46 (2): 111-24. (隈部俊宏1,2: 2脳外)

110217. [原著] Phase I trial of convection-enhanced delivery of nimustine hydrochloride (ACNU) for brainstem recurrent glioma. Saito R, Kanamori M, Sonoda Y, Yamashita Y, Nagamatsu K, Murata T, Mugikura S, Kumabe T, Wembacher-Schr單er E, Thomson R, Tominaga T: Neurooncol Adv 2020 /3; 2 (1): vdaa033. (隈部俊宏1: 1脳外)

120006. [原著] 島弁外部神経膠腫摘出における術中造影CTを用いた穿通枝描写の有用性. 檀  充, 柴原一陽1, 埴原光人, 宮坂和弘1, 黒田博紀1, 佐藤澄人1, 隈部俊宏1 (1脳外): CI研究 2019/6; 41 (1): 7-15.

120007. [原著] 外側後頭蓋窩アプローチにおける術前内頚静脈と側副血行路評価の重要性. 久須美真理1,2, 岡 秀宏1,2, 佐藤澄人2, 近藤宏治1,2, 隈部俊宏2 (1北里大学メディカルセンター, 2脳外): 脳神経外科速 2019/11; 29 (11): 1190-6.

310031. [症例報告] Characteristics of Recurrent Congenital Sinus Pericranii: Case Report and Review of the Literature. Tamura G, Ogiwara H, Morota N1: Pediatr Neurosurg 2019/8; 54 (4): 265-9. (師田信人1: 1脳外)

320019. [症例報告] 破裂動脈瘤に対する血管内治療後に非閉塞性腸管虚血を発症した1例. 小泉寛之1,2, 山本大輔2, 花島 資1, 丸橋孝昭1, 片岡祐一1, 浅利 靖1, 隈部俊宏2 (1救命, 2脳外): 脳神経外科速報 2019/10; 29 (10): 1110-5.

320020. [症例報告] 鈍的頭部外傷により中大脳動脈M2起始部に仮性動脈瘤を生じた1例. 清水 曉1,2, 望月崇弘2, 黒田博紀1,2, 岡 秀宏1,3, 隈部俊宏1 (1脳外, 2横浜市立脳卒中・神経脊椎センター, 3北里大学メディカルセンター): 脳神経外科 2019/11; 47 (11): 1185-91.

320021. [症例報告] 眼窩内神経鞘腫にて診断された家族性schwannomatosisの1例. 宮坂和弘1, 柴原一陽1, 秀拓一郎1, 犬飼 円2, 三枝 信2, 中野嘉子, 市村幸一, 高相晶士3, 隈部俊宏1: (1脳外, 2病理, 3整外): 脳神経外科 2020/1; 48 (1): 71-7.

510007. [総説] Oligodendrocyte Progenitor Cells in the Tumor Microenvironment. Hide T1, Komohara Y: Adv Exp Med Biol 202/1; 1234: 107-22. (秀拓一郎1: 1脳外)

522052. [講座]【Current Knowledge: 脳外科日常診療 私の工夫】開頭ドレープの裏側に漏れた液体を回収し床汚染を防止する工夫. 清水 曉1,2, 望月崇弘2, 黒田博紀1,2, 大澤成之2, 小泉寛之1,3, 関口朋子1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2横浜市立脳卒中・神経脊椎センター, 3救命): 脳神経外科速報 2019/10; 29 (10): 1104-6.

522053. [講座]【脳外科日常診療: 私の工夫】開頭ドレープの裏側に漏れた液体を回収し床汚染を防止する工夫. 清水 曉1, 望月崇弘, 黒田博紀1, 大澤成之, 小泉寛之1,2, 関口朋子1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2救命): 脳神経外科速報 2019/10; 29 (10): 1104-6.

522054. [講座]【連載: 誌上フォーラム】小児脊椎疾患. 國廣誉世, 坂本博昭, 谷口 真, 荻原英樹, 久保田基夫, 竹林研人, 師田信人1 (1脳外): 脊髄外科 2019/12; 33 (3): 258-266.

[著 書]

610006. [学術書 (分担執筆)]【Pediatric Hydrocephalus】Prenatal Hydrocephalus, p.1-19. Morota N, Editors: Cinalli Giuseppe, zek MM, Sainte-Rose C, Springer, Switzerland AG, Published: 2019. (師田信人1: 1脳外)

620045. [学術書 (分担執筆)]【脳腫瘍外科 経験したい手術16 スタンダードからアドバンス】III 手術の実際 [テント上深部腫瘍] 側脳室腫瘍: 開頭手術, p.146-60. 久須美真理1,2, 岡 秀宏1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2脳外), 編: 中尾直之, 井川房夫, メジカルビュー社, 東京, 2019/4発行.

620046. [学術書 (分担執筆)]【脳腫瘍外科 経験したい手術16 スタンダードからアドバンス】III 手術の実際 [グリオーマ] Low grade glioma, p.314-29. 隈部俊宏 (脳外), 編: 中尾直之, 井川房夫, メジカルビュー社, 東京, 2019/4発行.

620047. [学術書 (分担執筆)]【脳神経外科 周術期管理のすべて 第5版】III 脳腫瘍 覚醒下手術, p.301-14. 隈部俊宏 (脳外), 編: 松谷雅生, 田村 晃, 藤巻高光, 森田明夫, メジカルビュー社, 東京, 2019/5発行.

620048. [学術書 (分担執筆)]【脳腫瘍診療ガイドライン 2019年版 2019年版 1 成人脳腫瘍編・2 小児脳腫瘍編】2 小児脳腫瘍編 1. 画像診断, p.175-80. 師田信人1, 井原 哲 (1脳外), 監修: 日本脳神経外科学会, 編: 日本脳腫瘍学会, 金原出版, 東京, 2019/5発行.

[学会・研究会等]

711001. [学会 (国際)] (特別講演) The Chiari malformation. Morota N1: AASPN2019 - 3rd Congress of Asian-Australasian Society for Pediatric Neurosurgery (2019/5/11), Incheon, Korea. (師田信人1: 1脳外)

711002. [学会 (国際)] (特別講演) Epidemiology of cervical spine traumatic lesions in children. Morota N1: The 3rd European Society for Pediatric Neurosurgery Hands-on workshop on craniovertebral junction surgery (2019/6/30), Lyon, France. (師田信人1: 1脳外)

711003. [学会 (国際)] (特別講演) Posterior fossa decompression, when, why and how I perform a duraplasty. Morota N1: The 3rd European Society for Pediatric Neurosurgery Hands-on workshop on craniovertebral junction surgery (2019/7/2), Lyon, France. (師田信人1: 1脳外)

711004. [学会 (国際)] (特別講演) Spinal lipoma and tethered cord - when and what to intervene. Morota N1: Neurosurgeons Association of Sri Lanka Annual Academic Sessions - 2019 (2019/9/29), Colombo, Sri Lanka. (師田信人1: 1脳外)

711005. [学会 (国際)] (特別講演) Complex hydrocephalus and management of shunt complications. Morota N1: Neurosurgeons Association of Sri Lanka Annual Academic Sessions - 2019 (2019/9/29), Colombo, Sri Lanka. (師田信人1: 1脳外)

711006. [学会 (国際)] (特別講演) Neurosurgical management of midline and posterior fossa cyst. Morota N1: Neurosurgeons Association of Sri Lanka Annual Academic Sessions - 2019 (2019/9/29), Colombo, Sri Lanka. (師田信人1: 1脳外)

712008. [学会 (国際)] (招待講演等) Surgery for spinal lipoma: New classification and the use of intraoperative neurophysiology. Morota N1: The 6th Listserv Webinar (The International Pediatric Neurosurgery Series) (2019/9/1), Webinar. (師田信人1: 1脳外)

713072. [学会 (国際)] (一般講演) Craniovertebral junction surgery associated with craniosynostosis. Morota N1: 47th Annual Meeting of the International Society for Pediatric Neurosurgery (2019/10/21), Birmingham, UK. (師田信人1: 1脳外)

713073. [学会 (国際)] (ポスター) How to treat the incidental thalamic presumed low-grade gliomas. Kumabe T1, Shibahara I1, Kanamori M, Saito R, Hide T1, Sonoda Y, Tominaga T: The 24th Annual Meeting of the Society for Neuro-Oncology (2019/11/23), Phoenix, USA. (隈部俊宏1, 柴原一陽1, 秀拓一郎1: 1脳外)

713074. [学会 (国際)] (ポスター) Immunohistochemical analysis of tumor associated macrophage induced after carmustine wafer implantation in human glioblastoma. Shibahara I1, Miyasaka K1, Sato S1, Inukai M2, Hide T1, Kumabe T1: The 24th Annual Meeting of the Society for Neuro-Oncology (2019/11/24), Phoenix, USA. (柴原一陽1, 宮坂和弘1, 佐藤澄人1, 犬飼 円2, 秀拓一郎1, 隈部俊宏1: 1脳外, 2病理)

722076. [学会 (全国)] (招待講演等) 本邦初のKeyhole・緊急手術使用可能な新小型FIAGONナビゲーションシステム. 岡 秀宏1,2, 久須美真理1,2, 近藤宏治1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2脳外): 第28回脳神経外科手術と機器学会 (CNTT) (2019/4/13), 岡山.

722077. [学会 (全国)] (招待講演等) DORO Jアームレトラクターシステムのいろいろなアプローチへの使用法. 久須美真理1,2, 岡 秀宏1,2, 近藤宏治1,2, 隈部俊宏2 (1北里大学メディカルセンター, 2脳外): 第28回脳神経外科手術と機器学会 (CNTT) (2019/4/13), 岡山.

722078. [学会 (全国)] (招待講演等) 脳幹部腫瘍の診断・治療のparadigm shiftと今後の展望. 師田信人 (脳外): 第47回日本小児神経外科学会学術集会 (2019/6/14), 新潟.

722079. [学会 (全国)] (招待講演等) 小児頭蓋頸椎移行部固定術: 現状と課題. 師田信人 (脳外): 第34回日本脊髄外科学会 (2019/6/20), 札幌.

722080. [学会 (全国)] (招待講演等) 前頭−頭頂弁蓋部神経膠腫摘出時の虚血合併症. 隈部俊宏1, 柴原一陽1, 齋藤竜太, 金森政之, 佐藤澄人1, 秀拓一郎1, 園田順彦, 冨永悌二 (1脳外): 第24回日本脳腫瘍の外科学会 (2019/9/13), 浜松.

722081. [学会 (全国)] (招待講演等) 2010-2017年に公表された論文から確認される覚醒下手術の時代変遷. 隈部俊宏 (脳外): 第17回日本Awake Surgery学会 (2019/10/12), 大阪.

722082. [学会 (全国)] (招待講演等) 頭蓋底手術における直径4 mm ICG内視鏡の有用性. 秀拓一郎1, 半田 肇1, 宮坂和弘1, 柴原一陽1, 小泉寛之1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第26回一般社団法人日本神経内視鏡学会 (2019/11/8), 横浜.

723354. [学会 (全国)] (一般講演) Cyanoacrylate Skin Sealantを用いた再開頭術のドレーピング: 既存の皮膚切開線の視認性を高める工夫. 清水 暁1, 望月崇弘, 黒田博紀1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第12回日本整容脳神経外科学会 (2019/4/13), 岡山.

723355. [学会 (全国)] (一般講演) 聴神経腫瘍の“subperineurium”dissectionにおける上山式剥離ベラの有用性. 久須美真理1,2, 岡 秀宏1,2, 近藤宏治1,2, 隈部俊宏2 (1北里大学メディカルセンター, 2脳外): 第28回脳神経外科手術と機器学会 (CNTT) (2019/4/13), 岡山.

723356. [学会 (全国)] (一般講演) カルムスチン脳内留置用剤留置後脳組織浸潤マクロファージの病理学的検討. 柴原一陽1, 宮坂和弘1, 佐藤澄人1, 犬飼 円2, 安井美江3, 秀拓一郎1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2病理, 3形態系): 第37回日本脳腫瘍病理学会 (2019/6/1), 名古屋.

723063. [学会 (全国)] (ポスター) 脳梁形成不全・脂肪腫にCalcifying pseudoneoplasms of the neuroaxis (CAPNON) を合併した一例. 犬飼 円1, 宮坂和弘2, 柴原一陽2, 佐藤澄人2, 秀拓一郎2, 三枝 信1, 隈部俊宏2 (1病理, 2脳外): 第37回日本脳腫瘍病理学会 (2019/6/1), 名古屋.

723357. [学会 (全国)] (一般講演) IDH遺伝子変異型星細胞腫の予後因子. 金森政之, 渡辺みか, 齋藤竜太, 長田佳整, 柴原一陽1, 園田順彦, 隈部俊宏1, 冨永悌二 (1脳外): 第37回日本脳腫瘍病理学会 (2019/6/1), 名古屋.

723358. [学会 (全国)] (一般講演) 眼窩内腫瘍に対する摘出術: 連続10例の経験から. 柴原一陽1, 秀拓一郎1, 宮坂和弘1, 半田 肇1, 佐藤澄人1, 隈部俊宏1 (1脳外): 第24回日本脳腫瘍の外科学会 (2019/9/13), 浜松.

723359. [学会 (全国)] (ポスター) 急性期脳梗塞への再開通療法後過灌流に伴うcortical neural loss Iomazenil SPECTによる検討. 黒田博紀1, 山本大輔1, 小泉寛之1,2, 清水 曉1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2救命): 日本脳神経外科学会第78回学術総会 (2019/10/9), 大阪.

723360. [学会 (全国)] (一般講演) 主幹動脈が関与した膠芽腫の治療成績. 園田順彦, 松田憲一朗, 齋藤竜太, 金森政之, 隈部俊宏1, 冨永悌二 (1脳外): 一般社団法人日本脳神経外科学会第78回学術総会 (2019/10/9), 大阪.

723361. [学会 (全国)] (一般講演) 頭蓋咽頭腫に対する手術方針の変容. 久須美真理1,2, 岡 秀宏1,2, 近藤宏治1,2, 隈部俊宏2 (1北里大学メディカルセンター, 2脳外): 日本脳神経外科学会第78回学術総会 (2019/10/10), 大阪.

723362. [学会 (全国)] (ポスター) 初発膠芽腫に対する摘出術・ギリアデル留置後放射線・テモゾロミド併用療法後の腫瘍進展形式の検討. 柴原一陽1, 宮坂和弘1, 関口茜衣2, 石山博條2, 佐藤澄人1, 秀拓一郎1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2放射線 (腫瘍)): 日本脳神経外科学会第78回学術総会 (2019/10/10), 大阪.

723363. [学会 (全国)] (一般講演) 頭蓋内胚腫治療後の内分泌障害・二次性腫瘍・脳卒中. 金森政之, 齋藤竜太, 園田順彦, 隈部俊宏1, 冨永悌二 (1脳外): 一般社団法人日本脳神経外科学会第78回学術総会 (2019/10/10), 大阪.

723364. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院の血栓回収療法における脳血管内治療医の環境と治療成績. 山本大輔1, 井島大輔2, 碓井 遼2, 半田 肇1, 宮坂和弘1, 柴原一陽1, 仁木 淳1, 猿田和貴子1, 小泉寛之1,3, 浅利 靖3, 西山和利2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2脳神経内, 3救命): 日本脳神経外科学会第78回学術総会 (2019/10/11), 大阪.

723365. [学会 (全国)] (ポスター) 頭蓋底腫瘍に対する他科合同手術の意義と有用性. 秀拓一郎1, 宮坂和弘1, 猿田和貴子1, 半田 肇1, 柴原一陽1, 佐藤澄人1, 山下 拓2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2耳鼻咽喉・頭頸外): 日本脳神経外科学会第78回学術総会 (2019/10/11), 大阪.

723366. [学会 (全国)] (ポスター) チタンプレートを使用しないための開頭の工夫: 特に未破裂脳動脈瘤クリッピング術において. 小泉寛之1, 山本大輔1, 猿田和貴子1, 半田 肇1, 宮坂和弘1, 清水 曉1, 佐藤澄人1, 秀拓一郎1, 隈部俊宏1 (1脳外): 日本脳神経外科学会第78回学術総会 (2019/10/11), 大阪.

723367. [学会 (全国)] (ポスター) 開頭腫瘍摘出術における下肢MEPの有用性. 佐藤澄人1, 柴原一陽1, 宮坂和弘1, 秀拓一郎1, 小野澤裕也2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2臨検部): 日本脳神経外科学会第78回学術総会 (2019/10/11), 大阪.

723368. [学会 (全国)] (ポスター) 偶然発見された低悪性度神経膠腫が示唆される視床病変に対していかに治療介入するか? 隈部俊宏1, 柴原一陽1, 金森政之, 齋藤竜太, 秀拓一郎1, 佐藤澄人1, 園田順彦, 冨永悌二 (1脳外): 日本脳神経外科学会第78回学術総会 (2019/10/11), 大阪.

723369. [学会 (全国)] (一般講演) 初発Grade 2/3 神経膠腫例におけるIDH変異と腫瘍関連てんかんおよび深部静脈血栓症についての検討. 長田桂整, 齋藤竜太, 庄司拓大, 長南雅志, 柴原一陽1, 金森政之, 園田順彦, 隈部俊宏1, 渡邉みか, 冨永悌二 (1脳外): 一般社団法人日本脳神経外科学会第78回学術総会 (2019/10/11), 大阪.

723370. [学会 (全国)] (一般講演) 不幸な転帰をとった中枢神経アスペルギルス症の1例. 半田 肇1, 秀拓一郎1, 宮坂和弘1, 猿田和貴子1, 犬飼 円2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2病理): 第26回一般社団法人日本神経内視鏡学会 (2019/11/7), 横浜.

723371. [学会 (全国)] (一般講演) 頭蓋咽頭腫に対する手術方針の変容. 久須美真理1,2, 岡 秀宏1,2, 近藤宏治1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2脳外): 第26回一般社団法人日本神経内視鏡学会 (2019/11/8), 横浜.

723372. [学会 (全国)] (ポスター) 脳血管撮影による経過観察中に自然消失した硬膜動静脈瘻3例の検討. 仁木 淳 (脳外): 第35回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 (2019/11/22), 福岡.

723373. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学病院の血栓回収療法における脳血管内治療医の環境と治療成績. 山本大輔 (脳外): 第35回NPO法人日本脳神経血管内治療学会学術総会 (2019/11/23), 福岡.

723374. [学会 (全国)] (一般講演) 急性期脳梗塞への再開通療法後過灌流に伴う神経細胞脱落. 黒田博紀1, 山本大輔1, 小泉寛之1,2, 清水 曉1, 隈部俊宏1 (1脳外, 2救命): 第62回日本脳循環代謝学会学術集会 (2019/11/30), 仙台.

731027. [学会 (研究会・地方会)] (特別講演) NTRK融合遺伝子陽性固形癌に対するエヌトレクチニブ: 脳腫瘍治療への期待. 隈部俊宏 (脳外): 長崎脳腫瘍治療カンファランス (2019/9/19), 長崎.

731028. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) NTRK融合遺伝子陽性固形癌に対するエヌトレクチニブ: 脳腫瘍治療への期待. 隈部俊宏 (脳外): 長崎脳腫瘍治療カンファランス (2019/9/19), 長崎.

731029. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 反復手術による小児脳腫瘍局所コントロール. 隈部俊宏 (脳外): みんなで学ぼう悪性脳腫瘍 (2020/1/10), 京都.

733135. [学会 (研究会・地方会)] (一般講演) 聴神経腫瘍手術において静脈洞損傷と顔面神経麻痺を避けるために. 久須美真理1,2, 岡 秀宏1,2, 近藤宏治1,2, 隈部俊宏2 (1北里大学メディカルセンター, 2脳外): 第28回日本聴神経腫瘍研究会 (2019/6/8), 東京.

733136. [学会 (研究会・地方会)] (一般講演) 不幸な転帰をとった中枢神経アスペルギルス症の1例. 半田 肇1, 秀拓一郎1, 宮坂和弘1, 猿田和貴子1, 犬飼 円2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2病理): 第139回日本脳神経外科学会関東支部会 (2019/9/21), 東京.

733137. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 診断に苦慮し不幸な転帰をとった中枢神経アスペルギルス症の1例. 半田 肇1, 秀拓一郎1, 宮坂和弘1, 猿田和貴子1, 犬飼 円2, 隈部俊宏1 (1脳外, 2病理): 第139回日本脳神経外科学会関東支部会 (2019/9/21), 東京.

733138. [学会 (研究会・地方会)] (一般講演) 脳動静脈奇形破裂による脳内出血に対する急性期神経内視鏡下血腫除去術後, 血管内治療および直達術を行った2症例. 小泉寛之1,2, 山本大輔2, 秀拓一郎2, 隈部俊宏2 (1救命, 2脳外): 第32回神奈川脳神経外科手術手技研究会 (2020/1/18), 横浜.

'18年度以前分

[学会・研究会等]

'18-711001. [学会 (国際)] (特別講演) Septostomy: Anatomy and indications. Morota N1: IFNE-JSNE-GLEN-ISNE Hands-on workshop on cerebral and ventricular neuroendoscopy (2019/1/21), Naples, Italy. (師田信人1: 1脳外)

'18-711002. [学会 (国際)] (特別講演) Intravetrivular, quadrigeminal and posterior fossa cysts: endoscopic surgical technique. Morota N1: IFNE-JSNE-GLEN-ISNE Hands-on workshop on cerebral and ventricular neuroendoscopy (2019/1/22), Naples, Italy. (師田信人1: 1脳外)

'18-731001. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 小児頭蓋頸椎移行部病変の外科治療. 師田信人 (脳外): 第26回愛知脊椎脊髄疾患研究会学術講演会 (2019/2/21), 名古屋.


小児科学

[学術論文]

110218. [原著] Toll-Like Receptor 9 Plays a Pivotal Role in Angiotensin II-Induced Atherosclerosis. Fukuda D, Nishimoto S, Aini K, Tanaka A, Nishiguchi T, Kim-Kaneyama JR, Lei XF, Masuda K, Naruto T, Tanaka K, Higashikuni Y, Hirata Y1, Yagi S, Kusunose K, Yamada H, Soeki T, Imoto I, Akasaka T, Shimabukuro M, Sata M: J Am Heart Assoc 2019/4; 8 (7): e010860. (平田陽一郎1: 1小児)

110219. [原著] Lisinopril versus lisinopril and losartan for mild childhood IgA nephropathy: a randomized controlled trial (JSKDC01 study). Shima Y1, Nakanishi K1, Sako M1, Saito-Oba M1, Hamasaki Y1, Hataya H1, Honda M1, Kamei K1, Ishikura K1,2, Ito S1, Kaito H1, Tanaka R1, Nozu K1, Nakamura H1, Ohashi Y1, Iijima K1, Yoshikawa N1 (1Japanese Study Group of Kidney Disease in Children (JSKDC)): Pediatr Nephrol 2019/5; 34 (5): 837-46. (石倉健司1,2: 2小児)

110220. [原著] Clinicopathological features of TAFRO syndrome complicated by acquired hemophilia A and development of cardiopulmonary arrest that were successfully treated with VA-ECMO and tocilizumab. Suzuki K, Matsumoto T, Iwashita Y, Ishikura K1, Fujioka M, Wada H, Katayama N, Imai H: Int J Hematol 2019/6; 109 (6): 737-43. (石倉健司1: 1小児)

110221. [原著] Evaluation of the optimal timing of VATS-PDA in preterm infants before 28 weeks of gestation. Kemmochi M1, Senzaki H1,2, Miyaji K3, Hashimoto M1, Yamaguchi A1, Ooka M1, Yokozeki Y1, Ishii M1: Pediatr Int 2019/6. DOI: 10.1111/ped.13909 (釼持 学1, 先崎秀明1,2, 宮地 鑑3, 橋本芽久美1, 山口綾乃1, 大岡麻理1, 横関祐一郎1, 石井正浩1: 1小児, 2新世紀医療・先端医療, 3心臓血管外)

110222. [原著] Cardiac Rhythm Disturbances in Heterotaxy Syndrome. Ozawa Y, Asakai H, Shiraga K, Shindo T, Hirata Y1, Hirata Y, Inuzuka R: Pediatr Cardiol 2019/6; 40 (5): 909-13. (平田陽一郎1: 1小児)

110223. [原著] Estimated GFR at Dialysis Initiation and Mortality in Children and Adolescents. Okuda Y1, Soohoo M, Tang Y, Obi Y, Laster M, Rhee CM, Streja E, Kalantar-Zadeh K: Am J Kidney Dis 2019/6; 73 (6): 797-805. (奥田雄介1: 1小児)

110224. [原著] Nurses' perceptions regarding transitional care for adolescents and young adults with childhood-onset chronic diseases. Suzuki S, Kita S, Morisaki M, Kikuchi R, Sato I, Iwasaki M, Otomo E, Sekiguchi H, Hirata Y1, Sato A, Sugiyama M, Kamibeppu K: Jpn J Nurs Sci 2020/7; 17 (3): e12323. (平田陽一郎1: 1小児)

110225. [原著] Association between the clinical presentation of congenital anomalies of the kidney and urinary tract (CAKUT) and gene mutations: an analysis of 66 patients at a single institution. Ishiwa S, Sato M, Morisada N, Nishi K, Kanamori T, Okutsu M, Ogura M, Sako M, Kosuga M, Kamei K, Ito S, Nozu K, Iijima K, Ishikura K1: Pediatr Nephrol 2019/8; 34 (8): 1457-64. (石倉健司1: 1小児)

110226. [原著] Favorable Kidney Function in Pediatric Liver Transplant Recipients: Results of a Single-center Cohort Study. Sato M, Kaneko T, Ogura M, Kamei K, Ito S, Fukuda A, Sakamoto S, Kasahara M, Ishikura K1: Transplantation 2019/8; 103 (8): 1655-62. (石倉健司1: 1小児)

110227. [原著] Study protocol: multicenter double-blind, randomized, placebo-controlled trial of rituximab for the treatment of childhood-onset early-stage uncomplicated frequently relapsing or steroid-dependent nephrotic syndrome (JSKDC10 trial). Nagano C, Sako M, Kamei K, Ishikura K1, Nakamura H, Nakanishi K, Omori T, Nozu K, Iijima K: BMC Nephrol 2019/8; 20 (1): 293. (石倉健司1: 1小児)

110228. [原著] Optimal timing of video-assisted thoracoscopic surgery for patent ductus arteriosus in preterm infants born at 」 28 weeks of gestation. Kemmochi M1, Senzaki H1,2, Miyaji K3, Hashimoto M1, Yamaguchi A1, Ooka M1, Yokozeki Y1, Ishii M1: Pediatr Int 2019/8; 61 (8): 792-6. (剱持 学1, 先崎秀明1,2, 宮地 鑑3, 橋本芽久美1, 山口綾乃1, 大岡麻理1, 横関祐一郎1, 石井正浩1: 1小児, 2新世紀医療・先端医療, 3心臓血管外)

110229. [原著] Detailed clinical manifestations at onset and prognosis of neonatal-onset Denys-Drash syndrome and congenital nephrotic syndrome of the Finnish type. Nishi K, Inoguchi T, Kamei K, Hamada R, Hataya H, Ogura M, Sato M, Yoshioka T, Ogata K, Ito S, Nakanishi K, Nozu K, Hamasaki Y, Ishikura K1: Clin Exp Nephrol 2019/8; 23 (8): 1058-65. (石倉健司1: 1小児)

110230. [原著] Fenestration in the Fontan circulation as a strategy for chronic cardioprotection. Saiki H1, Kuwata S1, Iwamoto Y, Ishido H, Taketazu M, Masutani S, Nishida T1, Senzaki H1,2: Heart 2019/8; 105 (16): 1266-72. (齋木宏文1, v田聖子1, 西田尚史1, 先崎秀明1,2: 1小児, 2新世紀医療・先端医療)

110231. [原著] Clinical characteristics of HNF1B-related disorders in a Japanese population. Nagano C, Morisada N, Nozu K, Kamei K, Tanaka R, Kanda S, Shiona S, Araki Y, Ohara S, Matsumura C, Kasahara K, Mori Y, Seo A, Miura K, Washiyama M, Sugimoto K, Harada R, Tazoe S, Kourakata H, Enseki M, Aotani D, Yamada T, Sakakibara N, Yamamura T, Minamikawa S, Ishikura K1, Ito S, Hattori M, Iijima K: Clin Exp Nephrol 2019/9; 23 (9): 1119-29. (石倉健司1: 1小児)

110232. [原著] Prognosis and acute complications at the first onset of idiopathic nephrotic syndrome in children: a nationwide survey in Japan (JP-SHINE study). Sato M, Ishikura K1, Ando T, Kikunaga K, Terano C, Hamada R, Ishimori S, Hamasaki Y, Araki Y, Gotoh Y, Nakanishi K, Nakazato H, Matsuyama T, Iijima K, Yoshikawa N, Ito S, Honda M: Nephrol Dial Transplant 2019/9; gfz185. doi: 10.1093/ndt/gfz185. Online ahead of print. (石倉健司1: 1小児)

110233. [原著] Vildagliptin, a DPP-4 Inhibitor, Attenuates Endothelial Dysfunction and Atherogenesis in Nondiabetic Apolipoprotein E-Deficient Mice. Aini K, Fukuda D, Tanaka K, Higashikuni Y, Hirata Y1, Yagi S, Kusunose K, Yamada H, Soeki T, Sata M: Int Heart J 2019/11; 60 (6): 1421-9. (平田陽一郎1: 1小児)

110234. [原著] Ultrafiltration Rate Effects Declines in Residual Kidney Function in Hemodialysis Patients. Lee Y, Okuda Y1, Sy J, Kim SR, Obi Y, Kovesdy CP, Rhee CM, Streja E, Kalantar-Zadeh K: Am J Nephrol 2019/10; 50 (6): 481-8. (奥田雄介1: 1小児)

110235. [原著] Serum albumin and hospitalization among pediatric patients with end-stage renal disease who started dialysis therapy. Okuda Y1, Obi Y, Streja E, Laster M, Rhee C, Langman CB, Jernigan SM, Salusky IB, Tentori F, Schreiber MJ, Brunelli SM, Kalantar-Zadeh K: Pediatr Nephrol 2019/10; 34 (10): 1799-809. (奥田雄介1: 1小児)

110236. [原著] Brain-type natriuretic peptide level in pregnant women with congenital heart disease predicts SGA offspring. Ishida S1, Uchiyama A, Imai K, Kusuda S: Pediatr Int 2019/12; 61 (12): 1221-6. (石田宗司1: 1小児)

110237. [原著] Association of Mineral Bone Disorder With Decline in Residual Kidney Function in Incident Hemodialysis Patients. Lee YJ, Okuda Y1, Sy J, Obi Y, Kang DH, Nguyen S, Hsiung JT, Park C, Rhee CM, Kovesdy CP, Streja E, Kalantar-Zadeh K: J Bone Miner Re. 2020/2; 35 (2): 317-25. (奥田雄介1: 1小児)

110238. [原著] Biodegradable Extremely-Small-Diameter Vascular Graft Made of Silk Fibroin can be Implanted in Mice. Tanaka K, Fukuda D, Higashikuni Y, Hirata Y1, Komuro I, Saotome T, Yamashita Y, Asakura T, Sata M: J Atheroscler Thromb 2020/2. doi: 10.5551/jat.52720. Online ahead of print. (平田陽一郎1: 1小児)

110239. [原著] Levels of Adiponectin Expression in Peri-Renal and Subcutaneous Adipose Tissue and Its Determinants in Human Biopsied Samples. Maimaituxun G, Fukuda D, Izaki H, Hirata Y1, Kanayama HO, Masuzaki H, Sata M, Shimabukuro M: Front Endocrinol (Lausanne) 2020/2; 10: 897. (平田陽一郎1: 1小児)

110240. [原著] Both the rituximab dose and maintenance immunosuppression in steroid-dependent/frequently-relapsing nephrotic syndrome have important effects on outcomes. Chan EY, Webb H, Yu E, Ghiggeri GM, Kemper MJ, Ma AL, Yamamura T, Sinha A, Bagga A, Hogan J, Dossier C, Vivarelli M, Liu ID, Kamei K, Ishikura K1, Saini P, Tullus K: Kidney Int 2020/2; 97 (2): 393-401. (石倉健司1: 1小児)

110241. [原著] Long-term outcomes of pediatric kidney transplantation: A single-center experience over the past 34 years in Japan. Aoki Y, Hamasaki Y, Satoh H, Matsui Z, Muramatsu M, Hamada R, Harada R, Ishikura K1, Hataya H, Honda M, Sakai K, Shishido S: Int J Urol 2020/2; 27 (2): 172-8. (石倉健司1: 1小児)

110242. [原著] Primary causes of kidney disease and mortality in dialysis-dependent children. Okuda Y1, Soohoo M, Ishikura K1, Tang Y, Obi Y, Laster M, Rhee CM, Streja E, Kalantar-Zadeh K: Pediatr Nephrol 2020/5; 35 (5): 851-60. doi: 10.1007/s00467-019-04457-7. Epub 2020 Feb 4. (奥田雄介1, 石倉健司1: 1小児)

110243. [原著] Ultrafiltration Rate, Residual Kidney Function, and Survival Among Patients Treated With Reduced-Frequency Hemodialysis. Lee YJ, Okuda Y1, Sy J, Lee YK, Obi Y, Cho S, Chen JLT, Jin A, Rhee CM, Kalantar-Zadeh K, Streja E: Am J Kidney Dis 2020/3; 75 (3): 342-50. (奥田雄介1: 1小児)

110244. [原著] Kidney function of Japanese children undergoing kidney transplant with preemptive therapy for cytomegalovirus infection. Gotoh Y, Shishido S, Hamasaki Y, Watarai Y, Hattori M, Miura K, Ishizuka K, Fujita N, Saito K, Nakagawa Y, Hotta K, Hataya H, Hamada R, Sato H, Kitayama H, Ishikura K1, Honda M, Uemura O: Transpl Infect Dis 2020/6; 22 (3): e13271. doi: 10.1111/tid.13271. Epub 2020 Mar 11. (石倉健司1: 1小児)

110245. [原著] Nonosmotic secretion of arginine vasopressin and salt loss in hyponatremia in Kawasaki disease. Miura K, Harita Y, Takahashi N, Tsurumi H, Yasudo H, Isojima T, Hirata Y1, Inuzuka R, Takizawa K, Toyofuku E, Nishimoto H, Takamizawa M, Ando T, Sugawa M, Yanagisawa A, Inatomi J, Nogimori Y, Kinumaki A, Namai Y, Hattori M, Oka A: Pediatr Int 2020/3; 62 (3): 363-70. (平田陽一郎1: 1小児)

110246. [原著] Noonan syndrome-associated biallelic LZTR1 mutations cause cardiac hypertrophy and vascular malformations in zebrafish. Nakagama Y, Takeda N, Ogawa S, Takeda H, Furutani Y, Nakanishi T, Sato T, Hirata Y1, Oka A, Inuzuka R: Mol Genet Genomic Med 2020/3; 8 (3): e1107. (平田陽一郎1: 1小児)

110247. [原著] Hypoxic activation of glucose-6-phosphate dehydrogenase controls the expression of genes involved in the pathogenesis of pulmonary hypertension through the regulation of DNA methylation. Joshi SR, Kitagawa A1, Jacob C, Hashimoto R, Dhagia V, Ramesh A, Zheng C, Zhang H, Jordan A, Waddell I, Leopold J, Hu CJ, McMurtry IF, D'Alessandro A, Stenmark KR, Gupte SA: Am J Physiol Lung Cell Mol Physiol 2020/4; 318 (4): L773-86. doi: 10.1152/ajplung.00001.2020. Epub 2020 Mar 11. (北川篤史1: 1小児)

110248. [原著] Recombinant Measles AIK-C Vaccine Strain Expressing Influenza HA Protein. Ito T1, Kumagai T, Yamaji Y, Sawada A, Nakayama T: Vaccines (Basel) 2020/3; 8 (2): 149. (伊藤尚志1: 1小児)

120008. [原著] 新生仔マウス高濃度酸素暴露肺障害モデルにおける肺胞微小血管障害の形態学的特徴. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): 東京女子医科大学雑誌 2019/7; 89 (Extra1): E123‐33.

310032. [症例報告] No preventive or therapeutic efficacy of infliximab against macrophage activation syndrome due to systemic juvenile idiopathic arthritis. Kiuchi Z, Ogura M, Sato M, Kamei K, Ishikura K1, Abe J, Ito S: Scand J Rheumatol 2019/5; 48 (3): 246-8. (石倉健司1: 1小児)

310033. [症例報告] Successful salvage of the left pulmonary artery in a neonate with isolated unilateral absence of the pulmonary artery. Kawada K, Saiki H1, Kemmochi M1, Kuwata S, Takanashi M1, Miyaji K2, Senzaki H1,3: J Cardiol Cases 2020/1; 21 (5): 169-71. (齋木宏文1, 剱持 学1, 高梨 学1, 宮地 鑑2, 先崎秀明1,3: 1小児, 2心臓血管外, 3新世紀医療・先端的医療)

320022. [症例報告] 半月体形成性腎炎を呈したC3腎炎の4歳女児. 亀井宏一, 佐藤 舞, 金森 透, 奥津美夏, 石和 翔, 西健太朗, 小椋雅夫, 澤井俊宏, 奥田雄介1, 義岡孝子, 緒方謙太郎, 石倉健司1 (1小児): 日本小児腎不全学会雑誌 2019/7; 39: 119-22.

320023. [症例報告] 無症候性蛋白尿の精査でWT1遺伝子異常が判明した17歳女児例. 金森 透, 亀井宏一, 西健太朗, 奥津美夏, 石和 翔, 佐藤 舞, 小椋雅夫, 伊藤秀一, 中西啓太, 野津寛大, 飯島一誠, 石倉健司1 (1小児): 日本小児腎不全学会雑誌 2019/7; 39: 207-10.

510008. [総説] Treatment guidelines for persistent cloaca, cloacal exstrophy, and Mayer-Rokitansky-K?ster-H?user syndrome for the appropriate transitional care of patients. Kubota M, Osuga Y, Kato K, Ishikura K1, Kaneko K, Akazawa K, Yonekura T, Tazuke Y, Ieiri S, Fujino A, Ueno S, Hayashi Y, Yoshino K, Yanai T, Iwai J, Yamaguchi T, Amae S, Yamazaki Y, Sugita Y, Kohno M, Kanamori Y, Bitoh Y, Shinkai M, Ohno Y, Kinoshita Y: Surg Today 2019/12; 49 (12): 985-1002. (石倉健司1: 1小児)

510009. [総説] Rituximab therapy for refractory steroid-resistant nephrotic syndrome in children. Kamei K, Ishikura K1, Sako M, Ito S, Nozu K, Iijima K: Pediatr Nephrol 2020/1; 35 (1): 17-24. (石倉健司1: 1小児)

510010. [総説] History and Future of Treatment for Acute Stage Kawasaki Disease. Ishii M, Ebato T1, Kato H: Korean Circ J 2020/2; 50 (2): 112-19. (江波戸孝輔1: 1小児)

520010. [総説] 流行性筋痛症とヒトパレコウイルス. 石田倫也, 白井宏幸1, 白井宏直1, 土岐 平1, 野々田豊1, 岩崎俊之1, 石倉健司1, 野々山勝人, 佐野貴子 (1小児): 小児科 2019/9; 60 (10): 1395-400.

522055. [講座]【特集: 新生児・乳児の皮膚病】臨床例: 乳幼児期に発症した難治性の凍瘡. 江波戸孝輔1, 坂東由紀1,2 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 皮膚病診療 2019/5; 41 (5): 453-6.

522056. [講座]【新生児の呼吸障害 症状・生後時間別で押さえる対処のコツ】総論: 新生児の呼吸の特徴. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): with NEO 2019/8; 32 (4): 496-9.

522057. [講座]【シンポジウム: スペシャリストに聞く! 小児透析看護・指導のコツ】母子の愛着形成に着目した乳児期にあるPD患者の看護. 西田幹子, 佐藤 舞, 小椋雅夫, 亀井宏一, 石倉健司1 (1小児): 日本小児PD・HD研究会雑誌 2019/10; 31: 17-21.

522058. [講座]【特集: ""with NEO"" Update ""超"" わかる! 使える! 新生児の血液ガス検査】新生児の血液ガス基準値/異常値から予測し得る病態/新生児の血液ガス用語一覧. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端的医療, 2小児): with NEO 2020/2; 33 (1): 6-7.

522059. [講座]【特集: ""with NEO"" Update ""超"" わかる! 使える! 新生児の血液ガス検査】プロローグ う−子とこぷ−の出会い. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端的医療, 2小児): with NEO 2020/2; 33 (1): 8.

522060. [講座]【特集: ""with NEO"" Update ""超"" わかる! 使える! 新生児の血液ガス検査】1. まずはここから! 血液ガス結果を読むためには. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端的医療, 2小児): with NEO 2020/2; 33 (1): 9-19.

522061. [講座]【特集: ""with NEO"" Update ""超"" わかる! 使える! 新生児の血液ガス検査】6. 実践! (2) 新生児血液ガスから何がわかる? どう補正する? 石田宗司1 (1小児): with NEO 2020/2; 33 (1): 52-62.

522062. [講座]【特集: ""with NEO"" Update ""超"" わかる! 使える! 新生児の血液ガス検査】7. 実践! (3) 血液ガスを読んでみよう. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端的医療, 2小児): with NEO 2020/2; 33 (1): 64-78.

522063. [講座]【特集: ""with NEO"" Update ""超"" わかる! 使える! 新生児の血液ガス検査】エピローグ ありがとう, こぷ−. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端的医療, 2小児): with NEO 2020/2; 33 (1): 79.

[著 書]

620049. [学術書 (分担執筆)]【小児 一次救急マニュアル−帰宅可能か? 二次救急か? 判断のための手引き−(小児科2019年4月臨時増刊号)】3. 一次救急でみられる主な疾患 腎・泌尿器領域, p.742-7. 金森 透, 長谷川雄一, 石倉健司1 (1小児), 金原出版, 東京, 2019/4発行.

620050. [学術書 (分担執筆)]【小児の負荷試験2019 (小児内科4月増大号)】[腎機能検査] 日本人小児のeGFRの算出法−クレアチニン, シスタチンC, β2ミクログロブリン−, p.539-41. 金森 透, 石倉健司1 (1小児), 東京医学社, 東京, 2019/4発行.

620051. [学術書 (分担執筆)]【これでわかる, 新生児呼吸管理 (周産期医学4月増大号)】<呼吸管理の実際> 人工呼吸器による呼吸管理 CLiO2: closed-loop inspired oxygen, p.430-5. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児), 東京医学社, 東京, 2019/4発行.

620052. [学術書 (分担執筆)]【小児の診療手技 (小児科診療82巻増刊号)】I. 救命 溺水の小児に対する一次救命処置, p.33-6. 南野初香 (小児), 診断と治療社, 東京, 2019/4発行.

620053. [学術書 (分担執筆)]【心不全 (第2版) 下−最新の基礎・臨床研究の進歩− (日本臨牀77巻増刊号2)】XXII. その他病態・年齢層の心不全の臨床的事項 2. 未熟児・新生児心不全 (心内奇形を伴わない), p.496-502. 石田宗司1, 関谷里佳1, 土岐美久1, 川田孝平1, 劔持 学1, 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療), 日本臨牀社, 東京, 2019/5発行.

620054. [学術書 (分担執筆)]【指定難病ペディア2019 (日本医師会雑誌148巻・特別号 (1))】III. 個別の指定難病 F. 循環器系 14. 心室中隔欠損症を伴う肺動脈閉鎖症 [指定難病214], p.217-8. 高梨 学1, 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端的医療), 日本医師会, 東京, 2019/6発行.

620055. [学術書 (分担執筆)]【指定難病ペディア2019 (日本医師会雑誌148巻・特別号 (1))】III. 個別の指定難病 H. 腎・泌尿器系 12. ギャロウェイ・モワト症候群 [指定難病219], p.251. 塚口裕康, 石倉健司1 (1小児), 日本医師会, 東京, 2019/6発行.

620056. [学術書 (分担執筆)]【内科学書 改訂第9版 (Vol.3 循環器疾患)】11. 先天性心疾患 ミトコンドリア心筋症, p.255-6. 白井宏直1, 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端的医療), 中山書店, 東京, 2019/8発行.

620057. [学術書 (分担執筆)]【内科学書 改訂第9版 (Vol.3 循環器疾患)】11. 先天性心疾患 先天性僧帽弁疾患 (先天性僧帽弁狭窄症, 先天性僧帽弁閉鎖不全症), p. 256-7. 高梨 学1, 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端的医療), 中山書店, 東京, 2019/8発行.

620058. [学術書 (分担執筆)]【周産期相談310 お母さんへの回答マニュアル 第3版 (周産期医学2019年49巻増刊号)】新生児・乳児編 III.泌尿生殖器 ■生後1カ月頃 Q203. おちんちんの先の皮が赤く腫れていますが?, p.467-68. 大岡麻理1, 中西秀彦1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端的医療), 東京医学社, 東京, 2019/12発行.

620059. [学術書 (分担執筆)]【周産期相談310 お母さんへの回答マニュアル 第3版 (周産期医学2019年49巻増刊号)】新生児・乳児編 III.泌尿生殖器 ■生後1カ月頃 Q204. 男の子の恥垢はとったほうがよいですか? その方法は?, p.469-70. 大岡麻理1, 中西秀彦1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端的医療), 東京医学社, 東京, 2019/12発行.

[学会・研究会等]

711007. [学会 (国際)] (特別講演) Role of nasal high flow post-extubation in neonates-Current status in Japan-. Nakanishi H1,2: International Meeting Pediatric and neonatal nasal high flow (2019/4/13-14), New Deli, India. (中西秀彦1,2: 1新世紀医療・先端医療, 2小児)

712009. [学会 (国際)] (シンポジウム) Epidemiology of CKD and ESKD according to Registry data Data from the Japanese Registry. Ishikura K1: IPNA2019 (2019/10/17-21), Venice, Italy. (石倉健司1: 1小児)

713075. [学会 (国際)] (一般講演) WT1 gene mutation might cause thrombotic microangiopathy which is not responsive to Eculizumab. Tomari K, Terano C, Hamada R, Okuda Y1, Harada R, Nozu K, Ishikura K1, Hataya H, Iijima K, Ogata K, Joseph L Alge, Honda M: The 17th China-Japan-Korea Pediatric Nephrology Seminar 2019 (2019/4/13), Hangzhou, China. (奥田雄介1, 石倉健司1: 1小児)

713076. [学会 (国際)] (ポスター) Rasmussen syndrome: Assessment of clinical features in patients with different intellectual levels. Toki T1, Shimizu-Motohashi Y, Sumitomo N, Takeshita E, Ishiyama A, Saito T, Sugai K, Komaki H, Nakagawa E, Sasaki M: Child Neuro 2019 in Nagoya (The 20th annual meeting of infantile seizure society) (2019/5/31-6/2), Nagoya, Japan. (土岐 平1: 1小児)

713077. [学会 (国際)] (ポスター) A case of fatal legionella pneumonia during ACTH therapy for West syndrome. Toki T1, Shirai H1, Nonoda Y1, Iwasaki T1: Child Neuro 2019 in Nagoya (The 20th annual meeting of infantile seizure society) (2019/5/31-6/2), Nagoya, Japan. (土岐 平1, 白井宏直1, 野々田豊1, 岩崎俊之1: 1小児)

713078. [学会 (国際)] (一般講演) Trends in the incidence and pathology of pedi-atric PD peritonitis: a single center experience spanning 30 years. Hamada R, Hataya H, Inoguchi T, Terano C, Harada R, Aoki Y, Sato H, Hamasaki Y, Ishikura K1, Honda M: The 9th Asia Pacific Chapter Meeting of International Society for Peritoneal Dialysis (APCM-ISPD2019) (2019/9/5-7), Nagoya, Japan. (石倉健司1: 1小児)

713079. [学会 (国際)] (一般講演) Subepithelial electron-dense deposits do not predict treatment response in C3 Glomerulopathy. Tomari K, Hamada R, Omori N, Mikami N, Anno A, Shimabukuro W, Shirane S, Inoguchi T, Okuda Y1, Terano C, Harada R, Hamasaki Y, Ishikura K1, Hataya H, Honda M: IPNA2019 (2019/10/17-21), Venice, Italy. (奥田雄介1, 石倉健司1: 1小児)

713080. [学会 (国際)] (一般講演) Adolescent age and risk of first and subsequent allograft failure among pediatric kidney transplant recipients. Okuda Y1, Streja E, Rhee CM, Tantisattamo E, Reddy U, Laster M, Tang Y, Rajpoot D, Molnar MZ, Ichii H, Obi Y, Kalantar-Zadeh K: IPNA2019 (2019/10/17-21), Venice, Italy. (奥田雄介1: 1小児)

713081. [学会 (国際)] (一般口演) Predictors of Kidney and liver morbidity in patients with autosomal recessive polycystic Kidney disease. Sato M, Ishikura K1, Ogura M, Nishi K, Kanamori T, Kamae C, Suzuki R, Murakoshi M, Sako M, Ito Sakamoto S, Kasahara M, Kamei K: IPNA2019 (2019/10/17-21), Venice, Italy. (石倉健司1: 1小児)

713082. [学会 (国際)] (ポスター) Intelligence quotient in eskd children: comparison between pre-emptive Kidney transplantation and transplantation after dialysis. Kikunaga K, Hamada R, Inoguchi T, Terano C, Harada R, Hamasaki Y, Ishikura K1, Hataya H, Matsuyama T, Honda M: IPNA2019 (2019/10/17-21), Venice, Italy. (石倉健司1: 1小児)

713083. [学会 (国際)] (ポスター) A cross-sectional nationwide survey of congenital and infantile nephrotic syndrome in Japan. Hamasaki Y, Hamada R, Matsumoto S, Muramatsu M, Aya K, Ishikura K1, Iijima K: IPNA2019 (2019/10/17-21), Venice, Italy. (石倉健司1: 1小児)

713084. [学会 (国際)] (ポスター) Presenting clinical features of pediatric renovascular hypertension at diagnosis: a single-center experience fromjapan. Inoguchi T, Hamada R, Anno A, Shimabukuro W, Shirane S, Tomari K, Akamine K, Terano C, Harada R, Hamasaki Y, Hataya H, Ishikura K1, Honda M: IPNA2019 (2019/10/17-21), Venice, Italy. (石倉健司1: 1小児)

713085. [学会 (国際)] (ポスター) Prospective examinationof relationship between clinical features and relapse of Nephrotic syndrome after flu vaccines. Ishimori S, Horinouchi T, Fujimura J, Minamikawa S, Yamamura T, Matsunoshita N, Kamiyoshi N, Ogura M, Kaito H, Nozu K, Kamei K, Ishikura K1, Iijima K: IPNA2019 (2019/10/17-21), Venice, Italy. (石倉健司1: 1小児)

713086. [学会 (国際)] (ポスター) National survey of live attenuated vaccines for patients receiving Immunosuppressive agents or biological agents. Kamei K, Miyairi I, Shoji K, Ishikura K1, Sako M, Nakamura H: IPNA2019 (2019/10/17-21), Venice, Italy. (石倉健司1: 1小児)

713087. [学会 (国際)] (ポスター) A nation-wide survey of long-term prognosis of epstein syndrome. Miura K, Shirai Y, Kunishima S, Ishiguro A, Hamada R, Ishikura K1, Hattori M: IPNA2019 (2019/10/17-21), Venice, Italy. (石倉健司1: 1小児)

713088. [学会 (国際)] (ポスター) Strategy for discontinuing steroids in pediatric patients with lupus nephritis: a single center experience. Nishi K, Ogura M, Kamei K, Kanamori T, Ishiwa S, Okutsu M, Sato M, Ishikura K1, Ito S: IPNA2019 (2019/10/17-21), Venice, Italy. (石倉健司1: 1小児)

713089. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical significance of collapsing variant in childhood focal segmental Glomerulosclerosis. Okutsu M, Kamei K, Sato M, Ishiwa S, Kanamori T, Nishi K, Ogura M, Sako M, Ito S, Yoshioka T, Ogata K, Ishikura K1: IPNA2019 (2019/10/17-21), Venice, Italy. (石倉健司1: 1小児)

713090. [学会 (国際)] (ポスター) C1q nephropathy in siblings with nphs1 gene mutations. Omori T, Kamei K, Nozu K, Ogata K, Takahashi M, Nagano C, Ishikura K1, Iijima K, Misawa M: IPNA2019 (2019/10/17-21), Venice, Italy. (石倉健司1: 1小児)

713091. [学会 (国際)] (ポスター) Epidemiologyand treatment protocol of henoch-sch?nlein purpura nephritis: a Nationwide survey in japan. Terano C, Hamada R, Kaneko T, Honda M, Koichi N, Ishikura K1: IPNA2019 (2019/10/17-21), Venice, Italy. (石倉健司1: 1小児)

713092. [学会 (国際)] (ポスター) Neutrophil-to-lymphocyte ratio and hospitalization among pediatric dialysis patients. Tang Y, Okuda Y1, Park C, Hsiung J, Streja E, Wu Y, Kalantar-Zadeh K: IPNA2019 (2019/10/17-21), Venice, Italy. (奥田雄介1: 1小児)

713093. [学会 (国際)] (ポスター) A faster decline of residual kidney function and erythropoietin hyporesponsiveness in incident hemodialysis patients. Kimura H, Okuda Y1, Rhee C, Kovesdy CP, Streja E, Kalantar-Zadeh K: American Society of Nephrology Kidney Week 2019 (2019/11/5-10), Washington DC, USA. (奥田雄介1: 1小児)

713094. [学会 (国際)] (ポスター) A rapid decline of residual kidney function and anemia in incident hemodialysis patients. Kimura H, Okuda Y1, Rhee C, Kovesdy CP, Streja E, Kalantar-Zadeh K: American Society of Nephrology Kidney Week 2019 (2019/11/5-10), Washington DC, USA. (奥田雄介1: 1小児)

713095. [学会 (国際)] (ポスター) Rates of prevalent fracture differ by race and ethnicity in children with CKD. Laster M, Denburg M, Okuda Y1, Kumar J, Furth S, Norris K, Kalantar-Zadeh K, Warady B, Salusky I: American Society of Nephrology Kidney Week 2019 (2019/11/5-10), Washington DC, USA. (奥田雄介1: 1小児)

713096. [学会 (国際)] (ポスター) Dietary protein intake, kidney function, and mortality in a nationally representative cohort. Narasaki Y, Okuda Y1, Moore L, You A, Nakata T, Nguyen D, Kalantar-Zadeh K, Rhee C: American Society of Nephrology Kidney Week 2019 (2019/11/5-10), Washington DC, USA. (奥田雄介1: 1小児)

713097. [学会 (国際)] (ポスター) Association of lower dietary potassium intake with higher death risk in a prospective hemodialysis cohort. Narasaki Y, Okuda Y1, Kalantar S, You A, Novoa A, Nguyen T, Streja E, Nakata T, Colman S, Nguyen D, Rhee C: American Society of Nephrology Kidney Week 2019 (2019/11/5-10), Washington DC, USA. (奥田雄介1: 1小児)

713098. [学会 (国際)] (ポスター) Nonpreemptive vs Preemptive "Second" Kidney Transplant with Graft Failure Risk among Pediatric Kidney Transplant Recipients. Okuda Y1, Rhee CM, Tantisattamo E, Laster M, Tang Y, Rajpoot D, Molnar MZ, Ichii H, Obi Y, Kalantar-Zadeh K, Streja E: American Society of Nephrology Kidney Week 2019 (2019/11/5-10), Washington DC, USA. (奥田雄介1: 1小児)

713099. [学会 (国際)] (一般講演) Effect of Remote Ischemic Postconditioning on Inflammatory Cytokines, Cardiac Damage, Ventricular Function, and Mortality in Lipopolysaccharide-Induced Sepsis. Honda T1, He Q, Wang F, Redington AN: American Heart Association Scientific Sessions 2019 (2019/11/16-18), Philadelphia, USA. (本田 崇1: 1小児)

721012. [学会 (全国)] (会長賞選別講演)【多領域専門職部門会長賞受賞】小児循環器疾患患者における移行期支援外来の受診効果: ランダム化比較試験の結果から. 森崎真由美, 鈴木征吾, 小林明日香, 岩崎美和, 平田陽一郎1, 佐藤敦志, 犬塚 亮, キタ幸子, 佐藤伊織, 岡  明, 上別府圭子 (1小児): 第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2019/6/27-29), 札幌.

722083. [学会 (全国)] (ポスター討論)【座長】免疫・膠原病: 血管炎・その他. 坂東由紀 (小児): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢.

722084. [学会 (全国)] (ワークショップ) 小児腎疾患のガイドラインの現状と今後 小児特発性ネフローゼ症候群診療ガイドライン2019. 石倉健司 (小児): 第54回日本小児腎臓病学会学術集会 (2019/6/7-8), 大阪.

722085. [学会 (全国)] (シンポジウム) カテーテル検査を中心に非侵襲的測定への展開. 本田 崇1, 高梨 学1, w田聖子, 斎木宏文1, 菅本健司, 岩本洋一, 石戸博隆, 増谷 聡, 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): 第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2019/6/27-29), 札幌.

722086. [学会 (全国)] (シンポジウム) Post tolvaptan eraのうっ血解除戦術〜小児におけるトラセミド, トルバプタンの効果〜. 高梨 学1, 齋木宏文1, w田聖子, 福西琢真2, 岩本洋一, 石戸博隆, 増谷 聡, 宮本隆司2, 宮地 鑑2, 菅本健司, 先崎秀明1,3 (1小児, 2心臓血管外, 3新世紀医療・先端医療): 第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2019/6/27-29), 札幌.

722087. [学会 (全国)] (パネルディスカッション)【座長】小児期から行う移行支援−移行期をみすえて, 胎児期から家族とどうかかわるか−. 平田陽一郎 (小児): 第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2019/6/27-29), 札幌.

722088. [学会 (全国)] (シンポジウム) 働き方改革がもたらす周産期医療提供体制の変革. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): 第55回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2019/7/13-15), 長野.

722089. [学会 (全国)] (シンポジウム) 術後合併症からみた未熟児動脈管開存症に対する外科的治療介入時期の検討. 石田宗司1, 山口綾乃1, 大岡麻理1, 釼持 学1, 中西秀彦1,2, 宮地 鑑3 (1小児, 2新世紀医療・先端医療, 3心臓血管外): 第55回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2019/7/13-15), 長野, 日本周産期・新生児医学会雑誌 2019; 55 (2): 476.

722090. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】皮疹から考える見逃しやすい小児皮膚疾患. 坂東由紀1,2, (1北里大学メディカルセンター, 2小児): 第43回日本小児皮膚科学会学術大会 (2019/7/20-21), 大宮.

722091. [学会 (全国)] (シンポジウム)【移行支援の日常実践に向けて】総合病院 (大学病院) における移行支援チームの役割と活動の実際. 坂東由紀1,2, (1北里大学メディカルセンター, 2小児): 第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (2019/10/4-6), 札幌.

722092. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】小児リウマチ医をつづけるためにキャリア形成とプロフェッショナリズムをどう考える? 坂東由紀1,2, (1北里大学メディカルセンター, 2小児): 第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (2019/10/4-6), 札幌.

722093. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】多彩な自己炎症性疾患を紐解く. 坂東由紀1,2, (1北里大学メディカルセンター, 2小児): 第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (2019/10/4-6), 札幌.

722094. [学会 (全国)] (シンポジウム) 多彩な自己炎症性疾患を紐解くType I Interferonopathy. 江波戸孝輔1, 金子雅紀1, 坂東由紀1,2, 石倉健司1 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (2019/10/4-6), 札幌.

722095. [学会 (全国)] (シンポジウム) 難治性川崎病に対するステロイドパルス併用療法を用いた治療戦略〜当院での研究成果を踏まえて〜. 江波戸孝輔 (小児): 第39回日本川崎病学会・学術集会 (2019/10/25-26), 東京.

723375. [学会 (全国)] (一般講演) Trends in morbidity and mortality in 22-24 weeks from 2003-2012: A retrospective cohort study in Neonatal Research Network, Japan (NRNJ). 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢.

723376. [学会 (全国)] (一般講演) NRNJ10年間の解析による極低出生体重児における敗血症の頻度と関連因子. 大城 誠, 中西秀彦1,2, 楠田 聡 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢.

723377. [学会 (全国)] (ポスター) 不全型Cantrel症候群に急性前骨髄球性白血病 (APL) を発症した学童の一例. 釼持 学1, 江波戸孝輔1, 原口啓之介1, 中村 航, 後藤裕明, 中西秀彦1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢.

723378. [学会 (全国)] (一般講演) IgA血管炎のステロイド依存性の腹部症状にアザチオプリンが有効であった2例. 加納優治, 小椋雅夫, 西健太朗, 金森 透, 奥津美夏, 石和 翔, 佐藤 舞, 亀井宏一, 吉原重美, 石倉健司1 (1小児): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢.

723379. [学会 (全国)] (一般講演) 免疫抑制薬や生物学的製剤使用下での生ワクチン接種全国実態調査. 亀井宏一, 宮入 烈, 庄司健介, 佐古まゆみ, 中村秀文, 石倉健司1 (1小児): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢.

723380. [学会 (全国)] (一般講演) MFN2ヘテロ接合体変異を伴うCharcot-Marie-tooth病に抗MDA5抗体陽性の若年性皮膚筋炎を合併した1例. 金森 透, 小椋雅夫, 西健太朗, 奥 美香, 石和 翔, 佐藤 舞, 亀井宏一, 伊藤秀一, 石倉健司1 (1小児): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢.

723381. [学会 (全国)] (一般講演) 小児特発性ネフローゼ症候群患者のステロイド治療後副腎機能評価. 原田涼子, 菊永佳織, 亀井宏一, 濱田 陸, 永田裕子, 寺野千香子, 佐藤 舞, 小椋雅夫, 後藤正博, 長谷川行洋, 安藤高志, 幡谷浩史, 石倉健司1, 本田雅敬 (1小児): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢.

723382. [学会 (全国)] (一般講演) 乳幼児期に発症した難治性凍瘡様皮疹の2症例. 江波戸孝輔1, 坂東由紀1,2 (1小児, 2北里大学メディカルセンター): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢.

723383. [学会 (全国)] (一般講演) 小児期発症腎疾患患者の疾患理解, 自立度は成人期発症患者と同等である. 寺野千香子, 幡谷浩史, 久保田亘, 井口智洋, 菊永佳織, 原田涼子, 濱田 陸, 濱 祐子, 石倉健司1, 本田雅敬 (1小児): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢.

723384. [学会 (全国)] (一般講演) 新生児期に腎機能障害を呈する先天性腎尿路異常におけるクレアチニン値と腎予後の関係. 西健太朗, 小椋雅夫, 金森 透, 石和 翔, 奥津美夏, 佐藤 舞, 佐古まゆみ, 諌山哲哉, 亀井宏一, 伊藤秀一, 伊藤裕司, 石倉健司1 (1小児): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢.

723385. [学会 (全国)] (一般講演) 当院PICUにおける小児重症患者迎え搬送の実態. 峰尾恵梨1, 安藤 寿1, 田村佑平1, 昆 伸也1,2, 金子忠弘, 石倉健司1 (1小児, 2救命): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢.

723386. [学会 (全国)] (一般講演) 血栓性微小血管障害症を発症した全身性エリテマトーデス様症候群の乳児例. 湊 苑子, 田中雄一郎, 田畑健士郎, 西健太朗, 石川尊士, 小椋雅夫, 河合利尚, 石倉健司1, 窪田 満, 石黒 精 (1小児): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢.

723387. [学会 (全国)] (一般講演) 侵襲性肺炎球菌感染症から感染性心内膜炎を起こした大動脈縮窄症の幼児例. 高梨 学1, 齋木宏文1, w田聖子, 本田 崇1, 木村純人1, 菅本健司1, 福西琢真2, 宮本隆司2, 宮地 鑑2, 森 善樹1,3, 先崎秀明1,4, 石倉健司1 (1小児, 2心臓血管外, 3北里大学メディカルセンター, 4新世紀医療・先端医療): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢.

723388. [学会 (全国)] (一般講演) 当院で開設した小児アレルギー初診外来を振り返って. 石田翔二1, 紺野 寿1,2, 藤本まゆ1,2, 稲垣 瞳1,2, 大谷清孝1, 清水俊明1 (1相模原協同病院, 2小児): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢, 日本小児科学会雑誌 2019/2; 123 (2): 428.

723389. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における食物経口負荷試験陽性例の検討(会議録) 紺野 寿1,2, 石田翔二2, 藤本まゆ1,2, 稲垣 瞳1,2, 大谷清孝2 (1小児, 2相模原協同病院): 第122回日本小児科学会学術集会 (2019/4/19-21), 金沢, 日本小児科学会雑誌 2019/2; 123 (2): 429.

723390. [学会 (全国)] (一般講演) コットンラットへのムンプスウイルス経鼻接種と免疫原性評価. 伊藤尚志1, 山路祥晃, 澤田成史, 中山哲夫 (1小児): 第60回日本臨床ウイルス学会 (2019/5/25-26), 愛知.

723391. [学会 (全国)] (一般講演) 巣状分節性糸球体硬化症Columbia分類におけるcollapsing variantの臨床的意義. 奥津美夏, 亀井宏一, 石和 翔, 佐藤 舞, 金森 透, 西健太朗, 小椋雅夫, 佐古まゆみ, 伊藤秀一, 義岡孝子, 緒方謙太郎, 石倉健司1 (1小児): 第54回日本小児腎臓病学会学術集会 (2019/6/7-8), 大阪.

723392. [学会 (全国)] (一般講演) ネフローゼ症候群へのリツキシマブ投与後に, B細胞枯渇の遷延, 無グロブリン血症, 多発性腱鞘滑膜炎, 骨髄線維症を来した一例. 伊藤秀一, 稲葉 彩, 町田裕之, 佐藤 舞, 小椋雅夫, 石倉健司1, 亀井宏一 (1小児): 第54回日本小児腎臓病学会学術集会 (2019/6/7-8), 大阪.

723393. [学会 (全国)] (一般講演) リツキシマブ単回投与後B細胞枯渇中に再発した難治性ネフローゼ症候群の臨床的特徴. 亀井宏一, 佐藤 舞, 金森 透, 奥津美夏, 石和 翔, 西健太朗, 小椋雅夫, 伊藤秀一, 石倉健司1 (1小児): 第54回日本小児腎臓病学会学術集会 (2019/6/7-8), 大阪.

723394. [学会 (全国)] (一般講演) 小児腎移植患者の知能指数 腎移植前透析の有無による比較. 菊永佳織, 濱田 陸, 廣瀬 文, 白根正一郎, 泊 弘毅, 神垣 佑, 赤嶺敬治, 南 裕佳, 出来沙織, 井口智洋, 三上直朗, 寺野千香子, 原田涼子, 濱崎祐子, 石倉健司1, 本田雅敬 (1小児): 第54回日本小児腎臓病学会学術集会 (2019/6/7-8), 大阪.

723395. [学会 (全国)] (一般講演) 小児期発症難治性ネフローゼ症候群におけるリツキシマブ投与後のT細胞サブセットの解析129例の検討. 金森 透, 亀井宏一, 西健太朗, 奥津美夏, 石和 翔, 佐藤 舞, 小椋雅夫, 佐古まゆみ, 河合利尚, 伊藤秀一, 石倉健司1 (1小児): 第54回日本小児腎臓病学会学術集会 (2019/6/7-8), 大阪,

723396. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における小児全身性エリテマトーデスの臨床的検討. 昆 伸也1,2, 中村信也2, 西川暁子2, 岩波直美, 大熊浩江, 守屋俊介, 河西紀昭, 石倉健司2 (1救命, 2小児): 第54回日本小児腎臓病学会学術集会 (2019/6/7-8), 大阪.

723397. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるネフローゼ状態を呈した紫斑病性腎炎の検討. 出来沙織, 濱田 陸, 赤峰敬治, 神垣 佑, 白根正一郎, 泊 弘毅, 南 裕佳, 井口智洋, 菊永佳織, 三上直朗, 寺野千香子, 原田涼子, 濱崎祐子, 石倉健司1, 幡谷浩史, 本田雅敬 (1小児): 第54回日本小児腎臓病学会学術集会 (2019/6/7-8), 大阪.

723398. [学会 (全国)] (一般講演) 溶連菌感染契機に発症し, ステロイド剤とタクロリムス併用が著効を呈したC3NeF陽性C3腎炎の1例. 松村千恵子, 菅谷雅人, 升田真依, 小林雅代, 鵜野裕一, 金本勝義, 北村博司, 澤井俊宏, 奥田雄介1, 才田 謙, 野津寛大, 尾田高志 (1小児): 第54回日本小児腎臓病学会学術集会 (2019/6/7-8), 大阪.

723399. [学会 (全国)] (一般講演) 小児特発性ネフローゼ症候群におけるインフルエンザウイルスワクチン接種とネフローゼ病勢との関連 多施設共同研究. 石森真吾, 堀之内智子, 藤村順也, 南川将吾, 山村智彦, 松野下夏樹, 神吉直宙, 小椋雅夫, 貝藤裕史, 野津寛大, 亀井宏一, 石倉健司1, 飯島一誠 (1小児): 第54回日本小児腎臓病学会学術集会 (2019/6/7-8), 大阪.

723400. [学会 (全国)] (一般講演) ステロイド抵抗性ネフローゼ症候群における重症急性腎障害: 単施設62例の解析. 石和 翔, 佐藤 舞, 西健太朗, 金森 透, 奥津美夏, 小椋雅夫, 佐古まゆみ, 亀井宏一, 伊藤秀一, 石倉健司1 (1小児): 第54回日本小児腎臓病学会学術集会 (2019/6/7-8), 大阪.

723401. [学会 (全国)] (一般講演) 両側肺動脈塞栓症から心肺停止となった難治性頻回再発型ネフローゼ症候群の1例. 南 裕佳, 濱田 陸, 廣瀬 文, 白根正一郎, 泊 弘毅, 神垣 佑, 赤峰敬治, 出来沙織, 井口智洋, 菊永佳織, 寺野千香子, 原田涼子, 石倉健司1, 幡谷浩史, 上牧 勇, 本田雅敬 (1小児): 第54回日本小児腎臓病学会学術集会 (2019/6/7-8), 大阪.

723402. [学会 (全国)] (一般講演) 乳児早期に植込み型除細動器 (ICD) 植込みを行った2例. 土岐美久1, 安藤 寿1, 峰尾恵梨1, 木村純人1, 高梨 学1, 石倉健司1 (1小児): 第33回日本小児救急医学会学術集会 (2019/6/21-22), 大宮.

723403. [学会 (全国)] (一般講演) リツキシマブ単回投与後B細胞枯渇中に再発した難治性ネフローゼ症候群患者の臨床的特徴. 亀井宏一, 佐藤 舞, 金森 透, 奥津美夏, 石和 翔, 西健太朗, 小椋雅夫, 伊藤秀一, 石倉健司1 (1小児): 第62回日本腎臓学会学術総会 (2019/6/21-23), 名古屋.

723404. [学会 (全国)] (一般講演) エプスタイン症候群の長期予後に関する追跡調査. 三浦健一郎, 白井陽子, 國島伸治, 濱田 陸, 石倉健司1, 服部元史 (1小児): 第62回日本腎臓学会学術総会 (2019/6/21-23), 名古屋.

723405. [学会 (全国)] (一般講演) 小児特発性ネフローゼ症候群全国疫学調査 (JP-SHINE study) インフルエンザウイルスワクチンによる再発減少効果. 石森真吾, 石倉健司1, 佐藤 舞, 菊永香織, 寺野千香子, 濱崎祐子, 安藤高志, 伊藤秀一, 本田雅敬 (1小児): 第62回日本腎臓学会学術総会 (2019/6/21-23), 名古屋.

723406. [学会 (全国)] (一般講演) 小児難治性ネフローゼ症候群に対するリツキシマブ治療におけるB細胞枯渇と寛解維持の関係. 濱田 陸, 幡谷浩史, 泊 弘毅, 寺野千香子, 原田涼子, 濱崎祐子, 石倉健司1, 本田雅敬 (1小児): 第62回日本腎臓学会学術総会 (2019/6/21-23), 名古屋.

723407. [学会 (全国)] (一般講演) 診断カテーテル方法の工夫による包括的心血管機能評価と循環動態理解. 松村 峻, 岩本洋一, 石戸博隆, 増谷 聡, w田聖子, 本田 崇1, 高梨 学1, 菅本健司, 齋木宏文1, 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): 第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2019/6/27-29), 札幌.

723408. [学会 (全国)] (一般講演) NT/BNPのFontan患者における心不全マーカーとしての有用性. 本田 崇1, 高梨 学1, w田聖子, 齋木宏文1, 菅本健司, 岩本洋一, 石戸博隆, 増谷 聡, 森 善樹1, 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): 第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2019/6/27-29), 札幌.

723409. [学会 (全国)] (一般講演) 負荷非依存の新しい収縮性の指標〜心室圧最小変化率−収縮末期容積関係〜. 高梨 学1, 齋木宏文1, w田聖子, 本田 崇1, 木村純人1, 菅本健司, 森 善樹1, 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): 第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2019/6/27-29), 札幌.

723410. [学会 (全国)] (ポスター) 単一心拍から収縮末期圧容積関係を求める斬新な方法. 高梨 学1, 齋木宏文1, w田聖子, 本田 崇1, 木村純人1, 菅本健司, 森 善樹1, 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): 第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2019/6/27-29), 札幌.

723411. [学会 (全国)] (一般講演) Post tolvaptan eraのうっ血解除戦術〜小児におけるトラセミド, トルバプタンの効果〜. 高梨 学1, 齋木宏文1, w田聖子1, 福西琢真2, 岩本洋一, 菅本健司, 石戸博隆, 増谷 聡, 宮本隆司2, 宮地 鑑2, 先崎秀明1,3 (1小児, 2心臓血管外, 3新世紀医療・先端医療): 第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2019/6/27-29), 札幌, 日本小児循環器学会雑誌 2019/6; 35 (Suppl 1): s1-128.

723412. [学会 (全国)] (一般講演) 中心静脈圧の低いFontan術後蛋白漏出性胃腸症に対する治療戦略. 高梨 学1, 齋木宏文1, w田聖子, 福西琢真2, 菅本健司, 宮本隆司2, 宮地 鑑2, 先崎秀明1,3 (1小児, 2心臓血管外, 3新世紀医療・先端医療): 第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2019/6/27-29), 札幌, 日本小児循環器学会雑誌 2019/6; 35 (Suppl 1): s1-387.

723413. [学会 (全国)] (一般講演) 大動脈閉鎖を伴う完全大血管転位症−胎児循環と出生後経過からの考察−. w聖子1, 齋木宏文1, 高梨 学1, 福西琢真2, 菅本健司, 宮本隆司2, 宮地 鑑2, 先崎秀明1,3 (1小児, 2心臓血管外, 3新世紀医療・先端医療): 第55回日本小児循環器学会総会・学術集会 (2019/6/27-29), 札幌, 日本小児循環器学会雑誌 2019/6; 35 (Suppl 1): s1-394.

723414. [学会 (全国)] (一般講演) 当院のPD導入患者70名の原疾患・導入時年齢・予後. 亀井宏一, 金森 透, 奥津美夏, 石和 翔, 西健太朗, 佐藤 舞, 小椋雅夫, 石倉健司1 (1小児): 第64回日本透析医学会学術集会・総会 (2019/6/28-30), 横浜.

723415. [学会 (全国)] (一般講演) 術後合併症からみた未熟児動脈管開存症に対する外科的治療介入時期の検討. 石田宗司1, 山口綾乃1, 大岡麻理1, 釼持 学1, 中西秀彦1,2, 宮地 鑑3 (1小児, 2新世紀医療・先端医療, 3心臓血管外): 第55回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2019/7/13-15), 長野, 日本周産期・新生児医学会雑誌 2019/7; 55 (2): 476.

723416. [学会 (全国)] (一般講演) 高血糖緊急症を発症したMELASの3症例の検討. 土岐 平1, 本橋裕子, 住友典子, 竹下絵里, 石山昭彦, 小牧宏文, 中川栄二, 佐々木征行 (1小児): 第45回日本重症心身障害学会学術集会 (2019/9/20-21), 岡山.

723417. [学会 (全国)] (一般講演) 22q11.2欠失症候群に合併した若年性特発性関節炎の1例. 福田淳奈, 江波戸孝輔1 (1小児): 第29回日本小児リウマチ学会総会・学術集会 (2019/10/4-6), 札幌.

723418. [学会 (全国)] (一般講演) 青年期腎移植と初回及びその後複数回の移植腎喪失リスク, 死亡の関連. 奥田雄介1, 石倉健司1, エラニ・ストレージャ, カム・カランター (1小児): 第55回日本移植学会総会 (2019/10/10-12), 広島.

723419. [学会 (全国)] (ポスター) 川崎病の診断基準を満たしたHPVB19感染症の1例. 関谷里佳1, 江波戸孝輔1, 他 (1小児): 第39回日本川崎病学会・学術集会 (2019/10/25-26), 東京.

723420. [学会 (全国)] (ポスター) ACTH療法中にレジオネラ肺炎を発症した乳児の一例. 釼持 学1, 大岡麻理1, 野々田豊1, 白井宏直1, 江波戸孝輔1, 中西秀彦1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): 第51回日本小児感染症学会総会・学術集会 (2019/10/26-27), 旭川, 日本小児感染症学会総会・学術集会プログラム・抄録集 2019; 51: 269.

723421. [学会 (全国)] (一般講演) Eculizumab投与後のKlebsiella pneumoniae菌血症. 小川英輝, 庄司健介, 佐藤 舞, 石倉健司1, 笠原群生, 宮入 烈 (1小児): 第51回日本小児感染症学会総会・学術集会 (2019/10/26-27), 旭川.

723422. [学会 (全国)] (ポスター) 小児アレルギー患者宅の環境整備によるダニ及びダニアレルゲン回避と症状改善のための調査研究. 坂東由紀1,2, 他 (1北里大学メディカルセンター, 2小児): 第56回日本小児アレルギー学会学術大会 (2019/11/2-3), 千葉.

723423. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における「長引く咳」診療の現状. 南野初香 (小児): 第52回日本小児呼吸器学会 (2019/11/15-16), 鹿児島.

723424. [学会 (全国)] (一般講演) 喉頭気管分離術後に気管腕頭動脈瘻を発症し救命し得た一例. 桐戸雄紀, 南野初香1 (1小児): 第52回日本小児呼吸器学会 (2019/11/15-16), 鹿児島.

723425. [学会 (全国)] (一般講演) 無気肺を繰り返す症例に対し病院, 施設, 訪問スタッフの呼吸ケアを統一することが有効であった1例. 大曲正樹, 南野初香1 (1小児): 第52回日本小児呼吸器学会 (2019/11/15-16), 鹿児島.

723426. [学会 (全国)] (一般講演) 腹臥位療法が有効だった縦隔気腫を伴うインフルエンザA肺炎の1幼児例. 金子忠弘1, 上田康久, 峰尾恵梨2, 安藤 寿2, 石立誠人, 福島崇義, 原 真人, 梅原 実, 石倉健司2 (1公立置賜総合病院救急科, 2小児): 第52回日本小児呼吸器学会 (2019/11/15-16), 鹿児島.

723427. [学会 (全国)] (一般講演) Lowe症候群の長期的腎予後に関する検討. 薮内智朗, 石和 翔, 三浦健一郎, 張田 豊, 石塚喜世伸, 神田祥一郎, 佐藤敦志, 磯島 豪, 濱田 陸, 石倉健司1, 五十嵐隆, 服部元史 (1小児): 第41回日本小児腎不全学会学術集会 (2019/11/28-29), 高知.

723428. [学会 (全国)] (一般講演)「HFOの基礎と最近の潮流」HFOによるCLD管理を考察しよう〜予防から重要事例の治療まで〜. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): 第22回新生児呼吸療法・モニタリングフォーラム (2020/2/13-15), 長野.

723429. [学会 (全国)] (一般講演) PIカテーテルショートタイプの有用性について: PIカテーテルのつまらない話〜パートIII〜. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): 第22回新生児呼吸療法・モニタリングフォーラム (2020/2/13-15), 長野

731030. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 新生児の体のみかた. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): メディカ出版セミナー (2019/5/12), 大阪.

731031. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 超早産児の管理. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): 新生児集中ケア認定看護師フォローアップ研修 (2019/6/15), 東京.

731032. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 新生児の体のみかた. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): メディカ出版セミナー (2019/7/27), 東京.

731033. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 小児の慢性腎臓病〜疫学と腎機能の評価について. 石倉健司 (小児): 第358回日本小児科学会神奈川県地方会 (2019/9/21), 横浜.

731034. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 留意すべき小児の慢性腎疾患と早期発見のための正確な腎機能評価. 石倉健司 (小児): 神奈川県学校腎疾患管理研究会講演会 (2019/9/28), 横浜.

731035. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 小児の風邪. 奥田雄介 (小児): 熱海学校保健研修会 校医と養護教諭の集い (2019/11/12), 熱海.

731036. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) フローサイトメトリーを用いたPBMCsの網羅的解析: 川崎病の病態に迫る. 江波戸孝輔 (小児): 北陸川崎病研究会 (2019/12/7), 金沢.

731037. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) とことんやさしい新生児呼吸管理のすべて. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): メディカ出版セミナー (2019/12/14), 大阪.

731038. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 小さな命を救う意味. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): 第11回北里大学医学部附属新世紀医療開発センターシンポジウム (2019/12/15), 相模大野.

732023. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 食物アレルギーの最新情報とこれからの毎日に向けて. 坂東由紀1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2小児): 鴻巣市子育て支援団体 食物アレルギーっ子交流会 (2019/4/13), 鴻巣.

732024. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 難病診療連携とCKDコホート. 石倉健司 (小児): 九州小児腎臓病セミナー2019 in Fukuoka (2019/5/11), 福岡.

732025. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 論文を読むときも書くときも役に立つ生物統計学. 石倉健司1, 金子徹治 (1小児): 九州小児腎臓病セミナー2019 in Fukuoka (2019/5/11), 福岡.

732026. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 学校における適切な食物アレルギー・アナフィラキシー対応の在り方. 坂東由紀1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2小児): 北本市教育委員会 食物アレルギー・アナフィラキシー対応研修会 (2019/8/8), 埼玉.

732027. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 小児のCKDと遺伝性腎疾患−CAKUTを中心に−. 石倉健司 (小児): 第2回遺伝腎疾患を考える会 (2019/10/4), 相模原.

732028. [学会 (地方会・研究会)] (市民公開講座) ペットとの豊かな暮らしを知っておきたい: ここまでわかっている犬・猫アレルギー. 坂東由紀1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2小児): 2019年度公益社団法人日本動物病院協会 (JAHA) 年次大会 (2019/10/13-14), 東京.

732029. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 小児腎領域の希少・難治性疾患とCKDコホート. 石倉健司 (小児): 北海道小児腎臓病セミナー2019 in Sapporo (2019/11/9), 札幌.

732030. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) ワンポイント統計学. 石倉健司1, 金子徹治 (1小児): 北海道小児腎臓病セミナー2019 in Sapporo (2019/11/10), 札幌.

732031. [学会 (地方会・研究会)] (市民公開講座) 未来を支える (超早産児就学状況アンケート結果). 釼持 学 (小児): 第11回北里大学医学部附属新世紀医療開発センターシンポジウム (2019/12/15), 相模大野.

732032. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 動物介在療法の現状および研究教育の課題: 北里大学メディカルセンターにおける動物介在療法の実際. 坂東由紀1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2小児): 岩手大学大学院獣医学研究科公開シンポジウム (2019/12/4), 岩手.

732033. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 当院の未受診妊婦 (特定妊婦) からみた養子・里親制度. 釼持 学 (小児): 養子縁組民間あっせん機関助成事業 (2020/1/14), 藤沢.

732034. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 学校検尿: みつかる疾患, 見逃す疾患. 石倉健司 (小児): 町田市医師会学術講演会 (2020/2/19), 東京.

733139. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 小児透析患者における, 透析導入時の併存症としての高血圧と死亡の関連. 奥田雄介1, 昆 伸也1,2, 石倉健司1 (1小児, 2救命): 第26回日本小児高血圧研究会 (2019/9/14), 東京.

733140. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 川崎病の主要症状を呈した麻疹の1男児例. 田村佑平1, 佐藤加代子1, 木村純人1, 箕浦克則1 (1小児): 第358回日本小児科学会神奈川県地方会 (2019/9/21), 横浜.

733141. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 心不全を契機に発見され, 透析導入されたネフロン癆疑いの思春期女児例. 奥田雄介1, 昆 伸也1,2, 石倉健司1 (1小児, 2救命): 第12回日本小児CKD研究会 (2019/9/29), 東京.

733142. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 常染色体劣性多発性N胞腎の長期予後: 肝移植と腎移植の戦略. 佐藤 舞, 亀井宏一, 石倉健司1, 笠原群生 (1小児): 第33回日本小児PD・HD研究会 (2019/11/1-2), 名古屋.

733143. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 新生児期に腎機能障害を呈する先天性腎尿路異常においてクレアチニン値は腎機能予後予測に有用か. 西健太朗, 小椋雅夫, 金森 透, 石和 翔, 奥津美夏, 佐藤 舞, 佐古まゆみ, 諌山哲哉, 亀井宏一, 伊藤秀一, 伊藤裕司, 石倉健司1 (1小児): 第33回日本小児PD・HD研究会 (2019/11/1-2), 名古屋.

733144. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ネフロン癆. 奥田雄介1, 奥津美夏, 杉本圭相, 濱崎祐子 (1小児): 北海道小児腎臓病セミナー2019 in Sapporo. (2019/11/9-10), 札幌.

733145. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院における川崎病診療. 宮野真木子, 南野初香1, 木部哲也 (1小児): 日本小児科学会静岡地方会 (2019/11/10), 静岡.

733146. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 成人移行支援の現状と課題. 平田陽一郎 (小児): 第440回相模原小児科医会月例懇話会 (2019/11/20), 相模原.

733147. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ステロイド治療下で改善と増悪を繰り返している急性尿細管間質性腎炎の13歳女児例. 奥田雄介1, 芹澤陽菜1, 昆 伸也1,2, 中村信也1, 石倉健司1 (1小児, 2救命): 第440回相模原小児科医会月例懇話会 (2019/11/20), 相模原.

'18年度以前分

[学術論文]

'18-120001. [原著] 独自に作成した調査票を用いた日帰り入院の食物経口負荷試験に関する意識調査. 石田翔二1, 米山俊之1, 紺野 寿1,2, 藤本まゆ1,2, 稲垣 瞳1,2, 大谷清孝1 (1相模原協同病院, 2小児): 日本農村医学会雑誌 2019/3; 67 (6): 669-77.

'18-540004. [その他 (研究報告書)] IgA腎症と微小変化型ネフローゼ症候群の診療ガイドラインの認知度と活用状況に関するアンケート調査の報告. 三浦健一郎, 佐古まゆみ, 芦田 明, 石倉健司1, 井上 勉, 後藤芳充, 小松康宏, 重松 隆, 杉山 斉, 寺野千香子, 中西浩一, 西尾妙織, 幡谷浩史, 藤元昭一, 向山政志, 吉矢邦彦, 本田雅敬, 岩野正之, 服部元史 (1小児): 日本腎臓学会誌 2019/3; 61 (2): 51-7.

[著 書]

'18-620009. [学術書 (分担執筆)]【内分泌症候群 (第3版) IV−その他の内分泌疾患を含めて− (別冊日本臨牀 領域別症候群シリーズ No.4)】XII. 性機能低下を伴う遺伝性 (先天性) 症候群 2. Denys-Drash症候群, p.480-3. 西健太朗, 堀川玲子, 石倉健司1 (1小児), 日本臨牀社, 東京, 2019/3発行.

[学会・研究会等]

'18-723016. [学会 (全国)] (一般講演) 小児におけるデクスメデトミジンの効果. 峰尾恵梨1, 安藤 寿1, 田村佑平1, 先崎秀明1,2 (1小児, 2新世紀医療・先端医療): 第46回日本集中治療医学会学術集会 (2019/3/1-3), 京都.

'18-731002. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) とことんやさしい新生児呼吸管理のすべて. 中西秀彦1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2小児): メディカ出版セミナー (2019/1/12), 東京.

'18-733003. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ACTH療法中にレジオネラ肺炎で死亡したWest症候群の一例. 白井宏直1, 野々田豊1, 石田倫也 (1小児): 第61回神奈川小児神経懇話会 (2019/3/2), 横浜.


産科学/婦人科学

[学術論文]

110249. [原著] Autophagy is a new protective mechanism against the cytotoxicity of platinum nanoparticles in human trophoblasts. Nakashima A, Higashisaka K, Kusabiraki T, Aoki A, Ushijima A, Ono Y, Tsuda S, Shima T, Yoshino O1,2, Nagano K, Yoshioka Y, Tsutsumi Y, Saito S: Sci Rep 2019/4; 9 (1): 5478. (吉野 修1,2: 1産科, 2婦人)

110250. [原著] Serum Brain-derived Neurotrophic Factor Levels Mirror Bone Mineral Density in Amenorrheic and Eumenorrheic Athletes. Nose S, Yoshino O1,2, Nomoto K, Harada M, Dohi M, Kawahara T, Osuga Y, Fujii T, Saito S: Int J Sports Med 2019/4; 40 (4): 276-82. (吉野 修1,2: 1産科, 2婦人)

110015. [原著] VEGF Receptor 1-Expressing Macrophages Recruited from Bone Marrow Enhances Angiogenesis in Endometrial Tissues. Sekiguchi K1, Ito Y2, Hattori K1, Inoue T3, Hosono K2, Honda M4, Numao A1, Amano H2, Shibuya M, Unno N1, Majima M2: Sci Rep 2019/5; 9 (1): 7037. (関口和企1, 伊藤義也2, 服部響子1, 井上智仁3, 細野加奈子2, 本田雅子4, 沼尾彰子1, 天野英樹2, 海野信也1, 馬嶋正隆2: 1産科, 2薬理, 3消化器内, 4大学院医療系研究科)

110251. [原著] Uterine receptivity, embryo attachment, and embryo invasion: Multistep processes in embryo implantation. Fukui Y, Hirota Y, Matsuo M, Gebril M, Akaeda S, Hiraoka T1, Osuga Y: Reprod Med Biol 2019/5; 18 (3): 234-40. (平岡毅大1: 1婦人)

110252. [原著] Comparison of survival between primary debulking surgery and neoadjuvant chemotherapy for stage III/IV ovarian, tubal and peritoneal cancers in phase III randomised trial. Onda T1, Satoh T, Ogawa G, Saito T, Kasamatsu T, Nakanishi T, Mizutani T, Takehara K, Okamoto A, Ushijima K, Kobayashi H, Kawana K, Yokota H, Takano M, Kanao H, Watanabe Y, Yamamoto K, Yaegashi N, Kamura T, Yoshikawa H: Eur J Cancer 2020/5; 130: 114-25. (恩田貴志1: 1婦人)

110253. [原著] The mesenchymal transition subtype more responsive to dose dense taxane chemotherapy combined with carboplatin than to conventional taxane and carboplatin chemotherapy in high grade serous ovarian carcinoma: A survey of Japanese Gynecologic Oncology Group study (JGOG3016A1). Murakami R, Matsumura N, Michimae H, Tanabe H, Yunokawa M, Iwase H1, Sasagawa M, Nakamura T, Tokuyama O, Takano M, Sugiyama T, Sawasaki T, Isonishi S, Takehara K, Nakai H, Okamoto A, Mandai M, Konishi I: Gynecol Oncol 2019/5; 153 (2): 312-9. (岩瀬春子1: 1婦人)

110254. [原著] Decreased effector regulatory T cells and increased activated CD4+ T cells in premature ovarian insufficiency. Kobayashi M, Nakashima A, Yoshino O1,2, Yoshie M, Ushijima A, Ito M, Ono Y, Shima T, Kawamura K, Ishizuka B, Saito S: Am J Reprod Immunol 2019/6; 81 (6): e13125. (吉野 修1,2: 1産科, 2婦人)

110255. [原著] Real prevalence of neural tube defects in Japan: How many of such pregnancies have been terminated? Kondo A, Akada S, Akiyama K, Arakawa M, Ichi S, Inamoto Y, Ishida T, Ishikawa H, Itoh T, Izumi A, Kimura F, Kondo AS, Matsuoka R, Miyauchi A, Mochizuki J1, Momohara Y, Morikawa S, Morioka M, Morota N2, Nakabe K, Obayashi S, Oku M, Samura O, Sasahara J, Sase M, Shimamoto K, Shimamura K, Sumigama S, Tada K, Takahashi H, Tani A, Wada S, Wada-HIraike O, Watanabe T, Yamaguchi M, Yasui T, Yokomine M: Congenit Anom (Kyoto) 2019/7; 59 (4): 118-24. (望月純子1, 師田信人2: 1産科, 2脳外)

110256. [原著] Endoplasmic reticulum stress disrupts lysosomal homeostasis and induces blockade of autophagic flux in human trophoblasts. Nakashima A, Cheng SB, Kusabiraki T, Motomura K, Aoki A, Ushijima A, Ono Y, Tsuda S, Shima T, Yoshino O1,2, Sago H, Matsumoto K, Sharma S, Saito S: Sci Rep 2019/8; 9 (1): 11466. (吉野 修1,2: 1産科, 2婦人)

110257. [原著] PARP inhibitors for BRCA wild type ovarian cancer; gene alterations, homologous recombination deficiency and combination therapy. Matsumoto K, Nishimura M, Onoe T, Sakai H, Urakawa Y, Onda T1, Yaegashi N: Jpn J Clin Oncol 2019/8; 49 (8): 703-7. (恩田貴志1: 1婦人)

110258. [原著] Risk factors of stress fractures due to the female athlete triad: Differences in teens and twenties. Nose-Ogura S, Yoshino O1,2, Dohi M, Kigawa M, Harada M, Hiraike O, Onda T2, Osuga Y, Fujii T, Saito S: Scand J Med Sci Sports 2019/10; 29 (10): 1501-10. (吉野 修1,2, 恩田貴志2: 1産科, 2婦人)

110259. [原著] Sphingosine 1 Phosphate (S1P) Increased IL-6 Expression and Cell Growth in Endometriotic Cells. Yoshino O1,2, Yamada-Nomoto K, Kano K, Ono Y, Kobayashi M, Ito M, Yoneda S, Nakashima A, Shima T, Onda T2, Osuga Y, Aoki J, Saito S: Reprod Sci 2019/11; 26 (11): 1460-7. (吉野 修1,2, 恩田貴志2: 1産科, 2婦人)

110260. [原著] Endometriosis Triggers Excessive Activation of Primordial Follicles via PI3K-PTEN-Akt-Foxo3 Pathway. Takeuchi A, Koga K, Satake E, Makabe T, Taguchi A, Miyashita M, Takamura M, Harada M, Hirata T, Hirota Y, Yoshino O1,2, Wada-Hiraike O, Fujii T, Osuga Y: J Clin Endocrinol Metab 2019/11; 104 (11): 5547-54. (吉野 修1,2: 1産科, 2婦人)

110261. [原著] Quantitative analysis of ovarian cysts and tumors by using T2 star mapping. Takahashi N, Yoshino O1,2, Hayashida E, Nakamura M, Hori M, Iwahata S2, Onda T2, Unno N1, Fujii T, Osuga Y: J Obstet Gynaecol Res 2020/1; 46 (1): 140-6. (吉野 修1,2, 岩端俊輔2, 恩田貴志2, 海野信也1: 1産科, 2婦人)

110262. [原著] Levonorgestrel Inhibits Embryo Attachment by Eliminating Uterine Induction of Leukemia Inhibitory Factor. Matsuo M, Hirota Y, Fukui Y, Fujita H, Saito-Fujita T, Kaku T, Gebril M, Hirata T, Akaeda S, Hiraoka T1, Tanaka T, Haraguchi H, Saito-Kanatani M, Shimizu-Hirota R, Takeda N, Fujii T, Osuga Y: Endocrinology 2020/2; 161 (2): bqz005. (平岡毅大1: 1婦人)

110263. [原著] IL-33 Exacerbates Endometriotic Lesions via Polarizing Peritoneal Macrophages to M2 Subtype. Ono Y, Yoshino O1,2, Hiraoka T2, Akiyama I, Sato E3, Ito M, Kobayashi M, Nakashima A, Wada S, Onda T2, Unno N1, Osuga Y: Reprod Sci 2020/3; 27 (3): 869-76. (吉野 修1,2, 平岡毅大2, 佐藤絵里奈3, 恩田貴志2, 海野信也1: 1産科, 2婦人, 3病態・診療系3)

120009. [原著] 若年子宮体癌症例における卵巣温存の可能性について: Logistic回帰分析を用いた検討. 古江明子1, 岩瀬春子1, 遠藤真一1, 古川正義1, 佐藤英貴, 田雑有紀1, 高田恭臣1, 新井正秀1, 恩田貴志1 (1婦人): 日本婦人科腫瘍学会雑誌 2019/4; 37 (2): 131-9.

120010. [原著] 子宮頸癌IB2/IIA2, IIB期広汎子宮全摘術症例の臨床的検討と放射線療法症例との予後の比較. 高田恭臣1, 遠藤真一1, 古川正義1, 田雑有紀1, 佐藤英貴, 新井正秀1, 岩瀬春子1, 恩田貴志1 (1婦人): 日本婦人科腫瘍学会雑誌 2019/10; 37 (4): 723-30.

120011. [原著] 平成30年度 神奈川産科婦人科学会 婦人科悪性腫瘍登録集計報告. 沼崎令子, ルイズ横田奈朋, 吉田 浩, 杉浦 賢, 大原 樹, 高田恭臣1, 木挽貢慈, 佐々木康, 米山剛一, 林 康子, 平澤 猛, 森岡 幹, 磯崎太一, 渡邊豊治, 三上幹男, 加藤久盛, 中野眞佐男, 鈴木 直, 高橋恒男 (1婦人): 神奈川産科婦人科学会誌 2019/10; 56 (1): 50-8.

310034. [症例報告] Prenatal skeletal sonographic findings of Jeune syndrome. Mochizuki J1, Kanai Y1, Onishi Y1, Kishimoto Y, Hata K, Unno N1: Jpn J Med Ultrasonics 2019/12; 46 (6): 551-4. (望月純子1, 金井雄二1, 大西庸子1, 海野信也1: 1産科)

320024. [症例報告] 流産手術の術前検査を契機にTAFRO症候群の診断に至った1例. 山崎 優1, 望月純子1, 大西庸子1, 吉村嘉広1, 中金朗子1, 関口和企1, 石川隆三1, 金井雄二1, 海野信也1 (1産科): 関東連合産科婦人科学会誌 2019/11; 56 (4): 507-13.

320025. [症例報告] 禿頭を契機に診断に至ったテストステロン産生腫瘍の一例. 五島裕之1, 高田恭臣1, 中村基寛2, 遠藤真一2, 古川正義2, 田雑有紀2 佐藤英貴, 新井正秀2, 岩瀬春子2, 恩田貴志2, 海野信也1 (1産科, 2婦人): 神奈川産科婦人科学会誌 2020/2; 56 (2): 13-8.

320026. [症例報告] 当院における梅毒合併妊娠の3例. 西島純一1, 中村基寛2, 秋山絵里子1,3, 石井絵莉子, 根津幸穂1, 久嶋則行3, 三木明徳1,3 (1産科, 2婦人, 3北里大学メディカルセンター): 埼玉産科婦人科学会雑誌 2020/3; 50 (1): 26-32.

410002. [臨床試験] The mesenchymal transition subtype more responsive to dose dense taxane chemotherapy combined with carboplatin than to conventional taxane and carboplatin chemotherapy in high grade serous ovarian carcinoma: A survey of Japanese Gynecologic Oncology Group study (JGOG3016A1). Murakami R, Matsumura N, Michimae H Tanabe H, Yunokawa M, Iwase H1, Sasagawa M, Nakamura T, Tokuyama O, Takano M, Sugiyama T, Sawasaki T, Isonishi S, Takehara K, Nakai H, Okamoto A, Mandai M, Konishi I: Gynecol Oncol 2019/5; 153 (2): 312-9. (岩瀬春子1: 1婦人)

522064. [講座]【特集: 周産期と医療安全】各論 [産科] 無痛分娩. 海野信也 (産科): 周産期医学 2019/5; 49 (5): 696-701.

522065. [講座]【第63回学術集会講演録】教育講演: 医師の働き方改革と周産期医療. 海野信也 (産科): 日本新生児成育医学会雑誌 2019/6; 31 (2): 356-8.

522066. [講座] 【特集: 安全で安心な無痛分娩を極める】4. 無痛分娩時の急速遂娩法. 金井雄二 (産科): 産婦人科の実際 2019/6; 68 (6): 579-87.

522067. [講座]【特集: 広がる子宮内膜症の世界】III. 病因・病態の最新知見 15. 子宮内膜症における神経因子. 吉野 修1,2, 大須賀穣, 齋藤 滋, 恩田貴志2 (1産科, 2婦人): 産科と婦人科 2019/7; 86 (7): 873-7.

522068. [講座]【特集: Female genital tractの収縮を再考する】非妊娠時におけるヒト子宮収縮の観察 (1) 子宮筋腫を伴う子宮の収縮. 吉野 修1,2, 大須賀穣, 恩田貴志2 (1産科, 2婦人): HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY 2019/9; 26 (3): 223-8.

530008. [その他 (Guidelines)] Guidelines for office gynecology in Japan: Japan Society of Obstetrics and Gynecology (JSOG) and Japan Association of Obstetricians and Gynecologists (JAOG) 2017 edition. Kawaguchi R, Matsumoto K, Akira S, Ishitani K, Iwasaku K, Ueda Y, Okagaki R, Okano H, Oki T, Koga K, Kido M, Kurabayashi T, Kuribayashi Y, Sato Y, Shiina K, Takai Y, Tanimura S, Chaki O, Terauchi M, Todo Y, Noguchi Y, Nose-Ogura S, Baba T, Hirasawa A, Fujii T, Fujii T, Maruyama T, Miyagi E, Yanagida K, Yoshino O1,2, Iwashita M, Maeda T, Minegishi T, Kobayashi H: J Obstet Gynaecol Res 2019/4; 45 (4): 766-86. (吉野 修1,2: 1産科, 2婦人)

[著 書]

620060. [学術書 (分担執筆)] 【産婦人科 救急・当直 対応マニュアル (臨床婦人科産科2019年増刊号)】■III. 産科編 妊産褥婦の合併疾患への対処法 腎・泌尿器疾患 尿路結石, p302-5. 金井雄二 (産科), 医学書院, 東京, 2019/4発行.

620061. [学術書 (分担執筆)]【婦人科がん−研究・臨床の新展開 (別冊・医学のあゆみ)】卵巣癌・卵管癌・腹膜癌 17. 上皮性卵巣癌・卵管癌・腹膜癌: 手術療法のタイミング, p.127. 恩田貴志 (婦人), 編: 加藤聖子, 医歯薬出版, 東京, 2019/5発行.

620062. [学術書 (分担執筆)]【緊急産科手術の麻酔に備える 改訂第2版】II章 症例提示 12. 妊娠関連の脳卒中, p.174-83. 望月純子1, 佐藤公俊, 隈部俊宏2, 加藤里絵 (1産科, 2脳外), 編: 奥富俊之3, 加藤里絵, 天野 完 (3麻酔), 克誠堂出版, 東京, 2019/11発行.

[学会・研究会等]

712010. [学会 (国際)] (招聘講演) Infertility Workup Overview in Japan/ Japanese Lipiodol? HSG experience. Yoshino O1,2: International Federation of Fertility Societies (IFFS) Guerbet Conference (2019/4/11-14), Shanghai, China. (吉野 修1,2: 1産科, 2婦人)

712011. [学会 (国際)] (招聘講演) Oil-Soluble Contrast Medium (OSCM) for Hysterosalpingography Modulates Dendritic Cell and Regulatory T Cell Profiles in the Peritoneal Cavity: A Possible Mechanism by Which OSCM Enhances Fertility. Yoshino O1,2, Izumi G, Koga K, Fujii T, Osuga Y: International Federation of Fertility Societies (IFFS) World Congress (2019/4/11-14), Shanghai, China. (吉野 修1,2: 1産科, 2婦人)

712012. [学会 (国際)] (シンポジウム) The involvement of Damage-associated molecular patterns (DAMP) and macrophages on the etiology of endometriosis. Yoshino O1,2, Ono Y, Unno N1, Onda T2, Saito S, Osuga Y: the 39th annual meeting of the American Society for Reproductive Immunology (2019/6/12-15), Grand Rapids, USA. (吉野 修1,2, 海野信也1, 恩田貴志2: 1産科, 2婦人)

712013. [学会 (国際)] (招待講演等) Water-based, or Oil-based medium for hysterosalpingography (HSG), that is the question. Yoshino O1,2: Taiwan Guerbet Conference (2019/9/23), Taiwan. (吉野 修1,2: 1産科, 2婦人)

712014. [学会 (国際)] (シンポジウム) Endometriosis, from where the initial inflammation comes? Yoshino O1,2: the 14th Congress of the International Society for Immunology of Reproduction (ISIR) 2019 (2019/11/15), Nara, Japan. (吉野 修1,2: 1産科, 2婦人)

713100. [学会 (国際)] (一般演題) Efficacy of salvage hysterectomy following radiotherapy for uterine cervical adenocarcinoma. Iwase H1, Furukawa S1, Endo S1 Tazo Y1, Sato H, Takada T1, Arai M1, Onda T1: International Meeting of the Europian Society of Gynaecological Oncology (ESGO 2019) (2019/11/2-5), Athens, Greek. (岩瀬春子1, 古川正義1, 遠藤真一1, 田雑有紀1, 高田恭臣1, 新井正秀1, 恩田貴志1: 1婦人)

713101. [学会 (国際)] (一般演題) The significance of positive peritoneal cytology in G1/G2 endometrioid carcinoma of uterine body. Furukawa S1, Iwase H1, Endo S1, Ohnishi K1, Tazo Y1, Sato H, Takada T1, Arai M1, Yoshino O1,2, Onda T1: International Meeting of the Europian Society of Gynaecological Oncology (ESGO 2019) (2019/11/2-5), Athens, Greek. (古川正義1, 岩瀬春子1, 遠藤真一1, 大西賢人1, 田雑有紀1, 高田恭臣1, 新井正秀1, 吉野 修1,2, 恩田貴志1: 1婦人, 2産科)

721013. [学会 (全国)] (特別講演) 災害時小児周産期リエゾン連絡協議会. 海野信也 (産科): 第71回日本産科婦人科学会学術講演会 (2019/4/14), 名古屋.

721014. [学会 (全国)] (特別講演) 周産期医療・保健における医師と助産師の連携. 海野信也 (産科): 2019年度日本助産師会総会・第75回日本助産師学会 (2019/5/25), 栃木.

721015. [学会 (全国)] (特別講演) 婦人科良性疾患における手術適応症例の選定を目指して. 吉野 修1,2, 恩田貴志1, 大須賀穣 (1産科, 2婦人): JSAWI 2019 (2019/9/7), 兵庫.

721016. [学会 (全国)] (特別講演) Patient-centered medicineからみた月経困難症. 吉野 修1,2 (1産科, 2婦人): 全国ジェミーナWEB講演会 (2020/3/2), WEB講演.

722096. [学会 (全国)] (指導医講習会)「産婦人科医の働き方改革 宣言と提言」について. 海野信也 (産科): 第71回日本産科婦人科学会学術講演会 (2019/4/14), 名古屋.

722097. [学会 (全国)] (シンポジウム) 産婦人科医の立場で, 日本社会の中でのNIPTのあり方について考える. 海野信也 (産科): 第55回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2019/7/14), 松本.

722098. [学会 (全国)] (シンポジウム) 周産期医療における働き方改革の課題. 海野信也 (産科): 第55回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2019/7/14), 松本.

722099. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 災害時に母子を守るための取り組み−平時の準備と発災時の対応について−. 海野信也 (産科): 第55回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2019/7/15), 松本.

722100. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 甚大災害に対する専門診療科 (学会) の対応システムの現状と未来. 海野信也 (産科): 第25回日本災害医学会総会・学術集会 (2020/2/21), 神戸.

722101. [学会 (全国)]【シンポジウム2: 卵巣がん手術−適正な手術のタイミングと切除範囲】再発卵巣癌に対するSDSの意義. 恩田貴志 (婦人): 第42回日本産婦人科手術学会 (2020/2/22), 京都.

722102. [学会 (全国)] (シンポジウム) 次代を担う助産師に求められる資質とは. 海野信也 (産科): 第34回日本助産学会学術集会 (2020/3/20-22), web開催.

723430. [学会 (全国)] (ポスター) PUBSの結果で繰り返し胎児治療を行った胎児甲状腺腫5症例の検討. 阿部 翠1, 金井雄二1, 大西庸子1, 吉村嘉広1, 中金朗子1, 関口和企1, 石川隆三1, 望月純子1, 海野信也1 (1産科): 第71回日本産科婦人科学会学術講演会 (2019/4/13), 名古屋.

723431. [学会 (全国)] (ポスター) 大規模震災に備えた地域周産期医療体制整備への取り組み. 服部響子1, 望月純子1, 水谷美貴, 河野照子1, 新井 努2, 内田能安, 釼持 稔, 斎藤 克, 長谷川剛志, 海野信也1 (1産科, 2婦人): 第71回日本産科婦人科学会学術講演会 (2019/4/13), 名古屋.

723432. [学会 (全国)] (ポスター) 妊娠初期に深部静脈血栓症を発症した7症例の検討. 小島 郁1, 大西庸子1, 関口和企1, 石川隆三1, 中金朗子1, 服部響子1, 吉村嘉広1, 金井雄二1, 望月純子1, 海野信也1 (1産科): 第71回日本産科婦人科学会学術講演会 (2019/4/13), 名古屋.

723433. [学会 (全国)] (ポスター) 既往帝王切開後経腟分娩試行例における無痛分娩併用の影響. 関口和企1, 望月純子1, 吉村嘉広1, 服部響子1, 中金朗子1, 石川隆三1, 大西庸子1, 金井雄二1, 海野信也1 (1産科): 第71回日本産科婦人科学会学術講演会 (2019/4/13), 名古屋.

723434. [学会 (全国)] (ポスター) 子宮頸部腺癌に対する同時化学放射線良能に関する多施設共同調査研究. 長井 裕, 三上幹男, 武隈宗孝, 喜多川亮, 長尾昌二, 戸澤晃子, 西尾 真, 小林栄仁, 生水真紀夫, 宮城悦子, 横田治重, 笠松由佳, 青木陽一, 岩瀬春子1, 山口 聡, 苛原 稔, 横山正俊, 八重樫伸生, 増山 寿, 竹原和宏, 中村俊昭, 青息大輔, 早瀬良二, 中村和人, 田畑 務, 上浦祥司, 岩佐尚美, 平澤 猛, 杉野法広, 塩沢丹里, 小林 浩, 松元 隆, 森重健一郎, 北 正人, 板持広明, 菊池 朗, 杉浦真弓, 藤原葉一郎, 徳山 治, 大石徹郎, 小林裕明, 渡利英道, 水野美香, 吉田好雄, 村上文洋, 高橋慶行, 横井 猛, 楢原久司, 小寺宏平, 横山良仁, 沖 明典, 中西慶喜, 水之江知哉, 杉山 徹 (1婦人): 第71回日本産科婦人科学会学術講演会 (2019/4/13), 名古屋.

723435. [学会 (全国)] (ポスター) 妊娠20週以前に破水し妊娠22週以降に出生した3症例の転帰. 五島裕之1, 吉村嘉広1, 関口和企1, 阿部 翠1, 五十畑仁志1, 中金朗子1, 石川隆三1, 大西庸子1, 金井雄二1, 望月純子1, 海野信也1 (1産科): 第71回日本産科婦人科学会学術講演会 (2019/4/14), 名古屋.

723436. [学会 (全国)] (一般口演) 子宮体部類内膜癌G1およびG2の術中腹水細胞診評価を行う臨床的意義. 古川正義1, 岩瀬春子1, 田雑有紀1, 高田恭臣1, 新井正秀1, 恩田貴志1 (1婦人): 第60回日本臨床細胞学会総会 (春期大会) (2019/6/8), 東京.

723437. [学会 (全国)] (一般講演) Two cases of malignant mixed germ cell tumors of ovary in young girls. Mary NHEB, Wakasa T, Kalyan M, Aun K, Yahata H, 田雑有紀1, 岩瀬春子1, Enoki E, Banno K, Kawai T (1婦人): 第60回日本臨床細胞学会総会 (春期大会) (2019/6/8), 東京.

723438. [学会 (全国)] (一般講演) Peritoneal neoplasm with massive ascites. Vitou L, Kawai T, Wakasa T, Sophana S, Linka K, 田雑有紀1, 岩瀬春子1, Katayama H, Hiroi S, Enoki E (1婦人): 第60回日本臨床細胞学会総会 (春期大会) (2019/6/8), 東京.

723439. [学会 (全国)] (ポスター) 当院における子宮頸癌に対する同時化学放射線法のfeasibilityについての検討. 遠藤真一1, 高田恭臣1, 古川正義1, 田雑有紀1, 新井正秀1, 吉野 修1,2, 岩瀬春子1, 恩田貴志1 (1婦人, 2産科): 第61回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2019/7/4), 新潟.

723440. [学会 (全国)] (ポスター) 子宮頸癌における好中球/リンパ球比と予後との関係. 田雑有紀1, 岩瀬春子1, 遠藤真一1, 古川正義1, 佐藤英貴, 高田恭臣1, 新井正秀1, 吉野 修1,2, 恩田貴志1 (1婦人, 2産科): 第61回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2019/7/4), 新潟.

723441. [学会 (全国)] (ポスター) 腟原発悪性黒色腫の7例. 小島 郁1, 田雑有紀2, 遠藤真一2, 古川正義2, 高田恭臣2, 新井正秀2, 吉野 修1,2, 岩瀬春子2, 恩田貴志2 (1産科, 2婦人): 第61回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2019/7/5), 新潟.

723442. [学会 (全国)] (ポスター) 卵巣癌再発化学療法中に発症したニューモシスチス肺炎の一例. 時任泉湖1, 岩瀬春子2, 遠藤真一2, 古川正義2, 田雑有紀2, 高田恭臣2, 新井正秀2, 吉野 修1,2, 恩田貴志2 (1産科, 2婦人): 第61回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 (2019/7/5), 新潟.

723443. [学会 (全国)] (ポスター) 妊娠後期から産褥期に測定したBNP値と臨床経過. 吉村嘉広1, 望月純子1, 服部響子1, 中金朗子1, 関口和企1, 大西庸子1, 金井雄二1, 海野信也1 (1産科): 第55回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2019/7/13), 松本.

723444. [学会 (全国)] (ポスター) 大規模震災に向けた当院周産期母子医療センターの取り組み. 服部響子1, 望月純子1, 吉村嘉広1, 山口綾乃2, 中金朗子1, 関口和企1, 大岡麻理2, 石川隆三1, 大西庸子1, 金井雄二1, 釼持 学2, 中西秀彦2,3, 海野信也1 (1産科, 2小児, 3新世紀医療・先端医療): 第55回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2019/7/13-15), 長野, 日本周産期・新生児医学会雑誌 2019; 55 (2): 609.

723445. [学会 (全国)] (一般講演) 糖尿病合併妊婦の妊娠前血糖管理の実態. 望月純子1, 大西庸子1, 釼持 学2, 山口綾乃2, 大岡麻理2, 吉村嘉広1, 中金朗子1, 松澤晃代1, 関口和企1, 金井雄二1, 海野信也1 (1産科, 2小児): 第55回日本周産期・新生児医学会学術集会 (2019/7/13-15), 長野.

723025. [学会 (全国)] (一般講演) 子宮内膜症におけるリンパ管新生を制御するVEGFR1の役割解明. 服部響子1, 伊藤義也2, 本田雅子3, 関口和企1, 細野加奈子2, 海野信也1, 馬嶋正隆2 (1産科, 2薬理, 3大学院医療系研究科): 第40回日本炎症・再生医学会 (2019/7/16), 神戸.

723446. [学会 (全国)] (ポスター) 子宮静脈内平滑筋腫症 (IVL) を術前診断し腹腔鏡にて子宮全摘をおこなった一例. 中村基寛1, 根津幸穂2, 小島 郁2, 五島裕之2, 伊藤実香1,3, 秋山絵里子2,3, 久嶋則行3, 三木明徳2,3 (1婦人, 2産科, 3北里大学メディカルセンター): 第59回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 (2019/9/12), 京都.

723447. [学会 (全国)] (ポスター) 経筋層的胚移植法についての再考. 岩端俊輔1, 吉野 修1,2, 伊藤実香1, 平岡毅大1, 本田雅子3, 下田隆仁2 (1婦人, 2産科, 3大学院医療系研究科): 第64回日本生殖医学会学術講演会・総会 (2019/11/7), 神戸.

723448. [学会 (全国)] (一般口演) M2 Macrophageは, 着床前期の子宮内膜のproliferation differentiation switching (PDS) を制御することで着床成立に寄与する. 小野洋輔, 吉野 修1,2, 伊東雅美, 平岡毅大1, 福井大和, 赤枝 俊, 和田真一郎, 廣田 泰, 大須賀穣, 齋藤 滋 (1婦人, 2産科): 第64回日本生殖医学会学術講演会・総会 (2019/11/8), 神戸.

723449. [学会 (全国)] (一般講演) JALA「無痛分娩関係学会・団体連絡協議会」活動報告. 海野信也 (産科): 第123回日本産科麻酔学会学術集会 (2019/11/23), 東京.

723450. [学会 (全国)] (一般口演) 卵巣子宮内膜症性嚢胞の癌化における卵巣ホルモン受容体の機能的意義に関する検討. 平岡毅大1, 吉野 修1,2, 松本俊英3, 佐藤絵里奈4, 岩端俊輔1, 伊藤実香1, 本田雅子5, 岩瀬春子1, 時任泉湖2, 三枝 信3, 恩田貴志1 (1婦人, 2産科, 3病理, 4病態・診療系, 5大学院医療系研究科): 第41回日本エンドメトリオーシス学会学術講演会 (2020/1/19), 下関.

723451. [学会 (全国)] (一般口演) 逆流月経血中のSphingosine 1-phosphate (S1P) は, 腹腔内環境をM2Macrophage優位にさせ, 子宮内膜症の進展に寄与する. 小野洋輔, 吉野 修1,2, 伊東雅美, 可野邦行, 中島彰俊, 太田 創, 福士義将, 和田真一郎, 藤野敬史, 青木淳賢, 齋藤 滋 (1産科, 2婦人): 第41回日本エンドメトリオーシス学会学術講演会 (2020/1/19), 下関.

723030. [学会 (全国)] (一般講演) RAMP1によるマウス子宮内膜症における血管・リンパ管新生促進作用 (RAMP1 signaling facilitates angiogenesis and lymphangiogenesis in the endometriotic lesions in mice). 本田雅子1, 伊藤義也2, 服部響子3, 細野加奈子2, 中本修司1, 大高史聖1, 津留世里1, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3産科): 第93回日本薬理学会年会 (2020/3/16-18), 紙上開催.

731039. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 私の行っている子宮内膜症診療. 吉野 修1,2 (1産科, 2婦人): 相模原産婦人科医会 (2019/4/4), 相模原.

731040. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) ホルモンに制御される生殖生理に魅せられて. 吉野 修1,2 (1産科, 2婦人): 神奈川産婦人科医会箱根セミナー (2019/4/27), 箱根.

731041. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 研究に立脚した子宮内膜症治療のストラテジー. 吉野 修1,2 (1産科, 2婦人): 平塚産婦人科医会 (2019/7/18), 平塚.

731042. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 私の行っている子宮内膜症治療. 吉野 修1,2 (1産科, 2婦人): 座間綾瀬産婦人科医会 (2019/7/23), 海老名.

731043. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 子宮内膜症におけるHR-QOL. 吉野 修1,2 (1産科, 2婦人): WEB conference: 婦人科疾患におけるQOLの意義を考える (2019/9/5), 東京.

731044. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 周産期領域の災害対策−自助・共助・公助のあり方. 海野信也 (産科): 葛飾区産婦人科医会 (2019/9/20), 葛飾.

731045. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 無痛分娩の安全性向上のための方策. 海野信也 (産科): 令和元年度第2回滋賀県産科婦人科医会学術研修会 (2019/9/21), 大津.

731046. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 卵巣予備能力からみた生殖医療. 吉野 修1,2 (1産科, 2婦人): 第27回神奈川県県域地区産婦人科研修会 (2019/10/17), 相模原.

731047. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 私たちの行っている内視鏡治療の工夫. 吉野 修1,2 (1産科, 2婦人): 第11回みなと産婦人科内視鏡研究会 (2019/10/18), 東京.

731048. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 私の行っている子宮内膜症診療. 吉野 修1,2 (1産科, 2婦人): 第3回神奈川子宮内膜症・腺筋症研究会 (2019/10/23), 横浜.

732035. [学会 (地方会・研究会)] (招聘講演) 私の行っている子宮内膜症研究および臨床. 吉野 修1,2 (1産科, 2婦人): 相模原産婦人科医会 (2019/4/1), 相模原.

732036. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Functional MRI techniques to evaluate uterine fibroid. 吉野 修1,2, Takahashi N, 恩田貴志2, Osuga Y (1産科, 2婦人): 第10回婦人科ホルモン依存性疾患研究会 (2019/6/8), 東京.

733148. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 大規模災害時の周産期医療提供体制の確保について: 産科の立場から. 海野信也 (産科): 名古屋第一赤十字病院総合周産期母子医療センター20周年記念講演会 (2019/6/15), 名古屋.

733149. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 経皮的心肺補助装置を導入した帝王切開4症例の出血量. 阿部 翠1, 山崎 優1, 西島純一1, 吉村嘉広1, 服部響子1, 関口和企1, 中金朗子1, 石川隆三1, 大西庸子1, 金井雄二1, 望月純子1, 海野信也1 (1産科): 第137回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 (2019/6/16), 東京.

733150. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 重症卵巣過剰刺激症候群 (OHSS) の2症例. 五十畑仁志1, 岩端俊輔2, 下田隆仁1, 本田雅子3, 川内博人, 吉野 修1,2, 恩田貴志2, 海野信也1 (1産科, 2婦人, 3大学院医療系研究科): 第137回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 (2019/6/16), 東京.

733151. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 周産期医療の安全性向上へのとりくみ−無痛分娩関係学会・団体連絡協議会 (JALA) の活動のご紹介と麻酔科の先生方へのお願い−. 海野信也 (産科): 第6回東北麻酔セミナー (2019/6/22), 仙台.

733152. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 当院の婦人科悪性腫瘍における妊孕性温存について. 伊藤実香1, 高田恭臣1, 古川正義1, 大西賢人1, 田雑有紀1, 吉野 修1,2, 岩瀬春子1, 恩田貴志1, 海野信也2 (1婦人, 2産科): 第381回四水会 (2019/6/26), 東京.

733153. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 当施設で経験した子宮内反症の出血量に関する検討. 谷 卓也1, 望月純子1, 吉村嘉広1, 服部響子1, 中金朗子1, 関口和企1, 石川隆三1, 大西庸子1, 金井雄二1, 海野信也1 (1産科): 第426回神奈川産科婦人科学会学術講演会 (2019/6/29), 横浜.

733154. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 平成30年度 神奈川産科婦人科学会 婦人科悪性腫瘍登録集計報告. 沼崎令子, ルイズ横田奈朋, 吉田 浩, 杉浦 賢, 大原 樹, 高田恭臣1, 新井 努1, 木挽貢慈, 佐々木康, 米山剛一, 林 康子, 平澤 猛, 森岡 幹, 磯崎太一, 渡邊豊治, 三上幹男, 加藤久盛, 中野眞佐男, 鈴木 直, 高橋恒男 (1婦人): 第426回神奈川産科婦人科学会学術講演会 (2019/6/29), 横浜.

733005. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 子宮内膜症における脈管新生を制御する神経ペプチドCGRPの役割. 本田雅子1, 伊藤義也2, 服部響子3, 細野加奈子2, 中本修司1, 大高史聖1, 都留世里1, 馬嶋正隆2 (1大学大学院医療系研究科, 2薬理, 3産科): 第140回日本薬理学会関東部会 (2019/7/6), 東京.

733155. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ニコチンが胚の子宮内膜着床に与える影響についての検討. 吉野 修1,2, 小野洋輔, 伊東雅美, 齋藤 滋 (1産科, 2婦人): 助成研究発表会 (喫煙科学研究財団) (2019/7/23), 東京.

733156. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) EXITを施行した胎児頚部腫瘍の一例. 五十畑仁志1, 大西庸子1, 吉村嘉広1, 服部響子1, 中金朗子1, 関口和企1, 石川隆三1, 金井雄二1, 望月純子1, 海野信也1 (1産科): 第427回神奈川産科婦人科学会 (2019/9/21), 川崎.

733157. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Klippel-Trenanay-Weber症候群の一例. 山崎 優1, 石川隆三1, 時任泉湖1, 吉村嘉広1, 服部響子1, 中金朗子1, 関口和企1, 大西庸子1, 金井雄二1, 望月純子1, 海野信也1 (1産科): 第427回神奈川産科婦人科学会 (2019/9/21), 川崎.

733158. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 子宮頸部円錐切除術後に追加治療を要した4例. 西島純一1, 新井正秀2, 西山香織1, 松澤晃代1, 馬場征一, 河野照子1, 大野 勉, 望月愛郎, 吉原 一, 上坊敏子 (1産科, 2婦人): 第427回神奈川産科婦人科学会 (2019/9/21), 川崎.

733159. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 子宮鏡手術前にGnRHアンタゴニスト (レルグリクス) を投与した6症例. 伊藤実香1, 岩端俊輔1, 平岡毅大1, 下田隆仁2, 本田雅子3, 吉野 修1,2, 恩田貴志1 (1婦人, 2産科, 3大学院医療系研究科): 第427回神奈川産科婦人科学会 (2019/9/21), 川崎.

733160. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 安全な無痛分娩提供体制の構築のために. 海野信也 (産科): 令和元年度静岡県母体保護法指定医師研修会 (2019/9/23), 静岡.

733161. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 妊娠中に抗MDA5抗体陽性皮膚筋炎を発症した胎児発育不全の1例. 五島裕之1, 望月純子1, 吉村嘉広1, 中金朗子1, 関口和企1, 石川隆三1, 大西庸子1, 金井雄二1, 海野信也1 (1産科): 第138回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 (2019/10/19), 前橋.

733162. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 主病変が左後腹膜腔に存在し, 術前診断が困難であった子宮腺筋症由来と考えられる類内膜癌GIの一例. 谷 卓也1, 岩瀬春子2, 小島 郁1, 西島純一1, 遠藤真一2, 古川正義2, 大西賢人2, 田雑有紀2, 高田恭臣2, 吉野 修1,2, 恩田貴志2 (1産科, 2婦人): 第138回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 (2019/10/19), 前橋.

733163. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) Dysgerminomaを合併した46, XY pure gonadal dysgenesis (Swyer症候群) の一例. 山崎 優1, 岩瀬春子2, 古川正義2, 大西賢人2, 岩端俊輔2, 田雑有紀2, 高田恭臣2, 吉野 修1,2, 恩田貴志2 (1産科, 2婦人): 第138回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 (2019/10/19), 前橋.

733164. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) フィブリノゲン製剤を使用した分娩後異常出血8症例の予後. 五十畑仁志1, 望月純子1, 大西庸子1, 服部響子1, 吉村嘉広1, 中金朗子1, 関口和企1, 石川隆三1, 金井雄二1, 海野信也1 (1産科): 第138回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 (2019/10/19), 前橋.

733165. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ベバシツマブにより長期寛解を得られた卵巣癌再発の一例. 五十畑仁志1, 島岡享生1, 巽 英樹, 新井 努2 (1産科, 2婦人): 第428回神奈川産科婦人科学会学術講演会 (2019/11/10), 相模大野.

733166. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 術後12年で再発した子宮平滑筋肉腫の1例. 山崎 優1, 新井正秀2, 西山香織1, 松澤晃代1, 馬場征一, 河野照子1, 大野 勉, 望月愛郎, 吉原 一, 上坊敏子 (1産科, 2婦人): 第428回神奈川産科婦人科学会学術講演会 (2019/11/10), 相模大野.

733167. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 超緊急帝王切開術を施行した血小板減少症の1例. 後藤祐一朗1, 吉村嘉広2, 中金朗子2, 服部響子2, 関口和企2, 石川隆三2, 大西庸子2, 金井雄二2, 望月純子2, 海野信也2 (1研修医, 2産科): 第428回神奈川産科婦人科学会学術講演会 (2019/11/10), 相模大野.

733168. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 術前検査で無症候性低フィブリノゲン血症と判明した子宮体癌の一例. 平田岳史1, 岩瀬春子2, 五島裕之3, 古川正義2, 大西賢人2, 田雑有紀2, 高田恭臣2, 吉野 修2,3, 恩田貴志2 (1研修医, 2婦人, 3産科): 第428回神奈川産科婦人科学会学術講演会 (2019/11/10), 相模大野.

733169. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 我々が行っている腹腔鏡診療. 岩端俊輔1, 吉野 修1,2, 伊藤実香1, 平岡毅大1, 本田雅子3, 恩田貴志1 (1婦人, 2産科, 3大学院医療系研究科): 第382回四水会 (2019/11/20), 東京.

'18年度以前分

[学会・研究会等]

H29-722001. [学会 (全国)] (ワークショップ) 大規模震災発生時における周産期母子医療センターの業務継続計画 (BCP) 作成の課題. 服部響子1, 海野信也1 (1産科): 第23回日本集団災害医学会総会・学術集会 (2018/2/3), 横浜

H29-723001. [学会 (全国)] (一般演題) 妊娠中にFBN1変異 (c.364C>T) をもつマルファン症候群と診断した一例. 大西庸子1,2, 望月純子1,2, 堀あすか2, 海野信也1, 高田史男2,3 (1産科, 2病院遺伝診療部, 3大学院医療系研究科): 日本人類遺伝学会第62回大会 (2017/11/16), 神戸.

'18-733004. [学会 (全国)] (一般口演) Massive ovarian edemaに対して腹腔鏡下手術を施行した2症例. 山崎 優1, 三木明徳1,2, 根津幸穂1, 石井絵莉子, 秋山絵里子1, 中村基寛3, 久嶋則行2, 坂東由紀2,4 (1産科, 2北里大学メディカルセンター, 3婦人, 4小児): 第56回埼玉県医学会総会 (2019/2/24), 埼玉.


整形外科学

[学術論文]

110264. [原著] Hooks at the Upper Instrumented Vertebra Can Adjust Postoperative Shoulder Balance in Patients with Adolescent Idiopathic Scoliosis: 5 Years or More of Follow-up. Kuroya S, Akazawa T, Kotani T, Sakuma T, Minami S, Torii Y, Umehara T, Iinuma M, Murakami K, Orita S, Inage K, Eguchi Y, Fujimoto K, Shiga Y, Nakamura J, Inoue G1, Miyagi M1, Saito W1, Ohtori S, Niki H: Asian Spine J 2019/5; 13 (5): 793-800. (井上 玄1, 宮城正行1, 齋藤 亘1: 1整外)

110265. [原著] ISSLS PRIZE IN CLINICAL SCIENCE 2019: clinical importance of trunk muscle mass for low back pain, spinal balance, and quality of life-a multicenter cross-sectional study. Hori Y, Hoshino M, Inage K, Miyagi M1, Takahashi S, Ohyama S, Suzuki A, Tsujio T, Terai H, Dohzono S, Sasaoka R, Toyoda H, Kato M, Matsumura A, Namikawa T, Seki M, Yamada K, Habibi H, Salimi H, Yamashita M, Yamauchi T, Furuya T, Orita S, Maki S, Shiga Y, Inoue M, Inoue G1, Fujimaki H, Murata K2, Kawakubo A2, Kabata D, Shintani A, Ohtori S, Takaso M1, Nakamura H: Eur Spine J 2019/5; 28 (5): 914-21. (宮城正行1, 井上 玄1, 村田幸佑2, 川久保歩2, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科)

110266. [原著] Elevated leptin levels induce inflammation through IL-6 in skeletal muscle of aged female rats. Tazawa R1, Uchida K2, Fujimaki H, Miyagi M2, Inoue G2, Sekiguchi H2, Murata K1, Takata K1, Kawakubo A1, Takaso M2: BMC Musculoskelet Disord 2019/5; 20 (1): 199. (田澤 諒1, 内田健太郎2, 宮城正行2, 井上 玄2, 関口裕之2, 村田幸佑1, 高田 研1, 川久保歩1, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外)

110267. [原著] Transforming growth factor-β stimulates nerve growth factor production in osteoarthritic synovium. Takano S1, Uchida K1, Itakura M2, Iwase D1, Aikawa J1, Inoue G1, Mukai M3, Miyagi M1, Murata K3, Sekiguchi H1, Takaso M1: BMC Musculoskelet Disord 2019/5; 20 (1): 204. (高野昇太郎1, 内田健太郎1, 板倉 誠2, 岩瀬 大1, 相川 淳1, 井上 玄1, 迎  学3, 宮城正行1, 村田幸佑3, 関口裕之1, 高相晶士1: 1整外, 2生化, 3大学院医療系研究科)

110268. [原著] Minimally invasive manganese-enhanced magnetic resonance imaging for the sciatic nerve tract tracing used intra-articularly administrated dextran-manganese encapsulated nanogels. Eguchi Y, Murayama S, Kanamoto H, Abe K, Miyagi M1, Takahashi K, Ohtori S, Aoki I: JOR Spine 2019/6; 2 (2): e1059. (宮城正行1: 1整外)

110269 [原著] Long-term outcomes of Wagner self-locking stem with bone allograft for Paprosky type II and III bone defects in revision total hip arthroplasty: A mean 15.7-year follow-up. Zang J, Uchiyama K1, Moriya M1, Fukushima K1, Takahira N2, Takaso M1: J Orthop Surg (Hong Kong) 2019/6; 27 (2): 2309499019854156. (内山勝文1, 森谷光俊1, 福島健介1, 高平尚伸2, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

110270. [原著] Osteoarthritis patients with high haemoglobin A1c have increased Toll-like receptor 4 and matrix metalloprotease-13 expression in the synovium. Murata K1, Uchida K2, Takano S2, Shoji S1, Iwase D2, Inoue G2, Aikawa J2, Yokozeki Y1, Sekiguchi H2, Takaso M2: Diabetes Metab Syndr Obes 2019/7; 12: 1151-9. (村田幸佑1, 内田健太郎2, 高野昇太郎2, 庄司真太郎1, 岩瀬 大2, 井上 玄2, 相川 淳2, 横関雄司1, 関口裕之2, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外)

110271. [原著] Spinal Alignments of Residual Lumbar Curve Affect Disc Degeneration after Spinal Fusion in Patients with Adolescent Idiopathic Scoliosis: Follow-up after 5 or More Years. Akazawa T, Umehara T, Iinuma M, Asano K, Kuroya S, Torii Y, Murakami K, Kotani T, Sakuma T, Minami S, Orita S, Inage K, Shiga Y, Nakamura J, Inoue G1, Miyagi M1, Saito W1, Eguchi Y, Fujimoto K, Takahashi H, Ohtori S, Niki H: Spine Surg Relat Res 2019/8; 4 (1): 50-6. (井上 玄1, 宮城正行1, 齋藤 亘1: 1整外)

110272. [原著] Changes in Nerve Growth Factor Expression and Macrophage Phenotype Following Intervertebral Disc Injury in Mice. Nakawaki M1, Uchida K2, Miyagi M2, Inoue G2, Kawakubo A1, Sato M3, Takaso M2: J Orthop Res 2019/8; 37 (8): 1798-804. (中脇充章1, 内田健太郎2, 宮城正行2, 井上 玄2, 川久保歩1, 佐藤 雅3, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外, 3免疫)

110273. [原著] IL-1β mediates NGF and COX-2 expression through transforming growth factor-activating kinase 1 in subacromial bursa cells derived from rotator cuff tear patients. Nagura N, Uchida K1, Kenmoku T1, Inoue G1, Nakawaki M2, Miyagi M1, Takaso M1: J Orthop Sci 2019/9; 24 (5): 925-9. 内田健太郎1, 見目智紀1,井上 玄1, 中脇充章2, 宮城正行1, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科)

110274. [原著] Vascular Endothelial Growth Factor Is Regulated by the Canonical and Noncanonical Transforming Growth Factor-β Pathway in Synovial Fibroblasts Derived from Osteoarthritis Patients. Takano S1, Uchida K1, Shoji S2, Itakura M3, Iwase D1, Aikawa J1, Mukai M2, Sekiguchi H1, Inoue G1, Takaso M1: Biomred Res Int 2019/9; Article ID 6959056. https://doi.org/10.1155/2019/6959056 (高野昇太郎1, 内田健太郎1, 庄司真太郎2, 板倉 誠3, 岩瀬 大1, 相川 淳1, 迎  学2, 関口裕之1, 井上 玄1, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科, 3生化)

110275. [原著] Clinical usefulness of multiplex PCR-lateral flow for the diagnosis of orthopedic-related infections. Minegishi Y1, Uchiyama K1, Sakurai K2, Ibe S, Kanda H, Nihonyanagi S2,3, Nakamura M4, Ikeda S, Takaso M1: Mod Rheumatol 2019/9; 29 (5): 867-73. (峯岸洋次郎1, 内山勝文1, 櫻井慶造2, 二本柳伸2,3, 中村正樹4, 高相晶士1: 1整外, 2臨検部, 3感染管理室, 4医療衛生学部)

110276. [原著] Wrapping With Basic Fibroblast Growth Factor-Impregnated Collagen Sheet Reduces Rat Sciatic Nerve Allodynia. Mukai M, Uchida K1, Hirosawa N, Murakami K, Kuniyoshi K, Inoue G1, Miyagi M1, Sekiguchi H1, Shiga Y, Inage K, Orita S, Suzuki T, Matsuura Y, Takaso M1, Ohtori S: J Orthop Res 2019/10; 37 (10) :2258-63. (内田健太郎1, 井上 玄1, 宮城正行1, 関口裕之1, 高相晶士1: 1整外)

110277. [原著] Comparison of glenohumeral joint rotation between asymptomatic subjects and patients with subacromial impingement syndrome using cine-magnetic resonance imaging: a cross-sectional study. Kenmoku T1,2, Matsuki K, Ochiai N, Sonoda M, Ishida T, Sasaki S, Tanaka Y, Nakawaki M3, Nagura N, Tazawa R3, Sasaki u, Takaso M2: BMC Musculoskelet Disord 2019/10; 20 (1): 475. (見目智紀1,2, 中脇充章3, 田澤 諒3, 高相晶士2: 1北里大学北里研究所病院, 2整外, 3大学院医療系研究科)

110278. [原著] Differential mRNA Expression of COX-2 and Proinflammatory Mediators in Patients with Rotator Cuff Tears and Osteoarthritis of the Hip. Kenmoku T1,2, Uchida K2, Nagura N, Fujimaki H, Nakawaki M3, Takahira N4, Fukushima K2, Tazawa R3, Muneshige K3, Inoue G2, Takaso M2: Open Journal of Orthopaedics 2019/11; 9 (11): 254-63. (見目智紀1,2, 内田健太郎2, 中脇充章3, 高平尚伸4, 福島健介2, 田澤 諒3, 宗重響子3, 井上 玄2, 高相晶士2: 1北里大学北里研究所病院, 2整外, 3大学院医療系研究科, 4医療衛生学部)

110279. [原著] Surgical outcomes of spinal fusion for osteoporotic vertebral fracture in the thoracolumbar spine: Comprehensive evaluations of 5 typical surgical fusion techniques. Watanabe K, Katsumi K, Ohashi M, Shibuya Y, Hirano T, Endo N, Kaito T, Yamashita T, Fujiwara H, Nagamoto Y, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Terai H, Tamai K, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Yoshii T, Ushio S, Harimaya K, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Doi T, Kimura A, Inoue H, Inoue G1, Miyagi M1, Saito W1, Nakano A, Sakai D, Nukaga T, Ikegami S, Shimizu M, Futatsugi T, Ohtori S, Furuya T, Orita S, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Kiyasu K, Murakami H, Yoshioka K, Seki S, Hongo M, Kakutani K, Yurube T, Aoki Y, Oshima M, Takahata M, Iwata A, Endo H, Abe T, Tsukanishi T, Nakanishi K, Watanabe K, Hikata T, Suzuki S, Isogai N, Okada E, Funao H, Ueda S, Shiono Y, Nojiri K, Hosogane N, Ishii K: J Orthop Sci 2019/11; 24 (6): 1020-6. (井上 玄1, 宮城正行1, 齋藤 亘1: 1整外)

110280. [原著] Complications after spinal fixation surgery for osteoporotic vertebral collapse with neurological deficits: Japan Association of Spine Surgeons with ambition multicenter study. Sakai Y, Kaito T, Takenaka S, Yamashita T, Makino T, Hosogane N, Nojiri K, Suzuki S, Okada E, Watanabe K, Funao H, Isogai N, Ueda S, Hikata T1,2, Shiono Y, Watanabe K, Katsumi K, Fujiwara H, Nagamoto Y, Terai H, Tamai K, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Ohtori S, Orita S, Furuya T, Yoshii T, Ushio S, Inoue G2, Miyagi M2, Saito W2, Imagama S, Ando K, Sakai D, Nukaga T, Kiyasu K, Kimura A, Inoue H, Nakano A, Harimaya K, Doi T, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Ikegami S, Futatsugi T, Shimizu M, Kakutani K, Yurube T, Oshima M, Uei H, Aoki Y, Takahata M, Iwata A, Seki S, Murakami H, Yoshioka K, Endo H, Hongo M, Nakanishi K, Abe T, Tsukanishi T, Ishii K: J Orthop Sci 2019/11; 24 (6): 985-90. (日方智宏1,2, 井上 玄2, 宮城正行2, 齋藤 亘2: 1北里大学北里研究所病院, 2整外)

110281. [原著] MRI evaluation of dural sac enlargement by interspinous process spacers in patients with lumbar spinal stenosis: Does it play a role in the long term? Akazawa T, Kotani T, Sakuma T, Torii Y, Iinuma M, Asano K, Ueno J, Yoshida A, Murakami K, Minami S, Orita S, Inage K, Shiga Y, Nakamura J, Inoue G1, Miyagi M1, Saito W1, Eguchi Y, Fujimoto K, Takahashi H, Ohtori S, Niki H: J Orthop Sci 2019/11; 24 (6): 979-84. (井上 玄1, 宮城正行1, 齋藤 亘1: 1整外)

110282. [原著] Effect of Single Injection of Recombinant Human Bone Morphogenetic Protein-2-Loaded Artificial Collagen-Like Peptide in a Mouse Segmental Bone Transport Model. Tazawa R1, Minehara H2, Matsuura T3, Kawamura T3, Uchida K3, Saito W3, Inoue G3, Takaso M3: Biomed Res Int 2019/12; 2019: 1014594. doi: 10.1155/2019/1014594. eCollection 2019. (田澤 諒1, 峰原宏昌2, 松浦晃正3, 川村 直3, 内田健太郎3, 井上 玄3, 齋藤 亘3, 高相晶士3: 1大学院医療系研究科, 2救命, 3整外)

110283. [原著] Occupational Characteristics of Low Back Pain Among Standing Workers in a Japanese Manufacturing Company. Inoue G1, Uchida K1, Miyagi M1, Saito W1, Nakazawa T1, Imura T1, Shirasawa E1, Akazawa T, Orita S, Inage K, Takaso M1, Ohtori S: Workplace Health Saf 2020/1; 68 (1): 13-23. (井上 玄1, 内田健太郎1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 白澤栄樹1, 高相晶士1: 1整外)

110284. [原著] Polyglycolic acid-collagen tube combined with collagen-binding basic fibroblast growth factor accelerates gait recovery in a rat sciatic nerve critical-size defect model. Fujimaki H, Uchida K1, Inoue G1, Matsushita O, Nemoto N, Miyagi M1, Inage K, Takano S1, Orita S, Ohtori S, Tanaka K, Sekiguchi H1, Takaso M1: J Biomed Mater Res B Appl Biomater 2020/2; 108 (2): 326-32. (内田健太郎1, 井上 玄1, 宮城正行1, 高野昇太郎1, 関口裕之1, 高相晶士1: 1整外)

120012. [原著] 母指CM関節症に対するロッキングプレートを使用したCM関節固定術の治療経験. 小沼賢治1, 助川浩士1, 大竹悠哉1, 藤巻寿子, 高相晶士1 (1整外): 日本手外科学会雑誌 2019; 36 (2): 16-20.

120013. [原著] Dupuytren拘縮に対する手術療法−縫合後の皮膚緊張に応じて部分的開放療法と一期的閉鎖療法を選択する方法について−. 小沼賢治1, 助川浩士1, 大竹悠哉1, 小林明正, 高相晶士1 (1整外): 日本手外科学会雑誌 2019; 36 (2): 59-63.

120014. [原著] Neer type II鎖骨遠位端骨折に対する保存療法と手術療法の比較. 内野正隆, 占部 憲1,2, 成瀬康治, 平川紀子1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2整外): 骨折 2019/6; 41 (3): 807-10.

120015. [原著] Remplissage法による肩関節前方制動効果に関する検討. 田澤 諒1, 見目智紀2,3, 名倉直重, 中脇充章1, 助川浩士3, 高相晶士3 (1大学院医療系研究科, 2北里大学北里研究所病院, 3整外): 肩関節 2019/9; 43 (3): 688-92.

120016. [原著] Periacetabular osteotomyがC7 plumb lineに与える影響. 大竹悠哉1, 福島健介1, 井上 玄1, 宮城正行1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): Hip Joint 2019/9; 45 (1): 231-3.

120017. [原著] 恥坐骨骨折の診断における早期の歩行訓練の危険性−仙骨・骨盤骨折の合併−. 斉藤慶太, 福島健介1 (1整外): Hip Joint 2019/9; 45 (2): 263-5.

120018. [原著] セメントレス人工股関節シェルの形状が初期固定力およびPolar gapへ与える影響−半球形および半楕円球型間の比較−. 吉田和弘1, 福島健介2, 酒井利奈1, 内山勝文2, 高平尚伸1, 氏平政伸1 (1医療衛生学部, 2整外): 臨床バイオメカニクス 2019/10; 40: 135-9.

120019. [原著] 脛骨コンポーネントのセメント固定による位置の移動と骨移植によるその制御. 匹田貴雅, 成瀬康治, 平川紀子1,2, 占部 憲1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2整外): 日本人工関節学会誌 2019/12; 48: 137-8.

310035. [症例報告] Regression of Retro-odontoid Pseudotumor Using External Orthosis without Atlantoaxial Fusion: A Case Report. Nakazawa T1, Inoue G1, Imura T1, Miyagi M1, Saito W1, Shirasawa E1, Kawakubo A2, Takaso M1: JBJS Case Connect 2019/7-9; 9 (3): e0329. (中澤俊之1, 井上 玄1, 井村貴之1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 川久保歩2, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科)

320027. [症例報告] 大腿骨転子部骨折術後に仮性動脈瘤を生じた1例. 橋爪孝典1, 森谷光俊1, 高田 研2, 岩瀬 大1, 黒田賢二, 内山勝文1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 関東整形災害外科学会雑誌 2019/8; 50 (4): 194-8.

522069. [講座]【特集: 股関節とその周囲のスポーツ傷害】関節内病変の診断. 福島健介1, 高平尚伸2, 内山勝文1, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 整形・災害外科 2019/7; 62 (8): 959-65.

522070. [講座]【特集: スポーツ診療における画像診断−医療安全上必要なコツと落とし穴−】II. 各論: 部位ごとのスポーツ外傷・障害 骨盤, 股関節, 大腿部のスポーツ外傷・障害. 福島健介1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 関節外科 2019/10; 38 (11): 1190-7.

522071. [講座]【特集: 神経筋疾患, 新たな治療の時代へ】III. 合併症への介入 脊柱変形へのアプローチ. 高相晶士1, 斎藤 亘1, 宮城正行1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 白澤栄樹1, 川久保歩2 (1整外, 2大学院医療系研究科): 小児科診療 2019/12; 83 (1): 113-22.

522072. [講座]【特集: 骨粗鬆症性椎体骨折治療の最新知見】骨粗鬆症・椎体骨折と腰曲がり 宮城正行1, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外): 整形・災害外科 2020/2; 63 (2): 195-202.

522073. [講座]【特集: 国際コンセンサスからみた整形外科感染対策における最新知見】人工関節周囲感染の抗菌薬を含めた治療. 内山勝文1, 池田信介1, 森谷光俊1, 福島健介1, 高相晶士1, 高平尚伸2 (1整外, 2医療衛生学部): 整形・災害外科 2020/3; 63 (3): 281-6.

540042. [その他 (学会抄録)] 関節面を含む広範囲軟骨欠損に対する新しい再建方法の試み 占部 憲1,2, 平川紀子1,2, 峰岸洋次郎1,2, 宮部 基 (1北里大学メディカルセンター, 2整外): 日本組織移植学会雑誌 2019/7; 18 (1): 63.

540043. [その他 (学会抄録)] バンコマイシン含有リン酸カルシウムセメントん生体内埋入後のバンコマイシン抗菌活性評価 内田健太郎1, 中島武彦, 関口浩之1, 占部 憲1,2, 高相晶士1 (1整外, 2北里大学メディカルセンター): 日本整形外科学会誌 2019/9; 93 (8): 1746.

540044. [その他 (学会抄録)] 降圧薬内服中の人工膝関節全置換術前後の非ステロイド性抗炎症薬と腎機能変化の検討. 平川紀子1,2, 占部 憲1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2整外): 日本関節病学会誌 2019/10; 38 (3): 256.

[著 書]

620063. [学術書 (共著)]【TEXTシリーズ TEXT整形外科学 第5版】総括. 高相晶士1 (1整外), 編: 大鳥精司, 高相晶士1, 出家正隆, 吉矢晋一, 南江堂, 東京, 2019/8発行.

620064. [学術書 (分担執筆)]【レジデントはどの治療法を選択すればよいのか−日常よく遭遇する疾患−(関節外科2019年10月増刊号)】II. 各論 1. 変性疾患, 骨代謝疾患, 腫瘍など 変形性股関節症, p.30-44. 山本豪明, 内山勝文1, 高平尚伸2 (1整外, 2医療衛生学部), 企画・編集: 帖佐悦男, メジカルビュー社, 東京, 2019/9発行.

620065. [学術書 (分担執筆)]【子どもから大人までこの1冊! 受診時年齢別 発育性股関節形成不全の診かた・治しかた】トピックス DボーダーラインDDHにおける諸問題, p.107. 福島健介 (整外), 編: 稲葉 裕, 中島康晴, メジカルビュー社, 東京, 2019/11発行.

620066. [学術書 (分担執筆)]【OS NEXUS 20 関節鏡手術の基本 ルーチン操作とデバイスの扱い方】II 下肢 股関節鏡のルーチン操作, p.88-95. 福島健介 (整外), 担当編集委員: 宗田 大, メジカルビュー社, 東京, 2019/11発行.

620067. [学術書 (分担執筆)]【予防に導くスポーツ整形外科】IV. 股関節痛 2. 大腿骨寛骨臼インピンジメント [疫学] 日本人におけるFAI, p.375-8. 福島健介 (整外), 編: 古賀英之, 二村昭元, 齋田良知, 山藤 崇, 加藤欽志, 文光堂, 東京, 2019/11発行.

620068. [学術書 (分担執筆)]【今日の治療指針 2020年版 私はこう治療している】18. 整形外科疾患 骨折の保存的治療, p.1116. 占部 憲1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2整外), 総編集: 福井次矢, 高木 誠, 小室一成, 医学書院, 東京, 2020/1発行.

622003. [学術書 (翻訳)]【整形外科感染対策における国際コンセンサス 人工関節周囲感染を含む筋骨格系感染全般−Proceeding of the Second International Consensus Meeting on Musculoleletal Infection−】PART 1 GENERAL ASSEMBRY SECTION 1: PREVENTION 1.10. 予防: 手術室, 麻酔, p.13. 1.11. 予防: 手術室, スタッフ, p.13-5. 1.12. 予防: 手術室, 環境, p.15-6. 池田信介1, 内山勝文2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外), 編: 田中康仁, 宗本 充, メジカルビュー社, 東京, 2019/9発行.

622004. [学術書 (翻訳)]【整形外科感染対策における国際コンセンサス 人工関節周囲感染を含む筋骨格系感染全般−Proceeding of the Second International Consensus Meeting on Musculoleletal Infection−】PART 1 GENERAL ASSEMBRY SECTION 1: PREVENTION 1.13. 予防: 手術室, 外科手術, p.16-7. 1.14. 予防: 手術室, 手術領域, p.17-8. 1.15. 予防: 洗浄液, p.18-9. 1.16. 予防: 手術室, 手術手技, p.19-20. 峯岸洋次郎1,2, 内山勝文2, 高相晶士2 (1北里大学メディカルセンター, 2整外), 編: 田中康仁, 宗本 充, メジカルビュー社, 東京, 2019/9発行.

[学会・研究会等]

712015. [学会 (国際)] (招待講演等) The Patho-mechanism of Pain due to Aging Intervertebral Disc and Muscle. Miyagi M1: 2019 ISSLS (2019/6/3-7), Kyoto, Japan. (宮城正行1: 1整外)

712016. [学会 (国際)] (招待講演等) The present situation of allograft bone graft in Japan. Inoue G1: AOA-JOA fellowship (2019/7/1), Reno Orthopaedic Clinic, Nevada, USA. (井上 玄1: 1整外)

712017. [学会 (国際)] (招待講演等) Can Teriparatide Contribute to Success Fusion Surgery in Patients with Osteoporosis? Inoue G1: AOA-JOA fellowship (2019/7/3), Cedars-Sinai Medical Center, California, USA. (井上 玄1: 1整外)

712018. [学会 (国際)] (招待講演等) The present situation of allograft bone graft in Japan. Inoue G1: AOA-JOA fellowship (2019/7/5), Mayo Clinic, Minnesota, USA. (井上 玄1: 1整外)

712019. [学会 (国際)] (招待講演等) Application of the Allograft Bone for Orthopaedic Surgery. Inoue G1: AOA-JOA fellowship (2019/7/9), Stanford University, California, USA. (井上 玄1: 1整外)

712020. [学会 (国際)] (招待講演等) The present situation of allograft bone graft in Japan. Inoue G1: AOA-JOA fellowship (2019/7/12), University of California, California, USA. (井上 玄1: 1整外)

712021. [学会 (国際)] (招待講演等) Treatment for osteoprosis to success fusion surgery in patients in elderly. Inoue G1: AOA-JOA fellowship (2019/7/12), University of California, Sanfrancisco, Fresno, California, USA. (井上 玄1: 1整外)

712022. [学会 (国際)] (招待講演等) Application of the Allograft Bone for Spinal Surgery - Differences Between the US and Japan. Inoue G1: AOA-JOA fellowship (2019/7/17), University of Washington, Seatle, Washington, USA. (井上 玄1: 1整外)

712023. [学会 (国際)] (招待講演等) Radiological and clinical results of corrective surgery in patients with parkinson disease. Inoue G1, Saito W1, Miyagi M1, Imura T1, Shirasawa E1, Kawakubo A2, Nakazawa T1, Takaso M1: 1st Society of Lateral Access Surgery Asia Pacific & Japan Combined Meeting (2019/10/5), Tokyo, Japan. (井上 玄1, 齋藤 亘1, 宮城正行1, 井村貴之1, 白澤栄樹1, 川久保歩2, 中澤俊之1, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科)

713102. [学会 (国際)] (一般講演) Factors Associated with Low Back Pain in Osteoporosis. Miyagi M1, Murata K2, Koyama T2, Kawakubo A2, Fujimaki H, Uchida K1, Inoue G1, Takaso M1: The World Congress on Osteoporosis, Osteoarthritis and Musculoskeletal Diseases (WCO-IOF-ESCEO 2019) (2019/4/4-7), Paris, France. (宮城正行1, 村田幸佑2, 小山智久2, 川久保歩2, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科)

713103. [学会 (国際)] (一般講演) Relationships among spinal alignment, bone mineral density, and muscle mass in elderly patients with osteoporosis. Kawakubo A1, Miyagi M2, Fujimaki H, Inoue G2, Nakazawa T2, Imura T2, Saito W2, Uchida K2, Shirasawa E2, Ohtori S, Inage K, Takaso M2: The World Congress on Osteoporosis, Osteoarthritis and Musculoskeletal Diseases (WCO-IOF-ESCEO 2019) (2019/4/4-7), Paris, France. (川久保歩1, 宮城正行2, 井上 玄2, 中澤俊之2, 井村貴之2, 齋藤 亘2, 内田健太郎2, 白澤栄樹2, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外)

713104. [学会 (国際)] (一般講演) Does Body Mass Index Affect Spinal Alignment and Low Back Pain in Patients with Primary Osteoporosis? Inoue S1, Miyagi M1, Murata K2, Koyama T2, Otake Y1, Kuroda A2, Kawakubo A2, Ohtori S, Inage K, Uchida K1, Inoue G1, Takaso M1: 2019 ISSLS (2019/6/3-7), Kyoto, Japan. (井上 翔1, 宮城正行1, 村田幸佑2, 小山智久2, 大竹悠哉1, 黒田晃義2, 川久保歩2, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科)

713105. [学会 (国際)] (一般講演) Incidence and characteristics of postoperative vertebral fractures after fusion surgery in elderly patients. Inoue G1, Miyagi M1, Saito W1, Imura T1, Shirasawa E1, Kawakubo A2, Nakazawa T1, Takaso M1: 2019 ISSLS (2019/6/3-7), Kyoto, Japan. (井上 玄1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 井村貴之1, 白澤栄樹1, 川久保歩2, 中澤俊之1, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科)

713106. [学会 (国際)] (一般講演) Relationship among spinal alignment, bone mineral density, and muscle mass in elderly osteoporosis patients. Kawakubo A1, Miyagi M2, Fujimaki H, Inoue G2, Nakazawa T2, Imura T2, Saito W2, Uchida K2, Shirasawa E2, Ohtori S, Inage K, Takaso M2: 2019 ISSLS (2019/6/3-7), Kyoto, Japan. (川久保歩1, 宮城正行2, 井上 玄2, 中澤俊之2, 井村貴之2, 齋藤 亘2, 内田健太郎2, 白澤栄樹2, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外)

713107. [学会 (国際)] (一般講演) Impact of Total Hip Arthroplasty for Low Back Pain and Radiological Spinopelvic Sagittal Parameters in Patients with Hip Diseases. Shoji S1, Inoue G2, Miyagi M2, Saito W2, Uchiyama K22, Nakazawa T2, Imura T2, Fukushima K2, Shirasawa E2, Uchida K2, Takahira N3, Takaso M2: 2019 ISSLS (2019/6/3-7), Kyoto, Japan. (庄司真太郎1, 井上 玄2, 宮城正行2, 齋藤 亘2, 内山勝文2, 中澤俊之2, 井村貴之2, 福島健介2, 白澤栄樹2, 内田健太郎2, 高平尚伸3, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部)

713108. [学会 (国際)] (一般講演) The effect of total hip arthroplasty on the low back pain and lumbar spine function in hip patients with or without scoliosis in lumbar spine. Shirasawa E1, Inoue G1, Miyagi M1, Saito W1, Imura T1, Nkazawa T1, Shoji S2, Takaso M1: 2019 ISSLS (2019/6/3-7), Kyoto, Japan. (白澤栄樹1, 井上 玄1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 庄司真太郎2, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科)

713109. [学会 (国際)] (一般講演) Possible regulation of nerve growth factor by M1 and M2 macrophages following intervertebral disc injury in mice. Nakawaki M1, Uchida K2, Miyagi M2, Inoue G2, Takaso M2: 2019 ISSLS (2019/6/3-7), Kyoto, Japan. (中脇充章1, 内田健太郎2, 宮城正行2, 井上 玄2, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外)

713110. [学会 (国際)] (一般講演) The Relationship between Degree of Scoliosis and Body Composition In Adolescent Idiopathic Scoliosis. Takei S1, Miyagi M1, Saito W1, Inoue G1, Nakazawa T1, Imura T1, Shirasawa E1, Uekusa Y1, Inage K, Ohtori S, Uchida K1, Takaso M1: 2019 ISSLS (2019/6/3-7), Kyoto, Japan. (武井正一郎1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 白澤栄樹1, 植草由伊1, 内田健太郎1, 高相晶士1: 1整外)

713111. [学会 (国際)] (一般講演) Assessment Of The Relationship Between Hip Pain And Bone Marrow Edema Lesion In Hip Joint In The Patients With Pre-And/Or Early Osteoarthritis. Koyama T1, Fukushima K2, Ohashi Y1, Uchiyama K2, Takahira N3, Takaso M2: 20th European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology (EFORT) 2019 (2019/6/6), Lisbon, Portugal. (小山智久1, 福島健介2, 大橋慶久1, 内山勝文2, 高平尚伸3, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部)

713112. [学会 (国際)] (一般講演) Hip arthroscopy versus periacetabular osteotomy in patients with borderline dysplasia: A comparative study involving a minimum of 3years of follow-up. Fukushima K1, Takahira N2, Koyama T1, Ohashi Y1, Tsuchiya M1, Uchiyama K1, Takaso M1: 20th European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology (EFORT) 2019 (2019/6/6), Lisbon, Portugal. (福島健介1, 高平尚伸2, 小山智久1, 大橋慶久1, 土屋真穂1, 内山勝文1, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

713113. [学会 (国際)] (一般講演) Efficacy of arthroscopic treatment for acute septic arthritis of hip joints in adult patients. Uekusa Y1, Fukushima K1, Koyama T2, Ohashi Y2, Matsumoto M1, Uchiyama K1, Takahira N3, Takaso M1: 20th European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology (EFORT) 2019 (2019/6/7), Lisbon, Portugal. (植草由伊1, 福島健介1, 小山智久2, 大橋慶久2, 松本光圭1, 内山勝文1, 高平尚伸3, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部)

713114. [学会 (国際)] (一般講演) The incidence of deep vein thrombosis (DVT) during hip arthroscopic surgery. Matsumoto M1, Fukushima K1, Takahira N2, Uchiyama K1, Moriya M1, Minato T1, Takaso M1: 20th European Federation of National Associations of Orthopaedics and Traumatology (EFORT) 2019 (2019/6/7), Lisbon, Portugal. (松本光圭1, 福島健介1, 高平尚伸2, 内山勝文1, 森谷光俊1, 湊 剛樹1, 高相晶士1: 1整外, 2医療衛生学部)

713115. [学会 (国際)] (一般講演) Thumb Carpometacarpal Arthrodesis using Locking Plate for Thumb Base Osteoarthritis. Onuma K1, Sukegawa K1, Otake Y1, Takaso M1: American Society for Surgery of the Hand (ASSH) Annual Meeting 2019 (2019/9/5), Las Vegas, USA. (小沼賢治1, 助川浩士1, 大竹悠哉1, 高相晶士1: 1整外)

713116. [学会 (国際)] (一般講演) Melting temperature mapping method for rapid identification of unknown pathogenic microorganisms for periprosthetic hip joint infection. Uchiyama K1, Niimi H, Sakurai K2, Ikeda S1, Fukushima K1, Moriya M1, Takahira N3, Kitajima I, Takaso M1: SICOT 2019 (2019/12/5), Muscat, Oman. (内山勝文1, 仁井見英樹, 櫻井慶造2, 池田信介1, 福島健介1, 森谷光俊1, 高平尚伸3, 北島 勲, 高相晶士1: 1整外, 2臨検部, 3医療衛生学部)

721017. [学会 (全国)] (特別講演) わが国における, FAIの診断と治療. 福島健介 (整外): 第46回日本股関節学会学術集会 (2019/10/25), 宮崎.

721018. [学会 (全国)] (特別講演) 簡単・確実にフェアウェイをキープするTHA−HipGrid Droneを用いた術中支援−. 福島健介 (整外): 第50回日本人工関節学会 (2020/2/22), 福岡.

722103. [学会 (全国)] (招待講演等) 人工関節周囲感染における迅速診断の試み−PCR法とα-Defensin−. 内山勝文1, 櫻井慶造2, 仁井見英樹, 神田宏美, 峯岸洋次郎1, 池田信介3, 福島健介1, 高平尚伸4, 高相晶士1, 高山陽子5, 和田達彦6, 中村正樹4, 花木秀明 (1整外, 2臨検部, 3大学院医療系研究科, 4医療衛生学部,5新世紀医療・横断的医療, 6膠原病・感染内): 第93回日本感染症学会総会・学術講演会 (2019/4/4), 名古屋.

722104. [学会 (全国)] (招待講演等) 日本の組織移植の現状 骨移植の現状. 占部 憲1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2整外): 第92回日本整形外科学会学術総会 (2019/5/9), 横浜.

722105. [学会 (全国)] (招待講演等) 人工股関節周囲感染の予防から見た周術期の注意点. 内山勝文1, 池田信介2, 峯岸洋次郎1, 福島健介1, 森谷光俊1, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第92回日本整形外科学会学術総会 (2019/5/10), 横浜.

722106. [学会 (全国)] (招待講演等) 脊椎外科領域の産官学連携における臨床医の役割 脊椎外科領域における行政と臨床現場の橋渡しに関する臨床医の役割. 宮城正行1, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外): 第93回日本整形外科学会学術総会 (2019/6/11-8/31), web開催.

722107. [学会 (全国)] (招待講演等) Diagnosis for femoroacetabular impingement (FAI) in Japan. 福島健介1, 高平尚伸2, 内山勝文1, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第11回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS2019) (2019/6/13), 札幌.

722108. [学会 (全国)] (招待講演等) 人工股関節周囲感染対策−診断と治療−. 内山勝文1, 池田信介2, 峯岸洋次郎1, 森谷光俊1, 福島健介1, 高平尚伸3, 櫻井慶造4, 仁井見英樹, 高相晶士 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部, 4臨検部): 第42回日本骨・関節感染症学会 (2019/7/20), 横浜.

722109. [学会 (全国)] (招待講演等) 椎間板性腰痛慢性化機序に関する検討. 宮城正行1, 内田健太郎1, 中脇充章2, 川久保歩2, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第27回日本腰痛学会 (2019/9/13-14), 神戸.

722110. [学会 (全国)] (招待講演等) 人工関節周囲感染の診断−バイオマーカーとPCR−. 内山勝文1, 櫻井慶造2, 仁井見英樹, 神田宏美, 峯岸洋次郎1, 池田信介3, 福島健介1, 森谷光俊1, 狩野有作4, 高平尚伸5, 高相晶士1 (1整外, 2臨検部, 3大学院医療系研究科, 4臨検学, 5医療衛生学部): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/18), 横浜

722111. [学会 (全国)] (招待講演等) 腰痛モデルの確立と治療ターゲット. 宮城正行1, 中脇充章2, 川久保歩2, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

722112. [学会 (全国)] (招待講演等) 難治性側弯症の治療−症候性を含めて−. 高相晶士1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 井上 玄1, 齊藤 亘1, 宮城正行1, 白澤栄樹1 (1整外): 第53回日本側彎症学会学術集会 (2019/11/8-9), 群馬.

723452. [学会 (全国)] (一般講演) 椎間板への荷重負荷が疼痛関連物質の発現を惹起する. 宮城正行1, 中脇充章2, 内田健太郎1, 高野昇太郎1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 川久保歩2, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2019/4/18-20), 横浜.

723453. [学会 (全国)] (一般講演) 脊柱変形矯正固定術後の再手術例の検討. 黒田晃義1, 井村貴之2, 井上 玄2, 齋藤 亘2, 中澤俊之2, 宮城正行2, 白澤栄樹2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2019/4/18-20), 横浜.

723454. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節全置換術が脊柱骨盤アライメントならびに腰痛へ与える影響. 庄司真太郎1, 井上 玄2, 内山勝文2, 中澤俊之2, 宮城正行2, 齋藤 亘2, 井村貴之2, 福島健介2, 白澤栄樹2, 高平尚伸3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部): 第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2019/4/18-20), 横浜.

723455. [学会 (全国)] (一般講演) 転移性脊椎腫瘍による神経麻痺に対し緊急手術を要した42例の手術成績の検討. 額賀唯至, 白澤栄樹1, 酒井大輔, 井上 玄1, 檜山明彦, 田中真弘, 加藤裕幸, 佐藤正人, 中澤俊之1, 井村貴之1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 高相晶士1, 渡辺雅彦 (1整外): 第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2019/4/18-20), 横浜.

723456. [学会 (全国)] (一般講演) 体幹筋量の病態意義 腰痛, 腰椎機能, 脊柱バランスに及ぼす影響. 堀 悠介, 星野雅俊, 高橋真治, 鈴木亨暢, 辻尾唯雄, 寺井秀富, 堂園 将, 志賀康浩, 稲毛一秀, 折田純久, 村田幸佑1, 宮城正行2, 井上 玄2, 大鳥精司, 高相晶士2, 中村博亮 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2019/4/18-20), 横浜.

723457. [学会 (全国)] (一般講演) 骨粗鬆症患者の脊柱後彎症“腰まがり”の有病率とその特徴. 松永昂之1, 宮城正行1, 村田幸佑2, 井上 翔1, 小山智久2, 大竹悠哉1, 黒田晃義2, 川久保歩2, 大鳥精司, 稲毛一秀, 関口裕之1, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2019/4/18-20), 横浜.

723458. [学会 (全国)] (一般講演) サルコペニアを合併した原発性骨粗鬆症患者の腰痛と栄養状態. 矢野博之1, 宮城正行1, 村田幸佑2, 井上 翔1, 小山智久2, 大竹悠哉1, 黒田晃義2, 川久保歩2, 大鳥精司, 稲毛一秀, 関口裕之1, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2019/4/18-20), 横浜.

723459. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性腎臓病が骨粗鬆症患者の腰痛や脊柱アライメントに及ぼす影響. 松本光圭1, 宮城正行1, 村田幸佑2, 井上 翔1, 小山智久2, 大竹悠哉1, 黒田晃義2, 大鳥精司, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2019/4/18-20), 横浜.

723460. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節全置換術患者の術前脊柱側彎は術後腰痛・腰椎機能に影響を与えるか? 白澤栄樹1, 井上 玄1, 齋藤 亘1, 宮城正行1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 高相晶士1 (1整外): 第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2019/4/18-20), 横浜.

723461. [学会 (全国)] (一般講演) 思春期特発性側彎症の遺残変形に対する特徴: 手術例における検討. 齋藤 亘1, 井上 玄1, 宮城正行1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 白澤栄樹1, 内田健太郎1, 高相晶士1 (1整外): 第48回日本脊椎脊髄病学会学術集会 (2019/4/18-20), 横浜.

723462. [学会 (全国)] (一般講演) 股関節唇損傷およびfemoroacetabular impingement (FAI) として紹介された患者の最終診断の検討. 横関雄司1, 福島健介2, 小山智久1, 大橋慶久1, 内山勝文2, 高平尚伸3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部): 第92回日本整形外科学会学術集会 (2019/5/11), 横浜.

723463. [学会 (全国)] (一般講演) 学童期スポーツ傷害に対する股関節鏡視下手術. 小山智久1, 福島健介2, 大橋慶久1, 内山勝文2, 高平尚伸3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部): 第92回日本整形外科学会学術集会 (2019/5/11), 横浜.

723464. [学会 (全国)] (一般講演) 寛骨臼被覆と脊椎骨盤矢状面アライメントとの関連の検討. 福島健介1, 宮城正行1, 井上 玄1, 白澤栄樹1, 大竹悠哉1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第92回日本整形外科学会学術集会 (2019/5/11), 横浜.

723465. [学会 (全国)] (一般講演) 椎間板へのメカニカルストレスと疼痛関連物質の発現との関係. 宮城正行1, 中脇充章2, 内田健太郎1, 高野昇太郎1, 井上 玄1, 関口裕之1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第93回日本整形外科学会学術総会 (2019/6/11-8/31), web開催.

723466. [学会 (全国)] (一般講演) 脊椎手術における大量出血の危険因子に関する検討. 楠原健史1, 井上 玄1, 齋藤 亘1, 中澤俊之1, 宮城正行1, 井村貴之1, 白澤栄樹1, 井上 翔1, 寺本洋平1, 高相晶士1 (1整外): 第93回日本整形外科学会学術総会 (2019/6/11-8/31), web開催.

723467. [学会 (全国)] (一般講演) 後期高齢者に対する成人脊柱変形手術の成績. 齋藤 亘1, 井上 玄1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 宮城正行1, 白澤栄樹1, 内田健太郎1, 高相晶士1 (1整外): 第93回日本整形外科学会学術総会 (2019/6/11-8/31), web開催.

723468. [学会 (全国)] (一般講演) 変形性膝関節症患者の滑膜組織においてTGF-βは神経成長因子の主たる発現制御因子である. 高野昇太郎1, 内田健太郎1, 迎  学2, 岩瀬 大1, 相川 淳1, 宮城正行1, 井上 玄1, 関口裕之1, 大貫裕子3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3病態・診療系): 第93回日本整形外科学会学術総会 (2019/6/11-8/31), web開催.

723469. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節全置換術が腰痛や脊椎骨盤パラメーターに与える影響. 庄司真太郎1, 井上 玄2, 内山勝文2, 中澤俊之2, 宮城正行2, 齋藤 亘2, 井村貴之2, 福島健介2, 白澤栄樹2, 高平尚伸3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部): 第93回日本整形外科学会学術総会 (2019/6/11-8/31), web開催.

723470. [学会 (全国)] (一般講演) 骨粗鬆症患者の脊柱後彎症「腰まがり」有病率と特徴. 松永昂之1, 宮城正行1, 村田幸佑2, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高相晶士1, 大鳥精司, 稲毛一秀, 関口裕之1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第93回日本整形外科学会学術総会 (2019/6/11-8/31), web開催.

723471. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節全置換術 (THA) 患者の術前の脊柱側彎が術後腰痛・腰椎機能に与える影響. 白澤栄樹1, 井上 玄1, 庄司真太郎2, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 福島健介1, 内山勝文1, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3病態・診療系): 第93回日本整形外科学会学術総会 (2019/6/11-8/31), web開催.

723472. [学会 (全国)] (一般講演) 脊柱変形矯正固定術後の再手術例の検討. 黒田晃義1, 井村貴之2, 井上 玄2, 齋藤 亘2, 宮城正行2, 中澤俊之2, 白澤栄樹2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第93回日本整形外科学会学術総会 (2019/6/11-8/31), web開催.

723473. [学会 (全国)] (一般講演) 脊柱変形に対する骨切り術のアプローチに関する検討. 井上 玄1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 宮城正行1, 中澤俊之1, 白澤栄樹1, 川久保歩2, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第93回日本整形外科学会学術総会 (2019/6/11-8/31), web開催.

723474. [学会 (全国)] (一般講演) 骨粗鬆症と健康関連QOLの関係. 三村悠祐1, 宮城正行1, 村田幸佑2, 井上 翔1, 小山智久2, 大竹悠哉1, 黒田晃義2, 川久保歩2, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第93回日本整形外科学会学術総会 (2019/6/11-8/31), web開催.

723475. [学会 (全国)] (一般講演) ビスフォスフォネート製剤の前投与がweekly PTH製剤の治療効果に与える影響. 村田幸佑1, 宮城正行2, 米田昌広2, 田島秀一郎2, 小山智久1, 井上 翔2, 川久保歩1, 内田健太郎2, 井上 玄2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第93回日本整形外科学会学術総会 (2019/6/11-8/31), web開催.

723476. [学会 (全国)] (一般講演) 寛骨臼被覆と脊椎骨盤矢状面アライメントとの関係の検討. 福島健介1, 宮城正行1, 井上 玄1, 白澤栄樹1, 大竹悠哉1, 内山勝文1, 高平尚伸2, 高相晶士1 (1整外, 2医療衛生学部): 第93回日本整形外科学会学術総会 (2019/6/11-8/31), web開催.

723477. [学会 (全国)] (一般講演) 骨粗鬆症治療歴のない患者に対する人工膝関節置換術前後における近位大腿骨骨密度の経時的変化の検討. 湊佐代子1, 岩瀬 大1, 相川 淳11, 東山礼治1, 宮城正行1, 内田健太郎1, 高野昇太郎1, 迎  学2, 目時有希恵1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第93回日本整形外科学会学術総会 (2019/6/11-8/31), web開催.

723478. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における股関節唇損傷に対する股関節鏡視下デブリドマンの5年成績. 武井正一郎1, 福島健介1, 小山智久2, 大橋慶久2, 内山勝文1, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第11回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 (JOSKAS2019) (2019/6/14), 札幌.

723479. [学会 (全国)] (一般講演) 頸椎脱臼骨折術後に生じた脳幹梗塞の一例. 塚田亜裕美1, 宮城正行1, 井村貴之1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 齊藤 亘1, 白澤栄樹1, 峰原宏昌2, 松浦晃正1, 高相晶士1 (1整外, 2救命): 第45回日本骨折治療学会 (2019/6/28-29), 福岡.

723480. [学会 (全国)] (一般講演) ラット坐骨神経損傷モデルに対する塩基性線維芽細胞増殖因子添加コラーゲンシートの痛覚過敏抑制効果とHO-1誘導能の検討. 向井務晃, 内田健太郎1, 廣澤直也, 志賀康浩, 稲毛一秀, 折田純久, 志賀康浩, 宮城正行1, 井上 玄1, 高相晶士1, 大鳥精司 (1整外): 第41回日本疼痛学会 (2019/7/12-13), 名古屋.

723481. [学会 (全国)] (一般講演) 関節面を含む広範囲骨軟骨欠損に対する新しい再建方法の試み. 占部 憲1,2, 平川紀子1,2, 峰岸洋次郎1,2, 宮部 基 (1北里大学メディカルセンター, 2整外): 第18回日本組織移植学会総会・学術集会 (2019/8/3), 名古屋.

723482. [学会 (全国)] (一般講演) 同種骨移植と滑膜間葉系細胞移植を併用した骨軟骨欠損再生法の有用性の検討. 小沼賢治1, 内田健太郎1, 村田幸佑2, 助川浩士1, 笠原みどり, 中山晶子, 松本 舞, 井上 玄1, 占部 憲1,3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3北里大学メディカルセンター): 第18回日本組織移植学会総会・学術集会 (2019/8/3), 名古屋.

723483. [学会 (全国)] (一般講演) 男性骨粗鬆症の腰痛と歩行機能障害に関与する因子. 吉澤 泰1, 宮城正行1, 横関雄司2, 村田幸佑2, 小山智久2, 川久保歩2, 大鳥精司, 稲毛一秀, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第27回日本腰痛学会 (2019/9/13-14), 神戸.

723484. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢骨粗鬆症患者における健康関連QOLの検討. 三村悠祐1, 宮城正行1, 田島秀一郎1, 村田幸佑2, 井上 翔1, 小山智久2, 藤巻寿子, 内田健太郎1, 須関 馨1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第27回日本腰痛学会 (2019/9/13-14), 神戸.

723485. [学会 (全国)] (一般講演) 骨粗鬆症患者の胃食道逆流症状と脊柱矢状面アライメント. 松本光圭1, 武井正一郎1, 宮城正行1, 村田幸佑2, 小山智久2, 川久保歩2, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第27回日本腰痛学会 (2019/9/13-14), 神戸.

723486. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性腎臓病が骨粗鬆症患者の臨床所見に及ぼす影響の検討. 武井正一郎1, 宮城正行1, 松本光圭1, 村田幸佑2, 小山智久2, 大竹悠哉1, 齊藤広樹1, 川久保歩2, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第21回日本骨粗鬆症学会 (2019/10/11-13), 神戸.

723487. [学会 (全国)] (一般講演) 人工膝関節置換術前後における近位大腿骨骨密度の経時的変化について. 湊佐代子1, 岩瀬 大1, 迎  学2, 相川 淳1, 東山礼治1, 高野昇太郎1, 宮城正行1, 内田健太郎1, 目時有希恵1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第21回日本骨粗鬆症学会 (2019/10/11-13), 神戸.

723488. [学会 (全国)] (一般講演) デノスマブ投与における併用ビタミンD製剤が与える影響に関する検討: デノタスとエルデカルシトールの違い. 齊藤広樹1, 大竹悠哉1, 宮城正行1, 石川紘司, 永井隆士, 谷 聡二, 土屋弘樹, 井上 玄1, 稲垣克記, 高相晶士1 (1整外): 第21回日本骨粗鬆症学会 (2019/10/11-13), 神戸.

723489. [学会 (全国)] (一般講演) ステロイド性骨粗鬆症に対するデノスマブ投与の効果の検討: 原発性骨粗鬆症との比較. 大竹悠哉1, 齊藤広樹1, 宮城正行1, 石川紘司, 永井隆士, 谷 聡二, 土屋弘樹, 井上 玄1, 稲垣克記, 高相晶士1 (1整外): 第21回日本骨粗鬆症学会 (2019/10/11-13), 神戸.

723490. [学会 (全国)] (一般講演) 骨粗鬆症患者の腰痛に対するWeekly PTH製剤の効果. 村田幸佑1, 宮城正行2, 小山智久1, 川久保歩1, 松本光圭2, 米田昌広2, 高岡純一2, 内田健太郎2, 井上 玄2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第21回日本骨粗鬆症学会 (2019/10/11-13), 神戸.

723491. [学会 (全国)] (一般講演) 骨粗鬆症患者の脊柱矢状面アライメント異常“腰まがり”の有病率とその特徴. 松永昂之1, 宮城正行1, 村田幸佑2, 小山智久2, 武井正一郎1, 塚田亜裕美1, 川久保歩2, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第21回日本骨粗鬆症学会 (2019/10/11-13), 神戸.

723492. [学会 (全国)] (一般講演) 脊椎手術中の胸椎硬膜外脂肪腫により診断し得た続発性骨粗鬆症の1例. 田中慶秀1, 宮城正行1, 湊佐代子1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齊藤 亘1, 白澤栄樹1, 川久保歩2, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第21回日本骨粗鬆症学会 (2019/10/11-13), 神戸.

723493. [学会 (全国)] (一般講演) 骨粗鬆症患者の健康関連QOLに与える影響因子の検討. 小山智久1, 宮城正行2, 村田幸佑1, 黒田晃義1, 川久保歩1, 大鳥精司, 稲毛一秀, 内田健太郎2, 井上 玄2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第21回日本骨粗鬆症学会 (2019/10/11-13), 神戸.

723494. [学会 (全国)] (一般講演) 加齢に伴う骨格筋レプチン発現上昇は, 筋組織内におけるIL-6産生を誘導する. 田澤 諒1, 内田健太郎2, 宮城正行2, 藤巻寿子, 井上 玄2, 村田幸佑1, 関口裕之2, 高田 研1, 川久保歩1, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第21回日本骨粗鬆症学会 (2019/10/11-13), 神戸.

723495. [学会 (全国)] (一般講演) 加齢性筋肉減少症サルコペニアを合併した原発性骨粗鬆症患者の腰痛と栄養状態. 矢野博之1, 宮城正行1, 村田幸佑2, 小山智久2, 宮田 樹1, 大鳥精司, 稲毛一秀, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第21回日本骨粗鬆症学会 (2019/10/11-13), 神戸.

723496. [学会 (全国)] (一般講演) 腰部脊柱管狭窄症手術における筋肉量の影響の検討. 川久保歩1, 宮城正行2, 中澤俊之2, 井村貴之2, 齋藤 亘2, 白澤栄樹2, 大鳥精司, 稲毛一秀, 井上 玄2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第21回日本骨粗鬆症学会 (2019/10/11-13), 神戸.

723497. [学会 (全国)] (一般講演) 塩基性線維芽細胞増殖因子含有局所硬化ヒアルロン酸ゲル, 局所硬化デキストランゲルの骨形成促進能の比較検討. 庄司真太郎1, 内田健太郎2, 関口裕之2, 井上 玄2, 宮城正行2, 村田幸佑1, 川久保歩1, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723498. [学会 (全国)] (一般講演) ラット坐骨神経損傷モデルに対する塩基性繊維芽細胞増殖因子添加コラーゲンシートの痛覚過敏抑制効果とHO-1誘導能の検討. 向井務晃, 内田健太郎1, 廣澤直也, 村上賢一, 稲毛一秀, 折田純久, 松浦祐介, 井上 玄1, 國吉一樹, 高相晶士1, 大鳥精司 (1整外): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723499. [学会 (全国)] (一般講演) 腱板断裂患者の滑膜組織においてNGF発現が上昇する. 田澤 諒1, 見目智紀2, 内田健太郎2, 名倉直重, 中脇充章1, 大貫裕子3, 井上 玄2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3病態・診療系): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723500. [学会 (全国)] (一般講演) 椎間板内在性マクロファージの分化能の検討. 川久保歩1, 内田健太郎2, 宮城正行2, 中脇充章1, 井上 玄2, 齋藤 亘2, 関口裕之2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723501. [学会 (全国)] (一般講演) GFP骨髄キメラマウスを用いた椎間板障害後に増加するマクロファージの起源解析. 川久保歩1, 内田健太郎2, 宮城正行2, 中脇充章1, 井上 玄2, 齋藤 亘2, 関口裕之2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723502. [学会 (全国)] (一般講演) 変形性膝関節症の滑膜組織においてTGF-βによって誘導される神経ペプチドの探索. 高野昇太郎1, 内田健太郎1, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 迎  学2, 宮城正行1, 井上 玄1, 関口裕之1, 大貫裕子3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3病態・診療系): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723503. [学会 (全国)] (一般講演) 腱板断裂時のApelinの発現の検討. 中脇充章1, 見目智紀2, 内田健太郎2, 名倉直重, 田澤 諒1, 宗重響子1, 井上 玄2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723504. [学会 (全国)] (一般講演) 腱板断裂後の慢性期におけるTGF-β上昇はNGF産生に関与する. 名倉直重, 見目智紀1, 中脇充章2, 内田健太郎1, 田澤 諒2, 宗重響子2, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723505. [学会 (全国)] (一般講演) バンコマイシン含有リン酸カルシウムセメントの生体内埋入後のバンコマイシン抗菌活性評価. 内田健太郎1, 菅生 健, 中島武彦, 関口裕之1, 占部 憲1,2, 高相晶士1 (1整外, 2北里大学メディカルセンター): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723506. [学会 (全国)] (一般講演) BMP-2含有人工コラーゲンゲルは骨移動術におけるdocking siteの骨癒合を促進する. 田澤 諒1, 峰原宏昌2, 松浦晃正3, 河村 直3, 内田健太郎3, 井上 玄3, 庄司真太郎1, 坂口七海1, 大貫裕子4, 高相晶士3 (1大学院医療系研究科, 2救命, 3整外, 4病態・診療系): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723507. [学会 (全国)] (一般講演) 肥満患者の滑膜下結合組織ではCOL1A1, COL3A1の発現が亢進している. 中脇充章1, 内田健太郎2, 小沼賢治2, 助川浩士2, 見目智紀2, 名倉直重, 田澤 諒1, 大貫裕子3, 井上 玄2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3病態・診療系): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723508. [学会 (全国)] (一般講演) ヒト椎間板組織におけるTGF-βを介したNGF発現制御. 宮城正行1, 内田健太郎1, 中脇充章2, 川久保歩2, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 関口裕之1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723509. [学会 (全国)] (一般講演) 栄養状態不良で椎間板における炎症性サイトカインの発現が上昇する. 横関雄司1, 宮城正行2, 内田健太郎2, 川久保歩1, 大貫裕子3, 井上 玄2, 中澤俊之2, 井村貴之2, 齋藤 亘2, 白澤栄樹2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3病態・診療系): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723510. [学会 (全国)] (一般講演) 関節リュウマチ患者の滑膜マクロファージにおいてC型レクチン受容体macrophage inducible C-type lectinの発現は亢進している. 森谷光俊1, 内田健太郎1, 高野昇太郎1, 岩瀬 大1, 井上 玄1, 宮城正行1, 関口裕之1, 大貫裕子2, 高相晶士1 (1整外, 2病態・診療系): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723511. [学会 (全国)] (一般講演) Vein wrappingによる痛覚過敏抑制効果, 神経保護効果はvein由来液性因子とwrapping効果により誘導される. 向井務晃, 内田健太郎1, 廣澤直也, 志賀康浩, 折田純久, 宮城正行1, 村上賢一, 松浦佑介, 國吉一樹, 高相晶士1, 大鳥精司 (1整外): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723512. [学会 (全国)] (一般講演) ウサギ下肢腱延長モデルを用いたロッキング機構を有するスライド延長の固定強度の検討. 岩瀬 大1, 内田健太郎1, 相川 淳1, 関口裕之1, 目時有希恵1, 湊佐代子1, 松尾 篤, 松尾 隆, 高相晶士1 (1整外): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723513. [学会 (全国)] (一般講演) ビスマス含有ネスプロンケーブルの生体適合性に関する検討. 川久保歩1, 齋藤 亘2, 内田健太郎2, 井上 玄2, 中澤俊之2, 井村貴之2, 宮城正行2, 白澤栄樹2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723514. [学会 (全国)] (一般講演) 変形性膝関節症患者の滑膜組織におけるインスリン様成長因子1の制御機構. 迎  学1, 内田健太郎2, 高野昇太郎2, 岩瀬 大2, 相川 淳2, 宮城正行2, 井上 玄2, 関口裕之2, 大貫裕子3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3病態・診療系): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723515. [学会 (全国)] (一般講演) 肥満変形性膝関節症患者の滑膜組織において増加するmast cellの役割の検討. 内田健太郎1, 高野昇太郎1, 岩瀬 大1, 相川 淳1, 井上 玄1, 宮城正行1, 関口裕之1, 大貫裕子2, 高相晶士1 (1整外, 2病態・診療系): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723516. [学会 (全国)] (一般講演) HbA1c高値の変形性膝関節症患者の滑膜組織ではToll-like receptor-4とMMP-13が亢進している. 村田幸佑1, 内田健太郎2, 高野昇太郎2, 相川 淳2, 岩瀬 大2, 井上 玄2, 関口裕之2, 大貫裕子3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3病態・診療系): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723517. [学会 (全国)] (一般講演) 滑膜線維芽細胞における古典経路と非古典経路のクロストークを介したTGF-βによるVEGF制御機構. 高野昇太郎1, 内田健太郎1, 庄司真太郎2, 相川 淳1, 岩瀬 大1, 迎  学2, 宮城正行1, 関口裕之1, 大貫裕子3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3病態・診療系): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723518. [学会 (全国)] (一般講演) 高コレステロール血症を有する変形性膝関節症患者の膝滑膜組織ではapoptpsis inhibitor of macrophageが上昇する. 庄司真太郎1, 内田健太郎2, 高野昇太郎2, 相川 淳2, 岩瀬 大2, 迎  学1, 宮城正行2, 井上 玄2, 関口裕之2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723519. [学会 (全国)] (一般講演) 罹病期間の異なる絞扼性神経障害に除圧術を行ったモデルとしての新規ラットモデル作成の試み. 向井務晃, 内田健太郎1, 廣澤直也, 稲毛一秀, 村上賢一, 折田純久, 井上 玄1, 松浦佑介, 國吉一樹, 高相晶士1, 大鳥精司 (1整外): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723520. [学会 (全国)] (一般講演) 原発骨粗鬆症モデルにおける神経成長因子の発現とその制御機構検討. 田澤 諒1, 内田健太郎2, 宮城正行2, 藤巻寿子, 井上 玄2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723521. [学会 (全国)] (一般講演) 骨形成蛋白 (BMP-2) 含有人工コラーゲンゲルはマウス難治性骨折モデルにおける骨形成と骨癒合を促進する. 関口裕之1, 内田健太郎1, 井上 玄1, 庄司真太郎2, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 大貫裕子3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3病態・診療系): 第34回日本整形外科学会基礎学術集会 (2019/10/17-18), 横浜.

723522. [学会 (全国)] (一般講演) 仰臥位ポータブルナビゲーションHipAlignの導入前後におけるカップ設置精度の検討. 柴田直弥1, 内山勝文1, 齊藤広樹1, 福島健介1, 森谷光俊1, 大橋慶久2, 小山智久2, 橋爪孝典1, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第46回日本股関節学会学術集会 (2019/10/25), 宮崎.

723523. [学会 (全国)] (一般講演) 大腿骨転子部骨折により小転子骨片転移の有無が歩行形態に与える影響. 小柳佳代, 福島健介1, 加藤沙知子, 大崎幸子, 斎藤慶太 (1整外): 第46回日本股関節学会学術集会 (2019/10/26), 宮崎.

723524. [学会 (全国)] (一般講演) 思春期特発性側弯症の遺残変形手術例の特徴. 齋藤 亘1, 井上 玄1, 宮城正行1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 白澤栄樹1, 内田健太郎1, 高相晶士1 (1整外): 第53回日本側彎症学会学術集会 (2019/11/8-9), 群馬.

723525. [学会 (全国)] (一般講演) スマートフォンアプリを用いた思春期特発性側弯症検出の試み. 井上 玄1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 宮城正行1, 中澤俊之1, 白澤栄樹1, 赤澤 努, 鳥居良昭, 飯沼雅央, 遠藤亜沙子, 小谷俊明, 佐久間毅, 中山敬太, 飯島 靖, 高相晶士1 (1整外): 第53回日本側彎症学会学術集会 (2019/11/8-9), 群馬.

723526. [学会 (全国)] (一般講演) 骨粗鬆症患者の脊柱後弯症“ 腰まがり”の有病率とその特徴. 白澤栄樹1, 宮城正行1, 松永昂之1, 村田幸佑2, 井上 翔1, 黒田晃義2, 川久保歩2, 大鳥精司, 稲毛 一秀, 関口裕之1, 内田健太郎1, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第53回日本側彎症学会学術集会 (2019/11/8-9), 群馬.

723527. [学会 (全国)] (一般講演) 降圧薬内服中の人工膝関節全置換術前後の非ステロイド性抗炎症薬と腎機能変化の検討. 平川紀子1,2, 占部 憲1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2整外): 第47回日本関節病学会 (2019/11/21), 福岡.

723528. [学会 (全国)] (一般講演) 股関節手術患者における中枢性感作の存在. 大橋慶久1, 福島健介2, 井上 玄2, 宮城正行2, 内田健太郎2, 小山智久1, 内山勝文2, 高平尚伸3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部): 第12回日本運動器疼痛学会 (2019/11/30-12/1), 東京.

731049. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 日常外来における鼡径部痛の診療-身体所見を中心に. 福島健介 (整外): HIP Total Solution Seminar (2019/5/25), 東京.

731050. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 日常外来における鼡径部痛の診療−ディロキセチンの臨床経験を含めて−. 福島健介 (整外): 第3回 Mt.Fuji Painセミナー (2019/5/28), 富士.

731051. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 関節温存術としての股関節鏡視下手術. 福島健介 (整外): 第4回神奈川股関節研究会 (2019/6/1), 横浜.

731052. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 病態メカニズムを考慮した変形関節症の診療とディロキセチンの位置づけ. 福島健介 (整外): Lilly Kanagawa OA Expert Conference (2019/6/20), 町田.

731053. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 病態メカニズムを考慮した変形性股関節症の診療とデュロキセチンの位置づけ. 福島健介 (整外): 痛みに対するアプローチを考える会 (2019/7/18), 富山.

731054. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 腰椎変性疾患の診断と治療I. 井上 玄 (整外): 第17回日本整形外科学会・脊椎脊髄病医研修会 (2019/8/25), 大阪.

731055. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 病態メカニズムを考慮した変形性股関節症の診療とデュロキセチンの位置づけ. 福島健介 (整外): Lilly Pain webカンファレンス (2019/9/18), 横浜.

731056. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) HipGrid Drone. 福島健介 (整外): 3rd THA Users Seminar 2019 (2019/9/28), 東京.

731057. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) History and design concept of fully HA stem. 福島健介 (整外): Avenir Complete Stem Seminar (2019/10/25), 宮崎.

731058. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) Clinical experience of Avenir stem in Japan. 福島健介 (整外): Avenir Complete Stem Seminar (2019/10/25), 宮崎.

732037. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 大腿骨頸部骨折に対するインプラント手術 (人工骨頭置換術, 人工股関節全置換術) 北里大学病院における大腿骨近位部骨折に対する治療戦略2019. 内山勝文1, 福島健介1, 森谷光俊1, 峰原宏昌2, 河村 直1, 松浦晃正1, 高相晶士1, 高平尚伸3 (1整外, 2救命, 3医療衛生学部): 第166回神奈川整形災害外科研究会 (2019/7/13), 横浜, 神奈川整形災害外科研究会雑誌抄録 2019; 32 (1): 12.

732038. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 人工股関節 (人工骨頭) 周囲感染の治療. 内山勝文 (整外): 第29回弘前大学整形外科夏の研修会 (2019/8/2), 弘前.

732039. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 人工股関節周囲MRSA感染 (PJI) 対策 2019−国際コンセンサスミーティングの内容も含めて−. 内山勝文 (整外): 新潟術後感染症セミナー (2019/11/28), 新潟.

732040. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 変形性膝関節症に対する多血小板血症による治療. 占部 憲1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2整外): 一般社団法人 北足立郡市医師会講演会 (2019/12), 埼玉.

733170. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 移植した保存同種骨に対し自家骨軟骨柱移植術を行った1例. 占部 憲1,2, 河野開紀2, 平川紀子1,2, 峰岸洋次郎1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2整外): 第68回東日本整形災害外科学会 (2019/9/6), 東京.

733171. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 胸椎硬膜外脂肪腫により診断し得たクッシング症候群による続発性骨粗鬆症の1例. 武井 裕1, 宮城正行1, 田中慶秀1, 湊佐代子1, 井上 玄1, 中澤俊之1, 井村貴之1, 齋藤 亘1, 白澤栄樹1, 川久保歩2, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第68回東日本整形災害外科学会 (2019/9/5-6), 東京.

733172. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 骨粗鬆症患者の腰痛に対するWeekly PTH製剤の効果. 村田幸佑1, 宮城正行2, 小山智久1, 川久保歩1, 松本光圭2, 米田昌広2, 高岡純一2, 内田健太郎2, 井上 玄2, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外): 第68回東日本整形災害外科学会 (2019/9/5-6), 東京.

733173. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 慢性腎臓病が骨粗鬆症患者の臨床所見に及ぼす影響. 石井大輔1, 宮城正行1, 松本光圭1, 武井正一郎1, 村田幸佑2, 小山智久2, 川久保歩2, 大鳥精司, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 第68回東日本整形災害外科学会 (2019/9/5-6), 東京.

733174. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 股関節鏡視下関節内操作のみで治療しえた腸恥滑液包炎の1例. 大橋慶久1, 福島健介2, 小山智久1, 内山勝文2, 高平尚伸3, 高相晶士2 (1大学院医療系研究科, 2整外, 3医療衛生学部): 第15回日本股関節鏡研究会 (2019/9/7), 札幌.

733175. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 20年以上不安定性を有していた肘関節後外側回旋不安定症−長掌筋腱と肘筋にて再建した1例−. 町田周平1, 助川浩士1, 小沼賢治1, 大竹悠哉1, 見目智紀1, 高相晶士1 (1整外): 第25回神奈川上肢外科研究会 (2019/10/5), 横浜.

733176. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) サッカーのゴールキーパーに生じた舟状骨近位部骨折の2例. 多田拓矢1, 小沼賢治1, 助川浩士1, 大竹悠哉1, 見目智紀1, 高相晶士1 (1整外): 第25回神奈川上肢外科研究会 (2019/10/5), 横浜.

733177. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ゴールキーパーの手掌部にシュートボールが当たり受傷したと考えられた舟状骨骨折の2例. 多田拓矢1, 小沼賢治1, 助川浩士1, 大竹悠哉1, 町田修平1, 高相晶士1 (1整外): 第34回東日本手外科研究会 (2020/2/1), 東京.

733178. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) サッカーのゴールキーパーに生じた上腕三頭筋皮下断裂の1例. 柴田直弥1, 小沼賢治1, 助川浩士1, 大竹悠哉1, 高相晶士1 (1整外): 第696回関東整形災害外科学会月例会 (2020/2/22), 東京.

'18年度以前分

[学術論文]

'18-110011. [原著] Transforming Growth Factor-Beta (TGF-Β) Regulates Nerve Growth Factor and Cyclooxygenase-2 Expression in Subsynovial Connective Tissue in Patients with Carpal Tunnel Syndrome. Nakawaki M1, Uchida K2, Onuma K2, Sukegawa K2, Matsumoto T3, Inoue G2, Sekiguchi H2, Takaso M2: Int Arch Orthop Surg 2018/9; DOI: 10.23937/iaos-2017/1710002. (中脇充章1, 内田健太郎2, 小沼賢治2, 助川浩士2, 松本俊英3, 井上 玄2, 関口裕之2, 高相晶士2: 1大学院医療系研究科, 2整外, 3病理)

'18-110012. [原著] Electromyographic analysis of infraspinatus and scapular muscles during external shoulder rotation with different weight loads and positions. Sasaki S, Kenmoku T1, Otera A, Miyajima G, Nagura N, Nakawaki M2, Nakazawa T1, Takaso M1, Fukuda M3, Takahira N3: J Orthop Sci 2019/1; 24 (1): 75-80. (見目智紀1, 中脇充章2, 中澤俊之1, 高相晶士1, 福田倫也3, 高平尚伸3: 1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部)

'18-110013. [原著] Surgical outcomes of spinal fusion for osteoporotic thoracolumbar vertebral fractures in patients with Parkinson's disease: what is the impact of Parkinson's disease on surgical outcome? Watanabe K, Katsumi K, Ohashi M, Shibuya Y, Izumi T, Hirano T, Endo N, Kaito T, Yamashita T, Fujiwara H, Nagamoto Y, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Terai H, Tamai K, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Yoshii T, Ushio S, Harimaya K, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Doi T, Kimura A, Inoue H, Inoue G1, Miyagi M1, Saito W1, Nakano A, Sakai D, Nukaga T, Ikegami S, Shimizu M, Futatsugi T, Ohtori S, Furuya T, Orita S, Imagama S, Ando K, Kobayashi K, Kiyasu K, Murakami H, Yoshioka K, Seki S, Hongo M, Kakutani K, Yurube T, Aoki Y, Oshima M, Takahata M, Iwata A, Endo H, Abe T, Tsukanishi T, Nakanishi K, Watanabe K, Hikata T, Suzuki S, Isogai N, Okada E, Funao H, Ueda S, Shiono Y, Nojiri K, Hosogane N, Ishii K: BMC Musculoskelet Disord 2019/3; 20 (1): 103. (井上 玄1, 宮城正行1, 齋藤 亘1: 1整外)

'18-110014. [原著] Surgical Treatment of Osteoporotic Vertebral Fracture with Neurological Deficit-A Nationwide Multicenter Study in Japan. Hosogane N, Nojiri K, Suzuki S, Funao H, Okada E, Isogai N, Ueda S, Hikata T, Shiono Y, Watanabe K, Watanabe K, Kaito T, Yamashita T, Fujiwara H, Nagamoto Y, Terai H, Tamai K, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Ohtori S, Orita S, Furuya T, Yoshii T, Ushio S, Inoue G1, Miyagi M1, Saito W1, Imagama S, Ando K, Sakai D, Nukaga T, Kiyasu K, Kimura A, Inoue H, Nakano A, Harimaya K, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Doi T, Ikegami S, Shimizu M, Futatsugi T, Kakutani K, Yurube T, Oshima M, Uei H, Aoki Y, Takahata M, Iwata A, Seki S, Murakami H, Yoshioka K, Endo H, Hongo M, Nakanishi K, Abe T, Tsukanishi T, Ishii K: Spine Surg Relat Res 2019/3; 3 (4): 3617. (井上 玄1, 宮城正行1, 齋藤 亘1: 1整外)

'18-110015. [原著] Increase in mast cell marker expression in the synovium of obese patients with osteoarthritis of the knee. Uchida K1, Takano S1, Inoue G1, Iwase D1, Aikawa J1, Takata K2, Tazawa R2, Kawakubo A2, Sekiguchi H1, Takaso M1: Diabetes Metab Syndr Obes 2019/3; 12: 377-82. (内田健太郎1, 高野昇太郎1, 井上 玄1, 岩瀬 大1, 相川 淳1, 高田 研2, 田澤 諒2, 川久保歩2, 関口裕之1, 高相晶士1: 1整外, 2大学院医療系研究科)

'18-110016. [原著] Surgical Treatment of Osteoporotic Vertebral Fracture with Neurological Deficit-A Nationwide Multicenter Study in Japan. Hosogane N, Nojiri K, Suzuki S, Funao H, Okada E, Isogai N, Ueda S, Hikata T1,2, Shiono Y, Watanabe K, Watanabe K, Kaito T, Yamashita T, Fujiwara H, Nagamoto Y, Terai H, Tamai K, Matsuoka Y, Suzuki H, Nishimura H, Tagami A, Yamada S, Adachi S, Ohtori S, Orita S, Furuya T, Yoshii T, Ushio S, Inoue G2, Miyagi M2, Saito W2, Imagama S, Ando K, Sakai D, Nukaga T, Kiyasu K, Kimura A, Inoue H, Nakano A, Harimaya K, Kawaguchi K, Yokoyama N, Oishi H, Doi T, Ikegami S, Shimizu M, Futatsugi T, Kakutani K, Yurube T, Oshima M, Uei H, Aoki Y, Takahata M, Iwata A, Seki S, Murakami H, Yoshioka K, Endo H, Hongo M, Nakanishi K, Abe T, Tsukanishi T, Ishii K: Spine Surg Relat Res 2019/3; 3 (4): 361-7. (日方智宏1,2, 井上 玄2, 宮城正行2, 齋藤 亘2: 1北里大学北里研究所病院, 2整外)

'18-120002. [原著] ステロイド性骨粗鬆症患者の腰痛と筋肉量の特徴. 田島秀一郎1, 宮城正行1, 村田幸佑2, 井上 翔1, 小山智久2, 川久保歩2, 植草由伊1, 斎藤広樹1, 土屋真穂, 三村悠佑1, 横関雄司2, 米田昌弘1, 藤巻寿子, 内田健太郎1, 稲毛一秀, 大鳥精司, 井上 玄1, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科): 神奈川整形災害外科研究会雑誌 2018/; 31 (4): 103-6.

'18-522007. [講座]【特集: 人工肩関節置換術update】Grammont型RSA (reverse shoulder arthroplasty) の総括: 達成できたこと, できなかったこと. 見目智紀 (整外): Monthly Book Orthopaedics 2019/3; 32 (3): 1-6.

[学会・研究会等]

H29-733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 有痛性弾発を伴った両側性橈骨粗面骨軟骨腫の1例. 目時有希恵1, 助川浩士1, 小沼賢治1, 大竹悠哉1, 黒田晃義2, 田島秀一郎1, 横関雄司2, 見目智紀1, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第58回関東整形災害外科学会 (2018/3/16), 東京.

'18-723017. [学会 (全国)] (一般講演) 超弾性材料特性を用いた手根管の単純3次元有限要素モデル作成の試み. 助川浩士1, 松浦佑介, 八田卓久, 小沼賢治1, 高相晶士1, Kai-Nan An (1整外): 第91回日本整形外科学会学術総会 (2018/5/24), 神戸.

'18-723018. [学会 (全国)] (一般講演) 同種半月板移植後の関節拘縮に対して協同的推論により良好なROM獲得に至った症例. 目黒智康, 桑原慶太, 占部 憲1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2整外): 第53回日本理学療法学術大会 (2018/7/16-12/23).

'18-723019. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節全置換術患者の術前脊柱側弯が術後腰痛・腰椎機能に与える影響. 白澤栄樹1, 井上 玄1, 宮城正行1, 齋藤 亘1, 井村貴之1, 中澤俊之1, 庄司真太郎2, 福島健介1, 内山勝文1, 高平尚伸3, 高相晶士1 (1整外, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第9回日本成人脊柱変形学会 (2019/3/2), 東京.

'18-733005. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節全置換術を施行した関節リウマチ患者における術後14日以内の自宅退院可否に影響を及ぼす要因. 内山勝文1, 福島健介1, 高相晶士1, 小沼賢治1, 高平尚伸2 (1整外, 2医療衛生学部): 第21回神奈川リウマチのリハ・ケア研究会 (2019/1/25), 横浜.

'18-733006. [学会 (全国)] (一般講演) 反転した掌側裂離骨片を伴った橈骨手根関節背側脱臼の1例. 大竹悠哉1, 助川浩士1, 小沼賢治1, 高相晶士1 (1整外): 第33回東日本手外科研究会 (2019/2/2), 新潟.

'18-733007. [学会 (全国)] (一般講演) A群β溶連菌による母指壊死性軟部組織感染症の治療経験. 大竹悠哉1, 助川浩士1, 小沼賢治1, 高相晶士1 (1整外): 第33回東日本手外科研究会 (2019/2/2), 新潟.

'18-733008. [学会 (全国)] (一般講演) 反転した掌側裂離骨片を伴った橈骨手根関節背側脱臼骨折の1例. 大竹悠哉1, 助川浩士1, 小沼賢治1, 目時有希恵1, 見目智紀1, 高相晶士1 (1整外): 第59回関東整形災害外科学会 (2019/3/22), 東京.


形成外科・美容外科学

[学術論文]

110285. [原著] An in Vitro Long-Term Study of Cryopreserved Umbilical Cord Blood-Derived Platelet-Rich Plasma Containing Growth factors-PDGF-BB, TGF-β, and VEGF. Baba K1,2, Yamazaki Y2, Sone Y3, Sugimoto Y2, Moriyama K2, Sugimoto T2, Kumazawa K2,4, Shimakura Y2,5, Takeda A2: J Craniomaxillofac Surg 2019/4; 47 (4): 668-75. (馬場香子1,2, 山崎安晴2, 曽根由美子3, 杉本佳香2, 森山和の2, 杉本孝之2, 熊澤憲一2,4, 島倉康人2,5, 武田 啓2: 1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外, 3病態・診療系, 4救命, 5北里大学北里研究所病院)

110286. [原著] Long term(10-year) efficacy of finasteride in 523 Japanese men with androgenic alopecia. Yanagisawa M, Fujimaki H, Takeda A1, Nemoto M1, Sugimoto T1, Sato A: Clin Res Trials 2019/10; 5 (5): 1-5. (武田 啓1, 根本 充1, 杉本孝之1: 1形成・美外)

110287. [原著] Differences in pluripotency of jawbone- and iliac bone-derived mesenchymal cells. Moriyama K1, Yamazaki Y1, Sugimoto Y1, Sugimoto T1, Kumazawa K1, Baba K1,2, Sone Y3, Takeda A1: Kitasato Med J 2020/3; 50 (1) :18-26. (森山和の1, 山崎安晴1, 杉本佳香1, 杉本孝之1, 馬場香子1,2, 曽根由美子3, 武田 啓1: 1形成・美外, 2北里大学メディカルセンター, 3病態・診療系)

120020. [原著] 当科における入院での腫瘍摘出術53例の検討. 渡邊亜希子, 馬場香子1 (1形成・美外): 日本職業・災害医学会誌 2019/6; 67 (3): 217-23.

120021. [原著] 当科における周期的持続灌流併用局所陰圧閉鎖療法 (Negative Pressure Wound Therapy with Instillation and Dwelling: NPWTid) の検討. 馬場香子1,2, 金子友紀2, 柏木慎也2 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 日本職業災害医学会誌 2020; 68: 56-62.

310036. [症例報告] Extensive tenosynovial chondromatosis of the wrist: a case report Shimomura M1, Nemoto M1, Moriyama K1, Kounoike N1, Takeda A1: Kitasato Med J 2020/3; 50 (1): 100-4. (下村実貴子1, 根本 充1, 森山和の1, 鴻池奈津子1, 武田 啓1: 1形成・美外)

522074. [講座] 通常の治療では難治である創傷に対する新たな治療法−局所陰圧閉鎖療法について−. 馬場香子1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 北足立郡医師会会報 2019; 306号: 19-22.

540045. [その他 (研究報告書)]【文部科学省科学研究費 基盤研究 (C): 新たな唇顎口蓋裂治療戦略の開発に向けた臍帯・臍帯血と手術余剰組織による組織再生 (研究期間: 2016〜2019)】2018年実施状況報告書. 研究代表者: 馬場香子1,2, 研究分担者: 山崎安晴2, 武田 啓2, 杉本孝之2, 熊澤憲一2,3 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外, 3救命):【文部科学省科学研究費 基盤研究 (C): 新たな唇顎口蓋裂治療戦略の開発に向けた臍帯・臍帯血と手術余剰組織による組織再生】2018年度実施状況報告書 2019/12; https://kaken.nii.ac.jp/report/KAKENHI-PROJECT-16K11376/16K113762018hokoku/.

[学会・研究会等]

722113. [学会 (全国)] (招待講演等) 術後肺動脈血栓塞栓症の経験−周術期静脈血栓塞栓症予防対策の現状−. 根本 充1, 柏木慎也1, 熊澤憲一2, 森山和の1, 下村実貴子1, 岩川さおり1, 田口成美1, 武田 啓1 (1形成・美外, 2救命): 第62回日本形成外科学会総会・学術集会 (2019/5/15), 札幌.

723529. [学会 (全国)] (一般講演) 母指多指症手術における第1指間形成術の検討. 根本 充1, 熊澤憲一2, 下村実貴子1, 田口成美1, 柏木慎也1, 武田 啓1 (1形成・美外, 2救命): 第62回日本手外科学会学術集会 (2019/4/18), 札幌.

723530. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における持続灌流併用局所陰圧閉鎖療法 (NPWT with Instillation and Dwelling) の検討. 馬場香子1,2, 柏木慎也2, 根本 充2, 石黒匡史, 武田 啓2 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 第62回日本形成外科学会総会・学術集会 (2019/5/15-17), 札幌.

723531. [学会 (全国)] (一般講演) 熱傷の経過中に非閉塞性腸管虚血症を合併した3症例. 根本 充1, 熊澤憲一2, 柏木慎也1, 和唐純平1, 秋本峰克1, 武田 啓1, 丸橋孝昭2, 片岡祐一2, 浅利 靖2 (1形成・美外, 2救命): 第45回日本熱傷学会総会学術集会 (2019/5/24), 北九州.

723532. [学会 (全国)] (一般講演) 予防的なリハビリテーションプログラムや動作指導を取り入れた乳がん皮弁形成術後患者の一例. 進藤里菜, 田沼志保, 薄木健吾, 上田宏明, 堀川正代, w原慶太, 馬場香子1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 第4回日本がんサポーティブケア学会学術集会 (2019/9/6-7), 青森.

723533. [学会 (全国)] (一般講演) 機能改善を目的とした眼瞼下垂手術症例の検討. 馬場香子1,2, 金子友紀2, 柏木慎也2, 武田 啓2 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 第67回日本職業・災害医学会学術大会 (2019/11/9-10), 東京.

723534. [学会 (全国)] (一般講演) 尿膜管遺残症の病理組織学的検討. 馬場香子1,2, 金子友紀2, 兵頭徹也, 根本 充2, 石黒匡史, 武田 啓2 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 第28回日本形成外科学会基礎学術集会 (2019/11/14-15), 仙台.

723535. [学会 (全国)] (一般講演) 長期凍結保存した骨由来間葉系細胞の分化能・増殖能の検討−20年, 15年, 10年, 5年, 1年の保存検体を比較して−. 杉本佳香1, 山崎安晴1, 森山和の1, 杉本孝之1, 熊澤憲一1,2, 馬場香子1,3, 曽根由美子4, 武田 啓1 (1形成・美外, 2救命, 3北里大学メディカルセンター, 4病態・診療系): 第28回日本形成外科学会基礎学術集会 (2019/11/14-15), 仙台.

723536. [学会 (全国)] (一般講演) 指尖部切断の現状からみた治療方法の検討. 根本 充1, 熊澤憲一2, 柏木慎也1, 岩川さおり1, 和唐純平1, 武田 啓1, 浅利 靖2 (1形成・美外, 2救命): 第46回日本マイクロサージャリー学会学術集会 (2019/11/28), 新宿.

732041. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 形成外科医が伝えたい創傷のお話し〜形成外科のご紹介から最近のトピックまで〜. 馬場香子1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 桶川北本伊奈地区医師会学術講演会 (2019/10/25), 埼玉.

733179. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 重症熱傷に壊疽性胆N炎を合併した1例. 根本 充1, 宮本曜圭1, 熊澤憲一2, 新美裕太3, 岩川さおり1, 柏木慎也1, 武田 啓1 (1形成・美外, 2救命, 3精神): 第27回新宿熱傷フォーラム (2019/8/30), 新宿.

733180. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 高齢者に行った尿膜管遺残摘出・臍形成術の1例. 金子友紀1, 馬場香子1,2, 根本 充1, 武田 啓1 (1形成・美外, 2北里大学メディカルセンター): 第22回北里形成外科フォーラム (2019/10/14), 相模原.

733181. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学メディカルセンター形成外科における眼瞼下垂症手術症例の検討. 大隈彩加1, 馬場香子1,2 (1形成・美外, 2北里大学メディカルセンター): 第31回北足立郡地医師会医学会 (2019/10/19), 北本.

733182. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 液化天然ガスによる広範囲熱傷の治療経験. 根本 充1, 熊澤憲一2, 和唐純平1, 新美裕太3, 岩川さおり1, 武田 啓1 (1形成・美外, 2救命, 3精神): 第28回日本熱傷学会関東地方会 (2020/1/25), 東京.

'18年度以前分

[学術論文]

H27-120001. [原著] 上下眼瞼の機能改善を目的とした手術52症例の検討. 馬場香子1,2, 石黒匡史, 青柳和也 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 埼玉県医学会雑誌 2015; 50: 53-60.

H27-120002. [原著] 辛夷清肺湯と小青竜湯の内服を用いた鼻骨骨折整復術後管理の工夫. 馬場香子1,2, 石黒匡史 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 日本職業・災害医学会雑誌 2015; 63 (2): 68-72.

H28-120001. [原著] 尿膜管遺残症28例の検討. 馬場香子1,2, 石黒匡史, 青柳和也 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 埼玉県医学会雑誌 2016; 51: 263-8.

H29-120001. [原著] 当科における局所陰圧閉鎖療法; Negative Pressure Wound Therapy (NPWT) 107例の検討. 馬場香子1,2, 石黒匡史 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 日本職業・災害医学会誌 2017; 65 (2): 89-95.

H29-540001. [その他 (研究報告書)]【文部科学省科学研究費 基盤研究 (C): 新たな唇顎口蓋裂治療戦略の開発に向けた臍帯・臍帯血と手術余剰組織による組織再生 (研究期間: 2016〜2019)】2016年実施状況報告書. 研究代表者: 馬場香子1,2, 研究分担者: 山崎安晴2, 武田 啓2, 杉本孝之2, 熊澤憲一2,3 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外, 3救命):【文部科学省科学研究費 基盤研究 (C): 新たな唇顎口蓋裂治療戦略の開発に向けた臍帯・臍帯血と手術余剰組織による組織再生】2016年度実施状況報告書 2018/1; https://kaken.nii.ac.jp/report/KAKENHI-PROJECT-16K11376/16K113762016hokoku/.

'18-120003. [原著] 当科における入院での腫瘍摘出術53例の検討. 渡邊亜希子, 馬場香子1,2, 石黒匡史 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 日本職業・災害医学会誌 2019; 67 (3): 217-23.

'18-540005. [その他 (研究報告書)]【文部科学省科学研究費 基盤研究 (C): 新たな唇顎口蓋裂治療戦略の開発に向けた臍帯・臍帯血と手術余剰組織による組織再生 (研究期間: 2016〜2019)】2017年実施状況報告書. 研究代表者: 馬場香子1,2, 研究分担者: 山崎安晴2, 武田 啓2, 杉本孝之2, 熊澤憲一2,3 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外, 3救命):【文部科学省科学研究費 基盤研究 (C): 新たな唇顎口蓋裂治療戦略の開発に向けた臍帯・臍帯血と手術余剰組織による組織再生】2017年度実施状況報告書 2018/12; https://kaken.nii.ac.jp/report/KAKENHI-PROJECT-16K11376/16K113762017hokoku/.

[学会・研究会等]

H26-723001. [学会 (全国)] (一般講演)ワルファリン作用増強が関与した高齢者Blue toe症候群の1例. 馬場香子1,2, 石黒匡史 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 第57回日本形成外科学会総会・学術集会 (2014/4/9-11), 長崎.

H26-723002. [学会 (全国)] (一般講演) 凍結保存後臍帯由来間葉系細胞の検討. 馬場香子1,2, 熊澤憲一2,3, 杉本孝之2, 曽根由美子4, 山崎安晴2, 武田 啓2 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外, 3救命, 4病態・診療系): 第14回日本再生医療学会総会 (2015/3/19-21), 横浜.

H26-733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 上下眼瞼の機能改善を目的とした手術52症例の検討. 馬場香子1,2, 石黒匡史 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 第52回埼玉県医学会総会 (2015/2/22), 浦和.

H27-723001. [学会 (全国)] (一般講演) 涙腺腫大により診断されたIgG4関連ミクリッツ病の1例. 馬場香子1,2, 石黒匡史, 青柳和也 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 第58回日本形成外科学会総会・学術集会 (2015/4/8-10), 京都.

H27-723002. [学会 (全国)] (一般講演) 凍結保存後臍帯由来間葉系細胞の安全性の検討. 馬場香子1,2, 熊澤憲一2,3, 杉本孝之2, 曽根由美子4, 山崎安晴2, 武田 啓2 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外, 3救命, 4病態・診療系): 第24回日本形成外科学会基礎学術集会 (2015/10/8-9), 盛岡.

H27-723003. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における局所陰圧閉鎖療法; Negative Pressure Wound Therapy (NPWT) 各種デバイスの使用経験. 馬場香子1,2, 石黒匡史 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 第63回日本職業・災害医学会学術大会(2015/11/22-23), 旗の台.

H27-733001. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 尿膜管遺残症28例の検討. 馬場香子1,2, 石黒匡史・青柳和也 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 第53回埼玉県医学会総会 (2016/2/28), 埼玉.

H28-723001. [学会 (全国)] (一般講演) 尿膜管遺残症24例の検討. 馬場香子1,2, 石黒匡史, 青柳和也 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 第59回日本形成外科学会総会・学術集会 (2016/4/13-15), 福岡.

H28-723002. [学会 (全国)] (一般講演) 凍結保存後臍帯由来間葉系細胞の骨形成能と安全性 (第2報). 馬場香子1,2, 山崎安晴2, 曽根由美子3, 熊澤憲一2,4, 杉本孝之2, 石黒匡史, 武田 啓2 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外, 3病態・診療系, 4救命): 第25回日本形成外科学会基礎学術集会 (2016/9/15-16), 大阪.

H29-723002. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における腫瘍摘出術入院症例53例の検討. 馬場香子1,2, 石黒匡史, 青柳和也, 守谷亜希子 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 第60回日本形成外科学会総会・学術集会 (2017/4/12-14), 大阪.

H29-723003. [学会 (全国)] (一般講演) 臍帯由来間葉系細胞の共培養における組織形成. 馬場香子1,2, 山崎安晴2, 曽根由美子3, 杉本孝之2, 熊澤憲一2,4, 杉本佳香2, 森山和の2, 武田 啓2 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外, 3病態・診療系, 4救命): 第26回日本形成外科学会基礎学術集会 (2017/10/19-20), 大阪.

H29-723004. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における腫瘍摘出術入院症例96例の検討. 守谷亜希子, 馬場香子1,2, 石黒匡史, 青柳和也 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 第65回日本職業・災害医学会学術大会 (2017/11/25-26), 小倉.

'18-732001. [学会 (地方会・研究会)] (市民公開講座) 形成外科をご存知ですか?−形成外科のまぶたの治療−. 馬場香子1,2 (1北里大学メディカルセンター, 2形成・美外): 北里大学メディカルセンター市民講座 (2018/7/11), 埼玉.


皮膚科学

[学術論文]

110288. [原著] A potential significance of circ_0024169 down regulation in angiosarcoma tissue. Nakashima S, Jinnin M, Ide M, Kajihara I, Igata T, Harada M, Masuguchi S, Fukushima S, Masuzawa M, Masuzawa M1, Amoh Y1, Ihn H: Intractable Rare Dis Res. 2019/5; 8 (2): 129?33. (増澤真実子1, 天羽康之1: 1皮膚)

110289. [原著] Hair-follicle-associated pluripotent stem cells derived from cryopreserved intact human hair follicles sustain multilineage differentiation potential. Obara K1, Tohgi N1, Mii S1, Hamada Y2, Arakawa N2, Aki R1, Singh SR, Hoffman R, Amoh Y1: Sci Rep 2019/7; 9: 9326. (小原宏哉1, 東儀那津子1, 三井純雪1, 浜田祐子2, 荒川伸子2, 安藝良一1, 天羽康之1: 1皮膚, 2病態・診療系)

110290. [原著] Expression of anti-aging type-XVII collagen (COL17A1/BP180) in hair follicle-associated pluripotent (HAP) stem cells during differentiation. Shirai K1, Obara K1, Tohgi N1, Yamazaki A, Aki R1, Hamada Y2, Arakawa N, Singh SR, Hoffman RM, Amoh Y1: Tissue Cell. 2019/8; 59: 33-8. (白井京美1, 小原宏哉1, 東儀那津子1, 安藝良一1, 浜田祐子2, 天羽康之1: 1皮膚, 2病態・診療系)

110291. [原著] Invasion of human microvascular endothelial cells by Mycobacterium leprae through Mce1A protein. Idris I, Abdurrahman AH, Fatulrachman, Aftitah VB, Fadlitha VB, Sato N1, Fujimura T1, Takimoto H: J Dermatol 2019/10; 46 (10): 853-8. (佐藤直哉1, 藤村響男1: 1皮膚)

320028. [症例報告] 潰瘍を呈した無色素性基底細胞癌の1例. 内海友理1, 上田喬士1, 白井京美1 (1皮膚): 臨床皮膚科 2019/4; 73 (4): 331-5.

320029. [症例報告] N胞状リンパ節転移を伴った爪床のpigmented epithelioid melanocytoma. 東儀那津子1, 増澤真実子1, 鴻池奈津子1, 天羽康之1 (1皮膚): 皮膚病診療 2019/9; 41 (9): 873-6.

320030. [症例報告] 肛囲潰瘍から診断に至ったメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例. 池村澄枝1, 増澤真実子1, 村松 匠2, 翁 祖誠3, 天羽康之1 (1皮膚, 2大学院医療系研究科, 3血液内): Skin Cancer 2020/2; 34 (3): 215-8.

320031. [症例報告] 複数の融合点をもつCOL1A1-PDGFB融合遺伝子が検出された巨大な隆起性皮膚線維肉腫の1例. 春木彩見1, 増澤真実子1, 浜田祐子2, 三井純雪1, 岩川さおり3, 柏木慎也3, 天羽康之1 (1皮膚, 2病態・診療系, 3形成・美外): Skin Cancer 2020/2; 34 (3): 238-42.

540046. [その他 (学会抄録)]【日本皮膚科学会東京地方会第883回例会】アプレミラストが奏効した乾癬性関節炎の1例. 飼沼実優1, 増澤真実子1, 安藝良一1, 天羽康之1, 村松 匠2, 浅谷雅文 (1皮膚, 2膠原病・感染内): 日本皮膚科学会雑誌 2019/5; 129 (6): 1355-6.

[学会・研究会等]

713117. [学会 (国際)] (一般講演) FUnctional recovery of spinal cord injury promoted with hair-follicle-associated pluripotent (HAP) stem cells captured on polyvinylidence fluoride membranes (PFM). Obara K1, Tohgi N1, Shirai K1, Mii S1, Hamada Y2, Arakawa N, Aki R1, Hoffman RM, Amoh Y1: 11th World Congress for Hair Research (WCHR 2019) (2019/4/24-27), Barcelona, Spain. (小原宏哉1, 東儀那津子1, 白井京美1, 三井純雪1, 浜田祐子2, 安藝良一1, 天羽康之1: 1皮膚, 2病態・診療系)

713118. [学会 (国際)] (一般講演) Lymphangiosarcoma as the distinguishable variant of angiosarcoma. Masuzawa M1, Tohgi N1, Hamada Y2, Mori M, Ishii M, Amoh Y1: 24th World Congress of Dermatology (2019/6/10), milano, Italy. (増澤真実子1, 東儀那津子1, 浜田祐子2, 天羽康之1: 1皮膚, 2病態・診療系)

713119. [学会 (国際)] (一般講演) Foreign body granuloma and temporal arterial stenosis secondary to gold thread facelift and facial injection of polyacrylamide hydrogel. Tohgi N1, Masuzawa M1, Amoh Y1: 24th World Congress of Dermatology (2019/6/10), milano, Italy. (東儀那津子1, 増澤真実子1, 天羽康之1: 1皮膚)

723537. [学会 (全国)] (一般講演) エリブリンが奏効したリンパ形質細胞性リンパ腫合併のNon-AIDS Associated Kaposi肉腫. 増澤真実子1, 山下和也2, 早田 格3, 堀米祐一4, 天羽康之1 (1皮膚, 2病理部, 3放射線 (腫瘍), 4血液内): 第35回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 (2019/5/24), 神戸, 第35回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会抄録集 2019/5; p.146.

723538. [学会 (全国)] (一般講演) 複数の融合点をもつCOL1A1-PDGFB融合遺伝子が検出された巨大な隆起性皮膚線維肉腫の1例. 長谷川彩見1, 増澤真実子1, 浜田祐子2, 三井純雪1, 岩川さおり3, 柏木慎也3, 天羽康之1 (1皮膚, 2病態・診療系, 3形成・美外): 第35回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 (2019/5/25), 神戸.

723539. [学会 (全国)] (一般講演) 肛囲潰瘍から診断に至ったメトトレキサート関連リンパ増殖性疾患の1例. 池村澄枝1, 増澤真実子1, 村松 匠2, 翁 祖誠3, 天羽康之1 (1皮膚, 2大学院医療系研究科, 3血液内): 第35回日本皮膚悪性腫瘍学会学術大会 (2019/5/25), 神戸.

723540. [学会 (全国)] (一般講演) 多形滲出性紅斑の臨床を呈した金属アレルギーによる全身性接触皮膚炎の2例. 小原宏哉1, 増澤真実子1, 中村美夏, 天羽康之1 (1皮膚): 第118回日本皮膚科学会総会 (2019/6/6), 名古屋.

723541. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) IgG4関連疾患の発症に先行して生じた顔面の紅斑の1例. 上田喬士1, 桂 友理1, 松村剛一, 毛塚由美子2, 佐藤雄一郎, 加藤生真, 佐々木祐幸, 白井京美1 (1皮膚, 2東病院看護部): 第118回日本皮膚科学会総会 (2019/6/6), 名古屋.

723542. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 術後8年で多発遠隔転移を認めた腰部原発悪性血管周皮腫の1例. 金淵優樹1, 増澤真実子1, 大久保志ずか1, 白井京美1, 天羽康之1, 下村昭彦 (1皮膚): 第118回日本皮膚科学会総会 (2019/6/6), 名古屋.

733183. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 水疱性類天疱瘡に対してアザチオプリンを使用中に再生不良性貧血を来した1例. 飼沼実優1, 天野典子1, 高岡奈那子1, 小原宏哉1, 白井京美1, 天羽康之1, 田寺範行2 (1皮膚, 2血液内): 第884回日本皮膚科学会東京地方会 (2019/5/8), 神奈川.

733184. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) びまん性脱毛を伴ったVogt-小柳-原田病の1例. 金山まりか1, 佐々木梓1, 増澤真実子1, 安藝良一1, 天羽康之1, 高橋正英2 (1皮膚, 2眼科): 第885回日本皮膚科学会東京地方会合同臨床地方会 (2019/7/20), 東京.

733185. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 治療に難渋した小児尖圭コンジローマの1例. 皆川大輔1, 小原宏哉1, 白井京美1, 天羽康之1, 中畑弥生 (1皮膚): 第886回日本皮膚科学会東京地方会 (2019/10/19), 神奈川.

733186. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 著明な肝機能障害を生じたサラゾスルファピリジンによる薬剤性過敏症症候群の1例. 飼沼実優1, 高岡奈那子1, 白井京美1, 天羽康之1, 魚嶋晴紀2 (1皮膚, 2消化器内): 第887回日本皮膚科学会東京地方会 (2019/12/14), 神奈川.

733187. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 頭部血管肉腫肺転移へのパゾパニブ投与により重篤な血小板低下をきたした一例. 小山美穂1, 増澤真実子1, 高岡奈那子1, 白井京美1, 翁 祖誠2, 天羽康之1 (1皮膚, 2血液内): 第889回日本皮膚科学会東京地方会 (2020/2/15), 神奈川.

'18年度以前分

[学術論文]

'18-110017. [原著] Hypoxia accelerates the progression of angiosarcoma through the regulation of angiosarcoma cells and tumor microenvironment. Maeda-Otsuka S, Kajihara I, Tasaki Y, Yamada-Kanazawa S, Sakamoto R, Sawamura S, Masuzawa M1, Masuzawa M, Amoh Y1, Hoshina D, Abe R, Komohara Y, Ihn H: J Dermatol Sci 2019/2; 93 (2): 123-32. (増澤真実子1, 天羽康之1: 1皮膚)

[学会・研究会等]

'18-733009. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 膿疱性乾癬との鑑別を要した急性汎発性発疹性膿疱症の1例. 皆川大輔1, 大久保志ずか1, 白井京美1, 安藝良一1, 天羽康之1 (1皮膚): 第882回日本皮膚科学会東京地方会 (2019/1/19), 神奈川.

'18-733010. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 抗デスモグレイン1抗体, 抗デスモコリン抗体陽性増殖性天疱瘡の1例. 池村澄枝1, 大久保志ずか1, 白井京美1, 三井純雪1, 天羽康之1, 刀祢 毅, 石井文人 (1皮膚): 第882回日本皮膚科学会東京地方会 (2019/1/19), 神奈川.

'18-733011. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 皮膚直接浸潤より発見した乳癌の1例. 渋谷亮太1, 皆川大輔1, 米山寿子1, 白井京美1, 天羽康之1, 西宮洋史2 (1皮膚, 2乳腺・甲状腺外): 第883回日本皮膚科学会東京地方会 (2019/2/16), 神奈川.

'18-733012. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Bowen病に合併し, 生検後完全消退したMerkel細胞癌の1例. 佐々木梓1, 増澤真実子1, 安藝良一1, 天羽康之1 (1皮膚): 第883回日本皮膚科学会東京地方会 (2019/2/16), 神奈川.

'18-733013. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) アプレミラストが奏効した乾癬性関節炎の1例 飼沼実優1, 増澤真実子1, 安藝良一1, 天羽康之1, 村松 匠2, 浅谷雅文 (1皮膚, 2大学院医療系研究科): 第883回日本皮膚科学会東京地方会 (2019/2/16), 神奈川.

'18-733014. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 小水疱を伴うペムブロリズマブによる滲出性紅斑型薬疹の1例. 金淵優樹1, 白井京美1, 天野典子1, 小原宏哉1, 天羽康之1, 福井朋也2 (1皮膚, 2呼吸器内): 第883回日本皮膚科学会東京地方会 (2019/2/16), 神奈川.


泌尿器科学

[学術論文]

110292. [原著] Histologic variants associated with biological aggressiveness and poor prognosis in patients treated with radical cystectomy. Koguchi D1,2, Matsumoto K1, Ikeda M1,3, Taoka Y1,2, Hirayama T1, Murakami Y1, Utsunomiya T, Matsuda D, Okuno N, Irie A1,3, Iwamura M1: Jpn J Clin Oncol 2019/4; 49 (4): 373-8. (高口 大1,2, 松本和将1, 池田勝臣1,3, 田岡佳憲1,2, 平山貴博1, 村上泰清1, 入江 啓1,3, 岩村正嗣1: 1泌尿器, 2北里大学メディカルセンター, 3北里大学北里研究所病院)

110293. [原著] Tumor multifocality was associated with poor prognosisi in patients with upper urinary tract urothelial carcinoma after radical nephroureterectomy. Hirayama T1, Nomura M1, Matsumoto K1, Iwamura M1: Kitasato Med J 2019/9; 49 (2): 113-8. (平山貴博1, 野村 恵1, 松本和将1, 岩村正嗣1: 1泌尿器)

110294. [原著] Outcome of third-line sunitinib after sequential therapy with cytokines and sorafenib in metastatic renal cell carcinoma. Fujita T1, Hirayama T1, Nishi M1, Matsumoto K1, Yoshida K1,2, Iwamura M1: Mol Clin Oncol 2019/11; 11 (5): 505-10. (藤田哲夫1, 平山貴博1, 西 盛宏1, 松本和将1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1: 1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療)

110295. [原著] Incidence and survival outcomes in patients with upper urinary tract urothelial carcinoma diagnosed with variant histology and treated with nephroureterectomy. Zamboni S1, Foerster B1, Abufaraj M1, Seisen T1, Roupret M1, Colin P1, la Taille AD1, Bona CD1, Peyronnet B1, Bensalah K1, Herout R1, Wirth MP1, Novotny V1, Soria F1, Chlosta P1, Antonelli A1, Simeone C1, Baumeister P1, Mattei A1, Montorsi F1, Simone G1, Gallucci M1, Matsumoto K1,2, Karakiewicz PI1, Briganti A1, Xylinas E1, Shariat SF1, Marco Moschini M1 (1Upper Tract Urothelial Carcinoma Collaboration Group; European Association of Urology - Young Academic Urologists (EAU-YAU), Urothelial carcinoma working group): BJU Int 2019/11; 124 (5): 738-45. (松本和将1,2: 2泌尿器)

110296. [原著] Impact of histologic variants on the oncological outcomes of patients with upper urinary tract cancers treated with radical surgery: a multi-institutional retrospective study. Murakami Y1, Matsumoto K1, Ikeda M1, Hirayama T1, Utsunomiya T, Koguchi D1, Matsuda D, Okuno N, Taoka Y1, Irie A1,2, Iwamura M1: Int J Clin Oncol 2019/11; 24 (11): 1412-8. (村上泰清1, 松本和将1, 池田勝臣1, 平山貴博1, 高口 大1, 田岡佳憲1, 入江 啓1,2, 岩村正嗣1: 1泌尿器, 2北里大学北里研究所病院)

110297. [原著] Peri-operative efficacy and long-term survival benefit of robotic-assisted radical cystectomy in septuagenarian patients compared with younger patients: a nationwide multi-institutional study in Japan. Iwamoto H, Morizane S, Koie T, Shiroki R, Kawakita M, Gondo T, Matumoto K1, Habuchi T, Sunada H, Endo Y, Noma H, Takenaka A, Kanayama H: Int J Clin Oncol 2019/12; 24 (12): 1588-95. (松本和将1: 1泌尿器)

110298. [原著] Pembrolizumab for Treatment-Refractory Metastatic Castration-Resistant Prostate Cancer: Multicohort, Open-Label Phase II KEYNOTE-199 Study. Antonarakis ES, Piulats JP, Gross-Goupil M, Goh J, Ojamaa K, Hoimes CJ, Vaishampayan U, Berger R, Sezer A, Alanko T, de Wit R, Li C, Omlin A, Procopio G, Fukasawa S, Tabata K1, Park SH, Feyerabend S, Drake CG, Wu H, Qiu P, Kim J, Poehlein C, Sebastian de Bono JS: J Clin Oncol 2020/2; 38 (5): 395-405. (田畑健一1: 1泌尿器)

320032. [症例報告] 皮膚筋炎様症状を契機に診断された尿管癌の1例. 野村 恵1, 平山貴博1, 坂田裕介1, 綿貫 翔1, 天野統之2, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2大学院医療系研究科): 泌尿器科紀要 2019/11; 65 (11): 459-62.

320033. [症例報告] Human immunodeficiency virus (HIV) 感染, human papilloma virus (HPV) 感染を合併した膀胱癌の一例. 野村 恵1, 平山貴博1, 坂田裕介1, 師尾繁孝1, 綿貫 翔1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 北里医学 2019/12; 49 (2): 99-101.

320034. [症例報告] 腹腔鏡下副腎摘除術にて摘除しえた後腹膜成熟奇形腫の1例. 平野修平1, 藤田哲夫1, 野村 恵1, 望月康平1, 西 盛宏1, 津村秀康1, 松本和将1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 泌尿器科紀要 2020/1; 66 (1): 5-8.

510011. [総説] Quality of life outcomes after low dose-rate brachytherapy for localized prostate cancer: Current status and future perspectives. Murakami Y1, Satoh T1, Tsumura H1, Tabata K1, Matsumoto K1, Ishiyama H2, Iwamura M1: Int J Urol 2019/12; 26 (12): 1099-105. (村上泰清1, 佐藤威文1, 津村秀康1, 田畑健一1, 松本和将1, 石山博條2, 岩村正嗣1: 1泌尿器, 2放射線科学 (放射線腫瘍学)

520011. [総説] 腎移植医から見た移植医療チーム作り〜移植医療支援室の役割〜. 吉田一成1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器): 日本移植・再生医療看護学会誌 2019/6; 14 (1): 2-9.

522075. [講座]【特集: ハイリスク前立腺癌を深掘りする その変遷とM0 CRPCの最新治療】■HNPC治療の現状と課題 HNPCに対するドセタキセルによる治療. 田畑健一 (泌尿器): 臨床泌尿器科 2019/7; 73 (8): 552-5.

522076. [講座]【特集: 腎移植の現況と残された課題】[残された課題] 腎移植における悪性腫瘍. 吉田一成1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器): 腎と透析 2019/7; 87 (1): 103-7.

522077. [講座]【特集2: 腹腔鏡手術〜初心者に何をどう教えるべきか〜】腹腔鏡下腎・副腎手術における初心者教育. 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): Japanese Journal of Endourology 2019/12; 32 (1): 25-7.

530009. [その他 (Congress abstracts)] Peritoneal dialysis catheter insertion surgery and management. Yoshida K1,2, Ishii D2: The Journal of Vascular Access 2019/5; 20 (1_suppl): 97-9. (吉田一成1,2, 石井大輔2: 1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器)

530010. [その他 (Comment)] Editorial Comment to Placement of SpaceOAR hydrogel spacer for prostate cancer patients treated with iodine-125 low-dose-rate brachytherapy. Tsumura H1: Int J Urol 2020/1; 27 (1): 66. (津村秀康1: 1泌尿器)

540047. [その他 (研究会記録)]【第11回BCG 注入療法研究会記録】BCG膀胱内注入療法の導入療法と導入維持療法の比較検討. 松本和将1, 平山貴博1, 池田勝臣1, 津村秀康1, 石井大輔1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 泌尿器外科 2019/4; 32 (4): 390-1.

[著 書]

620069. [学術書 (分担執筆)] 【腹膜透析診療指針】腹膜透析患者診療指針 腎移植術指針, p.125-7. 吉田一成1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器), 監修: 岡田一義, 編: 岡田一義, 橋本寛文, 水口 潤, 東京医学社, 東京, 2019/7発行.

[学会・研究会等]

712024. [学会 (国際)] (招待講演等) Laparoscopic Salvage Pyeloplasty. Iwamura M1: The 36th KOREA-JAPAN UROLOGICAL CONGRESS 2019 (2019/9/21), Seoul, Korea. (岩村正嗣1: 1泌尿器)

713120. [学会 (国際)] (ポスター) Important factors to prevent vascular access obstruction. Yoshida K1,2, Kuwata H, uemura K, Ishii D2, Asai T, Nakajima S, Motohashi S, Kaneda Y, Takeuchi Y3, Tabata K2, Yoshida A: 11th Congress of the Vascular Access Society 2019 (2019/4/12), Rotterdam, the Netherlands. (吉田一成1,2, 石井大輔2, 竹内康雄3, 田畑健一2: 1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器, 3腎臓内)

713121. [学会 (国際)] (一般講演) Exercise Therapy in the Early Stage After Kidney Transplantation Is Effective for Improving Physical Performance: A Prospective Cohort Study with Historical Control. Yamamoto S, Matsuzawa R, Ishii D1, Noguchi F2, Ichikawa T3, Matsunaga A3, Yoshida K1,4: 56th ERA-EDTA Congress (2019/6/14), Budapest, Hungary. (石井大輔1, 野口文乃2, 市川尊文3, 松永篤彦3, 吉田一成1,4: 1泌尿器, 2看護部, 3医療衛生学部, 4新世紀医療・先端医療)

713122. [学会 (国際)] (一般講演) EVALUATION OF JAPANESE-STYLE LOW-VOLUME ON-LINE POST-DILUTION HEMODIAFILTRATION. Sakurai K, Saito T, Hosoya H, Yamauchi F, Kurihara Y, Wakabayashi Y, Ishii D1, Yoshida K1,2, Kokubo K3: 56th ERA-EDTA Congress (2019/6/15), Budapest, Hungary. (石井大輔1, 吉田一成1,2, 小久保謙一3: 1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療, 3医療衛生学部)

713123. [学会 (国際)] (一般講演) CLINICAL BENEFITS OF ON-LINE HEMODIAFILTRATION FOR THE IMPROVEMENT OF THE QUALITY OF LIFE OF DIALYSIS PATIENTS. Sakurai K, Saito T, Yamauchi F, Hosoya H, Suzuki A, Kurihara Y, Kurosawa K, Yoshinaga M, Iwadate Y, Tanibayashi Y, Kokubo K1, Ishii D2, Yoshida K2,3, Hydo T: 56th ERA-EDTA Congress (2019/6/15), Budapest, Hungary. (小久保謙一1, 石井大輔2, 吉田一成2,3: 1医療衛生学部, 2泌尿器, 3新世紀医療・先端医療)

713124. [学会 (国際)] (一般講演) KEYNOTE-199: Updated Analysis of Pembrolizumab for Metastatic Castration-Resistant Prostate Cancer (mCRPC) Previously Treated With Docetaxel. Jeffrey C Goh, Emmanuel S Antonarakis, Marine Gross-Goupil, Ulka N Vaishampayan, Josep M Piulats, Ronald de Wit, Tuomo Alanko, Fukasawa S, Tabata K1, Susan Feyerabend, Raanan Berger, Haiyan Wu, Jeri Kim, Christian H Poehlein, Johann S deBono: ANZUP Annual Scientific Meeting 2019 (2019/7/21), Brisbane, Australia. (田畑健一1: 1泌尿器)

713125. [学会 (国際)] (ポスター) Clinical analysis of patients with PD-introduction after kidney allograft loss. Ishii D1, Shimura S1, Amano N2, Sakata Y1, Watanuki S1, Iwamura M1, Sakakibara M3, Takeuchi Y3, Yoshida K1,4: The 9th Asia Pacific Chapter Meeting of International Society for Peritoneal Dialysis (APCM-ISPD2019) (2019/9/6), Nagoya, Japan. (石井大輔1, 志村壮一朗1, 天野統之2, 坂田裕介1, 綿貫 翔1, 岩村正嗣1, 榊原麻友子3, 竹内康雄3, 吉田一成1,4: 1泌尿器, 2大学院医療系研究科, 3腎臓内, 4新世紀医療・先端医療)

713126. [学会 (国際)] (一般講演) Compared with treatment results between open surgery and laparoscopic surgery for upper tract urothelial carcinoma. Shimura S1, Matsumoto K1, Ikeda M1, Koguchi D1, Taoka Y1, Hirayama T1, Murakami Y1, Utsunomiya T, Matsuda D1, Okuno N, Irie A, Iwamura M1: The 37th World congress of Endourology (2019/10/31), Abu Dhabi, Uae. (志村壮一朗1, 松本和将1, 池田勝臣1, 高口 大1, 田岡佳憲1, 平山貴博1, 村上泰清1, 松田大介1, 岩村正嗣1: 1泌尿器)

713127. [学会 (国際)] (一般講演) Impact of membranous urethral length on the urinary continence outcomes of patients after robotic‐assisted radical prostatectomy. Murakami Y1, Tabata K1, Tsumura H1, Hirayama T1, Matsumoto K1, Iwamura M1: The 37th World congress of Endourology (2019/10/31), Abu Dhabi, UAE. (村上泰清1, 田畑健一1, 津村秀康1, 平山貴博1, 松本和将1, 岩村正嗣1: 1泌尿器)

713128. [学会 (国際)] (一般講演) 北里大学病院における保険証提示のない外国人外来受診の現状−米軍関係者と非米軍関係者との比較−. 池田成江1, 関根良介, 石井大輔1, 北島和樹1, 岩村正嗣1, 野口文乃2, 井村夕姫2, 兵藤 透, 吉田一成1,3 (1泌尿器, 2看護部, 3新世紀医療・先端医療): 4th Annual Meeting of International Society of Clinical Medicine (第4回国際臨床医学会学術集会) (2019/12/14), Fukuoka, Japan.

721019. [学会 (全国)] (特別講演) 経腹膜的到達法による腹腔鏡下副腎摘除術における技術認定審査のポイント. 岩村正嗣 (泌尿器): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/19), 名古屋.

722114. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 術後を変える痛みの管理. 谷口英喜, 藤田哲夫1 (1泌尿器): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/18), 名古屋.

722115. [学会 (全国)] (教育講演) 腎不全治療における在宅医療. 吉田一成1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器): 第1回日本在宅医療連合学会大会 (2019/7/14), 東京.

722116. [学会 (全国)] (教育プログラム) 初回治療不成功例に対する経腹膜的腹腔鏡下腎盂形成術. 西 盛宏1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2019/11/22), 京都.

722117. [学会 (全国)] (特別企画) 人工尿道括約筋植込術の現状と課題: Tips & Pitfalls 初心者でも成功させるコツは? 平山貴博1, 萩原正博1, 黒坂眞二1, 津村秀康1, 田畑健一1, 松本和将1, 入江 啓1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2北里大学北里研究所病院): 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2019/11/23), 京都.

722118. [学会 (全国)] (招待講演等) ロボット支援下腎部分切除術後に非閉塞性腸管虚血を発症した1例. 坂田裕介1, 石井大輔1, 司馬 出1, 原野貴弘1, 塩野 裕1, 綿貫 翔1, 津村秀康1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2019/11/23), 京都.

722119. [学会 (全国)] (ワークショップ) HoLEP後のロボット支援根治的前立腺全摘除への工夫. 津村秀康1, 遠藤文康, 設楽敏也, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/6), 横浜.

722120. [学会 (全国)] (招待講演等) ロボット支援腹腔鏡下膀胱全摘除術と体外回腸導管造設術. 松本和将 (泌尿器): 第32回日本内視鏡外科学会総会 (2019/12/6), 横浜.

722121. [学会 (全国)] (招待講演等) 在宅血液透析患者における運動療法の必要性と求められる実施方法について. 若井陽希, 阿部奈津美, 島村知生, 兵藤 透, 吉田一成1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器): 第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 (2020/2/22), 東京.

723543. [学会 (全国)] (一般講演) 腎細胞癌に対する腹腔鏡下根治的腎摘除術における術後疼痛管理方法の検討. 藤田哲夫1, 平山貴博1, 西 盛宏1, 津村秀康1, 石井大輔1, 松本和将1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/18), 名古屋.

723544. [学会 (全国)] (総会賞ポスター) Oligometastasesに対する前立腺癌密封小線源療法と転移照射の長期治療成績の検討. 津村秀康1, 田畑健一1, 石山博條2, 中村真利江1, 村上泰清1, 川上正悟2, 藤田哲夫1, 北野雅史, 佐藤威文, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/18), 名古屋.

723545. [学会 (全国)] (ポスター) 膀胱全摘術標本におけるTROY発現の検討. 野村 恵, 松本和将1, 清水ゆり子, 小林健太郎, 池田勝臣1, 天野統之2, 西 真由子, 梁 明秀, 長塩 亮3, 佐藤雄一3, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/18), 名古屋.

723546. [学会 (全国)] (ポスター) シスプラチン併用化学療法におけるショートハイドレーション法の検討. 川村瑞穂1, 若田部陽司1, 別所英治, 高田治子1, 奥野紀彦 (1泌尿器): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/18), 名古屋.

723547. [学会 (全国)] (ポスター) 根治的膀胱全摘術後の再発・転移症例に対する救済化学療法の検討. 池田勝臣1, 松本和将1, 平山貴博1, 高口 大1, 村上泰清1, 松田大介1, 奥野紀彦, 黄 英茂, 宇都宮拓治, 田岡佳憲1, 入江 啓1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2北里大学北里研究所病院): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/18), 名古屋.

723548. [学会 (全国)] (ポスター) 腹腔鏡下腎盂形成術後長期経過して再発した2症例. 師尾繁孝1, 西 盛宏1, 平山貴博1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/18), 名古屋.

723549. [学会 (全国)] (一般講演) de novo M1前立腺癌の予後因子; mCNPC治療の最適化を目指して. 田畑健一1, 津村秀康1, 村上泰清1, 平山貴博1, 石井大輔1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/19), 名古屋.

723550. [学会 (全国)] (一般講演) 非転移性去勢抵抗性前立腺癌 (NM-CRPC) 日本人症例に対するアパルタミドの有効性及び安全性: 国際多施設共同二重盲検ランダム化第V相試験のサブ解析. 佐藤威文, 今中啓一郎, 野口英久, 小山 亮, 津村秀康1, 新井 学, 上村博司 (1泌尿器): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/19), 名古屋.

723551. [学会 (全国)] (ポスター) ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術後尿失禁率 (Urine loss ratio, ULR) の検討. 平山貴博1, 田畑健一1, 天野統之2, 志村壮一朗1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2大学院医療系研究科): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/19), 名古屋.

723552. [学会 (全国)] (ポスター) 腹腔鏡下前立腺全摘除術からロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術の術式移行における切除断端陽性に関する検討. 高田治子1, 田畑健一1, 村上泰清1, 平山貴博1, 津村秀康1, 石井大輔1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/19), 名古屋.

723553. [学会 (全国)] (一般講演) 筋層非浸潤性膀胱癌に対するBCG膀胱内注入療法の投与方法についての検討. 松本和将1, 平山貴博1, 池田勝臣1, 津村秀康1, 石井大輔1, 西 盛宏1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/19), 名古屋.

723554. [学会 (全国)] (一般講演) 腎盂・尿管癌におけるhistologic variantと予後に関する検討. 村上泰清1, 松本和将1, 池田勝臣1, 平山貴博1, 高口 大1, 松田大介1, 田岡佳憲1, 入江 啓1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2北里大学北里研究所病院): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/19), 名古屋.

723555. [学会 (全国)] (ポスター) 急性単純性膀胱炎に対するセファクロルによる初期治療の検討. 高口 大1, 土橋正人1, 平野修平1, 池田勝臣1, 石井淳一郎 (1泌尿器): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/19), 名古屋.

723556. [学会 (全国)] (ポスター) 北里研究所病院における排尿自立指導への取り組み. 山下英之1, 萩原正博1, 小林桃子1, 高嶋力弥, 高橋裕一郎, 西村かおる, 入江 啓1,2 (1泌尿器, 2北里大学北里研究所病院): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/20), 名古屋.

723557. [学会 (全国)] (ポスター) 陰茎に限局し治療に苦慮した壊疽性膿皮症の1例. 勝又洋樹1, 立花貴史1, 南田 諭1, 田岡佳憲1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/20), 名古屋.

723558. [学会 (全国)] (一般講演) 非転移性前立腺癌におけるデノスマブ60mg皮下注の有効性と安全性の検討. 中村真利江1, 津村秀康1, 塩野 裕1, 師尾繁孝1, 志村壮一朗1, 天野統之2, 高田治子1, 村上泰清1, 平山貴博1, 田畑健一1, 佐藤威文, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2大学院医療系研究科): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/20), 名古屋.

723559. [学会 (全国)] (ポスター) 長期ホルモン療法併用放射線治療におけるbone health; ゾレドロン酸水和物 5 mg 点滴静注の初期使用経験. 志村壮一朗1, 津村秀康1, 中村真利江1, 坂田裕介1, 綿貫 翔1, 西 盛宏1, 田畑健一1, 石井大輔1, 松本和将1, 佐藤威文, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第107回日本泌尿器科学会総会 (2019/4/20), 名古屋.

723560. [学会 (全国)] (ポスター) 副腎癌と鑑別が困難であった良性副腎腫瘍の2例. 平山貴博1, 藤田哲夫1, 師尾繁孝1, 塩野 裕1, 志村壮一朗1, 津村秀康1, 石井大輔1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第31回日本内分泌外科学会総会 (2019/6/14), 東京, 日本内分泌外科学会雑誌 2019; 36 (増刊号): 156.

723561. [学会 (全国)] (ポスター) PAD早期発見のため下肢PADチェックとSPP導入1年目の結果と今後の課題. 落合里奈, 高橋浩雄, 吉田一成1,2, 高橋裕一郎 (1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器): 第64回日本透析医学会学術集会・総会 (2019/6/28), 横浜, 透析会誌 2019; 52 (Suppl 1): 665.

723562. [学会 (全国)] (ポスター) 進行性腎癌に対する分子標的薬治療後に透析導入となった1例. 石井大輔1, 坂田裕介1, 綿貫 翔1, 志村壮一朗1, 天野統之2, 藤田哲夫1, 岩村正嗣1, 吉田一成1,3 (1泌尿器, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・先端医療): 第64回日本透析医学会学術集会・総会 (2019/6/29), 横浜, 透析会誌 2019; 52 (Suppl 1): 708.

723563. [学会 (全国)] (ポスター) 医工学技術の応用による在宅血液透析診療の効率化と安全対策. 若井陽希, 阿部奈津美, 中村三彩, 海老原慧, 兵藤 透, 吉田一成1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器): 第64回日本透析医学会学術集会・総会 (2019/6/30), 横浜, 透析会誌 2019; 52 (Suppl 1): 782.

723564. [学会 (全国)] (ポスター) 透析施設における通院送迎の意義と問題点についてもう一度考える〜当院での10年間の経験をもとに〜. 若井陽希, 原田尚枝, 渡邉友子, 山中里佳, 兵藤 透, 吉田一成1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器): 第64回日本透析医学会学術集会・総会 (2019/6/30), 横浜, 透析会誌 2019; 52 (Suppl 1): 817.

723565. [学会 (全国)] (ポスター) カンボジア王国首都プノンペンにおける水質検査及び個人用RO装置試験運転についての報告. 古坐祐介, 阿部奈津美, 海老原慧, 若井陽希, 兵藤 透, 吉田一成1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器): 第64回日本透析医学会学術集会・総会 (2019/6/30), 横浜, 透析会誌 2019; 52 (Suppl 1): 831.

723566. [学会 (全国)] (ポスター) カンボジア王国各都市における水質検査の結果報告. 海老原慧, 古坐祐介, 阿部奈津美, 若井陽希, 兵藤 透, 吉田一成1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器): 第64回日本透析医学会学術集会・総会 (2019/6/30), 横浜, 透析会誌 2019; 52 (Suppl 1): 832.

723567. [学会 (全国)] (ポスター) カンボジアでのセミナー開催による現地若手医療者教育支援と修了試験結果の傾向分析. 阿部奈津美, 若井陽希, 海老原慧, 兵藤 透, 吉田一成1,2, 川西秀樹 (1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器): 第64回日本透析医学会学術集会・総会 (2019/6/30), 横浜, 透析会誌 2019; 52 (Suppl 1): 832.

723568. [学会 (全国)] (ポスター) 生体腎移植後に間質性肺炎が増悪した一例. 石井大輔1, 井田真生子2, 阿部哲也2, 志村壮一朗1, 平山貴博1, 松本和将1, 野口文乃3, 池田成江1, 岩村正嗣1, 佐々木治一郎4, 吉田一成1,5 (1泌尿器, 2腎臓内, 3看護部, 4新世紀医療・横断的医療, 5新世紀医療・先端医療): 第55回日本移植学会総会 (2019/10/11), 広島, 移植 2019; 54 (総会臨時): 302.

723569. [学会 (全国)] (ポスター) 「善意の提供」献腎移植候補の辞退回答の分析と今後の対策. 池田成江1, 石井大輔1, 北島和樹1, 志村壮一朗1, 天野統之2, 野口文乃3, 井村夕姫3, 岩村正嗣1, 吉田一成1,4 (1泌尿器, 2大学院医療系研究科, 3看護部, 4新世紀医療・先端医療): 第55回日本移植学会総会 (2019/10/12), 広島, 移植 2019; 54 (総会臨時): 328.

723570. [学会 (全国)] (ポスター) 腎尿管全摘術に伴うリンパ節郭清の有効性に関する多施設前向き研究: 中間解析. 井上高光, 阿部英行, 納谷幸男, 繁田正信, 新井 学, 菅 政治, 三田耕司, 松本和将1, 成田伸太郎, 土谷順彦, 岩村正嗣1, 岡田 弘, 釜井隆男, 羽渕友則 (1泌尿器): 第57回日本癌治療学会学術集会 (2019/10/24), 福岡.

723571. [学会 (全国)] (ポスター) 根治的膀胱全摘術後の再発・転移症例に対する救済化学療法の治療成績. 池田勝臣1, 松本和将1, 平山貴博1, 高口 大1, 村上泰清1, 松田大介1, 奥野紀彦, 宇都宮拓治, 田岡佳憲1, 入江 啓1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2北里大学北里研究所病院): 第57回日本癌治療学会学術集会 (2019/10/24), 福岡.

723572. [学会 (全国)] (一般講演) 去勢抵抗性前立腺癌症例における全生存予測ノモグラム. 米山脩子, 三好康秀, 河原崇司, 上村博司, 加藤真史, 小嶋一平, 山田浩史, 上平 修, 田畑健一1, 津村秀康1, 三枝祐輔 (1泌尿器): 第57回日本癌治療学会学術集会 (2019/10/25), 福岡.

723573. [学会 (全国)] (ポスター) 低線量率密封小線源療法のPSA再発と転移発生へ影響する因子の検討. 津村秀康1, 田畑健一1, 村上泰清1, 早川豊和, 川上正悟2, 関口茜衣2, 佐藤威文, 石山博條2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2放射線 (腫瘍)): 第57回日本癌治療学会学術集会 (2019/10/25), 福岡.

723574. [学会 (全国)] (一般講演) 診断に苦慮した膀胱paragangliomaの2例. 川村瑞穂1, 中村真利江1, 若田部陽司1, 奥野紀彦 (1泌尿器): 第73回国立病院総合医学会 (2019/11/9), 名古屋.

723575. [学会 (全国)] (総会賞ポスター) 内視鏡治療後再発に対し, 気膀胱下膀胱尿管新吻合術を施行した膀胱尿管逆流症の3例. 塩野 裕1, 西 盛宏1, 坂田裕介1, 綿貫 翔1, 平山貴博1, 石井大輔1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2019/11/21), 京都.

723576. [学会 (全国)] (一般講演) da Vinci Si, X, Xi 3機種によるロボット支援下腎部分切除の臨床的検討. 石井大輔1, 藤田哲夫1, 奥田知史1, 坂田裕介1, 綿貫 翔1, 志村壮一朗1, 西 盛宏1, 平山貴博1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2019/11/22), 京都.

723577. [学会 (全国)] (ポスター) 腹腔鏡下前立腺全摘除術, ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術におけるPSA再発の検討. 田畑健一1, 津村秀康1, 村上泰清1, 石井大輔1, 志村壮一朗1, 平野修平1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2019/11/22), 京都.

723578. [学会 (全国)] (ポスター) ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術後尿禁制におけるMRI骨盤底解剖学因子の検討. 村上泰清1, 田畑健一1, 津村秀康1, 志村壮一郎1, 天野統之2, 坂田祐介1, 綿貫 翔1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2大学院医療系研究科): 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2019/11/22), 京都.

723579. [学会 (全国)] (ポスター) 腎盂・尿管癌に対する開腹術と腹腔鏡下術における治療成績の比較検討. 志村壮一朗1, 松本和将1, 池田勝臣1, 高口 大1, 平山貴博1, 村上泰清1, 宇都宮拓治, 松田大介1, 奥野紀彦, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2019/11/22), 京都.

723580. [学会 (全国)] (ポスター) 抗血栓薬を中止すること無くHoLEPを施行した症例の臨床検討. 大山哲平1, 山口 聡, 増井則昭, 金川匡一, 徳光正行, 阿部紀之, 石田裕則, 渋谷秋彦 (1泌尿器): 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2019/11/23), 京都.

723581. [学会 (全国)] (ポスター) 成人と小児における気膀胱下膀胱尿管新吻合術の比較検討. 師尾繁孝1, 西 盛宏1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第33回日本泌尿器内視鏡学会総会 (2019/11/23), 京都.

731059. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 透析から腎移植, そして透析再導入における留意点. 吉田一成1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器): 県北地区腎不全腎移植研究会 (2019/4/23), 日立.

731060. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 当院における腎移植の取り組み. 石井大輔 (泌尿器): 第21回宮崎尿路機能研究会/第220回宮崎県泌尿器科医会〜宮崎県末期腎不全・腎移植を考える会〜 (2019/5/23), 宮崎.

731061. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 日本人におけるリスク因子からM1前立腺癌の治療戦略を考える. 田畑健一 (泌尿器): Prostate Cancer Seminar in 中越 (2019/6/21), 長岡.

731062. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) mHSPCの試験結果からM1前立腺癌の治療戦略を語らう. 田畑健一 (泌尿器): FDPC (2019/6/28), 東京.

731063. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 泌尿器科腹腔鏡手術の過去と未来−医療安全管理を見据えて−. 岩村正嗣 (泌尿器): 横須賀市泌尿器科医学学術講演会 (2019/7/1), 横須賀.

731064. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 泌尿器腹腔鏡手術の基本手技〜技術認定取得を目指して〜. 岩村正嗣 (泌尿器): 第11回福島県泌尿器手術手技研究会 (2019/7/13), 郡山.

731065. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 前立腺癌における薬物療法〜個々の病態における処方箋内容〜. 津村秀康 (泌尿器): Pharmacists study seminar in KITASATO (2019/8/7), 相模原.

731066. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 排尿トラブルについて. 平山貴博 (泌尿器): 2019年つくし会総会 (2019/10/17), 東京.

731067. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 在宅医療としての腎不全治療〜在宅透析, 腹膜透析, そして腎移植〜. 吉田一成1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2泌尿器): 第61回神奈川医学会総会・学術大会 日本医師会生涯教育講座 (2019/11/23), 横浜.

731068. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 前立腺がんの薬物療法とFNマネジメント. 田畑健一 (泌尿器): Aomori Urology Cancer Seminar (AUCS) (2020/2/6), 青森.

732042. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) がん免疫療法を最大限に生かすための治療戦略とは〜転移性尿路上皮癌に対するIO drugの使用実績の検証〜. 松本和将 (泌尿器): SEM for urothelial cancer 2019 (2019/7/9), 海老名.

732043. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 上部尿路再建. 西 盛宏1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第84回日本泌尿器科学会東部総会 (2019/10/4), 東京.

732044. [学会 (地方会・研究会)] (ディベートセッション) 開放ドレナージ術で軽快した皮下気腫を伴う気腫性腎盂腎炎の一例. 志村壮一朗1, 田畑健一1, 平山貴博1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第84回日本泌尿器科学会東部総会 (2019/10/4), 東京.

732045. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) 術前後の腎機能の変化, 腎機能を温存するための工夫. 石井大輔1, 北島和樹1, 藤田哲夫1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第84回日本泌尿器科学会東部総会 (2019/10/5), 東京.

732046. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 二次治療としての化学療法. 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第84回日本泌尿器科学会東部総会 (2019/10/5), 東京.

732047. [学会 (地方会・研究会)] (ショートレクチャー) 前立腺癌の治療のOver view. 津村秀康 (泌尿器): 第2回相模原・西湘エリアHNPC講演会 (2019/10/9), 相模原.

732048. [学会 (地方会・研究会)] (教育セミナー) 化学療法を活かす-副作用管理で効果を最大に! 田畑健一 (泌尿器): 第71回西日本泌尿器科学会総会 (2019/11/9), 松江.

732049. [学会 (地方会・研究会)] (パネリスト) nmCRPCの治療戦略について. 田畑健一 (泌尿器): 第1回Prostate Cancer SAKURA Conference (2019/11/20), 東京.

733188. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ALK陽性非小細胞肺癌治療中に複雑性腎のう胞を認めた1例. 池田勝臣1, 黄 英茂 (1泌尿器): 北里大学泌尿器科懇話会 (2019/4/6), 町田.

733189. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腹膜透析カテーテルの卵管采巻絡の1例. 勝又洋樹1, 立花貴史1, 南田 諭1, 田岡佳憲1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 北里大学泌尿器懇話会 (2019/4/6), 町田.

733190. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 診断に苦慮したパラガングリオーマの1例. 中村真利江1, 石井大輔1, 師尾繁孝1, 志村壮一朗1, 天野統之2, 平山貴博1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2大学院医療系研究科): 北里大学泌尿器懇話会 (2019/4/6), 町田.

733191. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院における夫婦間生体腎移植の臨床的検討. 北島和樹1, 石井大輔1, 坂田裕介1, 志村壮一朗1, 天野統之2, 遠藤忠雄, 岩村正嗣1, 池田成江1, 野口文乃3, 井村夕姫3, 吉田一成1,4 (1泌尿器, 2大学院医療系研究科, 3看護部, 4新世紀医療・先端医療): 第35回腎移植・血管外科研究会 (2019/5/17), 高山.

733192. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) コーディネーターとしてミャンマーとの腎移植医療に関する情報交流に携わった経験. 池田成江1, 荒川法子2, 小久保謙一3, 石井大輔1, 兵藤 透, 若井陽希, 岩村正嗣1, 吉田一成1,4 (1泌尿器, 2看護部, 3医療衛生学部, 4新世紀医療・先端医療): 第35回腎移植・血管外科研究会 (2019/5/18), 高山.

733193. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Pazopanib投与で長期成績を得た一例. 平野修平1, 藤田哲夫1, 塩野 裕1, 坂田裕介1, 天野統之2, 志村壮一朗1, 石井大輔1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2大学院医療系研究科): West Kanagawa New Generation RCC seminar (2019/5/24), 厚木.

733194. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腹腔鏡下腎盂形成術後, 開腹腎盂形成術後不成功例に対し, non-dismembered法による腹腔鏡下腎盂形成術を行った1例. 塩野 裕1, 西 盛宏1, 石井大輔1, 平山貴博1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第16回泌尿器科再建再生研究会 (2019/6/8), 横浜.

733195. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院で行っている最近の手術・手技について−enbloc TUR-BT−. 若田部陽司1, 中村真利江1, 川村瑞穂1, 奥野紀彦 (1泌尿器): 第6回さがみ泌尿器地域連携の会 (2019/6/19), 相模原.

733196. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 骨転移の管理, どうしてますか? 天野統之 (大学院医療系研究科): FDPC (2019/6/28), 東京.

733197. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腎尿管全摘後に対側腎に発生した被膜下血腫により透析導入となった左腎盂癌の一例. 司馬 出1, 北島和樹1, 奥田知史1, 原野貴弘1, 坂田裕介1, 志村壮一朗1, 田畑健一1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第96回神奈川県泌尿器科医会 (2019/7/13), 川崎.

733198. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘除術後尿禁制におけるMRIを用いた骨盤底解剖学因子の検討. 村上泰清1, 田畑健一1, 津村秀康1, 志村壮一朗1, 天野統之2, 綿貫 翔1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2大学院医療系研究科): LUTS Seminar in Kanagawa (2019/8/29), 町田.

733199. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) KI-TKI療法により長期生存が得られているmRCCの一例. 志村壮一朗1, 藤田哲夫1, 天野統之2, 平野修平1, 石井大輔1, 吉田一成1,3, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・先端医療): KANAGAWA mRCC skill up seminar (2019/9/3), 町田.

733200. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 精巣転移を来した前立腺癌の1例. 中村真利江1, 川村瑞穂1, 若田部陽司1, 奥野紀彦 (1泌尿器): 第60回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2019/9/5), 横浜.

733201. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 広範な後腹膜リンパ節転移で発症した尿管癌の一例. 原野貴弘1, 村上泰清1, 師尾繁孝1, 司馬 出1, 綿貫 翔1, 石井大輔1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 吉田一成1,2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第60回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2019/9/5), 横浜.

733202. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 重症感染症ワークアップ中にみつかった前部尿道弁の一例. 小林桃子1, 郷原絢子, 下木原航太, 山崎雄一郎, 上原健史 (1泌尿器): 第60回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2019/9/5), 横浜.

733203. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 膀胱癌におけるPD-L1発現と予後に関する検討. 村上泰清1, 松本和将1, 池田勝臣1, 平山貴博1, 藤田哲夫1, 石井大輔1, 佐藤雄一2, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2医療衛生学部): 第37回北里腫瘍フォーラム (2019/9/13), 相模原.

733204. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 体外衝撃波砕石術後の腎被膜下血腫に対して経カテーテル動脈塞栓術を施行した1例. 阿部紀之, 山口 聡, 大山哲平1, 徳光正行, 増井則昭, 石田裕則, 玉木 岳, 柿崎秀宏, 石戸谷俊太, 八巻利弘, 沖崎貴琢 (1泌尿器): 第84回日本泌尿器科学会東部総会 (2019/10/4), 東京.

733205. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) ロボット支援腹腔鏡下腎部分切除 (RAPN) 初期90例における術後患側腎機能の検討. 北島和樹1, 石井大輔1, 坂田裕介1, 原野貴弘1, 天野統之2, 志村壮一朗1, 平山貴博1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 吉田一成1,3, 岩村正嗣1 (1泌尿器, 2大学院医療系研究科, 3新世紀医療・先端医療): 第84回日本泌尿器科学会東部総会 (2019/10/4), 東京.

733206. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 前立腺癌術後の骨転移に対して転移部放射線療法が著効した一例. 奥田知史1, 田畑健一1, 司馬 出1, 原野貴弘1, 塩野 裕1, 綿貫 翔1, 坂田裕介1, 津村秀康1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第84回日本泌尿器科学会東部総会 (2019/10/4), 東京.

733207. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 去勢抵抗性前立腺癌 (CRPC) に対するカバジタキセルの予後因子の検討. 村上泰清1, 田畑健一1, 坂田裕介1, 津村秀康1, 佐藤威文, 松本和将1, 望月康平1, 黒坂眞二1, 宇都宮拓治, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第84回日本泌尿器科学会東部総会 (2019/10/5), 東京.

733208. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 膀胱全摘出後の持続勃起症にて診断された陰茎再発の一例. 坂田裕介1, 松本和将1, 平山貴博1, 高田治子1, 村上泰清1, 北島和樹1, 津村秀康1, 藤田哲夫1, 石井淳一郎, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第84回日本泌尿器科学会東部総会 (2019/10/5), 東京.

733209. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 経尿道的手術シミュレーター (Urotrainerメ) による手術手技体験. 師尾繁孝1, 平山貴博1, 綿貫 翔1, 平野修平1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第84回日本泌尿器科学会東部総会 (2019/10/5), 東京.

733210. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 診断に苦慮した膀胱Paragangliomaの2例. 中村真利江1, 奥野紀彦, 川村瑞穂1, 若田部陽司1, 平山貴博1, 石井大輔1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第84回日本泌尿器科学会東部総会 (2019/10/5), 東京.

733211. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) ハイリスクmHNPCの一例. 村上泰清1, 田畑健一1, 津村秀康1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第2回相模原・西湘エリアHNPC講演会 (2019/10/9), 相模原.

733212. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院の密封小線源療法からみたCRPC進展リスクの検討. 津村秀康 (泌尿器): 北里泌尿器科懇親会 (2019/10/19), 横浜.

733213. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 前立腺がん: 検診の意義と薬物療法の役割・副作用について. 津村秀康 (泌尿器): 相模原市内科医会・皮膚泌尿器科医会合同学術講演会 (2019/10/30), 町田.

733214. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) Rivaroxaban内服中にHoLEPを施行し術後出血で苦慮した1例. 望月康平1, 土橋正人1, 高口 大1, 坂田裕介1, 黄 英茂, 石井淳一郎 (1泌尿器): 第69回日本泌尿器科学会中部総会 (2019/10/31), 大阪.

733215. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院におけるカルニチンの使用経験. 杉田 敦 (泌尿器): Carnitine Forum in Yokohama〜透析患者の症状と治療を考える〜 (2019/11/5), 横浜.

733216. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 前立腺stromal tumor of uncertain malignant potential (STUMP) の3例. 坂田裕介1, 望月康平1, 高口 大1, 土橋正人1, 石井淳一郎 (1泌尿器): 第71回西日本泌尿器科学会総会 (2019/11/9), 島根.

733217. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腹痛を契機に発症した左後腹膜腫瘍. 司馬 出1, 北島和樹1, 奥田知史1, 原野貴弘1, 綿貫 翔1, 石井大輔1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第97回神奈川県泌尿器科医会 (2019/11/9), 横浜.

733218. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腹腔鏡下前立腺全摘術後に恥骨結合炎を生じた1例. 塩野 裕1, 田岡佳憲1, 立花貴史1, 南田 諭1 (1泌尿器): 第83回日本泌尿器科学会埼玉地方会 (2019/11/16), 埼玉.

733219. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ロボット支援下腹腔鏡下腎部分切除 (RAPN) における術後患側腎機能の検討. 小林桃子1, 石井大輔1, 北島和樹1, 綿貫 翔1, 志村壮一朗1, 田畑健一1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 岩村正嗣1, 吉田一成1,2 (1泌尿器, 2新世紀医療・先端医療): 第98回神奈川腎研究会・第35回神奈川県透析施設連絡協議会合同研究会 (2019/11/17), 横浜.

733220. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) M1前立腺癌に対する局所治療. 田畑健一 (泌尿器): 神奈川県西部urology seminar (2019/12/3), 海老名.

733221. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) de novo有転移前立腺癌に対する原発巣への放射線治療の有効性に関する検討; 多施設共同後ろ向き研究. 田畑健一1, 津村秀康1, 飯塚淳平, 橋本恭伸, 三好康秀, 上村博司, 中神義弘, 大野芳正, 矢野晶大, 川上 理 (1泌尿器): 第35回前立腺シンポジウム (2019/12/15), 東京.

733222. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 転移性前立腺癌に対する局所放射線照射の生存期間延長効果と排尿関連有害事象抑制効果の検討. 寺田直樹, 溝脇尚志, 斎藤俊弘, 横溝 晃, 公平直樹, 田畑健一1, 塩田真己, 高橋 敦, 鳥居 徹, 後藤崇之, 橋本安弘, 藤井将人, 木村高弘, 小島崇宏, 井上貴博, 杉本幹史, 西山博之, 賀本敏行 (1泌尿器): 第35回前立腺シンポジウム (2019/12/15), 東京.

733223. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 新規予後予測モデルから見たオリゴメタ前立腺癌の予後. 安井将人, 三好康秀, 河原崇司, 上村博司, 中神義弘, 大野芳正, 飯塚淳平, 橋本恭伸, 津村秀康1, 田畑健一1 (1泌尿器): 第35回前立腺シンポジウム (2019/12/15), 東京.

733224. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) SHPT治療の管理向上に向けた試み. 戸谷義幸, 稲津昭仁, 杉田 敦1, 安田 元 (1泌尿器): CKD-MBDを考える会 横浜 (2019/12/17), 横浜.

733225. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 献腎移植候補の辞退回答の分析と対策. 奥田知史 (泌尿器): 第37回神奈川・腎移植を勉強する会 (2019/12/21), 横浜.

733226. [学会 (地方会・研究会)] (ベストプレゼンテーション) 不完全重複腎盂尿管に同側同時発生した腎盂癌と腎細胞癌の1例. 原野貴弘1, 池田勝臣1, 奥田知史1, 司馬 出1, 小林桃子1, 師尾繁孝1, 藤田哲夫1, 松本和将1, 岩村正嗣1 (1泌尿器): 第61回日本泌尿器科学会神奈川地方会 (2020/2/13), 横浜.


眼科学

[学術論文]

110299. [原著] Evaluation of Pupil Fields Using a Newly Developed Perimeter in Glaucoma Patients. Totsuka K1, Asakawa K2, Ishikawa H2, Shoji N1: Curr Eye Res 2019/5; 44 (5): 527-32. (戸塚和子1, 浅川 賢2, 石川 均2, 庄司信行1: 1眼科, 2医療衛生学部)

110300. [原著] Visual Performance in Eyes Undergoing Femtosecond Laser-Assisted Keratoplasty for Advanced Keratoconus. Kamiya K1, Takahashi M2, Igarashi A2,3, Shoji N2: Sci Rep 2019/4; 9 (1): 6442 (6pages). (神谷和孝1, 高橋正英2, 五十嵐章史2,3, 庄司信行2: 1医療衛生学部, 2眼科, 3山王病院アイセンター)

110301. [原著] Repeatability of the Novel Intraocular Pressure Measurement From Corvis ST. Matsuura M1,2, Murata H1, Fujino Y1, Yanagisawa M1, Nakao Y3, Nakakura S4, Kiuchi Y1, Asaoka R1 (1The University of Tokyo, 3Hiroshima University, 4Saneikai Tsukazaki Hospital): Transl Vis Sci Technol 2019/6; 8 (3): 48 (1-8). (松浦将人1,2: 2大学院医療系研究科)

110302. [原著] Adaptation time, electroretinography, and pupillography in healthy subjects. Asakawa K1, Ito A, Kobayashi H, Iwai A, Ito C, Ishikawa H1: Doc Ophthalmol 2019/8; 139 (1): 33-44. (浅川 賢1, 石川 均1: 1医療衛生学部)

110303. [原著] Predictability of the vault after posterior chamber phakic intraocular lens implantation using anterior segment optical coherence tomography. Igarashi A1,2, Shimizu K1,2, Kato S2, Kamiya K3: J Cataract Refract Surg 2019/8; 45 (8): 1099-104. (五十嵐章史1,2, 清水公也1,2, 神谷和孝3,4: 1山王病院アイセンター, 2眼科, 3医療衛生学部)

110304. [原著] Challenges to detect glaucomatous visual field loss with pupil perimetry. Asakawa K1, Shoji N2: Clin Ophthalmol 2019/8; 13: 1621-5. (浅川 賢1, 庄司信行2: 1医療衛生学部, 2眼科)

110305. [原著] Piggyback implantable collamer lens implantation for the correction of residual refractive errors after cataract surgery: a multicenter study. Kamiya K1,2, Shimizu K1,3,4, Kojima T1, Nakamura T1, Ichikawa K1,4,5: (1Japan ICL Study Group): Acta Ophthalmol 2019/9; 97 (6): e946-7. (神谷和孝1,2, 清水公也1,3, 市川一夫1,4,5: 2医療衛生学部, 3眼科, 4山王病院アイセンター, 5中京眼科)

110306. [原著] Keratoconus detection using deep learning of colour-coded maps with anterior segment optical coherence tomography: a diagnostic accuracy study. Kamiya K1, Ayatsuka Y2, Kato Y2, Fujimura F1, Takahashi M3, Shoji N3, Mori Y4, Miyata K4 (2Cresco Ltd, Technology Laboratory, 4Miyata Eye Hospital): BMJ Open 2019/9; 9 (9): e031313 (7pages). (神谷和孝1, 藤村芙佐子1, 高橋正英3, 庄司信行3: 1医療衛生学部, 3眼科)

110307. [原著] Ocular Biometric Changes after Trabectome Surgery. Kono Y1, Kasahara M2, Iida Y2, Tsujisawa T1, Shoji N2: Clinics in Surgery 2019/10; 4: Article 2634 (4pages). (河野雄亮1, 笠原正行2, 飯田嘉彦2, 辻沢辰彦1, 庄司信行2: 1大学院医療系研究科, 2眼科)

110308. [原著] Epidemiologic and Clinical Characteristics of Optic Neuritis in Japan. Ishikawa H1,2, Kezuka T1, Shikishima K1, Yamagami A1,3, Hiraoka M1, Chuman H1, Nakamura M1, Hoshi K1,4, Goseki T1,5, Mashimo K1,5, Mimura O1, Yoshitomi T1, Tanaka K1 (1Working Group on Diagnostic Criteria for Refractory Optic Neuritis Based on Neuroimmunological Perspective): Ophthalmology 2019/10; 126 (10): 1385-98. (石川 均1,2, 山上明子1,3, 星 佳芳1,4, 後関利明1,5, 眞下紀美代1,5: 2医療衛生学部, 3井上眼科病院, 4衛生, 5眼科)

110309. [原著] Effects of 0.4% ripasudil hydrochloride hydrate on morphological changes in rabbit eyes. Limratchatamorn B1, Asakawa K2, Mashimo K1, Uga S1, Ishikawa H2: Int J Ophthalmol 2019/10; 12 (10): 1637-42. (浅川 賢2, 眞下紀美代1, 宇賀茂三1, 石川 均2: 1眼科, 2医療衛生学部)

110310. [原著] Compression of the Choroid by Horizontal Duction. Chen JY1, Le A2,3,4, De Andrade LM2,4, Goseki T2,4,5, Demer JL2,3,4,6,7 (1Computational and Systems Biology Interdepartmental Program, University of California, 2Department of Ophthalmology, University of California, 3Bioengineering Interdepartmental Program, University of California, 4Stein Eye Institute, University of California, 6Department of Neurology, University of California, 7David Geffen Medical School, University of California): Invest Ophthalmol Vis Sci 2019/10; 60 (13): 4285-91. (後関利明2,4,5: 5眼科)

110311. [原著] Comparison of Humphrey Field Analyzer and imo visual field test results in patients with glaucoma and pseudo-fixation loss. Goukon H1,2, Hirasawa K2,3, Kasahara M2, Matsumura K2, Shoji N2: PLoS One 2019/11; 14 (11): e0224711. (郷右近博康1,2, 平澤一法2,3, 笠原正行2, 松村一弘2, 庄司信行2: 1大学院医療系研究科, 2眼科, 3Moorfields Eye Hospital)

110312. [原著] Investigating the structure-function relationship using Goldmann V standard automated perimetry where glaucomatous damage is advanced. Yanagisawa M1, Murata H1, Matsuura M1, Fujino Y1, Hirasawa K1,2, Asaoka R1 (1The University of Tokyo): Ophthalmic Physiol Opt 2019/11; 39 (6): 441-50. (平澤一法1,2: 2眼科)

110313. [原著] Differences in accommodative response and pupillary constriction during the near response among various refractive errors. Onozato N, Hara N, Taguchi A, Matsuda S, Miyazaki K, Yanai R, Yoshino A, Asakawa K1, Mukuno K2,3: 自律神経 2019/12; 56 (4): 269273. (浅川 賢1, 向野和雄2,3: 1医療衛生学部, 2眼科, 3神奈川歯科大学附属横浜クリニック)

110314. [原著] Kinetic visual acuity, stereopsis, and ocular deviation with an implantable collamer lens. Kato S1, Shimizu K1,2, Igarashi A1,2, Kawamorita T3: J Cataract Refract Surg 2019/12; 45 (12): 1777-81. (清水公也1,2, 五十嵐章史1,2, 川守田拓志3: 1山王病院アイセンター, 2眼科, 3医療衛生学部)

110315. [原著] Prevalence of Sagging Eye Syndrome in Adults with Binocular Diplopia. Goseki T1,2, Suh SY2, Robbins L2, Pineles SL2, Velez FG3, Demer JL4 (2UCLA Stein Eye Institute, 3Duke University, 4David Geffen Medical School at University of California): Am J Ophthalmol 2020/1; 209: 55-61. (後関利明1,2: 1眼科)

110316. [原著] Predictability of intraocular lens power calculation in eyes after phototherapeutic keratectomy. Yoneyama R1, Kamiya K2, Iijima K1, Takahashi M1, Shoji N1: Jpn J Ophthalmol 2020/1; 64 (1): 62-7. (米山 諒1, 神谷和孝2, 飯島 敬1, 高橋正英1, 庄司信行1: 1眼科, 2医療衛生学部)

120022. [原著]【学会原著: 第72回日本臨床眼科学会講演集 [4] 講演2-4】ラタノプロスト点眼薬からラタノプロスト/カルテオロール塩酸塩配合点眼薬への変更. 中牟田爽史1, 井上賢治1, 塩川美菜子1, 岩佐真弓1,2, 山本智恵子1, 石田恭子3, 富田剛司3 (1井上眼科病院, 2眼科, 3東邦大学医療センター大橋病院眼科): 臨床眼科 2019/6; 73 (6): 729-35.

120023. [原著]【第29回日本緑内障学会 原著】ラタノプロスト+カルテオロールからラタノプロスト/カルテオロール配合点眼薬への変更による長期投与. 正井智子1, 井上賢治1, 塩川美菜子1, 岩佐真弓1,2, 石田恭子1, 富田剛司3 (1井上眼科病院, 2眼科, 3東邦大学医療センター大橋病院眼科): あたらしい眼科 2019/6; 36 (6): 804-9.

120024. [原著] 角膜屈折力が大きい症例における眼内レンズ度数計算の予測性の検討. 飯島 敬1, 飯田嘉彦1, 石田 暁1, 江黒友春1, 庄司信行1 (1眼科): IOL&RS 2019/6; 33 (2): 289-93.

120025. [原著]【学会原著: 第72回日本臨床眼科学会講演集 [6]】眼内レンズ挿入眼における自覚屈折値と裸眼視力の分布. 横関祐佳子1, 飯田嘉彦1, 金山俊介1, 干川里絵2, 飯島 敬1, 江黒友春1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 臨床眼科 2019/8; 73 (8): 1021-6.

120026. [原著] VDT作業中のガム咀嚼による眼疲労低減の可能性. 菅野 範1, 安藤智教1, 浅川 賢2, 大澤謙二1 (1(株) ロッテ, 2医療衛生学部): 日本咀嚼学会雑誌 2019/11; 29 (2): 58-64.

120027. [原著] Kinectメセンサーを用いた視作業距離の測定. 矢崎香菜1, 干川里絵1,2, 半田知也2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): あたらしい眼科 2019/7; 36 (7): 962-5.

120028. [原著] 同一症例に対して行ったPrecision Pulse CapsulotomyとContinuous Curvilinear Capsulorrhexisの多施設前向き比較検討. 三田村麻里1, 小島隆司2, 秦誠一郎3, 眞鍋洋一4, 田中芳樹1, 洞井里絵1, 酒井幸弘1, 市川 慶5, 内藤尚久1, 市川一夫1,6 (1中京眼科, 2慶応義塾大学, 3スカイビル眼科, 4まなべ眼科クリニック, 5岐阜赤十字病院, 6眼科): IOL&RS 2019/9; 33(3): 485-91.

120029. [原著] 眼球モデルを考慮した新設計眼鏡レンズの設計方法. 福井慎一1, 加藤一壽1, 川守田拓志2 (1伊藤光学工業, 2医療衛生学部): 眼鏡学ジャーナル 2019/8; 23 (1): 61-6.

120030. [原著] 2種類の1日使い捨て遠近両用コンタクトレンズの臨床評価. 吉野健一1, 伏見典子2, 熊埜御堂隆3,4, 篠上治彦5, 内田 薫6, 佐々木紀幸6 (1吉野眼科クリニック, 2フシミ眼科クリニック, 3クマノミドー眼科, 4眼科, 5眼科亀戸クリニック, 6日本アルコン (株)): あたらしい眼科 2020/2; 37 (2): 209-16.

120031. [原著]【第58回日本視能矯正学会: 一般講演】未熟児網膜症既往児の3歳における角膜屈折力. 斎藤 彩1, 池田哲也2,3, 石川 均4, 戸塚 悟1, 庄司信行2 (1北里大学病院, 2眼科, 3山王病院アイセンター, 4医療衛生学部): 日本視能訓練士協会誌 2019/12; 48: 159-64.

220004. [準原著 (講演要旨)] 眼球モデルを考慮した新設計眼鏡レンズの有用性. 川守田拓志1, 福井慎一2, 加藤一壽2, 神谷和孝1, 半田知也1, 魚里 博3, 庄司信行4 (1医療衛生学部, 2伊藤光学工業, 3東京眼鏡専門学校, 4眼科): 眼鏡学ジャーナル 2019/8; 23 (1): 73-6.

220005. [準原著 (臨床研究)] 自覚応答が困難な症例における瞳孔視野測定の試み. 浅川 賢1, 戸塚和子2, 眞鍋雄太3, 市邉義章2,4, 石川 均1 (1医療衛生学部, 2神奈川歯科大学附属横浜クリニック眼科, 3神奈川歯科大学附属横浜クリニック認知症・高齢者総合内科, 4眼科): 日本眼科学会雑誌 2019/10; 123 (10): 977-80.

310037. [症例報告] Child with congenital cataract living in the Bonin Islands. Ito M1, Shimizu K1,2, Shoji N2: JCRS Online Case Reports 2019/10; 7 (4): 61-4. (清水公也1,2, 庄司信行2: 1山王病院アイセンター, 2眼科)

320035. [症例報告] Mesalazineによる薬剤性視神経症の一例. 山上明子1,2, 若倉雅登1, 井上賢治1, 石川裕人3 (1井上眼科病院, 2眼科, 3兵庫医科大学眼科): 神経眼科 2019/6; 36 (2): 184-90.

320036. [症例報告] 長期経過観察が可能であったVici症候群の一例. 金山俊介1, 池田哲也1, 後関利明1, 石川 均2, 浅川 賢2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 神経眼科 2019/9; 36 (3): 330-4.

320037. [症例報告] 小児の特発性動眼神経麻痺後における瞳孔・調節障害を客観的に観察できた一例. 野上豪志1,2, 鈴木賢治1,2, 原 直人1,2, 藤山由紀子1,2, 佐藤 司1,2, 新井田孝裕1,2,3 (1国際医療福祉大学保健医療学部視機能療法学科, 2国際医療福祉大学病院, 3眼科): 神経眼科 2019/9; 36 (3): 340-5.

320038. [症例報告] m.4171C>A変異を呈したレーベル遺伝性視神経症の一例. 橋谷 臨1, 山上明子1,2, 岩佐真弓1,2, 井上賢治1, 若倉雅登1, 松本 直3, 安本龍馬4, 櫻井慶造4, 石川 均5 (1井上眼科病院, 2眼科, 3東邦大学医療センター大森病院, 4臨検部, 5医療衛生学部): 神経眼科 2019/12; 36 (4): 421-8.

320039. [症例報告] 外傷性視神経症の病態に合致しない視機能障害を来した1例. 富田匡彦1, 松本 直1, 渡辺研人1, 柴 友明1, 堀 裕一1, 石川 均2 (1東邦大学医療センター大森病院, 2医療衛生学部): 神経眼科 2020/3; 37 (1): 58-63.

520012. [総説] 屈折矯正手術: 日本の現状, 世界との比較. 神谷和孝 (医療衛生学部): 日本の眼科 2019/4; 90 (4): 420-5.

520013. [総説] 2019JSCRS Clinical Survey. 佐藤正樹1, 神谷和孝1,2, 小島隆司1, 後藤憲仁1, 田淵仁志1, 初坂奈津子1, 林  研1 (1JSCRSデータ解析委員会, 2医療衛生学部): IOL&RS 2019/9; 33 (3): 453-73.

520014. [総説] Dysphotopsia. 川守田拓志 (医療衛生学部): IOL&RS 2019/12; 33 (4): 627-32.

521003. [解説] 眼科医の手引 <940> 学術委員会編 有水晶体眼内レンズ. 神谷和孝 (医療衛生学部): 日本の眼科 2019/7; 90 (7): 856-7.

521004. [解説] 白内障・屈折手術の論点: SMILE. 神谷和孝 (医療衛生学部): IOL&RS 2019/9; 33 (3): 505-10.

521005. [解説] 眼科医の手引 <949> 学術委員会編 MIGSの選択と適応. 庄司信行 (眼科): 日本の眼科 2019/12; 90 (12): 1549-50.

521006. [解説] こだわりの診療器具: PVDF縫合糸 縫着用ループ針 ASFLEX (MODEL I). 飯田嘉彦 (眼科): IOL&RS 2019/12; 33 (4): 691-3.

521007. [解説] コンサルテーションコーナー エキスパートに聞く: 回答3. 五十嵐章史1,2 (1山王病院アイセンター, 2眼科): IOL&RS 2019/12; 33 (4): 694-9.

522078. [講座]【コンタクトレンズセミナー: コンタクトレンズ処方さらなる一歩 54】.老視用コンタクトレンズの光学特性. 川守田拓志 (医療衛生学部): あたらしい眼科 2019/4; 36 (4): 503-4.

522079. [講座]【症例から学ぶ 白内障手術の実践レクチャー (術中編15)】浅前房症例. 飯田嘉彦 (眼科): 臨床眼科 2019/4; 73 (4): 415-21.

522080. [講座]【特集: 人工知能 (AI) とビッグデータ】角膜・白内障分野におけるAI応用. 神谷和孝 (医療衛生学部): あたらしい眼科 2019/4; 36 (4): 465-70.

522081. [講座]【特集: これでわかる自己免疫性眼疾患】自己免疫性視神経炎. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): OCULISTA 2019/4; 73: 70-5.

522082. [講座]【わかりやすい臨床講座】後房型有水晶体眼内レンズ. 五十嵐章史1,2 (1山王病院アイセンター, 2眼科): 日本の眼科 2019/4; 90 (4): 436-40.

522083. [講座]【わかりやすい臨床講座】屈折矯正手術後の白内障手術. 飯田嘉彦 (眼科): 日本の眼科 2019/4; 90 (4): 442-7.

522084. [講座] 特集: 眼から考える交通安全〜視機能格差時代における高齢者の交通安全〜. 川守田拓志 (医療衛生学部): 交通安全教育 2019/5; 54 (5): 6-12.

522085. [講座] 角膜屈折矯正アップデート: トポガイド角膜クロスリンキング. 高橋正英 (眼科): IOL&RS 2019/6; 33 (2): 241-8.

522086. [講座]【コンタクトレンズセミナー: コンタクトレンズ処方さらなる一歩 57】光 (波長) と眼. 半田知也 (医療衛生学部): あたらしい眼科 2019/7; 36 (7): 905-6.

522087. [講座]【特集2: Negative Dysphotopsia】光学実験から考えるNegative Dysphotopsia. 川守田拓志 (医療衛生学部): 眼科手術 2019/7; 32 (3): 332-7.

522088. [講座]【コンタクトレンズセミナー: コンタクトレンズ処方さらなる一歩 58】眩しさの種類. 川守田拓志 (医療衛生学部): あたらしい眼科 2019/8; 36 (8): 1039-40.

522089. [講座]【屈折矯正手術セミナー: スキルアップ講座 231.】前眼部OCTを用いたICLサイズの決定. 五十嵐章史1,2 (1山王病院アイセンター, 2眼科): あたらしい眼科 2019/8; 36 (8): 1043-4.

522090. [講座]【特集: 薬剤の副作用と神経眼科】抗がん剤と神経眼科. 柏木広哉1,2 (1静岡県立静岡がんセンター, 2眼科): 神経眼科 2019/9; 36 (3): 297-303.

522091. [講座]【特集: コンビネーション屈折矯正手術】角膜変性症 PTK術後の白内障手術. 米山 諒1, 神谷和孝2 (1眼科, 2医療衛生学部): IOL&RS 2019/9; 33 (3): 407-12.

522092. [講座]【特集: コンビネーション屈折矯正手術】視機能から見た眼瞼下垂手術. 檀之上和彦1, 平澤一法1,2,3, 上村景子1, 高木誠二1,4 (1だんのうえ眼科クリニック, 2Moorfields Eye Hospital, 3眼科, 4東邦大学医療センター大橋病院): IOL&RS 2019/9; 33 (3): 427-33.

522093. [講座]【臨床セミナー】白内障術後検査のコツ. 干川里絵1, 川守田拓志1 (1医療衛生学部): IOL&RS 2019/9; 33 (3): 516-21.

522094. [講座]【特集: 令和の白内障手術】眼内レンズ度数計算. 飯田嘉彦 (眼科): OCULISTA 2019/11; 80: 27-33.

522095. [講座]【特集: 瞳孔の温故知新】瞳孔視野測定の最新技法. 浅川 賢 (医療衛生学部): 神経眼科 2019/12; 36 (4): 378-85.

522096. [講座]【特集: 緑内障の新しい診療法とその評価−ホントのところは?】■新規診療法を評価する 毛様体光凝固術−マイクロパルス毛様体光凝固術のホントのところ. 辻沢辰彦1, 庄司信行2 (1大学院大学院医療系研究科, 2眼科): 臨床眼科 2019/12; 73 (13): 1546-50.

522097. [講座]【特集: おさえておきたい新しい前眼部検査】角膜のヒステリシスとその評価. 神谷和孝 (医療衛生学部): OCULISTA 2019/12; 81: 55-60.

522098. [講座]【特集: 新しい前N切開】CCCの総論 (発案と歴史). 清水公也1,2,3 (1山王病院アイセンター, 2国際医療福祉大学, 3眼科): IOL&RS 2019/12; 33 (4): 604-7.

522099. [講座]【特集: 新しい前N切開】Precision Pulse Capsulotomy (ZEPTOメ). 三田村麻里1, 市川一夫1,2, 小島隆司3 (1中京眼科, 2眼科, 3慶應義塾大学医学部眼科学教室分室) IOL&RS 2019/12; 33 (4): 613-8.

522100. [講座]【特集: 瞳孔の温故知新】序論. 浅川 賢1, 前田史篤2 (1医療衛生学部, 2新潟医療福祉大学): 神経眼科 2019/12; 36 (4): 371.

522101. [講座]【特集1: 落屑症候群に対する手術戦略】落屑緑内障に対する流出路再建術. 笠原正行1, 庄司信行1 (1眼科): 眼科手術 2020/1; 33 (1): 24-9.

522102. [講座]【特集: デジタル化が進む眼科手術】4. 白内障手術へのデジタル技術・AIの応用. 神谷和孝 (医療衛生学部): 眼科 2020/1; 62 (1): 29-34.

522103. [講座]【特集: 眼瞼痙攣】序論. 石川 均 (医療衛生学部): 眼科 2020/2; 62 (2): 101-2.

522104. [講座]【特集: 眼瞼痙攣】1. 眼瞼痙攣とは. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 眼科 2020/2; 62 (2): 103-6.

522105. [講座]【特集: AI (人工知能)】ディープラーニングを用いた円錐角膜の診断および病期分類. 神谷和孝 (医療衛生学部): IOL&RS 2020/3; 34 (1): 36-41.

530011. [その他 (訂正)] Correction to: Causes, background, and characteristics of binocular diplopia in the elderly. Kawai M1, Goseki T2, Ishikawa H3, Hoshina M, Shoji N2: Jpn J Ophthalmol 2019/7; 63 (4): 352. (河合愛実1, 後関利明2, 石川 均3, 庄司信行2: 1大学院医療系研究科, 2眼科, 3医療衛生学部)

540048. [その他 (ニュースレター)] 編集委員長就任にあたって. 神谷和孝 (医療衛生学部): 日本眼光学会ニュースレター2019/4; 2019 (1): 3.

540049. [その他 (ニュースレター)] 新任理事の紹介. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 日本眼光学会ニュースレター2019/4; 2019 (1): 5.

540050. [その他]【学校保健の頁】神奈川県の学校保健の現状. 宇津見義一1,2 (1神奈川県眼科医会副会長, 2眼科): 日本の眼科 2019/4; 90 (4): 463-5.

540051. [その他]【海外医学情報】近視眼と正視眼におけるperipheral blurに対するneural adaptation. 川守田拓志 (医療衛生学部): 日本の眼科 2019/6; 90 (6): 711-2.

540052. [その他] 特集にあたって. 中村邦彦1, 神谷和孝2 (1たなし中村眼科, 2医療衛生学部): IOL&RS 2019/6; 33 (2): 218.

540053. [その他] 法人からのお知らせ: 平成から令和へ. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): IOL&RS 2019/6; 33 (2): 395.

540054. [その他 (Letter to the editor)] Letter to the editor: 大平明彦先生への回答. 後関利明1, 蒲生真里2, 市邊義章1,2, 君島真純2, 向野和雄1,2 (1眼科, 2神奈川歯科大学附属横浜クリニック): 神経眼科 2019/6; 36 (2): 240-2.

540055. [その他] 特集にあたって. 荒井宏幸1, 神谷和孝2 (1みなとみらいアイクリニック, 2医療衛生学部): IOL&RS 2019/9; 33 (3): 406.

540056. [その他] CLバトルロイヤルサードステージ第57回 マルチフォーカルCL vs マルチフォーカルIOL. 吉野健一, 神谷和孝1, 梶田雅義, 二宮さゆり, 二宮欣彦 (1医療衛生学部): 日本コンタクトレンズ学会誌 2019/9; 61 (3): 77-83.

540057. [その他 (雑誌記事)] 世界の医学誌から「緑内障への選択的レーザー繊維柱帯形成術費用対効果で薬物療法に勝る」解説 原発開放隅角緑内障や高眼圧症患者にSLTを第1選択とする検討を. 庄司信行 (眼科): MMJ (The Mainichi Medical Journal) 2019/10; 15 (5): 158.

540058. [その他 (今月の表紙)]【今月の表紙】小口病. 永野幸一1, 稲谷 大2 (1眼科, 2福井大学): 臨床眼科 2019/10; 73 (10): 1251.

540059. [その他 (ネット記事)] レーシックに次ぐブームに? 眼内コンタクトレンズ「ICL」の希望と限界. 神谷和孝 (医療衛生学部): DIAMOND online 2019/11; https://diamond.jp/articles/-/220614.

540060. [その他 (広告)] 煩わしい光からの解放へ: あらたなニーズに着目したコンタクトレンズ. 半田知也1, 松尾美有希2, 奧山朋子2, John Buch2 (1医療衛生学部, 2ジョンソンエンドジョンソン (株) ビジョンケアカンパニー): あたらしい眼科 2019/12; 36 (12): 全面広告 (5pages).

540061. [その他 (学会印象記)] 印象記: 第34回JSCRS学術総会. 神谷和孝 (医療衛生学部): IOL&RS 2019/12; 33 (4): 713-4.

540062. [その他] 法人からのお知らせ: アジア圏での眼科医療協力. 市川一夫1,2,3 (1JSCRS副理事長, 2中京眼科, 3眼科): IOL&RS 2019/12; 33 (4): 717.

540063. [その他 (今月の表紙)]【今月の表紙】Terdson症候群. 山口 純 (眼科): 臨床眼科 2020/3; 74 (3): 251.

540064. [その他 (医会だより)]【医会だより】<日本眼科社会保険会議シンポジウム報告> 第73回日本臨床眼科学会 日本眼科社会保険会議シンポジウム「診療報酬改定ヒアリングを踏まえて」4. 日本緑内障学会からの要望. 庄司信行 (眼科): 日本の眼科 2020/2; 91 (2): 87-91.

540065. [その他 (書評)] 書評: 心療眼科医が教える その目の不調は脳が原因. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 神経眼科 2020/3; 37 (1): 76.

540066. [その他 (学会抄録)]【第55回 北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス】オミデネパグイソプロピル点眼薬の短期使用成績. 高木堅太郎1, 笠原正行1, 高橋正英1, 河野雄亮2, 辻沢辰彦2, 米山 諒1, 庄司信行1 (1眼科, 2大学院医療系研究科): 眼科臨床紀要 2020/3; 13 (3): 218.

540067. [その他 (学会抄録)]【第55回 北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス】レーシック術後外傷によるフラップ翻転を生じた一例. 櫻井藍子1, 高橋正英1, 神谷和孝2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 眼科臨床紀要 2020/3; 13 (3): 218.

540068. [その他 (学会抄録)]【第55回 北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス】ダブルニードルテクニックを用いたフランジ法による眼内レンズ強膜内固定術の手術成績. 皆川友憲1, 春木崇宏1, 柳田智彦1, 庄司信行1 (1眼科): 眼科臨床紀要 2020/3; 13 (3): 218.

540069. [その他 (学会抄録)]【第55回 北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス】眼球運動障害を合併した抗MOG抗体陽性視神経炎の1例. 龍井苑子1, 石川大起1, 金山俊介1, 後関利明1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 眼科臨床紀要 2020/3; 13 (3): 218.

540070. [その他 (学会抄録)]【第55回 北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス】Barrett Universal II式とSRK/T式の予測性の比較. 飯島 敬1, 神谷和孝2, 飯田嘉彦1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 眼科臨床紀要 2020/3; 13 (3): 218-219.

540071. [その他 (学会抄録)]【第55回 北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス】光干渉断層計 (OCT)所見を中心とした網膜硝子体疾患. 春木崇宏 (眼科): 眼科臨床紀要 2020/3; 13 (3): 219.

[著 書]

620070. [学術書 (分担執筆)]【治療・検査・処置のシーン別にわかる 眼科のとっておきくすりで困ったときに開く本 (眼科ケア2019年春季増刊)】3章 疾患の治療でどう使われる? よく使用される薬 (2) 眼瞼けいれん, p.62-71. 後関利明1 (1眼科), 編: 松島博之2 (2獨協医科大学眼科), メディカ出版, 大阪, 2019/4発行.

620071. [学術書 (分担執筆)]【緑内障道場 診断・治療の一手ご指南】コラム21 低侵襲緑内障手術 (MIGS), p.205. 庄司信行 (眼科), 編: 木内良明, 医学書院, 東京, 2019/4発行.

620072. [学術書 (分担執筆)]【国試113−第113回医師国家試験問題解説書】A-14 眼瞼下垂の原因, p.14. A-21 黄斑円孔で予想される自覚症状, p.27-8. C-35 電気性眼炎への対応, p.234. D-4 乱視の軸の決定に必要な視力表の部分, p.279. D-24 裂孔原生網膜剥離に対して行われた治療, p.303-4. D-59 網膜前膜の診断に有用な検査, p.371-2. E-6 眼の加齢による調節力低下に関与する部位, p.411. E-18 うっ血乳頭に随伴する初期症状, p.420. F-55 閉塞隅角緑内障への対応, p.521-2. 後関利明1, 市邊義章1,2 (1眼科, 2神奈川歯科大学附属横浜クリニック), 編: 医師国家試験問題解説書編集委員会, テコム コンテンツ事業本部, 東京, 2019/4発行.

620073. [学術書 (分担執筆)]【車載HMIの開発動向と自動運転, ADASへの応用−ドライバ状態検出, 覚醒維持, 権限移譲, セキュリティ対策−】第10章 ヘッドアップディスプレイの表示技術と視認性向上, 安全性評価 第3節 生理光学の立場から見たヘッドアップディスプレイの安全性と視覚中心設計, p.465-73. 川守田拓志 (医療衛生学部), 技術情報協会, 東京, 2019/7発行.

620074. [学術書 (分担執筆)]【眼科と薬剤 (眼科2019年9月臨時増刊号)】第1部 最近の眼科薬物治療 VII. .神経眼科疾患 3. 慢性再発性炎症性視神経症 (CRION), p.1169-72. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科), 富田剛司, 坪田一男, 後藤 浩, 飯田知弘, 雑賀司珠也, 門之園一明, 石川 均3 (3医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2019/9発行.

620075. [学術書 (分担執筆)]【中途失明のある可能性のある疾患Q&A (あたらしい眼科 36 (臨時増刊号))】I 中途失明のある可能性のある疾患とその検査/治療 6. 視神経・視路 Q3 特発性視神経炎とはなんですか. また治療はどうしますか, p.215-8. 中澤祐則1, 石川 均2 (1鹿児島大学, 2医療衛生学部), 編集主幹: 木下 茂, 編: 山本哲也, 飯田知弘, 外園千恵, メディカル葵出版, 東京, 2019/11発行.

620076. [学術書 (分担執筆)]【中途失明のある可能性のある疾患Q&A (あたらしい眼科 36 (臨時増刊号))】I 中途失明のある可能性のある疾患とその検査/治療 6 .視神経・視路 Q4 虚血性視神経症の診断と治療について教えてください, p.219-22. 岩佐真弓1,2, 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科), 編集主幹: 木下 茂, 編: 山本哲也, 飯田知弘, 外園千恵, メディカル葵出版, 東京, 2019/11発行.

620077. [学術書 (分担執筆)]【Current Decision Support/CDS (デジタル版)】症状 (脳神経・精神) 複視: 物が二重に見える/Double vision (diplopia), https://www.cds.ai/docs/detail/s01500. 後関利明 (眼科), プレシジョン, 東京, 2019/12.

620078. [学術書 (分担執筆)]【Current Decision Support/CDS (デジタル版)】症状 (頭頸部) 視神経乳頭腫脹 (Optic disc swelling), https://www.cds.ai/docs/detail/s05420. 後関利明 (眼科), プレシジョン, 東京, 2019/12.

620079. [学術書 (分担執筆)]【眼疾患アトラスシリーズ 第3巻 外眼部アトラス】5. 眼球運動異常 各論 4) 筋原生眼球運動障害 (5) Sagging eye syndrome, p.386-7. 後関利明1 (1眼科), 監修: 大鹿哲郎2 (2筑波大学), 編: 野田実香3, 渡辺彰英4 (3慶応大学, 4京都府立医科大学), 総合医学社, 2019/10発行.

621004. [学術書 (編集)]【眼科と薬剤 (眼科2019年9月臨時増刊号)】編: 富田剛司, 坪田一男, 後藤 浩, 飯田知弘, 雑賀司珠也, 門之園一明, 石川 均1 (1医療衛生学部), 金原出版, 東京, 2019/9発行.

[学会・研究会等]

712025. [学会 (国際)] (シンポジウム) Epidemiological and Clinical Characteristics of Optic Neuritis in Japan. Ishikawa H1: The 8th Chinese Neuro-Ophthalmological Society Conference (2019/7/19), China. (石川 均1: 1医療衛生学部)

712026. [学会 (国際)] (招待講演等) Meet tha Experts Japan: Optical and fluid dynamics simulatin in Hole ICL. Kawamorita T1: STAAR Surgical 16th international EVO Visian ICL Experts Summit (2019/9/13), Paris, France. (川守田拓志1 :1医療衛生学部)

712027. [学会 (国際)] (MasterClasses) Mastering Minimally Invasive Glaucoma Surgery (MIGS)/KDB and Trabectome. Shoji N1: 32nd APACRS KYOTO2019 (2019/10/3), Kyoto, Japan. (庄司信行1: 1眼科)

712028. [学会 (国際)] (シンポジウム) Presbyopia Treatment for Phakic Eye (有水晶体眼における老視矯正). Igarashi A1,2: 32nd APACRS KYOTO2019 (2019/10/4), Kyoto, Japan. (五十嵐章史1,2: 1山王病院, 2眼科)

712029. [学会 (国際)] (シンポジウム)【座長】SUMO-Wrestling with Challenges in Refractive Surgery (屈折矯正手術における挑戦とのレスリング). Shimizu K1,2: 32nd APACRS KYOTO2019 (2019/10/5), Kyoto, Japan. (清水公也1,2: 1山王病院, 2眼科)

712030. [学会 (国際)] (シンポジウム) 10Years Follow Up of KS-AquaPORT ICL KS-AquaPORT (ICLの10年経過観察). Shimizu K1,2: 32nd APACRS KYOTO2019 (2019/10/5), Kyoto, Japan. (清水公也1,2: 1山王病院, 2眼科)

712031. [学会 (国際)] (Young Neuro-Ophthalmologists (YNO) Session) High Prevalence of Sagging Eye Syndrome with Binocular Diplopia. Goseki T1: the 10th Asian Neuro-Ophthalmology Society Congress (2019/12/3), Manila, Philippines. (後関利明1: 1眼科)

722122. [学会 (全国)] (シンポジウム)【オーガナイザー】焦点深度の拡張は老視治療のスタンダードとなりうるか? 神谷和孝 (医療衛生学部): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/18), 東京.

722123. [学会 (全国)] (シンポジウム) 瞳孔径と焦点深度. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/18), 東京.

722124. [学会 (全国)] (シンポジウム)【オーガナイザー】Imagingの進歩と神経眼科疾患. 石川 均 (医療衛生学部): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/18), 東京.

722125. [学会 (全国)] (シンポジウム) 眼窩内結合織変性による後天複視. 後関利明 (眼科): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/18), 東京.

722126. [学会 (全国)] (International Symposium) Trabectome surgery: effects and limitations 庄司信行 (眼科): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/18), 東京.

722127. [学会 (全国)] (シンポジウム)【オーガナイザー】緑内障眼の隅角線維柱帯に対するアプローチ. 庄司信行 (眼科): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/20), 東京.

722128. [学会 (全国)] (教育セミナー) 新しい弱視治療−両眼開放下弱視訓練−. 半田知也 (医療衛生学部): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/20), 東京.

722129. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 視機能検査の新たなプラットフォーム−EYENACとaccu-pad−. 半田知也 (医療衛生学部): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/20), 東京.

722130. [学会 (全国)] (サブスペシャリティサンデー)【オーガナイザー】これでマスター, 視神経疾患. 石川 均 (医療衛生学部): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/21), 東京.

722131. [学会 (全国)] (サブスペシャリティサンデー) 視神経炎. 龍井苑子 (眼科): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/21), 東京.

722132. [学会 (全国)] (サブスペシャリティサンデー) 圧迫性, 遺伝性, 中毒性視神経症. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/21), 東京.

722133. [学会 (全国)] (サブスペシャリティサンデー) 眼内レンズ度数計算. 飯田嘉彦 (眼科): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/21), 東京.

722134. [学会 (全国)] (サブスペシャリティサンデー) 分光透過率と遮光眼鏡・着色眼内レンズ. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/21), 東京.

722135. [学会 (全国)] (講習会) 屈折矯正手術・国内外の現状と今後の展望. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第123回日本眼科学会総会 (日本眼科学会屈折矯正手術講習会) (2019/4/21), 東京.

722136. [学会 (全国)] (弓削賞記念講演) Causes,background,and characteristics of binocular diplopia in the elderly (高齢者の両眼性複視を生ず原因, 背景及び特徴). 河合愛実1, 後関利明1, 石川 均2, 保科美希3, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部, 3山王病院): 第75回日本弱視斜視学会総会・第44回日本小児眼科学会総会 合同学会 (2019/6/14), 静岡.

722137. [学会 (全国)] (イブニングセミナー) A型ボツリヌス毒素製剤ボトックス講習・実技セミナー「斜視」疾患編. 後関利明 (眼科): 第75回日本弱視斜視学会総会・第44回日本小児眼科学会総会 合同学会 (2019/6/14), 静岡.

722138. [学会 (全国)] (ビデオプレゼンテーション) ICL手術. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/28), 京都.

722139. [学会 (全国)] (特別報告) 2019 JSCRS Clinical Survey. 佐藤正樹1, 神谷和孝2 (1サトウ眼科, 2医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/28), 京都.

722140. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】白内障手術後の屈折矯正. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/28), 京都.

722141. [学会 (全国)] (シンポジウム) 白内障術後の遠近両用コンタクトレンズ装用. 飯島 敬1, 神谷和孝2, 飯田嘉彦1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/28), 京都.

722142. [学会 (全国)] (教育セミナー) トーリック眼内レンズ手術の実際. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/28), 京都.

722143. [学会 (全国)] (シンポジウム) ディープラーニングと前眼部光干渉断層計を用いた円錐角膜の診断. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

722144. [学会 (全国)] (シンポジウム) 屈折矯正手術としてのトポガイド角膜クロスリンキング. 高橋正英 (眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

722145. [学会 (全国)] (インストラクションコース)【オーガナイザー・講師】世界の最新トレンドを知ろう! What's New in 2019. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

722146. [学会 (全国)] (ケースレポート)【座長】ケースレポート@. 五十嵐章史1,2 (1山王病院, 2眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

722147. [学会 (全国)] (ケースレポート) トポガイド角膜クロスリンキングが奏功したペルーシド角膜辺縁変性の一例. 辻沢辰彦1, 神谷和孝2, 高橋正英1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

722148. [学会 (全国)] (モーニングセミナー) 日常視下の多焦点視力・コントラスト感度検査−accu-pad−. 半田知也 (医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

722149. [学会 (全国)] (モーニングセミナー)【座長】モーニングセミナー3 再考!!老視〜白内障世代のQOL. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

722150. [学会 (全国)] (モーニングセミナー) 明視域を拡大するIOLとCLの“いろいろ”とその調和. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

722151. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】ランチョンセミナー11プレミアム白内障手術の乱視攻略法. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

722152. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 白内障術前−Total Keratometryによる乱視攻略−. 藤村芙佐子 (医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

722153. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】シンポジウム7: 多焦点IOL−最新の多焦点眼内レンズとその適正使用−. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/30), 京都.

722154. [学会 (全国)] (教育セミナー) 術後合併症への対応. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/30), 京都.

722155. [学会 (全国)] (教育セミナー) 前嚢切開を作成時の注意点と流れそうな時の対処法. 飯田嘉彦 (眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/30), 京都.

722156. [学会 (全国)] (教育セミナー) 前房深度予測からの精度アップ. 五十嵐章史1,2 (1山王病院, 2眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/30), 京都.

722157. [学会 (全国)] (教育セミナー) 単焦点レンズの明視域. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/30), 京都.

722158. [学会 (全国)] (インストラクションコース)【オーガナイザー】[ORTによるORTのためのIC] 白内障・屈折矯正手術前後における検査の流れ. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/30), 京都.

722159. [学会 (全国)] (インストラクションコース)【講師】[ORTによるORTのためのIC] 白内障・屈折矯正手術前後における検査の流れ. 藤村芙佐子 (医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/30), 京都.

722160. [学会 (全国)] (インストラクションコース)【講師】角膜クロスリンキング基礎から最新の話題まで. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/30), 京都.

722161. [学会 (全国)] (モーニングセミナー)【座長】モーニングセミナー4: 乱視を制する者が屈折を制する−トーリックIOL回転防止の取り組み−. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/30), 京都.

722162. [学会 (全国)] (モーニングセミナー)【座長】モーニングセミナー5: Patient Orientedに進化するTechnology. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/30), 京都.

722163. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 完全矯正値, その臨床的意義〜基礎から最新の知見まで〜. 半田知也 (医療衛生学部): 第62回日本コンタクトレンズ学会総会 (2019/7/6), 京都.

722164. [学会 (全国)] (シンポジウム) 安全性からみた適応範囲. 宇津見義一1,2 (1宇津見眼科医院, 2眼科): 第62回日本コンタクトレンズ学会総会 (2019/7/7), 京都.

722165. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)“光のノイズ”を減らしてクリアな視界を!〜QOV向上を目指した光学特性を有するコンタクトレンズとは〜. 神谷和孝1, 半田知也1, 川守田拓志1 (1医療衛生学部): 第62回日本コンタクトレンズ学会総会 (2019/7/7), 京都.

722166. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) よりよい視機能を得ることの意義. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第58回日本白内障学会総会・第45回水晶体研究会 (2019/7/19), 和歌山.

722167. [学会 (全国)] (招待講演等) 序論−視能訓練士のための臨床研究スキル−. 半田知也 (医療衛生学部): The JOVS (日本両眼視矯正研究会) Seminar (2019/8/25), 愛知.

722168. [学会 (全国)] (招待講演等) 臨床研究のための基礎知識−変革する近年の臨床研究−. 岩田 遥 (医療衛生学部): The JOVS (日本両眼視矯正研究会) Seminar (2019/8/25), 愛知.

722169. [学会 (全国)] (招待講演等) 視能訓練士のためのアウトプットスキル. 半田知也 (医療衛生学部): The JOVS (日本両眼視矯正研究会) Seminar (2019/8/25), 愛知.

722170. [学会 (全国)] (データ解析委員会特別セッション) A multicenter,randomized,trial to test non-inferiority of microhook trabeculotomy vs Trabectome/Trabectome vs Microhook (繊維柱帯切開術の眼圧下降効果と安全性の多施設共同ランダム化介入非劣勢検証試験). 中村 誠1, 溝上志朗2, 東出朋巳3, 庄司信行4, 赤木忠道5, 庄司拓平6, 横山 悠7, 植田俊彦8, 齋藤雄太9, 谷戸正樹10 (1神戸大, 2愛媛大, 3金沢大, 4眼科, 5京都大, 6埼玉医大, 7東北大, 8二本松眼科, 9昭和大, 10島根大): 第30回日本緑内障学会 (2019/9/6), 熊本.

722171. [学会 (全国)] (シンポジウム) Trabectome surgery: probability and limitation/トラベクトーム手術の可能性と限界. 庄司信行 (眼科): 第30回日本緑内障学会 (2019/9/6), 熊本.

722172. [学会 (全国)] (イブニングセミナー) 眼圧下降治療〜流出路再建術と術後管理〜. 庄司信行 (眼科): 第30回日本緑内障学会 (2019/9/7), 熊本.

722173. [学会 (全国)] (コメディカルプログラム) How to use the Octopus Perimeter to detect early visual field deterioration/明日から役立つ! Octopus視野計のポイント. 藤村芙佐子 (医療衛生学部): 第30回日本緑内障学会 (2019/9/8), 熊本.

722174. [学会 (全国)] (シンポジウム)【座長】シンポジウム1「バイオマーカー」. 石川 均 (医療衛生学部): 第39回日本眼薬理学会 (2019/9/14), 名古屋.

722175. [学会 (全国)] (シンポジウム) 抗アクアポリン4抗体と視神経炎. 石川 均 (医療衛生学部): 第39回日本眼薬理学会 (2019/9/14), 名古屋.

722176. [学会 (全国)] (Global English session) The man with 30 spectacles. 後関利明 (眼科): 第57回日本神経眼科学会総会 (2019/10/5), 札幌.

722177. [学会 (全国)] (インストラクションコース) CT・MRIでもっとわかる! 斜視の病態と治療. 根岸貴志1, 佐藤美保2, 杉山能子3, 彦谷明子2, 西村香澄4, 後関利明5, 神前あい6 (1順天大, 2浜松医大, 3金沢大, 4聖隷浜松病院, 5眼科, 6オリンピア眼科病院): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/24), 京都.

722178. [学会 (全国)] (インストラクションコース) 実践から学ぶ有水晶体眼内レンズ. 清水公也1,2, 神谷和孝3, 市川一夫2,4, 中村友昭5, 北澤世志博6 (1山王病院アイセンター, 2眼科, 3医療衛生学部, 4中京眼科, 5名古屋アイクリニック, 6サピアタワーアイクリニック東京): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/24), 京都.

722179. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】白内障手術後のQOVを考える−多焦点IOL VS 単焦点IOLモノビジョン−. 清水公也1,2 (1山王病院アイセンター, 2眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/24), 京都.

722180. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) モノビジョン法導入ABC. 飯田嘉彦 (眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/24), 京都.

722181. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】マシーンで変わるこれからの白内障手術. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/25), 京都.

722182. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 北里大学における白内障手術手技とWHITESTER SIGNATURE PROの臨床経験. 飯田嘉彦 (眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/25), 京都.

722183. [学会 (全国)] (イブニングセミナー)【座長】The 25th VISION TIMES SEMINAR ロービジョンケアの未来. 清水公也1,2, 飯田嘉彦2 (1山王病院アイセンター, 2眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/25), 京都.

722184. [学会 (全国)] (イブニングセミナー) 白内障手術後のマルチフォーカルCLの視機能評価. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/25), 京都.

722185. [学会 (全国)] (シンポジウム) 日本緑内障学会からの要望. 庄司信行 (眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/26), 京都.

722186. [学会 (全国)] (モーニングセミナー) 難症例に対する白内障治療戦略〜アバンシィ3ピースの有用性〜. 飯田嘉彦 (眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/26), 京都.

722187. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) ACUVUE遠近両用コンタクトレンズ (CL) 〜見える仕組みから使い方まで〜. 神谷和孝1, 川守田拓志1 (1医療衛生学部): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/26), 京都.

722188. [学会 (全国)] (シンポジウム)【オーガナイザー】シンポジウム19 最先端の白内障手術. 飯田嘉彦 (眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/27), 京都.

722189. [学会 (全国)] (シンポジウム) 分光透過率 (色) を意識した眼内レンズ選択. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/27), 京都.

722190. [学会 (全国)] (講習会) 屈折矯正手術・国内外の現状と今後の展望. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第73回日本臨床眼科学会 (日本眼科学会屈折矯正手術講習会) (2019/10/27), 京都.

722191. [学会 (全国)] (基調講演)【モデレーター】AIで何が変わる? これからの眼科医療. 神谷和孝1, 川守田拓志1 (1医療衛生学部): The 23rd IRSJ (2019) /第19回眼科臨床機器研究会 (2019/11/9), 横浜.

722192. [学会 (全国)] (アフタヌーンセミナー)【座長】緑内障診療の落とし穴. 庄司信行 (眼科): The 23rd IRSJ (2019)/第19回眼科臨床機器研究会 (2019/11/9), 横浜.

722193. [学会 (全国)] (招待講演等)【座長】講演I: 隅角画像検査の長所と限界. 笠原正行 (眼科): The 23rd IRSJ (2019)/第19回眼科臨床機器研究会 (2019/11/9), 横浜.

722194. [学会 (全国)] (招待講演等) CASIA2の臨床応用. 辻沢辰彦 (眼科): The 23rd IRSJ (2019)/第19回眼科臨床機器研究会 (2019/11/9), 横浜.

722195. [学会 (全国)] (招待講演等)【座長】講演II: Swept Source OCT Triton. 柳田智彦 (眼科): The 23rd IRSJ (2019)/第19回眼科臨床機器研究会 (2019/11/9), 横浜.

722196. [学会 (全国)] (招待講演等) Swept Source OCT Tritonの使用経験. 春木崇宏 (眼科): The 23rd IRSJ (2019)/第19回眼科臨床機器研究会 (2019/11/9), 横浜.

722197. [学会 (全国)] (招待講演等)【座長】講演III: IOL Update. 飯田嘉彦 (眼科): The 23rd IRSJ (2019)/第19回眼科臨床機器研究会 (2019/11/9), 横浜.

722198. [学会 (全国)] (招待講演等) Dysphotopsia. 五十嵐章史1,2 (1山王病院アイセンター, 2眼科): The 23rd IRSJ (2019)/第19回眼科臨床機器研究会 (2019/11/9), 横浜.

722199. [学会 (全国)] (シンポジウム) 就学時健診・学校検診と近視. 藤村芙佐子 (医療衛生学部): 第60回日本視能矯正学会 (2019/11/30), 福岡.

722200. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 省スペース自動検眼システムを用いた両眼開放屈折検査について. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第60回日本視能矯正学会 (2019/11/30), 福岡.

722201. [学会 (全国)] (シンポジウム) 赤・青色光による対光反射を用いた網膜疾患の評価. 浅川 賢 (医療衛生学部): 日本視覚学会2020年冬季大会 (2020/1/11), 神奈川.

722202. [学会 (全国)] (シンポジウム)【オーガナイザー】シンポジウム1: 低侵襲緑内障手術 (MIGS) の効果と適応. 庄司信行 (眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/24), 東京.

722203. [学会 (全国)] (教育セミナー) 屈折矯正手術の種類. 五十嵐章史1,2 (1山王病院アイセンター, 2眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/24), 東京.

722204. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】ランチョンセミナー3: JFC Cutting Edgeセミナー Part6. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/24), 東京.

722205. [学会 (全国)] (シンポジウム)【オーガナイザー】シンポジウム8: 人工角膜移植の現状と問題点. 川北哲也1,2 (1眼科, 2北里研究所病院): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/25), 東京.

722206. [学会 (全国)] (教育セミナー)【座長】教育セミナー10: 白内障手術の術中トラブルとその対処法. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/25), 東京.

722207. [学会 (全国)] (教育セミナー)【座長】教育セミナー14: フェムトセカンドレーザー手術. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/25), 東京.

722208. [学会 (全国)] (教育セミナー) フェムトセカンドレーザー. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/25), 東京.

722209. [学会 (全国)] (総会長企画) Corneal biomechanicsと角膜疾患. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/25), 東京.

722210. [学会 (全国)] (イブニングセミナー) レジェンド列伝本音でトーク. 清水公也1,2 (1山王病院アイセンター, 2眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/25), 東京.

722211. [学会 (全国)] (インストラクションコース)【オーガナイザー・講師】インストラクションコース CCCを極める! 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/25), 東京.

722212. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー)【座長】ランチョンセミナー9: 先取り! アドバンスト白内障屈折矯正手術. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/25), 東京.

722213. [学会 (全国)] (教育セミナー) 角膜移植の基本手技: 表層移植. 川北哲也1,2 (1眼科, 2北里研究所病院): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/26), 東京.

722214. [学会 (全国)] (モーニングセミナー)【座長】モーニングセミナー8: 進化する白内障手術, どこまで精度を極めるか! 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/26), 東京.

722215. [学会 (全国)] (市民公開講座) 白内障と言われたら. 清水公也1,2 (1山王病院アイセンター, 2眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/26), 東京.

723582. [学会 (全国)] (一般講演) 経験の異なる3名の術者によるフェムトセカンドレーザー白内障手術の術後早期成績. 三田村麻里1, 小島隆司2, 澤木綾子3, 市川 慶4, 内藤尚久1, 酒井幸弘1, 加藤幸仁1, 茅野翔悟1, 洞井里絵1, 田中芳樹1, 市川一夫1,5 (1中京眼科, 2慶應大, 3JCHO中京病院, 4岐阜赤十字病院, 5眼科): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/18), 東京.

723583. [学会 (全国)] (一般講演) フェムトセカンドレーザー白内障における新型I/Aチップの使用成績. 市川 慶1, 小島隆司2, 加藤幸仁3, 洞井里絵3, 三田村麻里3, 澤木綾子4, 市川玲子3, 内藤尚久3, 市川一夫3,4,5 (1岐阜赤十字病院, 2慶應大, 3中京眼科, 4地域医療推進機構中京病院, 5眼科): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/18), 東京.

723584. [学会 (全国)] (一般講演) 挿入された眼内レンズの位置を術後期間の違いで比較する新しい解析法. 馬嶋 清1, 市川 慶2, 酒井幸弘3, 内藤尚久3, 片岡嵩博4, 磯谷尚樹4, 中村友昭4, 玉置明野4, 市川一夫3,5,6 (1眼科明眼院, 2岐阜赤十字病院, 3中京眼科, 4名古屋アイクリニック, 5JCHO中京病院, 6眼科): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/18), 東京.

723585. [学会 (全国)] (一般講演) フラット角膜眼に対するBarrett式の予測性の検討. 飯島 敬1, 神谷和孝2, 飯田嘉彦1, 江黒友春1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/18), 東京.

723586. [学会 (全国)] (一般講演) 目標屈折値の補正式を用いた眼内レンズ縫着術における術後屈折誤差. 飯田嘉彦1, 佐藤信之1,2, 横関祐佳子1,3, 柳田智彦1, 庄司信行1 (1眼科, 2北里大学メディカルセンター, 3大和市立病院): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/18), 東京.

723587. [学会 (全国)] (一般講演) 深層学習を用いた円錐角膜の診断能の検討 (第3報: プラチド式角膜形状解析での検討). 神谷和孝1, 綾塚祐二2, 加藤雄大2, 藤村芙佐子1, 庄司信行3, 森 洋斉4, 宮田和典4 (1医療衛生学部, 2クレスコ社, 3眼科, 4宮田眼科): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/18), 東京.

723588. [学会 (全国)] (一般講演) オートケラトメータを用いた軽度円錐角膜のスクリーニング (多施設共同研究). 小島隆司1,2,3, 西田知也2, 中村友昭2, 星野彰宏4, 高木勇貴4, 佐藤裕也5, 渡部 環5, 長谷川亜里6, 玉置明野6, 市川一夫7,8 (1慶應大, 2名古屋アイクリニック, 3岐阜赤十字病院, 4飯田市立病院, 5佐藤裕也眼科医院, 6JCHO中京病院, 7中京眼科, 8眼科): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/18), 東京.

723589. [学会 (全国)] (学術展示) SS OCT Biometerによる角膜の換算屈折率と実測値による角膜全屈折力の比較. 玉置明野1,2, 小島隆司3, 橋爪良太1, 長谷川亜里1, 加賀達志1, 市川一夫1,4,5, 田中 清2 (1中京眼科, 2信州大学院総合工学系研究科, 3慶応義塾大学, 4中京眼科, 5眼科): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/18), 東京.

723590. [学会 (全国)] (学術展示) ラタノプロスト/チモロールからラタノプロスト/カルテオロールへの配合点眼薬の変更. 朴  華1, 井上賢治1, 岩佐真弓1,2, 石田恭子3, 富田剛司3 (1井上眼科病院, 2眼科, 3東邦大・大橋): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/18), 東京.

723591. [学会 (全国)] (学術展示) Visual Snow Syndromeの6例報告およびその疾患概念. 田中崇広1, 山上明子1,2, 若倉雅登1, 井上賢治1, 石井賢二3 (1井上眼科病院, 2眼科, 3東京都健康長寿医療センター研究所): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/18), 東京.

723592. [学会 (全国)] (一般講演) トラベクトーム手術後早期成績不良例の背景因子. 河野雄亮1, 笠原正行1, 江黒友春1, 庄司信行1 (1眼科): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/19), 東京.

723593. [学会 (全国)] (一般講演) 成人両眼性複視を対象としたsagging eye syndromeの有病率. 後関利明1,2, Soh Youn Suh2, Laura Robbins2, Stacy L Pineles2, Federico G Velez2, Joseph L Demer2 (1眼科, 2Pediatric Ophthalmology and Adult Strabismus division, Stein Eye Institute, David Geffen School of Medicine, UCLA): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/19), 東京.

723594. [学会 (全国)] (一般講演) 未就学児における光学式眼軸長測定装置を用いた屈折異常の検出精度. 佐藤 司1, 伊藤美沙絵2, 高橋由嗣1, 野上豪志1, 四之宮佑馬1, 江塚彩芽3, 新井田孝裕1,4 (1国際医療福祉大, 2山王病院, 3国際医療福祉大学病院, 4眼科): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/19), 東京.

723595. [学会 (全国)] (一般講演) 後発白内障に対するレーザー後N切開術前後の1秒視力の有用性. 加藤紗矢香1, 清水公也1,2, 五十嵐章史1,2, 川守田拓志3 (1山王病院, 2眼科, 3医療衛生学部): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/19), 東京.

723596. [学会 (全国)] (一般講演) 高解像度モニタを使用した青年健常者の形態覚機能の評価. 鈴木賢治1, 五十嵐未幸1, 福與ほなみ1, 星 謙成1, 松下紗有実1, 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大学, 2眼科): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/19), 東京.

723597. [学会 (全国)] (一般講演) 有水晶体眼内レンズ手術前後における隅角開大度の経時変化. 安藤和歌子1, 神谷和孝2, 高橋正英1, 辻沢辰彦1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/19), 東京.

723598. [学会 (全国)] (一般講演) 有水晶体眼内レンズ挿入眼における隅角開大度が角膜内皮細胞密度や眼圧に及ぼす影響. 辻沢辰彦1, 神谷和孝2, 高橋正英1, 安藤和歌子1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/19), 東京.

723599. [学会 (全国)] (一般講演) KS式を用いたICL術後vaultの検討. 五十嵐章史1,2, 清水公也1,2, 加藤紗矢香1 (1山王病院アイセンター, 2眼科) 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/19), 東京.

723600. [学会 (全国)] (一般講演) 進行性円錐角膜に対するトポガイド角膜クロスリンキングと従来法の早期臨床成績の比較. 高橋正英1, 神谷和孝2, 辻沢辰彦1, 安藤和歌子, 斎藤 彩, 越地理沙子, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/19), 東京.

723601. [学会 (全国)] (学術展示) 糖尿病黄斑症の中心窩下硬性白斑に対するナビゲーションレーザーの効果. 佐藤裕之1,2, 田中芳樹2, 市川一夫2,3, 内藤尚久2, 加賀達志4, 吉田則彦5, 横山 翔4, 森 俊男6, 松田泰輔4, 三田村勇人4, 三田村麻里2, 佐藤裕也1 (1佐藤裕也眼科医院, 2中京眼科, 3眼科, 4JCHO中京病院, 5岐阜赤十字病院, 6飯田市立病院): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/19), 東京.

723602. [学会 (全国)] (学術展示) 重度の弱視に対するOcclu-padメを用いた弱視訓練の検討. 戸塚 悟1, 半田知也2, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/19), 東京.

723603. [学会 (全国)] (学術展示) 遠視抑制治療的角膜切除術 (Hyperopia Correcting-PTK) の考案と従来PTKとの比較. 早川秀輝1, 神谷和孝2, 高橋正英1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第123回日本眼科学会総会 (2019/4/19), 東京.

723604. [学会 (全国)] (一般講演) Variational Bayesを用いた視野測定アルゴリズム. 村田博史1, 藤野友里1, 松浦将人1, 島田 賢2, 藤村芙佐子3, 庄司信行4, 朝岡 亮1 (1東京大, 2興和, 3医療衛生学部, 4眼科): 第8回日本視野画像学会学術集会 (2019/5/18), 大阪.

723605. [学会 (全国)] (一般講演) Date augmentationを用いた視野進行予測の有用性の検討. 松浦将人1,2, 村田博史1, 藤野友里1,2, 三木篤也3, 谷戸正樹4, 溝上志朗5, 森 和彦6, 鈴木克佳9, 山下高明7, 柏木賢治8, 庄司信行2, 朝岡 亮1 (1東京大, 2眼科, 3大阪大, 4島根大, 5愛媛大, 6京都府医大, 7鹿児島大, 8山梨大, 9山口大): 第8回日本視野画像学会学術集会 (2019/5/18), 大阪.

723606. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】一般講演III. 庄司信行 (眼科): 第8回日本視野画像学会学術集会 (2019/5/19), 大阪.

723607. [学会 (全国)] (一般講演) 線維柱帯切除後の角膜ヒステリシスと緑内障性視野進行との関係. 藤野友里1,2, 村田博史1, 松浦将人1,2, 中倉俊祐2,3, 庄司信行2, 中尾義隆4, 木内良明1, 朝岡 亮1 (1東京大, 2眼科, 3ツカザキ病院, 4広島大): 第8回日本視野画像学会学術集会 (2019/5/19), 大阪.

723608. [学会 (全国)] (一般講演) 眼球モデルを考慮した新設計眼鏡レンズの設計方法. 福井慎一1, 加藤一壽1, 川守田拓志2 (1伊藤光学工業株式会社, 2医療衛生学部): 第23回日本眼鏡学会年次セミナーおよび定時総会 (2019/5/28), 岡山.

723609. [学会 (全国)] (一般講演) 眼球モデルを考慮した新設計眼鏡レンズの有用性. 川守田拓志1, 福井慎一2, 加藤一壽2, 神谷和孝1, 半田知也1, 魚里 博, 庄司信行3 1医療衛生学部, 2伊藤光学工業株式会社, 3眼科): 第23回日本眼鏡学会年次セミナーおよび定時総会 (2019/5/28), 岡山.

723610. [学会 (全国)] (一般口演)【座長】一般口演 デジタルデバイスと斜視. 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大学, 2眼科): 第75回日本弱視斜視学会総会・第44回日本小児眼科学会総会 合同学会 (2019/6/14), 静岡.

723611. [学会 (全国)] (一般口演) 学童期に発症したゲーム依存症としての急性後天内斜視2症例の臨床的特徴. 江塚彩芽1, 原 直人2, 岡野真弓2, 塚原麻由佳1, 小野里規子1, 植竹暎未1, 高津戸佑騎1, 佐竹可子1, 新井田孝裕2,3 (1国際医療福祉大病院, 2国際医療福祉大, 3眼科): 第75回日本弱視斜視学会総会・第44回日本小児眼科学会総会 合同学会 (2019/6/14), 静岡.

723612. [学会 (全国)] (一般口演) VRによる高次脳機能・近見反応および疲労感への影響およびその経時的な変化の検討. 原 直人1, 鎌田泰彰1, 平原彩花1, 水村 茜1, 山崎華梨1, 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大, 2眼科): 第75回日本弱視斜視学会総会・第44回日本小児眼科学会総会 合同学会 (2019/6/14), 静岡.

723613. [学会 (全国)] (一般口演) 視線解析装置によるADHD児の衝動性眼球運動の潜時計測. 四之宮佑馬1, 鈴木賢治1, 小野弓絵2, 畦上恭彦1, 佐藤妙子1, 三森千種1, 新井田孝裕1,3 (1国際医療福祉大, 2明治大, 3眼科): 第75回日本弱視斜視学会総会・第44回日本小児眼科学会総会 合同学会 (2019/6/14), 静岡.

723614. [学会 (全国)] (一般口演) Williams症候群における眼異常合併頻度. 榊原七重1, 高橋香代子1, 石川 均1 (1医療衛生学部): 第75回日本弱視斜視学会総会・第44回日本小児眼科学会総会 合同学会 (2019/6/14), 静岡.

723615. [学会 (全国)] (一般口演)【座長】一般口演 回旋斜視・他. 後関利明 (眼科): 第75回日本弱視斜視学会総会・第44回日本小児眼科学会総会 合同学会 (2019/6/14), 静岡.

723616. [学会 (全国)] (学術展示) 4〜6歳児における眼球生体計測値の1年間の経時変化. 佐藤 司1, 高橋由嗣1, 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大, 2眼科): 第75回日本弱視斜視学会総会・第44回日本小児眼科学会総会 合同学会 (2019/6/14), 静岡.

723617. [学会 (全国)] (学術展示) 自覚的調節力と他覚的調節力の再現性と測定値の比較. 野上豪志1, 佐藤 司1, 小林沙恵1, 佐藤夕佳1, 竹澤優子1, 中山 駿1, 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大, 2眼科): 第75回日本弱視斜視学会総会・第44回日本小児眼科学会総会 合同学会 (2019/6/14), 静岡.

723618. [学会 (全国)] (学術展示) 質問紙を用いた斜視・弱視の子どもをもつ保護者のストレス調査. 岩田 遥1, 北里美和2, 上田智基2, 深谷悦子2, 岩滿優美2, 石川 均1 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科): 第75回日本弱視斜視学会総会・第44回日本小児眼科学会総会 合同学会 (2019/6/14), 静岡.

723619. [学会 (全国)] (学術展示) 12年間放置された斜視弱視の一例. 高橋由嗣1, 佐竹可子2, 藤山由紀子1, 新井田孝裕1,3 (1国際医療福祉大, 2国際医療福祉大学病院, 3眼科): 第75回日本弱視斜視学会総会・第44回日本小児眼科学会総会 合同学会 (2019/6/14), 静岡.

723620. [学会 (全国)] (一般講演) トーリック有水晶体後房レンズの垂直固定による術後成績. 加藤紗矢香1, 清水公也1, 五十嵐章史1,2 (1山王病院, 2眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/28), 京都.

723621. [学会 (全国)] (一般講演) 新しいIOL度数計算式と既存式の予測精度の比較. 佐藤 司1,2, 清水公也2, 常廣俊太郎2,3, 五十嵐章史2,3, 加藤紗矢香2, 保科美希2, 輿水 学2,3, 四之宮佑馬1, 新井田孝裕1,3 (1国際医療福祉大学・保健医療学, 2山王病院, 3眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/28), 京都.

723622. [学会 (全国)] (一般講演) LASIK前の検査値は白内障術後の屈折誤差を減少させるか. 常廣俊太郎1,2, 清水公也1,2, 五十嵐章史1,2, 輿水 学1,2, 加藤紗矢香1, 保科美希1, 佐藤 司1,3 (1山王病院, 2眼科, 3国際医療福祉大): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/28), 京都.

723623. [学会 (全国)] (一般講演) Hole ICL垂直固定時におけるKS式を用いた術後vaultの予測. 五十嵐章史1,2, 清水公也1,2, 加藤紗矢香1 (1山王病院, 2眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/28), 京都.

723624. [学会 (全国)] (一般講演) 無水晶体眼用虹彩裏面支持眼内レンズの術後長期成績. 原 修哉1, 小島隆司2, 市川一夫3,4 (1大雄会第一病院, 2慶應大, 3中京眼科, 4眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/28), 京都.

723625. [学会 (全国)] (一般講演) 長眼軸眼に挿入された眼内レンズの分光透過特性の違いによる術後長期の近視化傾向の検討. 佐藤裕之1, 貞松良成2, 内藤尚久3, 斎藤 裕4, 大鹿 智5, 渡曾恒久6, 佐藤裕也1, 市川一夫3,7 (1佐藤裕也眼科医院, 2さだまつ眼科クリニック, 3中京眼科, 4斎藤眼科, 5大鹿眼科, 6わたらい眼科, 7眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/28), 京都.

723626. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】一般講演4 多焦点・トーリックA. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/28), 京都.

723627. [学会 (全国)] (一般講演) 多焦点眼内レンズActive Focusメの術後早期成績の検討. 市川 慶1, 小島隆司2, 茅野翔悟3, 洞井里絵3, 三田村麻里3, 澤木綾子4, 市川玲子3, 玉置明野4, 市川一夫3,5 (1岐阜赤十字病院, 2慶應大, 3中京眼科, 4中京病院, 5眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/28), 京都.

723628. [学会 (全国)] (一般講演) 複数の術者間のフェムトセカンドレーザー白内障手術時の惹起乱視の比較. 三田村麻里1, 小島隆司2, 市川 慶3, 酒井幸弘1, 加藤幸仁1, 内藤尚久1, 市川一夫1,4 (1中京眼科, 2慶應大, 3岐阜赤十字病院, 4眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

723629. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】一般講演7 生体計測. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

723630. [学会 (全国)] (一般講演) 水晶体再建術前の赤道部深度及び術前後の前房深度を計測する新しい方法. 馬嶋清如1, 市川 慶2, 酒井幸弘3, 内藤尚久3, 片岡嵩博4, 磯谷尚輝4, 中村友昭4, 玉置明野5, 市川一夫3,6 (1眼科明眼院, 2岐阜赤十字病院, 3中京眼科, 4名古屋アイクリニック, 5中京病院, 6眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

723631. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障術前生体計測データの比較研究 (第1報: 国内2施設間における比較). 神谷和孝1, 藤村芙佐子1, 干川里絵1, 飯田嘉彦2, 庄司信行2, 森 洋斉3, 南慶一郎3, 宮田和典3 (1医療衛生学部, 2眼科, 3宮田眼科病院): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

723632. [学会 (全国)] (一般講演) 正常眼における角膜換算屈折力および全屈折力の比較. 干川里絵1, 神谷和孝1, 藤村芙佐子1, 高橋正英2, 庄司信行2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

723633. [学会 (全国)] (一般講演) 前眼部OCT CASIA2における円錐角膜眼と正常眼の再現性の比較. 斎藤 彩1, 神谷和孝2, 藤村芙佐子2, 干川里絵2, 高橋正英1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

723634. [学会 (全国)] (一般講演) 円錐角膜眼における2機種の角膜形状解析装置の測定値の比較. 藤村芙佐子1, 神谷和孝1, 干川里絵1, 斎藤 彩2, 高橋正英2, 庄司信行2 (1医療衛生学部, 2眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

723635. [学会 (全国)] (一般講演) 2つのSwept Source OCT装置による角膜全屈折力の比較. 橋爪良太1, 玉置明野1, 小島隆司2, 加賀達志1, 市川一夫3,4 (1中京病院, 2慶應大, 3中京眼科, 4眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

723636. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障手術前後の涙液油層に関する前向き研究. 岡村周子1, 小島隆司2, 加藤あかね1, 三田村麻里3, 市川一夫3,4 (1岐阜赤十字病院, 2慶應大, 3中京眼科, 4眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

723637. [学会 (全国)] (学術展示) 角膜クロスリンキングのEpi-off法とEpi-on法の術後早期成績の比較. 吉田陽子1, 有竹亜季代1, 西田知也1, 片岡嵩博1, 水野泰子1, 小島隆司1,2, 中村友昭1, 渡部 環3, 佐藤裕也3, 市川一夫4,5 (1名古屋アイクリニック, 2慶應大, 3佐藤裕也眼科医院, 4中京眼科, 5眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

723638. [学会 (全国)] (学術展示) 白内障手術の屈折度数設定に眼軸差および斜視を考慮した2症例. 永瀬駿規1, 五十嵐章史1,2, 常廣俊太郎1,2, 伊藤美沙絵1, 清水公也1,2 (1山王病院, 2眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/29), 京都.

723639. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障手術施設の分布調査. 小早川信一郎1, 石井 清2, 市川一夫3,4, 徳田芳浩5 (1日本医大・武蔵小杉, 2さいたま赤十字病院, 3中京眼科, 4眼科, 5井上眼科病院): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/30), 京都.

723640. [学会 (全国)] (一般講演) NX70CHの強膜固定における30G針の新しい使い方. 吉田則彦1, 市川一夫2,3 (1岐阜赤十字病院, 2中京眼科, 3眼科): 第34回JSCRS学術総会 (2019/6/30), 京都.

723641. [学会 (全国)] (一般講演) 北里大学眼科における最近3年間での円錐角膜用コンタクトレンズ装用状況. 熊埜御堂隆1, 越地理沙子, 高橋正英1, 辻沢辰彦1, 安藤和歌子1, 宇津見義一1, 神谷和孝2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): フォーサム2019京都 (第62回日本コンタクトレンズ学会総会) (2019/7/6), 京都.

723642. [学会 (全国)] (一般口演) Association between glaucomatous optic disc change and Corvis ST-measured biomechanical property. 青木修一郎1, 徳毛花菜2, 藤野友里3,4, 松浦将人3,4, 村田博史4, 中倉俊祐5, 朝岡 亮4, 木内良明2 (1市立札幌病院, 2広島大, 3眼科, 4東京大, 5ツカザキ病院): 第30回日本緑内障学会 (2019/9/6), 熊本.

723643. [学会 (全国)] (一般口演) Effects of the different spectral transmittance of yellow tinted lenses on the retinal sensitivities (異なる分光透過率曲線の黄色着色レンズの網膜感度への影響). 原口翔太1, 川守田拓志2, 庄司信行3 (1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3眼科): 第30回日本緑内障学会 (2019/9/6), 熊本.

723644. [学会 (全国)] (一般口演)【座長】一般口演17: 手術療法6. 庄司信行 (眼科): 第30回日本緑内障学会 (2019/9/7), 熊本.

723645. [学会 (全国)] (学術展示) Effect on the difference in visual acuity of both eyes in the binocular visual field tests (両眼開放視野検査における視力の左右差の影響). 郷右近博康1, 藤村芙佐子2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第30回日本緑内障学会 (2019/9/7), 熊本.

723646. [学会 (全国)] (一般口演) Short term results of trabeculectomy for elevated intraocular pressure after CYCLO G6 (CYCLO G6施行後の眼圧上昇例に対する繊維柱帯切除術の短期成績). 辻沢辰彦1, 庄司信行1, 笠原正行1, 河野雄亮1 (1眼科): 第30回日本緑内障学会 (2019/9/8), 熊本.

723647. [学会 (全国)] (一般口演) Predictability of Cataract Surgery with Trabeculectomy in Eyes using the Barrett Universal 2 formula (白内障手術併用繊維柱帯切除術症例に対するBarrett Universal 2式の予測性の検討). 飯島 敬1, 神谷和孝2, 飯田嘉彦1, 笠原正行1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第30回日本緑内障学会 (2019/9/8), 熊本.

723648. [学会 (全国)] (一般口演) 抗MOG抗体陽性視神経炎の臨床像の検討. 山上明子1,2, 岩佐真弓1,2, 井上賢治1, 若倉雅登1, 田中惠子3, 高橋利幸4,5 (1井上眼科病院, 2眼科, 3新潟大学脳研究所, 4東北大学神経内科, 5米沢病院): 第57回日本神経眼科学会総会 (2019/10/4), 札幌.

723649. [学会 (全国)] (一般口演) 難治性視神経炎に対する大量免疫グロブリン静注療法. 三村 治1, 中尾雄三2, 石川 均3, 毛塚剛志4, 敷島敬悟5, 鈴木利根6, 中村 誠7, 中馬秀樹8, 井上賢治9, 木村亜紀子1 (1兵庫医科大学, 2近畿大学, 3医療衛生学部, 4東京医科大学, 5東京慈恵会医科大学, 6獨協医科大学埼玉医療センター, 7神戸大学, 8宮崎大学, 9済安堂井上眼科病院): 第57回日本神経眼科学会総会 (2019/10/4), 札幌.

723650. [学会 (全国)] (一般口演) 診断・治療に難渋したアスペルギルス感染症による鼻性視神経症の1例. 石川大起1, 龍井苑子1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第57回日本神経眼科学会総会 (2019/10/4), 札幌.

723651. [学会 (全国)] (一般口演) 北里大学病院眼科におけるLeber遺伝子視神経症の最終視力程度別, 臨床的特徴. 沼澤勇輝1, 石川 均2, 龍井苑子1, 安本龍馬3, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部, 3臨検部): 第57回日本神経眼科学会総会 (2019/10/4), 札幌.

723652. [学会 (全国)] (ポスター) 眼筋型重症筋無力症とdouble elevator palsyと視神経腺腫症2型で診断を迷う1例: 第2報. 富田匡彦1, 松本 直1, 森川葉月1, 功刀葉子1, 加藤桂子1, 堀 裕一1, 石川 均2 (1東邦大学医療センター大森病院, 2医療衛生学部): 第57回日本神経眼科学会総会 (2019/10/4), 札幌.

723653. [学会 (全国)] (一般口演)【座長】一般口演5: レーベル病, 視神経疾患. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第57回日本神経眼科学会総会 (2019/10/5), 札幌.

723654. [学会 (全国)] (一般口演) mt13051C>A変異を有するレーベル遺伝性視神経症の1例. 岩佐真弓1,2, 山上明子1,2, 井上賢治1, 若倉雅登1, 安本龍馬3, 櫻井慶造3, 石川 均4 (1井上眼科病院, 2眼科, 3臨検部, 4医療衛生学部): 第57回日本神経眼科学会総会 (2019/10/5), 札幌.

723655. [学会 (全国)] (一般口演) ステロイドパルス, 血漿交換療法に無反応だったミトコンドリア遺伝子変異を有する視神経炎の1例. 龍井苑子1, 石川 均2, 金山俊介1, 沼澤勇輝1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第57回日本神経眼科学会総会 (2019/10/5), 札幌.

723656. [学会 (全国)] (一般口演) 副鼻腔炎からの波及により肥厚性硬膜炎と真菌性脳膿瘍を併発したと考えられた眼窩先端部症候群の一例. 高橋洋平1,2, 山上明子3,4, 杉山瑞恵1, 木全奈都子1 (1TMGあさか医療センター, 2東京女子医科大学病院, 3井上眼科病院, 4眼科): 第57回日本神経眼科学会総会 (2019/10/5), 札幌.

723657. [学会 (全国)] (ポスター) 瞳孔緊張症様所見にて発症したFisher症候群の一例. 森川葉月1, 松本 直1, 功刀葉子1, 加藤桂子1, 堀 裕一1, 石川 均2 (1東邦大学医療センター大森病院, 2医療衛生学部): 第57回日本神経眼科学会総会 (2019/10/5), 札幌.

723658. [学会 (全国)] (一般講演) 深層学習を用いた円錐角膜の診断能の検討 (第4報: 進行予測). 神谷和孝1, 綾塚祐二2, 加藤雄大2, 藤村芙佐子1, 庄司信行3, 森 洋斉4, 宮田和典4 (1医療衛生学部, 2クレスコ社, 3眼科, 4宮田眼科病院): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/24), 京都.

723659. [学会 (全国)] (一般講演) 前眼部OCTによるシュレム氏管同定可否別のトラベクトーム手術成績. 大竹祐樹1, 笠原正行1, 河野雄亮1, 辻沢辰彦1, 高橋正英1, 米山 諒1, 庄司信行1 (1眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/24), 京都.

723660. [学会 (全国)] (一般講演) フェムトセカンドレーザー白内障手術の角膜切開創の評価. 市川 慶1,2, 小島隆司2,3, 加藤幸仁2, 酒井幸弘2, 三田村麻里2, 澤木綾子4, 市川玲子2, 市川一夫2,5 (1岐阜赤十字病院, 2中京眼科, 3慶應大, 4JHCO中京病院, 5眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/24), 京都.

723661. [学会 (全国)] (一般講演) 眼瞼痙攣患者の日常生活の不自由度, 危険度. 河本ひろ美1, 岩佐真弓1,2, 山上明子1,2, 井上賢治1, 若倉雅登1 (1井上眼科病院, 2眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/24), 京都.

723662. [学会 (全国)] (一般講演) Visual Snow Syndromeの15例の報告. 光畑みずほ1, 田中崇広1, 岩佐真弓1,2, 山上明子1,2, 若倉雅登1, 井上賢治1, 鈴木幸久3,4, 石井賢二4 (1井上眼科病院, 2眼科, 3JHCO三島総合病院, 4東京都健康長寿医療センター研究所・神経画像研究チーム): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/24), 京都.

723663. [学会 (全国)] (学術展示ショートトーク) カラーマップ作成による眼内レンズの傾斜方向と程度の観察. 馬嶋清如1, 市川 慶2, 内藤尚久3, 酒井幸弘3, 片岡嵩博4, 磯谷尚輝4, 中村友昭4, 玉置明野5, 市川一夫3,6 (1眼科明眼院, 2岐阜赤十字病院, 3中京眼科, 4名古屋アイクリニック, 5JHCO中京病院, 6眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/24), 京都.

723664. [学会 (全国)] (一般講演) Hill-RBF式Version2の予測性とBarrett Universal2式・SRK/T式との比較. 飯島 敬1, 神谷和孝2, 飯田嘉彦1, 米山 諒1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/25), 京都.

723665. [学会 (全国)] (一般講演) 近視LASIK後の白内障手術における新しい眼内レンズ度数計算式の予測精度. 常廣俊太郎1,2,3, 清水公也1,2,3, 佐藤 司1,3, 五十嵐章史1,2,3, 輿水 学1,2,3, 加藤紗矢香1, 保科美希1 (1山王病院アイセンター, 2眼科, 3国際医療福祉大): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/25), 京都.

723666. [学会 (全国)] (一般講演) 異なるデザインのIOLにおける新しい度数計算式の予測精度の検証. 佐藤 司1,2, 清水公也1,2,3, 常廣俊太郎1,2,3, 五十嵐章史1,2,3, 加藤紗矢香2, 保科美希2, 輿水 学1,2,3, 四之宮佑馬1, 新井田孝裕1,3 (1国際医療福祉大, 2山王病院アイセンター, 3眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/25), 京都.

723667. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】一般講演26: 有水晶体眼内レンズ. 清水公也1,2 (1山王病院アイセンター, 2眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/25), 京都.

723668. [学会 (全国)] (一般講演) 摘出した後房型有水晶体眼内レンズICLの検討. 中村友昭1, 吉田陽子1, 水野泰子1, 小島隆司1,2, 杉山康男1, 田中芳樹3, 市川一夫3,4 (1名古屋アイクリニック, 2慶應大, 3中京眼科, 4眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/25), 京都.

723669. [学会 (全国)] (一般講演) 同一個体における貫通孔付き有水晶体後房レンズの固定位置による術後vaultの比較. 加藤紗矢香1, 清水公也1,2, 五十嵐章史1,2 (1山王病院, 2眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/25), 京都.

723670. [学会 (全国)] (一般講演) 45歳以上に施行した後房型有水晶体眼内レンズ挿入術の術後3年成績. 高橋正英1, 神谷和孝2, 大竹祐樹1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/25), 京都.

723671. [学会 (全国)] (一般講演) 45歳以上における貫通孔付き有水晶体後房レンズの多施設臨床成績の検討. 五十嵐章史1,2, 清水公也1,2, 神谷和孝3, 高橋正英2, 市川一夫2,4, 中村友昭5, 小島隆司5, 北澤世志博6 (1山王病院アイセンター, 2眼科, 3医療衛生学部, 4中京眼科視覚研究所, 5名古屋アイクリニック, 6サピアタワーアイクリニック東京): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/25), 京都.

723672. [学会 (全国)] (一般講演) 有水晶体眼内レンズ術後Vault予測回帰式の比較. 安藤和歌子1, 神谷和孝2, 高橋正英1, 大竹祐樹1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/25), 京都.

723673. [学会 (全国)] (一般講演) 機械学習を用いた後房型有水晶体眼内レンズのvault予測. 藤村芙佐子1, 神谷和孝1, 安藤和歌子2, 高橋正英2, 庄司信行2, 山内知房3, 田淵仁志3 (1医療衛生学部, 2眼科, 3ツカザキ病院): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/25), 京都.

723674. [学会 (全国)] (一般講演) 白内障患者における斜視の有病率. 池田哲也1, 伊藤美沙絵1, 齋藤杏奈1, 五十嵐章史1,2, 清水公也1,2 (1山王病院アイセンター, 2眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/26), 京都.

723675. [学会 (全国)] (学術展示ショートトーク)【座長】学術展示ショートトーク45 緑内障: 薬物. 庄司信行 (眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/26), 京都.

723676. [学会 (全国)] (学術展示ショートトーク) 抗緑内障薬剤数別のトラベクトーム手術の成績. 河野雄亮1, 笠原正行1, 辻沢辰彦1, 米山 諒1, 高木堅太郎1, 庄司信行1 (1眼科): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/26), 京都.

723677. [学会 (全国)] (一般講演) Variational Bayesを用いた視野測定アルゴリズム. 村田博史1, 藤野友里1, 松浦将人1,2, 島田 賢3, 朝岡 亮1 (1東京大, 2眼科, 3興和): 第73回日本臨床眼科学会 (2019/10/27), 京都.

723678. [学会 (全国)] (一般講演) 一般色および蛍光色における色コントラストと視認性. 川守田拓志1, 竹中 直2, 辻  創3, 金井博幸4, 平井利博5, 鈴木裕生6, 半田知也1, 庄司信行7 (1医療衛生学部, 2ニッセンケン品質評価センター, 3カケンテストセンター, 4信州大学繊維学部, 5信州大学特任教授, 6アゼアス (株), 7眼科): 第61回日本産業・労働・交通眼科学会 (2019/11/16), 東京.

723679. [学会 (全国)] (一般口演) 焦点深度拡張型3焦点眼内レンズと低加入回折型2焦点眼内レンズの術後成績の比較. 茅野翔悟1, 小島隆司2, 宇陀恵子1, 酒井幸弘1, 加藤幸仁1, 三田村麻里1, 内藤尚久1, 玉置明野3, 市川一夫1,4 (1中京眼科, 2慶慶応大, 3JCHO中京病院, 4眼科): 第60回日本視能矯正学会 (2019/11/30), 福岡.

723680. [学会 (全国)] (一般口演) 光学式生体計測装置と前眼部OCTによるトーリック眼内レンズの乱視矯正効果の比較. 余田千恵1, 酒井幸弘1, 小島隆司2, 玉置明野3, 加藤幸仁1, 宇陀恵子1, 茅野翔悟1, 山本真菜3, 内藤尚久1, 市川一夫1,4 (1中京眼科, 2慶應義塾大学, 3JCHO中京病院, 4眼科): 第60回日本視能矯正学会 (2019/11/30), 福岡.

723681. [学会 (全国)] (一般口演) 外斜視を伴う患者の白内障術前後の眼位変化. 赤石沢智帆1, 干川里絵2, 飯田嘉彦1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第60回日本視能矯正学会 (2019/11/30), 福岡.

723682. [学会 (全国)] (ポスター) 術中波面収差解析装置を用いた角膜屈折矯正眼における白内障術後屈折誤差の比較検討. 川野覚伸1, 酒井幸弘1, 小島隆司2, 玉置明野3, 加藤幸仁1, 磯谷尚輝4, 田中芳樹1, 内藤尚久1, 市川一夫1,5 (1中京眼科, 2慶応大, 3JCHO中京病院, 4名古屋アイクリニック, 5眼科): 第60回日本視能矯正学会 (2019/11/30), 福岡.

723683. [学会 (全国)] (ポスター) 小学4・5年生における漢字の書字に影響する視機能, 視知覚の検討. 岡野真弓1, 内川義和1, 田村省悟2, 齋藤慎之介2, 新井田孝裕1,3 (1国際医療福祉大, 2九州保健福祉大学保健科学部視機能療法学科, 3眼科): 第60回日本視能矯正学会 (2019/11/30), 福岡.

723684. [学会 (全国)] (ポスター) 衝動性眼球運動および滑動性追従運動が静的立位時の重心動揺に及ぼす影響. 内川義和1, 岡実乃里1, 斎藤千裕1, 中田莉奈1, 村岡七海1, 岡野真弓1, 新井田孝裕1,2 (1国際医療福祉大, 2眼科): 第60回日本視能矯正学会 (2019/11/30), 福岡.

723685. [学会 (全国)] (一般口演) IOLMaster700での2つの角膜屈折力を用いた術後屈折誤差の比較. 浅井優奈1, 小島隆司2, 玉置明野1, 橋爪良太1, 酒井幸弘3, 加賀達志1, 市川一夫3,4 (1JCHO中京病院, 2慶応大, 3中京眼科, 4眼科): 第60回日本視能矯正学会 (2019/12/1), 福岡.

723686. [学会 (全国)] (一般口演) レーザースペックルフローグラフィーにおける視神経乳頭血流の再現性および一致性. 小川莉奈1, 齋藤 彩1, 江黒友春1,2, 永野幸一1, 山口 純1, 庄司信行1 (1眼科, 2三ツ境眼科): 第60回日本視能矯正学会 (2019/12/1), 福岡.

723687. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】一般講演4: 角膜・結膜・強膜「角膜・結膜」. 川北哲也1,2 (1北里研究所病院, 2眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/24), 東京.

723688. [学会 (全国)] (一般講演) 生体力学特性と前眼部OCTを用いたFFK診断の有用性の検討. 志賀 優1, 小島隆司2, 西田知也3, 中村友昭3, 市川一夫4,5 (1岐阜赤十字病院, 2慶應大, 3名古屋アイクリニック, 4中京病院, 5眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/24), 東京.

723689. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】一般講演6: 小児・斜視「小児・斜視」. 山上明子1,2 (1井上眼科病院, 2眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/24), 東京.

723690. [学会 (全国)] (一般講演) スマートフォン普及に伴う急性内斜視の推移. 川神絵梨子1, 山上明子1,2, 岩佐真弓1,2, 井上賢治1, 若倉雅登1 (1井上眼科病院, 2眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/24), 東京.

723691. [学会 (全国)] (一般講演) 黄斑円孔非閉鎖例に対する空気下内視鏡を使用した内境界膜自家移植法. 森 俊男1, 加賀達志2, 吉田則彦3, 佐藤裕之4, 松田泰輔2, 横山 翔2, 三田村勇人1, 市川一夫5,6 (1飯田市立病院, 2JCHO中京病院, 3岐阜赤十字病院, 4佐藤裕也眼科, 5中京眼科, 6眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/24), 東京.

723692. [学会 (全国)] (一般講演) 網膜静脈分岐閉塞症の黄斑浮腫に対するナビゲーションレーザー治療の長期経過. 佐藤裕之1, 三田村麻里2, 市川一夫2,3, 加賀達志4, 吉田則彦5, 森 俊男6, 横山 翔4, 佐藤裕也1 (1佐藤裕也眼科, 2中京眼科, 3眼科, 4JCHO中京病院, 5岐阜赤十字病院, 6飯田市立病院): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/24), 東京.

723693. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】一般講演18白内障「多焦点眼内レンズ1」. 清水公也 (山王病院): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/25), 東京.

723694. [学会 (全国)] (学術展示) 貫通孔付き有水晶体後房レンズの初期治験例における長期臨床成績. 五十嵐章史1,2, 清水公也1,2, 高橋正英2, 神谷和孝3 (1山王病院, 2眼科, 3医療衛生学部): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/25), 東京.

723695. [学会 (全国)] (学術展示) 貫通孔付き有水晶体後房レンズ術後low vault例における臨床成績. 加藤紗矢香1, 清水公也1,2, 五十嵐章史1,2 (1山王病院, 2眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/25), 東京.

723696. [学会 (全国)] (一般講演) 三重焦点眼内レンズ (PanOptixメ) の術後早期成績の報告. 澤木綾子1, 小島隆司2, 茅野翔悟3, 磯谷尚輝4, 三田村麻里3, 市川 慶5, 中村友昭4, 市川一夫3,6 (1JCHO中京病院, 2慶應大, 3中京眼科, 4名古屋アイクリニック, 5総合青山病院, 6眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/26), 東京.

723697. [学会 (全国)] (一般講演) 多焦点眼内レンズTorinovaメの術後早期成績と屈折誤差. 市川 慶1, 小島隆司2,3, 茅野翔悟2, 加藤あかね4, 澤木綾子5, 市川玲子2, 玉置明野5, 市川一夫2,5,6 (1総合青山病院, 2中京眼科, 3慶應大, 4岐阜赤十字病院, 5JCHO中京病院, 6眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/26), 東京.

723698. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】一般講演21屈折矯正手術「屈折矯正手術」. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/26), 東京.

723699. [学会 (全国)] (一般講演) 進行性円錐角膜に対するカスタム角膜クロスリンキングの早期成績. 小島隆司1,2, 西田知也1, 片岡嵩博1, 吉田洋子1, 中村友昭1, 市川一夫3,4 (1名古屋アイクリニック, 2慶應大, 3中京眼科, 4眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/26), 東京.

723700. [学会 (全国)] (一般講演) 照明設計解析ソフトを用いたHole ICLの迷光解析. 川守田拓志1, 山崎 健1, 清水公也1,2, 庄司信行3 (1医療衛生学部, 2山王病院, 3眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/26), 東京.

723701. [学会 (全国)] (一般講演)【座長】一般講演23: 白内障「FLACS, 生体計測」. 市川一夫1,2 (1中京眼科, 2眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/26), 東京.

723702. [学会 (全国)] (一般講演) Hessチャートの人工知能識別予備的研究・外転神経麻痺と正常の識別. 足立将門1, 升本浩紀1, 石飛直史1, 後関利明2, 田淵仁志1,3, 亀岡真弘1, 小松香織4, 木内良明4 (1ツカザキ病院, 2眼科, 3広島大DT2M, 4広島大): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/26), 東京.

723703. [学会 (全国)] (一般講演) 25ゲージ内視鏡併用経毛様体扁平部アーメドバルブ挿入の成績. 松田泰輔1, 横山 翔1, 小島隆司2, 渡邉三訓3, 加賀達志1, 市川一夫3,4 (1JCHO中京病院, 2慶應大, 3中京眼科, 4眼科): 第43回日本眼科手術学会学術総会 (2020/1/26), 東京.

731069. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 屈折矯正手術『現状と今後の展望』. 神谷和孝 (医療衛生学部): OKINAWA Cataract&Corneal Seminar (2019/5/24), 沖縄.

731070. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) ここまで変わった! 円錐角膜治療の最前線. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第52回道南眼科集談会 (2019/6/1), 北海道.

731071. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 視力・屈折検査・悩みの解決策. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第20回みやぎ視能訓練士の会 (2019/6/9), 宮城.

731072. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 緑内障患者における手術紹介のタイミング. 笠原正行 (眼科): 第13回さがみ眼科研究会 (2019/6/13), 東京.

731073. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】特別講演2. 庄司信行 (眼科): 第13回さがみ眼科研究会 (2019/6/13), 東京.

731074. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) マイクロパルスレーザーの使用経験とその位置づけ. 庄司信行 (眼科): 第5回Fukuoka Glaucoma Council (2019/6/15), 福岡.

731075. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 屈折矯正手術アップデート2019. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第23回甲信セミナー (2019/6/23), 山梨.

731076. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】特別講演1. 庄司信行 (眼科): 第19回神奈川眼科セミナー (2019/7/4), 神奈川.

731077. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 屈折矯正手術アップデート2019. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第42回獨協医科大学眼科・栃木県眼科医会合同講演会 (2019/7/12), 栃木.

731078. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 動画で見せます白内障手術 〜手術前後の処方薬についても解説します〜. 相澤大輔1,2 (1海老名総合病院 2眼科): 第91回町田市薬剤師会学術講演会 (2019/7/18), 東京.

731079. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) わかりやすい眼光学 視覚の質が分かるコントラスト感度検査. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第2回コメディカルスキルアップセミナーin富山 (2019/7/21), 富山.

731080. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 緑内障の診断と進行判定. 庄司信行 (眼科): 第20回福岡緑内障カンファレンス (2019/7/26), 福岡.

731081. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) ここまで変わった! 円錐角膜の治療〜CuRV, PiXLからAI治療まで. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第18回めざせ! コルネアの鉄人 (2019/8/30), 東京.

731082. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 低侵襲緑内障手術. 庄司信行 (眼科): 2019年度岩手眼科学術セミナー (2019/8/31), 岩手.

731083. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 知ってるつもりの対光反射. 浅川 賢 (医療衛生学部): 第30回小児眼科 (斜視・弱視) 症例検討会・勉強会 (2019/9/12), 神奈川.

731084. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】特別講演. 後関利明 (眼科): ESG〜External Surgery Group〜 (2019/9/13), 神奈川.

731085. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】特別講演I. 神谷和孝 (医療衛生学部): SENJU Ocular surface Seminar (2019/9/27), 神奈川.

731086. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】特別講演. 庄司信行 (眼科): 第55回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2019/10/31), 神奈川.

731087. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) ここまで変わった! 円錐角膜の最新治療〜CuRV, PiXLからAI診断まで〜. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第17回北関東眼科病院研究会 (2019/11/7), 栃木.

731088. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 角膜クロスリンキングの未来予想図〜CuRV, PiXLからAI進行予測まで〜. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第230回関西眼科先進医療研究会 (2019/11/20), 大阪.

731089. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 最新の視神経疾患の考え方・扱い方〜臨床例を参考に. 石川 均 (医療衛生学部): 第263回鹿児島眼科集談会 (2019/11/30), 鹿児島.

731090. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) MIGSの効果と限界. 庄司信行 (眼科): 第16回Bay Ophthalmic Surgical Seminar (2019/11/30), 神奈川.

731091. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 高齢者の複視−Sagging Eye Syndromeを理解する−. 後関利明 (眼科): 第107回秋田県眼科集談会 (2019/12/15), 秋田.

731092. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演)【座長】特別講演. 庄司信行 (眼科): 第17回北里眼科病診連携会 (2020/1/16), 神奈川.

731093. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 緑内障手術の適応と術後管理. 笠原正行 (眼科): 第17回北里眼科病診連携会 (2020/1/16), 神奈川.

731094. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 見逃せない神経眼科救急疾患−緑内障と対光反射−. 石川 均 (医療衛生学部): 第9回SUSANOO会 (2020/1/19), 島根.

731095. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 紹介すべき神経眼科疾患−そのタイミングを逃がさないために−. 石川 均 (医療衛生学部): 第6回黒潮眼科フォーラム (2020/1/25), 高知.

731096. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 北里大学における角膜疾患治療の実際〜紹介いただきたい疾患とその時期について〜. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第5回横浜市緑区眼科医会学術講演会 (2020/1/31), 神奈川.

732050. [学会 (地方会・研究会)] (教育講座) 神経眼科疾患−背後に隠れる疾患を見逃さないために−. 石川 均 (医療衛生学部): 日本眼科医会第76回生涯教育講座 (2019/4/13), 愛知.

732051. [学会 (地方会・研究会)] (ミーティング) 講師. 庄司信行 (眼科): 第2回SENJU Glaucoma Seminarボードミーティング (2019/4/23), 神奈川.

732052. [学会 (地方会・研究会)] (アドバイザー) アイファガン点眼液0.1%, ガチフロ点眼液0.3%の製剤特徴について. 笠原正行 (眼科): 千寿製薬アドバイザーDr.企画 (2019/4/25), 神奈川.

732053. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 円錐角膜に対する新たなアプローチ. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第15回大阪角膜フォーラム (2019/5/11), 大阪.

732054. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) MIGSと緑内障治療薬のアップデート. 笠原正行 (眼科): 第18回グラネア会 (2019/5/16), 神奈川.

732055. [学会 (地方会・研究会)] (開会の挨拶) 神奈川歯科大学附属横浜クリニック眼科紹介 (開会の挨拶). 市邊義章1,2 (1神奈川歯科大学附属横浜クリニック, 2眼科): 第12回神奈川歯科大学横浜眼科診々連携の会 (2019/5/31), 神奈川.

732056. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 緑内障手術アップデート〜MIGS〜. 笠原正行 (眼科): 第12回神奈川歯科大学横浜眼科診々連携の会 (2019/5/31), 神奈川.

732057. [学会 (地方会・研究会)] (閉会の挨拶) 閉会の挨拶. 向野和雄1,2 (1神奈川歯科大学附属横浜クリニック, 2眼科): 第12回神奈川歯科大学横浜眼科診々連携の会 (2019/5/31), 神奈川.

732058. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション) 網膜疾患の診断および治療選択肢. 市邊義章1,2, 柳田智彦2 (1神奈川歯科大学附属横浜クリニック, 2眼科): 第14回神奈川黄斑研究会 (2019/6/22), 神奈川.

732059. [学会 (地方会・研究会)] (基調講演)【座長】基調講演1. 飯田嘉彦 (眼科): 第2回北里大学眼科茶話会 (2019/7/13), 東京.

732060. [学会 (地方会・研究会)] (基調講演) 角膜クロスリンキングの現状と展望. 高橋正英 (眼科): 第2回北里大学眼科茶話会 (2019/7/13), 東京.

732061. [学会 (地方会・研究会)] (基調講演)【座長】基調講演2. 柳田智彦 (眼科): 第2回北里大学眼科茶話会 (2019/7/13), 東京.

732062. [学会 (地方会・研究会)] (基調講演) 米国斜視診療-最新トピックスと留学報告-. 後関利明 (眼科): 第2回北里大学眼科茶話会 (2019/7/13), 東京.

732063. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 水晶体の加齢変化と視機能. 川守田拓志 (医療衛生学部): 2019眼光学チュートリアルセミナー (2019/8/3), 東京.

732064. [学会 (地方会・研究会)] (社内ゼミ) 海老名総合病院における白内障手術について. 相澤大輔1,2 (1海老名総合病院, 2眼科): 興和株式会社 社内ゼミ (2019/8/22), 神奈川.

732065. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 遠視抑制治療的角膜切除術の考案と従来PTKとの比較. 早川秀輝1,2 (1東芝林間病院, 2眼科): 第18回めざせ! コルネアの鉄人 (2019/8/30), 東京.

732066. [学会 (地方会・研究会)] (講習会)【司会】日本神経眼科学会認定講習会. 石川 均 (医療衛生学部): 第35回真鶴セミナー (日本神経眼科学会認定講習会) (2019/9/1), 神奈川.

732067. [学会 (地方会・研究会)] (講習会) 日本神経眼科学会認定講習会: 外眼筋・眼窩pulley. 後関利明 (眼科): 第35回真鶴セミナー (日本神経眼科学会認定講習会) (2019/9/1), 神奈川.

732068. [学会 (地方会・研究会)] (症例検討) 視神経炎と紹介された弱視の1例. 安藤和歌子 (眼科): 第30回小児眼科 (斜視・弱視) 症例検討会・勉強会 (2019/9/12), 神奈川.

732069. [学会 (地方会・研究会)] (座談会)【司会】緑内障治療の温故知新〜主流出路を介する眼圧下降治療とその解釈〜. 庄司信行 (眼科): 神奈川県座談会 (興和) (2019/9/25), 神奈川.

732070. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム)【座長】Treatment (Medical&Surgical). 庄司信行 (眼科): Asia Glaucoma Academy (AGA) 1st Conference (2019/9/28), 東京.

732071. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 緑内障. 笠原正行 (眼科): 目の愛護デー 市民公開講座 (2019/9/29), 神奈川.

732072. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】手術. 庄司信行 (眼科): Keep The Visual Field in Tokyo (2019/10/5), 東京.

732073. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 緑内障手術の紹介タイミング. 笠原正行 (眼科): 第3回めがみの会 (2019/10/6), 神奈川.

732074. [学会 (地方会・研究会)] (市民公開講座) よくわかる目の健康のお話〜白内障・緑内障の症状とその治療〜. 相澤大輔1,2 (1海老名総合病院, 2眼科): 知って得する健康講座/海老名総合病院 (2019/10/19), 神奈川.

732075. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 緑内障治療のアップデート. 笠原正行 (眼科): 湘西眼科講習会 (2019/10/19), 神奈川.

732076. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】トラベクトーム手術研究会. 庄司信行 (眼科): トラベクトーム手術研究会2019 in Kyoto (2019/10/26), 京都.

732077. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 生理光学の立場から見たヘッドアップディスプレイの安全性と視覚中心設計. 川守田拓志 (医療衛生学部): 葛Z術情報協会セミナー (ヘッドアップディスプレイの最適情報提示と視覚特性) (2019/10/29), 東京.

732078. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演)【座長】教育講演. 柳田智彦 (眼科): 第55回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2019/10/31), 神奈川.

732079. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 光干渉断層計 (OCT) 所見を中心とした網膜硝子体疾患. 春木崇宏 (眼科): 第55回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2019/10/31), 神奈川.

732080. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 緑内障の病期に応じた治療の導入. 庄司信行 (眼科): 第20回教育フォーラム (2019/11/2), 福岡.

732081. [学会 (地方会・研究会)] (教授就任講演) 低侵襲緑内障手術: MIGS. 庄司信行 (眼科): 第45回北里医学会総会 (2019/11/16), 神奈川.

732082. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 屈折矯正アップデート. 神谷和孝 (医療衛生学部): エイエムオー・ジャパン ユーザーズミーティング2019仙台 (2019/11/24), 宮城.

732083. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】講演I. 神谷和孝 (医療衛生学部): OS-Gカンファレンス (2019/11/27), 神奈川.

732084. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】講演1. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第61回湘西眼科臨床フォーラム (2019/12/12), 神奈川.

732085. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】講演2. 庄司信行 (眼科): 第61回湘西眼科臨床フォーラム (2019/12/12), 神奈川.

732086. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 症例より学ぶ最新の神経眼科. 石川 均 (医療衛生学部): 第433回大阪眼科集談会 (2019/12/14), 大阪.

732087. [学会 (地方会・研究会)] (スペシャリスト講演) 現場のニーズから考えるわかりやすい眼光学. 川守田拓志 (医療衛生学部): 第2回Future of Orthoptist (2019/12/14), 熊本.

732088. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 緑内障の病期に応じた治療の導入. 庄司信行 (眼科): Glaucoma Update Seminar エイベリス発売1周年記念講演会 (2020/1/30), 神奈川.

732089. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】講演1. 石川 均 (医療衛生学部): 第7回神奈川小児眼科・神経眼科カンファレンス (2020/2/6), 神奈川.

732090. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】特別講演2. 神谷和孝 (医療衛生学部): 第16回湘南眼科倶楽部 (2020/2/13), 神奈川.

732091. [学会 (地方会・研究会)] (基調講演) 外眼部手術における感染症及びその予防. 龍井苑子 (眼科): ESG〜External Surgery Group〜 (2020/2/14), 神奈川.

732092. [学会 (地方会・研究会)] (症例報告) 診断に苦慮した難治性眼瞼下垂の1例. 池田哲也 (眼科): 第12回神奈川クロスオーバーシンポジウム (2020/2/15), 神奈川.

732093. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等)【座長】招待講演. 庄司信行 (眼科): 第5回視覚生理学基礎セミナー (2020/2/16), 大阪.

732094. [学会 (地方会・研究会)] (アドバイザリー)【講師】アイベータ配合点眼液のプロモーションについて. 庄司信行 (眼科): アドバイザリーDr.招聘企画 (2020/2/20), 東京.

733227. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)【座長】一般講演. 庄司信行 (眼科): 第11回神奈川眼科学会 (2019/6/2), 神奈川.

733228. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) トラベクトーム手術後の眼圧再上昇例に対する追加μフックロトミーの短期成績. 河野雄亮1, 笠原正行1, 辻沢辰彦1, 米山 諒1, 庄司信行1 (1眼科): 第11回神奈川眼科学会 (2019/6/2), 神奈川.

733229. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 外斜視を伴う患者の白内障術前後の眼位変化. 赤石沢智帆1, 干川里絵2, 飯田嘉彦1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第11回神奈川眼科学会 (2019/6/2), 神奈川.

733230. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 金属片による開放性眼外傷をきたした一例. 皆川友憲1, 飯島 綾1, 春木崇宏1, 柳田智彦1, 庄司信行1 (1眼科): 第11回神奈川眼科学会 (2019/6/2), 神奈川.

733231. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ニボルマブ長期投与中にぶどう膜炎を発症した1例. 大竹祐毅1, 米山 諒1, 佐藤信之1, 柳田智彦1, 渡邉晃識2, 庄司信行1 (1眼科, 2消化器内): 第11回神奈川眼科学会 (2019/6/2), 神奈川.

733232. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ミトコンドリア遺伝子11778塩基対変異を有する治療抵抗性視神経炎の1例. 龍井苑子1, 金山俊介1, 後関利明1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第11回神奈川眼科学会 (2019/6/2), 神奈川.

733233. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) Photorefractive Intrastromal Cross-linking (PiXL) による近視矯正を施行した一例. 高橋正英1, 神谷和孝2, 辻沢辰彦1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第11回神奈川眼科学会 (2019/6/2), 神奈川.

733234. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 小瞳孔で照明ムラの起こった眼底写真の救済法. 永野幸一 (眼科): 第31回眼科写真研究会 (2019/7/7), 東京.

733235. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 致死的中枢性アスペルギルス症による鼻性視神経症の一例. 石川大起1, 金山俊介1, 龍井苑子1, 後関利明1, 石川 均2 (1眼科, 2医療衛生学部): 第35回真鶴セミナー (神経眼科宿泊勉強会) (2019/8/31), 神奈川.

733236. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 致死的中枢性アスペルギルス症による眼窩先端部症候群の一例. 石川 均1, 石川大起2, 金山俊介2, 龍井苑子2, 後関利明2 (1医療衛生学部, 2眼科), 第35回真鶴セミナー (神経眼科宿泊勉強会) (2019/8/31), 神奈川.

733237. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 眼球運動障害を合併した抗MOG抗体陽性視神経炎の一例. 龍井苑子1, 石川大起1, 金山俊介1, 後関利明1, 石川 均2 (1眼科, 2医療衛生学部): 第35回真鶴セミナー (神経眼科宿泊勉強会) (2019/8/31), 神奈川.

733238. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) MRIで大脳白質に広範な高信号領域を認めたm11778点変異陽性視神経症の一例. 金山俊介1, 石川大起1, 龍井苑子1, 後関利明1, 石川 均2 (1眼科, 2医療衛生学部): 第35回真鶴セミナー (神経眼科宿泊勉強会) (2019/9/1), 神奈川.

733239. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題)【座長】一般演題. 後関利明 (眼科): 第55回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2019/10/31), 神奈川.

733240. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) オミデネパグイソプロピル点眼液の短期使用成績. 高木堅太郎1, 笠原正行1, 高橋正英1, 河野雄亮1, 辻沢辰彦1, 米山 諒1, 庄司信行1 (1眼科): 第55回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2019/10/31), 神奈川.

733241. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) レーシック術後外傷によるフラップ翻転を生じた一例. 櫻井藍子1, 高橋正英1, 神谷和孝2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第55回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2019/10/31), 神奈川.

733242. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) ダブルニードルテクニックを用いたフランジ法による眼内レンズ強膜内固定術の手術成績. 皆川友憲1, 春木崇宏1, 柳田智彦1, 庄司信行1 (1眼科): 第55回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2019/10/31), 神奈川.

733243. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 眼球運動障害を合併した抗MOG抗体陽性視神経炎の1例. 龍井苑子1, 石川大起1, 金山俊介1, 後関利明1, 石川 均2, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第55回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2019/10/31), 神奈川.

733244. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) Barrett Universal II式とSRK/T式の予測性の比較. 飯島 敬1, 神谷和孝2, 飯田嘉彦1, 庄司信行1 (1眼科, 2医療衛生学部): 第55回北里大学・神奈川県眼科医会合同リサーチカンファレンス (2019/10/31), 神奈川.

733245. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 難症例白内障手術において確実に前N切開を成功させるための戦略と工夫. 飯田嘉彦 (眼科): 第16回 Bay Ophthalmic Surgical Seminar (2019/11/30), 神奈川.

733246. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) アドバンス角膜クロスリンキング (CuRV・PiXL). 神谷和孝 (医療衛生学部): 第16回 Bay Ophthalmic Surgical Seminar (2019/11/30), 神奈川.

733247. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題)【座長】一般演題. 石川 均 (医療衛生学部): 第17回北里眼科病診連携会 (2020/1/16), 神奈川.

733248. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題)【解説】Sagging eye syndrome. 後関利明 (眼科): 第17回北里眼科病診連携会 (2020/1/16), 神奈川.

'18年度以前分

[学術論文]

H29-540002. [その他 (研究報告書)]【平成27 (2015) 年度〜平成29 (2017) 年度 厚生労働科学研究費補助金「疾病・障害対策研究分野 難治性疾患等政策研究 (難治性疾患政策研究)」】神経免疫学的視点による難治性視神経炎の診断基準作成. 研究代表者: 石川 均1, 研究分担者: 三村 治,吉冨健志, 敷島敬悟, 平岡美紀, 中馬秀樹, 毛塚剛司, 中村 誠, 後関利明2, 田中惠子, 研究協力者: 山上明子, 星 佳芳3, 真下紀美代, 伊藤 光 (1医療衛生学部, 2眼科, 3衛生): 平成27 (2015) 年度〜平成29 (2017) 年度 厚生労働科学研究費補助金「疾病・障害対策研究分野 難治性疾患等政策研究 (難治性疾患政策研究) 」総括研究報告書 2018/3.


耳鼻咽喉科・頭頸部外科学

[学術論文]

110317. [原著] Investigation of Stress Levels Before the Onset of Idiopathic Sudden Sensorineural Hearing Loss. Watanabe H1, Sano H2, Maki A1, Ino T1, Nakagawa T1, Okamoto M1, Yamashita T1: J Int Adv Otol 2019/4; 15 (1): 51-5. (渡辺裕之1, 佐野 肇2, 牧 敦子1, 猪 健志1, 中川貴仁1, 岡本牧人1, 山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外, 2医療衛生学部)

110318. [原著] Classification of Tumors by Imaging Diagnosis and Preoperative Fine-Needle Aspiration Cytology in 120 Patients With Tumors in the Parapharyngeal Space. Matsuki T1, Miura K, Tada Y, Masubuchi T, Fushimi C, Kanno C, Takahashi H, Kamata S, Okamoto I, Miyamoto S1, Yamashita T1: Head Neck 2019/5; 41 (5): 1277-81. (松木 崇1, 宮本俊輔1, 山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

110319. [原著] Carboplatin and Docetaxel in Patients With Salivary Gland Carcinoma: A Retrospective Study. Okada T, Saotome T, Nagao T, Masubuchi T, Fushimi C, Matsuki T1, Takahashi H, Miura K, Tsukahara K, Tada Y: In Vivo 2019/5-6; 33 (3): 843-53. (松木 崇1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

110320. [原著] Oncolytic Sendai Virus-Induced Tumor-Specific Immunoresponses Suppress "Simulated Metastasis" of Squamous Cell Carcinoma in an Immunocompetent Mouse Model. Tanaka Y, Araki K, Tanaka S, Miyagawa Y, Suzuki H, Kamide D, Tomifuji M, Uno K, Harada E, Yamashita T1, Ueda Y, Inoue M, Shiotani A: Head Neck 2019/6; 41 (6): 1676-86. (山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

110321. [原著] Sentinel Lymph Node-Targeted Therapy by Oncolytic Sendai Virus Suppresses Micrometastasis of Head and Neck Squamous Cell Carcinoma in an Orthotopic Nude Mouse Model. Tanaka Y, Araki K, Tanaka S, Miyagawa Y, Suzuki H, Kamide D, Tomifuji M, Uno K, Kimura E, Yamashita T1, Ueda Y, Shiotani A: Mol Cancer Ther 2019/8; 18 (8): 1430-8. (山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

110322. [原著] Usefulness of Narrow Band Imaging With Magnifying Endoscopy for the Differential Diagnosis of Cancerous and Noncancerous Laryngeal Lesions. Hosono H1, Katada C2, Okamoto T1, Ichinoe M3, Sakamoto Y4, Matsuba H1, Kano K1, Ishido K2, Tanabe S2,5, Koizumi W2, Yamashita T1: Head Neck 2019/8; 41 (8): 2555-60. (細野浩史1, 堅田親利2, 岡本旅人1, 一戸昌明3, 坂本泰理4, 松葉宏起1, 加納孝一1, 石戸謙次2, 田邉 聡2,5, 小泉和三郎2, 山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外, 2消化器内, 3病理, 4臨床研究・プロジェクト, 5新世紀医療・先端医療)

110323. [原著] Induction of Cell fusion/apoptosis in Anaplastic Thyroid Carcinoma in Orthotopic Mouse Model by Urokinase-Specific Oncolytic Sendai Virus. Miyagawa Y, Araki K, Yamashita T1, Tanaka S, Tanaka Y, Tomifuji M, Ueda Y, Yonemitsu Y, Shimada H, Shiotani A: Head Neck 2019/9; 41 (9): 2873-82. (山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

110324. [原著] Value of Transoral Surgery for Human Papillomavirus-Mediated Oropharyngeal Cancer: Validation of a New Staging System in Japanese Patients. Kimura E, Araki K, Tomifuji M, Tanaka Y, Uno K, Yamashita T1, Shiotani A: J Int Med Res 2019/10; 47 (10): 5048-59. (山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

110325. [原著] Efficacy and Safety of Nivolumab in 100 Patients With Recurrent or Metastatic Head and Neck Cancer - A Retrospective Multicentre Study. Okamoto I, Sato H, Kondo T, Koyama N, Fushimi C, Okada T, Miura K, Matsuki T1, Yamashita T1, Omura G, Tsukahara K: Acta Otolaryngol 2019/110; 139 (10): 918-25. (松木 崇1, 山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

110326. [原著] Clinical Predictors of Descending Necrotizing Mediastinitis After Deep Neck Infections. Kimura A1, Miyamoto S1, Yamashita T1: Laryngoscope 2019/11. doi: 10.1002/lary.28406. Online ahead of print. (木村朱里1, 宮本俊輔1, 山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

110327. [原著] Venous malformation of the parapharyngeal space: Two surgical case reports and a literature review. Matsuki T1, Miura K, Tada Y, Masubuchi T, Fushimi C, Nitta Y, Kamata S, Okamoto I, Miyamoto S1, Yamashita T1: Otolayngology Case Reports 2019/11; 13: 100130. (松木 崇1, 宮本俊輔1, 山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

110328. [原著] Addition of S-1 to Radiotherapy for Treatment of T2N0 Glottic Cancer: Results of the Multiple-Center Retrospective Cohort Study in Japan With a Propensity Score Analysis. Sano D, Tanabe T, Kubota A, Miyamoto S1, Tanigaki Y, Okami K, Komatsu M, Ikoma R, Suzuki K, Akazawa Y, Kobayashi S, Yamada Y, Oridate N: Oral Oncol 2019/12; 99: 104454. (宮本俊輔1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

110329. [原著] Post-operative Complications Due to Salvage Total Laryngectomy for Recurrent Laryngeal Cancer After Radiotherapy - A Multicentre Retrospective Study. Okamoto I, Matsuki T1, Sato H, Kondo T, Fushimi C, Okada T, Miura K, Yamashita T, Omura G, Tsukahara K: Acta Otolaryngol 2020/2; 140 (2): 170-4. (松木 崇1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

120032. [原著] カニューレ刺激による気管狭窄に対し鹿野式声門閉鎖術を施行した症例. 清野由輩1, 鹿野真人, 細野浩史1, 大原卓哉1, 古木省吾1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 頭頸部外科 2019/4; 28 (3): 301-6.

120033. [原著] 通所リハビリテーション利用高齢者の聴覚評価−耳内診察, 聴力検査, 質問紙調査による検討−. 鈴木恵子1, 梅原幸恵1, 井上理絵1, 秦 若菜1, 清水宗平1, 佐野 肇2, 中川貴仁1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2医療衛生学部): Audiology Japan 2019/7; 62 (3): 240-7.

310038. [症例報告] A Case of Gastric Meningeal Carcinomatosis Involving Bilateral Hearing Loss: The Difference Between Clinical Images and Autopsy Findings. Kimura A1, Takahashi Y, Mizutari K, Tsujimoto H, Nakanishi K, Shiotani A: J Int Adv Otol 2019/8; 15 (2): 333-6. (木村朱里1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

320040. [症例報告] 歯ブラシによる咽頭外傷から縦隔気腫を来たした一例. 木村朱里1, 山下 拓1, 守本倫子 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 日本小児耳鼻咽喉科学会雑誌 2019/4; 40 (3): 271-7.

320041. [症例報告] オトガイ下皮弁により拡大喉頭全摘出後の咽頭再建を行った高齢声門上癌の2例. 宮本俊輔1, 清野由輩1, 松木 崇1, 加納孝一1, 堤 翔平, 鈴木綾子1, 籾山香保1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 頭頸部外科 2020/3; 29 (3): 311-20.

520015. [総説] 中・下咽頭の経口的治療 中・下咽頭癌に対する経口的治療−ELPS, TOVSを中心に−. 山下 拓1, 岡本旅人1, 加納孝一1, 堅田親利2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2消化器内): 日本耳鼻咽喉科学会会報 2019/5; 122 (5): 750--6.

520016. [総説] スポーツと耳鼻咽喉科−鼻腔生理学から運動能力の向上を目指す−. 大木幹文1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): 日本耳鼻咽喉科学会会誌 2019/11; 122 (11): 1398-404.

521008. [解説]【特集: せき・たん−鑑別診断のポイントと治療戦略−】薬剤性間質性肺炎. 宮本俊輔 (耳鼻咽喉・頭頸外): ENTONI 2019/5; 232: 55-61.

521009. [解説]【用語解説】Lemierre症候群. 山下 拓 (耳鼻咽喉・頭頸外): 日本気管食道科学会会報 2019/12; 70 (6): 398-400.

522106. [講座]【教育講演I】超高齢社会における聴覚障害の問題点. 佐野 肇 (医療衛生学部):コミュニケーション障害学 2019/4; 36 (1): 10-3.

522107. [講座]【連載: 外来診療における私の処置】鼻の処置6: 鼻のネブライザー治療. 大木幹文1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): JOHNS 2019/4; 35 (4); 503-8.

522108. [講座]【第63回日本聴覚医学会主題演題特集】超高齢社会における聴覚医学の課題と使命: 通所リハビリテーション利用高齢者の補聴器試聴. 鈴木恵子1, 井上理絵1, 梅原幸恵1, 秦 若菜1, 清水宗平1, 佐野 肇2, 中川貴仁1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2医療衛生学部): Audiology Japan Japan 2019/7; 62 (3): 196-204.

522109. [講座]【特集: 鼻閉にまつわる問題とその解決策】総論: 鼻呼吸の生理. 大木幹文1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): JOHNS 2019/11; 35 (11): 1542-6.

522110. [講座]【シンポジウム2: 喉頭癌の喉頭温存治療−適応と限界について−】喉頭亜全摘出術 (supracricoid laryngectomy) の適応と限界−切除線の観点からみた検討−. 宮本俊輔1, 清野由輩1, 松木 崇1, 岡本旅人1, 加納孝一1, 堤 翔平1, 鈴木綾子1, 籾山香保1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 喉頭 2019/12; 31 (2): 84-91.

522111. [講座]【Clinical Academic Topics】スギ花粉抗原舌下免疫療法の長期継続症例における効果. 大橋健太郎1,2, 大木幹文1,2, 宮下圭一1, 波多野瑛太1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): アレルギーの臨床 2019/12; 39 (12): 44-7.

540072. [その他 (学会記録)]【第37回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 発表記録集】スギ花粉症患者における補助療法としての高張食塩水洗浄の意義. 大木幹文1,2, 鈴木立俊1, 高野 頌 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): 耳鼻咽喉科免疫アレルギー2019/6; 37 (2): 195-6.

540073. [その他 (研究報告書)]【文部科学省研究費 (2018年度〜2019年度若手研究)】尿中ロイコトリエンE4による好酸球性副鼻腔炎診断. 山口知子 (耳鼻咽喉・頭頸外): 2018年度実施状況報告書 2019/12; https://kaken.nii.ac.jp/report/KAKENHI-PROJECT-18K16855/18K168552018hokoku/.

[著 書]

620080. [学術書 (分担執筆)]【早わかり!耳鼻咽喉科診療ガイドライン, 手引き・マニュアル−私の活用法− (ENTONI 236<増大号>)】急性鼻副鼻腔炎に対するネブライザー療法の手引き2016 1. 概略, p.78-85. 大木幹文1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター), 編: 市川銀一郎, 全日本病院出版, 東京, 2019/9発行.

[学会・研究会等]

713129. [学会 (国際)] (一般講演)Long-term course of eosinophilic sinusitis: 3 cases study with urinary leukotriene E4. Yamaguchi T1, Ishii T1: 5th Congress of European ORL-HNS (2019/6/29-7/3), Brussels. (山口知子1, 石井豊太1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

713130. [学会 (国際)] (一般講演) Nasal Irrigation Therapy in patients with allergic patients. Ohki M1,2, Ohashi K1,2, Miyashita K1, Hatano A1,2: 15th Japan-Taiwan Conference on Otolaryngology-Head and Neck Surgery (2019/12/6-7), Fukuoka, Japan. (大木幹文1,2, 大橋健太郎1,2, 宮下圭一1, 波多野瑛太1,2: 1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター)

713131. [学会 (国際)] (一般講演) Activity-dependent Synaptopathy and Demyelination of Auditory Neurons following Conductive Hearring in Adult Mice. Kurioka T1, Mogi S2, Tanaka M, Yamashita T1: ARO 2020 43rd Annual MidWinter Meeting (2020/1/25), San Jose, USA. (栗岡隆臣1, 茂木沙千代2, 山下 拓1: 1耳鼻咽喉・頭頸外, 2生物物理系)

722216. [学会 (全国)] (シンポジウム)「スポーツと耳鼻咽喉科」鼻腔生理学から運動能力の向上を目指す. 大木幹文1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): 第120回日本耳鼻咽喉科総会・学術講演会 (2019/5/9), 大阪.

722217. [学会 (全国)] (シンポジウム) アレルギー性鼻炎におけるネブライザー療法. 大木幹文1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): 第7回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会総会・学術講演会 (2019/9/5-6), 三重.

723704. [学会 (全国)] (一般講演) 声門後部癒着症に対し輪状後部粘膜弁を用いて声門開大が得られた1例. 坪井秀之, 冨藤雅之, 犬塚義亮, 山崎直弥, 木村朱里1, 宇野光祐, 荒木幸仁, 塩谷彰浩 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第120回日本耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 (2019/5/8), 大阪.

723705. [学会 (全国)] (一般講演) 深頸部膿瘍から降下性壊死性縦隔炎に至る危険因子は何か? 木村朱里1, 宮本俊輔1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第120回日本耳鼻咽喉科総会・学術講演会 (2019/5/9), 大阪.

723706. [学会 (全国)] (一般講演) 顎下部腫瘤から診断された全身性IgG4関連疾患の一例. 清野由輩1, 藤川直也1, 波多野瑛太1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第120回日本耳鼻咽喉科総会・学術講演会 (2019/5/9), 大阪.

723707. [学会 (全国)] (一般講演) 当科難聴外来における軽・中等度難聴患者の補聴器装用状況についての検討. 荻原敦子1, 古木省吾1, 中川貴仁1, 栗岡隆臣1, 小野雄一, 佐野 肇2, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2医療衛生学部): 第120回日本耳鼻咽喉科総会・学術講演会 (2019/5/10), 大阪.

723708. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における補聴器装用者のフィッティングと処方ターゲットの比較. 古木省吾1, 佐野 肇2, 栗岡隆臣1, 荻原敦子1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2医療衛生学部): 第120回日本耳鼻咽喉科総会・学術講演会 (2019/5/10), 大阪.

723709. [学会 (全国)] (一般講演) 当科で経験した異所性甲状腺の5例. 籾山香保1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 松木 崇1, 加納孝一1, 堤 翔平2, 鈴木綾子1, 波多野瑛太1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2大学院医療系研究科): 第120回日本耳鼻咽喉科総会・学術講演会 (2019/5/11), 大阪.

723710. [学会 (全国)] (一般講演) カフ付きスピーチタイプ気管切開チューブを使用し発声が可能となった人工呼吸管理中筋ジストロフィー小児例. 大原卓哉1, 藤川直也1, 波多野瑛太1, 荻原敦子1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第14回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 (2019/5/23), 福岡.

723711. [学会 (全国)] (一般講演) 呼吸困難を生じた新生児上咽頭奇形腫の一例. 藤川直也1, 大原卓哉1, 荻原敦子1, 波多野瑛太1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第14回日本小児耳鼻咽喉科学会総会・学術講演会 (2019/5/24), 福岡.

723712. [学会 (全国)] (一般講演) HPV関連中咽頭癌とREV7発現の検討. 籾山香保1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 松木 崇1, 加納孝一1, 堤 翔平2, 鈴木綾子1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2大学院医療系研究科): 第43回日本頭頸部癌学会 (2019/6/13), 金沢.

723713. [学会 (全国)] (一般講演) 気管上喉頭部分切除術により機能温存した声門下進展再発T4喉頭癌の2例. 宮本俊輔1, 清野由輩1, 松木 崇1, 加納孝一1, 堤 翔平2, 鈴木綾子1, 籾山香保1, 原田雄基1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2大学院医療系研究科): 第43回日本頭頸部癌学会 (2019/6/13), 金沢.

723714. [学会 (全国)] (一般講演) 頭頸部癌におけるCD109発現の検討. 堤 翔平1, 宮本俊輔2, 清野由輩2, 松木 崇2, 加納孝一2, 鈴木綾子2, 籾山香保2, 村雲芳樹3, 山下 拓2 (1大学院医療系研究科, 2耳鼻咽喉・頭頸外, 3病理): 第43回日本頭頸部癌学会 (2019/6/13), 金沢.

723715. [学会 (全国)] (一般講演) ニボルマブを投与した再発転移下咽頭癌21例の有効性と安全性の検討−多施設共同による後方視的研究−. 岡田拓朗, 伏見千宙, 岡本伊作, 佐藤宏樹, 松木 崇1, 近藤貴仁, 小村 豪, 小山信之, 三浦弘規, 山下 拓1, 塚原清彰 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第43回日本頭頸部癌学会 (2019/6/13), 金沢.

723716. [学会 (全国)] (一般講演) Nivolumabを投与した上咽頭癌12例の有効性と安全性の検討−多施設共同による後方視的研究−. 佐藤宏樹, 岡本伊作, 伏見千宙, 岡田拓朗, 松木 崇1, 近藤貴仁, 小山信之, 小村 豪, 三浦弘規, 山下 拓1, 塚原清彰 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第43回日本頭頸部癌学会 (2019/6/13), 金沢.

723717. [学会 (全国)] (一般講演) Nivolumabを投与した再発・転移頭頸部癌102例の有効性と安全性の検討−多施設共同による後方視的研究−. 岡本伊作, 塚原清彰, 佐藤宏樹, 近藤貴仁, 小山信之, 伏見千宙, 岡田拓朗, 三浦弘規, 小村 豪, 松木 崇1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第43回日本頭頸部癌学会 (2019/6/13), 金沢.

723718. [学会 (全国)] (一般講演) Nivolumabを投与後,化学療法を施行した頭頸部癌の有効性と安全性−多施設共同による後方視的研究−. 伏見千宙, 岡本伊作, 松木 崇1, 佐藤宏樹, 小村 豪, 近藤貴仁, 山下 拓1, 塚原清彰, 多田雄一郎, 増淵達夫, 岡田拓朗, 馬場大輔, 三浦弘規 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第43回日本頭頸部癌学会 (2019/6/13), 金沢.

723719. [学会 (全国)] (一般講演) Nivolumabを投与した再発転移頭頸部扁平上皮癌88例における血液学的予後マーカーの検討−多施設共同研究−. 松木 崇1, 山下 拓1, 岡本伊作, 佐藤宏樹, 塚原清彰, 近藤貴仁, 三浦弘規, 多田雄一郎, 伏見千宙, 岡田拓朗, 川北大介, 澤部 倫, 小村 豪 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第43回日本頭頸部癌学会 (2019/6/13), 金沢.

723720. [学会 (全国)] (一般講演) 咽頭食道表在癌に対する経口的手術の安全性と有効性の検討. 加納孝一1, 堅田親利2, 一戸昌明3, 石戸謙次2, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 松木 崇1, 堤 翔平4, 鈴木綾子1, 籾山香保1, 原田雄基1, 田邉 聡2,5, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2消化器内, 3病理, 4大学院医療系研究科, 5新世紀医療・先端医療): 第43回日本頭頸部癌学会 (2019/6/14), 金沢.

723721. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における頭頸部腺様嚢胞癌の検討. 鈴木綾子1, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 岡本旅人1, 松木 崇1, 加納孝一1, 堤 翔平2, 籾山香保1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2大学院医療系研究科): 第43回日本頭頸部癌学会 (2019/6/14), 金沢.

723722. [学会 (全国)] (一般講演) 救済経口手術後に重篤な遅発性術後出血を来した中咽頭癌の1例. 原田雄基1, 宮本俊輔1, 松木 崇1, 清野由輩1, 加納孝一1, 籾山香保1, 堤 翔平2, 鈴木綾子1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2大学院医療系研究科): 第43回日本頭頸部癌学会 (2019/6/14), 金沢.

723723. [学会 (全国)] (一般講演) 言語が異なりコミュニケーションが困難であった頸部膿瘍の1症例. 中村吉成1, 大木幹文1,2, 大橋健太郎1,2, 宮下圭一1, 鈴木立俊1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): 第7回日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会総会・学術講演会 (2019/9/5), 三重.

723724. [学会 (全国)] (一般講演) 睡眠時無呼吸に対し日帰り手術施行後咽頭出血により救急受診した1例. 波多野瑛太1,2, 宮下圭一1, 大木幹文1,2, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): 第32回日本口腔・咽頭科学会総会ならびに学術講演会 (2019/9/12), 大分.

723725. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるIgG4関連疾患患者の検討. 清野由輩1, 波多野瑛太1,2, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): 第32回日本口腔・咽頭科学会総会ならびに学術講演会 (2019/9/12), 大分.

723726. [学会 (全国)] (一般講演) 副鼻腔炎術後管理における自動鼻腔洗浄器使用の試み. 波多野瑛太1,2, 大木幹文1,2, 大橋健太郎1,2, 宮下圭一1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): 第58回日本鼻科学会総会・学術講演会 (2019/10/4), 東京.

723727. [学会 (全国)] (一般講演) 音響鼻腔計測検査の日本人基準値を策定するための多施設共同研究−第一報−. 竹内裕美, 中村陽祐, 大木幹文1,2, 鈴木立俊1, 他 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): 第58回日本鼻科学会総会・学術講演会 (2019/10/4), 東京.

723728. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性中耳炎による内耳への影響の評価. 古木省吾1, 栗岡隆臣1, 佐野 肇2, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2医療衛生学部): 第29回日本耳科学会総会・学術講演会 (2019/10/10), 山形.

723729. [学会 (全国)] (一般講演) 混合難聴の伝音成分が語音明瞭度に与える影響について. 栗岡隆臣1, 佐野 肇2, 古木省吾1, 藤川直也1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2医療衛生学部): 第29回日本耳科学会総会・学術講演会 (2019/10/10), 山形.

723730. [学会 (全国)] (一般講演) 当科における顔面神経麻痺の予後規定因子の検討. 藤川直也1, 栗岡隆臣1, 古木省吾1, 佐野 肇2, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2医療衛生学部): 第29回日本耳科学会総会・学術講演会 (2019/10/10), 山形.

723731. [学会 (全国)] (一般講演) Nivolumabを投与した再発・転移頭頸部扁平上皮癌88例における血液学的マーカーの研究. 松木 崇1, 岡本伊作, 伏見千宙, 澤部 倫, 川北大介, 佐藤宏樹, 塚原清彰, 近藤貴仁, 岡田拓朗, 多田雄一郎, 三浦弘規, 小村 豪, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第57回日本癌治療学会学術集会 (2019/10/24), 福岡.

723732. [学会 (全国)] (一般講演) Nivolumabを投与した再発・転移頭頸部癌100の有効性と安全性の検討. 岡本伊作, 佐藤宏樹, 近藤貴仁, 小山信之, 伏見千宙, 岡田拓朗, 三浦弘規, 小村 豪, 松木 崇1, 山下 拓1, 塚原清彰 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第57回日本癌治療学会学術集会 (2019/10/24), 福岡.

723733. [学会 (全国)] (一般講演) 甲状腺機能低下症の神経耳科学的検討. 落合 敦1, 中川貴之1, 長沼英明1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2新世紀医療・先端医療): 第78回日本めまい平衡医学会総会学術講演会 (2019/10/24), 富山.

723734. [学会 (全国)] (一般講演) メニエール病症例おけるSDS (self-rating depression scale) スコアの傾向. 中川貴之1, 落合 敦1, 長沼英明1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2新世紀医療・先端医療): 第78回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 (2019/10/24), 富山.

723735. [学会 (全国)] (一般講演) 当院におけるVEMPを用いた球形N/卵形Nの機能低下による症状の検討. 田村昌也1, 落合 敦1, 中川貴之1, 長沼英明1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2新世紀医療・先端医療): 第78回日本めまい平衡医学会総会・学術講演会 (2019/10/24), 富山.

723736. [学会 (全国)] (一般講演) 補聴器フィッティングソフトでのNAL-NL, DSL法の初期設定値の妥当性. 古木省吾1, 佐野 肇2, 栗岡隆臣1, 井上理絵, 梅原幸恵, 原 由紀2, 鈴木恵子2, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2医療衛生学部): 第64回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2019/11/7), 大阪.

723737. [学会 (全国)] (一般講演) 地域グループ活動参加高齢者の聴覚評価と補聴器試聴. 鈴木恵子1, 井上理絵, 梅原幸恵, 秦 若菜1, 清水宗平, 佐野 肇1, 中川貴仁2, 山下 拓2 (1医療衛生学部, 2耳鼻咽喉・頭頸外): 第64回日本聴覚医学会総会・学術講演会 (2019/11/7), 大阪.

723738. [学会 (全国)] (一般講演) 先端彎曲型硬性内視鏡下で経口的に摘出した副咽頭間隙静脈奇形. 木村朱里1, 清野由輩1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第71回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 (2019/11/28), 栃木.

723739. [学会 (全国)] (一般講演) 上部消化管内視鏡による声帯病変に対する精査の検討. 細野浩史1, 堅田親利2, 木村朱里1, 堤 翔平3, 加納孝一1, 清野由輩1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2消化器内, 3大学院医療系研究科): 第71回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 (2019/11/28), 栃木.

723740. [学会 (全国)] (一般講演) 喉頭温存治療の失敗例に学ぶ: 外切開喉頭部分切除後の失敗例−喉頭亜全摘出術の失敗例とその対応−. 宮本俊輔1, 清野由輩1, 松木 崇1, 岡本旅人, 加納孝一1, 堤 翔平2, 鈴木綾子1, 籾山香保1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2大学院医療系研究科): 第71回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 (2019/11/28), 栃木.

723741. [学会 (全国)] (一般講演) 喉頭亜全摘出術後の嚥下障害に対して新声門脂肪注入術を施行した1例. 清野由輩1, 宮本俊輔1, 細野浩史1, 木村朱里1, 藤川直也1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第71回日本気管食道科学会総会ならびに学術講演会 (2019/11/29), 栃木.

723742. [学会 (全国)] (一般講演) 両側V-Y前進粘膜弁により一期的再建した早期下口唇癌の2例. 宮本俊輔1, 松木 崇1, 加納孝一1, 堤 翔平2, 古木綾子1, 籾山香保1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2大学院医療系研究科): 第30回日本頭頸部外科学会総会ならびに学術講演会 (2020/1/30), 沖縄.

723743. [学会 (全国)] (一般講演) Sistrunk法を行った甲状舌管癌の1例. 籾山香保1, 宮本俊輔1, 松木 崇1, 加納孝一1, 堤 翔平2, 鈴木綾子1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2大学院医療系研究科): 第30回日本頭頸部外科学会総会ならびに学術講演会 (2020/1/31), 沖縄.

731097. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 生理学的観点からみた耳鼻咽喉科診療−鼻アレルギー・睡眠障害を中心に−. 大木幹文1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): 平成31年度相耳会総会・記念講演会 (2019/4/7), 新宿.

731098. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 頭頸部癌診療の低侵襲化. 山下 拓 (耳鼻咽喉・頭頸外):町田市耳鼻科医会学術講演会 (2019/7/31), 東京.

731099. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 頭頸部癌領域におけるICI長期使用例とirAEの経験. 宮本俊輔1, 松木 崇1, 加納孝一1, 堤 翔平2, 鈴木綾子1, 籾山香保1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2大学院医療系研究科): Kitasato Immuno-Oncology Seminar (2019/7/12), 相模原.

731100. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 頭頸部癌に対する低侵襲治療について. 山下 拓 (耳鼻咽喉・頭頸外): 第20回徳島県耳鼻咽喉科疾患研究会 (2020/2/6), 徳島.

732095. [学会 (地方会・研究会)] (ミニレクチャー) アレルギー性鼻炎の治療−北里大学病院の場合−. 鈴木立俊 (耳鼻咽喉・頭頸外): 第18回南関東耳鼻咽喉科・頭頸部講習会 (2019/5/17), 東京.

732096. [学会 (地方会・研究会)] (教育パネル)「“めまい”のトリセツ (取扱い説明書)」北里大学方式めまいリハビリテーション. 落合 敦 (耳鼻咽喉・頭頸外): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第187回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2019/6/29), 横浜.

732097. [学会 (地方会・研究会)] (セミナー) 頭頸部癌領域におけるICI長期使用例とirAEの経験. 宮本俊輔1, 松木 崇1, 加納孝一1, 堤 翔平2, 鈴木綾子1, 籾山香保1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2大学院医療系研究科): Kitasato immuno-oncology Seminar (2019/7/12), 相模大野.

732098. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 睡眠時無呼吸に対し日帰り手術施行後咽頭出血により救急受診した症例. 波多野瑛太 (耳鼻咽喉・頭頸外): 第8回Sleep surgery研究会 (2019/9/13), 大分.

732099. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 難治性咽喉頭疾患の診断と対策. 宮下圭一 (耳鼻咽喉・頭頸外): 第5回埼玉県央地域耳鼻咽喉科研究会 (2019/10), 北本.

732100. [学会 (地方会・研究会)] (セミナー) 難聴の基礎と臨床〜伝音難聴による聴覚障害とその病態解明〜. 栗岡隆臣 (耳鼻咽喉・頭頸外): 神奈川耳鼻咽喉科セミナー (2019/11/8), 横浜.

733249. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 介護老人保健施設入所者の補聴器試聴 第二報−補聴器適合の試聴の結果−. 井上理絵 (耳鼻咽喉・頭頸外): 平成31年度相耳会総会・記念講演会 (2019/4/7), 新宿.

733250. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 副咽頭間隙腫瘍120例における術前画像診断と穿刺吸引細胞診の検討. 松木 崇 (耳鼻咽喉・頭頸外): 平成31年度相耳会総会・記念講演会 (2019/4/7), 新宿.

733251. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 頭頸部癌と食道癌の同時性重複癌に対する治療に関する後方視的検討. 岡本旅人 (耳鼻咽喉・頭頸外): 平成31年度相耳会総会・記念講演会 (2019/4/7), 新宿.

733252. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 声帯脂肪注入後に感染を起こし気管切開施行した症例. 細野浩史1, 木村朱里1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第40回東日本音声外科研究会 (2019/4/13), 東京.

733253. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 咽頭食道表在癌に対する経口的手術の安全性と有効性の検討. 加納孝一1, 堅田親利2, 一戸昌明3, 石戸謙次2, 宮本俊輔1, 清野由輩1, 堤 翔平4, 鈴木綾子1, 籾山香保1, 原田雄基1, 田邉 聡2,5, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2消化器内, 3病理, 4大学院医療系研究科, 5新世紀医療・先端医療): 第20回頭頸部表在癌研究会 (2019/5/25), 品川.

733254. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 喉頭病変の癌・非癌の鑑別診断におけるNBI拡大観察の有用性. 細野浩史1, 堅田親利2, 加納孝一1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2消化器内): 第20回頭頸部表在癌研究会 (2019/5/25), 東京.

733255. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 睡眠時無呼吸に対し日帰り手術施行後咽頭出血により救急受診した1症例. 波多野瑛太1,2, 大木幹文1,2, 大橋健太郎1,2, 宮下圭一1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): 第132回日本耳鼻咽喉科学会埼玉県地方部会 (2019/6), 浦和.

733256. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 総論・嚥下造影検査 (VF) の使用法と対応法. 清野由輩 (耳鼻咽喉・頭頸外): 第26回日耳鼻神奈川嚥下研究会 (2019/6/8), 横浜.

733257. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当科における嚥下診療〜症例から考える〜. 清野由輩 (耳鼻咽喉・頭頸外): 第88回相武耳鼻科研究会 (2019/6/22), 厚木.

733258. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当科における補聴器診療−実耳挿入利得による評価を中心に−. 古木省吾1, 佐野 肇2, 栗岡隆臣1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2医療衛生学部): 第88回相武耳鼻科研究会 (2019/6/22), 厚木.

733259. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 両側下極型扁桃周囲膿瘍に対して即時膿瘍扁桃摘出術を行った1例. 山本賢吾1, 松木 崇1, 宮島玲子1, 清野由輩1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第187回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2019/6/29), 横浜.

733260. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 北里大学方式めまいリハビリテーション. 落合 敦 (耳鼻咽喉・頭頸外): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第187回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2019/6/29), 横浜.

733261. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 伝音難聴が内耳に及ぼす影響について. 栗岡隆臣1, 茂木沙千代2, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2生物物理系): 第37回耳鼻咽喉科ニューロサイエンス研究会 (2019/8/24), 大阪.

733262. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 声についてのお話. 永井浩巳 (耳鼻咽喉・頭頸外): 大和市市民講座 (2019/9/21), 大和.

733263. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当科におけるスギ花粉抗原舌下免疫療法の効果. 大木幹文1,2, 大橋健太郎1,2, 宮下圭一1, 波多野瑛太1,2 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): 第133回日本耳鼻咽喉科学会埼玉県地方部会 (2019/10/7), 浦和.

733264. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 超高齢社会における難聴への対応−要介護高齢者の補聴ニーズと補聴器装用効果の研究の成果をもとに−. 鈴木恵子1, 井上理絵, 梅原幸恵, 秦 若菜1, 清水宗平, 佐野 肇1, 中川貴仁2, 岡本牧人, 山下 拓2 (1医療衛生学部, 2耳鼻咽喉・頭頸外): 第42回補聴研究会 (2019/11/7), 大阪.

733265. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 症例から見た嚥下内視鏡検査の使用法と対応法. 永井浩巳 (耳鼻咽喉・頭頸外): 第28回日耳鼻神奈川嚥下研究会 (2019/11/30), 横浜.

733266. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 顎関節膿瘍を契機に発見された炎症性腸疾患の一例. 浅古有紀子1, 藤川直也1, 古木省吾1, 宮本俊輔1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会第189回耳鼻咽喉科・頭頸部外科学術講演会 (2019/12/7), 横浜.

733267. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 口唇および多発頸部腫瘤を呈した軟部好酸球肉芽腫 (木村病) の1例. 宮島玲子1, 清野由輩1, 永井浩巳1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第189回日本耳鼻咽喉科学会神奈川県地方部会 (2019/12/7), 横浜.

733268. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 小児メニエール病への五苓散投与例. 落合 敦 (耳鼻咽喉・頭頸外): 第37回さがみ漢方懇話会 (2019), 町田.

'18年度以前分

[学術論文]

'18-110018. [原著] Phase II Trial of Trastuzumab and Docetaxel in Patients With Human Epidermal Growth Factor Receptor 2-Positive Salivary Duct Carcinoma. Takahashi H, Tada Y, Saotome T, Akazawa K, Ojiri H, Fushimi C, Masubuchi T, Matsuki T1, Tani K, Osamura RY, Hirai H, Yamada S, Kawakita D, Miura K, Kamata S, Nagao T: J Clin Oncol 2019/1; 37 (2): 125-34. (松木 崇1: 1耳鼻咽喉・頭頸外)

'18-120004. [原著] 小児鼻副鼻腔疾患に対する鼻腔洗浄療法について. 大木幹文1,2, 鈴木立俊2, 高野 頌 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): 日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌 2019/1; 7 (1): 17-20.

'18-320005. [症例報告] 言語が異なりコミュニケーションが困難であった頸部膿瘍の1症例. 中村吉成1, 大木幹文1,2, 大橋健太郎1,2, 宮下圭一1, 鈴木立俊1, 山下 拓1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): 日本耳鼻咽喉科感染症・エアロゾル学会会誌 2019/1; 7 (1); 42-6.

[学会・研究会等]

H29-723005. [学会 (全国)] (一般講演) 睡眠時無呼吸症患者の鼻アレルギーの関係と局所ステロイド点鼻薬の有用性. 大木幹文1, 鈴木立俊1 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第36回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 (2018/2/22-24), 下関.

H29-723006. [学会 (全国)] (一般講演) 中咽頭癌に対するTLO, TOVS後の嚥下機能. 清野由輩 (耳鼻咽喉・頭頸外): 第30回日本喉頭科学会総会・学術講演会 (2018/3/1), 高知.

'18-723020. [学会 (全国)] (一般講演) スギ花粉症患者における補助療法としての高張食塩水洗浄の意義. 大木幹文1,2, 鈴木立俊1 (1耳鼻咽喉・頭頸外, 2北里大学メディカルセンター): 第37回日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 (2019/2/7-9), 大阪.

'18-723021. [学会 (全国)] (一般講演) 中咽頭粘膜下腫瘍に対する経口的切除術後高度嚥下障害例の訓練経過−高解像度マノメトリーによる解析−. 谷合信一, 冨藤雅之, 木村朱里1, 松野直樹, 荒木幸仁, 柴本 勇, 塩谷彰浩 (1耳鼻咽喉・頭頸外): 第42回日本嚥下医学会総会ならびに学術講演会 (2019/3/9), 久留米.


精神科学

[学術論文]

110330. [原著] Associations between readmission and patient-reported measures in acute psychiatric inpatients: a study protocol for a multicenter prospective longitudinal study (the ePOP-J study). Yamaguchi S, Ojio Y, Koike J, Matsunaga A, Ogawa M, Tachimori H, Kikuchi A, Kimura H, Inagaki A, Watanabe H, Kishi Y, Yoshida K, Hirooka T1, Oishi S1, Matsuda Y, Fujii C: Int J Ment Health Syst 2019/6; 13: 40. (廣岡孝陽1, 大石 智1: 1精神)

110331. [原著] Improvement of psychiatrists' clinical knowledge of the treatment guidelines for schizophrenia and major depressive disorders using the 'Effectiveness of Guidelines for Dissemination and Education in Psychiatric Treatment (EGUIDE)' project: A nationwide dissemination, education, and evaluation study. Takaesu Y, Watanabe K, Numata S, Iwata M, Kudo N, Oishi S1, Takizawa T1, Nemoto K, Yasuda Y, Tagata H, Tsuboi T, Tsujino N, Hashimoto N, Matsui Y, Hori H, Yamamori H, Sugiyama N, Suwa T, Kishimoto T, Hishimoto A, Usami M, Furihata R, Iwamoto K, Fujishiro H, Nakamura T, Mizuno K, Inagaki T, Katsumoto E, Tomita H, Ohi K, Muraoka H, Atake K,Iida H, Nagasawa T, Fujita J, Yamamura S, Onitsuka T, Murata A, Takayanagi Y, Noda H, Matsumura Y, Takezawa K, Iga J, Ichihashi K, Ogasawara K, Yamada H, Inada K, Hashimoto R: Psychiatry Clin Neurosci 2019/10; 73 (10): 642-8. (大石 智1, 滝澤毅矢1: 1精神)

110332. [原著] A retrospective study on the diagnosis and treatment of dementia in patients referred to the Sagamihara Municipal Medical Center for Dementia for consultation. Kyou Y1,2, Oishi S2, Takizawa T2, Suzuki R2, Nakamura N3, Arai H2, Miyaoka 2: Psychogeriatrics 2020/5; 20 (3): 247-53. doi: 10.1111/psyg.12491. Epub 2019 Dec 4. (姜 善貴1,2, 大石 智2, 滝澤毅矢2, 鈴木龍太郎2, 中村奈奈3, 新井久稔2, 宮岡 等2 (1大学院医療系研究科, 2精神, 3東病院ソーシャルワーク室)

120034. [原著] 成人自閉スペクトラム症診断とP-Fスタディの集団一致度の関連. 井上勝夫1, 緒方慶三郎1, 滝澤毅矢1, 宮岡 等1 (1精神): 北里医学 2019/12; 49 (2): 79-85.

120035. [原著] 救命救急センターにおける刺創・墜落外傷自殺企図入院患者の臨床的特徴. 新井久稔1, 片岡祐一2, 井上勝夫1, 滝澤毅矢1, 大石 智1, 花島 資2, 浅利 靖2, 宮岡 等1 (1精神, 2救命): 精神医学 2019/12; 61 (12): 1485-92.

120036. [原著] 市民を対象とした認知症研修による受講者の認知症への理解の調査について−事前・事後の質問票調査から−. 姜 善貴1,2, 大石 智2, 井上朋子1,2, 島野朋也1,2, 朝倉崇文1,2, 滝澤毅矢2, 宮岡 等2 (1大学院医療系研究科, 2精神): 老年精神医学雑誌 2019/12; 30 (12): 1387-96.

320042. [症例報告] 表出性言語障害児の障害背景: 発話反応と音韻認識および文字習得の関連から. 柴 玲子, 藤原加奈江, 井上勝夫1, 和田真理子, 大石敬子 (1精神): コミュニケーション障害学 2019/4; 36 (1): 1-9.

520017. [総説] プライマリケアで注意してほしい精神症状の診方と対応. 宮岡 等 (精神): 高知県医誌 2020/1; 25 (1): 68-75.

520018. [総説] Basic Outcome Master (BOM) version 3.0の改訂方針と意義. 町田二郎, 河村 進, 井内郁代, 伊藤淳二, 大石 智1, 下村裕見子, 岡本泰岳, 佐藤耕一郎, 島田 元, 白鳥義宗, 舩田千秋, 中島直樹, 吉本千鶴, 若田好史, 岡峯栄子, 小妻幸男, 中熊英貴, 西岡智美, 森崎真美, 堀田春美, 副島秀久 (1精神): 日本クリニカルパス学会誌 2020/3; 22 (1): 3-13.

522112. [講座]【特集: 薬剤師なら見逃し厳禁! 向精神薬の副作用と薬剤性精神症状】特集にあたって. 宮岡 等 (精神): 月間薬事 2019/5; 61 (6): 15-6.

522113. [講座]【特集: 薬剤師なら見逃し厳禁! 向精神薬の副作用と薬剤性精神症状】向精神薬療法の現状と問題点. 宮岡 等 (精神): 月間薬事 2019/5; 61 (6): 17-20.

522114. [講座]【特集: 薬剤師なら見逃し厳禁! 向精神薬の副作用と薬剤性精神症状】注意すべき向精神薬の警告, 禁忌−処方前に確認すべき課題. 廣岡孝陽 (精神): 月間薬事 2019/5; 61 (6): 21-30.

522115. [講座]【特集: 薬剤師なら見逃し厳禁! 向精神薬の副作用と薬剤性精神症状】処方の問題をどう医師に伝えるか: 精神科医の立場から. 宮岡 等 (精神): 月間薬事 2019/5; 61 (6): 84-6.

522116. [講座]【特集: 危機管理と副校長・教頭 パート1】視点A 児童虐待の発覚, いじめ, 子供が自殺したときの学校の危機対応. 井上勝夫 (精神): 学校運営 2019/5; 694: 16-9.

522117. [講座]【特別企画: 行動のアディクション−「ハマる」を考える】▼「ハマる」という現象 そもそも「ハマる」とは何か−「行動」で考える. 蒲生裕司 (精神): こころの科学 2019/5; 205: 17.

522118. [講座]【<第59回日本心身医学会総会ならびに学術講演会> シンポジウム: 大人の発達障害: 臨床の知と病態最前線】大人の発達障害と精神疾患の鑑別と合併−その意義−. 宮岡 等1, 小川陽子 (1精神): 心身医学 2019/7; 59 (5): 416-21.

522119. [講座]【特集: 危機管理と副校長・教頭 パート2】視点A いじめの基本的理解, 予防と早期発見・DV家庭の児童・生徒の被害をみつけたとき. 井上勝夫 (精神): 学校運営 2019/8; 697: 16-9.

522120. [講座]【特集: 精神科治療でこんなことをしていませんか?−医療慣習や“御法度”を再考−】チェックリストだけで診断を確定していませんか? 天保英明 (精神): 精神科治療学 2019/8; 34 (8): 861-4.

522121. [講座]【特集: 神経発達症の最新トピックス−診療・支援・社会】<神経発達症の広が> 神経発達症群とパーソナリティ障害群−どう考え, 何を議論し, 何を行うべきか−. 井上勝夫 (精神): 臨床精神医学 2019/10; 48 (10): 1179-85.

522122. [講座]【Psychiatric Lecture】診断・検査 自閉スペクトラム症診断における先入観の克服. 井上勝夫 (精神): 精神科臨床 Legato 2019/11; 5 (3): 28-31.

522123. [講座]【特集II: 今さら人に聞けないてんかん診療のクエスチョン】てんかん発作後脳波が正常化することがあるのは? 齋藤正範 (精神): 精神科 (心療内科) 2019/12; 35 (6): 579-83.

522124. [講座]【特集: 精神科臨床におけるエビデンスの有用性と問題点】Comorbidity の診断は臨床上どのような意味があるのだろうか. 宮岡 等 (精神): 精神科治療学 2020/2; 35 (2): 153-5.

540074. [その他 (編集)]【特別企画: 行動のアディクション−「ハマる」を考える】蒲生裕司1, 宮岡 等1 (1精神): こころの科学 2019/5; 205: 17頁.

[学会・研究会等]

722218. [学会 (全国)] (招待講演等) 成人自閉スペクトラム症臨床における心理職の役割. 井上勝夫 (精神): 第115回日本精神神経学会学術総会 (2019/6/21), 新潟.

722219. [学会 (全国)] (シンポジウム) 向精神薬による急性薬物中毒患者の対応に関して救命救急と精神科医療機関での連携の課題. 新井久稔 (精神): 第41回日本中毒学会総会・学術集会 (2019/7/20-21), 川越.

722220. [学会 (全国)] (特別企画 セッション) 心身医学を専門とする医師に知ってもらいたいこと2 精神医学から. 宮岡 等1, 久住一郎, 井上幸紀 (1精神): 第2回日本心身医学関連学会合同集会 (2019/11/15), 大阪.

722221. [学会 (全国)] (招待講演等)【座長】総合病院における医学生, 若手医師に対する児童精神科臨床の教育を考える. 井上勝夫 (精神): 第32回日本総合病院精神医学会総会 (2019/11/15), 倉敷.

723744. [学会 (全国)] (一般講演) 地域総合病院での心療内科 (精神科) 外来における老年期精神疾患の臨床的特徴. 新井久稔1, 加藤啓子, 大久保築世, 内田 望, 宮岡 等1 (1精神): 第34回日本老年精神医学会 (2019/6/6-8), 仙台.

723745. [学会 (全国)] (一般講演) 認知症患者の家族介護者に対する心理教育プログラムの有効性の検討. 姜 善貴1, 大石 智1, 滝澤毅矢1, 宮岡 等1 (1精神): 第115回日本精神神経学会学術総会 (2019/6/20), 新潟.

723746. [学会 (全国)] (一般講演) 地域における総合病院での心療内科 (精神科) 外来における臨床的特徴. 新井久稔1, 加藤啓子, 大久保築世, 内田 望, 宮岡 等1 (1精神): 第115回日本精神神経学会学術総会 (2019/6/20), 新潟.

723747. [学会 (全国)] (一般講演) 電気けいれん療法における使い捨て電極パッドの皮膚抵抗を下げるために使用する薬剤の介入研究. 島野朋也1, 澤山恵波1, 夏山 卓2, 大石 智1, 齋藤正範1, 田中克俊2, 宮岡 等1 (1精神, 2大学院医療系研究科): 第115回日本精神神経学会学術総会 (2019/6/21), 新潟.

723748. [学会 (全国)] (一般講演) 大学病院における嗜癖障害患者に対する集団療法の特徴 (北里大学東病院の場合). 朝倉崇文1 常岡俊昭, 寺島玲奈, 緒方慶三郎2, 蒲生裕司1, 大石 智1, 松本俊彦, 宮岡 等1 (1精神, 2臨床心理室): 第115回日本精神神経学会学術総会 (2019/6/21), 新潟.

723749. [学会 (全国)] (一般講演) 親子コミュニケーション支援のためのSSTプログラムの開発及び効果研究. 舳松克代, 高橋 恵1, 清水有香, 温水美由紀 (1精神): 第19回日本認知療法・認知行動療法学会 (2019/8/30), 東京.

723750. [学会 (全国)] (一般講演) 精神科病棟に入院となった神経性無食欲症患者の治療−心身両面への対応−. 新井久稔1, 大石 智1, 櫻井秀樹1, 滝澤毅矢1, 井上勝夫1, 天保英明1, 宮岡 等1 (1精神): 第32回日本総合病院精神医学会総会 (2019/11/15), 倉敷.

723751. [学会 (全国)] (一般講演) 精神科病棟に入院となった重症神経性無食欲症患者の治療. 新井久稔 (精神): 第32回日本総合病院精神医学会総会 (2019/11/15-16), 倉敷.

723752. [学会 (全国)] (一般講演) 大学病院 (総合病院) における病院内における自殺対策に関して. 新井久稔 (精神): 第32回日本総合病院精神医学会総会 (2019/11/15-16), 倉敷.

723753. [学会 (全国)] (ポスター) 【座長】精神神経科, メンタルヘルスF. 天保英明 (精神): 第2回日本心身医学関連学会合同集会 (2019/11/16), 大阪.

723754. [学会 (全国)] (一般講演) 【座長】精神分析的アセスメントと乳児観察. 井上勝夫 (精神): 第37回日本青年期精神療法学会総会 (2019/11/24), 名古屋.

723755. [学会 (全国)] (一般講演) 誤嚥による窒息への恐怖から体重減少をきたした小学生の治療経過. 井上勝夫1,2, 神谷俊介2, 中島康輔2, 吉林利文2, 宮岡 等1 (1精神, 2地域児童精神): 第60回日本児童青年精神医学会総会 (2019/12/5), 沖縄.

723756. [学会 (全国)] (一般講演) 家族とは話さない特徴的な緘黙症状を呈した中学生の一例. 井上勝夫1,2, 神谷俊介2 中島康輔2, 吉林利文2, 宮岡 等1 (1精神, 2地域児童精神): 第60回日本児童青年精神医学会総会 (2019/12/5), 沖縄.

723757. [学会 (全国)] (一般講演) 自ら「私のトリセツ」を作成した自閉スペクトラム症高校生症例からの臨床教訓. 井上勝夫1,2, 神谷俊介2, 中島康輔2, 吉林利文2, 宮岡 等1 (1精神, 2地域児童精神): 第60回日本児童青年精神医学会総会 (2019/12/6), 沖縄.

723758. [学会 (全国)] (一般講演) 児童精神科医療と教育における連携システムとしての「児童精神科相談事業」の活用に関するアンケート調査. 神谷俊介1, 中島康輔1, 井上勝夫1,2, 吉林利文1, 石田匡宏2, 宮岡 等2 (1地域児童精神, 2精神): 第60回日本児童青年精神医学会総会 (2019/12/7), 沖縄.

731101. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 臨床医のための精神科医療〜7つのポイント〜. 天保英明 (精神): 第20回中部ロコモサイコソマ研究会 (中部運動器心身医療研究会: LPC) (2019/7/27), 名古屋.

731102. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 大人と子どもの依存症. 井上勝夫 (精神): 第21回日本小児精神医学研究会教育セミナー (2019/8/23), 神戸.

732101. [学会 (地方会・研究会)] (プレナリーセッション) ベンゾジアゼピン抗不安薬・睡眠薬の注意と使い方. 宮岡 等 (精神): 神奈川医学会総会・学術大会 (2019/11/23), 横浜.

733269. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 入院中に自殺企図に至ったアルコール幻覚症が疑われた1例. 石田匡宏1, 新井久稔1, 中里友香1, 鈴木龍太郎1, 大石 智1, 澤山 透1, 齋藤正範1, 宮岡 等1 (1精神): 第116回東京精神医学会学術集会 (2019/7/13), 東京.

733270. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 暴力と施設入所に薬剤が関連したと考えられる高齢者の一例. 大石 智1, 新井久稔1, 鈴木龍太郎1, 石田匡宏1, 出水玲奈1, 小川陽子1, 橋本 樹1, 姜 善貴1, 廣岡孝陽1, 星野俊弥1, 一青良太1, 佐々木道夫1, 齋藤正範1, 宮岡 等1 (1精神): 第49回神奈川県心身医学会総会・学術集会 (2019/9/14), 横浜.

733271. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 【座長】一般演題. 天保英明 (精神): 第49回神奈川県心身医学会総会・学術集会 (2019/9/14), 横浜.

733272. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 幻聴のために入院に至った難聴を伴う高齢者の1例. 中里友香1, 石田匡宏1, 新井久稔1, 鈴木龍太郎1, 木村友彦1, 小野 剛1, 吉林利文2, 大石 智1, 齋藤正範1, 宮岡 等1 (1精神, 2地域児童精神): 東京精神医学会第117回学術集会 (2019/11/30), 東京.

733273. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 性的脱抑制行為を繰り返した軽度認知障害の1例. 小野 剛1, 姜 善貴1, 中里友香1, 出水玲奈1, 櫻井秀樹1, 大石 智1, 齋藤正範1, 宮岡 等1 (1精神): 東京精神医学会第117回学術集会 (2019/11/30), 東京.

'18年度以前分

[学術論文]

H27-522001. [講座] 【特集: 残遺する症状はどこまで回復するか】統合失調症の残遺症状. 新井久稔 (精神): 精神科治療学 2015/6; 30 (6): 727-30.

'18-110019. [原著] Effects of coaching skills training by occupational health staff on improving managers' communication behavior: a randomized controlled trial. Isojima M, Kimura R, Takahashi M1, Kiyotaki S, Fukuda M, Mizukoshi M, Araki H, Oshima Y, Iida D, Tanaka K2: Kitasato Med J 2018/9; 48 (2): 96-104. (高橋 恵1, 田中克俊2: 1精神, 2大学院医療系研究科)

[学会・研究会等]

'18-722003. [学会 (全国)] (招待講演等) 産業メンタルヘルスに応用するマインドフルネスとSST. 高橋 恵 (精神): 第114回日本精神神経学会学術総会 (2018/6/21), 神戸.

'18-722004. [学会 (全国)] (招待講演等) 心的外傷患者への初回面接. 高橋 恵 (精神): 第114回日本精神神経学会学術総会 (2018/6/22), 神戸.

'18-722005. [学会 (全国)] (招待講演等) SST (ソーシャル・スキルズ・トレーニング) の基礎知識. 高橋 恵 (精神): 第114回日本精神神経学会学術総会 (2018/6/23), 神戸.

'18-722006. [学会 (全国)] (招待講演等) 医師・産業保健スタッフのためのSST〜SST入門〜. 高橋 恵1, 野末 浩 (1精神): 第24回SST全国経験交流ワークショップ in 東京 (2018/7/29), 東京.

'18-723022. [学会 (全国)] (一般講演) 入院した高齢者施設入所者のせん妄は認知症重症度分類と関係する. 穴田 聡, 高橋 恵1, 飯ヶ谷美峰2, 左右田和枝, 和田奈美子 (1精神, 2脳神経内): 第60回日本老年医学会学術集会 (2018/6/15), 京都.


放射線科学 (画像診断学)

[学術論文]

110333. [原著] Effects of the scan range on radiation dose in the computed tomography component of oncology positron emission tomography/computed tomography. Inoue Y1, Nagahara K2, Kudo H2, Itoh H2: Radiat Prot Dosimetry 2019/11; 185 (1): 1-6. (井上優介1, 永原和憲2, 工藤寛子2, 伊藤寛泰2: 1放射線 (画像), 2放射線部)

110334. [原著] Effects of scout radiographic imaging conditions on tube current modulation in chest computed tomography. Inoue Y1, Itoh H2: J Radiol Prot 2020/3; 40 (1): 253-69. (井上優介1, 伊藤寛泰2: 1放射線 (画像), 2放射線部)

110335. [原著] Basolateral amygdala connectivity with subgenual anterior cingulate cortex represents enhanced fear-related memory encoding in anxious humans. Hakamata Y, Mizukami S, Izawa S, Moriguchi Y, Hori H, Kim Y, Hanakawa T, Inoue Y1, Tagaya H2: Biol Psychiatry Cogn Neurosci Neuroimaging 2020/3; 5 (3): 301-10. (井上優介1, 田ヶ谷浩邦2: 1放射線 (画像), 2医療衛生学部)

110336. [原著] Continuous regional arterial infusion versus intravenous administration of the protease inhibitor nafamostat mesilate for predicted severe acute pancreatitis: a multicenter, randomized, open-label, phase 2 trial. Hirota M, Shimosegawa T, Kitamura K, Takeda K, Takeyama Y, Mayumi T, Ito T, Takenaka M, Iwasaki E, Sawano H, Ishida E, Miura S, Masamune A, Nakai Y, Mitoro A, Maguchi H, Kimura K, Sanuki T, Ito T, Haradome H1, Kozaka K, Gabata T, Kataoka K, Hirota M, Isaji S, Nakamura R, Yamagiwa K, Kayaba C, Ikeda K: J Gastroenterol 2020/3; 55 (3): 342-52. (原留弘樹1: 1新世紀医療・先端医療)

310039. [症例報告] Lung perfusion scintigraphy in eisenmenger syndrome due to patent ductus arteriosus. Mitsui K1, Woodhams R1, Ukisu R1, Inoue Y1: Clin Nucl Med 2019/11; 44 (11): 879-80. (三井康平1, ウッドハムス玲子1, 浮洲龍太郎1, 井上優介1: 1放射線 (画像))

320043. [症例報告] 頸部刺創による頭蓋外頸部穿通性頸動脈損傷に対しCovered stentを用いた血管内治療により救命した1例. 今野慎吾1, 今 明秀1, 倉田 彰2, ウッドハムス玲子3 (1八戸市立市民病院救命救急センター, 2青葉台脳神経外科・内科, 3放射線 (画像)): 日本外傷学会雑誌 2019/5; 33 (2): 45-9.

320044. [症例報告] 単純ヘルペス脳炎における123I-IMP脳血流SPECT超早期像. 猪狩知美1, 井上優介1, 原 敏将1, 三井康平1 (1放射線 (画像): 臨床核医学 2019/7; 52 (4): 50-3.

522125. [講座]【特集: 肝胆膵領域の画像診断−良悪性疾患の鑑別を中心に−】肝細胞腺腫のMRI診断−画像所見, 鑑別診断, 最新トピックス. 原留弘樹1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2放射線 (画像)): 臨床放射線 2019/4; 64 (5): 649-62.

522126. [講座]【特集1:救急IVRの最前線】出血性疾患に対するイミペネム・シラスタチン (IPM/CS) の塞栓物質としての有用性. ウッドハムス玲子 (放射線 (画像): Rad Fan 2019/4; 17 (5): 49-53.

522127. [講座]【今月の臨床: 産科危機的出血のベストマネジメント 知っておくべき最新の対応策】■出血への予防 予防的IVRの適応と種類, 合併症. ウッドハムス玲子 (放射線 (画像)): 臨床婦人科産科 2019/9; 73 (9): 831-9.

[著 書]

620081. [学術書 (分担執筆)]【頭頸部のCT・MRI 第3版】I. 頭蓋底, p.1-30. VII. 頸筋膜・頸部組織間隙, p.361-424. 浮洲龍太郎1 (1放射線 (画像), 編: 尾尻博也2, 酒井 修3 (2東京慈恵会医科大学放射線医学講座, 3ボストン大学医学部放射線科), メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2019/4発行.

620082. [学術書 (分担執筆)]【救急疾患の鑑別診断のポイント (画像診断増刊号 Vol.39 No.11)】第8章 体腔内の液体貯留 高濃度の腹腔内液体貯留の鑑別, p.A160-7. ウッドハムス玲子 (放射線 (画像)), 編: 船曵知弘. 学研メディカル秀潤社, 東京, 2019/9発行.

620083. [学術書 (分担執筆)]【人体のメカニズムから学ぶ 画像診断技術学】4章 腹部 (消化器,泌尿器・生殖器) の画像診断技術 5. 肝・胆道疾患の病態と画像, p.326-59. 6. 膵臓疾患の病態と画像, p.360-71. 原留弘樹1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2放射線 (画像)), 編: 森  墾, 小倉明夫, メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

[学会・研究会等]

712032. [学会 (国際)] (招待講演) 塞栓術. Woodhams R1: CEPIR 2019: Continuous Education Program in Interventional Radiology 2019 (IVR生涯教育セミナー2019) (2019/10/26), Kanagawa, Japan. (ウッドハムス玲子1: 1放射線 (画像))

713132. [学会 (国際)] (ポスター) Activati on in the amygdala in a simple and short picture viewing task. Kotani Y1, Ohgami Y1, Yoshida N2, Kunimatsu A2, Kiryu S3, Inoue Y4: 2019 Annual Meeting of the Organization of Human Brain Mapping (2019/6/9-13), Rome, Italy, Abstract Book 2019/6; p.25. (小谷泰則1, 大上淑美1, 吉田宜清2, 國松 聡2, 桐生 茂3, 井上優介4: 1東京工業大学リベラルアーツ研究教育院, 2東京大学医科学研究所, 3国際医療福祉大学医学部, 4放射線 (画像))

713133. [学会 (国際)] (ポスター) Connectivity dynamics between the right anterior insula and the anterior cingulate cortex. Ohgami Y1, Kotani Y1, Yoshida N2, Kunimatsu A2, Kiryu S3, Inoue Y4: 2019 Annual Meeting of the Organization of Human Brain Mapping (2019/6/9-13), Rome, Italy, Abstract Book 2019/6; p.42. (大上淑美1, 小谷泰則1, 吉田宜清2, 國松 聡2, 桐生 茂3, 井上優介4: 1東京工業大学リベラルアーツ研究教育院, 2東京大学医科学研究所, 3国際医療福祉大学医学部, 4放射線 (画像))

713134. [学会 (国際)] (ポスター) Connectivity dynamics between the right anterior insula and the anterior cingulate cortex during anticipation of interoceptive response. Ohgami Y1, Kotani Y1, Yoshida N2, Kunimatsu A2, Kiryu S3, Inoue Y4: The 59th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research (2019/9/25-29), Washington DC, USA, Psychophysiology 2019/9; 56 (Suppl 1): p.S40. (大上淑美1, 小谷泰則1, 吉田宜清2, 國松 聡2, 桐生 茂3, 井上優介4: 1東京工業大学リベラルアーツ研究教育院, 2東京大学医科学研究所, 3国際医療福祉大学医学部, 4放射線 (画像))

713135. [学会 (国際)] (ポスター) Activation in the amygdala in a simple and short picture viewing task for clinical application. Kotani Y1, Ohgami Y1, Yoshida N2, Kunimatsu A2, Kiryu S3, Inoue Y4: The 59th Annual Meeting of Society for Psychophysiological Research (2019/9/25-29), Washington DC, USA, Psychophysiology 2019/9; 56 (Suppl 1): p.S49. (小谷泰則1, 大上淑美1, 吉田宜清2, 國松 聡2, 桐生 茂3, 井上優介4: 1東京工業大学リベラルアーツ研究教育院, 2東京大学医科学研究所, 3国際医療福祉大学医学部, 4放射線 (画像))

722222. [学会 (全国)] (共催セミナー) 医療放射線被ばくと線量管理: 最近の動向. 井上優介 (放射線 (画像)): 第78回日本医学放射線学会総会 (2019/4/14), 横浜.

722223. [学会 (全国)] (教育講演) 頭蓋底の CT・MRI 正常解剖: 臨床的に重要なポイントを中心に (The Normal Anatomy of the Skull Base on CT and MR Imaging: Focusing on Clinical Significance in Patients). 浮洲龍太郎 (放射線 (画像): 第78回日本医学放射線学会 (2019/4/14), 横浜, 日本医学放射線学会学術集会抄録集 2019/2; Page S139.

722224. [学会 (全国)] (シンポジウム) 女性医師の会: IVR医のための実践的被曝防護. ウッドハムス玲子 (放射線 (画像)): 第47回日本血管外科学会学術総会 (2019/5/24), 名古屋, 日本血管外科学会雑誌 2019; 28 (Suppl): P. SY13-Keynote Lecture.

722225. [学会 (全国)] (招待講演) 婦人科疾患の診断とIVR, NEXT, 救急. ウッドハムス玲子 (放射線 (画像)): JCRミッドサマーセミナー2019 (2019/7/20), 神戸.

722226. [学会 (全国)] (共催セミナー) 医療放射線の安全管理: 放射線科医のためのミニマム・エッセンス. 井上優介 (放射線 (画像)): 第55回日本医学放射線学会秋季臨床大会 (2019/10/20),名古屋.

722227. [学会 (全国)] (招待講演) 筋膜・間隙解剖から読み解く頭頸部画像診断. 浮洲龍太郎 (放射線 (画像)): 第33回JCRミッドウィンターセミナー (2020/1/18) 福岡.

722228. [学会 (全国)] (シンポジウム) 頭蓋底病変 頭蓋底病変の画像診断. 浮洲龍太郎 (放射線 (画像)): 第39回日本画像医学会学術集会 (2020/2/14), 東京, 日本画像医学会雑誌第39回日本画像医学会抄録集 2020/1; 38 (1): p.37.

723759. [学会 (全国)] (ポスター) 右前部島皮質と前部帯状皮質における結合性の時間変化. 大上淑美1, 小谷泰則1, 吉田宜清2, 國松 聡2, 桐生 茂3, 井上優介4 (1東京工業大学リベラルアーツ研究教育院, 2東京大学医科学研究所, 3国際医療福祉大学医学部, 4放射線 (画像)): 第37回日本生理心理学会大会 (2019/5/25-26), 埼玉, 第36回日本生理心理学会大会プログラム・予稿集 2019; p.54.

723760. [学会 (全国)] (ポスター) 単純な視覚刺激呈示課題における扁桃体の賦活. 小谷泰則1, 大上淑美1, 吉田宜清2, 國松 聡2, 桐生 茂3, 井上優介4 (1東京工業大学リベラルアーツ研究教育院, 2東京大学医科学研究所, 3国際医療福祉大学医学部, 4放射線 (画像)): 第37回日本生理心理学会大会(2019/5/25-26), 埼玉, 第36回日本生理心理学会大会プログラム・予稿集 2019; p.74.

723761. [学会 (全国)] (一般口演) 産科出血に対する動脈塞栓術後の妊娠予後に関する検討 (Pregnancy outcome following arterial embolization for obstetric bleeding). ウッドハムス玲子1, 藤井 馨1, 原 敏将1, 山根拓郎1, 三井康平1, 岩崎莉瑛1, 猪狩知美1, 狩野洋輔1, 安達みずほ1, 松永敬二1, 吉村嘉広2, 井上優介1 (1放射線 (画像), 2産科): 第48回日本IVR学会総会 (2019/5/31), 福岡, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌 2019/5; 34 (Suppl): p.214.

723762. [学会 (全国)] (一般口演) 膵神経内分泌腫瘍と鑑別が問題となったsolid subtypeの膵漿液性N胞腫瘍の1例. 禹  潤1, 原留弘樹2, 海津貴史3, 眞山 到4, 井上優介1 (1放射線 (画像), 2新世紀医療・先端医療, 3一般・小児・肝胆膵外, 4病理): 第33回日本腹部放射線学会 (2019/6/28), 下関.

723763. [学会 (全国)] (一般講演) 頬骨に発生したクリプトコッカス症の画像所見. 狩野洋輔1, 浮洲龍太郎1, 井上優介1, 松木 崇2, 山下 拓2, 梶田咲美乃3, 高橋博之4 (1放射線 (画像), 2耳鼻咽喉・頭頸外, 3病理, 4医療衛生学部): 第55回日本医学放射線学会秋季臨床大会 (2019/10/18), 名古屋.

723764. [学会 (全国)] (ポスター) EOB-MRI肝細胞相の有用性が示唆された肝トキソカラ症の1例. 禹  潤1, 原留弘樹1,2, 井上優介1 (1放射線 (画像), 2新世紀医療・先端医療): 第55回日本医学放射線学会秋季臨床大会 (2019/10/18-20), 名古屋, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集55回 2019/9; p.S475.

723765. [学会 (全国)] (ポスター) 99mTc-HSADリンパシンチグラフィで漏出部位を同定できた新生児術後乳糜胸の1例. 禹  潤1, ウッドハムス玲子1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 第59回日本核医学会学術総会・第39回日本核医学技術学会総会学術大会 (2019/11/1), 愛媛, 核医学 2019/10; 56 (Suppl): p.S169.

723766. [学会 (全国)] (ポスター) トレーサブル点状線源を用いたPEM装置専用QA/QCファントムの検討. 岡本美桜1, 高橋健太郎1, 宮武比呂樹2, 井上優介3, 織田圭一4, 島 孝次5, 神林健児5, 吉井美穂5, 菅野智之5, 川本雅美5, 長谷川智之6 (1大学院医療系研究科, 2放射線部, 3放射線 (画像), 4北海道科学大学, 5ゆうあいクリニック, 6医療衛生学部): 第59回日本核医学会学術総会・第39回日本核医学技術学会総会学術大会 (2019/11/2), 愛媛, 核医学技術 2019/10; 39 (予稿集): p.389.

723767. [学会 (全国)] (一般口演) アクリル吸収体Ge-68/Ga-68タイプトレーサブル点状線源を用いる定量性・校正定数評価法の開発状況報告. 長谷川智之1, 岡本美桜2, 高橋健太郎2, 宮武比呂樹3, 菊池 敬3, 井上優介4, 織田圭一5, 我妻 慧6, 和田康弘7 (1医療衛生学部, 2大学院医療系研究科, 3放射線部, 4放射線 (画像), 5北海道科学大学, 6東京都健康長寿医療センター研究所, 7理化学研究所生命機能科学研究センター): 第59回日本核医学会学術総会・第39回日本核医学技術学会総会学術大会 (2019/11/3), 愛媛, 核医学 2019/10; 56 (Suppl): p.S165.

731103. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 医療放射線の安全管理について. 井上優介 (放射線 (画像)): 第11回広島画像診断研究会 (2020/1/11), 広島.

732102. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 膵腫瘍のMRI診断−撮像と診断のポイント−. 原留弘樹1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2放射線 (画像)): 第42回神奈川MRI技術研究会 (2019/7/19), 横浜.

732103. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 医療被ばく線量管理の夜明け: 医療法施行規則改正を受けて. 井上優介 (放射線 (画像)): 第15回Imaging Now in Kanagawa学術講演会 (2019/8/3), 横浜.

732104. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 実践的乳房造影MRIの読影. ウッドハムス玲子 (放射線 (画像)): 第34回和歌山MRIセミナー (2019/9/13), 和歌山.

732105. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 医療現場における法令改正に伴う具体的な医療放射線安全管理体制の対応と医療放射線安全管理者の役割−北里大学の場合−. 井上優介 (放射線 (画像)): 令和元年度 医療放射線安全管理講習会 (2019/10/13), 東京, 医療放射線防護 2020/3; 82: 31-2.

732106. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 産婦人科救急疾患の画像診断. ウッドハムス玲子 (放射線 (画像)): 第7回救急画像レクチャー (2019/11/16), 那覇.

732107. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 細径血管塞栓におけるGalaxy G3 miniの有用性. ウッドハムス玲子 (放射線 (画像)): CERENOVUS Knowledge Up Seminar (2019/11/6), 東京.

732108. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 新時代の核医学. 井上優介 (放射線 (画像)): 神奈川核医学研究会創立50周年記念大会 (兼第423回定例会) (2019/11/9), 横浜.

732109. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 核医学. 井上優介 (放射線 (画像)): 第60回Radiology Update学術講演会 (2019/11/16), 東京.

732110. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 指針の説明と実運用事例紹介. 井上優介 (放射線 (画像)): 日本放射線科専門医会・医会 (JCR) 医療放射線安全管理講習会 (2020/1/19), 福岡.

732111. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 医療放射線の安全利用: 線量管理の実践. 井上優介 (放射線 (画像)): 香川県放射線科医会 (2020/1/25), 高松.

732112. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 複合機CTの線量管理について. 井上優介 (放射線 (画像)): 2019年度第2回関東核医学研究会学術講演会 (2020/2/2), 横浜.

732113. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 肝細胞腺腫の新亜分類とMRI診断. 原留弘樹1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2放射線 (画像)): 第26回肝血流動態・機能イメージ研究会 (2020/2/9), 金沢.

732114. [学会 (地方会・研究会)] (教育講演) 医療現場における法令改正に伴う具体的な医療放射線安全管理体制の対応と医療放射線安全管理者の役割−北里大学の場合−. 井上優介 (放射線 (画像)): 医療放射線防護連絡協議会 第41回「医療放射線の安全利用」フォーラム (2020/2/23), 東京.

732115. [学会 (地方会・研究会)] (基調講演) 医療放射線における放射線安全の最適化. 井上優介 (放射線 (画像)): 医療放射線防護連絡協議会 第41回「医療放射線の安全利用」フォーラム (2020/2/23), 東京.

733724. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 負荷心筋シンチグラフィの読影手順. 井上優介 (放射線 (画像): 第9回北里機能画像セミナー (2019/4/16), 相模原.

733725. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 中枢神経画像の読影テクニック. 原 敏将 (放射線 (画像)): 第7回相模原医用画像セミナー (2019/6/4), 相模原.

733726. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 貧血を契機に発見されESDを施行した胃平滑筋肉腫の一例. 村木敏郎1, 宮本康雄1, 森久保拓1, 清原裕貴1, 松林真央1, 牧田遊子1, 佐上晋太郎1, 小林 拓1,2, 中野 雅1, 矢内原久1,3, 大部 誠1, 常松 令1, 日比紀文1,2 (1北里研究所病院, 2大学院医療系研究科, 3放射線 (画像)): 第108回日本消化器内視鏡学会関東支部例会 (2019/6/8), 東京, Progress of Digestive Endoscopy 2019/6; 95 (Suppl): p.s104.

733727. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 腫瘍性病変との鑑別に苦慮した異所性肝壊死の1例. 禹  潤1, 原留弘樹1,2, 井上優介1 (1放射線 (画像), 2新世紀医療・先端医療): 第455回日本医学放射線学会関東地方会定期大会 (2019/6/15), 川崎.

733728. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 喉頭原発の神経内分泌癌の画像所見. 狩野洋輔1, 浮洲龍太郎1, 井上優介1, 清野由輩2, 山下 拓2, 一戸昌明3, 吉田 功3 (1放射線 (画像), 2耳鼻咽喉・頭頸外, 3病理): 第48回頭頸部・胸部画像研究会 (2019/6/22), 東京

733729. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 単純ヘルペス脳炎における123I-IMP脳血流SPECT超早期像. 猪狩知美1, 三井康平1, 原 敏将1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 第91回日本核医学会関東甲信越地方会 (2019/6/29), 東京, 核医学 2019/9; 56 (1): p. 125.

733730. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 頬骨に発生したクリプトコッカス症の画像所見. 狩野洋輔1, 浮洲龍太郎1, 井上優介1, 松木 崇2, 山下 拓2, 梶田咲美乃3, 高橋博之4 (1放射線 (画像), 2耳鼻咽喉・頭頸外, 3病理, 4医療衛生学部): 第32回頭頸部放射線研究会 (2019/10/19), 名古屋, 日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集55回 2019/9; p. S559.

733731. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 鼓室内腫瘤を呈した髄膜腫の1例. 安達みずほ1, 浮洲龍太郎1, 井上優介1, 宮本俊輔2, 山下 拓2, 吉田 功3, 秋谷昌史3 (1放射線 (画像), 2耳鼻咽喉・頭頸外, 3病理): 2019年度神奈川県放射線医会総会・第60回例会 (2019/10/26), 横浜, 神奈川医学会雑誌 2020/1; 47 (1): 106.

733732. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 肝紫斑病に類似した画像所見を呈し,急激な転帰をたどった肝血管肉腫の一例. 三井康平1, ウッドハムス玲子1, 原 敏将1, 松永敬二1, 井上優介1 (1放射線 (画像)): 第456回日本医学放射線学会関東地方会定期大会 (2019/12/14), 東京, 第456回日本医学放射線学会関東地方会定期大会プログラム・抄録集 2019/12; p. 37.

'18年度以前分

[学会・研究会等]

'18-713007. [学会 (国際)] (一般講演) CT and MR imaging findings of Cholangiolocellula Carcinoma of the Liver: correlation with histopathologic features and differential diagnosis. Haradome H1,2, Woo J2, Inoue Y2: The European Society of Gastrointestinal and Abdominal Radiology 2018 (2018/6/12), Dublin, Ireland. (原留弘樹1,2, 禹  潤2, 井上優介2: 1新世紀医療・先端医療, 2放射線 (画像))

'18-722007. [学会 (全国)] (招待講演等) MR imaging diagnosis of hepatocellular adenoma: imaging features, differential diagnosis, and recent topics. 原留弘樹1,2 (1新世紀医療・先端医療, 2放射線 (画像)): 第77回日本医学放射線学会総会 (2018/4/13), 横浜.


放射線科学 (放射線腫瘍学)

[学術論文]

110337. [原著] A phase I dose-escalation trial of stereotactic body radiotherapy using 4 fractions for patients with localized prostate cancer. Kainuma T1, Kawakami S1, Tsumura H2, Satoh T2, Tabata K2, Iwamura M2, Hayakawa K1, Ishiyama H1: Radiat Oncol 2019/9; 14 (1): 158. (飼沼卓朗1, 川上正悟1, 津村秀康2, 佐藤威文2, 田畑健一2, 岩村正嗣2, 早川和重1, 石山博條1: 1放射線 (腫瘍), 2泌尿器)

110338. [原著] Patient-reported health-related quality of life up to three years after the treatment with permanent brachytherapy: Outcome of the large-scale, prospective longitudinal study in Japanese-Prostate Cancer Outcome Study by Permanent I-125 Seed Implantation (J-POPS) Koga H1, Naito S1, Ishiyama H1,2, Yorozu A1, Saito S1, Kojima S1, Higashide S1, Kikuchi T1, Nakamura K1, Dokiya T1, Fukushima M1 (1J-POPS Study Group): Brachytherapy 2019/11-12; 18 (6): 806-13. (石山博條1,2: 2放射線 (腫瘍)

110339. [原著] Dosimetric factors associated with long-term patient-reported outcomes after definitive radiotherapy of patients with head and neck cancer. Hayakawa T1, Kawakami S1, Soda I1, Kainuma T1, Nozawa M1, Sekiguchi A1, Miyamoto S2, Yamashita T2, Ishiyama H1: Radiat Oncol 2019/12; 14 (1): 221. (早川豊和1, 川上正悟1, 早田 格1, 飼沼卓朗1, 野澤茉莉花1, 関口茜衣1, 宮本俊輔2, 山下 拓2, 石山博條1: 1放射線 (腫瘍), 2耳鼻咽喉・頭頸外)

110340. [原著] Imaging Cherenkov emission for quality assurance of high-dose-rate brachytherapy Yogo K, Matsushita A, Tatsuno Y, Shimo T, Hirota S, Nozawa M1, Ozawa S, Ishiyama H1, Yasuda H, Nagata Y, Hayakawa K1: Sci Rep 2020/2; 10 (1): 3572. (野澤茉莉花1, 石山博條1, 早川和重1: 1放射線 (腫瘍))

110341. [原著] Potential Mechanisms for Protective Effect of D-Methionine on Plasmid DNA Damage Induced by Therapeutic Carbon Ions Katsunori Yogo K, Murayama C, Fujisawa Y, Maeyama T, Hirayama R, Ogawa Y, Matsumoto K, Nakanishi I, Yasuda H, Ishiyama H1, Hayakawa K1: Radiat Res 2020/3. doi: 10.1667/RR15502.1. Online ahead of print. (石山博條1, 早川和重1: 1放射線 (腫瘍))

210005. [準原著]【Urological Note】Relationship between the dose to the bulbomembranous urethra and stricture after high dose-rate brachytherapy for prostate cancer: Matched-pair analysis. Sekiguchi A1, Tsumura H2, Kawakami S1, Satoh T2, Iwamura M2, Ishiyama H1: Int J Urol 2019/9; 26 (9): 938-9. (関口茜衣1, 津村秀康2, 川上正悟1, 佐藤威文2, 岩村正嗣2, 石山博條1 (1放射線 (腫瘍), 2泌尿器)

522125. [講座]【特集: 高リスク前立腺癌の治療戦略】5. 高線量率小線源治療. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): Prostate Journal 2019/10; 6 (2): 183-7.

[学会・研究会等]

713136. [学会 (国際)] (ポスター) Treatment Outcomes and Risk Factors of Limited-Stage Small Cell Lung Cancer Patients Treated with Chemoradiotherapy. Hayakawa T1, Soda I1, Sekiguchi A1, Kawakami S1, Kubota M2, Mitsufuji H3, Igawa S4, Fukui T4, Naoki K4, Hayakawa K5, Ishiyama H1: IASLC 2019 World conference on lung cancer (2019/9/8), Barcelona, Spain. (早川豊和1, 早田 格1, 関口茜衣1, 川上正悟1, 久保田勝2, 三藤 久3, 井川 聡4, 福井朋也4, 猶木克彦4, 早川和重5, 石山博條1: 1放射線 (腫瘍), 2医療衛生学部, 3看護学部, 4呼吸器内, 5災害医療センター放射線治療科)

713137. [学会 (国際)] (一般口演) Usefulness of 3D-scanner in baseline and response evaluation of radiotherapy for scalp angiosarcoma. I Soda1, Masuzawa M2, Mamorita N, Sekiguchi A1, Kawakami S1, Hayakawa T1, Kainuma T1, IshiyamaH1 ESTRO meets ASIA 2019 (2019/12/6), Singapore. (早田 格1, 増澤真実子2, 関口茜衣1, 川上正悟1, 早川豊和1, 飼沼卓朗1, 石山博條1: 1放射線 (腫瘍), 2皮膚)

722229. [学会 (全国)] (教育講演) 教育講演1: 前立腺. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会 (2019/11/21), 名古屋.

723768. [学会 (全国)] (一般口演)【座長】治療2: 泌尿器. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 第78回日本医学放射線学会総会 (2019/4/13), 横浜, 第78回日本医学放射線学会総会抄録集 2019/4; p.69.

723769. [学会 (全国)] (一般口演) 前立腺癌永久挿入密封小線源治療後CT画像から抽出したRadiomics得微量の予後予測因子としての可能性. 川上正悟1, 片倉健夫2, 橋本成世2, 長谷川智之2, 津村秀康3, 田畑健一3, 石山博條1 (1放射線 (腫瘍), 2医療衛生学部, 3泌尿器): 小線源治療部会第21回学術大会 (2019/5/18), 徳島, 小線源治療部会第21回学術大会抄録 2019/5; p.46.

723770. [学会 (全国)] (一般講演) 前立腺癌シード治療後CT画像から抽出したラジオミクス特徴量の予後予測因子としての可能性. 片倉健夫1, 川上正悟2, 関口聖人1, 田中悠一1, 松本雄登1, 橋本成世3, 長谷川智之3, 石山博條2 (1大学院医療系研究科, 2放射線 (腫瘍), 3医療衛生学部): 第47回日本放射線技術学会秋季学術大会 (2019/10/17), 大阪, Japanese Journal of Radiological Technology 2019/9; 75 (9): 987-8.

723771. [学会 (全国)] (一般口演) 限局性前立腺癌に対する4分割を用いた定位放射線治療の第I相試験. 飼沼卓朗1, 川上正悟1, 津村秀康2, 佐藤威文, 田畑健一2, 岩村正嗣2, 早川和重3, 石山博條1 (1放射線 (腫瘍), 2泌尿器, 3災害医療センター放射線治療科): 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会 (2019/11/21), 名古屋, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会報文集 2019; p.233.

723772. [学会 (全国)] (ポスター) 頭皮血管肉腫放射線治療における3次元スキャナーによる腫瘍評価の有用性. 早田 格1, 増澤真実子2, 守田憲崇3, 川上正悟1, 関口茜衣1, 早川豊和1, 飼沼卓朗1, 石山博條1 (1放射線 (腫瘍), 2皮膚, 3医療衛生学部): 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会 (2019/11/21), 名古屋, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会報文集 2019; p.349.

723773. [学会 (全国)] (ポスター)【座長】小線源治療1. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会 (2019/11/22), 名古屋.

723774. [学会 (全国)] (ポスター) 前立腺癌seed治療後CTから抽出したRadiomics特徴量の予後予測因子の可能性. 川上正悟1, 片倉健夫2, 橋本成世3, 長谷川智之3, 津村秀康4, 田畑健一4, 関口茜衣1, 早川豊和1, 早田 格1, 岩村正嗣4, 石山博條1 (1放射線 (腫瘍), 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部, 4泌尿器): 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会 (2019/11/22), 名古屋, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会報文集 2019; p.375.

723775. [学会 (全国)] (ポスター) 限局型小細胞肺癌の診療ガイドラインに基づく治療成績と予後因子. 早川豊和1, 早田 格1, 関口茜衣1, 川上正悟1, 猶木克彦2, 早川和重3, 石山博條1 (1放射線 (腫瘍), 2呼吸器内, 3災害医療センター放射線治療科): 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会 (2019/11/22), 名古屋, 日本放射線腫瘍学会第32回学術大会報文集 2019; p.388.

732116. [学会 (地方会・研究会) (招待講演等) 前立腺癌に対する集学的治療とラジウム223. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 第915回放射線診療研究会 (2019/5/27), 東京.

732117. [学会 (地方会・研究会) (招待講演) 頭頸部癌トモセラピー後のQOL変化. 早川豊和 (放射線 (腫瘍)): 第8回TomoTherapyセミナー2019 (2019/6/15), 東京.

732118. [学会 (地方会・研究会) (招待講演) 放射線治療の進展と肺臓炎マネジメント. 早田 格 (放射線 (腫瘍)): Lung Cancer Academy (2019/6/25), 神奈川.

732119. [学会 (地方会・研究会) (コメンテータ) 症例ディスカッション. 早田 格 (放射線 (腫瘍)): Lung Cancer Academy (2019/6/25), 神奈川.

732120. [学会 (地方会・研究会) (招待講演等)【ライブデモンストレーション】Meet The Experts3.4. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 第21回ヨウ素125シード線源永久挿入による前立腺癌密封小線源療法技術講習会 (2019/6/29), 東京.

732121. [学会 (地方会・研究会) (招待講演等)【講師】Meet The Experts3. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 第21回ヨウ素125シード線源永久挿入による前立腺癌密封小線源療法技術講習会 (2019/6/29), 東京.

732122. [学会 (地方会・研究会) (講師) 放射線治療学. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 2019医学物理士ミニマム講習会 (医学生物系) (2019/7/13), 東京.

732123. [学会 (地方会・研究会) (招待講演) CRT適格症例の正しい理解と放射線肺臓炎のマネジメント. 早田 格 (放射線 (腫瘍)): PACIFIC Regimen Academy in Yokohama (2019/8/27), 神奈川.

732124. [学会 (地方会・研究会) (招待講演等) 前立腺癌の集学的治療. 石山博條 (放射線 (腫瘍)): 第16回中部放射線治療研究会 (2019/10/5), 名古屋.

732125. [学会 (地方会・研究会) (基調講演) CRT適格症例の正しい理解と放射線肺臓炎のマネジメント. 早田 格 (放射線 (腫瘍)): 横須賀Lung Cancer Symposium 2019 (2019/10/30), 神奈川.

732126. [学会 (地方会・研究会) (パネリスト) Clinical Question. 早川豊和 (放射線 (腫瘍)): Stage III Lung Cancer Symposium (2020/1/23), 神奈川.


麻酔科学

[学術論文]

110342. [原著] Preoperative sepsis is a predictive factor for 30-day mortality after major lower limb amputation among patients with arteriosclerosis obliterans and diabetes. Otsuka T1, Arai M1,2, Sugimura K1, Sakai M1, Nishizawa Y1, Suzuki Y1, Okamoto H1, Kuroiwa M1: J Orthop Sci 2020/5; 25 (3): 441-5. doi: 10.1016/j.jos.2019.05.017. Epub 2019 Jun 18. (大塚智久1, 新井正康1,2, 杉村憲亮1, 阪井茉有子1, 西澤義之1, 鈴木優太郎1, 岡本浩嗣1, 黒岩政之1: 1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療)

110343. [原著] The Initial Subjective Sensory Change in the Dermatome During Intrathecal Injection of Plain Bupivacaine Predicts the Spread of Sensory Blockade: A Prospective Multi-Level Modeling Study. Kanai A1,2, Niki Y, Hayashi N2, Maeda S, Horie K, Okamoto H2: Anesth Pain Med 2019/9; 9 (5): e91216. (金井昭文1,2, 林 経人2, 岡本浩嗣2: 1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔)

110064. [原著] Amelioration of experimental autoimmune myocarditis through activation of invariant natural killer T cells by administration of α-galactosylceramide. Yoshino K1, Satoh M2, Iwayama T1, Kobayashi S1, Okamoto H3, Eshima K2, Watarai H, Iwabuchi K2: Kitasato Med J 2020/3; 50 (1): 60-72. (吉野和久1, 佐藤 雅2, 岩山俊嗣1, 小林秀策1, 岡本浩嗣3, 江島耕二2, 岩渕和也2: 1大学院医療系研究科, 2免疫, 3麻酔)

120037. [原著] 創傷処置痛に対するブプレノルフィンの有用性. 林 経人1, 金井昭文1,2, 星山有宏1, 河村直樹1, 高橋佑一朗1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 北里医学 2019/6; 49 (1): 9-13.

120038. [原著] 産科病棟におけるRapid Response System起動基準に関する後方視的検討. 細川幸希1, 加藤里絵, 黒岩政之1, 小池朋孝2, 森安恵実3, 奥富俊之1, 新井正康1,4 (1麻酔, 2リハビリ部, 3看護部, 4新世紀医療・横断的医療): 日本集中治療医学会雑誌 2020/1; 27 (1): 11-8.

120039. [原著] 帯状疱疹関連痛を有する高齢者の認知機能. 星山有宏1, 金井昭文1,2, 林 経人1, 河村直樹1, 高橋佑一朗1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 日本ペインクリニック学会誌 2020/2; 27 (1): 21-6.

310040. [症例報告] Awake fiberoptic intubation with an epidural catheter in a morbidly obese patient. Suzuki Y1, Takenami T1, Fujino S1, Nakazawa A1, Okamoto H1: J Anesth 2020/6; 34 (3): 468-71. doi: 10.1007/s00540-020-02760-4. Epub 2020 Mar 21 (鈴木優太郎1, 竹浪民江1, 藤野紗貴1, 中澤絢乃1, 岡本浩嗣1: 1麻酔)

320045. [症例報告] 低侵襲心臓手術 (MICS) における片肺換気中のSpO2低下度の疾患別検討. 本田崇紘1, 安藤寿恵1, 戸田雅也1, 川端茉莉子1, 中澤絢乃1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 麻酔 2020/3; 69 (3): 308-11.

522126. [講座]【特集1. 甲状腺外科治療に対する医療安全】Rapid Response Systemは甲状腺外科術後頸部血腫による心停止回避に有効か? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 日本内分泌・甲状腺外科学会誌 2019; 36 (2): 68-73.

522127. [講座]【誌上抄読会】心臓麻酔に関する話題. 杉村憲亮1, 安藤寿恵1, 松田弘美1, 戸田雅也1, 黒岩政之1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 臨床麻酔 2020/2; 44 (2): 179-84.

522128. [講座]【特集: 医療チームにおける麻酔科医の役割】緒言とまとめ. 岡本浩嗣 (麻酔): 麻酔 2020/3; 69 (3): 238-9.

522129. [講座] 院内迅速対応システム (rapid response system: RRS) と麻酔科医. 西澤義之1, 大塚智久1, 黒岩政之1 (1麻酔): 麻酔 2020/3; 69 (3): 265-70.

540075. [その他]【巻頭言】自分が作る環境. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔):臨床麻酔 2019/7; 43 (7): 923.

540076. [その他 (新聞記事)] オピオイド鎮痛薬−痛みの種類によっては無効例も−. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): Medical Tribune 2019; 52 (7): 7.

540077. [その他]【Member's Siestas】席を譲る. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 日本ペインクリニック学会News Letter 2020/1; 第6号.

540078. [その他 (巻頭言)] わが国の“麻酔”はどこから来たのか, どんなものか, どこへ向かって行くのか. 奥富俊之 (麻酔): 麻酔 2020/3; 69 (3): 237.

[著 書]

620084. [学術書 (単著)]【痛みの構造で考える鎮痛薬の選択】金井昭文1,2, 林 経人2, 岡本浩嗣2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔), 真興交易医書出版部, 東京, 2019/7発行.

620085. [学術書 (分担執筆)] 【ICU治療指針 I (救急・集中治療 31 (2)】II. 呼吸器疾患と管理 呼吸管理 経皮的気管切開法, 外科的気管切開法, 胸腔穿刺・胸腔ドレナージ法, p.476-87. 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔), 総監修: 岡元和文, 総合医学社, 東京, 2019/7発行.

[学会・研究会等]

712033. [学会 (国際)] (招待講演等) Introduction and Effectiveness of a Rapid Response System for Patient Safety. Kuroiwa M1: 7Th meeting of East Asia anesthesia (2019/5/30), Kobe, Japan. (黒岩政之1: 1麻酔)

712034. [学会 (国際)] (シンポジウム) Congenital heart surgery. Okamoto H1: ICCVA-ASCA 2019 (2019/6/6), Korea. (岡本浩嗣1: 1麻酔)

713138. [学会 (国際)] (一般講演) Retrospective study of perioperative complicaions in noncardiac surgeries for children with congenital heart deseases. Amano A1, Matusa H, Toda M1 Okamoto H1: European Society of Anaesthesiology 2019 (2019/6/2), Vienna, Austria. (天野明津沙1, 戸田雅也1, 岡本浩嗣1: 1麻酔)

713139. [学会 (国際)] (一般講演) A case of re-operation at early postoperative period due to severe LV-LA shunt in infant with complete AVSD. Ozaki A1, Okamoto H1: ICCVA-ASCA 2019 (2019/6/8), Korea. (尾崎 温1, 岡本浩嗣1: 1麻酔)

713140. [学会 (国際)] (一般講演) Does intraocular pressure during prone spinal surgery differ according to the type of head-fixing device used (a horseshoe headrest versus a pinned head-holder) ? Yamashita A1, Takenami T1, Yamamoto S1, Ikeda T, Suzuki T, Okamoto H1: The American Society of Anesthesiologists (ASA 2019) (2019/10/20), Orlando, Florida. (山下 敦1, 竹浪民江1, 山本真也1, 岡本浩嗣1: 1麻酔)

722230. [学会 (全国)] (シンポジウム) 緩和医療における痛みがもたらす影響. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 第30回日本医学会総会 (2019/4/27), 名古屋.

722231. [学会 (全国)] (招待講演等) 麻酔科専門医に必要な経食道心エコー法 (TEE) の基礎知識. 岡本浩嗣 (麻酔): 日本麻酔科学会第66回学術集会 (2019/5/30), 神戸.

722232. [学会 (全国)] (シンポジウム) 痛みの構造と変化. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 第13回日本緩和医療薬学会年会 (2019/6/1), 千葉.

722233. [学会 (全国)] (招待講演等) 先天性心疾患患者に対する非心臓手術の麻酔時の偶発症の検討. 岡本浩嗣 (麻酔): 日本臨床麻酔学会第39回大会 (2019/11/7), 軽井沢.

722234. [学会 (全国)] (招待講演等) 経カテーテルおよびMICSによるASD閉鎖術とTEE. 岡本浩嗣 (麻酔): 日本臨床麻酔学会第39回大会 (2019/11/8), 軽井沢.

722235. [学会 (全国)] (招待講演等) 斜視手術の術後鎮痛: テノンN下ブロックを中心に. 松田弘美1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本小児麻酔学会第25回大会 (2019/11/16), 米子.

722236. [学会 (全国)] (招待講演等) 3DTEE 基礎. 岡本浩嗣1, 太田隆嗣 (1麻酔): 日本心臓血管麻酔学会第24回学術大会 (2019/9/21), 京都.

722237. [学会 (全国)] (招待講演等) カテーテル手術とTEE TAVI (TAVR) Mitral Clipping ASD occluder. 岡本浩嗣 (麻酔): 日本心臓血管麻酔学会第24回学術大会 (2019/9/22), 京都.

723776. [学会 (全国)] (一般講演) 脊髄くも膜下麻酔後の呼吸抑制にステロイドが著効した重症筋無力症患者の1症例. 竹中淳悟1, 竹浪民江1, 山下 敦1, 川端茉莉子1, 堀江彩織1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本区域麻酔学会第6回学術集会 (2019/4/18), 高知.

723777. [学会 (全国)] (一般講演) 硬膜外または脊髄くも膜下塩酸モルヒネ投与は妊娠における偶発的硬膜穿刺後頭痛の予防に有効である. 藤野紗貴1, 日向俊輔1, 藤田那恵1, 細川幸希, 奥富俊之1 (1麻酔): 日本区域麻酔学会第6回学術集会 (2019/4/18-20), 高知.

723778. [学会 (全国)] (一般講演) 小児の麻酔前投薬としての経口ミダゾラムの血中濃度と鎮静度の比較. 竹中淳悟1, 松田弘美1, 山下 敦1, 山本真也1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第66回学術集会 (2019/5/30), 神戸.

723779. [学会 (全国)] (一般講演) 帝王切開術の基準血圧には入室時の血圧は適さない. 村松明日香1, 細川幸希1, 藤野紗貴1, 日向俊輔1, 奥富俊之1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第66回学術集会 (2019/5/30), 神戸.

723780. [学会 (全国)] (一般講演) 頭低位で行うロボット支援腹腔下前立腺摘除 (RALP) 術中の眼圧上昇. 小野千尋1, 竹浪民江1, 荒 将智1, 阪井茉有子1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第66回学術集会 (2019/5/30), 神戸.

723781. [学会 (全国)] (一般講演) 肺動脈弁病変を伴う先天性心疾患の再手術のリスク因子と予後の検討. 遠山 光1, 堀江彩織1, 尾崎 温1, 小野千尋1, 戸田雅也1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本麻酔科学会第66回学術集会 (2019/5/31), 神戸.

723782. [学会 (全国)] (一般講演) 週術期のオピオイド投与における感覚閾値の調査. 鈴木沙由美1, 林 経人1, 荒 将智1, 金井昭文1,2, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 日本麻酔科学会第66回学術集会 (2019/5/31), 神戸.

723783. [学会 (全国)] (一般講演) 意識下挿管における鎮静度及び挿管時記憶に関する後ろ向き検討. 堀紗友夏1, 伊藤諭子2, 村松悠華1, 荒 将智1, 鈴木優太郎1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2大学院医療系研究科): 日本麻酔科学会第66回学術集会 (2019/5/31), 神戸.

723024. [学会 (全国)] (一般講演) 腹膜炎時の横隔膜リンパ管新生を制御する受容体活性調節蛋白1 (RAMP1) の役割. 津留世里1, 伊藤義也2, 細野加奈子2, 井上智仁3, 松田弘美4, 藏重千絵4, 中本修司1, 大高史聖1, 岡本浩嗣4, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3消化器内, 4麻酔): 第40回日本炎症・再生医学会 (2019/7/16), 神戸.

723784. [学会 (全国)] (一般講演) 肺がんに対するニボルマブ投与患者における帯状疱疹の発生 (優秀演題). 荒 将智1, 金井昭文1,2, 林 経人1, 河村直樹1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 日本ペインクリニック学会第53回大会 (2019/7/19), 熊本.

723785. [学会 (全国)] (一般講演) 激しい遷延性術後痛に対する脊髄刺激療法で痛みとADLの効果に矛盾を生じた2症例. 林 経人1, 金井昭文1,2, 河村直樹1, 荒 将智1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 日本ペインクリニック学会第53回大会 (2019/7/19), 熊本.

723786. [学会 (全国)] (一般講演) 星状神経節ブロックとステロイドパルス療法で改善した神経痛性筋萎縮症の1例. 河村直樹1, 金井昭文1,2, 林 経人1, 荒 将智1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療): 日本ペインクリニック学会第53回大会 (2019/7/19), 熊本.

723787. [学会 (全国)] (一般講演) 肺動脈カテーテルによる肺動脈損傷を来しV-VA ECMOを使用し救命した1例. 杉村憲亮1, 川端茉莉子1, 安藤寿恵1, 鈴木將嗣1, 戸田雅也1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本心臓血管麻酔学会第24回学術大会 (2019/9/20), 京都.

723788. [学会 (全国)] (一般講演) 術前の6分間歩行距離 (6MD) は経カテーテル的大動脈弁置換術 (TAVI) における術後せん妄発生を予測する. 山下 敦1, 安藤寿恵1, 松田弘美1, 杉村憲亮1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 日本心臓血管麻酔学会第24回学術大会 (2019/9/22), 京都.

723789. [学会 (全国)] (一般講演) 陽圧補助換気をしながら気管支鏡下経鼻挿管を行った乳児の甲状舌管N胞の一例. 鈴木沙由美1, 松田弘美1, 中澤絢乃1, 伊藤諭子2, 藤野紗貴1, 篠原慶子1, 小林千夏1, 岡本浩嗣1 (1麻酔, 2大学院医療系研究科): 日本小児麻酔学会第25回大会 (2019/11/16), 米子.

723105. [学会 (全国)] (一般講演) Potential role of invariant NKT cells in experimental autoimmune myocarditis in mice. 吉野和久1, 佐藤 雅2, Watarai H, 岩渕和也2 (1大学院医療系研究科, 2免疫): 第48回日本免疫学会学術集会 (2019/12/12), 浜松.

723029. [学会 (全国)] (一般講演) 免疫細胞のTPシグナルは腹膜炎時の横隔膜リンパ管新生を促進する (TP signaling in immune cells promotes lymphangiogenesis in the diaphragm during peritonitis). 津留世里1, 伊藤義也2, 松田弘美3, 細野加奈子2, 岡本浩嗣3, 馬嶋正隆2 (1大学院医療系研究科, 2薬理, 3麻酔): 第93回日本薬理学会年会 (2020/3/16-18), 紙上開催.

731104. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 慢性疼痛への多角的アプローチ. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 平塚慢性疼痛講演会 (2019/7/24), 平塚.

731105. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 痛みの構造で考える鎮痛薬の選択. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 第7回横浜川崎脊椎・関節病セミナー (2019/8/27), 横浜.

731106. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) がん患者に対するオピオイド鎮痛薬を再考する. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 第6回豊平がん緩和研究会 (2019/10/16), 札幌.

731107. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 痛みの構造で考える鎮痛薬の選択. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 2020年度研修医セミナー (2020/1/18), 相模原.

731108. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 上肢の痛みの対応. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 第9回横浜上肢手術セミナー (2020/1/31), 横浜.

732127. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) 甲状腺手術における医療安全, チーム医療: Rapid Response Systemは甲状腺術後頸部血腫による心停止回避に有用か? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 第1回昭和大学甲状腺フォーラム学術集会 (2019/5/18), 東京.

732128. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) ヒドロモルフォンを活かす. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 第2回相模原緩和医療研究会 (2019/5/23), 相模大野.

732129. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 主な鎮痛薬の問題点と, それを補うブプレノルフィン. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): National Symposium on Pain focus. How to optimize opioid treatment for LBP/OA (2019/5/25), 東京.

732130. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) がん患者の疼痛管理. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): がん疼痛を考える会 (2019/6/10), 相模原.

732131. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Rapid Response System RRSとは何か? なぜ必要か? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 鳥取大学医学部附属病院 医療安全講習会 (2019/6/21), 米子.

732132. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Rapid Response System RRSとは何か? なぜ必要か? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 新潟大学医歯学総合病院 医療安全講習会 (2019/6/27), 新潟.

732133. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Rapid Response System RRSとは何か? なぜ必要か? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 岩手医科大学附属病院 医療安全講習会 (2019/7/5), 盛岡.

732134. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Rapid Response System RRSとは何か? なぜ必要か? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 埼玉医科大学国際医療センター 医療安全講習会 (2019/7/29), 日高.

732135. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 再考: ブプレノルフィン貼付剤の有用性. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): M3 Web講演 (2019/8/8), 日本橋.

732136. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 低用量フェンタニル貼付剤の活用. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 久光製薬株式会社Web講演会 (2019/9/26), WEB上.

732137. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 臨床医の立場からオピオイド鎮痛薬を再考する. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): Cancer Pain Forum in Kanagawa (2019/10/18), 横浜.

732138. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) オピオイド鎮痛薬の特性を知る. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 第3回医療安全セミナー (2019/10/25), 相模原.

732139. [学会 (地方会・研究会)] (Web講演) ヒドロモルフォンを活かす. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): がん疼痛緩和ケアWEBセミナー (2019/10/31), 名古屋.

732140. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) がん患者に対する脊髄くも膜下鎮痛法. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 脊髄くも膜下鎮痛講演会 (2019/11/7), 厚木.

732141. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) がん患者に対する脊髄くも膜下鎮痛法. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 脊髄くも膜下鎮痛講演会 (2020/1/9), 八王子.

732142. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) オピオイド鎮痛薬の特性を知る. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 第1回地域薬剤師連絡協議会勉強会 (2020/1/16), 相模原.

732143. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 臨床医の立場からオピオイド鎮痛薬を再考する. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): Cancer Pain Forum in Chiba (2020/2/5), 千葉.

732144. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) がん患者に対する脊髄くも膜下鎮痛法. 金井昭文1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 脊髄くも膜下鎮痛講演会 (2020/2/6), 横浜.

733733. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 喀血既往のある甲状腺腫による気管静脈瘤に対して全身麻酔を施行した1例. 尾崎 温1, 安達 健1, 黒岩政之1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 関東甲信・東京支部第56回合同学術集会 (2019/9/3), 東京.

733734. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 麻酔導入時マスク換気不能に陥ったTreacher Collins syndromeの乳児に対しi-gel使用により換気と気管挿管に成功した症例の麻酔経験. 長田宣子1, 松田弘美1, 堀江彩織1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 関東甲信・東京支部第56回合同学術集会 (2019/9/3), 東京.

733735. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 脊髄くも膜下麻酔管理下で大腿ターニケット解除後に高度徐脈をきたした1例. 村松悠華1, 関田昭彦1, 横山友香, 佐藤克彦1, 岡本浩嗣1, 小坂康晴1 (1麻酔): 関東甲信・東京支部第56回合同学術集会 (2019/9/3), 東京.

733736. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 麻酔導入後の重症アナフィラキシーショックに対し, 手術中止となったが他科の連携により再手術を完遂しえた一例. 山路裕弘1, 山下 敦1, 阪井茉有子1, 岡本浩嗣1 (1麻酔): 関東甲信・東京支部第56回合同学術集会 (2019/9/3), 東京.

'18年度以前分

[学術論文]

H27-110001. [原著] Neuroprotective effect of nitite-derived NO in brain injury mediated through the NOS-independent but not the GC/COX/xanthine oxidase/PGIS-dependent pathways. Ando H1, Nara Y, Kosaka Y1, Arai M1,2, Okamoto H1: Kitasato Med J 2016/3; 46 (1): 67-72. (安藤寿恵1, 小坂康晴1, 新井正康1,2, 岡本浩嗣1: 1麻酔, 2新世紀医療・横断的医療)

H29-522001. [講座]【特集: PICS 集中治療後症候群】Part 3 PICS 3要素 [コラム] PICS-F (family) とは何か? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): INTENSIVIST 2018/1; 10 (1): 98-106.

'18-520001. [総説] 院内急変を未然に防ぐ−RRSの考え方, 導入・継続のアイディア−. 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 患者安全推進ジャーナル 2018/6; 52: 10-7.

'18-520002. [総説] 肺と脳の臓器クロストーク. 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 臨床麻酔 2019/1; 43 (1): 9-15.

[著 書]

'18-620010. [学術書 (分担執筆)]【誰もここまで教えてくれなかった なるほど人工呼吸管理 (呼吸器ケア2018年冬季増刊)】[1章 呼吸生理] (1) 気道の解剖生理, p.8-18. 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔), 監修: 安宅一晃, メディカ出版, 大阪, 2018/12発行.

[学会・研究会等]

H29-732001. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Rapid Response Systemとは何か? RRSとは何か? なぜ必要か? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 医療安全教育セミナー (実践編) 2017 より高度な医療安全へ向けて (2017/10/21), 東京.

H29-732002. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Rapid response systemとは? 院内心停止を防ぐためにどうするか? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 弘前大学医学部付属病院医療安全講演 (2017/10/13), 弘前.

H29-732003. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Rapid response systemとは? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 横浜市立大学医学部附属病院医療安全講習会 (2017/9/21), 横浜.

'18-722008. [学会 (全国)] (シンポジウム) 甲状腺外科治療における医療安全: 甲状腺術後の頸部血腫の早期発見と介入にRapid Response Systemは有効か? Rapid Response Systemの可能性と問題点. 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 第51回日本甲状腺外科学会学術集会 (2018/10/25), 横浜.

'18-722009. [学会 (全国)] (パネルディスカッション) 院内急変対応システム〜いかに導入して成果をあげるか〜 Rapid Response Systemの導入, 定着に関わる戦略, 当院の現況, 導入, 定着に関わる戦略. 新井正康1,2, 森安恵実, 小池朋孝, 大谷尚也3, 黒岩政之1, 箱田美知恵4, 土屋志保4, 荒井有美4, 鳥井晋三5 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔, 3看護部, 4医療の質・安全推進室, 5医療技術教育): 第13回日本医療の質・安全学会学術集会 (2018/11/24), 名古屋.

'18-722010. [学会 (全国)] (シンポジウム) RRSに期待される医療安全との連携―次世代に向けた新しい流れー当院での処置・鎮静時におけるRRS起動症例の検討. 西澤義之1, 黒岩政之1, 小池朋孝, 森安恵実, 大谷尚也2, 村松明日香1, 鈴木優太郎1, 阪井茉有子1, 大塚智久1, 新井正康1,3 (1麻酔, 2看護部, 3新世紀医療・横断的医療): 第46回日本集中治療医学会学術集会 (2019/3/2), 京都.

'18-732002. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 「医療に役立つチームのあり方」 医師の立場から Rapid Response Teamとは何か? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 2018年度 第1回患者安全推進地域フォーラム in 北里 (2018/5/19), 相模原.

'18-732003. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) ワークショック2: 院内急変対応 急変する前に見つけて備えるという考え方〜Rapid Response System〜. 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 第32回東北救急医学会 (2018/6/16), 山形.

'18-732004. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Rapid Response Systemとは? RRSとは何か? なぜ必要か? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 杏林大学医学部付属病院 医療安全講演会 (2018/10/29), 東京.

'18-732005. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Rapid Response Systemとは? RRSとは何か? なぜ必要か? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 山形県立中央病院院内研修会 (2018/12/2), 山形.

'18-732006. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Rapid Response Systemとは? RRSとは何か? なぜ必要か? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 琉球大学医学部附属病院研修会 (2019/1/25), 那覇.

'18-732007. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Rapid Response Systemとは? RRSとは何か? なぜ必要か? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 日本医療マネジメント学会第9回沖縄県支部学術集会 (2019/1/26), 那覇.

'18-732008. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) Rapid Response Systemとは? RRSとは何か? なぜ必要か? 新井正康1,2 (1新世紀医療・横断的医療, 2麻酔): 麻生飯塚病院院内講演会 (2019/2/1), 飯塚.


臨床検査診断学

[著 書]

620086. [学術書 (分担執筆)]【内科学書 5 改定第9版】血漿蛋白の種類と機能, p.489-11. 大谷英樹, 狩野有作1 (1臨検学), 総編集: 南学正臣, 編: 下村伊一郎, 中山書店, 東京, 2019/8発行.

'18年度以前分

[著 書]

'18-620011. [学術書 (分担執筆)]【最新 検査・画像診断事典 2018-19年版 検査の手技・適応疾患・保険請求がすべてわかる】アジスカウント, p.299. 狩野有作 (臨検学), 編著: 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 東京, 2018/5発行.

'18-620012. [学術書 (分担執筆)]【最新 検査・画像診断事典 2018-19年版 検査の手技・適応疾患・保険請求がすべてわかる】モーゼンタール法, p.299. 狩野有作 (臨検学), 編著: 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 東京, 2018/5発行.

'18-620013. [学術書 (分担執筆)]【最新 検査・画像診断事典 2018-19年版 検査の手技・適応疾患・保険請求がすべてわかる】フィッシュバーグ試験, p.299. 狩野有作 (臨検学), 編著: 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 東京, 2018/5発行.

'18-620014. [学術書 (分担執筆)]【最新 検査・画像診断事典 2018-19年版 検査の手技・適応疾患・保険請求がすべてわかる】膀胱尿道ファイバースコピー, p.316. 狩野有作 (臨検学), 編著: 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 東京, 2018/5発行.

'18-620015. [学術書 (分担執筆)]【最新 検査・画像診断事典 2018-19年版 検査の手技・適応疾患・保険請求がすべてわかる】膀胱尿道鏡検査, p.317. 狩野有作 (臨検学), 編著: 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 東京, 2018/5発行.

'18-620016. [学術書 (分担執筆)]【最新 検査・画像診断事典 2018-19年版 検査の手技・適応疾患・保険請求がすべてわかる】尿管カテーテル, p.318. 狩野有作 (臨検学), 編著: 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 東京, 2018/5発行.

'18-620017. [学術書 (分担執筆)]【最新 検査・画像診断事典 2018-19年版 検査の手技・適応疾患・保険請求がすべてわかる】腎盂尿管ファイバースコピー, p.318. 狩野有作 (臨検学), 編著: 日本臨床検査医学会, 医学通信社, 東京, 2018/5発行.


輸血・細胞移植学

[学術論文]

110344. [原著] Reduction in adverse transfusion reactions with increased use of washed platelet concentrates in Japan-A retrospective multicenter study. Ikebe E, Matsuoka S, Tanaka A, Yonemura Y, Fujii Y, Ohsaka A, Okazaki H, Kitazawa J, Ohtani S1, Nakayama T, Momose S, Miwa I, Taira R, Toyota K, Kino S, Kato H, Hamaguchi I: Transfus Apher Sci 2019/4; 58 (2): 162-8. (大谷慎一1: 1輸血・細胞移植)

110345. [原著] Characteristics of palliative home care for patients with hematological tumors compared to those of patients with solid tumors. Ishida T1, Ohashi K, Okina C2, Ohashi S, Okina S3, Miyazaki K1, Suzuki T3: Int J Hematol 2019/8; 110 (2): 237-43. (石田 隆1, 翁千香子2, 翁 祖誠3, 宮桃_二1, 鈴木隆浩3: 1輸血・細胞移植, 2腎臓内, 3血液内)

110346. [原著] Characteristics of palliative home care for patients with hematological tumors compared to those of patients with solid tumors. Ishida T1, Ohashi K, Okina C2, Ohashi S, Okina S3, Miyazaki K1, Suzuki T3: Int J Hematol 2019/8; 110 (2): 237-43. (石田 隆1, 翁千香子2, 翁 祖誠3, 宮桃_二1, 鈴木隆浩3: 1輸血・細胞移植, 2腎臓内, 3血液内)

310041. [症例報告] The clinical outcomes of chronic myeloid leukemia patients harboring alternatively spliced BCR-ABL variants. Ishida T1, Miyazaki K1, Okina S2, Miyata T3, Hayama K3, Higashihara M2, Suzuki T2: Hematology 2019/12; 24 (1): 49-51. (石田 隆1, 宮桃_二1, 翁 祖誠2, 本橋知美3, 羽山慧以3, 東原正明2, 鈴木隆浩2: 1輸血・細胞移植, 2血液内, 3大学院医療系研究科)

320046. [症例報告] Ibrutinib投与中に爪周囲炎と肉芽形成を繰り返し発症し抗生剤治療で改善した慢性リンパ性白血病. 石田 隆1, 宮桃_二1, 羽山慧以2, 堀江良一3, 鈴木隆浩4 (1輸血・細胞移植, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部, 4血液内): 臨床血液 2019/5; 60 (3): 153.

[著 書]

620087. [学術書 (分担執筆)]【血液専門医テキスト 改訂第3版】文章問題 共通/一般問題 23, p.586, p.588. 文章問題 内科/一般問題 7, p.594-6. 宮桃_二 (輸血・細胞移植), 編: 日本血液学会, 南江堂, 東京, 2019/10発行.

620088. [学術書 (分担執筆)]【診療力を上げる! 症例問題集 (内科2019年4月増大号)】<第9章 血液> 症例問題 特発性血小板減少性紫斑病維持療法中の妊娠, p.963-4. 宮桃_二 (輸血・細胞移植), 南江堂, 東京, 2019/発行.

620089. [学術書 (分担執筆)]【診療力を上げる! 症例問題集 (内科2019年4月増大号)】<第9章 血液> 症例問題 突然の出血傾向, p.965-6. 宮桃_二 (輸血・細胞移植), 南江堂, 東京, 2019/発行.

620090. [学術書 (分担執筆)]【臨床工学講座 臨床医学総論 第2版】第10章 血液病学 4. 出血性素因, p.257-62. 宮桃_二 (輸血・細胞移植), 監修: 日本臨床工学技士教育施設協議会, 編: 篠原一彦, 小谷 透, 医歯薬出版, 東京, 2020/3発行.

[学会・研究会等]

722238. [学会 (全国)] (招待講演等) 病院情報システム6年間の歩み. 大谷慎一 (輸血・細胞移植): 第67回日本輸血・細胞治療学会学術総会 (2019/5/24), 熊本.

723790. [学会 (全国)] (一般講演) 本邦における造血器疾患患者に対する赤血球輸血のヘモグロビン閾値の現状. 横濱章彦, 奥山美樹, 上田恭典, 伊藤真澄, 藤原慎一郎, 長井一浩, 荒川仁香, 牧田雅典, 宮桃_二1, 池田和彦, 紀野修一, 田中朝志, 長谷川雄一, 藤野惠三, 牧野茂義, 松本真弓, 竹下明裕, 室井一男 (1輸血・細胞移植): 第67回日本輸血・細胞治療学会学術総会 (2019/5/23), 熊本.

723791. [学会 (全国)] (一般講演) 肝疾患に伴う二次性免疫性血小板減少症における病態形成機序の解析. 佐藤隆司1, 瀧口隼人, 魚嶋晴紀2, 日高 央2, 久保 誠1, 宮桃_二3, 堀江良一1 (1医療衛生学部, 2消化器内, 3輸血・細胞移植): 第81回日本血液学会学術集会 (2019/10/13), 東京.

723792. [学会 (全国)] (一般講演) 2nd-lineの再生不良性貧血を対象としたロミプロスチムの第2/3相臨床試験の部分集団解析. 長藤宏司, Jun Ho Jang, Jong Wook Lee, 冨山佳昭, 宮桃_二1, 臼杵憲祐, 魚嶋伸彦, 藤崎智明, 小杉浩史, 松村 到, 佐々木光, 木崎昌弘, 澤 正史, 日高道弘, 小林直樹, 市川 聡, 米村雄士, 榎谷光熙, 松田 晃, 小澤敬也, 三谷絹子, 中尾眞二 (1輸血・細胞移植): 第81回日本血液学会学術集会 (2019/10/11), 東京.


救命救急医学

[学術論文]

110347. [原著] The prevalence and antibiotic susceptibility of Haemophilus influenzae in the Emergency Intensive Care Unit of Kitasato University Hospital. Yamaya T1, Nihonyanagi S2, Takayama Y2.3, Hanaki H4, Nakatani K1, Kataoka Y1, Asari Y1: Kitasato Med J 2019/9; 49 (2): 106-12. (山谷立大1, 二本柳伸2, 高山陽子2.3, 花木秀明4, 中谷研斗1, 片岡祐一1, 浅利 靖1: 1救命, 2感染管理室, 3新世紀医療・横断的医療, 4大村智記念研究所)

110348. [原著] Efficacy of transcatheter arterial embolization for spontaneous extraperitoneal hemorrhage. Maruhashi T1,2, Kashimi F1, Kurihara Y1, Oi M1, Tamura S1, Osada M1, Nishimaki H2, Asari Y1: Kitasato Med J 2019/9; 49 (2): 119-24. (丸橋孝昭1,2, 樫見文枝1, 栗原祐太朗1, 大井真理奈1, 田村 智1, 長田真由子1, 西巻 博2, 浅利 靖1: 1救命, 2聖マリアンナ医科大学)

[著 書]

620091. [学術書 (分担執筆)]【今日の治療指針 2020年版 私はこう治療している】1. 救急医療 肺損傷, p.55-6. 片岡祐一 (救命), 総編集: 福井次矢, 高木 誠, 小室一成, 医学書院, 東京, 2020/1発行.

[学会・研究会等]

722239. [学会 (全国)] (招待講演等) 重症患者に対する筋肉量を用いた新たなエネルギー消費量予測式. 片岡祐一1, 田村 智1 (1救命): 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会 (2020/2/28), 京都.

723793. [学会 (全国)] (一般講演) 重症救急患者に対する栄養管理の重要性. 片岡祐一1, 田村 智1, 朝隈禎隆1, 渋谷紘隆1, 花島 資1, 中谷研斗1, 浅利 靖1 (1救命): 第22回日本臨床救急医学会総会・学術集会 (2019/6/1), 和歌山.

723794. [学会 (全国)] (一般講演) 夏祭り会場におけるガスボンベ爆発に伴う多数傷病者発生事案への対応. 片岡祐一1, 朝隈禎隆1 (1救命): 第22回日本臨床救急医学会総会・学術集会 (2019/6/1), 和歌山.

723795. [学会 (全国)] (一般口演) 鈍的腎動脈損傷 当センターにおける治療経験 (Blunt renal arterial injuries: a single center analysis of management strategies and outcomes). 樫見文枝1, 西巻 博2, 丸橋孝昭11, 田村 智1, 栗原祐太朗1, ウッドハムス玲子3, 松永敬二3, 浅利 靖1 (1救命, 2聖マリアンナ医科大学, 3放射線 (画像)): 第48回日本IVR学会総会 (2019/6/1), 福岡, 日本インターベンショナルラジオロジー学会雑誌 2019/5; 34 (Suppl): p.301.

723796. [学会 (全国)] (一般講演) 深在性膵損傷に対する治療法の検討. 片岡祐一1, 花島 資1, 増田智成1, 浅利 靖1 (1救命): 第33回日本外傷学会総会・学術大会 (2019/6/6), 八戸.

723797. [学会 (全国)] (一般講演) 重症救急患者に対するNSTによる栄養管理. 片岡祐一1, 浅利 靖1 (1救命): 第47回日本集中治療医学会学術集会 (2020/3/6), 名古屋.

723798. [学会 (全国)] (一般講演) 外傷性脳内血腫に対する神経内視鏡的血腫除去術の有用性と問題点. 小泉寛之1,2, 山本大輔2, 浅利 靖1, 隈部俊宏2 (1救命, 2脳外): 第43回日本脳神経外傷学会 (2020/3/7), 箱根.

733737. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) IVRが有用であった脾動脈への穿通を伴った出血性胃潰瘍の一例. 市邊花奈, 古藤里佳1, 樫見文枝1, 山内浩史1,2, 金 宗巧1, 田村 智1, 丸橋孝昭1, 片岡祐一1, 浅利 靖1 (1救命, 2消化器内): 第70回日本救急医学会関東地方会学術集会 (2020/1/18), 前橋.

733738. [学会 (地方会・研究会)] (一般演題) 誤飲した義歯により急性胃蜂窩織炎を発症した1例. 加藤智之, 大井真里奈1, 中谷研斗1, 山内浩史1,2, 丸橋孝昭1, 栗原祐太朗1, 片岡祐一1, 浅利 靖1 (1救命, 2消化器内): 第70回日本救急医学会関東地方会学術集会 (2020/1/18), 前橋.


総合診療医学

[学術論文]

521010. [解説] 高血圧・慢性心不全の既往のある患者にうっ血性心不全の鑑別等を怠って増悪させ, 死亡させたとして損害賠償を求めた事例. 青山直善 (総合診療): 医療判例解説 2020/2; 84: 66-9.

522130. [講座]【セミナー】頭痛・めまいの漢方治療. 五野由佳理 (総合診療): ファルマシア 2020/3; 56 (3): 218-22.

[著 書]

620092. [学術書 (分担執筆)]【漢方処方ハンドブック】処方の実際 9. 神経 14. 頭痛, p.148-58. 五野由佳理1 (1総合診療), 編: 花輪壽彦2 (2東洋医学総合研究所), 医学書院, 東京, 2019/6発行.

620093. [学術書 (分担執筆)]【循環器リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版】I 解剖学の知識 血管の構造と機能, p.19-27. III 循環器疾患の病態と治療 末梢動脈疾患, p.109-23. 青山直善1 (1総合診療), 編: 増田 卓2, 松永篤彦2 (2医療衛生学部), メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

[学会・研究会等]

722240. [学会 (全国)] (招待講演等) 漢方入門セミナー 頭痛の漢方治療. 五野由佳理 (総合診療): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/29), 東京.

722241. [学会 (全国)] (招待講演等) 漢方薬の副作用に関するシンポジウム 漢方薬による肝障害. 五野由佳理 (総合診療): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/30), 東京.

723799. [学会 (全国)] (一般講演) 漢方薬の副作用. 五野由佳理 (総合診療): 第47回日本小児東洋医学会学術集会 (2019/9/29), 横浜.


医学部附属医学教育研究開発センター

医学教育研究部門

[学会・研究会等]

713141. [学会 (国際)] (一般講演) Identification of Topics Explained by Home Doctors to Family Caregivers with Cancer Patients Died at Home: A Quantitative Text Analysis of Actual Speech in All Visits. Chiba H1, Ogata T, Ito M, Kaneko S: World Cancer Actions 2019 (2019/5/9), Valencia, Spain. (千葉宏毅1, 伊藤道哉, 尾形倫明, 金子さゆり: 1医学教育)

733739. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演)「エンドオブライフ・ケア援助者養成基礎講座」の教育効果に関する評価研究 <中間報告>. 千葉宏毅1, 守屋利佳1, 尾形倫明, たら澤邦男, 森谷就慶, 三澤仁平 (1医学教育): 一般社団法人エンドオブライ・ケア協会設立4周年シンポジウム (2019/4/14), 東京.


医学原論研究部門

[学会・研究会等]

722242. [学会 (全国)] (招待講演等) SDMと倫理. 齋藤有紀子 (医学原論): 第23回日本アクセス研究会学術集会・総会 (2019/9/29), 横浜.


医療技術教育研究部門

※「腎臓内科学」を参照


学習支援研究部門


医療管理学研究部門

※「消化器内科学」を参照


医療情報教育研究部門

[学術論文]

110349. [原著] A spatial similarity of stereochemical environments formed by amino acid residues defines a common epitope of two non-homologous proteins. Nakashima K, Iwashita S, Suzuki T, Kato C, Kohno T1, Kamei Y, Sasaki M, Urayama O, Ohno-Iwashita Y, Dohmae N Song S-Y: Sci Rep 2019/10; 9 (1): 14818. (河野俊之1: 1医療情報教育)

110350. [原著] NMR characterization of the interaction between Bcl-xL and the BH3-like motif of hepatitis B virus X protein. Kusunoki H, Tanaka T, Kohno T1, Kimura H, Hosoda K, Wakamatsu K, Hamaguchi I: Biochem Biophys Res Commun 2019/10; 518 (3): 445-50. (河野俊之1: 1医療情報教育)

[学会・研究会等]

723800. [学会 (全国)] (一般講演) アドレナリン受容体細胞内第三ループとGPCRモジュレーターspinophilinとの相互作用解析. 黒川優香, 葛貫絵梨奈, 浦野智子, 島崎安希子, 河野俊之1, 細田和男, 寺脇慎一, 若松 馨 (1医療情報教育): 第58回NMR討論会 (2019) (2019/11/7), 川崎.

723801. [学会 (全国)] (一般講演) 常磁性NMRを用いたYeast Ubiquitin hydrolase 1 (YUH1) の構造決定及びダイナミクス解析. 立石 泰, 池谷鉄兵, 岡田真由, 三島正規, 美川 務, 八木宏昌, 河野俊之1, 木川隆則, 伊藤 隆 (1医療情報教育): 第58回NMR討論会 (2019) (2019/11/9), 川崎.


東洋医学教育研究部門

[学術論文]

110351. [原著] Analgesic Effects of Ephedra Herb Extract, Ephedrine Alkaloids-Free Ephedra Herb Extract, Ephedrine, and Pseudoephedrine on Formalin-Induced Pain. Nakamori S1, Takahashi J, Hyuga S2, Yang J, Takemoto H1, Maruyama T, Oshima N, Uchiyama N, Amakura Y, Hyuga M, Hakamatsuka T, Goda Y, Odaguchi H2,3, Hanawa T2, Kobayashi Y1: Biol Pharm Bull 2019/6; 42 (9): 1538-44. (中森俊輔1, 日向須美子2, 竹元裕明1, 小田口浩2,3, 花輪壽彦2, 小林義典1: 1薬学部, 2東洋医学総合研究所, 3東洋医学教育)

110352. [原著] Quality Evaluation and Characterization of Fractions with Biological Activity from Ephedra Herb Extract and Ephedrine Alkaloids-Free Ephedra Herb Extract. Yoshimura M, Amakura Y, Hyuga S1, Hyuga M, Nakamori S2, Maruyama T, Oshima N, Uchiyama N, Yang J, Oka H, Ito H, Kobayashi Y2, Odaguchi H1,3, Hakamatsuka T, Hanawa T1, Goda Y: Chem Pharm Bull (Tokyo) 2020/2; 68 (2): 140-9. (日向須美子1, 中森俊輔2, 小林義典2, 小田口浩1,3, 花輪壽彦1: 1東洋医学総合研究所, 2薬学部, 3東洋医学教育)

320047. [症例報告] 北里東医研診療録から (180): 突発性難聴に漢方・鍼灸の併用治療が奏功した1例. 鈴木邦彦1, 石毛達也1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2019/4; 66 (4): 418-22.

320048. [症例報告] 北里東医研診療録から (181): 頑固な頭頚部の愁訴に大柴胡湯去大黄 (煎じ) が有用であった3症例. 石毛達也1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2019/5; 66 (5): 511-8.

320049. [症例報告] 北里東医研診療録から (182): 睡眠障害・頭痛に対し釣藤散料から高枕無憂散料に転方し奏功した1症例. 星野卓之1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2019/6; 66 (6): 597-602.

320050. [症例報告] 北里東医研診療録から (183): 肺の冷えをベースにした冷え症に甘草乾姜湯が奏効した1例. 小田口浩1,2, 花輪壽彦2 (1東洋医学教育, 2東洋医学総合研究所): 漢方の臨床 2019/7; 66 (7): 703-6.

320051. [症例報告] 北里東医研診療録から (184): 下腹部痛に当帰四逆加呉茱萸生姜湯が奏効した寒疝の1症例と, 疝・七疝・寒疝について. 伊藤 剛1, 小田口浩浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2019/9; 66 (9): 865-72.

320052. [症例報告] 北里東医研診療録から (185): 漢方治療の併用が有用だった難治不妊2症例. 森裕紀子1, 齋藤絵美1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2019/10; 66 (10): 954-8.

320053. [症例報告] 北里東医研診療録から (187): 統合失調症に漢方治療の併用が有効であった2症例. 遠藤大輔1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 漢方の臨床 2019/12; 66 (12): 1146‐53.

520019. [総説] 麻黄の副作用とエフェドリンアルカロイド除去麻黄エキス (EFE) の安全性. 小田口浩1,2, 日向須美子2, 関根麻理子2, 中森俊輔3, 竹元裕明3, 黄 雪丹3, 大嶋直浩, 嶋田典基, 楊 金緯, 天倉吉章, 日向昌司, 内山奈穂子, 小林義典3, 袴塚高志, 合田幸広, 花輪壽彦2 (1東洋医学教育, 2東洋医学総合研究所, 3薬学部): 薬学雑誌 2019/11; 139 (11): 1417-25.

522131. [講座] 麻黄の主成分・エフェドリンアルカロイドの副作用と新規生薬エキスEFEの開発. 日向須美子1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 別冊BIO Clinica 2019/12; 8 (2): 118-22.

540079. [その他 (寄稿)] WHO協力センター寄稿2: 北里大学東洋医学総合研究所〜日本の伝統医学「漢方」を通じたWHOへの貢献〜. 若杉安希乃1, 関根麻理子1, 小田口浩1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 目で見るWHO 2019/10; 70 (2019秋号): 18-9.

[著 書]

620094. [学術書 (分担執筆)]【漢方処方ハンドブック】処方の実際 2. 循環器 3. 高血圧, p.73-5. 8. 貧血 13. 貧血, 144-7. 生薬, 鍼灸, EBM, 医史学 EBM, p.353-6. 小田口浩1,2 (1東洋医学教育, 2東洋医学総合研究所), 編: 花輪壽彦2, 医学書院, 東京, 2019/6発行.

[学会・研究会等]

712035. [学会 (国際)] (招待講演等) Application of Kampo Medicine (Traditional Japanese Medicine) to high blood pressure. Odaguchi H1,2: 1st Joint Symposium of WHO Collaborating centers for Traditional Medicine in SEARO and WPRO (Faculty of Medicine Siriraj Hospital) (2019/9/13), Thailand. (小田口浩1,2: 1東洋医学教育, 2東洋医学総合研究所)

713142. [学会 (国際)] (一般講演) Therapeutic and analgesic effects of Ephedrine alkaloids-free Ephedra Herb extract on complete Freud's adjuvant-induced arthritis model mouse. Nakamori S, Miyajima N, Hyuga S, Minami Y, Kazama K, Hiyama M, Endo M, Yang J, Oshima N, Uchiyama N, Amakura Y, Hyuga M, Hakamatsuka T, Goda Y, Odaguchi H1,2, Hanawa T, Kobayashi Y: 67th International Congress and Annual Meeting of the Society for Medicinal Plant and Natural Product Research (2019/9/2), Innsbruck, Austria. (小田口浩1,2: 1東洋医学教育, 2東洋医学総合研究所)

713143. [学会 (国際)] (一般講演) A Case-series of 10 Patients with Female Hormonal Imbalance (Chi-no-michi syndrome) successfully treated with nyoshinsan. Mori E1, Oikawa T, Odaguchi H1,2, Hanawa T1: 5th International Symposium for Japanese Kampo Medicine (2019/9/7), Germany. (森 瑛子1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1: 1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育)

722243. [学会 (全国)] (シンポジウム)【生薬シンポジウム: 漢方薬利用の近未来〜最近の研究成果を踏まえて〜】GCP準拠RCTによる医師主導臨床研究〜EFEの健康成人に対する安全性試験〜 将来の漢方薬のありかた, 漢方の新たな医薬品開発の現状や展望, 安全高品質な生薬. 小田口浩1,2 (1東洋医学教育, 2東洋医学総合研究所): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/30), 東京.

722244. [学会 (全国)] (シンポジウム)【標準化シンポジウム】漢方診察法の標準化について. 小田口浩1,2, 新井 信, 柴原直利, 嶋田 豊, 並木隆雄, 花輪壽彦2, 三潴忠道, 村松慎一, 関根麻理子2, 若杉安希乃2 (1東洋医学教育, 2東洋医学総合研究所): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/30), 東京.

723802. [学会 (全国)] (一般講演) 医療連携が有効に機能したと思われた間欠性跛行の一例. 伊東秀憲1, 伊藤 剛1, 小田口浩1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第68回 (公社) 全日本鍼灸学会学術大会愛知大会 (2019/5/12), 愛知

723803. [学会 (全国)] (一般講演) 『方極』関連医籍による奥田謙蔵の古方研究. 星野卓之1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第120回日本医史学会総会・学術大会 (2019/5/18), 愛知.

723804. [学会 (全国)] (一般講演) 経絡治療の普及活動について. 周防一平1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第120回日本医史学会総会・学術大会 (2019/5/18), 愛知.

723805. [学会 (全国)] (一般講演) 生殖補助医療 (ART) と漢方治療の併用が有効だった難治不妊2症例. 森裕紀子1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/29), 東京.

723806. [学会 (全国)] (一般講演) 喉頭肉芽腫症に柴朴湯が有用であった1症例. 石毛達也1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1, 前原浩史 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/29), 東京.

723807. [学会 (全国)] (一般講演) 舌痛症に七物降下湯が有効であった一例. 川鍋伊晃1, 花輪壽彦1, 小田口浩1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/29), 東京.

723808. [学会 (全国)] (一般講演) 当施設における抑うつ症状を呈する患者に対する漢方治療の検討. 遠藤大輔1, 及川哲郎, 伊藤 剛1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/29), 東京.

723809. [学会 (全国)] (一般講演) 当施設における通導散処方例の検討. 丸山泰貴1, 及川哲郎, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/29), 東京.

723810. [学会 (全国)] (一般講演) 睡眠障害に対する鍼灸治療の後方視的調査. 井田剛人1, 伊東秀憲1, 伊藤 剛1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/29), 東京.

723811. [学会 (全国)] (一般講演) 気衝穴への刺鍼が大腿前面の痺れに対して奏効した一症例. 伊藤雄一1, 伊東秀憲1, 伊藤 剛1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/29), 東京.

723812. [学会 (全国)] (一般講演) 頚椎症性骨髄証の術後の痺れに対して鍼治療が有効だった1症例. 近藤亜紗1, 伊東秀憲1, 伊藤 剛1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/29), 東京.

723813. [学会 (全国)] (一般講演) 卵巣機能低下を伴う不妊に対し漢方鍼灸治療を併用して妊娠した一症例. 黒岩奈々子1, 伊東秀憲1, 伊藤 剛1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/29), 東京.

723814. [学会 (全国)] (一般講演) 日本で提供できる中国の健康茶についての検討. 三澤 心1, 中島育美1, 坂田幸治1, 佐橋佳郎1, 緒方千秋1, 小林義典1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/29), 東京.

723815. [学会 (全国)] (一般講演) 原料生薬の生産状況における情報収集及び臨床への活用について. 小泉洋太1, 坂田幸治1, 佐橋佳郎1, 緒方千秋1, 小林義典1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/29), 東京.

723816. [学会 (全国)] (一般講演) 当研究所の薬学部における漢方教育の意義. 水崎晴奈1, 佐橋佳郎1, 坂田幸治1, 緒方千秋1, 小林義典1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/29), 東京.

723817. [学会 (全国)] (一般講演) 薬学教育における「養生法としての太極拳」指導の教育効果の検討. 小林義典1, 小田口浩1,2 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/29), 東京.

723818. [学会 (全国)] (一般講演) 当施設における卵巣がん患者に対する漢方治療の検討. 森 瑛子1, 及川哲郎, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/30), 東京.

723819. [学会 (全国)] (一般講演) 麻黄に含まれるエフェドリンアルカロイドの心拍に対する作用の解析. 黄 雪丹1, 日向須美子2, 内山奈穂子, 日向昌司, 大嶋直浩, 天倉吉章, 袴塚高志, 小田口浩2,3, 花輪壽彦2, 小林義典1 (1薬学部, 2東洋医学総合研究所, 3東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/30), 東京.

723820. [学会 (全国)] (一般講演) 古方派写本群からの再発見. 星野卓之1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/30), 東京.

723821. [学会 (全国)] (一般講演) 『東京鍼灸医学誌』について. 周防一平1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第70回日本東洋医学会学術総会 (2019/6/30), 東京.

723822. [学会 (全国)] (一般講演) SAMP8マウスを利用した未病評価モデルとしての可能性. 伊藤直樹1, 竹元裕明2, 長谷川綾那, 杉山千佳1, 藤田里奈, 小口晴美, 永井隆之3, 小林義典2, 清原寛章3, 及川哲郎, 小田口浩1,4 (1東洋医学総合研究所, 2薬学部, 3大学院感染制御科学府和漢薬物学研究室, 4東洋医学教育): 第34回老化促進モデルマウス (SAM) 学会学術大会 (2019/7/13), 香川.

723823. [学会 (全国)] (一般講演) LPS誘発肺炎症モデルに対する補中益気湯の作用の解析. 笹生香耶子1, 出野智史, 丸山弘子2, 永井隆之1, 花輪壽彦3, 小田口浩3,4, 森崎 浩, 清原寛章1 (1大学院感染制御科学府和漢薬物学研究室, 2医療衛生学部, 3東洋医学総合研究所, 4東洋医学教育): 第36回和漢医薬学会学術大会 (2019/8/31), 富山.

723824. [学会 (全国)] (一般講演) 高血糖病態での肺粘膜免疫系に対する八味丸煎剤の作用の解析. 岸本大志1, 永井隆之1, 伊藤 剛2, 花輪壽彦2, 小田口浩2,3, 清原寛章1 (1大学院感染制御科学府 和漢薬物学研究室, 2東洋医学総合研究所, 3東洋医学教育): 第36回和漢医薬学会学術大会 (2019/8/31), 富山.

723825. [学会 (全国)] (一般講演) 補中益気湯のT細胞依存性全身炎症及び小腸粘膜炎に対する改善作用−白朮または蒼朮配合剤の比較−. 遠藤真理1, 歌川詩織, 清原寛章2, 及川哲郎, 小田口浩1,3, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2大学院感染制御科学府和漢薬物学研究室, 3東洋医学教育): 第36回和漢医薬学会学術大会 (2019/9/1), 富山.

723826. [学会 (全国)] (一般講演) 麻黄によるc-Metのダウンレギュレーションのメカニズム. 日向須美子1, 日向昌司, 袴塚高志, 合田幸広, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第36回和漢医薬学会学術大会 (2019/9/1), 富山.

723827. [学会 (全国)] (一般講演) 老化促進マウスを用いた香蘇散の未病制御. 伊藤直樹1, 長谷川綾那, 杉山千佳1, 永井隆之2, 清原寛章2, 及川哲郎, 小田口浩1,3 (1東洋医学総合研究所, 2大学院感染制御科学府和漢薬物学研究室, 3東洋医学教育): 第36回和漢医薬学会学術大会 (2019/9/1), 富山.

723828. [学会 (全国)] (一般講演) 関節炎モデルマウスの軟骨組織損傷に対するエフェドリンアルカロイド除去麻黄エキスの効果. 南 可恵1, 中森俊輔1, 日向須美子2, 遠藤真理2, 宮嶋直紀, 檜山美春, 風間裕香, 竹内 純, 楊 金緯, 内山奈穂子, 日向昌司, 大嶋直浩, 天倉吉章, 袴塚高志, 合田幸広, 小田口浩2,3, 花輪壽彦2, 小林義典1 (1薬学部, 2東洋医学総合研究所, 3東洋医学教育): 日本生薬学会第66回年会 (2019/9/22), 東京.

723829. [学会 (全国)] (一般講演) 地理的環境・時代的背景により変遷する処方. 堀田広満, 星野卓之, 小田口浩1,2, 花輪壽彦2 (1東洋医学教育, 2東洋医学総合研究所): 第47回日本小児東洋医学会学術集会 (2019/9/29), 神奈川.

723830. [学会 (全国)] (一般講演) シソ類植物の1H-NMRメタボリックプロファイリング. 白畑辰弥1, 平山武宏1, 林田竜弥1, 福田達男1, 及川哲郎, 花輪壽彦2, 小田口浩2,3, 寳示戸雅之, 成田佳彦, 満薗久美子, 渕野裕之, 川原信夫, 小林義典1 (1薬学部, 2東洋医学総合研究所, 3東洋医学教育): 第8回食品薬学シンポジウム (2019/10/18), 静岡.

733740. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 下痢にも有効であった帰膠艾湯の一例. 丸山泰貴1, 川鍋伊晃1, 小田口浩1,2, 花輪壽彦1 (1東洋医学総合研究所, 2東洋医学教育): 第29回漢方治療研究会 (2019/10/6), 大阪.


4病院連携教育研究部門

※「下部消化管外科学」を参照


医療安全学研究部門


臨床解剖教育究部門


地域医療学教育研究部門

※「心臓血管外科学」を参照


医学部附属臨床研究センター

企画開発部門

[学術論文]

110353. [原著] The Current State and Future Prospects of Population Pharmacokinetic Research in Post-marketing Clinical Studies in Japan. Watanabe-Uchida M, Watanabe T1, Narukawa M: Yakugaku Zasshi 2019/10; 139 (10): 1297-303. (渡邉達也1: 1臨床研究・企画)

522132. [講座]【フォーラム】治験における包括同意の現状と課題. 堂囿俊彦, 亀田有希子, 渡邉達也1, 氏原 淳 (11臨床研究・企画): 臨床薬理 2019/7; 50 (4): 177-82.

522133. [講座]【<第18回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2018 in 富山> シンポジウム5: 認定臨床研究審査委員会〜発足から半年のSHINKA〜】指針と法の狭間にある“臨床研究”に関する相談事項−彷徨える研究者および倫理委員会等からの相談を中心に−. 渡邉達也 (臨床研究・企画): 薬理と治療 2019/10; 47 (10): 1568-71.

[学会・研究会等]

722245. [学会 (全国)] (招待講演等) 医療薬学研究に取り組む為の基礎と実践〜臨床研究に取り組むための研究倫理のポイントと注意点〜. 渡邉達也 (臨床研究・企画): 第29回日本医療薬学会年会 (2019/11/3), 福岡.

723831. [学会 (全国)] (一般講演) 医師を対象とした“研究倫理教育”に関する意識調査. 渡邉達也1, 小倉未来, 竹平理恵子, 有田悦子 (1臨床研究・企画): 第40回日本臨床薬理学会学術総会 (2019/12/6), 東京.


プロジェクト実施部門

[学術論文]

110354. [原著] Pharmacokinetics, Pharmacodynamics, and Safety of E6011, a Novel Humanized Antifractalkine (CX3CL1) Monoclonal Antibody: A Randomized, Double-Blind, Placebo-Controlled Single-Ascending-Dose Study. Tabuchi H, Katsurabara T, Mori M, Aoyama M, Obara T, Yasuda N, Kawano T, Imai T, Ieiri I, Kumagai Y1: J Clin Pharmacol 2019/5; 59 (5): 688-701. (熊谷雄治1: 1臨床研究・プロジェクト)

110355. [原著] No Effect of Digoxin on Rosuvastatin Pharmacokinetics in Healthy Subjects: Utility of Oita Combination for Clinical Drug-Drug Interaction Study. Otani N, Wakuda H, Imai H, Kuranari M, Ishii Y, Ito Y, Okubo A, Ogawa O, Takeda K, Ohyama T, Hasunuma T1, Uemura N: Clin Transl Sci 2019/9; 12 (5): 513-8. (蓮沼智子1: 1臨床研究・プロジェクト)

110356. [原著] Overall Similarities and a Possible Factor Affecting Plasma Metabolome Profiles Between Venous and Capillary Blood Samples From 20 Healthy Human Males. Saito K, Ueno S, Nakayama A, Nitta S, Arai K, Hasunuma T1, Saito Y: J Pharm Sci 2019/11; 108 (11): 3737-44. (蓮沼智子1: 1臨床研究・プロジェクト)

110357. [原著] Plasma pentraxin 3 is associated with progression of radiographic joint damage, but not carotid atherosclerosis, in female rheumatoid arthritis patients: 3-year prospective study. Funakubo-Asanuma Y, Aizaki Y, Noma H, Yokota K, Matsuda M, Kozu N, Takebayashi Y, Nakatani H, Hasunuma T1, Kawai S, Mimura T: Mod Rheumatol 2020/11; 30 (6): 959-966. doi: 10.1080/14397595.2019.1681583. Epub 2019 Oct 30. (蓮沼智子1: 1臨床研究・プロジェクト)

110358. [原著] Safety Profiles, Pharmacokinetics, and Changes in Bone Turnover Markers After Twice-Weekly Subcutaneous Administration of Teriparatide in Healthy Japanese Postmenopausal Women: A Single-Blind Randomized Study. Kumagai Y1, Ose A, Tanaka K, Sugimoto T: Clin Pharmacol Drug Dev 2020/1; 9 (1): 87-96. (熊谷雄治1: 1臨床研究・プロジェクト)

110359. [原著] Dotinurad: a clinical pharmacokinetic study of a novel, selective urate reabsorption inhibitor in subjects with hepatic impairment. Kumagai Y1, Sakaki M, Furihata K, Ito T, Inoue K, Yoshida T, Matsumoto S, Furuno K, Hagino A: Clin Exp Nephrol 2020/3; 24 (Suppl 1): 25-35. (熊谷雄治1: 1臨床研究・プロジェクト)

110360. [原著] A drug-drug interaction study of a novel, selective urate reabsorption inhibitor dotinurad and the non-steroidal anti-inflammatory drug oxaprozin in healthy adult males. Furihata K, Nagasawa K, Hagino A, Kumagai Y1: Clin Exp Nephrol 2020/3; 24 (Suppl 1): 36-43. (熊谷雄治1: 1臨床研究・プロジェクト)

[著 書]

620095. [学術書 (分担執筆)]【2ページで理解する 標準薬物治療ファイル 第3版】■血液・免疫疾患 27. 関節リウマチ, p.54-5. 津田泰正, 小川寿子, 蓮沼智子1 (1臨床研究・プロジェクト), 編: 日本アプライド・セラピューティクス (実践薬物治療) 学会, 南山堂, 東京, 2019/7発行.

[学会・研究会等]

713144. [学会 (国際)] (一般講演) A PHASE 1, SINGLE AND MULTIPLE ASCENDING DOSE, STUDY OF TAS5315, A NOVEL HIGHLY SELECTIVE INHIBITOR OF BRUTON'S TYROSINE KINASE IN HEALTHY MALE VOLUNTEERS. Kumagai Y1, Tanaka Y, Murata M, Takeuchi T: EULAR 2019 (2019/6/14), Madrid, Spain. (熊谷雄治1: 1臨床研究・プロジェクト)

722246. [学会 (全国)] (教育講演) 臨床試験の安全性評価の考え方−転ばぬ先の杖−. 熊谷雄治 (臨床研究・プロジェクト): 第19回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2019 in YOKOHAMA (2019/9/14), 横浜.

722247. [学会 (全国)] (招待講演等) アジア諸国における治験の現状と向上への取り組み. 熊谷雄治 (臨床研究・プロジェクト): DIA Global Oncology Development 2020 (2020/1/31), 東京.

722248. [学会 (全国)] (招待講演等) 早期臨床研究への助言ができる専門家. 熊谷雄治 (臨床研究・プロジェクト): 第40回日本臨床薬理学会学術総会 (2019/12/5), 東京.

722249. [学会 (全国)] (招待講演等) 肝障害におけるバイオマーカー利用. 熊谷雄治 (臨床研究・プロジェクト): 第40回日本臨床薬理学会学術総会 (2019/12/6), 東京.

722250. [学会 (全国)] (招待講演等) アカデミア創薬と臨床試験. 熊谷雄治1, 野中美和 (1臨床研究・プロジェクト): 第40回日本臨床薬理学会学術総会 (2019/12/6), 東京.

723832. [学会 (全国)] (一般講演) 健康成人を対象とした抗がん剤同等性試験における同意取得率と同意撤回率の調査. 岩丸朋子, 森川美由貴, 蛭田元子, 西村貴子, 蓮沼智子1 (1臨床研究・プロジェクト): 第40回日本臨床薬理学会学術総会 (2019/12/5), 東京.

723833. [学会 (全国)] (一般講演) 医師主導研究の国際連携推進のための研究. 熊谷雄治1, 岩田香苗 (1臨床研究・プロジェクト): 第40回日本臨床薬理学会学術総会 (2019/12/6), 東京.

723834. [学会 (全国)] (一般講演) 健常成人におけるラングフルート法と高張食塩水吸入法の比較試験. 熊谷雄治1, 野中昭希, 長田安史, 田中理英子, 坂本泰理, 前田実花2, 麻生雅子 (1臨床研究・プロジェクト, 2薬剤部): 第40回日本臨床薬理学会学術総会 (2019/12/6), 東京.

723835. [学会 (全国)] (一般講演) CRBを持たない医療機関における臨床研究法に従った特定臨床研究の実施に係る院内手続き等の整備と今後の課題. 西脇真実子, 梅田真弓, 濱田かなえ, 塩足亜紀, 田所由香, 上杉修一, 蓮沼智子1 (1臨床研究・プロジェクト): 日本臨床試験学会第11回学術集会総会 (2020/2/14-15), 東京.

732147. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 臨床研究中核病院における支援機能−我が国におけるAROの方向性は?−. 熊谷雄治 (臨床研究・プロジェクト): 第13回厚生科学審議会臨床研究部会 (2019/6/6), 三田.


バイオエシックス部門


創薬シーズ研究開発部門


医学部附属新世紀医療開発センター

先端医療領域開発部門

(吉田一成)
※「泌尿器科学」を参照

(田邉 聡)
※「消化器内科学」を参照

(長沼英明)
※「耳鼻咽喉科・頭頸部外科学」を参照

(田中 潔)
※「一般・小児・肝胆膵外科学」を参照

(原留弘樹)
※「放射線科学(画像診断学)」を参照

(先崎秀明)
※「小児科学」を参照

(中西秀彦)
※「小児科学」を参照


横断的医療領域開発部門

(金井昭文)
※「麻酔科学」を参照

(山下継史)
※「上部消化管外科学」を参照

(新井正康)
※「麻酔科学」を参照

(佐々木治一郎)
※「呼吸器内科学」を参照

(小林清典)
※「消化器内科学」を参照

(高山陽子)
※「北里大学病院感染管理室」も参照

[学術論文]

310042. [症例報告] Characterization of the IncFII-IncFIB(pB171) Plasmid Carrying bla NDM-5 in Escherichia coli ST405 Clinical Isolate in Japan. Takayama Y1,2, Sekizuka T, Matsui H3, Adachi Y2, Eda R4, Nihonyanagi S2, Wada T5, Matsui M, Suzuki S, Takaso M6, Kitasato H7, Kuroda M, Hanaki H3: Infect Drug Resist 2020/2; 13: 561-6. (高山陽子1,2, 松井秀仁3, 安達 譲2, 江田諒太郎4, 二本柳伸2, 和田達彦5, 高相晶士6, 北里英郎7, 花木秀明3: 1新世紀医療・横断的医療, 2感染管理室, 3北里大学北里生命科学研究所, 4大学院医療系研究科, 5膠原病・感染内, 6整外, 7医療衛生学部)

[著 書]

620096. [学術書 (単著)]【薬剤耐性 No.5 メチシリン耐性黄色ブドウ球菌】高山陽子 (新世紀医療・横断的医療), サラヤ, 大阪, 2019発行.

[学会・研究会等]

722251. [学会 (全国)] (招待講演等) 周術期予防抗菌薬の適正化への取り組み. 高山陽子 (新世紀医療・横断的医療): 第67回日本化学療法学会総会 (2019/5/9), 東京.

722252. [学会 (全国)] (招待講演等) 注目したい最近の論文: 耐性菌 CREと環境. 高山陽子 (新世紀医療・横断的医療): 第35回日本環境感染学会総会・学術集会 (2020/2/14), 横浜.

723836. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における抗菌薬適正使用の取り組みについて〜委員会活動を通して〜. 高山陽子1,2, 二本柳伸2,3, 和田達彦2,4 (1新世紀医療・横断的医療, 2感染管理室, 3臨検部, 4膠原病・感染内): 第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会 (2020/2/1), 金沢, 日本臨床微生物学会雑誌 2019; 30 (Suppl 1): 322.

732148. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演等) 呼吸器ウイルス感染症のマネージメント 〜成人例を中心に〜 インフルエンザと肺炎. 高山陽子 (新世紀医療・横断的医療): 第68回日本感染症学会東日本地方会学術集会・第66回日本化学療法学会東日本支部総会 合同学会 (2019/10/18), 仙台.


医学部教育系技術職員

形態系

[学会・研究会等]

713001. [学会 (国際)] (一般講演) The fine structural approach to clarify the pathophysiological mechanism of orthopedic diseases by analyzing the spinal excurved Medaka mutant, wavy (wy). Nishimaki T1, Uchida K2, Yamada M, Oda S, Oga A, Oota H, Katsumura T3, Takaso M2, Ogawa M3: The 19th Congress of the International Federation of Associations of Anatomists (2019/8/9), London, UK. (西槇俊之1, 内田健太郎2, 勝村啓史3, 高相晶士2, 小川元之3: 1形態系, 2整外, 3解剖)


生物物理系


病態・診療系

[学会・研究会等]

723096. [学会 (全国)] (一般講演) 生体試料分析を行ったスイセンの誤食による食中毒3例. 吉村久仁子1, 丸橋孝昭2, 大井真里奈2, 栗原祐太郎2, 佐々木千寿子3, 稲垣泰斗2, 佐藤文子3, 浅利 靖2 (1病態・診療系, 2救命, 3法医): 第41回日本中毒学会総会・学術集会 (2019/7/21), 埼玉.

733017. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 病理組織標本作製時におけるキシレン代替品利用の取り組みについて. 中丸尚美1, 阪本桃子1, 村上千香子2, 入江 渉2, 佐々木千寿子2, 長門純平1, 佐藤文子2 (1形態系, 2法医): 第88回日本法医学会学術関東地方集会 (2019/10/12), 東京 (台風のため誌上開催).

'18年度以前分

[学術論文]

'18-320001. [症例報告] 抗glycine受容体抗体陽性のstiff-limb症候群の1例. 前田憲吾, 清水芳樹, 杉原芳子, 金澤直美1, 飯塚高浩2 (1病態・診療系, 2脳神経内): 臨床神経学 2019/2; 59 (2): 98-101.


予防医学系


分子医科学・制御系


東病院研究系


組織培養センター


DNA実験センター


バイオイメージング研究センター


遺伝子高次機能解析センター


健康管理センター

[学術論文]

110361. [原著] Serial renal biopsies in normo- and microalbuminuric patients with type 2 diabetes demonstrate that loss of renal function is associated with a reduction in glomerular filtration surface secondary to mesangial expansion. Moriya T1, Yamagishi T, Matsubara M1, Ouchi M: J Diabetes Complications 2019/5; 33 (5): 368-73. (守屋達美1, 松原まどか1: 1健康管理セ)

110362. [原著] Vitamin B6 intake and incidence of diabetic retinopathy in Japanese patients with type 2 diabetes: analysis of data from the Japan Diabetes Complications Study (JDCS). Horikawa C1, Aida R1, Kamada C1, Fujihara K1, Tanaka S1, Tanaka S1, Araki A1, Yoshimura Y1, Moriya T1,2, Akanuma Y1, Sone H1 (1Japan Diabetes Complications Study Group): Eur J Nutr 2020/6; 59 (4): 1585-94. doi: 10.1007/s00394-019-02014-4. Epub 2019 May 31. (守屋達美1,2: 2健康管理セ)

120040. [原著] 「こころの健康調査」からわかる心理支援を要する可能性が高い学生の心配事の特徴. 山田裕子1, 守屋達美1 (1健康管理セ): CAMPUS HEALTH 2019/5; 56 (2): 178-84.

120041. [原著] 学生相談における困難事例である非主体的来談学生へのカウンセラーの理解と対応に関する全国調査. 大町知久1, 山田裕子1, 石塚昌保1, 守屋達美1 (1健康管理セ): CAMPUS HEALTH 2019/5; 56 (2): 224-30.

522134. [講座]【連載: DH臨床に役立つ #社会のキーワード】#17 パニック障害−発作の不安に苛まれ, 日常生活に支障−. 宮地英雄 (健康管理セ): 歯科衛生士 2019/8; 43 (8): 64-5.

522135. [講座]【特集: 慢性痛へのアプローチ】慢性痛と精神疾患. 宮地英雄 (健康管理セ): 最新精神医学 2020/3; 25 (2): 101-6.

540080. [その他 (年報)] 2018年度を振り返って. 山田裕子 (健康管理セ): 北里大学健康管理センター年報 2019; 第3号: 17-9.

540081. [その他 (年報)] 十和田キャンパスクラス主任を対象に実施したワークショップ型研修 (2019年3月22日) のまとめ−カウンセラーからのメッセージを添えて−. 山田裕子1, 中村陽子1, 守屋達美1 (1健康管理セ): 2019.

540082. [その他 (学会報告書)]【第57回全国大学保健管理研究集会】K10項目と属性との関連からみたA大学新入生の精神健康の特徴: 3年間の比較から. 山田裕子1, 石塚昌保1, 大町知久1, 河原久美子, 田中あゆみ, 立花 氷, 小谷真穂, 守屋達美1 (1健康管理セ): CAMPUS HEALTH 2020/3; 57 (1): 245.

[著 書]

620097. [学術書 (分担執筆)]【知っておきたい稀な精神症候・症候群−症例から学ぶ− (精神科治療学第34巻増刊号)】45. 口腔内セネストパチー, p.142-4. 宮地英雄1 (1健康管理セ), 編:「精神科治療学」編集委員会, 編集協力: 大石 智2, 戸田裕之 (2精神), 星和書店, 東京, 2019/10発行.

620098. [学術書 (分担執筆)]【今日の診断指針 第8版】II. 疾患編 15. 精神疾患 変換症・解離症群, p.1461. 宮地英雄 (健康管理セ), 総編集: 永井良三, 医学書院, 東京, 2020/3発行.

[学会・研究会等]

713145. [学会 (国際)] (一般講演) Diabetic retinopathy is an additional risk factor for hemodialysis induction and mortality in type 2 diabetic patients. Moriya T1, Matsubara M1, Ouchi M: American Diabetes Association 79th Scientific Sessions (2019/6/7-11), San Francisco, USA. (守屋達美1, 松原まどか1: 1健康管理セ)

722253. [学会 (全国)] (招待講演等)【リフレッシャーコース3】歯科医が知っておきたい 精神科の知識. 宮地英雄 (健康管理セ): 第24回日本口腔顔面痛学会 (2019/9/28), 川崎.

723837. [学会 (全国)] (一般講演) 情緒的に融合した家族から学生が自立していくプロセスの検討−学生と家族の相互作用の視点から−. 大町知久1, 山田裕子1, 守屋達美1 (1健康管理セ): 日本学生相談学会第37回大会 (2019/5/19), 東京.

723838. [学会 (全国)] (一般講演) クラス主任の学生対応の現状とニーズの分析−教職員の学生対応に役立つ研修プログラムの開発に向けて−. 山田裕子1, 中村陽子1, 守屋達美1 (1健康管理セ): 日本学生相談学会第37回大会 (2019/5/19), 東京.

723839. [学会 (全国)] (一般講演) 顕性アルブミン尿発症前の日本人2型糖尿病患者の腎機能低下を予測する組織学的因子は?−serial biopsyによる検討−. 守屋達美1, 松原まどか1, 山岸貴洋, 大内基司 (1健康管理セ): 第62回日本糖尿病学会年次学術集会 (2019/5/23-25), 仙台.

723840. [学会 (全国)] (一般講演) 動作療法と集団精神療法のコンバインドセラピーを適用した一事例〜対人緊張の強い男子学生が自己コントロール感を育んだプロセス〜. 石塚昌保1, 山田裕子1, 守屋達美1 (1健康管理セ): 日本臨床動作学会第27回学術大会 (2019/9/14), 東京.

723841. [学会 (全国)] (一般講演) 大学生年齢の集団を対象としたグループプログラムに関する研究動向の分析. 石塚昌保1, 山田裕子1, 大町知久1, 守屋達美1 (1健康管理セ): 第57回全国大学保健管理研究集会 (2019/10/9), 札幌.

723842. [学会 (全国)] (一般講演) K10項目と属性との関連からみたA大学新入生の精神健康の特徴: 3年間の比較から. 山田裕子1, 石塚昌保1, 大町知久1, 河原久美子, 田中あゆみ, 立花 氷, 小谷真穂, 守屋達美1 (1健康管理セ): 第57回全国大学保健管理研究集会 (2019/10/9), 札幌.

723843. [学会 (全国)] (一般講演) 肥満大学生の体組成測定とその改善への取り組み. 松原まどか1, 吉田友紀1, 宮地英雄1, 桃園 忍1, 川上美智代1, 増田千秋1, 水口 親1, 前川佳子1, 守屋達美1 (1健康管理セ): 第57回全国大学保健管理研究集会 (2019/10/9), 札幌.

732149. [学会 (研究会・地方会)] (シンポジウム)【シンポジウム2: 大学教職員と保健管理の有機的な連携を目指して】カウンセラーの立場から教職員との連携の構築. 山田裕子 (健康管理セ): 第57回全国大学保健管理協会関東甲信越地方部会研究集会 (2019/8/29-30), 相模原, 第57回全国大学保健協会関東甲信越地方部会 2019; p.41-4.

732150. [学会 (研究会・地方会)] (シンポジウム)【シンポジウム1: 有効な学生健診の実現に向けて】事後措置には, もっとできることがある−特に低体重学生のケアについて−. 水口 親 (健康管理セ): 第57回全国大学保健管理協会関東甲信越地方部会 (2019/8/29-30), 相模原.

733741. [学会 (地方会・研究会)]【代表】守屋達美 (健康管理セ): 第57回全国大学保健管理協会関東甲信越地方部会研究集会 (2019/8/29-30), 相模原.

733742. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) この患者さんは非典型的糖尿病性腎症か? 松原まどか (健康管理セ): 第57回日本糖尿病学会関東甲信越地方会 (2020/1/18), 横浜.

'18年度以前分

[学術論文]

'18-540006. [その他 (学会報告書)]【第56回全国大学保健管理研究集会】大学生のやせに対する健康管理センターの有効な簡易介入体制の構築. 吉田友紀1, 澤山恵波1, 松原まどか1, 他 (1健康管理セ): CAMPUS HEALTH. 2019/3: 56 (1): 119-21.


北里大学病院

看護部

[学術論文]

120042. [原著] 看護部長が認識する看護師長の卓越した成果と関連するコンピテンシー. 別府千恵 (看護部): 日本医療・病院管理学会誌 2019/4; 56 (2): 71-9.

120043. [原著] 救急看護師のターミナルケアに対する態度の実態. 椿美智博1, 伊東由康2, 梶山和美1 (1看護部, 2兵庫県立大学看護学部): 看護研究集録 2019/7; 26号: 31-40.

120044. [原著] 看護管理者のコンピテンシーの概念分析. 別府千恵 (看護部): 日本看護管理学会誌 2019/12; 23 (1): 160-7.

120045. [原著] 高齢者の積極的術後離床を促すための看護ケア確立に向けての検討−高齢大腸癌患者の術後離床における歩行数と下肢筋力との関連から−. 粂川広平1, 中山栄純2 (1看護部, 2看護学部): 看護人間工学会誌 2020/3; 1: 31-8.

510012. [総説] Narrative review on attitudes toward organ donation of undergraduate nurse students. Tsubaki M1, Tougo S, Kobayashi M, Arakawa S1, Yoshida K2: Jpn J Nurs Sci 2020/1; 17 (1): e12291. (椿美智博1, 荒川 聡1, 吉田一成2: 1看護部, 2泌尿器)

522136. [講座]【連載: Margaret Newmanの健康の理論に導かれたとき, あなたのがん看護実践はさらに開かれる〜がん患者・家族とのケアリングパートナーシップを体験しよう〜(第5回)】Newman理論に導かれた取り組みを通して開示した看護チームの成長〜がん患者・家族の生活習慣立て直しを支援する外来看護師の学習会をとおして〜. 児玉美由紀1, 三次真理2, 千灯登子1 (1看護部, 2武蔵野大学看護学部): がん看護 2019/5; 24 (4): 399-402.

522137. [講座]【バイタル・ABC評価をトリアージでも使いこなす!? 日常診療から災害までどんな場面でも役立つ, 効果的な選別に欠かせない評価のしかたを身につけよう!〜】救急トリアージ: 救急外来における院内トリアージ. 梶山和美 (看護部): レジデントノート 2019/5; 21 (3): 482-7.

522138. [講座]【看護: 地域に視野を広げた看護管理能力を−病院看護管理者のマネジメントラダー: 日本看護協会版−】「病院看護管理者のマネジメントラダー 日本看護協会版」の意義 (座談会). 吉川久美子1, 別府千恵2, 塩田美佐代3, 福田裕子4 (1日本看護協会, 2看護部, 3湘南医療大学, 4まちのナースステーション八千代): 看護 2019/6; 71 (9): 39-44.

522139. [講座]【特集: 再考! 小児看護専門看護師の実践と役割】「看護外来」や「専門部門」で活躍する小児看護専門看護師 D小児関連病棟におけるプロアクティブラウンドの活動. 大谷尚也 (看護部): 小児看護 2019/6; 42 (6): 669-73.

522140. [講座]【特集3: 人工呼吸管理中の児の看護〜NICU・小児科・重症者施設での実際〜】小児科 (小児ICU) で行われる人工呼吸管理〜新人スタッフへの指導の工夫〜. 穂積菜穂 (看護部): こどもと家族のケア 2019/6; 14 (2): 65-71.

522141. [講座]【特集: 働き方改革, がっぷり四つ!】I. 医師と""働き方""の現状 看護職の立場から; 看護師と""働き方""のこれから. 別府千恵 (看護部): 救急医学 2019/8; 43 (9): 1142-7.

522142. [講座]【特集: 訪問看護師が介入できる高齢者のポリファーマシー「減らしたい」って言っていい!】「薬が多い」事例を看護師がアセスメントして見えた課題 (座談会). 下井麻紀子1, 土屋志保2, 横山利香2, 梶山和美2 (1ケアーズ訪問看護リハビリテーション相模原南, 2看護部): 訪問看護と介護 2019/9; 24 (9): 644-51.

522143. [講座]【連載: ビジョン達成に向けて! 専従・専任でない“セクション配置のスペシャリスト”活用・育成・支援 (第1回)】看護師長によるセクション配置リソース: ナースへ対する活用・育成・支援の全体像. 中島節子1, 近藤まゆみ1, 坂下智珠子1, 亀石礼子1, 山野辺みち子1 (1看護部): ナースマネジャー 2019/9; 21 (7): 42-7.

522144. [講座]【連載: ビジョン達成に向けて! 専従・専任でない“セクション配置のスペシャリスト”活用・育成・支援 (第2回)】ビジョンと連動したリソース: ナース活用のためのツールを用いたかかわり. 坂下智珠子1, 近藤まゆみ1, 亀石礼子1, 中島節子1, 山野辺みち子1 (1看護部): ナースマネジャー 2019/10; 21 (8): 63-9.

522145. [講座]【特集: その人らしい生活を支える透析看護】5-1. 就労する透析患者を支えるケア−患者を支える仕組みの解説; 産業保健師の視点から. 大島春輝1, 下司映一2, 椿美智博3, 藤後秀輔4 (1東芝人事・総務部, 2昭和大学保健医療学部, 3看護部, 4昭和大学藤が丘病院): 臨床透析 2019/10; 35 (11): 1387-94.

522146. [講座]【特集: 重症な子どもの訴えを理解する; 見逃せない症状の評価】[重症な子どもの訴えを理解するための取り組み] BPICUにおける鎮痛・鎮静管理の実際; 看護師と医師の協働. 伊藤孝子 (看護部): 小児看護 2019/10; 42 (11): 1405-9.

522147. [講座]【連載: ビジョン達成に向けて! 専従・専任でない“セクション配置のスペシャリスト”活用・育成・支援 (第3回)】セクション配置の専門看護師・認定看護師への看護師長のかかわりに関する事例検討〜セクションのビジョン策定に焦点を当てて〜. 近藤まゆみ1, 亀石礼子1, 坂下智珠子1, 中島節子1, 山野辺みち子1 (1看護部): ナースマネジャー2019/11; 21 (9): 72-7.

522148. [講座]【連載: ビジョン達成に向けて! 専従・専任でない“セクション配置のスペシャリスト”活用・育成・支援 (最終回)】セクション配置の専門看護師・認定看護師への看護師長のかかわりに関する事例検討〜リソースナースの活用・育成・支援〜. 亀石礼子1, 近藤まゆみ1, 坂下智珠子1, 中島節子1, 山野辺みち子1 (1看護部): ナースマネジャー2019/12; 21 (10): 77-81.

522149. [講座]【特集: 自ら学び, 生きる力を育む−ポートフォリオが照らすそれぞれのキャリア】■今の私につながるポートフォリオ 日本赤十字秋田看護大学のキャリアデザイン作成に取り組んで. 三浦真紀 (看護部): 看護教育 2019/12; 60 (12): 1008-9.

522150. [講座]【特集1: 明日からできる誰でもできる運動器障害を抱えた患者さんのポジショニング・体位変換】<腰椎手術編> 04. 腰椎術後のポジショニング〜安静時〜. 関根由佳1, 吉原千恵1, 南里佑太2 (1看護部, 2リハビリ部): 整形外科看護 2020/2; 25 (2): 114-6.

522151. [講座]【特集1: 明日からできる誰でもできる運動器障害を抱えた患者さんのポジショニング・体位変換】<腰椎手術編> 05. 腰椎術後の体位変換〜仰臥位⇔側臥位〜. 関根由佳1 吉原千恵1, 南里佑太2 (1看護部, 2リハビリ部): 整形外科看護 2020/2; 25 (2): 117-20.

522152. [講座]【特集1: 明日からできる誰でもできる運動器障害を抱えた患者さんのポジショニング・体位変換】<肩関節手術編> 08. 肩関節術後のポジショニング. 白鳥友基1, 小林由季1, 出口陽菜1 (1看護部): 整形外科看護 2020/2; 25 (2): 121-4.

522153. [講座]【特集1: 明日からできる誰でもできる運動器障害を抱えた患者さんのポジショニング・体位変換】<肩関節手術編> 09. 肩関節術後の体位変換. 白鳥友基1, 小林由季1, 出口陽菜1 (1看護部): 整形外科看護 2020/2; 25 (2): 125-7.

522154. [講座]【特集: ICU入室中から退院へ向けてできる支援】[重症患者の退院に向けた支援の実際] 小児患者における退院に向けた支援の現状と課題. 大谷尚也 (看護部): 重症集中ケア 2020/2; 18 (6): 49-53.

522155. [講座]【第1特集: 急性期だからこそ取り組むべき救急・集中治療領域における終末期ケア】Part3 看護師が取り組む救急・集中治療領域における終末期ケア. 榑松久美子 (看護部): 看護技術 2020/3; 66 (3): 241-4.

522156. [講座]【連載: 治療選択における意思決定支援】「治療の中止・継続」を考える (第3回): 意思決定における法的問題. 榑松久美子 (看護部): 看護技術 2020/3; 66 (3):305-8.

[著 書]

620099. [学術書 (分担執筆)]【小児の入退院支援 (小児看護2019年7月増刊号)】看護師の役割と支援の実際 A外来で行う入院前面談から始まる入退院支援の実際, p.1003-10. 木村ゆみ子 (看護部), 企画・構成: 黒田光恵, へるす出版, 東京, 2019/7発行.

620100. [学術書 (分担執筆)]【トリアージナースガイドブック2020】V. 対象別のトリアージ 1. 小児. 2. 呼吸困難, p.178-81. 川上大輔 (看護部), 監修: 一般社団法人 日本救急看護学会, 編: 一般社団法人日本救急看護学会 トリアージ委員会, へるす出版, 東京, 2019/10発行.

620101. [学術書 (分担執筆)]【循環器リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版】V リハビリテーション (総論) 心臓リハビリテーション施行時の患者管理, p.299-306. 岩村貴美1 (1看護部), 編: 増田 卓2, 松永篤彦2 (2医療衛生学部), メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

[学会・研究会等]

721020. [学会 (全国)] (特別講演) 認知症のある患者とのコミュニケーションスキル. 蛯名由加里 (看護部): 第16回日本循環器看護学会学術集会  (2019/11/2), 東京.

722254. [学会 (全国)] (シンポジウム) ケアの現象をひもとく理論 Newman理論に導かれた看護実践. 千灯登子 (看護部): 第24回日本緩和医療学会学術大会 (2019/6/22), 神奈川, Palliative Care Research 2019/6; 14 (Suppl): S172.

722255. [学会 (全国)] (シンポジウム) 情報を制する看護管理者は「混沌」を制する (日本医療情報学会看護部会 ジョイント企画). 別府千恵 (看護部): 第23回日本看護管理学会学術集会 (2019/8/24), 新潟.

722256. [学会 (全国)] (シンポジウム)【日本医療情報学会看護部会ジョイント企画】情報を制する看護管理者は「混沌」を制する−実践例−. 清水將統 (看護部): 第23回日本看護管理学会学術集会 (2019/8/24), 新潟.

722257. [学会 (全国)] (ランチョンセミナー) 医療情報の活用による看護職の業務効率化. 別府千恵 (看護部): 第23回日本看護管理学会学術集会 (2019/8/24), 新潟.

722258. [学会 (全国)] (ワークショップ)【家族支援専門看護師が行う看護活動の特性を明らかにする】小児がん事例を用いたジェネラリストとスペシャリストの看護介入からの検討. 高見紀子1, 井上玲子2, 櫻井大輔2, 鈴木 和3, 安武 綾4, 松坂由香里5, 小泉織絵6, 小池奈央6 (1看護部, 2東海大学医学部保健学科, 3家族支援リサーチセンター, 4熊本大学, 5神奈川県立保健福祉大学, 6東海大学医学部付属病院): 第26回日本家族看護学会学術集会 (2019/9/15), 京都, 第26回日本家族看護学会学術集会プログラム抄録 2019/9; p.113.

722259. [学会 (全国)] (シンポジウム) 他職種と協働して実践する心臓血管外科手術期のケア. 内藤亜樹 (看護部): 第16回日本循環器看護学会学術集会 (2019/11/2), 東京.

722260. [学会 (全国)] (シンポジウム) 医療事故当事者となった医師の語りの中から支援について学ぶ. 川谷弘子 (医療支援部): 第9回日本医療コンフリクト・マネジメント学会学術大会 (2020/1/25), 富山, 第9回日本医療コンフリクト・マネジメント学会学術大会プログラム・抄録集 2019/12; p.16.

723844. [学会 (全国)] (一般口演) 施設内における専門看護師・認定看護師の広報活動の調査報告. 師岡恵子1, 青蜿G昭1, 清宮美詠1, 西原知枝1, 内藤亜樹1, 森安恵実1, 桐本千恵美1, 田久保美千代2, 佐藤久子3 (1看護部, 2北里研究所病院看護部, 3北里大学メディカルセンター看護部): 第6回日本CNS看護学会 (2019/6/1), 愛知.

723845. [学会 (全国)] (一般講演) 抗がん剤投与の血管確保を看護師が行うために必要な能力に関する後ろ向き研究. 栂野香織1, 磯谷早苗1 (1看護部): 第21回日本医療マネジメント学会学術総会 (2019/7/20), 愛知, 日本医療マネジメント学会雑誌 2019/7; 20 (Suppl): 283.

723846. [学会 (全国)] (一般口演) 災害時の避難所における看護師および薬剤師の連携のあり方. 梶山和美1, 亀井 縁2 (1看護部, 2四天王寺大学): 日本災害医療薬剤師学会第8回学術大会 (2019/7/21), 宮城.

723847. [学会 (全国)] (一般講演) 入院前面談から始まる多職種連携と退院後の生活支援−マルトリートメントを受けた子どものその家族への支援を振り返って−. 木村ゆみ子 (看護部): 日本小児看護学会第29回学術集会 (2019/8/3), 北海道, 日本小児看護学会第29回学術集会講演集 2019/7; p.168.

723848. [学会 (全国)] (一般講演) 小児領域の入院支援における入院前面談の役割−外来での入院前面談を振り返って−. 栗原祥子1, 木村ゆみ子1, 伊藤みずほ1, 松内佳子1 (1看護部): 日本小児看護学会第29回学術集会 (2019/8/3), 北海道, 日本小児看護学会第29回学術集会講演集 2019/7; p.196.

723849. [学会 (全国)] (一般口演) 小児看護継続教育プログラムについて考えよう−2年目以降の教育どうしていますか?−. 木村ゆみ子 (看護部): 日本小児看護学会第29回学術集会 (2019/8/4), 北海道, 日本小児看護学会第29回学術集会講演集 2019/7; p.100.

723850. [学会 (全国)] (一般口演) 小児集中治療領域で医師が捉えたEnd-of-Lifeを迎える患児家族との相互作用のプロセス. 高橋 恵1, 小島ひで子2 (1看護部, 2看護学部): 日本小児看護学会第29回学術集会 (2019/8/4), 北海道, 日本小児看護学会第29回学術集会講演集 2019/7; p.116.

723851. [学会 (全国)] (一般口演) キャリアローテーションの効果−キャリア形成支援と小児看護の質向上を目指して−. 石下育生1, 松内佳子1, 永岡 靖1, 佐々木美和子1, 長谷陽恵1, 平林奈苗1, 内藤茂幸1, 古代麻子1, 辻 朋子2 (1看護部, 2看護学部): 日本小児看護学会第29回学術集会 (2019/8/4), 北海道, 日本小児看護学会第29回学術集会講演集 2019/7; p.131.

723852. [学会 (全国)] (一般口演) 看護補助者育成に向けた研修の取り組み. 山本江身子1, 猪井章子1, 白鳥友基1, 羽田野真由美1, 桃園 忍1, 横田千恵1, 渡部順子1, 五藤陽子1, 谷口陽子1 (1看護部): 第23回日本看護管理学会学術集会 (2019/8/23), 新潟, 第23回日本看護管理学会プログラム抄録 (WEB) 2019/8; p.O19-2.

723853. [学会 (全国)] (一般口演) 看護師と看護補助者との協働についての取り組み〜パートナーシップナーシングシステムを活用して〜. 横田千恵1, 江田一重1, 吉部恵理子1, 落合麻貴1 (1看護部): 第23回日本看護管理学会学術集会 (2019/8/23), 新潟, 第23回日本看護管理学会プログラム抄録 (WEB) 2019/8; p.O19-3.

723854. [学会 (全国)] (一般口演) 急性期病院における看護補助者育成〜補佐ラダーをもとにした人材育成システムの構築〜. 五藤陽子1, 猪井章子1, 羽田野真由美1, 白鳥友基1, 桃園 忍1, 山本江身子1, 川端房絵1, 河田多加1, 濱田妙子1, 渡部順子1 (1看護部): 第23回日本看護管理学会学術集会 (2019/8/23), 新潟, 第23回日本看護管理学会プログラム抄録 (WEB) 2019/8; p.O20-2.

723855. [学会 (全国)] (一般口演) 急性期病院における看護補助者育成〜補佐ラダー作成への取り組み〜. 猪井章子1, 五藤陽子1, 白鳥友基1, 川端房絵1, 河田多加1, 濱田妙子1, 桃園 忍1, 渡部順子1, 羽田野真由美1 (1看護部): 第23回日本看護管理学会学術集会 (2019/8/23), 新潟, 第23回日本看護管理学会プログラム抄録 (WEB) 2019/8; p.O20-4.

723856. [学会 (全国)] (一般口演) 集中治療室に配属された新卒看護師へのConcept Based Learning を用いた教育的支援の記述. 山本佳嵩 (看護部): 第23回日本看護管理学会学術集会 (2019/8/23), 新潟, 第23回日本看護管理学会プログラム抄録 (WEB) 2019/8; p.O22-3.

723857. [学会 (全国)] (一般口演) インフォメーション・エクスチェンジ19 変化を先取りして行動できる病院看護管理者をめざして〜「病院看護管理者のマネジメントラダー 日本看護協会版」の活用〜. 吉川久美子1, 別府千恵2, 岩部 仁3 (1日本看護協会, 2看護部, 3宮崎善仁会病院): 第23回日本看護管理学会学術集会 (2019/8/23), 新潟.

723858. [学会 (全国)] (一般口演) インフォメーション・エクスチェンジ40 「越境的学習」の効果的活用方法についての模索. 三枝克磨1, 山本佳嵩1, 青柳秀昭1, 高橋康介1, 藤田亮介1, 千木良奈央1, 江田一重1, 本谷昭博2, 鈴木将樹2, 堀 杏朱2 (1看護部, 2コニカミノルタ): 第23回日本看護管理学会学術集会 (2019/8/24), 新潟, 第23回日本看護管理学会プログラム抄録 (WEB) 2019/8; p.IE-40.

723859. [学会 (全国)] (一般講演) ビジョンと連動したリソースナース活用のための面談シート作成と評価: セクション配置リソースナースへの看護管理者の関わり. 坂下智珠子1, 中島節子1, 亀石礼子1, 近藤まゆみ1, 山野辺みち子1, 別府千恵1 (1看護部): 第23回日本看護管理学会学術集会 (2019/8/24), 新潟, 第23回日本看護管理学会プログラム抄録 (WEB) 2019/8; p.P6-22.

723860. [学会 (全国)] (一般講演) CRCの業務に合わせた時間管理の取り組み−時差出勤を導入して−. 野村今日子1, 小沢 学1, 茶木敬子1, 松尾美智子1, 小宮山大1, 森亜矢子1, 入戸野和代1, 横田愼一2, 熊谷雄治3 (1看護部, 2薬剤部, 3臨床研究・プロジェクト): 第19回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2019 in YOKOHAMA (2019/9/14), 神奈川, 第19回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2019 in YOKOHAMA プログラム・抄録集 2019/8; p.139.

723861. [学会 (全国)] (一般講演) 心不全治療後に苦痛増悪を認める心不全患者の存在. 山崎郁美1, 藤田鉄平2, 守屋七海1, 鍋田 健2, 成毛 崇2, 阿古潤哉2 (1看護部, 2循環器内): 第23回日本心不全学会学術集会 (2019/10/4), 広島, 第23回日本心不全学会学術集会プログラム・抄録集 2019/10; p.399.

723862. [学会 (全国)] (一般口演) 三次救命救急センター救急外来におけるグリーフケアフォーマットの運用について. 星野正裕1, 江上千晶1, 福士綾佳1, 横溝育美1 (1看護部): 第21回日本救急看護学会学術集会 (2019/10/5), 千葉, 第21回日本救急看護学会学術集会抄録 2019/9; p.O15-2.

723863. [学会 (全国)] (一般口演) ポテンシャルドナーに対する看護師の意思抽出と介入の実際〜兼任院内ドナーコーディネーターの教育からみえたもの〜. 上村由似1, 埜本竜哉1, 高橋 恵1 (1看護部): 第55回日本移植学会総会 (2019/10/11), 広島, 移植 2019/9; 54 (総会臨時): 213.

723864. [学会 (全国)] (一般口演)“臓器・組織提供の意思に対するアンケート”を使用したオプション提示の効果. 椿美智博1,2, 下司映一2, 熊沢真弓3, 藤後秀輔2, 長野友紀子1, 吉田一成4,5 (1看護部, 2昭和大学大学院保健医療学研究科, 3昭和大学藤が丘病院, 4新世紀医療・先端医療, 5泌尿器): 第55回日本移植学会総会 (2019/10/11), 広島, 移植 2019/9; 54 (総会臨時): 213.

723865. [学会 (全国)] (一般講演) 夜間・休日ドナー情報に対する全看護管理者への初動対応の拡大. 高橋 恵1, 荒川法子1, 中島節子1, 鈴木美枝子1, 佐藤真紀子1, 吉田一成2,3 (1看護部, 2新世紀医療・先端医療, 3泌尿器): 第55回日本移植学会総会 (2019/10/11), 広島, 移植 2019/9; 54 (総会臨時): 286.

723866. [学会 (全国)] (一般講演) 多職種による院内ドナーコーディネーターの役割発揮に向け教育的取り組み. 関 一馬1, 上村由似1, 小正江里奈1, 高橋 恵1, 荒川法子1, 横溝宗子1 (1看護部): 第55回日本移植学会総会 (2019/10/11), 広島, 移植 2019/9; 54 (総会臨時): 332.

723867. [学会 (全国)] (一般講演) 認知症の人とのコミュニケーションスキルアップセミナー. 小山幸代1, 片井美菜子1, 蛯名由加里2, 行俊可愛3, 和田奈美子4 (1看護学部, 2看護部, 3東病院看護部, 4北里研究所病院看護部): 第20回日本早期認知症学会学術大会 (2019/10/20), 岐阜, 日本早期認知症学会誌 2019/10; 12 (3): 50.

723868. [学会 (全国)] (一般口演) 慢性期看護学実習における臨床教員制度導入の評価 (第1報)−学部教員と臨床教員の授業過程評価の比較−. 望月美穂1, 中島宣昭1, 千木良奈央1, 宮本絵美1, 柳田健明1, 谷口陽子1, 松原康美2, 伊藤慎也2, 久保五月2 (1看護部, 2看護学部): 第50回日本看護学会-看護管理-学術集会 (2019/10/23), 名古屋, 第50回日本看護学会-看護管理-学術集会抄録集 2019/10; p.134.

723869. [学会 (全国)] (一般口演) 慢性期看護学実習における臨床教員制度導入の評価 (第2報)−臨床教員による実習指導の成果と課題−. 中島宣昭1, 望月美穂1, 千木良奈央1, 宮本絵美1, 柳田健明1, 松原康美2, 伊藤慎也2, 久保五月2 (1看護部, 2看護学部): 第50回日本看護学会-看護管理-学術集会 (2019/10/23), 名古屋, 第50回日本看護学会-看護管理-学術集会抄録集 2019/10; p.134.

723870. [学会 (全国)] (一般口演) 入院前オリエンテーションの効果−より生活者の視点に近づけて−. 上田美鈴1, 西村千春1, 永井香織1, 白鳥友基1, 内山勝文2, 福島健介2, 高相晶士2, 高平尚伸3 (1看護部, 2整外, 3医療衛生学部): 第46回日本股関節学会学術集会 (2019/10/26), 宮崎, 第46回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 2019/10; p.595.

723871. [学会 (全国)] (一般口演) 手指衛生実施回数向上を目指した取り組み−手指衛生推進者としての推進活動−. 佐藤絢夏1, 渡邉 歩1, 永井香織1, 白鳥友基1, 内山勝文2, 福島健介2 高相晶士2, 高平尚伸3 (1看護部, 2整外, 3医療衛生学部): 第46回日本股関節学会学術集会 (2019/10/26), 宮崎, 第46回日本股関節学会学術集会プログラム・抄録集 2019/10; p.603.

723872. [学会 (全国)] (一般講演) 心臓リハビリテーションと外来との情報交換における心不全増悪予防の効果と課題. 杉野香奈子1, 岩村貴美1 (1看護部): 第16回日本循環器看護学会学術集会 (2019/11/3), 東京.

723873. [学会 (全国)] (一般講演) 小児側弯症手術における術中低体温の検討. 岡村真歩1, 齋藤 亘2, 井上 玄2, 宮城正行2, 井村貴之2, 白澤栄樹2, 中澤俊之2, 小山智久3, 内田健太郎2, 田中美香1, 永岡 泉1, 高相晶士2 (1看護部, 2整外, 3大学院医療系研究科): 第53回日本側彎症学会学術集会 (2019/11/8-9), 群馬.

723874. [学会 (全国)] (一般講演) ドクターカー出動時における出動所要時間および現場滞在時間と関連する要因. 椿美智博1, 横溝育美1 (1看護部): 第39回日本看護科学学会学術集会 (2019/11/30), 石川, 日本看護科学学会学術集会講演集 2019/11; 39 (suppl): 378.

723875. [学会 (全国)] (一般講演) 認定看護師・専門看護師ががん患者の治療と就労の両立のために確認している内容について. 山崎恭子1, 小沢 香2, 八木瑠美2, 山岸貴子1, 番匠章子2 (1帝京大学, 2看護部): 第39回日本看護科学学会学術集会 (2019/11/30), 石川, 日本看護科学学会学術集会講演集 2019/11; 39 (suppl): 756.

723876. [学会 (全国)] (一般講演) 小児虐待予防チームによる小児虐待夜間休日対応フローの作成. 金剛寺まり子1, 伊藤孝子1, 平林奈苗1, 大塚 瞳1 (1看護部): 日本子ども虐待防止学会第25回学術集会ひょうご大会 (JaSPCAN HYOGO) (2019/12/22), 兵庫, 日本子ども虐待防止学会第25回学術集会ひょうご大会抄録集 2019/12; p.288.

723877. [学会 (全国)] (一般講演) 専門看護師及び認定看護師によるがん患者の就労支援の現状 (第1報). 小沢 香1, 八木瑠美1, 番匠章子1, 山崎恭子2, 佐々木治一郎3 (1看護部, 2帝京大学, 3新世紀医療・横断的医療): 第34回日本がん看護学会学術集会 (2020/2/23), 東京.

723878. [学会 (全国)] (一般講演) 専門看護師及び認定看護師によるがん患者の就労支援の現状 (第3報). 八木瑠美1, 小沢 香1, 番匠章子1, 山崎恭子2, 佐々木治一郎3 (1看護部, 2帝京大学, 3新世紀医療・横断的医療): 第34回日本がん看護学会学術集会 (2020/2/23), 東京.

723879. [学会 (全国)] (一般講演) 重症救急患者における皮膚トラブルの発生と栄養状態の検討. 太田江梨花1, 石倉 愛1, 堀佐瑛子1, 守屋里沙2, 遠藤成子2, 増田正和1, 田村 智3, 片岡祐一3 (1看護部, 2栄養部, 3救命): 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会 (2020/2/27), 京都, WEB抄録 2020; p.P-01-7.

723880. [学会 (全国)] (一般口演) 敗血症の経時的アセスメントモデル“E-HIGH TECH”の開発. 榑松久美子1, 池松裕子2 (1看護部, 2名古屋大学大学院医学系研究科): 第47回日本集中治療医学会学術集会 (2020/3/6), 名古屋, WEB抄録 2020; p.OR1-16-13-2.

723881. [学会 (全国)] (ポスター) ICUにおける多職種カンファレンス活用による終末期救急患者家族ケアへの影響と課題. 佐川美里1, 泉 文菜1, 谷 幸一1, 高橋 恵1, 片岡祐一2 (1看護部, 2救命): 第47回日本集中治療医学会学術集会 (2020/3/7), 名古屋, WEB抄録 2020; p.P2-3-9-2.

723882. [学会 (全国)] (ポスター) ICUにおける急変対応に対する取り組み. 長谷川里加子1, 長内洋一1, 片山 陸1, 内藤亜樹1, 横溝宗子1 (1看護部): 第47回日本集中治療医学会学術集会 (2020/3/8), 名古屋, WEB抄録 2020; p.P3-1-4-6.

731109. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 膵がん患者のACPとチーム医療. 八柳千春 (看護部): 金沢がんサポーティブケアセミナー2019 (2019/8/29), 石川.

731110. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) CKD患者の腎移植に腎不全看護はどう関われるか. 野口文乃 (看護部): 長野県透析看護師会学術講演会 (2019/12/15), 長野.

731111. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 家族支援専門看護師の地域連携. 高見紀子 (看護部): 第10回THP年次集会 (2020/3/1), 名古屋.

732151. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション)【保存期・透析・移植医療のコラボ】包括的腎移植医療の成功に向けて. 野口文乃 (看護部): 療法選択支援勉強会 (2019/4/27), 神奈川.

732152. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム) RTCのモチベーション維持につなげる方法. 野口文乃 (看護部): 第35回腎移植・血管外科研究会 (2019/5/17), 岐阜, 第35回腎移植・血管外科研究会プログラム・抄録集 2019/5; p.73.

732153. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション)【東京都働く人のチャイルドプランサポート事業: 不妊治療と仕事の両立推進シンポジウム】不妊治療の概要・企業の取組事例紹介. 遊佐浩子 (看護部): 東京都産業労働局 (2019/6/26), 東京.

732154. [学会 (地方会・研究会)] (パネルディスカッション)【救急医療とメディエーション: その可能性と課題】救急患者家族への意思決定支援とメディエーション. 高橋 恵 (看護部): JAHM第12回年次大会 (2019/7/14), 東京.

732155. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 最近の腎移植事情とRTCがかかわる療法選択支援. 野口文乃 (看護部): 第19回PD OASIS (2019/11/29), 神奈川.

732156. [学会 (地方会・研究会)] (シンポジウム)【交流集会A 労務環境改善に関する取り組み−労働時間から考える看護管理とは−】看護補助者の年次有給休暇取得の取り組み〜病棟をこえた勤務表作成〜. 河田多加 (看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.40.

733743. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 臓器提供の代理意思決定を支える“本人と家族の話し合いの有無”に関する現状. 椿美智博1,2, 下司映一2, 藤後秀輔2, 長野友紀子1, 吉田一成3,4 (1看護部, 2昭和大学大学院保健医療学研究科, 3新世紀医療・先端医療, 4泌尿器): 第30回神奈川移植医学会 (2019/6/8), 神奈川, 神奈川医学会雑誌 2019/7; 46 (2): 252-3.

733744. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 小児集中治療室におけるエンド・オブ・ライフ・ケアの取り組み−時間的猶予の異なる終末期を過ごしたケースを振り返る−. 伊藤孝子1, 小正江里奈1, 穂積菜穂1, 高橋幸恵1 (1看護部): 日本集中治療医学会第3回関東甲信越支部学術集会 (2019/7/27), 山梨, 日本集中治療医学会第3回関東甲信越支部学術集会プログラム・抄録集 2019/6; p.O4-1.

733745. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 小児集中治療室における気管チューブ固定管理の実際と課題−経鼻固定方法の変更後1年のアンケート調査をもとに−. 大久保奏美1, 伊藤孝子1 (1看護部): 日本集中治療医学会第3回関東甲信越支部学術集会 (2019/7/27), 山梨, 日本集中治療医学会第3回関東甲信越支部学術集会プログラム・抄録集 2019/6; p.O9-2.

733746. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) PICUにおける心臓血管術後患者の入室時シミュレーション学習の取り組み. 鳴海心光1, 伊藤孝子1, 金剛寺まり子1, 大久保奏美1 (1看護部): 日本集中治療医学会第3回関東甲信越支部学術集会 (2019/7/27), 山梨, 日本集中治療医学会第3回関東甲信越支部学術集会プログラム・抄録集 2019/6; p.O9-3.

733747. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 有効な学生健診の実現に向けて 事後措置には, もっとできることがある−特に低体重学生のケアについて−. 水口 親 (看護部): 第57回全国大学保健管理協会関東甲信越地方部会研究集会 (2019/8/30), 神奈川, 第57回全国大学保健管理協会関東甲信越地方部会研究集会プログラム抄録 2019/8; p.26.

733748. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 自責の念が強い熱傷患者の家族に対しての家族看護〜アギュララの問題解決型機器理論を用いた家族介入〜. 稻冨那奈1, 桐本千恵美1, 佐川美里1, 増田正和1 (1看護部): 熱傷フォーラム (2019/8/31), 東京.

733749. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 災害への取り組み. 岡野みずき1, 和田紗也加1, 川端房絵1 (1看護部): 神奈川PWG (2019/9/18), 神奈川.

733750. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 小児, 重症患者搬送の経験とその課題−ECMO装着患者空路搬送準備にDMATが関与することの意義−. 川上大輔1, 古市則光1 (1看護部): 第27回小児集中治療ワークショップ (2019/10/19), 大阪.

733851. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 動画教材を用いたストーマリハビリテーションの効果. 渡辺沙織 (看護部): 第42回神奈川ストーマ研究会 (2019/11/30), 神奈川, 第42回神奈川ストーマ研究会プログラム抄録集 2019/11; p.9.

733752. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 外来におけるRRTコールの現状〜外来RRT要請共有シートを活用して〜. 沼田加奈子1, 早川真由美1, 川村智美1, 桑名寿美1, 水上いづみ1 (1看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.42.

733753. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 院内における育成文化の醸成強化を目指して〜新人教育担当者の任期に焦点をあてて〜. 堀江千恵子1, 番匠章子1, 山本江身子1, 古庄清美1, 永井香織1, 鈴木政宗1, 千木良奈央1, 谷口陽子1 (1看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.45.

733754. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) キャリアローテーションの効果〜キャリア形成支援と小児看護の質向上を目指して〜. 永岡 靖1, 佐々木美和子1, 石下育生1, 菅野さやか1, 長谷陽恵1, 辻 朋子2, 平林奈苗1, 内藤茂幸1, 佐藤 翼1, 古代麻子1, 松内佳子1 (1看護部, 2看護学部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.47.

733755. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 血液浄化センターにおける業務改善による時間外勤務の削減〜他部署・他職種との協働〜. 桃園 忍1, 伊藤えり子1, 長岡 円1 (1看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.48.

733756. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Donabedianの「構造」「過程」に焦点をあてた褥瘡予防の取り組み. 清宮美詠1, 佐藤良子1 (1看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.50.

733757. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 緑内障患者の入退院支援に関する取り組み. 杉山芙美子 (看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.51.

733758. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 腹膜透析看護の質向上を目指した教育・業務改善〜血液浄化センターにおけるPD外来の取り組み〜. 桃園 忍1, 伊藤えり子1, 長岡 円1, 佐々木鮎美1, 小倉瑠美1 (1看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.52.

733759. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) 回復期の患者との関わり〜急性発症の疾患により、コミュニケーション障がいのある患者への介入〜. 風間梨誉1, 川上大輔1, 横溝育美1 (1看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.57.

733760. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 「越境的学習」の効果的活用方法についての模索〜日本看護管理学会学術集会インフォメーション・エクスチェンジ開催報告〜. 山本佳嵩1, 青蜿G昭1, 江田一重1, 高橋康介1, 千木良奈央1, 藤田亮介1, 三枝克磨2, 本谷昭博3, 鈴木将樹3, 堀 杏朱3 (1看護部, 2元看護部, 3コニカミノルタ): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.61.

733761. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 急性期病院における看護補助者育成〜補佐ラダー作成への取り組み〜. 羽田野真由美1, 猪井章子1, 川端房絵1, 河田多加1, 濱田妙子1, 白鳥友基1, 桃園 忍1, 渡部順子1, 五藤陽子1 (1看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.62.

733762. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 急性期病院における看護補助者育成〜補佐ラダーをもとにした人材育成システムの構築〜. 五藤陽子1, 猪井章子1, 羽田野真由美1, 白鳥友基1, 桃園 忍1, 山本江身子1, 川端房絵1, 河田多加1, 濱田妙子1, 渡部順子1 (1看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.63.

733763. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 看護補助者育成に向けた研修の取り組み. 山本江身子1, 谷口陽子1, 五藤陽子1, 羽田野真由美1, 白鳥友基1, 桃園 忍1, 渡部順子1, 横田千恵1, 猪井章子1 (1看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.64.

733764. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) がん患者を親にもつ子どものグリーフケアを実践している医療者の地域連携で抱く困難感. 高見紀子1, 油谷和子2, 辻佐恵子3, 小島ひで子3, 林美奈子4 (1看護部, 2東病院看護部, 3看護学部, 4元目白大学看護学部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.65.

733765. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) がん患者を親にもつ子どものグリーフケアを実践している医療者の地域連携の実際. 高見紀子1, 油谷和子2, 辻佐恵子3, 小島ひで子3, 林美奈子4 (1看護部, 2東病院看護部, 3看護学部, 4元目白大学看護学部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.66.

733766. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) NICUにおける気管内挿管患者の抱っこの経験. 植田彩都子1, 山岸美保1, 松内佳子1 (1看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.67.

733767. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 小児集中治療室における退院支援カンファレンスの現状と課題に関する検討. 中園彩華1, 伊藤孝子1 (1看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.68.

733768. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 内視鏡治療前訪問の取り組み〜病棟看護師との連携を通して〜. 梅川智華子1, 藤田麻美子1 (1看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.72.

733769. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 信頼関係の構築が患者にもたらす変化〜トラベルビー「人間対人間の看護」理論を用いて振り返る〜. 市川咲希1, 齋藤 恵1, 高野春美1 (1看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.75.

733770. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 医師参加によるインシデントレポートトリアージシステムの新たな試み. 土屋志保1,2, 荒井有美1,2, 箱田美知恵1,2 (1看護部, 2医療の質・安全推進室): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.78.

733771. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) コーディネーターによる主治医のサポート. 高橋 恵 (看護部): 藤田医科大学移植セミナー (2020/1/14), 名古屋.

733772. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 新人看護師へ交換ノートを用いたリフレクション効果の検討. 米山夏実1, 榑松久美子1, 椿美智博1, 横溝育美1 (1看護部): 第70回日本救急医学会関東地方会学術集会 (2020/1/18), 群馬, 日本救急医学会関東地方会雑誌 2020/1; 41 (1): 141.

733773. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) がん患者を親にもつ子どものグリーフケアを実践している医療者の地域連携の実際. 高見紀子1, 油谷和子2, 小島ひで子3, 辻佐恵子3, 林美奈子4 (1看護部, 2東病院看護部, 3看護学部, 4元目白大学看護学部): 令和元年度神奈川県看護協会相模原支部看護研究発表会 (2020/1/18), 神奈川, 令和元年度神奈川県看護協会相模原支部看護研究発表会集録集 2020/1; p.4.

733774. [学会 (地方会・研究会)] (ポスター) A病院外来におけるRRT活動の取り組み〜外来RRT共有シート導入による看護師の意識の変化〜. 沼田加奈子1, 水上いづみ1, 早川真由美1, 川村智美1 (1看護部): 令和元年度神奈川県看護協会相模原支部看護研究発表会 (2020/1/18), 神奈川, 令和元年度神奈川県看護協会相模原支部看護研究発表会集録集 2020/1; p.44-7.

733775. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) SEEDを受ける入院患者に対する苦痛スクリーニングの取り組み−治療前後に確認する効果について−. 今井 礼1, 星野 健1, 高野春美1 (1看護部): 第16回前立腺癌密封小線源永久挿入治療研究会 (2020/1/19), 東京, 第16回前立腺癌密封小線源永久挿入療法研究会-抄録・キースライド集- 2020/1; p.44.

733776. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 外国人劇症肝炎症例における治療環境の選択と国際転院の実際. 中島節子1, 魚嶋晴紀2, 田邉美奈2, 日高 央2 (1看護部, 2消化器内): 第19回肝移植医療フォーラム (2020/2/15), 東京.

733777. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 脊髄損傷妊婦の出産までの管理〜その人らしさを活かしたケア〜. 三浦真紀1, 川端房絵1 (1看護部): 第33回神奈川母性衛生学会学術集会 (2020/3/7), 神奈川.

733778. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 胎児疾患を有する妊婦への周産期チームとしての関わり. 海老澤瑛子1, 中内沙知1, 石原沙織1, 荻友香子1, 小川喜美子1, 平林奈苗1 (1看護部): 第33回神奈川母性衛生学会学術集会 (2020/3/7), 神奈川.


臨床検査部

[学術論文]

120046. [原著] ACMIA法によるタクロリムス血中濃度測定にEDTA濃度が及ぼす影響−改良LOT試薬と従来LOT試薬の比較−. 土筆智晶1, 井上綺菜1, 勝又美波1, 篠原亮太1, 内田一弘1, 棟方伸一1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): 医学検査 2019/7; 68 (3): 514-8.

120047. [原著] 脳波検査におけるシステムリファレンス誘導の基礎と応用. 小野澤裕也1, 鈴木淳子1, 棟方伸一1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): 医学検査 2019/8; 68 (4): 800-5.

522157. [講座]【特集: 日当直時に予期せぬ生化学・免疫検査データと出遭ったら−再検するか, 報告するか, 専門技師に連絡するか−】2章 予期せぬデータと出遭った時の対応 1. 生化学検査で予期せぬデータが得られたら ・ナトリウム, カリウム, クロール. 藤村善行 (臨検部): Medical Technology 2019/5; 47 (5): 409-12.

522158. [講座]【連載: 臨床検査Q&A】肺静脈流入波形の計測方法は? 槇田喜之 (臨検部): Medical Tecnology 2019/7; 47 (7): 736-9.

540083. [その他 (学会抄録)]【神奈川感染症医学会第84回医学会】頸部膿瘍患者から検出したActinomyces orisの1例. 安達 譲1, 中崎信彦1, 小貫智世1, 金木 遥1, 二本柳伸1,2, 和田達彦2,3, 高山陽子2,4 (1臨検部, 2感染管理室, 3膠原病・感染内, 4新世紀医療・横断的医療): 神奈川医学会雑誌 2019/7; 46 (2): 271.

540084. [その他 (学会抄録)]【神奈川感染症医学会第86回医学会】質量分析法と16SrRNA遺伝子配列解析を用いたSalmonella属菌の菌種同定の評価. 笠井杏子1, 二本柳伸1,2, 安本龍馬1, 安達 譲1, 中崎信彦1, 櫻井慶造1, 和田達彦2,3, 高山陽子2,4, 棟方伸一1, 狩野有作5 (1臨検部, 2感染管理室, 3膠原病・感染内, 4新世紀医療・横断的医療, 5臨検学): 神奈川医学会雑誌 2020/1; 47 (1): 114.

[著 書]

620102. [学術書 (分担執筆)]【維持・継続まで見据えたISO15189取得サポートブック (臨床検査2019年10月増刊号)】■Part.3 5章 技術的要求事項 生理検査からみた「5.8&5.9 結果の報告」, p.1258-62. 宇治橋善勝1, 内田一弘1, 棟方伸一1 (1臨検部), 編: 平石直己, 医学書院, 東京, 2019/10発行.

[学会・研究会等]

722261. [学会 (全国)] (シンポジウム) 日本電子BM8040Gのサブ分析条件を利用したキャリブレーションの比較検討. 畠山 優1, 藤村善行1, 小山紘子1, 岡田由紀1, 中ア広子1, 内田一弘1, 棟方伸一1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): 日本臨床検査自動化学会第51回大会 (2019/10/4), 横浜, 日本臨床検査自動化学会会誌 2019/8; 44 (4): 471.

722262. [学会 (全国)] (シンポジウム) 北里大学病院臨床検査部における臨地実習の現状. 棟方伸一 (臨検部): 第66回日本臨床検査医学会学術集会 (2019/11/24), 岡山, 第66回日本臨床検査医学会学術集会プログラム 2019/10; p.102.

723883. [学会 (全国) (一般講演) 出生後に経験した先天性横隔膜ヘルニアの3例. 鈴木政子1, 中西久幸1, 柳原美智子1, 藤井 滋1, 宇治橋善勝1, 槇田喜之1, 田中 潔2,3, 棟方伸一1, 狩野有作1,4 (1臨検部, 2新世紀医療・先端医療, 3一般・小児・肝胆膵外, 4臨検学): 第44回日本超音波検査学会学術集会 (2019/4/28), 横浜, 超音波検査技術 2019/4; 44 (抄録号): S202.

723884. [学会 (全国) (一般講演) 術前診断が困難であった副肝の1例. 柳原美智子1, 宇治橋善勝1, 槇田喜之1, 鈴木政子1, 中西久幸1, 藤井 滋1, 棟方伸一1, 秋谷昌史2, 海津貴史3, 狩野有作1,4 (1臨検部, 2病理学, 3一般・小児・肝胆膵外, 4臨検学): 第44回日本超音波検査学会学術集会 (2019/4/28), 横浜, 超音波検査技術 2019/4; 44 (抄録号): S205.

723885. [学会 (全国) (一般講演) 心房中隔欠損症の経過観察中に心エコーにて発見した食道癌の1例. 工藤令良1, 槇田喜之1, 遠藤留美子1, 柳原美智子1, 柏谷那月1, 宇治橋善勝1, 棟方伸一1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): 第44回日本超音波検査学会学術集会 (2019/4/29), 横浜, 超音波検査技術 2019/4; 44 (抄録号): S170.

723886. [学会 (全国) (一般講演) 診断に苦慮した大動脈弁置換術後慢性期の心N液貯留の1例. 外山かおり1, 藤井恭代1, 西澤鈴子1, 金井塚千春1, 大橋真紀子1, 槇田喜之2, 塩野方明1 (1北里大学メディカルセンター, 2臨検部): 第44回日本超音波検査学会学術集会 (2019/4/29), 横浜, 超音波検査技術 2019/4; 44 (抄録号): S172.

723887. [学会 (全国) (一般講演) factitious hypoglycemiaの鑑別に異なるインスリン測定キットが有用であった1症例. 土筆智晶1, 篠原亮太1, 中崎広子1, 内田一弘1, 棟方伸一1, 藤井里江2, 小川顕史2, 狩野有作1,3 (1臨検部, 2内分泌代謝内, 3臨検学): 第68回日本医学検査学会 (2019/5/18-19), 山口, 日本医学検査学会抄録集 2019/5; 68: 84.

723888. [学会 (全国) (一般講演) 溶血過程におけるHbとAST・LDH・Kの溶出動態について. 有馬和奈1, 土筆智晶1, 藤村善行1, 阿部有香1, 中崎広子1, 内田一弘1, 棟方伸一1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): 第68回日本医学検査学会 (2019/5/18-19), 山口, 日本医学検査学会抄録集 2019/5; 68: 172.

723889. [学会 (全国) (一般講演) 検査前プロセスにおける静脈血液ガス検体の安定性について. 神田知子1, 土筆智晶1, 加藤支央李1, 篠原亮太1, 中崎広子1, 内田一弘1, 棟方伸一1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): 第68回日本医学検査学会 (2019/5/18-19), 山口, 日本医学検査学会抄録集 2019/5; 68: 188.

723890. [学会 (全国) (一般講演) 腎炎患者の早朝尿及び随時尿における尿潜血の比較検討. 飯塚高生1, 土筆智晶1, 伊藤亜弥香1, 槇田和穂1, 三浦芳典1, 内田一弘1, 棟方伸一1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): 第68回日本医学検査学会 (2019/5/18-19), 山口, 日本医学検査学会抄録集 2019/5; 68: 387.

723891. [学会 (全国) (一般講演) インスリンアナログ製剤に対するインスリン測定キットの反応性比較について. 土筆智晶1, 篠原亮太1, 三浦芳典1, 内田一弘1, 石井直仁2, 片桐真人2, 狩野有作1,3 (1臨検部, 2医療衛生学部, 3臨検学): 第59回日本臨床化学会年次学術集会 (2019/9/27-29), 仙台, 臨床化学 2019/9; 48 (suppl 1): 266.

723892. [学会 (全国) (一般講演) 腎症発症前期糖尿病ラットの腎皮質におけるミトコンドリアの融合・分裂とマイトファジーについて. 石井直仁1, 井本明美1, 黒崎祥史1, 池永秀樹2, 土筆智晶3, 小幡 進3, 鈴木英明4, 横場正典1, 市川尊文1, 竹中恒夫5, 片桐真人1 (1医療衛生学部, 2池永腎内科クリニック, 3臨検部, 4北里保健衛生専門学院, 5国際医療福祉大学山王病院腎臓内科): 第59回日本臨床化学会年次学術集会 (2019/9/27-29), 仙台, 臨床化学 2019/9; 48 (suppl 1): 288.

723893. [学会 (全国) (一般講演) 血中重炭酸濃度測定における酵素法測定試薬の基礎的性能評価および検体安定性について. 篠原亮太1, 土筆智晶1, 藤村善行1, 中崎広子1, 内田一弘1, 棟方伸一1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): 日本臨床検査自動化学会第51回大会 (2019/10/3-5), 横浜, 日本臨床検査自動化学会会誌 2019/10; 44 (4): 518.

723894. [学会 (全国) (一般講演) 尿中有形成分分析装置USCANNER (E) の性能評価と運用効果について. 土筆智晶1, 飯塚高生1, 伊藤亜弥香1, 槇田和穂1, 三浦芳典1, 内田一弘1, 棟方伸一1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): 日本臨床検査自動化学会第51回大会 (2019/10/3-5), 横浜, 日本臨床検査自動化学会会誌 2019/10; 44 (4): 538.

723895. [学会 (全国)] HIV陽性患者より検出したHistoplasma capsulatumの一例. 安達 譲1, 二本柳伸1,2, 和田達彦2,3, 金木 遥1, 笠井杏子1, 小貫智世1, 中崎信彦1, 櫻井慶造1, 棟方伸一1, 高山陽子2,4, 狩野有作5, 久米 光, 亀井克彦 (1臨検部, 2感染管理室, 3膠原病・感染内, 4新世紀医療・横断的医療, 5臨検学): 第31回日本臨床微生物学会総会・学術集会 (2020/1/31-2/2), 金沢, 日本臨床微生物学会雑誌 2019; 30 (Suppl 1): 221.

733779. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 超音波検査が診断に有用であった脂肪脊髄髄膜瘤の1例. 中西久幸1, 工藤令良1, 槇田喜之1, 宇治橋善勝1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): JSS関東甲信越 第41回地方会学術集会 (2019/10/14), 東京, 超音波検査技術 2020/2; 45 (1): 85.

733780. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 当院で経験したcisA2B3型の症例. 京田満里奈1, 有馬和奈1, 正木杏奈1, 田部裕二1, 岩切文子1, 山辺晴美1, 小本美奈1, 内田一弘2 (1輸血部, 2臨検部): 2019年度日臨技首都圏支部・関甲信支部医学検査学会 (第56回) (2019/10/26), 秋葉原.

733781. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 骨髄標本ペルオキシダーゼ染色陽性細胞における染色性の経時的変化について. 井上綺菜1, 鈴木早紀1, 上原由佳理1, 中西 薫1, 阿部有香1, 内田一弘1, 棟方伸一1, 狩野有作1,2 (1臨検部, 2臨検学): 第68回神奈川県医学検査学会 (2019/11/3), 小田原, 働き方と精度保証〜新しい時代 令和に考える〜プログラム抄録集 2019/10; p.32.

'18年度以前分

[学術論文]

'18-120005. [原著] 高度陽圧側にピークを示したティンパノグラムの臨床的背景に関する検討. 小幡 進1, 岩楯鉄央1, 矢島正太郎1, 佐橋久美子1, 棟方伸一1, 石井直仁2, 狩野有作1,3 (1臨検部, 2医療衛生学部, 3臨検学): 医学検査 2018/6; 67 (5): 791-6.


放射線部

[学術論文]

110363. [原著] Evaluation of a novel reconstruction method based on the compressed sensing technique: Application to cervical spine MR imaging. Takato Y1, Hata H1, Inoue Y2, Matsunaga K2, Hara T2, Komi S1, Nakajima A1: Clinical Imaging 2019/7-8; 56: 140-5. (高藤優輝1, 秦 博文1, 井上優介2, 松永敬二2, 原 敏将2, 小見正太郎1, 中嶋 藍1: 1放射線部, 2放射線 (画像))

110364. [原著] Cortisol-related hippocampal-extrastriate functional connectivity explains the adverse effect of cortisol on visuospatial retrieval. Hakamata Y, Komi S1, Sato E, Izawa S, Mizukami S, Moriguchi Y, Motomura Y, Matsui M, Kim Y, Hanakawa T, Inoue Y2, Tagaya H3: Psychoneuroendocrinology 2019/11; 109: 104310. (小見正太郎1, 井上優介2, 田ヶ谷浩邦3: 1放射線部, 2放射線 (画像), 3医療衛生学部)

[学会・研究会等]

723263. [学会 (全国)] (ポスター) 3D ASL CBF 画像における辺縁部高信号アーチファクトに影響する因子のファントムによる検討. 田中禎人1, 秦 博文1, 池田康貴1, 井上優介2 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 第75回日本放射線技術学会総会学術大会 (2019/4/13), 横浜, 日本放射線技術学会第75回総合学術大会予稿集 2019; p.341.

723264. [学会 (全国)] (ポスター) 3D ASL CBF画像における辺縁部高血流アーチファクトに対する脂肪抑制法の効果のファントムによる検討. 田中禎人1, 秦 博文1, 井上優介2 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 第47回日本磁気共鳴医学会大会 (2019/9/21), 熊本, 日本磁気共鳴医学会雑誌 2019; 39 (Suppl): 290.

733782. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) Localize TGの基礎的検討. 橋本哲也1, 小見正太郎1, 秦 博文1 (1放射線部): 日本放射線技術学会 第66回関東支部研究発表大会 (2019/11/16), 千葉, 関東支部研究発表大会2019抄録集 2019; p.65.

733783. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) PROPELLER Multi BladeシーケンスにおけるT1コントラストの基礎的検討. 中嶋 藍1, 秦 博文1, 小見正太郎1 (1放射線部): 日本放射線技術学会 第66回関東支部研究発表大会 (2019/11/17), 千葉, 関東支部研究発表大会2019抄録集 2019; p.104.

733784. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 医療法施行規則改正に伴う核医学診療における当施設の取り組み. 高橋慶太1, 渡邉篤史1, 阿部 豊1, 神宮司公二1, 菊池 敬1, 井上優介2 (1放射線部, 2放射線 (画像)): 第92回日本核医学会関東甲信越地方会 (2020/1/25), 東京, 核医学 2020; 57 (1): 37.


薬剤部

[学術論文]

110365. [原著] Investigating the risk of bone fractures in elderly patients with type 2 diabetes mellitus: a retrospective study. Horii T1, Iwasawa M1, Kabeya Y, Shimizu J, Atsuda K1,2: BMC Endocr Disord 2019/7; 19 (1): 81. (堀井剛史1, 岩澤真紀子1, 厚田幸一郎1,2: 1薬学部, 2薬剤部)

110366. [原著] Effect of resistance of the exercise band on the peak femoral vein velocity during active ankle flexion. Tsuda K1, Takahira N1,2, Ejiri M, Sakai K1, Sakamoto M, Akamine A1,3: Phlebology 2020/4; 35 (3): 176-183. doi: 10.1177/0268355519865164. Epub 2019 Jul 31. (津田晃司1, 高平尚伸1,2, 坂井健太1, 赤嶺聡彦1,3: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3薬剤部)

110367. [原著] Polypharmacy and oral antidiabetic treatment for type 2 diabetes characterised by drug class and patient characteristics: A Japanese database analysis. Horii T1, Iwasawa M1, Kabeya Y, Atsuda K1,2: Sci Rep 2019/9; 9 (1): 12992. (堀井剛史1, 岩澤真紀子1, 厚田幸一郎1,2: 1薬学部, 2薬剤部)

110368. [原著] Determination of factors affecting medication adherence in type 2 diabetes mellitus patients using a nationwide claim-based database in Japan. Horii T1, Momo K, Yasu T, Kabeya Y, Atsuda K1,2: PLoS One 2019/10; 14 (10): e0223431. (堀井剛史1, 厚田幸一郎1,2: 1薬学部, 2薬剤部)

110369. [原著] Comparing treatment intensification and clinical outcomes of metformin and dipeptidyl peptidase-4 inhibitors in treatment-na?ve patients with type 2 diabetes in Japan. Horii T1, Iwasawa M1, Shimizu J, Atsuda K1,2: J Diabetes Investig 2020/1; 11 (1): 96-100. (堀井剛史1, 岩澤真紀子1, 厚田幸一郎1,2: 1薬学部, 2薬剤部)

110370. [原著] Effects of pharmacist intervention on polypharmacy in patients with type 2 diabetes in Japan. Horii T1, Atsuda K1,2: BMC Res Notes 2020/3; 13 (1): 183. (堀井剛史1, 厚田幸一郎1,2: 1薬学部, 2薬剤部)

110371. [原著] The Population Pharmacokinetics of Rifampicin in Japanese Pulmonary Tuberculosis Patients. Nishimura T, Kohno H, Nagai H, Maruoka D, Koike Y, Kobayashi M1,2, Atsuda K1,2: Drug Res (Stuttg) 2020/5; 70 (5): 199-205. doi: 10.1055/a-1122-8129. Epub 2020 Mar 19. (小林昌宏1,2, 厚田幸一郎1,2: 1薬剤部, 2薬学部)

120048. [原著] 複数の医療チームで協働管理したHIV感染者の腎移植. 稲野 寛1, 小林昌宏1,2, 武道涼平1, 石井大輔3, 吉田一成3,4, 和田達彦5, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部, 3泌尿器, 4新世紀医療・先端医療, 5膠原病・感染内): 日本臨床腎移植学会雑誌 2019/5; 7 (2): 230-6.

120149. [原著] バルプロ酸ナトリウムを服用している糖尿病患者における糖尿病網膜症発症に関する実態調査. 飯塚直人1, 伊輿由香子1, 齋藤圭悟1, 川野千尋1,2, 中山萌美1, 春日井公美1, 道前洋史1, 井上 岳1, 平山武司1,2, 七里眞義3, 中原 努1, 厚田幸一郎1,4, 黒山政一1,2 (1薬学部, 2東病院薬剤部, 3内分泌代謝内, 4薬剤部): くすりと糖尿病 2019/6; 8 (1): 138-46.

120050. [原著] ジゴキシンの初期投与設計ノモグラムの有用性に関する検討. 小松敏彰1,2, 小泉朱乃1, 猪又孝元3, 阿古潤哉3, 厚田幸一郎1,4 (1薬剤部, 2感染管理室, 3循環器内, 4薬学部): 日本病院薬剤師会雑誌 2019/8; 55 (8): 980-4.

120051. [原著] 漢方煎液および漢方エキス製剤の成分分析−オウゴン配合漢方薬中のバイカリンおよびバイカレイン量−. 椎  崇1,2, 黒田明平1, 社本典子1, 三巻祥浩1 (1東京薬科大学薬学部, 2薬剤部): 日本老年医学会雑誌 2020/1; 57 (1): 72-80.

521011. [解説] ポリファーマシーと薬物相互作用. 前田実花1, 熊谷雄治2 (1薬剤部, 2臨床研究・プロジェクト): 老年内科 2020/2; 1 (2): 261-70.

522159. [講座]【特集: 糖尿病患者のフォローアップ 継続的な薬学的管理と患者支援の実践】■合併症/併存疾患を有する糖尿病患者の継続的なフォローアップ ・がん. 稲野 寛 (薬剤部): 薬局 2019/7; 70 (8): 94-9.

522160. [講座]【特集3: 技術編: 家族を巻き込む! 高齢透析患者の日常生活を支えるケア】1. 服薬管理. 稲野 寛 (薬剤部): 透析ケア 2019/10; 25 (10): 926-8.

540085. [その他 (コラム)] コラム: 薬剤師からの新しい薬物・中毒情報. 近藤留美子 (薬剤部): LiSA 2020/2; 27 (2): 204-6.

[著 書]

620103. [学術書 (分担執筆)]【神経疾患の緩和ケア】Part 1 症状ごとの緩和 1 四肢・体幹機能障害に伴う症状 B. 固縮・無動による機能低下 薬剤師の視点, p.33. C. 痙性による機能低下 薬剤師の視点, p.41. 3 呼吸筋障害に伴う症状 A. 呼吸筋筋力低下 薬剤師の視点, p.81. B. 呼吸器感染症 薬剤師の視点, p.90. 4 自律神経系障害に伴う症状 薬剤師の視点, p.118. 5 各障害によって生じる苦痛症状 A. 疼痛, 感覚障害 薬剤師の視点, p.127. B. 呼吸苦・呼吸困難感 薬剤師の視点, p.137. E. 排泄関連トラブル 薬剤師の視点, p.155. G.せん妄 薬剤師の視点, p.171. H. 精神的苦痛 薬剤師の視点, p.177. 松岡陽子1, 黒山政一2 (1薬剤部, 2東病院薬剤部), 編: 荻野美恵子, 小林康子, 早乙女貴子, 中山優季, 成田有吾, 野田涼子3, 服部万里子, 花井亜紀子 (3東病院看護部), 南山堂, 東京, 2019/7発行.

620104. [学術書 (分担執筆)]【2ページで理解する標準薬物治療ファイル 第3版】■神経・精神疾患 30 パーキンソン病, p.60-1. 金井紀仁, 松岡陽子1, 山藤 満, 江原正浩, 竹内壮介 (1薬剤部), 編: 日本アプライド・セラピューティクス (実践薬物治療) 学会, 南山堂, 東京, 2019/7発行.

620105. [学術書 (分担執筆)]【2ページで理解する標準薬物治療ファイル 第3版】■悪性腫瘍 63 悪性リンパ腫, p.126-7. 高野尊行, 宮島律子1, 富田直人 (1薬剤部), 編: 日本アプライド・セラピューティクス (実践薬物治療) 学会, 南山堂, 東京, 2019/7発行.

620106. [学術書 (分担執筆)]【2ページで理解する標準薬物治療ファイル 第3版】■悪性腫瘍 64 多発性骨髄腫, p.128-9. 高野尊行, 宮島律子1, 富田直人 (1薬剤部), 編: 日本アプライド・セラピューティクス (実践薬物治療) 学会, 南山堂, 東京, 2019/7発行.

620107. [学術書 (分担執筆)]【2ページで理解する標準薬物治療ファイル 第3版】■悪性腫瘍 65 発熱性好中球減少症, p.130-1. 高野尊行, 宮島律子1, 勝俣範之 (1薬剤部), 編: 日本アプライド・セラピューティクス (実践薬物治療) 学会, 南山堂, 東京, 2019/7発行.

620108. [学術書 (分担執筆)]【2ページで理解する標準薬物治療ファイル 第3版】■悪性腫瘍 66 抗がん薬による悪心・嘔吐, p.132-3. 小林誠一, 宮島律子1, 宮本康敬, 朴 成和 (1薬剤部), 編: 日本アプライド・セラピューティクス (実践薬物治療) 学会, 南山堂, 東京, 2019/7発行.

620109. [学術書 (分担執筆)]【糖尿病療養グリーンノート】1. 糖尿病療養指導士のススメ 4. 薬剤師から インスリン注射の療養指導 (視力障害, 神経障害, 筋力低下を伴う患者への指導) (強化インスリン療法とBOT療法の指導), p.289-95. 稲野 寛1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部), 編: 寺内康夫, 白川 純, 中外医学社, 東京, 2019/9発行.

620110. [学術書 (分担執筆)]【循環器リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版】V リハビリテーション (総論) 疾患管理のための教育・指導方法 B服薬管理指導の理論と実際, p.285-92. 近藤留美子1 (1薬剤部), 編: 増田 卓2, 松永篤彦2 (2医療衛生学部), メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

620111. [学術書 (分担執筆)]【病気とくすり2020 基礎と実践 Expert's Guide (薬局2020年増刊号)】2. 精神・中枢神経系の病気とくすり ・不眠, 不眠症, p.85-95. 赤嶺ちか江1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部), 南山堂, 東京, 2020/3発行.

[学会・研究会等]

713146. [学会 (国際)] (ポスター) Adaptation of alanine aminotransferase elevations with therapeutic doses of acetaminophen: an exploratory study in healthy subjects. Maeda M1,2, Tanaka R3, Aso M, Sakamoto Y3, Song I3, Ochiai M1, Saito Y, Maekawa K, Arakawa N, Ohno Y, Kumagai Y3,4: EACPT 2019 (14th Congress of the European Association for Clinical Pharmacology and Therapeutics/第14回欧州臨床薬理治療学会議) (2019/7/1), Stockholm, Sweden, 第14回欧州臨床薬理学会要旨 2019; 電子抄録. (前田実花1,2, 田中理英子3, 坂本泰理3, 宋 一大3, 落合理路1, 熊谷雄治3,4: 1大学院医療系研究科, 2薬剤部, 3臨床研究センター, 4臨床研究・プロジェクト)

713147. [学会 (国際)] (ポスター) Comparing clinical characteristics and outcomes of dipeptidyl peptidase-4 inhibitors and metformin in treatment of na?ve type 2 diabetes in an academic teaching hospital in Japan. Iwasawa M1, Horii T1, Kashiwagi S1, Atsuda K1,2: ASHPミッドイヤーミーティング2019年 (2019/12/9), Las Vegas, USA, ASHPミッドイヤーミーティング2019年要旨 2019/12; 電子抄録. (岩澤真紀子1, 堀井剛史1, 柏木彩華1, 厚田幸一郎1,2: 1薬学部, 2薬剤部)

723896. [学会 (全国)] (一般講演) リネゾリドの血中濃度モニタリングを行い治療が奏功した2症例について. 小松敏彰1,2, 二本柳伸2, 和田達彦2,3, 高山陽子2,4, 厚田 幸一郎1 (1薬剤部, 2感染管理室, 3膠原病・感染内, 4新世紀医療・横断的医療): 第67回日本化学療法学会総会 (2019/5/11), 東京, 日本化学療法学会雑誌 2019; 67: 1340-7007.

723897. [学会 (全国)] (一般講演) オキシコドン徐放錠によるオピオイド誘発性便秘 (OIC) に対するナルデメジン追加投与法とフェンタニル貼付剤へのスイッチング法の有用性に関する検討 (観察研究). 平山武司1, 武道涼平1, 山崎もも2, 鈴木 葵2, 本間雅士1, 太田智博1, 平塚公己1, 林 経人3, 金井昭文3,4, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部, 3麻酔, 4新世紀医療・横断的医療): 第24回日本緩和医療学会学術大会 (2019/6/22), 横浜.

723898. [学会 (全国)] (一般口演) Prospective study to investigate the clinical efficacy of G-CSF for Docetaxel + Cisplatin + 5-Fluorouracil (DCF) chemotherapy in patients with esophageal squamous cell carcinoma (ESCC). 菅原充広1, 堅田親利2, 渡邉晃識2, Sakamoto Y, Hara H, Fujii H, Nakajima T, Ando T, Kojima T, Ishijima H, Hosokawa A, Hamamoto Y, Muto M, Tahara M, 小泉和三郎2 (1薬剤部, 2消化器内): 第17回日本臨床腫瘍学会学術集会 (2019/7/19), 京都, 第17回日本臨床腫瘍学会要旨 2019; 電子抄録.

723899. [学会 (全国)] (一般講演) オピオイド誘発性便秘に対するナルデメジンとフェンタニルへのスイッチングの有用性に関する観察研究. 平山武司1, 武道涼平1, 鈴木 葵2, 平塚公己1, 太田智博1, 本間雅士1, 林 経人3, 金井昭文3,4, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部, 3麻酔, 4新世紀医療・横断的医療): 日本ペインクリニック学会第53回大会 (2019/7/20), 熊本.

723900. [学会 (全国)] (一般口演) 糖尿病専門・認定薬剤師養成講習会の有用性. 稲野 寛1, 相澤政明2, 土井路子3, 野村恭子4, 平山大徹5, 駒井元彦6, 厚田幸一郎1,7 (1薬剤部, 2相模台病院薬剤部, 3横須賀共済病院薬剤科, 4厚木市立病院薬剤科, 5H.E.Cサイエンスクリニック薬剤課, 6藤沢市民病院薬局, 7薬学部): 第8回日本くすりと糖尿病学会学術集会 (2019/9/8), 札幌, 第8回日本くすりと糖尿病学会学術集会プログラム・抄録集 2019; 別冊: 143.

723901. [学会 (全国)] (ポスター) 小児1型糖尿病患児の療養環境向上に対する取り組み〜教職員向けセミナーの開催と参加者へのアンケート調査〜. 宮坂 薫1, 橘田一輝2, 坂本梅子3, 竹内優子3, 厚田幸一郎1,4 (1薬剤部, 2小児, 3看護部, 4薬学部): 第8回日本くすりと糖尿病学会学術集会 (2019/9/7-8), 札幌, 第8回日本くすりと糖尿病学会学術集会プログラム・抄録集 2019; 別冊: 190.

723902. [学会 (全国)] (ポスター) CRC業務の担当チーム制における課題に向けた取り組み. 正村優子1, 野村今日子2, 小沢 学2, 野口恵子2, 常田愛子1, 山本明子1, 関根智美1, 横田愼一1, 熊谷雄治2 (1薬剤部, 2看護部, 3臨床研究・プロジェクト): 第19回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2019 in YOKOHAMA (2019/9/14-15), 横浜, 第19回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2019 in YOKOHAMAプログラム・抄録集 2019; p.162.

723903. [学会 (全国)] (ポスター) 先天性サイトメガロウイルス感染症罹患児においてバルガンシクロビル懸濁液内服により治療を行った1例. 小川隆弘1, 田中裕大1, 冨澤 淳1, 近藤留美子1, 釼持 学2, 厚田幸一郎1,3 (1薬剤部, 2小児, 3薬学部): 第46回日本小児臨床薬理学会学術集会 (2019/9/28-29), 札幌, 第46回日本小児臨床薬理学会学術集会プログラム・抄録集 2019; p.108.

723904. [学会 (全国)] (ポスター) Hematological Toxicity of Bendamustine in Patients with Renal Dysfunction. 宮島律子1, 鎌田浩稔2, 鈴木隆浩2, 厚田幸一郎1,3 (1薬剤部, 2血液内, 3薬学部): 第81回日本血液学会学術集会 (2019/10/11-13), 東京, 第81回日本血液学会学術集会要旨 2019; 電子抄録.

723905. [学会 (全国)] (一般口演) 静脈血栓塞栓症予防実施表を使用した下肢整形外科術後患者における血栓発生リスク因子のカットオフ値の算出. 赤嶺聡彦1,2, 高平尚伸2,3, 内山勝文4, 福島健介4, 津田晃司3, 高橋佳暉3 (1薬剤部, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部, 4整外): 第46回日本股関節学会学術集会 (2019/10/25), 宮崎, 第46回日本股関節学会学術集会 (DVD) 2019; 電子抄録.

723906. [学会 (全国)] (一般口演) Pembrolizumab単剤療法が施行された非小細胞肺癌患者における早期死亡リスク因子の検討. 七尾谷充1, 森 彩夏1, 宮坂優人1, 稲野 寛1, 菅原充広1, 厚田幸一郎1,2, 西成田詔子3, 楠原政一郎3, 掛川未希子3, 日吉康弘3, 笠島真志3, 福井朋也3, 井川 聡3, 横場正典4, 三藤 久5, 久保田勝4, 片桐真人4, 猶木克彦3 (1薬剤部, 2薬学部, 3呼吸器内, 4医療衛生学部, 5看護学部): 第29回日本医療薬学会年会 (2019/11/3), 福岡, 第29回日本医療薬学会年会要旨 2019; 電子抄録.

723907. [学会 (全国)] (一般口演) がん化学療法調製室とがん化学療法センターの業務量に関する実態調査. 稲野 寛1, 森元能仁2, 佐々木寿子1, 長澤知徳3, 臼井浩明3, 吉田 正3, 渡部一宏2, 廣原正宜2, 篠原高雄3, 厚田幸一郎1,4 (1薬剤部, 2昭和薬科大学臨床薬学教育研究センター, 3杏林大学医学部付属病院薬剤部, 4薬学部): 第29回日本医療薬学会年会 (2019/11/4), 福岡, 第29回日本医療薬学会年会要旨 2019; 電子抄録.

723908. [学会 (全国)] (ポスター) 保険薬局におけるヒヤリ・ハットの要因因子の探索. 佐々木善信1, 羽田明浩2, 平山武司1,3, 厚田幸一郎1,3 (1薬剤部, 2国際医療福祉大学医療福祉大学研究科医療経営管理分野, 3薬学部): 第29回日本医療薬学会年会 (2019/11/4), 福岡, 第29回日本医療薬学会年会要旨 2019; 電子抄録.

723909. [学会 (全国)] (ポスター) 肺癌ナブパクリタキセル+カルボプラチン療法における好中球減少の発現状況とリスク因子の検討. 米山大志1, 岡本美穂2, 佐々木寿子1, 菅原充広1, 佐々木冶一郎3,4, 猶木克彦4, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部, 3新世紀医療・横断的医療, 4呼吸器内): 第29回日本医療薬学会年会 (2019/11/4), 福岡, 第29回日本医療薬学会年会要旨 2019; 電子抄録.

723910. [学会 (全国)] (一般口演) 保存期慢性腎臓病患者における炭酸カルシウムの使用が血清カルシウム値に与える影響. 山本悠樹1, 奥脇優加1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 第13回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会2019 (2019/11/16), 熊本, 日本腎臓病薬物療法学会誌 2019; 8 (特別号): S143.

723911. [学会 (全国)] (一般口演) 胃がん患者に対するRamucirumab + Paclitaxel療法とRamucirumab + nab-Paclitaxel療法における蛋白尿発現の比較. 宮坂優人1, 東信太朗1, 杉浦芙蓉子1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 第13回日本腎臓病薬物療法学会学術集会・総会2019 (2019/11/16), 熊本, 日本腎臓病薬物療法学会誌 2019; 8 (特別号): S147.

723912. [学会 (全国)] (一般口演) HIV陽性外来患者にかかりつけ薬局が活用されない要因の検討−患者アンケート調査の計量テキスト分析−. 武道涼平1, 冨澤 淳1, 加藤 笑2, 持田俊也1, 奥脇達也1, 小川隆弘1, 春日井公美3, 和田達彦4, 厚田幸一郎1,3 (1薬剤部, 2看護部, 3薬学部, 4膠原病・感染内): 第33回日本エイズ学会学術集会・総会 (2019/11/27-29), 熊本, 第33回 (2019) 日本エイズ学会学術集会・総会抄録集 2019/11; 21 (4): 410.

723913. [学会 (全国)] (ポスター) 抗がん剤調製室の化学療法レジメン監査における実態調査. 植田茉梨絵1, 稲野 寛1, 佐々木寿子1, 田村和敬1, 厚田幸一郎1,2 (1薬剤部, 2薬学部): 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020 (2020/3/21), 紙上開催, 第17回日本臨床腫瘍学会要旨 2019; 電子抄録.

723914. [学会 (全国)] (ポスター) 北里大学病院におけるがん薬物療法サポートチームの活動報告. 佐々木寿子1,2, 八柳千春2,3, 高橋かおる2,3, 田村和敬1,2, 稲野 寛1,2, 長田真由美2,3, 厚田幸一郎1,4, 佐々木治一郎2,5 (1薬剤部, 2北里大学病院集学的がん診療センター通院治療室, 3看護部, 4薬学部, 5新世紀医療・横断的医療): 日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020 (2020/3/21), 紙上開催, 第17回日本臨床腫瘍学会要旨 2019; 電子抄録.

723915. [学会 (全国)] (一般口演) 下肢整形外科術後患者における静脈血栓塞栓症予防実施表のリスク因子と術後静脈血栓塞栓症の関連性. 赤嶺聡彦1,2, 高平尚伸2,3, 冨澤 淳1, 津田晃司2, 高橋佳暉2, 黒岩政之4, 厚田幸一郎1,5 (1薬剤部, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部, 4麻酔, 5薬学部): 日本薬学会第140年会 (2020/3/25-28), 京都 (Web開催).


リハビリテーション部

[学術論文]

110372. [原著] Acute Effects of Whole-Body Vibration Training on Endothelial Function and Cardiovascular Response in Elderly Patients with Cardiovascular Disease. Aoyama A1, Yamaoka-Tojo M2, Obara S3, Shimizu E3, Fujiyoshi K4, Noda C4, Matsunaga A2, Ako J4: Int Heart J 2019/7; 60 (4): 854-61. (青山晃大1, 東條美奈子2, 遠原真一3, 清水絵里香3, 藤吉和博4, 野田千春4, 松永篤彦2, 阿古潤哉4: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3リハビリ部, 4循環器内)

110373. [原著] Short-Term Change in Gait Speed and Clinical Outcomes in Older Patients With Acute Heart Failure. Tanaka S1, Kamiya K2, Hamazaki N3, Matsuzawa R3, Nozaki K3, Nakamura T4, Yamashita M4, Maekawa E5, Noda C5, Yamaoka-Tojo M2, Matsunaga A2, Masuda T2, Ako J5: Circ J 2019/8; 83 (9): 1860-7. (田中伸弥1, 神谷健太郎2, 濱崎伸明3, 松沢良太3, 野崎康平3, 中村岳志4, 山下真司4, 前川恵美5, 野田千春5, 東條美奈子2, 松永篤彦2, 増田 卓2, 阿古潤哉5: 1名古屋大学医学部附属病院, 2医療衛生学部, 3リハビリ部, 4大学院医療系研究科, 5循環器内)

110374. [原著] Prognostic value of sarcopenic obesity estimated by computed tomography in patients with cardiovascular disease and undergoing surgery. Yamashita M1, Kamiya K2, Matsunaga A2, Kitamura T6, Hamazaki N4, Matsuzawa R4, Nozaki K4, Tanaka S5, Nakamura T1, Maekawa E6, Masuda T2, Ako J6, Miyaji K6: J Cardiol 2019/9; 74 (3): 273-8. (山下真司1, 神谷健太郎2, 松永篤彦2, 北村 律3, 濱崎伸明4, 松沢良太4, 野崎康平4, 田中伸弥5, 中村岳志1, 前川恵美6, 増田 卓2, 阿古潤哉6, 宮地 鑑3: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 6心臓血管外, 4リハビリ部, 5名古屋大学医学部附属病院, 6循環器内)

110375. [原著] Absolute reliability of measurements of muscle strength and physical performance measures in older people with high functional capacities. Suzuki Y1, Kamide N2, Kitai Y, Ando M, Sato H2, Shiba Y2, Sakamoto M2: Eur Geriatr Med 2019/10; 10 (5): 733-40. (鈴木良和1, 上出直人2, 佐藤春彦2, 柴 喜崇2, 坂本美喜2: 1リハビリ部, 2医療衛生学部)

110376. [原著] Impact of Gait Speed on the Obesity Paradox in Older Patients With Cardiovascular Disease. Nakamura T1, Kamiya K2, Matsunaga A2, Hamazaki N3, Matsuzawa R3, Nozaki K3, Yamashita M1, Maekawa E4, Noda C4, Yamaoka-Tojo M2, Ako J4: Am J Med 2019/12; 132 (12): 1458-65.e1. (中村岳志1, 神谷健太郎2, 松永篤彦2, 濱崎伸明3, 松沢良太3, 野崎康平3, 山下真司1, 前川恵美4, 野田千春4, 東條美奈子2, 阿古潤哉4: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3リハビリ部, 4循環器内)

110377. [原著] Rising time from bed in acute phase after hospitalization predicts frailty at hospital discharge in patients with acute heart failure. Nozaki K1, Hamazaki N1, Kamiya K2, Ichikawa T1, Nakamura T3, Yamashita M3, Maekawa E4, Matsunaga A2, Yamaoka-Tojo M2, Ako J4: J Cardiol 2020/6; 75 (6): 587-93. doi: 10.1016/j.jjcc.2019.12.007. Epub 2019 Dec 30. (野崎康平1, 濱崎伸明1, 神谷健太郎2, 市川貴文1, 中村岳志3, 山下真司3, 前川恵美4, 松永篤彦2, 東條美奈子2, 阿古潤哉4: 1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内)

110378. [原著] Prevalence and prognosis of respiratory muscle weakness in heart failure patients with preserved ejection fraction. Hamazaki N1, Kamiya K2, Matsuzawa R1, Nozaki K3, Ichikawa T1, Tanaka S4, Nakamura T5, Yamashita M5, Maekawa E6, Noda C6, Yamaoka-Tojo M2, Matsunaga A2, Masuda T2, Ako J6: Respir Med 2020/1; 161: 105834. (濱崎伸明1, 神谷健太郎2, 松沢良太1, 野崎康平3, 市川貴文1, 田中伸弥4, 中村岳志5, 山下真司5, 前川恵美6, 野田千春6, 東條美奈子2, 松永篤彦2, 増田 卓2, 阿古潤哉6: 1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3兵庫医療大学, 4名古屋大学医学部附属病院, 5大学院医療系研究科, 6循環器内)

110379. [原著] Association between sarcopenia and atherosclerosis in elderly patients with ischemic heart disease. Uchida S1, Kamiya K2, Hamazaki N3, Matsuzawa R3, Nozaki K3, Ichikawa T3, Suzuki Y1, Nakamura T1, Yamashita M1, Kariya H3, Maekawa E4, Yamaoka-Tojo M2, Matsunaga A2, Ako J4: Heart Vessels 2020/6; 35 (6): 769-75. doi: 10.1007/s00380-020-01554-8. Epub 2020 Jan 22. (内田翔太1, 神谷健太郎2, 濱崎伸明3, 松沢良太3, 野崎康平3, 市川貴文3, 鈴木裕太1, 中村岳志1, 山下真司1, 苅谷英紀3, 前川恵美4, 東條美奈子2, 松永篤彦2, 阿古潤哉4: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3リハビリ部, 4循環器内)

110380. [原著] A portable pneumatic compression device to prevent venous thromboembolism in orthopedic patients with the highest risks of both venous thrombosis and bleeding: A case series study. Takahashi Y1, Takahira N2, Shibuya M1,3, Uchiyama K4, Fukushima K4, Iwase D4, Kawamura T4, Miyagi M4, Higashiyama R4, Moriya M4, Sakai K1, Tsuda K1, Sakamoto M2, Akamine A5, Takaso M4: J Orthop Surg (Hong Kong) 2020/1-4; 28 (1): 2309499020905711. doi: 10.1177/2309499020905711. (高橋佳暉1, 高平尚伸2, 澁谷真香1,3, 内山勝文4, 福島健介4, 岩瀬 大4, 河村 直4, 宮城正行4, 東山礼治4, 森谷光俊4, 坂井健太1, 津田晃司1, 坂本美喜2, 赤嶺聡彦5, 高相晶士4: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3リハビリ部, 4整外, 5薬剤部)

110381. [原著] The maximal gait speed is a simple and useful prognostic indicator for functional recovery after total hip arthroplasty. Shibuya M1,2, Nanri Y1, Kamiya K3, Fukushima K4, Uchiyama K4, Takahira N3, Takaso M4, Fukuda M3, Matsunaga A3: BMC Musculoskelet Disord 2020/2; 21 (1): 84. (澁谷真香1,2, 南里佑太1, 神谷健太郎3, 福島健介4, 内山勝文4, 高平尚伸3, 高相晶士4, 福田倫也3, 松永篤彦3: 1リハビリ部, 2大学院医療系研究科, 3医療衛生学部, 4整外)

110382. [原著] Changes in Respiratory Muscle Strength Following Cardiac Rehabilitation for Prognosis in Patients with Heart Failure. Hamazaki N1, Kamiya K2, Yamamoto S3, Nozaki K1, Ichikawa T1, Matsuzawa R1, Tanaka S4, Nakamura T3, Yamashita M3, Maekawa E5, Meguro K5, Noda C5, Yamaoka-Tojo M2, Matsunaga A2, Ako J5: J Clin Med 2020/3; 9 (4): 952. (濱崎伸明1, 神谷健太郎2, 山本尚平3, 野崎康平1, 市川貴文1, 松沢良太1, 田中伸弥4, 中村岳志3, 山下真司3, 前川恵美5, 目黒健太郎5, 野田千春5, 東條美奈子2, 松永篤彦2, 阿古潤哉5: 1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4名古屋大学医学部附属病院, 5循環器内)

110383. [原著] Prognostic value of instrumental activity of daily living in initial heart failure hospitalization patients aged 65 years or older. Yamashita M1, Kamiya K2, Hamazaki N3, Matsuzawa R3, Nozaki K3, Ichikawa T3, Nakamura T1, Maekawa E4, Yamaoka-Tojo M2, Matsunaga A2, Ako J4: Heart Vessels 2020/3; 35 (3): 360-6. (山下真司1, 神谷健太郎2, 濱崎伸明3, 松沢良太3, 野崎康平3, 市川貴文3, 中村岳志1, 前川恵美4, 東條美奈子2, 松永篤彦2, 阿古潤哉4: 1大学院医療系研究科, 2医療衛生学部, 3リハビリ部, 4循環器内)

120052. [原著] 腱板断裂修復術術後患者に対する上肢訓練機器としてのポータブルスプリングバランサーの有用性−表面筋電図を用いた筋活動分析−. 佐々木秀一1, 見目智紀2, 中澤俊之2, 高相晶士2, 福田倫也3, 高平尚伸3, 浅井憲義 (1リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 日本義肢装具学会誌 2019/12; 35 (4): 297-301.

320054. [症例報告] 上腕骨近位端骨折に対する人工骨頭置換術後療法にポータブルスプリングバランサーを使用した1例. 佐々木秀一1, 見目智紀2, 浅井憲義 (1リハビリ部, 2整外): 神奈川作業療法研究 2020/3; 10 (1): 19-24.

522161. [講座]【特集: 心不全患者の骨格筋1】理学療法士による骨格筋評価のポイント. 濱崎伸明 (リハビリ部): 心臓リハビリテーション 2019/6; 25 (1): 50-4.

[著 書]

620112. [学術書 (分担執筆)]【循環器リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版】V リハビリテーション (総論) 運動療法, p.244-66. 松本卓也, 堀田一樹, 神谷健太郎1 (1医療衛生学部), 編: 増田 卓1, 松永篤彦1, メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

620113. [学術書 (分担執筆)]【循環器リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版】V リハビリテーション (総論) 疾患管理のための教育・指導方法 @運動指導の理論と実際, p.274-8. 野崎康平1 (1リハビリ部), 編: 増田 卓2, 松永篤彦2 (2医療衛生学部), メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

620114. [学術書 (分担執筆)]【循環器リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版】V リハビリテーション (総論) 人工心臓・ペースメーカ・植込み型除細動器を装着した患者に対する心臓リハビリテーション, p.320-31. 濱崎伸明1 (1リハビリ部), 編: 増田 卓2, 松永篤彦2 (2医療衛生学部), メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

620115. [学術書 (分担執筆)]【循環器リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版】V リハビリテーション (総論) 血液透析を受けている患者に対する心臓リハビリテーション, p.332-8. 松沢良太1 (1リハビリ部), 編: 増田 卓2, 松永篤彦2 (2医療衛生学部), メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

620116. [学術書 (分担執筆)]【循環器リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版】V リハビリテーション (総論) サルコペニア・フレイルを合併した患者に対する心臓リハビリテーション, p.339-46. 神谷健太郎1 (1医療衛生学部), 編: 増田 卓1, 松永篤彦1, メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

620117. [学術書 (分担執筆)] 【循環器リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版】VI リハビリテーション (各論) 慢性心不全, p.404-22. 神谷健太郎1, 松永篤彦1 (1医療衛生学部), 編: 増田 卓1, 松永篤彦1, メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

[学会・研究会等]

713148. [学会 (国際)] (一般講演) Change in respiratory muscle strength and adverse clinical events in patients with chronic heart failure (International Session Award受賞演題). Hamazaki N1, Masuda T2, Kamiya K2, Matsuzawa R1, Nozaki K1, Ichikawa T1, Yamashita M3, Maekawa E4, Fukaya H4, Yamaoka-Tojo M2, Matsunaga A2, Ako J4: Asia PRevent 2019 (2019/7/13-14), Osaka, Japan. (濱崎伸明1, 増田 卓2, 神谷健太郎2, 松沢良太1, 野崎康平1, 市川貴文1, 山下真司3, 前川恵美4, 深谷英平4, 東條美奈子2, 松永篤彦2, 阿古潤哉4: 1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内)

713149. [学会 (国際)] (一般講演) Change in respiratory muscle strength predicts clinical events in patients with chronic heart failure (Nursing and Allied Health Proffesions Investigator Award Runners-Up Prize受賞演題). Hamazaki N1, Masuda T2, Kamiya K2, Matsuzawa R1, Nozaki K1, Ichikawa T1, Tabata M3, Maekawa E4, Noda C4, Yamaoka-Tojo M2, Matsunaga A2, Ako J4: ESC Congress 2019 (2019/8/31-9/4), Paris, France. (濱崎伸明1, 増田 卓2, 神谷健太郎2, 松沢良太1, 野崎康平1, 市川貴文1, 田畑 稔3, 前川恵美4, 野田千春4, 東條美奈子2, 松永篤彦2, 阿古潤哉4: 1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3豊橋創造大学, 4循環器内)

713150. [学会 (国際)] (一般講演) Atrial fibrillation is not associated with the responses to exercise training in heart failure patients with preserved ejection fraction. Hamazaki N1, Masuda T2, Kamiya K2, Matsuzawa R1, Nozaki K1, Ichikawa T1, Tabata M3, Maekawa E4, Fukaya H4, Yamaoka-Tojo M2, Matsunaga A2, Ako J4: ESC Congress 2019 (2019/8/31-9/4), Paris, France. (濱崎伸明1, 増田 卓2, 神谷健太郎2, 松沢良太1, 野崎康平1, 市川貴文1, 田畑 稔3, 前川恵美4, 深谷英平4, 東條美奈子2, 松永篤彦2, 阿古潤哉4: 1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3豊橋創造大学, 4循環器内)

713151. [学会 (国際)] (一般講演) Pupillary area predicts all-cause mortality in patients with cardiovascular disease. Nozaki K1, Kamiya K2, Hamazaki N1, Ichikawa T1, Nakamura T3, Yamashita M3, Maekawa E4, Matsunaga A2, Yamaoka-Tojo M2, Ako J4: ESC Congress 2019 (2019/8/31-9/4), Paris, France. (野崎康平1, 神谷健太郎2, 濱崎伸明1, 市川貴文1, 中村岳史3, 山下真司3, 前川恵美4, 松永篤彦2, 東條美奈子2, 阿古潤哉4: 1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内)

713152. [学会 (国際)] (一般講演) Kinematic analysis of trunk movements during reaching in preterm, very low birth weight and full-term infants Nomura Y1, Sato H2, Ooka M3, Kemmochi M3: 2019 American Academy for Cerebral Palsy and Developmental Medicine (2019/9/18-21), Anaheim, CA, USA. (野村優子1, 佐藤春彦2, 大岡麻理3, 釼持 学3: 1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3小児)

722265. [学会 (全国)] (招待講演等)【Hot topics in CVD 2019】心疾患患者における呼吸機能評価の臨床的意義. 濱崎伸明 (リハビリ部): 第4回日本心血管理学療法学会・第6回日本糖尿病理学療法学会合同学術大会 (2019/9/14), 沖縄.

722266. [学会 (全国)] (招待講演等) ステージCの運動療法の実際. 野崎康平1, 神谷健太郎2, 濱崎伸明1, 中村岳史3, 前川絵美4 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内): 第23回日本心不全学会学術集会 (2019/10/4-6), 広島.

722267. [学会 (全国)] (招待講演等) 心リハを腎リハに活かす 慢性心不全患者に対する運動療法の効果に腎機能の低下は影響するか? 濱崎伸明 (リハビリ部): 第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 (2020/2/22), 東京.

722268. [学会 (全国)] (招待講演等) 腎臓移植後早期から行う運動療法の効果と安全性. 松沢良太1, 山本尚平2, 市川貴文1, 石井大輔3, 野口文乃4, 松永篤彦5, 吉田一成3,6 (1リハビリ部, 2大学院医療系研究科, 3泌尿器, 4看護部, 5医療衛生学部, 6新世紀医療・先端医療): 第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 (2020/2/22), 東京.

723916. [学会 (全国)] (一般講演) 母指CM関節症に対する北里式機能的装具の効果の検証−圧センサを用いた定量的分析−. 佐々木秀一1, 小沼賢治2, 助川浩士2, 大竹悠哉2, 見目智紀2, 高平尚伸3, 高相晶士2 (1リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 第62回日本手外科学会学術集会 (2019/4/18-19), 札幌.

723917. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性期高齢心血管疾患患者における手段的日常生活動作と左室拡張能の経時的変化の関連 (YIA優秀賞受賞). 苅谷英紀1, 東城美奈子2, 遠原真一1, 野田千春3, 関根恵美子4, 高橋由美4, 青山晃大5, 松永篤彦2, 阿古潤哉3 (1東病院リハビリ部, 2医療衛生学部, 3循環器内, 4東病院看護部, 5大学院医療系研究科): 第55回日本循環器病予防学会学術集会 (2019/5/11-12), 福岡.

723918. [学会 (全国)] (一般講演) 運動療法抵抗性に身体活動量が低下する軽症パーキンソン病患者の非運動症状の特徴. 鈴木良和1, 松田理佐子1, 上出直人2, 柴 喜崇2, 川端良治1, 平賀よしみ1, 永井真貴子3, 西山和利3, 福田倫也1,2 (1東病院リハビリ部, 2医療衛生学部, 3脳神経内): 第60回日本神経学会学術大会 (2019/5/22-25), 大阪.

723919. [学会 (全国)] (一般講演) 軽症パーキンソン病患者における非運動症状は身体活動量減少を予測する因子である. 松田理佐子1, 鈴木良和1, 上出直人2, 柴 喜崇2, 川端良治1, 平賀よしみ1, 永井真貴子3, 西山和利3, 福田倫也1,2 (1東病院リハビリ部, 2医療衛生学部, 3脳神経内): 第60回日本神経学会学術大会 (2019/5/22-25), 大阪.

723920. [学会 (全国)] (一般講演) 維持期心血管疾患患者における外来心臓リハビリテーションは手段的日常生活動作を向上させる. 苅谷英紀1, 東條美奈子2, 遠原真一1, 野田千春3, 関根恵美子4, 高橋由美4, 青山晃大5, 難波早弥香3, 郡山恵子3, 松永篤彦2, 阿古潤哉3 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3循環器内, 4東病院看護部, 5大学院医療系研究科): 第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2019/7/13), 大阪.

723921. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢心不全患者における初回離床時のベッドからの起き上がり時間は退院時のフレイルを予測する. 野崎康平1, 神谷健太郎2, 濱崎伸明1, 松沢良太1, 市川貴文1, 中村岳史3, 山下真司3, 前川絵美4, 松永篤彦2, 増田 卓2, 阿古潤哉4 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内): 第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2019/7/13-14), 大阪.

723922. [学会 (全国)] (一般講演) 維持期心血管疾患患者における外来心臓リハビリテーションは手段的日常生活動作を向上させる. 苅谷英紀1, 東條美奈子2, 遠原真一1, 野田千春3, 関根恵美子4, 高橋由美4, 青山晃大5, 難波早弥香3, 郡山恵子3, 松永篤彦2, 阿古潤哉3 (1東病院リハビリ部, 2医療衛生学部, 3循環器内, 4東病院看護部, 5大学院医療系研究科): 第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2019/7/13-14), 大阪.

723923. [学会 (全国)] (一般講演) 急性大動脈解離患者における退院時運動機能に関する検討: 急性冠症候群との皮角. 市川貴文1, 神谷健太郎2, 濱嵜伸明1, 松沢良太1, 野崎康平1, 中村岳史3, 山下真司3, 杉野香奈子1, 岩村貴子1, 前川恵美4, 東條美奈子2, 野田千春4, 松永篤彦2, 増田 卓2, 阿古潤哉4 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内): 第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2019/7/13-14), 大阪.

723924. [学会 (全国)] (一般講演) 骨粗鬆症患者における腰痛に起因する歩行障害と筋肉量の関連. 南里佑太1, 見井田和正1, 松丸純佳1, 澁谷真香, 三平亮太1, 宮城正行2, 井上 玄2, 中澤俊之2, 井村貴之2, 齋藤 亘2, 白澤栄樹2, 高相晶士2 (1リハビリ部, 2整外): 第27回日本腰痛学会 (2019/9/13-14), 神戸.

723925. [学会 (全国)] (一般講演) 慢性心不全患者における骨格筋量の減少は1年後の左室心筋重量の増加を予測する. 加藤洋平1, 青山晃大1, 長田健哉1, 柚山昇範1, 遠原真一2, 苅谷英紀3, 神谷健太郎4, 阿古潤哉5, 松永篤彦4, 東條美奈子4 (1大学院医療系研究科, 2東病院リハビリ部, 3リハビリ部, 4医療衛生学部, 5循環器内): 第4回日本心血管理学療法学会・第6回日本糖尿病理学療法学会合同学術大会 (2019/9/14), 沖縄.

723926. [学会 (全国)] (一般講演) 瞳孔面積は心不全患者の予後を予測する新たな指標である (YIA最優秀賞受賞). 野崎康平1, 神谷健太郎2, 濱崎伸明1, 中村岳史3, 山下真司3, 前川絵美4, 松永篤彦2, 東條美奈子2, 阿古潤哉4 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3大学院医療系研究科, 4循環器内): 第23回日本心不全学会学術集会 (2019/10/4-6), 広島.

723927. [学会 (全国)] (一般講演) 高齢虚血性心疾患患者における手段的日常生活動作の実行状況はその後の心不全入院に影響する. 苅谷英紀1, 東條美奈子2, 遠原真一3, 野崎康平1, 野田千春4, 郡山恵子4, 関根恵美子5, 高橋由美5, 松永篤彦2, 阿古潤哉4 (1リハビリ部, 2医療衛生学部, 3東病院リハビリ部, 4循環器内, 5東病院看護部): 第23回日本心不全学会学術集会 (2019/10/4-6), 広島.

723928. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節置換術後患者における股関節外転筋力の回復に影響を及ぼす因子の検討. 澁谷真香1, 南里佑太1, 福島健介2, 内山勝文2, 高平尚伸3, 高相晶士2 (1リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 第46回日本股関節学会学術集会 (2019/10/25-26), 宮崎.

723929. [学会 (全国)] (一般講演) 人工股関節全置換術患者において手術前の栄養不良は術後早期の歩行獲得を遅延させる. 南里佑太1, 澁谷真香1, 福島健介2, 内山勝文2, 高平尚伸3, 高相晶士2 (1リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 第46回日本股関節学会学術集会 (2019/10/25-26), 宮崎.

723930. [学会 (全国)] (一般講演) 軽症パーキンソン病患者の身体機能およびQOLに対する教育的理学療法プログラムの有用性. 鈴木良和1, 松田理佐子1, 上出直人2, 柴 喜崇2, 川端良治1, 平賀よしみ1, 永井真貴子3, 西山和利3, 福田倫也2 (1東病院リハビリ部, 2医療衛生学部, 3脳神経内): 第3回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会 (2019/11/15-17), 静岡.

723931. [学会 (全国)] (一般講演) 超低出生体重児の発達フォローアップにおけるアルバータ乳幼児運動発達検査法の使用−新版K式検査の結果との比較−. 野村優子1, 水野公輔1, 濱崎伸明1, 中園哲治1, 津崎心也2, 松川 英2, 大岡麻理3, 剣持 学3, 福田倫也1,4 (1リハビリ部, 2臨床心理室, 3小児, 4医療衛生学部): 第6回日本小児理学療法学会 (2019/11-16-17), 福岡.

723932. [学会 (全国)] (一般講演) 外来軽症パーキンソン病患者における運動療法前後のQOL変化には非運動症状が関連する. 松田理佐子1, 鈴木良和1, 上出直人2, 柴 喜崇2, 川端良治1, 平賀よしみ1, 永井真貴子3, 西山和利3, 福田倫也2 (1東病院リハビリ部, 2医療衛生学部, 3脳神経内): 第6回日本地域理学療法学会学術大会 (2019/12/14-15), 京都.

723933. [学会 (全国)] (一般講演) 先行的腎移植患者における健康関連QOLと身体活動量の移植前後変化. 市川貴文1, 松沢良太2, 山本尚平3, 野口文野4, 井村有姫4, 石井大輔5, 吉田一成5,6 (1リハビリ部, 2兵庫医療大学, 3大学院医療研究科, 4看護部, 5泌尿器, 6新世紀医療・先端医療): 第53回日本臨床腎移植学会 (2020/2/19-21), 東京.

723934. [学会 (全国)] (一般講演) 本邦における腎移植待機者の身体機能と身体活動量に関する実態調査−地域在住者との比較−. 佐藤綾花1, 山本尚平1, 松沢良太2, 市川貴文2, 石井大輔3, 野口文乃4, 北島和樹3, 榊原麻友子5, 神谷健太郎6, 松永篤彦6, 吉田一成3,7 (1大学院医療系研究科, 2リハビリ部, 3泌尿器, 4看護部, 5腎臓内, 6医療衛生学部, 7新世紀医療・先端医療): 第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 (2020/2/22), 東京.

723935. [学会 (全国)] (一般講演) 左室補助人工心臓植込み術前の心不全患者に対する運動療法の安全性と効果. 濱崎伸明1, 北村 律2, 成毛 崇3, 中島節子4, 前川恵美3, 野崎康平1, 市川貴文1, 五十嵐亜希子4, 杉野香奈子4, 山本侑子4, 神谷健太郎5, 阿古潤哉3, 宮地 鑑2 (1リハビリ部, 2心臓血管外, 3循環器内, 4看護部, 5医療衛生学部): 第48回人工心臓と補助循環懇話会学術集会 (2020/2/28-29), 札幌.

732157. [学会 (地方会・研究会)] (教育セミナー) 理学療法士が勧める臨床研究. 濱崎伸明 (リハビリ部): 日本心臓リハビリテーション学会第4回関東甲信越支部地方会 (2019/9/21), 新潟.

733785. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腎移植後早期からの運動療法による身体機能の改善. 山本尚平1, 松沢良太2, 石井大輔3, 野口文乃4, 志村壮一朗3, 北島和樹3, 榊原麻友5, 松永篤彦6, 吉田一成3,7 (1大学院医療系研究科, 2リハビリ部, 3泌尿器, 4看護部, 5腎臓内, 6医療衛生学部, 7新世紀医療・先端医療): 第97回神奈川腎研究会総会・研究集会 (2019/6/1), 横浜.

733786. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 回復期リハ病棟における他職種連携を強化したTransfer Packageにより麻痺側上肢の使用頻度が向上した1症例. 石井ゆた香1, 佐々木秀一1, 村尾千華子1, 前田美沙樹1, 神保武則1, 福田倫也2 (1リハビリ部, 2医療衛生学部): 第17回神奈川県作業療法学会 (2019/7/21), 横浜.

733787. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 回復期病棟にて若年性脳梗塞者に対し, 在宅復帰と社会参加を目指し本人と父が安定した生活を獲得した症例. 前田美沙樹1, 佐々木秀一1, 小林亜香里1, 石井ゆた香1, 小原由貴1, 神保武則1, 正木瑶子2, 福田倫也3 (1リハビリ部, 2北里大学リハビリテーション科, 3医療衛生学部): 第17回神奈川県作業療法学会 (2019/7/21), 横浜.

733788. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 脳腫瘍術後の遂行機能障害により家事と育児が困難となった症例に対し地域連携の強化を図り安定した在宅生活に至った一症例. 田口晴貴1, 佐々木秀一1, 松井亜沙美1, 千葉周平1, 神保武則1 (1リハビリ部): 第17回神奈川県作業療法学会 (2019/7/21), 横浜.

733789. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) TissueExpanderを利用した一次乳房再建術後のリハビリテーションにおける特徴. 竹内寛人1, 神保武則1, 田島 咲1, 山本明美1, 高橋香代子2, 福田倫也2 (1リハビリ部, 2医療衛生学部): 第17回神奈川県作業療法学会 (2019/7/21), 横浜.

733790. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腱板大・広範囲断裂者の術後3〜6ヶ月の外旋筋力の推移と臨床症状の関連性. 佐々木秀一1, 見目智紀2, 竹内寛人1, 神保武則1, 名倉直重2, 中脇充章2, 福田倫也3, 高平尚伸3, 高相晶士2 (1リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 第16回肩の運動機能研究会 (2019/10/25-26), 長野.

733791. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 腱板修復術前後の肩関節屈曲・下垂胃外旋筋力比と疼痛との関連. 竹内寛人1, 見目智紀2, 佐々木秀一1, 神保武則1, 中澤俊之2, 高相晶士2, 福田倫也3 (1リハビリ部, 2整外, 3医療衛生学部): 第16回肩の運動機能研究会 (2019/10/25-26), 長野.

733792. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 知っておくべき患者移送技術. 神保武則 (リハビリ部): 2019年度臨床検査技師のためのベッドサイド実践講習会 (2019/10/5-6) 相模大野.

733793. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 日本と世界の作業療法の動向. 神保武則 (リハビリ部): 日本作業療法士協会現職者講習会 (2019/11/23), 横浜.

733794. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 日本作業療法士協会臨床実習指導者講習会. 神保武則 (リハビリ部): 日本作業療法士協会臨床実習指導者講習会 (2019/12/7-8), 小田原.

733795. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 日本作業療法士協会臨床実習指導者講習会. 神保武則 (リハビリ部): 日本作業療法士協会臨床実習指導者講習会 (2020/1/25-26), 小田原.


栄養部

[学術論文]

120053. [原著] 腎移植レシピエントにおける移植前OGTT結果と栄養学的指標の検討. 吉田朋子1, 林 哲範2, 石井大輔3, 野口文乃4, 佐藤照子1, 七里眞義2, 吉田一成2,5 (1栄養部, 2内分泌代謝内, 3泌尿器, 4看護部, 5新世紀医療・先端医療): 日本病態栄養学会学会誌 2019/10; 22 (4): 245-51.

522162. [講座]【特集: いま学びなおしたい! 透析ナースに必要な老年看護の知識と技術】<特集3> 技術編: 家族を巻き込む! 高齢透析患者の日常生活を支えるケア 2. 食事管理. 吉田朋子 (栄養部): 透析ケア 2019/9; 25 (10): 929-31.

522163. [講座]【特集: どうする!? 妊婦の栄養管理・栄養指導−妊娠合併症への対応を含めて】妊娠糖尿病患者に対する栄養指導のポイント. 人見麻美子 (栄養部): 臨床栄養 2019/11; 135 (6): 789-96.

522164. [講座]【特集1】コンビニ, スーパーの活用法. 人見麻美子 (栄養部): 月刊糖尿病ライフさかえ 2019/12 59 (12): 5-16.

522165. [講座]【連載】糖尿病療養指導士認定機構ニュース [204]. 人見麻美子 (栄養部): 月刊糖尿病ライフさかえ 2019/12 59 (12): 55.

[著 書]

620118. [学術書 (分担執筆)]【循環器リハビリテーションの理論と技術 改訂第2版】V リハビリテーション (総論) 疾患管理のための教育・指導方法 A栄養管理指導の理論と実際, p.279-84. 近藤閲子1 (1栄養部), 編: 増田 卓2, 松永篤彦2 (2医療衛生学部), メジカルビュー社, 東京, 2020/3発行.

[学会・研究会等]

713153. [学会 (国際)] (一般講演) Multidisciplinary Predialysis Team education for patients with Diabetes Nephropathy reduced cost for admission at the induction of hemodialysis and subsequent mortality. Hitomi M1, Sato T1, Moriya T2: American Diabetes Association 79th Scientific Sessions (第79回米国糖尿病学会) (2019/6/7-11), San Francisco, USA, Diabetes 2019/6; 1: A174. (人見麻美子1, 佐藤照子1, 守屋達美2: 1栄養部, 2健康管理セ)

722269. [学会 (全国)] (ワークショップ) サルコペニアに対するレンバチニブ導入時の栄養療法の必要性. 菊池奈穂子1, 魚嶋晴紀2, 日高 央2 (1栄養部, 2消化器内): 第26回日本門脈圧亢進症学会総会 (2019/9/12-13), 下関, 第26回日本門脈圧亢進症学会総会プログラム抄録 2019/8; 25 (3): 117.

722270. [学会 (全国)] (助産師集中講座)【明日からの糖代謝異常妊婦のケアに生かせる栄養指導】糖代謝異常妊婦の食事療法の実際. 人見麻美子 (栄養部): 第35回日本糖尿病・妊娠学会年次学術集会 (2019/11/22), 東京, 糖尿病と妊娠 2019/10; 19 (3): 25.

722271. [学会 (全国)] (シンポジウム) 多職種で行う腎移植レシピエントの栄養とリハビリテーション. 吉田朋子1, 石井大輔2, 野口文乃3, 井村夕姫3, 森岡優子1, 久保田愛美1, 北島和樹2, 阿部哲也4, 竹内康雄4, 吉田一成2,5 (1栄養部, 2泌尿器, 3看護部, 4腎臓内, 5新世紀医療・先端医療): 第10回日本腎臓リハビリテーション学会学術集会 (2020/2/22), 東京, 第10回日本腎臓リハビリテーション学会抄録集 (Web掲載) 2020/1; p.25.

723936. [学会 (全国)] (一般演題) 新規維持血液透析の計画導入の有無が栄養管理に及ぼす影響の検討. 吉田朋子1, 青山東五2, 森岡優子1, 正木貴教2, 内藤正吉2, 佐野 隆2, 竹内康雄2 (1栄養部, 2腎臓内): 第64回日本透析医学会学術集会・総会 (2019/6/29), 横浜, 第64回日本透析医学会抄録集 (Web掲載) 2019/6.

723937. [学会 (全国)] (要望演題) 長期ICU在室救急患者における蛋白質投与量と身体機能に与える影響. 深沢佐恵子1, 片岡祐一2, 守屋里沙1, 遠藤成子1, 及川あずさ1, 宮崎道輝3, 田村智子4, 堀佐瑛子5, 太田治代5, 小野良太6, 正木杏奈6, 大川原裕樹7, 佐藤照子1, 浅利 靖2 (1栄養部, 2救命, 3リハビリ部, 4医療衛生学部, 5看護部, 6臨検部, 7薬剤部): 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会 (2020/2/28), 紙面開催, 第35回日本臨床栄養代謝学会学術集会プログラム集 2020/1; 35: 051-4.

733796. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) それぞれの正解に向けた試行錯誤の支援. 人見麻美子 (栄養部): 糖尿病治療スキルアップセミナー (2019/7/5), 千葉.

733797. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 多職種介入は糖尿病性腎症 (腎症) 患者の透析導入時に良好な効果をもたらすか. 人見麻美子1, 佐藤照子1, 守屋達美2 (1栄養部, 2健康管理セ): 東京臨床糖尿病医会 (2019/7/27), 東京.

733798. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 高齢潰瘍性大腸炎患者の栄養管理について. 太田裕子 (栄養部): 第26回神奈川IBD研究会 (2019/10/3), 横浜.

733799. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 症例検討会. 人見麻美子 (栄養部): さがみ糖尿病カンファレンス (2019/10/25), 相模原.

733800. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 妊娠糖尿病の栄養管理. 人見麻美子 (栄養部): 鳥取県中央病院・糖尿病療養指導講習会 (2019/12/15), 鳥取.


病院病理部

[学術論文]

320055. [症例報告] 術前の膵臓EUS-FNAにより診断しえた顆粒細胞腫の1例. 坂口 忍1, 柿沼廣邦1, 太田誠子1, 山下和也1, 吉田 功2, 三枝 信2 (病理部, 2病理): 神奈川県臨床細胞学会誌 2019/8; 24 (1): 17-20.

[学会・研究会等]

723938. [学会 (全国)] (一般口演) 神奈川県におけるHE染色精度管理調査標本のRGB解析値を利用した細胞モデルの有用性. 坂口 忍1, 小山田裕行2, 郷田敦史3, 和田光平4, 濱村尚也5, 横屋瀬里香6, 宮崎小百合7, 島田直樹3 (1病理部, 2東海大学病院, 3聖マリアンナ医科大学病院, 4相模原協同病院, 5横浜労災病院病理診断科, 6川崎市立川崎病院, 7小田原市立病院臨床検査病理): 第68回日本医学検査学会 (2019/5/19), 下関, 医学検査 2019/5; 68 (別冊): 222.

723939. [学会 (全国)] (一般口演) ホルマリンゲル固定の検討. 山下和也1, 横山いさみ1, 坂口 忍1, 久場 樹1, 吉田 功2, 三枝 信2 (1病理部, 2病理): 第68回日本医学検査学会 (2019/5/19), 下関, 医学検査 2019/5; 68 (別冊): 244.

723940. [学会 (全国)] (ポスター) 日臨技病理検査標準化事業 アンケート調査報告 動向調査 (1). 坂根潤一1, 東  学2, 林 裕司3 松原真奈美4, 山下和也5, 石田克成6 (1静岡県立こども病院, 2函館病院臨床検査科, 3滋賀医科大学医学部付属病院, 4島根県立中央病院検査技術科, 5病理部, 6広島大学医学部付属病院病理診断科): 第68回日本医学検査学会 (2019/5/19), 下関, 医学検査 2019/5; 68 (別冊): 576.

723941. [学会 (全国)] (ポスター) 日臨技病理検査標準化事業 アンケート調査報告 動向調査 (2). 坂根潤一1, 東  学2, 林 裕司3, 松原真奈美4, 山下和也5, 石田克成6 (1静岡県立こども病院, 2函館病院臨床検査科, 3滋賀医科大学医学部付属病院, 4島根県立中央病院検査技術科, 5病理部, 6広島大学医学部付属病院病理診断科): 第68回日本医学検査学会 (2019/5/19), 下関, 医学検査 2019/5; 68 (別冊): 577.

723942. [学会 (全国)] (ポスター) 当院におけるガイドライン報告様式による唾液腺細胞診の精度管理. 坂口 忍1, 柿沼廣邦1, 村田莉紗1, 舘林妙子1, 山下和也1, 梶田咲美乃2, 吉田 功2, 三枝 信2 (1病理部, 2病理): 第60回日本臨床細胞学会総会 (春期大会) (2019/6/7), 東京, 日本臨床細胞学会雑誌 2019/6; 58 (補冊1号): 223.

723943. [学会 (全国)] (一般口演) 乳頭癌と濾胞性腫瘍との鑑別を要したNIFTPの1例. 坂口 忍1, 村田莉紗1, 横山いさみ1, 山下和也1, 梶田咲美乃2, 吉田 功2, 三枝 信2 (1病理部, 2病理): 第58回日本臨床細胞学会秋期大会 (2019/11/16), 岡山, 日本臨床細胞学会雑誌 2019/11; 58 (補冊2号): 636.

731112. [学会 (地方会・研究会)] (特別講演) 遺伝子検査の基礎 (組織検体取り扱いを含めた). 山下和也 (病理部): 平成30年度 認定病理検査技師 指定講習会 (2019/7/6), 東京, 指定講習会テキスト (令和元年度版) 2019/7.

732158. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 肺癌免疫パネルの染色サーベイ結果と標本作製の精度管理を含む知識について. 山下和也 (病理部): 第4回中部圏認定病理検査技師企画・病理技術研修会 (2019/7/13), 名古屋大学, 第4回中部圏認定病理検査技師企画・病理技術研修会テキスト 2019.

732159. [学会 (地方会・研究会)] (招待講演) 免疫組織化学の精度管理. 山下和也 (病理部): 日本臨床衛生検査技師会病理細胞部門支部研修会 第28回日臨技関甲信支部・首都圏支部 病理細胞検査研修会 (2020/1/19), 埼玉, 第28回日臨技関甲信支部・首都圏支部 病理細胞検査研修会テキスト 2020/1; p.21-6.

733801. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 転移性肺腫瘍を疑われた炎症性筋線維芽細胞腫瘍の1例. 鈴木和佳奈1, 柿沼廣邦1, 横山いさみ1, 坂口 忍1, 山下和也1, 一戸昌明2, 梶田咲美乃2, 吉田 功2, 佐藤之俊3, 村雲芳樹2, 三枝 信2 (1病理部, 2病理, 3呼吸器外): 第38回神奈川県臨床細胞学会学術集会 (2019/11/23), 神奈川, 神奈川県臨床細胞学会誌 2019/11; 24 (2): 26.


ME部

[学術論文]

522166. [講座]【特集: 臨床工学技士新人教育の充実を目指して−フレッシャーをどのように育てるか−】各業務での新人教育の実際と指導のポイント: 手術室関連業務. 立野 聡 (ME部): Clinical Engineering 2019/7; 30 (7): 645-51.

522167. [講座]【特集: 臨床工学技士新人教育の充実を目指して−フレッシャーをどのように育てるか−】プリセプターシップの導入の効果. 東條圭一1, 銀川美沙紀 (1ME部): Clinical Engineering 2019/7; 30 (7): 658-63.

522168. [講座]【CVSAPシンポジウム: 体外循環への緊急conversion−対処とその備えについて考える−】緊急体外循環に対する体外循環技士の役割に関する検討. 東條圭一1, 安野 誠, 鈴木健一, 後藤 武, 前中則武, 野田政宏, 宮本聡史, 荒木康幸 (1ME部): 体外循環技術 2020/3; 47 (1): 67-75.

[学会・研究会等]

722272. [学会 (全国)] (招待講演) 医療機器中央管理体制における臨床工学技士の役割. 東條圭一1, 藤井正実1 (1ME部): 第94回日本医療機器学会大会(2019/6/15), 大阪, 医療機器学 2019/4; 89 (2): 131.

722273. [学会 (全国)] (招待講演)【3学会合同CVSAP シンポジウム】体外循環への緊急conversion?対処とその備えについて考える? 東條圭一 (ME部): 日本心臓血管麻酔学会第24回学術大会(2019/9/20), 京都, Cardiovascular Anesthesia 2019/9; 23 (suppl): 115.

722274. [学会 (全国)] (パネルディスカッション)【小児体外循環充填量のあの頃と今−真の低侵襲を求めて】当院の小児人工心肺における低侵襲への取り組み. 大島弘之1, 東條圭一1, 古平 聡1, 武田章数1, 海老根智代1, 桑原紗衣1, 宮地 鑑2 (1ME部, 2心臓血管外): 第45回日本体外循環技術医学会大会(2019/10/6), 名古屋, 体外循環技術 2019/9; 46 (3): 274.

722275. [学会 (全国)] (学術セッション) 体外循環への緊急conversion−対処とその備えについて考える−. 東條圭一 (ME部): 第45回日本体外循環技術医学会大会(2019/10/6), 名古屋, 体外循環技術 2019/9; 46 (3): 282.

723944. [学会 (全国)] (一般講演) 手術支援ロボットにおける臨床工学技士の関わり〜5年間のトラブル内容より〜. 立野 聡1, 東條圭一1, 古平 聡1, 藤井正実1, 川島彩華1 (1ME部): 第29回日本臨床工学会(2019/5/18), 盛岡, 日本臨床工学技士会会誌 2019/4; 66: 187.

723945. [学会 (全国)] (一般講演) 当院における医療機器の清掃に関する検討. 東條圭一1, 藤井正実1, 木下春奈1, 武田章数1, 立野 聡1, 大島弘之1, 銀川美沙紀1, 古平 聡1 (1ME部): 第29回日本臨床工学会(2019/5/18), 盛岡, 日本臨床工学技士会会誌 2019/4; 66: 214.

723946. [学会 (全国)] (一般講演) 手術支援ロボットにおける臨床工学技士業務効率化への取り組み−ロボットシステム配置の工夫−. 立野 聡1, 東條圭一1, 古平 聡1, 藤井正実1, 川島彩華1 (1ME部): 第41回日本手術医学会総会(2019/9/27), 東京, 日本手術医学会誌 2019/7; 40 (suppl): 167.

723947. [学会 (全国)] (一般講演) 小児人工心肺における圧閉度調整方法の違いによる臨床データーの比較. 大島弘之1, 東條圭一1, 古平 聡1, 武田章数1, 海老根智代1, 桑原紗衣1, 宮地 鑑2 (1ME部, 2心臓血管外): 第45回日本体外循環技術医学会大会(2019/10/6), 名古屋, 体外循環技術 2019/9; 46 (3): 282.

733802. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) ECMO回路プライミングラインに関する検討. 平柳 光1, 東條圭一1, 木下春奈1, 田村美沙紀1, 中村恭子1 (1ME部): 第26回日本体外循環技術医学会関東甲信越地方会大会(2019/4/14), 甲府, 体外循環技術 2019/10; 46 (3): 274.


臨床試験センター


医療の質・安全推進室

[学術論文]

540086. [その他 (文献紹介)] 医療従事者の過重労働と医療安全との関連について. 荒井有美1, 井上彰臣2, 江口 尚2, 可知悠子2, 井上嶺子, 堤 明純2 (1医療の質・安全推進室, 2公衆衛生): 産業医学ジャーナル 2019/11; 42 (6): 84-7.


感染管理室

[学術論文]

120050. [原著] ジゴキシンの初期投与設計ノモグラムの有用性に関する検討. 小松敏彰1,2, 小泉朱乃2, 猪又孝元3, 阿古潤哉3, 厚田幸一郎2,4 (1感染管理室, 2薬剤部, 3循環器内, 4薬学部): 日本病院薬剤師会雑誌 2019/8; 55 (8): 980-4.

120054. [原著] B群溶血性レンサ球菌保菌妊婦における莢膜血清分布の年次変化に関する検討. 二本柳伸1,2, 高山陽子1,3, 和田達彦1,4, 安達 譲2, 小松敏彰1, 佐々木顕子1, 高城由美子1, 深堀信子1, 的場健太5, 狩野有作5 (1感染管理室, 2臨検部, 3新世紀医療・横断的医療, 4膠原病・感染内, 5臨検学): 北里医学 2019/12; 49 (2): 87-98.

310042. [症例報告] Characterization of the IncFII-IncFIB(pB171) Plasmid Carrying bla NDM-5 in Escherichia coli ST405 Clinical Isolate in Japan. Takayama Y1,2, Sekizuka T, Matsui H3, Adachi Y2, Eda R4, Nihonyanagi S2, Wada T5, Matsui M, Suzuki S, Takaso M6, Kitasato H7, Kuroda M, Hanaki H3: Infect Drug Resist 2020/2; 13: 561-6. (高山陽子1,2, 松井秀仁3, 安達 譲2, 江田諒太郎4, 二本柳伸2, 和田達彦5, 高相晶士6, 北里英郎7, 花木秀明3: 1新世紀医療・横断的医療, 2感染管理室, 3北里大学北里生命科学研究所, 4大学院医療系研究科, 5膠原病・感染内, 6整外, 7医療衛生学部)

[学会・研究会等]

723896. [学会 (全国)] (一般講演) リネゾリドの血中濃度モニタリングを行い治療が奏功した2症例について. 小松敏彰1,2, 二本柳伸1, 和田達彦1,3, 高山陽子1,4, 厚田 幸一郎2 (1感染管理室, 2薬剤部, 3膠原病・感染内, 4新世紀医療・横断的医療): 第67回日本化学療法学会総会 (2019/5/11), 東京, 日本化学療法学会雑誌 2019; 67: 1340-7007.

732160. [学会 (地方会・研究会) (招待講演) 多剤耐性菌からみた手指衛生の必要性. 二本柳伸 (感染管理室): 北里大学メディカルセンター 大村記念館2019年度第1回院内感染防止対策研修会 (2019/9/6), 埼玉.

733803. [学会 (地方会・研究会) (一般講演) 抗菌薬適正使用への取り組み−AST活動の現状を踏まえて−. 小松敏彰1,2 (1感染管理室, 2薬剤部): 県央ファーマシスト (2019/7/11), 東京.


診療情報管理室


臨床心理室

[著 書]

620119. [学術書 (分担執筆)]【EOLC for ALL すべての人にエンドオブライフケアの光を 神経難病の緩和ケア】Part 1 症状ごとの緩和 5. 各障害によって生じる苦痛症状 H. 精神的苦痛 臨床心理士の視点, p.179. I. スピリチュアル・ペイン 臨床心理士の視点, p.186. Part 2 その他緩和的視点をもつべき事項 7. 病名告知 臨床心理士の視点, p.213. 8. 協働意志決定 臨床心理士の視点, p.219. 櫛谷美華1, 植松美帆2 (1臨床心理室, 2東病院臨床心理室), 編: 荻野美恵子, 小林庸子, 早乙女貴子, 中山優季, 成田有吾, 野田涼子, 服部万里子, 花井亜紀子, 南山堂, 東京, 2019/7/発行.


トータルサポートセンター


緩和ケア室


移植医療支援室


臨床研究支援室

[学会・研究会等]

723948. [学会 (全国)] (ポスター) 医師主導研究の国際連携推進のための研究. 岩田香苗1, 熊谷雄二2 (1臨床研究支援室, 2臨床研究・プロジェクト): 第40回日本臨床薬理学会学術総会 (2019/12/4-6), 東京, 臨床薬理 2019; 50: S316.


グローバル臨床研究支援センター

[学会・研究会等]

713154. [学会 (国際)] (一般講演) The prognosis of patients with recurrent or persistent ovarian clear cell carcinoma: Results from a randomized phase III study (JGOG3017/GCIG). Kondo E, Tabata T, Suzuki N, Aoki D, Kato K, Hamano T, Kotera Y1, Tokuyama O, Fujiwara K, Kimura E, Terauchi F, Sumi T, Okamoto A, Yaegashi N, Enomoto T, Sugiyama T: American Society of Clinical Oncology 2019 Annual Meeting (2019/5/31-6/4), Chicago, USA. (小寺良夫1: 1グローバル臨床研究支援セ)

713155. [学会 (国際)] (一般講演) Randomized phase III trial comparing pegylated liposomal doxorubicin (PLD) 50 mg/m2 and 40 mg/m2 in patients with platinum-resistant Mullerian carcinoma (JGOG3018). Yabuno A, Tabata T, Michimae H, Oishi T, Nonaka M1, Takano M, Hirata T, Fujiwara K, Sugiyama T: American Society of Clinical Oncology 2019 Annual Meeting (2019/5/31-6/4), Chicago, USA. (野中美和1: 1グローバル臨床研究支援セ)

722276. [学会 (全国)] (シンポジウム) アカデミア創薬と臨床試験. 野中美和1, 熊谷雄治2 (1グローバル臨床研究支援セ, 2臨床研究・プロジェクト): 第40回日本臨床薬理学会学術集会総会 (2019/12/6), 東京, 臨床薬理 2019/11; 50: S187.

723949. [学会 (全国)] (ポスター) 品質マネジメントに関する体制整備の取り組み (北里大学病院の取り組み1). 荻原 豊1, 村上妙子1, 酒井絢子1, 野中美和1, 渡辺理彦1, 小寺良夫1 (1グローバル臨床研究支援セ): 第40回日本臨床薬理学会学術集会総会 (2019/12/6), 東京, 臨床薬理 2019/11; 50: S318.

723950. [学会 (全国)] (ポスター) DM業務の効率化としてのCRF管理ファイルの開発・導入 (北里大学病院の取り組み2). 石森久美子1, 徐 冬梅1, 酒井絢子1, 渡辺理彦1, 折本祐治1, 小寺良夫1 (1グローバル臨床研究支援セ): 第40回日本臨床薬理学会学術集会総会 (2019/12/6), 東京, 臨床薬理 2019/11; 50: S318.


北里大学東病院

東病院看護部

[学会・研究会等]

723951. [学会 (全国)] (ポスター) 病院から自宅に退院した独居高齢者の生活体験〜退院後1ヶ月間に焦点を当てて〜. 大永里美 (東病院看護部): 日本老年看護学会第24回学術集会 (2019/6/7), 仙台, 日本老年看護学会第24回学術集会抄録集 2019/6; p.145.

723952. [学会 (全国)] (一般講演) 子どものグリーフケアを実践している医療者の地域連携で抱く困難感に関する研究. 小島ひで子1, 辻佐恵子1, 油谷和子2, 高見紀子3, 林美奈子4 (1看護学部, 2東病院看護部, 3看護部, 4元目白大学看護学部): 第24回日本緩和医療学会学術大会 (2019/6/21), 神奈川, Palliative Care Research 2019/6; 14 (Suppl): S343.

723953. [学会 (全国)] (ポスター) 当院の心臓リハビリテーション部門における多職種を含めた急変シミュレーションの実践と問題点. 関根恵美子1, 高橋由美1, 新甫知恵1, 遠原真一2, 苅谷英紀2, 東條美奈子3, 野田千春4, 阿古潤哉4 (1東病院看護部, 2東病院リハビリ部, 3医療衛生学部, 4循環器内): 第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会 (2019/7/13), 大阪, 第25回日本心臓リハビリテーション学会学術集会プログラム集 2019/7; p.P-213.

723954. [学会 (全国)] (一般口演) 当センターにおける看護師特定行為の活動の現状と課題. 伊是名若菜 (東病院看護部): 第45回日本重症心身障害学会学術集会 (2019/9/20), 岡山, 日本重症心身障害学会誌 2019/8; 44 (2): 376.

723955. [学会 (全国)] (ポスター) ロチゴチン導入時の保湿剤使用方法の指導による皮膚症状の改善. 和家浮希1, 永井真貴子2, 野田涼子1, 寺島麻美1, 高橋由美1, 齋藤真珠1, 新甫知恵1, 永井俊行2, 近藤裕子2, 西山和利2 (1東病院看護部, 2脳神経内): 第60回日本神経学会学術大会 (2019/5/25), 大阪, 臨床神経学 2019/11; 59 (Suppl): S450.

733804. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 認知に働きかけて与薬インシデント削減. 瀧澤香織1, 熊坂真由美1 (1東病院看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.46.

733805. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) スタッフの看護観の醸成に向けた取り組み〜看護の概念化の過程を通して〜. 本野千絵美1, 新甫知恵1 (1東病院看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.53.

733806. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 家族とパートナーシップを結びながら、家族機能を保つための家族支援. 銀谷えりか1, 伊是名若菜1, 毛塚由美子1 (1東病院看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.55.

733807. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 重症心身障害児のショートステイ利用に伴う家族の生活の変化〜医療と福祉を併せもつ中間施設において今後の取り組みを考える〜. 田尻明子1, 伊是名若菜1, 毛塚由美子1 (1東病院看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.56.

733808. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 治療抵抗性統合失調症患者の地域移行支援〜多職種連携による退院後の生活を見据えた介入〜. 樋口知香1, 熊坂真由美1 (1東病院看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.58.

733809. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 精神神経科治療センターのダウンサイジングに向けた取り組みと今後の課題〜地域包括ケアの実践を目指した多職種連携〜. 熊坂真由美1, 山口明子1, 中原美夏1, 本野千絵美1 (1東病院看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.59.

733810. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 大学病院における精神科訪問看護の意義と課題. 中原美夏1, 熊坂真由美1, 油谷和子1 (1東病院看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.60.

733811. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 神経耳科・めまいセンター立ち上げ後3年間の入院患者の実態報告. 成井美穂1, 大永里美1, 毛塚由美子1 (1東病院看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.69.

733812. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 初めて受け持つ精神疾患の患者と関わる中で抱いた感情の変化と関係構築〜トラベルビーの理論を用いて振り返る〜. 植木温美1, 熊坂真由美1 (1東病院看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.73.

733813. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 突発的な不安から自傷行為を繰り返す患者の理解と看護〜トラベルビーの理論を用いて振り返る〜. 黒谷美桜1, 熊坂真由美1 (1東病院看護部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.74.

733814. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) ロチゴチン導入時における保湿剤使用方法の指導と皮膚症状の改善. 和家浮希1, 野田涼子1, 寺島麻美1, 齋藤真珠1, 高橋由美1, 新甫知恵1, 永井真貴子2 (1東病院看護部, 2脳神経内): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.77.

733815. [学会 (地方会・研究会)] (一般口演) 心臓リハビリテーション部門における多職種を含めた急変シミュレーションの実施と課題. 関根恵美子1, 高橋由美1, 新甫知恵1, 刈谷英紀2, 遠原真一2, 東條美奈子3 (1東病院看護部, 2東病院リハビリ部, 3医療衛生学部): 第19回北里看護研究会 (2019/12/21), 神奈川, 第19回北里看護研究会プログラム・抄録 2019/11; p.79.


東病院臨床検査部

[学術論文]

120055. [原著] 神奈川県臨床検査技師会生理研究班平衡聴覚専門グループで実施したアンケート調査結果から見た聴覚検査の現状と課題. 小幡 進1, 岩楯欽央2, 杉本悠華3, 鈴木典子4, 小原さおり4, 松原由美子5, 谷ヶ城良太6, 池田 勇7 (1東病院臨検部, 2臨検部, 3伊勢原協同病院臨床検査室, 4東海大学医学部付属病院診療技術部診療技術科, 5昭和大学江東豊洲病院臨床病理検査部, 6大和市立病院臨床検査科, 7済生会横浜市南部病院中央検査部): 神奈川県臨床検査技師会雑誌 2019/12; 54 (171): 1-5.

521012. [解説] 聴力検査マスキング法の基本的な考え方とその方法. 小幡 進 (東病院臨検部): 東京都医学検査 2019/6; 47 (2): 137-8.

[学会・研究会等]

723956. [学会 (全国) (一般講演) たこつぼ型心筋症疑いで左室内血栓を認めたALSの1例. 増山麻記子1, 木原純子1, 平田千広1, 宮下佳子1, 芳田 貢1, 草薙千晶1, 遠藤 洋1, 狩野有作1,2 (1東病院臨検部, 2臨検学): 第44回日本超音波検査学会学術集会 (2019/4/29), 横浜, 超音波検査技術 2019/4; 44 (抄録号): S166.

733816. [学会 (地方会・研究会)] (一般講演) 高血圧を契機に偶然発見された若年性腹部大動脈縮窄症の1症例について. 遠藤留美子1, 中西久幸1, 槇田喜之1, 宇治橋善勝1, 棟方伸一1, 平田光博2, 狩野有作1,3 (1東病院臨検部, 2相模原病院, 3
臨検学): 第17回北里血管フォーラム (2019/6/3), 相模原, 北里血管フォーラムプログラム・抄録集 2019/6; p.3.


東病院薬剤部

[学術論文]

220006. [準原著] 【実践報告】北里大学病院・北里大学東病院の改訂薬学教育モデル・コアカリキュラム実施前病院実務実習における代表的8疾患の実施状況調査. 春日井公美1, 毛利順一1, 田中 怜1, 中山萌美1, 飛田夕紀1,2, 川野千尋1,2, 小林昌宏1, 平山武司1,2, 黒山政一1,2, 厚田幸一郎1,3 (1薬学部, 2東病院薬剤部, 3薬剤部): 薬学教育 2020/1; 3: 179-84.


東病院臨床心理室

[学会・研究会等]

723957. [学会 (全国)] (一般講演) ギャンブル障害における重症度と完全主義との多次元的な検討. 緒方慶三郎1, 内田麻衣2, 朝倉崇文2,3 (1東病院臨床心理室, 2精神, 3大学院医療系研究科): 日本認知・行動療法学会第45回大会 (2019/8/30), 名古屋.